「Office365」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Office365とは

2020-04-02

スマホデスクトップか?

スマホパソコンみたいに使うドックが発売。

対応機種はいまのところすごく限定的Samsung中国フラッグシップ企業だけ。DexモードとかPCモードとかないとダメ。自宅のパソコンがぶっ壊れたら考慮するに値するよなぁ。

パスワードoffice文書爆撃

TermuxをインストールすればLinux系で走るアプリが使えるようになるし、元々イラレとかも使わない。あとはMSオフィス卒業すればOKか?パスワードファイルが来る。この爆撃に対策?openpyxlとmfcryp(?)コンビエクセルは開けるとのうわさも。文書中に日本語が入っていてもOKなのか?この手のTipはだいたい英語のみ扱っているハッカーが出元なので、たいがい使えない.Googleドキュメント文書日本語を含んでてパスワード付いているとダメって書かれていたような気が・・

_| ̄|○

android用の無料オフィスもあるけどあれってデカディスプレイにつなぐとどうなるんだろ?「15インチ以上のタブレットには使えませんのでoffice365をサブスクしてください」って書かれているけど。同じような警告が出現してフリーズするのか?だいたいoffice文書パスワード付けるな!!!圧縮するときパスワード付けろ!って言いたいけどやり方を知っている人は少ない。WindowsとかMSオフィスとかのない世界移住したい!

https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-ADR325BK?utm_medium=Release&utm_campaign=400-ADR325BK

2020-03-31

PV乞食MSOSOffice365抱き合わせ消費者向けに拡大する!(キリッ」

現実「単なるOffice365リブランディングやぞ」

PV乞食「うわーい!小銭が拾えたー!!!

2020-03-19

Microsoft TeamsのDaily Active Usersコロナの後押しで4400万に到達

Office365有償契約ユーザー数が全世界で6000万以上あるので当然っちゃ当然だな。

Teams使おうが使うまい契約ユーザーの支払いはびた一文変わらないんだから、こういう時には使うわなぁ。

ちょっと前まで2000万DAUだったのに倍以上になるとか、そりゃTeamsサービス障害起きるわな

まぁ、ユーザー増える前もちょくちょく障害発生してたけど。

ソース

https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/blog/2020/03/19/microsoft-teams-3-everything-you-need-connect-teammates-be-more-productive/

2020-03-03

おっとOffice365導入で帯域を圧迫している弊社の悪口はやめろ

QoSなんか考えてなかったんだぜ

笑っちゃうだろ情シスのくせに

2020-02-20

Office365とNotes

同居してる会社ってあんのねぇ。

というか雰囲気的にはデータベースだけNotesに残ってる的な

2020-02-09

GIGAスクール抗争の視点 その1

誤字ではない。

年末緊急経済対策補正予算で出てきたGIGAスクール構想。

全国の小中学生に一人一台パソコンを持たせようという大事業で、国内文教市場趨勢が大きく変わりかねない一大事だ。

GIGAスクール構想の実現について

https://www.mext.go.jp/a_menu/other/index_00001.htm

文科省の示す標準仕様ではWindows10iPadOS、ChromeOSの中からどれかを選べとされていて、MicrosoftAppleGoogleによる激しいシェア争いが繰り広げられる見通しとなっている。

この激しい抗争を傍から見て楽しむための視点を整理したい。

そして、身バレするとたぶん叱られるので、増田でやることにした。

Microsoft最初に動く理由

3社の中で、最初に動いたのはMicrosoftだった。

日本マイクロソフト学校向けに低価格な「GIGAスクールパッケージ」を提供

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/biz/1233155.html

これを受けて、巷では「文科省Microsoftがつるんでいる」という見方もされているが、これは正しくない。

かに、現時点で文教市場において圧倒的に高いシェアを獲得しているのはWindowsであり、文科省からは当然事前に打診はあっただろう。

だが、現在出ている標準仕様Windowsにとって有利とは言えないものになっており、文科省から便宜が図られているとは考えられない。

つのOSの中で、最もマシンパワーを要求するのがWindowsであり、シェアが高いからこそ、低スペックWindowsの使いにくさも広く知られている。

標準仕様に対するスペック面での批判が多いことからもそれは明らかだ。

さらに、Windowsを快適に管理するには高価な管理ツールを利用する必要があることも、ユーザー体験として知っている。

それでも、文科省からは他の陣営と同価格帯での勝負を求められており、条件としてはかなり苦しいところからスタートとなってしまっている。

そんな逆風の中で「シェアを守る戦い」を展開するMicrosoftとしては、他社より先んじて不安ネガティブな印象を払拭しておく必要があった。だからこそ、最初に動いたのだ。

そこにあるのは強い危機感であり、下のリンク先の記事のように野望などではない。

教育5万円PC」に秘めたマイクロソフトの野望。強み捨ててまで教育界を変革できるか

https://www.businessinsider.jp/post-207254

また、この記事ではオンプレからクラウドへの移行が思い切った挑戦のように書かれているが、周知のとおりナデラのMicrosoftAzure会社であり、何年も前から総務省と組んで自治体学校サーバAzureクラウド化させているし、文教向けには積極的Microsoft365を売り込んでおり、前からクラウドには積極的だった。

ただ、この記事が全くのでたらめかというと、そうでもない。

強い危機感をもったMicrosoftが切り捨てる決断をしたものがある。

切り捨てられたSKY

Microsoftが今回切り捨てたもの、それはSKYだ。

藤原竜也CMをしているSKY SEAは有名な商品で、ご存知の方も多いと思う。

そのSKYが、学校向けに提供しているのがSKY Menuという授業支援ソフトで、優れた操作性でWindows管理負担軽減に役立つので、全国で広く使われている。

一方で、かなり高額なソフトでもあり、学校パソコン導入費が高止まりする要因の一つとなっており、今回はそこに目をつけられたのだと思われる。

また、機能的にも古き良き一斉授業において先生子供たちを管理統制するためのものであり、文科省が今後進めたい方向性合致しないことも大きかったのだろう。

これらはあくまで推測にすぎないが、結果として標準仕様は明確なSKY外しになっている。

SKY文科省には積極的ロビー活動を行ってきただろうが、どうもこの事態を事前に把握できていなかったようで、大型事業から一方的排除されて戸惑っているようだ。これまた推測だが、文科省ではなく総務省経産省意向が強く反映された結果かもしれない。

MicrosoftSKYは非常に良好な関係を続けてきたが、そのパートナーを切り捨てる決断をせざるを得ないほど、今回、Microsoftは追い込まれている。

問題は、SKY日本人向けの使いやすインターフェースに慣れた学校現場が、どうしたってバタ臭い、Intuneの操作を受け入れられるかどうかだ。

周知の事実だが、現場にはシステム管理をできる人間など存在しない。

人に金をかけなかった分のコストSKY Menuのコストだったのだが、そこをいきなり切り捨てて問題はないのだろうか。

Appleは苦戦する

次に、シェアナンバー2のAppleを見てみよう。

iPadタブレットPC開拓者であり、幼児でも扱える抜群の操作性、軽快な動作シングルタスクゆえの安全性AirPlayによる快適な画面転送豊富アプリなど、学校現場に適した特性を持っており、かなりのスピード教育分野に広がっていった。

個人的に使っている先生も多いし、子どもの家庭に転がっている割合も高い。

シェアは2位だが、パソコン教室を除いて一般教室での利用で考えた場合、ほぼ差はないか、上回っているかもしれない。利用される時間で考えらたら、おそらく上回っている。

文科省が何もしなければ、さらに普及しただろう。

ただ、今回のGIGAスクールでは、すでにiPadをかなりの数導入している学校以外で、新規iPadを導入するところは少ないと考えられる。

その理由は、標準仕様が明らかにiPadOSを想定していないからだ。

一応選択肢には入れてあるが、標準仕様構成ではBluetooth接続ではない物理キーボード必須としており、4万5千円には到底収まらない。

これでは、すでにこれまで導入してきた財政力に余裕のある自治体以外は手が出しにくい。

これは、おそらく文科省Appleを好ましく思っていないことによる意図的仕様だろう。

Apple文教向けの製品提供しているわけではなく、あくま個人向けの商品を使っているにすぎず、クラウドサービスGoogleMicrosoftのように文教向けに力を入れているわけではない。一社独占で選択肢もない。文科省意向にも、全く協力的でない。

こうした背景から文科省Appleに有利とは言えない仕様を作ったのだと思われる。

すでにiPad教育をはじめているところは、そのまま進めるだろうし、一定シェアは確保するだろう。ただ、新規シェア拡大は難しく、Appleがどこまで本気で取り組むのも見えてこない。

台風の目Googleの野心

Chromebook日本におけるシェアは低い。ここ1~2年でようやく少し広がり始めた程度だ。だが、世界では高いシェアを誇り、特に北米では文教向けパソコンの主流となっている。

世界から大きく乖離していることを気にしている文科省は、ここ最近Chromebookを強く推してきた。

今回の標準仕様に最も適合しているのは、誰の目にもChromebookであり、Googleのために仕様を作ったと言われても全く違和感がない。あの3種類の仕様の中で、4万5千円できっちり使える状態になるのは、Chromebook+G suiteしかない。

癒着を疑うなら、MicrosoftではなくGoogleだろう。

それがわかっているかMicrosoft危機感を強めているのであり、また、その反応を引き出すために文科省は不自然なまでにGoogle優遇したのだと思う。

とにかく、これから新規に導入する場合自治体費用負担が最も少ないChromebook第一選択肢になるだろう。

少なくとも、文科省はそう誘導している。

Google自身も、ここ最近日本文教市場を本気で取りに来ていて、下の記事にあるように EDIXでは凄い人だかりで熱気に満ちていた。

教育現場Chromebook本命主体的な学びを実現するために、クラウドが欠かせない理由とは

https://www.watch.impress.co.jp/kodomo_it/news/1197938.html

まだ目立った動きは見せていないが、どこまで本気の野心を抱いているのか、それによって信じられないほどにシェアを拡大させる可能性がある。その場合に食われるのは、AppleではなくMicrosoftだ。

GIGAスクール台風の目になるのは、間違いなくGoogleだろう。

今後の予想

ここまで書いてきたとおり、シェアを守ろうと必死Microsoftと、シェア拡大を狙うGoogleの構図が中心で、Appleは、少し離れたところで現在シェアを維持する形になるだろう。

かなり不利な情勢からスタートしたMicrosoftだが、いち早く動いたことで印象は上向いた。

あとは、低スペックWindows10への不安SKY抜きになる管理面での不安、最終的な費用面での不安、といった知っているからこその不安をどこまで払拭できるかが重要であり、継続した情報発信が求められる。

一方のGoogleは、知名度の低さや、知らないことによる不安を解消するために、何がどこまでできるかを広く知ってもらう必要がある。

また、Googleサービスは、わかりやすUI一見親しみやすいが、サポートは充実しておらず、必要情報が得にくい。

Office365とG suiteの両方を管理したことがある人間ならわかってくれると思うが、初見でとっつきやすいのはG suiteだが、情報収集含めて最終的に管理やすいのはOffice365の方だ。

すでに書いたが、学校現場にはシステム管理できるような人間がいない。

それを踏まえたサポート提供できるのかどうか、学校自治体価格だけを見て飛びつく前に見極めないといけない。

Chromebookに以前から力を入れてきたチエルのような企業が、そこを補えるようになると面白い

チエル、GIGAスクール構想の1人1台環境に最適なChromebook活用パックを発売

https://ict-enews.net/2020/02/07chieru-2/

最終的には、Microsoftが50%くらいに落ち着き、Apple30%、Google20%くらいまで伸びるのではないかと見ているが、さてどうなるか。

文教市場を押さえることは将来ユーザーの獲得につながるため、各社とも力を入れてくると思われる。

これだけ激しい抗争は滅多に見られないので、各社の戦略注視して楽しみたいと思う。

2020-01-08

Office365 Outlookの@メンションって日本で使ってるのか?

Twitterの@のようにメール本文に「@xxxxx」を書くと、メール一覧に誰宛課を表示してくれる機能がある。


「To○○さん」と書く代わりに@○○と書くのが想定されているのだが、

これを使っている人を見たことがない。

2020-01-03

2019年、買って(お金をかけて)よかったもの

1 洗濯乾燥機

嫁姑確執から乾燥機能を憎んでいた母親をその場のノリで押し込めついに乾燥機能つきの洗濯機を購入した。

夜中に回して朝には乾いてるし、雨の日でも乾かせる。

一応風呂場に浴室乾燥機能もついているが、干しているとクソ(父親)がたまに「風呂に入れねえ」と荒らすのでその機会もかなり減った。(そのたび洗濯ピンチ等を壊すので結構被害である

洗濯物はベランダに干したい」という母親の願望によりパンツからからみんなGoogleストリートビュー他ありとあらゆる写真に撮られていた我が家だが、ようやく改善兆しが見えてきた。

といっても母親は頑なに乾燥機能を使おうとしないので、頃合いを見て母親には洗濯から卒業して貰う。

2 Spotify

これまでSONY信者らしくウォークマンを持ち歩いていたが、最近充電したり音楽転送したりといった作業をやっていられなくなったのでXperia経由で聞くようになった。

最初Amazonアプリ自分が持っている曲だけを延々と聞いていたが、Spotify登録したら快適どころの話ではなかった。

勉強用のBGM。超集中するためのプレイリスト。なんかとりあえずテンション上げたい時。とにかく落ち込みたいとき。寝るのでBGM欲しいときSpotify側が用意してくれているプレイリストを流しているだけで全体的な効率がとても上がった。

あと、デビューしたてでまだどこともコラボしてないアーティストや、これまでチェックしてこなかった国のアーティストの曲をたくさん聴くことができて、いくつかお気に入りアーティストも見つけた。

これまで何年も「新しいアーティストを発掘したいけどどうしたらいいんだろう。よくテレビ音楽番組で流れているような曲は好みじゃないんだよな」と悩んでいた解決策はSpotifyにあった。

3 各種配信サービス

AmazonプライムビデオNetflixディズニーシアター(ディズニーデラックスの中のアプリ)と契約している。

これだけあると見たいものはだいたい見られる。

もともと映画が好きで1週間に1度は映画を見に行くような生活をしていたので、もはや我が家パラダイス

お腹が痛くてトイレに籠もっているときも、寝る前のぼんやりしている時も、ちょっと待ち時間ができちゃった時も、好きなだけ映画が見られる。トイレで見た映画の続きをリビングテレビで見ることもできる。

特に映画館でのマナーが最悪な両親をもう映画館に連れて行かなくて済むようになったので、精神的にかなり楽になった。

子供の頃ディズニー映画を「ファンタジアしか見せて貰えなかったので、初めて見る「シンデレラ」や「アラジン」などを眺めながら子供の頃の自分に「良かったね」と呟いている。

でもはやくデラックス解約してディズニープラスにしたい。プラス上陸はまだ?

3.5 Amazonのファイアスティック

3のおまけ。配信サービス各種をテレビで楽に見るにはこれかGoogleのどっちかを買えばいい。

ファイアスティックはセール時2000円代で買えるのでお買い得だった。

4 ダイソンハンディ掃除機

よく家電破壊する父親のせいでこれまで3000円くらいのとにかく安い掃除機しか買わなかったが、セールの時に思い切ってダイソンのを買った。充電しておけばケーブルなしで持ち歩けるタイプ

めっちゃ吸引力が違う。うるさくない。掃除機から出てくる空気が臭くない。

安い掃除機をかけたあとにダイソンのかけると、なぜかめっちゃゴミが取れる。

ハンディなので普通のより吸引力は落ちるらしいが、それでも3000円のに比べたらすごい。

ケーブルという制限がなくなったのでホイホイどこでも掃除ができる。

掃除機かける機会もめっちゃ増えた。

5 さらしブラ

肉体の性別女、心も女だけど、昔から自分の肉体に胸(おっぱい)があるのはおかしいと思っていた。

でも世の中胸を強調するような下着しか売ってないし、ちょっと広告見ると豊胸だのなんだの…

自分おかしいだけかと思っていたが、ある日さらしみたいに胸を小さくするブラとか、更に上をいって胸を潰して男装したりする用のブラがあることを知った。

早速購入して着用している。すこぶる快適。悩んでいたあの頃の自分に届けたいくらい。ほんとはとっちまいたいけど、贅沢は言わない。

番外編(今年からじゃないもの

1 サブスクリプションソフトウェア

EvernoteOffice365フォトショップ、あとGoogleドライブの追加容量は、一度使い慣れると他のソフトウェアに移動するのが億劫になるくらいなのでとても便利で今更手放せない。

医療系(薬剤師)だからあんまり使うことはなくても、Officeフォトショップ仕事上もめっちゃ便利だった。

家で山のようになってかさばっていた学会誌自炊業者に送って自炊してもらって、PDF化してGoogleドライブに置いたらどこでも参照できるようになってようやくしっかり読めるようになった。

2019-11-20

anond:20191120150328

去年来た新人フォルダを知らなかったので卒論の書き方を聞いたら

スマホメモで書いたのをスマホWORDに貼り付けてPC側でOffice365経由でダウンロードしたって言ってたよ

アホかと思う前によくぞそこまでと感心したわ

2019-07-27

Office365インストールしたんだけど

今までは「スタート」→「Office 20xx」→「Word」「Excel」「Access」の順に探せばあった

今では「スタート」→「Word」「Excel」「Access」の順になってるので非常に探しづらい

2019-07-19

anond:20190719165031

落札者のコメントを見る限りだと、別のPCが届いて、Office365がついてくる(しかも1ユーザーアカウントを5個のPCに紐づけて)らしい

Office365高いな

月千円。

五百円くらいにならないか

三万くらいでOffice2019を買って、5, 6年使ったほうが安いよな。

Officeなんて最新の必要ないし。

それよか世間で、GoogleDocsとか、オンライン版のMS Officeが使われるようになれば金を使わずにすむのに。

2019-04-24

出張必要手続きが多すぎる

もはや傾きまくり日本製造業にうっかり入社してしまったんだけれど、出張するにあたって必要手続きがあまりにも多すぎる。どこもこんなものかしら?価値のない仕事時間がかかり過ぎて早くも辞めたい。

(1)出張申請システム1

いつどこに何の目的でどの程度の経費を使って出張に行くかを申請するワークフローがある。上長数名の承認に加え、経費を使うからか、何故か経理部門承認ワークフローに入っている。

(2)部門の経費管理シート(Excel)に記入

部門の中でグループ別の経費管理をしており、これを毎週メンテナンスしないといけない。出張前は、利用予定の経費を入力し、出張後は実績値を入れなければいけない。部門の中でのみ使われるシートであり、部門全体の経費は月毎に経理に提出。

(3)グループ出張管理シート(Excel)に記入

グループの中で誰がどれだけ経費を使ったか個人レベル管理するためのもの出張先も入力しなければいけない。(2)と違い、都度入力必要グループの中でのみ使われる。

(4)勤怠システム1

勤怠システム出張予定を入力する。これも(1)と同じで上長数名にワークフロー回覧される。

(5)勤怠システム2

出張の際はタイムカードが打刻されないので、出張後、出張時の出勤時間と退勤時間入力する必要がある。これも上長ワークフローが回る。

(6)カレンダー

出張の日はOffice365自分スケジュールに、「★出張」と記載する。★は日帰りを表すのが部門ルールらしい。

(7)電話当番用のシート(Excel)

部門電話当番が、一目で部員の勤怠状況を把握するために、専用のExcel出張の日は、出張のため1日不在と記載する。

(8)出張申請システム2

出張後、何時から何時までどういった業務をしたか、経費はどれほど使ったか入力して、(1)と同じワークフローを回す。

尚、出張あくまでも一例で、他の業務も全部こんな感じ。

ちなみに、所属システム部。

2019-04-21

日本のITが衰退してるっていうのは必要ではないからだと思う

だって、ここ20年でIT業界ブラックさや、逃げた先々のユー子系や他業種でIT業界じゃ慣行業務上必要からって理由もあるけど、一般人の健常者から見れば重度のアスペルガー症候群みたいなエンジニア迷惑かけまくった結果社内SE置きませんわ外注でええやろってなったのってさ

IT未来があるとか言いつつ、その20年間で地獄のような労働環境で多くの若者の屍を晒す結果になったうえに、別にITなんてなくったって普通に社会回ったうえに、というかないころのほうがよかったわぁってなっていってるからじゃないの?

だってITインフラだっていうけど、一般人でもエンジニアでも日本で一番恩恵受けたのって、インターネットSNSパワポエクセルくらいでしょ?

Office365とか仕事いるかパソコンいるけど、それ以外なんて携帯電話オマケスマホ一つで十分じゃん

IT無限可能性があるとか、何でもできるとかいうけど、具体的にじゃあ何ができんのさ?って言われて、こたえられるエンジニア、この国にいるか

プログラミングで組まなくてもマクロで十分じゃん、パッケージそのまま導入すりゃいいだけじゃん、ゲームキャラクター声優さえよければ、プラットフォーム開発使いまわしでいいじゃん

寧ろ世の中には、ITリテラシーのアの字もないのに、儲かっててホワイト企業のほうが多いじゃん、特に日本なんてそうだし。

世界ではこれからサイバー戦争必要だ、とかなんとかい意見もあるけど、結局現場飛行機武器を整備したり、前に出て戦う歩兵や、トラック運転して食料や物資を運ぶ兵隊や、料理作る兵隊とかのほうが、数が多いし重要だし、実際の戦争でもそいつらが一番活躍してんじゃん。

寧ろ、スノーデンとかアメリカの機密暴露して世界中を大混乱に陥れただけじゃん、高度なIT技術の人工衛星プレデターあればいいとか言った結果、無関係人間ミサイルで爆殺しまくって大問題になっただけで、結局昔ながらのスパイ特殊部隊が、実際に見て確認したほうが早いよね、ってなっただけじゃん

仮想通貨とかもさ、あんなん昔に流行った円天事件詐欺と同じで、結局あぶく銭も得られずみんな大損しただけじゃん、昔から変わらず不動産投資とか株式投資してた奴が生き残ってるじゃん

IT系に生産性や将来性なんて、あんの?IT極めた結果美男美女にもてたとか金持ちになったとか、金持ちにはなっても、結局美男美女にはモテませんでした、みたいなのめっちゃ多いじゃん、ここの増田見ればわかるように。

ほんとにITって必要自分には、むしろ無理やり入れようとしては世の中悪くなってるようにしか見えないんだけど

2019-04-10

anond:20190410201047

Office365の導入は、Office2013のサポートが切れる2023年度の前の2022年度だな。

Office2019のサポート2025年までとか短いので2022年度に丁度切り替えができる。

だけどOutlookとかメールデータをCloudにしたりすると、読み込みなどで時間がかかって

問題になりそうなのが怖いって言うのが、現状っす。

Office365統合かいSlack自殺

SlackOffice365統合を利用するにはOffice365契約Slack契約別に必要になるわけだけど

Office365契約だけで無料チャットツールついてくるのに別に1000円/人月払ってチャットツール買い足すブルジョワ企業ってどんだけあるの?

100人企業なら毎月10万円、10000人企業なら毎月1000万円余計にチャットツールの為だけに金払うんだよ?凄くない?

「そんだけの価値あるの?」っていう攻撃を潜り抜けて稟議通せる有能導入担当者がこの世にどれだけいる事やら。

一般社員にはTeams使わせてゴリゴリ開発したい部門だけ個別Slack、みたいな導入が増えるんだろうか?

でもそれだとSlack利用部門だけ村八分みたいになっちゃうよなぁ。

Office365と組み合わせて使えます!って販促するたびにOffice365にタダでついてくるTeamsと比較されるんだけど

一人当たり毎月1000円余計に払う価値を示せるのかね?

生産性向上にきちんと金払う文化のある海外はいいかもしれんが、日本じゃ厳しそう。

でもOffice365を避けて通れなかったんだろうなぁ。

2018-11-27

anond:20181127022110

Office365いかと思ったんですが、そうでもないんですねー

中古だとリフレッシュPCが確かに他のよりはいいですよね。

レッツノートは壊れないってよく聞きますし。

中古はレッツのリフレッシュPC第一候補にしときますありがとうございます

anond:20181127021457

なるほど、確かに僕の今の一番の問題は味方がいないことでした。

リース屋さんあたりを味方に引き入れて一緒に上司に掛け合ってみます

ちなみにOffice365についてはどう思われますか?マイクロソフト買い切りからサブスクリプション型に移行してくみたいな噂をねっとで目にしたのですが。。。。

anond:20181127021108

ワイちゃんだったらレッツのリフレッシュPC買う

ほいでoffice365は入れないか

サブスクリプション導入するならExcelは撲滅する方向でいく

会社PCが古くてシンドイから買い換えるのに中古PCマスト問題

http://mubou.seesaa.net/article/462928097.html

クソスペックPC問題記事ですが、エンジニアだけじゃないんですよねこれ。

僕は地方零細企業で働いております社員も少ないので明確な仕事分担はなく、全員が何でも屋で馬車馬のように働いています。そんな弊社でもPCスペック低くてヤバイMicrosoft Officeバージョンが古くて開けないファイルがある問題が勃発してPCを買い替えることになりました。MSOffice作業中にPCがよく固まって全く文書作成がはかどらず、頻繁に画面が真っ黒になり、困り果てて上司に「PC新調しませんか?」と何度も交渉した結果なんですが、その結論

中古パソコンならいいよ」

とのことでした。どこかで「中古でも今のパソコンは十分つかえる」みたいな知識を入れてきたらしく、上司満場一致で買い替えは中古PCでってのはマストになってしまいました。(上司って言っても30代前半とかいるんだけどね)

んで、そのPCの選定は何故か「パソコンが詳しい人」認定されている僕に任されたわけです。

ぶっちゃけ今のPCが動かない理由は明白で「メモリが2GBしかないこと」これしかありません。起動だけでもたつくしブラウザ開こうとしたらコーヒー一口飲んでのんびりしないといけない。CPUに関しては第4世代のCorei3だったので、MSOfficeくらいで固まる要因はもうメモリGBほぼほぼ決定で良さそう。

ただ、自分パソコンが詳しい度合いは「使わなくなったパソコンの蓋をあけてみて、中身を確認。組み立て直したら動かなくなった。」くらいのものなので、ここで「メモリ不足なので増設すればいいっすよ」なんて口が裂けても言えない。自分パソコンならいざしらず、会社パソコンでそんな冒険できません。データ消えたら責任取れませんもん。

ということで、中古PC探しにプライベート時間を割いているわけですが、同時にMSOfficeも新調せねばなりません。ちなみに今の状態

  •  買い換えるPCは2台もしくは3台
  •  ただし中古マスト
  •  その全てのPCに2016以降のMSOfficeを入れなければならない

この縛りから僕が導き出した結論は「SSD搭載で第3世代以降のCorei3以上の中古PCOffice365ビジネスプラン代理店を通じて月額制で導入」というものでした。今回、中古PC縛りなため、どうしても故障リスクがついて回ると思ったので、ならせめて重要データはまるごとクラウドバックアップできる環境にしたかったのと、Officeも導入したいならOffice365一択やろ!と思ったからです。

この案を上司に報告したら、

「んー、クラウドっていうの?イマイチ必要性が見えないんだよねー。そもそもOfficeって一番新しいのじゃないとだめなの?トータルで考えたらOffice買い切りしたほうが安くない?」と言われてしまいました。

そこで困った顔をしていると

「極力不必要な出費は避けて、その分をできるだけ従業員顧客還元したいんだよね。」としたり顔で言われてしまいました。

あーそれってこの前、同業者のかたが似たようなこと言ってましたよね。感化されちゃいましたかー。と思ったのですが、とりあえず案は却下されたので引き下がってきたわけです。

現在ほとほと困り果てておりますPCにお詳しい方、何か良い方法あったら教えていただけませんでしょうか。。。

2018-11-09

anond:20181109112558

office365Googleスプレッドシートで共有じゃあかんのか

あれか?上はネットとか分からないFAXで紙でクレとか言っちゃう過去の実績だけが美化されて、後進に譲らない今じゃ害悪ジジイとかか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん