「スクールカウンセラー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スクールカウンセラーとは

2017-09-04

https://anond.hatelabo.jp/20170904021955

スクールカウンセラーは、基本は復学して卒業することをゴールと考えた上で休む提案をしてるんだから逃げろっていってるわけじゃないのでは

逃げることをすすめるのが無責任って言われるのは、たいていの人はその後のことを提示しないからだし。

あの時逃げてよかった

高校一年生の4月半ばにして私は学校へ通えなくなった。

いじめられていたわけでもハブられていたわけでもない。

家庭が不安定で、父は何か気に触ることがあると、声を荒げ、物に当たり散らす人だった。

食卓をひっくり返されることは日常茶飯事だった。

母は子どもたちを守っては白い肌にアザを作っていた。

そんな家庭で育った私は妙に達観した子供で、大人におもねるのがうまく、空気を読むのが得意だった。

家庭では自然自分が調整役を担い、何でもない風に明るく振る舞うようになった。

中学校では同年代の子との付き合いに苦手意識がありつつも、部活部長も任されたし、友達とはなんとなく合わせてうまく付き合ってきた。

同級生女子の好む話題に乗れないのと、女子のねっちょりした付き合いが苦痛だった。)

そうやって家でも学校でもいい子の仮面を付けてうまくやってきていたのに、次第に身体の方が拒否し始めた。

大きな物音や男の先生の大きな声を聞くと、震えが止まらなくなった。

次第に朝、息が詰まって動けなくなり、無理やり足を一歩踏み出すたびに涙が出た。

もう無理だった。

当時、たった1年間だけスクールカウンセラーを配置しようという試みが私を救った。

カウンセラー先生は「とりあえず休もうか」と休学を提案してくれた。

行きたくなったらもう一回1年生したらいいんだよ、フリースクールだってあるし、大検受けたら大学にも行けるよ、と。

「このままだとこの子は死にますよ」と母を説得してくれ、私は1年間の休養を与えてもらった。

そして、母もまた父を説得してくれたのだと思う。

1週間に1回、カウンセラーが来る水曜日には登校して面談する以外は、ひたすら寝て、ひたすら本やマンガを読みまくった。

働く母に代わって家事をしたり、一日本屋や図書館で過ごしたりもした。

どう見られているかはあまり気にしないようにした。

誰も何も言わなかった。そっとしておいてくれたことに感謝している。

あるとき学校に行ってみようかな、行けるんじゃないかなってふと思い、次の春から二回目の1年生に挑戦した。

精神的に不安定になることも多かったが、たくさんの先生の助けや、理解ある友人を得て、休みがちながらも卒業することができた。

大学でもカウンセリングを利用して、自分を噛み砕いて受け入れコントロールする術を身に着けていった。

なんやかんやで、就職もしたし、今では結婚して子供もできた。

今では死にたくなることも、精神的に揺らぐこともない。

大人になれないと思い込んでいた、あの頃には信じられない。

一度止まってしまったらなかなか戻れないのが日本学校制度であり、高校ドロップアウトした者が休学留年してまで、やり直すケースはあまりないと思う。

希死念慮自覚していなかったが、ここで止まってしまったらもう将来は無いのだから自分は死なないといけないなと漠然と思っていた。

当時は大人になって社会人になる自分なんて全く描けなかった。

カウンセラー先生はその絶望をすくい取って「ちょっと休んで、力をためて、それから次に進んだらいいんだよ」って言ってくれた。

この逃げは、将来のことを何も考えていない、その場限りの無責任な勧めだとあなたは言えますか?

追記

確かに最後の一文は余計だった。実に創作っぽく見える。

安易に逃げろなんて言うな」って流れにちょっと意見したくて書いてしまった。

家庭環境や復学以降の流れは冗長なので省略した。

もちろん、復学は容易ではなかったし、たった一年で容易に自分が変えられたわけではない。

復学初日自己紹介で「留年して二回目の一年生です」ってさっさとカミングアウトしたら、周りに無駄に人が寄ってこなくて楽だったのは作戦勝ち。

クラス替え初日、仲良く慣れそうな人を見極めババっと磁石がくっつくみたいに、グループ作る流れが苦手だったので。

女子は初めての昼休みに誰とお弁当食べるかがその先を決定するんだよね。

1年の休学という区切りがあったのも良かったと思う。

母も先生たちも一年休学したところで、そのままドロップアウトして引きこもりコースかなって思ってたと思う。

何よりも自分が一番状況を打開しないと、という焦りがあったけど、区切りがなかったら外に出るのが怖くなって惰性で引きこもっていただろう。

逃げる、休む、戦略的撤退でもなんでも、それは一時的もので、元に戻る道、別の道を選んでいかないといけないことには変わらない。

少しずつでも挑戦して、自信をつけていくことが大事で、あまりに長い休養はかえって毒になると思っている。

とにかく私は周りの人に恵まれていたのだけは確か。

でも、自分でも心の許せる人を周りに集めて、自分の居心地の良い環境を作るのが大事だと思う。

優しい言葉をかけてくれる人ではなくて、ときに叱ったり発破をかけてくれる人。

ちなみに父自身も癇癪を抑えられない自分が嫌だったのか、少しずつコントロールできるようになり、力も衰えた今ではすっかりおとなしくなった。

私も父を客観的に見れるようになって、距離を保ってうまく付き合えるようになった。

昔のことは許せないけど、父を受け入れることは私の成長の一部となったと思う。

2017-06-14

私は忍耐がないだけなのか

自分は、今年25歳になる女である

仕事が続かなくてつらい。

今回は転職3回目、4ヶ月目に入ったところだが、数日休んでしまっている。

(電話で欠勤連絡はしている)

また、急にだめになった。仕事休みの日に友人とご飯を食べに行った。そして帰宅し、いつも通り仕事の用意をして寝るだけだった。でも、できなかった。

行きたくない、どうしても行けない!」

と大声を出して泣いてしまった。いい年した大人なのに情けない。

実家暮らしなので母が、「誰だって仕事行きたくないよ」と言う。私だってわかっている。わかっているのに、この気持ちが止まらなかった。

やめろ私! やめろ私! 情けないぞ! と内なる自分が言うのだが、止まらない。

実はこういうのは初めてではなく、過去に何回も起こっている。

冒頭に、また、急にだめになった。とあるように、前の仕事でもそうだった。そして前の前も。

一種衝動性を孕んだ感情制御不能になり、暴走してしまうと、もうだめだった。

この日は一睡もできず、家族が寝静まった後落ち着かなく家の中をウロウロして過ごした。多量の薬(風邪薬や胃薬、鎮痛剤のたぐい)とにらめっこして、多量に服用して(いわゆるOD)少しだけ楽になろうと思ったり、2階のベランダから落ちてみようと思ったりした。小期間失踪するのはどうかとも思ってみた。

見てわかるように、私は死にたいとは思っていない。全く死にたくないし、まだ生きていたい。でも、逃げたかったし、消えたかった。

夜は人を不安にする。色々なことを考えてしまう。薬とにらめっこし、どうしよう、どうしようと考えていたら、寝室で寝ている母の顔が浮かんだ。短大時代、これ以上に追い詰められ精神安定剤を多量服したことがある。そして、救急搬送され、母に迷惑をかけた。前みたいなことはあってはならない、いい年なんだからしっかりしないといけない。そう思い自室へ戻り朝を待った。

やはり一睡もできなかったし、気分の落ち込みとやる気のなさ、自己嫌悪感がやばかったので仕事場電話をして、当日欠勤した。人手不足なのに申し訳ないが、とてもじゃないが仕事できそうになかった。

その日の午前中に、かかりつけの内科医院に行って「しんどい」と伝えると泣いてしまった。

女医さんなのだが、すごく優しい先生で、少し休んだ方がいいと言ってくれた?「うちの息子は鬱になってひどい状態になった」と笑顔で話してくれた。

心療内科にかかっていた話をしたら、少しの精神安定剤と、診断書と、別の心療内科への紹介状を書いてくれた。

そのことを職場に伝えると、とりあえず19日まで休んでいいよと言ってもらえた。

心療内科へは、明日行ってきます

でも、心療内科に行くのは少し怖い。

高校の時にインターネット性的誹謗中傷を受けてから、私はおかしくなった。もともとおかしかったのかもしれないが、この件があるまでは、なんとか普通を保っていたはずだ。

食事の味がしなくなったり、実際の被害+被害妄想が強くなったり、自傷行為に走るようになってしまった。

そこから心療内科スクールカウンセラーにかかり、

社会不安障害パニック障害適応障害など病名がついてしまった。

通院するのは苦じゃなかったが、薬を飲むのは嫌だった。怠薬したり、まとめて服用したりもしてしまった。

通院を続けていると、統合失調症になりかけているかもしれないと言われ、怖くなり通院を辞めた。薬も服用しなくなった。

でも、大丈夫だった。幻聴なんかは聞こえないし、多分聞こえたこともない。

人の目が気になったり、人が自分のことを悪く思っているのでは、と感じてしまうことくらいしかなかったし、それでしんどくなる日もあったりなかったりで、段々普通生活を送れるようになった。

結局のところ、自分が本当に病気なのかわからないし、ただ忍耐がないだけじゃないのかとも思った。

鬱なんかでは絶対にないと思うし。

(鬱の方は私なんか以上に苦しんでおられるだろうし、申し訳ない)

そして短大を1年留年(留年した理由精神的に疲れてしまい)したが卒業し、新卒として就職した。

新卒から就職していたところでは、自分自身が馴染めず5ヶ月目で異動となった。そこから約1年後に、お局からいじめに負け退職してしまった。

そして次に就職したところも1ヶ月で退職し、今に至る。

どうしてこう、うまく行かないのか。とりあえず、NARUTOでも読み明日を待つ。

2017-06-07

嫌な言葉

覚えている嫌な言葉

一つは、大学の時のスクールカウンセラーが言った言葉

カウンセリング最後に、彼女はこう言った。

「がんばってください。大したことはできないでしょうけど」

うるさい。

もう一つは、父親言葉

紆余曲折を経て就職が決まった時の言葉

社会人になっても、何もええことはないで。けどがんばれ」

はっきりと親父を軽蔑した瞬間だった。

2017-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20170523023914

スクールカウンセラーになってあげてください。

貴方のようなしんどい思いをしている児童はたくさんいます

助けてあげて

2017-02-07

大学やめたい

大学やめたすぎる。この1年ずっと思ってる。大学受験とき適当に進学先決めた自分ぶん殴りたいし何ならぶっ殺したい。国試受かれば就職余裕^^じゃねえんだよハゲ受験期飲みまくったアルコール脳死んでんじゃねえのか。

動物別にきじゃないしテストしんどいし何よりこの大学全然合わない。中高6年過ごしてきた環境と違いすぎて無理。友達や学務の人はいい人多いけどそれを補って余りあるほどに大学カラーが無理。こんなクソ田舎大学生エンジョイ(笑)してるやつら脳にウレタン詰まってる、間違いない。お前らがBSEなんだよ。あー無理。くたばれ。

パッと見楽しい大学生活送ってると思うけど、内情がドロドロしすぎてしんどいtwitterでのオフパコしたされた問題より全然聞いてて気持ち悪い。全部壁の向こうの話に聞こえる。第一皆なんでそんな獣医に対して意識高いの。変だよ。

なんで6年生までやんなきゃいけないんだ、留年しないのにセルフ理科大かよ、留年やすいところもほんと理科大、ただし偏差値教育レベル理科大以下。ていうか中学校以下だろ、サル山の猿教育してんのか?日光猿軍団か?教授が聞いたことない本物のFラン卒とか大東亜学士しかもってないとか割とどうかしてるでしょ。ここ音大とか芸大みたいな芸術系大学じゃないのよ。今時私立中高の教員でも旧帝なり院卒なんてそこそこいるだろ、頼むからドカタやっててくれ。人を教育するレベル人間性を持つ人間が少なすぎる。猿相手にはちょうどいいのかもしれないけどさ。

から編入考えて近くの国公立サイト見まくってるけど、仮に編入したとしてストレート卒業でもギリギリ三浪就職アウトじゃん、もういっそ文転して再受験してニッコマあたりに入って底辺人生適当にやりたい。卒業ナマポ、なしではないよね。新卒文化死んでほしい。ていうか社会死ね保育園落ちる前に日本へのヘイトが溜まりまくっている。

やる気なさ過ぎて留年すると思ってたけど今年は免れそう、ってそんなのどうでもよくて、成績の良しあし以前に精神が持たない。ドカタバイトトラックの運ちゃんに理不尽に怒鳴られてたほうがまだ精神的にマシだった。これが人生か?ならさっさと自殺したい。

大学卒業まであと何年もあるけど普通に留年はするだろうしそもそも卒業するまでに入院自殺かどれかだと思う。大学やめないと死ぬ

という事を明日スクールカウンセラーに話してきます

2016-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20161222073208

犯罪行為みたいなことしてたらもっと早く医者に行けてただろうか

不登校になってようやくスクールカウンセラーから心療内科だったんだ。

本当はいてくれてよかったって思って欲しいのに足手まといになってたよ。

団体行動だといつも邪魔者だったからね。

先生の側でお手伝いとか出来そうなことはよくやってた。

なんで支援級に入っていなかったんだろうって自分でも思うよ。

小学校いじめなんて自己紹介だけの当日から悪口言われた。

我儘を言っては家から追い出されてたが幼稚園とか低学年だった。その頃には円形脱毛症

私が生まれてこない方がみんな幸せだったんだろうなぁ。と思いながら、

いろんなことが想起されやすいので現実逃避もまともに出来ず毎日泣いてる。

せめて痛みなく死なせてくれよ

2016-12-13

甘えなのかなぁ(追記あり)

発達障害ボーダーの子どもを持つ親。

学校には話しているが周りの親や子供には発達障害は伏せて普通学級に通わせているのだけど、度々登校拒否なる子サポート必要しかPTSD持ちで情緒不安定

PTSDの内容がこれまたデリケートなので人にはそうそう話せない。

小学校高学年なんだが勉強全然追いつけなくなってきてる。

しかし本人は割と勉強わかってるつもりでいるらしい。親の私から見れば全然できてない。

普通の子供にするように説明しても言葉意味理解するまでに色々言い変えないと行けなくて骨が折れる。

専門の個別指導塾とか行かせたいがお金がないし本人が行きたがらない。学校も行きたがらないのに塾は無理ゲーっぽい…。


貧乏なのでダンナだけじゃなく私も働かないと色々困るのだけどなにせ子供が手がかかる。

毎日行くとか行かないとか押し問答を繰り返し行かなかった日には勉強を見たり色々しないと行けないのだがとにかく情緒不安定になっていると色々捗らない子だ。

私は締め切りがある専門職なので仕事の遅れは後でしわ寄せがくるので辛い。しかし誰も家のことを手伝ってくれる人間はおらずむしろちゃんとやれとどやされる。

私も発達障害っぽい性格で要領が悪いしものすごくテンパってる。


学校理解は示してはくれるが特に何かをしてくれるわけではない。当然と思う。

サポート必要な子なのにそれを伏せて普通学級にいるんだから(でも特別学級に行くほどではなく特別学級に行くことは本人のためにはならないと結論が出た)めんどくさいのには違いないだろう。

そういうことを考えるととても良くしてもらってるし、周りの子供たちもいじめとか全然しないいい子ばっかりで本当に恵まれている。


でもたまにすごく辛くなる。


朝起きられない時は学校に行けないことが多い、ということについて、早く寝るようにするのがいいですね、とか、

勉強が追いつけなくなってきてることについて、本人のためにはもっとやらせるのがいいですね、とか

当然のことだとは思う。

でもそれができたら苦労しないんだよ。どうやったらそれができるのかわかんないんだ。


いくら声かけしても勉強もやってくれないし今やってることを中断して食事をしたり歯を磨いたり風呂に入ったり…そういうことがすんなりできない。

私も小さい頃みたいにつきっきりで居られればいいけど、だんだんお金がかかるようになるので働かないわけには行かないんだよ。

ずっとつきっきりでは居られない。


みんなはっきりとは言わないけど甘やかしてるんだろうとかなんでこんなことやらせられないんだみたいな空気だったり

家族もお前の育て方が、みたいな事を言ってきたり、あるいは家のことちゃんとやってないって嫌味を言ってきたり。


わかってる、わかってるんだ。私だってやりたいんだ。

でもできないんだよ。どうすりゃいいの。

つい子供につらく当たってしまったりする。


先生スクールカウンセラーメンクリ先生一生懸命やってくれてるよ。

子供のお友達もいい子ばっかりだよ。

誰のせいでもない、私がうまくやれないから。

でも辛いよ。



[追記 12/14]

発達障害メンタル問題ではないはずなので基地外って言い方はどうなのかな。長く悩んでいれば二次的な障害としてメンタルの不調が出る人もいるみたいだけど。

私自身は子供のことで悩むまで発達障害というものを知らなかったので、自分がそうなのかどうかは診断を受けたことがない。

知ってたら結婚しなかったかもしれないし遺伝するとわかってたら子供も作らなかったかもしれない。

でも今更そんなことを言っても仕方がない。

それでもこの子可愛いし、この子なりに一生懸命生きてる。


もっと大変な特性を持った発達障害のお子さんは沢山いるし、うちの子はまだいい方なんだろうとは思う。

でもおおっぴらにできない事情があって、周りの目は「普通の子」としての振る舞いを期待される中、親として辛くなる瞬間が時々ある。

2016-04-16

http://anond.hatelabo.jp/20160416125023

あれに出てくる登場人物はだいたいどこか頭おかしいんだけどね、

スクールカウンセラーであるエマ先生の元に

生徒が相談にくるところから始まるエピソードとか多い。

明らかにおかしかったのは、夫に固執して気を惹くため妊娠偽装していたウィル先生の元妻で、

多分パーソナリティ障害ミュウハウゼン症候群を併発していた。

その後ウィル先生は前述のエマ先生結婚するんだけど、

この人も酷い強迫性障害でいつも目を見開きながら手袋はめてるキャラだった。

2016-04-12

所詮オタクリア充もいかにコミュニケーションが出来るかが問題

拝啓、桜が葉桜になり散りゆく風景が美しい。

自分はしがないオタクで絵を描いている者です。俗に言う絵師と呼ばれる人、だが自分では絵師と名乗るのはおこがましいので名乗りませんが。

この度、毎日のように描いてきた絵を描くのを一旦辞めようと思いまして。語る場が無いので、此処で身の上話をしようかと思い書き込みをしております

長くなりますが、この駄文に御付き合いして頂くと嬉しいです。

====

自分が絵が好きだと思ったのは、幼稚園から小学校低学年の頃。本当に好きで好きで堪らなくて、ノート意味のわからない棒人間が楽しく遊ぶ様を描いたりしたものです。

友達から「何を描いているの?」と言われ、「分からない」が常套句。けれど宛もなく描くのが好きでたまらなかった。

三年生の頃に転機が訪れた。兄が通っていた絵画教室に通うようになる。その絵画教室基本的自由に描き、時には粘土ロウソク作り方など芸術の幅広いことをする夢のような場所だった。勿論、教室なのでちゃんと技術も教えてくれた。絵を描く楽しみが増えた。

名前はいえませんが、夏休みに描いた絵がとあるコンクール入賞や金賞を取るようになった。学校先生や皆が拍手する感覚、正直アノ時はよく分からなったが、皆が喜んだり親が褒めたりする事は良いことである事はおおよそ分かった。

以来、絵は個人だけで楽しむだけじゃない事を学んだ。

同時期、もう1つの転機が訪れた。夢中になる漫画や本との出会いだ。

自分とあるジャンプ漫画出会った。幼稚園の頃から好きだったモノを題材に、かっこよくて憧れるような内容で描いていた。キャラクターは皆魅力的で、特にボスキャラは強さとかっこよさを兼ね備え尚且つ絶対的存在は読んでいて惚れ惚れした。

小学生ながら、初恋はそのキャラだ。

それが、自分オタク人生の始まりだった。

以後、学校休み時間など空き時間にそのキャラを思い思いに描いたりした。好きなキャラを、好きな絵で表現する。凄く楽しくてたまらなかった。

結局その漫画それから連載が終わったが、今まで兄のお下がりで暇だから読む漫画が、自ら買って楽しむ漫画へと姿が激変した。


それからは激動の時代に入った。漫画だけではなく、小説ゲームにもハマった。中学休み時間は専らオタク仲間と絵を描いて過ごしつつ、部活は大好きな絵を極めたくて美術部に入った。

休みの日は好きなゲームをし、そのキャラ絵を描く日々だった。

ここまで描けば幸せ学生生活だが、中学の頃から少しずつ狂い始めた。小学校の頃にいじめてきた奴が中学の時に再会し、以後3年間イジメを受けた。

美術部は自分の代は1人。友人と喧嘩となり、両親はいつの間にか異常なまでに勉強熱心になった。

それでも、絵は描き続け、何とか無遅刻無欠席で通い通した。

結果、高校に入ってすぐに不登校になった。

受験して努力して入った高校、ただ、苦しい気持ちでいっぱいだった。勉強熱心な親と難しくなった内容により授業が苦痛になり、友達の作り方が分からず「仲間意識が強いから友達ができる」と思って入った美術部以外の部活は更に苦痛になり、弁当誘われた人達の話がよく分から孤独感に苛まれ、遂にはトイレ弁当を食べている方が落ち着いた。

高校通ったのは実質半年。以後不登校になる。中学で疲れきった身体と精神に、高校地獄しか無かった。

それでも、絵は描き続けた。苦痛を和らげてくれたから。描いていて落ち着いたから。

この頃、自分同人誌即売会個人サイト出会って更に絵の道を輝かせていた。好きなキャラを好きな絵柄で好きな内容の漫画を描く人達が、その頃の憧れであり希望だった。


高校通わなくなった頃、絵やオタク関連以外では最悪の時代だ。毎日親と怒鳴り合いし、傷つき傷つけられてわけも分からず。徐々に友人も減り、何時しか独りが普通になる。先の見えない人生が怖く、自身の辛さを分からない周りの人達が嫌で独りが心地よく感じた。

そんなある日、高校を辞めた後も会うスクールカウンセラーから心療内科を勧められた。両親は嫌がっていたが、自分にとってそれは「一か八かの賭け」に思えた。もしかしたら……これで違っていたら本当に終わりだと。

結果、新たな肩書きが出来た。「広汎性発達障害」、所謂自閉症スペクトラム」や「アスペルガー症候群」だ。

凄く、嬉しかった。


思えば小学校の頃から思い当たる節があった。チャイムが鳴ってもと図書室で本を読み、じっとしていられなくて足をバタバタしていた。皆の話す言葉が訳の分からない呪文に聞こえ、机の中と部屋は常に汚かった。

そこに名前がつくと言うのは、長年探していた謎の答えが提示された事。嬉しくて涙が溢れた。

それから人生は少しだけ良くなった。カウンセラー自分の良き理解者になり、同じ障害仲間も出来た。高校も通い直し、アルバイトも始めた。

何もかもがうまくいく。そう思っていた。

その頃から自分も憧れの人達のように絵をネットにアップするようになった。まずはTwitterpixivにも登録した。絵画のような絵だけではなく、イラストについても学んだ。好きな漫画、好きなアニメオリジナル作品も描いたりした。

だが、何故だろう。ネットアップするようになってから少しずつ絵を描く意味が変わってきた。楽しくて、自分が好きだから描いていた絵。次第に、皆も楽しんでくれるような絵を描こうとする。

他の人と比べて下手だと思い始め、技術研究して上手く描く努力をした。色んなシチュエーションや絵柄、「イイね」と呼べる絵を描くにはどうすればいいかを考えた。

毎日毎日色んな絵を描き、好きなキャラで尚且つ人が喜ぶ絵を目指した。

次第に小さいが反応がつく。僅かな点数と1人以上のお気に入り、そしてちょっとだけ増えるフォロワー。やっとだ、やっと自分にも来た!嬉しくて堪らなかった。

が、それが絵を描く楽しさのピークだと知ったのは後々だった。

絵を見るのも好きで、Twitterpixivで好きな絵師様をフォローする事はよくあった。彼等はとても上手くて魅力的な絵を描く。そして同時に、お気に入りフォロワー数が高い。

絵が上手くて魅力的だから、それ相応の反応が来るのは当然だね。そう思っていた。

けれど、フォローして見ていて段々妙な感情が湧き上がる。何故、自分の絵と憧れの人の絵はこんなに反応が違うのか。

試しに自分ではなく皆が好きなものを描いてみた。いつもの反応、同じ評価だった。なら自分を好きになる人を探してみよう。タグフォロワーを稼ごう。あまり反応がない。

もっと技術を上げて研究を重ねよう。きっと技術力不足から皆「下手な奴に興味無い」と思っていた。

毎日毎日、いろんな絵、いろんなキャラを描いた。pixivの講座も見て参考にした。アンケートで描いて欲しいものを聞いたりした。

毎日努力は報われる。絵を描くのが好きでやっている。好きなキャラがこうやって動く様を描きたくて描いている。全員とは言わないが、少しでも多くの同志が出来たらなー少しでも自分の絵を喜ぶ人が増えたら。その思いで描き続けた。


だがそれは、間違いだと知る。結果的に、状況は変わらなかった。誰も見向きもせず、ただただ流れゆく自分の絵。

一方で、自分が本気で描いた絵より何気ない落書きレベルの絵が百を超える反応をもらう。この差はなんだ?アレ……なんか訳が分からない。

自問自答を繰り返し、また研究宣伝を重ねる日々。段々、好きで描いていた絵に無駄な着色が増えてゆく。何か違う。何が違う?これ描いて載せて喜ぶかな?きっと喜ぶ人居るはずだ、気づいていないだけ……。

何故絵を描くのか分からなくなってきた。

そんなある日、試しに友人にその事を相談してみた。

すると返ってきた言葉は意外なものだった。

pixivTwitterも身内が盛上げてくれるから沢山の反応が来る。結局、魅力的な絵や上手い絵が反応を貰うのではなく、友達や仲間がいかに多いかなんだ」

唖然とした。そして絶望した。

自分はお世辞にもコミュニケーションが上手くない。いや、それどころか人と話す自体感想を述べたり空気を読むといった基本的ものが出来ない。アスペルガー症候群からもあるが、中学の頃を境に話すことが苦痛になっていた。故に、※友達の作り方が分からなかった。

ネットは顔見ないから話すことぐらいできるのでは?と言うかもしれないが、自分にとってネットリアルも同じ人間との会話と思っていて変わらない。


※今いる友人は、カウンセラーの紹介により集まった障害仲間と小学校同級生だけである。数え切れる数しかいない。

ハハハ、なんだ。リア充オタクも変わらないのか。何がオタクコミュ障だ!!結局魅力的な絵でも上手い絵でもなく、描いている人が魅力的だから人気なんだ。所詮、人望や人脈が全てなんだ。考えてみれば、オフ会同人誌即売会出来る人はコミュニケーションが出来る人だ。

本当にコミュニケーション障害の人は、絵を描いて載せても無意味なんだ。そう考えた途端に、今まで描いてきた絵や握ってきたペンタブ画材、そもそも絵を描く行為が嫌なものに変わった。


好きで描いていたなら何故嫌いになる?そう思うならネットにアップするな?そうだね……その通りだね。やってきたこと全て間違いだったんだ。ほんと、後悔が込み上げてきた。なんで……もうあんなに熱心に描いていたのか分からないよ。

今も漫画アニメゲームも好きだが、これからファンアートや好きな絵を見る目が変わるのだろう。自分別に絵を仕事にしたかったわけではなく、趣味として好きなものとして最大限に楽しみたかった。ただそれだけ。


コミュニケーション障害の人に配慮して欲しいとかはいりませんし、絶対に言わない思わない。何故なら、コミュニケーション障害公表している有名人は多々いるから。自分コミュニケーション努力を怠った為に痛い目を見たのですから

ただ、人望や人と楽しむ事に全力なリア充を叩くオタク所詮リア充なわけで。

それに早く気づいたのは不幸中の幸いです。

ここまで、駄文を読んでくれてありがとうございました。

最後一言、絵の技術だけは努力しただけ伸びる。それだけは確かです。

では、失礼しました。

2016-04-01

プライバシー流出に関する重大なインシデント

私は監視されている。妄想ではない。毎日学校で、私が昨夜食べたものなどが噂されているのだ。もちろんそんなこと、誰にも話したりしていない。そもそも登校した時点でもう噂になっているのだ。みんないつも私を笑いながら遠巻きに眺めている。気味が悪い。

何度か先生に訴えたが、気のせいだろうと言って取り合ってくれなかった。でも、みんな私に聞こえるように話している。私のテストの結果とか、新しく買ったゲームの話まで。

これは中学校に入ってから始まった。それまで普通に暮らしてきたと思っているのに、なぜかターゲットになった。本当になぜ、こんないじめに遇うことになったのかわからない。どうしたら解決できるかもまるでわからない。両親には心配をかけたくないから言いたくないし。なぜ、どうして、どうしたら。

一つだけ手がかりがあるとしたら、みんなが見ているスマホだ。みんなが私の話をするとき、たいていスマホを片手に持っている。あのスマホできっと私を監視しているのだ。だから、誰かのスマホを盗み見れないかいつもチャンスを探しているけど、物が物だけに持ち主本人だけではなく先生も気をつけているからなかなかチャンスがない。

でも私はある日、決定的な会話を聞いた。

「あの子、ようやく生理が来たんだってー」

「マジ?遅くない?」

「だよね。その上お祝いの赤飯だって。かわいそー」

「そーだよねー。父親にまで生理きたってさらされちゃってさ」

「ていうか、その父親存在がかわいそうだよね」

「そうそう。あの子の家の人、誰も気づかないのかな?」

「うちお母さんにこの話したら、絶対無理リコンするわとか言ってたよ」

「だよねー」

そう言っていつものように笑っているみんな。私は混乱した。生理が来たことがみんなにバレてるのは恥ずかしすぎるけど、もしかしたらと覚悟はしていた。でも、お父さんがどうして関係してくるんだろう?離婚するとかどういう意味なんだろう?

私はお父さんがちょっと苦手だ。少し、私にベタベタし過ぎている。そして、いつも記念写真を撮っている。持ってるのはデジイチの立派なカメラで、私はそこそこ大きくなるまでお父さんはカメラマンだと思っていた。実際は違ったけど。

でもこのいじめの裏に、あれだけ私を大好きなお父さんが関係しているとは思えない。思えないけれど、どうしてクラスメートの会話にお父さんが出てくるのかわからない。

どうして?そんなことを考えながら帰宅したら、家に荷物が届いていた。お父さん宛の荷物だ。いつも我が家では、個人に届いた荷物手紙勝手に開けることはしない。でも、その時はこの荷物に何かヒントがあるような気がして、後ろめたさを感じながらも荷物を開けてみた。

そこには、アルバムが入っていた。

そのアルバムには、私の写真と父が書いたと思われる一言コメントが添えられていた。「数学テスト97点で悔しがる娘」「娘が前から欲しがっていたゲームを買った。喜ぶ娘」

そのコメントは、今までみんなに噂されていた内容と一致していた。みんなの噂とこのアルバムアルバムの送り主は有名なSNSサービス名前。全てが、繋がった。

我が家では、家族揃って夕食をとる。今日もお父さんはいものようにカメラを構えて、夕食の写真を撮っていた。私はなるべく平然と、お父さんに訊いた。

「お父さん、そうやって撮ってる写真、いつもどうしてるの?」

「ん?ネットにアップしたりしてるよ」

今日ね、お父さん宛の荷物が届いてたよ。気になって開けちゃったら、アルバムが入ってた」

「お父さん、バレちゃったね」

お母さんがそう言う。

「バレたって、どういうこと?」

からない。そう訊く私にお父さんは答える。

「君が成長していく過程をね、ずっとSNSに記録していたんだ。それをアルバムに残して、君が成人した時に全部渡すつもりでいたんだよ。僕から君への、感謝気持ちとして」

「そうそう、壮大な計画だったんだからSNS投稿からアルバムが注文できるサービスも探して」

お父さんの答えに、お母さんも笑う。

「できれば内緒にして、二十歳の誕生日サプライズにしたかったんだ」

「……」

それを聞いて、私は涙が溢れて止まらなくなった。この両親に、私はどう言えばいいんだろう?そのSNSの記録が私のクラスメートに見られていて、私は遠巻きにいじめられている。そんなことをどうやったら両親を傷つけずに説明できるのだろう?

私がボロ泣きしている姿を見て、両親はそんなに泣かなくても、とオロオロしだした。言えない。こんな両親に私のことは言えない。

私は結局何も言えずに、涙のことは誤魔化して布団に入った。

あれからどうしたらいいか考えて、結局いい考えが思いつかなかったので、ネットに頼ることにした。質問サービスなんて使うのは初めてだったし、私も自分のことがうまく説明できるか不安だったけど、皆さん親身になって私の質問に答えてくれた。

その中に、こんな返答があった。

「信用できる先生を探して事情説明し、あなたの話としてではなく学校であった事例として、親のSNSから生徒の個人情報漏れたので各家庭気をつけてくださいと周知してもらうのがいいと思うよ。それでもあなたが遠巻きにいじめられるのは変わらないかもしれないけど、少なくとも余計な噂は減らせると思う」

それは確かに名案だと思えた。信頼できる先生を探す、というのが難しかったけど、スクールカウンセラー先生にこの質問をしたことも含め何もかも話して頼ってみたら、早速その先生が手配をしてくれた。本当にありがたかった。

そうしてできたお知らせのプリントを、私はドキドキしながら両親に差し出した。それを読んだ父と母はこう言った。

「でもうちには関係ない話だな」

「そうねぇ」

一瞬、何を聞いたかからなかった。でも、かろうじて「どうして?」と口に出すことができた。お父さんが言う。

だって、君みたいな『いい子』の話をSNSで見かけたからって、いじめたくなるわけないだろ?」

2015-04-13

子供発達障害だった(追記あり)

正確に言うと発達障害ボーダーっていうのかな、限りなく発達障害に近い健常者。

軽度のため気づくのが遅かった。もう小学校高学年にさしかかる。

子供のためにスクールカウンセラー小児科にかかり説明を聞いているうち、多分自分子供と同じなのだと気がついた。

今まで感じてきた自分の生きづらさに納得がいったというか腑に落ちた感じ。

今までは自分境界型とかなのかと思っていた。

そういうことに気づくと同時に、子供の将来に自分と同じように生きづらさを感じる人生が待っているのかと思ったらやりきれない気持ちになった。


だけど、時間は待ってくれない。

子供勉強のこととか躾のこととか社会性とかうまく教えられない自分が悔しい。

貧乏なので在宅で仕事をしながらの子育て。時間をうまく使えない私はだんだん切羽詰まってきてる。


本当の意味子供理解者になれるのは自分だけだしこの子を守れるのは自分だけだと思う。

それだけに自分が人並みな人間じゃないことが悲しい。


過去のことを嘆いても仕方ないけど、先が見えず苦しい。

の子幸せにするにはどうすればいいんだろう。


追記 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トラバありがとう。ここでまとめて返答する。


現在発達障害を見てくれる小児科に通ってる。医者スクールカウンセラー、教師、家族相談しながらの育児

私以外の家族仕事が忙しく育児になかなか関わることができず、現状ほとんど一人で子供を見ていることが不安で仕方ない。

自分自身自分ダメ人間という認識なので、私が育ててまともに育つのかという不安が拭えないから

そんな感じなので、自分判断絶対とか、自分一人で子供をなんとかするべきとは思ってないので、その辺は安心してほしい。それは私も望んでいない。


ただ、本当の意味子供の胸の内をわかってあげられるのは自分かもしれないということと、似た立場人間として自分人生経験したことをヒントとして与えられるかもしれないという意味で「私しかいない」と書いた。

正直辛いので死にたいと思うこともあるけど、血を分けた人間じゃないとこの子愛情を持って育てられない、という自分への戒めも込めて。私がいなくなったらこの子がどうなるか心配なので絶対死ねないけど。

あとはどんな親でも親は親なので、年の割にはまだ幼稚なこの子が心のよりどころにしているのは自分なわけで、しっかりしなければならないという焦りがある。

専門家教育関係者アドバイスはくれるが、結局のところ相手は人間なので、こうやれば絶対楽になるなんて万能策は存在せずケースバイケースで臨機応変にやるしかなく、当然明確な方向を示してくれるわけでもない。

子供と同じで臨機応変っていうのが私自身一番苦手なのでそこも不安


得手不得手については、自分は過干渉な方だったので結構子供のこと理解してると思い込んでいたのだが、そうでもなかったっていうのが医者の話からわかった。

面倒臭がってやらないんだと思っていたことが苦手だったんだな、とか。これからはよく観察したり色々調べたりすることでこれから色々把握していこうと思う。

やっぱり良いところを伸ばしてあげるのがこういう子にはいいんだよね。


一人で頑張らなくていいと言うことはわかっているんだけど、うまく周りにSOSを出せなくて。

だけどなりふり構ってる場合じゃないし子供が笑って過ごせるのが一番だから、受けられるサポートは受けていこうと思ってる。

家族も少しずつ理解を示してくれているのだけどそれでも不安が拭いきれなくて。それで思わずここに書いてしまった。

まずお前とお前の子供は親子なんだから共通点はあるだろうが基本、他人

の子はお前じゃない。お前と同じ苦しみを味わうとは限らない。決めつけるな。

確かに教育大事だけど、子供も一人の人間なのだから周囲の環境によって自然に育っていくものだよ。周囲も子供貴方完璧な躾をしろなんてことは言ってないししなくていいし、ただそんな風に思ってくれる親を見て子供は育つんだよ。

ありがとう。すこし希望が持てた。

2015-03-05

教諭だけど部活指導しんどい

はてなブックマーク - 熱血先生26歳の死、労災認定 授業や部活に追われ…:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASH324T4JH32PTIL01H.html

たまに登場する高校教諭増田です。ニュースとそれに対するコメントを見て感じたことや自分の考えの整理を書いておく。

部活動必要性重要

学校外では部活動について多様な意見がある。「部活指導外注すべき」から「やりたいスポーツなんて学校外でいくらでもやらせればいい」まで。

現場で働く個人としては、部活動学校にはあるべきと考える。むしろ部活動はやりたい生徒たちにとって学校生活の大半を占めるくらい大切な時間であり、そういった場での同学校同学年の仲間たちの時間人間形成に大きく影響する。あることに打ち込んで成果を出すという成功体験学校外のクラブチームなどでできないわけではないけど、「部活動に打ち込んだ時間があって学校生活が充実していた」、「3年間毎日朝練をし続けたことがささやかな自信になった」というような経験のある人は少なくないと思う。もっと極端な例では、クラスでは仲間に弾かれて居心地が悪く、部活動学校での良い居場所となり楽しい時間を過ごし、運動によりストレスの発散にもなるということもあったりする。

学校部活動はあった方が良い。1年次は強制入部とかそういう変な学校もあるけど、やりたいという生徒たちには環境を用意してあげるべき。

教員部活動指導

顧問教員の取り組み

教員の中には「俺は学校生活部活動に捧げたし、部活動指導をしたくて教員になった」という人が教科問わずいる。そういう人たちは本当に部活動に力を入れている。10年くらいかけて「部活動を育てあげる」ということをやってのける。弱小で、チームとして何も出来上がっていない高校生たちを、何年もかけて、代の交替を見守りながら、練習に対する意識指導者への礼儀、仲間同士でのコミュニケーションを教え、学校の特色とも言えるような部活動にしていく。

吹奏楽部なんて大きな組織づくりになるから本当にすごい。顧問経験者であれど楽器は個々で違うので全てを指導できるわけではない。他校の顧問とのつながりから人脈を広げ外部の指導者を雇い、放課後や土日の練習に指導を依頼する。外注するだけでなく顧問ももちろん指導をするし、全体の演奏の指揮を執る。さら顧問が行うのはそういった技術指導だけではない。生徒一人ひとりの性格を把握しパート毎にパートリーダーを決め、部長副部長パートリーダーを中心とした組織づくりを行う。そういったリーダーとなる生徒たちには、リーダーとして必要なことは何かを考えさせる指導をし、また組織全体に、外部指導者指導を仰ぐ態度や礼節を厳しく指導をする。そんな真剣部活動の取り組みは、練習の中の躓きやそれを超える瞬間、コンクールでの成功の度に生徒たちにカタルシスをもたらし、かえがたい体験となる。このような指導を重ねていくと、部員全体が学校生活全体を通して凛とした(男子部員もいるがあえて全体にこの言葉を使わせてほしい)立ち居振る舞いをするようになっていく。そんなしっかり取り組む部活から外部指導者を雇ったり楽器を修理する予算下りる。運動部指導しながら傍から見ていて、素晴らしい教育だなと思う。偉業と言っていい。

閑話休題。とにかく部活動を熱心に指導する教員は本当に熱心だ。そしてそんな教員を中心に、現状として基本的部活動指導はその学校教諭が行っている。

教員顧問制度の良い側面

その現状について、最近世間的に問題点フォーカスされているが、まず良い面について述べておきたい。その良い面というのは、生徒たちと同じように、教員にとっても教室の外で生徒と関わる中身の濃い機会となるということだ。

教科の教員として、ある生徒を教室内だけで見ていても、どうしても一面的なことしかからない。部活動時間に好きなことに取り組んでいるときの表情は当然違うし、そういった場でも生徒とコミュニケーションをとれるというのは、生徒掌握や生活指導など様々な側面から大きなメリットを得られる。わかりやすいケースを挙げると、授業の時間の中で自分部員に対し叱った後で部活動時間フォローをしたり、最近表情に陰りが出てきたようで気になる生徒に部活動時間に声をかけて話を聞いたり、そんなことが可能なわけだ。

またそれは部活動顧問一人だけで行うわけではなく、教員同士の連携も図れる。教育活動はチームワーク。「〜〜部の〜〜君、今日授業中にちょっと俺にキツく怒られてるんで、ちょっと部活の時の様子見てまた後で教えてくださいよ」とか、「部活ときに他の部員と揉めてたんですけど、最近クラスでどんな様子ですか?」とか、教員側で生徒に対してできることの可動域がぐっと広がる。

おいおい厚かましい教師どもだな、と思うかもしれない。中堅上以上の進学校だとこんなこともまぁ少ないのだけど、レベルの低い学校だと生徒集団も辺に幼い傾向にあるのでこんなこともしょっちゅうである

自分の取り組んできた部活動

こういうケースもすごく多いのだけど、自分は縁あって全くやったことのない競技の部活動顧問になった。その時の場合はまぁ環境部員数はそれなりにできていて(前顧問が築き上げたものだ)、それを引き継いだ形だった。どのように取り組んだかというと、生徒たちからすれば目の前の顧問はこの競技はでないわけだし尊敬なんか全然しない。なので少なくともこの人はこの部活に対して本気だと感じさせるよう取り組もうと決めた。まぁ若手であり身体も動くので用具を一式揃え、生徒たちに交じって教え合いながら、怪我をしたりしながら、そんな中で技術に関しては俺よりも高いところにある部長教員としてぶつかり合ったりもしながら、部活動指導にあたった。放課後は勤務校の定時制課程で非常勤講師を引き受けていたけど、それまでの1時間だけでも着替えて練習して汗だらけになり、土日には他の学校との練習試合や合同練習を取り付けては毎日練習をした。それだけ自分時間犠牲にしても、礼節指導、チームの構築、どのように引っ張っていくか、どれもやりきれず、異動となった時には反省点だらけで、部活動指導の難しさを思い知らされた。それでも生徒たちは自分の異動を泣いて惜しんでくれて、最終的には良い経験をさせてもらったなというところに落ち着くことはできた。

今になって振り返ると良い思い出になっている。それもあって、件のニュースノート写真なんかは心が傷んだ。自分もあそこまではせずとも、部活動ファイルを作りそれを使って生徒たちとやりとりをしていた。しかしその反面、当時は本当に大きなストレスだった。自分がいなくても練習に真剣に取り組む土壌が作れない。叱ればふてくされる。俺だけの空回りか。仕事楽しいけど唯一部活動けがストレスと言える状態だった。

教員顧問制度問題点

しんどい。やりたくもない。

初めから仕事の一つとして挙げられているのだから教員になる段階で覚悟決めとけ、というのがまぁもっともな声だとも思う。けれど我々は主に教科指導賃金をいただくわけで、その上に部活動指導が重なることで定時内でこなせる業務量を軽く越え、その上で残業代は小遣い程度のみなし残業代となると泣くしかない。

そんな中で、顧問はその名の通り顧問という立場なので、まぁ部活動自分の好きなようにすることはできる。変な話やりたくなけりゃ適当なお遊ぶ部活にしてしまえば良いわけだ。でもそこに集まる生徒たちは真剣にそれに取り組みたい子が集まるわけで、教員としてはそれには応えてやろうとなるしかない。それはこちらの気持ちとしてもそうである上に、採用自治体もそんな教員であれと謳っている。それなら土日の賃金なり振休なりを保障してくれ、と思う。

現場空気感

そんな中で実際の現場雰囲気はどうかというと、部活動に関してはあの人すごいよねと言われる人たちがいて(先述のような部活動志向教員だ)、まぁあそこまではできないけど頑張ってるよという中間層とも言える人たちがいて、部員もいるのかわからない名ばかり顧問もいる。割り合いはまぁ学校の特色によるけどだいたいこんなもんだ。その中間層には自分のような素人なりにやっている顧問も多くいる。

そんな中でどうにかしてくれと思うのが、部活動志向のおじさん教員たちの押し付けがましい説教だ。ただの愚痴になって申し訳ない。けどブコメにもあるし言いたい。

まぁ部活動に力を入れてきた人すべてがそんな説教ったらしいわけではない。けれど一定数は「若いうちに部活動がんばらないでどうするんだよ」という考えのおじさん達がいる。俺は先に書いた通りに部活動をそれなりにやってきた自負はある。それでも部員数が減って燻っているさなか何度も飲み屋説教を受けた。俺は分掌仕事を全部後回しにして部活動を最優先にした。そのためなら残業をどれだけでもした。お前はどうなんだ。そこまで生徒とぶつかっているのか。

自分自分なりに、生徒たちが部活動に臨むべき姿勢を考え、部活動運営し、その結果の今であって、初めからやる気のない人間を集めてその部活を育て上げようみたいなビジョンははっきり言ってありませんよ。生徒がやりたくないならそれでいいじゃないですか。部活がやりたくて教員になったあんたみたいな人ばかりじゃないんだから押し付けないでください。それより同じ分掌のおじさんたちがろくに働かねーから俺が職員室にこもって学校運営仕事ひたすらやってるんでしょう。

そんなことを何度も言いたくなりながらもビールと一緒に飲み下した。そうこうしているうちにその辺りの人と飲みにも行きたくないようになり付き合いは減らしていった。

部活動顧問外注案はどうか

ではそんな中でよく言われる、外注してはどうか、ということについて少し考えたい。

前提として先述の通り部活動がやりたい教員はいる。体育の教員なんかも「体育教員なんて部活動指導してなんぼやろ」という考えの人も多い。やりたい人はやって、それ以外は外注で補う形が良いのではないかなぁと思う。

ただ、技術指導に特化した人に丸投げというと、先に書いた教員顧問制度メリットの部分が得られなくなる。名ばかり顧問としてでも名前だけは教員を配置した方が良いんじゃないかなぁ。その上で顧問や生徒の学級担任などの教員側と、外部指導員とで生徒たちについての意見交換ができるような場を設けるとかが考えられると思う。実際に学校ではスクールカウンセラー教員同士が意見交換をするカウンセリング委員会みたいなものがあったりするし、そんな感じで。

本当はもう部活動要員を教員として用意してしまうというのが一番理想的だと思う。それぞれに与えられた役割に専念すれば良いし、同じ学校教員として相互教育活動に取り組むことができる。だけどまぁそれだけ地方公務員を増やすってのは無理なんだろうね。だから外部への外注なのかなぁと。

そして多分そんな風に環境が移行していけば、俺に説教をした部活動おじさんは多分また説教をしたくなる。若いんだから、身体が動くんだから、そのうちに生徒とぶつからないでどうする。おそらくそういった移行措置を採ったとすると、初めはそんな空気が流れるのだろう。

そりゃあそうだよ若いうちに生徒と距離の近いところでコミュニケーションをすることは教員としての力量形成に大きな影響があるよ。ただ過労で倒れる人が出ている中でそれを叫ぶのはもうだめだろう。だからまずその環境をなんとかして、その新しい関係で生徒と教員がどうやっていくかを改めて構築していくべきだろう。そう思う。

ただ、まぁそれも現実的ではないのだろうなぁ。これを実現するには莫大なお金がかかるし今の日本にそれをやれるほどの体力があるとは思えない。時代が代わり、生徒たちが代わり、昔の美談が悪しき風習となっていったまま残り、地獄はまだまだ続くなぁと思う。

日教組について

ニュース記事ブコメ日教組への言及散見されるのでちょっとそれについても現場から見た組合について少しだけ。

自分組合員ではないけど、組合はありがたい存在です。組合労働条件などについて交渉などの活動に取り組むお陰で我々の賃金労働環境は少しずつであれ改善されています。休暇の取り方や範囲などの制度女性や要介護家族を持つ者にとっての労働環境、そういったものが守られているのは組合の取り組みの恩恵を受けられているなとは感じている。まぁ社会的に色々言われるし確かにねぇと思うところはあるので、少し言葉を濁してしまったりはするのだけど。

というかブコメに「日教組って組合だったの?」ってのがあるけど逆に何って思われてんの?

2014-09-13

高学歴ワープア女性の探し方 の返信

http://anond.hatelabo.jp/20140912200957の返信

増田の優しさに感激。既出ネタにもいろいろレスしてくれてありがとう。以下ムラのある返信。

masudamasurao

はてなにもそれなりにいるのでは、あとは大学とかでやってる文化系講演会とかは?まあリアルでは散在してて群れてなさそう 2014/09/12Add Star

はてないそうだけど探せない。アンテナ低いorz

明大リバティセンターでやってた○○学フォーラム行ったが、ネタネタだけに若い人皆無だった。

ただ内容は非常に楽しめたというか糧になった。

散在してるのはほんとそう。団体様のほうが見つけるの楽だけどもう相手いる/群れてない人の方が好きだけど探すの難しいというジレンマ

pachikorz

大学研究室テクニシャンとかパートタイマー研究員(ポスドクとは違う)とか大学附属の研究施設事務員とかで、比較的年齢が若い人なんかをあたってみるといいのではないか

whkr

司書なんかは高学歴ワープアの典型だから図書館巡りなんてどうだろう。聴講生になって大学図書館にも足を伸ばそう。 2014/09/13Add Star

研究助手とか司書かいいよね。あとスクールカウンセラーなんかも。

出会い方とすると、やっぱ図書館とか大学か。理想的なんだけどなあ。

しかけられずに終わるわ!

kds1256

理系だったら、ほとんどがアカポスおっさんorジジイか身近なポスドク若い院生なんかと付き合ってそう。

もしくは大学時代から彼氏が。とか。想像だけど文系なら結構フリーの人いるのかな? 2014/09/13Add Star

文系のが付き合ってそうなイメージだけどDTには分からんとです。

Outfielder

地方から都会に出てきて独り暮らしで周囲に相談する相手が少なくて、行動力あるが貧乏でいろいろ考え込むような高学歴独身ワープア女性なんか新興宗教とかマルチとかからすれば特A級のターゲットから気をつけろよ 2014/09/13Add Starcider_kondowhkr

ほんとこれ。失礼な言い方だが地雷も多そうなんだよな。

相手からすると自分地雷である可能性は高いんだから、お互いさまと言ってしまえばそれまでだけど。

gimonfu_usr lusts がまぐち

( いやいや。君の周辺におるのとちがうか。http://toyokeizai.net/articles/-/11273 こういうのは、データ上だけの話かな。)

確かにいるんですが、高学歴ワープア別に東大卒とかではなくて、なんというか『ある体系の話が好きな人』)と出会うのはどうかなと。

そういう話をちらっとしても???なことが何回かあったり、そもそも、日常会話でそういう話できないから分からんのですけどね。

民間に比べてどうかはわかりませんが、官製ワープアは確かにひどいです。正規採用の××を引き合いに出すと吐きます

tatage21

何で高学歴でなきゃいかんのだろ?

大学卒業しててほしいですが(あの自由時間経験を共有したい。高卒は頭の良し悪しではなくあの感覚が共有できない。)

別に大学名とかじゃないです。上で書いたようになんというか『ある体系の話が好きな人』、この言い方は好きではないですけど、簡単に言えばオタクですかね。

何で高学歴とつけたかといえば、そういう話が好きな割合比較的大きい気がしたからです。

HBK-mn

普通に大学院の同期とか知り合いに紹介してもらえば?

だよなあと思いましたけどその線以外でお願いします。付き合いないんです。

学部学部卒や高校友達とは今でも付き合いあるんですが全員女っ気ないです。

death6coin

お前が探し方を書くんじゃないのかよ! 2014/09/13Add

書けるんだったらそもそも書かんわ!

poipoichang poipoichang

高学歴高収入女性に養われたい・・・

女医さんや薬剤師さんと結婚したいと思ってた時期が私にも3日くらいありました。

tomakomai01951

正しい増田の使い方。自分スペック(容姿学歴性格趣味)、相手への要望(高学歴ワーキングプアなら誰でもいいのか?)も書いた方が相手見つかりやすいんじゃないか? 増田本人はオレへのスター忘れんなよww

うーん、容姿とか性格とか趣味は案外難しいな。客観的ことなら179cm72㎏、田舎国立理系卒とか書けるけどな。

要望タバコと大酒やらなければ。「高学歴」の理由は上記。付け加えるならNHK教養番組を一緒に見て感動したり話したりできるとかかなあ。

関係ないけど、彼女いない歴=年齢だから夢見すぎてるんだろうなあ。

2014-06-30

http://anond.hatelabo.jp/20140630143041

あれ、お前がカウンセラーじゃないのか。転移は大なり小なり一般的に起こりうるものらしいし、現場スクールカウンセラー一人で手に負えないケースもについても、代替手段対応できるようにしておくのが制度設計というものだろう。例えば、食い物にされない受け入れ先へ誘導したりするのが、行政システムとしての在り方じゃないかな。

http://anond.hatelabo.jp/20140630010635

そういうもんなのか

そんなんじゃ、「スクールカウンセラーをどんどん設置しましょう」なんて言ってても、

全然意味のないものなっちゃうな

http://anond.hatelabo.jp/20140630010509

逆やな。

スクールカウンセラー場合、「時間厳守」「過度な転移を起こさせるな」

がまずベース。個人のカンバンで受けられるカウンセリングと違って

お役所仕事が前提だから、融通がきかねーのよ。

怒られちゃう。でも、それはカウンセラーが悪いんちゃうで。

モンペ無能教師と思春期モンスターの行きかう戦場で戦ってる以上

ガッツリ線を引かないとヤベエ、というどっちかといえば役所の判断やで。

ちなみに最近は「ウチの子が待ってるのに待たせるとは何事だ!」って

苦情、そりゃもうものすごいんやで。

時間厳守はある種の防波堤なんですよ、色んな意味で。スクールカウンセラーはそこを越えられません。

尚、越えた場合おしおきだべーという結果になります

2014-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20140608203619

いや、君が病人なんじゃないか?と言ってきたのは向こうが先だし(確か最初からそう訊ねてきていた)。

それでいて主張が「生活が上手く行っていれば精神病でない」なんだから

この2行目だけなら別に普通だけど、もうこの時点で矛盾してて、「あっ、この人やばい人かも」と多少思いますよ。

それに対して「悪いけど君ちゃんと病院行ってる?」とオウム返しをしたわけで、

そしたら自分が聞かれるとブチ切れ、堪え性なさすぎです。

相手してる人間はより一層「あっ、この人やばい人かも、ビンゴだったかな?」と思いますよ。

それで職業聞いたら、発達障害が専門のスクールカウンセラーと言うのですが・・・

発達障害が専門の人が、ブチ切れたからといってよりによって精神状態に絡めた暴言を吐くものなのか?それこそ私にはわからんですが

http://anond.hatelabo.jp/20140608044447

発達障害専門家が酒を煽ったかネット文章にカッカしたぐらいで、人に対してこんな暴言を吐くものなんですかね

>おまえ散々他人煽ったじゃねーか、自覚してないのか?そんで俺に黙れってバカかよ。

増田の使い方もおまえ如きが勝手定義するもんじゃねーだろ。無自覚ジャイアンかおまえは。

>つーか、何度も何度も尋ねて申し訳ないがおまえさんの人生は今順調か?大丈夫か?

>その社会性の無さと他者自己の線引きの出来なさ、自己認識の甘さはあぶねーよ、十分に。

>無根拠に他人を障害者と罵るメンタリティ、本当に実生活で隠しきれてるか?

こんな投稿何度も読まされたら、まずこいつの本当の人生は順調なのかって疑問に思うでしょう。

>マトモな人間は誰かが「人格障害を持っていそうで心配だ」って会話の流れで

>相手を無根拠に障碍者扱いはしねーのよ。だって自分の発言の信憑性を貶めるだけだろ。あんたは無自覚にやってるが。

から、口の悪い増田自分でこれをやってるんだよね。無自覚に。

http://anond.hatelabo.jp/20140608053736

悪意で、DSM-Ⅳのこれらをわざと演じてるのかと思ったよ。今でも思ってるけど。

②:理想化とこき下ろしとの両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式

⑥:顕著な気分反応性による感情不安定性

⑧:不適切で激しい怒り、または怒りの制御困難

>そんで、おまえ俺を全く無根拠に精神障害者扱いしただろ。

いや無根拠ではないよ。

なんなの、この文章徹夜明けだから荒れてる、はてなから人格変えてる、でごまかせるわけないでしょ。

http://anond.hatelabo.jp/20140608044447

http://anond.hatelabo.jp/20140608045302

http://anond.hatelabo.jp/20140608050623

毎回長々書いてるけど、

「他人を精神病扱いするのは良くない」の一文で済む話でしょ。これ。

これで職業スクールカウンセラーって・・・

http://anond.hatelabo.jp/20140608050825

インターネットだとそういう人多いから勘違いするけど、

はてなで他人を口汚く罵ることでストレス解消してます」って行動自体がまともじゃねーぞ。

あと相手を同じ病気に引きずり込もうとしてるのかと思った。

これは知り合いの病んでる人にもほんとうに多い。

http://anond.hatelabo.jp/20140608055542

カウンセリング顧客を高い報酬で大量に抱えてりゃ儲かるよ

保険適用外だし、30分5000円とか弁護士みたいに設定することも可能は可能だしな。

あらゆる商売と同じで客さえ来るならそりゃ儲かる。

スクールカウンセラーはこっちに比べりゃ儲からん

時間単価自体は悪くないが(自治体や私立の場合法人にもよるが、時給3~5000円くらい)

週2くらいの稼動になる上に実稼動以外の時間が多すぎる。スケジュールの兼ね合いも難しいしな。

教祖になれるような人なら大儲けできるのかもな。

研究学会発表仕事クオリティをブン投げて仕事取りまくれば年収1000万は到達するだろうが

そもそも仕事絶対数も不足してるしな。8年もかけて見合う資格じゃねーよ。好きでやるもんだ。

2014-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20140426043522

あ、いえすいません臨床心理士です。

スクールカウンセラー精神科付きのカウンセラーを両方やってるだけです。

なるほど、私自身が医者に罹った方が良さそうですね。

2012-07-18

必要なのは念仏を唱えることではなく仕組みを作ることである

残念ながら、複数の人間が一緒に生活している場では、大なり小なり序列ができていじめかそれに近い状態が発生する。

大人の世界でも変わらない。

ただ、精神的に発達途上の人間監督者の少ない閉鎖的空間に集う「学校」という場所が、いじめが非常に発生しやす場所なのは間違いない。

そして、「いじめは良くない」というのは真実だが、その念仏を100万回唱えてもきっといじめは無くならない。

必要なのはいじめエスカレートさせない仕組みだ。

いじめられている本人が「耐えられない」と思った時に駆け込める安全場所を作るべきなのだと思う。

保健室スクールカウンセラーはその役割の一端を担っているが、きっとまだまだ全然足りない。

学校内に、学校内の教師の序列・校長トップとする教職員権力ピラミッドに属さない誰かを配置すべきなのかもしれない。

または、教育委員会市役所も含めて地元の役所が一致団結して隠蔽に動くようなケースを考えると、

文部科学省通報窓口を設けるべきなのかも知れない。(担当者パンクしてしまうかも知れないけど)

具体的な仕組みの形は試行錯誤して改善していかなくてはならないだろうが、とにかく何かシステム的な改善があることを願う。

今回の大津のケースが、またもや「いじめは良くない」という念仏の一つとして取り込まれていってしまうだけで終わっては、

被害者が浮かばれないので。

http://anond.hatelabo.jp/20120717195109

2012-04-07

スクールカウンセラーって家庭問題に踏み込むのいやなの?

思い返すとただ話を聞いて「つらかったね」って理解したふうな相槌を打つだけだった

あれなら素人にもできるんじゃね

それともカウンセリングが元からそういうものだったんだろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん