「恍惚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恍惚とは

2021-07-07

最近、「恍惚」とか「劣情」などと言った感情表現が、あれなんて言うんだっけ?ってなってなかなか言葉が出てこない。ちんちん症かな?

2021-07-03

いいうんこは家でしたい

恍惚とした気分のまま職場を歩きたくない

2021-06-28

懺悔

私には尊敬している男性がいる。

その方は、おそらく10以上年上だ。

仕事の素晴らしい所は、私がどうであれ、相手がどうであれ、立場仕事が一緒にできることである

近づくのも怖さがあったが、仕事では対等な立場だ。怖さを克服しようと、カウンセリング手法を使って対話を重ねた。

結果、私はドロドロにその方が好きになってしまった。

好きになってからは行動が変わった。

一緒の仕事の日は、前日からスキンケアをして、当日は早起きしてメイクを入念にした。

仕事中、その方の意見を聞いていた時、途中から自分恍惚として見つめていることに気づいた。だが、気付いたとしても、熱心に人の話を聞いているだけだ。思う存分見つめた。

また、確認のために話しかけ側に寄った時は、相手から緩んだ声で接せられて、無意識に体の距離が近くなっていること、でも安心していることに気づいた。体の距離と心の距離は比例するかもしれない。

ところで現代日常マスク姿の時代である

いつなんときも外さないから、私が見るその方の顔はほぼ目元だけだ。

仕事食事を共にした時、その方はマスクを外した。

あ、と思った。

想像以上におじさんだ。

日食事した2歳年上の男性を思い出した。肌が全然違う。

私はこのおじさんと、キスできるのだろうか?叫び出さずにセックスできるのだろうか?

何か本能的な部分で、この人と身体関係を持つとまずいとアラートがなっている。人間、おじさんとは生殖行為を避けるように脳ができているのかもしれない。

2021-06-12

anond:20210612113927

なんか最近カルトっぽい

あいうのって

支持されない所で一人で呟いてるから

いいんで、支持される方もする方も

恍惚となってくると良くない。

信者コメントしてるんだよな。

荒れてなくて気持ち悪い。

2021-06-10

手取り16万なのに家賃30万!?23メガバンクOLに忍び寄る、エリート男の恐ろしい罠

東京には、多種多様人間が生息している。

清楚な彼女も、エリートな彼も、リッチ人妻も…

みんな、人には言えない複雑なストーリーを抱えて生きている。

あなたの隣にいる、幸せそうなあの子だって別の顔があるかも!?

彼らの“リアルな姿”を、知る勇気がある人だけ覗いてみて…。

File1:東京が生んだモンスター



―2年前ー


ザ・リッツ・カールトン東京の45階にある『ザ・ロビーラウンジ』。

死ぬ気で仕事を頑張り続け、気づけば39歳。経営者として成功した今の僕は、ラグジュアリーなこの空間が似合う男と言えるだろう。

だが、僕の目の前にいる女性は、洗練されたこ場所には不釣り合いで、彼女存在けが浮いて見える。

「ここのアフタヌーンティーたかったんです。でも、1万円もするからなかなか来れなくて…。インスタに載せたいか写真撮ってくれますか?」

キラキラした目をして手渡されたスマホの画面は、派手にひび割れていた。

カメラに向かって微笑むその女性は、小皺が寄ったブラウスミニスカートを合わせ、膝の上に合皮のバッグをちょこんと乗せている。

「優里香ちゃんって、どこに住んでるの?」

家賃3万円の東陽町にある社宅に住んでます。配属は、虎ノ門支店なので、本当はもっと都心に住みたいんですけどね…」

たった1万円のアフタヌーンティーに目を輝かせ、屈託のない笑顔を見せてくれた優里香23)を愛おしく感じた。

僕は、素直で擦れていない女性タイプだ。


一体なぜ!?39歳男が、純粋OL地獄に突き落とす…男の闇深い本音とは



地獄へのカウントダウン


「僕、優里香ちゃんのこと、すごく気に入っちゃったから、特別に3万円あげるよ」

「え?お茶だけで、3万円もくれるんですか?そんな…いいんですか?小日向さん優しすぎます…」

メガバンクに勤めていて手取り16万円程度の彼女は、戸惑いつつも目を輝かせた。

「いいよいいよ。優里香ちゃんは、それだけ価値のある女性なんだから自分を安く見積もっちゃだめだよ。これで表参道サロン行って髪のトリートメントでもしてきなよ。もっと自分お金をかけなさい」

「そうだ、東陽町からはるばる六本木まで来てくれたことだし、せっかくだからミッドタウンでお買い物もしよう」

ワンピースはストラスブルゴで、靴はマノロラニクで、鞄はヴァレクストラ……。

初期投資は50万円。この程度で心が掴めるなら、安いものだ。

「わぁ、こんなにいいんですか?なんだかシンデレラになった気分!会社の同僚は、お洒落な子ばかりだから…これでやっとお食事会に誘ってもらえるかも…!」

僕は、キラキラと目を輝かせて心の底から感謝してくれた彼女のこの日の笑顔を、一生忘れることはないだろう。

「いいかい優里香ちゃん、縫製の粗い服、合皮のバッグ、ビニールの靴なんかを買うのは金輪際やめなさい。安い女に見えるよ。僕がサポートしてあげるから質の良いものを身につけなさい」

小日向さん…神様なんですか…?」

手取り16万円じゃ東京暮らしていけないでしょう。月30万円はどうかな?

でも、それを貯金するような貧乏くさい真似はしちゃだめだよ。洋服化粧品友達との遊びで使い切って、若い時間を楽しんでね」

東京には、美人ごまんといる――。

それにもかかわらず、この程度の小娘に、お茶だけで3万円を渡し、会ったその日に50万円相当のプレゼントをし、新宿にある家賃30万円のマンションと月30万円の生活費をあげる男は、この世に僕しかいないだろう。

もちろん、下心なしに、女に金品を与える男はいない。

大抵の男は、若い女の体が目当てだが、僕にはもっと“壮大な目的”があるのだ。

東麻布 天本』、『長谷川 稔』、『薫 HIROO』、『三谷』、『カンサンス』…

会うたびに、客単価5万円ほどの一流店に連れて行き、彼女の舌は順調に肥えていった。

お世辞にも美人とは言えない彼女をおだて続け、分不相応要求にも笑顔で応え続けた。

東京に染まりきっていない純朴な女は、真っ白なキャンバスのようなもの彼女思考価値観を変えることは、赤子の手を捻るほどたやすかった。

彼女プライド欲望はみるみるうちに膨れ上がり、たった1年で傲慢モンスターへと成長した。

『この間同僚に誘われたんですけど、場所居酒屋だったんで速攻断りました。居酒屋とかありえないですよね〜。同世代の男とは、価値観が合わないわ』

ヒールが擦り切れてる女性って下品ピンヒールコンクリートの上なんて歩くもんじゃないですよね。タクシー乗ればいいのに』

パスタランチ全然美味しいと思えなくて…友達とのランチは、ダイエット中って嘘ついて最近パスしてます。あ、今度『エクアトゥール』いきた〜い!予約できます?』

若い時間って有限なのに、手取り16万って割に合わないですよね?だって私の1ヶ月って16万以上の価値ありますもん』

金融機関に勤めているから、高価なブランド品を持ってると怪しまれて色々詮索されるんです。妬みですかね?小日向さんのサポートがあるから、もう会社辞めようかな』

『お食事会で出会ったお友達ローズサクラバーキン持ってて、すごく可愛かったの。お誕生日プレゼントに欲しいなぁ♡』


遂に、闇深き39歳男が、純粋だったOL地獄に突き落とす…



フィナーレ


「優里香ちゃん24歳のお誕生日おめでとう。バーキンが似合う女性になってね」

可愛い〜!だけど、サイズは25がよかったなぁ」

僕は約束通り、誕生日エルメスバーキンプレゼントした。

しかし、彼女はもう、“ありがとう”さえ言わない女に成長していた。

機は熟した――。

「優里香ちゃんごめん……。実は会社資金繰りが苦しくなって、もう君のサポートはできなくなったんだ。マンションも既に解約したから、今月末には出ていってもらうことになる」

「え、ちょっと待って…いきなりすぎる。手切れ金として、引越し費用くらいはちょうだいよ」

天国から地獄へ。

彼女の顔が、一瞬にして青冷める。この時の哀れで惨めな女の顔は、一生忘れることはないだろう。

「ごめん…本当に苦しくて。一銭も余裕がないんだ。君への最後プレゼントバーキンだよ。でも君みたいな“素敵な”女性なら、サポートしてくれる男性はすぐに見つかるよ!」

小日向さんみたいな男性は、他にいないよ…。小日向さんがいないと私、生きていけない…」

ラ・トゥール新宿の26階から見える煌びやかな東京夜景を背景にして、涙ながらに僕にすがりつく彼女の姿は非常に趣深かった。

「この世は、諸行無常盛者必衰だね」

「なにそれ、どういう意味…?ねぇ、小日向さん…待って、行かないで…」



あれから数ヶ月が経ったが、彼女からは毎週のように連絡が入る。

小日向さん、お元気ですか?久しぶりに会いたいです』

『やっぱり小日向さんみたいな男性は、この世にいないよ…』

『私どうやって生きていけば良いの?小日向さんに見捨てられたら、私死ぬしかないよ』

僕は溜まったLINEを眺めて、恍惚とした気分になった。

Bang & Olufsenのスピーカーモーツァルトレクイエムを流し、彼女の変わりゆく表情を思い出しながら飲む酒は、格別な味がした。

彼女はもう二度と、家賃3万円の社宅に戻ることはできないだろう――。

彼女はもう二度と、手取り16万円の仕事だけで生きていくこともできないだろう――。

消費性向は、絶対所得水準だけでなく、過去の最高所得依存するという説もある。

人間という生き物は、生活習慣を急に変えたり、生活水準を簡単に下げたりすることができないのだ。

僕が与えたブランド品を売ったって、靴や洋服リセールバリューは恐ろしく低いので、端金にしかならない。

唯一換金性があるのはバーキンだが、せっかく手に入れた富の証をあっさり手放すとは思えない。

美人でもない彼女が、僕が与えたような生活を維持するためには、マトモな仕事だけでは難しいだろう。

とにかく、身も心もすり減らして堕ちていく未来が待っているはずだ。

大金を稼ぐ辛さ…

社会の厳しさ…

東京を生き抜く大変さ…

それらを身を持って知って欲しいと思う。

そして、彼女はもう二度と、同世代の男と純粋な恋を楽しむことはできないだろう――。

世代の男が必死仕事をして買ったプレゼントにも、頑張って連れて行ってくれたレストランにも、ワンルームマンションシングルベッドでの行為にも…、喜ぶことも満足することもできない。

価値観が合わないと言って切り捨てた同世代の男たちの年収は、あと数年もすれば、右肩上がりに増えていくというのに……。

彼らの価値に気づく頃には、マトモな男たちは、マトモな女とゴールインしている。

分不相応ブランド品を身にまとい、分不相応な高級レストランに通い慣れている女を、マトモな男は選ばない。

僕以外の金持ちを漁ったとしても、ここまで傲慢モンスターに仕上がってしまった彼女を選ぶ男はどこにもいない。

一人ぼっちになって、永遠に僕を求め続けてほしい。

僕が、手に入れることができなかった同世代同士の健全恋愛を…、幸せ結婚を…、女から奪ってやりたかった。

学生時代から付き合って結婚を考えていたのに、価値観が合わなくなったと言って、年上の金持ちに乗り換えた初恋の女…。

純粋だったのに、東京に染まって変わってしまった同郷の女たち…。

お金がないからと、学生時代の僕に見向きもしなかった同世代の女たち…。

お金があるからと、今の僕に媚を売ってくる東京の女たち…。

すべての女が憎くて堪らない。

僕はずっと苦しんできたのに、努力して金を手に入れたのに、女はいだって虫が良すぎる。

人生は山あり谷あり。プラスがあればマイナスもある。

それならば、ずっと底辺を生きてきた僕は報われるべきだし、ずっと甘い蜜を吸ってきた女は、地獄に堕ちるべきだ。

次のターゲットを見つけた僕は、東京夜景を見下ろしながらスマホスワイプした。



https://tokyo-calendar.jp/article/21326?ref=new

2021/06/10 05:05

東京カレンダー

2021-05-25

概念

女王様と待ち合わせをする。

プレイではない。普通に食事をしてお酒を飲む。

から出ると女王様は言う。

「じゃあ、ATMに行こうか」

うなずき、ふたりで近くの銀行へと向かう。

股間が甘美に疼く。陰茎が隆起してくるのがわかる。

深夜近く。

ずらりと並んだ人気のない銀行ATMの前に女王様ふたり並んで立つ。

女王様から促され、僕はキャッシュカードを財布から取り出し、ATMに挿入する。ここから先、タッチパネルに触れるのは女王様の指だ。

女王様は『お引き出し』のボタン選択する。

この段階ですでに僕の陰茎はガチガチ勃起している。

ATMの画面は暗証番号入力要求してくる。

女王様の指がタッチパネルの上を滑り、迷いなく4桁の暗証番号入力していく。それを眺めながら僕は、亀頭の先からカウパーがにじみ出てくるのを感じている。


女王様暗証番号を教えたのは僕自身だ。

先週、プレイの前に現金を下ろすためATMに立ち寄ったときのことだ。

ふとした思いつきから僕は女王様に隣に立ってもらい、暗証番号入力から現金の引き出しまでのすべての課程を横で見ていてもらったのだ。

ゾクゾクした。たまらなく興奮した。

女王様が僕の暗証番号を見ている。知られてしまった。暗証番号だけではない。口座に入ってる金額までも。すべてを見られてしまった。知られてしまった。

僕の陰茎はジーンズの上からでもはっきりとわかるくらいに勃起していた。

それに気づいた女王様は優しく微笑み、そして僕の耳元で囁いた。

大丈夫だよ。全部は奪わないから」


それから一週間。

暗証番号を変更する時間たっぷりとあった。

でも、僕はそれをしなかった。

僕の目の前で今、女王様はあのとき知った僕の暗証番号入力していく。

4桁の番号は認証され、ATMの画面は引き出し金額入力画面となる。

女王様の指が、金額数字タッチしていく。

いったいいくら引き出されてしまうのだろう。

女王様の指が2のキーに触れる。

そして、0、0、0、0…。

つの0を入力したところで、女王様の指が止まる。

その指先がゆっくりと0の数字の上をさまよう。

まさか。もう一桁いってしまうのか。

興奮で頭がクラクラしはじめる。陰茎はますます硬くなり、今にもギチギチという音が聞こえてきそうなくらいだ。

女王様は少し溜めて、そして、もうひとつ0のボタンに触れた。

あぁ、やっぱり20万円…。

だけど、それでもまだ女王様の指先はタッチパネルの上から去ろうとはしない。

女王様は焦らすように、そこから更にもうひとつの0を入力しようとする。

いや、それはいくらなんでも。やめてください。駄目です。いくらなんでもその金額は…。

言葉とは裏腹に、僕の顔は激しく上気し、恍惚の表情さえ浮かんでいる。

亀頭からにじみ出したカウパーはすでにデニム股間部分をしとどに濡らしている。

女王様の指先が、6つめの0に触れる。

200万円。

頭が変になりそうなくらいの興奮。

女王様が僕に『確認』のボタンを押すよう目で示す。

暗証番号と金額を入力するのは女王様だ。でも、最後確認ボタンを押すのは僕の役目なのだ

指先が震える。本当に押していいのか? 

女王様の表情をそっと伺うが、冷たい眼差しは「早く押しなさい」としか言ってない。

ここで拒否することは僕にはできない。僕は震える指先を確認ボタンに伸ばす。

陰茎がまたぎちぎちと音を立て、海綿体の中に流れ込んだ血流がどくどくと脈打つ。

あぁ、女王様。許してください。僕はもう。

震える指先が確認ボタンに触れたとき、興奮は最高潮に達し、僕の脳内電流が走り抜けた。

*  *  *

200万円は、しかし、引き出されなかった。

1回の引き出しの限度額を超えていたのだ。まあ、冷静に考えれば当たり前の話だ。

その日は結局、口座から現金は引き出されることはないまま女王様と別れた。


家に帰った僕は狂ったようにオナニーをした。

おかずは、『概念』だ。

女王様暗証番号と残高を知られているという概念

そこに性的妄想はいっさい存在しない。あるのはただ女王様が僕の銀行口座の暗証番号と残高を知っているというそ事実だけ。

僕はその概念をおかずに、狂ったように陰茎をしごき射精し、そして、果てるのだ。

2021-04-24

anond:20210423191759

この感動なんだろうな、と考えて思い当たるものがあった。生贄だ。

捧げられるもの恍惚とした表情で神への感謝と喜びを述べ進んで死を受け入れる。

贄を囲む人々は自身では到底受け入れられない自己犠牲に息を呑み神の奇跡を見出す。

かくして彼はここでない何処かに去り我々は信仰をより確かにする。

いやぁめでたしめでたし

生き汚く殺されたくないと喚く輩は見習うと良い。だからお前らは石を投げられるのだ。

2021-03-30

最初からそうだけど、エヴァって壮大な親子喧嘩であって、父殺しの話であって、

父殺しといえば、ガンダムテーマの一つでもあったと思うんだよなあ

初代ガンダム酸素欠乏症で、母親も銃を撃つような野蛮な子供に育てた覚えはないとか平和ボケしてて、

そりゃ、ワイがジオン兵に撃ち殺されても良かったん??あーん??となるわなあ

テレビシリーズ5話でシンジくんがオヤジディスると、レイちゃん激昂してビンタ一閃。これ、今から思えば不自然に感じませんか。レイちゃんってそんな激しいやつか? ナメた口をきくガキは即座にビンタ。お前は桃井かおりか。キャラがきちんと固まってなかったところに、美少女ちゃんからいきなりステーキ突然ビンタされるショックと恍惚を優先させたんでしょ。

いや、綾波レイユイなのだから、息子とはいえ最愛旦那をディスられたのだからビンタをするのは当たり前というか、

普段大人しいマッマやけど、息子がパッパのことを糞味噌にこき下ろしたら、誰のおかげでご飯が食べられてると思ってんの!?

みたいにキレられても普通の家庭でもおかしくないわけで、

それに対してワイは、神様のおかげやし、ワイが生きとるのも、母ちゃん父ちゃんが生きとるのも、

父ちゃんが食える仕事にありつけたのも運であって、運というのは人間にはどうにもならん、

それを面白おかしくいじれるのは神様だけの特権であって、思い上がるな、人間風情が、

みたいにハガレンラストみたいなことをワイは思うわけやけど、

そもそも父殺しだのキモい解釈であって、要は男の子父親母親女性として奪い合うみたいな深層心理があるんでないの?

みたいなことを心理学者だの思想家だのが言うわけだけど、ねーよwとしかワイには思えないわけで、

あのな、半分嫌々かもしれない見合い結婚したうちみたいな家庭にな、そんな解釈は成り立たんのだよ、

そもそも男性オマーン湖におちんぽ挿入したがるのは、

歯が付いた女性器という下の口に陰茎を噛み切られたがってるからだ、

とかどうやったらそんな結論に到達するんだ?

ワイはそこまで変態やないぞ、とか思うわけだけど、エヴァはそういった解釈踏襲しているわけで、

からゲンドウとシンジユイを奪い合ってるし、ゲンドウは死んだユイに会いたいがためにレイを創ったりしたのだろうし、

シンジゲンドウを父殺しして、しかしながら母とは別の女性を求めなければならない、近親相姦ものではないのだから

で、テレビとかでそれはアスカの役目のように思わせておきながら、

アスカクローンとはいえケンケンとかヘムヘムみたいな🐶のような男性が好きだったわけで、

じゃあどうすんべ、と庵野氏は考えたんだろうけど、

まさか庵野氏まで刑事コロンボのように「うちのかみさんがね…」みたいな男性になっていたとは露知らず、

トウジの妹も飲尿ピンクもその他大勢も、

新しいエヴァ世界キャラクター設定画に貞本氏らしさが感じられず、

これってモヨコだよなあ、違うのかもしれんけど自分にはそうにしか見えないんだよなあ、とモニョモニョさせられて、

だったら飛行石持った俺の嫁が空から降ってくれば問題ないやん、みたいに思ったのかどうなのか知らんけど、

なんかそんな感じで、ケジメは付けたいんだろうけど、内心さっさとエヴァを終わらせて次のネタをやりたいだ、俺は、

みたいなのが感じられて、でも観に行ってないんで知らんけど…

2021-03-27

人生の閉塞感

ちょっとしたぼやきなんですけどね。

もう若者じゃなくなって、この先を考えるようになった。

徐々にしぼんでいって、能力も衰えて、その中で1人でやっていくのって、かなりキツイんじゃないかって。

けれども、1人以外で何かをするにはもう手遅れになっている気がして、閉塞感がある。

 

理想を振りかざして何かが攻撃されるのを沢山目にする。

男女の関係お金を稼ぐ人たちや、イデオロギー対立二項対立攻撃

人工的に仕組まれトレンド設計された世論やらでSNSあんまり楽しくない。ディストピアがもうここにある。

悪い感情恍惚してしまう気がして、発信も閲覧も出来るだけ少なくしたらほんとに対話も無くなって、募る孤独人生がもうほとんど敗戦処理だって思えてくる。

例えば、もう家庭も持てず、ただ労働力提供するしかない私はそれ以外の価値を持っていないように思えて悲しい。

 

このまま人生を送ってもな……っていう虚しさばかりね。

 

孤独生活をする人は年々増えているし、健康なうちはそれは結構楽だし、娯楽もそれなりに無料で楽しめる。

から、わざわざ誰かと共同生活して、関係を持って。そうしたことをしなくても生きていけるがために、この閉塞感があるのかもしれない。

 

 

人間は病んでいる。人間は誤って作られているからだ。

そう言ったA・アルトーの通りに器官なき身体を作ってやれないから、この人生は糞のように臭うだけの存在になっている。

肉体の機能の違いを理性でどうにかして捻じ曲げて、理想おかしな道のりで成されようとしてて、

なんだかやっぱり彼が糞便性の探求で言っていることは身近に感じる。

2021-03-16

老いて思うが

人は誰しも、

よく考えて、新しく気付き、深くわかることが楽しかったはずだ

それは科学数学であったり、

親や異性の気持ちだったり、

社会のしくみだったり、

世間渡り方だったりする

とにかく精神が広がることが楽しかった時期があるのだ

ただどこかでそれは止まっててしまうみたいだ

モノや金を積み上げる方法だったり、

自己肯定の一貫で若モンを否定したり

そういうなんの新しい広がりもないことに、恍惚とするようになる

退屈じゃねぇのかなぁそんなの

2021-03-06

大人との性交渉を認めるのは児童との性交渉を認めるのと同じ」というのは「非実在児童の性表現を認めるのは実在児童との性交渉を認めるのと同じ」というゴミクソ以下のレッテル貼りに対する意趣返ししかないのだが、「大人との~」を言うと途端に「性の自由がー!」とか言い始めるクズどもはさっさと死んだ方が世の中のためになると思うのだが、夫婦別姓の話になると「同姓を選ぶ自由がー」と言い出す連中にも同じ匂いを感じる。

マイノリティ弾圧することに恍惚でも感じるのかな。

2021-01-30

他人日記がくだらなさすぎて

SNSはてなにどうでもいい日常を書き綴るのは別にいいけど、

ノート手帳をワザワザデコって、マックに行った 人物マステかわいい ケーキ食べた 映画を見た等どうでも良い日常を綴っているのを見ると「くだらねーなー!」と吐き気がしてしまう。

これが、

彼氏にフラれて駅で泣いてたらイケメンが話しかけてくれて仲良くなってそのままカラオケに行った とか

職場で初めてプロジェクトリーダーを任されたとか

おばあちゃんが死んだとか

自分の子供が初めてしゃべったとか

そういう内容ならまだわかる。

スタバの新作を飲んだとか一週間後にはどうでも良い意味のない文章マステとかシールデコったノートに書き綴って、それ一年後に見てどう思うの?

かわいくデコったノートにどうでもよい文章が書いてあるのを見て本当に恍惚とした気持ちになるの?

一年前に自分スタバの新作を飲んだことが一年後の自分にどういう影響を及ぼすの?わからん

一般人でも面白いブログ書く人がいるけど、他人が読んでも面白いことが日常に起きるor面白い文章が書けるって才能なんだわ

インフルエンサーにわざわざ噛みついたり、誹謗中傷したりするカス日常ってスッっっっごくつまらねーんだろうな

2021-01-22

anond:20210122182359

それはともかく、自宅で全裸になってると、開放感に恍惚となる

2021-01-09

罰ゲームSM

去年久しぶりに出た桃鉄が大ヒットした

ミーハーなのでそのビッグウェーブに乗るべく買って一通りプレイした

大人になってから初めての桃鉄、長年のブランクの中で、子供の頃とはゲーム見方や感じ方が変わっている事に気が付いた

結論から言うとキングボンビーに興奮した

今回の桃鉄イラストレーターが変わって全体的にかなり可愛らしく今風なキャラデザとなったが、そっちではなく

無慈悲すぎる悪行の数々になんか「良い…」ってなった

キングボンビーに取り憑かれると、お金や持ち物件に余裕があってもあの手この手で毟られ奪われていく

子供の頃はそんなキングボンビー(と貧乏神)が大嫌いで取り憑こうものなら即禁じ手リセット」を使っていた(NPCと対戦してたので)が、

今回パートナーに対して接待桃鉄をやっていて、キングボンビーに存分に暴れ狂われ億単位の損害を受けた時に浮かんだのは悔しさを上回る「サディスティックだ…」という恍惚感情だった

しろ様々な罰によって砂の城のように崩れる独占物件駅、膨れ上がる借金を見て楽しんでいた

貧乏神はよかれと思ってやってる事が空回りして結果的妨害してしま無自覚型なのに対してキングボンビーははっきりと嗜虐性を自覚して絶望どん底へ叩き落としている

時々は一縷の希望をちらつかせたりしながら徹底的に攻撃を繰り返し、社長の苦しい顔を見るのを楽しんでいる

貧乏神はなんか困った人(神)って所だけどキングボンビーに関しては言動も含めて完全にどSが好んでやってるプレイではなかろうか

一応ネタバレになりそうなので細かいことは伏せるが金銭的余裕がかなりあるらしい点もSM好きにはあるある

しかキングボンビーに興奮するて

子供の頃は夜叉姫に夢中だったのに

なんで…

2020-12-29

anond:20201229111545

体の中に恍惚とした甘い喪失感が残る極太極長巨大💩出したときとかみんなに言って回りたくなる

2020-12-25

中野無駄に停まる

総武線新宿を出て三鷹方面に向かうとき中野で停車する時間無駄に長い。誰も乗り降りすることはないのに列車はドアを開けたまま停まっている。この時間がほんとうに長い。停車時間は2分とアナウンスが入るが、この2分はぜったいに2分じゃないと感じる。中野から2駅あとの阿佐ヶ谷で降りる自分にはこれがいつも軽いストレスだった。

中野でこれから2時間停車と車内放送が聞こえたときには、聞き間違いだろうと思った。先週までは(たぶん)2分後に列車はきちんと走り出していた。だが乗客はどんどん列車を降りていき、車内には自分だけになった。東日本国有鉄道の業績が疫病のせいで傾いていると新聞に載っていた。そのしわ寄せが来るとしたら中野のような所なのだろう。しかたがないから降りたが、中野でなにかをするあてがあるわけでもない。

中野阿佐ヶ谷に比べると殺伐としているので、本当に用事があるときでないと降りない。改札には人が立って切符に鋏を入れていて、SUICAは使えない。さんざん並んで一時降車証明書をもらって駅を出ると、乾いた小便の臭いが鼻を突く。駅の軒下には浮浪児がたむろして寝転がったり莨(たばこ)を呑んだり、片足の傷痍軍人アコーディオンで天然の美をプカプカ弾いたりしている。

駅前に広がる街があきらかに茶色い。泥のなかに崩れかかったバラックがごたごたと並んで店を出して、どこの盗品かわからないようなベルトや万年筆シケモクをほぐして干したものを売っている。食べ物といえばすいとんやじゃんぎ丼のようなものを出す屋台しかなく、労務者が地べたにしゃがみ込んで丼を掻き込んでいる。疥癬背中ボロボロになった野良犬物欲しそうにそれを見ている。

中野途中下車する乗客をあてこんだ商売も出始めていた。ピンク色の法被に黒のスラックス姿の男が、新しめのバラックの前に立っている。そばを通ると、「発車までお遊びどうですか」と声をかけてきた。傍らの看板には毛筆で『列車ヲ待チナガラ花ビラ大回轉 一時間五千圓ポツキリ』とあるいくら時間があっても密室接待を受けていたら疫病にかかるかもしれない。とても無理だなと思いながら通り過ぎると、サラリーマン風の男二人が店に入っていった。

最近都内で増えている屋外の娯楽がパブリックハンギングだ。中野駅前広場にも櫓ができて、周りに人が集まっている。場所にもよるが1000円くらい払うと、櫓の上に設置した処刑台に人を吊ったり、自分が吊られたりすることができる。目隠しをした相手首に縄をかけるか、自分がそうされるかを選べる。吊られた人はすぐに下のトランポリンに落下して大きく飛び跳ねる。野次馬拍手したりしなかったりする。他愛ないといえば他愛ない遊びだが、最近なぜか流行っていた。世相のせいだろうか。

そんなに刺激を求めているわけではないが、スマートボールはこの前やったばかりなので、結局自分うずら園で時間をつぶすことにした。入場料を払って囲いの中に入ると、うずらがたくさんいて地面を歩き回ったり、藁の上に休んでいたりする。その辺を探すと卵が見つかることがある。これは持って帰ってよいことになっている。うずら攻撃を避けながら制限時間内に卵を探すだけの地味な遊びだが、自分はこれがけっこう好きだった。

から徒歩5分ほどのところにある中野うずら園は、それなりの規模だった。囲いの中には植え込みがたくさんあって、2、30羽はいうずらが好き勝手にやっていた。真ん中には丸いテーブル椅子があり、ポットからお湯を注いでハーブティーを飲めるようになっていた。

ミントティーを飲みながらうずらを眺めていると、植え込みの中に先客がいることに気づいた。グレーのスーツスカート姿の、髪の長い女性らしい人がしゃがみ込んで、両手で顔を覆ったまま動かない。

囲いのゲートが開いてまた一人やってきた。背の高いおじいさんで、白髪交じりの長い髪は何年前に洗ったのか不明なほど汚れていて、フエルトのように固まっていた。染みだらけの黒いベンチコードにピンストライプスラックスはいていて、左右の靴が違った。おじいさんは恍惚とした満面の笑みで、腕を上げてゆっくりとしたリズム手拍子を打ちながらこちらに近づいてくる。手拍子は歌にあわせていることが、近づくにつれてわかる。あーいあーいおー、あ、あーいあーいおー、あ、ああーいああんあああっあっあいあー、あっ、おあいおああんあああお、ああいあんあああーお、ああいあんあああっあ、あいおー。これはあれだ。植え込みにうずくまったままの女は動かない。あーいあーいおー、あ、あーいあーいおー、あ、ああーいああんあああっあっあいあー、自分手拍子だけでつきあおうと思ったら、あーいあーいおー、あ、あーいあーいおー、あ、ああーいああんあああっあっあいあー、電車の発車時刻はおあいおああんあああお、ああいあんあああーお、ああいあんあああっあ、ああいあんあああっあ、あいおー

2020-12-16

増田ベーション

今年自分が書いた増田見直している。

隙自語

大体1020記事/月くらいだろうか。

打率も低いので小物だと思う。

ブクマ本数
1012
1004
2002
〜5001
500〜0


100と200に大きく壁があると思う。

特に私はネタ増田なので、メガヒットはかなり難しい

掲題について

ある程度のブクマがついた場合は、何度も何度も舐め回すように読み返すよね。

何度も何度も。恍惚を感じながら、誰かに消費されたことを喜びながら何度も読み返すし、

ブクマ数とかホッテントリ自分が書いた文章が現れると、運動会で我が子を応援するような気持ちで見るよね。

特に連作増田に反応あったり、文書構成を褒められたりすると、そのブコメつけた人の他のブックマークとか見に行ったりしちゃうよね。

増田を覗いている時、増田もまたこちらを覗いているのだ。

敵は

増田作家は敵ではない。汚い手段ホッテントリに押し込んでる人も居そうだけど、それはNot for Me で片付く。

敵はスパムだよね。

ただでさえ玉石混交なところに、ケスラーシンドローム起きてたら誰も宝物探しにきてくれないよ。

なんかAVで抜きどころ探してたら30秒刻みの総集編で女優名前からないみたいな。

こっちはしっかり抜く準備してるのに、母親から電話かかってきちゃうみたいな。

違うか。

来年豊富

まだしばらくはテレワーク主体が続きそうなので、増活動時間を割くことができそうで、メガヒットを生み出したいと思っています

勢いと推敲と時事とのバランス大事だと思うなあ。

増田の中にあたかも「そんな人いるよなぁ」と思わせるような人間を錬成したいです。


先日似たような増田があったので感化されて書いた

anond:20201215222234

2020-12-04

anond:20201204181133

令和のロンヤスが見られるのか

恍惚としたジョー×ヨシが見たい

2020-12-03

ぽよぽよの20歳童貞を喰った

大学の先輩をツイッターナンパしてセックスに持ち込んだ。身バレするとまずいから書き捨てる。童貞はこういう怪しい誘いに簡単に乗っちゃってかわいいですね。

いざ優勝!に至るまではそれなりに紆余曲折ありました。LINE猥談エロ画像送り付け、毎日深夜に電話、その他色々。一緒にカラオケに行ってえっちないたずらしようと思ってたら、お相手が緊張しすぎてこっちもどぎまぎしてしまった。無念。通されたカラオケの部屋が広すぎて落ち着かなかったのもある。

当日、大学の授業終わりに一緒にラブホの最寄り駅(それなりに栄えている)へ。改札を出てもお相手ラブホに向かおうとしない。「どこか行きたいところないんですか?」と聞くと、「そちらもどこか行きたいところはないんですか?」と聞かれた。質問質問で返すな。「本当にいいんですか???」と4回くらい聞かれた。いいから来てんだよ。改札の外で10分くらいもだもだ会話を交わしてようやくラブホに向かう。

案内され到着したラブホテルはパネル式だった。あわあわするお相手を後目にぽちっと1番安い部屋を選び部屋に入った。荷物ソファに置き、ベッドに腰掛けると少し離れた位置にお相手腰かけた。なんでやねん

ベッドに寝転がり、バンバンマットレスを叩きながら「こっちきてよ〜!!!」と言うとおそるおそる寝転がる。所謂添い寝ラブホに異性とはいる時点でこちらも本来なら緊張していたところではあるが、相手が緊張し過ぎて私は非常に冷静であった。ホラー映画見てる時に自分より怖がってる人がいると冷静になるあれである

添い寝をしたもの特に触られたりするわけでは無かった。無念。ラブホ同衾しても何も起こらない。イベントスイッチはどこか。覆いかぶさって抱きしめてみても「ひゃああ」とか悲鳴をあげて逃げられるだけだった。夏だし汗かいたしシャワーでも浴びてからやりますか、と先にシャワーを浴びてTシャツ下着のみの格好で出ていくとものすごく視線を感じた。20歳童貞迫真のガン見を見た。お相手風呂から出てきて、いよいよ試合開始である

再度ベッドにお相手を転がす。ぎゅっと抱きしめるとはぁはぁ言っててかわいかった。人間は興奮するとはぁはぁ言うんだなあ。こちからお腹を揉んだり顔をもにもにしたりしてみるが、一向に触られる気配がない。お腹に手を導いてみるとお腹をなでなでなでなでされた。「あーすべすべ……うわ………すごいな…………」とお腹で既に満足そうな感想を漏らされた。いやいやいやいやいやいや別のところも触れ。太ももとかおっぱいに触らせてみると「あっやわらかい………すべすべ………」と鳴いていた。やけにソフトタッチでくすぐったかった。童貞ブラを外せないため、外して直接触らせる。ソフトタッチのまま乳首をずっと触られる。もどかしくて死ぬかと思った

焦らしプレイ(本人は意図していない)によって私は下半身がぐちゃぐちゃだった。「びちょびちょじゃないですか」とか言われた。羞恥プレイ(本人は意図していない)である。日頃のイメプレの結果かやたらと手マンうまい。1回イかされた。しかちんちんを出す気配がない。パンツ剥がしちんちんを食べてみたものの、フェラってなんだ?よくわかりません。AVの見よう見まねでじゅるじゅる。ちょっと痛かったみたいで申し訳ない。フェラを中断し、「えっちしないんですか?」と何度目かの質問。やっといいお返事を貰えて本番へ。

XLゴム(こわい)を装着し、いざ挿入!だけどなんだか上手く入らない。はじめてだから体位が分からないのである。正常位で挿れようとして、腰と腰が遠すぎたのだ。我々は腰を持ち上げて挿入チャレンジしていたが、男側の腰の位置にあわせるのではなく、女側の腰の位置にあわせるのがおそらく正解であった。結局腰の下に枕を敷いて高さを出して解決。ずぷぷっ!

奥まで入った時は、はじめてでかいもんが入ってきた快楽で腰が溶けそうだった。指より太いのが指じゃ届かないところを抉る恍惚感が凄かった。入口がぎゅうぎゅうとちんちんを噛み締めてるのがわかってえっちだった。おれも処女だったんだな……………………と思った。

そこまではとてもよかった良かった。しか童貞、やはり腰を振るのが下手なのである。はじめての人が見てもわかる。腰を振るのが下手。下手っぴ。あー童貞なんだなーと思うと無性にしかった。とてもかわいい童貞を抱いたことがある人間しかこの感情はわかるまい。

腰をへこへこ振ってるのを見るのも楽しいが、イきたいしイかせたかったので騎乗位に変更。上に乗って奥をぐりぐりするととても気持ちがいい。気持ちいいと喘ぐタイプの御相手、いままでの中で一番大きな声で喘ぎ出す。かわいいネ〜!!おれ、愉快で笑顔がやめられない。イメプレの結果、うまく射精させることに成功!あれ俺って床上手なのでは?(この幻想はその後打ち砕かれることになる)

事後、感慨深そうにお相手感想を述べながら添い寝。「えっちだった」「かわいかった」「綺麗だった」「好き」「えっちだった」「えっちだった」喪失する語彙力。満更でもないおれ。面白さと幸せが混在する不思議空間。まあ付き合ってはいないのだが。

「生でいいなら2回戦しようぜ!」と言うと、「○○ちゃんの体が心配です!」と断られた。まんざらではない。2回戦はなくなった。普通立場逆では?知らんけど。

いかがだったでしょうか!童貞食いisカワイイカワイイはつくれる!童貞食いは作れる!(は?)

みなさんもぜひ試してみて下さいね

p.s.この童貞彼氏にしてしまったため、二度と童貞を抱けません。はあ。

2020-11-26

anond:20201126100014

横だけど仏教的な非想非非想天意味する本来用法の他に(こっちで一般人が使うシチュ存在しない)、俗語用法を許容するとしても、せいぜいが「忘我の境地になるくらい恍惚となる」くらいまでであって、調子に乗ってる系の有頂天は忘我要素がなくてむしろエゴの塊であって言葉性格的に正反対なっちゃってるし、広まってるけど個人的にはそこまでは許容しちゃうのは気持ち悪い。もちろん何らかの欲求ピークとなるという頂点の言い換えみたいに使うのも間違いだし。でも性的絶頂有頂天とするのはわりと忘我の恍惚状態から意外と合ってると思う。

2020-11-17

anond:20201117093349

誤解させてごめんね、比喩のつもりだよ

さすがにこの文章を読んで「フェミ恍惚な表情を浮かべながら炎上させてたんだ。。知らなかった。。」ってなる人は居ないと思ったんだけど、買いかぶりすぎたか

anond:20201117093349

誤解させてごめんね、比喩のつもりだよ

さすがにこの文章を読んで「フェミ恍惚な表情を浮かべながら炎上させてたんだ。。知らなかった。。」ってなる人は居ないと思ったんだけど、買いかぶりすぎたか

anond:20201117093136

炎上させてるときフェミさんたちの恍惚な表情は忘れられないよ。

ネット越しに相手の表情が見えるエスパーがいる

こういう嘘っぽい言説で煽るからますます信頼されなくなるんだよな

こいつら「敵」を陥れる為なら捏造でも何でもするんだな、って

anond:20201117090121

しかに限りなくいじめに近いかもしれないね

炎上させてるときフェミさんたちの恍惚な表情は忘れられないよ。

炎上場合によってはいじめになるってことが主張したかっただけだからタイツのあれが本当にいじめじゃないのかってことまで考えが及ばなかった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん