「精神科医」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 精神科医とは

2022-05-14

AV出演対策委員会発達障害ADHDバチバチ差別してて怖い

~~~(略)~~~

逆境サバイバー、性暴力被害者DV被害者家出人などは、容易に関係性の依存発症します。発達障害ASDADHDLD境界知能、知的障害のある人なども、悪意を察知することが苦手です。契約を適切に理解できない人と契約してはならないという規制必要です。

自ら志願した人に関しても、上記特性及び、複雑性PTSD、性化行動、性的自傷トラウマの再演により、自ら進んで傷つく体験を求めて行動することが、精神科医療の研究では、明らかにされています契約時に、逆境サバイバー、性暴力被害者DV被害者家出人などは、容易に関係性の依存発症します。

発達障害ASDADHDLD境界知能、知的障害逆境体験DV、性暴力被害者契約してはいけないという縛りが必要です。

~~~(略)~~~

https://childrenrightsnews.blogspot.com/2022/04/blog-post.html



発達障害者やADHDな人には契約理解する能力が無いので契約自由を認めるべきじゃないんだってさ。

これ書いた人の無自覚差別感情マジでびびるよね。

第三者属性のみを見て成人を制限能力者扱いすることのおぞましさとか理解してなさそうで。

2022-05-06

精神科の初診がどこも一ヶ月後とかなんだけど…

都会は精神科医余ってるから開業余地はない、地方行かないと食えないとかいう話は嘘だったのかよ

職場と家の近くはどこも初診予約が一ヶ月後くらいからで草

足りてないやないか

2022-04-27

事実じゃね?なんで怒ってるの?

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/president.jp/articles/-/57016

>ntnajp605 この精神科医も「安心安全な居場所、細やかな誇り持てる仕事経済力を手に入れた人は連日牛丼は食べない」て別の偏見差別を爆発させてて興味深い。ミイラ取りがミイラ

表現の自由」のため遺体写真無修正報道少年誘拐ホルマリン漬け事件

少年誘拐ホルマリン漬け事件は、中学1年生の少年誘拐殺害され、

遺体バラバラにされて、ホルマリン漬けにされた事件です。

当時は「死者の尊厳」「遺族心情等」よりも、「報道の自由」「表現の自由」が優先されていたため、

被害少年ホルマリン漬けバラバラ遺体新聞無修正掲載されました。

 

・発生日時:1957年4月2日

・発生場所東京都中野区犯人の自宅

被害者:プロレスラー清美川梅之の息子(当時12歳)、犯人12匹の飼い猫など

犯人囲碁棋士(七段)である林有太郎長男、林邦太郎(当時26歳)

 

1957年4月2日午後7時過ぎ、東京都中野区に住む当時12歳の中学生だった少年は、

近所の銭湯の「若松湯」に行きましたが、そのまま自宅に帰ることはなく、行方不明になりました。

警察銭湯からの足取りを追ったところ、行方不明になった4月2日に「若松湯」から

25歳前後の男と一緒に出ていったという目撃情報が出てきました。

銭湯から男と一緒に出ていったという目撃情報以外は手掛かりはなく、

その後も犯人から接触がなかったため、捜査は手づまりとなっていましたが、

4月9日の1本の電話で急展開します。

電話の主は都立桜ヶ丘保養院(精神病院)の精神科医でした。

その精神科医は、患者の1人の言動不審に思い、患者の自宅を訪ねたところ、

患者の自室からホルマリン漬けになった遺体発見したのです。

この患者とは、林邦太郎(当時26歳)でした。

精神科医から電話の後、警察は林邦太郎の自宅に急行し、遺体発見しました。

そして、林邦太郎緊急逮捕されることになったのです。

 

被害者の遺体は、部屋の畳の下から発見されています

遺体バラバラにされていて、2つの金魚鉢にはそれぞれ頭部と両脚、

2つの水槽に胴体と両腕がホルマリン漬けになって入れられて密封されていました。

警察調査で、このバラバラ遺体行方不明になっていた被害者の少年であることが判明します。

当時の新聞遺体写真掲載制限を設けていなかったため、

バラバラにされた少年ホルマリン漬け遺体写真がそのまま新聞掲載されました。

近年の日本では「死者の尊厳」「遺族心情等」を尊重するため、遺体写真掲載はされていません。

しかし当時は一切の配慮なく、バラバラにされた12少年の胴体が修正無しで掲載されました。

報道の自由」「表現の自由」を支持する勢力と、「死者の尊厳」「遺族心情等」を支持する勢力が戦い、

現在は「死者の尊厳」「遺族心情等」を支持する勢力が勝ったために、遺体写真掲載されなくなった歴史があります

 

犯人の林邦太郎少年愛者でした。

事件が発生した4月2日の数日前に、犯人被害者の少年に目をつけ、接触していたことがわかっています

被害少年事件数日前に「さっき、僕の背中を流してくれたあの人(犯人)に、

僕は殺されるかもしれない」と同級生に打ち明けていて、事件から身の危険を感じていたようです。

被害者は既に身の危険を感じていたのに、林邦太郎の家についていってしまったのは、脅されたのかもしれません。

午後9時ごろ、被害者と2人で帰宅した犯人被害者と2人きりになるために、

自分の両親を「銭湯に行け」と言って、自宅から追い出します。

少年と2人きりになった犯人は、少年の服を脱がせていたずらしようとしますが、

少年拒否したため、少年を殴り意識を失わせ、その後首を絞めて殺害しました。

犯人被害者を殺害後に、2日間かけてノコギリや出刃包丁小刀などで遺体バラバラします。

そして、金魚鉢や水槽を買ってきて、その中に少年遺体ホルマリン漬けにして密閉し、鑑賞していたのです。

 

犯人の林邦太郎4月1日から日記をつけていました。

「ついに捜し求めていた理想少年を見つけた。住所・氏名を聞いた。必ず連れ出そう。必ず。」

金魚鉢に入ったあの子は、見ても見ても飽きるということがない。

 ホルマリン漬けになったあの子は生きているときより、

 いっそうかわいい。親父たちがいるから、もったいないけど昼間は床下に隠す。

 でも隠す前には必ずサヨナラを言うんだ。でも、別れのたびに、つらい・・・

少年愛者で歪んだ性愛を持つ林邦太郎に、被害者の少年は「理想少年」として映ったようです。

実際に、被害者の少年美少年として有名だったという情報もあります

 

少年誘拐ホルマリン漬け事件は、被害者・犯人の双方の親が有名人だったことも、

事件が大きく報道された1つの要因と言えます

 

被害者の少年父親は、元力士プロレスラー清美川梅之さんです。

伊勢ケ浜部屋に入門し、1934年1月場所初土俵を踏んだ後は、1940年に新入幕、

1942年には横綱双葉山に土をつけて金星を挙げています1943年には幕内優勝も果たしました。

美男力士として人気でしたが、1946年には廃業しています

被害者の年齢から計算すると、現役時代に息子(被害者)が生まれています

結婚後は1953年プロレスラー転向し、全日本プロレス旗揚げして、国際プロレス移籍しています

国際プロレス1956年消滅しますが、その後は世界を転戦しました。

この世界転戦中に、少年誘拐ホルマリン漬け事件が起こります

 

犯人の林邦太郎父親は、囲碁棋士の林有太郎です。

1956年には第1期囲碁選手権決勝に進出し、1962年には首相争奪戦で優勝するなど、トップ囲碁棋士として長く活躍しています

1969年九段に昇格し、羊羹誤嚥して亡くなる当日まで現役最年長棋士として活動していました。

少年誘拐ホルマリン漬け事件犯人の林邦太郎は、1931年に生まれます。そして、1953年明治大学商学部卒業しています

林邦太郎少年誘拐ホルマリン漬け事件の前から少年に目をつけていたずらをしていました。

道を歩いている男の子をいきなり抱きしめたり、自宅に300冊以上ある少年雑誌や漫画などを餌にして

言葉巧みに家に誘って連れ込んだりしていたようです。

図書館でいきなり少年に抱きついたこともあるという情報もあります

また、猫を12匹飼っていて、その猫たちを殺してしまい食べたことが判明しています

林邦太郎は、上記のような異常性を見せていて、極度の精神障害が認められたため、

少年誘拐ホルマリン漬け事件を起こす前には精神病院入院していました。

林邦太郎の姉も精神障害を抱えていたようです。

 

林邦太郎1958年7月懲役10年の実刑判決を受けました。1968年出所しているはずです。

2022-04-26

anond:20220426140347

慢性疲労症候群とかかね。

精神科医しろ内科医しろ

学校でならったことはあっても実際にみたことはない病気理解できないヤブ多いし

あなたという船の舵を他人にとらせないでとしかいいようがない

https://togetter.com/li/1877582

https://twitter.com/i/events/1283374482518798336

2022-04-17

きのう放送されてたスパイファミリー見てたら血まみれで現れた主人公が「いやぁ患者さんが暴れましてね、精神科医にとってはよくあることですよ」みたいな嘘で言い逃れるシーンがあって

「あ、ルックバックは燃えたのにこれはセーフなんだ」って思った

2022-04-15

ウクライナ人生活保護法受けてるの見るとマジでイライラする

おれが受けられない生活保護をもらい

俺が入れない公営住宅にちゃっかり住み

精神科医によるカウンセリングなど俺が高額だから我慢している医療も受け放題っていうな

はーーーフザケンナよーーーーー早く出ていってくれーーーーー

2022-04-10

anond:20220409235248

拝見した限りでは、医師見立ての方が精度が高いように思われます最初の処方にSSRIが含まれていたものと思われますが、その副作用典型的な不眠・悪夢タイプに見られます

また、エピソード的にはうつをまず考えて不思議ではないし、解離性とはあわないように思えます感情が思い出せないという感じはこれもまたSSRI効果が出てる場合に見られるので。

今まで理解できなかったレポートがすっきり理解できるようになるのも、抑うつ状態改善した事による理解力の回復による典型例に見受けられます

基本的には断薬漢方ではなく、処方による副作用医師に伝えて処方の見直しをお願いするか、その意向にまったく応えてくれないのならば別の医者に掛かるほうがよいかと思います

疑心暗鬼になりやすものですが、いずれにしろ精神症状はインターネット検索の内容をもとに自分自身判断することは不可能だとお考えください。

精神症状において、「自分の体は自分がわかっている」ことはまずありません。このレスも含めてこういったインターネット上のエピソードレスポンスが的確なこともまずありません。それらに比べれば精神科医の先生見立てのほうがずっと的確なのです。

残念ながらいまの先生に信頼が置けなくなってしまったのなら、別の医師にかかるのがよろしいかと思いますが、その場合、まえは信頼が置けなくなったことと、どう信頼が置けなくなったのか、処方がどのように副作用を持っていたのかをまず伝えるようになさると良いでしょう。

2022-04-09

anond:20220409192642

○巻頭メッセージ

憲法民主主義」「原発」「沖縄基地」「差別貧困解説

津田大介ジャーナリスト

メッセージ寄稿者(順不同、敬称略

海渡雄一弁護士

岩井俊二映画監督

想田和弘映画監督

熊谷和徳タップダンサー

水上貴央(弁護士 ReDEMOS

島田雅彦小説家

茂木健一郎脳科学者)

谷口真由美(法学者 全日本おばちゃん党

田原総一朗ジャーナリスト

いとうせいこう小説家 クリエーター

田坂広志(多摩大学大学院教授

稲垣えみ子(元新聞記者 アフロ&超節電生活

蓮池透(元原発技術者)

遠藤ミチロウミュージシャン

目取真俊小説家

中山きく(元白梅学徒隊 語り部

屋良朝博(ジャーナリスト

仲村颯悟(映画監督

大田昌秀(元沖縄県知事 社会学者

香山リカ精神科医

ドリアン助川詩人 作家 ミュージシャン

浜矩子経済学者

森達也映画監督

桑原功一(フリーハガー

島本脩二(編集者 『日本国憲法』)

園子温映画監督 アーティスト

むのたけじジャーナリスト

上原良司(元学徒兵特攻隊員 故人)

奥田愛基市民活動家 SEALDs ReDEMOS

写真(順不同、敬称略

安田菜津紀佐藤慧、齊藤靖行、森住卓山城博明、丸田祥三、会田邦秋、福島菊次郎

○そのほか

若者座談会

若者への推薦図書一覧

巻末付録「今さら訊けない(?)選挙ABC

カバーイラスト

江口寿史

装幀

祖父江慎+コズフィッシュ

2022-04-07

anond:20220406103515

あれをみて元気がでるのではなく「バカで弱い女性未成年野良に放り出されているからまともな性教育保護をしなければ。ああまた家庭内・家庭外の仕事をふやされて鬱だなあ」と思うのがまともな社会人感覚なのですよ。その無意識のおしつけ・よりかかり・神格化という名の奴隷化への負担感を140字内に収まるようにちぢめたものが「気持ち悪い」です。

正直、スカートの長さやジャケットベスト未着用の時点でちょっと温度調整もできない感じの発達障害ありそうな子にみえます。こういった発達障害の子相手の思惑に気づきにくく性被害に疎いまま性的搾取されてしま問題はすでに発達に詳しい精神科医により何度も指摘されています

進学校教科書参考書が重いので全員リュック推奨で部活なくても10キロかついでる、それがまともな高校生です。

まあ、増田はいつまでもアダルトチルドレンなので高校生同級生目線でふわついて元気だしてればいいとおもいますよ。

増田日経支えてるわけでもなんでもないことだけはわきまえて、漫画買い支えるなりはご自由にどうぞ。

日経官公庁の発表さえまともに伝えられないおっさん媚び媚び紙なのはわかってるので(一時期の宇野こう一郎の女性がやたらに濡れて喘ぐエロ小説を載せてた夕刊フジと変わりないとおもいます)こうやって女子高生カワイイネとエサでも載せなきゃ就活生も騙せなくなってますよね。おっさん向けファンタジー広告おっさん向けファンタジー専門紙掲載するのはいことなんじゃないですかね。どうせ女性は読まないし。真に受けて電車日経よんで痴漢に至る人とかまさか男性さまには居ないでしょ?w

ナタリーおまえどっち陣営なんだ

2022-04-06

精神科医だけど死にたい

先生にはわからないと思います」とかよく言われるが、通院してるし薬も飲んでる。それでも時々死にたくてたまらなくなって、こないだ持ち歩くためのカッターを買ってしまった。いつでも自分を傷つけられると思うと安心できるからだ。リストカットODもしたいとは思わないし、他人家族迷惑をかけるからなるべく自殺は避けたい。

患者必要とされるから生きていられる。ゴミみたいな診察する同業者よりは多分マシだという矜持だけで生きている。傷ついた人に寄りそうことすらできない同業者というものがおり、それが自分父親だったのもあり、罪を濯ぐためにも生きなければならない。

治っていく患者をみるとまぶしい気持ちになる。自分精神科医など信じられないと思っているが、患者自分を信じてくれる。せめて精神科医自分はそうありたい。

2022-03-30

ぼったクリニック

同居女性暴行して逮捕された精神科医名前でググったら出てきたクリニック。

大昔2chで「ぼったくりだが患者が望む薬を処方してくれる」と評判だったクリニックと同じ名前なんだが…。

2022-03-27

anond:20220327134523

雑なアドバイスというと、何か言うと自称精神科医ワラワラと現れて相談主や相手精神構造分析して病名を付けていくのがよく目につく

この数年でアスペアスペルガー)と診断された人は100万人くらいいてるように思う

2022-03-15

anond:20220315093020

果たしてそのメンヘラ共が言う「理解のある彼くん」が現実存在かと照明できるのかな?

もしかして想像上の存在ではございませんか?でしたら貴方統合失調症です(人をキチガイ扱いしたがる精神科医マネ)

2022-03-07

anond:20211110190035

君は、性的虐待をどう社会の中で悪と定義して、罰するか(罰する主体としての自分正義証明するか)の話をしている。

 

精神科医は、性的虐待訴訟の渦中にある個人が、真実をどのように知るか、どのようにしてきた事例があるかの話をしている。

 

そもそも目的が違うので噛み合わない。

意識の高い低い、被害の重視軽視の話じゃない。

2022-02-25

お客様お客様なかに

精神科医の方はいらっしゃいませんか!?

ガイジが暴れまわっているんです!助けてください!

2022-02-21

これもジェンダ論で解釈できるものなのかな

ある児童精神科医の実感「発達外来の初診に来るパパママ層が変わってきた」のは教育の影響ではないかということ

https://togetter.com/li/1848142

発達障害ブーム

子供を気にかけられる素質の持ち主のみが子孫を残せる社会になってきた

こういう要素もない?

2022-02-19

病気未満

主に情緒とかメンタル周りが。

たぶん「病気」というほどではない(曲がりなりにも毎日会社に行っている)けど、私自身としてはかなりつらい。

死んでしまいたい、自分を傷つけたいという考えが頭から離れない。でも痛いのは嫌いだから、剃刀で切ったりする勇気はない。

実際は切ってないし、不眠でもない。食欲もある。むしろ寝すぎてしまうし食べ過ぎてしまうくらいだ。だから病気とはみなされないと思うんだけど、私はつらい。

そして私がつらいあまり不安定になったりいきなりライングループ抜けたり猜疑心に満ちた言動をしたり爆発したり泣いたり喚いたりするので、周りも困っていると思う。

全然情緒コントロールできない。元気なとき強靭意志の力我慢して、自分を騙して前向きに考えさせているけど、今元気がないか自分を騙せない。たとえばみんな私を軽蔑しているんだけど、元気なときは「そんなことない、仕事でも評価されてるし役にも立ってるし普通に接せられてる」って自分を騙せるけど、今は元気がないか軽蔑され疎まれ場所がないように思うしそれが真実でそう考えないことは現実逃避だと思う。苦しい。でもみんなに私のこと軽蔑してるか確認するとみんなが困るし短気な人にはキレられる。苦しい。

私は悪人側でやっつけられる側なんだよ。みんな理にかなっている。正しい。私はわるいものなんだ。でもやっつけられるのは苦しい。屈辱だ。戦いたくなる。私は悪くないんだと言いたくなる。それでまた摩擦が起きる。つらい。わるいものはやっつけられても我慢しないといけないのに私にはそうできない。

それでなんかこの前ヤケクソでドラッグストア更年期用の漢方飲んだらめちゃめちゃ心の中が透き通った。心の中でしとしとと静かな雨が降るようで、心の中のセリフや声が全部聞こえなくなって、何かあっても遠い海鳴りのようで。

いつもならずーっと考えることがやめられず、考えないと罪悪感があったのに、薬を飲んだらそれ以上考えるのが面倒くさい感じになった。でもそれでよい。とてもよい。考えなくていいなら考えたくない。他の人間はこんなに静かなところで生きているのかとおもった。私も元気になった。でも2日くらい元気になったらまた落ちてしまった。落差が激しいので元気にならない方がよいようだ。

でも、薬を飲んでいるときのあれは、よい心だなとおもった。薬を飲むとよい心が手に入るということを知った。でも更年期ではないのに更年期の薬を飲んでいるからか、ちょっと頭が痛くなるようだ。心が静かでよいのになぁ。でも頭が痛いのは困る。

現状あの薬を飲んでさらバファリンを飲むという解決をしているが、糖尿病の薬も飲まないといけない。糖尿病は落ち込んだときや腹が立つときに暴飲暴食をしていたらなった。薬が四種類もあって体に悪そうだ。心が静かになって、考えが止まって、かつ頭が痛くならないものが世の中にないかな。

医者に行って聞こうかな。でもあなた努力が足りないとかあなたはつらくないのに大袈裟なことを言って忙しい医者邪魔をしに来たと言われると思う。きっとあなた自身が変わらなければ何も変えられませんよとか言う。それはそうですね。考えるのをやめればいいですよ。それもそうですね。つらい。医者になるような人はとても理にかなっているので、私は結局よく精神科医の本に現れる今流行りの自称うつ休みたがってる悪い人間ということになり、心が静かになるよい薬も得られない。そしてお金は払わされる。そのようになることが分かっているので医者行きたくないな。不眠でも痩せてもいないか病気ではないか医者には来るなと医者もおもうだろう。どうせ死ぬ勇気はないのだから死にたいと思うのは勝手にどうぞと言う感じだろう。そうおもうとかえって死んでやりたいとおもうよね。私のつらさを証明し彼らが誤っていることを見せつけるためには死ぬしかない。医者に限らず全般的にそうなのだけどそんな勇気はないから、私はやっつけらる側から脱出できない。正しくなるには死ぬしかないのに死ねいから正しくないものとして軽蔑されながら生きている。

今日調子がよいのでこれくらい冷静に書けるが調子が悪い日は何倍もの速さでずーっとつらくて胸がつかえる。でも糖尿病以外体は悪くないか医者は…もうさっき書いたから繰り返さない。

ああだめだ。心が静かになるけど頭が痛くならないよい薬はないかな。

2022-02-08

anond:20220208224353

https://news.yahoo.co.jp/articles/83dc5df97bc87ee7e77bb378e57b19acbd778f44

敏感、繊細、共感やすいなどが特徴の性格の持ち主、いわゆる“繊細さん”のことを心理学的にはHSPHighly Sensitive Personハイリー センシティブ パーソン)と呼んでいます

HSPを自認している田村淳さんと、精神科医 渡邊真也先生がその特徴、長所短所、向き合い方などについて掘り下げるスペシャル対談が実現。

田村さん:

『繊細さん』っていう本の著者の武田友紀さんと、話して気が付いたんです。武田さんがHSPのことを説明されているのを聞いて、なんか僕に当てはまること多いなって思ったのがきっかけです。

田村さん:

司会のお仕事とき、あの人しゃべってないなとか、あの人しゃべりたそうにしてるなとか、こまかいからこそ気が付けるというのはあると思います

今の田村淳はこんな様子だぞ

2022-02-06

映画夜明け前のうた ― 消された沖縄障害者』について

映画夜明け前のうた 消された沖縄障害者

https://yoake-uta.com

 なんの予備知識もなく鑑賞したがガッカリな内容だった。ただただ薄っぺらい。意味のない無駄カットが多すぎる。そして、やたらナレーション説明が多い。NHKノーナレ』千本ノックしてほしい。

 「狭いところに閉じ込められてカワイソウ」以上のメッセージわたしは受け取れなかった。さらに、アフリカ精神障害者は野外に鎖で繋がれているだけなので開放的というエピソードは一体なんのために挿入されたのかも意味不明。

 この映画にはたくさんの精神障害者顔写真名前が出てくるが、ご本人やご遺族の許可が取れているのだろうか? 遺族の上映許可なく「この人は精神障害者私宅監置されていた」と映画にしたなら、これは大規模な公衆アウティングであり重大な人権侵害だ。

 事実、一部の遺族から無許可および事実誤認について異議申し立てがあったそうだ。原監督は「公表したのは名前だけで苗字を含まないか特定不可能」だという。地方部落では同姓も多いからお互い名前で呼び合うのが普通だ。都会の人には想像すらできないだろうけれど、そこには隣近所のプライバシー匿名性のない濃密な社会存在する。映像内で第三者の「帰りたくても帰れなかった」という表現事実誤認)は、インタビュー形式であればその発言の責を逃れられるという意味でそのまま残したのか? (わたし初見だが、このインタビュイー発言事実として受け取った)

 こうした遺族の異議申し立てによって、文化庁の上映会が延期されたそうだが、かかる人権侵害申し立てがあれば主催する上映会の一時差し止めが常道であろう。それを遺族からの「クレーム問題と捉える姿勢は悪質。原監督が「国家権力による言論封殺」と述べた時にはズッコけた。

 現代社会精神障害者が置かれている立場精神科医問題さら法整備への問題提起とはならなかった。むしろ歴史上の「沖縄カワイソウ」にフォーカスし、精神科入院病棟があった本土台湾などを上位づけするのは、現代につながる精神科病棟の諸問題(例えば医療保護入院社会入院など)を正当化するに等しく大いに誤解を招く内容だった。

地域社会人間関係や遺族心情への想像力も足らず、その責任を引き受ける覚悟もなく、ただただ映像力不足

キャッチー社会問題を取り上げ(たつもり)て左方面チヤホヤされたいだけのペラペラ作品だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん