「経験則」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経験則とは

2018-11-14

anond:20181114220616

 裁判で、「この印影は俺の印鑑から顕出されたものだけど、俺が押したんじゃない!だからこの契約無効!」って言う主張がでてくることは結構ある。

 

 でも、その人の印鑑から顕出された印影契約書にあるということ自体に争いがないとなると、「日本では印鑑大事にされてるから、みだりに他の人が押したりしない」という経験則が働いて(判例がある)、本人が押したこと推定される。

 そこに民訴法228条4項の推定規定私文書は、本人又はその代理人署名又は押印があるときは、真正に成立したもの推定する)が働くと、なんと、契約書は真正に成立したものだと推定されることになってしまう。

 もちろんあくまでも推定なのでそれを打ち破ることはできるけど(例えば、同居している弟が勝手に押した、そのときこの印鑑は誰でもわかるところに保管していたし、家をあけることが多かった、とか。)、こういう裁判所の考え方があるもんだから、とりわけ印影がその人の印鑑から顕出されたってことの証明が容易な実印印鑑証明ってのが大きな取引では重要視されるというわけ。

 ということで228条4項とかいう条文を削除してしまえば、印鑑文化かいうクソ文化ちょっとずつ廃れていくのではないかなと思ってる。

2018-11-12

悪役はいるか?

人は誰しも心の中に悪役を飼っている

自分の行いを正当化したいときなどに、その責任をその悪役に求める

酸っぱい葡萄で有名な認知的不協和ってやつだ

しかし悪役が強すぎると問題になる

 

社会で大きな問題が起こった時、その人は「きっとあいつがやったに違いない」と思ってしま

宇宙人のせいにちがいない、オタクのせいに違いない、フェミのせいに違いない、ウヨクが、サヨクが、韓国人が、白人が、黒人が、女が、男が、父親が、悪友が

 

こういうのって経験則から誰でも起こるんだ

学校クラスで1人超弩級の不良がいたとして、ある日傷害事件が起きたならまず「あいつかな?」と皆思うに違いない

それはその人がそういうイメージなんだから、ややしょうがない

でもこれをグループにすると問題になる

例えば「パン好きな人パン人)」を悪役にしたとする

何か悪い事件が起きると「パン人がやったに違いない」と思ってしま

そして誰かが悪い事件を起こすと「彼はパン人に違いない」と思ってしま

信じていた誰かが嫌いになったとき「君はひょっとしてパン人だろう?」と思ってしま

「違う」と言われても「パン人だから嘘をついているに違いない」と思ってしま

疑心暗鬼ループ

 

悪役をイメージ悪魔)にしてもいけない

自分複数人から批判されたときに、「彼らは悪魔だ」と考えて認知を歪め自己正当化してしま

その後どれだけ正しく考察してもダメだ、スタートラインが「彼らは悪魔」だから

・彼ら悪魔反省するべきだ

・彼ら悪魔にも良いところはある

のように、責任を負わせた前提とした結論しか出てこない

 

心の中に悪者を飼うのは悪いことではない

悪者が居ない世界は、行き場をなくした責任ストレス自分に向けるしかなくなる

でも暴走すると認知が歪むということには気づいておきたい

2018-11-08

世の中は差別で回っているんだ

女性男性非対称性は当たり前のように社会的コードとして埋め込まれていて、そのコード転覆されないのって、社会構成員のうちで暗黙の了解があるからなんだよね。

例えば、女性清掃員は男性便所に入ってもいいがその逆は(少なくとも現代においては)あり得ない。あり得てもいいはずなのだが、現実的にそんな日が来そうにもないのは、「男性性的欲求女性より強く危険から」という経験則から導かれた、漠然とした了解が男女問わず大多数の人間の内にあるから

同じように男女専用車両男性が大きく問題視しないのも、多くの人間が無理なく、痴漢犯罪加害者の大半が男性という統計的現実を「男性は性欲を抑えきれない傾向がある」という感覚に結びつけられるからだろう。

第三世界人間搾取しているという現実を見ないようにして我々が日常お気楽に過ごせるように、実はこのような見えにくい本質主義的な差別(「男は◯◯、女は▲▲、だから男はXすべきで、女はYすべきだ」といったような)で社会はそれなりに円滑に回っているように見える。

よくよく立ち止まって考えてみると問題含みなのだけれど、「特に不便を感じないし、そういうものだし、それでいいいか」で済んでいる。少なくとも大多数にとっては。ビクトリア女王19世紀に「神は男女を違うように作ったのだから、彼らはそれぞれの立場にとどまるべきだ」と述べたそうだが、神を「自然」に変えたら、今でもほとんどの人が同意ちゃうんじゃないかな。

でも、中には不便を感じる人もいる。よくよく立ち止まって差別に気づく人もいる。フェミニスト(※1)とオタク(※2)だ。お互い並べられるのは心外だと思うかも知れないが、両者は「寝た子を起こす」という点でとても似ている。

平等に目ざといフェミニストはいう。「よりによってノーベル賞解説番組で、舌っ足らずで露出が多い衣装キズナアイを相槌役に使うのって、ジェンダーロールの固定化女性性の搾取だよね?」

フェミニストの主張が気に食わないオタクはいう。「ペドフィリア幼児性愛者)の恋愛感情って、ヘテロセクシャルやLGBTの恋愛感情と何か違うんですか?なんでペドフィリア保育士になったらダメなんですか?」

『こいつら一体、何と戦ってるんだ…』と思ったのなら、ある意味“正常”だ。社会から合格点を与えられる。信じられないかも知れないが彼らは年がら年中、こんなことばかり話している。

しかし考えてみると、それぞれの言い分は分からなくもない。例えば、キズナアイ黒人に置き換えたらまずアウトだろう。もし、映画南部の唄」に出てくるリーマスおじさんみたいな、いかにも学はなく善良だけが取り柄そうな黒人二次元キャラクターが、訛りの強い喋り方で白人啓蒙される役割を演じていたら?「女性黒人のように差別されていない」だなんて、臆面もなく言えるだろうか?

あるいは、ペドフィリア一般的には「大人と違って、拒否する力がなく判断力も未熟な子どもターゲットにされるからダメだ。差別ではない」という。でも、恋愛感情を向ける可能性を有していることと、実際に恋愛感情を表明することと、さら恋愛感情をもとにした暴力は違うはずで、様々な段階がある。少なくとも個人自律的人間であることを前提としている社会で、特定指向(嗜好でも同様)を持つ属性だけ「理性のタガが外れる潜在的リスク」を想定するのはまちがいなく差別だろう。

じゃあ、彼らの言い分を受け入れて社会組み込みますか?そんなわけない。

むかし金持ちしか選挙権が与えられなかったように、市民と名のつくプチブル同士のコーヒーハウスでの議論から公共領域が生まれたように、やんごとなき近代社会は「常識をわきまえた一般人」を前提としてきた。ところが、近代主義お題目を徹底するうちに、この“常識”が勝手思い込み、あるいは無理のある前提であることがだんだんと明らかになってきた。それが現代だ。

フェミオタクに気付かされて、「仕方ないよ、だって俺は差別主義者だし」と居直るしかないのだとしたら、なんて悲しいことなんだろうか。

注釈


2018-11-07

anond:20181106132747

まず「満20歳未満の者が契約をおこなうときは、親権者(両親など)の同意を得る必要」があるからだよ。よって未成年者には「主体的に」物を売買する自由はない(してもその契約は法的に(×無効)取り消しが可能)。それは、主として未成年保護観点から決まっていることであり、性が対象となる場合も同じだ。

ではなぜ「未成年」は保護されなくてはならないか? これは同語反復であって、法的に保護されるべきと考えられた対象を「未成年」と呼んでいるのだ。もし、特定の年齢までの人間を、取り立てて区別して保護する必要がないと社会が考えるなら、未成年という概念自体存在しない。教育をうけさせる義務保護者に負わせる必要もないし、なんならガンガン労働させても構わない。そういう社会がいいとみんなが同意するなら(まあ18世紀まではそういう社会だったわけだから別に異常というほどではない)そういう社会にしても「別に構わない」だろうが、そうでない社会の方が社会階層固定性が低く、言い換えれば流動性が高まり、安定性が低くなる代わりに生産性が上がると考えられ(実証され)てきた結果として今のようになっているので、おそらくその流れに逆行することに社会同意を得るのは難しいだろうな。

じゃあ、保護者の同意があれば性の売買をすることは可能か? というと、これはまた別の問題だ。おそらくそ保護者は「児童虐待」で社会から裁かれることになるな。なぜなら、子供が性を売買「したい」からさせているのだ、という理屈正当性を持たせるのが難しいから。それはたとえば、自分自由意志で100%完全な「奴隷」になりたい人がいたとして、それを社会に認めろというのが難しいのと同じだ(SMゴッコならともかく、人権まで制限するような100%完全な奴隷契約というのは「社会通念上許容される」範囲を越えている)。それは、人類がそういう(悲惨だと思われる)時代を通過してきたせいであって、経験則に基づく社会通念、あるいは個人で言えばトラウマに近い。だから、たとえば病気精神ケア体制を整え通常のアルバイト以上のリスクが一切存在しないと判断できる状況下であっても、この判断を覆すのは難しいだろうな。

2018-11-05

anond:20181105155211

ん?何を難しく考えてんの?

大人子供時代経験していて、相対する子供自身ではないとはいえ大人理不尽さ・無理解さを経験しているわけだよ

まり大人子供時代大人から掛けて貰いたかった言葉を一部とは言え知っていて、その子時代経験から導き出された言葉大人悪用すること自体アンフェアなんだよ

責任というのは基本的にはフェアな状況で発生しなければならないもので、例えば子供同士の交友関係喧嘩をした場合は、子供同士は経験という部分でフェアであるのだから喧嘩責任子供同士へ求めて良い

増田価値観は素晴らしいと思う

本田千鶴という少女を一人前の人格だと認めて畑飼の論理に揺れてしまった

だが、本田千鶴人格としては正直未熟だ、子供なんだ

大人になる一歩手前の本田千鶴責任がないとは言わない

しかし未熟な本田千鶴が持つにしては重すぎる責任

2018-11-04

anond:20181104142709

女性管理職からえげつないパワハラを受けて倒れ精神科通って最終的に会社やめた男ですが何か?ほかの同期も別の女管理職からやられてやめたり会社からなくなったり(うち1人は女)。俺の中では男にとっても女にとっても女性管理職悪夢という経験則が成り立っている。

2018-11-03

anond:20181102161235

双方考え方が違うのは普通である理解仕切れないのも普通である

けど、互いの溝を埋める努力放棄しない方が良いと思う。

経験則しか言えないけど、、、子供が産まれると、感情的な人はもっと感情的に。理論的な人はもっと理論的に考えるので、お互いの溝は深くなって、コミュニケーションが難しくなります。(負荷がかかると問題が表面化しやすい)

2018-10-31

anond:20181031160324

オタクという言葉には同じ音・字でも二つ以上の意味があるからな。

オタクキモい)」と「オタク(格好いい)」で、後者オタクは大体モテるぞ。

非モテおじさんのフィクション経験則から言うと、「天文オタク」とかは「オタク(格好いい)」になる確率が高いそうだ。

2018-10-24

サラリーマンしてます

毎朝寄るセブンの声がでかいおじさん店員が月に一回くらいホットスナックを勧めてくる。

朝、スーツ姿の人間ホットスナックを買わないことは経験則でわかってるんだろうけど、懲りずに勧めてくる。

買った時にどんな反応をするのか気になるから寒さが厳しくなってきたころ買おうと思っている。

この店員さんは僕がタバコを吸ってることを知ってて時々タバコの試供品をくれたりする。

時々交わす一言二言の乾いたコミュニケーションを恵んでくれるおじさんに会うために毎日セブンに寄る。

(このコンビニに行き始めたきっかけはかわいいお姉さんがいたからだけど、4月ぐらいに辞めてしまった)

休み10分くらいの昼寝がすごく気持ちいい。眠るか眠らないかでうとうとしているあの時間は家でぐっすり寝る時とは全く種類がちがう。その10分の昼寝のために午前中は働いている。

(午前中、眠くて頭が冴えない中で仕事をしているから昼寝が気持ちいいのは当たり前)

家に帰って、ランニングをして風呂で顔を洗うと、触った感じが朝と違って少しやつれてて、1日頑張ったと思える。

(ランニングデートに備えてのダイエットで、仕事眠いのはこれのせい)

そんな毎日

2018-10-03

anond:20181003193921

トゲトゲのなかに食べ物なんて無さそう、という経験則をどうやって得たんだ?

トゲトゲを割らずに「トゲトゲのなかに食べ物なんて無い」と考える人はいないだろうよ。

ミルクも同じ。

というか、おまえは牛がミルクを出しているのを見ても絶対に飲まないのか?

何千年何万年あいだに「ちょっと舐めてみよう」なんて考える奴が一人も出てこないほど、

牛のミルク得体の知れないものに見えるのか?

こういうのは「かなりの手間をかけないと食べることもできない」食材を考えるべきなんだよ。

フグは良い線行ってると思うぞ。

わりと古代から食べられてるから内臓さえ避ければ食べられるってのはすぐ分かったんだろうけど。

2018-10-02

anond:20181002074638

経験則だけど、英語ダイエット貯金も出来る奴は

みんなそんなもんだよね?

とか言わない。


自然とそういう言葉が出るならお前には無理って事だ

諦めて英語が話せなくてデブ文化的にも肉体的にも不自由

貯金がなくて少し大きなことがあれば慌てふためくような


そういう生活を送ってくれ

2018-09-28

オカルト占いに行ってきた

はてなーは非化学的なもの否定派が多いと思いますが、自分の備忘も兼ねてメモ

複数人占い師に色々みてもらったので、それを自分見解も併せて書きます



私の状況

突然彼氏にフラれたアラサー女。前日までは非常に仲が良かったのに、急に電話で別れを告げられました。

元彼の言い分としては

    • 元カノに「男の1年と女の1年は違う、いつまで待たせるの?」って言われたことがあって、だから増田ちゃんとは取り返しがつかなくなる前に別れようって思った。

    • 仮に無理して付き合いを続けたとして、会えない・連絡も取れないだったら付き合う意味はない。それに、もう自分気持ちがついていかいから無理。

    • 会って話をするつもりはない。納得してもらおうとも思ってない。ごめんね。

    とのこと。

    意味不明すぎて納得がいかない日々を過ごしていたのですが、ちょっと思い切って「インチキだったらインチキだった時!」と、オカルトの力を借りてみることにしました。



    前提

    全ての占い師さんに、別れの理由の詳細や元彼性格は言っていません。

    そもそも全員それについて事前に聞いてくることはありませんでしたが。



    1人目の占い師透視電話相談

    今のお相手気持ち透視します、それ以外は視えません、という占い師さん。


    伝えたこ

      • 急にフラれた、理由は「仕事に集中したい、元カノほど好きになれなかった」と完結に


      結果

        • 彼は嘘はついていない、元カノと寄りを戻してもいないし、女性の影はない。言ってることが全て。

        • 増田さんの気持ちが付き合った頃より大きくなった気がして、ちゃんと考えなければいけないと思った末に出た結論

        • あなたのことは嫌いになっていないし、安らげる存在だと思っていた。


        今後について

          • 仕事頑張りたいって言ってるみたいだけど、こういう人は仕事でも大成しない。


          感想

          今を視るしかできない、と言ってるだけあって、アドバイスは完全に年上のお姉さんに普通に人生相談をしている感じでした。いい人でした。



          2人目の占い師透視霊視電話相談

          イタコ系統の方だそうです。


          伝えたこ

            • 急にフラれた、理由は「仕事に集中したい、元カノほど好きになれなかった」と完結に


            結果

              • 仕事でまだやらなければいけないこともあるし、それ以外にもやりたいことがあるから、いったん手放さなければいけないと思った、って言っている。

              • しばらくは恋愛をしている場合ではないと考えている。他に女性の影はない。

              • 増田さんのことは「素直で高飛車でもなく、裏表のないイイ子」と思っている。人として好きみたい。

              • きじゃないのに付き合ってたとか、騙していたとかそういうことは一切ない。そんな器用なことが出来る人ではない。


              今後について

                • 年に4回ほどフランクに連絡を続けて、向こうに余裕ができた時に連絡のできる間柄であれば再び縁がつながる可能性が高い。

                • 本当は腹を割って話し合えたらいいけど、今は自分のことを何とかしたいと思っている男に気持ちを伝えても逃げられるだけよ。


                感想

                全然情報を伝えていないのに、元彼性格とかがドンピシャすぎてビックリしました。良くも悪くもサクサク客観的な答えでした。



                3人目の占い師透視霊視電話相談

                神道修行を積んだ方で、祝詞を使った占いします。この人から元カノのことは伝えてないです。


                伝えたこ

                  • 急にフラれた、理由は「仕事に集中したい」と完結に


                  結果

                    • 今の仕事を続けていたらそれなりに収入が得られるが、ずっと続けるつもりはない。そんな状態で付き合うべきじゃない。と、思っている

                    • 他に女性の影があるわけではない。

                    • 増田さんのことはちゃんと大切に思っていて、だからこそ出た結論増田さんのことが嫌いになったとかそういうことは一切ない。

                    • この人とは過去世で接点があったから、相性はとても良かった。


                    今後について

                      • 縁は切れていないから、連絡を待ってみたらいいと思う。


                      感想

                      4月は確かに元彼転職した月だったので、当たっている!と思ってしまいましたが、4月から忙しくなるなんてありがちだからコールドリーディングかもしれないです。

                      危うく除霊で高いお金がとられそうになったので踏みとどまりました。



                      4人目の占い師ホロスコープタロット四柱推命、対面相談

                      可愛いパワーストーンブレスレットを作ってくれる、ということで友達に連れられて行ってみました。


                      伝えたこ

                        • 急にフラれた、理由は「仕事に集中したい」と完結に


                        結果

                          • この元彼さんとはとても相性がよかったみたいね

                          • 負けたくないライバルのような存在があって、それにどうしても勝ちたいと思って足掻いている。

                          • とっても後悔をしていて、楽しかった頃のことを思い出していると思う。


                          今後について

                            • 多分暫くしたら向こうから連絡してくると思う。

                            • でも、きっと今年中に増田さんにはもっといい人が現れるから、そっちを選んだ方がいいって出ている。

                            • ただ「腑に落ちない」「悲しい」というカードが出ているから、本当は改めて元彼さんに気持ちを伝えた方がいいけど、それが嫌だったら紙に書き出してみるといいよ。


                            感想

                            非常に親身になってくれて号泣してしまいました。

                            しかタロットカード不思議でした。こじつけなのか分からないですが、今の状況にドンピシャカードが本当に出るんですよね…。

                            友達も横でやったのですが、私とは全然違うカードが出ていたのでエンターテインメントとしても面白かったです。



                            総括

                            かなり馬鹿みたいにお金を使ってしまいましたが、お陰で非常にスッキリしました!

                            人に話を聞いてもらいたい、という人にはおススメです。お金を払っているので、気兼ねなく言いたいことが言えますし。


                            あと、少ない情報から本当にこちらの状況をドンピシャで当ててくるのは驚きです。

                            そういうテクニックなのか、本当に神秘的な力があるのか…。でも、少なくとも一般人よりは勘が鋭いのは間違いないと思います

                            今回4人に視てもらいましたが、全員が現状に関してはほぼ同じ見解になったことがすごいと思います友達とかだと、絶対に誰かしらは「元カノと寄りを戻してるんじゃない?」「飽きたんじゃない?」と言うので。


                            しか未来については人それぞれですね。

                            神秘的な力なのか経験則なのか心理学的なものなのか分からないですが、やはり占い師さん個人見解が入るからそれぞれの人から視る未来が変わるのかなと思いました。

                            まぁ、未来は確定事項ではないってことなのかもしれないですね。日々の1つ1つの行動によって随時変わっていくものなのだと受け止めました。

                            から占い師さんの言葉を信じてその通りに行動していくのもよし、他の未来を探すのもよしって感じなのでしょう。


                            以上が私の体験談でした。その後とか細かいところを思い出したりとかしたら、ちょっとずつ追記をするかもです。

                            興味がある人の参考になれば幸いです。

                            2018-09-26

                            anond:20180926225856

                            経験則だが、買った時にピンと立っていたサンマが、夜に調理するときには柔らかくなっている、ということはあっても、逆は無い。

                            ATPが徐々にイノシン酸(旨味成分)に変化していくので、柔らかくなってからのほうが旨味が増していて食べごろ、というならそうだろう(人それぞれ好みはあるが)。

                            しかし、柔らかいものが新しい というのは同意しかねる。WEBサイトの方の聞き手の誤解ではないだろうか。

                            2018-09-13

                            仕事で2人組で作業させる時に

                            同性同士より男女で組ませた方が何かとうまくいく

                            という経験則は、新人の頃に知った

                            先輩社員は、私を異性の先輩とペアにして言った

                            「そっちのがやりやすいでしょ」

                            実際やりやすかった

                            でもこれって異性のペアに限らず

                            立ち位置がぶつからい組み合わせがうまくいく

                            と、そういうことなんだと思う

                            同性同士の同期で一つの仕事を任せると競争意識がどうしても出てくるし

                            仕事をする一つの単位にまとまりづらいのではないかと思う

                            年配の社員と若手社員

                            技術肌の社員コミュ力ベース社員

                            得意分野とか価値を置く評価なんかが

                            違う人との方が たぶんうまくやれる

                            2018-09-08

                            赤の女王の衛兵より

                            「同じ場所にとどまるためには、全力で走り続けなければならない。」

                            赤の女王、奴はそう言った。

                            奴の言葉も、奴も大嫌いだ。

                            まるで休むことが悪であるかのような、また、それが真理であるかのような物言いに。

                            思い返せば生まれときから奴に支配されていた。

                            誰が一番強いだの、誰が一番頭が良いのだの。

                            今じゃ、胡散臭い商人ですらこの言葉を出す始末だ。

                            しかし、私の今までの調査経験則からいくと、この言葉否定する材料が全く見つからない。むしろ確信すら高めていく。

                            奴を否定するためにももっと学び続けなければ。

                            2018-09-07

                            anond:20180906230803

                            「そこらへん知ってるよね?」と言うが、

                            「ちぎれる箇所が少なければ」これは上記データから

                            「ちぎれる箇所が少なければ小規模停電で済んで」これは経験則というか、ちぎれる箇所が多いよりは少ない方が小規模の障害ですむ可能性が高いことには異論はないと思うが。

                            「修復以前に電力系統の迂回措置だけで済むかもしれない」これも、網の目に張り巡らされた設備なら一部切れても迂回路があるだろうという話で、不思議な話じゃないだろ。

                            これらの話って情報ソースがないと理解できない話か?

                            私は「これはこうだ」と断定はしていない。断定するだけの知識がないから。そして自身データに対しての理屈付けをしていってるだけで地上の良い部分は否定しない。

                            「地中の良い部分はこう。なぜなら〇〇だからソースはここ」と、こう書いただろ。それが間違ってるならその部分を指摘してくれればいいし、事実そうしてくれてる人がいる。

                            単純に「いやいやそうではない。やはり地上の方が良い」という返信をしてくれりゃいいのよ。なのにあんたみたいなズレた指摘のクソリプされるとどっと疲れる。

                            電力線の場合は約2倍でしかない。で、地中化のコストは空中架線の10倍。どっちが選ぶ?

                            くらい書けないの?

                            2018-09-03

                            anond:20180903180203

                            からどうした。

                            お前が経験則で何を感じようが、女が下方婚しないことには何の変化もないわけ。

                            男側がフルタイムで働いていたとしてもお前の言うように非正規だったり低賃金なら結婚対象にならないのは差別以外の何ものでもないわけ。わかりますか。

                            2018-09-02

                            anond:20180902224630

                            じぶんもそういうタイプだけど、

                            内気なタイプほど身近なつながりで増やしていくのが正道だと思う

                            外交的だったら地域祭りでとかもあるけど

                            広まるとかある程度我慢しながら増やしていって

                            そのなかで自分が合いそうなやつがいればじっくり話せばいい

                            経験則から言って、自分はそんな人はいなかったけど

                            2018-08-31

                            anond:20180831113559

                            anmin7 SIDSって箱だと思ってた。別の死因を隠すための箱、その死因であっては周囲の都合が悪い場合ごまかすためのもの。だと。

                            知り合いの小児科医が「SIDSは実際は大多数が虐待死」と言ってたのを思い出した。

                            エビデンスは勿論ない。単にその医者経験則

                            要は原因が分からない乳幼児の突然死を全て「SIDS」と言う箱に押し込めているだけだから

                            発覚しなかった虐待死も全てこの箱に入る事になるわけで、

                            そう考えたら、元増田が言うように「自宅の方が圧倒的に多い」のは当たり前だろう。

                            保育園の方が虐待死が多かったら怖いわ。

                            勿論そうではない原因不明自然死一定数あって、元記事研究はその原因を調べるための研究の一つなんだろうけど。

                            2018-08-30

                            やっぱり録音は大切だと思う。

                            日本アマチュア体操不祥事宮原紗江選手へのパワハラ問題で思いついたことを書いてみようと思う。

                            宮原選手告発はおそらく本物だろうし、塚原夫妻のパワハラ疑惑もほぼ99パーセント割合で黒だろう。

                            テレビで見る塚原夫妻の風貌は「悪役」そのものだし、宮原選手を信じずに、塚原夫妻を信じろと言われる方が無理な話。

                            宮原選手に落ち度があったとすれば、塚原千恵子女子強化本部から電話越しに言われたパワハラ会話を録音しなかったことだよね。

                            まあ18歳だからそんな知恵は働かないだろうし、機転も利かなかったにしても。

                            協会側がパワハラ否定してしまったら、私達視聴者はどちらを信じればいいかからなくなる。

                            録音の威力は絶大なのは、これまでの経験則から明らかである

                            自民党議員豊田真由子の「このハゲ―!」発言の録音。

                            アマチュアボクシング山根会長パワハラ録音。

                            日大タックル問題における、関係者の録音。

                            これらの案件において録音してメディアに公開したのは、皆大人だったのが対象的。

                            録音が公開されてしまえば、「言った言わない論争」は一瞬に終わってしまうのだから

                            anond:20180830021603

                            少数派かどうかは知らんが俺は嘘が死ぬほど嫌いなので俺に嘘をついたらそれが嘘だとわかった時点で徹底的に糾弾する

                            経験則的には嘘つきは女に多い

                            2018-08-26

                            10000÷10=?

                            彼女10000÷10=1000と暗算で即答できない人だった。

                            そんなやつがこの世に存在するということを10数年ぶりに再認識させられた。

                            高校から進学校だったため自分コミュニティにはそんな人間がいなかったから忘れていた。(仮に進学校じゃなくてもなかなかそんなやつはいない)

                            思い起こせば、確かに、小中学の時はクラスに1人は壊滅的に算数ができないやつがいた。

                            普段話してるとそんなに頭悪くなさそうなのに、いざ数字になるとこちらの当たり前が通用しなかった。

                            さて彼女の話だが、1010も、10000÷100も10000÷10も全て筆算しないとできなかった。

                            逆に筆算をするとできる。

                            割る数の0の数だけ割られる数から減らすだけだと、何度も伝えるが理解できない風だった。

                            (もちろん算数に苦手意識を持ってる人が割る数、割られる数という相対的表現を苦手とすることは知っているので、目の前にある飲み物とかお金を使った具体例できちんと説明した)

                            まぁ0を増やすだ減らすだは算数本質ではないので、それがピンとこないのは、それはそれで1+1=2なのがピンとこない天才肌なのかと思ったけれど、話してるうちに物事前後関係から結果を推論、いわば経験則的な知見を溜めることのできないアホなんだなとわかってきた。

                            まり計算から共通する法則を見つけ出して楽しようという発想がなかった。

                            から毎回筆算しないとできないのだ。

                            数字理屈とか本質は考える気がなくて、教わった解き方が筆算から、全てそれで解く。ということだ。

                            初等教育で完全にずっこけたパターンだ。

                            この辺を応用効かせて理解してドンドン進んでいける人とそうでない人が小学校での成績を大きく分けていたように今になって思う。

                            たぶんどこの学校もそういう感じだったろうから増田たちも理解いただけると思う。

                            当然、彼女暗算ではこれらの計算ができない。

                            その言い訳が「計算は苦手だ」という。

                            計算が苦手なら計算しなくて済む0を減らすという方法があるだろうに理解が及ばない。

                            算数を、数字本質を、数字を扱えると便利だし楽しいという根源的な体験を通してきちんと理解させずに、彼女のような人を生み出している初等教育現場の人たちは本当に罪だと思う。

                            初等教育現場の人がいたらこの辺についてどう思ってるのか単純な興味として聞いてみたい。(ブコメ待ってます)

                            そしておれが思ったのは、彼女を貶めたり辱めたりすることではなく、彼女のような人に算数思考を停止させる毒ではなく、日常を豊かにする道具であることを理解させるにはどうしたらいいのだろうか? ということだ。

                            この辺の教育がきちんとされてたら「630円会計で1130円を出す」論争とか消滅するだろと思ってる。

                            から、なんとか理解して欲しくて、手元にあったお茶ペットボトルに目盛りを振ってお互いに分け合ったり、フライドポテト複数人シェアする場面の例えを出した。

                            そういう具体例を出すと感触良好でなんとなく理解してそうな雰囲気をだす。

                            しかしいざ60÷3=?と聞くと「3」とか答える。

                            これは実際にポテトを分け合うシーンを思い浮かべてもいないのだ。

                            もしそのシーンが頭にあったら自分の取り分がポテト3本になるはずがないのは想像できるはずだ!

                            どうやら数字計算するってことになると途端に思考シャットアウトされるらしい。

                            からそもそも問題を聞いてないし、理解する気もない。

                            10000÷10=?ってきくとちょっと考えてから「え?なにを?どうするの?」って聞き返される。

                            たぶん意識問題理解しようと思えば理解できるはずなんだ。

                            タチが悪いのは、聞いてないし理解する気がないのが原因なのに「数字が苦手だからできない」と思ってるところだ。

                            やればできるとは思ってもいないし、自分には無理だと決めつけてる。だから質問ちゃんと聞かないし、計算をできる意味がないと思っている。

                            こういう人に算数を教えるにはどうしたらいいのだろうか?

                            これについてヒントとか回答を教えて欲しくて書いている。

                            いちおう塾講とかの経験あるし、ある程度人にモノを教えるということには自信があったが初等教育ミスるとここまでこじれて取り返しがつかないんだなぁということと、自分の未熟さも彼女には教えてもらいました。

                            そしてその彼女とは明日から同棲スタートします。

                            前日になんでこんな話をしてしまったのか…。

                            理解させようと必死なおれと、理解できるわけがないと初めから考える気がない彼女の間にはとても重い空気がながれてしまった。

                            軽く教えたらすぐに理解してくれるだろうと思った慢心がいけなかった。

                            なのでもう彼女には数字に関わる話をしないということになりました。

                            ただ彼女が気になったら彼女から質問すると言ってくれたので幼稚園生に教えてくように気長に算数を教えていけたらいいなぁ。

                            ちゃんちゃん

                            アーカイブ ヘルプ
                            ログイン ユーザー登録
                            ようこそ ゲスト さん