「陰毛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 陰毛とは

2018-10-16

陰毛日即1ミリメートル

部屋の中に残すのも嫌なので、お風呂の中で毎日手づかみで弱ってる隠毛を抜く生活を続けてるんだけど、まぁよく抜けるなーとは思いながらちょっと数えてみたの。今日だけで33本抜けてた。ちゃんと立派な育ちきった毛だった。なんで下の毛はこんなに生えるんだろ

2018-10-09

anond:20181009192837

両氏トンネル効果によって陰毛パンツすりぬけ落ちてゆくのは稀によくあるらしいぞ

2018-10-08

陰毛むしるのって痛くない?

痛いでしょ

パイパンにしたい

夫も別にいいよーと言ってくれてはいるんだけど、銭湯温泉も好きだし躊躇ってる。

陰毛パンツとこすれてかゆい生理中なんか最悪。あとついついむしっちゃうんだよね。

anond:20181007175933

リンクタイトル団地、土手、手入れだけ見てエロい話かと誤解してしまった

団地妻の陰毛をぜんぶ剃ってハメハメする話だとみんな思うよな?

2018-09-27

添い寝授乳とき

子どもが空いてる方の乳首をいじってくるからやめさせる。そうするとその指をへそにねじりこんでくる。

それもやめさせると今度はパンツに手をつっこんでくる。

パンツから手を無理やり引き抜くと小さな掌に握りこまれた私の陰毛もブチチッと一緒に抜ける。

陰毛を握りこんだ小さな手を開いて陰毛を取り除くとき、この子はなぜそんなに片手が寂しいのだろうと思う。

2018-09-24

もしもおれがいじめられてなかったら

小学校の3年生くらいか中学校の2年生まで、軽くいじめられていました。なぜ中学校2年生でいじめられなくなったかというと簡単で、おれが学校に行かなくなったからです。いじめられていた理由不明。まあいじめに理由なんてある場合のほうが少ないと思うけど、多分態度が気に食わないとか、顔が嫌いとか、みんなやってるからとかそんなところだと思いますハチを食わされたとか陰毛燃やされたみたいな壮絶な体験ははっきり言って無いです。無視された、遊びに誘われなくなった、増田菌が付くとか言われて体や持ち物に触ることを嫌がられた、影で悪口を言われた、直接悪口を言われた、女子からキモいとかなんとか言われた、更衣室に引きずり込まれて一発ぶん殴られた、部活で一発ぶん殴られた、その程度です。おれは死にたいと考えることがまったく無い人間らしくて、そういう目にあっても自殺を考えることはありませんでした。とはいえ多感な時期の中学2年生ですから学校行きたくないと考えるようになるのは当然です。学校苦痛なのでインターネット友達をつくりました。どう考えてもインターネットのほうが楽しかったのでネットに没頭し、中2にして寝るのが午前4時とかそういう日も珍しくありませんでした。当然朝起きれない日が出てきて、ちょっとずつ休むようになっていって、そのまま夏休みになって、宿題なんてまったくやっていなかったので夏休みが明けても学校は数日しか行けませんでした。周りが学校祭に向けてちょっとずつ団結しているのにおれは学校をサボって何をやっているんだと思い、なんだか居心地が悪くなって、どんどん学校から遠ざかっていきました。周りも多少は気を使うので、おれがまったく学校に行かなくなる直前には、あからさまないじめほとんどなくなっていたと記憶しています最初学校祭が終わるまでは行かないでおこうと思っていましたが、学校祭が終わってもとうとう学校はいけませんでした。インターネットインターネットで、おれ不登校になったんだ、なんて言い出しづらく、平日は普通に学校に行っているふりをしていました。学校には全然行かない一方で、学校に行く夢はよく見ました。3日に1回くらいは見ていたかもしれません。久々に学校に行って、自然に打ち解けて、長い間学校に行っていなかったから周りはやけに優しくて、なーんだ、怖がってたけど1歩踏み出せば受け入れてくれるんだな、なんて思って、明日から学校に行こう、と思う夢です。我ながら切ない夢です。まあこんなのははっきり言ってよくある話で、なんの面白みもない話です。15人に1人くらいはこういう経験あるでしょう。ハチを食わされたとか、自殺を考えたとか、本当に自殺しちゃったといった話と比較すればとても些細なことで、取るに足らない経験です。

不登校といっても引きこもっていたわけではありませんでした。親と一緒に小旅行に行ったり、近所のコンビニに買い物に行ったり、サイクリングに行ったりしていました。もともとそこまで壮絶ないじめにあっていたわけではなかったので、特に人間不信みたいなものになっていたわけではなく、外には出ることができました。ただ、昼間や夕方同級生と顔を合わせるのが怖くて、キョロキョロと警戒しながらコンビニなどに行っていた記憶があります同級生が居そうなので近所のでかいショッピングモールには行けませんでした。学校関係者はすべて恐ろしくて、小学校の頃からの友人であっても顔を合わせることができませんでした。1度、夕方自転車でどこかを走っていた時、「増田か?」「最近どうしてるんだ?」なんて、あまり仲が良くない人に話しかけられたときは、びっくりしてしまい、無視して逃げてしまいました。今でもよく覚えています

どうも周りは高校受験意識して真剣勉強しているらしいぞ、という時期に、おれはなんにも考えていませんでした。実家ぐらしなら月10万くらい稼げば元気にインターネットができるぞ、と本気で思っていたので、中学出たらどっかでバイトでもして適当に生きていくんだと思っていました。親が遠くの定時制高校を探してきてくれて、おれは学校にいい思い出がないので、そこですら行きたくなかったんですが、親がいけと言うので半ば強制的にそこに行くことになりました。親には本当に心配をかけて申し訳ないことをしたと思っていますし、心から感謝をしています。その高校受験の日、1個年上で、中卒で寿司職人をやっていたけど大変だからやめて高校生をやり直すために受験しに来ているという人に話しかけられて、おれたち絶対からないとな、なんて話をしました。受験が終わった日の帰り、親が運転する車の中で、もしかして中学校までが駄目だっただけで、こういう学校だったら友達が作れて楽しいんじゃないか、なんて思って、鮮やかな夕日を見ながらニヤニヤしていた記憶があります

高校は、バイトしたり資格をとったりしながら、まあバイトで稼げるお金なんてはした金ですし、高校で取る資格なんてほとんど役に立たないわけですが、社会に参加してまっとうにやっているぞ、という充実感を持って過ごすことになります高校ではとうとう親友と呼べるような人はできませんでしたが、今でも帰省したときには会うような仲のいい友達は何人かできました。中学ではみんなが敵だったのに、高校はいじめてくる人間は1人もいませんでした。いじめてきそうな気性の荒い人はいましたが、そういう人たちは何故か学校では1人で暮らしていたので無害でした。集団浅慮と言うんでしょうか、たいていのいじめは、複数対1人で始まるものです。そりゃあ人間人間執拗にぶん殴るなんて異常事態は、1対1ではそうそう成立するものではないんでしょう。そういえば、結局、あの寿司職人の人は学校で1度も見ませんでした。名前を書けば受かる高校なので落ちたとは考えにくいです。事情があって入学をやめたんでしょうか。一緒に高校生活を送ることができなくて残念です。

高校担任が、4年制大学に行くと生涯年収がだいぶ違うぞと言っていたので、高校2年の冬からなんとなく受験勉強を初めて、結局、隣県の国立大学工学部に受かりました。国立と言っても、国立大学の中では下から数えたほうが圧倒的に早い、ランクの低い大学です。例を挙げるなら山口大学みたいなところに行きました。この前偏差値を見たら50行っていなくてびっくりしました。でも学費私立3分の1ですし、田舎なので家賃も超安いです。みじめな夢を見て、同級生の目に怯えながらこそこそと暮らしていた頃を思えば、国立大学に入れただけで御の字です。合格発表の日は本当に嬉しくて、母親なんて泣いちゃっていましたよ。大学では親友と呼べる人が何人かできて、同じ学問を修めようという人たちですので話も面白くて、とても楽しい日々を送っています

そうして今、大学で3年間を過ごし、いよいよ来年就職か、という段階です。大したことない学歴ですが、ぺーぺーだった中学のおれからするとだいぶ努力しましたし、親くらいしか評価してくれませんが、自分としては結構かいことを成し遂げたと思っています。でも中学の頃おれをいじめていた連中の中には、もっといい大学、例えば広島大学とか、北海道大学とか、早稲田大学とか、そういうところに行った人はゴロゴロいるんだろうな、と考えると、どうも釈然しません。彼らのことを恨んでいるかと言うとそこまででもないわけですが、彼らが行けたなら、おれにだって行けたんじゃない?って思うわけです。実際中学高校でコツコツ勉強していれば、現実的に考えて行けてもおかしくないだろうな、と思うわけです。おれ自体別に学歴厨みたいな人ではないですし、今の大学に不満があるわけでもないですが、彼らの中には自分より上等なことを成し遂げた人がいるんだろうな、という現実が、どうにも釈然しません。少なくとも彼らには、おれより2,3年は長く、コツコツ勉強するチャンスがあったわけで、もしその時間自分にもあったら、と考えずにはいられません。

大学に関しては別に今の自分立ち位置について悩んでいるわけでもないのでどうでもいいんですが、悩みといえば、コミュニケーション能力です。去年の冬に、お金がほしくて、温泉旅館住み込み短期バイトをしていたことがありました。当然同じ短期バイトの人が自分以外にもいて、どういう人かというと、都会の私立大学の、例えるなら明治大学みたいなところの学生達でした。彼らはハキハキしゃべって、おれ以外でどんどん打ち解けて、どっかに飲みにいこうぜとか、そんな話で盛り上がっていました。おれにはあんなところに割って入っていくなんてことはできません。ああいった集団と会話しようとすると、つい顔が引きつって、アッハイとか、ソデスネとか、そのくらいのことしか言えなくなってしまます普段はそうでもありませんが、たまに何かの間違いで陽キャラみたいな人たちと関わると、劣等感で押しつぶされそうになります田舎工学部でジメジメとした会話をするぶんにはなんとかなりますが、就職するとそういう人のほうがレアになることもあるわけで、今から就職活動や、就職した後のことが憂鬱です。おれのコミュ障はどこから来たんでしょうか。おそらく、先天的コミュ障なのか、長年いじめられた結果コミュ障になったのかの2択でしょう。その両方かもしれません。おれはいじめられていなければ、もうちょっとまともに、陽キャと呼ばれる人たちとコミュニケーションが取れていたのかもしれません。いじめられていなければ、人間付き合いが好きだったかもしれません。いじめられていなければ、女の子の目を見て会話が出来たのかもしれません。

女性だってそうです。中学生の頃は、当然好きな女の子がいました。でも学校に行かなくなったのでそれっきりです。結構好きだったのに残念なことです。高校大学ほとんど女性がいませんでしたし、女性と会話しようとするとつい緊張してしまうので、お察しの通りいい年こいて彼女というものができたことがありません。彼女がほしいなんていう願望すら、ここ数年で既に枯れ果ててしまいました。

いじめられていた当時は結構辛かったとは思いますが、その辛さも、実感としてはすでに忘れてしまいました。でも、こうした「いじめられなかったとしたら」という、どうしようもないifの話が、10年近く経ってもおれを苦しめます。本当にやるせない話です。こんなのは、どう考えても現実を受け入れてそれなりの人生を歩むしかないに決まっている話ですが、それでも、どうしても、いじめられなかった自分想像せずにはいられません。10年近く経っても苦しめられるんですから、もう10年経っても、もしかしたら死ぬまでこのやるせなさと戦うことになるのかもしれません。当時いじめていた連中に復讐してやるという気概があれば、まだ救われる話なのかもしれません。でも、いじめられていたときの苦しさと一緒に恨みも忘れてしまいました。

2018-09-22

新しい自分

 何度目かの大雨が過ぎて夏の暑さを忘れてきたころ、その日は真夏日とは言わないまでもじんわりと汗が浮き出るほどには気温が高かった。久しぶりにゆったりと過ごすことができた一日の締めくくりに、湯船に浸かったときの楽しみでもある髭剃りのためのシェービングジェルを顔に塗っていた私は、ふと自分の腋に目を留めた。そういえば、なぜ腋毛は剃らないのだろう。当然と言えば当然の疑問が浮かんだ。いくら体毛が薄いとはいえ、齢も二十をいくつか過ぎ、伸びるのが早くなった髭はほぼ毎日剃っている。髪の毛だって二ヶ月に一度は切りに行く。しか腋毛は生え始めた十余年前から今までに一度も剃ったことはない。そう思ったら途端に、洗うことだけでは絶対に落ちることのない穢れがそこにあるように感じた。私は湯船を出て、シェービングジェルを充分に手に取り、両の腋へ塗りたくった。穢れを落とすための儀式がぬるりぬるりと腋を滑ってゆく感触からジェルが腋に浸透しきったという確信を得て、右手でカミソリを握った。左腕を大きく反り上げ、肌を傷つけないよう、慎重に、刃を寝かせ、ほぼ平面となった丘陵へ滑らせる。驚くほど容易く肉体から解放された毛は刃に合わせて音もなく移動する。体勢を保ったまま腋にシャワーを当てて鏡を見ると、伸び放題だった雑草がきれいに除かれた大地が顔を出していた。十余年ぶりの再会である。同じ要領で右腋にも刃を滑らせる。シャワーで流した後の腋を撫で、わずかな剃り残しを認めた左手利き手に比べると幾らか不器用だった。風呂を上がり、鏡の前で両腕を上げて腋の状態確認する。無駄ものなどない、ある種の美しさを纏った両脇を見ると自分存在が新しく生まれ変わったように感じた。視線を移すと、性へダイレクトに訴えかけ劣情を煽り立てるようなポーズを取っている自分と目が合った。あほくさ。私は昂った気持ちが急速に冷えてゆくのを感じながら、ちょうどひと月前、陰毛を全て剃った数日後の猛烈な痒みを思い出しながら寝床に入った。

2018-09-20

三大カラダで要らないもの

陰毛

・男の乳首

あと一つは?

2018-09-19

anond:20180919183451

anond:20180919182320

こちらを御参照

1980年代まで陰毛の写ったヌード写真NGだったが、なぜか1990年代に入ってからOKになった

一方、地上波TVはいしかおっぱい丸出しはNGになったが、1980年代まで映画TV放送などではたびたびあった、ところがこれもTV放送最初期(1960年代前半か?)にはなかったはず

本当に常に規制強化一辺倒だったのなら、21世紀現在とっくにAVエロ漫画自体消滅してる

時期によって緩くなったり厳しくなったりしてる、が正確

anond:20180919182320

「一度たりともない」は言い過ぎ

1980年代まで陰毛の写ったヌード写真NGだったが、なぜか1990年代に入ってからOKになった

一方、地上波TVはいしかおっぱい丸出しはNGになったが、1980年代まで映画TV放送などではたびたびあった、ところがこれもTV放送最初期(1960年代前半か?)にはなかったはず

本当に常に規制強化一辺倒だったのなら、21世紀現在とっくにAVエロ漫画自体消滅してる

時期によって緩くなったり厳しくなったりしてる、が正確

2018-09-18

本当に表現規制って厳しくなってるの?

現在刊行中のエロ漫画誌を調べてみたら、これだけあるらしい。

『COMIC LO』『COMIC快楽天』『COMIC快楽天ビースト』『コミックメガストアα』『ANGEL CLUB』『BugBug (バグバグ)』『COMIC失楽天』『COMIC HOT MILK (ホットミルク)』『COMIC 夢幻転生』『COMIC阿吽』『COMIC華漫』『COMIC真激』『MEN’S GOLD (メンズゴールド)』『TECH GIANテックジャイアン)』『アクションピザッツ』『アクションピザッツDX』『ゲッチュ』『コミックアンリアル』『ペンギンクラブ』『ペンギンクラブ山賊版』『まんがシャワー』『メガストア』『ヤングコミックチェリー』『人妻本当にあった Hな話』『二次元ドリームマガジン』『魔翔』『漫画ボン』『漫画ローレンス』『comicキャンドール』『Comicバズーカ』『G-type(ジータイプ)』『Men’s Young(メンズヤング)』『PUSH!!』『アクションピザッツスペシャル』『コミック戦国無頼』『ドキッ!』『ドキュメント実録 ! 人妻姦熟コミック』『愛の体験スペシャルデラックス』『増刊 コミックメイト

昔ながらの劇画誌っぽい物を除いたオタ向けだけで30誌以上ある。雑誌コードではなくアンソロ形式なども含めれば、さらに膨大な数になるだろう。

30年以上オタクをやってるじじいの昔話をすると、1990年代当時はここまで多くなかったはずだ。1980年代もっと少なく、ことオタ向けとなると『レモンピープル』とか、同時に10誌もなかった(よく休刊して入れかわった)

そんな80年代当時のオタは『レモンピープル』がコンビニで売られる事態なんて考えてもなかったろうし、そうなって欲しいと希望してたとも思えない。

***

1990年ごろになるとオタ向けエロ漫画誌も数が増えてコンビニでも売られるようになり、目立つようになって、遊人だの山本直樹作品やり玉に挙がるようになった。

このころから「ここでエロ漫画規制容認すれば、日本表現の自由がない言論弾圧国家になるぞ!!」と力説する者は多かった、今はなき米沢嘉博(初代コミックマーケット主催)とか。当時からその手の連中は、自分らを強権力に対するレジスタンス見立て自己陶酔してるような反体制きどり臭が鼻についたものだった。

しかそれから約30年、本当に日本表現の自由がない言論弾圧国家になったの? いつまで経っても、朝日新聞産経新聞どっちも廃刊させられてないじゃん(ネット上で一個人が別の一個人発言に噛みつくことは「弾圧」ではないですよ)

当時と今の変化と言えば成年コミックマークが導入されて、「建前上」漫画にも18禁が導入されたぐらいじゃね。18禁コードは昔から映画にもビデオにもあった、漫画にも導入された一点で「言論弾圧時代の始まり」と言うのは論理の飛躍しか思えない。

成年コミックマークの導入直後は、エロ漫画業界縮小を本気で恐れる者は多かったけど、結局そんなことは起きなかったのは冒頭のリストの通り。エロ漫画誌が都の条例かに引っかかって休刊したが、同じ編集部が新雑誌を創刊(ようは誌名変更)して、問題視された作品が平然と連載を続けたケースもめずらしくない。

そういや1980年代当時は、メロンブックスとらあなみたいに「市井個人が作ったエロ同人誌を町中で買える書店」もなかった。イベント行くか雑誌通販欄に頼るしかなかった。この点でも今のほうがよほどいい時代になったもんだと思う。

***

表現の中身はどうか? 1990年代以降、実写ヌードじゃ陰毛がはっきり見える写真集OKになった、この点なんかむしろ表現規制が解除されてるじゃん。

80年代当時のオタ向けエロ漫画は今よりずっと修正がきびしく、男女とも股間は広範囲にわたってべったり黒塗りでまったく何が描かれているのかわからん場合が少なくなかった。そもそも性器を精密に描くような絵柄も少なくなかった。

ところが、現在流通しているエロ漫画誌を見れば、ちんちんおまんまんもリアルに描いたうえで、うっすらスクリーントーンを貼っただけという場合が平然とごろごろある。ジャンルの幅も、ロリ専門誌、ショタ専門誌、ファンタジー系専門とかずいぶん広がった。

***

袋だたきを承知で書くが、表現規制反対派は、この30年ずっと「狼が来た」少年しか見えない。じじいの実感としては、1980年代当時よりむしろ今のほうがずっとエロ漫画誌の刊行点数も増え、エロ表現オープンになった気がしてならんのだ。

***

つい先日も「ラノベの表紙」のエロ表現問題になったが、叩いてる奴はほとんど、政治家でも権力者でもない市井ブロガー風情じゃないの。よほど政府与党大臣が言い出せば実際に規制される可能性は高いだろうが、表現規制を言い立てるのは一部の左翼フェミニストだけで、国民の大多数が支持する長期政権保守自民党オタクの味方なんだろ?

要するに「エロ漫画表現規制言論弾圧危機だ!!」って騒いでる奴は、「今すぐ日本中国みたいな左翼独裁国家になる!!」と言ってるのと同じようにしか思えない。そんなもん、まったくもって現実味が感じられないのだが。

戦後1980年代まで続いた冷戦時代右派は何十年も「今すぐソ連アカが攻めてくる攻めてくる!!」と言い続け、ついにその日は来なかった。左派は「今すぐ軍国主義復活だ!!」と言い続け、ついにその日は来なかった。冷戦体制崩壊後、右派は「中国経済崩壊」と言い続けてそろそろ30年になる……この手の予言が当たったことって何回あったっけ?

2018-09-17

anond:20180917120909

女だけど、なんの疑問もなく「チン毛」という言葉を「陰毛」の代わりに使っていた

このコメント見てそれに気づいてびっくりした

チン〇ないのにどうして今まで何の疑問もなく「チン毛」って言ってたんだろう

2018-09-09

大地震の混乱に乗じて研究所から逃げてきた

 二年前、私は下校途中に誘拐されました。高校一年生だった私はその日も部活が終わるといつも通り友人と学校を出ました。乗り換えの駅で友人と別れるとき、「また明日ね」と小刻みに手を振ったことを今でも覚えています。私の家は駅から遠く、しばらく歩いていくと左右にとうもろこし畑が広がります。見通しの良い閑散とした田舎道です。季節はまだ梅雨入り前、夕暮れの風に吹かれるとすこし寒いくらいです。地味なセーラー服高校ですが、夏服は生徒たちの間でも案外評判がよく、駅の人混みに入ると自分たちが注目されているような気がして高揚感に舞い上がりました。

 私はそれに全然気づかなかったです。両側の畑に目もくれず、私は淡々と道を進んでいました。私はブラスバンド部所属していたのですが、その日の練習のことを振り返り、ああでもないこうでもないと考えを巡らせていたのだと思います。だから気配を感じた瞬間にはもう私はガムテープで口封じされていて、お姫様抱っこのように抱えられると、抵抗という抵抗をする暇もなくあっという間に白いワゴン車に放り込まれていたのです。男たちは三人。私をワゴン車に放り込んだ男はグレーのTシャツに明るい色合いのデニムという格好の腹の出た小太りの中年でした。あとの二人は髪も短く整えられ、高そうなスーツと革靴で、とても誘拐犯には見えませんでした。

 私は小太りの男に座席に押さえつけられていました。そのときにはもう自分に何が起こったのかを理解していたので、口をガムテープで封じられながらも叫び続け、手足もじたばたさせて必死にもがいていました。しかし周囲に人はいません。私はそのまま連れ去られました。小太りの男はずっと私を押さえつけていましたが、ときどき顔を近づけて私の顔を味見するようにすこし舐めました。そういった行為を続けているうちに劣情を催したのか、男はもぞもぞしはじめ、私のスカートの中に手を入れて、それから下着の上から性器を撫でてきました。初めての体験に私は大混乱していよいよ全力で抵抗します。そんな攻防戦を繰り広げていると助手席スーツが小太りの男を叱責しました。

大事な売り物だ。それくらいにしておけ」

 私の性器の上に置かれていた小太りの男の手の動きが止まりました。しかしじりじりと震えていたように思います。彼の中でのせめぎ合いがあったのでしょう。しかし数秒の硬直時間の後、彼の手は私の下着から離れて行きました。「大事な売り物」とはどういうことなのかと不安になりましたが、次に起こったことが衝撃的すぎてそんなことを考えている余裕はありませんでした。小太りの男は私に手を出すことを諦めざるを得なかったのですが、一度盛り上がってしまった劣情を完全に沈静化させることは難しかったらしく、彼はデニムパンツを一気に膝の下まで引き下ろすと、赤や黄色の混じった派手な柄のトランクスから男性器を取り出して右手でこすり始めたのです。私は目の前の光景に怯えていました。初めて見る男性器です。取り出したときにはすでに勃起していて先端の海綿体は張りに張って光沢があるほど。小太りの男は息遣い荒く、慣れた手つきで右手を高速で動かしています助手席スーツは大笑いしていました。私は恐ろしくて声が出ません。小太りの男が低い声でうなり始めました。すると今度は私の顔をまじまじと見つめるのです。顔は真っ赤で、血走った目で私を凝視しながら、勃起した男性器を音が出るほど強くいじっています。私は彼からすこしでも逃げようと後退し、ドアに体を寄せます。そして彼は果てました。びゅっと音を立てて飛び散った白濁液スカートを汚し、プリーツにとろりと入り込みました。激しい勢いで飛んだ白濁液の一部は私の頬にもかかり、重力を受けて顎まで垂れていくと大粒の雫となり、ぼとっとスカートの上に落ちました。頬にはかたつむりの通ったようなぬめぬめした跡が残り、私はそれを手の甲で拭くこともできず、ただじっとしているしかありませんでした。助手席スーツが身を乗り出して、小太りの男の頭を叩いて叱っていましたが、同時に彼は腹を抱えて笑っていました。

 短時間のうちに大きなショックを受けた私は心がからっぽになり、もはや抵抗気持ちはなく、この状況を受け入れて順応しようとしていました。うとうとしながら車が山道に入っていくのを見ていました。そしていつの間にか眠ってしまいました。

 助手席スーツに起こされました。すでに日も落ちかかっていて、あたりの状況から山奥だとなんとなく察せられました。目の前には無機質なコンクリートの大きな建物があります。といってもワゴン車の中からでは張り巡らされた有刺鉄線付きの頑丈で高い壁と狭い入り口の奥にそれらしき建物が見えるだけでしたが。周囲は鬱蒼とした木々ですが、研究所の周りだけは舗装されていて異様な雰囲気があります。狭い入り口は三台のカメラ監視されていて、後からされた説明によると、壁には隠し機能として機関銃が配置してあり、不審者発見された場合システムが起動してオートで射殺されるようです。私たちが脱走しないようにという牽制意図もあるようでした。

 白濁液で汚れていたはずの私は起きたときにはきれいになっていました。ワゴン車の認証が済むと、狭い入り口の鉄柵が開き、するすると中に入って行きました。中はかなり広く、外から見えた以外にも区画ごとに大小いくつもの建物が立ち並んでいて、さながらそれはひとつの町といったものでもありました。居住区画やら実験区画やら開発区画やら、他にも私が最後まで立ち入ることが許されなかったエリアなどいろいろあります

 ワゴン車は敷地を通り抜け、一番奥にあった二階建て比較的こじんまりとした建物の前で止まりました。車を降りるように命じられて、私はがくがくした足を何とか動かし、ドアを開けます。一歩外に出るとそこが山奥だということは空気でわかりました。それに高い壁に覆われてはいても、高く育った木々の青々とした葉が残照の中で揺れていました。小太りの男が私の腕をつかみます

「来い。こっちだ」

 そういって小太りの男は私の腕を力強くつかみます。私は声を振り絞り、一人で歩けるといい放ちました。助手席スーツ運転していたスーツの二人は先に建物の中へ入って行きましたが、私のことを振り返ることはありませんでした。私はすでにその状況に順応しかけていました。まるでこれが生まれからずっと毎日欠かさず繰り返してきた当たり前のルーティーンであるかのように。

 案内された部屋に入ると、そこには高そうな木製のデスク書類を睨みつけている男がいました。片桐さんと呼ばれる四十代の男は、洗いざらし白いシャツベージュハーフパンツ、足元はサンダルといった格好で、胸元には金のペンダントが重く光り、両腕には大きな腕時計が巻かれていました。

片桐さん、連れてきましたよ」助手席に座っていたスーツ半笑いでいいました。

 片桐は私をまじまじと見つめ、何度かうなずき、それから一言合格」といいました。そしてすぐ元の仕事に戻り、その部屋にはもう自分一人しかいないといった様子でした。三人の男たちからは安堵のため息が出て、何が何やらわからない私もなぜかほっとしていました。なぜだかわかりませんが、これで終わったと思ったのです。もちろんこれは始まりにすぎません。私はこの研究所に二年間監禁され、実験されることになるのですから。男たちが部屋から出ようと踵を返したことに気づかずぼうっとしていると、すぐ後ろに控えていた小太りの男に腕をぐいと引かれました。私を連れてきた三人とはそれっきりになりました。運転席と助手席にいたスーツはその建物を出たっきり(彼らはタバコを吸いに行ったようでした)、小太りの男の方は私を居住区画の担当者に引き渡すと、私の顔を見下ろしながら舌打ちをしましたが、それが最後でした。

 私の部屋には二段ベッドと五段程度の安作りの棚が窓際に置いてあるのみでした。二人部屋ということですが、私は当初一人で生活していました。居住区画のスタッフ警備員は十分な数いましたが、私の担当田中と名乗る三十代の痩せぎすの男でした。もちろんそれが本名なのかどうかは私にはわかりません。こんな言い方もなんですが、田中さんはいい人でした。脱走した今となっては、管理責任を問われて田中さんがひどい目に遭っていないか心配です。私は田中さんになぜこんなところで働いているのかと聞いたことがあります。そのとき田中さんはとても辛そうな顔をして、しかし自嘲めいた笑いを浮かべながら、仕方ない、仕方ないと繰り返していました。

 実験体(私たちはそう呼ばれていました)は特殊衣服を与えられました。簡単説明すると簡素な白いワンピースなのですが、二つの乳房位置がくり抜かれ、股の間に深いスリットが入っているものです。私たち下着類を身につけることを許されていなかったので、手で押さえでもしなければ歩くだけで陰毛がちらちらと見えるような構造になっています。初めての朝は部屋まで田中さんが来てくれました。初日だということで施設を一通り案内されました。田中さんは私のことを日本救世主だといいました。もちろん私は冗談だと思って聞いていたのですが、後にこの言葉が本当だということがわかります。いえ、正確に言えば、彼らが本当にそうだと信じているということが私にも了解できたという意味ですが(もちろん私は彼らの計画馬鹿げたものだと思っています)。荒唐無稽計画は思ったよりも大規模なもので、私も何人かの国会議員と会ったことがあります研究所はその計画の要であり、極めて重要役割を担っているようでした。

 私たちの使命は実験体として協力することです。実験区画には体育館のような開放的建物がいくつかあり、午前と午後で場所を変えて異なった実験を受けることになります。二日目には私も実験に参加させられました。ひとつ建物に十人程度の女の子たちが収容され、Xの柱に手足を縛られ、乳首女性器にローションが塗られます女の子たちはほとんど抵抗もせず何本ものコードが繋がったヘッドギアをさせられていきます実験スタッフ装置管理する技師の他に発動者と呼ばれる私たちの体を刺激する男がいました。ひとりの女の子に対して技師と発動者のふたりという割り当てになっています大人の男ふたりだけでも私たち女子高生を思い通りにするには十分だったのでしょう。

「新顔だな?」私の担当になった発動者がいいました。

はい

「そうか。なら、慣例として説明しておこう。きみは昨日誘拐された……」

「一昨日です」

「そう、きみは一昨日誘拐された。なぜだかわかるか」

「いえ」

「きみが美少女からだよ」

「そんなことありません」

「きみはとてもかわいいよ。そして我々にはきみのような美少女必要なんだ。もっと具体的にいうと、きみたち美少女絶頂エネルギーがね」

 男はヘッドギアを振ってコードをうねうね動かして見せました。

「きみはまだ知らないだろう。この日本が今まさに未曾有の危機に直面しているということを……。もっとも、《未曾有》すら読めない国会議員もいたがね」

「はあ」

韓国北朝鮮は水面下で手を取り合っている。両国はいずれ和解ムードになり、日本一般大衆も知るところとなるだろう。だが、もうひとつ重要事実がある。韓国北朝鮮連携して極秘に開発しているという新時代超兵器だ。その兵器の詳しいスペックはわかっていないが、様々なデータから概算すると、日本列島の半分が数時間のうちに消滅してしまいかねないほどの火力なのだ。我々はこのような危険まりない隣人を持ちながらただ黙って見ているだけでいいのだろうか。無論それはありえない。とある国会議員が中心となり秘密結社が作られた。そして結社の肝心要が、東大の優秀な科学者たちを引き抜いて立ち上げたこ研究所であり、誘拐されたきみたち美少女なのだ東大頭脳が精妙な理論隣国を上回る兵器を作り上げ、きみたち美少女には兵器を動かす力になってもらう。簡単にいうとそういうことなのだ。わかってくれたかな」

あなたたちは狂ってる」私はもがきましたが、Xの柱に両手両足を縛られていました。

「きみは国のために命をかけたいと思わないのか?」

 私は男と数秒睨み合いました。男は視線を外してあたりをうろうろしながら話を続けます

「まあいいだろう。きみくらいの年齢の少女にわかるはずもない。あまりにも現実離れした話だからな。しか事実事実。我々は朝鮮半島超兵器に対抗する兵器を完成させ、朝鮮半島を消し飛ばさなければならない。そうしなければこの国の未来はないのだ。きみにも愛する家族恋人がいるだろう? きみが力を貸してくれなければ、いずれきみの愛する人たちも朝鮮半島超兵器に殺されることになるということだ。ふふふ、きみに拒否権はないよ。体は素直だからね。これが何かはわかるはずだ」

 発動者は技師から手渡された器具を私に見せました。それは長い取っ手があり、先端は丸く、スイッチを入れると振動するという機械でした。

「なんだ、わからないのか。うぶな娘だ」

 男は私の前まで来てしゃがみ、陰毛を撫でてきました。ワンピースの股間は元から裂けていて、Xの柱に縛られた時点で私の性器を守るものはもう何もありません。男の手は陰毛クリトリスへ、そして膣と順々に撫でていきます。野卑な性的関心というよりも整備士技術的関心といったようなもので、人差し指にローションをつけて調べるようになぞっていきます

「んっ、んっ」

「どうした、感じるのか?」

「感じてなんか……」

 ゔぃいいいいいんという音を立てて機械振動しはじめました。発動者が機械の先端の丸い部分を私のクリトリスに軽く当ててきます技師ヘッドギアから送られてくるエネルギーコンピューターリアルタイム観察しています

 少しすると周りの実験体たちから喘ぎ声が上がり始めました。顔を真っ赤にして声を出さないように頑張っている子もいれば、逆に思いきり叫んで全てを解放している女の子もいます

「いや、やめて」

 私は懇願するようにいいました。しかし発動者は答えませんでした。機械を様々な角度から異なったリズムで当てるなどの試行錯誤研究者然としていて、なるべく効率的に私を絶頂に導こうと真剣に思案しているのが見て取れました。私が我慢強かったのか、しばらくすると発動者はおかしいなといった様子で機械スイッチを止めました。今度は私の後ろに立ち、抱きかかえるように両手を回して乳首をつまんできました。私は巨乳ではありませんが、それなりに胸はある方です。揉んでいくうちに発動者も気を良くしたのか耳を舐めてきました。

「ひゃ」思わず声が出てしまいました。

「なるほど」

 発動者は私の耳を集中的に舐め始めました。

「いや、耳は、耳はだめ」

 体は熱を帯びてがくがく震え、だんだん意識ぼんやりしてきました。頭が熱い。死んじゃう。性器がじゅくじゅくに濡れているのがわかります。攻め時だと見たのか、発動者はふたたび機械スイッチを入れ、クリトリスに当ててきます。ゔぃいいいいいんゔぃいいいいいんという音に私の思考は飲み込まれ自分自分でなくなるような、真っ白な世界に飛んで行ってしまいそうな……。

 技師OKサインを出しています。私の絶頂エネルギー閾値を超えて観測され始めたようで、ヘッドギアコードにつながった消化器のようなエネルギー一時保存電池が青いランプで点滅しています

「ああ、ああ、だめ」

気持ちいいんだろ? おいこら、どうなんだ」

「ああ、ああ、ああん

 不意に私は高まりを感じました。そして一瞬のうちに絶頂に達し、体はいうことを聞かずに暴れ、弛緩の波が来るとXの柱にだらりと垂れ下がった形になりました。

「イったのか、おい、イったのか」

 発動者はモニターを観察していた技師確認すると満足そうにして去りました。私はXの柱から拘束を解かれましたが、しばらくその場に倒れてがくがく震えていました。

 そのような実験がひたすら続くことになります私たち誘拐された美少女毎日性的絶頂に導かれて、その絶頂エネルギーを吸い取られます。そのエネルギー結社が開発している兵器に使われるというのです。

 二ヶ月が過ぎた頃、私の部屋に新人が入ってきました。とてもかわいい子で本土からヘリコプターで連れてこられたようです。だいぶ怯えていましたが、自分と同じ年頃の私を見るとほっとしたのか彼女は泣き崩れました。

 麻衣ちゃんはいろいろなことを話しました。好きなアーティストの話や、学校友達の話などはもちろん、実験のことも話しましたし、将来のことなども。麻衣ちゃんは私とは違って、この環境にはなかなか順応しませんでした。抵抗運動なども密かにしていて、脱走しようとしたときなどは懲罰で鞭打たれていました。実験ではあえなくイってしまうのですが、それでも麻衣ちゃんの心が結社に屈することはありませんでした。しかし、そういう勝気な性格が災いしたのか、さらに数ヶ月が経ち、自分たちの現状がどうにも変えようにないものだということが確信に変わってくると、目に見えて麻衣ちゃんは心を病み始めました。そして事件は起きました。

 ある日、結社構成員である国会議員先生方が研究所を訪れるというのでおもてなしをすることになりました。私たち実験体には新品のワンピース支給されました。もちろんあの特殊な加工が施してあるワンピースです。先生方が到着すると私たちは長い直線のメインストリートに整列させられ、性器を見せて挨拶させられました。先生方は一人ずつ確かめるように乳を吸い、指を膣に入れ、堪能されていきました。私もじっとこらえました。もうその頃には陵辱されることにも慣れていましたから。しか麻衣ちゃんはそうではありません。いまだに自尊心を保ち続け、羞恥心も怒りも研究所に来たときのままなのです。実験体のほとんどはそういった感情はとっくに失っていました。人間らしい感情を失わず抵抗を続けた子は病んで使い物にならなくなり、《処分》されるか自殺するか、私たちの生きていた世界とはそういうところなのです。

 麻衣ちゃん国会議員先生に平手打ちしました。一度だけでなく二度も。先生やれやれ困った子だねと笑っていましたが、プライドだけはこの上なく高い国会議員が平手打ちを食らったままただ笑っているなんてありえません。研究所スタッフたちは青ざめました。罰として全員《処分》されることも考えられましたから。しかし最悪の事態はなんとか免れることができました。結社幹部からこそ先生研究所重要性を誰よりも理解していて、秘密厳守のこの組織人員を削って新たに補充することのデメリットまですぐに計算したのでしょう。この娘を連れて行けとだけ言ってその場は終わりました。それから二日間私たちには仕事がありませんでした。大人たちが麻衣ちゃん処遇について議論しているのだと噂されていました。

2018-09-05

陰毛っていくらでも抜けるしあんま痛くないよね。不思議

2018-08-29

どんなに可愛い子でもパンツウンコついてるわけだし、

もじゃもじゃした陰毛が生えてて、鼻毛もあるだろうし鼻くそも出てくると思う

そう考えると美女を前におじけづいて告白できないない理由なんて何一つないような気がしてくる

頼むから男でも腋毛剃ってくれ

コピペ荒らしにされたので再掲

 

腋臭の原因の400%が体質以前の腋のノーケアから腋毛剃ってくれ。

例え地動説が実は嘘で天動説が正しかったとしても腋臭対策腋毛を剃ってくれという主張は変えない。

「それでも腋毛は剃ってくれ」俺は現代ガリレオガリレイ、です。

 

腋毛を剃ると皮膚を傷つけて余計酷くなる

男が腋毛処理とかキモい

大して効果がない、むしろ衣服につくから臭いがきつくなる

腋毛を処理している欧米人臭い

 

はい、クソコメ・クソトラバありがとうございました。

勉強しましょう。

 

アポクリン腺

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E8%85%BA

抜粋

この分泌物は皮膚の常在細菌作用で分解して臭いを発する

 

腋臭

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%8B%E8%87%AD%E7%97%87

抜粋

腋臭症が少数派である東アジアなど、人間集団の傾向によっては腋臭症は軽視することはできない重要健康問題となる。

また、腋毛が汗などを腋窩部に留め、臭いが出やす環境を作っている。腋毛陰毛は、そもそもアポクリン腺分泌物に起因する臭い効率的に保持する形質として進化してきたとする仮説も有力である

人類全体では腋臭である人の方が圧倒的多数であるが、例外的日本人中国人朝鮮人などの東アジア人においては腋臭症が5%-20%と少数派である

 

読めない馬鹿のために要約すると

腋臭アポクリン腺から出る汗が常在菌が分解することで臭いを発している。つまり腋毛が生えていて汗が付着できる脇の全体表面積が多いほど常在菌総数も同様に増加する。それ以外に風通しの悪い環境になり保湿・保温され菌にとってはユートピア

アジア人腋臭持ちが5-20%と少ないが、それ以外はアポクリン腺持ちが圧倒的多数派。食生活の違いと共に外国人を臭く感じる理由がこれ。なので比較対象にしても腋毛処理=腋臭発生原因のエビデンスに全くならない。

結論腋毛を剃れ。

 

何度でも繰り返すけど腋毛を剃れ。

難しく考えなくても消臭スプレーを吹きかけるのに腋毛モッサのところにかけるよりも

素肌にかけたほうが効果あるだろ。

脇を吹くとき腋毛モッサモサよりもサラサラのほうがすぐに拭けるだろ。

まともなOSが脳に搭載されていれば腋毛を処理したほうが清潔に保てることは理解できただろう。

でもここまで説明しても理解できない馬鹿のために、馬鹿が納得したくない理由も書いておく。

 

・めんどくさい

そうか、死ね

 

陰毛デリケートな部分を守るためのもの

お前日常生活で頻繁に股間と脇を打ち付ける生活でもしてんのか?

もしものとき

記憶に残る最後に股間強打した時のクソコメ待ってまーす。

 

・傷つける

単にお前が下手なだけか、初めて利き手と反対で剃るのに力入れる馬鹿なだけです。

あと剃刀じゃなくて普通に3・4枚刃の髭剃りでいいから。抜くのはNG

腋毛処理処女で痛い思いしたからって、それがデフォだと思い込むのも言いふらすのもやめて冷静に反省してください。

 

外国人臭い

臭いからこそ大人はみんな腋毛剃って処理してんだよ。

電車の席に座りたいなら腋毛くらい剃れクソガキ。

 

・男が剃毛とかきもーい

黙ってろクソブスw

前カノも今カノも毛を生やせなんて命令してこないので普通に支持されてます。女は気に入らないことがあれば命令してきます。しないということは何とも思ってないってことです。

中途半端なブスは男が化粧などできれいになるとアドバンテージ消失すると焦って男に美容ハラスメントしてくるけど

お前らクソブスは選ばれるのを待つ側なんでかみついてこなくていいです。

磨いてる男ほど良い女が来る、剃毛正義。ブスノーサンキュー

 

こっから

「とりあえずクソリプで殴っといたけど俺もチャレンジしてみるか」

馬鹿から失敗

絶対許さねええええ」

ってバカのための剃毛説明な。

 

①先が丸いハサミで新聞紙引いてなるべく短めに腋毛を切っておく。

風呂に入って体をこする。

③泡を脇につけて3,4枚刃の髭剃りで「なるべく力を込めずに」剃る。

④上手く剃れなくても焦らずに肌につけたまま前後に動かすと毛を倒す・立たせるでよく剃れる。

⑤いっぺんに処理しなくていいか適当に剃れたらシャワーで流す。

 

傷つけるってやつは完全に剃る力が強すぎ下手すぎ案件なので可能な限り優しく剃ってれば傷つきません。

それに肌っていうのは摩擦を受けないところは角質化が進まないか最初はどこも弱いもんです。

少しヒリっとしたりチクっとしたくらいでギャーギャーうるさいわ繊細チンピラが、死ね

 

何度も言いますが男も剃毛しましょう。

欧米諸国陰毛に対する印象は「不潔」。もうこれだけです。

たまにセクシーカットとかしてる人もいるけど

そりゃホモレズみたいなもんでマイナーアピールにすぎません。

それにセクシーカットと無手入れボボボーボ・ボーボボイコールにすんじゃねーよ野蛮人が。

剃毛しましょう。

剃毛してくれ。

剃毛しろカス

死ね

2018-08-28

anond:20180828211353

陰毛かいかい疎にして漏らさず(陰毛がチクチクして痒くなる、この現象からは誰も逃げることはできない)

[]2018年8月27日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008210350126.235.5
01273076113.949
02132015155.0141
03166220388.856
047811329145.243.5
05182899161.175
0642394593.961.5
0740311277.841
08547414137.340
0911312778113.158
109412559133.654
1116217325106.944.5
1283709885.541
13104907787.341
141191000784.154
1582740090.244.5
16839550115.140
1711111695105.446
189110150111.542
1976678389.334.5
20126978777.748
219913823139.643
22106905485.439
23101948493.945
1日1920206930107.845

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(237), 自分(140), 男(85), 話(81), 今(76), 増田(74), 痴漢(64), 前(64), 女(63), 女性(60), 問題(57), 人間(55), 好き(53), 差別(50), 普通(50), 感じ(47), 必要(46), 手(46), ー(45), 仕事(41), 日本(40), 関係(40), 男性(38), 気(38), 場合(37), 気持ち(37), しない(36), 意味(35), 存在(35), 結婚(34), 相手(33), 印象(33), 子供(33), 最近(32), 他(32), 電車(31), あと(31), 行動(31), 時間(30), 顔(30), 女性専用車両(30), 一番(29), バカ(29), 絶対(29), 社会(29), 嫌(29), 言葉(29), 頭(29), 昔(28), 体(28), パンティー(28), 今日(28), レベル(27), 最初(27), 結局(27), 金(27), 世界(25), 剃毛(25), 何度(25), 馬鹿(25), 理由(25), 他人(25), これだけ(25), タトゥー(24), 理解(24), たま(24), 無理(23), 目(23), ホモ(23), アピール(23), しよう(22), 完全(22), 全員(22), オタク(22), 欧米(22), 生活(22), 元増田(21), レズ(21), 嫌い(21), 主張(21), 大学(20), 扱い(20), じゃなくて(20), 仕方(20), 興味(20), イコール(20), 正直(20), セクシー(20), おっさん(20), 不潔(20), 陰毛(19), ゴミ(19), 日本人(19), ボボボーボ・ボーボボ(19), 諸国(19), 全て(19), 友達(19), 野蛮人(19), 刺青(19), 毎日(19), 簡単(19), 内容(19), 楽(19), 手入れ(19), さくらももこ(19), カット(19)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(74), 日本(40), 女性専用車両(30), 剃毛(25), 何度(25), タトゥー(24), 欧米(22), レズ(21), 元増田(21), じゃなくて(20), ボボボーボ・ボーボボ(19), 野蛮人(19), さくらももこ(19), はてなー(18), 可能性(17), 被害者(16), 犯罪者(15), 東京(15), ブコメ(14), 男性専用車両(14), ブクマ(14), ようじょ(14), いない(13), …。(11), 優先席(11), LGBT(11), 24時間テレビ(10), エンジョイ勢(10), なのか(9), 24時間(9), にも(9), ブログ(9), AI(8), 発達障害(8), マジで(8), 漫画家(8), な!(8), hatena(8), なんの(8), ストロングゼロ(8), OK(8), スマホ(8), アメリカ(8), Twitter(8), 毎日(8), カス(7), クソリプ(7), 事実上(7), 外国人(7), 1日(7), twitter(7), 満員電車(7), なんだろう(7), リアル(7), 精神的(7), ???(7), 1時間(7), キレ(7), A(7), 男性差別(7), PC(6), 健常者(6), 好きな人(6), 平成(6), アプリ(6), トラバ(6), イケメン(6), 一年(6), SNS(6), 下方婚(6), ツイッター(6), プレイ(6), 繊細チンピラ(6), VR(6), 障害者(6), AV(5), togetter(5), IT(5), ガチ(5), ブクマカ(5), 差別主義(5), ニート(5), E(5), 被害妄想(5), フェミ(5), ちびまる子ちゃん(5), あいつら(5), 10年(5), いいんじゃない(5), 価値観(5), アファーマティブアクション(5), キモオタ(5), P(5), ヤバい(5), アスペ(5), 痴漢冤罪(5), 1年(5), 分からん(5), 8%(5), 5%(5), アイコン(5), 82%(5), マウンティング(5), ツイート(5), s(5), NG(5), B(5), どんだけ(5)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

うんち (33), パンティー (14), 何度も言いますが男も剃毛しましょう。(7), 何度も言いますが男も剃毛しましょう。(6), そうだね。うんちだね。💩 (5), 死ね (3), (2), 何度も言いますが男も剃毛しましょう。(2), こっからは 「とりあえずクソリプで殴(2), こっからは 「とりあえずクソリプで殴(2)

頻出トラックバック先(簡易)

増田って荒らし居ないよな /20180826212933(14), ■どなたか、私と結婚して1年くらいで離婚してくれませんか /20180826191346(11), ■はてな世間馬鹿ばかりと知る /20180827154212(11), ■はてなーって読書好きの割には知性があんま感じられないよね /20180827123835(11), ■エンジョイ勢って勝ちを放棄してもエンジョイできるの? /20180827110913(10), ■エロゲ初音ミク現実女性代替にはならなかったわけだし、VtuberVRなんかに期待させるのはやめろ /20180826214119(9), ■私立大学経常収支差額比率について /20180827172131(7), ■ /20180827165327(7), ■強い知り合いランク /20180827135546(7), ■ /20180827112951(7), (タイトル不明) /20180827092945(7), ■昔なくて今はある家電で無くなったら困るもの /20180827191524(7), ■文系学問解説サイトって無いの? /20180826220500(6), ■痴漢通勤ルートが同じなんだけど /20180827084029(6), ■今日ちんちんの事を考えてる /20180827110859(6), ■高田馬場 /20180827205519(6), ■ /20180827075549(6), ■女性専用車両賛成派はバカ /20180827100849(6), ■偽善者反吐が出る /20180827202104(6), ■ため息ついただけで、知らないヤツから「ため息ついたらダメ幸せ逃げるよ!」とか言われる社会ってクソだよね? /20180827072824(5), ■悪いことしたら「差別されて当然」なのか /20180827152803(5), ■ /20180827221605(5), ■アニサマ初参加から夜明けてやっぱり思ったこと /20180827111655(5), ■本人の名誉のため匿名とする /20180827132412(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5548669(3161)

2018-08-22

齢30にして初めて陰毛を剃った

全身シャンプーを買ったらひげ剃りもイケるというので、顔剃り用カミソリで陰毛を試してみたら面白いように剃れた。どんくらい残せばいいかからなかったが、男優くらいには残してみた。

ちょっとした高揚感はあったが、数日したらポツポツ生えてくる。毎日剃らなきゃいけないのは大変ね……

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん