「兄弟喧嘩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 兄弟喧嘩とは

2019-09-25

キレると手が出るか

親がキレると手が上がるタイプで(父も母も

一度、なんだったか小学生の頃に親と口論をしていた時に髪を掴まれ階段まで引きずられた

「このまま引きずり落としてやる」的なことを言っていた気がする

本気で殺されるんじゃないかと怖がったのをよく覚えている

死にはしなかったが背中の皮がむけ、痣ができた

幼稚園児のころ、お菓子屋食べる食べないで手を挙げられ、コンクリ作りの壁に叩きつけられてたんこぶができたのが一番古い体罰記憶

叱るとき普通でしおらしくしていれば許されたのだが、こちらが小生意気に口答えを続けるとキレるのが親のパターンだった

怒って手が出ていただけだから体罰と呼ぶのも違うように思う

社会階層としては上の家庭で、大学も在学中の生活費も全額援助してもらった

毒親には程遠い親だったと思う

キレると手が出ることは散々に学び、中学校に上がる頃にはキレさせるようなこともほとんどなくなり

やや過保護干渉だが普通の親子関係を続行していた

しかし怒ってもけして手を出さないのが普通だと言う主張を友人から聞き、キレると手が出るのは人としておかしいのではないかと思い始めた

この手の話を親にすると途端に不機嫌なり、烈火のごとくキレる

思えば自分子供の頃は兄弟喧嘩でも手が出るタイプであった(兄に言われもなく蹴られていたのでその反撃ではあったのだが)

ただ、この先子供もつと、自分も親のような人間になるのだろうかと思うと

子供を持つのが怖い

2019-07-29

いじめ加害者自殺に追い込んだ話

つい先週のことだ。妹をいじめていた主犯格がようやく自殺した。

苦節7年、長かった。

私と妹は一回り以上年が離れている。兄弟喧嘩が起こる年の差でもないので私は溺愛している。そんな妹が学内レイプ未遂にあったのは中学の頃だ。

何とか最後の一線を超えられる前に助けが入ったようだが、そんなことは関係ない。快活だった見る影はなくなり、家族以外の異性は見ることどころか声が聞こえることさえ怖がるようになってしまった。きっかけは、他の女子片思いしていた子が妹に告白したとかそんな話だった。それで嫌がらせが始まり、次第にクラス全体が悪ノリし、下半身しかない糞が調子に乗って犯そうとした。そんな次第だ。

許せなかった。そんな人未満共もそうだが、離れて住んでいるとはいえ2ヶ月近く気づいてやれなかった自分や同居していたはずの両親がだ。

正直な話、私自身もいじめられたことがある。帰国子女として小学5年のとき日本公立校編入したときのことだ。編入初日から、なぜか無視され水筒お茶を顔にぶちまけられた。女の担任教師は目の前で水をぶちまけられ、牛乳を浸した雑巾を投げつけられている私を見て見ぬ振りした。許せなかった。まあ、そんなことはいい。

妹の件を受け、私は決心した、必ず復讐してやると。妹はそんなことを望んでいなかったが関係ない。私はわたし自身のために、必ず奴らを地獄に叩き込んでやると誓った。

私も父も働くしか能のないような人間なので金だけはあった。外資に務めていた私はボス相談し、半年の休暇をとることになった。彼への恩義を忘れることはないだろう。

私は手始めに弁護士探偵を雇った。民事刑事、それに学校への圧力も含め法務エキスパート情報収集は欠かせないと思ったからだ。

まずは、被害届を出そうとした。だが、ここでもう躓いてしまう。被害から数週間経ち証拠に欠けるだとかでまともに取り合おうともしないのだ。弁護士を連れて行っても、ろくに重い腰を上げようとしなかった。だが、ここは身内の機転でうまくいった。県道を嗜む叔父警察剣道稽古で知り合った現職の警察幹部を紹介してくれたのだ。彼は親身になって相談に乗ってくれ、そのおかげで週明けには被害届受理された。数日前とは打って変わって愛想よく対応してきた糞のような警官共の名前は一生忘れない。

学校も手強かった。謝罪はもちろん、ろくに事実確認すらしようとしない。だが、ここは札束の力で解決した。学校関係者の身辺調査の結果を使ったのだ。校長には現在進行系の不倫が、学年主任の息子には傷害での逮捕歴があったのだ。どちらも教職者の信用を失うには十分だ。仄めかすだけで、ホイホイ言うことに従うようになった。

あとはレイプ実行犯の男3人といじめ主犯格の女だ。ありとあらゆる手段を使った。家族もろとも社会的に殺してやろうと思っていた。父親の勤め先には息子娘が性犯罪を犯して警察捜査であることを郵便で送りつけ、自宅周辺や母親パート先にはホームレスを使って誹謗中傷のビラをまかせた。ホームレス経由で地元ヤンキー共に金を渡し、糞どもに暴行を加えるようにも指示した。自宅への落書き騒音やらせた。引っ越すものがいれば探偵を使って転居先を調べ上げ、同じことを繰り返した。街宣車まで金で呼んだ。数年の間に4家族すべてが離婚し、親兄弟はある程度離散した。それでも、本人たちの居場所に対しては嫌がらせを徹底して続けた。バイトを始めれば勤務先に犯罪者である旨を伝える電話FAXを繰り返し、専門学校に行き始めれば学生に金を積んで、学内にもビラを撒かせた。もちろんネットでも誹謗中傷の限りを尽くした。顔写真家族構成、真っ当でない人間に撮らせた入浴中の盗撮写真に至るまで全てを晒した。

最初の2年の間に、男3人は体に障害が残った。ヤンキーだかヤクザ崩れだかにサンドバッグにさせた甲斐あって片端ものになったのだ。もうまともな人生など歩めない。一人に至っては玉が片方潰れたとかで年に片手で数えるほどしか外に出なくなった。殺してやろうとも思ったが、さすがに放火は思いとどまった。いくらなんでも、捜査が始まってしまうからだ。

だが、女は許せなかった。レイプを指示し、あまつさえ見ていたというのだから許せるはずがない。この手で絞め殺せたらどんなにかいいだろう。だが、それはできない。そんなことをすれば妹は悲しむからだ。あの子そばにいてやらなくてはならない。その気持ちけが私を押し留めた。

幸いなことに、そのアマは徐々に精神病みつつあると報告を受けていた。4年も経つ頃には立派な統合失調症だった。私は歓喜した。これでもう、あの女はまともな精神、真っ当な人生に戻ることはない。死んだも同然だ。その時点で自宅近辺での嫌がらせはやめさせた。これ以上せずとも良いからだ。無用な出費が無くなり、ささやかな祝いに妹の好きなティラミスを買ってきたのを覚えている。何も知らない妹は、誕生日でもないのにどうして?なんて言って笑っていた。その頃には妹はメンタルケア甲斐もあって家族と一緒になら旅行に行けるくらいには回復していた。

それから3年、定期的に報告は受けていたのだが、先週の頭に自殺したようだと電話を受けた。本当に長かった。妹は4月から大学に通い出した。人より遅いが楽しんでいるようだ。そのうち彼氏も欲しいななんて笑えるくらいになった。本当に良かった。けれど、彼女は知らない。一言も口にしたこともないが兄が加害者たちを執拗に追い回し自殺にまで追い込んだことを。私も決して伝えるつもりはない。

父は感づいているかもしれないが、母は知らない。知らせる気もない。ただ、誰かに知ってほしいのだ。本懐を成し遂げた者がここにいるのだと。祝杯をあげられないのだから、この溢れんばかりの喜びをせめて匿名さらけ出したいのだ

2019-05-12

[]5月12日

○朝食:にゅうめん

○昼食:レバニラ炒め定食ご飯たまごスープ餃子漬物レバニラ炒め)

○夕食:天津中華飯

調子

むきゅー。

今日は、久々に頓服薬を飲まなくても大丈夫な程度の辛さだった。

とは言っても、微熱は続いているし、喉の痛みもかなりある

けど、耐え切れない頓服飲む! とまではならなかったので、かなり治ってきているのかもしれない。

それがあまりにも嬉しくて、たらふく飯を食べた。

ご飯をたくさん食べると元気が湧くし、生きることに前向きになれる……

明日から一週間はじまります、とりあえず水曜日は通院の予定でおやすみするけど、ぼちぼちお仕事も頑張れるよう、むっきゅりするぞいや!

それで、今日は久々にご本を読む日にしてみた。

○早朝始発の殺風景青崎有吾)

ワンシチュエーションもの短編連作短編集の間みたいな作品

捨て猫兄弟喧嘩がかなり特徴的で印象深かった。

謎解きのギリギリまで「そもそもこれは何を問うているミステリなのか?」がさっぱりわからないのだけど、

謎解きが始まった瞬間にその辺りがビシッとハマりだす、ある意味ワットダニットもの一種なのかしら。

ネタを割ってしまえばxxxダニットなのだけど、謎を提示する段でそもそもこれがxxxダニットものだと気付かせない構成ってのは、面白かった。(前例的には倒叙と気付かせない倒叙というか信頼できない語り手の方向でありそうな気がするけども)

全体的に良い意味褒め言葉として「ミステリのお手本」のような、教科書的な楽しみができて、作者の地力の高さを強く感じた。

僕は、飛び道具よりも地に足をつけた格闘戦の方が好きなので、こういう作風は大歓迎。

この作者のノンシリーズものを読んだのは初めてだけど、確実にミステリ作家として今後も信頼できそうな出来なので、追いかけていこうと思う。

探偵AIリアルディープランニング(早坂吝)

AI探偵男子高校生コンビを組んで謎を解く短編連作

AI探偵ということで、フレーム問題シンボルグラウンディング問題不気味の谷中国語の部屋など、ミステリでは後期クイーン問題を通じて馴染み深いものもある哲学的数学的)な課題と絡めての謎解きが繰り広げられる。

この辺、前例を重んじる姿勢がかなり好み。

特に面白かったのは第3話の不気味の谷

僕は割と、というかかなり名探偵に対して甘い読者なので、かなり読み進めるまで、違和感に気づけなかった。

(だから僕、名探偵自身トリックに絡む系の謎滅多に先読みできないんだよねえ。作者に麻耶雄嵩って書いといてくれれば、心構えの一つもするんだけどさあ)

なので思わず、すぐに読み返して逆転感を堪能できて楽しかった。

全体を通じて、ミステリパロディ要素も強く、AI技術的な部分も程よくわかりやすく噛み砕いてくれてるため、正誤はわかりもしないけど、この本を読むにあたっては苦労なく楽しめた。

SFそもそも話の主題がどこにあるのか? から読み解く必要があるから技術的な部分をどこまで読みとかなければいかないのか? がとても難しく、読み手が止まることが多いのだけど。

ミステリは今回何を推理すればいいか、は割と早い段階で明示されるから、そこに向けて技術的な話も理解しておけばいいので、スムーズに読めて楽しめた。

続編も出せそうな終わり方なので続きもきになる。

本格ミステリベスト10の近況報告によると書く予定はあるみたいなので、楽しみにしておこう。

グラブル

ゼノウォフの武器は二つとも作った。

水の方は毎日コツコツやってくか……

水はあまりモチベがわかないんだけどなあ。

2019-04-11

anond:20190411212400

少子化兄弟喧嘩したこといからキレる前兆もとりなしかたも謝り方も全部わからずとりあえず逃げる世代がこれか

2019-03-16

現代が剣や斧で戦う世界だったら俺も戦士になってたと思うわ

今の銃器武装した戦争ってつまんねーよな。

銃やミサイルって筋力補正がかかんねーじゃん。身体鍛える必要ないじゃん。

先日モスクを襲撃した白人おっさんなんてさ、あれ銃がなくて剣や斧だったら二桁殺傷出来るかどうかもわかんなかっただろうな。

雑魚が銃を持つことで容易に大量殺人可能になった近現代マジで終わってる。

何のために筋肉鍛えてんだよ。剣や斧を振るうためだろ。核廃絶とか生易しすぎるんだよ。

核の前にまず銃器を廃絶する条約を締結させろよ。日本国連に提起しろよ。刀剣で戦う時代になったら日本に有利なんだからよ。侍魂だろ。

俺は喧嘩戦歴で負けなし(兄弟喧嘩を除く)だし俺みたいな奴が本来だったら戦士として名を馳せてたはずなんだよな。

それを銃器かいチート武器台無しにしたんだよ。最悪だわマジで。筋力補正がつかない武器とかほんとゴミ

2018-12-23

アニキサス

兄貴刺すって兄弟喧嘩でもしたの?

ってか、弟なの?

2018-12-09

ミシン目入りのチーズケーキを作れば子供喧嘩がなくなるのでは?

最初から切ってるケーキテンションが落ちるからやっぱホールがいいのですよ

ただ正確に切らないと兄弟喧嘩になるのです

なので切り取り線をチーズケーキプレスしておくのです

特に切り分けにくい5等分とかを

2018-06-19

新版 これこそ正しい増田の使い方

06:00 起床&勃起 やれやれ

08:00 アレクサが、昨晩抽選が行われたサマージャンボ宝くじの1等前後賞の当選を告げてくれた。5年連続12回目の当選だ やれやれ

08:30 社長車が出迎え 社長「君との会話は、私の精神の土壌を潤してくれる。毎日、一緒に通勤してくれないか。次期社長」 やれやれ

09:00 業務開始 同じ部署の同僚たちのノルマも含め、再来季までのノルマを達成してしまっているので、やることがない。増田カキコ。あっという間に人気エントリに やれやれ

12:00 昼休憩 フロア廊下すきやばし次郎とすきやばし太郎が、私に最高級のランチを食べさせようと兄弟喧嘩している やれやれ

13:00 会議 全員が私の発言を待っている。「では、Googleはてなを買収することにしましょう」万雷の拍手の中、胴上げが始まる。落とされた

18:00 専務の計らいで五反田の「ナース女医治療院」に緊急入院。粋なサービスを受ける。領収書の宛先を「株式会社はてな」にしてもらう。買収後、経理請求しよう

2018-06-15

これこそ 正しい益田の使い方

06:00 起床&勃起 やれやれ

08:00 アレクサが、昨晩抽選が行われたサマージャンボ宝くじの1等前後賞の当選を告げてくれた。5年連続12回目の当選だ やれやれ

08:30 社長車が出迎え 社長「君との会話は、私の精神の土壌を潤してくれる。毎日、一緒に通勤してくれないか。次期社長」 やれやれ

09:00 業務開始 同じ部署の同僚たちのノルマも含め、再来季までのノルマを達成してしまっているので、やることがない。益田カキコ。あっという間に人気エントリに やれやれ

12:00 昼休憩 フロア廊下すきやばし次郎とすきやばし太郎が、私に最高級のランチを食べさせようと兄弟喧嘩している やれやれ

13:00 会議 全員が私の発言を待っている。「では、Googleはてなを買収することにしましょう」万雷の拍手の中、胴上げが始まる。落とされた

18:00 専務の計らいで五反田の「ナース女医治療院」に緊急入院。粋なサービスを受ける。領収書の宛先を「株式会社はてな」にしてもらう。買収後、経理請求しよう

2018-04-09

感情的になると言葉が出てこなくなるのを改善したい。

私は今まで、自分自身のことを冷静な人間であると思っていた。大学理系学部修士まで出たし、論理学も好きで趣味として教科書を読んだりしてきた。幼い頃の兄弟喧嘩を除いて、喧嘩なんてしたことなかったし、周囲の人間から評価も「大人しそう」「キレたら怖いタイプ」といったところだった。キレたことがないのでキレたら怖いのかどうかは分からない。

しかアラサーになり、自分は冷静な人間ではないのではないかと思い始めた。

最近転職をしたのだけれど、転職先で毎日のように上司から叱咤されている。

もちろん原因は私にあるので、叱咤された内容については反省し次に生かそうと思うのだが、偶に、「それは私に言ってもしようがないのでは」といったことや、「そもそも叱咤されるようなことではないのでは」といったことでも一方的に注意を受ける。例えば、別の上司の方にアドバイスをいただいた後に「あの上司は出来が悪いから、話を聞かないように」と言われたり、要領が悪いと指摘していただいた後に「女なんだから業務時間内に仕事を終わらせて(ここまでは分かる)、家で料理とかして旦那さんを喜ばせたらどうか(そこまで言われるのはおかしいのでは?)」と言われたり、特に関係のない第三者批判を聞かされたり(自分のことではないのは分かっていても、何故か私は、他人への批判自分のことのように感じてしまい冷静に聞くことができない)。

そんな時、心の中ではそれは違う、と思っても、口から出るのは「申し訳ありません、はいすみませんでした、気をつけます、仰る通りです」といった言葉ばかり。それどころか叱責が続くうちに、無意識のうちに涙が出そうになって、堪えるのに必死になって、余計何も言えなくなる。

落ち着いて冷静にと必死自分に言い聞かせるが、そのうちにある定点を越えると、パニックに陥ったかのように自責感情が溢れてどうしようもなくなってしまう。

表面上は神妙な顔なり、相手に合わせるための笑顔なりを作りつつ、その場をやりすごすが、そのあとは変な疲労感でぐったりしてしまう。

早く仕事に慣れたい。

そして、冷静に叱責を受け止め、言うべきことはしっかりと言えるようになりたい。

2017-11-02

https://anond.hatelabo.jp/20171102055308

我が家と似てるなあ。

兄の俺は優等生タイプ

ずっと成績が良かった。

でも、コミュ障

弟は、勉強イマイチだけど家族に好かれ、そして友達にも恵まれタイプ

弟は、もともとはバカだと思うけど(原付免許に落ちるようなやつだ)俺に負けるのが悔しくて、あらゆることで挑んできた。

勉強もそこそこできるようになった。

例えば、ある年の1学期の数学試験が俺が85点、弟は90点、引き分け

「やった!お兄ちゃんに勝った!」

弟は喜んだ。

両親も弟をよく褒めた。

からしたら、普通公立中学数学試験と、高校しか進学校数学試験とじゃ、難易度が違うのだから、俺のほうがむしろ褒められるべき、と思ったりしていた。

その一方で、やっぱり弟が好きだった。

兄弟喧嘩をしても体格差コテパン学力でもコテパン、それでも突っかかってくる弟が愛おしかった。

勉強は出来ても要領が悪く失敗したり叱られたりばかり俺は、社会人に出てからは損してる。

その点、弟のほうが、うまくやれている。

弟は結婚もしてる。

でも、弟は、昔も今も、俺の才能を信じてくれている。

コミュ障だけど性格が性悪なんかじゃないと信じてくれてる。

実は、仕事を辞めてプーだった時期がある。

毎日日曜日無職、誰にも咎められない一人暮らし、なまじある貯金、腐る要因のなかで、腐らずに資格勉強ができたのは、誇れる兄でいたいという想いがあったからだと思う。

弟が好きだ。

まれ変わっても、兄弟になりたい。

2017-09-17

[]

土岐市美濃陶磁歴史館で開催中の「お茶美濃焼」展に行って参りましたわ。

お茶と一緒に発展してきた焼き物歴史時系列順にまとめられていて、

わかりやすかったですわ。

最初は禅僧の修行用の眠気覚ましだったお茶が、だんだんと娯楽になってきて、

夢窓疎石という偉いお坊様が「最近若い者は」と闘茶の風習を、

足利尊氏の弟相手に嘆いていたそうですの。

それより兄弟喧嘩を注意したほうがいいですわ。

越前朝倉氏の一乗谷で出土した陶磁器に、国外品を尊びながら国産品にも

注目する当時の姿勢が現れていましたわ。

余談ですが、館内で閲覧できた一乗谷の展示会の本が興味深かったです。

京都府で出土したお店で売っていた国内外陶磁器も、

陶器グローバルな流通を感じさせてくれましたわ。

あと展示されている四耳壷のひとつが、きちんと耳を通したワイヤーで

固定されていました。

現代になっても耳が実用されるなんて大層愉快ですわ。

https://anond.hatelabo.jp/20160717215759

2016-09-15

死ね!」って言ってはダメ!って叱った結果。

我が子たち、つっても二人しかおらんが。

上が中一娘で下が小五息子。

兄弟喧嘩はどこの兄弟でもあるわけだが、ヒートアップすると娘の方が弟に「お前なんか死ね!今すぐ死ね!」って絶叫するんだな。

家風ってのがあって、嫁もかなり言いたい放題言うし、夫である肩身の狭い私は修羅場から避難する(だって仕事から帰った時にはほぼ毎回既にヒートアップ状態で原因すら分からんもん)人間なのだけど、私までヒートアップしたらダメからってのもある。

なので、口論してる間は放置してるんだが、流石に「死ね!」はないんじゃないかと思って、子供たちをきつく怒ったんだ。

実際、死ねって罵られる方の息子は何しでかすか分からないところがある。

ちょっと前は切れてテレビに物投げつけて壊しやがった。

あるいはもっと前には台所から包丁まで持ち出した。その時は包丁で切りつけるとかはなかったそうだが、こっぴどく叱っている。

なので、マンションは4階だけど万が一飛び降りられたらと思うとぞっとするものもあった。

で、「死ね!とか絶対言ってはいけない言葉。他にも殺すとかそういう言葉絶対ダメ。カッカして喧嘩してしまうのは分かるし喧嘩したらダメはいわないから、もっと言葉を選びなさい」って。

そしたらですね・・・

「お前なんかデスだ!」「デス!デス!デス!デス!・・・」と娘は息子を罵ったんだな。

英語の分からない息子は「お姉ちゃんおかしくなってる!あはははは!」とかって嘲笑っぽくしてたけど、目の前で見てた私はおかしくて噴出しそうになった。

娘よ、私も英語はよく分からんけど、それも言うなら「ファックユー」とかじゃないのか?と思った。

 

p.s.

200以上もコメント付いて焦りました。

確かに包丁の件は書かなくても良かったし、恐い話です。但しこれ、煽ったのは娘です。

売り言葉に買い言葉って奴で、死ね→お前が死ね→死なねぇーっつの→じゃぁ殺すからな!→出来るわけねーだろ。やれるもんならやってみろ、バーカ→こうやったら出来るぞ!、みたいな流れで包丁に辿り付いたらしい。

もっとも、台所から取り出したのは子供が使うプラスチック包丁でして、怪我はするだろうけど、殺傷力は低いと思います・・・ってそんな問題でもないですね。

その包丁のすぐ隣にはマジもの包丁もありましたから、ちょっと間違えたらほんとにぞっとする話です。

息子は、出したもののすぐ引っ込めて、娘に空のペットボトル投げつけたそうです。

テレビ壊したのもペットボトルです。どうもペットボトルなら大丈夫と思い、人に投げる場合は手加減してたんだけども、テレビなら大丈夫と思って強く投げたらしい。で、液晶画面がぶっ壊れてしまいました。どうやら硬めの蓋の部分が当たったらしい。

かなり以前、息子は手足を出して殴ったり蹴ったりする事があり、苦労してそれをやめさせたのです。

でも、手足の代わりに怪我の可能性の低いものを投げるようになってしまったのですね。

ともかく、ちっちゃい頃から暴力だけはダメだという方針でして、その代わりに口論は多目に見るようにしたのです。

でも、やっぱりというか男の子やんちゃで、どうしても実力行使したがるところがありますお姉ちゃんの方が口が達者だし(で、「デス」かよwってのもあるけど)。

まー、でもテレビくらいならいいかな。今のところですけど、喧嘩で怪我はありませんし、言いたい放題言い合った後は意外にケロッとしてたりします。

これがいいのかどうかはよく分かりませんが、ともあれ子育ては大変ですね。

2016-05-05

[]

太陽の石を読んだ。オーリエラントの魔術師シリーズは、魔術師魔法に特化した重厚ファンタジーから読み応えがある。世界観にどっぷり浸かると面白いと思う。

ただ、個人的に今作は前二作に比べて盛り上がりに欠けた気がした。謎を解いたり、強大な敵の罠に嵌ったりすることがなかったからかもしれない。歌うクジラでも思ったけど、ロードムービー的な物語あんまり好みじゃないのかもしれない。失敗や成功を糧に登場人物が変化するわけじゃなく、終始道なりに展開するからなのかな。あんまり起伏が感じられなくて残念だった。でも、朽ちた砦で冬ごもりする部分は面白かった。

イザーカト兄弟は揃いもそろって人間味あふれる問題児ばかりで、それが理由悲惨兄弟喧嘩に発展したのかと考えると悲しくなった。もちろん魔術師から性根のところがねじ曲がってはいたんだけど。暴君とかしてしまうナハティの変遷なんて、テンプレートといえばテンプレートなんだけど、どこかで違う道に進めたんじゃないかな。力が強すぎたりプライドが高すぎたりするのってほんと不幸だと思った。

帯にも解説にもあるけど、最終決戦へ向けての段階から、予想を裏切るが決して嫌いを裏切らないエンディングが待っていたので、ちょっぴり切なかったけど満足できた。

この地域の人々がこれからどんな歴史を育み、後世の社会形成していくのか。シリーズ第四弾が出たら追い続けたいなって思いました。

怒りが自分より弱いものに向く人

っているよね

兄弟喧嘩して親から理不尽に怒られたとして、親の判断おかしい!ではなく、弟・妹が悪い!とさらいじめタイプ

いじめられたらいじめっ子を憎むのではなく、つい先日までいじめられてたがいじめの矛先から外れた子を逆恨みするタイプ

2016-03-26

手足がないんだから育児できない?不倫も仕方ない?ハァ?

手足がないから育児ができないと乙武さんが言ってたそうで。


奥さんから見たら

手足がないんだから育児はできない と言われる

→1人育児に奔走することになり、身なりに気を使う余裕もなくなる

女性としてみれなくなった。と言われる

→手足がないのでオナニーもできないし不倫も仕方ないよね?みたいな雰囲気

→今回の不倫は私にも責任があった と謝罪

と、いうことみたいで。腹立つ。

手足がなくても育児はできるし、しなきゃダメだよ。

確かにホヤホヤ赤ちゃんの世話は無理でも、お絵描きしてる子供に「上手だね」って声かけはできるよね?

兄弟喧嘩を始めたら仲裁することだってできるよね?

1人でトイレに行くのを怖がる子について行ってあげることもできるよね?

女性を何人も口説き落とすことができるほどの話術があるなら、例え手足がなくても子供コントロールして、しつけることもできるよ。


奥さんのことを女性として見られなくなるのは仕方ないけど、そのことを公表するなよ

奥さんにだけ「今は大変な時で俺の性欲処理をさせるのも申し訳ないから風俗でも行ってくるよ」

って言って週3で風俗通えばいいじゃん。

女と高いレストラン行ったり海外旅行行ったりする金があるなら余裕でしょ。


週3で風俗通いしてるってのが世間にバレても、その時は障害者の性欲処理の大変さを社会問題っぽく訴えればいい。

うまくやれば、選挙活動の一環になったかもよ?

2014-03-07

二人っ子政策

<前置き>

この案は「そもそも兄弟姉妹という存在子供の人権侵害なのではないか」という思考から生まれた産物です。

一人っ子と比べて兄弟姉妹がいるという状況は、明らかに子供や親に求められる能力が高くなります

まず子供ですが、兄や姉は妹や弟の世話。未成年に当たり前のように労働をさせている現状があります

次に比較されてしまう状態。出来のいいほうに比べられたり年が上なんだから下なんだからとどちらか一方に負担される場合があります

そして兄弟喧嘩一人っ子では絶対に起こらないトラブル対応する必要があります

親の方はというとまずお金一人っ子と同様に育てようとすると単純に考えて二倍の予算必要になります

足りない場合は年が上の子が進学を諦めて就職するなど子に負担が掛かるようになります

次に育て方の差異勝手の分からない上の子より下の子のほうが育て方をわかっているのでスムーズに育てることができます

逆に上の子が手間のかかる場合子育てもままならず、場合によっては死に至る危険な状況になることもあるでしょう。

最後愛情差異です。極端な例で言えば搾取用と愛玩用なんて言葉がありますが、そうでなくても人間である以上上の子と下の子を完全に平等に愛することはできません。

また上の子一人の期間があったわけですから、下の子が生まれてからの子に与えていたように愛情を注ぐ事は上の子がいる時点で不可能です。

このように複数人兄弟がいるという事は明らかに一人っ子である場合とはまるっきり異なる状況になります

しかしそれらが全て悪いというわけではなく、小さいうちに子の世話をすることや喧嘩によって得られる経験や比べられることによって伸びる能力等もあるでしょう。

何より少子化が加速している日本一人っ子以外の廃止などという提案は無意味でしょう。

そこで考えたのが二人っ子政策です。


<二人っ子政策とは>

簡単に言ってしまえばばら撒きです。

子供が二人の家庭に補助金を出すのです。

後は<兄弟><兄妹><姉弟><姉妹>という4パターンにおいて発生しうるトラブル対処法の教育をするなど考えています

なぜ二人っ子限定なのかといえば、三人になると9パターンになって教育内容が増えてしまうため、ひとまず二人っ子として上手くいったら二・三人っ子政策に進むという事になります

ではその財源はどこから取るのかというと、一人っ子家庭…からではありません。

独り身か一人っ子家庭以外の全ての成人から徴収します。

徴収額はその人の状況で変動し、

未婚同棲結婚子無し>未婚恋人有り>未婚恋人経験有り(子有り含む)

の順で徴収額は下がります

上記状態から二人の子供が生まれた時点で徴収したお金は全額返還されます

その後は子供が成人するまである程度の補助金が出ますが、三人目が生まれた時点で補助金は終了します。

これが二人っ子政策です。


<独り身隔離金>

二人っ子政策とは少し外れるのですが同時に導入したら良いのではないかと考えているのが独り身隔離金です。

上記二人っ子政策予算徴収対象者に未婚恋人経験無しは含まれていません。

私はむしろそういう人たちには隔離金と称した金を二人っ子政策予算から出すべきだと考えています

これはただでさえ競争率の高い婚活市場に一度も恋人経験の無いような人が含まれることを防ぐことが目的です。

それにより自然恋人ができるような意欲と能力を持った人だけが婚活市場に残るという目的があります

独り身隔離金は未婚恋人経験無しの人に恋人ができた時点で止まるどころか全額返還の義務が発生します。

それもあり、婚活市場には全額返還するほどの意志のある人しか来ないという事となります

また独り身隔離金の支給額が少ないうちに行動したほうが良いという意識から晩婚化も防ぐことができます


恋人通報制度

結婚はともかく同棲恋人の有無なんかどうやって政府が把握するんだというごもっともな意見はあると思います

それは監視社会のようになってしまますが、やはり通報制度によるものが一番安価に導入できるのではないでしょうか。

はっきりとした証拠のある通報には奨励金が支払われます

独り身隔離金を受けながら恋人過去現在にいた場合にはその人から返還される独り身隔離金の一部を、

同棲恋人恋人経験を隠していた場合には追加徴収額の一部を奨励金に回します。

これにより不正を行う人達から適切な徴収を行うことができるようになります


以上二人っ子政策概要でした。

2013-11-06

久々に実家に帰った日、待ち受けていたのは家族ドン引きした視線だった。

理由は単純。自分体重が三桁を超えていたから。

冷ややかな視線も痛かったがそれよりも心に突き刺さったのは妹のヒステリック叫びだった。

「外でお兄ちゃんだって言いたくない」

歳が離れている分、特に兄弟喧嘩をすることもなく仲良くやってきたつもりだったが

まさかタイミングで大っ嫌い発言である

母のヒステリー体質をしっかり受け継いでいるのもこの時知った。

父を除く家族一体のブーイングの中、這々の体で帰らざるをえなかった。

先ほどその妹から宅配便が送られてきた。20-21時の時間指定で。

玄関先で偶然配達のあんちゃんと顔を合わせたので、そのまま受け取ったが、

アマゾンではないことはプチプチの感触ですぐに分かった。

だが四角い。玄関の明かりをつけると、果たしてそれはタニタ体重計であった。

リアクションを取れずに固まる中、宛先人が妹の名前になっていることをかろうじて目が追った。

包装を破ると薄い緑色メッセージカード

有効に使ってほしいということ、先日は言い過ぎたこと、2月結婚記念日は絶対に痩せて帰ること、

かいが息せき切ったような字でみっちり書いてあった。

高校生お小遣いにしては少々額が張りそうな立派な体重計を見ると、母もお金を出したのだろう。

ただ、言い出しっぺは妹に違いない。家と会社を往復する世捨て人のような社会人生活を送ってきたが、

今更やばいと思った。私は意思弱だが、見栄っ張りだ。自分のためではなく妹のために痩せよう。

まずはメールを送ろう。

2013-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20130916100807

あんたの親は古いがまあ理解できる

火のような性格で、親子喧嘩兄弟喧嘩で激昂すると、身内の葬式ですらボイコットしてしま前科があり、僕と彼女の両親は、彼女の機嫌を損ねないように、やっきだ。

こんな彼女は理解できないし

それを選ぶあんたも理解できない

2012-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20120503201709

部屋数が少ないから姉弟別室になると、

どうしても片親と姉、片親と弟が同室になることになり、

そうなると、両親が夜中私か弟の隣で始めることがあるんだよね。

それが嘔吐するほど苦痛なので、私から遠回しに頼んで姉弟同室にしてもらった。

それでも未だに両親がやってる気配とか声はわかることがあって、それだけでも苦痛

隣でされるのはマジ辛い。だから両親別室にはできない。

それか恥を忍んではっきりと「セックスするなら外でやって」と頼んで、姉弟別室にしてもらうか。

それでも両親が隣でやらないとも限らないし、弟が侵入してこないとも限らない。

どっちにしても修羅場だ・・

兄弟喧嘩したことがないっていうことはないけど、性的な話は一切したことがないから、

今更どんな風に話せばいいかからないよ。。

オナニーしてるの目撃するのは今回が初めてじゃないけど・・

ほかの人に話したら、思春期男の子が身近にいる姉や妹を性の対象に見るのはごく普通のことで、

そのうち彼女とかできたら収まるから心配するなって言われた。

そういうものなのかな。

2012-02-19

あなた虐待、わたしの虐待

 さて、世の中には虐待というものがある。

 あなたにとっての虐待定義とはなんだろうか、被害者加害者保護であるという関係を除けばあらゆる虐待存在するが、今回は主に成人と未成年の間、親と子の間に存在する虐待について論考していこうと思う、なぜなら家庭というのは非常に外部と隔たれた空間であるからだ、教育の場であったり労働環境での虐待比較するとお互いの利害に関係のない第三者の目に触れる機会は一気に減る、その分陰湿であったり陰険になるなどの諸問題は生ずるが同じ様な虐待が発生した時に他との比較が容易で無いという点において、また未だ家庭内部の隠され閉ざされた空間で行われている虐待についての個々の認識を明らかにしていく事が、この世から虐待による悲痛、声にならない声を浮き彫りにしま被害者自身がより客観的に自己の被害状況を分析し気持ちの整理をつける事でより良い明日へと繋がる事を祈り進めていきたいと思う。

 虐待の種類

 虐待にも様々なものがあるが、一つに基本的には相手の事を思っているか?という漠然とした表現にその発生源を求める事ができる。もう一つは、相手の事を思ってしているという認識行為が結果的に同じ結果を生じさせているという虐待について、また意図的、偶発的を問わず“何か”をしなかったという事が虐待になる事もあるので、それらを比較しながら論拠していきたい。

 一、【故意】例

 我が子の欲求よりも自分の欲求を優先した虐待

 二、【過失】例

 躾等と称しての行為が本来の目的を達成していない虐待

 例えば、子供が他人の所有物を不当に取得した時などに“叩く”などの痛みを与える事で子供の犯した不当な行為を是正させようというもの、これでは罪を犯してはならない理由が“叩かれる”からだとの理解を子に与えかねない。裏を返せば叩かれてもいいくらい欲しい物であれば不当に他人から奪っても良いという事になってしまう。人間なのだから例え時間をかけてでも、物には“持ち主”という所有の概念があり、他人の所有物を正当な理由なく勝手に奪ったり何かしてはいけないと教えるべきだ。こういうと小さな子供にそのような説明をしてもわからないという人がいるようだが、行為の是非は痛みが伴うかどうかだと理解させてしまう可能性を与える行為こそ余計に子供が所有の概念を理解する事を阻むだろう。

 三、【認識ある過失】例

 意図偶発わず放置に至った時に、その放置によって苦痛子供に生じるかもしれないと認識しながらも「もう我が子の年齢なら大丈夫だろう」と本人を介さない判断で放置した結果、実際は子供精神的苦痛等を生じていた場合虐待

 ※本人の事前の意思を汲んだ上での放置で、実際に子供苦痛が生じても生じなくても、第三者から客観的には虐待と判断される場合も有る。

 四、【未必の故意】例

 意図偶発わず放置に至った時に、その放置によって「子供苦痛は生じる」と本人を介す介さない問わず判断し放置した結果、実際に子供精神的苦痛が生じていてもいなくても構わないと思う虐待

 ※行為としての虐待、結果としての虐待となるかどうかは別

 

 他にも虐待時の心模様は分析できるが、虐待による不都合が生じるかどうかという点では、これらの行為が多岐に又、継続的に行われるかどうか、そして被虐待児の個体差に寄ってでしか判断できない事とより効果的な虐待ラインの線引きをする為に虐待の回数、頻度、継続性やその子供の人生に不都合が生じたかどうかは度外視し“その行為虐待なのかどうか”に的を絞って進めていきたいと思う。

 それでは、ここから思いつくままに、もっとイメージを換気しやすい実例を列挙していきたいと思う。

 一、お父さんと息子がプロレスごっこをしていて上手く技が決まり泣き叫ぶ子供に対してもなかなか技を解かなかった。

 一、食事を親の許容時間内で食べられずゆっくりと遅い食事スピードの子供に対して、精神的な怒りを顕わにし、その怒りを子供に伝えた。

 一、兄弟喧嘩をした子供に対して、親の判断で判決を下し、制裁として一度の食事を与えなかった。

 一、何時にお客様が来るからそれまでに部屋いっぱいに散らかった玩具を綺麗に片づけておいてねと子供に頼んだのに、その時間になっても部屋を片づけていなかった為、児童の頭部に真上から握りしめた拳の中指第二関節の先を尖らせた部分を振り落としそれなりの痛みを与えた。

 一、子供学校から持ち帰ったテストの結果を見ると20点と書かれてあった、問題内容や平均点などがどのような状況なのかは関知していないが主観的に悪い結果だと思ったので「なにこの点数は?」と冷めた表情で悲しみを子供に伝えた。

 一、子供達数人を祖父母に預け遠方に行くことになった際に、お土産を買う事になった、その際個々の子長男、長女、次男、二女などそれぞれにお土産を買う際に、自分の子に対する好きの程度が“ひいき”としてお土産の質にも反映された。

 一、子供が食事に対して好き嫌いを顕わにした時に、栄養学的な事、勿体無い事、また添加物農薬化学調味料等による影響を考慮せず、また食べる事や残す事を“怒り”や“恐怖感”と共に子供に迫った。

 一、子供玩具を買い与える等の条件を設けてお手伝いさせたり、肩を叩かせる等した後に、その約束に対しての意識をおざなりにし約束をまだ守っていない。

 一、子供に早く寝ないとお化けや怪物、悪魔に襲われるなどと自分の信じていない事実を信じこませ嘘の恐怖感で持って子供自分意図した時間帯に寝かせてしまおうとした。

 一、家庭内でだれかの所有物が紛失した際に、証拠なく過去の行動等から子供のだれかが盗んだのではないかと疑いそれを子供に伝えた。

 一、子供が嫌がったり、将来思いだした時に嫌だと感じる可能性がある行為を何らかの脅迫や脅し、また体格差による優位条件を利用して行った。セックス

 等々、枚挙に暇が無いが、突き詰めていくと、同意や相互の了解、約束の無い事で自分保護下にある者に対して怒りの感情や、隠避の態度、また虚偽の同意や相互の了解、約束保護下にある者の言動を操作したり、当初は嘘のつもりはなく結果的に不本意であったとしても謝罪無く保護者立場を利用して子供の意思、期待を蔑ろにする行為虐待定義する事で、確かに、ほとんどは大した事のない軽度の虐待ばかりが散見するとは思うが、その浮き彫りにした小さな声の中から継続的であったり深刻な状況に陥っている児童を露わにする事で虐待から保護活動がより進むのではないだろうか。

 次に、虐待をされた側の福祉ではなく、虐待をしてしまった側の福祉を考えてみよう。確かに、認識の無い虐待の方が子供の悲痛は重いだろうが、罪悪感を認識しつつも己の言動を制御できず我が子に対してしてしまうという行為としての虐待加害者も罪を理解しているという点においては周囲が手を差し伸べるべきではないだろうかと思う。何度も閉ざされた家庭内の出来事である事は強調するが、親自身が現在において健全である因果関係の立証なくして自分の生育環境を我が子にも模倣するという事は大いにあり、その今現在健全である事はわが身が程度の差こそあれ受けた虐待が今のわが身の為になったと解釈しその虐待行為をまた我が子にしてしまうと言う物だ。

 良かれと思いやっている事なのだがこの場合本人の気分もなぜか優れないという事が多いように思う。どうも本当はこんな事はしたくはないが、我が子の将来の為に体罰や強制、十分に説明のできない因果関係の不明な理由によって我が子の言動を統制するのは止むを得ないを自己を正当かするのだが、なぜか当の親自身は心のどこかに陰りを想わせる精神状態に陥ってしまう。

 こんな時、もしも閉ざされた家庭でしか虐待というナイーブ情報について共有でき、また素直な気持ちで自分行為虐待なのか虐待でないのか話しあえる場、意見交換できる場があったらどうだろう。

 子を持つという事は責任が伴う。

 親に責任能力があってもなくても責任が伴うのだ。

 ないものは仕方がない、生殖の自由を制限することもまた違うであろう

 親になったからといって、社会は一律に保護者責任を追及しても良いのだろうか?

 そこに、責任という耐えがたい重圧感を与える事が、自らの育児教育能力自己判断し自信が持てなかったり自己否定の念の押しつけられた時、弱者である子に対し“教える”という行為をしなければならなくなった時に怒りの感情が“怒る”という形で子に向けられてしまうのではないだろうか。

 “怒る”について考えてみよう。

 子供が何か良くない事をした時に「コラーッ」と怒った場面を創造してみて欲しい。

 それは、子供スーパーで売り物を食べ始めてしまった時かもしれないし、子供自分で行きたいと言って行き始めた何かの教室勝手に休んだ時かもしれない。

 私や貴方はいったい何に怒っているのだろうか?

 子供が確かに一度はしてはいけない事だと理解したのに、私欲のために再三した事が許せないという怒りだったかもしれないし、貴方がせっかく拠出した習いごとの月謝を無駄にされた事かもしれない。他にも様々な解釈はできるが“怒り”がなぜ生じるのかをよくよく考えてもらいたい。

 そこに“悲しみ”はないだろうか?

 人は悲しくないのに怒る事はあるだろうか?

 元の感情として、自分が悲しくなる何かをされた事や身内が誰か他人を悲しませてしまう事が悲しくて、そんな思いはしたくないから“怒る”のではないだろうか?

 子供には貴方や私が怒る理由を理解するのは難しい

 まだ悲しい気持ちから怒りに転化したという実体験も希薄だろう。

 これを読んでくれた貴方には

 どうか

 どうか素直な感情で我が子と接して欲しい

 悲しい時には悲しい気持ちを我が子に伝えよう

 あなたがそんな事したら、お父さん悲しいよ お母さん悲しいよ って

 私や貴方がが無碍に他人を悲しませたいなんて思わないように

 子供純粋が気持ちとして、他人を悲しませるような事はしたくないという純粋感情がある事を期待しよう

 子供は“怒り”の感情よりも先に“悲しさ”の感情を知っている

 怒りは「快」「不快」という根本感情よりも一段階上の複雑な感情から

 親だから、大人だからといって、悲しさを隠す事なく

 例え我が子にでも、悲しい思いをさせられたら「悲しい」気持ちを表してみよう。

 きっと、わかってくれるはずだ

 今からでも遅くない 例え貴方の子供が既に成人していたとしても

 本当はどう思っていたのか? あの時は悲しかったんだよ だからあんな事をしてしまったんだと

 もし、過去の古い記憶が貴方を苦しめ

 また貴方の子がさらにまた子に対して同じ事を繰り返し、子が将来、あなたと同じ苦しみをする事を回避する為に

 勇気を振り絞って、例え過去の事であっても当時の本音の素直な気持ちを話してみよう

 きっと、貴方を許してくれるはずだ 貴方はもっと楽に生きるべき存在なのだから

@awaikumo

2012-01-04

自分は人を愛したことがあるのだろうかと

例えば、結婚したりすると、妻にDVを加えたらどうしようとか思う。

子供が生まれたら、虐待したらどうしようと思う。

今のところ、暴力を振るった経験というとせいぜい兄弟喧嘩くらいしかない。

あとは、K-1ごっこがエスカレートしたときくらいか

ペドロリでもない。

今のところ相手もいないか心配無用なんだけど、よくみんな結婚とか出来るなと思う。

時分の娘を殴る蹴るしてレイプしてしまリスクを考えたら、怖くて踏み切れないと思うんだが。

妻や子供に愛されないとか、憎まれる、疎まれるとかはまだ我慢できると思うけど、自分加害者側になるのは嫌だなって思う。

みんな凄いよな。

いろいろなことがあるかもしれないけど、それでも一緒になりたいっていう想いが、そういう恐怖に打ち勝つんだろう。

そこまで人を愛したことは一度もない。

2010-10-21

弟が連れてきた恋人が男だった volume 3

http://anond.hatelabo.jp/20101018071855

続きを書くべきなんだろうが、うーんと思う。俺が書いたものを嘘っぽいとか創作だとかいう人たちってなんなんだろう。

俺の態度を差別だって批判する人たちが、腐女子っぽいとかゲイっぽくないとか、なんであるかどうかも分からない形にあてはめて批判しているんだろう。

男ってこうだよね、とか実の兄弟ってこうだよねっていうのがダメで、ホントーのゲイってこうだよねっていうのがOKなのが分からないです。

うちの家族や弟のことを嘘っぽいって言われても、ホントのことですしねえ、としか言えません。そういうことを言っている人たちって、こうあるべきっていう無駄な決めつけをゲイに対してすらしているんじゃないだろうか。

俺がうちの実家スペックをまず明らかにしたのは、基本的にこれがうちの実家の問題だからです。嫁にゃあ関係ねえとは言わないけど、他人事であるのは確かであって、だからこそ嫌悪感愛情に勝ってしまう可能性がある。逆に簡単に「あ、そうなの?へーきへーき」で済ませてしまうかもしれないけど、俺の嫁場合宗教からんでくるんでそうそう楽観はできんのです。

うちの実家宗教は無いけど、基本、保守的なのは確かであって、心の葛藤だけじゃなくてもっといろいろと現実的な問題があるのです。

弟も別にカミングアウトせずにすむならわざわざしないんだろうが、相手の男、浩介と同居したいという希望がある以上、言わずに済むというのは難しい。これは弟とも話したんだけど、おまえ、県庁に入ったの失敗だったね、と言ったんですね。

地元に残ってくれるっていうんで家族は喜んだんだけど、こういうことになるなら東京大阪で、こっそり同棲するのが一番よかったんじゃないかと。

12歳差の弟ってのは半ば息子みたいなもんですよ、俺にしてみれば。対等な兄弟喧嘩なんてあるはずもなく、可愛い可愛いで来てしまった。親としての責任があるわけでもないから、まー、ジジババにとっての孫に一番感じが近いかもしれません。

ひょっとしたらそのせいかも知れないと思うところもあるんです。

大体、弟がゲイなのか、ただ相手の男が好きなのか、聞いてみても本人にもよく分からないんだそうで、こういっちゃなんだけど、心のもちようでなんとかなるなら何とかしてほしいという気持ちはある。心療内科とかで治療できるなら、そうしてほしいけど、ゲイだったらそれはそれで残酷だなと。

相手の男も今は恰好いいこと言ってるけど、先のことはわからんでしょう。一番つらいときに、優しくしてくれた弟に依存しているだけかも知れないし。結婚というきとんとした縛りがあるわけでもない、そんなあやふやな相手に弟はやれん、そう思ってしまうのがそんなに悪いことなんでしょうか。

誰の目にも明らかにゲイ、100%ゲイならかえってそっちの方がよかったと思うんですが、弟も相手の男も普通にしていればふつうの男ですし、相手の男が将来、うっかりどこぞの女をはらませて、結婚、なんてこともないとは言い切れない。

そういうことも考えませんか?家族なら。

はたちそこそこのガキんちょが今だけの気持ちで、僕たち愛し合っています、なんて地方のこの町で公表しちゃったら、どうなるのかと。気持ちが変わらないなら逆境もまたよいでしょうが、変わると思います。弟なんて、男であれ女であれ、肉体関係は今の相手ただひとりしか経験ないっていうんですから。相手の男は女性経験はあるみたいですけどね。

今、弟に言っているのは、とりあえず待て、ということ。

待ってどうなるかっていうのはその先は俺にもわかりませんが。ここ何日間かで俺も肝が坐ってきて、少なくとも俺は弟の味方でいようと思うようになりました。

ただ、どういう形で着陸させるのがいいのか、手さぐりになりそうです。

まずは姉の反応を見てみようと思います。俺の話として、俺、実はゲイなんだけど、妻と別れて年下のカレシと付き合おうかと思っているみたいな相談をしてみて、反応を見てみようと思っています。

2010-09-09

刑事事件なんて証拠が上がらないものばかりだろ

例えば家で兄弟喧嘩して暴行されたとしても、暴行ほど事実認定が難しいものはない。していないと言われればどうすることもできない。法なんて抜け穴ばかりだろ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん