「家庭教師」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家庭教師とは

2018-02-18

anond:20180218173104

優秀な家庭教師ならどんな奴でも簡単東大レベルくらいにさせるだろ。

進研ゼミみたいにな。

anond:20180218145810

家庭教師で5人くらい見て来たけど、勉強法に向き不向きがある。

ただ、記憶術という点に関して言えば、最初に深く理解しても忘れる子の方が多いので、

まずはとりあえず覚えさせて、反復させて、定着させてから成り立ちを覚えさせた方が効率がいいよ。

元増田の示す要領の悪い生徒で早慶旧帝以上にいった子はいなかったなあ。

あ、こっちは全部理系の話ね。

2018-02-15

anond:20180215142428

アレクサンドロス大王晩年、幼少時には家庭教師を務めたアリストテレスとの思い出を述懐した。曰わく、ボトルの蓋を閉めなければコーラ炭酸が抜けるように、バックアップしなければ卒論は揮発すると。

卒論自律的揮発性は1774年ラボアジェによって再発見されたが、皮肉なことにその詳細な研究フランス革命でのラボアジェ処刑をもって失われた。

現在においても卒論不安定性は克服されておらず、多くの学徒がその身をもってバックアップ重要性を知ることになるという[要出典]。

2018-02-13

学歴ロンダリングして思うこと。

良い環境研究したいと思ったので、結果的学部より高い偏差値大学に来ちゃった。

高学歴の世界を見て思うのは、優秀だなあ、ってのと、恵まれ環境で育ったんだなあ、ということ。

高学歴の人の平均って、親がきちんと働いていて、塾に通い、ピアノを習い、進学校に通う。塾の講師家庭教師アルバイトをする。その後は大手企業入社し、そこで出会った同じような家庭レベルの人と結婚…みたいな感じ。

まり低所得の人と関わることがあんまりない。

あと、やっぱり勉強って金持ち道楽なので、院進は慎重にね!貧乏人は大変だよ!

2018-02-12

anond:20180212170857

教育費?家庭教師予備校習い事だろ

しかも、私財の使い方に干渉するとかどんだけ時計の針を戻すつもりなんだよ

能力の高いやつが相応の教育を受けられればいいんだよ

その過程なんかどうでもいいだろ

都会の金持ち公教育の充実、給付型奨学金を!」

「でも、自分の子は可愛くて私立に行かせることも家庭教師をつけることもやめられないのビクンビクン」

anond:20180212165152

能力ない金持ちの子予備校家庭教師の金がつぎこまれるので平等じゃないことを言ってるんですよ。

2018-02-03

義務教育で生徒の数多すぎ!教諭の数少なすぎ!とか言う人

集団受講の学習塾より個別指導家庭教師の方が超ハイコストってこと分かって言ってるのかなあ

義務教育レベル算数もできないのかなあ

それとも老人の社会保障費削ればいいと思ってるのかなあ

それとも金持ち増税すれば解決すると思ってるのかなあ

anond:20180203110225

ホリエモンとかと感覚が同じなんだよ

子守りごときで大した差なんかつかないと思ってるから、なるべく余計なカネは払いたくない

でもあいつらどうせ塾だの家庭教師だのにはじゃぶじゃぶ課金するんだよねw

家庭教師動画学習講座Try itについて

家庭教師のトライ学習講義動画Try itの「物理基礎」、波の項目から、教材画像が間違って表示されます運営に連絡しましたが、システム会社に連絡しますと返信が来て、3日後にアクセスしてもなおっていません

気長になおるのを待つしかないのでしょうか?

2018-02-02

高校の頃、隣の家の家族のところに女子大生が移り住んできた。正しくは大学院生なんだけど。その夫婦の姪にあたる人で、院生になったのをきっかけに、より学校に近いそこへやってきたとのことだった。当時うちの母とお隣の奥さんは一緒に今でいうホームパーティみたいなものをやるくらいすごく仲がよくて、当然のように俺にも紹介されて挨拶した。高3の春だった。

しばらくして、受験生なのに全く勉強しない俺を不安に思った母親が「塾へ行こう」とパンフレットもって切り出してきた。家では全く勉強しないでゲーム三昧だったけど、学校ではそれなりに真面目に授業を受けていたので成績はまあまあ良くて、だから大学学力に見合った難しすぎないところに行こうと思っていて、塾なんてまったくやる気がしない。ずっと拒否っていたら、またしばらくして母が隣の家の女子大生を連れてきた。「バイト探してるっていうから、この子家庭教師してもらうことにした」ふざけんなと思ったが、もう家に上がっている彼女を追い返すわけにもいかいかと思いしぶしぶ勉強を見てもらうことにした。自分の部屋は汚すぎて入れられなくて、その日はリビング数学課題を見てもらった覚えがある。結局そのまま家庭教師として勉強を見てもらうことになった。

その人はすごく頭がいい上、人をその気にさせるのがすごくうまい人で、調子に乗った俺は家でもきちんと受験勉強をするようになった。成績も少しずつ上がり始めて、当時の志望校では少し目標が低いんじゃない?と担任にも言われるようになった。話も面白くて、週2回の彼女の来訪を心待ちにするようになり、模試でいい評価を取ると即メールした。

そんなこんなで、彼女を好きだと思うようになるのに時間はかからなかった。よくある話だ、高校生が少し年上の大学生に恋をする。(院生だけど)あまり読んだことないけど少女漫画の設定そのまんまみたいな状況すぎて、いやちょっと勘違いしちゃってるだけだろ、と必死にその気持ちに抗ってみたりしたけれど、もう会ってしまうとそういうの全部どうでもよくなって、少しでも成績上げて喜ばせたいと思ってしまうから秋ぐらいにはもう諦めた。

そしてその人が通っていた難関大学志望校を変えた。両親も担任も、そして彼女も喜んで応援してくれた。一層勉強に身が入り、必死勉強した。


次の春、晴れて俺は彼女の後輩になることができた。学部は違ったが、ものすごく嬉しかったし、ようやく同じ土俵に立てた気がした。当然そんなわけはないんだけど。向こうはその大学内でも屈指の偏差値を誇る理系学部院生で(院生から学部おかしいか)俺は文系比較偏差値が低い方だ。

それでも毎日なんとなく嬉しくて、タイミングがあった時は一緒に登下校したり、学食で一緒に飯食ったりした。夏休みに入る少し手前、初めて二人で出かけた。向こうはどう思っていたかしらないけれど、デートのつもりで誘ったか約束をしてからその日までずっとそわそわし通しだった。親にバレるのが嫌でわざわざ駅で待ち合わせて、彼女が行きたいと言っていた水族館に行って食事をして、お互い家に帰ってからメール告白した。「ちょっと表出て」って喧嘩吹っ掛けられるみたいな返信が返ってきて、それからマンションエントランスで話して、付き合うことになった。


それから彼女卒業するまでは本当に楽しかったし、俺も彼女に見合う大人の男になろうと必死だった。プレゼント背伸びして、百貨店に売ってるようないいアクセサリーを用意したり、デートでもなるべくお金出させたくなくて、少ないバイト代を精一杯はたいて奢ったりした。結局最終的に割り勘くらいになるように向こうに調整されていたけど。喧嘩しても大人ぶって先に折れて謝った。嫌われたくなかったというのもある。

冬が過ぎ、また春がきて、彼女就職して隣の家を出ていった。移り住んだアパートはうちから1時間近くかかるところだった。

学生の頃に比べると、格段に会える日が少なくなってしまい、些細なことでの喧嘩が増えていった。それでも最初の1年くらいは、彼女の家に泊まりに行って手料理を振舞ったり振舞われたり、ちょっと遠くへ旅行へ行ったり、何とかその壁を乗り越えようとがんばった。どうしてもその人を手放したくなかったから。大人な振りをして、ずっと背伸びし続けていた。

それがダメになったのは付き合って1年と少し経った頃、俺が大学2年の冬だった。

箱根に泊まり旅行にいって、旅館で夕食を食べているときだった。もうほとんど覚えていないような些細なことで、ふっと怒りがこみあげて、その勢いのまま机を殴りつけて怒鳴ってしまった。言った瞬間にすぐ我に返った。しまったと思った時には彼女は萎縮しきった顔で「ずっとそうやって我慢させてた?」と問いかけてきた。何も返せなくて、その日はもう会話もなくなって、朝起きたら彼女はいなくなっていて、携帯には「別れよう」というメールがきていた。

本当に大好きで大切な人だったのに、ずっとずっと彼女に見合う「大人な男」になりたくてなりきれなかった。悔しいのと情けないのと喪失感とごちゃごちゃになりながら一人で帰って、それからしばらく大学にもいかず家に引きこもってずっとオンゲをしていた。無心でレベル上げしていてもすぐに彼女のことがちらついた。もうしんどくてたまらなかった。

それでも時間は過ぎて行って、大学の成績通知を見ていい加減家を出なければと思った。単位結構取り落としていた。それからまた大学バイトゲームの繰り返しを毎日毎日やって、気づけば就活生と言われる年になった。

就職フェアみたいなやつに同期と出向き、彼女就職した会社ブースを見つけた。彼女がいないことを確認して(そもそも研究職だからいるわけないんだけど)説明を聞いてそのままエントリーした。運よく選考が進み、そして内定を勝ち得た。

そこで流石に一度我に返った。こんなストーカーじみたことして、どう考えてもおかしいしやばいそもそも入社してもし社内ですれ違ったりしたらなんて声を掛けたらいいんだ。もう一度会いたいとは思うけれど、向こうはもう俺のこと忘れてほかに相手いるかもしれないし、年齢的に結婚している可能性もなくもない。内定はあともう1社あった。期限は迫ってくる。悩みに悩んで俺は彼女に連絡を取ることにした。我ながらどうしてそうなったと今にして思うのだが、その時は考えすぎて頭が完全に煮詰まっていた。

電話番号は幸い変わっていなかった。電話で全部話した。まだ忘れられないこと、まだ好きなこと、それから同じ会社を受けて内定が出たこと、今行こうかどうしようか悩んでいること。付き合っていた頃の俺とは全然違って、本当に情けなかった。いや、付き合っていた頃だって決してちゃんと決まっていなかったかもしれないけど、それでも精一杯ずっと物分かりが良くて包容力があって大人な俺を演じ続けていたから、それはもうキャラ違うレベルだったと思う。彼女は静かに全部聞いた後、「うちはまあまあ大手だし、労働環境も悪くないから来るなとは言わないけれど、もう一社とよく比較して考えて」と言ったあと、「私のことは気にしないで」と言った。

突き放された気がした。それが余計悔しくて、勢いで「わかった。じゃあそっちの会社に行く」と即答した。するといつかみたいに「ちょっと表出て」と言われた。もしかしているのかと思って慌てて家の外に出たが、だれもいない。「どういうこと?」と聞いたら「そのまま駅まで行って、〇〇駅まで来て。私も今家出た」と言って電話を切られた。マジかよ。時間はすでに22時過ぎだった。〇〇駅は彼女の最寄り駅じゃなくて、うちと彼女の家の中間あたりで、付き合っていた頃よく一緒に飯に行ったところだった。こんなに長い30分があっただろうか。走って駅までいって、電車に乗っている間も落ち着かなくて、ずっと立ったままだった。電車から飛び降りて改札を出て、きょろきょろしながら電話しようとしたら、同じく携帯を片手に小走りで改札を抜けようとする彼女と目があった。


そんな彼女明日結婚します。

2018-01-29

中学不登校だったか

高校通信制だったしちゃんと勉強したことなくて

大人になってから通信制大学に行きたくてさ

教えてくれる人ネットで探して勉強したよ

対面授業月2回で2万5千円くらいだったかなあ

宿題が出るんだよね

その人はプロ家庭教師で、中学受験から公務員試験まで教えてて

私みたいなドロップアウトした人も他にも受け持ってるって言ってたな

2018-01-28

anond:20180128123653

一人で学べば独学、みんなで学べば独学ではない。

以下は独学

本屋テキストを買って勉強

ユーキャンとかの通信講座で勉強

自宅で予備校DVD教材を使う

自宅でユーチューブとかの映像教材を使う

家庭教師についてもらう

幼馴染みの専門家手取り足取り教えてもらう…

以下は独学ではない

学校予備校講師の授業を受ける

学校映像授業を受ける



独学の特徴は、みんなで同じ問題を考えたりする経験が無いこと。

それゆえにおかしな方向に行ってしまうことも少なくない。

独学ってどこまで独学?

本屋テキストを買って勉強→独学

学校予備校講師の授業を受ける→独学じゃない

ユーキャンとかの通信講座で勉強→独学じゃない気がする…

学校映像授業を受ける→独学じゃない

自宅で予備校DVD教材を使う→独学じゃない気がする…

自宅でユーチューブとかの映像教材を使う→独学のような気がする…

家庭教師についてもらう→独学じゃない

幼馴染みの専門家手取り足取り教えてもらう…→独学のような気がする…

2018-01-19

anond:20180119112024

筋トレガチ勢トライアスロンでは地区大会だがいまだに入賞してる

体力とか受験マニアもやしっこ受験生の100倍あるわ

知力って面では主席とまではいかないがかなり上位での合格になるだろうし問題ないだろ

生活費とかはさすがに国立でなんとかならんことはないわw

奨学金があれば授業料なんてなんとでもなるし

家もローン完済してるしな

いままでの塾講師のツテで時給3000円以上の家庭教師の依頼ならクソほどあるし

学生の忙しくない内はそれだけやってても貯金が目減りするなんてことないわ

もう老後だと思って死ぬまで医者やって適当に過ごすだけやな

2018-01-16

anond:20180116113915

医学部じゃないけど時給2500円の家庭教師してるよ。高給バイト医学生特権だとのたまうのは思い上がりもはなはだしい。

医学部に行って一番よかったこ

医学系の増田が伸びてるので自分語り

今某大の医学部に在学している学生

高尚なエピソードはないが、医者になって仕事を頑張ろうと思って勉強し、医学部合格した。

医学部に行って一番よかったな、と実感したのは講義でも実習でもなくアルバイト

医学生ですってだけで、家庭教師塾講師の高給バイトの口が山ほどあるんだ。

先輩や同期の紹介があれば面接審査もなく働き始められるし、受験時の知識ちょっと高校生相手するだけで、時給だってそこらの飲食の3〜4倍はゆうに超える。

他の学部の奴らがブラックバイトの安い時給で働きまくって金が無いだのウン連勤だの言ってるのを高みから眺めながら、空いた時間でちょろっと働いて同額以上を稼ぎ出す。

世間様が医学生に持ってる神聖イメージのおかげで、こんなに楽にバイトで稼がせてもらって、高校時代勉強頑張ってきてほんとによかった。

学費自分で稼ぐ場合でも、国公立大で奨学金ももらっとけばまあ苦労はしないだろうな。

学問と将来の社会貢献のために大学行ってるくせに意識低くて悪いが、これが現実の今、身に染みて感じてることだな。

医学部行ってよかった。

2018-01-14

最近の子供は皮膚が綺麗

今日も13時くらいに起きた。

最近は体が重いし、何もやりたくない気分になる。

父親からまとまった金を贈与として受け取ったが虚しいものだった。

コンピュータ上で表示される数字では何というのか味気がない。

しかし、一部を別の銀行口座に移し替える時に引き出した時に観た札束は少し満足感を与えた。

まり、実際に何かを見ることが大切だということだろう。

ということで、自分の皮膚の写真を載せる。

https://imgur.com/a/rRlmP

これを見れば何というのか精神論も大抵は無効化されるとわかるだろう。

気持ち問題云々でどうにもならない。

最近の子供の見てくれがいいという話を聞いたことがある。

恋愛によると淘汰が進んでいる云々という言説でよく見るが、自分の従姉妹を見るとブスなので一概に言えない。

しかし、皮膚は綺麗になっていそうだ。

それはニキビ治療薬の進化云々だろう。

ただ、自分はそんな恩恵に被れなかった感がある。

中学二年生の時に持病を再発してステロイドを飲んだら酷いことになった。

顔がベトベトに油が湧くようになり、顔が腫れ、とてつもない大きさの吹き出物が顔中にでた。

何やっても消えずに化膿して、ひどい跡を残して、またできて化膿するようなものである

顔が痛くてさわれないほどであった。

そんな中で皮膚科に行っても、持病があるために医者は薬を出したがらない。

だそうとした医者もいたが、母親不安だ云々言って医者も面倒になって辞めたことがある。

結局どうにもならなく、母親病院に行くのは疲れるだの騒ぐし酷い学業の補完のための家庭教師やらで忙しかたから行かなかった。

まぁ、ベッドタウン病院は混んでいるものからだろう。

その後、高校二年生の時にまた皮膚科に行った。皮膚科に行くのをやめた2年後くらいのときだった。

東京引っ越したりして、やっとゆとりが出てきたからだった。

その時に、塗り薬をだされたが予想以上に治りが悪いことに皮膚科医も悩み結局抗生剤を数日出した。

それでも酷い皮膚だ。

そして、あれこれあって持病がまた悪化したので新しい治療法をぶち込みステロイドを切ることができた。

皮膚はかなりよくなったが、こんなものになった。

悩んで抗生剤をだした皮膚科医は、跡だらけの皮膚をみて一生懸命綺麗になった云々言って自分を落ち着かせようとした。

それ以上の手立てはないのだろう。

結局今でも皮膚はボロボロなので保湿剤と抗菌剤を塗りつけている。

免疫抑制剤を飲んでいるのか、今までの皮膚のダメージボコボコするのだ。

もうすぐ、就職活動であるがとてもうまく行く気がしない。

今まで、まともに人とコミュニケーションもできていないしさせてくれない中でどうにもならない。

コミュニケーション力という名の容姿排除悲惨な目に遭いそうだ。

大学云々も家庭教師やらありとあらゆる教育資金の注入が行われたが、結局は関関同立底辺しか行けなかった。

もし、見てくれがまともなら低い知能だが大学受験ももっとうまくいってそうだ。

自分中学高校での容姿で酷い目にあったが、そんなことに遭わなかった可愛い顔した女の子慶応に行けたのだから

恐らく、今マイケルムーア卒論を書こうとしているのも自分が悪い容姿格差で怒っているからだ。

この皮膚をどうにかしたいと言っても美容整形系の医者はこんな深い跡を見たことないとか、免疫抑制剤飲んでいる云々で嫌がる。

持病の医者もどうすればいいのか分からいからだろうから答えを濁す。

ただ、いつかは形成外科かに行かないといけないし、いつ行くか迷う。

マシなのは自分が皮膚や容姿で苦しむ間に親が他者よりもかなり多くの財を成していることだろう。

しかし、いつカネが無くなるかもわからないし、感覚的には現行の資本主義は持たないと思っている。

フェミニズムの動乱を見ると21世紀イデオロギーではなく格差 生きていくためのカネと性愛を受けるための容姿で揉める時代だろう。

自分は、金などあまり欲しくなく、容姿をマシにしていきたいとか思ったりする。

確かなものを手に入れるために。

皮膚や容姿がまともになった時に、初めて自分人生が始まりそうだ。

どうすればいいのか分からないが。

2017-12-19

anond:20171219112123

家庭教師なら諸々の経費がかからいから、売上20万でやっていけると思ったんだ

anond:20171219111634

家庭教師というか、個別指導塾ってそうやって始まってるんじゃないのか?

結局ほかの各種費用も含めて月60万円ぐらい「売上」を狙う必要はあるけどね。

だいたい、人件費の3倍ぐらい。君一人で始めるとして、それが20万円としてその3倍は一番最低で狙う必要がある。

パパな。会社辞めて家庭教師で食っていこうと思うんだ。

増田はパパでもなんでもなくただの25歳童貞なんだけどな。

今、会社で働きながら副業家庭教師やってるんだけど、

家庭教師の方がやりがいあるし、楽しいからそっちを本業にしようかなぁと。

家庭教師だけ生計立ててる増田っておらんの?

2017-12-16

https://anond.hatelabo.jp/20171216083245

当時はまだ大学生だったけど、楽しかったよー。

テレビはまだ面白かった。特に夜のフジテレビカノッサの屈辱とか。当然番組サイトに対して、歴史的検証の違いに突っ込むつまらない真面目なブコメもあったけど、企画に乗ってぼけて盛り上がるブコメもあったし、togetterや、まだ人気があった2chスレもよくはてブトップにあがってた。

印象的だったのは、フーコーの振り子ボディコンギャルと一緒に一晩中流し続けてた番組。内容のシュールさもさておき、ブコメ地球平面説ユーザが湧いてきて、炎上会場が増田に移って、最終的にはコリオリの力説明するため、地球は平面だが自転しているというナイスな着地を見せた。いま考えると、着地点まで計算した上での高度な釣りだった気もする。

同じ夜でも、外に出れば、まだクラブとはあまり言わなかった、いまでいうディスコ六本木ベイエリアではたっぷり楽しめて、黒服チェックを通るためみんな必死バイトしてコムサコムデギャルソンやビギとかデザイナーズをマルイで買い漁ってた。古着屋も市民権を得始めてたけど、当時メルカリやゾゾがあれば助かっただろうなー。とはいバイトの時給も高かったし、扶養はみ出ないように店長退職金扱いで貯めてもらったり、家庭教師とかやれば月に20〜30万は固かった。はてブに出てくる話題はどっちかというと真面目なこういう方面の話かな。

なので、いざ就職ちゃうと毎月の手取りが逆にがくんと落ちちゃうのがありがちだったけど、当時の新卒就職状況はおそらくいま語ってもなかなか理解しづらいと思う。

月に二回ぐらい、玄関にでかくて重いダンボール勝手にドスンと届く。中身は、いろんな企業から会社案内がうず高く積まれもの、そして会社見学申込みハガキの束が何個か。千社規模の、紙の情報の塊だ。持つのしんどいほど重い。だいたいはろくに見ないでまるごと捨てるのだが、捨てるのも一苦労だ。ひたすら届いた箱とか、おもしろパンフツイートしてた奴もいて、その手のネタのまとめも乱立してた。

そんなノリだから、単にタダメシを食いに、あるいは先輩から金一封とともに頼み込まれて、会社見学会に行って席で寝ていれば、高級ホテルのディナーに、記念品詰め合わせに、ごちそうさま放題だった。もらったものは途中で開けてみて、ほとんどは駅のゴミ箱に捨てちゃってたけどね。

そういうインスタやまとめに、たまに企業の人事がキレて、さらにまとめられて炎上して、ブコメも山ほど付いてたけど、シニカルものは少なくて、炎上にのっかっての盛り上がりがほとんどだったと思う。やっぱり世の中が豊かなほど、人の気持ちも豊かでおおらかだからね。

2017-12-14

中2の娘よ、証明問題は捨てろ・・・

やる気になっている本人には言えない。

数学に関してはサボってきた娘なので、証明問題がそう簡単にできるようになるはずがない。

そもそも、中1の図形問題でひどい点数を取った後、数学をあきらめ、

中2の文字式、連立方程式で、数学嫌い人間が出来上がった。

それでも、何となく大学に行きたいと言うので、

何となくなら偏差値50以上の大学でないと学費は出さないぞと。

偏差値50以上の大学にいくには、この地域高校なら偏差値57、58ぐらいの高校に行かないとつらくなる。

が、今のままでは、高校入試数学20、30点しか取れないかもしれない。

ということで、入試時に50点は取れるように、

まずは中2の2学期末テストに向け、毎日10分程度の数学課題を出すことに。

10月中はひたすら計算問題やらせ連立方程式まではスラスラできるように。

11月からは1次関数を始め、毎日方眼紙グラフを書かせ、グラフを見ても抵抗感が無いところまでは持っていけた。

結果、2学期末テストは、平均点以上の点数をとることが出来たわけです。

そして、12月。今でも10分程度の課題はやってもらっているのですが、

どうしても学校の授業に沿った問題がやりたいらしく、証明問題にしてくれと言うのです。

聞くと、中学数学ちょっとした少人数制をとっているらしく、期末テストの結果から少し上のクラスになって、

本人は嬉しいのだけれど、ついていくのが大変だと。


しかし、1年生の時の図形を捨てた娘が、そう簡単証明問題が解けるはずが無いのです。

三角形内角の和が、180°だということも、スっぽ抜けてしまレベルなのだから

さらに、文章問題が苦手。国語はできるので読解力が無いわけではないのですが、とにかく問題文をテキトーに読む。

キトーなので、見当違いな計算を始めることもしばしば。

なので、1年生の文章問題、図形問題をさきにやり、3学期末テスト証明問題に向けてじっくり進めたいのですが、

数学の授業中の小テストが出来るようになりたいが先行しまっている状態



ここ数日、証明問題を出しては見ましたが、全く解答が進まない。見かねて、解答を穴埋め形式しましたが、それでも無理。

「わからなくなったら、何度でも問題文を読み返す」

これが、抵抗感なく出来るようにならないと、証明問題は無理なんじゃないかな。


そもそも高校入試数学で50点を目標にしているのだから

証明問題は捨てても良いのではと思うところもあったり・・・






「追記」

皆さん、いろいろなコメントありがとうございました。

ちょっと、思ったことを書いてみます

子供能力特に国語はできる」に引っかかっている人が多いのですが、その通りです。

文法的ものは、全然だめ。社会理科の暗記は得意なのだが、文法のように構造理解するのが苦手なようで。(地図の読めない典型的女性なので・・・。)

それと、出来なさ加減の脚色が強すぎましたね。明らかにやる気出ねーってときのを、さもベースであるかのように書いてしまいました。すみません

なので、本心で「捨てろ」なんて思っていませんよ。

それと、大学進学の話にもにょる人も多いようですが、私の考えは、なりたいものが無なら大学なんてどこでもいいと思うし、得意な科目で入れるところに入ればいいと。なりたいものがあるのなら行かなくてもいいとも思っている。まだ何になりたいとか決めてはいないようなので、(中2の思春期娘がクソ親父に話はずもないが)とりあえず、偏差値50以上の大学という目標を設定しているだけです。(親としては国立慶応早稲田に行ってたら嬉しいですよ。)

なので、勉強なんてやりたいと思ってからやればいいと思うし、子供も良い点数は取りたいのだから基本は言わないでも頑張っていますよ。

ただ、中学のうちに超不得意な科目は作らないほうがいいと思うのです。偏差値30〜40みたいな状態になってからでは、ちょっとのやる気じゃ復活は難しい。それこそ、なりたいものがあるとか、行きたい学校があるとかではないと難しいでしょう。

なので、偏差値50を下回りだした数学を少し引き上げておくという考えで、家庭学習ちょっと課題プラスしているだけです。

というか、ガッツリ勉強教える時間はないし、思春期娘が従うはずもない。それこそ、塾や家庭教師のほうが楽なのですが、まだ行きたくないそうです。

という状況で、まだしばらくは数学を見ようと思っていたので、塾の方のアドバイスは大変ありがたいです。自分のなかで、中2と中3の証明問題の違いをちゃんと把握していないく、ちょっと挫けていたことに反省しました。

ここで、つまずかなければ、中3はまた自分で頑張れるでしょう。たぶん。因数分解とか二次関数とか・・・。たぶんね。

2017-12-13

数学なんかより英語をやったほうがよかった

就活において、自分学歴に負い目を感じざる得ない。

おそらく、就活というのを経験たことがないのでわからないが大体学生に差があるとは感じない。

多分、学歴やら容姿で選別されるのだろうと推測している。

自分容姿も醜い。

街を歩いていると同じ年代人間は肌が綺麗で顔が小さい。

中学高校の時に持病が悪化して、その薬の副作用で何をやっても顔全体に吹き出物やらが湧き出て酷くボコボコになった。

おそらく、自分の顔を見ると気分が悪くなる人が大量にいるだろう。

自分も見ていて吐きそうになる。

その後、そんなことが抑えられる治療法が出てきて虚しいことといったらありゃしない。

そんな苦痛に満ちた、中学高校時代に間違えて進学校に通ってしまった。

東大にも割と入る高校だ。

容姿が醜いなかで、ひどい目に遭いながら学校生活を送るわけだが成績も悪かった。

大量に家庭教師をつけて、800万円くらいはかけたのではないか

高校2年までは底辺の成績をマシにするために数学などの理系科目にリソースが投下された。

向上させるというよりは授業についていくためだ。

そんななかで時間がなくて、どうせ持病をよくしろしか言われないために皮膚科にも行かなくなった。

もう少し医者を当たるべきだった。

しかし、母親も忙しいとか騒ぐし、無理だった。

ただ、数学受験レベルにはならない。

その後、私立文系志望になるわけだが、英語もできない。

結局、グロテスク容姿関関同立底辺学部に通うことになった。

知能を測ってもらったことがあるが、IQ88しかなかったか数学リソースを割くのは色々と間違いだったのだろう。

とにかく高校を辞めて、ゆっくり英語をやったほうが大学受験もうまくいったし肌もきれいだったのではないかと思う。

親が、小金持ちだから就活は変に焦らないでやりたい。

自分が失ったものも、親の金で補完させていきたい。

そう思うと少しは明るくなれる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん