「暴力革命」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 暴力革命とは

2019-07-19

anond:20190718183707

大声をあげることは犯罪じゃないけど、暴動扇動することは犯罪だよね。たぶん未遂でも。意図があれば。

暴力革命なんて20世紀化石なんだから、やり方を考えた方がいい。

資本主義がきらいなら、道東の方とかでコミューンを作って、自給自足でもやってみたらいい。

権力側はそっちの方が恐ろしいと思う。

2019-07-03

anond:20190703141714

やっぱりフェミズムなんて時代遅れ社会運動はやめて、暴力革命を目指し社会主義国家を樹立するのが

弱者には必要なんじゃないか

女性弱者じゃないので、暴力革命を起こされたら困る側。

anond:20190702084110

おかしい奴が40%いる

で終了

せめて過半数をとるか暴力革命成功させるかしてから流派を名乗れ

2019-06-21

anond:20190621180804

いいえ、明治維新左翼暴力革命でしたね

実際、議会の左側もそのような議員ばかりでした

2019-06-17

10年内に2回も政権交代してんだから、まだまだ民主制機能しているうちに入るだろ

その程度で暴力革命必要とか言ってるのは中核派と同レベルしか評価できない

2019-06-12

anond:20190611120229

増税は凍結、と野党が言ってくれさえすれば

法律は、制定したら一度は施行しなければならないので、選挙で何党が政権を取っても消費税増税は行われるんやで…。

宇宙鉄面党とかが暴力革命日本制服すれば話は別だが。

2019-05-09

共産党選挙違反

今更だが、統一地方選での共産党選挙違反が目に余ったのでここに放る。

選管仕事してくれたらイライラ抱えずに済んだんだけど、動いてくれないか頭痛い。

そんなに数はないんで順番に挙げていく。

告示前に選挙カーで「党名+候補名」を連呼←アウト。政党名を名乗って政策を流すだけならオッケーだが、候補名を加えると公職選挙法抵触する。


また告示前に街頭などに立ち挨拶をするとき名前が書いてあるたすきをかける←アウト。街頭などで挨拶するのはオッケーだが、名前の入ったたすきをつけるのは公職選挙法抵触する。


最後選挙期間中に法定ビラをアパート等に配布する←アウト。選挙期間中の法定ビラは、決められた場所しか配布できない。


私の自治体ではこうした共産党選挙違反が見られた。

選管が取り締まらないので実質やりたい放題である

何だかなあ。。。

暴力革命否定していない政党から手段のためなら何でもやっていいという認識なのかなあ。

堂々と選挙違反している政党血税が使われているのは釈然としない。

今度の参院選では何とか議席を減らしてほしいもである

左翼右翼の種類

自由主義

政治面では「俺たちには自由に生きる権利があって国王貴族でさえそれを侵害できないぜ」という感じ。

民主主義とか共和主義フランス革命時における「左翼」。

経済面では「俺たちが自由商売すれば自然バランスが取れるんだから政府は余計な口出しすんな」という感じ。

資本主義とか市場主義

どちらにせよ、個人権利を重視して「国家権力は小さくあるべき」と考える。

社会自由主義」の台頭後は、区別のために「古典的自由主義」と呼ばれる。

社会自由主義リベラル

古典的自由主義のように市場に任せて野放しにしていると、

差別や不平等が拡大して却って個人自由制限されるから

政府が介入して是正していくべきだ、という感じ。

中道左派。いま日本で言われているところの「リベラル」。

新自由主義ネオリベ

社会自由主義反動から、一周して市場主義に戻ってきた感じ。

自由市場のために規制緩和をし、法人税を下げたり、国営企業民営化したりする。

リベラルとの対比で中道右派と見なされる。

社会主義

資本主義格差が激しくてついてけないからもっと平等を目指そうぜ、という感じ。

共産主義マルクス主義)と社会民主主義に大別される。

左翼

マルクス主義

資本主義の発展に伴い、土地工場などの生産手段私有する資本家が、

労働者をこき使って搾取するようになったので、それを打破して平等社会を目指す。

そのためには、労働者自身生産手段管理する体制プロレタリア独裁)を、

武力を用いてでも築くべきだ(暴力革命)、という感じ。

暴力革命志向するテロリストスターリン毛沢東のような独裁者を生み出す。

左翼テロリストとかまでいくと極左

社会民主主義

マルクス主義反省して、暴力革命プロレタリア独裁否定する。

民主主義を通じて政府に働きかけ、平和的に社会主義を達成しよう、という感じ。

中道左派北欧福祉国家など。

保守主義

何らかの急進的な政治運動に対して、それに反対する立場が「保守」と見なされる。

それぞれの政治体制歴史的経緯によって何が「保守」となるかは異なってくるが、

現在のところ、政治的には「国家主義」を、経済的には「新自由主義」を指すことが多い。

右翼

国家主義ナショナリズム

もとは自由主義と連動していて、

かに支配されたりするのではなく「俺たち」が主体的に行動すべきなんだ、という感じだったが、

国民国家が成立して「俺たち=国家」となると、

「おまえも俺たちと一緒だよな」と均質化を強要したり、

「おまえは俺たちと一緒じゃない」と排外主義になったりした。

「俺たち」を結びつけるものは「民族「家族」宗教」「伝統文化」などである

個人権利よりも国家利益が優先される」までいくと「全体主義ファシズム)」となる。

こうなると自由主義とは対極という感じ。

スターリン毛沢東全体主義者とみなされたりするが)基本的には右翼排外主義とかまでいくと極右

anond:20190509111357

左右関係なく過激派というのは選挙で勝てなかったら暴力革命に訴えるのが常じゃない

今はその暴力すらないからああやって選挙に頼るポーズしてるだけで

2019-04-17

anond:20190417141350

何事も暴力解決するのが一番だ

選挙で勝てないなら暴力革命しかないよな

2019-03-03

anond:20190303112525

池田事件以来、子ども生活安全になったか保護者不安は消えたか

法律規制暗黙のルールは増えたが、実効性は、ほぼ無いんだ。

逆に、オトナに対する不安が広がり、お互いに疑いの目で見る新しい秩序が醸成されただけだ。

暴力革命ダメだ。

秩序を破壊するのに暴力必須ではない。

2019-02-14

国家がまともに機能したいとき市民が取れる手段とは?

著作権のあれとか、通信傍受とか

最近日本だいぶやばいと思うんだけどどうにかなってほしい

考えられるコメント

どこの党に入れても変わらない

わかるけどダメでしょ

利権だらけで現実的じゃない

みんなの意見聞かして

2018-12-01

anond:20181201094747

暴力革命時代は終わった。そして今、小さな革命がそこかしこで起こっている。

2018-11-21

anond:20181121220433

それもあるだろうけど、それは「帝国主義戦争反対」というスローガンが元になっているからだと思う

帝国主義戦争反対はざっくり言うと他国侵略する対外戦争国民のためにならないというスローガン

ただ、このスローガンが打ち出された時代共産党暴力革命を認めていた時代共産党から対外戦争否定するが国家体制を変える暴力革命は良いとするものだった

現在では暴力革命否定していて国内外での暴力執行に反対する立場ではあるけれど、帝国主義戦争反対をもって共産党はずっと平和主義政党というのは少々無理のある主張ではある

anond:20181121213953

様々な要因があるとは思うけど切っ掛けは過去日本では共産主義運動違法だったのと、社会不安を煽る暴力革命を認めていた時代があったか

特に現代人には連合赤軍記憶が鮮明で、禁忌感を持たれている傾向が強い

1955年武装闘争放棄をしたものの、1971年共産党から連合赤軍誕生してしま

これに対して共産党は「武装闘争などは全て、徳田野坂分派が党中央無視して勝手に行ったもの」とし徳田野坂らを非難した

しかし、大衆には共産党で生まれ組織しか見えないので、現在もそういう闇を抱えた共産党員が居るのではないか?という疑念払拭できないか現在でも嫌悪感を持つ高齢者は多い

数の多い高齢者に支えられている現代政党共産党とあまり関わりたくないんだな

この辺りの流れを知らないと共産党が何故ハブられてるのかは理解できないだろうね

anond:20181121211829

そのままの意味だよ

日本 政党 系譜 図」あたりでググる日本政党系譜がわかるはず

共産党を除いて大半の政党自民党と同じ祖を持つ

から対立してても思想的には共通する部分が多く、何か紛糾したとき共産党以外の複数党との協議によって話が進むのはそういうこと

これを他党との「取引」と表現しても良いけど、祖が同じだからやりやすいってのもある

そして野党連合に関して共産党員以外の野党支持層高齢者嫌悪感を示したのは共産党と同祖は持っていないのと暴力革命否定以前の記憶が鮮明だから

2018-07-13

リベラリズムMastodon

情報の取捨選択

Mastodon代表とするOStatus・Activity Pubプロトコル※1を採用するが2018/07/13現在日本インターネット上で最もリベラリズムとして先進的なSNSであるというと驚くユーザもまだまだ多いのではないか?と思う。

OStatus・Activity PubプロトコルSNSサービス民主的分散化ばかり注目されるが、OStatus・Activity Pubプロトコル本質は「ユーザ自身が取得する情報選択する」ことにある。

1つの組織による管理された中央集権の従来型SNSでは、ユーザが得られる情報検閲されるリスクがあり、真の意味ユーザ情報の取捨選択をするのが難しかった。

そこでSNSサービスオープンソース化と分散化によって、ユーザによるより自由情報の取捨選択を実現したのがOStatus・Activity Pubプロトコル周辺の動きである

見たくないものを見ない

特にTwitterリスペクトしたGNU social、GNU socialをリスペクトしたMastodonは、Twitter問題視されてきた「見たくない情報への対策」へ対して、より効果的なアプローチ提供した。

日本人はmixiに端を発する様々なSNSを約15年間使い続けて「交友関係を結ぶ・結ばないに関わらずインターネット上であってもコミュニティ所属すると人間関係の摩擦が起きる」ことや「氾濫する情報を処理しきれない」ことに気付いた。

それはTwitterブロックミュートなどの行動へ現れ、情報の取捨選択を始めるものの、それらは零れ落ちてしまう多くの必要情報との引き換えであった。

フィルタリングコストの最小化

OStatus・Activity Pubプロトコルオープンソースとして個人自由SNSインスタンスを立ち上げ、個人自身属性の近いユーザと共にSNS活用することにした(例えそれが1人であっても良い)。

前提条件として親しいユーザ属性選択することによってフィルタリングコストの最小化を目指したのである

ただこれは誰もが想像付くように、特定SNSインスタンス所属する母数は中央集権の従来型SNS比較して激減してしまい零れ落ちてしま必要情報を得られにくくなってしまう。

そこでOStatus・Activity Pubプロトコル相互接続し「インスタンス連合」を形成することによって、絶対的な母数の少なさを補うこととした。

このようにしてOStatus・Activity Pubプロトコルのコンセプトは完成した。以下にMastodonを例にして3種類存在するタイムラインについて解説する。

3種類のタイムライン

ユーザ自身投稿フォロー/リモートフォロー※2したユーザ投稿が表示されるタイムライン

まりユーザ自身投稿ユーザ自身の興味によって形成されるタイムライン

ユーザ自身の取捨選択によって見たいものが見れて見たくないものを見なくて済むタイムラインである

現在ログインしているインスタンスの全ユーザ投稿が表示されるタイムライン

まりユーザ自身投稿現在ログインしているインスタンスの全ユーザ投稿によって形成されるタイムライン

親しいユーザ属性同士で形成されているインスタンスであればフィルタリング必要性を最小化できるタイムラインである

現在ログインしているインスタンスの全ユーザ投稿と、現在ログインしている全ユーザフォロー/リモートフォローしたユーザ投稿が表示されるタイムライン

まり現在ログインしているインスタンスの全ユーザ投稿と、現在ログインしているインスタンスの全ユーザの興味によって形成されるタイムラインである

現在ログインしているインスタンス以外のユーザ投稿が表示されるためフィルタリング必要性はローカルタイムラインより高くなるが、表示される投稿現在ログインしているインスタンスの全ユーザの興味の対象であるため趣味趣向に合わなすぎる投稿が表示される可能性はそこまで高くない。

ブロックスピーチセーフスピーチフリースピーチ

スピーチには見出しの通り3種類ある。

昨今の日本リベラリズムではセーフスピーチばかりが持て囃され、あまつさえそれを他者強要し、リベラリズムの「個人などが自由判断し決定する事が可能であり自己決定権を持つ」というコンセプトとは逆行する、自身がセーフの判断をするのではなく、他者スピーチを遮るブロックスピーチ的な言説が目立ちすぎる。

Mastodonインスタンス毎にルールがあり、例えばその特定Mastodonインスタンスが(法令範囲内で)差別倫理に関わる投稿ですら許容するというフリースピーチルールを掲げていれば、それはそのMastodonインスタンス内では正義であり、他のMastodonインスタンスルールと逆行していようが他のインスタンスルールを変えられる権利はない。

そのルールが気に食わなければユーザ単独ブロックするか、所属するMastodonインスタンス連合を解除するという権利行使できるだけなのだ

リベラルSNSサービス

国粋主義的な投稿だろうが、暴力革命必要性を考慮する投稿だろうが、下劣セクハラ投稿であろうが、非ジェンダー投稿であろうが、性的マイノリティキモいと言う投稿だろうが個々のMastodonインスタンスによって正義にもなれば悪にもなる自由裁量権があるSNSこそリベラルと言って良いはずだ。

そしてそれが出来るのがアーリアダプター達に現在注目されているMastodonを含むOStatus・Activity Pubプロトコル採用するSNSなのだ

※1 OStatus・Activity Pubプロトコル採用するSNSMastodonだけでなく、GNU socialやHubzilla、Pleroma、Misskeyなどよりもっと多くのSNS存在する。別のSNSであってもOStatus・Activity Pubプロトコル採用していれば相互接続できる。

※2 フォローとは現在ログインしているインスタンス登録しているユーザフォローすること。リモートフォローとは現在ログインしているインスタンス以外に登録しているユーザフォローすること。

2018-07-08

anond:20180708173058

独裁を狙う上部にうまく利用された感はあるね。

あと、レーニンらが資本主義から共産主義への移行を暴力革命で行うべきとした点に関しては最大の愚行愚昧だと思う。

生産力が一定以上に到達していないのに共産主義が実現できるわけがない。

レーニンやらはそれを分かっていながら民衆を騙したのだから、罪が重い。


もちろん、当時の資本主義体制苛烈さが民衆判断を誤った方向へ導いたのだろうけど。

結局、ソビエトとそれに追随した独裁者たちによるエセ共産主義のせいで、「本来共産主義が目指した経済システム」が今後共産主義という名前で成立することはないだろうな。

2018-05-26

anond:20180526092650

そうやってすぐ暴力革命にむすびつけるの、老害増田くんの悪いクセだと思うわ。極論って知ってる?

2018-01-18

この社会破壊したい。

社会の愛に接し、自分を愛し、家族を愛し、社会を愛することが、幸せである。」

それは嘘だ。

「愛とは。赦すことである。」

それは嘘だ。

不快ものにこだわるのは、無意味である。」

それは嘘だ。

あなた否定排除する機構破壊することで、あなたと同じ苦しみを味わうものが救われる。

社会は、暴力による破壊を、法律などの論理道徳観、倫理観否定するだろう。

しかしながら、論理賢者の道具である

論理力を持たない人が不快感を表明し、社会からそれらを除去するためには、

暴力によって破壊することも、一つの手段ある。

暴力は、悪ではない。暴力は、愚者権利である

社会完璧ではない。誰かにとって善であり、誰かにとって悪である

知識権力のある人にとっての善の機構が、愚者にとって悪であるなら、

それを暴力によって破壊することは、愚者の当然の権利である

 

以上 anond:20180114194957 を多少読みやすく書き換えた。

 

これはある意味で正しいのではないかと思う。

例えば、江戸城無血開城の裏には、圧倒的な武力があった。

武力がなければ、明治維新のような変革は起こらなかっただろう。

 

現代日本社会では、いろいろな意味での分断化が進んでいる。

経済的にも文化的にも。

これはとても恐ろしいことで、暴力革命のようなものがいずれ起きるかもしれない。

2018-01-11

anond:20180110192237

リバタリアニズム自由最高ヒャッハーみたいな種類の思想だというのは、左翼右翼ちょっと聞きかじった程度の半端な理解人間による印象操作なんだよ。

ちゃんと調べて、まともな学者の書いた本を読めば、究極に理性的思想だということがわかってくるはず。

北斗の拳みたいな世紀末状態リバタリアニズムの終着、みたいな認識2ちゃんやらの日本ネット上では書かれている事がよくあるけども、とんだ見当違いだよ。

じゃあどっちかというとアナーキズムか、というとそれも違う。アナーキズムだって、反支配ではあるが無秩序を望む思想じゃないし、むしろ調和をめざす非暴力思想だ。

一部のアナーキストが、支配から脱するための暴力革命テロリズムを認めているにすぎない。

話を戻して、リバタリアニズム自由放任表現されるけど、それがややこしくしている。その単語が表すイメージとは次元が違う。

きちっとした法治を是とするのは当然として、その場その場の属人的裁量ではなく洗練された最小限のルールで世の中を究極にシステマティックかつシンプルにしようという考え方。

そうして、自由放任にしても大丈夫、人がどう動こうと失敗しようと必ず救いがあるし報いがある、だから寛容になれる、そういう環境をつくる、という意味での自由放任だ。

そのための最適なルールを、常識に囚われず考え続けることに余念のない人たちがリバタリアン

もともとはリベラルと呼ばれた考え方だけあって、個人人権尊重しようとする考えはしっかり根底にある。

から他人自由侵害することにも特に敏感で、それこそが右翼左翼との違いでもある。

リバタリアニズム的な思考に基づく発言とか政策を切り取ってみると、傲慢や強欲を感じられる事もあるかもしれない。

でもそれは、国家よりもまず個人幸福尊重するからであることがほとんどだ。

長期的視野や全体的視野に立ってみると、国家従属して集団幸福を実現するより、技術進歩に従って個人レベル連携でもうまく機能する社会システムシフトしていったほうが健全だし盤石だし平和的だろうという考えがあるから

そういう感じで、一見突飛な意見も、より良い未来を導くビジョンに繋がっている。

そうではない、「怠惰弱者自己責任から救済する必要がない」だとか「再配分は自発的寄付トリクルダウンで現状でも賄える」みたいな事を言う人は、

かに昔のリバタリアンと呼ばれた人にはそういう人も多かったようだけれども(今でもいないとは言わないが)、もはや現代リバタリアンはそんな強者論理を振りかざす人たちとは違ってきていて、より柔軟で現実的になっている。

でもネットリバタリアニズムを調べて出て来るのは、そういう古臭く悪印象な強者論理ばかりなので、ほとんどの人がそこで学習が止まっている。

リバタリアンとされたミルトン・フリードマンだって、まじめに再配分を考えていて、負の所得税のような今で言うベーシックインカムに繋がる政策を考案したその人であるし。

彼のマネタリズムのようなリバタリアン政策は、あの時代では失敗したけれども、現代そして未来のあらゆるものデータとして数値・属性可視化されるようになった世界では、

金融政策ではないにしろさまざまな分野でリバタリアン的な「裁量よりルール」が有効に働くようになってくるだろう。

リバタリアンと分類されて馬鹿にされる人たちの多くは、一般の人の想像が及ばないくらいの精細な未来人類ビジョンを持っているように感じられる。

その人の専門分野、技術知識によってその推測は本人的には裏打ちされているんだけど、他人からみると理解されない。

「いま」を生きる大衆目線で見ると愚か者の暴論にしか見えず、袋叩きにあうしかないんだけども。それでリバタリアニズム自体もなめられている。

ブコメなんかでも大抵そういう認識の人が目立つ。そういうのを見るとつらい。

もう、別の名前をつけたほうがいい気すらする

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん