「吹奏楽」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 吹奏楽とは

2021-05-04

もう区別主義じゃないとダメなんじゃないの?

外出するなって言ってもする奴がいる。

路上で飲むなといわれても飲むやつがいる。

合唱部コロナウイルスクラスターが起きても謝罪しない教師がいる。

吹奏楽職員が着服しても、一切反省しない顧問公立高校にどっといる。

子供山笠児童ポルノに該当するからやめろと国連から勧告が来てもやる博多っ子。(ブキッキオ報告では、子供山笠未成年産業搾取に該当すると考えられている)

トーチトワリングで大やけどして痕跡上半身全体に残る事故が起きるまでやる名古屋人。

もう、区別でいいじゃない。

かたっぱしか区別して、どんどん逮捕できる社会のほうがいいんだよ。

倫理に反している奴とわかれば即座に逮捕でいいでしょ。


それを「差別」とか言ってるのがまだ日本人に多くいる。

クラスター自分恋人や妻や友人や母親が死んでも、それ言えるの?

まあ0歳児から天涯孤独で生涯を送った人間以外は言えないよね。

家族という絆が完全に崩壊しないのなら、民主主義は何の役にも立たないんだよ。

崩壊すれば役に立つ可能性はある。


道徳に基づき法の不遡及もまげて神戸教員処分するのは理にかなっている。

法の不遡及を曲げなければサロット・サルポル・ポト政権も倒せなかったくせに。

民主主義者は自分のことしか考えないんだよ。

からそこらじゅうで間違いを起こし、謝罪しない。

新幹線コロナクラスターが起きたって乗客は誰も反省することはないだろう。


もう民主主義過去だよ。

中国が勝つ。

負けた国は頭を下げろ。

2021-04-05

anond:20180104132743

いかげん納得のいく理由を教えてくれ。

その理屈で言うと

子供山笠トーチトワリングよりも、語学プログラミングを教えろ」

ってことになるし、実際そうしてしま大人はいるだろうか?

日本ガラパゴス吹奏楽合唱よりも、厳格書法を教えろ」

ってことになるし、実際そうしてしま大人はいるだろうか?

古文漢文よりも、フランス語中国語を教えろ」

ってことになるし、実際そうしてしま大人はいるだろうか?

ベクトルよりも、初等幾何を今の倍やれ!それが国際標準だろ!」

ってことになるし、実際そうしてしま大人はいるだろうか?


これらは全然実現していない。

なぜ実現しないのか?

それは「今の大学生の9割が全然勉強していないから」だ。

もちろん彼らは結婚子供を産んでも子供勉強の面倒を見ることすらできない。


富裕層は2%しか努力しないといわれている。(ニッセイの国際コンクール支援奨学金受給者勝率)

富裕層10%しか努力しないといわれている。(田舎から大学受験勝利する確率)

(10+2)÷2=6で、まぁ日本人で努力するのは、たったの6%しかいないんだよね。

これでは古文漢文がなくなることは50年無いだろう。その程度の民族からね。

2021-04-03

anond:20210402094806

親も教師バカで、地方自治体にもまともな大卒と院卒がいなくて、

「この野郎!」って思った奴だけが勉強している。

その比率はいつの世も6%しかいない。


なぜ6%になるのかは、どこの国でも様々に議論されている。

知的にありたいと考える層は6%以上にならない。

なので、合唱吹奏楽子供山笠トーチトワリングのように、反知性主義日本で横行するのはこのため。

反知性主義をたたえるのが94%だからね。

少子化が発生するまでの日本では、これに踏み込んで考えていなかったような気がしている。

2021-03-28

anond:20210328015528

日本における音楽部活は、いい話をあまり聞かない。

それは吹奏楽教師世間知らずだからというのもあるが、日本では西洋クラシック音楽理解するための文献が入手しずらい。

情報が圧倒的に足りないのに、すぐ練習漬けにすることしか考えられない。

Youtubeで水準の高い演奏が即座に聴けるのも、日本には逆効果になっているのではないか

浅はかだった。

高校卒業したことだし、吐き出してしまおう。

(長い)

私には発達障害の傾向があると思う。YouTubeとかでADHDアスペルガーの行動や特徴の動画を見ると自分を見ているようだ。

そんな私は高校吹奏楽に入ってしまった。元々音楽ができる人に憧れがあって、自分も何か弾けるようになりたいとずっと思っていた。それに、入学して初めて話した、吹奏楽ガチ勢中学から来た友達吹奏楽をすごく勧めてきたからでもある。

浅はかな私は、楽器練習すれば誰でも吹けるようになるものだと思っていた。それにパートの人とさえ仲が良ければなんとかなると思って、その最初に話した友達と二人きりのパートに入ってしまったのである

同じパート友達をAと呼ぶ。私はコミュ障だし、話しかけられても自分の話しかできない。Aもあまり積極的に人に話しかけに行くような人間ではなかった。最初一年は用がある時以外は本当にAとパートの先輩以外の人と話さなかった。部内の恋愛事情人間関係も何もかも知らなかった。しか楽器もまともに吹けなかった。初心者で入った人の中ではダントツに下手だった。少なくとも他の人にはコミュ力愛嬌があった。そんな状況でも欠かさず部活に行ってはいた。いいのか迷惑になっているのかわからない。

二年の時は後輩が神のようにいい人だったのが救いだった。でも、本当に迷惑人間だったと思う。人間的にも技術的にも。

こうして書いていると辞めない方が不思議に思えてくる。でも当時の私は今ある生活を変える方が面倒だった。面倒というより怖かったのかも知れない。そうして定演まで部活をずるずると続けてしまった。

しかし、定演コロナによる休校で無くなってしまった。正直ホッとした。クソみたいな自分演奏舞台上で披露して、誰も何も言わないけど自分けが自分を責め続けることが避けられてよかったと思った。一方で一生懸命に準備してきた人たちもいるわけで、自分をクソだと思った。

今思い返すと、どうして吹奏楽に入ってしまったんだろうと浅はかな当時の自分に後悔しかない。迷惑しかかけてないし、誰にとってもマイナス選択だったのではないかと思えてくる。

吹奏楽自分楽器自体は好きだ。でも自分には絶対に合わないものだとわかった。二年の部活で得た学びはそれだけだ。Aも私じゃない人が同じパートだったらもっと吹奏楽を楽しめたのではないかと思えてくる。本当に申し訳ないと思う。

2021-03-16

anond:20210316164921

行くな。

広大な体育館

じぶんが ONE OF THEMであることを味わうだけだ。


成績優秀者の表彰はすごいと思う。

あと吹奏楽が立派だったり

日大だと相撲部交通整理したり。

2021-03-14

anond:20210314225019

吹奏楽でかけてたというのが吹奏楽演奏してたって意味ならそもそもT-SQUAREの曲のいくつかは吹奏楽向けにアレンジされて吹奏楽定番曲になってたりするのですよ。

anond:20210314224254

この、T-Squareってのは、今から29年前に高校文化祭でも登場した。

著作権法なんか緩かったので、とある地方のなんとか高校ではT-Square吹奏楽でかけていた。

聴衆は当然地方高校生なので、テレビと同じ音楽が展開されるんだから、そりゃ盛り上がったね。

私はその盛り上がりを冷ややかに見ていた。

田舎地方高校生にとってはテレビラジオでかかる音楽がすべてで、あとは何も知らないのだ...

地元を出ない人たちは、それが娯楽なんだからいいじゃないかと思う反面、私は地元を出る予定だったので、白けた。

2021-03-06

マーチングバンドが自団体につけているくさい名前が苦手。吹奏楽団とか、マーチングバンドとか、そういう素朴なままが一番いいのに。

2021-03-02

合唱吹奏楽低学歴の世界か?

結論から言うと、これは立派に「中学歴の世界である

吹奏楽合唱をやっても、ちゃん大学受験成功する者はいる。

しかし、吹奏楽合唱調性音楽真実の姿ではないので、高学歴の世界ではない。

したがって中学歴の世界である

最近は、ピアノヴァイオリン世界すら、もう高学歴の世界ではなくなり、中学歴の世界になりつつある。

依然として高学歴の世界なのはヒストリカルチェンバロヒストリカルオルガンリュートなど。

はてな民積極的に「中学歴の世界」を指摘するべきである

低か、高か、という分類がおおざっぱすぎる。

anond:20210129025049

女性毒親率が多すぎる。

仮説だけど、両親ともに教育を受けてないからじゃないかな。

高卒大卒かはこの際関係がない。私大文系でも、最近では高卒程度の知能は珍しくない。

親の知能が低くて、教育程度も加えて低いと、まず「女の子のほうが男の子より先に気が付く」から

成熟が2年早いからね。

大卒が67%で動かなくなる社会になるまでは、女性毒親話は尽きることはない。

大卒が67%で30年ほど社会が進むと、もうそういう毒親の話はきれいさっぱりなくなっているはず。

頭の程度は一代では変わらない。

子供山笠組体操トーチトワリング教育吹奏楽教育合唱のように、反知性主義を横行させる日本人がまだ残っている。

彼らが絶滅しないといけないよね。

2021-02-21

もう民主主義芸術適用するのはやめよう。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/yamazaki410623/status/1362701476942913537

適用すると、日本では絶対にこうなるんだよ。

素人なのに口ばっかりうるさい顧問ばっかり。

日本吹奏楽って、ハーレルベーケも、コルチャーノも、トレビエハも、何も優勝できないでしょ。

もうさ、国際メジャーアウェーで制してないやつに、西洋音楽の話をさせるのはやめさせよう。

ますぐ、実行に移すべきだ。

今や私の知り合いも私も全員がタイトルホルダーになってしまった。

13年前無冠の帝王と恐れられていた彼も、今や優勝が15個だ。

ホルダー同士の会話は弾む。

けれどもそうじゃないと弾まないんだよ。

世の中はイエスとノーだけの存在しかない。

2021-02-20

言葉を介したコミュニケーションが苦手だけど、

合奏合唱を通したコミュニケーションは好きで、中学では吹奏楽高校では合唱をやってた。

でも、大学社会人サークルだと、練習合奏以外に付き合いで色々参加しなきゃいけなかったり、

参加してるそれぞれの意識の違いがあったり、

何かしら言葉によるコミュニケーションを求められることが多くて全然続かない。

辛い

2021-02-18

なんやねん音楽

ピアノ吹奏楽なのでマジでクラシックか昔のクラシック吹奏楽リメイクしたものしか聴いていなかった。

クラシック、それはそれですごく良いものが沢山ある。

パガニーニ20番(正式名称がわからないけどcmにも使われている)とか聴いただけで射精する。

長生さんの楓葉の舞とか思い出も相まってマジで射精する。

音階が綺麗すぎるし、何だろう、本当に綺麗なんだよ。

語彙無いなぁとは思うけど、本当にそれに尽きるというか。

大学に入って、これまでの吹奏楽をやめてバンドサークルに入った。

ぶっちゃけバンドなんて俗物だと思ってたし、今でもそう思ってる。

でも、俗物俗物なりに生き方があって。

自分は限りなくそれに近く、近くありたいと思っていることがわかってしまった。

教えてもらったものは、今売れているものなんて全く入っていなくて、むしろ逆行しているようなものばかりだったけど、全てとんでもなくかっこよかった。

全ての人が好きになるもの、全ての人が気になるものって、必ず誰かの思惑が働いていて、信用ならないと思ってしまって。

音に加工なんかしなくたって、極論エフェクターなんか使わなくたって、音楽って成立するし、かっこいいものはかっこいいんだ!と思った。

音楽はもう懲り懲りだと思った。

でもまた音楽がやりたい。

かっこよくなくても、下手くそでも、どうしてかわからなくても、音楽がやりたい。

こんなところでしか形にできないのだから、実際に形にできるわけがない。

でも続けたい。

カッコ悪くても何か形になる音楽がやりたい。

2021-02-17

チック・コリアについて語るよ(追記

タイトル釣り。俺はニワカなので彼のことを語れるほどには知らない。

でも彼の訃報がなぜか受け入れられないのでなんとなく吐き出してみる。語るのはチック・コリアのことではなく俺の心情である

チック・コリアアメリカまれジャズピアニストだ。体重はたしか173ポンド

2/12(金)、Facebook公表された彼の死は世界中ジャズファンに衝撃を与えた。79歳、癌だった。

彼の経歴は華やかで、功績も語り尽くせないだろう。

若いころからスタン・ゲッツハービーマンなど有名なジャズマンと共演し、数々の名演を残した。

特にマイルス・デイヴィスとのバンド音楽史に刻まれるべき出来事だろう。フュージョンの先駆けとなるサウンドを作り、フュージョンを開花させ、音楽の幅を広げた立役者の一人であり、新しい音楽が花開いた時代を牽引したバンドひとつだと思う。

スペインやラ・フィエスタなど、ジャズ吹奏楽に興味を持ったら一度は聴いてみたくなる、一度聴いたら弾いてみたくなる楽しげな名曲もいくつも作った。

まあそんなのはどうでもいい。俺は歴史は苦手なんだ。ていうか今調べた。

俺はただ、去年の緊急事態宣言体制下でずっと彼の演奏を聴いていただけだ。

俺はジャズピアノを一昨年から練習し始めた。

アドリブがつなぐランダム演奏に見えて、実はしっかりした理論の上に成り立つ繊細で自由音楽ジャズなんだな、とようやく分かってきたころ、緊急事態宣言が発令された。

色々なものステイホームになった。ジャズの大きなライブイベント東京ジャズオンラインライブになった。

東京ジャズで一番心惹かれたのは、上原ひろみカレイドスコープ

きらめくような物悲しいような、何度も聴きたくなる演奏だった(誰か詳しい人がうまいこと解説してくれないかな)。

それから上原ひろみライブ動画を見た。その中にはチック・コリアとの共演もあった。

(ようやくチック・コリアにたどり着いた!話が長い)

出会ってからはその動画を繰り返し見た。緊急事態宣言が解除されて家から出るまでずっと見た。

何がそんなに良かったかと言うと、楽しそうだったのだ。

チック・コリアも楽しそうだし、上原ひろみも楽しそう。

他の共演者もみんな楽しそう。

まあぶっちゃけ楽しそうに演奏するジャズミュージシャンなんていくらでもいるのだが(そういうところが好き)、当時はその動画が妙に心に刺さったのだ。

一番最近見た上原ひろみが少し辛そうに見えていたので、そのギャップかもしれない。

ある程度日常が戻り、俺はチック・コリアから離れた。

正確に言えば、タモリチック・コリアピアノを聴いたり、たまたま寄った店で見かけたリターン・トゥ・フォーエヴァーアルバムを買ったり、全く触れなかったわけではないのだが、まあその程度だった。

モルカーのほうがヘビロテしてたくらいだ。


そして先週末、昼休みに覗いたTwitterトレンドに並ぶ「Chick Corea」「スペイン」「Return to Forever」…

彼の死を悟り果たしてその予想は当たったのだった。

びっくりした。「あんなに楽しそうにピアノを弾く人が死ぬのか?」って思った。(我ながら意味がわからない)

ちょっと涙が出たけど悲しかったわけではないと思う。俺はニワカだし、悲しめるほど彼のことを知らないはず。

俺にとってのチック・コリアは「有名でピアノがうまくていつも楽しそうなおじさん」くらいのものだ。

久しぶりに例の動画を見た。やっぱり楽しそうにピアノを弾いていた。

こっちの動画も、あっちの動画も。全部楽しそうなチック・コリアが映っていた。

これはもう過去出来事なんだろうか。なんだか受け入れたくないなあ。

そんな中途半端気持ちをもって現在に至る。

今は彼の最後メッセージのことを考えている。

「すばらしい音楽人生ありがとう。興味がある人たちは、自分のためにも誰かのためにも、これから音楽活動を続けてください。世界アーティストを求めているし、何より単純に楽しいのだから

追記

上原ひろみコメントを読んで、また動画の中の幸せそうな二人を思い出した。

寂しいなあ。

https://www.instagram.com/p/CLWq-q7pZry/?igshid=l7qd1wnit7oy

和訳http://amass.jp/144393/

2021-02-11

anond:20210211171329

日本に住んでいると、17世紀以前の音楽の良い演奏は生ではほとんど聴けない。

子供のための鑑賞教室でもほぼすべてモダン楽器で、ピリオド楽器をそろえてきましたなんてのはほぼないだろう。

また、日本古楽演奏従事する人間母集団が、そもそもなすぎるという側面がある。

なので、古楽器なんか見たことも聞いたこともないまま、成人してしまうと、17世紀以前の音楽など最初から頭に入ってないだろう。はいってなければ「音楽史が17世紀から始まるのは何故なんだぜ?」だよ。

どうだろうか、日本高校生以下で、古楽器が頭に入ってるってのは、高校生全体の3%あるかどうかじゃないか?1割にもみたない。子供の1割が、本来国公立大学の求める知能水準だからね。

高校生古楽なんぞ聴いてたら、一昔前は富裕層だったが、いまは新中間層ってとこかな。

日本では教育業界で、吹奏楽合唱が有名だ。

その吹奏楽合唱使用されているイディオムを調べればよい。16世紀以前の音楽典拠をとった作品は、ものすごく少なく、「16世紀シャンソンによる変奏曲」くらいしか実例がない。その変奏も、16世紀の語法とはいいがたかった。

私も振り返ってみると、古楽器がどうのというのを正確に勉強し、調律を覚えたのは高校生だったような気がしている。中学生ではやはり正確ではなくて、モダンチェンバロの音くらいしか記憶になかった。

2021-02-09

anond:20210209144928

軽音楽好きも、けもの好きも、キャンプ好きも、吹奏楽好きも、細胞好きも、みんなそれと同じ思いだったよ。でもニワカを排除せずただスルーしていれば中にはガチの愛好者になる人もいるんだ。それは悪いことじゃない。

2021-01-26

anond:20180529235128

吹奏楽で言うところの「銀」「金」は2位、1位の意味ではないので、この学校特定されることはないよ。

(「銀」は”今いちだったね”、「金」は”よくできたね”の意。当然それぞれ複数校が受賞する。上位大会に行けるのは金のうちから1校のみ。)

音楽家に対する意識はここ30年で劇的に変化した。

ポピュラーピアノは私の専門領域ではないので、詳細はわからないが、かつてまらしぃさんが千本桜ピアノで弾いて、それをトヨタ・アクアCM使用されたことがあったそうだ。

これはかつてでは考えられなかった。

30年前なら企業が用いるパーカッション岩城宏之さんで、ピアノ三宅榛名さん、ヴァイオリンがアン・アキコ・マイヤースさんだった。

まりクラシック音楽富裕層がやるものであり、他は絶対やらせるべきではないと考えていたのが30年前の日本だった。

ところが30年後の現在、どこまでかわった?

いまや独学で吹奏楽作曲したら、プロの出来損ないよりはるかにうまかったとか言われるレヴェルだ。

ピアノヴァイオリンも、確かに日本に関する限りトップレヴェルの質は下がっているのだが、下限レヴェルは上がる一方で下がっていないのである

もう、音大馬鹿では入れなくなってしまっているのである

かつて音大馬鹿でも入れると中傷された。

その中傷されたころ、ポールグリフィスの「現代音楽小史」が発売されたばかりだった。

今はどうだろうか。

Modern Music and AfterとLa musica del Novecentoを両方読みこなせる日本人は何人いるのだろうか。はてな匿名ダイアリーを眺めるものに、これが可能だろうか。

私は、この母集団2021年1月現在では極めて少ないと考えている。

音楽領域は、今後100年で急速に数学に近づく。

修博一貫課程あるいは学部修士一貫課程も用意されるに違いない。

高学歴化は私は好きではない。

しかし、高学歴化で、音楽家に対する目線は厳しくなくなってきている。

スマホゲームをやってたら音が出てきた、など、商品としての音楽に接する時間が、昭和期よりは長くなっているからだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん