「暴力革命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 暴力革命とは

2018-05-26

anond:20180526092650

そうやってすぐ暴力革命にむすびつけるの、老害増田くんの悪いクセだと思うわ。極論って知ってる?

2018-01-18

この社会破壊したい。

社会の愛に接し、自分を愛し、家族を愛し、社会を愛することが、幸せである。」

それは嘘だ。

「愛とは。赦すことである。」

それは嘘だ。

不快ものにこだわるのは、無意味である。」

それは嘘だ。

あなた否定排除する機構破壊することで、あなたと同じ苦しみを味わうものが救われる。

社会は、暴力による破壊を、法律などの論理道徳観、倫理観否定するだろう。

しかしながら、論理賢者の道具である

論理力を持たない人が不快感を表明し、社会からそれらを除去するためには、

暴力によって破壊することも、一つの手段ある。

暴力は、悪ではない。暴力は、愚者権利である

社会完璧ではない。誰かにとって善であり、誰かにとって悪である

知識権力のある人にとっての善の機構が、愚者にとって悪であるなら、

それを暴力によって破壊することは、愚者の当然の権利である

 

以上 anond:20180114194957 を多少読みやすく書き換えた。

 

これはある意味で正しいのではないかと思う。

例えば、江戸城無血開城の裏には、圧倒的な武力があった。

武力がなければ、明治維新のような変革は起こらなかっただろう。

 

現代日本社会では、いろいろな意味での分断化が進んでいる。

経済的にも文化的にも。

これはとても恐ろしいことで、暴力革命のようなものがいずれ起きるかもしれない。

2018-01-11

anond:20180110192237

リバタリアニズム自由最高ヒャッハーみたいな種類の思想だというのは、左翼右翼ちょっと聞きかじった程度の半端な理解人間による印象操作なんだよ。

ちゃんと調べて、まともな学者の書いた本を読めば、究極に理性的思想だということがわかってくるはず。

北斗の拳みたいな世紀末状態リバタリアニズムの終着、みたいな認識2ちゃんやらの日本ネット上では書かれている事がよくあるけども、とんだ見当違いだよ。

じゃあどっちかというとアナーキズムか、というとそれも違う。アナーキズムだって、反支配ではあるが無秩序を望む思想じゃないし、むしろ調和をめざす非暴力思想だ。

一部のアナーキストが、支配から脱するための暴力革命テロリズムを認めているにすぎない。

話を戻して、リバタリアニズム自由放任表現されるけど、それがややこしくしている。その単語が表すイメージとは次元が違う。

きちっとした法治を是とするのは当然として、その場その場の属人的裁量ではなく洗練された最小限のルールで世の中を究極にシステマティックかつシンプルにしようという考え方。

そうして、自由放任にしても大丈夫、人がどう動こうと失敗しようと必ず救いがあるし報いがある、だから寛容になれる、そういう環境をつくる、という意味での自由放任だ。

そのための最適なルールを、常識に囚われず考え続けることに余念のない人たちがリバタリアン

もともとはリベラルと呼ばれた考え方だけあって、個人人権尊重しようとする考えはしっかり根底にある。

から他人自由侵害することにも特に敏感で、それこそが右翼左翼との違いでもある。

リバタリアニズム的な思考に基づく発言とか政策を切り取ってみると、傲慢や強欲を感じられる事もあるかもしれない。

でもそれは、国家よりもまず個人幸福尊重するからであることがほとんどだ。

長期的視野や全体的視野に立ってみると、国家従属して集団幸福を実現するより、技術進歩に従って個人レベル連携でもうまく機能する社会システムシフトしていったほうが健全だし盤石だし平和的だろうという考えがあるから

そういう感じで、一見突飛な意見も、より良い未来を導くビジョンに繋がっている。

そうではない、「怠惰弱者自己責任から救済する必要がない」だとか「再配分は自発的寄付トリクルダウンで現状でも賄える」みたいな事を言う人は、

かに昔のリバタリアンと呼ばれた人にはそういう人も多かったようだけれども(今でもいないとは言わないが)、もはや現代リバタリアンはそんな強者論理を振りかざす人たちとは違ってきていて、より柔軟で現実的になっている。

でもネットリバタリアニズムを調べて出て来るのは、そういう古臭く悪印象な強者論理ばかりなので、ほとんどの人がそこで学習が止まっている。

リバタリアンとされたミルトン・フリードマンだって、まじめに再配分を考えていて、負の所得税のような今で言うベーシックインカムに繋がる政策を考案したその人であるし。

彼のマネタリズムのようなリバタリアン政策は、あの時代では失敗したけれども、現代そして未来のあらゆるものデータとして数値・属性可視化されるようになった世界では、

金融政策ではないにしろさまざまな分野でリバタリアン的な「裁量よりルール」が有効に働くようになってくるだろう。

リバタリアンと分類されて馬鹿にされる人たちの多くは、一般の人の想像が及ばないくらいの精細な未来人類ビジョンを持っているように感じられる。

その人の専門分野、技術知識によってその推測は本人的には裏打ちされているんだけど、他人からみると理解されない。

「いま」を生きる大衆目線で見ると愚か者の暴論にしか見えず、袋叩きにあうしかないんだけども。それでリバタリアニズム自体もなめられている。

ブコメなんかでも大抵そういう認識の人が目立つ。そういうのを見るとつらい。

もう、別の名前をつけたほうがいい気すらする

2017-11-25

から実質奴隷制を続けたいだけだって俺はずっと言ってるの

マジで暴力革命しかない

2017-11-22

少数派がどうしても譲らなければ多数決でって

ホロコースト肯定なっちゃわない?

多数派絶対にとち狂ったことを言い出さないという確信はできないぞ。まあ維新与党になって障害者殺そうと言い出したら暴力革命になるんだろうが・・・

2017-11-17

日本暴力革命がおこるなら

AKじゃなくてQBZだろう

2017-11-10

暴力革命したーい!

今の日本はおじさんに権力が偏っているし、そもそも法律がおじさんに都合の良いようにできているからそれを覆すことも難しい。

これを改めるにはやっぱりクーデターを起こすしかないと思うんだ。

昭和生まれのおじさん達が全員老衰死ぬのを待っていたら遅い。「初めて旦那様の苗字で呼ばれて照れて頬を赤らめる」女に萌えるような気持ち悪い価値観子供達の世代に浸透してしまう。

anond:20171110204313

これから経済的格差が広がり、それが文化格差自覚されれば暴力革命の目もあるんじゃない?

革命ってのはそれを扇動する主体あってこそのものなわけで、自民党悪者見立て大衆を煽れるようなカリスマなんていないでしょ

anond:20171110063536

民主党政権味噌がついたことの揺り戻しと、社会不安に対する過剰反応現在自民党支持率だと思うから

これから経済的格差が広がり、それが文化格差自覚されれば暴力革命の目もあるんじゃない?

それこそどこぞの党の解放軍日本市民アメリカ帝国支配から解放してくれるかもしれない。

暴力革命のために革命家実施していること

当然の前提として

1 革命政権交代ではなく体制根本的な変革である

2 少数の革命家が直接行動しても失敗するのは当然で大衆を巻き込まなけらばならない

で、例えば王政を打倒して共和制国家を作るための革命場合

王が民衆要求に応えて善性を行い民衆がそれに満足してしまったら革命を起こせない

善政なら王政でも良いではないかとは革命家は考えない。

革命家にとっては王政転覆こそが真の人民の目指す道だから

よって革命家王政善政邪魔しようとする。

それで人民が苦しもうが構わない。真の人民幸福革命後にあると信じてるから

具体的には

とにかく何をやろうが批判して人民を惑わす

自分達が政権取ってもできないような無茶な要求をして、できなければ不合格宣伝する

自分達も信用していないニセ科学デマ拡散して国家を混乱させる

等々

Hatenaに、暴力革命をめざしている人っている?

昔のはてサはそういう雰囲気があったけど、今は違うのかな。

  

https://anond.hatelabo.jp/20171109110947

https://anond.hatelabo.jp/20171109185840

ここ50年を見ても、軍が味方じゃないクーデター成功した試しが無いね

ソ連末期とか去年のトルコとか、成功率そもそも低いけど

最近だとタイぐらい?

昔は工事プラヘルと角棒で暴力革命!とかやってたんだよね

今見ると牧歌的というかのんきというか、正気を疑うけど

それで何とかなると思えるほど、希望に満ちた時代だったんだろうな

2017-11-09

日本における暴力革命実現性

ってどうなんだろう。

 

最大の問題である軍事力人員を揃えたとして、

国会占拠、閣僚拘束、皇居占拠して天皇陛下に認めさせる。

まで高速で達成した上で対自衛隊からの対在日米軍

最低でも自衛隊は味方にできないと無理だなあ。

 

 

https://anond.hatelabo.jp/20171109110947

2017-10-14

anond:20171014223557

共産主義教育とは、

反日教育反戦教育暴力革命シンパづくり

増田子供の頃何人もいたな

教科書使わず反戦本使ったり、旧日本軍はひどかったとか嘘を教えたり

労働運動ををやらなければいけないと子供勧誘したり

目的は将来の暴力革命共産主義国侵略した時に協力的に、無抵抗にさせるためだな。

から思えば、左遷されて島流しにあった教員に囲まれていたんだなとよく分かるよ

 

なおこの

https://anond.hatelabo.jp/20171014223410

パヨク世間嫌われ者であることに気づいていないことを指摘したものなので、教育云々よりも

たとえば、

など

  • 自分ではなかなか気づかないけど周りは迷惑している

という話題で盛り上げて欲しい。

2017-09-11

はてサって、暴力革命を目指しているの?

お客さまの中に、革命家はいらっしゃいますか?

  

https://anond.hatelabo.jp/20170910024740

2017-09-07

選挙共産党投票する人に質問

共産党は、暴力革命否定していない。暴力革命したいの?

共産党結党以来、法律を1本も成立させていない、いわば「実績0:の政党。それでもいいの?実現してほしいことがあっても、共産党では何もしてもらえないよ?

政治に疎いので、ご意見批判くださいな。



追記

意見ありがとうございます

確かに、法律成立させるだけが政治家仕事ではないと思っていますしかし、大きなウェイトを占めているんではないでしょうか。そのために国会があるんではないでしょうか。

それに他党の実績を、さも共産党の実績のように掲げているのは矛盾しませんか?しますよね。

ちょっと政治に興味持って、矛盾だらけに感じたので聞いてみただけなのですが、即ネトウヨ認定とは。。。さすが、暴力革命容認している政党の支持者ですね。

2017-08-24

共産主義より社会民主主義

共産主義の何がダメかって言うと暴力革命だ。暴力革命って平和な世の中を破壊する犯罪だよ。戦争外交の一形態からやむを得ないが暴力革命犯罪からダメ

その点社会民主主義平和暴力革命否定して社会主義の良いところだけを民主主義で生かそうという思想

アメリカ民主党クリントン女史と大統領候補戦で争ったバーニー・サンダース代表だな

日本だと、かつてあった民社党春日一幸だな

民進党はもうすぐ崩壊するから極左共産党社民党に追い出して、民社党の復活だ!

2017-08-03

https://anond.hatelabo.jp/20170803151344

そこの理解が甘いってのも日本フェミの良くないところなんだけど、「弱者同士が連帯する」必要があるのは、前述したとおり、「そうしないと弱者の主張の論理的正当性担保できない」からなのね。

決して、数を揃えて強者に対抗するためじゃないわけ。っていうか、ぶっちゃけ弱者の数を揃えて権利勝ち取ろうというのは、むしろ勝ち負け理論世界自分から飛び込むようなものなわけ。数を揃えて強者を打倒するほぼ唯一のルート武力革命なわけだけど……てーか武力とか言葉ごまさないで言うと暴力なわけだけど、そんな段階になった時点で弱者でもなんでもないでしょ? 単純に暴力という武器を備えた新しい強者が(集団として)誕生しただけなわけね。

弱者連帯によって数で上回って強者脅迫して権利をもぎ取る物語」なんてのは、弱者が夢見る「俺が支配者になった世界妄想であって、倫理論理関係ない、ただの欲望なわけっすよ。もし仮にそれで何らかの権利がもぎ取れたにせよ、それは「弱者強者になったから、現在強者から権利(や財産自由生命)を奪うことが可能になった、奪った」という話であって、それは革命ではあるかもしれないけれど、思想運動ではないわけですよ。

これは別に革命が悪で思想運動が善という話じゃないのね。思想運動の成果的なもの革命が成し遂げることはままある(南北戦争の結果奴隷解放がなされたように)。ただ、その種の暴力革命権利確立した場合、「さらなる暴力革命でその権利さらに覆す自由」を他者にも認めないと自己矛盾するだろうという話なわけです。

本来弱者同士が連帯する」必要があるのは「たとえ自分弱者立場であろうが、弱者を見捨てるということはしない、そういう社会こそが全員の希望なのだ」と高らかに宣言し、それを守り続けることで「この宣言は信頼できるものなのだ」ということを示すためなのね。その信頼を持って、現在強者である人々から権利を正当に移譲してもらうってのが思想運動要諦なわけ。すごくざっくり言っちゃえば「弱者強者に信用してもらうために、財貨や権力ではなく、倫理次元で気高さを見せる」ためにこそ連帯必要なの。

そういう意味では「どんなに強者に見える人であっても弱者だという自己申告があれば弱者同様の手助けをする(そもそも本当に強者であればその手助けはささやかすぎて意味が無いわけだし)」「むしろ社会構成員はその全員が何らかのジャンル弱者なのだ、敵はひとりもいない。すべての人々は未来の仲間なのだというスタンス活動する」のが弱者救済思想であって、「弱者かどうかの判定踏み絵」とかやってる時点で、ニセモノなのよ。

2017-07-02

木島氏の行動は社会変化に一切貢献してない

木島氏が騒動を起こす前からバリアフリー法は制定されてた。当該企業バリアフリーを推進している企業である。それは、奄美空港以外で自力階段昇降できない人を搭乗拒否していないことからも明らか。いろんな意見はあるが、今回の騒動でも社会バリアフリー化そのものに反対するという人なんてほとんどいない。つまり木島氏は何にも貢献してないし、何の役にも立っていない。

やったことといえば、目的手段正当化するんだと一部テロリスト界隈の人たちに確信を持たせたくらいだ。マイノリティ弱者は、世間迷惑をかけるくらいして当然だと。行き着く先は全共闘やらなんやらの暴力革命匂いがしてくる。合理的配慮を行う為の相互理解に基づく建設的な対話という極めて現代的で重要プロセスが軽視されそうな風向きだ。

勘違いしているが、障害者の為のバリアフリー推進というのは、マイノリティ意見でもなんでもない。障害者自体マイノリティだが社会バリアフリー化に関しては、圧倒的にマジョリティに属する方針に既になっていることが無視されているように思える。もう既に社会は、法的にはもちろん世論バリアフリーに大きく傾いて動き出してる。相互理解に基づく建設的な対話さえあれば、社会変化に繋げられる状況は既に整ってるはず。

2017-06-15

https://anond.hatelabo.jp/20170615230647

そりゃ当然犯罪を起こさなければ犯罪者じゃない。当たり前の話だ。でも、暴力しか性を処理できない人間をそのまま社会の一員としては認められない。暴力反社会的行為からだ。だからそれは隠して当たり前だし、隠してもらうために非難する。それだけの話。

暴力」と「暴力妄想すること」を一緒くたにされても(困惑

どんだけ心中暴力革命や武装ジハードや性暴力妄想していようが、心中に留まっている限り「妄想すること」それ自体反社会的行為じゃないでしょ。

つかこの気に食わない政府を爆破してやる……と思いながら霞ヶ関を歩いていたって、実際にテロを準備とかしたわけじゃなくただ妄想してただけなら何の問題もないわけで。

まさかそれを問題にすべきだと思ってるわけじゃないよね? 思ってるならこっちがドン引きですわ。

https://anond.hatelabo.jp/20170614141405

国会議員ウォッチャー共産党員=当職員or国会議員秘書がまたやってる。共産党国会議員発言とか朝日東京新聞ばかり引用。よかったな、共謀罪(じゃねえけど)成立して、共産暴力革命ができなくなって(笑

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん