「待ち伏せ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 待ち伏せとは

2018-10-18

セフレへの片想いをやめた

10月18日。1年以上好きだった人を諦めた。諦めると言えば大そうに聞こえるが、1ミリ希望もない恋だった。

好きでいることをやめる。この1年と4か月、どれだけ冷たい態度をとられても、数少ない友人たちに口をそろえて諭されても、検討すらしなかった選択肢今日自分で選んだ。

好きな人がいた。顔を見た瞬間一目ぼれだった。誰が見てもわかるくらいに整っていた。バンドが好きないまどきの若者だった。

特別可愛いわけでもスタイルいいわけでもない私は、ものの数日で目も当てられないくらい夢中になってあっという間にフラれた。好意プライドもズタボロになって、しばらくは抜け殻みたいだった。一人でいたくなくて、マッチングアプリで知り合った男の子と頻繁に会っていた。彼は、その中の一人だった。

好きだった人と同じ髪型だったかLIKEして、マッチして、しょうもないやりとりをして、初めて会ったとき「ああハズレだな」と思った。タイプじゃなかった。背丈は私と同じくらいで、髪は写真よりもずっと短かった。

「どこか行きますか?」と聞いてもめんどくさそうな声で「どうしましょうね」と返ってきた。待ち合わせ場所でしばらくグズグズしていたけれど、ようやく入ったファミレスで彼はずっと携帯を触っていた。気を遣って話しかけるとようやく液晶から顔を上げる。眠そうな目がこちらを向くのも少し怖かった。

私が「ハズレ」だと思ったように、彼も私を「ハズレ」だと判断したのだろう、と自分を納得させた。ドリンクバーデザートのみの会計は彼が払ってくれたけれど、それくらい自分で払いたかった。

いざ帰るとなったとき、彼は駅のホームまで送ってくれた。自分が乗る反対方面の電車が行ってしまっても、私が乗る電車が来るまで隣で待っていた。乗り込んだ電車が発車するまで見送り、すぐに「気を付けておかえり、また会おうね」とLINEをくれた。

これは「ハズレ」だとは思われていない?しばらく様子を伺いながら連絡を続けたけれど、彼のLINEは会う前と変わらず好意的で、なんなら会う前よりも少しくだけたように思えた。

「変わった人だなあ」が第一印象だった。

その後は以前よりも親しげに、日常的なこともLINEで話すようになった。なんとなくレスしていただけだったけれど、次に会うのが少し楽しみになった。

2回目に会ったときにはもう夏も間近で、2人でかき氷を食べた。くすりとも笑わずに、淡々と話をする彼は、言葉選びから仕草視線の移し方に至るまで私のこれまで知る男の子とは違っていて面白かった。彼は、一通り二股にはげむ友人のクズエピソードを話し終えたあと、最後に残った餡子に向かって「もう1つくらい白玉入ってると思ったのに…」と小さく悪態をついていた。

それからは急速に仲良くなっていったように思う。そう思いたい私の記憶いかもしれないが、7月に入るころには、無愛想な受け答えやつまらなそうな振る舞いに悪気はなく、それが彼の癖のようなものだとわかるようになっていた。「今日はどうしようか」と聞けば相変わらず「どうしようね、決めて」とめんどくさそうな返事が戻って来たけれど、「いつも私が決めるんだけど?」と軽口を返すことができた。彼に興味があった。見ていて飽きなかった。別れ際はいももう少し一緒にいたかった。でもその感情好奇心とよく似ていて、私はまだ自分の恋心が動きつつあることに気づかなかった。

ホテル映画見ようよ」と誘ったのは私だった。彼は一度断ったけれど、不機嫌な私の態度を見てか、「いいよ、行こう」と言い直した。何度も「たぶん俺すぐ寝るよ」と言っていたのに無視をした。私が選んだ映画再生して、眠そうな彼を何度か起こして、エンドロール流れるころには深夜2時を回っていた。彼は髪を撫でたり、頬を触ることはあってもそれ以上のことはしなかった。「ここまできてキスしないんだね」とけしかけたのも私だった。彼は「そういうこと言わなくていいから」と言った。私たちは付き合う前にセックスをした。

それ以降、泊まりが増えた。元々向こうのバイト終わりに会うことが多かったから、時間を気にしなくていいのは嬉しかった。お金に多少ルーズな彼と会うために、ホテル代は私が多めに出すことが多かった。

このころには、「彼のことを好きになれそうだ」と思い始めていた。まだ失恋を引きずっていたし、次に依存できる恋愛を見つけたかっただけかもしれない。

それでも男女の関係にありながら、普通に「この間会った男の子がね、」なんて彼に話していたし、彼はそれを興味なさそうに聞いていた。

彼はたまに、らしくない、思わせぶりなことを言った。「他の男の人の話されるの好きじゃない」と言ってみたり、「俺のあとに他の人に会いに行くって俺は気分良くないよ」と言ってみたり。失恋自尊心を損なった私にはそれがとても気持ち良かった。ある土曜日、私は他の男の子との約束をやめて彼とホテルに泊まった。彼と会う前に少し嫌なことがあって、本当に本当に馬鹿だと思うけれど、抗不安薬オーバードーズした。視界がぐらぐら揺れて、手足がしびれるような感覚がしていた。彼は私の腰を抱いて「馬鹿じゃないの」と叱ってくれた。嬉しかった。どうしようもない女だと思う。そこから記憶は途切れて、次のシーンはホテルのベッド。「他の男のところに行かせなくてよかった」そう言われて抱きしめられて、私はいとも簡単に恋に落ちた。あるいは、いとも簡単に落ちていた恋に気づいてしまった。

そこからはまた、一瞬だった。失恋を忘れたい、新たな恋愛依存したいという気持ちが、このしょうもない恋愛アクセルをかけた。踏み込んだら思った以上に加速した。告白をしたらもう止まれなかった。

「フるわけじゃないけど、今は付き合えない」

保留にされて、少し冷静になって、「あれ、ブレーキのかけ方知らないや」って気が付いたときにはもう遅かった。7月中旬には、彼を好きでいることが私のアイデンティティになっていた。どうして付き合ってくれないの?「もう好きに寄ってるよ」って言ってくれたのは嘘だったの?告白を保留にされていた期間は不安心臓が千切れそうだった。幼稚な私はそれをそのまま彼に伝えて、彼は「わかるよ」とだけ言って肝心なことはいつもはぐらかした。それでも、どれだけ不安でも寂しくても辛くても悲しくても、このころが人生で一番幸せだった。

はいつまで経っても告白の返事をくれなかった。

告白からひと月がすぎ、彼の返信は少しずつ遅くなっていった。「会いたい」といえば「忙しい」と言われた。

「好きでいることは迷惑ですか?」と聞いたことがある。彼は「これまたクズって言われると思うんだけど」と前置きをして、「好きでいてほしい」と言った。

8月14日お盆休みの4日目。ようやく彼と約束を取り付けた。朝10から連絡を取って、会えたのは18時。喫茶店他愛もない話をしながらお茶をして20時には彼は駅のホームまで私を送って行った。「まだ一緒にいたい」というと「もう充分でしょ」と笑い、「充分に見える?」というと「俺はもう充分だから帰るよ」と返された。

ホテル行こうよ」と誘ったのは私だった。彼は初めて誘ったあのときよりもずっとめんどくさそうな顔をして嫌だと言った。「これが最後から」と腕を引っ張ると、「だったらお茶してまた会えた方がいいんだけど」と小さく言っていたけれど、すぐ「ホテル代タダならいいよ」と言い直した。ホテルを出た帰り道、彼は駅の階段の前で「じゃあ元気で」と言い、私の顔を見ると「また泣くじゃん、泣く前に帰ってね」と冷たく言い放って手を振った。ひとりホームまで歩いて電車に乗り、方面を間違えたことに気づいたら我慢できずに泣けてきた。

それでもこの頃の私は、この恋がこれまでしてきた恋と何一つ変わらないと思っていたし、こんな気持ちもまたひと月すれば忘れられると思っていた。

すぐに彼氏ができた。すごく優しい人だった。私に好きな人がいることも知ったうえで、「僕のことを好きにさせます」と言ってくれた。一緒にいれば楽しかったし、だんだん惹かれ

ていったのは確かだった。

でもデートをして、車で送ってもらい、別れ際にキスをして部屋に戻ると見るのは好きな人SNSで、ただでさえ不安定気味な私の情緒さらに揺れて、そう長くは続かなかった。

「好きだけどもう疲れた」と言われたとき、「やっぱり私には好きな人しかいないんだ」なんて馬鹿たことを思った。

そこからまたひと月、ふた月と過ぎて、気持ちは一向に変わらず。最後だと言っておきながら彼に連絡をしては、無視をされたり冷たい言葉で返されるような日々が続いた。毎日毎日彼のことだけを考えた。いつしか私の生活は会うこともできない一人の男の子のためにあると思うようになった。SNSを盗み見るのが習慣になり、彼の友人に彼の写真をもらったり、彼の好きなものを調べては行きそうな場所待ち伏せをした。

彼が手に入るなら何もいらなかったし、彼が手に入らないのなら生きている意味がなかった。それでも私が明日を生きるのは、明日返信が来るかもしれないから。数年先の未来には、彼の隣で私が笑っているかもしれないから。

彼は最後の日から今日にいたるまで、2回だけ、気まぐれに私に会ってくれた。

2月17日、たった1時間ちょっと時間だったけれど、本当にこれまで頑張って生きていてよかったと思った。渡したバレンタインチョコにお返しはなかったけれど、おいしいと言ってくれただけで嬉しかった。

2回目は、そこからまた4ヶ月。1年前、まだ仲が良かったころにも遊んだ6月17日。二人でウィンドウショッピングをした。人がごった返す渋谷駅で、私には彼だけが輝いて見えていた。彼は優しかった。面倒なセフレに対する態度ではなく、親しくない友人にするように。どんどん距離は離れて、それでも私は何も変わらず彼が好きだった。

10月16日。彼のSNSひとつに鍵がついた。もうひとつSNSでは落ち込んでいるような旨の投稿をしていた。彼の友人から、私との出会いきっかけでもあるマッチングアプリを消したときいた。「真面目に生きる」のだそうだ。彼女ができたのだと思った。ついに恐れていた日が来てしまったと思った。

息がすえなくて抗不安薬をたくさん飲んだ。「もう薬たくさん飲んだりしちゃだめだよ」ってあの日優しく言ってくれた彼がちらついてあるだけ飲んだ。気絶するみたいに眠りについて、気がついたら15時間が経っていた。彼女かあ。彼女いいなあ。可愛い子なんだろうな。こんな惨めな女がいることなんて知りもせず、当たり前のように彼と手を繋ぎキスをして、セックスをするんだろうな。

悲しくて悲しくて、だけど好きな気持ちは変わらなかった。好きで好きで好きで好きで、笑った顔を思い出しては、彼がその彼女と楽しそうに過ごしているといいと思ったり、すぐに別れてほしいと思ったり、どうか幸せになってほしいと思ったり、殺してやると思ったりしていた。

これから私は彼女持ちの男に不毛な恋をしていくんだなあ、とぼんやり思っていた。

ただそんなことを考えながら泣いているだけで、丸1日が経った。

彼のSNSには相変わらず鍵がついていたけれど、祝福のコメントひとつでも読んでやろうと彼あてのメッセージ検索した。涙も枯れて、何を見ようとこれ以上悲しいことなんてないと思った。でもこれが、彼を諦めるきっかけになった。

好きな人には、彼女はできていなかった。

「両想いだと思っていた女性から連絡が来ず、傷心している」といった内容のことを彼の友人が茶化して書いていた。投稿に添付された写真には、大好きな彼が写っていた。やっぱり世界中の誰よりもかっこいいと思った。でも私の知らない横顔だった。私の好きな彼じゃなかった。

喉の奥がきゅっと詰まるような感覚がした。虚しくて、寂しくて、吐き気がして何度もえずいて、信じられないような気持ちで見返しても写真は変わらず切なげな表情の私の知らない好きな人だった。

好きな人が、私を好きにならないことにはとっくに諦めがついていた。でも私以外の誰かを好きになる好きな人は見たくなかった。私がどうやっても手に入らない彼の好意が、無下にされていることも虚しかった。私は誰かを好きだと思う彼を知らない。彼の事を知らない。これまで散々私と恋愛をする彼の妄想も私に愛をささやく彼の夢も見てきたけれど、現実の「恋をする彼」は、あまりに遠くて、遠くて、遠くて。もう潮時だと思った。大好きだけどもう好きでいてはいけないのだとようやく気が付いた。

彼の写真を消した。何度も見返したLINEも消した。

SNSももう見ないと決めて、一番そばにいてくれた友人と姉に「諦める」と連絡をした。

私の人生で一番大きな恋が終わった。はたから見れば遊ばれたメンヘラ女の、惨めで愚かなよくある話だと思う。

今はどうしたらいいのかわからない。たった1年と数か月でも、もう彼は私の生活だった。彼に出会う前に何を思い何を考えて生きていたのかわからない。死にたくはない。

やめた方がいいのだとたくさんの人に言われたし、諦めたと言えば「頑張ったね」「よかったね」と大切な人が喜んでくれた。これは進歩なのだと思う。本当にできるのかもわからないけれど、彼を忘れることは喜ばしいことなのだ。私が彼を好きでいることは誰にとっても悪いことのようだったから。でも今はまだそれが悲しい。こうして、何度も思い返すうちにすりきれてしまったような曖昧な昔の記憶を引っ張り出しては誰にも言えない心情とともに匿名日記にするくらいには悲しい。

本当に本当のことを言えば、これは備忘録だ。忘れることを強いられた私の最後の逃げ道だ。たとえ叶わなくても、私は君にずっと好きでいさせてほしかった。毎日がすごく苦しくて悲しくて幸せだった。君は迷惑だったかな。好きになってごめんなさい。ずっと好きでいてごめんなさい。気まぐれに言っただけの「好きでいてほしい」を一年以上も信じてごめんね。君は優しくてかっこよくて面白くて愛おしい、最高の男の子から絶対絶対絶対幸せになってね。

2018-09-15

中川翔子さんを待ち伏せストーカー

あのぐらいの行為実名報道になるなら

安倍bot業務妨害誹謗中傷とつきまといなら、中川翔子ストーカーの100倍はやってる

被害を受けた企業のどれかが被害届けだして新聞沙汰になったら実名報道までいかいか

官公庁立場上無理なのかな

https://twitter.com/mqfwdt/status/985323204452339715

2018-09-11

これ脈ありかな事例1 ※追記

出張とき、ある大きめ地方都市ガールズバーに行った。

ガールズバーなんてほとんど行ったことなかったのでドキドキだった。

カウンターに座ってシステム説明を受ける。

客は自分の他にオシャレおっさんが一人。

主に相手をしてくれた子はスリムではないかなくらいの若くて健康的な可愛い子だった。

「(今日は)19歳なんです」といってお酒を飲んでなかった。

食べるのが好きとのことでいろいろ美味しいものを教えてくれたり、それなりに楽しく談笑してた。

昼はパン屋パンを売ってるとのことで、翌日朝からお店に出てるからぜひ来てくれとのことだった。

今酔っ払ってるから明日には忘れてるかもというと、手に油性ペンでその子名前、店の名前おすすめパンを書いてくれた。

書く際、当然ちょっとしたスキンシップもあった。「電話番号も書いといてと」小声で冗談ぽくいったらそれは笑ってごまかされた。

その頃には少し客が増えてて、間をあけて座ってたおっさんがその子に「イチャつきすぎ」と怒ってた。

自分は近所のビジホに泊まってると言うと、その1階にあるコンビニチェーンのシュークリームがすごく美味しいから食べろ、私も今日買って帰るという話をした。

シュークリーム買いにきたらコンビニで会うかもね、とか話してるうちに、その子がそろそろ上がる時間とのことで会計をして先に店を出た。

コンビニでそのシュークリームを探すとラスト一個だった。今日はその子が買いたいかもと思って買わずコンビニを出た。

の子が来るかなーとか思って、ちょっとだけコンビニのまえでケータイいじって待ってたけど、その子はすぐには来なかった。

で、ここからちょっとキモいけど、その子がほんとに来たらワンチャンあるかなーとか思って、向かいマックコーヒー飲んでちょっとだけ観察することにした。

コーヒー買って席につくとちょうどその子コンビニに入っていくところが見えた。こちらには気づいてない。

でもやっぱ待ち伏せキモいかなーと思ってしまい、ビビって声が掛けられなかった。その子はおそらくシュークリームを買ってホクホクで帰っていった。

キモいけど次の日の朝、その子の働くパン屋を見に行ってみた。キモいけどとても近所だったので。

爽やかな笑顔接客しているのが見えた。こちらには気づいてない。

でもやっぱ次の日の朝会いに来るのはキモいかなーと思ってしまい。ビビって声が掛けられなかった。

おしまい


追記

おしまいと書いておいて追記してすみません

自分勘違いやすい方なんでキモいとは思いますが、ポイントは下記なことかと思います

常連ぽい客に「イチャつきすぎ」と注意されるということは普段よりは親密な感じで接客していたということ?

・話していたコンビニ店舗に業後すぐに来たということは、そこで俺と鉢合わせてもOKまたはそれを期待していたのでは?

・昼職の正確な情報油性ペンで書いてまで教える?

追記追記

キモいこわい言われて少し凹んだ。いやキモいんだけどさ。

常連ぽい客に「イチャつきすぎ」と注意されるということは普段よりは親密な感じで接客していたということ?

→NO。その客が嫉妬深くいつもそんなこと言ってるだけ。

・話していたコンビニ店舗に業後すぐに来たということは、そこで俺と鉢合わせてもOKまたはそれを期待していたのでは?

→NO。俺と鉢合わせるのは死んでも嫌だけどシュークリームは買いたい。それだけ。鉢合わせたら無視して逃げるつもりだった。

・昼職の正確な情報油性ペンで書いてまで教える?

→脈なくても教える。ガールズバーバイトする真の目的パン屋に客を呼び込むためであり、そのためには手段を選ばない。

ということでしょうか。

※リプ

商売女に惚れちゃダメだぞ。 商売笑顔なんだから

→ですかねー。めったにそういうお店いかないんで耐性なくすぐに勘違いしてしまます

そうだね、キモいね。

追記キモさを増長しているな流石だ

キモいってかこわい

イケメンのくせにキモくてすみません

ガチレスすると あまりガツガツしなければ 一回くらいヤレる案件かな

→おおー。自分勘違いかもながらそうかなーと思いつつ、経験値低くて判断できなかったです。

コンビニで声掛けてみればよかったです、ダメ元で。

「いちゃつきすぎ」って別の客が怒ったのはそこがガールズバーからじゃない?

ガールズバーキャバクラみたいな接待をすると風営法に引っかかって店が無くなるじゃない。

から見てるとアンタを気に入ったんじゃなくて、その女の子の頭が緩いようにしか見えないけどね。

→冷静!風営法に引っかかるんですか、知らなかったです。

頭が緩いのもその通りかも知れません。オープンにすることのリスクがわかってないというか、人間みんな友だちみたいな。

全部ご指摘通りなんじゃないかという気がしてきました悲しい。

2018-09-05

anond:20180905152205

そこはワイに与えられた役柄が排水溝で待ち伏せして「風船いらない?」って言う役だからな。ちょっとおかしいのは仕方ない。

2018-08-29

それってあなたに会いたくて待ち伏せだったりして♡

2018-08-28

anond:20180828233544

悔しいし怖かったね。その路通らなくていいなら、とうぶん通るの、やめたほうがいいかも。

狙われちゃったら困るよ。

自治会か、近所の交番に話して、見回りして貰えるといいんだけど。

味を占めて、待ち伏せとかされないように、気を付けて。

2018-08-11

anond:20180811135238

だよな

自衛隊法戦闘ヘリで住宅に突っ込んじゃいけないなど書いてないし

護衛艦漁船体当たりしてはいけないとも書いてない

野党議員待ち伏せして一人だと確認したら接近して国民の敵だと怒鳴ってはいけないとも書いてない

よかったよかった

2018-07-30

anond:20180730143256

阿部友の様に酒に覚せい剤を混ぜてこん睡レイプしてないし

やったという証拠はなく、無作為に選ばれた国民による審議会でも不起訴になっている

国会議員待ち伏せして国民の敵だと脅迫してもいないし

山のような糞リプとデモという騒音攻撃さらには脅迫メールによって杉田議員攻撃してる左が言えたことか?

anond:20180730143042

なんで?

阿部友の様に酒に覚せい剤を混ぜてこん睡レイプしてないし

国会議員待ち伏せして国民の敵だと脅迫してもいないし

ヘリから部品を落としてもいない

アメリカ兵が沖縄女子小学生レイプしたとき沖縄県民を非難もしていない

2018-07-23

anond:20180723224647

悪いことは言わない

メンヘラJKを捕まえろ

メンヘラは見た目気にしないやつも結構いる

ゲスだが心療内科がある通りで待ち伏せナンパしろ

セックスパートナーができると人生変わるぞ

2018-07-03

消防団操法大会かい田舎の闇

去年の初めに関東から田舎移住した。

20代ということもあって結構可愛がってもらえるし仕事も序盤からやりたい事やれて充実してた。

今年の5月までは。

今年の4月消防団長とかいう人と自治会長が家に勧誘に来た。消防団自体はなんとなく聞いたことあったけど地元じゃ全く活動している気配がなくて何やるのか全然知らなかった。

団長には「まあ同年代と集まって酒飲むだけの集まりから。」と言われた。酒は好きだしこっちにコミュニティがあるわけでもないか特に拒否はしなかった。それに何か問題があれば辞めさせてもらえばいいやと軽く考えていた。

そんで4月中はなんとなく花見やらなんやらに出て酒を飲んでいた。でも若い人たち消防団への愚痴が凄かったのが印象的だった。

5月になって急に呼び出し回数が多くなった。なんでもソーホーかいもの練習をするらしい。そして俺はポンプ車の2番とかいうのをやるらしい。しかもこれから週5日も訓練があるらしい。話が勝手に進んでいて困惑した。

俺「ソーホーってなんですか?」

班長「ん、消防団大会

俺は「火消すんですか?」

班長「いや消火みたいな実践的なことより、動きの綺麗さを競う大会

俺「それ意味あるんですか?」

班長「いや、先輩たちが築いてきた伝統を守らなきゃだからさ」

俺「俺仕事で週5日も出れないですけど」

班長「うちの団長消防のために転職したよ」

全然意味がわからなかった。全然意味がわからないけど話がどんどん前に進んでいた。

とりあえず仕事を口実に休んで(実際、個人事業主からめちゃくちゃ忙しいんだけど)そのまま影が薄くなったところで退団しようと決めた。

でもダメだった。休みはじめて2日目の21時、仕事から帰ると幹部の人たちが家の前にいた。

団長「なんで来ない?」

俺「いや、仕事なんで」

団長「君は番員になったんだから来ないとみんなに迷惑かかるよね?」

俺「じゃあ辞めます。」

団長「無理無理。君が入ってくれたから前の2番員退団したから。」

埒が明かなかった。そのまま小一時間話したけど全然話が進展しないからとりあえず後日話し合うということで一旦帰ってもらった。

翌日、今日こそ退団しようと思って詰め所に向かった。幹部がみんないた。

団長「おう、待ってたよ。」

俺「あの、退団届け出しに来ただけなんですけど。」

団長「とりあえず一旦落ち着いて話そう。まあ飲みなよ。」

俺「いや、車だしこの後仕事戻るのですみません。」

団長仕事ってw君、個人事業主でしょ?なんとでもなるじゃん。」

俺「いや、個人事業主から駄目なんです。仕事やらないと飯食えないんで。」

団長「勤め人になりなよ。うちの工場紹介するよ。」

俺「今の仕事やるのがずっと夢でここまで必死にやってきたので。」

団長「ずっとってまだ20代でしょ?もっと良い選択があると思うけどなw」

心底ムカついた。学生ときからやりたい仕事でそのために経験積みたくて満員電車に6年耐えてその業界企業で働いた。経験事業計画煮詰まってきてやっとの思いで起こした仕事。お客さんにも喜んでもらえてるし売上も立ってきた。田舎からそれなりに地域にも貢献できてる自負がある。俺の生きがい。

それを全部否定された。

操法大会かいう糞の役にも立たない大会と比べられて。

殴っちゃう前に無言で帰った。

そのあとは何があっても音信不通にした。

家での待ち伏せ無視するようにした。

仕事に集中できるようになった。

でも今俺はほとんど村八分状態だ。この一件まではお客さんとして沢山来てくれた地区の人もほとんど来てくれなくなった。

一応外のお客さんが結構来てくれるから別に事業的には何とかなってる。

でも納得いかない。消防団操法大会かい田舎の闇。

2018-07-02

女でも チビなめられて ほんと損(575)

今年の春、部署にAさんという新人が入った。彼は同業界の異職種転職。例えるなら、前の会社ではエンジニアだったが独学でデザイン勉強し、デザイナーとしてうちに就職したみたいな感じ。デザイナー業務は初めてで、年齢の近い私がメンター的な役割を担うことになった。

最初は目も合わせてくれなかった。でも感じが悪いという風でもなく、言葉遣いは丁寧で、こちらが恐縮するくらい「すみません」「時間大丈夫ですか」「ありがとうございます」を言ってくれていたから、特に悪い印象もなかった。

態度が変わったのは、彼の入社から1ヶ月くらい経ってからだった。

私は基本的毎日ヒールの高い靴を履いているんだけど(高さはだいたい8~10センチくらい。職場規定ではなく趣味)、休日に足首を捻ってしまい、ヒールのない靴で出勤した。そしたらいつもは業務のこと以外一切口にしなかった彼が、朝の挨拶よりも前に「あ、意外とちっちゃいんですね」と言った。その言葉自体はよく言われるし、別に問題はない。でもその顔が妙に嬉しそうだったことが印象に残った。

その日を境に、彼の言葉遣いが少し雑になったように感じた。とはいえ今まで「すみません、〜〜ですか?」と言っていたところを「あーすんません、〜〜っすか?」になったくらいだったから、徐々に慣れてきたのかなと思った。

私の同期は、私のことを”ちーなか(仮)”と呼ぶ。理由は同期に”田中ゆか(仮)”と"畑中由佳(仮)"がいて、小さいの「ち」をつけてちーなか。

今の部署に同期はいないのだけど、そのあだ名がどこからかAさんに伝わったらしい。仕事の話をしている最中、彼がぼそっと「ちーなかさん・・・」と言ったので驚いた。その時の彼もまた、なんだかニヤニヤして見えた。

「あー、同期にはそう呼ばれてますね」と返す私の語尾かぶせて、「ちびのちーなか・・・(笑)」と言ったので、ちょっと嫌だなと思っけど、適当に笑ってその場は済ませた。

それからのAさんの言動はどんどんめんどくさい方向に崩れた。

足首が治ってヒールを再開したら「背伸びしちゃってw」みたいなことを言うし、肝心の仕事の指示も前のようには聞いてくれなくなった。

例えば「このデザインだと強調したいところが伝わらないので、こっちの表現抑えてここを目立たせてください」という指示に(実際のデザイナーがこういう言い方をするかはわからないけど)やりもしないで「いやそれだっさw」「XXって広告しらない?あの事例だと〜〜〜」みたいな話を始めてしまう。ちなみにXXは全く条件の違う事例だったり、数年前の流行りだったりする。面倒だけど、仕事から私も引かない。するとわざとらしいため息をついて「わかんないかなぁ。このまま上の人に持ってってよ」みたいなことを言う。

「このクオリティでは一時チェックも通せない。どうしてもと言うなら”上の人”に直接プレゼンする時間を作るが、同じことを言われると思う」と言うと、それはしなくて良いという。上の人どころか、私以外の人には(新卒男性含め)まず強気に出ない。

それから、彼は社内の事例から私が関わったものを抜き出してわざわざ批評してくるようになった。

一度勘違いして別の人の仕事disってきたことがあり、「それは◯◯さんには仕事なので、伝えておきますね」と返すと焦りだし、言い訳をはじめた(◯◯さんには言わないでおいた)。

それから少しおとなしくなったけど、私が社内でちょっとした賞をもらった翌日、アラ探しみたいな赤入れをした画像を添付して長文メールを送ってきたのは本当に引いた。しかも例によって見当違い。当然チームで比較調査検討した末のアウトプットなのに、何の比較調査もしてない前提のコメントマジでうんざりした。最後は「色々書いたけど、総合的には良く出来てると思います」で締められていた。

メール無視していたら、話があるから飲みに行こうと誘われた。断り続けたら、先週の金曜、私の最寄り駅の改札で待っていた(歓迎会の時に最寄り駅の話をしてしまった)。

普段ダイエットのため、余裕があればひとつ手前の駅から歩くことにしているんだけど、「昨日もおとといも待ってたのに」と言われた時、流石にゾッとした。

「ふだんは彼氏の家に泊まっている。今日荷物を取ってまた彼氏の家に行くので飲みにはいけない」と言うと「そっか」とおとなしく帰っていったんだけど、気のせいじゃなければ去り際に「ビッチ」って言われた気がする。

今までも妙な男性に変な気に入られ方をして絡まれることがあったので、今回もそれなんだと思う。

偉そうな先輩社員が思ったより小柄で、いじられ風のあだ名をつけられたいたか自分砕けた態度でいいと思ったのかもしれない。でも私いじられ体質じゃないからうざいだけ。

穏便に済ませたかったけど限界。今までもあまり話を聞いてくれないことは相談していたけど、今週は批評メール待ち伏せ含めて上司にぶちまけることにした。背が低いのがすべての元凶だとは言わないけど、舐められやすいのは確かだと思う。今日は半休で、今は一番高いヒールの靴を履いて電車に乗っている。もうAさんに何を言われてもにこりともしたくない。うざい。

うざい。

2018-06-27

衝撃→追悼→センチメンタルポエムhagex聖人きもちわるい、まではわかるけど、そのあとの、低能先生肩入れブームはないわ。

すべての社会的弱者/いじめられっこが、思い詰めて思い詰めて、でも、人殺すまで至らないんやで。

凶器もってみる、待ち伏せてみる、構えてみる、どの段階でもリアリティすごいで。なかなか、その先を超えられへんもんやで。

その一線を越えちゃったのが、お互いの不幸。hagex聖人きもい、のと同じくらい、私と低能先生を分けたものはどこか(反語:地続きであることの表明でしかない)チームもきもいし、正直、我を忘れているようにみえるので、回線切って休んだ方がいいよ、しばらく。

ヤモリ写真とかみて、落ち着き取り戻そうぜ

2018-06-26

anond:20180626141122

お前の言ってることは「安倍晋三いじめ野党マスコミはひどい」と言ってるのとレベルが変わらん。

あと、これはブコメ全般に言えることだが、Hagex能力を不当に低くみつもりすぎ。だからいじめやいじりと差がないなどという珍解釈が出る。

まずHagex別に私生活晒してない。彼が紹介してたのは、大の大人自分判断SNSにアップしてた情報だけだ。

それをことさら取り上げるのが上品かといえばそうではないだろうが、待ち伏せしてフラッシュを浴びせる写真週刊誌とかと違って、本人が隠してるプライバシーに踏み込んでいるわけではない。

イケハヤトマトと呼ぶのも何の問題があるのか。

イケハヤ容姿出身地国籍人種と言ったイケハヤ本人に責任のない属性を貶しているわけではない。

Hagexは隙もあったしよく間違いもした。しかし間違いを指摘されたとき謝罪して訂正もしてた。

そして、取り上げるネタの基本には(多分に余計なお世話という性質はあったにせよ)義憤、公憤があった。

「それでカネとってる」ゴシップ週刊誌写真週刊誌かに比べると、タダでやっていたHagexのそれは、

上品ではないかもしれないが下品ではないし、余計なお世話ではあっても根底理屈は通っていた。

タダでやってる以上モティベーション自分自身の楽しみだろうし、だからアクセス数を稼ぐような仕掛けは多分にしていたけど、

からといって炎上芸かというと、そこまでの露骨さはなかった(露悪的ではあった)。

この辺のバランス感覚こそは才能なんだが、そういうもの評価せず、クソもミソも一緒にいじめいじり扱いするのは

まりにも故人にとって不憫だと思う(まあ、その誤解も承知でやってた感はあるけどな)。

2018-06-25

夢にまで出てきたのに

福岡に来る前に、何故かhagex さんの夢を見てしまった//

きゃー

自分、そんなに入れ込んでるの?と思ったりして

豊洲阿佐ヶ谷ロフト福岡もグッズや同人誌も全てコンプリートして、都内から追っかけ!

地下アイドルストーカーかよ、我ながらキモっ!みたいな

それが、あんなことに…

私はサッと早めに部屋を出てしまったので、疎外感というか、ぼっちで寂しい感じのまま帰った

ファンの人たちが残って皆んなでイチャイチャしてるのが羨ましかった

犯人は中にいる人??とか考えた

同じカモメ会でも、豊洲の時と多少雰囲気違ってた

違和感があった

いやそもそも比べるのがおかしだけど…参加人数も会場サイズもそれぞれ違う

阿佐ヶ谷ロフトの時は ワイワイしながらトークする飲み会のノリだったので年齢層もカモメ勉強会より若かった

今回は私の僻み根性アウェイからそう印象に残っただけなのかもですが

ドア出て、出口の手前で暗い所に影に隠れてる風な男性がいて、ワッと出てきそうになるものから…。相手も驚いたのかもだけど、こちらはビックリして、おどかすなよ…と思ったんですが、

そういう待ち伏せした人が犯人だったんでしょうか

悲しいです

ぼーっとしてしま

夏コミスタンプカードいっぱいになるはずだった、途中までで終わってしまったカードを見てもいつまでも寂しいままだ

もうあえないんだ

2018-06-22

友達になる→よく遊ぶ仲になる→友達から遠慮が消える

→いつしか友達安心し切ってガチで失礼な発言を平気な顔して頻繁に言ってくるようになる

→私が愛想尽かして友達を避けるようになる

友達が本気で泣きながら謝ってくる

→仕方なく私が許す

謝罪は表向きの態度で、実際のところ友達は私に縁切りされかけた事実屈辱と感じていたようで更に酷い接し方をしてくるようになる

→私が身の危険を感じて完全に連絡を断って逃亡する

→駅で待ち伏せされて友達アパートへ連れて行かれる

→数時間以上連続説教される

→元の友達関係に戻る

DV被害者気持ちがよくわかる。本当にわか

2018-06-19

居酒屋バイトが思うこと。

居酒屋バイトしてて思う。

おじさんは害悪

これにつきる。

配膳中抱き着いてくるわ腰撫でられるわバイト終わり待ち伏せされるわ最悪過ぎ。

若い女を下に見てて何しても良いと思ってるのがキモいし、なんで連絡先聞かれて嬉しがると思っているの?全てが理解不能

お酒の席なら何しても良いと思ってるのかな?

どう言う生き方したらそんなに頭おかしくなれるのかな?

あと、上げ膳据え膳が過ぎる。

話を聞いてくれないし、店員に全く協力しようとしない。

生ビールの方~!って大声で呼んでも全員無視

そのくせ「おれの飲み物!?」とか言ってくる。目の前にあるし呼びかけたよ!

目も耳もおじいちゃんからからないのかな?ってレベル

勿論態度の悪い人は男性女性わずいるし、嘘だろってくらい部屋汚して帰る人も居る。

でもそれは「面倒な業務」にはなっても私の実害にはならない。

絡んでくる若い男の人も居るけれど、体に触ってくる人なんて本当に少ない。

おじさんはバンバン触ってくるし、それでお互い喜んでる!と思ってるのが一番腹が立つ。

店の店長に訴えても帰らせてくれるわけでも無ければ注意もしてくれない。

もし自分グループの中に色欲ジジイが居て店員さんに手を出してたら助けてあげて欲しい。

2018-06-15

anond:20180615085006

航空自衛隊少佐は180cmが大柄に見えるような小柄な野党議員を選んで待ち伏せして罵倒するんだよな?

海上自衛隊イージス艦あたご相手の船が小型漁船じゃなくて巨大タンカーだったら法律上自分が正しい進路でも衝突でつぶれて死にたくないから道を譲ったよな?

日本人はみんな弱い者いじめだろ

なんで障碍者にだけ無敵の人などというのだ

2018-06-09

anond:20180609182338

極めて高度な内容なのに簡単に見えるから簡単にできることだと勘違いされてる

航空自衛隊少佐みたいにどんな人か分かってる相手待ち伏せして相手が予想してない不意を突いて注意するのと全然ちがう

突発的に遭遇で相手の戦力や所属は一切不明のところでしか作戦を組み立てる時間は0

しか警察官のように民間人が持っていないスペシャル兵器拳銃を持っていなくて

警察のように先制攻撃しても拳銃利用は適正だったと擁護する組織もなく

もちろん裁判所も味方しない

自衛隊特殊部隊よりはるかに高度な仕事を無報酬でやっている人に敬意が全然ないな

2018-06-01

アフィリエイト2年半、やっと30万

アフィリエイト2年半やってやっと30万いった。

どうにも伸びなくて、オフ会行ってアフィリエイターと知り合ってたまに会うようになったけど、それじゃいつまで経っても稼げないから女を使ったほうがいいよ俺と寝るほうが手っ取り早いよとしつこく言われ、嫌がらせされるわ駅で待ち伏せされるわ散々で、すべて切ってひたすら孤独記事を書いて、毎日毎日リサーチして書いてリサーチして書いて、ようやく30万。

会社行って仕事してたほうがはるかラクなのに、なぜアフィリエイトをやっているのでしょう。

会社に行って座って組織でうまくやれば毎月生活していくお金コンスタントにもらえる。

会社には潰れるリスクがある。いざというとき守ってくれない。個の稼ぐ力が求められる時代だ。」

会社が潰れるよりもサイトが飛んで個人アフィリエイター死ぬリスクのほうが100000000000000000倍高いじゃないか

なぜアフィリエイトに夢を見ているのでしょう。

2018-05-27

anond:20180526152527

エントリをみて、「あ、母だ」って思った。

母以外にもこういう人、いたんだ って感動した。

 

うちの母は結構有名なモデルめっちゃ美人死ぬほどモテてた。

父も超美形というわけじゃないが金持ちでそこそこ見栄えのする顔をしていたためモテてた。

姉も二人いるが、二人とも美人で二人ともモデルをやって、周囲の人から美人美人だともてはやされていた。

 

そのなかで、私だけ血がつながっていない並みに顔面偏差値が低かった。

目を背けるほどのブサイクではないが、10人中7~8位くらいの感じ。

 

はいつもいつも私が美人でないことを嘆いていた。

「整形する?」って何回もきかれた。

聞かれるたびに何とも言えない気持ちになった。

 

なぜかというと、美人であることに全くメリットを感じなかったからだ。

 

それどころか美人であることが価値のすべてみたいな脳みその母はなんてかわいそうなんだろうってずっと思ってた。

そんな劣化確定(努力すればある程度は頑張れるかもしれないが、たぶんそれはかなりの努力を要する)の能力に傾倒するなんて頭が弱いんだろうなって。

さらリスクも背負う上での能力

母は仕事柄もあってかセクハラパワハラをうけまくってたしレイプ手前みたいな事件にも何回か遭遇してた。

姉たちはその美しさのせいで変な奴らにストーキングされたり待ち伏せされたりセクハラされたり修羅場に巻き込まれたりして生きるのが大変そうだ。

ついでに外側だけ美人だった母は、年を取った結果 母の見た目を愛していた父に愛想をつかされ浮気されまくった。(離婚して慰謝料ぶんだくったのでそれはそれで幸せなのかもしれないけど…)

 

顔面偏差値が低いからといって、負けたと感じたことは今のところ生まれから一度もない。

そもそも勝ち負けとか何に対してなのかもよくわかんないけど。

しろ彼女たちが自己防衛やら美の追求に使う金と時間を他のことに使えて最高なのでは?って感じだ。

リスカしたこともない。

二次元には傾倒してるけど、その結果いまその技術で手に職をつけ同年代男性よりも断然に稼げてる。

結婚に興味まったくなかったけど、同じ趣味で知り合った人といろいろあって結婚した。

毎日同じ趣味を共有して楽しく暮らしている。

友達もたぶんそこそこ多いほうだとおもう、来月も聖地巡礼しながらうまいものを食べる予定、最高に楽しみだ。

 

というわけで、まぁ元増田安心してほしい。

あなたの見てる世界は実はめっちゃ狭い。

美が幅を利かせる世界暮らしてるとそれがすべてだと思いがちだけど、ブサイクになってみればそれがすべてじゃないってわかる。

あなたたちからみたら私たちは不幸せそうに見えるかもしれないけど、私たちからしてみたらあなたたちも不幸せそうにみえから、まぁたぶんどっちも幸せだよ。

2018-05-10

anond:20180510213358

木の上のヤギを待ち伏せるっていうたとえ、初めて見た

どこかの国の諺か何か?

好きな事極めろハラスメント

子供の頃から訳の分からん親戚だの教師だの

みんな一様にそう言うけどよぉ

 

人間、興味持ったこと一つに常に全力投球できるほど

都合いい動物じゃねえっつうの

 

そんなその道の頑固プロばっかりなら

まともな社会成り立たねえよ

 

熱しやすく飽きやすいのが人間だし

何かを極めれば報われるような社会でもねえんだよ

木の上の肥えたヤギを仕留めようと四六時中待ち伏せるより

そこら辺のウサギをぼちぼち狩った方が現実的

 

当たり前のことを否定して

自分理想論を語らないでくれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん