「軍事費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 軍事費とは

2020-10-24

100兆円で沖縄アメリカに売りますか?

単なる思いつきだけど、こう質問されたらどう答える?

アメリカの年間軍事費が75兆円なので、それ以上の金額沖縄県全体を買い取る想定で値段をつけました。

いや、普通は売らないって答えると思う。ただ100兆円くれるなら売りたいって考える人もいるよね。それってどういう人?

そう考える人売国奴として罵られるのかな?

追記1

手に入った100兆円は国庫金となり、政府予算に組み込まれものします。

2020-10-06

学術会議学問の自由侵害する組織

学術会議軍事研究に反対し、本音では軍事費だろうがなんだろうが研究費をくれるんならもらいたいという研究者たちに圧力をかけることで学問の自由を奪った悪質な組織解体するべき

2020-09-05

https://anond.hatelabo.jp/20200902213816

どうも都合のいい総括が行われているようだ。

by-kingしろリフレ派は「なんでそのタイミング増税してるんだよ」ってキレてたでしょ

IthacaChasma 3本の矢のうち、1本目(金融緩和)は上手くいった。しか日銀金融緩和はできても需要は創出できない。2本目の財政出動が全く足りなかった。おかげでデフレ脱却ができず、賃金も増えなかった。消費税率上げは最悪。

yingze 金融緩和だけして、逆に緊縮財政増税してたよね。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20200902213816

本来リフレ政策がどのようなものであったか、振り返ってみよう。

戦後の各国は、ケインズ経済学の影響の下で、財政政策および金融政策を用いてマクロ経済の安定化を実現するという枠組みを受け入れてきた。しかし、世界的な固定相場制が崩壊した1970年代以降は、マクロ安定化の手段金融政策を主軸とし、財政基本的公共財公共サービス供給に割り当てるという考え方が定着するようになった。(略)したがって、金融政策をそれ(引用者注国内マクロ経済の安定化)に適切に割り当てておけば、財政政策マクロ政策に用いる必要特にない。

岩田規久男(編)『まずデフレを止めよ』 pp123, 124

この認識を支えていたのが、

1920年代の長期的成長経路への回帰という意味での終焉については、さまざまな要因が指摘されている。「1940年3月のドイツ軍フランス侵攻によるヨーロッパからの大量の戦争資材の発注による輸出の急増とアメリカ自身軍事費の急増による拡張財政政策」(加藤[2001]199-200頁)を強調するのは加藤出氏である白川方明氏も同様に戦争を強調する(白川[2002a])。(略)

アメリカが参戦したのは1941年だが、生産はその前にすでに上昇している。1940年にはほぼ終焉が完成していると考えるべきである。(略)1941年以降、財政支出が増えたことはそのとおりであるしかし、それまでの時期については、それほど増えていない。(略)

さらに、安達氏の研究でも、公共投資の増額は大恐慌から回復終焉とあまり関係がないことがわかる。デフレから脱出が達成された1933年には公共投資は減少していたし(ルーズベルトは、就任と同時に緊縮財政を行っていた)、40年にはまた減少していた(図表5-3を参照)。

岩田前掲書 pp159, 160

という実証と、

そもそも先進国マクロ的な景気対策ほとんど金融政策に頼っている。というのは、資本移動自由場合金融政策財政政策より効果的というマンデル=フレミング理論のほかに公共投資のような財政支出は特定利益集団に利用される可能性が高いために敬遠されるからだ。広範な消費者対象とする減税政策であれば、こうした問題は避けられるが、財政赤字を考えると減税の余裕はないからだ。

岩田前掲書 p210

という理論だった。すなわち、緊縮財政であっても(緊縮でない方がベターであるにせよ)、レジーム転換を伴う十分な金融緩和を実行すればデフレ脱却可能だ、というのが本来リフレ政策であった。これを総括するのであれば、

  1. 本来リフレ政策は誤りで、レジーム転換を伴う十分な金融緩和を行ったとしても、緊縮財政の下ではデフレ脱却はできない。
  2. 本来リフレ政策は正しく、ターゲットインフレ率を実現できていない理由は、レジーム転換を伴う十分な金融緩和が行われていないかである

のいずれかでしかあり得ない。本来リフレ政策が実現されていたにもかかわらず消費増税のせいでデフレ脱却ができなかった、とする冒頭に掲げた意見は、本来リフレ政策は誤りであったというのが論理的必然であると考えるが、そのように理解していいのかな?

2020-08-18

山川世界史

教科書に良い表現があったので残しておく。

近世ヨーロッパでは、カトリック教会神聖ローマ帝国がかつてもっていた普遍的権威が動揺した。諸国自国の利害を求めて戦争妥協をくりかえし、恒常的な緊張状態にあった。しか戦争は長期化・大規模化し、軍事技術進歩していた。増大する兵員軍事費調達のために、各国は徴税機構を中心に官僚制を備えた行政組織を整備し、国内統一支配を強める必要があった。

2020-05-17

萌え豚」「美少女動物園」叩きをしてきた連中が、反撃されたら「女(腐女子)叩き!」と被害者ぶり、ろくに調べもしない人間何となくそうかと思い込む地獄

anond:20200303184203

 前に書いたエントリだけど、本当に昔はこんな感じだった。

 嘘だと思うならちょっと検索してみればいい。

 こいつらのいう「腐女子叩き」とやらは、こいつらの被害妄想以外には全く出てこない。

 あったとしても、一つのスレ動画に2、3人いれば多い方。

 決して「差別されてた」なんて言える数ではない。

 逆にこいつらはスレ動画を埋め尽くすほどの迫害コメントをしてた。

 2010年以前の動画スレでさえそんな感じ、以降なんて本当に酷い。

 なぜこんな滅茶苦茶が成り立つかというと、「ネットは男だらけ」という先入観が働き、「叩いてる奴らも全員男」という誤信念が働くからだ。

 少しでも論理的思考ができる脳ミソを持ってるなら、そこにいる2chにいた人の7割(公式数字)が男だとしても、コメントしている7割が男だとは限らない。

 もっというなら、2ch全体に居た人間の7割が男だとしても、特定スレに居る人間の7割が男とは限らない。

 なら残り3割の女はどこにいるんだよ、という話になる。

 そもそもアンチスレアンチコメも、2ch全体では3割にも満たなかった。

 これは認知バイアス一種で、過激なことをしてる人間の方が目立つから、全体で悪目立ちする。

 全体に7割もいなくたって、そんな一部の空間制圧することは簡単にできる。

 そして、あんだけ「萌え豚」「美少女動物園」叩きが横行してたのに、男オタは被害者だと名乗り出ることさえできないのに、逆に腐女子は探しても見つからないレベルの1つや2つのコメントでこんだけ被害者ぶって、男オタ叩きしてる。

 そういう場所にどちらが多いかなんて明白だろう。

 今も昔も、男オタは腐女子に対してほほんと構えすぎている。

 彼らはフェミ腐女子が結託してBL図書館に購入させ続けるように圧力を掛けていたことも知らないし、ツイッターネットのあちこちあんだけ露骨擁護しあってることさえ知らない。

 そもそも叩く以前の問題なのだ

 だから匿名ネット自分らが叩かれてても、露骨イケメン出せと喚き散らしてる時でさえ、相手腐女子だと言い返しもしない。

 今でさえネットフェミなんて完全に腐女子殆ど同じなのに、フェミに叩かれても腐女子とは違うと思い込んでる始末。

 これには「周辺ルートからの説得」というプロパガンダ技術が使われている。

 人間特に興味がないことや知らないことに対して、自信満々に主張されると何となくそうかと思い込む。

 「これだけの人間が、これだけ自信満々に言ってるんだからきっとそうなんだろう」と短絡的に考えるのだ。

 しかし今回の問題では、明らかに主張者側が論理的破綻している。

 連中の主張は「ネットは男オタだらけ」という前提が不可欠であるのに、じゃあこの「腐女子叩きを告発する」腐女子たちがこんだけいるのは何なのか、ということだ。

 こいつらはその時何をしていたのか。

 こんだけ数が居たくせに、2つ3つのコメントに何で反論してないのか。

 いや、反論はしている。

 それも一つのコメにつき複数人で叩き返している。

 それに対して再び反撃されることもなく。

 そう、こいつらが被害者だった時なんかない。

 男(オタ)叩きをしていたこいつらの数の方が、女(腐女子)叩きをしていた男オタの数より、いついかなる時と場合の時も数が勝っていた。

 つまりこいつらの方が、叩きあってる数では上なのだ

 例えるなら、軍隊の数も軍事費隣国の10倍ある国が、人口だけなら相手の方が上だから自分たちが弱者側、被害者だと主張してるのと同じだ。

 しかもこいつらの場合一方的攻撃して侵略しているの自分たちなのにだ。

 そもそも男オタ全体を国に例えること自体も無理があり(バナナ好きな人間はみんな同じ国の人間だ、と言ってるようなもの。)、その場合は本当に集団で一人一人なんの繋がりもない人間迫害し、叩き返されたら相手の方が多いか私たち被害者だ、とわけの分からないことを言っているだけだ。

2020-05-01

anond:20200501012028

軍事費何て雀の涙だよ

日本だけじゃなくてどの国もそう

国対象が国民全員な分、あっという間に金は尽きる

 

コロナ?知らん金ないんだから働け! 」

これを言わずに言える期間を引き延ばしてるだけ

2020-01-03

縁日屋台ヤクザがやってると聞いてから買わなくなった

昔は「高いけどお祭り価格からしょうがないよね!」とコスパの悪さを散財の楽しさとして認識していた。

でもある時、アレの裏にはヤクザがいて、反社勢力がそれを資金源に銃の不法所持や薬物密売を行って地域社会破壊していると知ってしまった。

それからはもう無理だ。

スーパーなら200円で買えるものを500円で買うとき、その300円分はヤクザの懐に入る。

たこ焼きを焼いてる鉄砲玉達の時給は、すなわちヤクザ兵隊を飼い続けるための軍事費であり、チョコバナナを売っているオッサン達の頭数が、ショバ代の払いが悪い店を襲いに来るときの人数に繋がっていく。

余分な300円はお祭り運営資金だとか、お祭りを盛り上げるために来てくれたどこかの食べ物屋さんの出張費だと思っていたから楽しめていた。

でも違ったんだ。

私達はずっとヤクザお金を渡し続けて、反社勢力を生きながらえさせていたんだ。

そのことに気づいてからは出店で何かを買うことはなくなった。

初詣の日、甘酒神社建物しか買わなかったし、小腹が空いてたけど商店街につくまで我慢した。

それで良かったんだと思う。

私はこれまで、ハレの日に犯罪者達に餌を上げ続けていて、そんな姿を神様たちに見られていたと思うととても苦しくなる……

2019-10-19

anond:20191019121142

国家機関で育てればよくね?

人口維持が第一なんでしょ?

国債発行するなり軍事費社会保障費削ればよくね?

2019-08-01

anond:20190801044225

コスパなんてしょうもない話で言うなら最善はすべての軍備を破棄して軍事費を0にする、でしょ

現状はかなりお得だろうし、5倍になったとしても自国ですべて揃えるよりはマシ。

(そもそもお国大事ウヨさんたちが今ですら自衛隊に志願してないわけで人手不足になるのは目に見えてる。)

ただ、現在だって費用で言えば日本側が8割近い額を負担してるわけで、米国に何の利益もないわけじゃないのだからこれ以上の釣り上げはありえないし、ここでつっぱねられるかが外交手腕だよね、おそらく無理だけど

アメリカから多額の軍事費負担を強いられている件

金ばっかり請求されてるけど、どんなメリットがあるか分かる人教えてください。

そもそもアメリカ軍日本駐留してるけど、これは、日本がお願いしているの? それともアメリカ軍前線基地を維持したいからなの?

中国ロシアから防衛線とか何とかっていう理由があったと思うのだけど、

領空侵犯スクランブルしたり、領海監視して対応したりするのって、毎回自衛隊じゃない?

あんなに多額の金払ってやってるのに、アメリカ軍はそん時何してるわけ? 何にも説明ないじゃん。

北朝鮮からミサイル飛んできた時だって監視システム作ってたのって日本独自でしょ? アメリカ何してくれたっけ?

日本人として単純に何で外国軍隊お金払わんといけないのかって思う。

それより、日本軍隊を持ってアメリカ軍さん今までありがとうございましたってバイバイできないの?

また金の話になるけど、

日本軍を持つこと」と、「アメリカ軍への駐留費用自衛隊費用

って実際どっちのコスパいいわけ?(憲法改正などは置いといて)

日本人として国家予算の何パーセントアメリカに吸われているのかって知っとかないといけないのに、

わが日本の政治家は何も動いてくれないし、選挙の争点にもなっていない。

日本はもう貧乏国家だ。全面的コスパ見直ししないでどうするの?

ソースhttps://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASM702TJQM70UHBI00H.html

2019-07-22

anond:20190722181015

返済財源は未来国税だけど、それがどしたん?前借りだから借金じゃなーいもーん、みたいな話ししたいの?

余談だが今年の国債発行額が約30兆円で

税金から出した社会保障費も約30兆円だね

はて?一体だれのために国債発行して、だれが稼ぎ出す国税を前借りしてるんだろうね

なお社会保障費の次は国債の返済だね

止めようがないわな、24兆くらいあるが

あとなんだ、義務教育は5兆ほどで、次が軍事費で4兆かな?

それ以外は2兆円すらいかないものばかりだったとおもうが違ったかな?


なおこれからまだまだまだまだ増える老人の社会保障費用の増大分消費税で賄うよ

野田総理民主党自民党感謝

国債の返済に使うことも決まってたが、自民党国債の返済を削って

子育てに追加で一兆円ほど振り向けることにしてたね、老人に30兆円で子供は1/30とはなんともいえませんなぁ

2019-07-14

軍事費って「こんだけ予算割けば充分」ってもんがないか

本来なら福祉医療費に回せる予算がグングン圧迫される。

日本防衛費を全部国民生活に回せたらどんだけ楽になるんだろう。

他の国が軍持ってる以上無理だけど

2019-07-11

anond:20190711030554

アメリカ世界警察っていうのも微妙なんじゃないかっていう流れだし、アメリカ自身軍事費経済悪化させたりしてるからなぁ。

それにゲーム現実はちがうと思うしなぁ。イラク派遣20人も自殺したっていうんだし。

戦争はともかく、アメリカに利用されて追従してるだけの外交は情けないし、適当にはぐらかしたりあしらう姿勢くらいは見せてほしいよな。

2019-07-07

anond:20190707105239

アメリカからカツアゲされずに隣国から尊敬される未来ってのは、自衛隊軍隊になって軍事費を増強した日のことを言うんだよ。

教養はあるんだろうから、考えて物言え。

2019-06-19

anond:20190619205845

今の時代軍事費に使うわけないじゃんね

そんな時代錯誤な考えがが一番の老害なんだよな

軍事費とか言ってる間にそれでなくても少ない若者死ぬ

anond:20190619205214

というかなんで日銀引き受けタブーなの?

軍事費の拡大のために使われたからなんて言われてるけど

そんなの結局感情論じゃん

2019-06-17

イエメン情勢

こんにちは、皆さんが一切興味がないであろう話をします。

2014年から今にいたるまでイエメンではずっと内戦をしています。この内戦にはサウジアラビアUAEイランが関与しており、現在中東情勢理解するためにはこの内戦概要を掴む必要があります。なのでその話をします。

イエメンでは以下の勢力内戦をしています。すなわち

です。大まかにいって国土の北西地帯をフーシ派が、南部東部をハディ派が支配していますイエメン部族社会という色が濃く、各部族はそれぞれに思惑をもって活動しており、フーシ派にもハディ派にも属さないという地域も増えてきています

内戦の背景について理解する必要はあまりありません。部族の利害や宗派の違いといったものから発生する、正直いってしまえばよくあるアレです。ではそのよくある内戦がなぜ泥沼化しているのか、そして何故誰も知らない戦争になっているのかを簡単説明したいと思います

内戦きっかけはフーシがイエメン首都占拠クーデター成功したことです。これにより当時大統領を務めていたハディは首都を追われ、サウジアラビア亡命しました。サウジアラビアはこれに危機感を抱きました。なぜならサウジアラビアスンニ派勢力事実上盟主であり、イラン以下のシーア派勢力敵対しているからです。イエメンサウジアラビア国境を接しており、ここに親イラン勢力が根を張ることはサウジ安全保証根本的に脅かすと懸念されたわけです。そして実際その懸念現実のものになります

サウジUAE連合しハディ元大統領支援に乗り出します。サウジUAEは優勢な空軍力を活用しフーシ派から南部要衝アデン奪回することに成功します。そしてここにハディ大統領傀儡として送り込み、フーシ派討伐に乗り出します。これが 2015 年 7 月までの流れ。

しかサウジの勢いがよかったのはここまでの話で、以後内戦は泥沼化の一途を辿ることになります。泥沼化の理由として以下の要因が挙げられます

要素毎に説明していきます

まずハディ派やサウジ空軍が弱いという問題についてです。一般にいってアラブ軍隊は非常に弱いのです。それはなぜかというと、クーデターを恐れるあまりにまともな訓練をつめておらず、特に大隊以上の連携の訓練などはろくにおこなわれていません。

例えば、空軍力を適切に発揮するためには地上の部隊との高度な連携必要です。地上の部隊空爆目標地点を捜索し、適切に爆撃機誘導してやらなければ効果的な爆撃はできません。また、航空偵察の成果を総合的に検討して情勢を判断する高度な情報組織も求められます。そういった高度な機能サウジ空軍には備わっていません。では、サウジアラビアはこの問題をどのように解決していたかというと、大量の物量を投入して無差別爆撃を繰り返すという方法解決をしようとしました。これには二つの問題があります。まずは人道上問題です。実際サウジはこの問題で 2018 年ごろから大きな非難をうけるようになり以後無差別爆撃封印しています。そしてこちらの方がより実践的な問題なのですが、コストパフォーマンスが極度に悪いという問題がありますいくらサウジ油田をもち金満国家からといって爆弾をあまりにも大量に無駄弾にしていれば負担になります。あまり知られていないことですが、実際サウジアラビア中国について世界三位軍事費支出大国になっています。これは上記のような非効率作戦が原因で、サウジアラビア財政は痛みつつあります(そうしたサウジの苦境を悪用しているのが孫正義というわけです)。

ハディ派の弱さについては、元々弱いとかそもそもサウジ傀儡でありそこまでやる気がないとかそういったこともありますが、また別の事情もあります。その別の事情というのは「フーシ派は強い」という問題と裏返しでもあるのです。

それはつまりどういうことか。フーシ派はあくまでも奪う側であり、ハディ派は守る側であるということです。ハディ派はもともとの正統政府ですからイエメン国土財産防衛する戦いを展開する必要があります。一方フーシ派の根本地方の小さな民兵組織ですから「守るべき既存リソース権益」を持っていません。なので彼等はハディ派と戦うにあたって都市がどれだけ破壊されようが民間人にどれだけ死者がでようが一切考慮することがありません(宗派も違いますし)。こうした姿勢の違いは戦闘力の違いに直結し、地上戦闘でハディ派がフーシ派を圧倒するという局面は初期におけるアデン奪還作戦以外で殆ど見られません。

ハディ派は強いフーシ派を攻撃するにあたって、地元部族を懐柔しフーシ派を攻撃させるといった戦法をとることがありますが、フーシ派はこうした敵対部族容赦なく殲滅してしまます

また、フーシ派が山岳民族的性質もつという点も重要です。一般に山岳民族というのは強いものです。グルカ兵などの事例にもある通りです。また、山岳民族である彼等は平地民との価値観をあまり共有しておらず、そうした点も彼等の強く残酷な戦い方を支えているだろうと思います

次にUAE背信という問題についてです。サウジ国内ではこの点がかなり問題視されているようです。UAE内戦介入開始当初からイエメン侵略を目論んでいました。ハディ派首都アデンでもUAE特殊部隊がうろついているだとか、イエメン南部離島ソコトラ島UAE侵略領土事実上組み込んでいるといった話がありますUAEのこうした態度は情勢を著しく混乱させ内戦を長引かせる要因になっています。またサウジ内では「UAE漁夫の利を得るために内戦の泥沼化を積極的に目論んでいる」といった観測もあるようです。

そしてイラン革命防衛隊の介入という問題ですが、上記の通り内戦の初期においてイラン革命防衛隊はあまりイエメン内戦に興味をもっていませんでした。しかサウジUAEによる介入が頓挫すると革命防衛隊による介入が本格化しはじめます。すなわち、フーシ派の占領地域拠点にしてサウジアラビア領土への直接攻撃企図しはじめたのです。このことの背景を理解するためには、イラン革命防衛隊という組織の成り立ちを理解する必要があります。先述の通りアラブではクーデーターを抑えるために軍を弱くするのが普通統治法です。これには例外がいくつかあり、たとえばエジプトでは軍が国家統治しているのでクーデーターの心配は少ないので精強な軍を維持することができていますイラン例外の一つで、イランはかなり独創的な方法でクーデーターを防止しながら軍を強化することに成功しました。それはすなわち

というものです。一つ目の対策については軍の指揮権天皇に直属させた大日本帝国軍とほぼ同様のものと言えます。故に、日本軍と同様のデメリットが生じることにもなりました。創業の功臣と君主が存命の時代は彼等のバランス感覚によって軍を適切に維持することができたのですが、君主が交代し創業世代もいなくなると軍を誰も統制できなくなってしまったのです。ようするにホメイニ明治天皇ハメネイ昭和天皇理解すればよいわけです。

二つ目対策について、革命防衛隊をつくるにあたって「イラン防衛ではなくイスラム革命防衛革命の輸出」を任務と定めてしまたことが問題になりました。彼等は事実上の外征軍となり、中東各所で怪しげなテロを繰り返す組織になってしまったわけです。さらにタチが悪いのが革命防衛隊が軍の能力を流用し建設会社物流企業を多数直接経営しているという点です。これにより、彼らは財源や物資の点でも政府への依存殆どなくなり極めて独立性の高い組織になっていますイラン政府の財源はかなりの部分石油に負っていますから政府本質的には戦争回避しようとします。一方建設業により資金を得る革命防衛隊にしてみれば石油産業が停止したところで知った話ではないので積極的に「革命の輸出」を手掛けるというわけです。

こうした性質もつ革命防衛隊イエメンに介入を開始すると積極策を採用することになるのは自明のことでした。イエメン派遣された革命防衛隊ほとんど中央の統制を受けていないと見られており、これは要するに日本軍における関東軍匹敵します。

こうした情勢のなかでイエメン内戦象徴する戦いであるホデイダ攻防戦がはじまります。ホデイダイエメン有数の港湾都市で外部から物資の輸入をほとんどひきうけています。この都市占拠することはすなわち外国物資を全てコントロールするということでフーシ派もハディ派もこの都市の攻防に全力を投入することになります内戦当初からこの都市はフーシ派が支配しており、ハディ派はサウジアラビア支援のもとなんとかこの都市を奪還しようと試みました。ホデイダの攻防が本格化したのは 2017 年ごろからで、以後ホデイダは激しい戦火に見舞われ物資の輸入は途絶えイエメンでは難民が大量に発生することになります

先述のとおりハディ派は弱く、サウジアラビア軍は動くものはなんでも爆撃する式の粗雑な無差別爆撃を加えることでなんとかフーシ派に対抗するといった情勢が続きました。こうしたフーシ派有利の情勢をみたイラン革命防衛隊2017年末ごろより弾道ミサイルをフーシ派に供与(といっても操作する人員革命防衛隊から派遣していたことでしょう)しサウジアラビア国土への直接攻撃を開始します。

こうした事態に至って危機感を表わにしたサウジ軍は 2018 年にはいってさらに爆撃を強化しますが成果はあがりません。そして彼らはついに致命的な誤爆事件をおこします。サウジ軍はスクールバス誤爆し何十人もの子供を死亡させてしまうという事件をおこしてしまったのです。これにはさすがに各国から非難が止まず以後サウジ軍は爆撃の対象前線ではなく後方のフーシ派の基地に切り替えることになりますが、これによりホデイダ攻防におけるフーシ派の勝利事実上確定しました。

2018年末ごろより国連によるホデイダ停戦工作が開始されます停戦調停中にも激しい戦闘応酬が続きますがフーシ派有利という情勢は変化せず、国連監視団は「フーシ派の勝利」という現状を事実上認める形の停戦を成立させました。これが去年末から今年4月ごろの話。

こうした状況のなかで革命防衛隊はあらゆる手段サウジアラビア国土への直接攻撃を続けていました。その攻撃の主力となったのが弾道ミサイルドローンによる空爆です。弾道ミサイルによる空爆サウジアラビア首都リヤドにも降り注ぎ100人以上の民間人犠牲になっていると報じられていますドローンについては、クアッドコプターのようなものではなくジェットエンジンを積んだ比較的大型の爆撃機で500kg程度の爆弾を積載し 300km の半径を攻撃できるとされています。これによる精密爆撃はイエメン内部でも利用され、ハディ派側の軍幹部ドローン爆撃によって多数殺害されるといった事件も起きています

そしてホデイダにおけるフーシ派の勝利が確定すると、フーシ派は国連との合意にもとづきホデイダから兵力の引き抜きを開始します。少数の警備兵力を「憲兵」と偽ってホデイダに残置するとフーシ派は主力をサウジアラビア侵攻にふりわけます。これが今年の 4 月から今にかけての話で、フーシ派とイラン革命防衛隊の猛攻をうけてサウジアラビア/イエメン国境要衝都市ナジュラーンが陥落寸前であると報じられています。またサウジアラビア空爆にあたってあらた巡航ミサイルによる爆撃も開始され、先日のサウジ南部空港爆撃ではインド人など外国人にも負傷者がでています

今、サウジアラビアは確実に敗北しつつあります







ではこのような酷いことになっている内戦がなぜあまり知られていないかというと、田舎内戦など誰も興味がないという問題もあるのですが、サウジの劣勢というのもその原因です。というのもサウジアラビア北朝鮮以上の独裁国家、統制国家なので自国イラン勢力との戦争で敗北しつつあるという事実隠蔽しているわけです。「イランの爆撃により100人以上の犠牲者がでている」という事実最近になってようやくサウジ政府メディアによって報じられました。以前は「イランミサイル迎撃した」だとか「フーシ派に猛爆撃を加えて戦果をあげた」だとかいった威勢のいい情報が散発的に報じられているだけでした。今少しづつですが苦境の真実サウジアラビア側が報じるようになってきています。それだけ事態悪化を隠せなくなったということでもあり、また危機感を醸成しようという思惑もあるのでしょう。

更に加えてですがサウジアラビアには「事態をこれ以上大事にしたくない」という思惑があるようにも見えます現在おきていることは事実上サウジアラビアイラン革命防衛隊総力戦」なのですが、サウジとしてそれを認めてしまうとイラン本土とも戦わなくなければなります。「イエメンのフーシ派という軍閥との小さな戦い」というフレームを維持することでなんとか大事にせずどうにかしてフーシ派だけを倒したいという希望が、事態矮小化させ報道管制するインセンティンブになっているように思われます

サウジのこの失態をみて「イエメンサウジベトナム」と評する人もいます。ただベトナムのように「やらなくていい戦争で消耗している」というよりは「強力なイラン革命防衛隊とフーシ派の前になんとか国土防衛しようとしている」というのが実態としては近いのではないでしょうか。

2019-05-25

anond:20190524235944

中国改革軍事費10%減らせたか

日本防衛システム改革防衛費削減できる余地あるな

北朝鮮がいい方向に変わればもっと削れるだろう

仮に10%減らせるだけで5000億出てくるから低賃金労働者をかなり救える

低賃金労働者を救うことで生活保護受給者現象を目指せるからさらに金は出てくるだろうな

全然救えるじゃん

2019-04-30

anond:20190429092712

もうすぐ軍事費韓国にも抜かれそうって記事を昨日見たわ。

アメリカどころか韓国にも勝てなくなるよ。

2019-03-20

anond:20190320160917

バカにはわからいかもしれないけど、戦争するには中国にも準備が必要なんだよ

ピクニックに行くように戦争なんてできなから相手の軍備増強や基地増設に合わせて日本軍事費が上がるそれだけの話

けど、民主化したら戦争する理由なんてなくなるんだがな

頭悪いからわからないだろうけどwww

2019-03-09

anond:20190309215036

あのような話でアメリカ相手に「強く出る」っていうのはつまり

憲法改正して国軍を復活して軍事費を増やして米軍負い出して米軍基地日本軍基地にする」ってことなんだけど

わかってるのかね馬鹿サヨさんたちは…

わかってて言ってるならとんでもねえタカ派軍国主義者だけども

2019-02-09

人手不足っつってんのに給料上がらないのは大手内部留保しすぎてるから

GDP下がってんのに税金上がってくのは大手税金免除されてるから政治家高級官僚がとろかしてるから

子ども減ってんのに虐待やら子どもがアホになってんのは国が教育費と福祉予算削って軍事費増大させてるから

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん