「やぶさか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: やぶさかとは

2020-09-13

anond:20200913125850

・1人がいい、他人行きたくない

温泉(自分のペースで入りたい、日帰り・宿泊問わない)

二泊三日以上の旅行(後半、疲れてくると機嫌を維持できなくなるから)

カラオケ(好きな曲歌いたいから)

・1人でも楽しい他人がいても別によい

居酒屋

焼肉

動物園

フルーツパーラー

喫茶店

軽めの登山

一泊二日の旅行


・1人で行ったことないけど機会があればやぶさかではない

高級料亭

フランス料理

海外旅行


・1人で行きたくはない、誘われたら行く

お祭り

遊園地

海・プール

2020-09-07

2020トウキョウは”中止”が妥当

マジレスするけど、自分の好きなイベントであるからこそ中止を希望するという側面もある。

anond:20200907172200

たとえば、1936ベルリンオリンピックは、様々な問題を抱えていたナチスドイツが、それを懸命に糊塗して開いた大会であるが、結局のところ、世界史的には、独裁政権オリンピックまでプロパガンダの場にした大会、「ヒトラーオリンピック」として記憶されている。また、1976モントリオール日本的には1980モスクワ東側諸国には1984ロサンゼルスオリンピックは、いずれも諸々の事情により、ボイコット国が続出した大会として、不参加の国の代表にとっては苦い記憶大会名となっている。

今回の東京大会は、「独裁政権によるプロパガンダ優先」のほか、「全然アンダーコントロールではない原発事情」「世界的なコロナ流行」のため大量ボイコット危険もある、更に、大会後参加国関係者(中でもその国を代表するアスリート等)が帰国コロナを発病したりしたとき、「なぜ大会を実行したのか」との批判を受けるリスクも大きい。そして、国内的には、酷暑に対する見込みの甘い対策、過小に見積もられ過ぎたせいでどんどん膨らんでいく予算、延期のせいで更に必要になった予算や他への影響……など、未解決問題リスクなどが山積みである

このような状況にTOP真摯に向き合い、きちんと方向性を示した上で大会運営を進めた結果、「2020トウキョウ」が素晴らしい記憶とともに刻まれ大会となるなら、応援することもやぶさかではない。だが、現状そういう姿勢は見えず、ただただ「やりたい。コロナリスクなんて反対派の宣伝だ」「ワシの花道を飾りたい(あとのことは知らない)」「選手気持ちも考えろ(関係者商売もな)」という、たいそう不誠実な姿勢しか見えないので、残念ながら素直に支援はできない、というのが正直なところだ。現状でやるのは、リスクが高すぎる。「2020トウキョウ」を悪夢代名詞にしてはならない。現在自民党政権は、国内でどんな問題が起こってもプロパガンダ握りつぶすことができる、と学習してきたため、失敗を認めて改善するということが大変下手だ。だが、その同じやり方で、世界を巻き込んだ失敗を起こしたら、電通いくら金を積んでも何の意味もない。日本という国自体世界から攻撃され、安くみられることになり、今後の経済外交的に大きなダメージとなる。

しろ、「開催したい派」の根拠は何なのだろうか? 商売の都合?(経済的にというが、それは極めて短期的な話ではないだろうか?) コロナリスクを低く見積もっているから?(疫病に関する問題は、政治ではなく科学言葉で語るべきだ) やりかけたことを無駄にしたくないから?(そういう人には「コンコルドの誤り」という逸話を贈ろう) ……いずれも、私には説得力が感じられない。過ちて改むるに憚ることなかれ、という。中止の判断は、一刻でも早ければ早いほどよい、と思う。

2020-08-26

Aセクノンセクと失恋した客の話

最近話題になってる漫画(ノンセクの人を好きになり勢いで付き合ってもらったものの、性愛関係がないことに耐えきれずキスしてもらって別れた話)のことを考えてて思い出した事がある。

ピンサロで働いてたのだが、そのときフリーで当たった客がフラれたてホヤホヤだった。

どうやら男友達で集まって慰めの会をしているらしく、私はまさにその主役に当たった。

飲んでお姉ちゃんと遊んで忘れようという男の友情、ほんとにあるんだなーーと感心したが、ご本人はいざ席に案内され、見知らぬ女の子と2人きりになり、冷静になってしまったらしい。

普通に会話をし、いざサービス、と至りたかったが、どうしてもそんな気分になれない、それより話を聞いてほしい、というので、店に入って数ヶ月のまだウブだった私は素直にしたがった。

いかに好きだったか、まだ好きなんだ、でも無理なんだ、みたいな話だったと思う。

結果私は呼び出され、店のボーイにしこたま怒られた。ここはピンサロなんだからサービスしろと。

本人が無理って言ってるんです、と素直に話したところ、ボーイがお客さんと話して、結局途中で帰ることになった(んだと思う、記憶曖昧)。

見送りをするために席に戻ったけど、まぁ気まずいこと。

本人が納得して払ったおかねでノンサービスならそれでもいいじゃん、と正直思ったし、そのとき本人が求めていたのは、人肌じゃなくて気持ちの寄り添いだったんじゃないか、と思う。

今考えれば店の売り物は女の子セクシャルサービスであり、それ以外はあくまトッピング、そうじゃないものをメインにするなら別のお店に行ってくれという話なのはわかる。

このお客さんが帰った後もボーイにこんこん説教されて、正直納得いかんと思ったけどめんどくさいのでわかったことにしておいた。

ちなみに外見がだめだったとかではない、と信じたい。一応ランカーに入れたくらいなので……。

で、冒頭のノンセクAセクの話に戻るんですけど

自分ピンサロで数年働いたけど正直めちゃくちゃ相性のいい仕事だった。

私はスキンシップが大好きなメンヘラだったし、腐女子としてネタめにも事欠かなかったし、金ばらいはいいし……。

そう、スキンシップ大好き人間なので、「人と触れるのが嫌」「握手も無理」「同性でも抱きつかれたりするとゾッとする」というのが全くこれっぽっちも理解ができない。

幼い頃は同性の友人にすぐ抱きついてたし、旦那にはすきあらばチューしたい。

※だがセックスはそんなに好きではない。それよりオナニーのほうが安心して気持ち良くなれる。

スキンシップが苦手(または不要)なことと、ノンセクAセクはまた別の話かもしれないけれど、絶対要件くらいにはなるんじゃないかな……、と思いつつ、失恋ピンサロ相手性愛より親愛を求めた男の子も、その時の気持ちは近かったんじゃなかろうか。

これはノンセクAセクの人にとってはとんでもない暴論だと重々承知ではあるんだけど、スキンシップ大好き人間が、「スキンシップは苦手、無理」という感覚がどんなものなのか、共感できずともなんとなく理解的な何かをするために思い出したのが彼だったという、とりとめのない話です。

ところでノンセクAセク、きちんと理解しているわけではないので、スキンシップ等も含めて無理という感覚絶対必要条件だったら、もう「汝は森で、我はたたら場で暮らそう」以外ないんじゃないか、と一瞬思ったんだけど、そうじゃなくて、理解できずとも共存できる世界がこれから出来上がってくんじゃないですかね。

そうだといいなぁ。

指向においてはマジョリティである自分エントリが、誰の目にも触れず触れたとしても誰かを傷つけませんように。

※読み返していて思ったんだけど、大好きな旦那とのセックスよりもオナニーのほうが安心してイケるというのも、性愛の性指向一種なのかもしれない。

私は旦那とのセックスも(妊活中なので)やぶさかではないが、嫌だと思っている配偶者に無理やり強要して致すのは、結局片方のセクシャリティ毀損しているのかもしれない。

ネットでは「したくない側に寄り添うべき」という意見を多く見かけたように思うが、恋人間、夫婦間でお互いが納得しているのであれば、それは他人が口出すことではなく、当事者同士で慮ってやるべき範囲の話と思う。

2020-08-18

彼氏仕事続かない

ブラックを引き当ててるのか、根性がないのか

まあどっちもどっちとは思うんだけど、

これまで出会った中で誰よりも優しくて思いやりのある人だから

ちゃん幸せになってほしいし、私が幸せにしてあげられるなら一緒にいたい

優しい人って社会人大変だよね、世の中ロクでもないし

そこらへんの汚れ仕事はそこそこ要領の良い私が引き受けるから

彼氏には世の中を呪わずのんびり幸せでいてほしいなあ

私が養うのは別にやぶさかでもないんだけど、彼氏は引け目を感じるんだろうなあ

適材適所で良いと思うんだけどね

2020-08-17

anond:20200817125231

おっと失礼,君"たち"のやっている罵倒の羅列に文脈などあったものではないから,こちらとしては全く判別できなかった.すまない,君たちみたいに文脈構成できないような人たちへの配慮が欠けていたことは認めざるを得ない.

彼については根拠を示してくれれれば私としても考えを改めるのにやぶさかではないが,そのような見込みはどうやら薄そうですね.仕方無い,私も是非彼に説得されてみたかったものだが,これでは私は自説の正しさを確認するよりほかないね

2020-08-05

友川オルタ存在するという話

ちょっと前に流行ったあの漫画の友川の話

友川=綾城のような所謂『神絵師、神字書き』ポジション人物に並々ならぬクソデカ感情を抱く立場キャラクター

みたいなふわっとした感じで、結構な数の人が私は友川だな…いや友川みたいに頑張れてないけど… といった反応をしていたのをよく見た記憶がある(記憶いかもしれない)

けれど友川という女は、そんな我々地獄の住人すべての魑魅魍魎を兼ね備えていただろうか もっと清廉として無垢存在ではなかっただろうか

似ているなどと言うのは自意識過剰も甚だしいお門違い、ちゃんちゃらおかし集団幻覚であると思う

そもそも貴方が友川なら 元々居る友達と馴れ合うのに忙しくて成長などしないだろう

そもそも貴方が友川なら 綾城を追い求めたい人物ではなく『到底手の届かないコンテンツ』として見るだろう

そもそも貴方が友川なら あそこで誰かしらに焼きマシュマロを送っている、もしくは正論で叩ける素材がないか血眼になって探すだろう

そんな貴方が友川なら、それはもう友川ではないだろう

この話はそんな貴方が友川である仮定した時、貴方は『友川オルタであるだろう と主張する私による熱を出した日に見る夢みたいな話だ

上記の話がいやそうでもないな…という方は普通に純血友川だと思うので読まなくていい話です 他の記事を読んでください





まず友川にとって綾城は「到底手の届かないところにいる、けれど惹かれる人物」だ

そして貴方にとって綾城は「ギリ手の届く範囲にいてなおかつ尊敬に値する人物」だ

この違いは、読めばわかるとは思うが要するに登場人物か、読み手(神視点)かどうかの違いだ

この物語の終わりに友川は綾城に手が届いた それを知っている貴方にとって綾城は、『とてもすごい人だが何らかの奇跡(この場合友川の努力)によってなら手が届く対象』でしかなくなった

そういう対象現実世界存在するならどんな人物か、これは絵描きにのみわかりやす表現になってしまうが『好きな人片思いフォローをしていて、フォロバは帰ってこないがたまにRTいいねが飛んでくる絵ウマ人』、または『好きな人相互だが明らかに実力に差があり、なぜフォローをしてくれているのかわからない けれどたまにいいねはくれるしTwitter外での交流乱入OKの絵チャとか通話)はおそるおそる行ってみることができる絵ウマ人』といった人物

相互である時点で後者の方が当てはまりやすいかもしれない、だが長期的に見れば前者も充分に可能性はある ジャンルが変わった頃にしれっと別垢で繋がれる事もあるのだから

貴方はそういう対象にある日突然スイッチが入って『好き!』になる事があるのだ

勿論貴方の観察眼が鋭いのであれば、ある日と言わずインターネットの海で出会った瞬間に『好き!』となるだろう これが友川に起こった現象に似ている上に混ざることもあるので実にややこしいが 勿論本件の貴方のものと友川のものは全く違う

貴方の『好き!』の瞬間には短時間で実に巧妙で打算的な判断がある それは

「到底手の届かないところにいる」か、

「ギリ手の届く範囲にいる」かどうかだ

もし貴方が前者であると思ったなら、それは相手を「コンテンツ」として見る事が決定した瞬間だ、貴方は昨今創作者に忌み嫌われる「創作者を、創作物を生み出す機械として扱う人でなし」になる ただ人によっては「コンテンツ」に感情移入し優しい言葉をかける奇特な方も居るが、そんな人も大抵暫くしたら飽きてポイしてしま

では後者相手が「ギリ手の届く範囲にいる」としたら?

それは貴方が『友川オルタ』として、魑魅魍魎の名に恥じない大惨劇を見せてくれることが決定した瞬間だ

好きな人が手の届くところに居る、話しかけたら親切に返事をしてくれる程度に程よい距離に居る、そして心も 手の届くところにあるという 確固たる自信があなたにはあった

その人が好きだ、どうしようもないほど好きになった、何故好きになったのかなんて些事にすぎない、きっかけはその人の作品なのだから その人の作品が何より好きなのだ

頭の中があの人でいっぱいになる なんでも許せる気がする 偶の陰鬱愚痴も、優しい言葉で包んであげたくなる 不安げに投票機能で皆の反応を伺っていたら 空中リプライ貴方選択が何より正しいと示してあげたくなる 収入があればある程度であれば貢ぐのもやぶさかではない、勿論感謝なんて必要ない 何かを捧げるだけで嬉しい気持ちでいっぱいになる それだけで十分元は取れているのだから……

さて、ここで相手がどう出るかによっては あなたの目論見は上手くゆかれないことになる その鍵となるのはその相手が「過去貴方のような人間人生か心をぶち壊された、または危ないところまで行ったか 否か」だ

もし相手人生豊富なら 相手貴方を拒絶するだろう もちろん貴方がそんな相手も騙し通せるほど人心掌握に長けているのなら 落としきることも不可能ではないだろうが

そしてこの相手判断がその人にとって最後の砦になる 何から守る砦なのかというと、勿論貴方だ その人を頭から食らって骨までしゃぶる準備万端の 化け物から守る砦だ

そしてその砦が破れ、相手貴方に心を開いた瞬間 それが終わりの始まりになる

何が起こるのか、ここまで読んだ方なら オチ何となく察しがつくだろうと思うが、ヒントは貴方の「到底手の届かないところにいる」相手への反応だ

そう、いずれ飽きるのだ

そこまでして傾倒した相手に飽きる、場合によっては嫌うこともある そうなれば地獄度は増すがちょっとズレるのでそれは置いておいて

なぜ飽きるのか?という話だ そんなに好きだったのに貴方は何故 一瞬にして尊敬すべき相手への興味をなくしてしまったのか 無視ブロック、垢消しなどで相手を大なり小なり傷つけてでも逃げようとするのか

そんなもの理由なんてない 興味が無くなったのだ

別の人が好きになったということもあるし、単純にジャンルが変わることもある、時にはSNSすら触らなくなることだってある

だってしょうがないじゃないか、あの人は「貴方に好かれているという立場にあぐらをかいて 特段貴方繋ぎ止めようとはしていなかった」のだから、引き続き好いていようと、離れようと個人自由

「私がなにかしたの?」と言うそ言葉すら鼻で笑えてしまうほどにほとほと興味も尽きてしまった、ただそれだけの話

そうして貴方は、本当に手が届いてしまった「好き」の回数だけ相手に飽きてちいさな地獄を作ってその屍を背に生きていく まるで化け物だ この話のはじめに出した「友川」なんてかわいらしい年端も行かない聖処女のようだ

そんな貴方が「この話に感情移入するなら友川かな……あ!勿論こんなに頑張れるようなすごい人じゃないけどね……」と言っている

もう一度言うが ちゃんちゃらおかしい、自意識過剰も甚だしい、幻覚を見るのならもう少し現実を混ぜた方が幸せになれるというもの

……ただそれでも貴方が「友川」であると言うのなら まさしく『友川オルタ』の名前が相応しいだろう

誰も傷つけることな物語を終えた友川とは正反対の、これからも終わることなく誰かを傷つけてゆく者にお似合いであると、思う



※この物語フィクションです※

2020-07-19

2年前のメモにあったキモい文章

スマホメモ見返してるとときどき昔書いた小説モドキみたいなのがあってゲェッ最悪!と思う

晒そうかな(自傷行為)

俺の思う最高にかわいい女の子を書くぞ!思って書いていた記憶がなんとなくある しかし…キモい

 

○1年・7月

黒板を隅々まで綺麗にしていく彼女の軽やかな動きをぼんやり眺めていると、突然声をかけられた。

「きみ明日の日直だよ、吉田君

彼女花崎さんとはほとんど話したことがないから少し驚いたが、よくみると彼女はちょうど「明日の日直」の欄を書くところだ。いま苗字を書かんとする人間自分のうしろに座っていることに気がついたから、なんとなく声をかけてみたのだろう。

そうだね、と適当に返事をして頷いてみせる。

「がんばってくれたまえ」

気取った調子でそう言って教壇に座ると、花崎さんは学級日誌に取り掛かった。弱くも強くもない筆圧で、今日時間割だとか欠席者だとかを書き込んでいく快い音がする。

教室にはほかに誰もいない。男子の日直である矢野君は重大な用事があるとかで帰ってしまって、花崎さんがひとり日直の仕事を片付けていたのだ。僕はといえば特に何かがあるわけでもないのだが、なんとなく高校時代放課後教室というものに浸ろうと思ってぼんやり座っている。

やがて「できた!」と小さな声が聞こえた。立ち上がった彼女になんとなく目を向ける。

目があった。

「読む?」と聞かれて、答える前に「読まない!」と先取りされる。「なぜなら明日読めるから…」と少し声を低めて歌うように言いながら彼女教室を出て行った。

読むにやぶさかではなかったのだが、明日読めると言われればそうだ。ヘンなひとだなあ、と思いながら教室意識を戻して、そのままひとりで20分くらい座ってから帰った。

○2年、5月

たまにはぶらぶら歩いてみるのも悪くない、と思って日曜日にわざわざ高校のある町まで出てきてみた。通学定期券がなければ片道400円近くもかかるところだと思うと、なんとなくありがたみがある。

目を向けたこともなかった駅前観光案内板を見て、コースを考える。公園展望台にいって大きく外すことはないだろうからここを終着点にしよう。そのごく近くの城跡にもせっかくだから寄ることにする。道中に菜の花畑なるものがあるな。たぶん今くらいがちょうどシーズンだし、ここにも寄って損はあるまい。その側の用水池というのも気になる。水面が見えるタイプだと嬉しいのだが、フェンスがあるだけかとガッカリするのもこういう散歩醍醐味かもしれない。

ボンヤリと行きたいところを決めて、携帯電話地図アプリと案内板を照らし合わせつつルート確認する。ざっくりわかったところでひとつ息をついて歩き出した。幸い今日は随分いい天気だし風も適度にある。よい一日になりそうだ。

順調に歩いて菜の花畑まで来た。道沿いにそれなりの数の菜の花が咲いている様子は壮観…とまでは行かないが、天気と相まってそれなりに見ごたえがある。のどか気持ちに浸りながらゆっくりと歩をすすめていくうち、前方に人影があることに気がついた。

あの人なんとなく知り合いっぽいな。熱心に花をみている様子だ。

近づいていくと向こうも気づいたようで、こちらをむいた。

「あれ、吉田くんじゃん」

華やかに笑って右手ひらひらと動かしたのは花崎さんだ。つられて手を振り返しながら、何してんのと聞いてみる。

花見てたんだよ。花崎だけに」

案外くだらないことを言う。冗談なのかなんなのかと少し当惑していると、それが顔に出ていたのか花崎さんは笑みを深めた。

「そんな困惑しないでよ、散歩してたら良い感じの花があったから見てただけ。吉田くんこそ何してんの?この辺じゃなかったよね、出身

いかにも僕は5駅離れた田舎出身である、と答えると、彼女は思案顔になった。

「ここってはるばる来てまでやることあるちょっと待って、考える……」

案外あるというのが僕の答えだが、考えるという彼女言葉尊重して菜の花畑に目を向ける。ときどき横の道路を車が走っていき、遠くから子供の声が散発的に聞こえ、鳥の鳴き声がする。ごく静かないいところだ。花崎さんもこのあたりに住んでいるのだろうか?気になったので尋ねてみる。

「あ、わたしわたしはそう、この辺だよ。本当にこの辺。目と鼻の先と言っ……たら過言だけど、比較的過言じゃないと思う」

辺りを指し示すジェスチャーをしながらそう言って、彼女はまた考えはじめた。

まあ近くに住んでいるらしい。高校に徒歩で行けるというのは羨ましいなとぼんやり思っていると、声をかけられた。

「四案あります。いち、学校忘れ物をしたので取りに行っている。つまらいね。に、だれかこの辺りに住んでいる友達と遊びに来た。これもあんまり。さん、部活妥当だ!よん、この町が大好き。ありえなそう。わたしはいちだと思ってるんだけど、どう?まず正解ある?」

ヘンな人だなあと感嘆しつつ、この中に答えはなく僕はただブラブラしたくてタダで来れるこの町に来たと事実を告げた。彼女は少し驚いたような顔をする。

「タダで来れる!そっか、そういう価値基準もあるよね。奇特な人だ。どうこの町、歩いてみて?」

まだそれを答えるには走破距離が足りない、と伝えると花崎さんは「たしかに!」と笑った。公園展望台に登るまでの脇道にある送電塔がけっこうオツなものであるという情報を教えてもらい、彼女と別れる。もう少し花を見てから帰るとのことだった。花崎だけに?と聞くと、花崎だけに、と笑われた。

2020-07-13

anond:20200713134345

増田自身結論は出ていないようだが、これはどのような種類の弱者なのだろう?

属性次第ではリベラルとして保護することもやぶさかではない。

2020-07-06

アマビエ商標出願について

たぶんヤフー栗原潔センセが詳しくかくけど目次だけ先にいっとくね

・他のだれも出願前に使用実績がない分野(ジャンル)で、一番最初に本気で商売しようとして権利申請した場合商標が取れる可能はいつでもある 著作権とちがって先着かどうかがさほど重要でない

・4条1項19号で「他人邪魔するための取得」はアウト しつこくやってた馬鹿がいるけどね どうしても出願料を国庫寄付したいというならやぶさかではない、特許庁も金がいらないわけじゃないからな

・結果はこれから出るので大騒ぎしなくていい

電通おまえは広告会社やろ そこでジャンプしてみぃ ココアと茶を出してみぃ あーん? ほんまにワニといいそういうとこやぞとは言える コンプラな!

・あとついったー禁止がどうとかの絵ちょっと変な風説まじってるからまるのみにすんな

栗原さんとおなじ職業のヒト全国にいるからつかまえてきいて 1時間しゃべって取材料5000円+原稿チェックありで掲載されたら印税もだすっていえばたいていのことは教えてくれるんじゃないか、しらんけど

2020-06-22

anond:20200622122337

そうだろうか。内心の自由は測ることができず、触れることも束縛することもできない。外部から縛ることができるのはそれが行動に出る時のみだ。

たとえばわたしは今、ラーメンを食べたい。ものすっごくラーメンが食べたい。とんこつ系のラーメンが食べたい。醤油系のラーメンに乗り換えることもやぶさかではない…と思いながら仕事をしているわけだが、それを外部の人が測ることも、ましてやとがめことなどできるだろうか。内心に存在する個人ラーメン自由ラーメンが伸びていてもかまわない。怒る人もいるだろうが、伸びたラーメンを食べたいと思う自由はある。伸びきったラーメンを食べて、と人に出した時に、はじめて殴られる可能性が生まれる。

2020-05-28

自民党夫婦別姓に反対する理由を正直に言え

俺が不思議に思うのが、結婚した夫婦の96%のケースで女性側が姓を変えていることだ。結婚したら女が姓を変えなければならないなどとは何処にも名文化されてはいないのに、なぜこのような実態になっているのだろうか?実際俺は結婚する時、どちらの名字にするか妻と相談した。妻が姓を変えたくないというなら、俺が姓を変えることもやぶさかではなかった。しかし妻は、「いや、普通に夫の名字に変えるよ」と言った。自らの姓にこだわりがないのかもしれないが、俺にとっては若干拍子抜けであった。「結婚したら女性苗字を変えるもの」と刷り込まれているのかもしれない。

昨今、選択夫婦別姓が取り沙汰されることが多くなってきたが、これに強硬に反発しているのが自民党である。曰く、夫婦同姓は家族の絆の証、別姓などというものを認めれば家庭が崩壊するというのである。では、外国人との結婚で別姓を認めているのはなぜか?別姓が主流の外国では全ての家庭が崩壊しているのか?そもそも日本でも明治以前は別姓、というか姓すら無かったのではないか?もはや自民党には公にはできない別の理由があるのではないかと勘繰ってしまレベル陳腐な反対理由である。もし現在強制的夫婦同姓を続けるというのなら、結婚した夫婦の半数は男が姓を変えるようにすべきではないのか?社会同調圧力女性側が無意識に姓を変えることを受け入れているとしたら、これは暗黙的な男女差別に他ならない。夫婦同姓ならぬ夫婦男姓だ。もし現在夫婦同姓が真に男女平等制度だというのなら、役所婚姻届を提出する際、所員がサイコロでも振ってどちらの姓にするか決めるようにすれば良いのである。そうすれば50%確率で男が姓を変えるようになり、真の意味での男女平等自民党の言うところの強固な家族の絆が結成されるというわけだ。

自民党disるような物言いになってしまったが、俺は別にアンチ自民党というわけではない。むしろ金融緩和によるデフレ脱却を目指した経済政策アベノミクスについては評価している。ただ多様性を認めず、頑なに強制的夫婦男姓を固持する姿勢に疑問を感じるのだ。自民党側に夫婦別姓を導入できない真の理由があるのなら、正直に話して欲しい。

追記比率修正しました。指摘ありがとうございます

2020-04-27

anond:20200427004658

風俗で働くことを選んだ時点で、「他にいい選択肢があれば選びたかったけど、次点として風俗で働くこともやぶさかではない」女でしょ。

そもそも不況とき仕事を選んでられないのは、誰でもそうなわけだし。

生きていくために望んだわけではない仕事をすることはままあることで、殊更風俗だけを特別扱いするのは違うんじゃない?

2020-03-18

男友達は雑に扱うみたいな棘が燃えますね……

個人的には、これは女サイド、というよりも、最初発言者批判してるサイドの言い分に筋が通ってないと思うんだよな。

男は、というと主語大きすぎて語弊があるけど、最初発言者の人は、どうも女には男とは違うプロトコルがあり、気を遣うことが大事とされるらしいから、男同士でいるときよりは気を遣おう、というのを前提としてきた……っていうのはさすがに読み取れるよね?

俺もそうだよ。どうも女の付き合いというのは気遣いとかそういうのが大事らしい、と薄々知ってはいるので、男の付き合いとは違ってなるべく気を遣って異文化交流しようとしていた。

で、そこに女の側から「『女扱い』してほしいんじゃない! 普通に対等な人間として扱って! 具体的には同性の友達を扱うように!」って言ってきたわけ。

とすると「え? ほんとうに同性の友達と同じように扱ったらこうなるけど?」って言うほかないじゃん? 本当にそれを望んでいるんですか? って。

そしたら「男同士には他人尊重する文化がないのか! 礼節を重んじる女同士と違ってなんて野蛮なんだ!」とお怒りになっている。

先進国民向けにお客様待遇してあげてたら「こんな侮辱的な扱いは信じられない! ちゃん自国民並に扱って!」と言われた発展途上国の人みたいなすれ違いはあるな。

え? お客様待遇やめてほしいの? ほんとに自国民並でいいのね? って確認しただけなのに怒られる発展途上国の人かわいそう。

そして問題は我々は発展途上国で満足しているのであり、むしろ先進国のようには振る舞えないし振る舞いたくもないか発展途上国サイコー! と思っていたりするということだ。

相手尊重しているし自分大事にしているからこそ、「細やかな気配りなんてするのめんどくさいし、相手もそれは同じだろうから、俺とお前のあいだでは最低限の気配りしかしないってことにしといた方がお互い楽。なんか追加で気配りしてほしいこと(疲れたから歩く速度を緩めてほしいとか、ソファ席に座りたいとか、えらいことしたから褒めてほしいとか、そういう)があったら自分から言えよ、俺も自分で言うから」って態度になるんだよな。

相手不愉快にならないようにお互い細やかに気配りしよう」とは真逆理屈だが、それでもこれは配慮ひとつの形なのだ……ということはさすがに理解してもらいたいわけだが。

それなりに配慮の上に成り立っているプロトコル一方的に野蛮だの他人尊重してないだの言われる筋合いはないだろ。多様性とかどこいったんだよ。

少なくとも日頃多様性だの何だのと言っていた女の論客のかなりの割合一方的に男のプロトコルを野蛮だのと決めつけて「あなたにはもっと友達から尊重される権利がある」とか的外れなこと言ってるのは失望しかなかったよ。

いやだから相手尊重してるから相手に余計な気遣い要求しないし自分を可愛がってるから相手に余計な気遣いをしないってだけです……俺は友達尊重してるし俺は友達から尊重されてます……

相手尊重してるから丁重に扱うし自分を可愛がってるので相手から丁重に扱われることを望む、という論理とはまるっきり逆だというだけ。これはどちらが良い悪いでもない。単に同じ前提(相手尊重したいし自分大事にしたい)から真逆結論が出てくる典型的な事例。相手尊重しなくていいとは誰も思ってない。ただ尊重のありかたが違う。

南の島で裸に腰蓑で気楽に暮らしていたらヨーロッパ人宣教師が現れて「裸に腰蓑なんて! もっと自分大事にしてスーツとかの文明的な装いをしなさい!」って言われてる気分。そりゃあんたらの国は寒いだろうからスーツが快適なんだろうけど、こっちだと蒸して暑いだけだから嫌なんだよ、裸に腰蓑がいちばん快適なんだよ、みたいな。

いやある意味宣教師よりも悪質だな。ヨーロッパ人は整った衣服を重視してると聞くからちゃんと長ズボンを穿いていったのに、「我々を侮辱しているのか? 同胞といるときと同じ装いをしろ!」と言われたので「それって裸に腰蓑で行ってもいいってこと?」と確認を取ったらなぜか怒りだした。マジで理解不能。同胞といるときと同じ服を着ろと言ったのは自分なのに裸に腰蓑姿を見て怒りだすとか何なんだよ。

こちら側に問題があるとすれば異文化理解解像度が足りなかったことか。要するに長いズボンを穿いておればいいのだなと理解していたら首に細い布を巻き上掛けを羽織必要があるとは思ってもみなかった、みたいな。それを知らずにユニクロの長袖シャツジーンズで行ったのはまあ悪かったよ。我々裸族としては、なるべく着衣族の習慣に合わせた衣服のつもりだったのだが……)

でもって、これがホンモノの宣教師なら「まあシューキョーやってる連中は頭固いか土地ごとに違う文化があるってわかんないんだね」って諦めモードにもなれるんだけど、日頃多様性とか言ってる人たちが急速に自文化age他文化sageを始めたのは絶句するほかない。びっくりするほど自文化中心主義!

こっちは少なくともあいつらは違う文化を持ってるんだなぁという程度の知識はあったのに、なんであいつらは我々がぜんぜん異なる文化の持ち主だって気づかず今頃になって驚いてんの?

「南国人にも腰蓑は嫌だからズボン穿きたいって人がいるよね」という話なら、「そうだね。スーツは窮屈だから国人みたいにラフな格好したいヨーロッパ人もいるよね」ってだけの話だから異論はないです。

「南国人と言っても色々いるだろ! 一緒にするな!」そうですね。腰蓑族である我々の村でペニスケース一丁の人を見かけたら流石にギョッとしますし、逆にお隣の村に行ったらアロハシャツを着るのは最低限だろという怒られが発生することもあるので、南国人といっても色々ですね。きっとヨーロッパ人の間でも「スーツ着るのめんどい」とか色々なグラデーションがあるんでしょうね。そこにも異論はない。

私たち文化ではスーツを着ている人が重んじられるんです」そうなんですね、ところ変われば色々な文化がありますね。多様性ですね。別にそこに文句はないですよ。そちらの文化ではそうなっているんですか、勉強になります

でも「裸に腰蓑なのはおかしい」とか「スーツもまともに着ないなんて人間として尊重されてない」とか言ってきたら「余計なお世話だうるせえよ」って言わざるを得ないってだけ。だってスーツってパリッと着こなせばかっこいいことは認めるけど暑くて窮屈で着るのめんどくさいじゃん。蒸れるし。裸に腰蓑のほうがよっぽど快適だよ。

で、下手な比喩はこれくらいにしておいて、お互いのプロトコルがこうまで真逆だと、異文化交流のやり方がわからない、っていう人が一定数出てくるのは当然だと思うんですよね。

男女共通プロトコルを新しく作りましょう、という話なら、まあ話を聞く用意はありますよ。男女双方がちょっとずつ快適さを捨てれば成り立つプロトコルってことですよね(男は他人配慮しなくともよい快適さを諦め、女は他人から配慮される快適さを諦める)。

でもどっちかのプロトコル統一なんて無理でしょう? 無理なことを要求するのやめよう?

どっちかに統一すべきだって主張するなら俺は女のプロトコルおかしいから男側に統一すべきだって言うよ? 本気で言うよ? だって雑で鈍感な人間でも気楽に生きていける社会の方がいいもの他人配慮できない人間針のむしろになる世界よりも、配慮してほしいことがあるなら口に出して言えよそうじゃねえとわかんねえんだからよ、っていう世界の方が絶対にいいよ。楽だよ。俺にとっては生きやすいよ。雑で適当な鈍感人間自分が生きやすプロトコルはこっちだよ。気遣ってほしいやつもこれで別に困らないだろ。気遣ってほしいことがあるなら言えばいいんだから

自分が客として気持ちよく過ごすために店員スマイル0円強要する社会よりも、自分労働者として快適に過ごすために無愛想な店員我慢する社会の方がどう考えても健全だろ。

今俺はすっごい女側のプロトコルを悪し様に言ってるわけだけど、このくらいは言っていいよね? 男のプロトコルにはあれだけ雑な批判を投げつけてもポリティカリーにコレクトな界隈では許されてるみたいだし、多少雑に女のプロトコルを叩いても問題ないって理解いいわけだよね?

女側が「それでも私たち配慮しあってお互いに快適な環境を維持するプロトコルの方がいい」というなら、別にそれは止めません。色んなプロトコルがあっていいよね。多様性ってやつだよ。

でもそうすると、何度も言うけど、どうしたって異文化交流のやり方がわからんとか、異文化の人たちが理解不能でこわい、みたいな人たちは一定数出てくるわけ。これは双方にね(もちろん、自文化が嫌だ、あっちの文化が羨ましい、みたいな人も双方に出てくる)。

そこは受け入れよう? 「人間扱いすればいいだけ」みたいな思考停止はやめよう? 「同性と同じように扱ってほしいだけ」がトンチキな要求だって自覚しよう?

友達の前でスーツ着てネクタイ締めてナイフフォークフレンチ食うのが「対等で親密な付き合い」の文化圏と、友達と一緒に裸に腰蓑の格好して手掴みで肉食うのが「対等で親密な付き合い」の文化圏があって、お互いに価値基準がぜんぜん違ってるときに、「人間扱い」なんて言われたってわかるわけないじゃないですか

スーツ民と会うためにわざわざジーンズ穿いてきた腰蓑民に「そんな格好で来るなんて我々を侮辱しているのか! 同胞と過ごすときのような格好をしろ!」って言うのがめちゃくちゃトンチンカンなのはわかるよね? むしろ異文化尊重しようとしているのは腰蓑民の方じゃん?(失敗してるけど……)

共通プロトコル統一しよう、我々も手掴みで肉を食うことにする、というならまあ上半身に服を着るのもやぶさかではないけど、自分たちはスーツナイフフレンチも捨てないけどお前らは腰蓑も手掴みも捨ててスーツを着ろ、それが「人間扱い」だ、なんて馬鹿理屈がありますか。異文化蔑視自文化中心主義にもほどがある。相手を対等な人間と見做してないのはお前らの側だろ……

自分たちの快適なプロトコルを維持したいなら「人間扱い」なんてフレーズ他者には通じないことを理解してください。「人間扱い」に共通見解見出したいなら自分たちのプロトコルを(快適さを多少犠牲にしてでも)変える覚悟を持ってください。

異文化交流はどうしたって理解不能で不愉快ものなわけです。私も何年間か外国に住んで、現地人の友達や親しい人はたくさんできたけど、それでもやっぱりあの雰囲気には違和感がある、ていうか現地人の距離感おかしくね、みたいな感覚は残って、そこが残るってのは結局どれだけ言葉やら習慣やらを勉強したって人類共通プロトコルなんて成立させるのはめちゃくちゃ困難だということじゃないですか。

私が行きたくて行き住みたくて住んだ国でも「やっぱりあいつらの文化にはどうも馴染めないところがある……」となるんだからたまたま同じ社会で隣り合って生きてるだけの人たちがお互いの文化をちっとも理解できないのは仕方ないですよ。だって別に住みたくて同じ社会に住んでるんじゃなくてたまたま隣人として生まれついただけだもの

まあその文化に馴染めないってのはお互いに仕方ないとして、異文化がそこにあることを認識しそういうものなのだ尊重する、が結局のところ第一歩なんじゃないかなぁと思いますね。

異性の文化を野蛮だの尊厳がないだのと侮蔑し「人間扱いしろ」なんて思考停止ワードをわめいてる内はそもそもスタートラインにも立ててないというか、ポリティカル・コレクトネスって知ってる? 多様性尊重について考えてみよう! みたいな啓発講座を受講してから議論に参入してほしいとしか言いようがないですけど……

ていうかこれアレだよな、研究テーマにいちいち口出してきて自由テーマ設定はさせないけど親身に進捗状況を尋ねてくれたり執筆を手助けしてくれたりする教授と、自由研究テーマを選ばせてくれるけど基本放置(会いたいと言えば時間作ってはくれるし指導してくれと言えば論文添削はしてくれるんだが自分からはやらない)な教授とどっちがいいかという話だよな……ウッ頭が……

ちゃぶ台返しすると、そら社会に出て社会人として、つまり同僚やら何やらとして知り合った相手にいきなり「仲良しの男同士のコミュニケーション」は適用しないですよ。そういう男のホモソは親しい間柄に限り、仕事上の付き合いしかない男や女には適用せず、一般社会でそれなりに丁寧な無難な扱いをしておく。それは女も同じでしょ? ただの職場の同僚にそんな細やかな察してコミュニケーション満載の女のホモソは適用しないじゃん? だからまあそれなりの相手には男女双方のホモから離れた中立的な取り扱いをしておけばよろしいのでは……それを「人間扱い」と呼ぶのは友達人間だと思っていないことになるのでまったく賛同しないけれども……)

2020-03-09

デリヘル嬢してた時に、こんなお客さんいたなっていう思い出。

毎週土曜日に呼ぶ人

しかも必ず21時頃に予約を入れる。そして、真っ暗な部屋にテレビだけ点けてプレイした。毎回、『世界ふしぎ発見』を観ながらする。五、六回目くらいのプレイで、騎乗位で素股をしている最中、ふと世界ふしぎ発見に気を取られた瞬間に体勢をひっくり返されて、本番に持ち込まれしまった。優しい人だったのだが、やっぱ油断大敵だった。

毎日日替わりで誰かしら呼んでる人。

某シティーホテルの、中くらいのグレードのツインの部屋を定宿としているのかなんなのか。私は三回くらい呼ばれたけど、いつも同じ部屋だった気がする。若い女の子の悩み事を聴くのがやたら好きな、五十代後半~六十代前半くらいの人だった。毎晩、店の子の誰かしらを呼んでいたが、一体私生活どうなってるんだろうねって、仕事仲間の間でよく話題になる人だった。

部屋にカーテンが一つもない人。

部屋に熱を発するものといえばその人本人しかいないので、お部屋に入るなりダッシュでベッドに潜り込んだものだった。何でかうちの店長からナメられていて、毎度指名で予約してくれるのに、毎度最後まで待たされていたのだった。その人の所に着くのはいつも明け方くらいで、玄関開けとくから勝手に入って来てねって、ドライバーさんに電話言付けて熟睡している。私はめちゃめちゃ揺すって起こしてプレイしてもらう。何でか私がお願いする立場に。

凄く太っていて、しかも全身毛むくじゃらなので、この人に抱かれると安心感半端なく、つい一緒になって寝落ちしてドライバーさんを困らせた嬢は、私だけではないらしい。

この人はシャワー貸してくれないんだけど、いつも最後相手からあいいか、と妥協して、汗とよだれとその他体液でベタベタなまま帰宅したものだ。

絶倫過ぎる教職の人

二回くらい呼ばれたかな。自分で、中学校先生してるって言っていた。プレイ時間正味四十分くらいの間に4回射精して、本番させてくれたらもっと出せるよ!!だから本番やらせて!とかなり食い下がってきた。プレイが終わると、真面目な先生っぽくなった。

ギリシャ彫刻に負けず劣らずな凄い肉体美の凄いイケメン

25歳だと言っていた。猛烈なイケメンなのに、私のことを一目見てホームページ写真よりずっと可愛いと言って、テンションとお竿をあげあげしていた。そこまで喜ばれるほどの者ではないです、と恐縮しきりの私だった。

その人は音楽関係仕事をしていると言っていて、部屋がキーボードとか何かよくわからない機材で溢れていた。

「どういう音楽聴くの?」

と聞かれて、音楽にはあまり興味ないんだよなあ、と思いつつ、強いていえば

Gacktかな」

と答えたら急に怒りだした。

「は!?Gackt!?!?!?どうしてよりによってアイツなの!?!?!?

Gacktに何か個人的に恨みでもあったのだろうか。

プレイ中あまりにも乱暴なので、大層な美形なのにデリヘルを呼ばないと性欲発散に困ることになるのも無理もないなと思った。私は首絞められないようにベッドの上で必死に逃げ回った。

店長曰く上客

なので、新人だった私は優先的にこのお客さんにつけてもらえたのだが、当然の如くに本番を要求してくるというか、当然の如くに、「はいむこう向いて、四つん這いして」っていって、サクッと挿入して来るのだった。店の女の子、皆本番してる、と言っていたが、真相は謎。初回から当たり前のようにやられたのと、ただ後ろからしてくるだけなのに異様に気持ちいいのとで、ナアナアに本番行為を続けることになってしまった。

社会的地位が高そうな佇まいで、素敵な和風のお部屋に独り暮らし、という人だった。毎回おやつくれた。

部屋中が漫画で溢れている人。

洒落都内なのに結構広い、本人が言うにはその割り家賃が安い(確か半地下だったかで変な間取りなのだった)部屋を、可能な限り本棚で埋め尽くしていた。

インフルにかかって、やっと復活したというタイミングで私を呼んだらしい。そして私はインフルバッチリうつされた。キスしたら口の中がものっすごいぬるぬるだった時点で、インフルにかかる覚悟はした……。

漫画オタクというよりは編集者っぽいような人だった。

カビゴンみたいな人。

体型がものすごくカビゴンに似ていた。丸くて、手が長いみたいな。全身が毛でふかふかしていた。抱き着くとモフモフしていた。でも、第一声が、

「何で脱がないの?時間勿体ないんだけど」

とちょう恐かったので、ぶるぶる震えながら抱かれた私だった。

風俗遊びを極めていて、女の子をイかせて遊ぶのが趣味なのだそうで、実際もう死んでもいいくらいの気持ちいい思いをさせてもらう。お金払うべきは私の方なのでは……と思ったりなど。

しかしこの人もまた、店長は上客と呼ぶのだが当たり前のように本番を要求してくる人で、しか死ぬほど気持ちよくしてくれるから誰も拒まないのか?少なくとも、私は拒めなかった……。

風俗嬢を死ぬほど気持ちよくするようなセックスをする男って、どんだけ立派な物をお持ちなのかと思われるかもしれないが、この人は親指くらいの長さの包茎だった。だがこの人と一度セックスした女の子病みつきになるとかで、セフレが何人もいるという話だった。私もセフレにならないかと誘われたが、真面目に断ってしまった。単にセックスをするだけの仲ならやぶさかでもなかったんだけど、なんか一緒に食事もしたがるので、断った。太りたくなかったので、食事は要らなかった……。

どうやらコンビニ関係

地価バリ高いことで有名な地域に立つ、ボロボロアパートに住む人だった。地域名でテンションを上げた女の子がっかりする所を見ると嬉しいらしい。お風呂が古いガスで沸かすやつで、シャワーがほぼ水しか出ず、寒い寒いと震えながらシャワーを浴びて身体を洗いっこした思い出。

タオル類を洗うのに柔軟剤を使わないので、ごわごわのタオルを出して女の子文句言われる、が、改める気はない、らしかった。

この人も上客のはずなんだが当然の如くに本番をしてくる人だった。バッチリコンドーム用意して待ってる。コンドーム開封するとき、ミッ○ーマウスのように楽しそうに口笛を吹く。

セックスをしながら「俺の子を孕め!妊娠しろぉ!」などと暗いことを口走りがちなのだが、言い方が面白いのでこっちは笑いをこらえるのが大変。

そんな簡単女の子を本番になだれ込ませてしまうなんて、どんだけイケメンかと思われるかもしれない。しかし、漫画みたいなハゲたおじさんで、痩せぎすの身体に「へんなおじさん」みたいな、よれよれの半袖に腹巻きにさるまたに股引という、クラシックな格好をしていた。よく言えば、出はじめのロロノア・ゾロ的な服装というか。

なんかよくわからないけど、毎度セックスに持ち込まれているのはなぜなのだろう……と思いながら毎度犯されていた。

仕事のことを私から聞くことって、なかったのだけど、なんかの話の流れでコンビニ関係者だと自分で言っていた。

凄く部屋が汚いサラリーマン

部屋中ゴミだらけだった。よくそこまで溜め込めるなぁ、と感心してしまうほどに。

まりデリヘル嬢というものに期待をしていなかったらしいが、私に一目でガチ恋してしまったという人。

風呂の底に緑色の苔のようなものが生えているのを放置していたが、私がドン引きしたのを見て、これではいかんと思ったらしく、次に呼んでくれた時には掃除してあった。

「見てみて!ちゃん掃除したんだよ!」

と、見せてくれた。うふふ可愛い

私の為に引っ越すと言っていたが、引っ越し完了の前に私は辞めてしまったので、新居は見ずじまい。

2020-02-05

「誤解してたみたいです。すみません」と一言言ってくれれば、「いえいえ、こちらこそ誤解させてすみません」と言うのもやぶさかではないんだけどね。

なんで勝手に誤解した方がムキになるんだよ。何を勝手勝利宣言してんだよ。一体何様のつもりで「初めから誤解させなきゃいいのに」とか説教してんだよ。

献血ポスターの話だけどね。

2020-02-03

anond:20200203200901

オタクは数多のアニメ漫画に触れることで、一枚絵から文脈ストーリーを読み取り、尊いとかちょっとまって無理死ぬとか騒ぐことが出来るが、

フェミは……、というか、オタク以外の一般人はそれができない。

ちなみに私はこれをオタクと見なしておらずミーハーファンないしはフリークと思っているがこういうのが従来からオタク駆逐してオタクニュースタンダードとなることにやぶさかではない。

2020-01-20

職場のあのコの二面

職場……それは賃金と引き換えに魂を削り売り渡す場所……飲み会……それは金も出ねぇのに酒の入ったおっさんたちのパワハラに耐え、吐くまで飲まされ、それでいて翌日礼まで言わねばならない苦行……。

.

そうやって嘆いていたアタシを救ってくれた白馬王子さま、ていうかホワイト企業他人悪口を聞かなくていいし、同調しなくていい飲み会、たのちぃ……。そもそも(本当の意味での)自由参加だし……。

.

土日に同僚と遊ぶとか、それなんて罰ゲーム?と思っていたわたくしですが、今は仲のいい同僚と休日キャンプバーベキューをする関係に。これまでの人生理由なく陽キャを避けていたけど、別にいい人たちなんですね??

.

よく遊ぶグループのひとり、Aさんはコミュ力の高い女性。聞き上手で相手の話を聞き出して盛り上げるのが上手い。ちょっと面倒な相手の厄介な発言に対しても、雰囲気を悪くするすることなく指摘ができる。当然、社の老若男女、とくにおっさんからは信頼されている。

.

そんなAさんがナンパされているところを見た。

詳細は省くが、職場メンバー休日待ち合わせをしていた。自分が待ち合わせ場所についた時、Aさんがひとりでソファに座ってスマホをいじっていた。他の人が来るまでのほんの数分間とはいえ女子ふたりきりで会話など拙者にはできぬ……けどそっちが気づいて話しかけてくるならやぶさかでもありませんぞwww?という非モテの呼吸・壱の型 “近くにいるけど知らんぷり”を繰り出して彼女死角腰かけた。スマホを見るふりをして、彼女の様子を伺うキモオタ仕草。すると彼女のとなりにひとりの男が座った。自然すぎて会社の人かと思った。

.

男は「お姉さん、待ち合わせですか〜」みたいなことを言っていたと思う。Aさんは愛想の良いタイプから、困りながらも応対するだろう。え、俺が割り込むべき?相手の男がタイプだったら、俺こそ邪魔者?と非モテの呼吸・弐の型 “傍観”を使ってアワアワ様子を見ていたが、Aさんはスマホから顔を上げなかった。聴こえてないのか?と思ったが、イヤホンをしている様子もなかった。

.

男が何を言ってもガン無視だった。焦れた男がスマホの画面を手で遮った時、やっとAさんが口を開いた。「は?何ですか?」冷たくて低い声だった。

.

男は「聴こえてんじゃねーか」とかモゴモゴ言って去っていったが、俺は妙な動悸が止まらなかった。ナンパ迷惑かもしれないが、Aさんがそういった態度をとるのは意外だったし、男が逆上する可能だってある。怖くなかったのだろうか(俺は怖かった)

.

その後、駅で迷ってる同僚を迎えに行って、自然にAさんと合流した。いつも通りの朗らかな彼女だった。でもなぜかナンパを黙って見ていたことを知られているような気がした。Aさんは何も言わないし、そんなそぶりも見せないのだが。

.

いつもニコニコして、愛想が良くて、優しい彼女迷惑他人にはあんなに冷淡な態度をとる。そのことがすごく強烈だった。自分に親切にしてくれるのも、当たり前だが同僚だからなのだろう。それに気づいて以来、彼女を見るとドキドキしてしまう。これがほんのりとした恐怖なのか、憧れなのか、恋愛なのかはまだわからない。

2019-12-21

私に「後ろめたさを抱えながら生きろ」と言うならそれもやぶさかではないのだが、言ったあなたも同じくらいの後ろめたさを抱えながら生きるのがスジってもんでしょう。

2019-12-16

オナニーセックス関係

オナニーセックス関係ってなんかに感覚が似てるなと思ってたんだけど、

ゲームでいう対CPUゲーと、対戦やMMOみたいな相手中身入りゲーの関係に似てない?

特にやり終わった後の感じとか。

それぞれの楽しさが性的快感コンバートされたらそーなるんじゃないかと。

予測のつく動き相手予測のつかない動き相手とも言えるのかな。

ちなみに自分MMO好きだけど、対CPUやぶさかではない。

2019-10-25

anond:20191025002442

貼れるか貼れないかで言ったら貼れるけど、別に俺の好きな漫画でも好きなキャラでも好きな表現でもないか別に貼りたくはない。

でも仮に「貼ることが二次元表象文化全体の応援になる」と言うなら貼るのもやぶさかではないかな。

2019-10-05

会社の人の性愛

仕事してるとき職業人の顔してるのに、ふと油断したすきにやれ配偶者がどうだの子供がどうのだの話しないでほしい。

私にとってあなた方は「会社の人」でしかないの、昼間の間ちょっと席を並べてお金を稼ぐためなら協力するにやぶさかではないけど、それ以上でもそれ以下でもない。

からあなた方が、少なくとも会社にいる間は仕事をする人間である以外の要素の片鱗も見せないで。

夜になるとちんこを固くしたり濡れたまんこで精液を受け入れたりしてるかもしれんが、少なくとも昼間はそういうことを1mmたりとも連想させるような素振りを見せないで。

会社にたまに配偶者の子供だのを連れてくる人がいて、特に子供は周りの社員から人気っぽいけど、私はああい感情を抱くのは無理だよ。

はじめから自分で選んだ性愛パートナーならともかく、フォーマルな場でしか基本的関係を持たない人が、実は裏ではそんな顔も持っていたとか、気持ち悪くて仕方ない。

私の感覚おかしいのだろうか?でも会社で見かける人間たち、働いてるとき基本的ちんこまんこもそんなの持ってませんよ?みたいな澄ました顔してるから、余計に落差でオエッてなるんだよ。

ひところ話題になった「ぬいぐるみから突然ペニスが生えてきた」みたいな、そういうグロテスクさを感じてしまいすごくキツい。

自分恋人ははじめから性器もそりゃあるよなとわかって付き合いはじめたし、昼間のシャンットした姿も夜の性生活も、この人の全てのそういうもんだ、と日々受け止めてるから別にやることやっててもなんとも思わないんだけど。

自分のほうがおかしいみたいな扱いされて感覚を無碍に否定されるの本当にキツいんだが、普通の人はあんまりそのへん気にしてないっぽくて、これからも私の方だけ耐え続けないといけないのかと思うとつらい。

2019-09-30

やぶさかではない」が「本当はやりたくないけど嫌々ながらやってもいい」の意味だと言われると違和感があるけど、かといって「ぜひやりたいやらせてください」の意味だと説明されても違和感がある。

少なくとも「天皇陛下のお役に立てるなんて光栄です!」みたな使い方はしないだろう。「手間は惜しまないよ」くらいの説明妥当な気がする。少なくとも現代的には。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん