「公序良俗」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公序良俗とは

2017-07-22

いい加減現代性奴隷について議論すべき時にきてんじゃない?

不倫で女を妊娠させたら財産の半分を失うとかにしないと一生女は金持ちイケメン性奴隷だぞ

言っとくけど金持ちとの結婚を期待してすり寄っていくのは、現金でないってだけで単なる商行為から

女もそういう公序良俗に反する行いは慎むべき

2017-07-14

https://anond.hatelabo.jp/20170714230609

利用規約嫁〜

ユーザーは、本サービスを利用するに際し、以下のような公序良俗に反する行為を行ってはなりません。

人種民族信条性別社会的身分居住場所身体的特徴、病歴、教育財産及び収入等を根拠にする差別的表現行為

2017-07-07

https://anond.hatelabo.jp/20170707171635

色々おかしかったので添削します。


第1条

「置いて」→「おいて」

「甲(乙)が有する陰茎(膣)」→「有する」だと取り外し可能みたいで変なので,単純に「甲(乙)の陰茎(膣)」でいいと思います

どうでもいいですが、甲が男で乙が女というのは差別的で素敵ですね。

「なお」→なお書きはおかしいと思います。そのまま取るか,1条2項にすべきでしょう。

「寄らず」→「よらず」

「みなす」→みなす,というのは実際はそうではないけどもそういうことにする,という意味なのでおかしいです。「成立とする」とかでいいでしょう。


第2条

そもそも守秘義務の条文はもう少し後の方に置かれることが一般です。

もう少し秘密にしておきたい事項はあると思われるので,「その他性行為に関する秘匿すべき一切の事項」などと入れておくといい感じに曖昧でいいですね。

あとの方の「互いに」入らないと思います


第3条

認知する義務は男にしか生じませんのであまりいい書き方とは言い難いですが、まあいいでしょう。

それはさておき,堕胎したいというような場合はどうするのでしょうか?それに備えて,「出産もしくは堕胎について双方真摯協議する」というような条文を入れておくといいかもしれませんね。


第4条

そもそも本文の方は当然のことなので規定する必要はないです。どうせ規定するのであれば具体的な額等を書きましょう。

あと,陰茎を切断するなどという損害賠償方法公序良俗違反として無効になる可能性が大きいので削除しましょう。女性の側にそのようなペナルティがないこともマイナスです。


第5条

「また」以下の文章は第2項にでもしましょう。


その他

「及び」と漢字になっているのがとても気に入りません。手元の公用文辞書によれば,この場合ひらがなです。すべて修正しましょう。

また,同一条文内の文章のつながりに不自然な点が多いです。関係が薄い場合は思い切って項を改めましょう。

あとセックスなどという外来語を使っていることがとても気に入りません。

後ここが大事な点ですが,レイプの中には性行為を行うこと自体には合意があったが,その内容に問題がある場合もあると聞きますゴムを外しただとか,中出ししたとかです。それについても手当をしておくべきです。ここではオプションのような形にしてみました。


ということで修正してみました。



行為合意

甲____(〇〇市〇〇,生年月日)と乙____(〇〇市〇〇,生年月日)は甲と乙が性行為および甲乙で合意した性行為に付随する行為を行うことにつき以下のとおり合意したことをここに証する。

第1条 性行為

1項 性行為とは甲がその陰茎を乙の膣に挿入することをいい,甲が射精たか否かを問わず,陰茎の長さの5分の1以上が挿入されたことをもって性行為が成立したものとする。

2項 甲は1項の性行為をするにあたってはその陰茎に避妊具を装着することとし,装着せずに性行為を行おうとした場合,乙は性行為を拒むことができる。

3項 甲と乙は,本件性行為に付随し,以下の事項を行うことについて合意する。合意のない行為を一方当事者が行おうとした場合相手方当事者は一切の性行為およびそれに付随する行為を中止した上で,当該行為を行うかどうかについて協議を求めることができる。

   ○○

   ▲▲


第2条 妊娠

契約書において合意された性行為によって乙が妊娠したと認められる場合,甲は出産堕胎を含めた今後の事項について真摯協議に応じる義務を負う。


第3条 守秘義務

甲および乙は,相手方性癖,体形,陰部の形状,体臭,性行為およびそれに付随する行為中の発言その他性行為に関して秘匿すべき一切の事項および本契約書に記載の内容について第三者に開示してはならない。ただし,相手方当事者の書面による同意存在する場合はその限りではない。


第4条 準拠法,管轄裁判所

1項 本契約書は日本法準拠するものとする。

2項 東京地方裁判所または東京家庭裁判所第一審の専属管轄裁判所とする。


合意書は二部作成し記名捺印のうえ甲乙がそれぞれ一部を保有するものとする。

平成〇年〇月〇日

2017-07-01

バニラエア案件類似事前連絡が無かったため搭乗を断られた判例

バニラエアの件で、ブコメでちょくちょく出てくる類似案件判例について簡単にまとめてみた。

2003年出来事であり、バリアフリー新法以前であることに注意。

概要

障害者である原告車いすでの搭乗を航空会社拒否され、債務不履行及び公序良俗に反するという不法行為責任で訴えたが認められなかった。

状況

航空会社言語障害により意思の疎通がスムーズでなく且つ上肢及び下肢に障害があることから、介助者の同行がなければ搭乗できないとした。

判決抜粋
一審

原告には、身体を抱えて移動させるとともに、緊急脱出を円滑に行うという客室乗務員にとって対応困難な援助が必要であるから原告身体状態は、本件規定安全上の理由があることが認められ、被告原告のこのような身体状態を知ったのは、本件飛行便の出発約2時間であるから被告において、原告身体状態考慮した人的、物的な対応を期待するのも無理な状況であったと認定し、被告従業員による留保解除権行使によって原告単独搭乗を拒否したことは、本件規定に基づく正当なものである

控訴審

公共交通機関提供している航空会社であれば、身体障害のある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではあるけれども、前記認定控訴人の身体障害状態動作の実情、これまで航空機に搭乗した経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕を持って上記の諸事実が被控訴人に知らされていれば、控訴人が単独搭乗することについて必要とされる介助や緊急時の援助態勢に関する検討をすることは十分可能であり、それによって、被控訴人が控訴人の安全確保に関する不安を払拭できたのではないかと推測することができる。

控訴人の前記身体の状況や外観によって控訴人を差別的に取扱い本件搭乗拒否に及んだものではなく、控訴人についての限られた情報時間的余裕のない中で、控訴人には単独搭乗を拒否できる前記特別の援助が必要との判断に基づき本件搭乗拒否に及んだものであって、このことが公序良俗に反するとまでは言えず、本件搭乗拒否について、被控訴人に不法行為責任を問うことはできない。

個人的感想

判例解説

判決は、原告請求棄却したが、事前に連絡すれば、単独搭乗の拒否根拠はないとした判断に意義がある。

とあるように、交通サービスに求められるものがどの程度であるかを示す事例といえるのではないか

航空会社が「介助者の同行がなければ搭乗することができない」と断ってるように介助者が居れば事前連絡必要なかったであろうこと、乗客側の登場経験なども判断対象になりうることなどが分かる。

参考

身体障害者航空機搭乗についての一考察

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170629092629.pdf?id=ART0009677741

判例時報をもとにした一連のツイート

https://twitter.com/ktgohan/status/880073661780156416

2017-06-29

はてなブックマーク - バニラ・エアに声をあげた障害者に「クレーマー」、広がるバッシングに疑問の声

id:(略)←無知公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできない」https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

はてなブックマーク - 車いすで飛行機に乗る時は | いすみ鉄道 社長ブログ

貴方敗訴します「公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではある」https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544


https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

あとになって見つけましたが、「公共交通機関提供している航空会社であれば、身体に障がいのある乗客に対し、身体の状況を事前に告知すべきことを要求することはできないところではある」(大阪高裁平19(ネ)2425、判例時報2024p20)との判例があり、本来原則こちらです。



これなん?

障害者情報を知らされず搭乗拒否控訴棄却のやつ。

身体障害者航空機搭乗についての一考察

http://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20170629092629.pdf?id=ART0009677741

判例の引き方を知らないか孫引きで長いから流し読みで略しまくりだけど。


(略)

⑵ 本件に至る経緯
①  原告は、平成15年7月30日から同年8月
4日までの日程でタイ王国バンコク)へ
の旅行計画した。

(略)

②  原告は、前記の予約に際して、両上肢及
び両下肢に障害があって車椅子使用する
こと、言語障害があること、同行者はなく
単独搭乗を予定していることを旅行会社に
伝えず、そのため、被告はこれらの情報を
当日まで知らなかった。

(略)

④  同日午前8時50分ころ、被告日本支社
関西国際空港支店空港カスタマーサービ
ス部長である E は、原告及び B らに対し、
原告は介助者の同行がなければ搭乗するこ
とができない旨告げるとともに、その理由
として、原告言語障害があり、意思の疎
通がスムースにできないこと、上肢及び下
肢に障害があることを挙げた。
   B らは E に対し、搭乗拒否理由につ
いて具体的な説明を求めるとともに、原告状態説明するなどして単独搭乗を認め
るよう要望したものの、E は原告単独搭
乗を認めず、結局、原告SQ973便に搭
乗することができなかった。

(略)

  神戸地裁尼崎支部平成19年8月9日で
は、航空会社である被告原告単独搭乗
を拒否したことについて、原告が、本件搭
乗拒否旅客運送契約上の債務不履行であ
り、かつ、公序良俗に反する不法行為であ
るとして、被告に対して慰謝料等を請求し
た事案において、原告には、身体を抱えて
移動させるとともに、緊急脱出を円滑に行
うという客室乗務員にとって対応困難な援
助が必要であるから原告身体状態は、
本件規定安全上の理由があることが認め
られ、被告原告のこのような身体状態
を知ったのは、本件飛行便の出発約2時間であるから被告において、原告身体状態考慮した人的、物的な対応を期待
するのも無理な状況であったと認定し、被
告従業員による留保解除権行使によって
原告単独搭乗を拒否したことは、本件規
定に基づく正当なものであるとして、原告請求棄却した。そこで原告は、一審判
決を不服として控訴した。

2  大阪高裁平成20年5月29日(控訴棄
却・確定)

(略)

⑴  被控訴人の債務不履行の有無について
   公共交通機関提供している航空会社
であれば、身体障害のある乗客に対し、
身体の状況を事前に告知すべきことを要求
することはできないところではあるけれど
も、前記認定控訴人の身体障害の状
態、動作の実情、これまで航空機に搭乗し
た経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕
を持って上記の諸事実が被控訴人に知らさ
れていれば、控訴人が単独搭乗することに
ついて必要とされる介助や緊急時の援助態
勢に関する検討をすることは十分可能であ
り、それによって、被控訴人が控訴人の安
全確保に関する不安を払拭できたのではな
いかと推測することができる。
   しかし、E は、控訴人に対し、D からの
前記報告以外に、その情報を一切知らされ
ていなかったために、SQ973便の搭乗手
続直前の段階における D から情報に基
づいて、前記の検討をした結果、上記のと
おり控訴人に対する介助や緊急時における
控訴人に対する援助態勢について不安を持
ち、介助者の同行を求めるという極めて慎
重な態度をとったものであるが、限られた
情報時間的余裕のない中で、E の取った
対応が、航空会社として不合理に過ぎる判
断であったとまでは言い難いものである。
   以上の点を考え合わせるならば、身体障害のある人の積極的社会参加、そのた
めの移動の自由の確保及び旅客航空機の社
会的役割に着目し、客室乗務員乗客に対
し、これまでに述べた意味での適切な援助
を提供すべきであること等を考慮してもな
お、E が留保解約権を行使して、控訴人に
対する本件搭乗拒否に及んだことが、当該
時点において E が認識していた事実関係
のもとでは、不合理であったとまではいう
ことはできない。
   したがって、本件搭乗拒否が E の故意・
過失による違法判断に基づくものとし
て、被控訴人に対し、その債務不履行責任
を問うことまではできないと言わざるを得
ない。
⑵  本件搭乗拒否公序良俗に反するとして
被控訴人に不法行為責任が生じるか否か)
について
  上記の事案の概要等で摘示した本件搭乗
拒否に至った事情及び判断記載のとお
り、E は、控訴人の前記身体の状況や外観
によって控訴人を差別的に取扱い本件搭乗
拒否に及んだものではなく、控訴人につい
ての限られた情報時間的余裕のない中
で、控訴人には単独搭乗を拒否できる前記
特別の援助が必要との判断に基づき本件搭
乗拒否に及んだものであって、このことが
公序良俗に反するとまでは言えず、本件搭
乗拒否について、被控訴人に不法行為責任
を問うことはできない。
⑶  以上のとおりであるから、原判決結論
において相当であり、本件控訴理由がな
い。よって、主文のとおり判決する。

最初ツイートのは平成19年

後のほうのは控訴棄却平成20年。(事件の日は平成15年

これ同じやつかな。

⑴  被控訴人の債務不履行の有無について

   公共交通機関提供している航空会社

であれば、身体障害のある乗客に対し、

身体の状況を事前に告知すべきことを要求

することはできないところではあるけれど

も、前記認定控訴人の身体障害の状

態、動作の実情、これまで航空機に搭乗し

経験等の諸事実に照らすと、時間的余裕

を持って上記の諸事実が被控訴人に知らさ

れていれば、控訴人が単独搭乗することに

ついて必要とされる介助や緊急時の援助態

勢に関する検討をすることは十分可能であ

り、それによって、被控訴人が控訴人の安

全確保に関する不安を払拭できたのではな

いかと推測することができる。

https://twitter.com/ktgohan/status/880081514070892544

で言われてる原則のあとに「けれども」つってなんか色々続いてるけど。

相当な理由があれば障害の内容については要求可、絶対ダメとはならない感じ。

2017-06-19

新たなJKビジネスとして

今どきのJKはどんな罵倒表現を使うのかの増田読んで思ったんだけど、

そういうおっさんのとりとめのない質問に答えてもらうビジネスはできないだろうか。

勿論公序良俗に反するものフィルタリングして。

客引きさせられてるJKを5人くらいスカウトして。

質問するおっさんからは100円/1Qくらい取って。

娘と話せないおっさん学校でのくだらない話を聞きに。

作家志望はリアリティあるネタ収集に。

後はだれか頼む。

2017-06-11

殺す

私もここにいるような性格の悪い人は死んだほうが世の中は良くなると思います

実行しろとまではいいませんが

公序良俗を乱す発言

2017-05-27

pixivBL引用炎上の件:腐女子に別方向で頑張ってほしい

長くなったから要約

今回の件をうけて、腐女子の側は一方的被害者とか、弱者という立場を維持するのだけでなく、

自分たちの慣習を、腐女子コミュニティの外の人たちにもわかるような形で

運用可能なところまで頑張ってもっていってほしい。

 

また、腐女子だけでなく、コミュニティ独自ローカルルール抱えてるオタコミュニティの人々は

今回の件は、他山の石となるんじゃなかろうか

今回の事件の推移

めんどいから省略)

今回の事件に対する主要な4つの立場


私の立場

・まず、主張自体への支持について述べるなら、私自身の立場はこの中で選ぶのならBが近い。しかしBそのものではない。AとCについても一定妥当性のある主張だと思う。

・Dの主張にはいろいろ誤解がある。著作権の枠組みで主張をするのであれば「無許可転載」は確かに問題だが、著作権上、正当な「引用」は許可を求める必要はないし、求めるべきでもない。また親告罪云々という話も「転載」と「引用」の違いが把握できていないものと思われる。

なぜ炎上してるのかとか

炎上が続いている仕組みは次のようなものだ。

 著作権法基準(A)の人が、ローカルな慣習(C)のありようを把握していなければ、両者の対立はどこまでいっても平行線である。この人達にずっと不満がたまり続けるので、互いの正当性を主張し続けて炎上は終わらない。また、基準Dのような勘違いを含んだことを言うひとも大量発生していて、これを基準Aの世界にいるひとからすれば「バカじゃねーの」という感じになるし、そう発言してしまう。基準Bの世界にいるひとも人によっては「それはちょっと、落ち着いて整理しましょうか」とたしなめる。なので、またしても火がよく燃える。これが今回の炎上基本的メカニズムだと思う。

 炎上は「誰かが決定的に間違っている」から続くのではなく、「ある立場の人からみると、別の立場の人のやっていることが極めて無作法に見える」ということによって起こり、その行為が「別の立場から見たときには実は何の問題もない」場合に、火が消えるタイミングというのは失われてしまう。

基準Bの態度を採用することは、全体的に見通しがよく相対的中庸温度感のある態度だということになるだろうし、この立場を表明している人は、おおむね良識的に火消しをしているという感じだと思う。

基準Bは、基準Aないし基準Cのみで完結して争っている人々の立場より、バランスのとれたものであろうとしているのは確かだろう。しかし、私は別の基準Eが必要だと思う立場である

基準E:慣習を取り扱える形で、双方向に整備を

 基準Eは、明文化されていない慣習を、きちんと取扱可能にすべきだという方法である。明文化するなりプログラム的に制御するという方法だ。以下に、なぜそのような立場採用するべきかを述べる。

 法がどうであれ、運用の水準で、実質的慣習法を作り上げるということはいくらでもできるということはよくある。そして、ローカルな場にいる人たちは、その場の慣習があたか普遍的適用可能な「常識であるかのような主張をはじめることが多い。だが、そうローカルな商慣習や、コミュニティ内の慣習は多くの場合炎上の温床となってしまう。今回の件だけでなく慣習と法の間での齟齬が「炎上」を生んだことは数多くあった。

 「様々な慣習に対して、可能であるのならば配慮すべきである」という主張は正しいと思う。可能であるのならば配慮するに越したことはない。

 しかし「様々な慣習に対して、常に配慮すべきである」という主張は、どうか。わたしは難しいのではないか、と思う。単純にそれは人間にとって不可能なことを要請しているように思うからだ。

 たとえば今回、火の手があがったのは、801界隈だったわけだけれども、オタク界隈どころかゲーマー界隈に限っても「同人ゲーマー界隈」「格闘ゲーマー界隈」「シューター界隈」「MMO界隈」「東方界隈」「レトロゲーマー界隈」など、細かなコミュニティがそれぞれの慣習をもっていて、自分が属していない界隈での慣習がどうなっているかというのは正直なところ把握しきれない。「私はオタク界隈のほぼ全てのコミュニティの慣習について把握しています」と自信をもって言えるという個人はいないだろう。まあ、それでもオタクコミュニティ界隈のことであれば、長くオタクをやってる人なら「ああ、これだったら何とかさんに聞いとけば温度感わかるっしょ」という人脈による解決はできなくはない。

 ただ、それが、もっと遠い界隈のことになってくると、限界が出て来る。芸術コンテンツまわりでも、現代芸術とかならまだしも、古典芸能世界でのセンシティヴな話題とか言われても、細かなことはさっぱりわからない自信がある。手芸とかもわからないし、動物園のこともわからないし、外食産業のこともわからない。わからないことがいっぱいある。

 で、まったく知らない界隈に飛び込んで、そこで見つけたものをよかれと思って引用しようとしたら、当事者からいきなり激怒されるなどしたら、私はビビるめっちゃビビる。超うろたえる。

 そんで、まあ、たぶんゴメンナサイすると思うけど、なぜキレられたのか、理解が追いつかないだろう。正直、ぜんぜんわからんと思う。小心者なので、とりあえず反射的にゴメンナサイをするでしょう。

 こういう事故を起こさないようにするには、何が重要か。

 「よく知らないもの言及しない」というのが重要だという人もいる。まあ、特にやる気がないなら、あんまりセンシティブそうなものには言及しないほうがいいかもしれない。

 ただし「よく知らないものを知る」ということ自体は、世の中に多様な人々がいるということの相互理解をすすめる上では実は非常に重要なことでもある。たとえばLGBT人種問題というのは、言及の仕方についてしょっちゅう諍いが起こっているが、まったく言及されないよりも「善意に基づく無理解」のような言及は、議論をよびながらも、なされていったほうがいいだろう(まあ、場合によっては無視されたほうがマシということは少なからずあるにはあるだろうが)。

 私としては、「同じ文脈を共有しない人にも、慣習上、重要な点を共有できるようにする仕組みづくり」を行っていくしかないと思う。

 その仕組みづくりにはいくつかの段階があるだろう。

どのように慣習を可視化するか?

 とりあえず、次のようないくつかのステップ提示してみたい。

 以上。STEPと書いてあるが、コレ全部やれという話ではない。まあ全部やれたらすごいとは思う。

 もっとも、慣習によっては標準化が難しかったり、明文化しないことによってこそ意味をもっているような慣習などもあるだろう。そういうものを取り扱うのは確かに難しいが、すべての慣習が取扱い不可能ということもないだろう。

 明文化できる慣習は、明文化して、可能な限りで、コミュニティの外部にいる第三者にも把握可能な形にするというのは、決して無意味なことではないと思う。お互いの不幸な行き違いをなくす基本的方法だとも思う。

 もちろん行き違いをなくすという方法自体を、腐女子コミュニティがいままで模索してこなかったとは思わない。

 腐女子コミュニティ内部にいる人達同士ですら、行き違いはあったのだろうし、そのなかでの行き違いをなくすために、R-18タグは付けることで「ひっそりとやってます」ということを暗に伝えるという慣習が成立したのだろうと思う。その慣習の成立はとても重要なことだったと思う。

 少なくとも腐女子コミュニティの内部では、この慣習はかなり機能していたはずだ。

 そして、今回の事件はその慣習が、実は一般的著作権法の枠組みと整合的なわけではないということによって起こってしまった。コミュニティが大きくなれば大きくなるほど、考慮すべき文脈多様性は広がってくるのだから、近年の腐女子コミュニティの拡大とともに、こういった事件が何かしらの形で起こることはありえたことだろうとは思う。

双方向の「配慮」が可能状態いかに作り上げるか

 それにもう一点付け加えておけば、私は「【基準B】:法的問題はない。しかし、当事者たちにとってセンシティブなことへの配慮が足りなかったという点で、研究倫理上の問題はある。」という態度だけを強調することは、一見配慮をうたっているようでいて、そこまで素晴らしい態度というわけでもないと思う。

 基本的には、この論理だけを強調せざるを得ないシーンというのは「対話することが難しいほど弱っている人たち」とか「西洋文化基準でもって踏み込むべきでもない人たち」、「複雑すぎる背景をもっているので相手に明文化とかをそこまで期待すべきでもない人たち」に対する場合ではないだろうか。

 つまり言及をする側から一方的配慮である。鬱でほんとに今にも死にそうな人とかに対しては確かにそういう形でのコミュニケーションしかできないから、そういう場合は仕方がない。

 もちろん、言及をする側は可能な限り配慮すべきだ。しかし、だからといって、言及をする側だけに配慮要求するというのは、言及される側を馬鹿にした話ではないだろうか。配慮相互になされてよいと思うし、腐女子の方々は、一方的配慮されるだけの弱者とかではないと思う。

 多くの腐女子お姉さまがたは、尊敬すべき人々であると思っている。ぜひとも腐女子コミュニティの今後の拡大にあたって、より受け入れられやすコミュニティ形成をしていっていただければ幸いだと思う。

 

 また、今回はたまたま腐女子コミュニティ一般法との間の問題であったが、これは見えにくい慣習と一般法の間にズレがあるケースでは、似たような問題は何度も起こるタイプの話だとも思う。ローカルライセンスのようなものが増えすぎたら、それもそれで面倒だということもあるとは思うが、何もないよりは、だいぶよいだろうとは思う。

付記1:言論の自由引用について

「慣習は、法の前には下位の基準しかない」という話についても簡単に触れておきたい。

 基本的には法のほうが重要だとは私も思う。ただし、それは慣習と、法とのガチンコ対決回避できないという事態が訪れた場合、法が優先するということであって、ガチンコ対決回避可能場合や、慣習が公序良俗に反するというわけでもない場合は、別に回避してやってけばいいのではないか、と思っている。

 今回、腐女子コミュニティで「引用」に関わるルール特殊な形で扱われていたが、もし腐女子コミュニティにおける「引用ルールを、一般社会全体にまで拡大させようという動きにつながることがあるのならば、これは断固ととして反対する。

 「引用」の自由は、研究にとって重要という以上に、自由言論政治社会にとって重要ものだ。たとえば、それを政治的言論(たとえばヘイトスピーチ)をやっている人たちが「引用ルールの除外適用を求めてきたとしたら、それは素人文章だったとしても、まったく受け入れられない。「公開した俺の政治的発言引用しないでくれ」などありえない。それを引用して批判する自由を奪われれば、政治的なことについて公共の場議論することに多大な支障が出るだろう。

 今回の場合は(1)性的プライバシー問題であるということ(2)腐女子コミュニティの内部で、そのコミュニティに属する人々の合意において特殊な「オープンクローズ概念実効力をもった慣習である、という前提があって、はじめて「それは配慮しましょう」という話がありうるのであって、著作権における「引用」そのものを捻じ曲げるような話であってはならない。

 この著作権における「引用」を捻じ曲げていいかどうか、というの話はすべての人にとっての言論の自由の確保という意味で、致命的に重要ポイントである。これを安易に捻じ曲げるような権利主張は極めて危ういとも思う。

付記2:

 STEP3、STEP4とかはアクション担い手が限られるだろうとは思う。ただ、腐女子コミュニティもだいぶ拡大しているわけなので弁護士研究者経営者などの腐女子の方などが行動すれば決して不可能な話でもないのではなかろうか。

付記3:

 腐女子の人たちについて「二次創作やってる人たちはダブスタなんじゃねーの」問題。この件はダブスタとわかってて、恐縮しながらも、言うべきことは言おうという人と、なんもわかってない人が両方いると思う。

 後者の人たちについては、わかってくださいね、というしかないと思う。自分たちけが弱者被害者という立場でないことは理解してほしいとしか

#あと、二次創作でも「作者公認系」とかもあるので、全てがアウトというわけでもないだろうが、今回問題になったものがどっちだったかまでは調べていない。まあ、おそ松さんとかは、公式問題にしないタイプから公式との関係では、まあどうといった問題もないのだろう。

付記4:

http://anond.hatelabo.jp/20170527202448

このエントリ問題性質をよく示していると思う。

流通プラットフォームが変わるごとにちょっとずつ腐界隈の慣習と、

実態との関係性もちょっとずつ変質していっているという話だと思う。

流通プラットフォームはどんどんと変わっていくので、

その変化にあわせてぼんやりした慣習だと、運用に失敗しました、というのが今回の話なんだと思う。

オタ界隈は、かなり基盤技術の変化がはやいので、この変化に対応できるような基準が成立しないと、この手のことは何度も起こるのだろうなと思う。

2017-05-11

http://anond.hatelabo.jp/20170511081300

肛門ダム崩壊せず、公序良俗を犯すことなく駅トイレ任務遂行し、朝の会議が終わっていることを心から望んでいる。同志より。

2017-05-01

[] #23-3「ヴァリアブルオリジナル

トアル村の宿には公衆浴場があり、男湯、女湯、混浴、その他にも色々な専用浴場がある大規模なものであった。

ヴェノラ一行は様々な側面から考え、それらを秤にかけた結果、男女別で入ることを決めたのであった。

リ・イチとウロナは、何らかの効能があるかもしれないし、ないかもしれない温泉で旅の疲れを癒していた。

浴槽の湯が熱めなのか、外界との温度差なのか湯気がすごいことになっていて、あなたたち視聴者には湯気しか見えないかもしれないが。

なお、彼女たちはタオルを湯船につけてしまっているが、これは複数公序良俗を秤にかけた結果であって、湯船にタオルをつけることを推奨した表現演出ではございません。

「ウロナ、あなたはとても綺麗な肌ですね」

「それはどうも」

「触ってみてもよろしいですか?」

ダメです。同性でもセクハラは成立します」

「そうですね。私が愚かでした。許してください」

「許しましょう」

アニメお約束拒否

何たる健全


一方、ヴェノラたちは……

「隣の浴場から、仲間たちの声が聞こえるな」

「そうだな。周りに迷惑をかけるから、もう少し静かにするべきだ」

ヴェノラがふと辺りを見渡すと、疑わしい行動をする者がいた。

「む、そこのお前。何をしている」

「ノゾキだ」

これは明らかによろしくない。

不届き者の登場に二人は憤る。

「ノゾキはよくないことだぞ」

「なんだテメエ。如何にもノゾキしそうな顔をしているくせに、つまらない正論を吐きやがって」

何たる偏見

心にもない誹謗中傷にイセカはいたく傷ついた。

「なんて奴だ。法の裁きを受けよ」

「残念だな。法はあっても、裁くものはなかろう」

「仕方がない、ならば俺がこらしめてやる。溜飲を下げさせてもらう」

大丈夫なのか。今は武器もなければ、法もないんだぞ」

心配するな。俺には正当な理由があります

改めて説明しなければならない。

ジャストコーズ、オン!」

ヴェノラには独特のパワーが備わっており、彼は正当な理由があるとき目的を最大限遂行するための力を一時的にその身に宿すことができるのだ。

ジャストコーズ・ネットウブロウ!」

その正当なる拳の角度と熱さは45度。

リアクションするには十分な威力である

「あっちいいいい」

観念しろ! ジャストコーズは俺にある!」

(#23-4へ続く)

2017-04-26

オタク表現規制

 オタク自由放任主義右翼親和性が高く、いろいろと口うるさい左翼とは親和性が悪い。

 左翼は、その攻撃性でオタクを敵に回した自らの愚かさを悔いるべきと言う言説を最近良く見かける。

 その言説について思うところを描いていく。

 左翼による攻撃があった事は事実である

 ヘイトスピーチ所謂言葉狩り」については、間違いなく左翼と呼ばれる人たちが中心になっている。これらについては、人権の基本である他人人権侵害しない」という原則問題でもあるが、チャタレイ裁判に関する憲法学界隈から反論(1)や、大日本帝国時代児童文学新聞規制言論統制のものに変化していった前例が示すように、原則否定するべき物ではない。

 また、宇宙の戦士に対して、ファシズム的と言う評価(2)や、さらば宇宙戦艦ヤマトラストシーンに対しては、それぞれ「軍国主義的」について言及があったことは確からしい(3)。

 漫画関係表現規制で真っ先にやり玉に挙げられる「悪書追放運動」では「軍国主義への回帰」と言う表現が使われてきた(4)。

 これらの理由からオタク左翼的言説を嫌うことには一定理由があることがわかる。

 その上で、右翼放任主義という主張は疑わしい。

 チャタレイ婦人事件からずっと、右翼はむしろ表現規制側に回っていた。猥褻物公序良俗使用した最高裁判決に対しては、保守派批判する側の法律学者の方からこそ強力な批判が行われていたことを思えば、左翼表現の自由不寛容と言うのは、この手の表現の自由に関連する議論の実状からかけ離れているように思える。

 悪書追放運動以来漫画規制では政府与党応援してきた。悪書追放運動主体の一つである主婦層の応援をしていたのは、逆コースまっさかりだった当時の政権与党である

 所謂「左」が表に出ていたのは事実だが、思いっきり「右」がそれに乗っかっていることもまた事実なのだ

 84年の衆議院予算委員会で、マンガ規制するための法律の導入を求めたのは自民党の政調副会長だった三塚博氏だし、中曽根総理もそれに大いに賛同していた。

 漫画関係でも、保守派麻生議員とかは、漫画規制積極的な人だし、東京都でのマンガ規制が著しく深刻化したのは石原慎太郎都知事だった期間だ(5)。

 漫画に対して公序良俗に関するとして出版禁止のための法整備を実際に行ったのは自民党だ(6)。

 つーか、なぜかよく言われる「左翼の側が、オタク趣味ポルノ呼ばわりして規制している」と言う言説とは裏腹に、実際にオタク趣味ポルノ扱いして規制しようとしているのは保守政権側のほうが明らかに多い。ってか、実際何度か規制に踏み切っている。

 ついでに、戦前でも児童文学表現に著しい規制が付けられていた。

 表現規制問題を見ていると右も左もオタクとは親和性が悪そう。

 それどころか、この10年の間は、マンガ表現規制保守の側から行われている。

 だと言うのに、どう言うわけか保守層放任主義と誤解している意見が不自然なほど目立つ。

 幾度か、マンガ規制法制化がされるときに反対に回ってきた共産党立場がない。いや、共産党もちょくちょくマンガ規制するよう求めてはいたか濡れ衣ではないのだが(7)、法制化を阻止するために動いた(8)という一点においては、力が及んでいたかはさておき、むしろ表現の自由については無理解というわけではない。

 にもかかわらず、左翼教条的で何でも規制する頭の固い連中で、保守派は様々な価値観を認めてくれる懐の深い存在という、表現規制法制化の歴史を紐解くと真逆しか思えない、訳の分からない言説が結構広まっている。

 ……本当に、どう言うことなの?

 理由を考えてみると、実際の活動兎に角左翼系の攻撃の方がオタクの方に印象に残りやすかったのが問題なのではないだろうか。悪書追放運動発言や、ウルトラセブン12話、ジャングル黒べぇの封印や、さらば宇宙戦艦ヤマト宇宙の戦士への批判小説批評批判自体はまっとうな活動なのだけど)等、人気作品への影響が大きいこと為、実際の活動量以上に目に付く機会が多かった。

 特にウルトラセブンの「第12話は欠番とする」と言う趣旨文言は、兎に角目立つ。簡単に閲覧可能な人気シリーズに、「抗議による封印」の痕跡がポツンと残されているのは、イヤでも目立つ。

 また、政府肝いり団体でも、悪書追放運動の折りは基本的に「左翼」に同調する言動をとっていた。

 恐らく、「左翼」の認識が悪くなったのは、ここら編が原因だろう。

 で、そこから反対の陣営自分たちに寛容と勘違いした。

 その上で、90年代後半から2000年代初頭の「サヨク人権を御旗に自由侵害しようとしている連中」とか言う、自由主義史観発のいい加減な認識が、雑な認識化学反応を起こして、いい加減な認識を加速させたと言うのが実状ではないだろうか。

 00年代前半から10年、警察保守政権の側からによる表現規制が著しく深刻化していた時期に、そちら側からの影響が殆ど省みられていない現状を鑑みるに、自由主義史観発と言うか、小林よしのり発の「人権を美旗に世界の均質を試みている」と言う趣旨認識の影響は少なくない気がする。

 余談だが、戦前表現規制に対する反省と言うことで使われた「言葉表現問題ではなく、実際に差別をなくすことこそが重要だ」と言う考えが、この保守派への契合に対する触媒になっている節があるのは中々興味深い。

 左翼表現規制……所謂言葉狩りにも一片の理がある。

 実質的に、差別助長していたり、差別に根ざしている表現を使い続けることによる、現状の肯定差別の強化自体問題にされてしかるべきだ。

 キチガイと言う言葉が使われなくなったために、統合失調症の人の気持ちが幾分か楽になったと言う証言もある。言葉を狩っただけで問題解決されるわけではないが、差別に使われるメインウェポンを使用禁止にすること事態を無価値と断定することも、非常に問題がある考えのように思える。

 一方で、一片の理が合っても問題があるのは事実。だからこそ、チャタレイ裁判以降、多くの憲法学者表現規制のもの問題にしてきたし、前例がある以上、この手の批判積極的に行われてよい。

 兎に角、「表現規制する要理も、現状の改善の方が重要」と言う言説が「表現問題ではないのだから、どんな差別的表現を使い続けたってかまわない」と言う理屈正当化に使われ、惹いては、差別語を平然と使い続ける側の心強い理論武装になってしまっているのではないか

 いい加減話を終わらせるために、まとめに入る。

 「どんな表現にも寛容な保守と、教条的表現規制を押し進めようとする左翼」と言う、表現規制歴史に多少なりとも興味が有れば噴飯もの理屈ネットの世まかり押し通ってしまうのは

60年代悪書追補運動の折りに、法制化を進める活動家よりも、直接行動を行う「左翼」側の活動の方が目立った

・「セブン12話」や「宇宙の戦士批判など、容易な「左翼の抗議による作品封印」の戦果に容易にアクセス可能

00年代前半、個人サイト全盛期に自由主義史観初の雑な政治認識流行した

・「表現だけではなく、現状を変える事こそ重要」と言う、それ自体はまっとうな言説の悪用

 と言った要素が、悪魔融合を果たした結果ではないだろうか。

(1)浦辺法穂「全訂 憲法学教室」161~163ページ、岡田信弘「憲法エチュード86~91ページ

(2)ロバート・A・ハインライン宇宙の戦士」483~484ページ

(3)牧村康正・山田哲久「「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展狂気」第4章栄光は我にあり、広がりゆく波紋、第10段落

(4)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」100~102ページ

(5)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」177~180、196ページ

(6)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」143~144ページ

(7)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」139ページ

(8)長岡義幸「マンガはなぜ規制されるのか」129~130、143~144ページ

2017-04-16

pawooの件

海外サービスを利用する以上は海外法律基準に合わせるのは当然のこと。

にも関わらずPixiv運営外国では児童ポルノとして立件されるような表現物を何故野放しにするのか。

そもそもPixivガイドラインにも公序良俗に反する表現禁止だと明記しているのにちっとも取り締まっていない。

海外から日本性的二次イラストは度々、犯罪人権侵害助長させるものだと指摘されているし、

国連から規制するよう勧告されている。

おまけにマストドン表現規制の厳しいドイツ発のサービス

ガラパゴスだと言い訳してどこまで日本の恥世界に広めるつもりなのか。

ピクシブ企業責任をきっちり果たし、Pixiv、Pawoo共に猥褻画像を全て削除すべきだ。

2017-04-13

自民党議員官邸ばっかりみてるからやらかしてる

国会ウォッチャーです。

http://anond.hatelabo.jp/20170412171905

昨日の厚生労働委員会の質疑終局宣言、討論省略からの採決に関して、その後の顛末をみて、

「ああこれは西村康稔葉梨康弘議員らが公明党大口国対委員長に怒鳴られたのと同じで、媚売りたい若手の暴走だったんだな」と思ったわけです。

いくつかニュース

時事通信

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041200894&g=pol

この後、自民党竹下亘国対委員長山井氏に電話し、「申し訳ない」と陳謝。与党は、介護保険関連法改正案について13日午後の衆院本会議での採決を見送り衆院厚労委で14日に補充質疑を行う方向で調整に入った。同改正案衆院通過は改めて協議する。自民党幹部は「本会議以降は正常化だ」との認識を示した。

竹下亘国対委員長が非を認めたということは、この件については多分国対委員長は把握してなかったんだろうなぁと思ってたんだけど、

その後の丹羽秀樹委員長の反応を見るに怒られたんだろうなぁと想像ついて笑えてきました。

赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-13/2017041302_02_1.html

 柚木氏は、「委員長自身も採決は『まったく承知していなかった』と明確に述べていた。これでは国会民主主義が成り立たなくなる、という危機感から申し入れに来た」と述べました。

しかも、長尾たかし議員などが、約束していたと強調しておられましたが、申し入れただけだったというw

東洋経済

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00167571-toyo-bus_all

その理由柚木氏の発言が「発言は、すべて議題外に渉り又はその範囲を超えてはならない」と規定する衆議院規則第134条違反であるとともに、自民党が「法案以外の質問をするということは、審議が十分だということで、採決しても構わない」と判断したためだ。また11日午後に開かれた理事懇談会で、自民党民進党に事前に「法案以外の質問はしないでくれ」と申し入れてもいた。

首相への忖度強行採決

 だが民進党はこの申し入れについて「質問者質問権の問題がある。良識範囲内でやる」として留保森友学園問題についての柚木氏の発言も約10分程度に抑えられており、衆議院規則違反についても強行採決で封じられなければならないようなものはいえない。

 強行採決に納得がいかない柚木氏ら野党理事らは、早速同日午後4時、丹羽秀樹厚労委員会委員長に「採決無効」を申し入れている。

 「委員長強行採決承知していなかったようだ。われわれの申し出を『重く受け止めたい』と言っていた」。申し入れの後のブリーフィング記者団に語る柚木氏の言葉からは、このたびの強行採決の異例ぶりが浮かび上がる。

 「どれだけ急転直下に決めたものかが推測される。まさに安倍晋三首相への忖度(そんたく)で籠池泰典氏を証人喚問に引きずりだし、国政調査権偽証罪を持ち出して森友学園問題を潰そうとした構図と同じだ」。柚木氏はこう訴えた。

丹羽秀樹としては、「与党理事が突然強行採決を動議した」といってるけど、あんだけの騒ぎの中でマイクも拾ってない三ツ林議員の動議を聞き取って発言してるってのは地獄耳すなぁ。

建前として委員会運営は、党の国対委員長議運委員長が主導することになっている、立法府行為なのに、官邸のほうばっかりみてるから竹下亘なんかに怒られちゃうんですよ、今後気をつけましょうねー。竹下亘本人も官邸見てるわけですけどね。

あ、あと私全然不偏不党ではないし、そんな宣言したつもりもないので「この増田は偏ってる(キリッ」とかいうの笑えるからどんどんやってください。

顛末その他

あとこの謝罪だけじゃなくて、侘びの品として、明日の補充質疑と野党側提出の対案の審議まで呑むことにしちゃったから、与党は「介護従事者の賃金加算する法案」を否決または野党案を呑むかしなきゃならん羽目になってるんで、ダメージは軽くないですよ。なので怒ってるのはポーズじゃなくてマジで怒ったはず。

顛末その他2

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203431

ゲンダイだけど。

与党は事前通告のない質問だと反発。「法案以外の質問をするのは十分審議した証拠」だとして強行採決に踏み切った。だが、これは“表向き”の説明。実際は、委員長ですら強行採決を「寝耳に水の話」と驚いていたほどで、どうやら、森友問題に絡む質問安倍首相がブチ切れたことが直接の原因だという。柚木議員がこう言う。

理事会与党の筆頭理事が、『説明がつきません。総理総裁は私のボスですから』と言ったのです。それで、『総理強行採決を指示したのですか?』と聞くと、『いえ、自分判断です』と答えた。これってまさに『忖度』じゃないですか。そもそも1時間半の審議で森友問題質問わずか10分だけ。あとは法案に関する質問でした。国民の関心事なのだから安倍総理瞬間湯沸かし器のようにブチ切れる話ではない。強行採決質問権の侵害であり、言論封殺です。こんなことを許したら国会自殺行為です」

「まさに忖度じゃないか」おほほほwww

ちなみに田村憲久議員石破派ですよ。清和会でもないのに安倍さんにそこまで媚びないとあかんとは、どうもお気の毒です。この前半の安倍がぶち切れたからはあんまり信じてないけど、もしそうなら、たぶん委員会入りの条件にしてきてもらってたんだろうねー。

追記:これ書こうかとちょっと思ってたけど産経が書いてくれてるしもういいや

http://www.sankei.com/politics/news/170413/plt1704130033-n1.html

北朝鮮有事差し迫っているという今日この日に与党議員がどんなにご立派な質問をされているかとくとご覧くださいな。

https://www.youtube.com/watch?v=Z0R7vkOZ-M0

有村「もとより日本には当然NHKを含めて、報道編集の自由があります公序良俗に反しない限り、表現の自由保障されている民主主義国家日本のことを私自身誇りに思い、その価値民主主義大事にする議会であるりたいと常に思っております。ゆえにNHKがどうすべきだとか、これがいいとか悪いとか価値観に基づくレッテル貼り今日のこの質疑のこの質問においても、一切、口にいたしません。NHKが自ら掲げている、世界平和の実現に寄与し、NHK,民主主義精神の徹底を図るという崇高な理念NHKが自らに課している、番組基準に照らして、自らの職責を果たしていただきたいと思います。そこで総務省に伺いますNHKはどこの公共放送でしょうか。」

総務省NHK日本公共放送です。」

有村「んーなるほどニッポン

wwww爆笑wwwはーあ。

中略

有村NHKに国際人はいないのか。」

これ笑えるんだけど、やり口が、安倍の「勘繰れ、お前」とまったく構造としては一緒でさ、丁寧にこれは恫喝ではないぞといいながら、新体制になったNHKいちゃもんつけて恫喝してんだよね。あーすばらしい質問だわねー。

あ、あと、この内閣委員会に今付託されてる議案は

地域自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案」で総務省所掌案件地方自治法ですからね?昭恵さんが、保育園虐待が疑われる学校法人名誉高潮してたことについて説明してと厚生労働委員会質問するのと同程度にはNHK関係ないよ?

id:bareloさんがいうようにぜひ動画見てね!、4:51:20秒辺りから見てね!

目配せしたあとからの中で、三ツ林が言ってることをちゃんと聞き取れる?私は無理だったよ☆

つーか「偏ってない」視点で見たら丹羽委員長与党議員が握ってないって信じられるんだね、すごーい。

再開後の質疑では委員長以外の質問者は全員このあと採決するって知った上でコメントしてるけど、委員長は知らなかったんだね、すごーい。

2017-02-23

https://togetter.com/li/1083781

コミケは会場外でのコスプレ禁止しているから、どうやらコスプレ公序良俗を乱すものという世間共通認識がありコミケもそれを追認しているようだ。

それより動物園動物の観察でなく自己顕示欲を満たすために利用してることが非難されるべきポイントだと思うが。

2017-02-21

すっごーい!けものフレンズ二次創作活動を歓迎しているんだね!

けものフレンズプロジェクト|公式サイトから引用するよ!

二次創作に関するガイドライン

けものフレンズプロジェクト」は、“けもフレ”を愛してくださる皆様の二次創作自作物のみ)活動を歓迎しています

趣味範疇における、個人または同人サークル等で、以下のガイドラインに沿って活動いただく際には、利用についてのご連絡は不要です。

ガイドラインの内容は、予告なく変更させていただく場合があります。本ガイドライン改正によって生じるいかなる損害についても、一切の責任を負えませんことを予めご了承ください。

1.二次創作自作物のみ)の許可範囲

(1)イラスト同人誌マンガ小説などの作成、各種運用

(2)コスプレ衣装作成、およびコスプレによる各種活動、その各種運用

2.禁止事項

(1)有償無償に関わらず、事業性の高い営利目的での利用

同人誌頒布等の活動につきましては、過度な営利性がないと判断できる場合は、該当しないとします。

(2)「けものフレンズプロジェクト」に帰属する素材(イラスト動画、音声、楽曲等)を直接二次利用すること(著作権侵害)

個人ツイッターブログアイコン、ヘッダーなどに関してはオリジナルイラスト使用していただいて構いません。

(3)過剰に「けものフレンズ」のイメージを損なう、過剰に公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える、と判断されるもの

大人向けの内容を含む表現のある場合は、対象以外の目に届かないような配慮をお願いいたします。

(4)他社(第三者)に版権帰属するコラボレーション作品などの利用全般

(5)その他、想定外副次的に発生する、不適切判断されるもの

限定版権等のルールがあるイベント運用される場合は、個人企業わず運営事務局規約に従ってください。

あれれー?公式サイトを開いて二次創作でページ内検索しても見つからないよ!

右上の「けものフレンズって?」ボタンを押したら出てくるの?パンサーカメレオンちゃんみたい、すっごーい!

 

絵やテキスト許可されてるのに、音楽許可範囲に明示されていないよ!

 

ボサノバラテンチップチューンなんかにアレンジされた楽曲著作権侵害なっちゃうのかな?わかんなーい!

JASRAC包括契約してるニコ動とかYouTubeで公開する分には大丈夫なのかな?

 

耳コピした譜面画像データ著作権侵害なっちゃうのかな?わかんなーい!

ホットエントリ入りしてる見事な分析のあの記事はてなブログJASRAC契約してないからまずいのかなー?

マサヨシおにいさんのツイート好意的だけど、JASRAC大丈夫なのかな?

批評研究のための引用著作権侵害には該当しないって主張できるのかなー?むずかしー!わかんなーい!

2017-02-19

ここは増田

各種法律公序良俗に反しなければ何を書いたって自由だ。

この国には思想信仰自由保証されているしな。

2017-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20170209193353

それふつーに鉄道警察呼ばれる奴では

 

 

公然わいせつとは

公然わいせつは、公然と人目に付く場所わいせつ行為わいせつ物を露出することです。

 

 

公然わいせつ

公然わいせつ罪とは、公衆面前わいせつ行為をするということです。ここでいう「わいせつ行為」とは、社会的法益になりますので、公序良俗に反するわいせつ行為のことをいいます。具体的には、公然下半身露出したり、性的興奮を刺激するような発言を繰り返したりするような行為です。

また、公然とは、人目につく場所になりますので、公共の場インターネットなどのメディア上・個人の家であっても、周りから丸見えである場合公然とされます

6ヶ月以下の懲役/30万円以下の罰金

公然わいせつ罪は、特定被害者がいないため、比較刑罰は軽いものとなっています。とはいえ、公序良俗を乱すため刑罰もしっかりあります児童の前で公然わいせつ罪を行なうなどは、悪質なため懲役刑も考えられます

2017-02-01

[] H28民法コメント

全体

◇今回はとにかく事案に即してコンパクト論点を論じていれば上位に来てたみたい。

◇設問1であれば、①請求原因を相続含めてコンパクトに書いて、②利益相反と権利濫用を一行認定、③「権利濫用相続」、94条2項類推さらっと流す、でA。「共有と明渡」の論点を展開して利益相反を忘れちゃってる答案がDだった。

◇設問2であれば、①請求原因をコンパクトに書いて、②公序良俗違反簡単に指摘して、③貸金の交付がないこととLが騙されたことを指摘していればA。動機不法に気付き、改正法まで論じたけど、Lが騙されたことを忘れてしまってる答案がDだった。

◇要するに深い知識不要で、事案に書かれた事実にべったり準拠して論点を指摘してやればAだったみたい。

設問1(1)

請求原因を書くところで、C死亡(882条、896条)、AD相続人であること(889条1項1号、890条)まで書いちゃって良いと思う。

◇そういや法定代理権は広範って書き忘れた。

設問1(2)

◇そういやCの帰責性も考慮に入れた方が丁寧だったなぁ、と思った。

◇9段落目にFの信頼の事情12段落目にDの帰責性の事情があるので、これも拾っておくとベター。ただ書いてる人はあんまりいなかった。

設問2(1)

23段落目に異議なき承諾の事情があるので、468条1項の適用を論じると良いです。

◇ちなみにこれが重判の関連論点でした。つまり、消費貸借契約賭博目的から無効にしたいけど、債権流通性も保護したい、どうしよう、という問題だったみたいです。

設問2(2)

◇これと上の(1)はみんなかなりめちゃくちゃだった。

設問2(3)

◇ここのポイントは①KからEに現金交付がなかったこと、②それなのにLが弁済したのは勘違いしたEに促されたかであること、の2つだったみたい。

◇わけ分からんなりに①②を挙げて求償OKとしている答案が上位に来ていた。逆に、①に着目して改正法の内容を展開し、②をシカトした答案は下位に行っていた。知識より事実の特徴を押さえてくれということかもしれない。

2017-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20170115150759

1行目 最近いわゆるアニメ系の萌え絵ポスターになったり広告になったりと公的な場での露出の機会が増えています。絵柄自体が性を強調しているだけでなく破廉恥ポーズを取っているものもあり、公序良俗に反しています

2行目 オタクコンテンツ女性性的なモノとして扱っているのは一目瞭然です。そして、落書き蔓延させると犯罪率が上昇し、排除したら下がったというのは実際に起こった事例です。蔓延させる事は表現物が持つメッセージが当たり前である錯覚させます

3行目 言いがかりに見えるのはあなた想像力が足りないのと、被害者目線に立っていないからです。あなたのような鈍感な人が女男問わず人を更に傷付けます反省してください。

2016-12-22

成宮の友人A氏というブログさくら規約第16条(禁止事項)該当

あの準備は間違いなくアフィリエイトアカウントの準備だと思われますね。


http://whois.chromefans.org/onlytrue00.jp

さくらサーバードメインです

Domain Information:

[Domain Name] ONLYTRUE00.JP

[Registrant] YuzinAshi

[Name Server] ns1.dns.ne.jp

[Name Server] ns2.dns.ne.jp

[Signing Key]

[Created on] 2016/12/19

[Expires on] 2017/12/31

[Status] Active

[Last Updated] 2016/12/19 11:10:39 (JST)

Contact Information:

[Name] SAKURA Internet Inc.

[Email] nic-staff@sakura.ad.jp

[Web Page]

[Postal code] 541-0054

[Postal Address] Osaka

Osaka

9F, 1-8-14, Minami-hommachi,Chuo-ku

[Phone] 06-6265-4830

[Fax]

─────────────────

備考: abuse@sakura.ad.jp

ドメイン

[Email] nic-staff@sakura.ad.jp

[Phone] 06-6265-4830

こちらに問合せればよいだけです。CONTACTと書いてる通り、メール電話でこちらが窓口です。

さくら

東京証券取引所市場第一

証券コード3778

さくらサーバー利用規約16条各項目該当しますので

問題がある箇所をさくらメール電話で問合せてこのようなブログ運営してよいのか確認したらよいと思いますよ。

もちろん東証一部ですから厳しいコンプライアンスのもと運営されておりますので

どう判断をするかはおわかりと思いますが。

該当しそうなものだけ抜粋

第16条(禁止事項)

1.利用者は、次の各号に該当する行為を行ってはなりません。

i. 当社もしくは第三者著作権商標権等の知的財産権侵害する行為、またはそ

のおそれのある行為

ii. 当社もしくは第三者財産プライバシーもしくは肖像権侵害する行為、また

はそのおそれのある行為

iii. 当社もしくは第三者差別もしくは誹謗中傷侮辱し、当社もしくは第三者への

差別助長し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為、またはこれらのお

それのある行為

xi. 当社もしくは第三者設備等またはサーバ設備もしくは電気通信設備等の利用も

しくは運営に支障を与える行為、または与えるおそれのある行為

xii. 第三者通信に支障を与える方法もしくは態様において本サービスを利用する行

為、またはそのおそれのある行為

xiii. 当社の本サービス提供妨害する、または妨害するおそれのある行為

xiv. 違法賭博ギャンブルを行い、または勧誘する行為

xvi. 人の殺害現場等の残虐な情報動物虐待する画像等の情報、その他社会通念上

他者に著しく嫌悪感を抱かせる、またはそのおそれのある情報掲載し、または

不特定多数の者にあてて送信する行為

xvii. 人を自殺誘引または勧誘する行為

xviii.犯罪違法行為に結びつく、またはそのおそれの高い情報や、他者を不当に誹謗

中傷侮辱したり、プライバシー侵害したりする情報またはこれらのおそれの

ある情報不特定の者をしてウェブページ掲載等させることを助長する行為

xix. 他の利用者第三者に著しく迷惑をかける行為社会的に許されないような行為

またはこれらのおそれのある行為

xx. 公序良俗に反する行為またはそのおそれのある行為

xxi. 法令違反する行為またはそのおそれのある行為

xxii. その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為助長する態

様または目的リンクをはる行為

xxiii.その他、当社が本サービス利用者として相応しくないと判断する行為

2.前項各号のほか、当社は必要に応じ当社ホームページ上(「さくらサポート情報」の

ページにおける「サービスのご利用にあたって」「ご利用上の注意」のページを含みま

すが、これに限りません)において禁止事項および注意事項等を別途定めることがで

き、利用者はこれを遵守するものします。

https://www.sakura.ad.jp/agreement/[a]yakkan0_kihon.pdf

さて、コンプライアンスがどのようなものでしょうね。

2016-11-20

幼児向けテレビ番組の敗北

ウチの子(3歳)が、ユーチューバーキッズ動画を観る。

親の私があえてEテレアニメを観せてみても、結局ユーチューバーキッズを選んでしまう。

子ども自由時間から公序良俗に反するもの以外であれば何観たっていいと思うんだけど、

「そんな素人の作った動画かよ」と思ってしまう。

もし、YouTubeが観られる端末が、テレビと同じぐらいあったら、幼児の多くがユーチューバーキッズを観るのではないか

それは言い過ぎか。

別の言い方をすれば、費用対効果

テレビ局が相当費用をかけて幼児向け番組を作っても、素人動画に負けうるということ。

2016-10-23

やばい1!ままに怒られる!!!

動画リスト 新着動画

未成年の方の年齢詐称によるご登録誤作動によるご登録につきましては、メール電話にてご連絡の上退会申請キャンセルを行ってください。

キャンセル・退会申請・お問い合わせの際、お客様ID必要となりますお客様IDは下記のものをご利用ください。

お客様ID 3442628919

電話でのお問合せはこちらより03-4540-437510:00 ~ 20:00

125,000円(税別)

3442628919

2016年10月23日 19時30分

2016年10月24日 19時30分

2016年10月26日

本日の特選動画再生

再生日時:2016年10月23日 19時30分

注意事項当サイト青少年保護育成条例やその他法律法令により二十歳未満の方のご利用は固く禁止しております。二十歳未満の方は速やかにご退場下さい。動画のご視聴には当サイトが定める利用規約同意登録必要になります。次へから進みますと当該内容の確認及び承諾をしたものとみなされます。当サイトは三百六十五日間税別二十五万円のアダルト配信サービスです。ご登録ご利用後はご利用料金が発生いたします。また、会社業務用の機器・端末からのご利用も固く禁じます利用規約の内容をよくご確認の上、ご利用ください。重要事項本重要事項は利用規約を要約しております。本サービスをご利用される場合は必ず利用規約確認し承諾の上同意された方のみご利用下さい。利用確認画面で年齢選択及び利用規約同意をし最終確認画面で利用内容をご確認、承諾し進んだ時点で登録完了の通知画面が表示されご登録完了し年間税別二十五万円の利用料金が発生します。料金の支払期日はご登録から三日以内となり、翌日まではキャンペーン期間対象となります。ご利用期間後は自動退会となります

注本サイト名:videoparty(以下、本サイトという。)会員利用規約(以下、本規約という。)は、videoparty動画運営事務局(以下、当社という。)が提供する会員向け動画配信サービス(以下、本サービスという。)をご利用される全ての会員様(以下、会員といいます)に適用されます

第一条 提供サービス

サイト提供する本サービスは、アダルトに類される性的画像映像の利用を希望する二十歳以上の成人だけを対象制作されたものである青少年保護育成条例やその他法律法令により二十歳未満の方の利用を禁止する。また、成人であっても本サービスの内容を好まない方の利用を禁止する。本サービスアダルトに類される画像映像の表示、配信を行っているため、勤務先や第三者の所有しているパソコンからの利用を禁止する。禁止されている項目に該当する状態で本サイトを利用し、勤務先や第三者問題が発生した場合でも、当社はその一切の責任を負わない。

二条 会員登録

サイト内で定める利用確認(本サービス利用申し込み)画面にて、年齢が二十歳以上で最上段の料金表記、本規約、注意事項、重要事項を全て読み承諾した後、最終確認画面(利用方法登録内容の確認)で年齢、料金表記、本規約、注意事項、重要事項を再度確認、承諾した上で、登録完了の通知画面が表示された時点で利用契約が締結し、本サイトの会員と定められ会員登録完了する。尚、会員登録無料である。会員の都合による一方的キャンセルは受けられないものとする。本サービスクーリングオフ適応対象外である

第三条 利用期間

  本サービスを利用できる期間は、お客様IDが発行され登録した日から三百六十五日間と定める。利用期間後は自動的に退会処理が行われ、本サービス提供が終了する。但し、支払期限を過ぎても料金が未納の場合は退会処理は行われず、また利用可能サービス制限される。

四条 自己責任原理

会員はお客様IDにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為自己がしたか否かを問わず、その責任を負うものとする。 当社は当該行為およびその結果により会員が損害、被害を被った場合といえども、何らの責任を負わない。また、本サービス内各コンテンツを利用するにあたり会員に生じたいかなる損害に関しても、一切その賠償責任を負わない。本サービスの利用により当社または第三者に対して損害を与えた場合(会員が、この規約上の義務を履行しないことにより第三者または当社が損害を被った場合も含む。)自己責任費用をもって損害を賠償するものとする。会員が二十歳以上であっても、会員の使用する端末機器を二十歳未満の非会員が使用し、本サイトアクセスおよび本サービスの利用、閲覧があった場合、当社は一切の責任を負わず、会員の自己責任をもってこれを解決する。

五条 サービスの利用料

利用料金の支払いは後払い方式となり、会員登録から三日以内を支払いの期限とする。本サービスの利用料金は、定額税別二十五万円とし、キャンペーン間中は税別十二万五千円で利用ができるものとする。ただし支払いに係る必要手数料等は、全て会員の負担とする。支払われた利用料金は、過払い以外の返金は認められないものとする。特別事由が認められない以上、料金は固定額であり、日割り、分割払い、割引等は認めらず代物弁済での支払いも可能ものとする。支払期限を超過しても料金の確認が取れなかった場合は、弁護士協議の上然るべき対応を取る場合がある。

六条 個人情報の取扱い

サイトサービス性質登録時に不必要個人情報名前電話番号、住所、メールアドレス等)は取得しないものとする。また、問合せ時や利用確認時に取得した個人情報の取り扱いに関しては、第三者に無断で開示、転送転売することを一切行わないものとする。但し、法律による要請裁判所から照会が求められた場合には、会員の同意なく開示する場合がある。

七条 利用規約変更の権利

サイトは会員に事前に予告する事なく、コンテンツ及び利用規約の内容全てを、いかなる時でも変更する権利を有する。変更後の内容については、本サイトに表示された時より効力が生じるものとする。

八条 コンピュータシステム要件

サイトおよび本サービスを利用する際は、自己費用責任で、任意電気通信サービスを経由して接続する本サービスサービスを個々のユーザーに応じた設定にするため、クッキーなどの技術使用して会員との通信の内容を記録するものとする。本サービスは、ブラウザクッキー機能有効状態で正しく動作するものであり、万が一ブラウザクッキー機能無効にした事が原因で本サービスを受けられない自体が生じても、運営者は一切の責任を負わないものとする。

第九条 著作権商標等の利用制限

サービスに含まれデータ情報文章ソフトウェア等一切の著作物に関する著作権は当社またはコンテンツ提供者他第三者帰属するものであり、会員は、これらを著作権法で認められた私的利用の範囲をこえる複製及び利用することはできない。また、本サービスに含まれる一切の商標等は当社またはコンテンツ提供者他第三者登録商標または商標であり、会員はこれらを無断で使用することはできない。会員は、前二項に違反する行為第三者にさせることはできない。

第十条 禁止事項

会員は、本サービスを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとする。本サービス第三者に無断で使用させる事。法令条例公序良俗および本規約違反する行為。本サイトもしくは他の著作権商標権等の知的財産権侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。本サービスサーバおよびネットワーク機器等に対して不正アクセスを行う行為、又はこれらを試みる行為有害プログラム及びデータ等を本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。本サービス又は第三者財産プライバシー著作権等の知的財産権及びその他一切の権利侵害する行為第三者なりすましての本サービスの利用、及び第三者不利益を与える一切の行為。本サービスを通じての宗教政治に関わる行為。上記各号の他、条例、本サービス運営妨害、又は不利益を与える行為、その他当社が不適切判断する行為

第十一条 会員登録の解除

当社は、会員が禁止事項各号の禁止行為を行った場合、当該会員に対するサービスを停止し、会員登録強制的に解除することができる。

第十二条 免責事項

サービス動画再生に適合していないブラウザを利用し、再生ができない場合、当社は会員に対し何ら責任を負わないものとする。当社は本サービスに関していかなる保証もせず、当社は本サービスの可用性、信頼性、正確性及び利用目的との適合性に対する保証から一切免責される。本サービスは、当社が必要と認められる場合、会員に事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の運営を中断、中止することができるものとし、これらの場合でも、当社は会員に対し何らの責任を負わないものとする。

十三条 準拠

規約に関する準拠法は、日本国法とする。本規約に関する紛争については、東京地方裁判所第一審の専属合意管轄裁判所とする。

利用確認ページ上部の『利用規約及び注意事項重要事項を確認し承諾の上年間税別二十五万円のサービス登録する方ははいを押してお進みください。』を確認

年齢選択フォーム20歳以上 利用規約同意します。』で20歳以上である事の確認利用規約同意

料金表示『抜き放題見放題!!年間税別二十五万円利用登録はこの次すぐ!!』 を確認

注意事項及び重要事項、利用規約の各条項確認

チェックボックス利用規約同意して進む』のチェックを確認し進む

最終確認ページ上部の『利用規約及び注意事項重要事項を確認し承諾の上年間税別二十五万円のサービス登録する方ははいを押してお進みください。』を確認

登録の流れを確認登録

キャンセル

ログイン

サポート

ご入金方法

退会手続き

3442628919

03-4540-4375

10:00 ~ 20:00

2016-10-13

http://anond.hatelabo.jp/20161013164954

少子高齢化社会問題として取り上げられてから既に何年もたつのに、

健康的な男女のセックス公序良俗に反するとは到底思えません。

はてなブックマーク - 【やっべ!】”いらすとや”の女の子のイラスト超やっべっぞ! - オティンティンミサイルゴーズオン!

↑これと同じようなこと俺だって当然考えたよ

でも規約みたら、↓ってあったから諦めたんだよ

やらかしちゃった場合どうなるかきになるからとりあえずヲチるか

ご利用について | いらすとや

サイトイラストは以下の場合に限って、ご利用をお断りします。

公序良俗に反する目的での利用

素材のイメージを著しく損なうような利用

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん