「送別会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 送別会とは

2020-08-06

そもそも会社帰りに同僚と飲んでるお前ら。

お前らは偶然いままで感染していないだけで、ひょっとしたら運よく感染しないで過ごせるのかもしれない。

そんなノー天気なお前らが東京に数十万人もいるから、1日300人だとか400人だと発表があっても、まあ驚きもしない。

しかし、鎮静化していないいま、歓迎会とか送別会とか、やろうと言い出す上司。止める上司?同僚?がいないような職場

単に同僚と飲んで帰ることを許すような低い意識職場は、ぜび会社ごと潰れてくれと思う。

2020-07-28

他社さんの若い子が今の現場を抜けるらしい

他社さんから交代要員が入るらしいから本人の希望だろう、異動希望を出したのか会社を辞めるのか

気さくな性格現場ムードメーカーだったので寂しい

コロナでずっと在宅勤務、送別会もできないなんて

2020-07-21

飲み会なくて嬉しい

歓迎会送別会も懇親会もない日々

ほんとに嬉しいいいいい

たいして仲良くもない部署の人たちと他愛もない会話しながら愛想笑いしながら大したことない料理食べながら(最近は元を取るために食べようとか考えなくなった、美味しい料理でも美味しく食べれないし)次の日に響かないように抑えめで飲みながら早く帰りたいなーって願い続けるだけで4000円とか5000円

失われるお金のこと考えてると本当に虚無の時間

これを機に会社飲み会っていう文化なくなってくれ頼む

2020-05-22

コロナ禍に思うこと

私は就職氷河期世代ロストジェネレーションなどと呼ばれる世代です。

コロナ禍の影響で世界が今後どうなっていくかはわかりません。

twitterでは高校三年生悲鳴などが話題になったりしました。

この話題に関して伝えておきたいことがあって、文章を書くことにしました。

勢いで書ききるつもりなので誤字脱字などはご容赦いただければと思います

から伝えたいこと、それは

氷河期世代の苦しみや悲しみは繰り返してはいけない」

です。

氷河期世代の過ちを繰り返してはいけない

氷河期時代に起きた過ちを細かく述べるなら、


さて、以降は私が経験したできごとを大きくわけて2つあげてみます

この経験から上記のような結論に至っています

1つ目は日本医療、もう1つが経済です。

その前に私について軽く述べておきます

西日本まれ東京就職です。

小学生の時分瀬戸大橋の完成、バブル崩壊などを経て、消費税導入がありました。

中学卒業の頃には氷河期が始まりつつあり、早めに進路を決める必要がありました。それは大学に行くかどうかも含めてです。

高校2年の時に阪神淡路大震災がありました。

私の家は、家の修繕や親戚関係お金を失っていました。

私は大学には行くことはできず、専門学校バイトを掛け持ちの進学。やっとIT系就職したものの、ブラック企業ばかりの状態でした。

自己責任という名のもと、必死に耐え忍んで、20後半の年代もっとまともな仕事に着こうと転職活動を始めた矢先にリーマンショック

リーマンショックが落ち着いて、立ち直りつつ今度こそと思っていたところへ東日本大震災

そういう世代です。

医療について

コロナの影響で日本医療崩壊が懸念されてはいものも、「何をもってして医療崩壊とするか」が個々人によってバラバラのため、議論が進まず、言葉けが独り歩きしていると感じています

さて、医療崩壊と併せてよく言われる言葉。「命の選別」というものがありますが、私の家族はそれによってこの世を去りました。

もう10年以上前のことです。

祖父の死

田舎の隅のほうに家がありましたので、先進的な医療は受けられません。

医療設備の整った病院まで車で一時間くらいかかるような田舎です。

ある日、心臓病が発症して県庁所在地病院まで搬送されましたが、もはや助かる見込みは無い状態でした。

親戚もそれは解っているため「仕方ない」「田舎から」と諦めた様子でした。

田舎とはそういうものですし、年齢的なものもありましたから。

父の死

数年後、世間リーマンショックで騒いでいる時代です。

父も同じ病気発症しました。

父の家、すなわち私の実家は少しだけ都市に近い場所でした。病院にも数十分で搬送されたとのことでした。

しかし助かりませんでした。

医者がいませんでした。」

「手術まで数時間待ちでした。」

「なんとか手術は終えましたが、合併症脳梗塞発症したため助かる見込みはありません」

これが私の父そして祖父に対して強制的に行われた「命の選別」です。

時代はちょうど小泉内閣の時です。

合併で多くの町が市になり、色々な予算が削られていきました。

医療制度が新しくなって、地方医者(研修医)が来なくなりました。

(興味がある人は調べてみてください。研修地方に来る人が居なくなり、その結果何が起きたか。)

その結果がこれです。

経済について

バブル崩壊消費税導入

私が小学生の頃、瀬戸大橋が完成して本州四国が一本に繋がりました。俗にいう「一本列島」ですね。

先行き明るいと思われていましたが、バブル崩壊消費税導入が押し寄せてきました。

家の家計は数十年先まで給料が上がり続ける前提で組まれたローンとなかなか上がらなくなった給料で苦しかったようです。

それでも父と母が共働きでなんとか学費などを貯め続けてくれていました。

進学と就職氷河期

高校に進学する頃には就職が難しいという話題があがりはじめていました。氷河期です。

高校大学と進んでも先行き不透明のため、中卒で力仕事従事する道を選んだ子も居ました。

大学進学までを希望していた子でも、普通科ではなく商業高校工業高校に切り替えたりしていました。

もちろんその道を選んだ人の自己責任と言われます

大学進学断念と阪神淡路大震災

高校2年の頃には阪神淡路大震災がありました。

私の家は大きな被害は受けなかったものの、親戚関係で色々あり、、、省略。

そして本格的な就職氷河期が始まりました。就職先はほとんどありません。

就職組の競争率は2倍、3倍。公務員に至っては10倍近い倍率もあります

なぜそうなるのか?

自分高校だけの話ではなくて、全国的就職先が無い状態です。

すると、偏差値の高い高校本来大学に行くような人たちが公務員などの就職試験を受けに来ます

これでは中堅の高校が敵うわけがありません。

では進学すればいいかというと、そうでもありません。世間では「即戦力」が求められた時代です。

そしてお金がない家庭に何が起きるかというと、とても居心地が悪くなるわけで、今でいう虐待に相当する行為が起きてしまうわけです。

それでも学校先生はこう言います。「勉強していい成績とれば、家庭環境も良くなる」

前提として「勉強」があるわけですが、それを阻害する要因の「虐待」が発生しつつあるので、もはやどうしようもないです。

今にして思えば父も母も不安だったのだと思います。もし受験失敗したら、浪人するお金はない。すなわち高卒で働くことになる。

滑り止めで私立は無理。震災お金が無く、そもそも受験費用の捻出だけで今は精一杯だったので。

公務員などの就職は難しい、、、では最初から少しでもマシな企業就職するか?

色々考えた結果、私は専門学校という苦肉の策を選びました。自己責任です。自分の選んだ道ですから

派遣改悪就職

進学、就職をなんとか乗り越えても、次の罠がやってきます派遣改悪です。

就職先を増やすためとの名目ですが、実態奴隷商売人身売買です。

私は派遣ではなく正社員として就職したものの、派遣会社に限らず下請けソフト会社などにありがちな二重、三重下請けの一部が派遣に切り替わったりしていきます偽装請負ってやつですね。

偽装請負二重派遣派遣法で禁止されていますが、派遣会社社員がそれを言い出せるでしょうか?

もしそれを訴えてしまうと「誰が訴えたか」が伝わってしまい、次に仕事に就くのが困難になります

労働基準監督署に依頼しても、そこまで保護してくれません。つまり誰も言い出せない。そんな状況です。

ならばスキルを高めてから転職。。。と考えます

なんとか実務経験を積んで、転職を繰り返すことで少しずつ待遇は良くなりました。

送別会で初めて会うN次受けの営業さんに「お世話になりました」などと大人対応で去り、次に行く。

しかし、転職ブラック企業をひくかどうかという、精神的に負担が大きいギャンブルです。

ギャンブルを繰り返し、少しづつまともなところへと向かっていった中で。。。リーマンショック東日本大震災が襲ってきました。

東日本大震災直後の年収は額面240万でした。計算やすくていいですね。

リーマンショックでは助成金があるから、その金額おかしいのでは?と考えるかもしれませんが、残念ながらあの助成金企業に対して支払われるもので、そこのやりとりに一般社員が関与することはできないんですよね。

労働基準監督署?もし訴えて未払い残業代を手に入れたところで、その業界で働けなくなったら意味なくないですよね。

脅しだから無視してよいと言われても、ずっとこういう生活を続けているとそれが当たり前になってしまうのです。

そもそも労働基準監督署リーマンショック震災などの有事の際は忙しいですし、一人ひとり真面目に相手になんてしてくれません。残念なことです。

最初に述べた意見の詳細説明

自己責任論で弱者(まだ世間を知らない学生さん等)に責任押し付けはいけない

自己責任論と言われて育ってきましたが、あれは間違っています

まだ世間の荒波を知らない20台の若者に「責任をもて」「経営者目線で」と言いつつ安月給や非正規雇用で働かせる。それは間違いです。

コロナでの「自粛」と同じく、「自己責任」は当人自主的に口にするべきものです。

そもそも選択肢が無い状態で仕方なくその道を選んでいるのに「自己責任」と投げかけるのは間違いです。

就職先無いけど、どうする?自分責任で選んでね。というのは無茶ぶりです。

強者弱者に対してこの言葉を使うのは「責任転換」です。

仕事があるかどうかは時代の流れが大きい。本人の能力問題すり替えはいけない

自己責任論とかぶる部分が大きいですが、就職先が無い状態学生さん能力が低いからと責めるのは間違いです。

たとえば競争率10倍の公務員試験であれば、100個しかない椅子1000人押しかける状況です。

そのような状況下で本人の能力問題など小さなものです。

学力をあげれば就職できる」論も間違いで、私の例でいえば家庭環境が終わっているのにどうやって勉強するのか?という話です。

当時の私には食事すらまともに出てきませんでした。生きるためにバイトしましたが、そうすると勉強時間が減ります

すなわち、環境悪化している状況下で本人に問題があると論点すり替えるのは間違いです。

twitterなどで話題になっていた高校生の悲鳴は「勉強できる環境づくりが難しい」という点だと思っています本来なら大人サポートするべきところです。

そして進学が不安だというのも納得です。

氷河期当初、進学するはずだった人たちが公務員試験を受けに来たという状況。それは当人にはどうしようもないし、平時であれば合格できたはずです。

それを「勉強不足だ」などと本人の責任にしてしまうのは間違いです。

世代間争いをしている場合ではない

ももう40台となってしまいました。失われた時間は返ってきませんし、怒りや憎しみを次の世代なすりつけるつもりもありません。

度重なる過労と鬱で子供を作る能力すら失われてしまいました。だからこそ、この文章を見ている人にお願いします。

年寄りから」「若者から」といがみ合って、物事本質を見失っていないでしょうか。

身の回りの小さなことに苛立つのではなく、そんな状況にしてしまった世界日本、そして政治をなんとかするべきです。

労働者階級同士でいがみ合い、会社間でいがみ合い、それでは誰も幸せになっていません。

消費税では福祉医療をまかなえていない

当初の導入では福祉医療などをまかなうため(という建前)の消費税でした。しか実態どうでしょう

父の命に対して

医者がいないので手術できませんでした」

という言葉を受けたからこそ言います

都会/田舎高収入/定収入所属企業を問わず皆が平等に収めている消費税

平等に収めた税金にもかかわらず「(田舎から)医者が居ません」と人の命を切り捨ててしまった。故に消費税不要です。

法人税はどんどん下がっているのに、消費税はどんどん上がっていく。そして消費税生活を圧迫し続け、私自身は生活も苦しい状況が続いています

さいごに

勘違いしてほしくないので最後に少しだけ書くと、犯人捜しや不幸自慢を推奨しているわけではないということです。

消費税が悪、政府が悪といった「犯人捜し」に躍起になったところで、誰も幸せになっていません。

氷河期は不幸だと不幸自慢したところで救われません。

過去にこのような問題があり、私自身がそれを受けて多くの不幸に見舞われたからこそ、新しい世代にはそうあってほしくないと願っています

2020-05-19

IT企業文化って独特だなあ

ITでは仕事ができなくて飲み会でも面白くないやつはキツいイジりを繰り返しやられて辞めさせられていたんだけど

ITに来たら仕事ができないやつはいじめられるんじゃなくて放置されて鬱病になって休職してそのまま辞めていくんだな

あと仕事ができないけど飲み会面白いかいじめられないみたいなポジション存在しない

なぜなら理由のない全員参加の頻繁な飲み会全然行われてないか

送別会みたいな半オフィシャル飲み会しか無いっていう

2020-05-12

友達結婚相手に求める譲れない条件を訊かれて答えたら「そんな男は存在しない」と呆れられた

テレビゲームとかソシャゲをやらない

馬鹿げた時間から許せない。課金もってのほか

競馬パチンコとかのギャンブル一切やらない

期待値マイナスに挑む知能が論外。

アイドルに興味がない

ドルオタは一日中2chやってる人と同レベルに見なしてる。

お酒タバコ大嫌い

飲酒喫煙健康を害するためにお金払う全く馬鹿げた行為

・非ネトウヨ、非ミソジニー

人格障害から

SNS自分にまつわる情報を明かさない。明かしたとしても絶対個人特定されないように最新と注意を払える

ネットリテラシーない人はリボ払いちゃう人くらいの知能だと思ってる。


芸能ニュースに興味がない

→見ず知らずの人間について一喜一憂するのは馬鹿げてる。

大卒

正規雇用

・本さえあれば余暇問題なく過ごせる

ほんとこれだけでいいのよ。

なんなら年収400万でもいい。こんな人たくさんいるよなあ?

追記

条件一つ追加しました。

送別会とか忘年会で仕方なく飲むとかは許容できます

ただ、例えば自宅で飲酒絶対NGってルールにした場合に「そんなの無理だ!!」なんて反応するくらいお酒に脳がヤラれてる人は絶対に無理。

仕事とか祝い事とかでの飲酒文化なかったら一生お酒飲まなくても余裕だよ」このくらい言える人がいい。

晩酌禁止なんて生きていけない!←これは立派な病気だと思うので医師の診察を受けてほしい。

2020-04-28

今日同じ会社で知古の人が最終出勤日だったはずだけど、会社メールで、bccで通知が来たzoom送別会には顔を出さなかった。

転職羨ましいとか、ちょっと前に拗れて修復するのも面倒くさかったとかまぁそんな理由で。

そうしてぷつりぷつりと細い縁をこうして断ち切って、気づけばLINE登録しているのは兄と他に友達が一人だけ。

その友達結婚してから連絡しづらくて結局疎遠のままだ。今開いたら三年前の会話が残ってた。

無敵の人ジョブチェンジはしたくないけど、今ならCOVID-19に罹患して孤独死は悪くない気がする。

最後まで自己中でごめんなさい。

2020-04-22

anond:20200309171314

後任が入った。

辞めるといって約1か月半後。

退職日は延々と決まらず。

私も上司に「退職日はこの日にします」と何度か言っていたんだけど、

「まあまあ」「そこは話し合って」「後任の子と決めて」

何を話し合うのか。後任の子にはすでに伝えている。

不安そうではあるがそこまで面倒見切れない。

だって1か月引継に使ったんだし、定例業務は一通り教えた。

減らせそうな業務は減らしたし、上司対応不安そうなので社長にも伝えておいた。

ただここにきて社長からやたら敏感な頭おかし人間扱いを受けているので、

もう疲れた。最低限やった。もういい。

この間社長から電話が来て、

「そろそろ出すもの退職願)出してよ」

上司相談したけどのらりくらりなんです」

「そういわれても困る。部署でなんとかして」

こちらも数度相談してるんです、でも進まないんです」

「こっちに振られても困るから

お前の管理が悪いかあん管理職が爆誕してるんじゃないの?と喉元まで出かけた。

なんだ。わたしおかしいんだろうか。

「僕はあの人の独り言貧乏ゆすりもなんにも気にならないんだけど」と。

まるでわたしおかしいと言わんばかりだ。

後任の子は入って2日目に上司独り言がないと静かだと気付いたし、

変な指示の仕方にも困惑している。私だってずっと困惑してた。

そう言われて強めに上司退職日を伝えた。

もう時間を取るなんてせず、デスクまで行ってこの日が最終出勤日ですと。

「まあそう言うなら仕方ないけど」

仕方ないけど!?!!!!?????仕方ないけど!!!!????

退職願を提出した。

(なんで先に出さなかったかというと、前例として以前退職した人が1か月退職時期をのばされたついでに退職願も書き直させられたのを知っているか

二度手間にしたくなかった。正直後悔してる)

そんで、最終出勤日も間近になった先日、社長から電話

「君ほんとに今週でやめるの?後任の子メールしてるけど実務不安だって言ってるよ。

ちゃん退職日話し合ったの?」

ウケる。そりゃ不安でしょうね。だって実務経験ないんだもん。でもその人を入れたのはあんたたちだ。

有能そうな派遣を蹴って若い子を選んだのはあんたたちだ。

私が後任の子推したのは、すぐここをやめても困窮しない背景があったからだよ。

メールしてるのも知ってる。引継ぎの途中で見えたし。

退職日、どうしたらいいか相談してお前らでやれと突き放したのは社長

仕方ないけどと承認したのは上司

それをいまさら大丈夫?なんてばかじゃないの。

どうせやめるやつのフォローしてもしゃーないもんね。わかるわかる。

私もどうせ辞める会社フォローはよーやらんのだわ。

最低限引継ぎしてるだけいいんじゃないかなあ。と思ってる。

後任の子は、態度は悪くないけど分からないことがあるとフリーズしてしまうっぽい。

それをごまかしごまかし、できてるできてるとひたすら言ってきた。

そんな失敗私もやりましたよ、周りに聞いたら大丈夫です、と。

このご時世、県をまたいで通勤するのも怖い。

ボーナスまで居たらよかったなと思ってたけど、こうなってしまうと英断だったなと。

次の仕事もとりあえずだけど決まった。

4月に付与された有給を消化できたことはありがたい。

こんな時期だし送別会もない(正直ありがたい)、

送別会の代わりにちょっと豪華なものを用意してもらっているみたいで、

ほんとにほかの社員の人は優しい良い会社だったのになと思う。

後任の子若いしがんばってほしい。

夫も在宅に切り替わってるし、

しばらく夫のコーヒーとかお昼でも作ってどうぶつの森ひきこもります

今回のことは本当に夫さまさまで、急に退職すると言った私にまったく責める言葉もなく

仕事探そうとしたらしばらくゆっくりしたらとさえ言ってくれた。

申し訳ないので収入は減ってしまうけどコロナ収束までのとりあえずで仕事を見つけた。

いろんな感情が渦巻いてるけど結局夫ありがとうです。すきです。

2020-04-18

正直、飲み会死ぬほど苦手(特に歓迎会送別会)なので今年は楽すぎる

2020-04-15

anond:20200415025641

慶応研修医コロナ養成飲み会の話は送別会程度は仕方ないのコメントばかりだったのに

ミンスとなったとたんにこれ

マジで腐った国だわ

2020-04-08

かわいそうな京大病院の新研修医たち

京大病院中の人です。

大した内容ではありませんが、みんな大好き増田怪文書です。


京都新聞やらNHKやらで研修医を含む京大病院の新入職員旅行や会食で出勤停止になったことが報道された。

yahooニューストップにも出ていて、たくさんの人が目にしたのではないかと思う。

せっかく晴れて研修医(修練医・大学院生)になったのに、いきなり出勤停止でおまけに「そんなやつには医療者の資格もない」といったような書かれようで、まさにかわいそうの極みである


そもそも、彼らの出勤停止慶応大学研修医がしでかしたこととは全く質が違う。

yahooニュース見出しだけ見ると、研修医57人が一同に会して宴会したように見えるが、実際は会食等の自粛を求めた病院の指針に57人が従っていなかったということである

メディアの悪意を持った切り取り方に憤りを覚える一方で、この事態引き起こしたのは半分は京大病院姿勢問題でもあると思っている。


もともと、2月から京大病院職員病院方針不要不急の国内海外移動の禁止と多人数での会食等の自粛が求められていた。

会食等に関しては、京都でも陽性患者が増えてきたことを踏まえて、3月中旬から各部署における送別会歓迎会・懇親会など、食事会等は参加人数に関わらず自粛する」という文言に変更された。

ちなみに、4月1日に出された指針でも文言は変わっていなかった。

おそらく、この指針が4月からの入職者にも提示はされていて、「京大病院はこんな感じでやってるのでよろしく!」という風に伝えられていたのだろうと思われる。伝え方は各診療科によって違うので、もしかしたら全く伝えられていない入職者もいたかもしれない。

自宅待機になった入職者の中には、慶応大学研修医のように、この情勢で望ましくない形で宴会等に参加した人たちもいると思われるが、おそらく大多数は普通の少人数での飲酒をともなう外食を行って、基準に引っかかったものだと思われる。

この「各部署における送別会歓迎会・懇親会など、食事会等は参加人数に関わらず自粛する」という文言を見て、「家族を含む2人以上での飲酒を伴う外食は不可」と読める人はどれだけいるだろうか。

京都引っ越して来て、引っ越し家族に手伝ってもらって、引っ越したばかりで部屋が散らかっているので外に出て、家族と一緒に夕食を食べて少しお酒を飲む、この一連の動きがアウトだと読める人がどれだけいるだろうか。

しかも、求められているのは禁止ではなく自粛である。どれだけ行間(1行しかないので字間か?)を読ませるつもりなのか。京大入試国語もかなり難しいが、それでももう少し親切な問題を出してくれる。

ちなみに、院内職員向けに同居の家族を含めて外食禁止するという指針が出たのは4月6日である。上に書いたように4月1日の時点での指針は「各部署における送別会歓迎会・懇親会など、食事会等は参加人数に関わらず自粛する」である。時空がゆがんでいるのか。

しかも、さら重要なのは、この指針に反した場合ペナルティーがあることが入職者に全く伝えられていなかったこである

執行部の偉い人がいつの時点で思いついたのかは知らないが、少なくとも3月31日の夜の時点では病棟医長を含めて現場には全く伝わっていなかったので、偉い人だけで急に決まったのは間違いない。

まさに寝耳に水。究極の後出しじゃんけんである


かに病院職員に陽性者が1人出れば、外来は休診になり当該科は閉鎖、通常診療に影響が出て果ては救えるはずの命が救えない、という流れになるのは火を見るより明らかなので、ある程度の厳しい対応必要である

大学病院しかできない医療があり、大学病院しか救えない命がある。それを維持することは非常に重要なことである

ただ、それにしても対応が行き当たりばったり過ぎやしないか

それに振り回される現場の身にもなってほしい。

緊張しながら4月1日に新しい職場に来て、いきなりよくわからない聞き取り調査が始まり、思いもよらないことで自宅待機を命じられるかわいそうな人たちには同情を禁じ得ない。

来ると思っていた人が急に来なくなった現場もたまったものではない。

某国の某首相が、急に学校を全国一斉休校にして物議を醸したが、同じような匂いがプンプンする。


あと、厳しい対応をとっているように見えて、実はとても中途半端対応であることも気に入らない。

上には書かなかったが、国内海外移動に関する聞き取りでは、前居住地から京都への移動に関しては、移動手段にかかわらず自宅待機の対象にはなっていない。

私的理由での旅行はだめで、赴任のための引っ越しOKなのはなぜ?COVID-19は赴任のための引っ越し電車に乗っている人は大目に見てくれるのか?

どうせやるなら、入職者全体で2週間自宅待機させてから勤務開始にしたらいいはずだ。その期間の給料ちゃんと払えば京大病院の評判はうなぎ登り就職希望者や受診患者も増えるに違いない。

感染予防にもなって一挙両得である


何より、聞き取り・自宅待機の対象を入職者のみにしているのが一番中途半端である

前年度から職員は指針に従っているはずだという謎の前提で動いているが、そんなわけあるか。あなたたちの頭の中はお花畑ですか。

おおっぴらにはしていないだろうが、私的歓送迎会をした人だっているだろうし、何より非常事態宣言の出された大阪兵庫から毎日電車で通ってきている人だっている。

会食の禁止を同居家族まで広げたら、アウトになる人はたくさんいるだろう。

その人たちは自宅待機にしなくていいのか???ほんとにいいのか???

日中に、前年度から職員に陽性者が出て、院長をはじめとしたお偉いさん方が記者会見する姿が目に浮かぶようである

おっしゃるとおり感染リスクを徹底的にゼロに近づけるつもりなら、全職員に対する徹底した対応必要なのではなかろうか。

まぁ、そんなことしたらコロナの前に医療崩壊まっしぐらだが。


かくいう私も、週末に子どもたちとマクドに行ってハンバーガーを食べてしまいました。自覚が足りずに誠に申し訳ありません。

ということで、2週間の自宅待機をお命じ願いたい。

年度末もあって2月からコロナとは関係なく働き詰めで、そろそろいろいろ限界です。

2週間くらい休みくれないかなぁ。


<注>

この増田個人見解であり、所属する組織公式見解を何ら反映したものではありません。

なお、この増田就業時間外の当直等の待機時間・休憩時間を利用して記載されており、所属する組織就業規則に違反するものではありません。

2020-04-02

みんな真面目に自粛してんの?

正直こんなのが日常ウンザリなんだけど

趣味スロットゲームから、出掛けない日はゲームしてる

毎日普通にテレワークせずに出勤してるし、毎日外食してるし、何ならこの先週は職場普通に懇親会と送別会をした

歓迎会の予定も普通に決まってるし、今週末は同業との飲み会もある

仕事帰りには、外食して気まぐれにスロ打って帰ってる

自粛してる人本当にいるの?

やってるのって、店閉めるとかそのレベルでしょ

個人個人が真面目にやってる訳?

2020-03-28

基準基準てさぁ…!!

不要不急の判断もできないのかなって思ってしまう。

神経質になりすぎている人もいるけれども、ただの送別会とか

病院通いとか、どうしてそれが判断できないのかなと。  

もちろん前者は不要不急、病院も行かないといけないのであれば

不要ではない。

基準は単純だと思う。  

それ以上に大事用事ができたときに、スキップできるか否か。 

 

例えば歯医者の予約。

重要会議が入ったときに、予約を延期できる程度の痛みであれば

通常なら真っ先に会議に行くと思う。

痛くて眠れないんであれば、行けばいい。 

 

なぜそれが判断できない?

 

飲食店の予約なんて、しょっちゅうすっぽかされている。

それなのになんでこんな時に、予約してるからって行くんだろう?

みんながみんなそんなに飲食店に対して誠実であったか?

こんな状況なんだから飲食店顔も理解してる。

キャンセル電話1本で済むのであればわざわざ出歩く必要はない。

 

 

なんでそれが我慢できないの?

 

マスク試着しかしちゃだめだって言う学校もびっくりした。

何の冗談かと思った。 

 

自己判断に自信が持てないか責任が取れないからって

何か違う気がする。

こんな時にもかかわらず、セブ島旅行だのスペイン旅行だのいく阿呆もいる。

そーゆー阿呆今、成田で拘束してどっかにぶち込んでおけと思わずにいられない。

 

 

爆買いする人もそう。

落ち着いて冷静に自分判断しようよ。 

 

爆買いする人の家には、すでに大量のものストックされて私は信じてる。

ミニマリストの対極、マキシマリスト

大量に買ってもどうせ腐らせるだけなのに。 

 

ちなみに、冷蔵庫の中身が空っぽになってから買い物する方が節約効果は高いです。

今この状況で、状況に振り回されずに、今後のことを考えて

勉強するなり資格を取るなり節約に励んだり副業を在宅で始めたり

株の勉強するとかもっとシンプルに家の大掃除をして無駄もの処分したりして

そうやって過ごす人がきっとこの後の不況とか経済の混乱とか全部

冷静にやりすごせるんじゃないかな。 

 

私は、もともと仕事が在宅だし、偉そうなこと言っときながら地方在住なので

都内の人たちほどストレスを感じてはいない。

ただ都内の在住の同僚たちの話やニュースを聞いてると上記のように思わずにいられない。 

 

在宅の仕事始めたのは2年前。

それまでは、ずっとドラッグストアで働いてたから、タイミングが悪かったら

私はこのコロナ騒動のど真ん中にいたのかもしれない。

顧客対応にブチ切れながら、感染する恐怖に怯えて、でも休めないし辛かったと思う。

大嫌いな仕事だったし、当時から休みなんてなかったから、体力的にもすごいしんどかった。

 

 

でもそこでない時間は何とか捻出して、勉強続けたから今の仕事につけた。

在宅にしたのは、もちろんこの状況予期したからじゃないけど、人と関わるのがもう嫌になったから。

結果的にこの仕事選んでほんとに正解だったと思う。

うんがよかった。 

 

ただ今度はどんな状況が起こって、在宅の方が不利になるかわからない。

本当に何が起こるかわからない。

から今は、仕事の合間を縫って、仕事の幅を広げるように、

ビジネス書読んでみたり、個人クライアントに新しいサービス提供してみたりしてる。

万が一在宅で働なったときに外でもちゃん就職先を見つけられるように。

ドラッグストアならいつでも戻れるけど、もう一生も働いたのでいいです。 

 

明けない夜はないんだ。

ただ、開けた先が、快晴だとは限らない。

夜が明けても台風可能性が高い。

から今は、体力とスキルお金を貯めとく。 

 

開けた時に、何も気にせずに、趣味旅行いっぱい楽しめるように。

しっかり準備しときます

2020-03-26

自粛要請出た、コロナ死ね

東京に続き、多くの県で自粛要請が出た。

週末の外出は控えるように?

先週の三連休は何も言わなかったのに?

オリンピックを中止にしたとたんに

国民を守るため、なんて言い出すのは

日本はどうかしてると思う。

聖火を車で運ぼうとしてたくせに。

コロナの影響で、卒業式送別会

結婚式が中止になった人はたくさんいるようだ。

わたし恋人誕生日旅行が中止になった。

旅館自主的キャンセルにした。

ディナーは施設全体が休館日になってキャンセルの連絡が来た。

まだ信じられないし、もうどうしたらいいかからない。

誕生日一年に一度なんだぞ?

不要不急はおそらく人それぞれで、

私にとって恋人誕生日必要火急だし

卒業式震災で中止になったけれど

それは不要不急に近かった。

日本政府はいまのところなんの保証もしてくれない。

自粛要請という言葉で、考えることから逃げている。

無駄会議をして、お肉がいいか魚がいいか

ファイターを讃えよと能天気で楽しそうだ。

もっと国民のことを考えろよ。

出自粛させたいなら交通機関を全部止めろ。

商業施設も休館にしろ

すべての生産活動を中止しろ

自宅から出たものは捕まえろ。

そのかわり、生活必要な最低限を保証してくれ。

このままじゃ日本がしぬぞ。

コロナ、お前が早く死ね

2020-02-28

会社を辞めるときはスッと消えたい

挨拶もしたくないし、されたくもない

プレゼントもいらないし送別会不要

何も特別扱いされず、余計な詮索などもされず

ただ引継の準備を淡々と進め

いつもと同じ「お疲れ様です」で帰って、それきりにしたい。

いろんな煩わしさをスルーために退職代行を使う人もいるんじゃないだろうか

なんてことを、今日辞める方を見ていて思った

ちなみに私は社内の人間が嫌いなわけではない。

嫌いではないけどこういう考えを持っている

2020-02-16

2年ほど前だっただろうか、同僚が辞めるからってその送別会のために出張した。

しか送別会にかこつけた出張なんてって半分遊びみたいなもんでその地で待っている業務なんて何もない。

経費削減の折に、なんて無駄ものなんだなんて思うけども、年度末の道路工事と一緒で部署としては確保した予算は使い切りたいもの。ありがたくマイルも頂戴する。

汚いお店だけども、美味しかった中華屋で光輝く去りゆくものと、残されたものたちのコントラストがなんともいえなかった。

そんな別れを惜しむ夜にホテルデリヘルを呼んだ。我ながら最低だなと思った。しかも、ただのデリヘルじゃない、はじめてのデリヘル、はじめての風俗

やはりはじめては特別で、忘れがたい。前から風俗が気になってはいたけど知らない土地で、知り合いもいないこの地が背中を押してくれた。

呼ぶまでたいぶ迷ったし、呼ぶと決めてからもお店選びにだいぶ迷った。優柔不断さがこんなところにも出ている。

ティへブンを見て電話したけど、何分はじめてのことなので システムや流れがよくわかんなくてタクシー呼ぶみたいに「一人お願いします」なんて言っていた。

その後もいかんなくコミュ障ぶりを発揮し受け答えも金魚のように口をパクパクさせながら言っていた。というわけでボーイに流されるままフリーでお願いした。後ほどきた嬢がボーイ曰く「いい人そう」とのことで、まぁ会ったこともない相手ホテル行くなんて不安で溜まらないだろうななんてコミュ障としては思ったり。

そこから嬢が来るまでが緊張の連続で、念入りに体を洗い、洗顔歯磨きもして、整髪料で髪形を整え、どうせ脱ぐのに今まで着ていたものをすべて明日用の新しいものに着替えた。靴下とか要注意だ。結構臭い

そしてなぜかベットメイクまでしはじめて、ごちゃごちゃした私物やら服をスーツケースに押し込んだ。そうしているうちにボーイからもうじき着くとの連絡があった。

最近ありがちのエレベーターカードキーをかざすタイプなのでロビーまでお迎えいかないといけない。

ロビーでは意外と同志たちがいて、ボストンバッグスーツケースを引きずる女性たちと次々エレベーター昇天していく。

最初は奥様かななんて思ったが、夫婦ロビーあいさつを交わすことなんて稀だろうからきっと同志なのだろう。

明るいかわいい子がきた。スタイルもよくて、びっくりした。少なくとも普通に生活していて出会うことはない。

素直にはじめてであることを白状して、相手に任せることにした。

「はじめてもらっちゃっていいんですかー?」なんてわざとらしく言ってくるのだけども童貞には効果てきめんだ。

どのタイミングで服を脱ぐのかもわからないし、なんなら人前にで裸になること自体抵抗というか、恥ずかしさを覚えるくらいには童貞だ。

そんなこんなで楽しんで、「普段普通に働いているから出勤日少ないけどもまたね!」なんて言って帰っていった。

機会あればもう一回とは思っていた。やっぱ初めての女の子って忘れられないわけだし。

それから出張タイミングに合わせては出勤しないか確認してみたり、なんなら出勤日に合わせて出張しようかと企んだくらいには僕の頭は弱い。

そんなこんなで僕の出張が少なくなり、それに彼女が出勤することはなくなりプロフけが残った。

そして2年くらいして僕がかの地に転勤することになった。

いくらなんでも2年も経てば彼女ことなんてすっかり忘れていたんだけども、今時便利なもの普通に調べものスマホでググっていたら、似た単語だったのかURLだったか過去閲覧履歴からサジェストにそのお店が出た。

おっ!っと淡い期待を込めて見てみるも、やはりプロフはあるものの出勤にはなってなく、特に更新もされていないようだった。

そっからなんとなく、定期的に見に行くのが癖になってしまった。結婚できない男で「金田更新しているぞ」の感覚に近い。

そしたら最近になって出勤になっているんだよ。ちょっと、いやだいぶテンション上がった。

電話したらボーイさんも、「えっ?この子指名ですか? もしかして以前遊んだことありますか?」なんて言ってくるから「だいぶ前に~」なんて。

ボーイも「彼女は出戻りなんですよね~~」なんて言いつつすでに枠が埋まっていたり、女の子の日だったりで1か月くらい会えず。

もも素人じゃない、なんとなく察する。サクラなんだろうなと。

先週もダメ元で電話したら、もうボーイにも覚えられていて「律儀にありがとうございます~」なんて言ってくるから、お互いに「やっぱ体調不良ですよね~笑、コロナではないと思いますよ~」なんて冗談言っていた。そんなわけでこの週末についに彼女プロフHPから消えた。

2020-02-04

明日あたり無職になるかどうかが決まる

今週中に連絡が来なかったら雇用打ち切り無職

連絡きたら更新

更新ですよーって言われても異動先が通勤難しい凄く辺鄙などころだったら断る

更新のための試験の結果がビリだったので無職可能性はかなりある

正直ワクワクする

パワハラ野郎ほど引き留めるっていうのがホットエントリに入ってるけどまさに今年度はずーっとその状態パワハラを受けて泣いてたら加害者から一番熱心に慰められて

ほとぼりが冷めたらまたパワハラされての繰り返しで頭がおかしくなりそうで

人事の方から「いらない」と言われる形なら上司も何も文句は言えないだろう

引き留めたって人事の決定だから上司は何言っても無駄だし

あ~~~~~~文句言われず無職になれるかも!!連絡来なくていいぞ!!そしたら送別会にも出ず辞めてやるんだ!!楽しみだなあ!!!

2019-12-13

2019年かわないほうがよかった

①一役

仲の良い同期が退職するのでその送別会幹事を買って出た。

料理もまずけりゃ店員の態度も最悪で大失敗。

一役買ったら顰蹙のセット割だった。

②大量の米

増税するからビールのケースやらトイレットペーパーやらを買い込んだ。

ついでに米も買ったんだけど米は税率増えないと後から気づいた。

そのうち食べ切れるとは思うけどおそらくあと1年分くらいある。

お米1年分とか一昔前の懸賞品みたい。

台風19号

家の裏にある川は流れてるのか流れていないのか分からいくらいなのに、この日の夜は濁流だった。

雨風が窓を叩く音より川から聞こえるドゴゴゴゴゴみたいな音の方が大きくて初めての体験。怖すぎ。眠れない。

今年だけかもしれないけど、家の近くに川無い方がいい。

2019-11-29

クラウドファンディング世界一周する知り合いを見て

別に友達と呼べるほどでもない、たった1日だけ話した、SNSで繋がってるだけの知り合いがクラウドファンディング資金を募り世界一周しようとしてるらしい。

彼と出会ったのは2年前のバンコクゲストハウスたまたま同じ宿に泊まっていたらしくロビー声かけられ、酒を飲みながら話した程度だ。

私も海外旅行が好きなので彼とは話が合うのかなーと期待していたが、話をして3分で馬が合わないことに気づいた。

とにかく自慢話だった。外人と仲良くなって朝まで路上で酒飲みまくった、酔っ払ってドミトリーぶっ壊した、野宿して警察に怒られた、日本ヒッチハイクして移動しまくったとかしょーもない自慢。彼は自称進学校を経て中堅大学に進学し、特に勉学に励むわけでもなく友人と毎晩遊び歩く典型的文系大学生だった。

まり長く話す時間はなかったが、またどこかで会うかもしれないからとSNSを交換しようと言われた。またどっかで会うかもしれないならSNS交換する必要ねえだろ、と思いつつも彼をフォローし、別れた後にこっそり投稿を見てみた。

彼のSNSには、変人しかいない高校の仲間、一生ダチのコンビニバイト仲間、終電を逃してでも共に飲み明かす大学の仲間との思い出たちがもれなく半々の男女比の写真と共に"感謝"の言葉を添えて投稿されていた。また、彼の周りにはたった2ヶ月くらいの大学生の長期休みバックパッカーをしに行くだけで送別会を開いてくれたり空港まで見送りしてくれる恵まれた仲間がいることもわかった。

その時私は、彼が海外旅行に来てるのはなく「バックパッカー」をしに来ていたということに気が付いた。彼は、周辺環境はいないバックパッカーというアブノーマル人間になって注目を浴びたい、なるべく多くの逸話を引っさげて故郷に錦を飾りたい、という気持ち原動力東南アジア一人旅をしていたのだろう。それを表すように、彼の投稿にはほぼ全て「#バックパッカー」というハッシュタグがついていた。

そんな時代あったな、と懐かしくなった。かくいう私も彼と出会ったバンコクは1人で海外旅行している最中だったし、過去に何度か1人で海外旅行をしている。1人で海外に行くことにこれといった理由特になく、写真しかたことないところに行ってみたい、1人だと誰にも気を使わなくて済むから、みたいなそんな感じだ。

そんな私ですら、初めて1人で海外に降り立った時はなんでもできるスーパーマンだと錯覚していた気がする。しかし、旅先で様々なアブノーマル人間出会い、自分ノーマル人間だとすぐ気づいた。本当にアブノーマル人間は関わりたくない、こうはなりたくないと思うほどアブノーマルだったし、こいつらがバックパッカーなら自分はただの旅行者でいいな。という気持ちになった。そういう点ではよく旅人が言いがちなセリフだが「価値観」が変わったのかもしれない。SNSバックパッカーを名乗りアブノーマルを演じる彼も、帰国するまでに「価値観」が変わるだろうし、今は好きにやっとけと思った。

しかし彼は違った。帰国後に彼のSNSを覗くと、せっかく広い世界を覗いたのにも関わらず、元々いた狭い世界に戻り恵まれた仲間の前であぐらをかいていた。

彼は恵まれた仲間と「お前変わってるよwww」「まあなwww」みたいな会話をし(想像)、バックパッカー経験を生かして相も変わらず目的のないヒッチハイクなどを続けていた。

2ヶ月の東南アジア一人旅では彼の生活言動、行動は変わることなく、唯一変わったのは誰にでもできる経験をして自分は大きい人間だと勘違いする歪んだ「価値観」だと、SNS越しで悟った。

まあ関東圏に住む彼とは二度と会うこともないだろうし、SNSくらい好きにやらせてあげればいいな。と飯の写真しかSNS投稿しない私は思った。

そんな彼がクラウドファンディングを始めたらしいということを耳にした。この話を聞いた途端、2年前のむず痒い感覚が突如としてこみ上げてきた。

どうやら彼は大学卒業するまでの間に世界一周をするため、クラウドファンディング資金を募るらしい。ホームページを早速見てみると、クラウドファンディング支援してくれた人々へのリターンは「”あなたらしく”生きるためのメッセージ動画」らしい。なるほどわからん

ページの彼の自己紹介欄には、辛い過去を乗り越えて自分らしく生きている現在への経緯が書かれていた。彼の過去否定しているつもりはないが、ありきたりの文脈すぎてどこかにテンプレート販売してるのかとすら思った。そして「私が私らしくを生きることで、あなたあなたらしく生きる」という崩壊したロジックで押し切ろうとする姿はむしろ清々しく思えた。

リターンの動画撮影する機材もGoProらしく、おそらく映像編集プロ並みの技術ではなくかじったことある程度だろう。なぜなら彼はリターンとして自分経験動画という形に残るもの他人押し付けるのであって、それを支援する人も彼の行動力に対して支援を行い、メッセージ動画などもちろんどうでもいいのだろう。

なぜほぼ赤の他人とも言える人間を見てこんなにもむず痒くなるのか。おそらく、私も海外旅行が好きだからこそ、「同族として見られたくない」という意識がかなり強いからだろう。そして周囲の人間から私と彼は同族に見られているかもしれない、という被害妄想をしてしまい、反射的にむず痒くなってしまうのだ。

彼のクラウドファンディング現在資金調達途中で、量は多くはないもののそこそこの資金を集めているように見えた。

しかしたら私自身がノーマル人間だと悟っているからこそ、アブノーマルに見える彼と、目的のない旅にすら支援してくれる恵まれた仲間がいる環境、そして歪んだ「価値観」でも前に進み続ける行動力を羨ましく思ってるのかもしれない。

あー、人の金で世界一周したいな。

2019-11-26

お酒を飲むのをやめた

病院に行ったら鬱だと言われて

薬を出す条件としてお酒をやめろと言われた。

お酒やめないと薬出せないし、やめれないならそれは別の病気なので

ここでは診れないとのこと。

家に帰ってお酒をドボドボすてた。

ウイスキーワインチューハイ

勿体ないと思いつつすてた。

それ以降2ヶ月以上飲んでない。

そのうち飲みたくなるかなと思ったら、そうでもない。

酒をやめたせいか薬のせいか

夜中目覚めたり、早朝に目が覚めて寝られなくなったりすることが無くなった。

会社送別会に行っても、いや今体調悪くて飲めないのですというと

一次会で帰れるし、車で帰れる。

平日の夜も長くなった。

酒を飲んで倒れるように寝てたけど

ゴロゴロ起きていられる。

メガドライブやったりNetflix見たりして

眠くなってから寝るようになった。

体重もへった。

お酒やめるのって結構いね

2019-11-20

ASD的傾向のある友人との話

から頼られることってすごく気持ちがいいですよね。

頼られて、相手が求めていることをしてあげたら喜ばれるし、何より自己効力感みたいなものが発生して、頼ってきた相手に対して軽くマウントが取れるような気がするし。

 

3年半前から仲良くなった友人がいるのですが、彼女ASD的な行動の傾向があり、人間関係の悩みが多い人でした。

彼女人間関係の悩みを私は相談に乗りアドバイスをする、私から彼女には相談事や共感してほしいことは一切話さないで、私は聞きくこととアドバイスすることに徹するということが多い関係でした。

そもそも彼女は会話が苦手でした。こちらが世間話のような話を振っても、話が広がることはありません。嫌なな出来事があったことを聞いてもらおうとしても、共感するような素振りはなく、掘り下げてもくれることもありません。また、私の趣味の話をしても全く関心なしといった様子です。こちらが興味を持ってもらえるような話をできないという落ち度もありますが。逆に私が彼女趣味推しの話などを振ってあげると嬉々として話し、延々と自分の話を続けるのです。彼女は、私が話を聞いてあげているときと同じような密度品質でもって私の話を聞いてくれることは全くありませんでした。

例えば、彼女海外俳優が好きなので、彼女が「最近ユアン・マクレガーはまっている」といえば、私は「彼のどんなところが好きか、いつ好きになったか、彼の出ている作品で何が好きか」といったような質問をして話を掘り下げるのですが、私の好きなものの話、例えば鬼滅の刃の話をしても、「何がおもしろいのか、誰が一番好きか、いつから好きになったのか」といった具体的なことを聞いてくれず、「そうなんだ、ジャンプ系っていろいろあるよね」みたいな同意とも共感とも取れない、しかし掘り下げではない絶妙な相槌しかしてくれないのです。(たいていこう返されると沈黙が発生するので私が次の話を振るのですが)言葉表現するのが難しいのですが、彼女からは私のほかの友人とは「何かが決定的に違う」感覚が会話をしていると如実に感じられるのです。

そんな彼女自分自身発達障害的な特性があることをカミングアウトしてきたのは知り合ってから2年目の時でした。その時彼女は「話し言葉で伝えられたことを理解するのが難しいかASD的な傾向があると医者に言われた」と言っていました。そのカミングアウトで初めて発達障害というものを知り、ADHAやASDという発達障害の特徴があることを知りました。

彼女は元ひきこもりだったので、コミュニケーション経験が少ないから会話の機敏が分からないだけの「普通の人」だと私は思っていました。

しかしそのカミングアウト以降、私はこう考えるようになりました。「彼女に対してほかの友人と同じような、お互いが気持ちよくなれるコミュニケーションを期待するのはやめよう」と。その日を境に私は彼女承認欲求を満たすための道具として見るようになりました。

そもそも私と彼女はほかに共通の友人がおらず、遊ぶ時はいつも二人という状況でした。そして私は彼女に何も期待していないので、遊ぶ時も彼女の悩みや話を聞くというようなことがほとんどでした。大体、月に1~2回は彼女とこのようにして会っていました。予告なしの悩み相談電話は月に4~5度ありました。

このようにして彼女の悩みを聞くことで私自身は自己効力感を感じることができ、彼女に対しての優越感を感じられたので非常に気分がよかったです。

このようにして私は彼女から頻繁に頼られていたのですが、それが最近めっきりなくなってしまったのです。

 

から五か月ほど前に、彼女工場仕事を辞め、住んでいる地方の町から東京引っ越しました彼女自分生活を変えるためにと言って東京へ行きました。

軽い送別会のようなものを二人だけでしました。私は「あっちでも頑張ってね」といった月並みなことを言いまいした。

私は彼女心配でした。また彼女人間関係で悩むのではないかと。でも、悩んでしまえとも思いました。心から彼女成功を祈っていませんでした。

彼女東京暮らしから四か月ほどは例のように相談電話がありました。父がいかに厳しい人間だったか、父が引っ越しに対して何も興味を示さなかったといった話を四か月半の間にかかってきた電話の7回のうち5回はしました。話から聞くに就職先は決まったようで、仕事を覚えるのが大変だということも言っていました。

最後電話があった、今から1か月まえから彼女から電話lineが途絶えてしまったのです。

でも私は心配にはなりませんでした。そのかわり苛立ちがありました。なぜ私を頼ってこないのだと。

 

から彼女に連絡することはめったにないのですが、先週に電話をしてみました。どうせ前と同じ消耗をしているのだろうと思いながら電話をしていいかlineをして、電話をすることを彼女は了承しました。

彼女から電話で話を聞くと、消耗しているどころか新しい出会いを楽しんでいました。彼女街コンで知り合った人と仲良くなり、その仲良くなった人のつながりでバレーボール社会人サークルに入ったのです。彼女が言うには、サークルの人はみんないい人で、彼女は親密な人にしか呼ばせてないあだ名でそのサークルの人から呼ばれるようになった、ということやみんなでデイキャンプに行ったことなど楽しかったエピソードを言っていましたまた、彼女は私に、よかったらそのサークルに顔を出してみないか提案してきました。

彼女は今までこんなにたくさんの人と仲良くなれたことがなかった、と言っていました。

私は「いい出会いがあって本当によかったね」とまた月並みなことを言いました。

電話を切ったとき腹が立ちました。なぜ彼女は消耗していないのだと。なぜまた同じような人間関係の悩みで私を頼ってこないのだと。なぜまた孤立していないのだと。なぜコミュニケーション能力が貧弱な人からそんな提案をされなければならないのだと。なぜ街コンに行って男性と打ち解けることができるのに、今まで私の話を聞いてくれなかったのだと。

そんな彼女を取り巻く環境の変化があっても、彼女自身は変わってませんでした。私の話を一切掘り下げて聞いてくれないことと私の近況の話をしても全く話を広げてくれないことは変わってませんでした。

そして、私自身が彼女に対して執着し過ぎていることもわかりました。

私が何のために彼女とつるみ続けているのかも考えました。彼女を見下して優越感に浸ることもできないし、彼女は私の期待に応えてくれない、そう考えると自分に嫌気がさしました。

そして、彼女との距離を置こうと考えました。

対等でない「友人関係」のようなものを続けてることは不健全だと思ったし、相手に何も期待できないのに関係を続けても無駄だと思ったのです。



総括

私はもう彼女に対して「一般的な友人に対する期待」を持てないのは確かです。また彼女自身ASD的な特徴のせいでサークル職場理解のない扱いを受け孤立しても、支援者的な立場彼女と接することはないし、もちろん友人として接することは今後一切ないです。かつての彼女にとって私との関係が救いだったとしても、私にはそれは重荷でした。だから、頼られることによる承認欲求を得るための道具としてしか彼女を受け入れることができなかったのです。彼女自身につらいことがあって相談に乗ってあげたことは何度もありました。彼女を便利な道具として扱っていたことは確かですが、それでも彼女の悩みが解決すればいいなと少しは考えて相談に乗っていました。ですが、彼女わたしにつらいことがあっても「わたしと同じような対応」をしてくれないのです。以前、一緒に濡れてほしいのですと言った生きづらさ系のポスターがありましたが彼女は私に傘をくれる段階すらいないのです。それは友人としてとても虚しさがあります

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

おそらく今後彼女からの連絡が少なくなると思います。私はそのまま疎遠になって関係自然消滅していまえばいいなと思っています

 

※なお、このエントリは保存用であり、最初投稿者とは別人が投稿した。

2019-10-28

先週末の送別会風邪うつされてまだ治らない

汚らしいおっさんうつされると東北あたりに転置してやりたくなるよね

めっちゃ喉痛いわ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん