「固定化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 固定化とは

2021-05-07

anond:20210507220228

順番というか、前提がおかしい気がする。

普通の発達過程では、まず、「自分は、能力特別でなくても、存在価値がある」という感覚を得る。

すると、自分能力が冷静に見つめられるようになる。大抵の能力は平凡だが、他人よりも得意なこともあることに気づける。

逆に、能力特別でなければならないという「焦り」があると、自分能力を冷静に認識できない。「勉強部活の両立」のような、固定化した観念自分を当てはめ、縋り付いてしまう。その過程で、本来なら見つけられたはずの自分可能性を見逃してしまう。

まずは、特別でなければならないという先入観から離れることだと思う。世の多くの人が、特別でなくても幸せに生きている。一方で、世の多くの人が、特別でも不幸せに生きている。

2021-05-04

anond:20210504000713

収入が低いほど弱者属性から逃れられない

弱者弱者固定化と言ってるだけで

タヒニン容認と同じ発想だろ

2021-04-24

anond:20210424124910

私服自由にしたら、やはりみんな似たような恰好収束していくと思うよ。だって自分だけ浮くのは誰だって嫌でしょ。

そしてスカート女性固定化される。

これが自由の結果だよ。

2021-04-23

サクラ革命が失敗したのは”流行る感”を出せるIPじゃなかったから

要素は色々あれどやはり流行りそうにない感じを滲み出してしまっている時点でサービス開始前から終わってるゲームだった

一番はサクラ大戦というコンテンツが古いということ

これは内容が古臭いという意味ではなく世の中に送り出されてから長い年月が立ちすぎているという意味

過去の評判等が影響するため、新規IPとは違い新規で始める人がウェイウェイするには古参という存在邪魔なのである

プレイヤーの居場所を作るには新しいということが何よりも重要なのである

共存は限りなく難しい

同一タイトルでも長くサービスが続いているゲームでは新規が寄り付かないのと同じと思っていただいて構わない

また、DWの評判もそうだが過去IPを引っ張ってきて長く続いたコンテンツは非常に少ないという問題もある

過去に人気があったゲーム漫画原作ソシャゲは長期運営するには世界観固定化されすぎていてコラボしづらい

現在流行っているソシャゲコラボをしてもある程度そのソシャゲに落とし込んでいる、またはそのゲームの題材のネタ豊富であることが成功の基である

しかサクラ革命はただでさえゲーム世界観を構築する初期の段階でVtuberを起用するなどという世界観を壊すようなことをいともかんたんに実行している

サクラ革命公式YouTubeチャンネルのホロライブの白上フブキ、宝鐘マリンサムネデカデカ掲載されてる宣伝動画再生数は6300回

まれコラボでなかったことは一目瞭然だろう

過去に禍つヴァールハイトというソシャゲサービス開始から電脳少女シロを起用しゲーム内で使えるようになっていたが

禍つヴァールハイトは今年3月31日をもってサービス終了した。こちらは2年の稼働である

別にVtuberを起用するなというわけではないが、プレイアブルキャラクター声優起用ではなく、コラボでその二人を出す等プレイヤー棲み分けができるよう配慮すべき

話題性だけでプレイする人のことを考えられない運営なので悲しいという感情すら出てこない酷い有様である

何故最低時給は固定されるのか

株価物価も変動制なのに最低時給が固定化されているのはおかしいのではないか

職種事に最低時給を作って変動制にすべきだと考える

2021-04-18

日本における女性社会進出は失敗だったと思う

女性の「社会進出自体ではなく導入が失敗だったと思う。

もともと労働力不足なところに一部の女性が「働きたい」と強く訴えたことで女性社会進出というのがはじまったんだと思う。

ただその際に今でいうパートのような単純労働者としてや受付嬢などのマスコット存在としての導入が固定化した結果が現状の賃金格差や起用における問題だけでなく、晩婚化や男性含め低賃金化、若年層の疲労につながっているんだと思う。

一度ついてしまった固定観念を覆すのは難しく、最初はそれでいいやっとしての導入が失敗してしまったんじゃないか

2021-04-10

anond:20210410150757

こいつみたいな糖質妄想固定化するような悪意をぶつけるのはやめた方が良くないか

文章から見ればいつもの釣り増田じゃないことは一目瞭然なのに

とうとう区別がつかないほど糖質の症状が加速してしまってるじゃん

おもったんだけど、仮にあてがえ論を間に受けて弱者男性低賃金中年男性)との結婚に相応のインセンティブを与えるとする。例えば婚歴のない年収300万以下の40代以上の男性結婚した女性には国が毎月50万払いますとか。

悪徳結婚斡旋業者跋扈しそうだけど、まあ金があるならいいかということで、心根が良くてシャイなだけの弱者男性はある程度結婚できるかもしれない。

でもそうすると、もうこれでいいやということで、弱者男性として国にバックアップしてもらって結婚して暮らす人生モデルが既成事実化すると思うんだよ。40代までプラプラして女と適当にくっついて国に金もらおうみたいな。そうすると、かつて専業主婦でいいやとたくさんの女性専業主婦に甘んじた結果のように、会社の方も、一部のエリート以外の男性低賃金でいいや、仕事重要仕事やらなくていいよねどうせ国が養ってくれるんだしというように構造的にどんどん社会要職から追いやられていくことになるんじゃないの。

それでいい人はいいだろうけど、本当は社会の中心で働きたい下層出身男性からしたら階層固定化弱者男性支援婚をした男性の子供がまた弱者男性支援婚をする)とかなってかなりキツいことになりそう。底辺層で、お前は男なんだから大学行かなくてもいい金の無駄とか言われる時代が来そう。

そして男に求められる素養が、金は稼げなくていいけど愛嬌があって浮気とかしなくて大人しい、低賃金パートで年間100万稼いでよく家事をする、みたいな、高度成長期に望まれ主婦像みたいになりそう。

2021-04-08

ブコメ返信part2】「議席をあてがえ論」フェミニスト弱者男性に憤

anond:20210407220901

さて、夜の間にまた結構な量溜まってるなブコメ

議席あてがえ論」の重大性に気付いてる者もいれば、相も変わらず教科書通りの問答をしようとする愚か者も多い。

議席とは人権である(正確には、そこに懸ってる人権がある)ということから目を逸らしてる奴はこの際論外として、

もう一点指摘をしておこう。

男性候補投票する女性もいるということだ。

男女平等信条とする俺には全く関係ない話だが、ブコメやらフェミニストには「女性人権」とやらを殊更重要視する差別主義者がいるようだ。

そういった連中に向けてのヒントだが、議席あてがえ」論は女性人権すら奪うということを肝に銘じておけ。

それともまたお決まりの、名誉男性と言って切り捨てるのだろうかね?

ブコメ反論元増田追加分)



plagmaticjam あてがえがあらそえに見えてきた

人権とは争いなのだ

hedgehogx 議席と女が同じものに見えてるのか。権力の主張が加害とイコールになってるからこんなに暴力的なの?

議席も「女」もあてがうと人権侵害する点では同じ。

権利の主張」が実現したら即、「加害」なので実現する前に批判する。「暴力的」?俺は字を打ってるだけだ。

自分の痛みにだけはセンシティブなんだな。結構なことだ。

AKIMOTO あてがわれる女には自由意志人権もあるが、議席にはそんなものはない

あてがわれる議席の裏には立候補者と多くの有権者がおり、議席にはその人たちの意思が込められている。

論外だ。恣意的に「意思」を選別してるんじゃないよ。

cleome088 フェミニストは世の中を良くするために「ルール」を変える話をしているが自称弱者男性ルールに乗っかって勝ちたい話しかしてないから。勝つことは大事だけど勝つ人間固定化したら腐るんだよ。

議席をあてがったら、その分「勝つ人間固定化」されるだけだろうが。

議席あてがえ論」は確かにルールを変える話」だが、それは「世の中をよくするために」じゃない。「自分たちが勝つため」に過ぎない。

違うとは言わせない。「世の中をよくするため」なら、女性にだけ「議席あてがえ論」を唱えたりはしない。世に遍く有象無象あらゆる属性にあてがうことを言い出すだろうよ。

あと、「女をあてがえ論」も結局は「そういうルールを作れ」=「ルールを変える話」。同じだよ。全く。

oakbow 個人的には今は反対だが、クォータ制政治世界多様性を半ば強制的にもたらすためのものだよ。もちろん女性権利拡大効果が大きいだろうが恩恵を受けるのは男女とも。女性あてがえとは次元が違うと思う。

1.政治世界は今も多様性担保できる機会の平等がある。その現状、選挙で選ばれている以上の「多様性」を無理やりもたらそうとするのはタダのエゴしかない。

2.男女とも?男性の受ける恩恵とは?フェミニストはいつも「フェミニズム男性も救う」っていうけど、具体的な話は全くないよね。

mobile_neko いま日本において議論されているのは「政治分野の男女共同参画推進法」を改正して政党立候補者数の男女比を努力目標ではなくルール化する事だし「議席」をあてがえと主張しているのは非主流派じゃないか

同じだよ。

政党立候補はいわば議席予選。そこに出る権利を奪うってのはやはり機会の平等及び参政権を損う。

kagecage 女性を"もの"として見てるんだなぁと悲しくなるな。自分はいフェミとして弱者男性ももっと性役割に縛られず自由に生きられるようになればいいと願っているよ。

論外。

最初から最後まで俺の増田には「権利」の話しかしていない。本文と関係ない綺麗ごとは自分増田で書け。

misomico なぜ分断するのか

俺が分断してるんじゃないし、「弱者男性」論が分断するのでもない。

もう分断されてるんだよ。フェミニストによって。

フェミニスト最初に「男性」を主語にしたとき、分断は起こった。

kunitaka 笑う資格は全ての人にある。俺なんかド底辺のドクズやけど、トランプバイデンプーチン習近平金正恩メルケルボリスも皆お笑い対象やで。バーカ、参ったかw

うん、まぁ、笑えばいいと思うよ。

kutabirehateko だからインセル弱者男性を一緒くたにするなよ。そしてインセル批判するのはフェミニストだけだと思うなよ。

論外。

自分にとって都合のいい選別をしてるんじゃないよ。

インセル」の本義(彼らが名乗った意味から外れた用法濫用しすぎなんだよ。

gcyn 『端的に言おう。これはフェミニストによる、「議席あてがえ論」である』 ちがうよ?

違わない。論外。

kitassandro で、これを書いてる人もフェミニストでしたーってオチ

人権派と一緒にするな。

elusin 社会構造を踏まえるならそんな幼稚な論理にはならない。気に入らないだけだろ。

バカの一つ覚え「社会構造」。具体性ゼロ論外。

kyo_ju 公選候補者や非公選役職に占める割合一定割合(しかも、人口比と同等かより低い割合)まで引き上げよという主張は特権の主張ではないので、"弱者男性にも男性特権を分かち与えよ"な御仁達とは全く同視できない。

そもそも公選の結果に「人口比と同等であるべし」などという要件はない。女性が半分以上の票を握っていて、それで今の結果だ。

ここから女性だけ」人口比と同等を保証する、というのは「特権」以外の何物でもない。

「同視できない」のは偏見の為せる業ですね。

yuichi0613 自分男性フェミニストじゃないけど、多様な社会をつくる以上、意思決定の場に女性を増やすことは賛成で、こういう単純な当てはめは反対かなあ

「多様な社会」と言いつつ、ステレオタイプな「男性」「女性二元論支配されてる自覚はあるのだろうか?

男性女性の代弁をしえない」(逆も)というのはその典型だ。

論外。

lawikakog 「努力が足りない」とか内容がジェンダーバイアスに塗れていてひどい。格差が広がるほど金持ちがどんどん金持ちになるのと一緒で男性優位になった階級男性で固定されるんだよ。それを構造的に見直すという取り組み

努力が足りない」はフェミニスト弱者男性に言い放っていた内容と全く同一。

そして金と違って票は3年/6年ごとに稼ぎなおさなきゃならず、固定はされてない。

そもそも女性じゃなきゃ」「議席をあてがえ」と言ってる奴が「ジェンダーバイアス」?あんまり笑わせんな。

論外。

unnmo 女性弱者男性→本人に責はない。女をあてがえ→人権侵害。クオータ制→社会構造的に元来女性側が侵害されてきた参政権回復手段。「女を〜」論は弱者男性救済案策として低レベルな為クオータ制の鏡像足りえない。

バカの一つ覚え「社会構造」。論外。

女性参政権普通選挙権実装後、一切侵害されてない。今でも女性は入れたい候補に入れている。

議席をあてがえ」論を実装すればそれこそ参政権侵害

「女をあてがえ」論は「議席をあてがえ」論と同じく、「特定属性への利益の最大化」という点にのみおいては素晴らしくハイレベル社会全体でみるとクソ。

理由は「特定属性」以外の人権を損ねるから。「議席をあてがえ」論も同じ。両方クソ。


つづく

anond:20210408000323

強者別に強者同士で固まってのほほんとしてるだけなんだけど、弱者同士は足を引っ張り合うからな。

から階層固定化される。

2021-04-07

男女の幸福度格差の正体と、それを解消する方法

俺はもっと家事をしたい。家事労働はヒトを幸せにする。掃除洗濯や修繕や調理を通じて、また、傾聴や会話やスキンシップを通じて、妻や子どもに尽くしたい。それこそがヒト(俺に限らない)の幸せに直結することだからだ。

幸福は「与えた」愛情で決まる

ヒトは群れで生活する動物だ。他の構成員ケアし、食べ物を分け合って一緒に食べることに幸せを感じる。これは本能だ。また、ヒトは子育てする動物だ。同じ性質を持った他の生物と同様、子育てに喜びを感じるようにあらかじめプログラムされている。

ベンジャミン・フランクリン効果(助けた相手のことを好きになるという認知的不協和)も無視できない。手がかかる子ほどかわいい、という結果は、手をかけたという事実が生むものだ。家族に尽くせばつくするほど、家族への愛着は深まる。

幸せというのは、受け取った愛情で決まるのではなく、与えた愛情で決まる。愛されているか幸福なのではなく、愛しているから、愛を表現しているか幸福なのだ。実際に手をかけて、家事をし、話をし、食卓を囲むことで、そのように愛情を行動に移した者の幸福度が上がる。家事はその担い手幸福にする。

男性家事育児事実上の制限を受けている

しか現実、俺の家事負担は小さい。週にわずか6回、土曜の昼食から月曜の朝食の調理(買い出しと後片付けを含む)を担当しているのと、家や家財や車や自転車などの修繕全般担当しているほかはすべて手伝い程度で、家事らしい家事は何も担当できていない。俺が長時間の賃労働に縛り付けられているためだ。

家事だけではない。育児限定的だ。子どもの世話をしたり、子どもとともに食卓を囲んだり、さまざまな話をしたり、勉強料理スポーツを教えたり、宿題を手伝ったりといった、育児にかかわる時間の大半を賃労働に奪われている。これもまた、俺のヒトとしての幸福を大いに損なっている。

本邦の男女には世界一幸福格差女性幸福度が高く男性のそれは低い)がある。これを男性視点説明するなら、賃労働負担の大きさと、家事参加の少なさという両面が原因だ。とりわけ家事の少なさは重大だ。我が国男性世界一家事をしない。多くの男性幸せを賃労働に奪われているのだ。

男性が恒久的に時短勤務やパート勤務をする道は狭い

我が家結婚当初は、夫婦両方がフルタイムで働きつつ、平等家事を分担し、夫婦の両方が幸福を感じていた。だが子どもができて夫婦で話し合った結果、俺がフルタイム労働さら残業を増やして家計を支える中心となり、妻はパートタイム労働兼業主婦になることにした。

俺がパート主夫になる案も真剣検討したものの、却下せざるを得なかった。理由は、当時30代前半だった俺が昼間にパートまたは時短で働けて、家から近い職場がないことだった。ジェンダー平等を実感したのはこのときだ。オッサン兼業主夫になるのは非常に難しい。

結果、俺は大半の家事を妻に任せ、ごく一部しか担当できなくなってしまった。うちの場合家事全般について妻より俺のほうが得意であるあくま自己評価だが)にもかかわらず、だ。逆に、賃労働能力は俺よりも妻の方が高い(と俺は思う)にもかかわらず、彼女フルタイム労働を失った。

俺は、この国のジェンダー平等を恨んでいる。俺を賃労働に縛り付け、家事子育て(つまり俺の幸福)を奪ったからだ。

また、ほどよく分担できていれば、家事労働はそれをする者を幸福にする。だが、過分に割り当てられてしまえばそうも言えない。俺の妻はそれほど家事全般が得意でないにもかかわらず大半の家事負担しており、せっかくの家事労働の多くが単なる面倒なタスクになりがちだ。これは幸せなことではない。

ジェンダーギャップ労働問題に過ぎない

ジェンダーギャップ幸福格差不公平家事負担、結果としての男女の賃金格差などはすべて、要するに労働問題だ。男女で賃労働家事を公平に担当しにくい現行制度に原因がある。なので以下のようなことを強力に推進すれば、諸問題はすべて(少なくとも我が家が抱えているものはすべて)解決する。

意識アップデートでは男女平等は実現しない

俺は「意識アップデート」だの「意識改革」だのというものには期待していない。そんなものに期待していたら、ジェンダーギャップ永遠に解消しない。なぜならジェンダーギャップは、制度的な介入をせずに放置していれば自然に拡大していく性質を持っているからだ。

これは良い悪いの話ではない。生物としての自然本能と、適応の結果に過ぎない。

まず女性上昇婚志向がある。これは世界中のどんな社会にもあるものだそうなので、生物としての本能と言える。より多くの資源を獲得する能力を持つオスに魅力を感じることは、生物としてまったく自然だ。そして、ヒトのオスがそれに適応しようとするのもまた本能であり、生物としてまったく自然なことだ。

ただし社会全体でこの本能適応すればするほど、ジェンダーギャップは拡大する。女性上昇婚志向適応した男性たちは、すべての資源男性たちだけで独占し、資源へのアクセス権を女性から剥奪する。前世紀まで、まさにそのような社会世界中で構築された。

このようにヒトの本能ジェンダーギャップを拡大し固定化する方向に作用するため、ジェンダー平等自然に実現することはない。相手無意識下の本能だ。意識改革では解決できない。制度改革しか実現できないものだ。

クオータ制による解決

現実的な解は、強制的なクオータ制の導入だ。繰り返すが、意識本能は変えられない。だから制度を変えるのだ。クオータ制は、結果平等観点で厳格なものであればあるほどよい。

政治家企業役員はもちろん、あらゆる職種で男女比が1:1なるように枠を設け、罰則付きで厳格に運用する。外科医も、看護師も、消防士も、保育士も、研究者も、レジ係も、漁師も、助産師も、土木作業員も、歯科衛生士も、自衛官も、すべて男女同数にする。当然、仕事内容も拘束時間賃金男女平等にする。

当初は各職業における職能水準の低下が問題になるだろう。しかしそんなものは、ほんの20年か30年もすれば解消される。学齢期や新卒時を見ればわかるとおり、平均的な女性能力は平均的な男性のそれを上回っている。クオータ制の導入で一時的に起きる職能水準の低下の問題は、ほどなく時間解決するだろう。

労働家事労働も、男女がどちらか一方に押しつけることなく、平等負担し合う。夫婦のそれぞれが週に20〜30時間ほどずつ賃労働負担し、あとの時間生物として家族としての幸せを追求できる世の中になるのが理想だ。

夫は兼業主夫、妻も兼業主婦だ。

こうなるともはや、主婦主夫)という概念崩壊だ。だがそんな概念産業革命以降にでっち上げられたもので、男性を賃労働で使い倒すための便利な、そして非人道的ジェンダー・ロールだ。こんなものは徹底的に破壊し、すべてのヒトがヒトとしての幸福を追求できる社会を目指したい。

男女がともに幸福を追求できる世界を望む

最後にもう一度強調しておく。家事労働制限されることは、幸福制限されているに等しい。より多くの賃労働負担している者は、幸福度において劣後する。

しかし、現行の制度の中で各家庭が個別部分最適化を進めれば、多くの家庭では、夫は賃労働奴隷、妻は兼業主婦、という形をとることになる。これは不幸なことであり、制度のものを改めるべきである。そして、ここまで述べてきた制度改革の過半は、すでにアイスランドなど北欧諸国において実施されている。

で、こういう男女平等を目指す社会運動ってある? あったら参加したいんだけど。

2021-04-05

非モテ自分コロナ禍で一念発起した結果

30歳になってから一念発起してまともな見た目になろうとあれこれやった。

その結果、周囲の評価はまるで変わったし、自分でも自己肯定感が上がって、生きづらさが減った。

再現性のあることなのでここに共有してみる。

ボイストレーニングに通う(6万円)

自分は声が小さい、聞き返されることが多い、のがずっとコンプレックスだった。

なのでネットで調べてボイストレーニングに通うことにした。週1の3ヶ月コースで約6万円。

カラオケボックストレーナー指導を受けながら発声練習をする。

毎回、喋っている声を録音して聞かされるのだけど、最初はそれがほんとに苦痛

しかし、徐々によくなってきていることがわかって面白かった。

正直まだ自分の声を聞くのは苦痛だけど、抜けのいい声を出せるようになった。

声が出やすくなるストレッチも教えてもらったので、今もそれをやっている

脱毛サロンに行く(10万円)

髭の永久脱毛をしようと脱毛サロンに通った。

2年間通い放題で約10万円というコース

月1で15回は通ったか

これによって顔がツルツルになっただけでなく、髭を剃る必要がなくなったので、かなり快適になった。

朝起きてシェービングクリームをつけて剃るという行為がかなりストレスだったとわかった。

未だに数本はポツポツと生えてくるけど、それは毛抜きで抜いて処理している。

エステサロンに通う(7万円)

同時にやったのは肌をきれいにするエステサロンに通うこと。

こちらは10回で7万円というコースだった。

だいたい1回1時間ぐらいの施術で、かんたんなマッサージもついている。

これに通ったおかげで毛穴はだいぶ目立たなくなったし、肌に艶ができた。

あと女性向けサロン男性コースだったので、サロン内にきれいなしかいなくて毎回通うのが楽しみだった。

最近は指毛も脱毛したし、足もやろうかなと思っている。

Dマガジンに加入する(月500円)

ファッションはどう学んでいいかからないのでDマガジンに加入して男女問わずファッション雑誌を見まくった。

気になった服があったらスクショをとり、ブランド名メモして調べるということをひたすらやった。

これやったことで着こなしのセオリー何となくわかったし、服のブランドにも詳しくなった。

最近だったらこういうの着ておけばOK、みたいな流行もすぐにわかる。

あと服が単純に好きになったし、街ゆく人が着ている服を見るのが好きになった。

毎日筋トレをする(0円)

ガリガリ猫背だったので筋トレをはじめた。

最初ジム契約して通っていたけど、結局移動が面倒くさいので解約して家で筋トレ

毎日やることを提案してくれるアプリを入れて、日々やるだけ。

ガッチリ体型には程遠いけど、腹筋はうっすら割れていて、脱げば意外と締まっている、くらいにはなっている。

実際、脱いだときに感心されることが多々ある。

あと単純に運動するとストレス解消になるので、これを習慣にしたのはよかった。

ひたすら服を買って着てみる(都度3万円ぐらい)

気になった服はとりあえず買ってみてしばらく着てみる。

するとだんだん自分はこの形状ダメだな」「この素材ダメだな」というのがわかってくる。

あとから失敗したなと思ったやつはメモして、なんでダメだったのかも理由も書いておく。

こうすると服を買って失敗することが減っていく。

最初流行デザインをパクった安い服を買っていたのだけど、結局3万円台ぐらいのほんとうに気に入ったやつをいくつか買って着回すのがいいとわかった。

3万と聞くと高いと感じるけど、年間にすると30万ぐらいだし、30万ぐらいなら副業でもすればすぐ稼げる。

自分を騙して安ものを着るよりも、ちょっと高くても正規品を買ったほうが自己肯定感も上がる。

ある程度高いと素材もいいので長持ちする。

美容院、眉サロンに通う(都度1万円)

最初は3000円ぐらいの安さが売りの美容室に通っていたんだけど、結局ちょっと高くても普通美容室に通うほうがいいとわかった。

自分が通っているところは、すべて頼むと累計で1万ちょっと

たかが1万ちょっとで周りの評価が変わるなら、出しておいたほうがいい。

髪型ファッション雑誌を見まくって、そのスクショを見せてやってもらっている。

こんな切れ端見せてわかるのかいな、と思うが向こうもプロなのでわかる。

最初流行に合わせてこれもやってみよう、あれもやってみようと挑戦してみるが、だんだん似合わない髪型がわかるので固定化してくる。

自分は今は首にかかるくらいのウルフカット金髪で固定している。

あと眉サロンは1回5000円くらい。これはたまに行って形を作ってもらって、その後は自分で抜いたりして整えている。

まとめ

こうやって羅列してみると意外と金かかっていない。少なくとも100万はいっていない。

そのうえ、どれも金出せば誰でもやれることなので再現性が高い。

イケメンになると自己肯定感が上がるし、女性から特別扱いしてもらえるし、男グループのなかで浮くことはあるけれど、総合的にはイケメンになることはかなりおすすめ

そこにいるだけで女性から注目が集まるっていうのは、ほんとうにかなり気持ちいい(セックスしても気持ちいいw)。

たとえば飲み会とかで、自分の両隣に女性がべったりついてほかの男は無視されてる、ってほんとうに気分いい。

承認欲求が満たされて自己肯定感が上がって、そのおかげで行動力や活力も上がる。ほんとうにイケメンおすすめです。

2021-04-02

anond:20210402102748

本当に筋の通ったリベラルは、我が子が中学出たらそのまま働きに出すよ。

少しでも社会固定化を崩そうとする。

2021-03-27

ネット上の会話文

現実だと「はい」だけでも相手声音や表情から明るいとか冷たいとか色々読み取ることができる

だけどネット上でははい」だけ打つと冷たい返事に固定化されるのが難しい

何度も会話してる相手ならともかく初対面だと冷たい人の烙印を押されて終わる可能性もある

からみんな「はいっ」とか「はい(^^)」とか「はいはい」とかでアレンジする必要が出るのが何とも面倒臭い

2021-03-24

目隠しさせられてどこだかわからない部屋に連れてかれて、さあ今からこれをやれ

みたいな仕事の指示の出し方する人っていないだろうか?

私はあちこちできくことがある。

指示をする方が指示される方を完全にコントロールするために、情報を徹底的に隠して手の内を見せない。

指示される方は限られた情報しか与えられないので基本的に指示される方の言うがままにされるしか対処のしようがない。

それが繰り返されると上下関係がどんどん固定化され、やがて、指示される方は、どんな無茶な要求も受けなければならなくなる。

2021-03-22

anond:20210322004256

高くついても行った方がいいとは思うけれど、全身だと東洋医学の方がアプローチとしては解決に近いかも。

当たりの所を探すのが大変だけれど、整体が良さそう。 IT 系なのでは。姿勢固定化するんだよね…

2021-03-17

大人になれ←間違い 恋人をつくれ←間違い 現実をみろ←間違い

お前は人との関わりの中で今とは違う生き方ができる←正解

劇場版から変わらない核であるこのテーマを読み違えるのは生き方価値観固定化したおじさんだから

子どもに対して真摯提示するために作られたアニメ子どもきもちに戻らなければ描かれてることを素朴に受け取ることはできない

2021-03-15

anond:20210315200129

リベラル自分の子供が中学出たら働きに出すよ。

階級固定化を少しでもやわらげるために、リベラルができること。

anond:20210315113138

抜け駆けを許さず身内の足を引っ張る日本人らしい性質だよ。

自分一人が無能だと思うよりは日本社会のせいだと思っている方が楽だからそうなる。

自分と同じ日本人自分と同じような階層人間成功したらなぜ自分は同じように出来ないのかという問題に向き合わなければいけなくなるからな。

海外持ち上げてみたり、成金叩いて余計社会階層固定化する元凶であるまれつきの金持ちを本物の金持ちは〜とか言って持ち上げてみたりする奴がいるのはそういうことさ。

無能にとっては周りも皆無能でいてくれた方が安心だし、自分と違う世界人間成功していてもそれはそこまで気にもならないわけだ。

2021-03-06

anond:20210306105953

価値観千差万別

更に、合わせないとならない価値観千差万別自分が合わせる必要がないほうが理想的ではあるがな。

お前は女をものしか見てないからそういう固定化した価値観になるのだろう。

稼ぐ女に捕まえてほしいのなら男側はとことん女に合わせないとならない。女が稼いでるのに男が亭主関白なんてのはまずありえない。

2021-03-02

金のヒエラルキー

ワイは金持ちが妬ましくてムカつくし金が欲しいんやけど、日本人全員に金配ったとしても、全員に金がまわるとヒエラルキーは変わらんよな?

金の価値が下がればええんやろか?初任給2000億円ビール1本1億円くらいまでインフレしたら今の金持ちアドバンテージ消える?

デフレしてるから階層固定化が起こってるんかなあ?

2021-02-20

これも若干違います

mnby 地方の子どもたちが豊かな自然とふれあいながら暮らしているという幻想に基づいて「だから都会も足りないものが多いんだ」と自虐することで、結局都会と地方格差固定化されてるんだよ。

現在地方1980年代のようなのんびりした空間ではありません。それが一番心配です。

1980年代はまだ自然がありました。豊かな自然のところもありました。これは事実です。私が見たのですから本当です。

2020年代は、ちょっと風景なところになっているところが増えています

40年間何も変わっていない田舎もありますしかし、この40年間で、驚くほど何もないところになってしまった場所もあります

1980年代は、田舎といっても子供の数が違います

どこに行っても子供がいる空間がありました。今はどうでしょうか。ほとんどいないのです。しか高齢化しています

それなら、大人たちの論理が常に最優先で、知能の低い大人が牛耳る可能性も高いのです。1980年代子供の数が多く、子供が多く吠えました。どこにいってもファミコンでした。これがもうありません。

都会と地方格差ではなくて、都会と地方の知能差になりつつあります

1980年代は、知能差というものがまだ存在していなかったのかもしれません。あの時代は9割高卒ですから格差を感じることがなかったのかもしれません。

なんか意識高そうなサイトに出てくる奴

ダイバーシティ表現してるのかわからんが、必ず黒人(深すぎない黒)で髪が巻いた感じのパーマで若めの女いない?なんか人種イメージ固定化してるみたいだなぁって感じる。みんなああいう感じなの?って。

ワンパンマン黒人が唇厚くて叩かれてたけど、なんでこっちだめであっちはいいのか意味不明

2021-02-18

anond:20210217173707

あれがほんとに差別だってのなら「井戸」と「毒」っていう単語禁止して日本辞書から消すべきだよね

それを並べた時点で朝鮮人ヘイトってもう頭おかしいだろって思うけどそうだというのならしょうがない

というかそんな事実デマデマという事実とか事実デマとしてとか、もうそのへんも表現固定化しないと何ってんのかわからん

結局誤解しかうまないなら誤解されるその「朝鮮人井戸に毒を投げ込んだ」っていう文節自体禁止して消滅させねばならん

だってそれを知ったりそれを知る過程差別がうまれてるとかうまれるとか差別たるものを知られるとかそういうことなわけだよね

差別をなくそイコール差別対象をなくそう、まあ特定人種差別をなくすために無くそうっていったらそれ差別から

こっちが間違えて差別しちゃわないようにその種族言葉から消して、国交を止めて、日本でそんな「差別がおきる人」がいないということにはすべきだよね

高齢独身は、他人と一緒に暮す事が難しい(※脳の柔らかさにもよる)

高齢独身結婚できないのってこれのせいだわ

30歳超えると、ある程度「自分」というもの固定化されてしまって、なかなか変われない

趣味嗜好や生活固定化されてしま

そんなのに合う人は100%居ない

フィーリングがあう人がいい」とか「価値観の近い人がいい」とか無理

どんなに近い人でも合うわけがない

なぜならそれが自分の「個性」だから

お互いに合わせようという不断努力がないときびしい

ただ若い相手や変化を受け入れやすいから、できるだけ若いうちに結婚したほうがいい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん