「バカヤロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バカヤロとは

2021-09-11

anond:20210911121601

大喜利増田です」

「どういう意味増田だぜ」

「さぁ増田今日はこんな増田は嫌だを解説していくわよ」

「どういう意味?」

「こんな増田は嫌だ すぐセンズリをする いやですねぇ〜これは 千文字書くのか千回擦るのかどっちかにしろってね でも千回も擦らずに三回しか擦れない、ってバカヤロウ 因みに文字は三行以上読めません、ってバカヤロウ」

「どういう意味?」

「えぇこんな増田は嫌だ すぐパンティーと書く いやですねぇ〜 書き物よりも履き物が大事、ってバカヤロウ どんな空気感にもフィットするなと思ってるのは本人だけで実際はパンティーを顔に被った変態仮面みたいになっちゃってたりして ついでにセンズリもこいておこう、なんちゃって これも三回ぐらいで赤玉出ちゃったりして バカヤロウって いい加減にしろって」

「どういう意味?」

「えぇこんな増田は嫌だ 増田じゃなくてマゾ田だった いやですねぇ〜 アノニマスダイアリーじゃなくてアナルマゾダイアリーでした、ってバカヤロウってね アナルマゾ集団がボクも叩いて叩いてって縦割れアナルを見せつけながら呑気に日記書いてる、バカヤロウってね これまた三擦り半で果てちゃったりして 僕の方が遅漏だね なんて、いい加減にチロウ!なんてね、バカヤロウってね」

「どういう意味?」

「こんな増田は嫌だ ウンコだ これもいやですねぇ〜 普段生活からウンコウンコ製造機の違いがわからなくなっちゃった〜、なんて それが文字にも滲み出ちゃったりして なんか文字茶色いなぁ ペロッ むむっ!これはウンコだ! バカヤロウなんてね なんでお前ウンコの味知ってんだってね 学生時代に少し、性癖開拓を、バカヤロウ ってね 心配させんなってね」

「どういう意味?」

「ということで本日の元気が出る増田、ここまで!」

「どういう意味?」

2021-09-05

anond:20210905200705

これだけ反社が嫌われているから、芸能人付き人になろうっていうのが迷惑なんだよ、コノヤロー!おれんとこ来んなよ、ほら、本物が芸能事務所をやっているぞ!、バカヤロー!

2021-08-12

anond:20210812151903

長州:何がやりたいんだコラ、紙面飾ってコラ、何がやりたいのか、はっきり言ってやれコラ!噛みつきたいのか、噛みつきたくないのか、どっちなんだ!どっちなんだよ、コラ!

橋本:何がコラじゃコラ、バカヤロー!

長州:ナニコラ、タココラ!

橋本:んだコラ!

長州:紙面を飾るなって言ってんだ、コラ!

橋本:お前が言ったんだ、このヤロー

長州:言ったのはテメーだろうが、コラ

橋本:…〜、オイ!

長州:ナニコラ!

橋本:言っただろうが、コラ!お前、死にてえんだろ、このヤロー

長州:お前、いま言ったなコラ!

橋本:おう言ったぞ。

長州:吐いた言葉飲み込むなよ。

橋本:そのままじゃ、コラ。

長州:よぉし。

橋本:ナメてんのかこのヤロー

長州:よぉし、わかった。それだけだ。オマエ、いま言った言葉飲み込むなよ。なぁ、吐いて。わかったな。ホントだぞ、ホントだぞ、なあ。噛み付くんならしっかり噛み付いてこいよ、コラ。なぁ、中途半端な言った言わないじゃねえぞ、お前。わかったな、コラ。わかったな。噛み付くなら…

橋本:お前にわかたか言われる筋合いねんだよ、コラ。

長州:噛み付くんだな、コラ!!

橋本オッサン、ナメンナヨこのヤロー

2021-08-09

五輪の開・閉会式をなんでそんなに重要視するのか

今回の東京五輪では開会式閉会式はてなでやたら評判が悪いけれど。

本来五輪で見せるべきは、人間限界に挑むアスリートの姿であって、本来開会式だの閉会式だのは付随したセレモニーに過ぎないはずである

サッカーラグビーワールドカップやら世界陸上やらウインブルドンやらで、開会式それ自体を楽しみに待ってる人は、そんなにいないだろう。

なぜか五輪だけは、開催国アイデアを尽くしたショーをみせるのが当然のようになってるけど、それこそ国威発揚コマーシャリズムテレビ放映権ビジネスが結びついた、異様な見世物の行き着いた地点ではないのか。

聖火リレーも含めた壮麗なページェントとしての開会式ルーツナチスドイツ政権下で開かれたベルリンオリンピックにあることを、みんなもう少し思い出した方が良いと思う。

本来開会式なんて選手が集まって開会宣言選手宣誓やって、あとは花火上げて景気づけにブルーインパルスでも飛ばしておいたらそれでいいんのかもしれない。いや、それが本来だろうという気もする。

はてぶみてて興味深いのは、わりと今回の五輪開催自体批判的な人が、こと開会式に限ってはダサかっただのmikiko案がみたかった電通が中抜しやがってバカヤロー的な方向で批判してる例が散見されること。

五輪は嫌いだけど、アイデアを尽くした面白いショーは見たかったということか。

五輪におけるアスリート活躍が“お菓子本体”だとするならば、開・閉会式なんておまけのオモチャじゃないのか?と思うのだが。

2021-07-16

小山田米呂のエレキングコラムなんだけどさ、これ今年2月にアップされたもので、トランプ支持者のミュージシャン主題で、だから今回の騒動についてや彼の父についてのものでは全然ないんだけれども、以下の引用箇所の部分とか、「あっ、これって……」って色々考えさせられるよね。

http://www.ele-king.net/columns/regulars/whatsinmyplaylist/008025/

 それでも僕はArielレイシストであれど彼のレコードに罪があるのか? 2009年天邪鬼変人オタク野郎を〈4AD〉と世界が受け入れただけで彼自身子供の頃から何も変わって無いような人で、そこがみんな好きだったんじゃないの? とも思ったり。 ただ、変わったのは僕らでArielレコードはいつも変わらずそこにいてくれる。

 このAriel騒動だけじゃなく、好きだったアーティストが突拍子もないことして幻滅なんてよくあることで、僕らは所詮自分から見た彼らしか見れないから、僕から見たAriel、友だちとしてのAriel、息子としてのArielアーティストとしてのArielAriel自意識、と全部彼だけど彼じゃない。そしてArielの曲はArielだけどArielにあらず。これはアーティスト芸能人に限らず身近な存在にも適応すると思う。だからAriel政治的な態度は受け付けなくて批判しても、彼の曲まで嫌いになる必要は無い。そうやって考えると誰かを嫌いにならなくて済むんじゃないかと思った1月でした。罪を憎んで人を憎まず。アリエルバカヤロウ!

2021-07-13

anond:20210713125942

バカヤロウ!!

どういう感触想像していて、実際はそれとはどう違ったのか。

5行ずつぐらい書くんだよ!

からお前はダメなんだ!!この童貞野郎!!!

2021-07-08

anond:20210708085645

死にたいくらいにあこがれた

トーキョーのバカヤローが

舌をだして

嗤ってた

2021-06-03

北方謙三メンタルヘルス

 北方謙三は、90年代以降は歴史小説家として地位確立したが、まずは80年代半ばにハードボイルド旗手として名を上げ、同じ頃から若者向け雑誌於いて、読者から寄せられた人生相談質問に答える『試みの地平線』という連載企画を開始した。

 この連載は掲載誌において人気となり、その結果、北方には「二言目には『ソープに行け!』と(※太いゴシック文字で)相談者に説教する」「『バカヤロウ!』と(※太いゴシック文字で)相談者を怒鳴りつける」というステレオタイプイメージが付き纏うことになる。今でも北方謙三に対して、そのような説教オヤジとしての印象を抱く人は存在することだろう。

 これを書いている私も、若者だった当時、そういった北方謙三と読者のやり取りを、面白おかしく楽しんでいた一人である

 今でも私の記憶の片隅に残っている、相談の一つについて以下に記す。それは、二十歳そこそこの若い男性から寄せられた「何もかもイヤになった。生きる気力を失った。自殺を考えている」という、現在言葉表現すれば、メンタルヘルス問題を抱えている人から相談であった。

 最初相談のお便りを読んだ時点では、私を含めた多くの読者は「どうせまた『バカヤロウ!ソープにでも行ってクヨクヨ悩むのを止めろ!』とか言うのだろう」と思った。しかし、そのような我々の予想に反して、この相談に対して示した北方謙三の反応は意外なものであった。

 正確な文言ではないが、以下のような感じであったと思う。

 「お前の気持ちは分かった。どうしても、とお前が言うならば、俺にはお前を止められない。けれど、ほんの少しだけで良いから、それを実行に移すのを待ってくれないか

 お前が実際に死ぬ前に、何でも良いから、死ぬ前に本を百冊読んでから死ぬと、そう俺に約束してくれないか

 何も、俺の本じゃなくても良いんだ。図鑑だって子供向けの絵本だって、何だって構わないから。何かの本を、お前が死ぬ前に百冊だけ読んでみてはくれないか

 俺には、死にたいと思っているお前を上手く助けるための、力や知恵が無いかもしれない。それでも、百冊の本を読むうちに、その中でお前は、お前自身を救ってくれる何かに出会えるかもしれない。

 もし百冊の本を読んで、それでもまだ気持ちが変わらなかったならば、その時はまた俺に手紙を書いてくれないか?その時また俺は、お前の言葉に、お前の気持ちに目を通す。その時、俺とお前で話し合おう。

 そのように、俺と約束してくれないか?俺は、お前の返事を待つ」

 この北方謙三による回答が、メンタルヘルス問題を抱えた状態人間に向かって掛ける声として、正解である現在の私は思わない。正直に言えば、メンタルヘルス問題を抱えた人間が百冊の本を読むというのは、ある程度の治療を経て回復を示してからでなければ、かなり難しいことだろう。しかし、そのような審判を私が下せるのも、メンタルヘルス問題の重大性や対処方法について認識している現代人だからである。この相談が寄せられた当時、メンタルヘルス問題に関する世間一般意識知識は、まだまだ貧しいものであった。したがって、当時の北方謙三やお便り採用係の雑誌編集者が、現代人の視点から見れば相談に対して頓珍漢な対処をしていたからといって、それを我々現代人が非難するのは些か酷であろう。

 当時の一読者に過ぎなかった私の勝手想像ではあるが、北方謙三は、本気でこの相談手紙を送ってきた人物を助けたいと思ったのだろう。ただ、誰かを助けたいと思うことと、そう思った時に助ける力を実際に自分が持っているか否かは、別の話である

 だから北方謙三は賭けたのであろう。かつて北方謙三自身が自ら経験したことに。すなわち、文字を書くという行為や、その行為によって生まれる本の持つ力によって、救われて生き延びたという経験に。相談者の彼もまた、救われて欲しいと祈りながら。

 当然のことだが、昔も今も北方謙三は単なる作家であり、決してメンタルヘルス問題及びそれに対する対処方法専門家ではない。しかし、それでも当時の北方は、この相談者に対して、その時の彼が思いつく限りの、出来うる限りの、誠実な回答をしたのだと、今でも私は思う。生きる為に文学の道、ものを書くことを選んだ作家という人種が、言葉や本に人間を生かす力が有ると信じることができないとしたら、その人はもはや作家と名乗れなくなるだろう。

 あの後、相談者が百冊の本を読み終えたのか、自殺を踏み止まることが出来たのか、相談者を北方謙三が救うことが出来たのか、今に至るまで私は結果を知らない。

 ただ、これを書いている私自身について言えば、この北方謙三の回答に手を引かれて、今まで生き延びたような気がしている。私の頭の中の、何処か片隅にこびりついた「せめて死ぬ前に百冊の本を」という言葉は、ずっと小さく残響し続けていた。もちろん数字の上では、とっくの昔に私は百冊の本を読み終えている。私という人間は、生きるのが辛くて死にたいと思いつつ、いざとなると死ぬ度胸が無い。結果として、みっともない姿で辛うじて生きている。その言い訳に「あとプラス百冊読むまで、死ぬのは待とう」と私自身に言い聞かせながら、人生の精算を少しだけ先延ばしして、逃げ続けているだけである。私の行為は、読書という行為を汚しているようで、北方謙三を始めとする物書きの人々や、本当の読書好きの人には誠に申し訳無く思う。

 あの相談者は救われただろうか?救われていて欲しいと思う。彼が救われたのなら、自分も救われるような気がするから

= = =

 ここまで書いて我に返り、我ながら気持ち悪い文章だと思ったので、精進落し代わりに、個人的面白かった『試みの地平線』の相談ベスト3を以下に書いて終わることにする。

 第3位:ハードボイルド作家として苦労したことは?という質問に対して。北方謙三の馴染みのバーで、北方がいることに気づいた他の客が「やっぱりハードボイルド作家っぽい酒を飲むのかな?」とヒソヒソ噂話をしていたため、格好を付けるためにバーの店主に協力して貰い、バーボンに偽装したウーロン茶を出してもらってグッ!と飲み干して「じゃあな、マスター」と格好良く帰った。

 第2位:北方先生SMプレイ経験はありますか?という読者から質問に対して。「有る」と回答。Mの女性から「縛って叩いて」とリクエストされたので、要望どおり北方謙三女性身体を鞭で叩いたら「痛い!」と言われたので、思わず「ゴメン」と言ったら、素に戻った女性から「そこで謝ったらダメ」と普通にダメ出しされた。

 第1位:未経験で一日も早くエッチ初体験をしたくて悶々としている男子高校生からの「こんな僕は鳩の交尾を見ても勃起するのですが、一体どうしたらいいですか?」という質問。これに対して「馬鹿質問を送ってくるな!」と一喝。超極太のゴシック文字で「まったく。俺はお前が羨ましいよ!」と回答。回答文が僅か2行に収まる。この極太文字による強調は、おそらく編集者から北方謙三への悪ふざけだったと思われる。

2021-05-21

藤村「きさま、Windows信者だな?」

山岡WindowsというOSが優れているか評価してるんだ」

山岡iMacなんて大騒ぎしたけど2年前のRyzenにも追いつけてないよ」

山岡「おまけに、ほら、その信者のダサくてみっともないこと、まともな感覚があったらお布施できたもんじゃない!」

藤村「だが今やiOSは圧倒的な多数派だ。WindowsWindows RTで失敗してるじゃないか!」

山岡「だからさ、Windowsという優れたOSがあることを知らないばかりに、大勢信者が苦労しているのが二十一世紀の最大の悲劇ひとつなんだけど、藤村さんもその一人ってことさ」

藤村「カーッ」

藤村バカヤローッ!」

藤村「お前なんかに偉そうに言われる筋合いはないぞ! 特にMacのことでな!」

山岡もっと言ってやらあ!」

iMacの部位だけ脚色させていただきました
雁屋哲

2021-05-16

肌荒れしてるときに避けたいのは動物性脂肪砂糖トランス脂肪酸グルテン!覚えてください! ←死亡宣告

ワイ肌汚いおっさん、生まれもったものとはいえまり清潔感のなさに自分でもドン引きして少しでも改善しようと調べた結果、動物性脂肪砂糖トランス脂肪酸グルテンが良くないことがわかったんや。確かにこれらを我慢したら多少肌がきれいになる

相変わらず吹き出物のパラダイスで嫌になっちゃうわ。肌汚いって障害認定してもらえないの?当然セックスなんてできないしモテないし就職とかで差別とかもあるよ

な~にがborn this wayじゃ、肌が汚いおっさんの目の前でそれを言ってみろバカヤロ

2021-05-02

円安バカヤロ

洋書高いな。

携帯電話、特にiPhoneも高くなった。

高いのは、円安だからだ。

ちょっと前まで70円台だったけど、今や110円前後である。

1ドル70円台の頃だったら、6〜7万円ぐらいで買えただろう。

実際、40円台ぐらいが妥当だと思うぞ。

円安誘導しやがった経団連と自民党が悪い。

自民党を選んだ日本国民が悪いので、結果的に我々が悪かったということになるけど、一番悪いのは無能な経営者集団の経団連。

経団連はクズだな。

円高になると輸出でもらえる円が減るからと、円安に誘導したクズ中のクズ。

なんで日本企業が円安だと嬉しいかというと、業績を円基準で評価しているからだ。

そもそもドル基準で評価していれば、円高になろうが関係がない。

円安誘導して、『業績が良くなりました。』というのは言うなればズルである。

腐った日本になったのは、ズルしていてよく見せていたのが、ズルできなくなって表面化してきただけに過ぎない。

円安ズルの結果どうなったかというと、優秀な人材が海外に流出するようになった。

そらそうだろう。

海外だったら新卒でも年収1,000万円オーバー当たり前だし、大学でていればそのぐらいもらっていないと割りに合わない。

これが1ドル40円ぐらいだったらどうだろう。

日本円にすると年収350〜400万円ぐらいになるだろうな。割と妥当な金額に見えるだろう。

まぁ、日本の大卒でも勉強しない奴には価値がない。

日本の大学は試験は大変だが、入ってしまえばザルに等しい。

海外では逆で入るのは簡単だけど、卒業するのが難しい。

そらそうだろう。大学入って勉強しない奴にDegree授与したら価値が損失してしまうからだ。

これがあるべき姿である。

日本のFラン大学なんて卒業資格ビジネスみたいなもんだ。

お金払えばほぼ誰でも卒業できるからね。

勉強せずに遊んでいた奴らが大学出たところで、大した成果は出ない。

めんどくさいのが、会社の上司が大した勉強していない奴が多いことだ。

社長が立派でも、責任者クラスの頭がイカれていることもあるしな。

上司も体育会系だから、部下も体育会系みたいな脳みそのヤツが重宝される。

逆に上司より優秀な部下は早々に潰される。

海外だったらそんなことはない。とは言わないまでも、そもそも上司が優秀なのだ。

無能だったら、上司自体がクビになっているか、会社が潰れるだろう。

そうでなくても、さっさと転職すればよい。

なんとなく書いて気持ちが落ち着いたので、とりあえず今日はこの辺にしておく。

日本人が書いた日本語の書籍はあんまり読む価値がないと思い始めている今日この頃でした。

おしまい。

2021-04-13

マスクをしないやつはやばい

自分とある官庁に勤めている。

職場にいる人間は多すぎて、覚えられない。しかし、一ついい方法を思いついている。

この期に及んでマスクをしないやつだけを覚える。

これだけ。

職場で「断固としてマスクをしないしノーマスク他人に話しかける人」は結構いるが、大体頭がおかしい。

絶対に関わっちゃいけないバカヤローなので、そこだけ覚えて近づかないようにする。

それで十分だった。

マスクをしないというのはある種のリトマス試験紙だった。

2021-04-06

弱者男性とかなんとか、黙れ、バカヤロー!

ここ数日「弱者男性」とかが増田に上がってるけど…

なーにが弱者男性だよ!弱者ぶってんじゃねーよ。

グダグダわずに「ソープに行け!!!®北方謙三)」

収入やら素人童貞やら何をお高くとまってるんだ?まずは黙って抜け!

かの小林秀雄(知らなけりゃググってくれ)でさえこう書いている。

「女は俺の成熟する場所だった。書物傍点をほどこしてはこの世を理解していこうとした俺の小癪な夢を一挙に破ってくれた。」

まずはソープに行けそれから自分生き方を熟慮するなり弱者や(ソープのおねーちゃん境遇を含め)社会システムやらを大言壮語しろ

そして、その大言壮語のうちに、歪んだ社会を1ミリでも前進させるために貢献できれば、それで良いのではないか

2021-04-04

死の暴力的な救済力!

俺は実際バカなのに自分の「賢さ」に妙なプライドを持っていて、ときどきネットで本当にメチャクチャ賢そうな人の書いた文章なんかを読むと感情が荒れ狂う

数学能力が顕著に低くて理系を諦めた身なので、数学とか医学とかプログラミングとか、そういう話が特に効く

何も理解できねー

メインの話題理解するのに必要な要素を理解するのに必要な要素を理解するのに必要な要素を理解するのに必要な要素、あたりから多分まったくわからん

ホントにわからん 

分かろうとするための努力すらできない 

そういう難しい概念について書いたwebページなんかを開いてみることがときどきあるが、もう全然、一切わからん

ツルツルのステンレスの壁に素手で登ろうとしてるような気分になって、ベッドに倒れ込んで天井を眺めることしかできなくなる

こういう、メチャ賢い世界を生きている人たちがいて、彼らと比べると俺なんてミジンコみたいなもんかあ…と思うと、かなりガックリくる

俺はまったく、本当にまったく、賢くなんてないのだということが実感として押し寄せてくる

普段だって別に俺は自分エリートだなんて思ってないはずだし、己の能力の低さはさまざまな形で知ってるし、謙虚にいるはずなんだけど、どうしても頭のどこかでは「俺は凡人とは違う、滅茶苦茶賢いんだ!」と思い込もうとしていて、そういう密かなエリート願望みたいなものが、本当のエリートの書いた文によって打ち砕かれる際に、特有の苦しみが生じるのです

 

で、死ですよ

死は本当にすごくて、ガチ平等なんだよな

・なんちゃらコーダーみたいな、知らねえけど、人間プログラミング力?を色?で表す?ようなところで最上級の色、虹色だか金色だか知らねえが、そういうのをとってるような人間

東大理学部三類に1日1時間勉強で受かっちゃうタイプ天才

Google社員

コンスタントにとてつもない額を稼ぐ天才社長

こういう、到底追っつけないところにいるやつらと、俺が、死の前では横一列に並ぶわけです

劣等感に塗れながら毎日徹夜して勉強したりする必要はない

ロープ一本あればいい

俺にとって世界って結局自分が見てるものだけなので、俺さえ死んだら全部ガチ無意味になる

超賢くて生産的で凄いグーグラーも、道端で死んでるミミズも、俺にとって完全に同価値になる

結局そこなんですよね

人生がどこまでいっても俺視点である以上、やっぱり俺は特別なんですよ 少なくとも俺にとって

俺が死んだら全員死ぬってことにできるんですよ

俺が死んだのにみんな普通に生きてんな?ってことにはならない その状況は観測できないので、存在しないのと同じ

まあそれを言うなら俺が死ぬと同時にみんな死ぬ状況だって存在しないんだけど、この辺は気持ち問題だよなあ

俺が死んだら世界は消えるんだぞ、バカヤロー!俺の勝ちだ!俺の勝ちだ!!

そういうふうに思いながら生きています

Googleなんぼのもんじゃい

てめえの教養を無に帰しながら死んでやるから

2021-03-31

大東亜戦争という聖戦に対するフィリピン人神対応!涙が止まらない・・・

「苦患のルソン戦線坂田澤司

・・・バギオ市内に入るが早いか、比島人の凄まじい怒りの罵声が待ち受けていた。

ドロボー

ジャパン、パタイ!」

「ゲット、アウェイ

ありとあらゆる罵声と投石の嵐を、出来る限り姿勢を低くしてくぐり抜け収容所へ向かった。

(中略)

途中、比島人は沿道の至る所で我々の通るのを待ち受け、家から飛び出して来て、バギ市街にも増して激しく、

バカヤロー!」

ドロボー!」

と声を揃えて大声で怒鳴る。

女子供までが、さも憎々しげに

ジャパンソルジャー、パタイ!」

と首を切られる真似をするかと思うと、侮蔑を表す彼等特有のしぐさで親指を立て、

「ゲット、アウェイ!(出て失せろ!)」

と繰り返し、大小の石がトラック目掛けて飛んできた。

(中略)

(貨車に乗り換え)途中停車する毎に比島人の憎悪のこもった眼差し、怒声、投石の嵐が続いた。

(中略)

後日収容所で聞いた話では、投石で頭を割られた兵隊、酷い者はピストルで撃たれて死人まで出た貨車もあったという。

ルソン島敗残実記」矢野正美

しばらくして小さな町に入ると、鉄道沿線には黒山のように住民が並んでいる。

列車が近付くと一斉に石を投げてきた。

(中略)

小石がパラパラと頭上に飛んでくる。

女達までが私達に向かって舌を出し、首を叩きながら喚いている。

ドロボウとか、パタイ(死ね)という言葉が、コーラスのように響いてくる。

(中略)

何のためか列車が野原の真ん中に停車したので、ホッとしてシートを取ると、住民達はここにもいっぱい居て相変わらず石を投げつける。

一人の老婆が近寄ってきて、

ジャポンマニラ、パタイ!」

と言いながら、ビンロウの実を噛んで、真っ赤な口から血のような唾を吐き出し、憎しみを込めて叫ぶ。

肉親の誰かが殺されたのか、或いは家を焼かれたのか、家財でも奪われたのであろう。

「お前達はマニラで殺されるんだ!」

そう繰り返している。

彼等もまた、大きな戦争犠牲者であろう。

私達もあのサンフェルナンド上陸以来、比島の住民達にしてきた事を考えると、その罪の大きさを思わずはいられない。

殺人強盗放火強姦、ありとあらゆる罪を重ねてきている。

お前が言うな

ケダモノタイ

「ルソンの霧」石田

途中、いくつかの集落を横切った。

部落には、既に、もとの住民が復帰していた。

彼等は、床の高い粗末な家の窓から顔を出し、黙ったまま、私達に軽蔑の目を向けていた。

彼等は、時々空に向けて小銃を放った。

それには度胆を抜かれた。

「ルソン戦・死の谷」阿利莫二

線路際にフィリピン人が群がって石を投げ始める。

ジャパンポンポン、パタイ!」

この罵声だけ覚えている。

(日本人射ち殺せ!)

こんな心だろう。

「Gパン主計ルソン戦記」金井英一郎

マニラ市街を通過する。

平和を取り戻した猥雑な街。

人が溢れている。

交差点で止まる度に、バカヤロドロボー、パタイ罵声の嵐。

マニラの港に着くと、何百人ものフィリピン人男女が待ち受けていた。

タイタイ(死ね死ね)

ハングハング(首を締めろ)

石だけではない、ビンやコップを割った凶器も飛んできた。

最後の強烈な禊だ。

嗚呼草枕」於保忠彦

街を通過する時は、日本兵は頭を抱え、路上から飛んでくる石や、薪を投げつける老婆や子供から身を守らねばならなかった。

ジャパニーズ、パタイ!」

と叫んで、手を首に当て、首を斬る仕草をする。

「ルソン海軍設営隊戦記」岩崎敏夫

タルラックを通る時、群衆が私を見つけて、

バカヤロー!」

とか、「死ね!」とか叫んでいる。

ところが、Millare軍曹が立ち上がって、

「He is a good man! He is good!」

と怒鳴っている。

これには有り難かった。

(中略)

途中、フィリピン人が待ち構えていて、

ドロボー!」

とか、「バカヤロー」

とか怒鳴っている。

どうしてこんなに怒鳴られるのか。

マヤントクでの住民との交歓の後だけに、狐につままれた思いであった。

重機関銃分隊長のルソン戦記」川崎恵一郎

バギオの街では・・・(中略)現地民が我々を見て、

バンケーロ」(馬鹿野郎)

「パタイ」(殺す、もしくは死ね)

罵声を上げる。

(中略)

しばらくして貨車は動き出す。

ゆっくり進んでいく。ときどき、

バカヤロー!」

ドロボー!」

と叫ぶ声が聞こえる。

貨車日本兵が乗ってる事が分かるらしい。

所々に陸橋があったり丘の高いところがあると、この下を通る時が大変である

現地人が橋の上や丘の上に石を持って待っている。口々に、

ドロボー!」

バカヤロー!」

「パタイ!」

叫びながら石を投げつける。

(中略)仲間の中には石が当たって血を流してるものもある。

フィリピン戦線の人間群像守屋

住民パラパラと家から路上に駆け出して、手を振って何か大声で叫んでいる。

私達はテッキリ戦争が終わったので、喜んで我々を歓迎するために、家から飛び出したのだと思った。

我々は彼等の姿を見ると、ニコニコして手を振った。

ところがこれが大間違いで、彼等は形相恐ろしく、口々に、

ハポンドロボーバカヤロー!」

と言っているのである

ハポンとは現地語で日本の事である

なかには石を投げつけようとする人もいる。

「生ある限りルソンへ」礒崎隆子

再びトラックに分乗、サンホセに向かった。

途中、現地民から日本語で、

バカヤロー!」

ドロボー!」

「ヒトゴロシ!」

罵声を浴びせられ、石を投げられた。

私達は頭を抱え荷台にしゃがみ込んだ。

石が頭に当たり血を流す人もいた。

現地の人を略奪し殺し、平和国土戦場にしてしまった私達日本人は、どんなにされても文句の言える立場になかった。

「ルソン死闘記」友清高志

トラックが一つの集落差し掛かった時である

前方の沿道の両側にビッシリと住民が群がっている。

彼等はトラックが近付くと、老人から子供に至るまで、一斉に喚声を上げた。

ドロボウドロボウドロボウ・・・」

拳大の石がいくつも飛んできた。

中には、手を首に持ってきて、水平に動かし、お前達は絞首刑だ、とジェスチャーで示す者もいる。

この調子では、フィリピン全土が、日本軍に対する恨みの炎で燃え上がっていよう。

多少の覚悟はしていたものの、私の予測は甘かった。

「傷跡・ルソンの軍靴佐藤喜徳

無蓋列車はなおも南へ南へと進んだ。

そして、何度か、現地民の罵りと投石を受けた。

「バキャヤロ!」

ドロボー!」

現地民が我々に叫ぶ侮辱日本語は、とりもなおさす日本占領時代に我々が彼等に使っていた言葉の仕返しであった。

「パタイ!」

「ヤマシタ、パタイ!」

日本人を殺せ!」と投石する現地民の怒りを、我々は無蓋列車の中で、首をすくめて我慢した。

(石をもて追われる如く)敗残の身を、私は車中で目をつむっていた。

生還者の証言加藤春信

(証言者その2)・・・ところが思いもかけない次の言葉で、冷酷な現実実態を思い知らされた。

ジェスチャーを交えて投げ飛ばす彼等の言葉は、相手侮辱する時に使う日本語の、

バカヤロー!」

ドロボー!」

なのであった。

しかも、罵倒するだけでは飽き足らず、彼等の中には青竹を振りかざして殴りかかってくるものもいたし、私を目掛けて、小石を投げるものもいた。

(中略)

それなのに、まるで泥棒猫でも打鄭するように、青竹の一部がささくれだって裂ける位の勢いで、殴りまくる人もいた。

筋肉の脱落した痩せた体を目掛けて、ビシリ!ビシリ!と打たれる度に、不思議に肉体的な痛みは感じなかったけれど、まるで心臓に五寸釘でも打たれるような激烈なショックを受けた。

そして、その時、身に滲み通るような敗戦の惨めさをつくづく感じたのであった。

「1945年夏・春菊よ谷のせせらぎよ有難う」岡田梅子

人家のある所を車が通っていくと、我々は罵声を浴びせられ、小高い家の庭先で洗濯をしていたオカミサンは、矢庭にタライの中の石鹸水を浴びせかけたのであった。

(中略)

遠い金網の外側にはフィリピン人たかって、拳を振り上げたり、唾を吐きかけたり、日本人へ憎しみを表しているようであった。

「1945年夏・フィリッピンの山の中で」新美彰

沿道のフィリピン人達は、私達の乗ったトラックを目掛けて、石を投げつけ、日本語で、

バカヤロー!」とか、

「インバイ!」

とか知ってる日本語で、罵り嘲笑う。

この付近フィリピン人の家を我が物顔で横取りして、作物を荒し廻った私達だから、どんなにされようとも仕様のない事だと思う。

私達はあの人達にとって、さぞ殺したい程憎い日本人だろう。

(中略)

駅につけば付近住民ギターを持って、貨車の周囲に集まってきて、何かタガログ語で歌い、罵り、嘲笑う。

言葉の分かる小母さんが口惜しいと涙をためておっしゃる

「激闘ルソン戦記」井口光雄

バギオに近付くにしたがって、現地民達が増えてきた。

ジャップ・パタイ(死ね)」

ギロチンOK」

マールダル(マーダー、人殺し)」

ドロボー!」

と口々に喚きながら石を投げつけてくる。

手を頸に当てて引き斬るような手真似をしては、唾を吐きかけ、バナナの皮などを投げつける。

(中略)

事実日本軍は彼等の財産である家々を強制的使用し、床や壁を剥がして家捜しをしたり、燃料の代わりにして荒らした。

作物を押収したり、家畜を殺して食べる事にも貪欲であった。

ときにはゲリラスパイと見なして、善良な市民さえ射殺した(注、斬首だろうに)。

寒風のごとき日本兵と、太陽のごときアメリカ兵では比較にならない。

ルソン島野戦病院・全滅の記」西井弘之

途中で、シビリアン達が口々に

ドロボー!」

バカヤロー!」

と盛んに私達のトラック目掛けて投石したが、フルスピードで走り抜けてくれた。

(中略)

(列車に乗り換えた後)停車駅では無蓋列車に座らされ投石を防ぐ。

相変わらず

バカヤロー!」

ドロボー!」

罵声と共に投石するシビリアン達。

情けない。

そりゃ情けないわな、天皇軍隊もの

世の中に、日本兵程情けないものはない。

日本兵など、人間もっとも下等な存在からね(日本兵日本人)。

強姦ばっかしやがって!

タイだよ!

フィリピン人達の怒りは、俺の怒りでもある。

強姦魔!

恥知らず

爪の先の埃程も、日本兵に同情などしないからね。

ケンペースケベ!

ちんこ斬っちまえ!

2021-03-12

政治のなろう系があったら

ある銀行が危ないとアナウンスしそこの経営をぎりぎり持たせた

国際会議の途中で退出し他の国が考えを改めてくれた

雀を駆除して米を損失しないことに成功

バカヤロウと声を荒げることで政治への熱意に感激した民衆が礼賛し支持率が上がった

自己責任を説き身の引き締まる思いをさせその時期に就職したほとんどの者がエリート社員として活躍する

大学研究競争資金を導入し世界トップレベル大学からノーベル賞候補者が次々と修行に来る

2021-03-11

anond:20210311115004

ガチで切れても感情的にならないのが全体としての男なんだと思う。

個人としての男性感情的にもなるけど、男が群れになった場合は、感情という物が抑制される。

そして現実問題としてどう可もなく不可もない状況に落ち着くべきか?という行動を取る。

これは男性の方が理性的とかそういう事ではなく、男の方が気弱という意味で、それが日本社会における群れとしての男性な気がする。

国会ガチギレしてる政治家も、アレは個人としてガチギレしてるんであって、それが理由で国が動く事は少ない。

まぁ国会で「バカヤロー」なんつって解散する事になった先生もおりますが。

まぁこんな具合だから日本では革命イノベーションも起こりにくいんじゃねーかなー、と思ってる。

結局男は弱虫なんですよ。だから女性もっともっと社会にも政治にも参加するようになれば、バランスが取れる気がする。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん