「都議」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 都議とは

2024-07-17

蓮舫バッシングのせいで女性は怖くて選挙に出れなくなる

 トップバッター武蔵野市選出の五十嵐えり都議は「私がいま一番に嫌だなと思っているのは、蓮舫さんに対する大手マスコミを含めたものすごいバッシングです。笑顔が怖いとか、顔が笑っていないとか…」と聴衆に向かって強く訴えた。

蓮舫さんは(都知事選に)落ちたわけで、権力がないわけですよね。私がやらなくてはいけないことは、権力に対する監視だと思っていましたけども、選挙で落ちた蓮舫さんに対してマスコミネットをみていると怖くて選挙に出れないなと思う(女性たちの)方が、根付いてしまうことを非常に心配しています

 次期衆院選東京18区から立候補を準備している松下氏は「政策で戦った候補者に対して、マスコミ政治家が(バッシングを)行うことはあってはならないこと。挑戦する人になんの後ろめたさもなく、正々堂々と戦った人、落選した蓮舫さんにバッシングが起きています。これは本当にやめていただきたいです。女性立候補することは勇気がいる。そこにバッシングが起きていることを私自身も危惧しています」と語った。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/309633?page=1

2024-07-16

anond:20240716195756

都議にはなれる可能性あるが、絶対都知事には逆立ちしてもなれそうもない得票ぐらいだよね

都議になれるだけで俺は凄いと思うけどそういう話じゃあないだろ

真面目に政治家やる気あんの?下積みは?って話

anond:20240716194724

個人的に言うなら暇空界隈もただで金を出すし動いてくれそうな人たちは結構いたと思うけど、暇空本人が全くリアルで動けない人だから無理なんだよなあ

大体いきなり都知事選ってねえ都議から始めろよと

anond:20240716064312

なんだかんだ言いつつも連合東京都議補選で推薦候補全勝してるんだよな

現役区議擁立して全敗した共産党真逆の結果

2024-07-13

anond:20240713205204

暇空茜は頑張って都議になれるかなれないかぐらいだしな規模が違う

2024-07-11

どうすれば蓮舫は勝てていたか

共産党が前に出すぎていて、共産党候補のようになっていたのが問題なのは確実。

真の無所属候補となっていれば、無党派層もっと取り込めていたし、石丸なんぞに後れをとることはなかっただろう。

ではどうすれば"真の無所属トゥルーニュートラル)"になれていたか


これについては、もう答えが出てるよね。

8年前、小池百合子が俺たちにすでに示してくれていた。

そう、古巣を蹴っ飛ばし新党を立ち上げることだ。


明治神宮外苑再開発を中心的な課題としていたようなので、

まず森林ファーストの党を立ち上げ、"森の護り人(もりんちゅ)"を集め、都議補選とともに殴り込みをかければよかったのだ。

そうすれば森の精霊加護も得て、600万票トップ当選も夢ではなかっただろう。

anond:20240711110623

その理論だと、仮に石丸都議になっても法律には従わないだろうし

政治屋を一掃せずに、自らが小池百合子のような政治屋になるだろうなぁ。

仮に暇空が何かの間違いで都知事はいかずとも都議か何かになったとしても

「身の危険がある」とか言って議会のような公の場には出てこないだろうし

誰かを批判する→訴訟になってしゃべれることが無くなる→また別の誰かを批判

焼畑農業を続けるだけで

ガーシー2号になる未来しか見えないんだよな

2024-07-09

ひまそらあかね (暇空茜) の都知事選評価する

2024年東京都知事選挙は、大方の予想通り現職小池百合子氏の圧勝に終わりました。午後8時の投票締切と同時に当確が発表される、いわゆる「ゼロ打ち」であり、他候補そもそも勝負土俵にすら上がらせてもらえなかったというのが率直な評価ではないでしょうか。

けれども、X (旧Twitter) などネット上で大きく注目され、毀誉褒貶半ばの話題を集めていたのは、東京都福祉政策に対する不明瞭な支出を追求しており、電撃的出馬宣言したひまそらあかね (暇空茜) 氏であったように思います

私自身も、ひまそら氏に対してはColaboとの争い当初から注目しており、今回の選挙戦も興味深く見守っていました。今回のひまそら氏の都知事選挙の結果評価について書き残しておきたく、初めて投稿してみます

ひまそら氏の選挙結果

ひまそら氏の最終的な得票数は、大方の下馬評を覆す11万196票でした。これは区議都議を十分に狙える得票数であり、結果だけを見れば大健闘と言って差し支えないでしょう。実際のところ、得票数10万を超えると予想していた人はごく少数であり、私自身もせいぜい5万票程度に留まるだろうと考えていました。顔出しなし、政見放送なし、街頭演説なし、ポスター貼りなしという「縛りプレイ」で、純粋ネットのみの選挙運動可能性を強く感じさせるものだったと言えます

けれども、この都知事選はひまそら氏にとって得るものが少ない割に失ったものは多く、ひまそら氏にとっては完全な「失敗」であったと私は考えています

石丸伸二氏の大躍進の阻止失敗

ひまそら氏が電撃的出馬を決意した理由は、石丸伸二氏の当選を「阻止する必要がある」と考えたからだと述べています

https://www.dailyshincho.jp/article/2024/06251240/

最初に述べた通り、今回の都知事選は序盤から終盤まで終始現職小池氏の独走状態でした。仮にひまそら氏が出馬しなかったとしても、今回石丸氏が都知事になる可能性はほぼゼロだったでしょう。歴史にイフはないので、ひまそら氏の出馬がどれだけ石丸氏の票を「喰った」のかは分かりません。

けれども、ひまそら氏の得票数 (約11万) を石丸氏の得票数 (約160万) に足しても、小池氏の得票数 (約290万) に遠く及ばないことを考慮すると、ひまそら氏が立候補しようがしまいが、いずれにせよ石丸氏は今回都知事にはなれなかっただろうし、ひまそら氏の選挙活動選挙大勢ほとんど影響を与えなかっただろうと言えます

そもそも都知事選挙告示前に公表された情勢調査では、石丸伸二氏の支持率供託金没収ライン(10%)を下回る8~9%程度だったと報道されていました。

https://president.jp/articles/-/83050

蓋を開けてみると、石丸氏はそこから15ポイント以上も上昇した24.30% の票を得ています。これは大躍進と評価できますし、石丸氏は経歴と年齢を考えれば十分に「次」へと繋がる実績を残せたと言えます

私自身は、石丸氏のパーソナリティにはかなりの不信感を抱いており、公職に就く人間としては不適格であると考えていますが、少なくともこの結果だけ見れば、ひまそら氏は石丸氏を止められなかった、ひまそら氏の批判石丸氏にほぼ何の影響も与えなかったと評価せざるを得ません。

ひまそら氏が都知事選挙から新たに得たものほとんどない

ひまそら氏が今後真剣公職を目指すのであれば、今回の都知事選得票数一定の影響力を持ちうるでしょう。そうではなくとも、たとえば内野愛里氏のように、純粋に売名のために選挙を使うこともできたはずです。けれども、ひまそら氏は今後政治家を目指す野心はないと述べており、政見放送ポスター街頭演説などを効果的に使って自身政策課題を広くアピールすることもしませんでした

私が見る限りでは、ひまそら氏のXやYouTubeでの選挙活動は、既にひまそら氏のことをある程度知っている人間 (支持者であれアンチであれ) にしか見られていなかったように思います。ひまそら氏のことを全く知らない人に、いか自分自身と(いわゆる)WBPC問題を知ってもらうかという観点での運動はありませんでした。そのため、ひまそら氏は選挙期間中にもそれほど多くの新規フォロワーYouTubeチャンネル登録者を獲得できていません。ひまそら氏の敵視する石丸氏が、XやYouTube効果的に活用して自分を知らない人 (特に若年層) に効果的に名前を売り込んでいたのとは対照的であると言えます

ひまそら氏は支持者の忠誠心と信頼を浪費した

先に述べた通り、ひまそら氏は、新しい支持者を得るためのアピールをするよりは、既存の支持者の忠誠心を高め、コアな支持者の口コミ活動に注力する選挙活動指向していたように見えます。ところが、ここでもひまそら氏は大きな失敗を犯しています。端的に言えば、支持者の期待のコントロールに失敗し、その信頼と忠誠心無駄に浪費してしまったのです。

都知事選投票日の数日前、ひまそら氏は「あ、これ俺マジで一位狙える位置だわ 一か二位の予想出てるんじゃないかな」、「「ひまそらあかね」と「小池百合子」の一騎打ちになっている」 と主張していました。

https://x.com/himasoraakane/status/1809420085226008590

この主張がどれほど本気だったのかは分かりません。戦争最中大将弱気を見せるわけにはいかないという理屈も分かります。けれども、実際のところ、全選挙期間を通してひまそら氏の情勢はせいぜいが泡沫候補中位~上位であり、これはあまりにも事実認識を欠いた発言でした。

ひまそら氏本人が書いたものではありませんが、投票日の数日前「都知事選百合子とひまそらの一騎打ちになったという情勢についての解説」というnoteがひまそら支持者の間で広く流れていました。

https://note.com/ks_kaz_game/n/n286e6f7c1ac0

少なくない支持者が、本気でひまそら氏が都知事になれる可能性があると考えて、口コミショート動画作成によるひまそら氏の周知・投票呼び掛けの活動をしていたようです。また、ひまそら氏自身も、「この国が終わる」「自分逮捕される」と支持者の危機感を強く煽るような選挙活動を行なっていました。ところが、結果的には文字通り「桁違い」の敗北であり、支持者の信頼と忠誠心を大きく裏切ったとしか言い様がありません。また、出馬判断から選挙情勢・票読みに対するひまそら氏の「カン」に対する信頼は大きく損なわれたと言えるでしょう。辛辣に言えば、大将事実認識を誤り、兵士を負け戦に突撃させ無駄死にさせた状況です。

いわゆる時事系YouTuberと呼ばれるような、動画でひまそら氏の言葉拡散する本当の中核的な「信者」は、何が起こってもひまそら氏から離反することはないでしょう。けれども、積極的発信をするわけではないもののひまそら氏を支持しているコアな支持層忠誠心と信頼は大きく削がれたように見えます

ひまそら氏の今後について

先に述べた通り、今回の都知事選におけるひまそら氏の選挙活動は、かなりの健闘だったと言えます。けれども、ひまそら氏が今後この政治的影響力を有効活用することは、以下の理由から非常に困難です。

・ひまそら氏自身名誉欲や公職への野心がない

・氏のパーソナリティ上の問題から既存政党からの推薦を得ることは非常に難しい

・ひまそら自身が、選挙への出馬は今回限りであり別の選挙に出るつもりはないと主張している

(ウソをつかない、一度口にしたことを覆さないというブランディングをしている以上、すぐに別の選挙に出ることはできない)

・電撃的出馬によるサプライズ効果や、候補者の新鮮さは選挙を繰り返す度に剥落するため、今後選挙に出るたびに得票数は減少する

(ひまそら氏のプライドの高さから考えると、今回の選挙結果すら下回るような惨敗を何度も許容できるとは思えない)

・コアな支持者の危機感を強く煽るタイプ選挙戦略は、そうそう何度も使えない

・ひまそら氏の「カン」の鋭さに対して、ひまそら氏自身も支持者も信頼を失った

結語

既存政治団体後ろ盾を持たない無名候補者の選挙活動として純粋評価すれば、ひまそら氏はかなり健闘したと言えます。一方で、ひまそら氏自身が掲げた戦略目標(石丸氏の政治的影響力排除)は達成できなかった上に、自軍リソースを徒に浪費しながらも何ら今後に繋がる利益を得られなかったという意味で、彼の都知事選挙出馬は「失敗」であったと評価せざるを得ないでしょう。

2024-07-08

都議補選都知事選を比べた時、同一選挙区で立憲の都議候補に投じられた票は蓮舫に投じられた票より多い←

立憲支持者ですら6割しか固められてない選挙実像である

anond:20240708092202

暇空茜に関して言えるのは自分トップじゃなければ仲間内協調性や忍耐はゼロではない

桜井は知らんけど都議になったらまた変わるでしょ政治家なんて協調性ないのや社会性ないの大量にいるし

anond:20240708090553

桜井、ひまそらに共通するのは絶望的な協調性の無さだと思う

都議になったところで審議進行を妨げる害悪議員として排除されておしまいじゃないかね?

支持者もそれ分かってるからワンチャンに掛けてるんだと思ってたが違うのか

anond:20240708091418

17万も取るって思ってたより大物だな

桜井誠にせよ暇空茜にせよ都議なら行けるでしょ

地道なキャリア積んでけばいいのに

anond:20240708090553

17万票取った桜井誠国政選挙では惨敗やったやで

都議でもきついやろなあ

都知事選で暇空茜が10万票集められるなら都議参議院議員にはなれるんじゃね?

無職じゃなくて政治家になれるね良かったね

anond:20240707102919

増田蟲には理解できないことが起こったっぽいな都知事選

増田蟲のいうとおり結果がわかりきってる(小池勝利から行かない、とかやってれば石丸躍進はなく

ほとんど自動的蓮舫2位、2位じゃダメってことはないんだからリベンジできるよね、という流れになってたはず。

2位じゃない3位に落としたことで立憲・共産連携強化はたぶん先がないってことがはっきり突きつけられたけど

これを見ても増田蟲は選挙に行くことは価値がない、っていうのかな?(まあ言うだろうな蟲だし。

都議補選では自民党惨敗してるし(5→2)、立憲も同様。統一教会シンパが大きく削れたのは驚きの展開だけど

自民党の代わりになれる野党なんてない、という有権者意識もあらわになったおもしろ選挙だった。

朗報民主主義さん、処刑から5時間4分での復活を果たす

これにはキリストさんもニッコリ。

 

都議補選自民2勝6敗 萩生田氏地元落選 裏金事件の逆風続く 2024年7月7日 23時04分

都議補選もだいぶ結果見えてきたな

9選挙区のうち8選挙区自民擁立してるけど、2選挙区しか勝てなさそう

板橋区府中市

都ファが強いとはいえ、かなり厳しい結果だな

自民はお通夜だろこれ

2024-07-07

自分メモ: 2024年都知事選でひまそらあかね投票した背景

8年前は小池氏に投票して、4年前は全く覚えてないので、今回の2024年都知事選で「ひまそらあかね」氏に投票した背景をメモしておきたい。

投票日当日午後に投票した小学校ラランドサーヤ出身地域にあった。なお、都議補選白紙投票した。

小池氏及び東京の現状にはこれといった不満は無い。そもそも膨大な予算がある東京で現職が不利になることはあまり考えられないのではないか。ただ、「イス取りゲーム」のイスが固定化されてきている印象、ゲーム面白く無くなっている印象があるので、その辺の漠然としたものに対するルール変更の要請はしたかった。

なぜ、東京の「イス取りゲーム」がダメになっているかというと、基本的には「高齢化」と言う感覚が強い。人口動態で「高齢者」が占める割合が多くなっているので、否が応でも「今イスに座っている人」の発言力が強くなるのだと思われる。東京以外の地方政治共産党 or not の大政翼賛体制になりがちらしいが、国道16号線エリアで30年ぐらい前はドーナツ化現象最前線で輝いていたこエリアでも、そうした流れを感じることがある。東京全体ではまだ大政翼賛体制ではないと思うが、そうした漠然した懸念ベース投票を今回はしたいと思った。

投票を一瞬でも考えた人は以下:
今回の投票行動に関して考えた東京の現状:
4年後の自分へ:

4年後の自分戦後復興計画を終了させられる人に投票出来ていたらうれしい。でも、他の地域に住んで、たまに東京を「訪問」してエンジョイ出来る人になれていたら一番うれしい。

2024-07-05

れんぽちゃん…

政策について語れば語る程ボロが出てくるのでやっぱり批判者であり評論家であってリーダーじゃないんだなぁと言う感じがする

都知事じゃなくて一都議として小池都政批判評論するほ方が本人に向いていると思う

2024-07-02

仁藤夢乃さん、小池都政批判するポストの中で都が「性売買業者とつながりのある団体」と公募前に事前調整して補助金を出していると指摘。投稿を見た川松真一朗都議調査に乗り出す

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/2394347


タイトルからし党派臭のするTogetterまとめ、まとめ主の履歴見るとだいたい察するものがある

2024-06-01

anond:20240601133348

都議員も居眠りするだけのガラの悪い反社みたいのしかいなかったら嫌だな

それが明るみになるだけでも有り難い

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん