「激しい雨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 激しい雨とは

2019-09-29

大阪出張観光記録2019③

大阪出張観光記録2019② anond:20190929212204

2019年9月22日(日) 4日目

  

ホテル朝ご飯を食べてから、この日に泊るホテル荷物を預ける。

この時、俺は馬鹿なことをしたと思った。ホテルが多い。遠かった。

ちょっといからといってここを予約するなんて馬鹿だったと後悔したが遅い。

リブマックス梅田Westだった。

  

荷物を預けた後に南森町駅に移動したが、ここで猛烈な眠気に襲われる。

尋常ではない眠気で、ベンチでずっとうとうとしていた。

  

それから昼ぐらいになってようやく目が覚めた感じになり、移動を再開した。

行った場所通天閣だった。やはり大阪に来たからにはいかなきゃと思っていた。

から歩くとすぐに

  

通天閣https://imgur.com/PVuzkaq

おおー、これが通天閣かーと眺めながら前に進み、なんか怪しいガチャ発見した。

なんだろうなぁと思って下を見てみると答えがあった。下記の画像CAPSULE

書かれてるところを見て欲しい。

  

パ○ティーhttps://imgur.com/MMpfKhd

増田でよく言ってる人がいるので、多分これが好きなんだろう。どうぞご査収ください。

  

通天閣最初に地下に行き、観光料金を支払う。

この時、初音ミクコラボレーションをしていたので、一応初音ミクチケットを買った。

そんでもって通天閣から見た大阪景色https://imgur.com/B2ajMIQ

  

通天閣内は至る所にビリケン画像寄付をお願いするような物が設置されていた。

やはり儲けることも大事なんだなあと感心した。

  

さて、俺は通天閣工事実施していたことに夢中になっていた。

免震改修で積層ゴムオイルダンパーをタワー下部に設置したことが凄いと思った。

こういう大規模な構造物工事が大変だし、本来なら改修工事中は営業を停止するのが普通だと

思っていたら、停止せずに実行してしまったというのだから凄い。

そして工事を行った会社を見て納得した。竹中工務店だ。これはもう感服するしかなかった。

  

キン肉マンの複製原画掲載されていた。迫力があり見ごたえもあった。

  

江崎グリコちょっとした博物館的な場所もあってそれが面白かった。

11.11秒を押せるか?というポッキーゲームをやったのだが

ゲームの結果:https://imgur.com/EJscxNg

11.10秒だった。惜しい!0.01秒駄目だった!悔しかったが他にもやりたそうにしていた人が

いたので連続でやるのはやめた。

  

ちなみに俺はグリコリフレッシュボックスを持っている程度にはグリコが好きなので

(来客用に準備してある。)

ここでグリコ歴史などが知れたのが嬉しかった。(フレンドベーカリーお気に入り。)

グリコリフレッシュボックスhttps://imgur.com/xtT3OFs

  

見終わった後は当然寿司

通天閣近くの寿司屋さんに入った!

  

2019年9月22日(日)の寿司https://imgur.com/xOPNFB8

  

数の子美味しいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!🍣

このシャリシャリがたまらなああああああい!🍣

ひゃあああーうまぃいいいい!🍣

ズワイガニもうまぃいいいいいい!口の中にあっというまに消えていくうう!🍣

  

最高だった。最高の一時だった。

やっぱり思うんだよ俺は。寿司を食っている時が一番幸せなんだなって。

寿司が無い人生なんて考えられん。そのくらい寿司が好きだ。

大好きだ!!!!🍣

うおおおおおお!寿司万歳!🍣

  

この後、動物園に行こうと思ったんだけれど、雨が降ってくるって事で急いでホテルに帰った。

ホテルに帰る途中、いきなり激しい雨が降ってきて困ったがなんとか買えることが出来た。

この日はホテルでじーっとしていた。

夜に増田で絵の話題があったのでアップした

  

これから絵師になればいいんじゃないか!ttps://anond.hatelabo.jp/20190922232256

という増田を書いた後で絵を晒した。

ラビットリガハッピーhttps://i.imgur.com/m37KCbO.jpg

最終日に続く・・・

2018-10-15

[] 【9】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181015000834





予言


ホテルの日々が素晴らしいものだったとは言え、そのまま10時間まりラウンジでぼうっとするのも退屈だ。

昨日訪れたH.I.Sのホーチミン支店にまた行って、素っ気ない日本人スタッフに勧められたお土産バインミーラスクを買おう。

ホテルを出て地図確認すると、残り少ない旅のタスク、チェーを食べられる店がすぐ近くだった。

そうだ、行けるなら行っておこう。

店のあるベンタイン市場を再び訪れた。


広大で複雑なベンタイン市場で、目当ての店を見つけられず、別のお店のお姉さんにスマホを見せて尋ねると、すぐ背後を指さされた。

あ、これか

店のおばさんにメニューを手渡され、指差し注文すると、おじさんに手招きされて、プラスチックの赤いベンチを指さされた。

座ってまてという事らしい。

いい歳をして、疲れて来ると頬に掌をあてて首を傾げる癖があるのだが、おじさんはそれを観てマネして笑った。

こっちも笑う。

程なくカラフルなチェーが運ばれてきた。

その場で食べる場所はあったのだが、歩いて食べたかった。

チェーを片手に、ホテル正面の公園に戻る。

スプーンですくうと、ココナツミルクの中からグミの様に色取り取りな正体の分からないものが出てきた。

一口すると、色彩のドリーミングさに反して甘さは上品だった。

やはり、ホーチミン美食の街だ。


大した苦労もなく辿り着いたH.I.Sのラウンジ一休みしながらこの旅行記を書いていると、ベトナム人スタッフ若い日本人スタッフが近づいて、なにやらレクチャーを始めた。

「すいません」の使い所に関する話らしい。

かに日本人象徴する様でいて、いろんな場面でそれぞれ違う運用をされるよく分からないフレーズだ。

結構長い間話は続いたが、ベトナム人スタッフはしっかり腹落ちしてない様だった。


まあまあ一息つけたし、旅行記を書いていると時間も過ぎて行ったので、バインミーラスクと、追加で缶入りクッキーを買ってホテルに戻る事にした。

途中、昨日スマホしか撮れなかった中央郵便局サイゴン大教会 with マリア様カメラで撮る。

ホテルへの道すがら、ホーチミンでもう一つの近代商業ビルビンコムセンターを覗いてみる。

テナントのH & M のシャツは429,000ドン

日見サイゴンセンターシャツよりはお安いが、ホーチミンにおいてはファストファッションの値段ではない。

そう言えば、平日の昼だというのに、地べたに座った若者が辺りにはいて、一度は声をかけられた。

新卒一括採用などきっとないベトナムだ。

若者失業率は高いのかも知れなかった。


本屋を物色したのち、もう少し気になる建物もあったが、海外一人旅で軽々しく予定を変えないというのは鉄則だ。

16:00頃に戻るという約束通りホテルに向かう事にした。

失業率はともかく、異国のユースカルチャーは気になる。

ファミリーマートで運よく見つけた雑誌を買い、ホテルに戻った。


約束通りホテルに戻った後、朝に教えられた2Fのラウンジに向かう。

一瞬止められるかと思ったが、そんな事はなかった。

ただ、2Fに行ってもラウンジはない。

あるのは、スパジム、そしてプール

そう言えばスパが利用できるという様なことを言われたが、荷物をどうしようとか、湯冷めしそうとか思って、プールサイドに行くことにした。


プールサイドバーでは、お兄さんとお姉さんが笑顔で迎えてくれる。

バーカウンター前のテーブルに陣取り、マンゴー香りづけされたグリーンティを頼んだ。

フレーバーについてお兄さんが念押ししたのは、自分日本人だと分かったからかも知れない。

問題ない。

そういうのが良かったから。

プールでは5歳ほどの少女が遊んでいる。

とうとう雨には当たらなかったな。

これは勝ったのか負けたのか。


勝敗は意外な事にすぐ明らかになった。

ファミマで買ってきた雑誌を眺めていると、プールの水面に幾つもの同心円が広がる。

すぐに雨足が強くなり始めた。

What a thing!

なんて事だ!

ベトナムの事など大して知らなかった時からあった、あのビジョンそのままに、俺は今、お茶を飲みながら雨の水面を観ている!

完璧だ。

でも全然呆然とはしていない。

レインシートの下で雨に濡れてはいないのに、目が濡れてきた。

こっちの勝手な感動をよそに、雨足はますます強くなり、スコール様相を呈してきて、これは言い訳できないくらい完全な夕立だ。

夕立もきっと来るだろう」

予言はまたしても実現する事になった。

激しい雨にお兄さんはもっと奥の席を案内する。

移動しながら大声で笑った。

もう予言の書を確かめしかない。

スマホMV再生するとやはり涙が溢れて来る。

海辺の砂浜に一人寝転がる4,000年に一度の美少女は、イントロでビーチパラソルの下から立ち上がる。

場面が変わって様々な仲間が次々に現れ、共に歌い、踊る。

画面の中ではやがて曲も終盤に差し掛かり、片や画面の外では雨足が弱くなり始める。

画面に目を戻すと、アウトロで、長い黒髪予言者はまた独り、青空の下、晴れやかな表情でフレームの外に駆け出して行った。

完敗だ。


【10】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 4-5|ありのまま、恋と愛、バインミー へ >>

2018-05-15

anond:20180515114143

rain cats and dogs(土砂降りの雨、激しい雨

It began raining cats and dogs.

「土砂降りの雨が降り出した」

猫と犬が喧嘩をして騒いでいる様子を表しています


語源北欧神話で、猫は雨を降らせる力があり、犬は風を起こす力があると信じられていた。

英辞郎


One of the less likely suggestions is pets sliding off sod roofs when the sod got too wet during a rainstorm. (Ever see a dog react to a rainstorm by climbing up on an exposed roof?) Probably rather an extension of cats and dogs as proverbial for “strife, enmity”.

可能性が低い説の一つは、ペットたちが嵐の間、雨にぬれた芝の屋根からすべり落ちるというもの。(むき出しの屋根に登って嵐に反応する犬を見たことがあるか?)あるいは、争いや敵対象徴としてことわざに出てくる「猫と犬」のイメージから来ているのかもしれない。)

Online Etymology Dictionary」



Drainage systems on buildings in 17th-century Europe were poor, and may have disgorged their contents during heavy showers, including the corpses of any animals that had accumulated in them.

17世紀ヨーロッパでは建物下水システムが貧弱だったので、大雨の間に、それまでに蓄積された動物の死骸を含め、様々なものを吐き出していた可能性がある。)



Cats and dogs” may be a corruption of the Greek word Katadoupoi, referring to the waterfalls on the Nile

Cats and Dogs は、ナイル川の滝を表すギリシャ語 “Katadoupoi” がなまったもの。)



The Greek phrase “kata doksa”, which means “contrary to expectationis often applied to heavy rain

(「予想に反する」という意味ギリシャ語 “kata doksa” がよく大雨を表すのに使われていることから。 )

anond:20180514231121

義務教育で触れてそうな(調べれば意味がわかりそうな)ことばかりで全世界選手権とは…

調べて意味はわかっても、それでもわからない、ぐらいでないとダメなんじゃないか

今まで触れた中で、今でも納得出来ないのがコレ

rain cats and dogs(土砂降りの雨、激しい雨

例 It began raining cats and dogs.

「土砂降りの雨が降り出した」

なんで犬猫で土砂降りなんだよ、言葉作ったやつその当時になにがあってそうなったんだよ…

2018-02-25

長傘は不要なのでは

都心に勤める人にとって長傘は不要なのでは、むしろ害になるのではないか

そもそも都心勤めの人のほとんどは長時間雨にさらされる機会が少ないはずだ。雨を避けなければならないわずかな時間だけのために、後生大事にあの邪魔荷物をずっと持ち歩くのはなぜなのか。雨が降るときは長い傘が必要だというのは思い込みなのではないか。それとも、雨が降るとわかっているときや雨がすでに降っているときには何も考えないで長傘を持って行き、折りたたみ傘は別の備えという考えなのだろうか。

長い傘は満員電車ではとても邪魔だ。それに危ない。人混みの中でも邪魔だ。歩きながら手を振る動作と一緒に傘を振り回す人もいる。前後のスペースが大して確保できない場面で、はっきり言って邪魔だし危ないし迷惑だ。階段などでこれをやられると自分の機嫌によっては殺意すら覚える。

そんなに長い傘が必要なのだろうか。折りたたみ傘をたたむのが面倒だから?長い傘をずっと持ち歩くほうがよっぽど面倒ではないか

折りたたみ傘なら、水を切って、折りたたんで、袋に入れて、カバンに収めれば両手も空く。電車の中などに置き忘れることも減るのではないか。煩わしい荷物に頭のリソースを取られることもなくなり、ほかのことに集中できる。

激しい雨が降ったら折りたたみ傘ではあまり役に立たないのではないか、と考えてる人もいるかもしれない。でも、激しい雨ときはどっちにしても濡れるのだ。折りたたみだろうと長傘だろうと。

とにかく、長傘にこだわるのはデメリットのほうが大きいとしか思えない。それなのにこの狭い日本都心で長い傘を持ち歩く人がこれほどまでに多いことが、不思議でならない。

2016-11-27

http://anond.hatelabo.jp/20161127002956

仏教ってあれなのか。万人救済はする気はないんか。分かる奴だけ来い、みたいな

「救済」ってどういうことなんですかね?

黄泉の国にでも連れてけっつってんのですか?

んなこと考えてるからオウム真理教とかにコロッと騙されちゃうんじゃないっすか?

 

ヒントはね・・・

むかーしのインドでは・・今もそうらしいですけど・・「輪廻転生」を繰り返す、とかって思われてたらしいんですけど、仏教創始者と思しき人々は輪廻転生なんかないって言っちゃったらしいです。

たったそれだけで、輪廻の苦しみから逃れられますよね。

なんで「輪廻転生なんかない」ってはっきり言えてしまったんでしょうね?

 

ちなみに、インド気候って激しい雨季があって乾季があって、のように繰り返すので洪水や飢えに苦しむのも繰り返し。

その上、バラモン教古代ヒンズー教)、カーストは生まれ変わろうと変わんないとか言われてたので、ぐるぐる繰り返す苦しみだけがあるのが人間、という思い込みが強烈だったそうです。

そういうのが輪廻転生思想の源流です。なのでみんなそこから解脱たかったんですよね。

そういう古代インド思想をそのまま仏教でも引き継いでます用語とかがそのまま使われていると言うような意味でね。

その辺をちょっと理解すると理解の助けになるかもしれません。

 

でも、日本サラリーマンだって似たようなもんですね。毎日毎日仕事の繰り返し・・・宝くじでも一発当てて楽になりたいって気持ち古代インド人のそんなのと一緒ですよねーw

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん