「座り込み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 座り込みとは

2020-06-05

ここ二日くらい眠くてずっと寝て起きての繰り返しで体も死ぬほどだるくて昨日お風呂入った時もシャワールームしかないんやけどずっと座り込みっぱなしやったしトリートメントも毛を剃ることもできずに洗顔も超適当しかきんくって、お風呂上がっても体だるくて体起こしてることができんくって髪も乾かさずしばらく寝転んでたし髪乾かした後もヘアアイロンすらできずにそのまま寝てまたしばらくしたら起きて頭も痛くてなんとか重い体起こしてコンビニ行って食べるもの買いに行って食べてまた寝て深夜に起きてずっと横になってる事しかきんくってなんじゃこりゃって感じで。

普通に疲れた

3日前くらいに一回生リズムかえたのがあかんかったんかなあ。

それとも気圧かなんかか?

気圧に影響されやすいのほんまに何とかしてほしい。

2020-01-28

中肉中背でドブスな地味女先輩のせいで一発で性癖歪んだ

その先輩は俺が学部4年生のとき史学科の博士課程に在籍していた。

俺が所属するゼミ教授研究室人間だったのでたまにうちのほうのゼミに呼ばれて顔を出してた。

正直その女先輩の印象は悪かった。

化粧ド下手糞、髪ぼさぼさ、ドブス、下ばっか向いてる、声が小さい、うざいくらい喋りがバカ丁寧、質問するにも意見言うにも前置きが長くてクソ冗長

うちに呼ばれる博士研究生には他に男2人がいたけど、その人たちもいかにもコミュ障オタク丸出しで正直気持ち悪かった。

から博士課程のお兄さんお姉さんがたがうちのゼミに顔を出す日はうちらは妙に緊張したムードになってたし、

数カ月に一度訪れる「めちゃくちゃ退屈で面倒な日」としてゼミ同期は舌打ちしていた。

「人文系博士ってやっぱ変な人ばっかなんだな。全員キショいやん」

同期の一人がそう吐き捨てたのを聞いたことがある。

やっぱりあの人たちは普通感覚からすると異人だった。

そんななか、事件が起きた。

当時の俺は大学敷地内で大便をひり出す便所を決めていた。

履修説明会やらイベントやら以外でほとんど誰も足を踏み入れないようなホールにあるトイレだ。

俺はウンコブリブリ出る音を人に聞かれたくない乙女な面があったのだが、

そこだと静かゆえに集中して全力で排便できた。

ある日、いつものようにホールのに乗り込んだ俺は広い多目的トイレボタンを押そうとしたのだけど

珍しく使用中ランプがついていた。

仕方がないので、普通の大便トイレ使おうと移動してズボン脱いでケツを出すとこまでいったけど

やっぱりいつもの場所じゃないからクソは出ずに屁だけが出るばかりだった。

しびれを切らした俺は、多目的トイレの前に戻り先客が出てくるのをずっと待つことにした。

5分くらい待っただろうか。

多目的トイレのドアが開くと出てきたのは博士課程の男だった。

軽く会釈すると、驚愕の形相で俺の顔を見つめてすぐに目を逸らされた。

「(こいつほんとコミュ障だな)」

不快感がこみあげてくるやいなや、なんとその後ろに博士の地味ブス女ともう一人のブサイク男先輩もいることがわかったのだ。

俺が呆気に取られていると、その二人はが完全に地面を見つめるレベルに下を向きながら我先にと出て行こうとする。

汗で濡れた髪を真っ赤な顔にへばりつかせながら、そそくさと俺の横をすれ違う地味ブス女先輩の顔から

ザーメンらしき真っ白い粘着質の液体がボタッと地面に落ちるのを見た。

誇張抜きに人生で一番ショックを受けた出来事だった。

衝撃のあまり便意を完全に失ったというのに俺はなぜか、ついさっきまで彼らが乱交セックスをしていたと思しき

多目的トイレ内にフラフラと入っていき、便座に座り込みずーっと呆けていた。

あんな地味な先輩がよりによってこんなことするのか……」

そんなことばかり考えて頭が混乱していた。

相変わらずのドブス顔、真っ赤になった頬、汗で乱れた毛先、ザーメン

あの衝撃的な一瞬を何度も何度も思い出しているうちに、下腹部ジンジンと浮き上がる不思議感覚に襲われ

それが陰部にまで広がり、なんと俺はその場で果ててしまった。一切触れていないのに。

今思えば、あれは広義のNTRだったんだと思う。

全く性とは程遠い人間確信していた女先輩が、実は貞操観念がぶっ壊れた行為に及んでいたという"裏切り"。

それを実際に目撃してしまたことで想像だにしないほどのショックを俺は受けたということだろう。

その晩から俺は毎日ドブス女先輩をオカズオナニーしまくった。

記憶を薄れさせたくなくて、また博士課程乱交トリオがうちのゼミにやってくる日を心待ちにしていたけど

結局そのイベントは訪れぬまま俺たちは卒業に至った。

あの出来事で俺の性癖性的嗜好破壊的なまでに歪んだと言っていいだろう。

トイレ事件の日以来、俺はそれまで行ってた可愛い子が多いと評判の短大との合コンには一切行かずに、

電通大首都大かいかにも地味ブスが多そうな大学とのコネクション構築に奔走した。

ドブス地味女先輩の幻影を追い続けるようになったのだ。

そうこうしてあの先輩と同じ属性であるどうしよもなく地味でブスで真面目な彼女ができた。

セックスはもっぱら多目的トイレで行い、顔射で果てるというのが必須パターンとなった。

欲を言うと3Pまでいきたかったけど、周りの男友達には到底頼めなかった。

どいつも俺の彼女の顔を知ると冗談めかして「お前どうしちまったんだよ!!四谷怪談じゃねえか!!」

なんてイジっていたけどそういう女を彼女に選んだ俺に割とガチで引いてるのが伝わったからだ。

これから俺は彼女トイレで一緒に抱いてくれる清潔感のないオタクを探す旅に出ることになるだろう。

ネットを頼るつもりだ。

でもそれで俺の欲求が完全に満たされないとは予感している。

結局のところ、相手はあの博士課程の女先輩本人じゃないとダメなんだろう。

そして乱交場所トイレもあの大学のあのホール多目的トイレでなければ……。

もう一度ドブス地味女先輩と会いたい。

セフレにしたい。

悶々としながら俺は生きている。

2019-11-09

anond:20191109215114

政令指定都市首長である河村たかし法律的手段に拠らず「座り込み」なんてやってるし、未だに恩赦なんていう行政立法権侵害するイベントが行われてるし、こんな国法治国家でも何でもないよ

2019-10-19

右翼沖縄座り込みしている人は報酬もらってると思ってるし

左翼福島の桃おいしいと言ってる人は報酬もらってると思ってる

2019-10-16

寝転がってると猫が胸毛を押し当ててくるのなんでなん?

ドンっていうか顔ドンの上から胸毛をサワサワーってしてくる

顔の上で座り込みもしないし、そのままどっかい

表現不自由展と宇崎ちゃんポスター共通点について

ああアホらしい。全くもってアホらしい。

何がアホらしいかといえば、例によってはてブの連中のことである

あいつらここ数か月のトレンドであった表現不自由騒動を通じて少しは賢くなったかと思えば、全然そんなことはなく以前の位置からミリも動かずに、以前と似たような話題で延々騒いでやんの。

言うまでもなくhttps://togetter.com/li/1417228のことである

例によっていつもの太田啓子弁護士適当に難癖を付けて周囲のフェミニストを焚き付けて、いい感じに燃え始めたら自分つぶやきを消して「え、私、そんなこと言いましたっけ」となかったことにしようとする火付けしぐさなんだからはいはい、いつものね」と黙ってスルーしておけばいいのに、こぞってブクマつけまくってやがる。

馬鹿か? 馬鹿か。

まあ炎上喧嘩はてなの華であり、この手のエントリに大量に集ってしまうのは蟻が砂糖に群がるのと同列の種の本能レベルなので仕方がないのかもしれない。

生き物の習性ケチをつけるというのも野暮なのものだ。

しかし、群がるのは仕方ないとしてもこの手の騒ぎはもう何十回も繰り返しているのだから、多少は認識アップデートしてもらいたい。

ましてや先日の表現不自由展のことを思えばなおさらである

しかし、はてブ馬鹿馬鹿なので今回の件が表現不自由展とは全然別物だと考えているのだ。はははは、馬鹿だ。

たとえば、こんなコメントである

grdgs あいトレの場合は「表現自体を許さない」だったのに対し、こちらは「TPOを考えろ」だからまったく違うわな。

はい馬鹿丸出し。確かに表現自体を許さない」とのたまったネトウヨもいただろう。立川流を名乗るワイドショーコメンテーターもいただろう。

だがそんな過激な言い分はまともに取り合っている奴らはほとんどいまい。

クソ馬鹿がクソ馬鹿なことを言っているだけなのだから黙殺して何ら問題ないし、この程度であればいくらでも反論可能だろう。

典型的なセレクティブエネミーというやつである

あいトリエンナーレの一連の騒動で、一番問題になったのはそこではあるまい。

あの騒動で真にクリティカル問題提起は「こうした表現税金を使うのはおかしい」というものだ。

実際こうした意見同調するかのように文科省補助金を打ち切ろうとして非難囂々である

そしてこのような「こうした表現税金を使うのはおかしい」という考えの裏側にあるのは何か?

それは、この世には『良い/悪い表現』『許される/許されない表現』があるという考えだ。

もちろん世の表現にはR-指定18禁といったように、特定基準で明確に線引きが行われることもあるが、それはどちらかといえば例外であろう。世の大半のアート表現がでそうした線引きが成されず曖昧なままであることが多い。

にもかかわららず、アート表現に対してこのような線引きをして、弾圧規制される。

それに対する問題提起こそが「表現不自由展」のテーマの一つだったはずなのに、それを無視して「表現自体を許さない」という一番馬鹿げた非難を持ち出して「まったく違う」などと主張してしまっている。わはははは、馬鹿だ。

表現不自由展にしろ宇崎ちゃんポスターしろ、世にある表現を良い/悪いに切り分けて規制しようとする。

そうした動きこそが「表現不自由」というやつでなかろうか。

この二つの問題について「まったく同じ」というつもりはないが、「まったく違う」はずがないのである

そんなこともわからないようであるなら津田大介も草葉の陰で泣いているであろう。

あとついでにこのアホな。

tikani_nemuru_M id:memorystock 「公権力による規制大衆から批判」という表現の自由を考える上での最も基本的な違いを指摘したブコメを見ても「きちんと言語化出来る人がおらず」とか口走るから表現の自由戦士」っていわれちゃう

と、例によって上から目線ドヤ顔披露しているがここでidコールされているmemorystockが問題視しているのは、

memorystock この絵やキャラを守りたいのではなく、規制理由をきちんと言語化出来る人がおらず「NGじゃん」「本当に嫌」が規制トップなのはアレすぎではと危惧するものです。挙句戦士」↓のような無意味侮辱に逃げるし。

とあるように、あのポスター批判派がポスター撤去するだけの理由をまともに言語化していないことである

から、もし彼の意見反論たかったら、あのポスター撤去に値するだけの理由をきちんと言語化して批判する。

あるいは、既にきちんと言語化出来ている批判意見を持ってくれば良いだけなのだ

にもかかわらず、相手が「規制理由」と書いたのをいいことに「公権力による規制大衆から批判」の違いを理解していないなどとドヤ顔で上げ足を取るのは、詭弁以外の何物であるまい。この件についてまともに話し合いたいのではなく上から目線小馬鹿にしたいだけというのがはっきり伝わってくる。

また「 「公権力による規制大衆から批判」という表現の自由を考える上での最も基本的な違い」などと抜かしているが、他のブコメでも指摘されたように、そうした大衆から批判公権力による規制に繋がる危険性が炙りだされたのが表現不自由展ではなかっただろうか。

文科省補助金交付しろ河村市長座り込みしろ、いずれも大衆から批判がなければまかり通るものではあるまい。

もし、大衆から批判が皆無な段階でこのような横紙破りを行えば、新聞各社は文科省に対する批難を毎日のように一面で展開し、河村市長にはリコールが飛んだであろう。

大衆から批判公権力による規制を後押しする。

そんな危険性をつい最近目にしたにもかかわらず、得意げに「「公権力による規制大衆から批判」という表現の自由を考える上での最も基本的な違い」などと抜かしているから本当に薬のつけようがない。そんなんだからいつまで経っても労働組合政治運動をする理屈の続きが書けないのである

ああアホらしい。全くもってアホらしい。

2019-10-15

弁護士ドットコム 猪谷千香氏の丁寧な印象操作

ネット情報信頼性が低いので、信頼性の高い情報図書館でと勧める書籍「その情報はどこからネット時代情報選別力」の著者、猪谷千香氏が、ネット絶妙フェイクを書いている。

「名古屋市長の座り込みは県条例違反」と愛知県知事が謝罪要求、表現の不自由展問題

デッキは2階出入口につながるセンター敷地内で、市長は視聴覚障害者誘導ブロックに座り込んで愛知県芸術文化センター長の承認を受けずにプラカードを掲げたり、大声で演説したりした。これにより、多くのメディアや聴衆が集まり、通行の妨げにもなった。

愛知県大村秀章知事による河村市長謝罪を求める質問状にはそうではなく、

市長は、そのデッキ視覚障害者誘導用ブロックに座りこんで...

と書いてある。

ブロックの傍だろうが、マスコミブロックの上で取材すれば邪魔なので、こんな印象操作不要に思われるのだが、障害者の不便を顧みずに自己主張する独善的な姿を演出することで、名古屋市長河村たかし氏の印象を落とす絶妙フェイクになっている。全体のニュース愛知県知事大村秀章氏が質問状を出したこと)は本当なので、読者が情報信頼性を疑いにくく、情報源をたどることなフェイクを信じやすくなっている。

長年マスコミ記事を書いてきた猪谷千香氏にとってみれば、表現不自由展・その後に反対する者を、自由表現で評判を落とすことは容易いのだろう。それが嫌なら反対せず、ただ沈黙すべき(表現自由に反対する者に、表現自由はない)のかもしれない。

2019-10-08

河村市長って何かの病じゃないの?

異様な文章と異様な写真が延々と投稿されているんだけど。

2019-09-27

[]むすめとの日々

道端にオレンジ色コスモスが咲いていて、カマキリのこどもがぶら下がっていた。

むすめ(5さい)と並んで座り込みカマキリが鎌についたアリと格闘する様子をしばらく、

むすめが飽きるまで眺めた。

尊むべき時間が流れていると感じる。

2019-08-30

真の「性的消費」、それはフェミニストによって行われる

仁藤夢乃さん、女性の体を盾にして抗議してしまう




女性であることを利用して、犯罪を押し通そうとしてる...

まさに性の利用、悪用

まさにセクハラ(仁藤→警備員)。

驚くべきことに奴はフェミニストだ。

驚くべきことに、他のフェミニストも無言で肯定してる


太田弁護士、どうですかねー。

女性であること」を利用してるくずがいますよー怒らないんですかー

これが倭フェミ思考





女に特権を与えろって言ってるだけ

2019-08-04

anond:20190804142512

https://www.excite.co.jp/news/article/EpochTimes_45344/

開催すれば、抗議者らによる百貨店周辺での座り込みデモなどの抗議が予想されたため、トラブルや来店客への迷惑回避のため、やむを得ず中止を決定した。

今回の件と何が違うの?

2019-07-25

リベラル思想デモ革命を無力にした

といま気づいた。

 

いやさ香港の話。

中国軍が来ちゃったらしいね

こうなったらもうダメだ。有志以来、革命っていうのは、軍隊を味方につけた方が勝つと決まっていると聞く。軍隊の一部でも民衆共感して合流すればよかったのだが、香港、という単位でやっている以上、結局は避けようがなかったのかもしれない。

なぜこんなことになったか

そもそもデモなぞすべきではなかった、としか思えない。単純にそれは勝ち筋ではなかった。だって敵方妥協する理由がない。権力給料中国政府がくれるから、次の選挙で落ちる心配はいらない。軍隊警察ヤクザを味方にしているから、物理的に死ぬ恐れもない。香港デモ市民はきわめて行儀がいいので、治安経済心配も当座はいらない。昨今の国際情勢では、欧米諸国が介入してくる心配もない。

かといって、中国でどうすればよかったのかはわからないが……。香港返還の時に危惧されていたことが正にいま起きているわけだ。やるならあの時やらないといけなかったのかも。

 

なぜ勝ち筋ではないデモに踏み切ってるのに、我々はそれを賞賛などしてしまったのか。

市民の力」とやらを過大評価する向きに、問題があるのではないか

フランス革命デモ隊はまず武器庫を目指した。

ガンディーの非暴力運動は、不買運動と敵兵士懐柔策のミックスだった。

(両方一回成功した後に失敗した例だがおいといて)

そういう事実市民の声という理想を裏打ちしている、純然たる物理経済のパワーを軽視した、空想平和主義的な思想リベラル層に広がってしまっている。そしてそれが「デモ」という行為に集約されている。

 

我が国でも、空想平和主義的な傾向は顕著だ。

アベ政権を許さない、と声高にアベとアベ支持者の悪を唱えながら、アベとアベ支持者が善意を発揮するのに期待せねばならない運動の奇妙さよ。

もし本当にアベが悪ならば、あなた方はアベを物理攻撃しないといけないのではないか? いや、そうしろと言うのではない。行動の無力さを直視せよ、と思うだけだ。

似たようなことは沖縄基地のことでも思う。基地の前で座り込みをする。相手善意に期待して、暴力を振るわれないと信じているから。もちろん相手も、座るだけの市民が何かしてきたりはしないと知っている。だから上は妥協とかしない。あれほんと、単に危ない上に、効果がないと思う。あと、知事も結局はアメリカ日本政府善意を待ってるだけだしね。善意が欲しいのに悪を批判してるのはほんとどうかと思う。

 

デモが無力とは言わないよ。

ただ、団結とは、それ自体が力なのではない。その背後にちらつく暴力こそが脅威だ。暴力を振るわないと前以て言っているデモならば、ツイッターRTのほうが余程脅威ではないか

そして戦後リベラル思想は、平和希求するあまり、そういう事実から空想的に目を逸らしてしまったのではないか

香港を支持していた皆様は、僕も含め、武装蜂起に向けて筋トレゲバ棒づくりを始めないといけないのでは。

2019-07-11

カワセミ

カワセミ

作者:未詳

製作時期:不明

とても暑い、夏の日のことでした。

みぃちゃんお小遣いを握りしめて、近くの駄菓子屋さんにお菓子を買いに行くところです。

「車に気をつけていってくるのよ。お菓子は家で食べようね。」

お母さんがみいちゃんに麦わら帽子をポンと被せながら言いました。

「喉が乾いたらこれを飲みなさい。」

みぃちゃんの大好きなキティちゃん水筒を、お母さんが首からかけてくれました。

ポカリにしてくれた?」

「ううん、お茶が入ってるよ。でも帰って来たらカルピスがあるからね。」

みぃちゃんは少し残念に思いましたが、顔をつとあげるとお母さんに大きな声で言いました。

「いって来ます!」

お母さんが玄関を開けるやいなや、みぃちゃんが飛び出します。

ちゃんと前を見て!必ず横断歩道を渡ってね!」

駄菓子屋さんはみぃちゃんの家から直ぐですが、途中小さな川があり、みぃちゃんは赤い橋を渡らなければいけません。

みぃちゃんはいものように橋のたもとに座り込み、じぃっと目を凝らして何かいいか川を覗き込みます

そのときです。

キラ

からほんの少し離れた川の真ん中に、何か光るものが動くのが見えました。

カワセミです!

とても不思議なことに、小さな、そして少し淀んでほとんど魚など居ない川に、綺麗な緑のカワセミがいるのです。

もちろんみぃちゃんには、それが何の鳥かなんて分かりません。

青や緑の羽が光に透けて、カワセミが飛ぶたびにキラキラと光ります

わぁ、綺麗。

みぃちゃんはうっとりと魅入られたようにカワセミを見ています

当たり一面にセミの声が響き、時折遠くから車のクラクションが聞こえました。

3分でしょうか、いいえもっと長い時間、みいちゃんカワセミを眺めていたのかもしれません。

綺麗なカワセミを唯うっとりと眺めていたはずのみぃちゃんですが、何故だか次第にみぃちゃんの心のもっと奥の、みぞおちの辺りから、ムクムクと怒り、遣る瀬無さ、焦燥感、苛立ち、憎悪嫌悪...様々な負の感情が沸き上がってきます

ここがジクジクする。

お腹と胸の間辺りに手を置いて見ながら、みぃちゃんは思いました。

もう行こう、早くお菓子を買ってそして帰らなきゃ。お母さんが待ってる。

ジクジクの原因が分からないながらも、みぃちゃんはここにいてはいけないと感じ、その場を離れることにしました。

でも最後にもう一回、あの綺麗な鳥を見たい。

みぃちゃんはお別れを言うつもりで、もう一度カワセミを探そうと、頭を上げて川の方に目を向けました。

カワセミは確かに居ました。ただし川の上ではありません。

音もなく、みぃちゃんの顔の目の前に飛んできて、そしてそこにぽっかりと浮かんでいるのです。

「お前なんか生まれてこなきゃよかったのにね」

2019-07-10

無職なので辺野古座り込みバイトしたいんだけど日当いくらくれるの?

元じゃなくて円で払ってもらいたい

2019-06-29

若い人ってあんなに愚かなんだろうか

親子で久しぶりにディズニーシーに行った。

マーメイドエリアアリエルプレイグラウンドという、

比較子供が楽しめそうな屋内型の施設に入ったんだけど、

若い女性や男女のグループカップルインスタ映え達が

マナーも守らず必死写真撮影してて萎えた。

王子銅像に無理矢理登りツーショット写真撮影

とどまらないでと言われた小さめのトンネル撮影し、

キャストに注意されて一度どくも、いなくなったらまた撮影

あとは、地べたに座り込み昼寝。

屋内型のエリアは小さめに作られてて嫌でも視界に入ってくるので、

正直うんざりして、もうディズニーには行くまいと思った。

自己顕示欲にあれられた。

出かけるときパリピのいる場所は避けてたんだけど、

まさかディズニー子供押しのけて長時間居座って撮影してるなんて考えてもなかった。

考えてみれば、ツイッターデマ著作権無視した画像をリツイしてるのも若い人が多いし、

若いって人の迷惑って考えないものなのか?

なんか思慮が足らないよな。

2019-06-13

デモじゃ世の中は変わらない

香港デモブコメでなかなか面白い意見を見た。

デモ工作員入れて暴徒化鎮圧というやり方があるとして、これに対抗するデモのやり方ってあるんだろうかと考えてしまう。デモそもそも民意を示すために数が重要という側面があり、工作員を防ぐ方策がなさそう

アラブの春の結果を見ればわかるだろう。デモじゃ世の中は変わらない。

といってもオレはデモ否定しているわけではない。古典的な"デモのやり方"を否定しているのだ。

権力側はあらゆる手立てを使ってデモ破壊工作している。武力行使しかり、個人情報の利用しかり、言論統制しかり。つまりテクノロジーと融合している。

このブコメにあるような脆弱さも突くことができる。大義名分などいくらでも作れるのだから

一方で、デモ座り込みハンガーストライキデモ行進。

竹槍でB29と戦うようなもの、ぼろぼろの商店街マーケティングされた大型ショッピングセンターと戦うようなものだ。

はなから勝ち目はない。

もちろん一つの解決策は選挙制度だけど、選挙制度機能していない独裁国家では難しい。

デモテクノロジーを融合した新しい戦い方はあるんだろうか。

2019-05-19

anond:20190519110033

そうなんよな。

非正規男性結婚して、専業主夫マネージャー的な役割をしてもらえれば良いんだろうけど、残念なことに、非正規男性ってそういう事務処理能力が欠如していることが少なくない。

まあ、ワンチャンあるとすれば、介護とか稼げない職種を選んだタイプ男性とかかな?

あの手の仕事は散漫なタイプじゃ務まらないので、マネジメントをお願い出来ると思う。

そこそこの大学福祉学科とかに行って、NPOとか社会福祉法人事務局に居るような男性も、世話好きで面倒見が良いんじゃなかろうか。

マスダちゃん生活費ベースを作り、その男性は稼げないけど好きな仕事をする、ってのもアリかもしれない。

(とは思うけど、実際は、社会への理想が強い余り、生活よりも市民運動かに没頭し、数週間単位座り込みに出たり、支援対象者を家に連れてきたりと、暮らし環境侵食される恐れはあるので、その辺の線引きと話し合いは出来る相手を選ぶ必要はある)

2019-02-06

anond:20190204131144

大義も対案もなく、自分思想を押し通す為だけに反対運動をしてもいいのなら、反対派の顔を印刷したプラカード落書きをして、座り込み罵声を浴びせる等の迷惑行為をして、終いには火炎瓶を投げ込む事もあるかもしれない。

仲間を殺すのも国民を殺すのも民主主義を嫌うのも平和を壊すのも全部日本軍自衛隊じゃん

自分らを侮辱するなというくせにほかの勢力個人はへいぜんと攻撃する二枚舌

平和主義者が自衛隊を恐怖するのは過去最近事実根拠があるが

自衛隊平和主義者に因縁をつける理由の全部が妄想根拠

2019-02-04

自衛隊反対とか言うけど

幼馴染が自衛官になった。

親しくしてくれる人にも、元自衛官がいる。

から、私は自衛隊の心を傷つけようとする反対派が憎い。

大義も対案もなく、自分思想を押し通す為だけに反対運動をしてもいいのなら、反対派の顔を印刷したプラカード落書きをして、座り込み罵声を浴びせる等の迷惑行為をして、終いには火炎瓶を投げ込む事もあるかもしれない。

でも、それをして何が生まれるのか。

新たな争いの火種を撒き、私のような無関係人間にまでマイナス感情を植え付けるだけだ。

是非反対派の皆さんには、平和的な話し合いで解決出来るようになってほしい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん