「ワンワン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ワンワンとは

2017-11-20

概念としての高校

今日は珍しく朝起きることができた。

私は少し統失っぽいところがあるのかもしれない。兄の独り言が頭の中に入ってくると考えていたことがかき消されてしまうから、この時は一生懸命考えた。

「将来はどの道に行くの?」

「何をやりたいの?」

ということを複数の人から聞かれるし、自分でもどの道に行きたいのだろうとこの時は自分なりに真剣に考えた。

祖母

大学に行くなら協力するよ」

と言ってくれているので行けばよいのだがプライドが高いのだろうか、もしくは評価されないことが怖いのかもしれない。

公立大学に行けるほど学力がなく、行けるとしたら私立大学で、勉強しなければ定員割れするようなところしか行けなさそうで、

勉強もしていないから、

自分大学なんかに行けるわけがない」と思ってしまう。

学校先生にもそう言われた。その言葉を言われたときは凄く傷ついて河原に転がってワンワン泣いた。

偏差値もない通信高校に嫌々通って卒業したが、嫌々通うぐらいなら通いたくなかったし、それならいっそ退学して親元を離れれば良かったのだけどそんな勇気は無かった。

高校生の間、ずっと全日普通高校に行きたいと考えていたので、将来の夢のポジションに「高校生になりたい」という気持ちが占拠してしまって、そこから動けずにいる。

「将来の夢は高校生になること!」

…な訳ないしな、それ将来やりたいことじゃなくて、今やりたいことだし(そう思ったまま人生を終えてしま可能性もなくはない)。

そもそも自分がどれぐらい勉強ができるのかも知らないので(高校特に勉強しなくても卒業できてしまった)、高校に行かないまでも勉強はしようと思って向き合ってみたこともあったが、分からない問題出会った時にどう解決すればよいのか分からず、それからやらなくなってしまった。

努力して勉強して大学に入る、では時間がかかりすぎるし、だったらすぐに専門学校短大で入りたいところを探してみようかな。

  

少しだけ前向きに考えがまとまったと同時に、スッと起き上がり布団を畳み、溜まった洗濯物を洗った。

久しぶりに部屋の掃除機をかけた。履歴書も書いて後は電話バイト面接を申し込むだけ、だったのだが特にこれといったことをそれからはせず現在に至る。

2017-11-13

ごっこ遊び

2歳の娘がやたらとごっこ遊びをする。お医者さんごっことかおままごととかお店屋さんごっことか。自分はノリが良くないと言うか、上手に相手ができない。自分も2歳くらいの頃はこんな風に遊んでいたんだろうかとすごく不思議になる。

4〜5歳の頃に保育園でお母さんごっこが流行っていたのは覚えているのだが、自分はいつも赤ちゃん役とか犬役だった。そもそもリーダー的な子がお母さん役やお姉さん役をするようになっていたので自分にお鉢が回ってくることはなかったのだけれど、もしやっていいと言われてもお母さん役やお姉さん役をやりたいとは思わなかっただろう。ただ泣いたりワンワン言ってればいい赤ちゃん役や犬役は気が楽だった。

自分も2歳の頃は積極的ごっこ遊びをして役になりきっていたのか、それとも娘は今後お母さん役やお姉さん役を勝ち取るような自分とは全く違うタイプの子に成長するのか、気になる。

2017-11-03

はたらきたくないでござる

あー新型aiboがここ掘れワンワンとか言ってアナルを掘ったらビットコインがザックザクとか出てきてくんねーかなー

2017-10-13

くろまるとしろまる

ワンワン ●    ○ ヴァヤンヴァヤン

ワンワン ● ○=====ヴァヤンヴァヤン

キャンキャン!! ●○ ハァハァ

●。。.   ヴァヤンヴァヤン=====○     ワンワン●

2017-10-11

犬語の会話が分かる増田須丸川側以下の語ぬい(回文

友達は犬飼ってて、

可愛いんだけど

あちこちベロベロなめるからちょっと苦手。

女独り暮らしワンちゃんとずっとしゃべってるのよね。

もう、

犬語が分かるのかよってぐらい

なんか話し込んでて、

でも自分に都合良く解釈、訳してるみたいだから

それってもしかして

あなた気持ちを犬に代弁させてない?

って思っちゃうときがあるわ。

それが良いのか悪いのかは、さておくんだけど

私はそういうペットちゃん飼ったことないか

きっと一緒に暮らせば

おのずと言葉も分かってくるのかしらね

あとうちの子が一番可愛いってグイグイくるの

何とかならないかしらね

ちょっと困っちゃうわ。

ワンワン

犬とも仲良くなりたいものね。

うふふ。


今日朝ご飯

ミックスサンドゆで玉子2つ。

結局人類にとっては炭水化物とは敵なのか味方なのか?

私はよく分からないけど、

美味しいのは確かね。

美味しいだけって噂もあるけど。

ある程度いったら、

重要なのは

炭水化物よりタンパク質だと思う今日この頃よ。

デトックスウォーター

寒くなってきたと思ったら、

なんかまた暑くなってきちゃったり。

まだまだ

気温の調整対応が難しいわね。

油断するとすぐ風邪ひいちゃうわよ。

コールドの作ってなかったので

ポッカレモンで即席ウォーラーよ。

あんまり思ったよりレモン香りしなくて、

市販レモン飲料

よっぽどレモン臭香料使ってるみたいなのかしらね

謎とともに秋も深まるわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-10-10

アパートの犬

ペット禁止物件に住んでる。下の家が犬飼ってるのは知ってた。ベランダから餌丸見えだし、ゴミ共用部分に落ちてる。もうちょい上手くやれよと思ってた矢先に窓から吠えられた。いつもシャッター閉めてるけどこの前暑かったもんね。網戸からワンワンやられた。

相手外国人だしバレたら即出されるんだろうなぁと思うと管理会社にチクるのも忍びない。

窓さえ開いてなければ鳴き声も聞こえないし。

最初からペット禁止じゃない所に住んで欲しい。

2017-10-09

🚇🚃ハッチポッチステーション!🚃🚉

ハッチポッチステーション!🚃ハッチポッチステーション!🚉

ウーウーウーウー🎶🎵♬

なんでもありの!楽しい日記!📕

楽しい増田!めったにブクマはつかないけど!😅💧

さあおいで!👐

みんなで一緒に!👍

楽しく遊ぼ!⚽

ハッチポッチ!ワンワン!🐩

パーティーーーターーーーーーーイム😁😁😁😁😁

2017-10-01

角川の 庭にたつきも 倒されて 今も鋭い ワシントンの斧

解説

ワシントンが斧で桜の木を切ってしまった事を正直に話したという逸話

「刃を何度も交換し、柄も何回も替えられたけれども、ワシントンが使っていた斧だ」

として新しい斧を示すジョークでも使われる。「テセウスの船」の例。

ちなみに逸話は後世に付け加えられたもの事実ではない。

たつき監督がおろされてファンが反発の声をあげることで

けものフレンズ価値自体毀損されると人は言う。

しかし、それだけの人望があるってすごいじゃないか

関心を集めるコンテンツって大したものじゃないか

カドカワ社長も「心配しております」とトゥートする状況。

一方で創業者がおりてもジェイコム辞めないでと解約阻止するものもおらず、

CTOおろしてもゴシップ消費されるばかりの会社もあってな。

IPA認定天才プログラマーに至ってはRTしまくってはしゃいじゃって

3万ポイント使い切れない人に「君の人格のほうを疑う」と言われる始末。

あの変な会社って故会長ワンワン会社だったのかと思い知らされる。

2017-09-25

喧喧諤諤というかワンワンキャンキャンしてる増田たちって、相手最後に言って終わると負けたと感じるからずーっと言い合いしてるんだよね、きっと。

2017-09-17

ガチ恋を拗らせて勝手失望した話

とあるヴィジュアル系バンドマンに恋して勝手失望した女の話

 突然だが、私には本命バンドマンがいる。それこそ今回話のメインとなる、昨年2月から今年の半ばまでおよそ1年半私のエネルギー全集中させたバンドマンだ。以後便宜上、彼のことを王子呼称する。

 王子出会ったのは2016年2月5日。諸々の縁あって、とあるイベントライブに当日券で入ったのがきっかけだ。私はとても守備範囲の狭いバンギャだったので、その日のライブには目当てとなるバンドはいなかった。スタンディングで見る気力がなかったので2階席へ移動して幕の隙間から見える機材搬入をする真っ赤な衣装に身を包んだ人影をぼんやりと眺めていた。やがて幕が開いた。5年ほど前に一度だけ見たことがある、やたら覚えにくい名前のそのバンドの上手ギター王子だった。真っ赤な衣装に真っ赤なリップ、派手な金髪、赤と緑のオッドアイテクニカルギタープレイギターソロを弾く真面目な顔、ソロを終えた後に大きな口をパカっとあけて笑う顔。彼の動き全てに目を奪われた。心が震えた。そんな状態ときに、王子は時たま2階を見上げてこちらを指差したりするものから、完全にハートを撃ち抜かれてしまった。25分のステージが終わりメンバーが捌けるのを見送ったあと、すぐさま近くのCDショップへ走り最新アルバムを2枚購入した。我ながらちょろすぎる。私は王子と衝撃の出会いからおよそ30分で翌月の2ショット撮影会参加券を手に入れた。

 翌月3月14日ホワイトデーイベントということで30秒トーク&2ショット撮影会が行われた。ガチガチになりながら初めてのイベントへ向かう。ライブ以来の王子衣装着用時はつけまに派手なカラコン、赤リップ、とキャバ嬢のような見た目をしていたが、衣装でないときは薄いメイクになるようで、男らしさを感じてドキドキした。至近距離で見た王子はむき卵のように白くてツルツルしていて、隣に座るとなんだかい匂いがした。優しくてかっこよくてトークも軽妙で、30秒間の間に100000000000回惚れ直した。この日の帰りさらに8枚アルバムを買い足して帰った。

 4月5月は毎週のようにライブインストに通った。王子は3度2ショットを撮るころには私を認知してくれたし、手元にあるインストチケットがなくなる頃には自発的名前を呼んでくれるようになった。以前通っていたバンドでは空気を貫いていた自分にとってはこれはかなり新鮮で嬉しいことだった。認知されたからには頑張らなきゃ(?)という謎の使命感からライブの本数を増やした。元々ワンマンライブ以外は行きたくないたちだったが、30分でも20分でも王子ステージにたつ公演のチケットはすぐに買うようにした。

 7月にはツアーファイナルのため大阪へ飛んだ。王子バンド拠点関西のため大きなライブは必ず地元大阪で行われる。実は私はギャ歴に比べると経験値が非常に浅く、ライブのための遠征経験ほとんどと言っていいほどなかった。このライブが私の初遠征の皮切りとなり、以降東京大阪間の移動へのハードルがぐんと下がったように思う。

 本当にこの頃、王子が好きで好きでたまらなかった。早いチケットを買い直してライブに行った。王子が構ってくれないと楽しくなかったからだ。構ってくれた日は浮かれて浮かれて、だらだらとツイッター感想を垂れ流した。ライブの合間に行われるインストのために、バカみたいにCDを予約した。たくさん王子写真を撮った。写真なんていらなかったけど王子に私という存在を忘れられるのが嫌だったから、毎週毎週飽きもせず撮影会へ向かった。私の顔を見て名前を呼んでくれるのが嬉しかった。

 こう何度も現場に出向くようになると、周囲にいるファンの誰が王子を好きなのかも分かるようになってくる。いつも同じ列に並んでいる他のファンにたいして無駄に対抗心を持つようになった。こいつらが見てない王子を見たいという一心たかだか20分程度しか持ち時間のないイベントライブのために地方へ行ったこともあった。とにかく私しか知らない王子を求めていろんなことをした。結果、何かが手に入ったわけではなかったけどその場限りの優越感を楽しんだ。

 頻繁にライブに行くようになったある時。王子が贔屓にしている人が誰なのか、分かってしまった瞬間があった。周年記念のワンマンライブ中、そのうえ2列目にいたにも関わらずワンワン泣いた。その日、王子とは目も合わなかった。あまりにショックで翌週の大阪遠征も取りやめた。チケットは捨てた。10月のことだった。

 しばらくの間、ショックでライブの本数をかなり減らした。11月に一度話す機会があったのでそこで少し会話をして、クリスマスライブに行った程度。どちらも大したことは話せなかった。代わりに時々ファンメールを送った。ファンメールといっても、王子に対する八つ当たりのようなことばかりかいていたので、実際には迷惑メールだったが。迷惑メールを送り続けたことで、1月の接触では「痛い女」と王子に言われてこれまた泣いた。しかしそんな風にいいつつも、王子は優しいところがあるので迷惑メールに書いた私のお願いを結構聞いてくれることがあった。私信とまではいかないが、ツイッターブログ、接触等で律儀にレスを返してくれる王子がやはり好きだなあとその度に実感していた。

 ファンメールから徐々にモチベーションを取り戻した私は2月からまた少しずつライブの本数を増やしていった。麺被りは殺す精神はそのままだったので、とりあえず王子に構ってもらいやす位置キープすることでなんとか精神衛生を保っていた。その頃春からツアーが発表された。モチベーション好調の私はウキウキ東名阪チケットを押さえた。なんとこれが中々のあたりで全公演そこそこの早番だったうえ、そのうち1つは最前確実だった。狂喜乱舞した。王子にそのことを伝えると「ほんまか!最高やな!」とハイタッチしてくれた。可愛かった。

 ツアーが始まった。気分は最悪だった。どうして目の前にいる私を見てくれないの。なんで私がいること分かってるのに別の人構うの。そればっかり考えていた。王子の目の前にいるのに王子の目に私は映らない。死にたかった。私はこんなに色々なもの犠牲にしてきてるのに、なんで、お前は。

 公演のあと、メンバー写真を撮るイベントがあった。能面のような顔で撮影場所にきた私に王子は言った。

今日めっちゃ前の方おったやん!」

「私のこと見えてたんですか」

 もう本当に死にたかった。

 私のことを見ない王子が嫌だったし、ファンの分際で見られたいという気持ち肥大している自分気持ち悪かった。私なんてたまたまチケット運が良かっただけの金なし乳なしブスだ。私よりお金をつぎ込んでる人も可愛い人もごまんといる。私が無視されることも、そういった人たちが気に入られるのも当たり前だ。でも我慢ができなかった。「次のライブも同じとこにいる」と王子に告げて撮影場所を後にした。1週間後、私はまた王子の前にいた。その日も王子こちらを見なかった。私は限界だった。

 好きだった頃に買ってしまったチケットが十数枚残っていた。ほとんどは売った。売れなかった3枚は捨てた。友達と行く約束をしていた2枚はちゃんと公演を観にいった。最前列で見たけど、やっぱり王子の目に私が映ったという実感を持てる瞬間はなかった。そして明後日、友人たちと約束しているライブ最後の1枚を使う予定だ。一体この日はどうなるだろうか。

 好きというエゴ肥大して好きなものを好きだと思えなくなってしまった。少し前に起こったアイドル殺傷事件。正直気持ちが少しわかるのだ。好きなのに、好きなのに、好きだから、憎い。まるで病気だ。

 今も王子のことが好きだ。でも王子が憎くてたまらない。この感情と決別するまでは、王子に会いにいってはならないと、そう思ってる。

https://anond.hatelabo.jp/20170917111822

まともな学歴人間

相手の主張に対して「これこれこうだからあなたの主張はこう間違い」「よってあなた低能」と書く

これはきちんと成立してる反論


低学歴

あなたの主張は間違ってるからあなた低能」と書く

反論としての中身がまるっきり欠落している

から犬のワンワン!と同じ


低学歴がどうしてこうなるかというと、国語力や論理的思考力がすげーよわいからなのね

自分の考えを説明するとか、相手の主張を解き解すということが全くできない

低学歴同士の口頭コミュニケーションでその能力要求されないので育たなかった


結局学歴問題なの

別に差別とか罵倒じゃないよね「お前は低学歴から~」っていうの

2017-09-16

ネットでギャーギャー言ってても

特に世間は気にしてないようだ

からそんなtwitterワンワン吠えてんなよ

とりあえずマック期間限定チェルシー味のシェイク買ってきな

2017-07-17

https://anond.hatelabo.jp/20170717154428

ワンワン動物から本能的に殺しにきてる感じがするけど

ハンマーBros.は話せばわかる存在でありながら殺しにきている感じがする

https://anond.hatelabo.jp/20170716233306

噛みついてくる鉄球(ワンワン?)の方が殺意すごくない?

 

あいつ、「絶対噛む」以外に何も考えてない。

まれて絶命した後も、10分くらいマリオ遺体を噛み続けてそうで怖い。

友達が死んだ

友達が死んだので葬儀に行った。

死因は分からない。


会場には大勢の人が集まっていたので、私たちは2階で、うっすらと聞こえてくる読経の声を聞いていた。

私はぼんやりと、目の前にいるあの人は何の関係なのだろう、部活かなぁ、とか、

久々に履いたかヒール痛いなぁ、とか考えながら何とか泣かないようにやり過ごしていた。


その後、焼香のために下に行った。

ご両親が泣いている姿を見たら、とうとう堪えきれなくなった。

作業のように手際よく進める葬儀所の人とか、機械的でつまらない弔電に勝手に憤りを覚えたりして。


喪主挨拶を聞いてボロボロと泣いていたら、そこら中からすすり泣きが聞こえてきた。

どうやらこれは、大掛かりなドッキリなんかではなかったようだ。

でも、まだ顔も見ていない。あの子はどこへ行ってしまったんだろう?


ワンワン泣いた帰り道、現実を受け入れられない私たち

思い出話を一切せずに、不自然なくらい“これから”の話ばかりした。

あんなに泣いた後でも、「明日仕事行きたくねえなぁ」って言い合える、

なんて人間らしいんだ。


まだぐちゃぐちゃしているけれど、

きっと私たち明日からまた何でもないような顔で生きていくんだろう。

ふと襲いかかってくるやり切れなさと闘いながら。

2017-07-12

3歳の頃の私

私が3歳の頃の映像が見つかったと実家から連絡があり、父からデータで送られてきた。

映像には3歳の私が色々なものを指差しその名前を声に出していた。

猫⇒ニャンニャン

犬⇒ワンワン

おじいちゃん⇒じいじ

おばあちゃん⇒ばあば

お母さん⇒ママ

お父さん⇒まぞく


?!


何度再生しても私は父の事をまぞくと呼んでいた。

結構怖かったので父に連絡したら、

「完全なる謎」

とのこと。

父をまぞくと呼ぶ原因……。一体何故?!

めっちゃ気になる。考えろ私。

2017-06-30

犬のおまわりへ

まいごのまいごの こねこちゃん

あなたのおうちは どこですか

おうちをきいても わからない

なまえをきいても わからない

ニャンニャン ニャニャーン

ニャンニャン ニャニャーン

ないてばかりいる こねこちゃん

いぬのおまわりさん こまってしまって

ワンワンワンワーン ワンワンワンワーン

まいごのまいごの こねこちゃん

このこのおうちは どこですか

からすにきいても わからない

すずめにきいても わからない

ニャンニャン ニャニャーン

ニャンニャン ニャニャーン

ないてばかりいる こねこちゃん

いぬのおまわりさん こまってしまって

ワンワンワンワーン ワンワンワンワーン


は?おまえ警官だろ?

なんで道聞かれて困って泣いてんだよ。馬鹿か。

おまえ非番にどこかお店行って○○はどこにありますか?

って聞いて店員が困って泣き始めたらどうするんだよ。困るだろ?

子猫に道聞かれて困って泣くとか警官失格だろ。

挙句の果てにはからすとすずめに聞くとか。

で結局泣くんだろ?

泣くなよ!子猫の方が不安なんだよ!

バカヤロウ!!頑張れよ!子猫を慰めてやれよ!!

2017-06-29

ワンワンワーン

障害者差別は許さないワン

例え人命に関わる配慮から断るとしても

搭乗する権利は客にあるわん!

2017-06-07

うろ覚え花咲かじいさん

むかしむかしあるところに、おじいさんがいました。おばあさんもいたような気がします。

おじいさんは犬を飼っていました。

名を平八といい、それはそれはとてもかわいい犬でした。

ある日、おじいさんが畑仕事をしていると、

平八が「ここ掘れワンワン!」と命令をしてきました。

平八の命令通りに地面を掘ってみると、大量の小判が入った壷が見つかりました。

おじいさんはその小判でもう一生働かないで暮らしていけるようになりました。

このことを隣のおじいさんとおばあさんに自慢したところ、

「それなら私達にもその犬を貸してくれないか」とお願いされました。

おじいさんは快諾しました。

「しめしめ。これで私達も大金持ちだ」

おじいさんとおばあさんは平八を自宅の裏庭に放ちました。しかし平八は寝転んでしまい、やがて鼾をかいて寝てしまいました。

翌日も、その翌日も平八は寝たままで、いつまで経ってもお宝の場所を教えてはくれませんでした。

「むむ!このクソ犬め!」

おじいさんとおばあさんは平八を棒で叩きました。

「キャイン!」

平八は叩かれたくないので、

「ここを掘れ!」

と渋々言いました。

「ひぃやったぁ!」

おじいさんとおばあさんは狂喜乱舞

一心不乱に掘り続けました。

すると大きな大きなつづらが出てきました。

「こりゃあ壷なんか比較にならん!わしら大金持ちじゃ!」

しかし葛篭から出てきたの小判ではなく妖怪でした。

「ひゃぁぁぁ!!」

おじいさんとおばあさんは妖怪と一週間戦いました。

そして、

「このクソ犬がぁ!」

ついには平八を叩き殺してしまったのです。

「なんてことだ……」

「ふん!このクソ犬がいけないんだ!」

隣のおじいさんとおばあさんは悪びれる様子もなく、唾を吐いて帰っていきました。

「平八……」

おじいさんは大変悲しみました。

涙を流しながら平八の亡骸を燃やしました。

燃え尽きた骨を広い、それを小さなお皿に入れました。

そして平八が大好きだった桜並木を歩いたのです。

「わしは平八と共に居たい。金はあれども大切な者はみんないなくなってしまった」

悲劇悲劇じゃあ!

おじいさんは叫びながら灰となった平八を撒きました。少し疲れていたのです。

でも、撒かれた灰は風にのり、冬にも関わらず桜を満開にしたのです。

「こ、これは!」

『おじいさん。僕はここにいるワン』

平八の声が聴こえたような気がしました。

「そうだな。いつまでも泣いててはいけない!」

おじいさんは笑顔になりました。

この気持ち、みんなに分け与えたい!

「この灰さえあれば、枯れ木だって花満開じゃ!」

おじいさんは練り歩きました。

「枯れ木に花を咲かせましょう!」

おじいさんは叫びながら練り歩きました。

村民達は静かに見守りました。

しかし!

「あ、あれを見ろ!」

「は、花がぁ!」

そうです。そうなんです。おじいさんが平八の骨をまいた木は、すべて桜の花が咲いていたのです。

この噂を聞きつけたお殿様はおじいさんと城へと招待しました。

「一体何をしているのだ?」

「花です。花を咲かせているのです」

大丈夫か?」

大丈夫です!これをごらん下さい!」

おじいさんはリズミカルに灰をまきました。

すると、城の庭に植えられていた枯れ木が

見事な桜になりました。

「す、すごい!」

「でしょう?」

「ほうびをやろう!」

おじいさんはお殿様からもの凄い金額を頂きました。

小判と合わせるともう完璧お金持ちです。

その噂を聞きつけたお隣のおじいさんとおばあさんはその灰を少し分けてくれとお願いしてきました。

大事大事な平八を叩き殺した張本人達でしたが、おじいさんは快諾しました。

「これで今度こそ……」

隣のおじいさんはおばあさんは手始めに自宅の裏庭にある木に灰をまきました。

すると花が咲きました。灰色の花が咲きました。

その花は直ぐに地面に落ち、無数の触覚が生えてきたのです。

「ひっ」

灰色の花から伸びた触角が隣のおじいさんとおばあさんに突き刺さりました。

血が垂れて、触角づたいに花に触れました。

全ての花は赤く染まりました。

「これはこれは。見事な花を咲かせましたね」

平八の飼い主であったおじいさんの言葉が、二人に聞こえることはありませんでした。

めでたしめでたし

追記

これを書いた後に答え合わせをした。

http://nihon.syoukoukai.com/modules/stories/index.php?lid=21

大体当たっていてよかった!

2017-06-06

5年くらい前、大好きな父方のばあちゃんが死んだんだけど、死に目に会えなかった。

俺が入社4年目くらいで精神的に病んで休職してる時はばあちゃんが「うちにきて、泊まっていきなさい!」って言ってくれて、食べたいものを作ってくれた。俺もういい大人なのにwと思ったけど、嬉しかった。「◯◯ちゃんなら大丈夫!がんばれ!」って言ってくれたりして。「がんばれ」ってうつ病の人には禁句だ、って言われてるけど、俺はすごく嬉しかった。それから仕事を再開して、まあまあ元気にやっていた。仕事が忙しくて1年に2回くらいしか会わないのが続いて、気づいたらばあちゃん癌になってた。

それからどんどん調子悪くなっちゃって、久々にあったら病院のベッドの上。でもまだそのとき意識もはっきりしてたから、話とかも出来た。「うちに帰りたい」って言ってた。しばらくしたら本当にやばくなって、会いに行ったら意識ない状態不思議なんだけど、俺が行ったらばあちゃんの調子が少し良くなったみたいで、母ちゃんやじいちゃんと奇跡だね、なんて話してた。しばらく落ち着いていたから、一旦俺は自宅に帰って色々していたらその間に死んでしまった。しかも運の悪いことに、色々とどうしようもない事情が重なって葬式にも行けなかった。

ところで、何が話したいのかと言うと、俺はあの日以来ばあちゃんが死んだことで一度も泣いていない。ドラマを見ても泣くしアニメを見ても小説を読んでも泣くんだけど、ばあちゃんが死んだことについては俺はまだワンワン声を上げて泣けてない。シクシクとも。1滴も涙が流れてない。思い出す度になんか引っかかった感じというか、悲しいけど胸が詰まるほど悲しくなれない。あんなに大好きだったし、ひ孫を見せてやらなくちゃ…とか思ってたのに。

冷たい人間なっちゃったのかと悩んだときもあったけど、たぶん、はっきり言ってまだ信じられないんだと思う。信じられないままここまで来た。今でも夢に当たり前にばあちゃんが出てくる。まだ死んだことが受け止めきれてないのかな。受け止めるチャンスを逃したのかもしれない。だとしたら一生、俺はばあちゃんの死を悼んであげられないのかな…。とか思うとそのことが情けない気もする。

こうして文字に起こすのは初めてで、こうすれば泣けるのかな、と思ったけどまだ駄目みたいだ。ばあちゃんに会いたい。ばあちゃんに会いたい…。

追記。ブコメの人ありがとう気持ちちょっと楽になった。今日はばあちゃんのことを思い出しながらいっしょに眠ってみよう。

2017-05-30

寿司屋あるある増田言いたい鯛出す丸あるあの椰子酢尾(回文

アユレディー!!!

ヘイヘイヘイヘーイヘイ!!!

ヘイヘイヘイヘーイヘイ!!!

ヘイ!ヘイ!ヘイ!!!

あいつもこいつも

あのネタのお寿司を狙っているんだよ!

このお店で一番の美味しいお寿司を~

あー寿司屋あるあるをー

あー早く言いたい!

オォー!ヘイヘイヘーイ!

カウンターのお寿司屋さんの

あるある

早く言いたい

一度だけでも!ウォウォウォウォ~!

回らないカウンター

寿司屋

あるある

早く言いたくて仕方がない、

早く言わないと

もうグレちまうよー

デ、デッデデデーッ!!!

センキュー!!!

カウンターのお寿司屋さんには鮭がない!」

MMR風に、なんだって!!!って言っちゃうわ!

そもそもとして、

それがお寿司屋さんリアルガチあるあるな、

鮭がないないなのかはさておき。

私知らなかったわ。

当たり前にあるものだと思ってたのよ、

普通に、ない!って、とろサーモン似の大将に笑われて言われちゃったわ。

いつも大好きな、

こはだとか青ものばっかり食べてて、

急にサーモンのこと思い出しちゃったのよ。

サーモン好きだけど、

あれはローリング形式ローリングサーモンだったのね!

ト・ロール漁だけに!

知らなかったわ!

うふふ。


今日朝ご飯

新しいサンドイッチ見付けたのよ。

コブサンド、コブってなんなのかしらね

少なくとも利尻産の昆布っぽくはなかったけど。

後で調べてみるわ。

デトックスウォーター

昨日小豆屋さんに行って

仕入れてこようと思ったけど、

思いのほか高価でたじろいでしまったわ。

そんな水出し緑茶グリーンウォーター

引き続きな感じだけど、

水出しはスッキリしてお茶の甘みも感じられるわ。

暑くなるこれからの季節向きね。

水分補給よろしくメカドッグ

ワンワン


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-04-15

http://anond.hatelabo.jp/20170415211230

クゥン.........

.

.

.

.

.

.

!?

ウバウゥツバウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!バウッ!!!

バゥバゥベアゥ!!!

ワンワンンワワワンノンンォオウォオオオオオオオオン!!!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん