「インフル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インフルとは

2018-10-14

高熱出した際の幻覚について

インフルとかで高熱出した時、幻覚見るじゃないですか?

あれの科学見解と言うか、メカニズムについて書いたもの知りません?

2018-08-23

anond:20180823124842

癌とインフルエンザ危険性を同列に語るようなものだな。

答えになってない。

はっきり言って、買春で広がる性病よりも無理やり出勤したことによるインフルのほうがよほどヤバいし、

売春官制化すれば性病の予防もしっかりした体制で行える。

寧ろ、買春を悪と断定して地下に潜らせてる現状のほうこそ性病予防という点では悪だよ

2018-07-26

anond:20180725083141

診察AI

即時で今の体調不良がなんなのかある程度診断して欲しい。病院行くべきなら内科とか婦人科とか整骨院とか耳鼻科とか、あと他に何あるのか分かんないけどどこにかかるべきか教えてほしいし、検査必要ならどういう検査必要か教えて欲しい。インフルかなって思ってすぐ内科行って2時間待たされた後の時「まだ検査できないんで明日また来てください」って言われた時ほんと時間無駄にしたって思うし、深夜手に熱湯ぶっかけて火傷した時救急車呼んでいいのかも分からん(歩けるし)。ていうか火傷って何科? めまい頭痛目のかすみ寝不足だの貧血だのなら病院行く意味ないし、かといって実は本当に何かあったら怖いし、ある程度の目安でいいから診察AI判断して欲しい。

2018-07-09

から愛されたくてしかたがない。

投稿です。

から愛されたことがない。

そして人の愛し方が分からない。

からも誰からも愛されたことがない人間なのだから仕方がないのかもしれない。

そもそも、私が、性同一性障害他者から恋愛対象として見られず、また、女性に惹かれることが多いため、女性として過ごしてる私は、出会いがないからなのか。

私が機能不全家族の出であることがいけないのだろうか。

私が発達障害やBPDの症状を軽度ながら持っていることがいけないのか。

死ねば楽になるのかな?

精神崩壊しそうだ。すでに崩壊してるのかもしれない。

助けて欲しい。


=====

以下は、乱文であるが、私の過去を書かずにはいられなくなったので、ここに書こうと思う。(多少のフィクションは含んでいるが。)

私は男→女の性同一性障害の現役大学生である

日常生活女性として暮らしていて、初対面の人と話したり、ショッピング空港等で元男性と見抜かれることはほぼ無く、また容姿もそこそこいい方であるという自負はある。(ガタイ無駄にいいのはコンプレックスだが。)

幼稚園児のときに母と父が離婚した。その時の母と父の喧嘩記憶していて、私にとっての一緒に暮らしいたこのろの父親像は母親に向かって怒りをぶつけているところと、仕事で疲れて寝ているところしか残っていない。そして、離婚後、親権母親に移った。

そして、仕事に一辺倒になった母からは面倒を見てもらえず、妹と共に子供会保護者祖母に面倒を見てもらっていた。

祖母は優しい人ではあるものの、愛情表現をする人ではなく、また同じ家にいたわけではないので一緒にいる時間は限られいた。

私はこの頃、植物に興味があり図鑑をよく読み漁っていた。また、ピーターラビットシリーズを好んでいたことを記憶している。

小学生に上がったときピアニカの色やランドセルの色が"私の望む色"出なかったことを記憶していている。

小学生2年生になると強迫性障害の症状を起こすようになった。ともかく、家の外のすべての物が不潔に思えた。1度病院に連れて行かれた記憶がある。幸い、小2のうちにだいぶ良くなり日常生活に支障をきたさなレベルには回復した。ただし、潔癖症自体中学生くらいまで強い意識が残った。

また、この頃から学校オカマとヤジされることが増え、友人は決して多いとは言える状況にはなかった。

この頃でも父親とは電話を通して時々話しており、またたまに合うことがあった。(よく上野国立科学博物館鉄博に連れて行ってもらった。)

ただ、一度、ファインディング・ニモに連れて行ってもらった。はじめての映画館で見た映画だったのだか、個人的に楽しめなく、父はそれに対して非常に怒っていたのを記憶している。

また、この頃から母親父親の間で伝言を伝えるような役割となり、お互いの悪口を聞かされ、また経済状況についてと揉め事を聞く立場となっていった。

小3になった時、母親再婚した。

相手子供が3人いたが1人はインフルで亡くなっていた。(ただし、継父に親権はなく未だに継姉・兄と顔を合わせたことはない。)

母はTVを厳しく時間を決める人であったが、継父はそうではなくよく妹や従姉妹テレビを見せていた。それについて、母親と揉めることが多く、私がママっ子であったため母親側についた事により、私は継父から見せてもらえなくなり、次第に顔を合わせるだけで睨まれるようになった。

小4になると母と継父の間に子供が生まれ、何もしない継父と仕事しかしない母の代わりに祖母と私と妹がよく面倒を見ていた。

そして、この頃から、継父と私の関係は更に険悪になり、私が継父から身を隠すように家で過ごすようになった。

幼稚園児のころから高いところから飛び降りたらどうなるのだろう、という気持ちはあったものの、この頃には明確に死にたい、という気持ちがあった。

また、夢の中で継父を刺し殺す・絞め殺す夢を見るようになるようになった。(この夢は大学生1年の頃あたりまで続いた。)

小5になると母親仕事軌道に乗り始め、経済状況は一気に良くなるが、継父との関係は最悪になり、一度私が勉強机の下に逃げたところを継父に顔を蹴り飛ばされたことがあった。(ここらへんの記憶曖昧で正確な時期を覚えてない)

また、私は元々書物を読む子供であったが、学校男子からオカマや(容姿を指して)キツネと呼ばれ、女子から女子の中心グループ犬猿の仲だったため、更に書物を読み漁るようになった。(ハリーポッターを1日の放課後で2冊を読みきる勢いだった。)

小6では学校はだいぶ落ち着いてきたもの、継父との関係は相変わらずだった。

また、妹もこの頃から継父との関係悪化してきており、不登校気味となっていった。

中学では寮生の少人数の学校に入った。これにより、家族とも同級生とも離れることができ、私にとっての人生の転換点てなった出来事であると思う。

ただ、男子野球部に、女子バレー部強制的に入部であり、内心でバレー部に入りたいと思っていたが、叶わぬ願いであった。(幸い丸坊主は避けれた。)

中2になると寮の中で私が最年長となったためリーダーシップを取ることとなった。

完璧主義だったため自他ともに厳しく、今では後輩にもっと優しく接すればよかったなと感じる。

中3では男子として野球することが嫌で地元中学に戻り、そこで小学校の時の数少ない友人と家庭科部をしていた。

またそれ以外については受験勉強をする日々であった。受験に関してはもともと勉強はできていた為もあってか、地域公立高校の2番めに良いところに合格できた。

家での生活はこの頃、継父は単身赴任であったため、実家が一番平和な時期となっていた。(また、妹も私のいた寮にはいった。)

寮で過ごしたことにより、色路学べたおかげもあってか、継父と小学校の時ほどは酷い関係ではなく、お互いに最低限以外の会話をする程度にはなっていた。

高1では理系クラスであったため、いわゆるオタクが多く、私にとって天国のような環境であった。また、寮の時の後輩と文通をよくしていた。(寮は電話メールは基本禁止だったため。)

また、中学生の頃から留学に興味があり、そのための準備をし始めた。

高2で、海外高校に転校し、海外生活が始まった。

高2,3ともそれなりに優秀な成績で学校生活も楽しめたが、学校福音派学校でありLGBTに対して差別を行うというほどではないものの、聖書引用して厳しい態度をとったこと、食事が不味いこと、男子寮で生活すること(アメリカ大学では基本寮生活)にストレスを感じ、アメリカ大学受験はしなかった。

進路は迷ったもの帰国した年度中に大学工学部合格しそこに入学することとなった。(親元にいたくなかったので実家から通えない距離大学のみ受験した。)

大学学業については、アメリカの授業の進度が遅く苦労はしたものの、なんとかついていくことができそこそこの成績を収めることができた。

ただ、1年目に男子寮に入ることとなり、それで精神病み、このままでは学業に支障が出たり自殺しかねないという事で、精神科(ジェンダークリニック)を尋ねた。

また、この頃に同じ性同一性障害彼女遠距離であるができた。(ただし、どちらかというと共依存のほうが近い関係であったと思う。)

B2になるとアパートぐらしに移り、またホルモン注射をするようになったため、見た目も女性的になりつつあったため、精神的に非常に安定するようになった。

学業についても学科の上位1割に入っており、勉強の遅れを鑑みれば非常に良い結果出会ったと思う。

ただ、この頃に彼女との関係共依存に近いものであったこともあり、それが崩壊し分かれることとなった。

大学3年生の現在自己労働力頭脳以外の"人間としての価値"を自分自身で見出だせなくなってしまった。

他大の友人との交流もあり、より良い環境の院に行きたいし、自分のやりたい研究仕事もある。けど、それ以外の人間的な将来について何も想像ができないし、強い希望を持つことができない。

自分自身の事なのに自分だけではにもできない事でつっかかかってしまった。

来年までに戸籍の変更もできるだろう。だいぶ恵まれている方だ。

けど、戸籍を変更したら私は結婚という選択肢を捨てることとなる。(そもそもパートナーなぞできないが)

変更しなければ就活で奇異の目で見られ苦労し、キャリアに影響が出るだろう。

なのにどうしたらいいのか分からない。

ホルモンバランスの崩れのせいもあるのだろうが、また自殺願望が湧いてきてしまう。

薬物への知識も多少あるため合法な乱用の仕方も知っている。そこに逃げてしま可能性が否定しきれない自分が怖い。

精神科・心療内科に行ったところで薬が出るだけだろう。それで一体何になる。

根本解決はできないじゃないか

肉体的快楽に身を任せりゃどうなのかと思ってしまう。

どうしたらいいのか。

助けて欲しい。

2018-07-06

anond:20180706061016

流行性各結膜炎にかかり目が両目が真っ赤。

仕事は休ませてもらって自宅療養中。

まともな家事がなにもできない。

2日間食事はウーバーイーツでデリバリーしたが1日1食で逆に免疫落ちてそうで症状が悪化してそうに思ったので、3日目の今日、食料を買いに近所の1番近いスーパーコンビニへ。

高台に住んでいるので、坂が辛く一度の往復で体力消耗した。

免疫上がる栄養のある飯が食えない。

部屋が汚い。洗濯がたまっている。

20代インフルの時は1人で余裕だったが、今は精神的にもきつい。

気軽に頼れる人がいない。

こういう時に来てくれる在宅サービス検索しても高齢者用とか医師経由のものしかない。

単発で来てくれる看護師とかのサービスないものか。正直入院できるなら入院したい

完治までまだ10日程かかりそう。

便利屋はなにかしてくれるんじゃないの?

2018-06-14

anond:20180614143054

迷惑の程度で言えばインフルっぽい病人がぶっちぎり迷惑一位で二位はワキガ赤ちゃんが泣くくらいたいして迷惑でもない

2018-05-25

俺の彼女は運が悪い。

俺の彼女は、差し迫った締切が近づくと、何故か風邪インフルを貰い、熱で回らない頭を必死に動かしてデータを作る。

から見れば無計画の賜物としか言えないような不器用さで、どうにかしてやりたくなる時もある。

階段から足を踏み外せば、ソシャゲガチャ結果が良くなる。

実家燃えて帰る場所がなくなれば、ここでしがみついて生きる意味が出来たと言う。

から派遣社員をしながら居酒屋バイトをこなしてほぼ年中無休で働いている。

この前なんかは締切2日前に自宅のドアノブが外れたらしい。

歴代彼氏ダメ男

から見れば一癖ある友人たち。

何かとトラブルに遭遇することが多く、本人も自覚はあれど、どうする気も起きないらしい。

不幸のどん底ではないが、小さな不運がデフォルトなのだ

そんな彼女は言うのだ、「人の運だけは恵まれた」と。

本当に意味がわからないし、運が悪い。

2018-04-12

インフルの診断のために病院に来るな」の話題の時と同じく猛反発した後に

NATROMに「基本的には正しい」って言われてはてなー沈黙パターンでしょこれ

anond:20180412085039

風邪っぽい ┬ 風邪

      ├ インフル

      ├ 肺炎

      └ 鬱

っていうテンプレがあったので自分じゃ判断できないか医者に行けってじっちゃんに言われたからそうしてるんだが

anond:20180412092240

今年だったかインフルで死亡例多かったよな…。

anond:20180412085039

「(本人が)インフルだったらどうする!」しか読み取れないのな。

なんか調子悪いけど高いからかからない→インフルでした→周りもかかり大迷惑になるのを避けたいだけなのに。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011399291000.html

軽い風邪でいちいち医者にかかるなという至極まっとうな言い分に何故か猛反発のはてなー

「軽い風邪のように見える症状に重篤病気が隠れてることもある」ってまあそういうのがないとは言わないけど

そもそも「昨日から風邪ぽいんです」って自力病院に来た重い持病のない人間に対して

重篤病気かどうかを判断できるような検査をしないし医者でもその段階で診断を付けるのは不可能だ。

症状が一週間二週間続くってんなら他の病気も疑うだろうけどさ。

インフルだったらどうする!」って健康な成人ならインフルでも家で寝てろ。抗ウイルス薬飲んだところで治るのが一日早くなるだけだ。一日余分に寝てろ。


大体日本人がやたら風邪病院にかかりたがるのって学校仕事を休むための大義名分を得るためだよね。

休むのに医者診断書必要なのが異常であって「しんどいから今日は休んで寝てます」で済めば軽い病気医者なんか行く必要ない。

2018-04-03

anond:20180403101214

江戸っ子かよ

そういうやつの方が少数派である事くらい分かってるだろ

んで共働きでも親頼りまくり普通から

でないと残業無理休日出勤無理で子がインフルにでもなろうものなら1週間休みまーすとなる

そんな奴それこそ陰口叩かれながらいきいきママしか出来ねーよ

まともに職場の戦力扱いで働こうと思ったら親は必須

2018-03-20

熱が40℃越えててつらいから誰か知恵下さい

水曜日に39℃でて日曜日まで下がらず

そこまで市販薬を書かさず飲み仕事

日曜日に1日療養して医者も行ってインフル否定 

pl三包もらって飲みきり、月火なんとか回復傾向にありながら市販薬飲み続けて仕事

で、家に帰る前に強烈寒気じおそわれて

40℃越えてた

空腹だが即カロ飲んだ

手持ちの薬は

パブロン9回分

市販PL12包

カロ4錠

明日は休めるんだが明後日絶対出勤したいんだ

なんでかっていうと明明後日家族旅行に行くからパンダ見せてあげたいのよ。。。

2018-03-12

ウェブサービスを作るときの初期メン選び

最近いくつかウェブサービスを作っている中で思うこと。

オーナー
作るサービス類似サービス、そして周辺を取り巻く環境に一番詳しい、もしくは好きな人判別の仕方は、類似サービスを2個選んで「これとこれって何が違うの?」で小1時間ぐらい、挙げ句の果てに別の類似サービスについても喋れる人。サービスオタク。よく喋る。
エンジニア
自走できるレベルスキルとかは当たり前過ぎて書かない。別の職種メンバー自分の知っている事を教えるのが好きな人アウトプット好きな人。7割ぐらい作ってそのあとの完成度は気にしない、細かいことは気にしない人。いつでもすぐに治せるものは後回しにして、今ある一番大きい問題最初に取り組める人。
デザイナー
できればオーナー。もしくはオーナーに一番近しい人。この人の守備範囲が一番広くなる。必ずしもユーザである必要はないけど、ユーザのことを一番知っているべき。昨今ウェブデザイン系の新鋭ツールはたくさんでてきているので新しいモノをどんどん試す人。
マーケティング
ソーシャルに強い人。各種SNSは当たり前にやっている。この人の個人アカウントからプロモーションアルファブロガーに届くようなインフルエンス力があるとなおよい。芸能方面への営業力最初はいらない。個人の影響力を強い人をマーケ担当にしてしまうのがベスト
メンバーに加えてはいけない人
サービスを使わない人。例えばスマホアプリなのにスマホアプリほとんど使っていない人。その人がいるだけでそのチームは急に仕事感が出る。絶対にいれてはいけない。

2018-03-10

プライド

誰かと一緒にずっといないと気が狂いそうになる

変になりそう

私のこと愛してほしいってすごい思う

でもわたしは強いからそんなそぶりを1ミリもみせずに、元彼からはなんでも1人で楽しめるよねって言われてあーまあそうなんかなって返すしかなかったよ

誰と別れる時もスムーズだし、すぐ立ち直ってるようにみえるみたいだけど、そんなことないよ ちゃんと傷ついてるよ

ちょっとみせないようにするのが得意なだけ

自分で傷ついてること気づかないようにフタをするんだよ 自分ですら騙すんだよ

わたしのめんどくさいとこは、いつも一緒にいたいけど、なんやかんやずっと一緒にいたら飽きてきそうなとこ

都合の良い時に寄って行ける存在がいいな

でもそれはそれで面白くないよな気もするな

でも気が狂うよりまし

てかなんかインフルなのか、頭がすごく痛いからこんな余計なこと考えちゃうのかな

わたし自身でもわかってない感情や、蓋をしてる感情に気付いてくれて大丈夫だよって抱きしめて。

あー 変なプライド捨てて会いたいって言いたいし、会いたいって言った時はできる限り会いにきて欲しいよ

2018-03-09

anond:20180309193002

症状の出始めで病院行ったところでインフル判定なんてしても意味ないんだけどな

anond:20180309185336

医者に行ってインフル判定受けるまでは人混みなんか出るなつってんだよ

迷惑から

anond:20180309184417

駄目に決まってんだろ

まず病院行ってインフル判定受けろ

もしかして死んだのかもしれないあの人

以前ある作品二次創作同人をしていたときの知り合い

忙しい人で毎回新刊落ちましたって謝ってた

でもサークル申し込みはかかさずしていた

イベント4~5回に一回新刊出ればいいって感じだった

とにかく仕事が忙しそうだった

 

あるときその人が、少し前にご家族が亡くなっていたことを明かした

ああ、仕事だけじゃなくてそういうことがあって

からイベント申し込みつつも新刊は出せなかったり欠席したりしてたんだなあとわかった

明かした時点ではある程度気持ちの整理がついているようだった

たこの人の同人誌読めるかな、と嬉しく思った

 

その人はその後1~2回イベント申し込んでたけど新刊は出なかった

最後インフルで欠席で、そこからツイッター更新はパタリと無くなった

イベントも毎回スペースが無いかそもそも申し込んでいないようだった

もう2~3年経とうとしてる

生きてるのだろうか

なんか嫌な予感しかしない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん