「勝手にしやがれ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 勝手にしやがれとは

2019-07-19

三大勝手に○○

かってに改蔵

週刊少年サンデーで連載された久米田康治ギャグ漫画である。同作者の行け!!南国アイスホッケー部の終了後に連載が開始された。久米田康治ギャグ漫画芸能スポーツに関する時事ネタサブカルチャーなどをネタ元とすることが多いが南国アイスホッケー部にくらべてギャグ元ネタオタクカルチャーへの傾倒が深まったような気がする。

勝手にしやがれ

映画史に残るフランスヌーヴェルヴァーグの傑作。ヌーヴェルヴァーグ旗手であるジャン=リュック・ゴダール代表作。野外撮影での長回し、野放図な人物描写映画界に衝撃を与え、後の各国作品に多大な影響を与えた。日本アニメでもルパン三世などに影響を与えたとされる。

勝手にシンドバッド

日本ポップス界を代表するバンドの1つであるサザンオールスターズメジャーに登場したヒット曲お祭り的な曲で一発屋的な存在とみなされかけたが、直後のバラード名曲であるいとしのエリーのヒットでその地位をゆるぎないものとする。

あと1つは?

追記

トラバの指摘を受けて

かってに改造かってに改蔵に訂正

2017-11-15

anond:20171115231309

そんなに動物の表情が見たきゃ空調設備の行き届いた温室で毛を刈って育てればいい勝手にしやがれ

2017-09-14

Iさんについて

職場で知り合ったIさんという女性の話。

うちの職場は繁忙期にデータ入力短期アルバイトを雇っている。期間は3ヶ月で、毎年5人位が採用される。短期雇用なので学生が多いのだが、Iさんはその中のひとりだった。

Iさんは母親日本人で、父親スロバキア人。両親がすぐに離婚してしまったので、父親に関する記憶はまったく無いらしい。

Iさんは18才までスロバキアで過ごし、日本大学に通うために都内移住してきた。東京に住み始めて、今年で4年目を迎えた。

最初にIさんがオフィスに現れた時、僕ら社員の間で軽いどよめきが起こった。Iさんがめちゃくちゃ美人だったからだ。その場から完全に浮きまくっていた。ギャグ漫画の中に、一人だけ画風の違う美少女が混ざっているようだった。しかもIさんはただの美人ではなかった。かなり個性的キャラだったのだ。

Iさんはかなり独特な日本語を話す。最初に聞いた時は、シュール現代詩みたいだと思った。でもわりとすぐに慣れた。それどころか、だんだん好ましく思えてきた。気が付くと、僕はIさんの言葉を渇望するようになっていた。彼女言葉には何とも言えない中毒性があった。

勤務初日、Iさんがデスクに座り、研修資料凝視しながらじっと固まっていた。僕はなんだか心配になって声をかけた。

「どうかしましたか?」

すみません、心が散歩ぎみでした」

散歩ぎみ。初めて聞く言葉だった。Iさんは頬を赤らめて、

「間違えました。そんな日本語は無いです」と言った。

僕は不安になった。彼女業務データ入力である。当然、日本語文章入力する。その独特過ぎる言葉遣いに、一抹の不安をおぼえた。

しかし、それは杞憂だった。Iさんは実に優秀で、業務は素早く、しかも正確だった。飲み込みも早かった。喋る言葉は独特だったが、業務に関しては何の問題もなかった。

ある日、Iさんが突然言った。

「私の髪が短くなったとしたら、どう考えますか?」

僕が答えあぐねていると、彼女はやけに深刻な面持ちで呟いた。

「髪を、切るんだよ....」

なぜかタメ口だった。

数日後、Iさんは肩まであった髪をバッサリ切って、ベリーショートになっていた。僕は褒めるつもりで、「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグに似てますねと言った。Iさんはよくわからないという顔をした。

僕はIさんのおかげで、会社に行くのが楽しくなった。Iさんはなぜか僕を頼りにしてくれて、仕事でわからないことがあると、まず僕に質問してきた。本来、僕はあまりとっつきやすタイプではないはずなのだ。これに関しては、周りの社員不思議がっていた。

休憩時間になると、Iさんは雑誌を読みながら、ミックスナッツばかり食べていた。ある日、僕はIさんに訊いた。

昼ごはんはそれだけですか?」

Iさんは黙って頷いた。それからおもむろに雑誌丸めて、望遠鏡みたいにして僕の顔を覗きこんだ。僕がきょとんとしていると、今度は指で唇をなぞる仕草をしてみせた。「勝手にしやがれ」の真似だと、僕はやっと気付いた。

映画を見たんですか?」

「見ました。確認のためです」

スロバキアにいた頃から、Iさんは日本語勉強していたらしい。日本アニメをたくさん見て、漫画もよく読んでいた。

「どんな漫画を読んでいたんですか?」

「新忍者ハットリ君!」

Iさんはなぜか食いぎみに答えた。律儀に「新」を付けるところが面白いと思った。

日本に来てからは「鶴さん」の番組をよく見ていると言った。「鶴太郎ですか?」と聞いてみたが、どうやら違うようだった。「鶴さん」についてさらにくわしく聞くと「太ってる」「メガネ」「やさしそう」などという特徴を上げた。笑福亭鶴瓶のことかもしれない。

いちばん笑ってしまったのが、父親に関する話だった。Iさんは5歳ぐらいまで、ある男性写真を「これがお父さんだよ」と言われて育った。それは母親による嘘だったのだが、今でも写真には愛着があるからスマホに保存してあるのだという。見せてもらったら、カメラ目線で親指を立てているダイアモンドユカイだった。Iさんの母はレッドウォーリアーズのファンなのかもしれない。それにしても、なんという雑な嘘だろう。父親ダイアモンドユカイなら、Iさんは純粋日本人ということになってしまう。

Iさんは日本語貪欲に学んでいて、気になる言葉があったりすると、すぐにメモを取った。ある時、僕が何気なく使った「善処します」という言葉をやけに気に入って、ことあるごとに「ゼンショシマス」と言うようになった。

「この書類データに移して下さい」

「ゼンショシマス」

「いや、必ずお願いします」

こんなバカな会話を繰り返しているうちに、あっというまに3ヶ月が過ぎた。

僕とIさんはかなりうちとけて、ラインも交換した。しかし、Iさんのバイトが残り一週間という時に、僕は風邪で寝込んでしまった。残念ながら彼女最後の勤務を見届けることができなかった。繁忙期に風邪をひいてしまったのもショックだった。様々な業務が滞り、迷惑をかけてしまうからだ。

風邪は意外と長引いて、結局僕は5日も会社を休んでしまった。6日目に出勤すると、Iさんのデスクはすでに片付けられていた。なんとも寂しい気持ちになった。Iさんは今頃はオーストラリアにいるのかもしれないと、ぼんやり考えたりした。バイトが終わったら、オーストラリアに行ってパラグライダーをやるのだと、嬉しそうに話していたのだ。

課長挨拶に行くと、驚くべき報告を受けた。僕が休んでいる間、Iさんが僕の穴を埋めるために、毎日遅くまで残業をしてくれていたらしい。そのおかげでなんとか納期に間に合い、ピンチを切り抜けることができたという。Iさんは業務に関して、隅々までしっかり把握していて、とても頼りになったそうだ。短期間であそこまで教育するなんて、君も大したものだと、僕は課長に褒められた。どういうわけか、僕の評価が上がってしまった。

その日の夜、感謝を伝えようと思ってラインを開いたら、嘘みたいに絶妙タイミングで、Iさんの方からメッセージが届いた。

オーストラリアにいます

それから続々と写真が送られてきた。海辺街路駅前広場公園。どれも景色ばかりで、Iさん自身写真が一枚もなかった。なぜ自分写真を送ってこないのだろう。やはり変わっている....。気持ちよさそうに羽根を伸ばしている、野生(?)のインコ写真があったので、とりあえず僕はそれを待ち受けにした。

2015-11-16

今頃、他のヤツとLINEピロンピロンやってんだろーな。

勝手にしやがれ

2013-12-25

映画史勉強について

まず「アメリカン・ニューシネマ」ってムーブメント60年代後半から70年代にかけてあったことを知りましょう。くわしくはググれ。そんで代表作とか一通り観ろ。

その元祖たる『俺たちに明日はない』はフランスゴダール勝手にしやがれ』のパクリとまでは言わんけどそれに近いものであるということを知りましょう。

次にゴダールは「ヌーヴェルヴァーグ」というフランス50年代後半から60年代にかけての運動旗手であったことを知りましょう。

とりあえずヌーヴェルヴァーグについてはゴダールトリュフォーの初期代表作をググってざっと観ましょう。ゴダールは難しいので分からないならそれはそれでいいです。

ヌーヴェルヴァーグイタリアにおける自然主義の影響がすごいので「ネオレアリズモ」でググって適当代表作を観ましょう。

ヌーヴェルヴァーグは他にハリウッド黄金期やヒッチコックを高く評価していたことを知りましょう。

というわけでジョン・フォードハワード・ホークスビリー・ワイルダーウィリアム・ワイラーフランク・キャプラあたりのオーソドックスハリウッド黄金期の名作を純粋に楽しみましょう。

ヒッチコックは『逃走迷路』『見知らぬ乗客』『ロープ』『裏窓』『めまい』『北北西に進路を取れ』『サイコ』『鳥』あたりでも観ましょう。これらがどうすごいのかはググれ。

ヒッチコック技法1920年代の「ドイツ表現主義」の影響がすごいのでF・W・ムルナウ吸血鬼ノスフェラトゥ』とかフリッツ・ラングとかローベルト・ヴィーネ『カリガリ博士』を観ましょう。ググれ。

ムルナウの『サンライズ』でモンタージュという技法の巧みさを知ったところでグリフィスの『国民の創生』とかエイゼンシュテインの『戦艦ポチョムキン』あたりでも観てへーって思っておきましょう。


あとまぁホークスとかに多いけど「スクリューボール・コメディ」っていうのがあるんだが適当にググってくれ。

コメディ映画史おいてはチャップリンとかマルクス兄弟とかバスター・キートンがその前の下地としてあるのは知っとくといいよ。

現代映画だとウディ・アレンとかかな。キートンは『将軍キートンキートンの大列車強盗)』『キートン探偵学入門』あたりはすごい。


他にもホラー映画史とか戦争映画史とかミュージカル映画史とか西部劇史とか「フィルム・ノワール」とかいろんな物差しがあるんだけど小休憩終了につきここまで。

そんじゃーね

2010-04-26

僕は他人の事に一切関心を持たないようにしている

この地球上では、自分には無関係な事なのに、知りたがったり、論じたがろうとするアホが多すぎる気がする。

日本は見苦しい「チラ見文化」の国だと思う。

ニュース番組でも会った事もない誰かが殺されただの行った事もない遠い国で災害があっただの放送してるけど

俺からすれば「他人がどうなろうが知った事じゃねーよ、勝手にしやがれ、わざわざ全国に公開する必要なんかねーだろ」という気分になる。

ブログとかでも何かを書く前の枕詞として「どうでもいいけど」「関心はないのだが」とわざわざ書くのがマナーであるかのようにみなされている。本当に興味ないならチラチラ書いてんじゃねー!と言いたくなる。しかも日本の人気ブログはたいてい有名人日常生活をさらしてるだけのもの。世間の人達は、なぜそんなに「有名人日常生活」とかそういう「自分には全く関係がない事」に興味があるのだろうか?

2009-01-03

http://anond.hatelabo.jp/20081227001149

今更の引用だけど、冬場に中途半端な防寒してる人が男女問わず多いと思う。もうちょっとホームレスとかを見習って、寒くないようにしたらいいと思う

とりあえず屋外で身につける、男性に必須であろうものをランクづけすると

ズボン下:今話題のヒートテックや古くはモモヒキ。圧倒的な暖かさは冬に使い捨てカイロを買う無意味さを教えてくれる。カイロ買うならエネループで動くのがいいな

手袋セブンイレブンで売ってたピチピチした手袋はつけたままで財布や携帯を使えて便利。釣り用の指ぬき手袋をその上につけたら防寒度もアップ!単に厚手の手袋をつけるのも良いと言うか、冬場に手袋つけなくてもいいのって沖縄ぐらいじゃないのかなぁって思う。何故みんなつけない

〓頭部装備:フード、ニット帽マフラーマスク・・・。どれでもいい。とにかく頭部を防御すべし。フードは風が入り込まない上に雨や雪のダメージを軽減してくれる優れもの。ニット帽マフラーはフードの下位互換だが視界の確保とファッション性でフードより上。マスクは見た目最悪でも空気乾燥してる時は最高。大事な時以外は見た目が悪くても平気って人は常に身につけておく事を推奨する

上着なんて飾りなのですよ、だいたいのが十分暖かい

それよりも下半身と手と頭!これこそが冬場に気を付けたい部分だと思うのです

我慢大会が好きな人は勝手にしやがれと思うんだけど、夏場に厚着する人いないのに冬場に薄着する人がとても多いのは何でじゃろ?

何で夏と同じ下半身装備なの?何考えてるの?

2008-12-21

Twitterのフォローを切られたのだが。

先日、Twitterアカウントからフォローしている・されている人が一気に5人ほど減った。

というのも、俺が発したつぶやきが非常に気に食わなかった・気分を害したものと思われる。

多分下ネタだったから。だと思う。

でも、俺がつぶやいた一連のつぶやきは下ネタが入っているものの、真剣に書いたものだった。

内容的には、忘年会飲み会の場では、派遣社員は立場が低いからプロパーの慰みものにされるというもの。しかも、下ネタがらみ。

だから、派遣切りが大量に横行しているこのご時世では、そんな立場の低い人間が憂き目に会うケースが多くなるに違いない、という内容だ。

確かに、Twitterと言えば簡単にフォローできる・フォローを切れるような手軽なものだ。気に食わないと思ったなら切ればいい。下ネタが気に食わないなら切ればいい。

だけどよ。こっちは大真面目だぜ?実際、今年の忘年会でもチンコ出したりゲロ吐くまで飲まされたりプロパーの糞くだらねぇ説教を延々と聞いたりしないといけなかったんだよ。チンコ酒とか靴ビールとか知ってるか?でもよ、そんな立場の人間がどれくらい居ると思う?憂き目に会っている派遣の現状知ってるか?

あーあ。俺がフォローしたのが間違いだったよ。かなり技術的に有名な人にフォローしている・されている人だったし、多分俺にとってはすごい有用なつぶやきなのさ。だって、普段俺はそんな人物と接する機会なんてねぇもん。

そう思ってTwitterフォローしたんだよ。

これが何だよ。派遣の惨状(というほどのものでもないけど)を下ネタ交じりに語った程度で早速フォロー切りかよ。しかもご丁寧に、ブロックまでしてやがる。

勝手にしやがれ

蓋を開けてみればてめぇみたいな「かえりまーす」とか言ってるだけの内容の無いTwitterなんざフォローしても仕方ねぇんだよ。もっと意志を発してみろよ。こっちもフォローしてみて一文の得にもならなかったよ。

大体な、てめぇ開発やってるのかどうか知らねぇが挫折したことねぇだろ?派遣とかでもねぇだろ?別に「ブログは己のドロドロしたものまで吐き出すべき」なんてのも強要しねぇがよ、だからといって人がそういう負の側面を多少垂れ流したところで即効ブロックすんのかよ。てめぇの周りには一切そういう「汚い」ものが無いわけ?

ハン、もういいよ。腐れスーツなのか脳みそお花畑なのか知らんが、せいぜい臭いものに蓋してるといいよ。てめぇは惨状やらドロドロしたものと無縁の人生を送るんだろうさ。うらやましいこったね。

くそったれ。

注:Twitterフォロー切られた腹いせに書いたフィクションです

2008-09-28

はぁ。

今の自分は自分が一番嫌いな人種そのもの。

うじうじ悩んで、ただ寂しがってバカの一つ覚えのように落ちて、

楽しいことばかりじゃなかったはずなのに、さも一番だというかのごとく過去を美化してあの頃に戻りたいと望み、

「強くなりたい」とかいうくせに弱くなるようなことばかりして、辛さの原因をなくしそれを克服する努力をしようともしない。

そして他人のことを考えず自分の都合ばかりを考えて、他人に迷惑をかけ、自分の落ち度を認めようとしない。

自分の考えたくないことに対してはさじを投げ、勝手にしやがれとか思ってる。

口に出す言葉は綺麗事ばかりで、なのに実際の行動に伴ってない屑野郎

そして、自分をわざわざ卑下して「客観視出来る俺カッコいい」とか思ってるそこのお前。

……考えれば考えただけ悪い部分は見付かるし、最低な人間だと思う。

気を付けてるところもあるにせよ、気を付けてる時点でもうアウトだよね。

きっと気を付けてるつもりでも、無意識のうちに出てしまっているだろうから。

2007-11-03

遺書を書こう

大丈夫、死なないことは知ってる。死のうとしたことはあるけれど、結局しなかった。入り口にも行かない。ただ、そうすることが、大事というか、その時しなくては行けないことで、彼岸の事を思い続けることで生きて行く。少なくとも、母が死ぬ前には死にたくないと最近は思っているし。でもその後はどうかな。

裏切る。裏切れ。

人を裏切り続けてきたし、これからも裏切り続ける。だから人に裏切られるのは定めなんだろうよ。裏切られる。A bout de souffle (勝手にしやがれ)の最後の科白は何だったか。dégueulasse 最低、だな。Michel は、自分に云ったのか、Patricia に云ったのか、世界か、死ぬことか。

それとも、まだ High Fidelity ごっこをして昔のパートナー電話をかけてみるとかね。なんで、君は僕ふったんだい?って。いや、これしたからさ、前に一回。幸せは打ったばかりの銃。一人は『あなたと寝るのは、とても優しくてよかった』って言われたときは、絶望で死にそうになったよ。憐れみが欲しくて電話してただけか、って。同情ってテラ絶望的 wwww ってさ。

2007-04-01

ブログを作りたいが、叩かれて叩かれて叩かれて

過去日記を閉鎖して一年が立つ。ブログをまた作りたいが、私が書きたい事は危険過ぎる。

炎上必死。

それでも叫びたい。怒号の飛び交うコメント欄を、高見から見下ろしながら。荒らしの一匹や2匹はどうってことないさ。

しかし、過去個人情報が流出した彼らに、その界隈に別ハンで登場してもまた、文章の癖から私とばれるだろう。彼らの追跡はしつこい。その界隈から姿が消えるまで叩きにかかるだろう。それをどこまでかわせるか?

彼らは悪口で集まった集団。数は多いが、烏合の衆。仲良さそうにしてても、陰では罵りあっている。内ゲバの仲間割れほど醜い物はない。私はそれを高見の見物決め込む。勝手にしやがれ

もしも、彼らのブログコメント付けたなら、ここぞとばかりにいっせいに恨みの炎を燃やして叩きにかかるだろう。その追跡をどこまでかわせるか?

ところでコテハンは叩きに遭ってから一人前というが本当か?

コテハン叩きにも会わない人も多くいるだろうけど、その人のアドバイスは所詮他人事なのだ。実際に叩かれた事のある人の話は温かい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん