「シノプシス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シノプシスとは

2019-07-08

どうして半導体分野で材料だけ日本が強いのか

半導体設計するソフトなんて日本製は使われず、ケイデンスシノプシスが使われている。

プリント基板設計では、図研を一部使っている会社もあるが、海外企業製品を使っている。

半導体を作るファブTSMCなどで国内はなくなった。

ディープラーニング関係専用のハードも出ているが、日本からサッパリだ。

Jetson Nanoなど海外から入ってくるのを使う方が良い、という感じ。

NVIDIAレイトレ発表したときがわかりやすいが、ハードソフトの共同となったとき日本は後追いになる。

もうハードじゃなくてソフト時代から日本はそちらにシフトするのだ、というのは楽だが、ソフトも弱い。

GAFAが注目されてるわけだが、それ以外でも3D CADなどは海外製品ばかりだろう。

スマフォの次はいつかとウォッチしていると思うが、もう出てきても追いつけない



そんな認識だが、材料だけはなぜかまだ強い。

韓国貿易ホワイトリストから外すというのが話題になったが、なぜか日本が勝てている。

当たり前だがモノが手に入った時点で材料分析構造分析はされるわけだが、こちらの装置に関しては日本しかできないわけじゃない。


国の科学戦略材料分野だけで、ハードソフトもないから今の状況になっているのか。

2018-11-01

製造ソフトって日本で育たなかったな

去年、年収の高い米企業だと、

  1. 半導体設計ソフト会社ケイデンス年収15万6000ドルシノプシスが14万5000ドル
  2. 建築3DCGAutodesk10万5000ドル
  3. 3DCADのDassault Systemが9万7000ドル


アメリカはこのあたりのソフト強い。中国で作るとしても、設計ノウハウソフトは充実している。

日本で使わなくなっていき、いつ撤退するのやら。

2007-03-19

そりゃ本も売れないよ

企画書で使われていた「梗概」ということばを、営業がだれひとりとして読めもしなかったし、意味も知らなかった。どころか、だれも知らないような難しいことばを使うなとエライ人から叱責された。「シノプシス」ということばをもう何年も使っているはずなのに、おかしいね。

ふつうは「梗概」を知らない奴が失笑されるんだけどな。

ちなみにこれは出版社での話だそうで。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん