「支援団体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 支援団体とは

2021-04-24

わかるぞ!俺たちはジェンダーギャップを減らしたいんだ!

この件。

https://anond.hatelabo.jp/20210423151119

ブコメを見ると、元増田批判されている意見が多めのように見える。

整理すると概ねこのような意見だ。


というものだ。しかし俺は元増田気持ち、わかるぞ!

女性差別を無くすからといって、男性差別をしていいわけではない。ジェンダーギャップが無い世界を目指そうという話。

男性差別をしても「でも今まで男性優遇だったよね?」という言葉免罪符になるわけではない。それを許容したら性差別がこの世から消えることはない。

当たり前すぎてトートロジー的な理屈になるが、性差別のない世界を作るには差別される性があってはいけないわけだ。

目には目を」というはるか古代感情で動いても世界は良くならないのである

一つ自分体験を話そう。自分は、控えめに言ってもIT系有名企業に勤めている。ここでも「女性比率を上げよう」と声高に叫ぶ女性がいる。

ジェンダーギャップを無くそう!」「性別差別されない会社にしよう!」

性別と言っても様々なジェンダーがあるから、そういう人も受け入れる会社にしよう!」と。

うんうん、そうだね。そういう会社にしたいと強く願う。ここまでは良い。

しかしその直後、その女性が「だから女性支援団体寄付しましょう!」と言って、全員ズッコケた。目的手段がめちゃくちゃである

当然これはロジックがめちゃくちゃということで寄付案は却下された。

これはあくま自分体験した一例であるが、ジェンダーギャップを無くそうとする思想女性優遇につながってしま思考をしてしまうケースは多々ある。

性差別は憎い。心の底から無くなって欲しい。

そのためには「女性差別をやめよう」と啓蒙するだけではなく、「男性差別を許容してはならない」といった考えも一緒に啓蒙していかなければならない。

元増田に厳しいブコメをしている人は、自身男性差別を許容する考えに陥っていないか、じっくり考えて欲しい

2021-04-23

anond:20210423151119

しか女性女性であることの権利を活かし「女性限定○○を開催しよう」と言うし、能力を棚上げして男女比を50:50に持っていくために「女性採用しよう」と言うし、男性エンジニアも協力して稼いだお金を「女性支援団体寄付しよう」と言うわけである。これに反対すると「男性はこれだから」「女性差別主義者」「保守思想」といったレッテルを貼られてしまう。だから誰も女性優遇措置には反対できない状況が続いている。

フェミが求めている世界ってのは「男女平等社会」なんかではなく、

自分にとって都合のよい社会なのだともいえる。

anond:20210423151119

政界に巣食う女性優遇男性差別について記す。

政治好きには元来男性が多く、従って政治家界隈の代議士にも男性が多い。そこに近年のジェンダーレスの流れが来ており、「男性が多いのは女性差別である」という号令の元、女性優遇文化跋扈している。

女性というだけで当選されるし、評価も甘い。これは特定自治体だけでなく普遍的に発生しており、「同じ能力なら男性より女性」という事態が発生している。

当然実害も発生している。有名所では国政政党のうちの一政党が、とある有名第三セクター担当者女性代議士アサインした。この女性代議士政策立案能力は高くないことは国会図書館の憲政資料などから明らかだった。にもかかわらず「我々の政党女性代議士活躍しています」というアピールのため有名第三セクター担当者になり、その第三セクターは目も当てられない品質になった。公に語られることは少ないがこの一件はハイレベル代議士の中で「性別ではなく能力優遇すべき」と思わせる一件となった。

男性限定弁論大会」「男性のためのキャリア相談会」のようなものはまず無いし、そんなものを開催するとなったらバッシングされるだろう。しかしそれらの女性版は実在する。明確な性別による区別政界には存在している。そのように人を性別区分けをしていながら、もう一枚の舌で「私たちジェンダーによる差別が無い世界を目指しています」と言うわけである。何が何やらわからない。

日本のみならず世界的に自由主義陣営リベラル思想の人々が多い政界とされている。それは体感的にもその通りなので、ここではこれを真として扱う。だからこの政界男性含めほとんどの人々は性差別を無くそうと本気で考えている。しか女性女性であることの権利を活かし「女性限定○○を開催しよう」と言うし、能力を棚上げして男女比を50:50に持っていくために「女性採用しよう」と言うし、男性代議士も協力して稼いだお金を「女性支援団体寄付しよう」と言うわけである。これに反対すると「男性はこれだから」「女性差別主義者」「保守思想」といったレッテルを貼られてしまう。だから誰も女性優遇措置には反対できない状況が続いている。

我々男性代議士が望むのは、性別によって優遇不遇されることが無い世界である性別に関わらず能力が優れた人が高い給料をもらい、昇進する世界を求めている。しか実態はその真逆を行っており、ジェンダーギャップの少ない世界にしようと声高に叫ぶ人たちが女性優遇をしているのである

皮肉ってわかってるか?

IT界に蔓延女性優遇について

IT業界に巣食う女性優遇男性差別について記す。

コンピュータ好きには元来男性が多く、従ってIT界隈の技術職にも男性が多い。そこに近年のジェンダーレスの流れが来ており、「男性が多いのは女性差別である」という号令の元、女性優遇文化跋扈している。

女性というだけで採用されるし、評価も甘い。これは特定企業だけでなく普遍的に発生しており、「同じ能力なら男性より女性」という事態が発生している。

当然実害も発生している。有名所ではGAFAMのうちの一社が、とある有名OSS担当者女性エンジニアアサインした。この女性エンジニアエンジニアリング能力は高くないことはGitHub履歴などから明らかだった。にもかかわらず「弊社は女性エンジニア活躍しています」というアピールのため有名OSS担当者になり、そのOSSは目も当てられない品質になった。公に語られることは少ないがこの一件はハイレベルエンジニアの中で「性別ではなく能力優遇すべき」と思わせる一件となった。

男性限定プログラミングコンテスト」「男性のためのキャリア相談会」のようなものはまず無いし、そんなものを開催するとなったらバッシングされるだろう。しかしそれらの女性版は実在する。明確な性別による区別IT業界には存在している。そのように人を性別区分けをしていながら、もう一枚の舌で「私たちジェンダーによる差別が無い世界を目指しています」と言うわけである。何が何やらわからない。

日本のみならず世界的にIT業界リベラル思想の人々が多い業界とされている。それは体感的にもその通りなので、ここではこれを真として扱う。だからこの業界男性含めほとんどの人々は性差別を無くそうと本気で考えている。しか女性女性であることの権利を活かし「女性限定○○を開催しよう」と言うし、能力を棚上げして男女比を50:50に持っていくために「女性採用しよう」と言うし、男性エンジニアも協力して稼いだお金を「女性支援団体寄付しよう」と言うわけである。これに反対すると「男性はこれだから」「女性差別主義者」「保守思想」といったレッテルを貼られてしまう。だから誰も女性優遇措置には反対できない状況が続いている。

我々男性エンジニアが望むのは、性別によって優遇不遇されることが無い世界である性別に関わらず能力が優れた人が高い給料をもらい、昇進する世界を求めている。しか実態はその真逆を行っており、ジェンダーギャップの少ない世界にしようと声高に叫ぶ人たちが女性優遇をしているのである

追記

話を理解してない人が多くて困る。男性優遇されてる会社時代ではあることは認めるよ。

からといって男性差別したらダメでしょう。我々は平等社会を追求すべきであって、

男性優遇されてたから不遇な目に遭うべき」のような理屈は通らない。

現に俺は女性優遇な今の環境において不幸な目にあってる。

それは都合が悪いか無視か?弱者男性の声は聞くに値しないのか?

お前らの正義感は歪んでる。

追記2】

なぜかちょまど氏と断定してるブコメがありますが、違います

2021-04-13

anond:20210413194103

支援団体が寝る場所を用意してるのに公園にベッド置いてどうするの

2021-03-22

入管問題をどうすべきだというのかわからない

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/NatsukiYasuda/status/1373453077743763459

これ思うんだけどさ、スリランカ人って日本国籍もってないよね?

日本国憲法の定める所に従う必要はないしそれによって助けられもしないけど責められもしないよね

本国麻薬をやってたからって日本でその使用歴を咎められることもないし

むこうの警察にはそういう記録があっても日本裁判でそれを証拠に出すことはないよね

かに借金があっても近隣住民からの苦情があったり嫌がらせがあっても日本スリランカのご近所問題解決することはないよね

日本いかよろしくお過ごしいただくかは国際条約渡航について安全とかおたのしみいただける範囲とか取り決められた中でだけだよね

勝手に持って帰ったらいかものとか受けられないサービスとか困ったときはどこに頼るとか

そういうの国際条約とか大使館とかあって、それを優遇してもらうために国際協力とかで相手の国の利益を上げることとかしてるんだよね

外国からきた人を優遇したりもてなしたりするの、税金つかうのってじゃあ誰を客として招いて日本ルール違反したのを最大限配慮するとか安全につとめるとか

税金つかうのを、上納金みたいにおさめるのもなんだから協力費とか助成金とかでその国際関係を築きたい国にだすわけだよね

日本外国にじゃぶじゃぶ協力金だしてるから、だしたくない先進国から優遇とか直接だしてる後進国とかそこの支援団体の協力国からとか外国からわりと優遇されてるんだよね

うちは支払いないけどおたく税金でうちの国の人優遇してやってもらえませんかってそれはさすがに無理があるよね

難民とか移民にいきなりみんな日本においで下さいましたか日本国籍をあげますとか日本国憲法で守りますとか言われたら

そりゃ生活保護うけにすぐ日本にきたくなるじゃん 医療費無料になるし家族に連絡しますよっていわれても国際電話だし仕送りとか支援とか無理っていわれるにきまってるじゃん

じゃあもう外国の方は日本にきたら一律毎月9万円を差し上げますってしたほうがいいんじゃない

絶対よくないとおもうんだけど そりゃわんさか金ほしいだけの人がくるっしょ

相手の国の法律を実際に執り行える人が日本にいるわけではないしむこうの国の領土として扱う地域入管にあるわけでもないのでどうしようもないじゃんね

そもそも自分母国に帰りたくない理由ってなんなのかな 亡命とか永住権獲得をしてもらったりとかできないのかな

旅行にきたつもりでビザなしとか資金なしとかで帰れもしないとかおかしくないか

そういうのまとめてよくわかんないんだけどさ

じゃあ日本人が人権大事で命が大事からって基礎にのっとって 入管拘留されてる人たちをひきとる里親制度って設けたらいいんじゃない

脱走とか日本国憲法においての問題行為とかそういうのも多発するとおもうけどさ、それ日本法律で裁く事のほうが他の国の国籍をもってる人に対して内政干渉にならない?

ならないのならいいけど

入管でも健康を維持させるとか規律ただしい生活をさせるって強制ができる日本人むけの刑務所であれば税金を投入していずれ放流されたときに人らしい生活ができるようにと環境を整えて

あげられるかもしれないけど、相手の国の国籍もってて日本法律がきかない人にはお願いしかないよね

ご飯食べてくださーいとか、ねてくださーいとか、掃除してくださーいとか、しろとかしますとか無理にできないよね

しかしたら床にまいた粉を掃いて掃除したら宗教上の問題相手の国の法律では違法犯罪だけど、日本ではそれを掃除とよぶとかすると国際問題だよね

檻の外からしてくださーいしか言えないけど、してくれないと○○するぞって交渉しかけてきてる人にどう譲歩したらいいのかって思うんだけど

たとえばハンガーストライキごはんたべねーぞたべないと死ぬおまえら人殺しになりたいのか、なりたくなかったら日本国籍をくれ、っていわれたら

はいあげますっていえちゃうのかな?

そしたら日本人に家族も住所もないからまずは生活保護だろって駆け込むというかそれしかないだろうから外国から来た人にはみんな生活保護あげちゃう

日本飛行機で来られた方や船で来られた方はみなそうなる可能性があるんだから日本領内に入った時点で渡航調査の紙かくとき現金わたしたらいいよね

私はもう次の世代の人たちとかに責任とか考えないからどうでもいいんだけど、それが人権とか人命とか尊重してるってのを日本って管理下で現時点の日本人にむけていいとは思えないんだけど

命だいじにっていってる人はもうそんなノリで言ってるのかな?

人権とか人命って、どこの資金でどういう生活をさせて、そう生活してもらうことで日本日本にすんでるみんなになにを還元して共済していく感じに考えてるのかわかんない

日本にきた人にオカネあげまーすしかいってない気がするんだけど、日本にきたらいい待遇になるってことの意義はどういうことで考えてるのかしりたい

2021-03-19

加害者家族になった

最初

被害者の方、ご家族やご友人皆様に本当に申し訳なく思っています

フェイクあり

申し訳ないという気持ちはあるが俺もまだ何が起きたのかよく分かってない。無責任だと言われるかもしれないが本当に知らない。でも被害者が出ている。単身事故やヤクとは違う。

家族といっても親戚が加害者なのだがどうやら民法では六親等以内は親族になるらしい。ちなはとこまでが六親等な。忌引きなんかより範囲が広い。

そんなんだから六親等以内の俺の耳に入ってくる情報は又聞きの又聞きみたいなもんで本人の親や兄弟がどうしているかはよく知らない。何もかもが分からない。加害者(Aとする)がどんな罪を犯したのかもはっきりとは知らない。ある程度は聞いているが新聞テレビでは報道されなかったので調べようがなかった。Aの家族には聞ける状況じゃない。でも親戚だから俺も加害者家族ということになる。

どうしたもんかとググったりしたが加害者家族はそりゃまあ立場がないので情報ほとんどない。当然である。あるにはあるがどのように生きたかというよりは加害者の親や兄弟自殺した等のニュースが目についた。数少ない支援団体存在は本当にありがたいと思った。

ひとまず少数だが親戚が犯罪者だとか加害者家族のいる相手結婚した等々の意見経験談も見受けられたがネット情報なので信憑性に欠ける。でもまあネットからこそ書ける真実もあるだろうと思うと加害者家族公務員警察官になれないという情報説得力があった。Aから見て六親等となると未成年どころか義務教育の子供もいる。その子たちが将来は教師になりたいだとか言い出したらと思うと暗澹たる気持ち。もちろん結婚交際にも障害となるだろう。俺が知らないだけで親戚の中には既に揉めている人もいるかもしれない。

俺も多くの加害者家族みたいに息を潜めるべきなんだろうと心底思う。こんなところに書きたくはなかったがどうにも俺の家族も実感がないらしくまともな話し合いにならなかった。だから気持ちの整理がしたくて投稿することにした。俺の家族も親戚もAの家族もおそらくは親戚一同が機能不全家庭なので話すあてがないというのもある。結婚して遠方にいる姉にだけは俺から話そうかと思ったが姉はAの家族と親しかったのでわざわざAの家族から止められてしまった。そういうことだけ連絡してくるなよと思った。昔からAの家族に逆らうと何をされるか分からないので言うことを聞くしかなかった。こんな家族からAの倫理観が歪んで犯罪に手を出した部分もあるだろう。

俺の親は残念だがスマホを持っていても使いこなせないので何も調べようともしない。それもそうかと思う部分と呑気にしてる場合かよという怒りとでまともな話し合いにならなかった。一種防衛本能のようなものもあるのだろう。考えなければ悩むこともない。そりゃ70にもなって親戚に犯罪者が出るなんて思ってもみなかっただろうよ。もちろん俺も思わなかったが。

話し合いといっても両親が親戚の中でどんな立場をとるのか、縁を切るのか切らないのか、AやAの家族に対して支援をするのか、そういう意見のすり合わせと確認みたいな感じ。訳あって両親とすぐに話をできるのが俺だけで俺の兄弟がどう思ってるかも聞けてない。俺も知ったの最近だし他の親戚はまだ加害者家族になったことさえ知らされてないかもしれない。マジで何がどうなってんだろうな。

かに殆どが今すぐ決められるようなことではなかったが既に予想外の出来事翻弄されているのだから俺の家族だけでも今後のリスクマネジメントぐらいはしてほしかった。いや今もしてほしいけどさ。

Aや家族に対しての支援は俺の両親はあまり前向きではなかった。俺もできればこれ以上関わりたくないと思うと同時にAが出所した時に社会復帰できるのか更生できるのか不安だ。もし上手くいかなかったら親を殺すどころか大量殺人さえあり得るのではないか。そんなことを話したら両親はそんなことはありえないという反応だったが俺にはそう思えない。Aという人間性格というよりは時代や状況からしてないとは言い切れないと思った。もしそうなったら加害者家族として社会的にどんな立場になるのかはいくつかの事例が見つけられた。親や兄弟でなくとも親戚というだけでとても生きづらくなるだろうと予想できた。親兄弟なら尚更だ。今は疎遠の親戚でもAもその家族も俺がガキの頃はよく会っていた。他人と呼ぶには情が沸いてどうにもできない。このまま縁を切って何かあれば死ぬまで後悔するかもしれない。しかし俺に出来ることは限られている。やるせない。話が逸れるから俺の話はしないけど俺自身が動いて積極的に支えてあげることはできない。だからってAの家族がAを支えるべきとも言い切れないのだが。このAというのは既に成人している。かといってAの家族は見捨てるわけにもいかないだろう。

Aは成人しているがなんせ職歴アルバイトぐらいしかない。資格もない。もちろん結婚していない。

このご時世でそんな人間社会に放り出すのはあんまりだ。社会にも迷惑だ。

個の時代だとか色々言われてるけどこういう時って結局血の繋がりで拘束されるよな。

俺や家族や他の親戚はこれからどうなるんだとか考えると結局俺なんて俺や家族のことしか考えてないのかと自己嫌悪もある。自罰的になって自分の行動や食事制限しようと試みたが友人に止められた。

被害者やその家族の方に申し訳ないという気持ちはもちろんあるが親戚一同で死んで償うわけにもいかない。そういう意見もあるだろうが俺は生きてたい。エヴァを見届けることはできたがまだ死にたくない。薄情だ畜生だと言われても姉の子どもなんか先月産まれたところだ。赤ちゃんになんの罪があるんだ。血が繋がってるだけなのに。会ったこともない親戚のせいで加害者家族と呼ばれる立場になってる。これからの子が大きくなりいつか結婚することになってもやはり親戚に犯罪者がいることは明かさねばならないだろう。

結局俺は悩んだ末に悩みながらも出来る限り今まで通りの生活を続けようとしているが、やはり人との交流や喜びに罪悪感がある。今まで通りとはいかない。俺なんかが笑っていいのか?楽しくていいのか?そう思うと肝が冷えて何をするのも億劫になった。(完全に蛇足だがAの件を知ったのはエヴァ公開後だ)

俺はどうにか友人知人の支えで気力を持ち堪えさせている。美味い飯を食べれば美味いと思う。でも食後に吐き気がする。好きなゲームもどうにか続けているがこっちはもう楽しめなくなってる。Aもゲームが好きだった。

俺や家族や親戚の将来はどうなってしまうのだろう。

それでもAはまだ人の命を奪ってはいない。罪を犯したことに変わりはない。きちんと裁かれて罪を償うべきだ。当然だ。

被害者やその家族が今後自殺するようなことがないようにと祈るしかできない。被害者の方もご家族もAに巻き込まれときから今も死にたいと思っているかもしれない。Aはもちろん俺たち親戚一同苦しんで死んでくれと思われているかもしれない。被害者やご家族、ご友人などご本人だけでなく周りの方々の御心労に謝罪以外の言葉が見当たらない。どうか健やかに生きて欲しい。こんなことを願える立場でもないのだが。

被害者家族支援する団体の方々のご尽力は如何程かと思う。

追記する気がないからもう少しだけ書いておく

コメントも見ないか勝手にしてくれ

今回捕まったのとは別の件でAは以前からどうにも常識がないというか罪の意識がないようだった。例えばYouTube違法アップロードされた動画が消されて怒るような無知さだ。そもそもそれが悪いことだとか犯罪だとか思ってない。Aだけじゃなく俺の親戚にはそういうやつがちらほらいる。雨の日に傘を盗むことにも抵抗ないんじゃないかな。タバコポイ捨ても当たり前だし店員にも横柄な態度を取ったりとかガキの頃よく見た。今も変わらんだろうな。

書いててどうすることもできない自分が情けないけど言ったら何されるか分かんないんだよマジで。分からない奴には一生分からない感覚だろうけど。殴られたとかじゃないなら大袈裟に思えるかもしれないけど俺だって成人してるんだぜ。ガキの頃に怒鳴られたり俺の代わりにテレビリモコンが壁に刺さったりしただけでも充分トラウマになるんやで。

教育って本当に大事だよな。同時に大変だろうなと思う。俺は人ひとりまともに育てられる自信がない。自分が真っ当な大人になれている気もしないし今回の件でますますからなくなった。

民法では親戚とはいえ六親等以内の俺がここまで考えなくてもいいんじゃないかと言ってくれた人もいた。正直救われた。加害者家族なんだからゴミでも石でも投げられて当然だと思う人がいるのも至極真っ当な意見だ。俺だって家族や友人が被害者になったら加害者を恨むだろう。許すことはないだろう。だから被害者の方にAを許してほしいとは思わない。

2021-03-13

anond:20210313155439

解像度のボディカメラなら小型でも電池丸一日持ちそうなものなのに

未だに売られないのは性犯罪者支援団体妨害してるのかね

2021-02-09

anond:20210209191128

痛すぎるから扶養照会をめぐる今年の動きを書いといてやるよ

 

生活保護扶養照会批判共産党がずっと行ってきたことだが昨年からコロナと絡めて更に国会質問し続け停止を求めていた。当時は安倍から無視されたのかな

生活保護運用改善を/倉林氏 コロナで困窮者急増

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-06-03/2020060302_04_1.html

そして1月5日NHK報道扶養照会で生活保護を受けるのやめるという人たちがニュースになる

コロナ禍の年末年始仕事失い生活苦” で支援求める人相次ぐ | 新型コロナウイルス | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210105/k10012798831000.html

生活保護申請を受けた自治体は、申請した人に親族経済的な状況などを聞いたうえで援助を受けることができる可能性があると判断した場合は、親族に直接問い合わせる「扶養照会」を行う場合があります

しかし、親族と長い間、連絡をとっていないなど、疎遠な場合は「扶養照会」を拒んで生活保護申請をやめるという人もいるといいます

元増田も多分この辺から始まった流れを受けて突然書いたんだろ

そして1月16日生活困窮者支援をする一般社団法人つくろい東京ファンドによる年末年始に行ったアンケート調査の結果が発表され、それがマスコミで次々と取り上げられてネットで大きな話題になる。いいか年末年始に行ったアンケートだぞ。元増田を受けて行ったアンケートじゃないぞw

生活保護、3人に1人が「家族に知られたくない」。扶養照会が大きな壁に(アンケート調査) | ハフポスト

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_60025eacc5b6df63a916d97c

WEB特集 娘にだけは知られたくない… | 新型コロナウイルス | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210122/k10012827591000.html

生活保護利用せず34% 理由は…家族に知られたくない 支援団体「自治体扶養照会 有害無益」:東京新聞 TOKYO Web

https://www.tokyo-np.co.jp/article/81323

そして共産党国会質問にも勢いが付き、世論の流れも見極めた菅義偉扶養照会に言及し「緩和」を表明

anond:20210209205041

なんか面白いからブクマやるよ

「あれのきっかけを作ったのは自分なんです、共産党支援団体じゃないんです」って売り込んでみなよ

2021-02-01

社会学は滅びるべきなのか

 以下の文章は、社会学客観性が無いか学問の体をなしていないか解体すべき、という暴論を見かけて、趣味社会学を学んでいる人間イラッとして書き散らしたものです。専門家によるまともな読み物としては、盛山和夫社会学方法立場: 客観性とはなにか』(2013)、佐藤俊樹社会学方法――その歴史構造』(2011)(たまたまですがどっちも東大系の人ですね)、あるいは以下で紹介する「客観性論文」やそれ関係論文などがあります。ちなみに「岩波科学科学論文」の人に関しては擁護のしようも無いと思います

 たとえば、この宇宙スパゲッティモンスターによって創作されたという誤ったイデオロギーを抱えた科学者がダイナマイト発明したとして、ダイナマイトは誤った発明であるとか、あまつさえ存在しないということにはなりません。それはそれ、これはこれ、という態度が科学的というものでしょう。しかし、誤ったイデオロギー社会学者が抱えることは望ましくないとされます。なぜでしょうか。

 それは社会社会問題が、原子DNAが「存在する」のと同じ意味では「存在する」と言えないことに根本的な原因があります。たとえばホームレス現在社会においては色々な意味問題とされていますしかし、ホームレス人類の定住以前においては間違いなく問題概念として存在していませんでしたし、中世近世においても今日と全く同じ問題としては存在しなかったことでしょう。原子がこの宇宙の始まりから今と同じように存在していたのとは対照的です。ホームレスを扱う社会学が、物理学生物学と比べて胡乱なものに見えがちな理由はここにあります。誤ったイデオロギーを抱えた社会学者は誤ったもの存在するとみなしてしまいかねないのですね。

 しかしだからといって、今日ホームレス問題としてまったく「存在しない」と言い切ることはできないのもまた確かな実感でしょう。原子の「存在」とは別の意味とはいえ社会社会問題は確かに存在」する、と言いたくなります。「実在」と「非実在」のあいだの独特な在り方。社会学者はそのことを「社会実在」のような言葉で表してきました。これはいかにも怪しい物に思われますしか今日における我々が「ホームレスになりたくない」、「ホームレスが怖い」、あるいは「そうしたホームレスに対する差別的見方こそが問題なのだ」と思っているのもまた確かなことです。およそ100年前、そのことを単に思うだけでなく、その思い自体を当時隆盛しつつあった科学方法分析しようと考えた人々がいました。

 マックス・ウェーバーの「社会科学社会政策にかかわる認識の『客観性』」(以下、客観性論文)という1904年論文がありますウェーバー社会学におけるビートルズであり、この論文イエスタデイくらいの重要さと著名さを誇ります。要するに、まともに社会学をやっていればなんとなくは知っているべきもの、という位置づけでしょう。(ちなみにLet it beは『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』。読んでいないのは許されない)

 とか言いながら私は手元にその本が無いので、ネット記述に頼りつつ思い出した記憶で以下のことを書くことをお許しください。

 ウェーバー客観性論文のなかで社会学者がよって立つべき「価値自由」という概念提唱します。この主張はしばしば「価値判断をしてはならない」とか「価値判断に影響されないデータだけを虚心に扱うべきである」といった主張として誤解されていますしかしそうではなくウェーバーはここで「社会学者もまた人間である以上、何かの価値判断を持ってしまうことは避けられない。そして価値判断は時として認識を狂わせる。しかしだからこそ、社会科学的に取り扱う社会学者は価値判断認識区別しなければならない。そのためには自分の持っている価値判断に対して敏感でなければならないのだ」といったことを主張していたはずです、たぶん。客観性論文については多様な読解や批判がなされている(上に私の手元にその論文が無い)ので客観性論文の内容についてはこれ以上立ち入らないことにします。以下ではその代わりに、客観性論文に関する微かな記憶を頼りにしながら、社会学客観性について考えてみたいと思います

 たとえば次のような主張がなされることがあります。「数字は嘘をつかないが、数字を使う人(社会学者!)は嘘をつく」。けだし名言でしょう。しかし、社会学であるならばもっと深く考えなければなりません。ここでは「ホームレスの人数」について考えてみましょう。ここで名言に従って単純に考えるのであれば次のようになるでしょう。ホームレスの人数は、数学物理における定数のように誤ることなく(それを測り間違うことはあるかもしれないが)存在しているが、それを多いとか少ないとか、それを減らすべきだとか主張する人は誤ることがある、と。

 後半は確かにそうでしょう。しかし、前半は間違っています。たとえば、日本政府ホームレスについての統計を発表していますしかし「国民税金を使ってホームレスの人数を数えよう」という時点ですでに何かしらの価値判断が働いています。そのことは政府サイトに「ホームレス実態に関する全国調査」が載っていて、「鼻くそをほじって鼻血を出した人の実態に関する全国調査」が載っていないことを考えてみればわかるでしょう。こうした極論を言うと、「どちらも数字としては存在するが、後者はただ(未発見物理性質のように)見つかっていないだけだ」と言われるかもしれません。しかしたとえば日本政府ホームレスに関する調査は「ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法第2条に規定する「都市公園河川道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所として日常生活を営んでいる者」」を対象にして行われているようですが、ここからはいわゆる「ネットカフェ難民」がその統計から漏れています。これは単なる「測り間違い」なのでしょうか。そうではありません。「ネットカフェ難民」をホームレスに入れるべきか、あるいはそもそもネットカフェ難民」をそもそも問題」とすべきかこそが、ひとつ価値判断であるのです。「ネットカフェ難民」を入れたホームレスの人数と入れないホームレスの人数、どちらが正しいでしょうか?それは重力加速度として2m/s^2と9.8m/s^2のどちらがより正しいか、という問いのようには答えが出そうにありません。

 社会についての数字は、自然科学における定数のようには存在しないのです。つまり社会における事実は、自然科学における事実のようには存在しません。そのような状況で、いかにして社会科学的に扱うことができるでしょうか?

 もしかしたらそもそも可能かを問う以前に、そんなことを目指す必要があるのか疑問に思う人がいるかもしれません。あるいはより直裁に「社会科学的に扱う学問社会学って何の役に立つの?」と聞かれることはしばしばあります。それには多様な答えがありうるでしょうが、私は次のように答えることにしています。「何かの役に立つわけでもないのにやらずにはいられないのが科学の出発点なのだ」と。人間が持つ認識能力や、何かを書く/描く、喋るといった能力は、生存する上での必要から発達したはずです。自分の周囲を見渡す能力や、自分が見た物事他者に伝える能力は、それを持っていない種よりも生存上の有利をもたらしたことでしょう。しか人間は、その必要性を越え出たところまでその能力を、あるいはその能力によって生み出すものを発達させました。それは、芸術とか哲学とか、あるいは科学とか呼ばれるものです。存在しない風景を描くことに、どんな必要性があるでしょうか?死後の世界を思い描くことに、どんな必要性があるでしょうか?そして宇宙の星々の表面を調べることに、どんな必要性があるでしょうか?こういうことを言うと、次のように返されるかもしれません。「芸術哲学生存に不必要かもしれないが、いまのわれわれは科学無しには生きられないではないか」と。まあ、確かにそうです。でも、それは科学根本的な不必要性を否定するものではありません。人間ホモサピエンスは、ニュートン万有引力発見する以前からずっと世界覇者であったではないですか?それでもニュートン万有引力発見したのは、「世界のことをもっとよく知りたい」という、ただ生きるためには不必要知的欲求、こういってよければ人間特有本能からであったはずです。「ただ生きる」ことに飽き足りないのが今の人間であり、そうした人間が生み出したのが芸術哲学科学です。そのうちの科学欲求が、これまた不必要に複雑化した社会のありように向かうことも、私は自然なことだと思っています。先のような問いをする人には、正直に言えば「なぜあなた社会について科学的に分析したいと思わないでただ生きていられるのですか?」と私なんかは思うのですが、これはさすがに社会学に頭をやられてしまった奴の意見でしょう。ほかの社会学者はもっとうまく説明することができるはずです。まあ、そんな可哀想な奴もいるんだなと思っておいてください。でも実際、「社会に対する科学認識って必要?」と言われたら、究極のところ「認識したいんだから仕方ないじゃん?」としか私は返せません。なのでこの問題放置して次の段落に向かいます

 さて、いか社会科学的に扱うことができるかという問題でした。その問題は、社会に「存在する」もの数字が、ふつう科学が扱うもの数字と同じようには「存在しない」、というところから発生しているのでした。より明確に言えば、社会実在は、それを観測する人や社会価値判断を抜きにしては存在し得ないという独特の性質を持ちます。たとえば「ネットカフェ難民」は、ここ二十年ほどの日本労働環境ネットカフェの事情抜きには科学的な意味で「存在しませんでしたし、さらに言えば科学的な意味で「存在」していても、支援団体の人々などが発見ニュース等で取り上げられるまでは社会的に「存在」しえませんでしたし、いまだに政府ホームレス統計には「存在」していない、という状況にあります。そのことは万有引力宇宙の始まり以来、ニュートン発見しようとしまいと科学的な意味で「存在」していた、あるいは今現在未知の物理現象生物現象が、まだ発見されていないだけですでに世界のうちに「存在」していることとは対照的です。

 価値判断抜きで存在し得ない対象を、いか科学的に扱うか。それこそがウエーバー客観性論文のなかで考えたことでした。ここでよくある誤解は、そして絶対に避けられるべきなのは、「社会実在は実は価値判断抜きに存在しうる」と考えたり「価値判断抜きで存在するもの社会学は扱うべきだ」と考えたりすることです。前者が存在しないことはすでに説明しました。社会実在は――それが単なる数字統計であっても――価値判断抜きには存在し得ません。であるからして、後者社会学根本的に否定する思想です。そういう価値判断に影響されざるを得ないもの、すなわち社会社会実在をよりよく知りたいと考えるのが社会学なのですから。それを否定する人に対しては何も言えないということはすでに述べました(あくまで私個人からは、の話ですが。ほかの社会学者はもっとうまく説得するかもしれません)。

 そこでウェーバーが述べたのが「価値自由」でした。社会学者は自分価値判断をわかっていなければならない。より分かりにくく論文に忠実な言い方で言えば、「存在する」ことと「存在するべき」ことを区別しなければならず、科学は「存在する」ことしか明らかにできない。このウェーバーの主張に対しては、それもまたひとつ価値判断ではないか、という主張を投げかけることが可能ですし、一見ただのいちゃもんに見えるその問いは、社会学の中で大真面目に議論されてきました。私の見たところ、この問題は答えが出ない種類の問いなので、取り扱わないことにします。いいじゃないですか、どんな学問だってドグマの一つくらいありますよ。それより重要なのは、「自分価値判断をわかる」ことが、本当に社会実在を扱う上での十分条件であるのか、ということです。それが必要条件であるのは確かにそうであると思います。ある社会学者が「ホームレス問題についての社会学分析」という論文を書くとして(テーマが広すぎますがそれは置いておいて)、その人が「自分ホームレスを望ましい人間の在り方ではないと考えている」とか「というかホームレス気持ち悪い」とか「ネットカフェ難民をホームレスに含めていない日本政府問題である」とかい自分価値判断自覚していなければ、それは社会学研究として成り立たないでしょう。しかし、それだけで十分なのか。社会実在というものは、もっと慎重に取り扱わなければならないものではないか。(実際、客観性論文より後の後期ウェーバーも、そう考えて「理解」を社会実在根本に据えたと私は理解しています[詳しくないので間違っているかもしれません])

 と、ここまで書いて疲れたので一旦筆を置きます。続きは最初に挙げた二冊を読んでください。でも、ここまで読んでくださったあなたに問いたいのですが、私の書いたことは多少なりとも興味深くはなかったですか。社会学はこのような根本的な問いを抱えながら成長してきましたし、まだその途中にあるのかもしれません。私の考えるまともな社会学者はこの文章における中心的な問い「社会実在とはどのようなものか?」に対する、この文章以上に説得的な答えをそれぞれ持っています。そこが人によって違っていいのか、と思われるかもしれません。もしかしたらそこが社会学の駄目なところかもしれません。しかし、おおよその社会学者は確かにウェーバーや(この文章では触れませんでしたが)デュルケームなどが作った社会学歴史の上で考えている、という点では一致していると思います。それこそが社会学共通性であり、知的伝統であるとみなしてはもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

2021-01-30

anond:20210130163525

何も言わなくていいだろ(笑)

感謝でもされたいのか?

ホームレス支援団体ホームページコピーとそこへの交通費でも渡せば後は勝手自分判断する

2021-01-22

社会を変えるために発達障害向けのオンラインサロンを行いたい話。

発達障害向けのオンラインサロンを行いたい話。

はてブのオプチャでも少し話したことです。僕自身ADHD当事者です。

西野亮廣オンラインサロン炎上で印象が悪くなりすぎですが、消費者に正当なサービス提供できればオンラインコミュニティとしてサロンは良いのでは?という話をオプチャでしました。具体的には集めたお金当事者仕事のために上京するためのシェアハウスを作ったり、発達障害理解のある会社を増やしていくことだと思います。オプチャではNPOのような活動に近いと言われました。具体的なロードマップ稚拙ながら作ってみました。国会議員を送り込みたいとか笑わないでくれよ!!!


結局、現状の発達障害者向けのサービスの多くは健常者が作ったものだし、当事者が本当に必要としているサービス当事者達のお金を集めて実行できれば良いと思っているからです。これは単純に僕が考えた一例であって、具体的に有用アイデアがあればコミュニティ提示すればいいし、社会を良くするためにみんなのお金ちょっとずつ集めていきたい。ようするにドラゴンボール元気玉である。オラにほんのちょっとずつだけ元気を分けてくれ!!

それと単純に当事者が集まれリアル場所というのは東京大阪など都会にしか存在していなくて(発達障害バー BAR The BRATs、Neccoカフェなど)全国の当事者オンライン共通の悩みを打ち明けられる場所としても価値があると思っています仕事ミス生活のことも健常者の方々にはなかなか理解してもらいにくいが、当事者同士ならば共感しあうことが可能だ。

会費は月額980円。とりあえず1ヶ月間程度は無料開放します。当事者が集まることや自分たちサービスを作ることに価値を感じているかからいからです。実際に集まってお金を払うことに価値を感じてくれる人が少ないのならばやる意味はないし、集まることに価値を感じる人が多くいれば続けていくことに価値はある。

コミュニティURLは以下です。ディスコードを利用しています

https://discord.gg/XbX6WWuwtM

興味がある方は参加してみてください。ブックマークコメントも大歓迎。

P.S

Webメディアなんかすぐ作れるだろ。なんで100人必要なんだよ。/うさんくせ

ディスありがとうございます。単純にライター記事を書かせた場合費用がかかるためです。もちろん素人の本人達が書いても良いと思いますけど、こちらの意図を汲み取り世の中に価値提示してくれるのはプロに任せたほうがいいでしょ?ADHDプロライターを知っていますが、彼に書かせるにしてもやはり無報酬というわけにはいかないわけです。

障害があるのに、まともに運営できるの?という不安がががが

お金が集まれ運営できる人にお金を払って運営してもらえば良いと思っています。僕自身コミュニティ運営は何回かしたことがありますが、規約をしっかり守らせることやルールを守らない人へ罰を執行することがコツです。

でもそれってキモくて金のない発達障害おっさんはカモられるだけで地位向上しないですよね?

どうだろうか。世の中は意外と広くて思った以上に会社も色々あるし、発達障害のためのトレーニング学術的に研究されている。ただ、会社知名度が低かったりして知られてなかったり、発達障害のためのトレーニング世間的には知られていないし、様々なしがらみもあって保険適応も効かない。知られてないけど価値があることは世の中にたくさんあって、キモくて金のないおっさんにも知られていない価値は眠っている可能性はあって、それを如何に自分好きな人に知らせるかが重要と思います

昨今の発達障害の人たちのコミュニケーション能力って凄いと思うし、つまるところはだいぶ発達障害概念自体マイルドになってるんだろうな。

今は発達障害ブームですからね。なぜブームが起きているかの明確な原因はわからないですが、昔と比べて排除基準が上がり、排除される人が増えてきているからこそ発達障害ブームも起きているのだろうと思っています仕事自体もこの何十年の間で急速に変わってますからね。Youtube美味しんぼアニメが毎週少しずつ無料公開をしていて楽しんでいますが、あの頃と比べて仕事場の風景は何もかも変わってしまっていますよね。

これだけは絶対にやめとけ発達障害者同士の共同生活は何件か見てるけど大抵内紛起こしまくって警察沙汰になってる

僕は過去シェアハウス経営してましたが、発達障害も何人も入居してましたが、警察沙汰になるようなトラブルはなかったです。もちろんゴミを出しっぱにするとかそういうADHD的なトラブルはありましたが。もしもトラブルがあるようでしたら、上京したい人のお金を肩代わりして分割で無利子で返してもらうなどでも良いと思います。肩代わりするための費用を会費で賄えたら良いと思っています。もともとのきっかけは地方仕事がないけど、都会に部屋を借りるほどの金もないという声をよく聞くからです。

ロードマップ、「人数」が基準なのが違和感あるな「人数」と「○○する」って目的論理的にどう関連してるの?「これにこれだけ費用がかかるから」というなら調達資金基準に書くべきだし

仰る通りでございます。ただ、この短い文章で全てを説明するのは無理ということも理解していただけると幸いです。ただ、ロードマップ自体に関しては急拵えで作ったもの絶対にやるというものではないですよ。この文章自体もそうですけど、価値を感じる人が少なくて需要がなければやらなくていいことなので。集めたお金で色々と問題解決出来たら良いですねという意思表示と思っていただけると幸いです。

理想と勢いだけでは社会は変えられません。きちんと考えている人ですら難しいことなんです。

よくわからないですね・・・。僕は発達障害でもポジティブ比較社会性がある人たちを集めようとしています。たしかに仰る通りfacebookグループ発達障害関連にいるような人たちを観察していると彼らと健全な何かをすることは非常に厳しいと言わざるえませんし、無料空間にいて呪詛を吐き続けている方と何かをするつもりもないです。そして、たまに健康的な発達障害の方が「このグループはクソだ!」ってブチギレていたりして失笑します。世の中の法則として金を払えば払うほど治安がよくなるという現象があって、それは皆様もご理解していると思いますお金を払うことで治安担保しますし、仮に病識のない統合失調症のような方が場を荒らしていたらすぐにBANをします。そもそもオンライン上でどうやって殺傷事件が起きるのですか?オフライン上でも発達障害バーなどで傷害事件が起きているのですか?ほんとうに理解できません。

それと専門の医師の方に参加してほしいなと思っているのはインターネットに溢れる情報支援団体広告として機能していなくてまともな情報かどうかわからいからです。例えばASDプログラミングが向いている!ADHDは株やFXトレーダーに向いている!と言っている有名事業者ますマジです)。彼らが就労移行支援事業者が故にそのような謳い文句利用者を鍛え上げて就職させて報酬をもらうことでビジネスをしているわけですが、それはあまりにも不誠実なことでは?と個人的には思いますプログラミングスクール就職できない話がはてブでバズっているから、こういう言説もそろそろ消えると思っています。本当のことを知りたいだけなのですよ。

医師の日給は10万円程度なので1000人参加者がいれば報酬はなんとか支払えるという話です。実際に良い人を見つけられるかは別問題ですけど。

私のやりたいこととも重なるので支援ブクマ。/ 最近読んだ『無理しない働き方』という本がまさに発達障害就労についての本で、どういう働き方が向いているか上司への伝え方などが載っていてなかなか良かった。

最初の方にブコメしてもらっているのに反応が遅くなってすいません。支援ありがとうございます発達障害の方がまともな収入が得られる仕事につこうと思ったら障害を隠して就職しないといけないのですよね。そうなると無理する働き方になるわけで難しいことだなと思います。かといって障害求人はあまりにも低い収入のものが多すぎてまともに暮らしていけないし、障害の度合いも症状も人それぞれなのに企業側の理解はまだまだ足りていないのが現状だと思います。世の中の人たちが発達障害のことをより理解すれば世の中はよくなりますが、それを待っているだけでは変わらないと思います

こういうの会費として団体お金を支払うサークルで良いのに、特定個人が全ての利益を貪るオンラインサロンを選ぶ時点で社会変えるって詭弁しかないと思うんだよなぁ。

ペラページとStripeで会費は集めれば良いと思っています最初の方に書いてありますが、仰る通り件の西野など現状のオンラインサロンプレーヤー利益を貪るモデルで行っている人が多いと思いますが、参加者の集めたお金有効活用していけば良いのではないか?という話です。だからNPO的なのですよ。実際に人が集まるようならばNPO法人設立してもよいと思いますNPO法人設立するメリット事業会社から寄付を受けるぐらいしかないですけど、個人法人ともに寄付文化が乏しい日本では当事者から直接集めてインパクトを与えた方が手取り早いと思っています増田ニーズがあるかどうか確かめちゃだめ?ごめんなさい。

上京させる必要あるの?「集まれ場所が都会にしかない」って言ってオンラインサロン作るのに、結局東京に人送るの?

はい矛盾しております。ごめんなさい。地方にいたい人はずっといれば良いと思います。ただ、選択肢の一つとして提示できればと思います。そのほかにリモートワークの案件なども探してこれたら良いと思っていますよ。選択肢がない人生だと精神が荒むので。

共感し合うってハードル高いだろうな。重度の発達障害の人は自分の症状については周りに共感してほしいけど他人の苦境にも共感できる精神的余裕無さそう。結局誰かが一方的奉仕しないと回らないだろう。

どうなのでしょうかね。無料facebookグループを見ていると呪詛を吐き続ける人たち(おそらく重度の発達障害二次障害持ち)でいっぱいですが、自分仕事上で付き合うフリーランス経営者に会うと発達障害率が高いけど、健康的なのですよね。ただし、生活について自虐ものすごくしてきます(笑)重度の発達障害の向けの一方的奉仕必要施設B型作業所がありますし、それ以外の人たちは精神的余裕もあるのではないかなと思います

2021-01-17

エンドロールのその先

自分の整理のために記録として書いています

長いし、読む価値は無いので、読んでからガッカリしたとしても自己責任でお願いします。




子供の頃からなんとなく漠然と、自分人生は二十歳で終わると思っていた。

高校受験学校見学で魅力的な学校を見つけ、どうしても入りたくて、頑張った。

憧れた高校入学して、そのあと何をしたらいいのか分からなくなった。

受験が、入学が、私のゴールだった。

高校生活は何をすればいいのかわからなくて、とりあえず「それっぽい」ことをして終わった。

憧れた高校生活は、ほとんど何もせず、ただ好きな制服を着て、かっこいい校舎を彷徨くだけだった。

それで満足していたし、それ以上はなかった。

大学は行きたくなかった。

やりたい事はほぼなくて、勉強もできないし、将来の目標も無いから、行く意味が分からなかった。

小学生の頃の昼休み友達に「絵が上手いか漫画家になればいいじゃん」と言われた。

その時からなんとなく漠然と、自分漫画家になるんだ、と思っていたし、漫画家になるなら専門学校の方がいいと思っていた。

あとは、当時見た3D映画がかっこよくて、そういうのを作る人になりたいと漠然と思って、そういう専門学校も考えていた。

結局、絶対大学じゃなきゃダメだという両親に説得され、漫画3Dも学べる大学に入った。

入学から半年後、学部全体説明会で、学長に言われた。

「お前ら今すぐ全員大学辞めて専門学校行け」

新設の学部だったし、入試説明会や案内には、漫画アニメ…それこそ専門学校のようなラインナップが書かれていて、親が許さず専門学校ではなくこちらにきた、という人が私以外にも大勢いた。8割はそうだったと思う。

実際、入学前に散々確認した3Dモデリングに関する知識のある講師は、入学後には存在しなかった。

かろうじて漫画講義はあったが、ただのオタクおじさんが自分ロリ趣味を語って聞かせるだけで、そこに学べるもの(例えば、そのロリの魅力、なぜいいのか、どういうところがファンの心を掴むポイントなのか、などを話されればまだしも、ただ「かわいい」としか話されなかった)は無かった。

これは、このままここにいても意味がない。このままじゃ無駄時間を過ごしすぎる。

だって私の人生はあと数年で終わってしまうのだから

二十歳まで残り2年、アルバイトを頑張って、大学在学中に夜間の漫画専門学校に通った。

ぶっちゃけ漫画専門学校に通わなくても描ける。

それでも学校に行ったのは、私自身がそうしないと一作も描けない人間だったからだ。

まり、この時点で気づくべきだった。

私に漫画は向いてない。

専門学校では初めこそ有意義時間を過ごせた。

話の組み立て方、起承転結コマ割り…

授業は週一、1年間。必死で稼いだバイト代ほとんどを注ぎ込んだ。最大限に有効活用して作品作りに役立てようと息巻いていた。

入学特典として、時間外でも個別相談作品を見てもらえたので、入学2ヶ月後、早速初めてのネームを見てもらった。

ストーリーも何もかもボロボロで、とても酷いネームだったと思う。

それでも、丁寧に指導してもらえて、学ぶことがたくさんあって嬉しかった。

教えてもらった事を活かすために、早速新しいものを描いて、2週間後にまた持っていった。

あなたネームは長いし、見るのに時間がかかるからなぁ。僕、家が郊外で遠いし、嫁が家で待ってるから

今思うと、先生だってそりゃ家庭があるし、仕方ない話だ。

それ以来、週一の授業も休みがちになり、半年をこえた頃には専門学校は行かなくなった。

自分でなんとかしなきゃ。

とにかく、まずは一作。

そうして、専門学校卒業前に1人で作品を完成させ、初めての持ち込みに行った。

せっかく描いたし、なるべくたくさんの意見を聞いて次に活かしたい。

5個の編集部に持ち込みに行った。

うち2箇所で、二度と漫画を描くなと言われた。

そんなバカな、誇張が過ぎると思うでしょ?一箇所はあくまでやんわり、自分担当作家と私との違いを長々と話した上で、向いてないと思うと言われた。

もう一箇所は誇張無しでハッキリと、「二度と描くな」だった。

そりゃ、最初から傑作が描けるとは思わなかった。

まして、今回は誰にも見せてなかった。ダメ出しも覚悟の上だ。

でも、2度目を描くことも許されないとは思わなかった。

帰り道の足取りは重かった。

初めての単身上京、知らない街。

憧れた新宿から半蔵門まで歩いた。

足を止めたら消えてなくなる気がしたから。

そんな作品だが、一応残りの2箇所では名刺をもらった。

うち一つは、みんなの憧れで厳しいと言われる場所で、なんならそここそ絶対無理だと思っていた場所だ。持ち込み予約の電話時点で扱いが悪かったし、当日も約束時間に行って、30分待たされて、待ってる間他の人が酷評されているのが聞こえて、怖くて途中で帰ろうかと思っていた。

でも、そこの編集者が1番優しくて、また見せてほしいと言われた。

社交辞令かもしれなかったけど、それが嬉しかった。

でも結局、編集部名前が凄すぎて恐れ多いし、なにより田舎者自分はそう簡単に持ち込みに行けないので、もう1箇所の名刺をくれた人にネームを送るようになった。

結果から話すと、うまく行かなかった。

私の実力と、担当さんの期待値が合わなかった。

その頃には大学卒業の年になり、最後の思い出のつもりで卒業制作を別の編集部投稿した。

ついでに、同じ雑誌イラスト賞にも応募した。

持ち込みの時にも行った編集部だが、持ち込みの反応はかなり悪かったし、きっと今回もダメだと思っていたが、卒業旅行中の魚市場で受賞の連絡を貰った。

カニを見ながら泣いた。嬉しかった。

漠然と、自分漫画家になる、と思っていたから、就活はしていなかった。

元々していたアルバイトフルタイムにして、漫画を描いていた。

しかバイトハードすぎて漫画を描く時間はなかった。休憩時間事務所トーン貼りしたりしてた。

鬱になった。

正確には鬱になったのは卒業制作中、同じゼミの子と比べられるプレッシャー作品ができない焦り、バイトの繁忙期が重なってパンクした。

ある日突然、プツンと何かが切れるような感覚があって、それ以降、目の前で話しかけられても、音声として認識できても言葉として理解できなかった。

話を聞いているのに、聞き取れない。理解できない。

当時の店長相談して、接客から裏方作業に切り替えてなんとか過ごしていたが、色々あって結局辞めた。

元々2年で辞めるつもりだったし、漫画バイトもうまく行かなくて、就活を考えた。2年以内ならまだ第二新卒枠がある。

何社か受けて、履歴書を見て笑われたこともあった。

それでも雇ってくれるという会社があった。絵を描ける技術を買ってくれて、新しく雇用形態も増やして、漫画の夢を追いながらうちで働けるようにサポートしてくれる、と。

すごく嬉しかったが、断った。

私は、言葉呪いが効きやすタイプだ。

そして特に、親の言葉は。

雇ってくれるという会社は、夜の街に近かったし、それに隣接するお店も取引先になっていた。

両親はそれが心配だったらしい。

「周りの人に、そんなとこで働いてるって言えるの?」

私は働いた事がないから分からないけど、親が言うならそうなのかも、と思ってしまって、断った。

今思えば、あの時あの会社で働いていたのが、1番幸せ分岐だったのかもしれない。

面接をしては落ち、を繰り返している間にふと、どうせ働くなら漫画に近い場所の方がいいのでは?と、アシスタント先を探すことにした。

当時はまだアナログが主流で、どこも都内で通いの募集ばかり。田舎者自分には不可能だった。

そんななか、本当に偶然、地元募集を見つけた。

から自転車で行ける場所、未経験者可、自分にとっては最高の条件。

早速応募して、面接

そこで初めて、現役の漫画家さんと話した。

採用になり、週に四日、6時間勤務。

作家さんの仕事場はフルデジで、ワンルーム作家さんと私用のPCと液タブが、それぞれ壁を向いて設置されていた。他は何も無い。

お互いにコミュ障で、会話はあまり弾まなかった。それでも、ネームを見てもらったり、トーンの貼り方をなんとなく教わったりした(基本的には「いい感じにして」の指示だったので、ほとんどは独学だった)。

その作家さんは漫画業界の闇に触れすぎて疲れていたので、ほとんど話し相手役割だったが(そもそも週刊と月刊の2本連載をほぼ1人で描く狂人だった)、私にとっては貴重な話がたくさん聞けた。

あと、その話を聞いてて、「漫画家なんてなるもんじゃないのかもしれないな」、とも思った。(作家さんが毎日のように辞めたいと言っていたから。そもそも異常な執筆量を1人でこなしてたし、そりゃ辞めたくもなるわな、と今は思う。)

そこで1年半すごし、作家さんの連載の終了と共に辞めた。

その頃は、何度か原稿を送って、1番小さい賞を何度か取っていた。しか担当さんとはうまくいかないし、原稿送っても「悪くは無いけどよくもない」しか言われず、何をどうしていいかからない状態だった。

そしてふと、自分は今まで一度も漫画を楽しく描いた事がないことに気づいた。

展開が、目線誘導が、読者の盛り上がりが…

初めて描いた時から、そんな事を気にしてばかりで、自分自身が楽しく漫画を描いたことがなかった。

アシスタントも無くなり、名実ともに無職になり、再度就活を始めた。

相変わらず履歴書を笑われて、嘘つきな採用担当意味不明な事を言われながら、最後自分の好きなものを描いてみようと思った。

何を描いても、誰にも何も言われない。

好きなように、楽しく。

結果的にやっぱり「読者の目が〜」とか「起承転結が〜」とかを気にしてしまい、完全には楽しくなかったけど、それでも、今までで1番気楽に描けた。

せっかく描いたし、SNSにあげてみた。

今まで私の漫画学校先生と、編集部の人くらいしかたことがないし、反応をもらえた事はない。

いいねが1万件ついた。

びっくりした。

たった一晩で想像もしない人数が見てくれた。感想コメントもいっぱいついた。

しかった。

それから就職が決まるまでの間…と、少しずつ好きな作品を描いた。

編集部酷評だったけど、SNSコメントは優しかった。

これで漫画最後にしようと思っていたのに、やっぱり描きたくなった。

SNSにあげた漫画を、編集部に送ってみた。

ジャンルが違うので、今までのところではなく新しい編集部だ。

ほとんど返事はなかったが、1箇所だけ返ってきた。

そしてそこで、いきなり連載になった。

今までもらった事ない反応が続いて、ある種のハイ状態だった事もあり、その連載もうまくやれる気がしていた。

電子のみの連載だったが、書籍化もできる自信がなぜかあった。

そして実際単行本も出した。

これだけ聞くと、SNSで人気出て連載、書籍化、すごく順調っぽい。

当時の自分もそう思っていた。

でも実際は違う。

話数が増えて、人気もちょっとずつ出て、物語ちょっと複雑な内容を追加した。

すると担当から言われた。

エロがあればいいから、余計な事はしないで」

私が描いていたのは、エロ系の漫画だった。

とはいえ、ただエロシーンが続くだけでは読者も飽きるし面白くない。何より話が続けられない。

そして元々少年漫画が描きたかった私は、エロだけを描くのは本意では無い。

今までは「いつか人気が出れば複雑な話も描けるから」と言われて頑張っていたが、その「いつか」が来ない。

担当にはっきりと、「絵がそこそこ描ければ話なんてどうでもいいから」と言われ、自分から打ち切りを申し出た。

今でも配信サイトコメント欄には続きを望む声が書かれていて、非常に申し訳ない。

描けなかった。

今度こそ、きちんと、話で勝負できるように。

単行本と、新作のネームを持って持ち込みに行った。

連載の経験もあるし、単行本も出てる。今までとは違う。採用にならなくても、作品を良くする話をしてもらえるはず。

「よくこれで本が出ましたね」

持っていったネーム単行本も、今までのどの持ち込みよりも酷い評価だった。

曲がりなりにも約2年、頑張って描いていたのはなんどったのか。

当たり前といえばそうかもしれない

過去に2社で連載をしたが、その二つ共が作品の打ち合わせはほぼ無かった。

一社に関しては一応ネームチェックがあり、エロの量だけ指示された。

もう一社に関しては、企画段階で一度だけ電話があり、メールの内容の復唱だけして終わった。以降は何を送っても「いいですね!」何も良くない。こっちが頑張って、相談しても特に取りあわれず、返事は全て「いいですね!」

1人で何度もネーム再考して、完成原稿を期日までに送る。

一応お金をもらっていたけど、やってる事はSNS投稿漫画と同じ。

商業作品の魅せ方のノウハウはもちろん無く、作品作りの才能がない自分には、自分だけの力で読者を惹きつける漫画を描くことはできなかった。

3度目の、「もう漫画やめよう」が来た。

悔しいけど、やっぱり自分には描けない。

でも、今日まで頑張った事を無駄にするのも惜しい。

また、「最後」と言う名目で、好きな漫画を描いて本にした。

作画配信したりしたおかげで、完成前から応援の声は多かった。

そして初めて、オリジナル同人誌完売した。

その漫画は、内容にアラは感じていたが、今までで1番楽しく描けた。

初めて感想差し入れもたくさんもらえた。

その作品を持って出張編集部に行って、そこでも2社声がかかった。

あの時がたぶん、私の漫画人生ピークだった。

その後、持ち込んだ漫画を元に読み切りを描き、運良く掲載

SNS時代ファンの皆様の応援もあり、連載化が決まった。

描けなかった。

私の中でイメージするキャラは持ち込みの時から変わっていない。けれど、いくらネームを描き直しても、担当さんからキャラブレ、別人になってるという指摘をされた。

だんだん自分でもそのキャラがどんな子なのかわからなくなった。

しばらく練り直して、やはり変わらなくて。

諦めて別の話を描くことにした。

そこからは真っ暗闇だった。

どんな話を描いても、中身が全部同じと言われる。

当然だ。「好きなもの」を描いてるから

下手に考えるより、自分の好きなものを好きなように描いて、それを膨らませる。

そう言う方法で描いた方がうまくいくタイプなのは自覚していたから、そのように描いていたつもりだ。

結局実力も追いついていなかったし、描きたいものも分からなくなってダメだった。

そんな事が2年近く続いた。

別の編集部の人に、考えている途中のネームを見せたこともある。

足りないのは実力じゃなくて話の一番の見せ所だ。あとちょっとでうまくいきそうだし是非頑張って。

それは、私が初めての持ち込みの時からずっと言われている事だった。

初持ち込みから10年。

結局自分は、10年経っても何も変わらなかった。

そろそろ30になる。

二十歳で死ぬと思っていたのに、10年もロスタイムを生きてしまった。

友達は1人もいない。比喩表現ではなく、本当に誰もいない。

小学時代、一番仲が良かった子に、ある日突然いじめられた。

一番仲がいいと自分では思ってたし、昨日まで仲良く遊んでたのに。

転校して、中学時代もそうだった。

突然クラス男子からいじめに遭い、それを一番仲が良い友達相談していた。

男子を使ったいじめの首謀者がその子だと気づいた時は目の前が真っ白になった。

「そう言う事するなら、あなたとはもう友達じゃいられない」

はっきりと意思表示をした。思い直してくれることに期待した。

別にいいし」

友達を作るのが怖くなった。

どんなに仲良くなっても、弱みを握られるだけだ。

お陰で高校の2年間はクラスで1人で過ごした。

ある程度損得が考えられる生徒が多かったから、いじめにはならなかった。

触れてはいけない、祟り神みたいな扱いだった。

3年でようやくできた友達は、卒業と同時に「私たち高校の間だけの友達じゃん」と言われた。

友達って難しいな。

中学時代、好きな男の子にはペットボトルを投げられた。

親には言えなかった。

高校時代、好きな子相談を親にした事があった。

友達に言うとまたいじめられるかもしれない。親なら相談に乗ってもらえるだろう。

あんなこ辞めときな。大学生になったら彼氏できるから!」

大学時代バイトと専門、学部女子が圧倒的に多い。

そのまま卒業した。

「いつかいい人が現れるから

そう言われ続けて卒業した。

卒業した瞬間、「いつになったら彼氏できるの」に変わった。

友達の作り方も分からないのに、彼氏ができるわけない。

一応婚活とか街コンには何度か行った。

まずは友達が欲しかった。

何人か連絡先を交換して話したりした。

仲良くなった人もいる。

その頃の私はマニキュアを塗るのが楽しかった。

ちょうどアシスタントを始めた頃で、それまでバイトの都合で服装制限があったし、オシャレはほぼした事がなかった。

ネイルと言うにはお粗末だが、100均の安いマニキュアを買ってなんとなく色をつけて喜んでいた。

100均のマニキュアを使った事がある人なら分かると思うが、乾くのが早い代わりに、木工用ボンドみたいにペロッと剥がす事ができたりする。

オシャレに無頓着な私はそれが何となく楽しくて、塗った後しばらくたって剥がれたマニキュアをめくったりもしていた。

ある日、LINEのやりとりで仲良くなった1人に食事に誘われた。

趣味の話とかゲームとか、そう言う楽しい話をしていた、異性で初めてできた友達感覚だった。

自分の指先が、剥がし掛けのマニキュアボロボロなのを完全に忘れて食事に行った。

かい合った個室のテーブルで、その爪に気づいたその人に、「ネイルやってるの?見せて」と手を握られた。

そして、ボロボロの爪を見られた。

「オシャレだね」

怖くなった。

ボロボロハゲ公園遊具ペンキみたいな指先を綺麗と言ったのだ。

しかも、気持ち悪い笑顔を貼り付けて、視線は全く手を見ていなかった。

メガネの奥の瞳と視線があって、二度と会わないことを決めた。

男女でただの友達になれるのは大学まで、そのあと仲良くなれるのは下心のある人だけらしい。

それがたまらなく怖かった。

その後も何度か友達までの付き合いの人はいたが、例えばふとした瞬間肩を触られたり、手を握られたり。

そう言うのが怖くて続かなかった。

そのままもうすぐ30だ。

家を出る能力がないので実家暮らし毎日両親…特に母に怯えて生きている。

「家にいるんだから家事しなさい」「他の人は外に働きに出てるんだから

少ないながらに在宅でアシスタントはしている。

両親の中で、外に通勤していない、在宅労働は「仕事」ではないらしい。

本当は拘束時間が長い職場だが、家事があるため作家さんに頼んで短くしてもらっている。

当然、その分給料は減る。

給料が少ないから、その分早く自分原稿で稼げるために作品作りに励む。焦る。

それでもようやく希望が見えてきて、前向きに色々挑戦できそうになってきた。

真夜中に叩き起こされ、いつ結婚するのかと叱責された。

完全に寝ていたので、はじめ何を言われているのか分からなかった。

真っ暗な部屋の中で、Permalink | 記事への反応(1) | 16:44

2021-01-10

トランプ支持者の奇妙さを指摘する記事ブックマークコメントに関する小さな発見

b.hatena.ne.jp/entry/4696804371987021730/

慰安婦問題被害者中心主義解決せよと宣ってた人達が、独韓の被害者放置や当の支援団体元慰安婦への悪質な搾取排除を見なかったことにして、主権免除無視というトンデモ判決に狂喜してる光景と相似形だね。”

b.hatena.ne.jp/entry/4696819884879131842/

”「中国が攻めてくる」というと「考えすぎ」と罵声を浴びせながら、「憲法改正されたら、日本が好き勝手戦争を引き起こす」と本気で言い出す日本リベラルのような連中ではある。”

前提

トランプ支持者の奇妙さを指摘する記事ブクマに現れる

共通点

2021年アメリカ事件に関する話題なのに直接関係のない中国韓国を持ち出す

②宣う、トンデモ、狂喜、罵声、連中などの語を使うことによる蔑視感情の表明(宣うは嫌味か)

同一人物かな?と思ったが別人のようです。

2021-01-06

テレワーク助成金への不満あれこれ補足

テレワーク助成金で色々思う事あったけど何も残してなかったので補足する形で記録しておくよ

 

https://twitter.com/nomen_machine/status/1346392018591707137

 

■「ディスプレイPC個人宅への送付になってるのなんでなんで?」って聞いてきて「そりゃあんテレワークからだよ」としか答えられない

これは逆の質問会社宛ての送付になってるけど何故?」をされたぐらいだけどホントかな?

複数担当者とやり取りしたけどわかってない感じの人がいても要所要所ですぐにわかる人に交代してた

 

申請したの去年の春で申請通ったの10月だよ。そこから即買ってまだ下りないんだよ

色々遅くて立替余力がない会社キツイってのは本当

ウチは3月中旬申請5月上旬支給決定、7月上旬実績提出、11月末支払だった

立替期間は8か月じゃないけど丸々4か月

同じだけ時間がかかるとすると来月2月に支払いだろうね

もともと100社限定だったのを3,000社に増やしたからなあ

書類に不備があると再提出になるので再提出を食らってるのにそれ書かずに遅いって言ってるなら酷いぞ

ウチは申請時に1回、実績時に3回ほど再提出となりました

 

デカイ買い物させられて借金漬け自転車操業になってる所あると思うよ

これは「させられるのが悪い」とは言わないけど「100%支給を都合よく捉えすぎ」かな

奨励であって命令じゃないから身の丈に合わない買い物しちゃうのはダメでしょ

まとめて引き受けてくれる納入業者がテキトーなこと言ってた買い物買わせるケースもある

 

■それでも5ケタ万円後半の買い物

6億円以上…!(クソリプ

 

テレワーク助成金の仕組み

ここから始まる箇条書きは「こんなにやる事ありますよ!」って言いたいんだろうけどカサマシがひどい

 

■1. 何が必要機器リスト申請と金額を提出

必要。当たり前

 

■2. 申請企業自体要件を満たしているか確認

必要だけどこの部分で申請者がする作業なんか無い

 

■3. 提出物が要件を見対しているか確認

なにこれ。提出書類様式守ってるかの確認?当たり前だろ

 

■4. 機器内容が要件を満たしているか確認

必要だけど仕様書とかスペックを添付するだけだぞ当たり前だろ

 

■5. 本当にそれが必要なのかの確認

なにこれ。1のリスト用途欄に「xxで使用」って書くだけだぞ

 

■6. 別途支援団体に加盟しているか確認

なにこれ。2020TDM推進プロジェクトのこと?

これは正直不要と思うけどテレワーク助成金の元が「五輪交通逼迫対策」なのでまあ

拒絶感は出てもメールを出すだけで終わるから手間なんか無い

 

■7. 受理された製品が提出したショップで未だに買えるのかの確認

■8. 値段が変わっていないのかの確認(たいてい売り切れてるし値段も変わってる)

この2つは一緒だね

「値段や納入業者が変わったら理由と共に提出」ってだけだよ

元々「値段や納入業者が変わったらダメ」だったのが緩和された

 

9. クレカ決済の場合クレカ会社発行の請求明細の確認

原則現金で」ってさんざん出て来るのに何でカード払いしたん?

待たされまくったんだから会社カード作れば良かったやん?

これ「カード払いは会社クレカのみ例外で受付」って注意書きを読み落としてんでしょ

 

10. ポイントが付いた場合現金換算値

11. 現金換算の妥当性を示す書類

12. ポイントが本当に付いたかどうかを示す書類(なにそれ)

これウチは逆で「ポイントが本当に付いていないかどうかを示す書類」を求められたよ

こっちのが妥当要求ではあるけど無いので無いですって記載して認められた

 

■13. クレジットカード会社から引き落としされた行が表示されている通帳の写し

この書き方だとカード会社個人ですら分けてないのかな?

事業主借りとか貸しだらけになって会計処理が大変そうだけど大丈夫なのか??

ちゃん会計士とか税理士雇ってる?

単なる怠慢からの不備もまとめて脱税って判定下るぞ?

見積書・注文書・納品書・領収書それぞれが必要ってのは中小企業だと驚くよね

Amazonポチって終わりが大半だと上記のうち2つぐらいしかいからね

 

半年放置された挙げ句10月受理の段階で「受理前に買ったもの対象外」って言われたんだぞ

これは嘘

というか条件よく読まずに申し込んでるけど詐欺被害とか大丈夫

支給決定までは買えないってのは「申込み時点で」注意書きに何度か出て来る

受理前に買ったものでも要件満たせば対象」ってのがあるべき形だけどこういう嘘つく奴いると難しいだろね

受理OKにしたらしたでこの手のタイプが「もう買っちゃったんだよ払えよ!」ってゴネるから

 

■「春申請から10月までテレワークさせないし、申請通りのものが納入されてもノラリクラリ払わない」

これは言い過ぎ

とは言え早く動いたウチでさえ全て揃ったのは6月

5月緊急事態宣言には全く間に合ってなかった

のらりくらりは現金払いって言ってんのにカード払いとかしちゃってるからだろ

 

あと家電量販店で買う場合ポイントが付かないようにすること

ポイント分は当然助成金から引かれる

例えば10万円の物を買って1万ptついたら9万円が助成対象になる

助成金込みで10万円のものを1万円で買えたのだからOKという考え方も出来るけどそういうことじゃないんだわ

10万円のもの10万円で買って10万円の助成を受けるのが限りなく正解

これは確かに罠だよね

ウチはそこにすぐ気づいて全部拒否たかラクだったけど

満額250万なら1%でも2.5万、10%なら25万だから「欲かいた代償」って事でまあ

 

問題だと思うのは「ポイントサイト経由で購入した際に得たポイント」かな

買ったとこで貰えるポイント対象外にされるけどポイントサイト経由で得たポイントはバレないから貰い放題のはず

 

以下は自分が思った不満点

審査が遅い

上記の人とかぶってるけど当初「審査は最長1か月」って書かれてたんだよね

支給決定前の購入は対象外

この要件ってまた言っちゃうけど「もう買っちゃったもんね!払えや!」ってゴネる人が出たら困るからかねえ

「今ならまだ定価で買えるのに!」って機器支給決定後に高騰してた時は愕然としたよね

申請時より高くなった物も買っていいけど申請しか払わないよ

これもなあ。お前らのせいで高い買い物するハメになったのに!ってなるよねー

こういうのがあるから申請時に出来るだけ金額枠を多く取っておく」って古い慣習がいつまで経っても無くならんのよ…

「公金だしあまり高額な物は選ばないようにしよ」って正直ベース機器価格申請たから足が出たよ…

 

以下はよく見かけた勘違い

PC税込み10万未満?そんな低スペック仕事できるか!!

テレワーク助成金VPNルータ設置を推奨して「家から会社PCに入っての仕事」を想定してるんですね

なので助成対象となるPCシンクライアントであって「会社と同スペックPCではない」っていう

従業員数2名以上って条件は1人で会社やってるおれは対象外か!

いや「テレワーク助成金」だし…

1人だと密が発生しないので…

2020-12-27

anond:20201227151044

国会議員の本分は自分当選させた選挙区予算を引っ張ってくること、延いては自分支援団体優遇を促すことなんだけど、それって成し遂げたとして結局得してんのは大した人数じゃないのよ

税金とって最大多数の最大幸福を謳うにしては選挙制度が拙過ぎるというか、50年場当たり的に政治してなんとかなってきちゃったのが異常ってわけ

だけど票田になってる脳死の老人や国会議員たちが割食ってまで後世に何かを残そうなんて思うわけないから、あのバカたちが死に絶えない限り若い世代に甘い汁が回って来るなんてことな

から早く就職して安心して年金税金をドブに捨てる気持ちで納めてね

2020-12-02

誰が言ったかより何を言ったか普遍的メッセージは色あせない

力ずくで「どっちもどっち」に持ち込もうと。

NIKE工場ウイグルの話を持ち出す人がありますが。

言葉が誰の口から出たものだとしても、親の元を離れて単体で光を放つもの

それが普遍的メッセージ

その手の人が噛みつく別の例を出すなら、従軍慰安婦問題がわかりやすいだろうか。

不幸なスキャンダルにより元支援団体代表尹美香氏が逮捕に追い込まれた。

ソウル市長朴元淳氏は死に追い込まれた。

だが、彼らが発したメッセージ普遍性だけは何者にも否定できない。

尹美香氏が発した元慰安婦への支援を求める言葉は、本物だった。

朴元淳氏がバス座席少女像を載せてまで訴えたかたことは、その死後も残り続けている。

2020-11-29

メディアに「弱者」が露出するときって、世間の気に入る弱者から少しでも外れるとすぐバッシングが飛んでくるし、なんというか本人はようやるよね、って思う。

冷静に考えてこんなご時世に世間に晒されてもメリットなんてないじゃん。

当人バッシングされることも込みでそれでも世間に伝えたい覚悟があるならいいけど、なんかそういうふうにも見えない人もいて、メンタルだめだったり考えが甘かったり押しに弱かったりのせいでメディアからいいように扱われてるだけなんじゃ……?と思ってしまう。

そういう人が案の定バッシングされると気の毒に思う。

ひきこもり支援団体に「ちょうどいいかんじの当事者を紹介してくれ」「ひきこもりが家の隅で蹲ってる画がとりたい」みたいなクソみたいな依頼出してくるメディアが後を立たないって話聞いて、メディア当事者ことなんて全然考えてないんだろうなと思った。

2020-11-26

anond:20201126044548

船が転覆し、溺れる老若男女の前に観音様が降臨しました

観音様は誰から助けるのでしょう?

そう、老若男女関係なく自身に近いものから順番に救っていくのです

というわけで

愛護団体支援団体だって

犬だけ助ける、猫だけ助ける、●●駅前ホームレスだけ助ける

とある程度自らの活動範囲に線引きをしています

でないと正直、際限がないわけです

そりゃ善人であれば助けれるだけ助けたいでしょうけど、

結果的自分がつぶれてしまったら、未来の助けてあげられたはず人が助けられなくなります

そこはぐっと我慢して自分にできる範囲の事をめいいっぱいしているわけですね

フェミニストさんも日本での意味合いとしては

基本的には女性権利問題に線引きをして活動しているんですね

(または、日本国内の、という線引きも追加されるかもしれません)

誰彼構わず権利問題アンテナ建ててたらきりがないからですね

観音様ですらできる範囲からやっている

いわんや人間においてをや

できる範囲しかできないわけですね

2020-11-23

anond:20201123112257

助け求めてたっけ?

結末と集まったエピソードから逆算して助けを求められない奥ゆかしさとかそういう解釈されてるけど

そもそも好きでやってるから不本意までホームレスグラデーションなので

第三者支援団体勝手繋ぎをとるのも大きなお世話なのよね

強引に支援団体に引き渡しときゃ最悪の結末はなかったろうが、そんなものは事後孔明しかない

この記事排除だと噴き上がってるブクマカたち

都庁が無情のコーン再び設置 「これでは弱者の敵だ」 困窮者はよけながら食品受け取り

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.tokyo-np.co.jp/article/69870

どうか同東京新聞こちらの記事地図でも見て頭を冷ましてほしい。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/69436

支援団体許可を取っていないので敷地内では活動できない。

しか利用者歩道に並ばせると(大江戸線の出入口が目の前にあり、他の歩行者も含め)密になる可能性もあるので、利用者敷地内に並ばせた

要は、感染症対策観点から利用者に限り敷地内での整列を都が認めたが、支援団体許可を取ってないので境界線をはっきりさせた、という話でさ。

まあ、そこをコーンで仕切ってしまうのはいかに官僚的発想だが、それを「排除」と表現するのはあまり公務員憎しが過ぎる。

雨天時に、それでも食料支援ブース敷地内に入れてもらえなかったとかなら批判に値する(その可能性は大いにありうる)が、今回のケースはそうではない。

2020-11-17

anond:20201117225411

ざっと見ただけだが、バー(笑)とか大層な名前つけてるけど、実態レンタルスペース借りてオフ会に毛が生えた程度集会やってるだけの連中だろ?

主催者ツイート見たが器のちっさいしょーもない人間だなーという印象しか受けなかったし

なんの責任も負わず権威も無い連中 こんなのに縋るくらいならまともな支援団体当事者会にでも参加した方がはるかにマシ

2020-11-05

anond:20201105195222

悪魔のような慰安婦合意を無理矢理結ばせたか

安倍朴槿恵悪魔だがオバマが余計なことをした

お婆さんと支援団体が揉める原因を作った

ノーベル平和賞とは程遠い俗物

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん