「シカト」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シカトとは

2017-10-27

出産子育て後も継続して使いたいと欲したのは会社側だろう

働く女性の権利闘争の結果ではないと思われる

企業側はそんなもんは平気でシカトできるって氷河期世代派遣切り証明されている

2017-10-21

anond:20171021143053

もうお前のことは一切シカトするけど

お前がここに居る限りずっと消えろと思ってる奴が一人はいることを忘れるなよ

くっさいくっさい偽ママなりきりの痛い女さん

2017-10-20

今夜は1ヶ月ぶりに彼女に会える

1ヶ月分の鬱憤、悲しみ、希望絶望、何もかもを彼女の膣内に叩きつけて吐き出せる

楽しみでしょうがない

デブスだけど、すごくいい子なんだ

制服着てた頃からぼくの捌け口になってくれてる

なんの役にも立たないのに、医療事務資格とるぞ!などとのたまう頭の弱い子だけど

とってもいい子なんだなあ

最初はされるがままだったのに、近頃ゴム付けてとか、外に出してとか言うようになったけど

シカトして全部中に流し込むのが僕の唯一の趣味なんだ

ちゃんと殺精子剤使ってるのに、いくら説明しても頭悪いからよくわかってないんだよなあ

この気持ちって愛なのかなあ

それとも、ただ情が沸いただけなのかなあ

2017-09-30

ヤマカンボイコットしようぜ

ヤマカンボイコットしようぜ

ヤマカンが関わってるアニメは見ちゃだめだ

ヤマカンの関わってる全てのアニメシカトしようぜ

バカにするために見るのもやめようぜ

叩くために見ようとする必要なんて無いぜ

まらいから叩くんじゃなくてヤマカンから叩くってだけで十分なんだぜ

からこれからはずっとヤマカンボイコットしようぜ

ヤマカンを使えばアニメを見てもらえないって評判を広めようぜ

そうすればヤマカンはいなくなるぜ

世界が少しきれいになるぜ

ヤマカンが関わってたらアニメみちゃダメだぜ

たったそれだけでいいんだぜ

ヤマカンを追い出そうぜ

2017-09-10

当たって砕けられないか童貞は学べない

から自分はそうだった。ビビりだった。そのせいでこんな大人になった。

小学生の時、地域ソフトボール自分セカンドを守っていた。

当時、身長も学年一小さかった自分としては、大人の打つノックの球が速くて怖かった。

ソフトボールといえども身体に当たれば痛い。なのでノック中はソフトボールというよりドッチボールのノリだった。

まったく球は取れないし、球から身体をそらすと『逃げるなああああ』という周りのコーチの怒号が飛んでくる。ひたすら自分の番が終わるのを待つという苦痛時間だ。よく泣いていた。

一個下の自分の弟も、同じチームでソフトをしていたんだが、ある日のノックは、コーチのキレ具合がハンパなくて、全員泣くまで一人ずつノックするって感じだった。

はいつも通り、豪速球のノックから逃げまくっていると、コーチが『やる気ないなら出ろ』と言ってきた。俺は一応『うぇーい』と声を出してまだ続けるノックを受け続ける意識は持っていたが、コーチシカトされたので仕方なくその場を離れた。

一方で弟はそのノック最後までやり切った。何度かボール身体に当たっていたので泣いていたが、それを見た父が『よくやった』と言って弟の頭を撫でているのを見て、俺はひどく傷ついた。

ノックを怖がってしま自分は本当にダメ人間だなと思った。

結局、弟はピッチャーとしてチームで活躍し、俺はベンチに座ったままでチームを引退した。最後試合、ベンチにいたやつも全員打席に立たせてもらう流れだったが、自分名前だけは呼ばれなかった。コーチが忘れていたのだ。

俺の人生、こんなことばかりだった気がする。中学高校からバスケを始めたが、今度はボール身体に当たることよりも、自分ミスすることを恐れた。チームにコーチはいなかったが、同級生から怒られるのが怖かった。

ソフトボール守備がうまくなるためには、ボールグローブに入るまでしっかり見ていることが大事だ。当然、反応が遅れるとボール身体に当たる。身体は痛む。だけど、そうやって反応の仕方を学習していくから守備はうまくなる。

当たって砕けることをビビっていては、何も学べない。それは分かっている。しかし、怖い。それが俺の人生だ。

『一度きりの人生やるかやらないかだ』みたいな鼻息の荒い名言も、俺には意味を成さない。やるのが怖いからだ。怖さに勝てないからだ。

からいまだに童貞だし、いまだに自信が持てるものを何一つ身につけることができていないダメ人間だ。

当たって砕ける、それで何かを学ぶということができないビビ野郎からだ。

2017-09-08

退職します」からシカトって、どうしたらいいんだろう

今働いている会社退職することにした。直属の上司である課長に言うと、分かったとのこと。しかしその課長はその上司である部長傀儡しかなく実際には部長了解を取らないとすべては前に進まない。

課長に伝えた直後、課長部長に私が退職を申し出た件を伝えてくれたらしい。その部長はなかなかにヒステリック人物退職意思を伝えたらどんな騒ぎになるかとおびえていたが、課長曰く、じゃあ改めて面談しましょう、とおっしゃっていたとのこと。とりあえず面談まで待てということだった。しかしその後2週間音沙汰がなかったため、退職日も早く決めたいし引き継ぎもしたいので私から直接部長面談の依頼を出してみた(課長に了承を得たうえで)。

しかしその面談依頼を1週間無視されている。直接席に行って話せば良いのかもしれないが多忙部長は一週間のうちほとんど席にいないのと、たまにいても鬼の形相で仕事をしていて正直話しかけるのが怖いのと、周りには別の社員もたくさんいるので退職の件をそんな場所で話すもの気が引けてしまう。

そうこうしているうちに、希望する退職日まで1か月を切ってしまいそうだ。

引き継ぎプランは既に引き、引き継ぎ資料作成した。あとは退職日を決め、退職願をだし、受理してもらい、引き継ぎをしたい。早く進めたい。でも無視されている。このまま無視されてなんだかんだ退職できないようにするつもりなのか?どうしたらいいのか。

2017-08-12

障害者から錦の御旗

商店街歩いてたら後ろから自転車が追突してきてめちゃくちゃ痛かった。

振り返るとサングラスをして右手白杖持った白髪のお爺さん。

「爺さん痛いよ、ここは自転車危ないから降りて」と言うと、お爺さんはこちらを見ながら「障害者からー!」と叫びながら自転車こいで逃げていく。

「目が不自由なら自転車はだめだよ、障害者なら歩くかどうかしろよ」

と後ろカラ怒鳴ってもシカトして逃げていった。

白杖持ってサングラスしてるけど自転車乗れるならかなり見えてるだろうに。

ものすごい勢いで自転車こいでたし。

どこが障害者なんだよ。

そもそも人でいっぱいの商店街自転車で力いっぱい走るなよ。

2017-08-10

なつやすみだね

明日から夏休みいぇーーーーーーい!

と思った翌日に「重要会議の議題にすっから数字つくってね」とボスからメール

その会議が開始されるまであと1時間しかねーじゃん…。

急遽、鉛筆ナメナメして(←数字でっち上げボスレスしたんだけど

そういや本件以外にもレスを求めてるメールがいくつかあったな…。シカトすっか。

と思った矢先、どうしても明日には出社せんとマズイ自体が発生した模様。

冗長化できてない体制もアレだが、平気で休暇中にカジュアル業務かっ飛ばすのも問題だなー。

休みを取得する=業務が蓄積されるだけ、という思考になってる自分もマズイ。

2017-06-17

https://anond.hatelabo.jp/20170617080118

正しい知識なんて気にしてたら小説なんて書けんわ。




アタシの名前はアイ。心に傷を負った皇族モテカワスリム恋愛体質の愛されガール

アタシがつるんでる友達二重スパイをやってるミキ宮内庁にナイショで CIAで働いてるユウカ。

訳あってISIS団の一員になってるアキナ友達がいてもやっぱり皇居タイクツ。

今日ミキちょっとしたことで口喧嘩になった。

女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆

そんな時アタシは一人でお国のために冒険することにしている。

がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさ演出とも言うかな!

「あームカツク」・・・。

そんなことをつぶやきながらしつこい総理を軽くあしらう。

カノジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。

総理の男はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。

もっと等身大のアタシを見て欲しい。

 「すいません・・・。」

・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、

チラっと総理の男の顔を見た。

「・・・!!」

 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアル感覚がアタシのカラダを

駆け巡った・・・。「・・・(カッコイイ・・・!!・・・これって運命・・・?)」

男はモサドだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。

「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。譲位特例法(笑)

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170608161204

それなら誰も文句言わないだろ。そうじゃなくて各レジに並ぶ方式なのに突然目の前で違う事されたかイラつくんだよ。ギリギリ滑り込もうとしたら阻止されて隣のレジの客優先されたなら文句も言わない。しっかりと並んでいたのにシカトされたんだよ。ありえないだろ。

2017-06-06

広告記事に【PR】って入れて欲しいに決まってんだろ

知らない人この辺の記事を読んでね。

https://www.facebook.com/yoppymodel/posts/1084637998332922

http://yoppymodel.hatenablog.com/entry/2017/06/06/224921

ネット界隈でボヤ騒ぎになってるけどさ広告記事に【PR表記必要かって?

必要に決まってんだろ。

なんでかって?

それはお前ら広告側の人間あの手この手姑息な手を使って見たくも無い広告記事クリックさせようとしてきたからだよ。

スマホスクロールさせてる途中に突然広告出して無理矢理アクセスさせようとしたり、わざと誤クリックを狙ったような場所広告仕込んだりしてるだろ。

ようはお前ら広告を作る側の人間がそういう事をしてくるからネット民広告が大っ嫌いになってるんだよ。

そんな姑息な手を使ってくる奴らがオススメしてくる商品なんて買いたくも無いし、仮に魅力ある商品だと思ってもどうせ裏があって騙されるんだろって気持ちになるんだよ。

これはもうね自業自得なの。

お前ら広告側の人間エンドユーザーシカトで、自分クライアントにいい顔したいだけってのがバレちゃってるんだよ。

正直広告(PR)ってだけで見る(読む)気が失せるのが現状なんですよ。

エンドユーザー利益よりも自分クライアント安心させるアクセス数の方が大事なんだろ?

からクリックみたいな人を騙すようなシステム広告作ってるんだろ?

結局こういう事がネットユーザーにバレてるの分かってるからPR表記してアクセス数減るのが嫌なだけだろ?

正直お前ら広告側の人間を全く信用してないし、勧めてくる商品に金出す気も無いんだよ。

こう思ってるネットユーザーが大半だという事を理解してほしい。

2017-06-03

ここのところ人のご祝儀袋ばかり買いに来ている。今日残業上がりに会社の目の前のイオンに滑り込んで、明日使うご祝儀袋を買った。こっちはご祝儀をいただく予定どころか相手もいない、アラサーにもなってこんなことでいいのだろうかと自分人生について考えてしまう。

明日学生時代の友人の結婚式がある。正直そんなに楽しみじゃない。お祝いする気持ちがないわけではない。そんなにお金に困っているわけでもないし、おいしい食事にありつけるので、行くだけならまだいい。憂鬱なのは知人たちとの再会、それから余興やサプライズやらの結婚式イベントだ。

つのまにか女子カワイイ合戦についていくのがしんどくなった。あたりさわりのないドレスを褒められたって大して嬉しくないし、こちらから相手を褒め返すほうが面倒だし。○○ちゃんカワイイ〜の流れに適当笑顔を添える自分、その想像だけで疲労感が増してくる。なんなら先月同じことをした。静かに食事だけ食べていたかった。

お祝いする気持ちがあるならいくらでも協力してくれるよね、みたいな空気。なんなんだろうねあれ。こっちは自分ひとりの面倒見るのでいっぱいいっぱいだし、案件炎上中で深夜残業チャンスありまくりだし、晴れの一日とはいえ正直そんなに楽しみじゃないと書いてしまう程度の相手なので余興に付き合ったりサプライズやら見せられるのを考えるだけで元気がなくなってくる。なぜ人は結婚式をするのか。いやでも、お祝いする気持ちがないわけじゃないんだ。祝儀は出す。ただ大切な土曜の睡眠時間を守りたい、休日早起きするモチベーションなんてプリキュアの力をもってしても実際起きるかは五分五分ってとこだ。やっぱり無理かもしれない。

明日結婚する友人もそうで、お祝いする気持ちはある、でも数々の余興の準備やらなんやらそういうのがひたすらに面倒で仕方ないかちょっと憂鬱になっているだけで、まあ行けば楽しいんだ。引きこもりによくあるやつだ。彼女とも学生時代はまあまあ仲良くしていたはずだ。なんかケンカしたとき部屋に乗り込まれたりその後シカトされたりしたような気もするけど。そういうのもたぶん、ありがちな輝きし青春の一ページなのだろう。そう思ってないとやってられない。というかこないだまでそう思ってた。

でもねー。

先日、別の友人から「あの子あなたのことを下に見ている、あの子のそういうところが嫌い」って言われて、ああわたしはあの子のことが好きじゃなくっても良かったんだな、って今更だけど思えた。同じ学科ゼミも一緒で、ずっと一緒にいなければいけない子で、気が強くて、外面が良くて、あの子に嫌われたら大学で生きていけなかったから。好きでいなきゃいけないと思っていた。でももしかしたら本当はそんなところに縛られていなくても、わたしには、こんなふうにわたしのかわりに怒ってくれる友達だっていたんだなって、ほんとに今更だけれど。

肩の荷が下りたような気がした。

未だに怖い。あの子のことを好きでいなければいけないと、卒業した今でも思ってしまう。

でも、友人の言葉でなんだか救われたから、明日最後にしたい。もうあの子に怯えなくてもいいんだってわかりたい。

明日も早いので、準備してそろそろ寝ようと思う。とりあえず、まずは、さっき買ったご祝儀袋に名前でも書く。

2017-05-28

アッコにおまかせ

なぜ峰さんは出演者に総シカトされてるんですかね

シカトするなら出演させなければいいのに

2017-05-25

寂しいね

恥ずかしいとか恥ずかしくないとかそんな幼稚な感覚はどうでもいいの

将来の自分たちに影響が出る話なのに、恥ずかしいっていう理由大事な話から逃げてしまっては

二人でのこの先の事は何も考えてないという事ではないのか

二人の将来の事を考えてるのは俺だけだったという事か

悲しい

無視してシカトこいて泣き出して

それに怒ったら俺が悪いんじゃもう真面目に考えるだけ無駄な気がしてきた

2017-05-19

もう仕事しなくてもいいかなあ

毎日毎日

今日何か仕事ありますか」って聞いて、

「あ〜◯◯があるかも〜」って言いつつ放置されたり

忙しいと「ちょっと待って」とかじゃなくてガチシカトされたりすんの疲れた

大半何もすることがない。

もう毎日聞くの疲れた。それが仕事だろって言われたらそれまでなんだけど、なんていうか、「お前なんていてもいなくてもいいけど、まあこの作業やらせるか」感がすごい。

それで私なりにやった仕事に対して「間違ってたら俺が休日出勤をして直すから」とか(今まで実際にそんな状態になったことはない)、

そもそも始める前に「俺がやった方が早いんだけどね!まあやってみて!」とか、

悪気はないんだろうけどやる気が削がれてしまい、もう何もしたくない自分がいる。

転職すっかなあとか考えるけど、給料だけはいいし、この有り余る時間で何かしようかな…。

2017-05-18

家も仕事イライラする

家も仕事イライラが止まらない。

家を出てしまいたい。

事情があって冬まではどうしても我慢しないといけないけど、今日イライラしている。

仕事している人とは顔も合わせたくないレベルだし、義兄が何話しかけてもシカトしてくるの本当に嫌。

私も多大に悪いところがあるんだろうなと思いつつもイライラまらん。

2017-05-08

迷惑行為を恋と言うオブラートで包むことの怖さ

http://anond.hatelabo.jp/20170403231642

いやー怖い。とても怖い。話が通じない人ってこういう思考なんだなと背筋が凍る想いだ。

夏には一足早いものの、この暑さなのでいい納涼になった。


俳優ガチ恋。それは別にいい。

悪いと思うと言ったところで好きになる気持ちを止めることはできないし、それこそ他人にどうこう言える権利はない。

でも行動は違う。それは止められるはずだ。だって我々人間だもの。理性があるはずだ。


宝塚のように文化が出来上がっているならいざ知らず、通常どんな舞台イベントでも禁止されていると思うのだが、

それを臆面もなく語る。というか、出だしの一文に書いてる。


とある若手俳優出待ちを、もう三年間している。

この時点で普通感性の持ち主であればドン引きである。この女おかしいぞと瞬時に察するが、更にホラーは続く。


現場にはすべて通い

熱心なファンだ。


プレゼントを山のように渡し

賛否はあるだろうがストレート感情の表し方で良いだろう。


稽古場にも、プライベートな場にも顔を出している。

このあたりからどうも雲行きが怪しい。


彼の高校時代の友人や、芸能スクールに通っていたときの友人、仲の良い俳優演出家プロデューサー、繋がれるものは何でも繋がった。

ストーカーだ。


ストーカーだ、それ。

大事ことなので二回言った。


相手俳優というのであれば、舞台に立たない「客」が俳優存在認知しても許されるのは、

お金を払って買ったチケットで観る舞台や、ファンクラブなどのイベントテレビ雑誌インタビューブログTwitterまでだろう。

それなのに「プライベートな場」に顔を出し、周囲の人間にまでつながりを求めあの手この手舞台上だけではない俳優を知ろうとしている。

それは一般的ストーカーと呼ばれる犯罪行為なのではないか

しかしそれらの一連の行為理由彼女はこう称している。


わたしは彼に、ずっとずっとガチ恋だ。

恋。それもガチときた。

恋ならば仕方ない。恋は盲目なのだ。恋しているのだから相手のことを知りたいと思う気持ち普通だし、繋がれる人脈には繋がるし、ルール違反でも会える場所に赴いてしまうのよ、ということだろうか。

ふざけるのもいい加減にしろちゃぶ台をひっくり返したくなる気持ちをぐっとこらえる。これぞ理性、すごいぞ理性。


彼は出待ちが嫌いだった。ふつうに話しているくせに、他のファン申し訳ないという気持ちが強かったらしい。彼女わたしという出待ちのことを愚痴っているのを聞いたとき、悲しくなったりもした。

そりゃあルール違反するようなファンとも呼べない層を嫌うのは当たり前の感情ではなかろうか。

それ以外のちゃんとした(=ルールを守る)ファンに対して申し訳ないと思うのはごく自然のことである

というかなんで彼女愚痴った内容まで把握しているんだというさらっと出てくるホラーエピソードは見てみぬふりをしよう。


全通し、たくさんのプレゼントを渡し、最前に入り、ファンサを求めた。何度も何度も喧嘩をした。わたしは客なのに、どうして喧嘩をするのか意味がわからなかった。三か月間、入りも出もシカトされたこともある。泣いて、わめいて、理解を求めた。

んんん~~~~~~~~~~~~~~~~(絶句

言いたいことは色々あるが言語化できない。

怖いもの見たさで「喧嘩」の内容が知りたい気もするのだが本当に怖い気がするのでやめておこう。


まり全部引用してはきりがないので引用はこのあたりでやめておくが、万事彼女はこの調子なのである

わたしは」。全ての行動の基準が「わたしなのだ俳優の都合も他のファン彼女世界には存在していない。

わたしと彼」という都合のいい世界しか生きていない。だから、彼がいくら迷惑だと諭しても通じない。

出待ちをやめない。プライベートな場にも踏み込んでいく。だって、その言葉を受け入れてしまえば、彼には会えないから。

彼に会うためにはルール違反をしなければいけないのだから仕方ない。そういう価値観の元生きているのだ。完全に理性なき獣である


少し話しはそれるが、最前列チケットをそう何度も手に入れることは可能なのだろうか・・・?という疑問もある。

これは完全な推測であるが、得てしてそういう良席チケットは高額転売されがちだ。もし、彼女転売屋からチケットを購入しているとしたら?

高額なプレゼント、祝い花、観劇にかかるチケット代に交通費。それらは決して安いものではないということは、容易に想像できる。

それだけの大金をつぎ込んでいるという事実も、彼女の理性の箍をはずしている一因なのかもしれない。


このエントリーを書いた彼女は、文章化することで己の異常さに気付かなかったのだろうか。

仕事として「俳優」をしている人間プライベートに食い込もうとするおかしさに、どうして歯止めをかけられなかったのか。

彼は俳優で、わたしはただのファンだ。

どんなに関係が深くても、それは変わらない。

いいや、それは違う。

俳優プライベートを求めた時点で、もうファンですらなくなってしまっている。

それにすら、彼女は気付いていないのだ。


件のエントリーを読み、自分は「怖い」と感じた。

彼女が「好き」という度に身構えるという俳優が、自分が感じたものと同じ気持ちを抱えていないとは言い切れない。

優しくなったのではなく、刺激しないようにしているだけなのでは。シンガーソングライター希望女子大生殺人未遂事件は、きっと誰の記憶にも新しい。


ルール違反を犯しながら、他のファンへの優越感を感じている。

そしてそれをあろうことか、全て「下手に優しい彼のせいだ」と責任転嫁する呆れた幼稚さ。


それを恋と呼んではいけない。

そんな身勝手なだけの感情を、恋だなんて甘い言葉で片付けてはいけない。


ガチ恋と呼べるほどほれ込んでいる相手言葉すら届かない獣には、外野が何を言っても無駄だろうけど。

2017-05-03

政党あかんのは支持者の責任」という感覚を持つべ

自民党が高支持率のうえで緩んできてたら

それはやっぱり支持者が悪いわけよ。

支持者がちゃんと批判すべきところは批判していかんと。


自民党議員だって民進党議員民進党支持してるような人間の言うことなんかあんま真面目に聞きませんよ。

「チッ うるせーな、反省してまーす」だよ。


もし俺が自民党議員でもそうなるもの

民進党議員民進党支持者からの注文やツッコミなんか真面目に聞かないね

だって彼等は建設性もなにもなくイチャモンつけてくるだけだから

どうせなにしてても反対なんだし。

仮に彼等の話に真面目に対応してもそれで評価されたり友好結べるわけでもないし。

最初から最後まで変わらず敵意マックスだし。

そんな連中はおちょくりながらシカトの一手が正しい。特に自分達が強い時は。


でも自民党の支持者からの注文はそうじゃないよ。

少なくとも民進支持者からの話よりははるかに真面目に聞く。

いかんでしょって言われりゃ考えるし対応もする。

お願いごとされりゃ裁量範囲内で忖度だってする。

利害的にもそうだし人情的にも当たり前だよなあ。


ね。だから自民党監視して緩まないようにネジを撒く役目は

野党勢力ではなく自民党支持者の役目なんだよ。圧倒的に。

自民党堕落したら自民支持者の責任


もちろんこれは民進党にも言える。

民進党支持者は自民党にあーだこーだ言うより

まず民進党に注文つけなきゃいけないわけよ。

ダメなとこをダメって言わないと。

何をどう屁理屈こねたって民進党自民党より圧倒的にダメなんだからさ。


ダメなとこをたくさん潰して民進党を立て直すのが最初仕事でしょ。

それが出来たあとで始めて戦争としての自民党へのツッコミを始めるんだよ。

自分達がズルズルガバガバのまま自民攻撃しててもしょうがない。

物ごとの順序が違うんだよ。


民進党議員だって自民党支持者に何言われても耳塞ぐんだよ。

ネトウヨーッ!」とか「右傾化ーッ!」とか。

本来圧倒的に負けてるときにはそれやっちゃダメなんだけど)

そういう逃げができないのは民進党支持者からダメ出しだけなんだよ。

もっと政策頑張れとか、

経済政策が何よりニーズ高いのにそこで負けてたらダメだろとか

そういうことを厳しく民進に言い続けるのが民進党支持者の義務なんだよ。

他の人間が言っても聞かないんだから


なんか日本民主主義って

有権者政治参加を「敵対政党罵声を浴びせること」だと思ってる感じなんだよなあ。

違うだろ。逆だろ。気に入らない政党なんかどうでもいいんだよ。

与党支持者であれ野党支持者であれ支持してる政党ガンガン注文を付けて育てるんだよ。

それが民主主義だろ。

2017-04-27

他人迷惑かけないで」が口癖の人に見てほしい。

他人迷惑をかけるな」と言って様々なことを冷的に禁止する風潮が当たり前のようにあるいまを俺は憂いている。

図書館電車の中で騒ぐな。

親や上司に手間をかけさせるな。

文句を言うな。

独り言を言うな。

他人悪口を言うな。

暴力を振るうな。

ポイ捨てするな。

たばこを吸うな。

癇癪を起こすな、暴れるな。

○○中毒になるな。

片思い中の相手につきまとうな、浮気するな。

なあ、他人迷惑をかけてはいけないひとたち、やりたい自分迷惑かけるのはいいのか。

やりたい自分ダメを突きつけて、そんな自分ダメからダメを押しつけた自分を見るのが嫌だから他人にもダメを突きつけるのか。

そんなことしてるとあっという間に人生ダメが増えていくのがわからないのか。

自分人生が狭窄していくのがわからないのか。

自分を苦しめているのがわからないのか。

自分を苦しめるどころか、他人まで苦しめているのがわからないのか。

他人迷惑をかけないで」と言われた他人迷惑かけているのがわからないのか。

他人迷惑かけるな、が一番の迷惑だってことがわからないのか。

いか

俺は9歳のとき他人迷惑かけないで」で生きることを選択した。親がそうだったから。

そうしたら二年後の11歳までで、あっという間に心が死んだ。友達と衝突し、全シカトを食らい、卒業式ではぶられ、笑われ者になった。

俺は貴重な十代を死んだままの心で突っ走った。陰湿いじめ学校で受け続けた。

そんな世界から逃げ出したいという綺麗な嘘で塗り固めた高専時代は、偽りの連続苦痛だった。ある女性が好きでも嘘がバレるのが怖くて付き合えなかった。

なあ。

俺のような人間を、たった一言のつまらない言葉で作り上げたんだ。こんなクソみたいな文章でも伝わったのかは知らないが、だから、憂いている。

から、もしお前が青春を味わえているのなら、まだ俺みたいになっていない高位の人間様なら、あるいは俺みたいに絶望を味わっているのなら、

他人迷惑かけても大丈夫人間であってくれ。自分を偽らない人間であってくれ。

そうしたら他人迷惑真実も、温かく受け入れられる人間になれるよ。俺も先代の偉人たちも、きっと応援してる。

2017-04-21

FGOにオオカミ王ロボが出ているらしいと聞いて

ちょっと気になってググってみたのだが

人間への復讐燃え悪霊になってさまよい歩いてるみたいなキャラらしい

ない

確かにロボは捕まった時ガチギレしてたけど自分が助からないと分かったら人間を完全にシカトして遠くを見つめぴくりとも動かず

やがて気高き王・ロボの魂はその体から静かに飛び去り奥さんの元へ行ったのだった

みたいな雰囲気で終わるだろ。翻訳者が違ってもだいたいこんな感じだろ

何で嫁のところに行かずに人間殺しに行ってんだよ

ロボで解釈違いとか言い出すと思わなかった

今やってる別のソシャゲで出るまで回すソシャカスになってるからもしロボが良キャラで興味持ってFGOも始めてたら破産してただろうからちょうどいいけどな

2017-04-17

歓迎会って他人の金で開くものなの?

ちょっとびっくりしたことがあって。

ある日メールが届いたんです。

中堅社員新入社員歓迎会をやるので、管理職の皆さんからお金を集めます。って書いてあった。要するにカンパ

まだ配属も決まってないか部署ごとの歓迎会を開く段階では無くて、おそらく20代〜30代の先輩達が新入社員との懇親も含めて歓迎会を開くのだろうとは理解した。

でも、事前に、歓迎会を開きたいと思ってて〜みたいな相談も無く、もちろん参加を要請されてるわけでも無い人に、メールでいきなりお金徴収をするかな?

と思ったので、シカトしてたんだけど、きっちり集金に回ってきてびっくりした。

「あのメールを送ったと思うんですけど、お金…」っていきなり言われて困惑

まぁ、業務中だったし、あまりまれても面倒だから払ったけど。

新入社員10人もいないし、歓迎会を開いたであろう先輩達は(欠席者がそこそこいたとしても)20はいたはず。

仮に20人で30人分を払うとすれば、1.5人分払うことになるから痛いっちゃ痛いけど、そこは先輩として頑張れよと思ったし、どうしてもイヤなら開かなければいいわけで。

ちょっと聞いたら、誰かに指示されたわけでも無く、「自主的に、開こうって話になって」って話だったし。

金額問題では無く、その発想っておかしくない?ってモヤモヤしたので書いてみました。

できればブコメトラバでご意見お聞かせ願えると嬉しいです。

まり上手く説明できてないかも知れないので、コメントしずらいかも知れませんが。宜しくお願いします。

[追記]

トラバ有り難うございます

しか社長からいくらかもらえるパターンはありますね。もちろん全部じゃ無いけど。

でもこのやり方はちょっとなぁ…と腑に落ちないので、今度ちょっと話を聞いてみようと思います

これが「ごく当たり前」と疑わずに進んでしまうのもどうかと思うので。

有り難うございました。

結局のところオッサンはどうしたらいいのか

全ての女子シカトしないと犯罪者扱いされるのか。

2017-04-06

鈴木福バスツアーの閉経ババアどもが冗談抜きで気持ち悪い

フェミはこういうのシカトして男にだけ文句言ってるから本当に信用ならんな

2017-04-03

とある若手俳優ガチ恋の救えない話


とある若手俳優出待ちを、もう三年間している。茶の間の期間を合わせたら、五年をゆうに過ぎた。現場にはすべて通い、プレゼントを山のように渡し、稽古場にも、プライベートな場にも顔を出している。彼の高校時代の友人や、芸能スクールに通っていたときの友人、仲の良い俳優演出家プロデューサー、繋がれるものは何でも繋がった。最初は驚いていた彼も、今はもう驚かない。「ああ、お前か」そんな顔でわたしと話す。毎月ある舞台に、稽古場。入り待ち出待ち。少なくとも月に十回以上話すのだから、致し方ないことだろう。

わたしは彼に、ずっとずっとガチ恋だ。

初めて彼を見たときから、ずっと。

彼は出待ちが嫌いだった。ふつうに話しているくせに、他のファン申し訳ないという気持ちが強かったらしい。彼女わたしという出待ちのことを愚痴っているのを聞いたとき、悲しくなったりもした。最初はたくさんいた彼の出待ちは、塩対応に耐えかねて、どんどんいなくなった。

それでもわたしは彼が好きだった。全通し、たくさんのプレゼントを渡し、最前に入り、ファンサを求めた。何度も何度も喧嘩をした。わたしは客なのに、どうして喧嘩をするのか意味がわからなかった。三か月間、入りも出もシカトされたこともある。泣いて、わめいて、理解を求めた。

泣きながら舞台を観て、何も楽しくないまま全通したこともたくさんある。

すべての現場に足を運び、祝い花を出し、プレゼントをしているのはわたしだけだった。わたしは意地になっていた。どうして一番お金を使っているのに優しくしてくれないんだろうか、という自己中な悩みを抱え、暗い気持ち劇場に行っていた。

それでもわたしは、彼が好きだった。どんなに辛くても、彼の隣を歩きたかった。

朝、彼の姿を見ると世界きらきらして見えた。どんな人込みの中にいてもわかったし、彼が乗ったタクシーですら感覚でわかった。どんなに遠い稽古場でも行ったし、何時間でも待った。一目見たくて会いたくて、どんな場所でも遠征した。どんなに出番が少なくても、会場にかけつけた。彼が舞台上に立って、輝いているのが大好きだった。どんなに嫌われても、大好きだった。

一度、新宿のど真ん中で大喧嘩をした。

「お前出待ちやめろ、まじで迷惑なんだよ」

「どうして?わたししか出待ちいないからそう思うんでしょう?」

「他の子申し訳ないし、公式の場では平等にしてるじゃん」

平等?それ、本気で言ってるの?お金使ってる子が偉いのは当たり前じゃない!平等なんて求めてないって何度も言ってるよね?しかも、ちゃんと平等にできているなら、ファンの子揉めたりしてないよ」

彼は押し黙った。彼のファンは全体的にお花畑で、掲示板ツイッターがよく荒れているのは周知の事実だった。わたしは泣いた。それで、その日はおしまいになった。

一か月後、久々の舞台初日出待ちをした。はじめて稽古場に行かなかったので、本当に久々に彼と話した。彼は喧嘩が嘘のように饒舌だった。わたしは面食らい、訊いた。

「…もう出待ちしていいの?」

「あー…」

「すごいしゃべるからびっくりした」

「俺もいろいろ考えたんだけどさ」

「うん…」

「お前来んなって言っても来るじゃん」

「来るね」

「それで…まあ喧嘩になるの嫌だから

「え…」

「だからいいよ」

「…あのね、わたしも一か月いっぱい考えたの」

「うん」

わたし自分の都合ばっかり押し付けてた。ごめんなさい」

一か月お互いのことを悩んでいたことに笑った。わたしは嬉しかった。ようやく、言葉が届いたような気がした。喧嘩をしたくないと言われたのも、わたしのことで悩んでくれたのも嬉しかった。

それから今日まで、わたしと彼の仲は良好だ。

話してもいい日、彼は自らわたしの元へ近寄ってくる。わたしダメときに無理やり話しかけることをしなくなった。電話をしていても「ごめん、折り返すわ」と言って切ってくれるようになった。ほかの俳優に断ってわたしと帰ってくれたり、去り際に「さみしい」と言ったら戻ってきてくれたこともある。個人イベントで、同厨の中で息苦しくなったわたしを気にかけてくれた。こっそりファンサをくれることも増えた。仕事のことも教えてくれるようになった。プライベートのことも、向こうから話してくれるようになった。遅刻ぎりぎりで二人で走ったり、迷子になって笑ったり、オタクからリプライを読んでいないって教えてくれたり、喫煙所で偶然会って笑ったり、たくさんたくさん思い出を作った。

そのたびに好きという感情が溢れた。わたしはどこまでもただのファンで、どこまでもガチ恋だった。

「付き合ってください」、そう、うっかり伝えてしまったことがある。隣にいた彼は驚き、「落ち着け」と言った。「落ち着け、今はまだ無理だ、まだ早い」わたしは驚いた。付き合う気なんかないくせに、なんていう回答をするのだろう。そしてわたしが本気であることも理解している。

クリスマスイブ舞台があった。帰り道、二人でイルミネーションの中を歩いた。わたしは再度告白をした。彼は曖昧に答えをぼかす。きらきらイルミネーション、隣を歩く愛しい人、単純に泥沼だった。返事は先延ばしにされた。わたしは安堵した。どうしてだろう。

最近、「好き」というと、彼が身構える。わたしはそのたびに悲しくなる。

わたしオタクをやめなければならない、と思う。

彼は俳優で、わたしはただのファンだ。

どんなに関係が深くても、それは変わらない。

でも、それでも、オタクをやめられないだろうな、とも思う。

同厨が知らないたくさんのことを知っているわたし肯定承認欲求。嫌になる。

下手に彼が優しいせいで、わたしガチ恋をやめられない。彼のせいにしないと、わたし自己確立できない。不安定だ。付き合いたい付き合いたい付き合いたい付き合いたい。


わたし今日チケットを取る。愛しいひとに会うために。

彼は最前わたしを見る、わたしも彼を見る。

終わらない。

わたしはどうしたらいいんだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん