「ガラクタ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ガラクタとは

2020-06-01

https://anond.hatelabo.jp/20200601172952

 平成時代も、今の30代において、全国的高校偏差値格差や、受験競争過熱し、多くの女子学生が顔を真っ赤にし

   平成11年から15年の間において、東大に受かるためには是非ともZ会添削講座を受けてなければいけないとか

駿台河合代ゼミ(わら)には通っておかないと東大ほぼほぼ無理という現実があり

   そっちの世界活躍した猛者が東大に厳選採用されていたときがあったが、その当時東大に厳選採用されていた人は本郷

学部を知らなかったし、平成17年時点で東大本郷Fラン

     最近でも、東大前期入試合格発表のため、本郷掲示される合格者番号発表に参列している人がいるが、何も知らないガラクタだらけ

また本物の東大合格者は、現在はいちいち発表を見に本郷に行かないと思われるし

       法学部が終わっていることは東大生ならだれでも知っている

        

https://anond.hatelabo.jp/20200601164129

 明治昭和が「よかった」というのは、なにも、今の悪質なものよりも美しかったとかい意味ではなく

   特別神様のような趣味のよいすごく偉い人が主導していたとか、参加するとメリットがあったから、応募が殺到して人気があったとか、

 自慢できたから、伸びたとか、そういう意味でよかったと言ってんだよ

   今はそういうところが何もない。東大法学部講義内容もガラクタだし、法務省作成司法試験も、国家試験も全てガラクタ

     安倍政権になってから東大法学部や国は、日本人とは思えないほど理解不能気持ち悪い方向に走って人気がなくなり終了した

anond:20200601163810

偉いこと言ってた先生が作った問題でしょ

色々楽しい時代の応募者が過去ガラクタ裁判官でしょ

弁護士裁判官としてのセンスがない奴らが問題を作ってるからでしょ

今のセンスない時代を作ったのは、昔のセンスない人たちじゃん

昭和の良かった頃に司法試験やら関わっておいて、こんなクソみたいにして反省したら?

https://anond.hatelabo.jp/20200601163020

 いねーよ。法務省HPに公開されている新司法試験問題も、短答式はただの知識問題論文式試験も非現実的もの

趣味も何もない。短答法律教科書に書いてある基礎知識を知っているか過去ガラクタ裁判官が出した判例内容を知っているか

  論文試験は、過去に完成し終わった論点を暗記しているか勝負が決まる。弁護士裁判官としてのセンスとか才能などは一切問われない。

    国家1種試験も、論文式試験を軽視し、事務処理問題を増やしたせいで嫌悪されて終わった。

   司法試験にも国家試験にも、昭和のよかったところは何も残っていない。

https://anond.hatelabo.jp/20200601022933

 わたくしに東京大学法学部法学士の学位があるから無理。

    法学部オワコンなのは、主に、大正戦前昭和40年以降の田舎底辺ガラクタ、および平成時代であって

   明治時代と、昭和東京終戦後の田舎昭和50年代司法上層部は華々しいものがあったし、法が、いつの時代古色蒼然としていてつまらなかったわけではない

      明治時代の法は革命的なものがあったし、その後に腐ったが、戦後最高裁は何か正義で何か悪か、15人の最高裁判事が最高裁会議室激論をしていた

     終戦後の田舎裁判所新聞社と共同し、活気があった

    主に昭和40年代から田舎底辺判事補レベルのところで癌化ガラクタが始まったわけで、概ね昭和60年までは法は社会支配していた

     平成の法がカスだっただけで、明治昭和の法は素晴らしかったし面白かったりしたのだ、今の国が、法のガラクタなところだけみせてて、超絶色々考えていたやばいやつ

偉い奴は非公開にしているだけ。

2020-05-31

 明治時代の最盛期の大審院裁判所)の裁判官は、神であり、判決は神のお告げであり、裁判官の顔を見てはいけなかったほどだという

    今はそんなところはどこにもない。平成時代もごく一時期まではそんな風潮もあったが、今の裁判官は平気で顔公開だし、裁判所に行けば

  裁判官の顔も丸出しだし、神聖からみてはいけないなどというところもない

   みてはいけないどころか、そもそも、わざわざ見に行く人もいない

      ガラクタにもほどがある。

東大法学部が爆死した理由

  平成15年にも、明治昭和の偉い人みたいな者を採用していたが、法学部教授がただの勉強カス人格もなく

  開講されている講義に立体性もなく、H18年の東大法学部長で民訴法が専門の高橋司法試験を滅茶苦茶にしたせいで

  当時も文Ⅰ採用されていた偉い学生からキレられて終わった

    文Ⅰ学生自体明治学者昭和裁判官みたいな才能のある人もたくさんいたが、教授ガラクタでFランだった。

      今はそのことを隠そうと必死である

東大法学部教授が終わっているだけだろ

  法学を口授していたが、人格者が残っていない。15年前のスタッフで言うと

   憲法1部   腐れ健治

   憲法2部   昭和スターだったが耄碌高橋和之

   民法1部   星野英一や来栖三郎の人格を引き継がず、民法オタクに走った森田宏樹

   民法2部   能見善久  大正時代くもえもん大審院判決解説しただけのカス 明治時代判例を教材にしなかったせいで尊敬されなかった

   民法3部   内田貴    自分が書いたクソ専門書を読ませただけ、昭和時代の利益主義に走った悪い最高裁判例を紹介しただけ

   民法4部   道垣内    農学部で飯を食べていただけ

   刑法1部   佐伯仁志   まったりしていただけ

   刑法2部   西田典之    佐伯らとガラクタゴミ判例集を編纂して学生に買わせていた

         他はいうまでもないが、とてもじゃないが法学を教えるような人格者は残っていない。

  本物の法学者は既に亡くなっているか東大法学部ではなくて、他の大学に多少いるかもしれないが、たいていはクズと思って間違いない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%AD%A6%E8%80%85%E4%B8%80%E8%A6%A7

2020-05-30

   東大法学部の団藤重光悪人ももちろんあるが、少なくともわたし子供のころに感想としてもった団藤に関しては

この人は偽物ではないという感じで、バカ子供でも尊敬できた。団藤が1974年に最高裁判事になり1983年まで

最高裁判事をやっていて、昭和40年代以降の最悪な刑事裁判所を主導したという瑕疵はあるような気もするし、

  この人物支配欲が強すぎたせいで、昭和40年以降に悪化した警察司法裁判官として追認したような形跡もあるが

 少なくとも昭和50年代以降、ガラクタしかいなかった最高裁刑事部から抜け出した人物としては団藤以外にろくな裁判官がいなかった

   明治時代戦後復興期にはもっと善良で優秀な裁判官行政官がたくさんいたが、そういうのは封印されている

  団藤に関しては、戦後復興期の刑訴法先駆者になったが、昭和40年代以降にやや調子に乗りすぎた側面もあるが子供から尊敬されたり

したことからそこまで非難されるべき人物ではない。それよりも最悪な刑事裁判官や、司法警察員は昭和40年以降ゴロゴロおり、

   あの界隈には善人は残っていない。

2020-05-29

https://anond.hatelabo.jp/20200529015547

 日本人数学先生がもういないというのは、要するに、日本人としての自覚がありながら(罪人で色狂いで幼稚な女性器)数学

自然と始めた結果、他の日本人にも数学を教えることができるような人が今はいないということで、もちろん、日本人として数理科学をやって

なければ日本人若い学生にも教えることができないからそんなもの先生と呼ぶに値しない。そして現在の数理科学科では、作り物で

見世物ゴミが授業してるふりをしてるだけで、学生数学を教える能力はない。

   東大法学部に関して言えば、こないだ卒業生として参観に行ったが、刑法の橋爪が、独りで刑法理論独り言をいうのにはまっていて何も教えていないし

学生も聞いてないし数年前まで東大法で行政法担当し、現在最高裁判事に抜擢された宇賀克也も教壇でブツブツ言っていただけだし学生に買わせている

行政法判例集も背景が枯れていたりガラクタ判事が書いたものばかりを採用していて学生も授業で読むふりをしているだけで誰も読んでいない。

2020-05-28

https://anond.hatelabo.jp/20200528211120

 何を言ってるのか分からない。日本人の特徴は

  犯罪的  幼稚で激臭 色狂い 子供女性(器)

   なのだから、この条件を全て満たしていないと日本人がしていることとは認められない

    平成の昔はそういう臭いものとか、日本人らしいものがたくさんあったが、今のバクサイはブサイクがやってるやつだし

フェイスブックは、ガラクタだし、5chもバカしかいないし、日本人臭いがしない

   凄まじく弱くて女性的な者が激臭をまき散らしながら悪いことをしてなければ日本人によるコンテンツとは認められない

2020-05-27

  昨日の昼、1995年から2005年、また、最悪でも2008年までは、東京に来て東大早慶に入り勉強することが流行っていたか

満天下の我こそはと思ったブサイク受験競争に参加したり、自慢できるから東大を目指すなど、ブームだった時代があったが、(ブサイクじゃない人も勉強していた)

今のお前が、仕事をするために勉強しろ、とか言ってるだけのくそきもい奴で、冷静に考えたら日本人の子供や女の子から全く人気がないから、俺が東大生だった

昨日の昼と比べて東大受験流行りすたれた。

   昨日の昼にどうやったら平成時代の子供や女の子から勉強してもらえるか必死で考えていた女性研究者やいわゆる善良なおじい「ちゃん」もみんな死んでしまって

 お前みたいなただ勉強しろと言っているだけの無内容でクソ気持ちの悪い明治ゴミガラクタしかいないから今誰も勉強していない。

   今東京支配しているブサイクは、女性器のことも研究できないわ、善良なおじいちゃんもいないわ、無内容だし悪質だしクソ以下。

    昨日の昼は勉強自体流行らないか東京の一流私立学校に在籍している学生を自慢させて嫉妬させたり、予備校とかで爆笑講義を展開しながら模擬試験昭和ばりの

得点競争を全国展開し多くの勉強をする日本人の子供や女の子から参加されたが、安倍晋三になってからそういう頭のいいことができなくなって誰も参加しなくて終わった。

    お前がくだらん人間なだけ。他の人がよかっただけ。

2020-05-26

https://anond.hatelabo.jp/20200526220150

 ひどくないよ、3000万人のニッポンジンが、全員参加して、根底から過激にやってやってやりまくったんだよ。

   区役所行政にしても、大学研究しても、株式会社にしても、あらゆることを盛んにやった

    今はその面影もない。色んな女性器が興奮して色んなことをやった、やってやってやりまくった、楽しかった

    今この社会にそのいいところのどこが残っているのか、何も残っていない

     人もいないそもそも女性器の姿をしていないしいかつい人ばかりだし仕事適当だし何もいいところなし。

     ニッポンジンには理解できない変なガラクタしか残っていない。

2020-05-24

 東京霞が関ガラクタの死んだ大人は、平成時代にも生きていた偉い若者が多数いたが、悪人を勝たせるために犠牲にしたか

誤魔化しているだけだし、警視庁なども、平成時代の昼にも、明治警視総監とか昭和裁判官みたいな人がたくさんいたが

  自分ゴミから無視しているだけ、むかしの職員が有能で素晴らしかったのがばれると自分が刺殺されるから黙秘するのに必死

2020-05-23

平成時代にも明治天皇昭和天皇はたくさんいたからどうにもならない

   安倍晋三政権組織ガラクタゴミカスだとしても、平成時代にも色々盛んにものを書いて東大文系などに

採用された明治昭和の物書きが相当数いるから、そいつらの目が黒いうちはママ社会にはならない

    平成15年東大文Ⅰ採用組をなめるなよ、俺らがどんだけ本を読んで、物を書き散らしてきたか分かってんのか

  そこが今全然評価されていないし、そういう人が犠牲になったから今パニックになっている

    絶対に許さないよ

犯罪者東京地裁ガラクタ裁判官だろ

  平成時代違法に金を回し、子供に人気のある予備校講師や本を書く人にバカスカ金を与え、東京を中心に割拠して

   子供に大盤振る舞いをし、楽しませていたヤクザホリエモンなど、面白い人がたくさんいた

  その、子供にとって面白いことの何が悪いのか理解できないし、そういう面白いことを逮捕したクソカス警察検察が真の犯罪者

   なのに、そのガラクタゴミに対しては正義執行されず、素晴らしい人に対してばかり罰が加えられる

    今東京支配しているのは、自分正義だと思っているだけの無能ガラクタなのに、誰もそれに気づかない

2020-05-20

真実を言ったら最悪だからみんな黙ってんだろ

  安倍晋三になってから既に最悪なことが連続しているし、昭和がよかったないしは、日本人はいい人だという神話が崩れた

   真犯人東京のメスガキや悪人女性、ないしはどこかに隠れている男なのに、そういう真犯人処罰されず

  なぜか平成時代東京活躍したヤクザ子供が悪いと勝手に決めつけられて殺人刑務所処刑されるなど間違ったことばかり

    裁判所裁判官に偉い人は残っていなく、ゴミガラクタ判事ばかり、検事場合はなにをかいわんや、裁判所職員検察事務官も腐れ果てている

     あいつの計画は、明治昭和平成と連綿続いてきた素晴らしいものを全て犠牲にし、悪質な超絶激臭膣や悪人を勝たせ、社会を悪かれ悪かれという方向に持っていくこと

  人間のクズ以外のなにものでもない

2020-05-19

学校法人北九州予備校とかさっさと潰れろよ癌予備校

   20年前は、子供に人気があれということで、ファジー数学里見とか、現代文先生とか、漢文中村利一とか

関大数学の善良な先生とか

 この島の激臭の子供に人気のある錚々たるメンバーをそろえていて当時の受験生から人気が高かったが、校長理事長昭和時代の腐れ癌男で当時から凄まじい悪臭

放っていたし、当時全く人気がなかった基礎英語講座などを担当していた奴には、ただのキチガイ暴力男が多く、何の人気もなかった

 大志寮の20年前の寮長は、受験生を笑わすとか、一部のチューターにも、受験生を激励する能力がある者がいたが、一般チューターゴミクズだったし

   実際には子供から嫌われる予備校だが、寮食がよかったり、受験生への待遇がよかったり、また当時の福岡は、ネットカフェ吉野家などがどんどんできて非常に活気が

あり、超絶なものがあった

    しかし、最近の同予備校ミルクカフェ書き込みなどをみると、人気講師散逸してほとんどおらず、ただ勉強しているだけ、もちろん勉強しているからと言って

偉いところもなく、勉強しただけのガラクタ事務職員腐れ脳みそ子供嫌いが威張り腐っていて偉いところもないし

  偉いと思ったこともない。

2020-05-18

  昭和50年代に、地裁判事以上の階級採用されず、ずっと判事補にとどまっていた奴はいじめられていたし世間からも人気がなかった

   他方、50年代に、最高裁の考えによって、地裁判事以上に抜擢されていた裁判官は、社会スーパースターで当時の子から尊敬される

ポエマーがいた

    昔は素晴らしかった。今の最高裁長官は50年代判事補のガラクタだし、最悪

       こないだ、東京地裁から東京高裁に移りさいたま地裁に異動になった任介、宮崎地裁延岡支部から東京地裁に異動になった宮島その他

   ゴミだらけ。

     

2020-05-13

『連ちゃんパパ』における主人公の悪行一覧

主人公の悪行に絞る

・細かいクズムーブは拾ってない(第六話の最後コマセリフとか)ので君の眼で確かめてほしい

・得た金はだいたいパチンコの種銭に。


1〜2話:特になし(妻がパチンコ借金をつくったあげく男と駆け落ち

3話:友人のパチプロにつられて妻捜索そっちのけでパチンコにはまる。

4話:特になし(発見した妻にまた逃げられる)

5話:闇落ち。

6話:特になし(金貸し回。主人公パチンコうってるだけ)

7話:女のヒモに(女は横領犯)

8〜9話:借金取りとしての才能が開花。債務者の子もの学校で「親が借金まみれ」と暴露することで子どもをつまはじきものに仕立て、子どもから親へ返済のプレッシャーをかける手法確立

10話:紛失した学校の金をパチンコで埋め合わせようとする。父親が口を世話した学校を突然辞職。

11話:息子を三百万で売る。

12話:息子の学校担任強姦ホームレスになる。

13話:強姦した担任妊娠したので婚約者として転がり込んだ担任実家でやりたいほうだい。

14話:特になし(真面目に働く)

15話:強盗未遂

16話:教え子にたか

17話:特になし(証券詐欺に騙される)

18話:特になし(金貸し人情回)

19話:特になし(逃げられた妻のところへ転がり込む)

20話:妻のパート先で勝手給料前借り。妻のお産費用をむりやりせびる。

21話:妻の出産祝いをむしる。働き口を口利きされている状態なのに「働きたくない」という理由生活保護申請

22〜23話:バイト先の弁当屋社長をたらしこんでパチンコ仲間にした上で闇金で金を借りさせ、最終的に店を取り上げる(すべて計画的犯行

24話:借金取り立てのバイト先にあったガラクタの壺が500万の価値を持つことを知り、債務者にも金貸しにも黙って壺を持ち出す。

25話:特になし(働かずに妻にパチスロ用の金をせびる)

26話:隣接区画マンション建設反対運動リーダーとなって建設会社から金をむしろうとする。

27〜28話:特になし(保険金目当てで妻に殺されかける)

29話:大企業による不当解雇に加担しかけるが、心変わりして企業から金だけむしる。

30話:離婚調停から逃げる。

31話:特になし(パチンコ依存症の治療を開始)

32〜33話:特になし(離婚のごたごたから息子が落ち込む)

34〜39話:特になし(塾講師として教育者矜持を取り戻し再婚もして真人間に戻りかける。だが元妻が再びパチンコ中毒となり蒸発再婚先の親もクズだと発覚)

40話:パチクズに戻る。

41話パチンコ台を触った手で団子生地をこねて食中毒を発生させる。

42話:息子を残して自殺未遂

43話:パチクズに戻る。

2020-04-26

ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)への違和感

はじめに

anond:20190329034939

この日記が物議を醸してから1年以上経った。

その頃自分M1からM2に上がりたてで、HCI系の研究室所属していたが特別ブラックというわけでもなく(直接指導にあたる教員との相性は悪かったが)、記事を読んでも筆者の境遇に思いを馳せるぐらいの月並みなことしかできなかった。

それでも、HCIは「一見役立たなさそうなおもちゃのようなものに、理屈をこねくり回して正当化させるのが多いように感じ」るという主張に心から共感したことは覚えている。「おもちゃ」という表現がぴったりだと感じたのだ。「ゴミ」とか「クズ」ではなく、「おもちゃ」。自分も含めて学士修士研究は大半がゴミ同然なのだろうけれど、どうしてかHCI研究の一部は「おもちゃであるように思えてならない。当時その理由漠然と考えてみたりもしたが、結局まとまらないうちにほとぼりが冷めてしまった。

今、自分修士課程を修了して労働をしている……が、このご時世なのでここの所はずっと自宅待機で時間を持て余している。だから、今のうちに寝かせたままのもやもやを整理し、言語化しておきたい。そういうわけで、増田に書くことにした。

一応断っておくと、これから書くことは修士卒の人間主観に満ちたお気持ち表明であり、HCI全体のごくごく狭い領域事情を述べているに過ぎない。HCIの学際的な領域は多岐にわたるが、その中でも自分記憶感情コミュニケーションといった人間精神的な活動コンピュータ技術支援しようという趣のことをやっていたから、余計におもちゃ性の強い研究に触れる機会が多かったのかもしれない。そのあたりを踏まえた上で、読んでもらえると幸いだ。

HCIはどのようなおもちゃ

HCIが立派な研究であるかどうかは、HCIおもちゃ問題を考える上で大きな問題にならないと自分は思う。正しく研究フォーマットに則ってさえいればそれは研究と呼ぶ他ないはずだし、研究質的議論は何もHCIという分野に限られたことではない。

HCIにとって真に重要なのは、人の役に立つかどうかだ。

学問有用性は、例えば人文学の軽視だとか、もっと次元を低くすれば三角関数を習う意味だとかで、これまたよく議論対象となる話題である自分としては、一般的学問に関しては直接的な人間への有用性という観点のみで議論されるべきではないと思っている。学問による間接的な恩恵や将来への投資無視するのはあまりに浅慮であるし、根源的な欲求の充足というのにも価値はあるはずだと考えるからだ。

しかし、HCIは例外だ。HCIは、人を対象とし、大半の場合エンジニアリング的なアプローチによる課題解決を目指しているのだから、人の役に立たなければ意味を持たない。しょうもないHCI研究は、道具・ツールとして失格の烙印を押されたガラクタの「おもちゃなのだ

自分は、ワゴンいっぱいのガラクタおもちゃの中にあって気持ちがみるみる冷めていったし、元増田の筆者もきっと同じだったのだろう。

おもちゃHCIの特徴

ここからは、自分おもちゃだなと感じてしまうHCIの特徴について列挙していく。

継続的使用が望めない、一回限りのモノである

おもちゃHCIは往々にして一発芸の様相を呈しがちである

遊ぶように楽しめる何かを作ること自体結構だが、課題解決を目指す工学において繰り返しに耐えないモノを作るのは全くのナンセンスだ。

それこそ、人間にとってのお役立ち度は、縁日の射的の景品やヨーヨーと全く変わらないということになる。

人間理解していない・理想化しすぎている

HCIの研究プロダクトが役に立つ前提として、人間というのは常に明るく元気で前向きで、人と繋がりたくってしょうがない生き物なんだと考えているんじゃないかと思わされることが何度もあった。確かに現在社会においてそのような人々は理想的で偉いのかもしれないが、現実を見ればそのような前提を掲げられるはずもないことは火を見るより明らかだろう。

また、人々に高度な認知能力要求するような例も多いが、そのような人々がいくらかエンハンスされたとしてもそれに対するHCIの貢献度は、はじめからA判定の生徒を受け持つ家庭教師のような疑わしさが持たれて然るべきだ。

他分野の援用に飛躍がある

これは元増田にも指摘のあったことだが、他分野を無理のある形で援用してトンデモ仮説を作るようなことが見受けられた。逆ソーカル事件といえるようなことが、あちこちで起こっているんじゃないかと思う。

射程が短い、もしくは長すぎる

大いなる研究の礎として失敗した研究存在するという考え方があるが、おもちゃHCIは礎たりえない。それは、そこに積み上げられるものが全くないか、あるいは逆にバベルの塔を建てようとしているからだ。つまるところ、未来が両極端なのだ

おわりに

ある程度もやもやを形にすることで、多少スッキリしてきた。

当たり前のことだが、何もHCI全体を否定しているのではない。優れた研究研究者は数多く存在しており、今後も我々の生活を豊かにしてくれるのだろう。

ただ、おもちゃHCIが存在するのも事実で、それに関わると残念ながら莫大なリソース無駄に終わってしまうからちょっと口出ししておきたかったのだ。

2020-04-16

ガラクタオリゴ党”

ガラクタオリゴ党”との一致はありません。

2020-04-11

ストレスのはけ口にしている

 ぼんやりとした不景気のようななか、幸い就職している。仕事はできない。仕事への適性が低いか出来が悪いかで、たぶん初任研修の際にソシャゲイベントを走っていたのが問題だと思う(研修資料を読み上げる講師の前に集まるのを研修と呼ぶなら、この初任者研修は間違いなくそう)。

 古い会社だ。福利厚生がばっちりで、残業場合によっては0場合によっては無給月40時間程度。今はテレワークもやっているし。半年くらい前までは、支社なり支部なり取引先なりで飲み会をして飲みニケーション飲み会好きだなお前ら、俺は就職二年目にして健康診断に引っかかった。二度と酒は飲めない。

 メタボ? いやいや、肝臓。酒を飲むな、その辺の砂浜でバケツ一杯さらった砂と木とガラスの混合物の方が、お前の肝臓より仕事ができるだろうよ。ここまで仕事ができないとは思わなかった。

 一度目の酒だって不慮の事故で、小学生の時にアル中親族のを間違えて飲んだ。三和土で吐いた。おかげでそいつの顔を思い浮かべると殺意がわく。就職の報告をしに行った時も酒を入れたら帰ると宣言したのに開幕ボトル酒。いやー尊敬する二度とこの家に来るものか。葬儀だって出席する気はない。最近DV警察の世話になったそうだ。よかったな。

 いかれた仲間を紹介するぜ。前述の肝臓心臓頭蓋骨利き手腎臓。膝。肺。気管。歯。あと誰だ、足首。ついでに情緒仕事中はパニック症候群らしい症状も出ているが、このご時世病院はてんてこ舞いだから何もできない。まだ就職して10年過ぎてない、ガラクタの機体にポンコツ運転手人生はお先真っ暗だ。経済がどうとかいう前に、持病が多くて震えて眠るレベルだ。

 飲みニケーションでのセクハラは全員死滅すればいい。パートナーの有無? 訴えていいか、同性のパートナー(予定)が存在する。人生の半分以上一緒だ、うらやましいだろう。きちんと気持ちも伝えてある、法律が変わればパートナー物理)になってほしかった。こんなにぼろの相手じゃあ迷惑をかける。俺が一方的に好きなんだ、いつかお前の指に輪を嵌めたいと願うのに、性格女々しくてまだ用意がない。

 こっちの親はい挨拶に、って状態なんだ。パートナーの親御さんに顔向けできない。パートナーの親御さんに孫がどうとかと言われたら、こちらではご用意できない案件と逃げ出してしまうかもしれない。

 ここまで書いたが、一通り口にしてしまえばすっきりするタイプなんだ。パートナーとの性的接触は皆無なんで、練習でもしておく。

 問題があるとすれば、俺が家族同居のアパート住みで、親が出かけないことだけだ。

2020-04-06

anond:20200406090949

働けよ。

誰かがやってほしいことをやってあげてお金をもらえ。

あるいは手持ちの資産(金でも土地でもコンピュータでもガラクタでも)を使って金を生み出す方法を考えて実行しろ

2020-02-25

Fate/Apocrypha世界線での士郎は

冬木大火災が起きなくて、衛宮にもならなくて、本来の両親のもとで平和暮らしてるのかな。

凛の両親も死ななくて、桜も養子に行かなくて、慎二とか歪まず案外いい奴になってたりして。

そんな穂群原学園も見てみたい気がする。hollowの昼間パートすごく和んだし。

士郎は弓道部続けてるのかな。ガラクタいじりは相変わらず好きなのかな。「正義の味方」にはならなくても、「困ってる人を放っておけない良い奴」くらいにはなってそうだけど… などと平和日常夢想しつつ。HFもうすぐ公開ですね…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん