「印刷会社」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 印刷会社とは

2020-09-18

コロナ禍の「禍」の読み方を知らなかった。コロナについて色々と調べてたら…。

コロナ禍の「禍」をなんて読むか、わからなかったんですが、「か」と読むんですね。

恥ずかしくて、誰にも聞けませんでした。勉強が足りないって反省しています

そのコロナ緊急事態宣言で落ち着いたかと思ったら、またぶり返したりしていて。

東京都知事小池百合子さんが出していた「東京アラート」により、あのレインボーブリッジを赤くするっていうアイデア、悪くないと思うんですけれど、どうでしたかね。

東京アラートも解除され、今は少しずつ減少気味であって、少し安心しています。(まだ気は抜けませんが)

それにしても小池さん一生懸命やってますよね。

手作りマスクステキだし。「三密」もわかりやすかったし。

ちょっとカタカナが多いのはわたしみたいに勉強不足だと難しいけれど・・・

少し落ち着いてきたので、コロナ禍がわからいくら勉強が足りないということもあり、

ここ最近になってネットでいろいろ勉強しようと思っていたら、こんなツイッター発見しました。

https://twitter.com/minorucchu/status/1270568371868712960

ちょっと前のことですが、この小池さんのことを書いているツイート新潮さんの発売日前に出ていたようなんですよ。

不思議ですよね。

なぜ発売日前に記事が外部に出回ったんでしょう?これがリークというものなんでしょうか?

もしかしてリークさせて売上げを伸ばそうとしたとか?それともリークさせて小池百合子さんの悪口を広げようとしたとか?

だとしたら小池さん、かわいそうです。一生懸命やっているのに。

「三密」とか小池さんが言い始めたんじゃなかったでしたっけ?

いまはWHOとか、みんな偉い人が真似して使っているけれど。

記事が出る前にそれを見ることができる人って限られると思うのです。わたしみたいなバカでもわかりますよ!

それに友だちから広告主とか印刷会社とかの人は記事とか見れるって話を聞いたことあるんです。でも、広告主でも小さいところじゃ、きっと無理かなって。

大企業広告を扱う会社って電通みたいなところでしょうか?

じゃあ電通の人はみんな先に記事読めるのかな?

ということは嫌な記事は載せないとか、それこそフェイクニュースとかも作れるんでしょうか?

電通さんとか博報堂さんとか有名な広告代理店ってそういうことできるんでしょうか?

都知事選挙は無事に小池さんが続いて当選しましたが、小池さん応援したくないところが動いていたりしてね。

なんだかそういうのって嫌だな。

2020-08-01

今、「 #バンクシー展 」がアツい!!!!( 悪い意味で )

いま、横浜でやっているバンクシー展がアツい。

バンクシー名前くらいは知ってると思うが、街中に意図のある落書きを残していく匿名アーティストで、モスクワマドリードリスボン香港などで100万人以上を動員した展覧会BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?(バンクシー展 天才か反逆者か)』の日本版がいま横浜のアソビルで開催されている。

もちろん、これはバンクシー本人の許可などなく「勝手に」開催されているものだ。

この展覧会は、バンクシー匿名活動( 言ってしまえば犯罪的な活動もしている )をしていることをいいことに、勝手に開催されているもので、日本はまだリストインしていないがモスクワラスベガスなどで行われた「BANKSY展 GENIUS OR VANDAL?」は、バンクシー公式サイトで「FAKE」と指摘されている。

最近バンクシーの展示会が相次いで開催されていることを知っておいてください。 どれも同意の上で開催されたものではなく、これらはアーティスト知識や関与がない組織によるものです。それなりの扱いをお願いします。

https://www.banksy.co.uk/shows.asp

展示されている作品は、バンクシー作品を所有しているコレクターから借りてきて展示しているので、まあだいたいが本物らしい。真贋の確認はされていないが。

(贋作も混ざっているという情報あるので、「贋作が見られるのは本展示会だけ!!」とかいう凄い企画である可能性も高まってきた。これについては後述)

もちろん、展覧会収益バンクシーに支払われることはない。

江頭2:50被害者(?)

バンクシー勝手名前を金儲けに使われて( 作品オーナーであるコレクター権利かあるんだろうし、どこに展示されるかは勝手だろうが ) いい迷惑だなと思うが、オリコンニュースのこの記事

(※現在修正済み)

江頭2:50作品バンク尻―」に本家バンクシーからコラボオファー

https://twitter.com/oricon/status/1288212393659523072

バンクシーからオファーがきて江頭2:50の「バンク尻―」もバンクシー展に展示することになったというニュースだ。

すぐにこれは訂正が入っている

【お詫びと訂正】「本家バンクシーからオファー」と紹介いたしましたが、この展覧会バンクシー本人無許可のものであるため、表現に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます

https://twitter.com/oricon/status/1288312436634710023

恐らく、バンクシー展が本家から認められていないものだとは知らずに江頭側が「本家からオファー」って書いてしまったのだろう。

確認してないのが悪い……とは思えないな。バンクシー展が本家(本人)と無関係なんて思わないもんな…。


公式サイトにある「天才」「反逆者」投票のダサさもすごいし、バンクシー展に江頭の作品ならべちゃうの、商業主義を超えてこの展示会自体アートだとでも思ってるんじゃないかという悪ノリぶり。


グッズも勝手に作って売っちゃうぞ!!

バンクシーは、自らの情報を隠して活動しているため世界各地で勝手に「こいつなら訴えてこないだろう」とばかりにグッズが作られてガンガン売られている。

EU法人設立して商標管理をしたり(もちろんこれは商業主義批判のためであって自らのグッズを売るためではないと思われる)、実際には買うことはできないグッズが並んでいる(通りからショーウインドウ越しに商品風の作品を見られる)「店」を出したりして対抗している。

イタリアだかどこかでは法人を通して訴訟もしている。

バンクシー展、本人は認めてないわ、バンクシーって書いてあるだけのグッズ作って勝手に売るわ、地味にやりたい放題なの恐ろしい。※画像は拾わせていただきました

https://twitter.com/springcourtykh/status/1239527013452378114?s=19

我らが日本の「バンクシー展」では、本家ロゴを使わず普通ゴシック体フォントで作ったTシャツトートバッグを売っているのだ。アツい。アツいぜ。

この「BANKSY」って書かれたトートバッグ持って歩くの、ヤバくないすか!?!?!??

プリントグッズやってる印刷会社デザイナーが「バンクシー展のグッズのデータ作ってよ」って依頼されて、このデータ作るときに「本家ロゴデータないんですか? 本当にこれでいいんですか?」って言ったと思うんだよなー。泣けるなー。

本家データはないよ。非公認からね!!!!!

本物か怪しい作品も並んでいるぞ!!!!

バンクシーについての本も書いている美術専門家鈴木沓子さんのツイートです。

中にはバンクシー贋作も何点か展示されていたので(添付)、本物と贋作と別の人の作品がいっしょくたに展示している展覧会だということは、もう少し知られてほしい。。

https://twitter.com/gingerhoneytea/status/1288309852222058496?s=19

バンクシー作品かを確認する方法は恐らくバンクシー商標管理をしている法人認定を受けるかどうかだけっぽいので、真贋の確認は難しいのだが、専門家がこう言ってるのが本当ならバンクシー展の主催すごいな。

バンクシー活動方針に沿わないような無関係コメディアン巻き込んでの商業展開、匿名アーティストであることを逆手にとった無許可イベント開催、グッズ制作販売。そして真贋の怪しいと言われている作品の展示。もしかしてバンクシーのことを大嫌いな人が企画でもしてるんですか???


いや、バンクシーが有名になってるしちょっと儲けてやろうってくらいで、ここまで徹底的にやれなくない?

どうなってるの???

ウェブ版「美術手帖」の出番じゃないんですか!!!!!

最近BuzzFeedジャパンや、Business Insider Japanと並んでジャーナリズム魂のあるメディアとして(俺の中で)話題ウェブ版「美術手帖」さん、いまこそこれを記事にしてくださいよ。

コタツ記事じゃなくて、中の人意図を聞いてくるとか、バンクシー関連の専門家意見までまとめるくらいのやつ。

この増田はそれを読みたくて書きました。届け、この想い。

2020/08/01:20:27追記

言及増田で発覚したんだが、BANKSYEXHIBITION.JPドメイン管理者が株式会社 美術出版社…。

まり美術手帖は何らかの形でバンクシー展の運営に関わってる可能性が高いっぽい。 oh......マジか……

2020-07-25

本を作るのは楽しい

少し前まで「紙媒体」と「web公開」の二つにこれと言った価値の違いを感じられなかった。

すぐに見てもらえる手っ取り早い方法web公開だし、「沢山の人に見てほしい」って想いもweb公開の方が叶いやすいよな?って思ってた。

でも作ってみて知ったんだ。

本を作ることは、本当に楽しい!!!!!

私はメチャクチャケチだ。

お金を使う時はその金額と手に入るもの価値を天秤にかけて、じっくり考えて何度も自問自答してから答えを出す。

それに加えて「紙媒体」に特別価値を感じていなかったから、自費出版って行為は完全に自分とは別世界のものだったんだ。

あとは入稿とか搬入とかそういうの大変そう、よく分かんないって思ってて、それも手が伸びない要因だった。

でもある時、ある人から「本が欲しいです」って言葉をもらったんだ。しかも既にweb公開してるヤツの。

なんで!?って思った。不思議だった。だって無料で読めるものをなんでわざわざお金払って…!?って。

その人はこんなことも言ってくれた。

「この作品は本がすごく似合うだろうなって」

「紙を捲って読みたいんですよね」

…………紙を捲る!!!!!!

よく分かんないけど、体中に電気ビリビリ流れるみたいな衝撃があった。よく分かんないのに、もう、私はその時、信じられないくらい嬉しかったんだ。

書き下ろしがチョロッと付いてたりなんかしたら大歓喜です」

こんなことも言われた。

…………チョロッとで大歓喜!!!!!!

その言葉がずっと忘れられなくて、だから私はメチャクチャ勇気を振り絞って本を作ってみようと思い立ったんだ。

せっかくだから中身はまるきりの新作にした。

本って形が似合うお話を作ろうと思って意気込んだ。

あと、素敵な言葉をくれたあの人への「ありがとう」を「丸ごと書き下ろし」に代えて贈りたいって気持ちもあった。


どれくらい売れるか分かんないのに印刷費用を全部自分で出すってのが、本当に本当に怖かった。丸ごと赤字になったらどうしよう、だってこの金があったら一体なにが買える?回る寿司とか出前とか何回利用できる?そんなことばかりが脳内を占めていた。生粋ケチだ。

部数もどうしたら良いか分からんし値段設定もよく分からん。悩みに悩んで、その結果初めての本は「部数は弱気・値段はほんのり強気」って感じで舵を取った。


入稿までスマホ一台で全部やった。カバー付きの文庫本だ。本にするなら文庫サイズがいいなってずっと思ってたんだ。文庫大好き。

本文はAの会社カラーカバーはBの会社印刷を依頼した。そのやり方が調べた中で一番安かった。もちろん最安の早割にした。少しでも赤字を抑えたかった。

本文をpdf化してくれる無料サービスもあったし、表紙はフリー素材のサイトからイケてる好みの写真を選んで使った。(無料とかフリーって言葉が大好きだ。ケチから)

表紙の入稿は三回くらい不備を出しちゃって印刷会社Bさんに多大な迷惑をかけてしまったけど、とにもかくにも、そんなこんなで、本体カバーがそれぞれ自宅に届いた。


………感動した。感動してしまった。

どうしよう、紛れもなく本だ。メチャクチャ文庫の本だ。

表紙に自分のつけたタイトルが印字されてる。中を開いたら自分の書いた文が明朝体でかっこよく印刷されてる。

紛れもなく、本だ。

なんだこれは。


なんだこれは!!!!!


初めて作った本、不備も幾度となく出したし誤字もメッチャあったけど、それでも、心から大好きだって思えた。愛しかった。誇らしかった。直接触ることのできる紛れもない宝物だと思った。

その時、あの人がくれた言葉を鮮明に思い出したんだ。

「本が欲しいです」

そうか、本にするということは、

触ることができるんだ。確かな重みがあるんだ。確かに存在してるんだ。愛しいと思いながらギュッと抱きしめることができるんだ。

このことに気付けたのがすごく大きな財産になった。一冊も売れなくて丸ごと赤字だったとしても、それは赤字なんかじゃない。素敵な価値観を印刷費というお金で知ることができたんだな、私は。

でもそうは言っても売れてくれとは思った。ケチなので。

カバー巻きという楽しい内職を終わらせ、初頒布イベント当日。

……本、メチャクチャ買ってもらえた。生涯忘れないと思う。人生トップ3に入るくらい嬉しい出来事だ。

それから一年後。

あの人が言ってたweb公開済のお話も本にしようと思い立った。全部で300ページで、その中の100ページは書き下ろしにした。

これも胸を張れる大好きな一冊になった。自分が作った本の中でこれが一番分厚い。背表紙の厚みがすごい。

あの人は数日後、通販で買ってくれた。

全部全部嬉しくて幸せで、伝えたかった「ありがとう」は何十倍も大きくなった。



あの日から今日までで合計五冊の本を作った。

五冊とも全部愛しくて誇らしくて大好き。作って良かった。本を作るという喜びに出会えて本当に本当に良かった。

出会わせてくれたあの人には今もずっと感謝してる。一回だけメール感謝を伝えた。超重たい超長文になってしまった。

何度も言うのはしつこいし重たいし、もうさすがに言葉にしてはないけど、これから先もずっとずっと「ありがとう」って思い続けると思う。

本を作る私の傍に、その気持ちはこれからもずっとあるんだ。

本当にありがとう

今度は新書サイズ作りたいなって目論んでる。黒っぽい感じの、鈍器みたいなかっこいい本を作りたいな。

2020-07-22

風俗ってかわいそう?

少し前に某芸能人が原因で「性風俗オチしなきゃいけないなんてかわいそう!」とネットで話題になった。

 

自分性風俗にあまりよくない印象があった(性病とか)ので頷いていたのだが、性風俗で勤務されている複数の方々が「勝手に憐むな、わたしプライドを持って仕事をしている。お金に困っているから仕方なく就いたわけじゃない」と毅然とした態度で「かわいそう」を否定されていた。

 

えっ、そうなんだ!と驚いたと同時に、なぜ自分が「性風俗仕事としている人はかわいそう」という感想を持ったのか思い返してみることにした。

 

自分性風俗でお世話になったことはないし、友人親族性風俗店に勤めている方はいないので性風俗界隈が身近じゃない。漫画ドラマで触れた性風俗はいわゆる遊郭なので現代性風俗店とはだいぶ異なるだろう。

じゃあなんでかわいそう?

 

思い当たるのが性風俗に勤めている方々の実録エッセイツイートだった。そこに書かれているのは、お金にとても困っていて、親と確執があるためまともな教育を受けられず、惨めな思いをして、とき性病や性暴力コースにないプレイ強要など)に苦しみ、底辺だけど地べたに這いつくばってでも頑張っている、性風俗で働いている方々(性別関係なく)の姿だった。

 

あ〜…自分ビジネスを真に受け過ぎただけか。実際に苦しむ方々がいないわけじゃないけど、他の職業だって苦しむ方々がいるし(友人が土木関係なのだが脚の骨を仕事で粉砕していてそのレントゲンを見せてもらった。印刷会社に勤める友人はその友人が、ではないけど印刷機に髪が巻き込まれた方のエピソードとか)、どうも自分は「性」というだけで過敏に反応していたのかも。

 

辛くない仕事はないんだろうけど偏見さら他人が「酷い仕事」のレッテルを貼ることはできてしまうから、気を付けないとな…

 

2020-07-19

作家なんてなるもんじゃないな

自分はかつて作家になることを志して夢破れた(そこそこ夢が叶いそうなところまでは行った)自分が、一昨日あたりに出版業界増田たちが書いた文章を読んで思ったことを書く。

以下長々と書いたが、一言でまとめると、「あー、やめといてよかった」


https://anond.hatelabo.jp/20200716012131

まずライターをやってる増田文章。これを読んで思ったのは、作家というのは自分が思っていた何百倍もくだらない仕事だったのだなということ。

作家を目指していた頃、自分でも「甘いよなあ」とは思いながら夢見ていたのは、筆一本で身を立てる職人生活だ。しかし、今時はオンラインサロンYouTubeをやらざるを得ないくらいに、儲からない仕事になっているらしい。

もちろん、当時から出版不況だとは言われていたし、作家になれば世情に媚びた文章を書いたり、執筆以外の仕事もやらざるを得ないことは分かっていた。しかし、オンライサロンだのYouTubeだの、ここまでくると、もはや作家というより「売文ネット芸人」だろう。

これからますます作家は顔も私生活晒して、芸人じみた生き方をしていかざるを得なくなるのだろう(専業でやる場合だが)。そこまでして数百数千の読者を抱えても、生活は並の会社員にも及ばない。ようやく文章を世に出せたと思ったら、Twitterだのブコメだので頭の足らない連中にゴミみたいな感想を書き散らされる。想像するだに身の毛がよだつ。

作家たるもの自分の書いたもので少しでも世を変えたい、そしてあわよくば、歴史わずかでも爪痕を残したい、という夢想をするものだと思う。程度は人それぞれだろうが、少しは作品を後世に残したいという思いは持つだろう。だが、今では作家の書く文章など、無数の娯楽の中の一つに過ぎず、ただただ消費されるだけのものだ。それも、一部の物好きが消費するだけで、ろくに金も産まない。断言するが、かつての大作家たちのように何十年何百年と読まれものなど、現代作家からまれることはない。残ってせいぜい五年か十年か。

無数の駄文ネット上に書き捨てられ、毎日のように駄本が出版される現代作家の書いたものが世を変えたり、歴史に残ったりすることはあり得ない。現代に書かれたもので、後世振り返られるものと言えば、おそらくドナルド・トランプツイートくらいだろう。「作家の書くものには言葉の力がある」などと言われる。だとするなら、「言葉の力」で世界一喜一憂させ、株価を動かし、世界情勢すら変えかねない、トランプこそ現代最高の作家だろう。業としての作家には、何の影響力もない。歴史にも残らない。何ならアルファツイッタラーの方が遥かに影響力がある。これが現実だ。

まり自分が夢見ていた作家像は、徳川埋蔵金と同じくらいの馬鹿げたものだったのだ。仮にこんな馬鹿げた夢を持ったまま業界に入っていたらと思うと背筋が寒くなる。絶望して生きていけなかっただろうな。


https://anond.hatelabo.jp/20200716203604

さて、次にこの編集者氏の文章だが、「いい本を多くの人に読んでもらう、それが編集者仕事だ」という矜持が僅かでもあれば、意地でも言わないようなことを言っている時点で終わっている。

もしも、作家になれていたとして、こんな人に偉そうなことを言われるのだと思ったら…こんな業界に身を置かなかった自分賢明だと思う。


https://anond.hatelabo.jp/20200717110714

最後印刷会社増田

もしも自分作家になって、それなりに自由ものを言える立場だったになれていたとしたら(無理に決まっているが)、こういう低い立場に置かれた人たちのことなど知りもせず、「搾取はいかん!」的なことを書いていただろう。自分搾取構造の一部になっていることな気づきもせず。

自分を顧みもせず、綺麗事を言う作家どもが如何に醜悪かは、皆さんよく知っていることと思う。Twitterを見れば、「よくもまあ、そんな偉そうなこと言えるよなあ」という腐れ作家どもが山ほど見れる。そんな人間にならなくてよかったと、心から思う。


いやあ、本当に、作家になることなど諦めてよかった。作家目指してあれこれ努力していた頃、「馬鹿言ってないで就職しろ」と言ってくれた両親に感謝したい。下手にチャンスが近づいていたため、当時は親を恨みもしたが、今では感謝の念しかない。

現在は、小さな会社のしがない社員だが、それなりに楽しくやっている。幸いコロナの影響も少なく、将来の不安は小さい。ステイホーム中は嫁と楽しく過ごすことができた。作家業なんてしていたら、この安心感は得られなかったろう。金もなければ、結婚もできていなかっただろうな。

「こんな文章書いて未練たらたらだな」と思われるかもしれない。確かに、未練が全くないとは言わない。一度は目指した夢だったのだから。だが、「やめといてよかった」もまた本音なのだ

夢を追って叶えていたら、もちろん得るものも大きかっただろうが、失うものはそれよりも大きかっただろう。そこそこ安定した生活家族のいる安心感、これらがないまま今の年齢になっていたら…。死んでただろうな、間違いなく。

腐すような書き方をしたが、作家諸氏には本当に頑張ってほしい。大変な時代と思うが、工夫して乗り切っていただきたい。乗り越えた先には、明るい時代が待っているだろう。知らんけど。

2020-07-18

同人印刷所にお勤めの方に一度聞いてみたい……

同人誌などを刷る印刷会社の人って、コンプライアンス問題とかあるだろうから大っぴらには言えないだろうけど、内心お目当てや贔屓の作家さんが入稿したら「新作キタ-------!!!!!」なんて喜んでるんだろうか。

それとか、全然知名度無いのに「この作家さん……すごい」とか、そこから気に留めてくれたりってあったりするのかな。

で、次もその作家さんの作品入稿されたらウキウキになったりとかあるんだろうか……。

もしそう思ってくれてるのなら、頑張りがいがあるな……なんてちょっと思った。

実際はそこまで確認なんてできなくて、流れ作業的に次々仕事こなして終わりなのかもしれないけど……。

自分は自ジャンルでそんなに……いや全然目立ってないのに本作り続けているから、誰か一人でも楽しみにしてくれてる人がいたらいいなぁって。

それを心の糧に毎日コツコツ描いてるから

こんなこと出来はしないだろうし、されたら嫌に思う作家さんだって多いのは分かってるけど、もし印刷所さんから製本が届いて、その中に……いや、段ボールの外側でもいい、♡マークでも付いてたら泣くかもしれない。

なんて思うのでありました。

2020-07-17

anond:20200717141451

現時点での日本語の正しさって出版社が作って印刷会社が刷ってる辞書等に基づいてるだろ。

世に出ている書の連なりが日本語基準規定してるだろ。

それゆえ正しい日本語特に書き言葉は明らかに出版社によって作られてると思うんだが。

anond:20200717135320

マジレスすると出版社組版業者印刷会社日本語の正しさを規定してる面があるので、そのルールから逸脱している文章は間違っていると言い切ることが出来る。

anond:20200716203604

印刷会社の者ですが

事前人気に頼らざるを得ないというのはわかります

かに刷り部数の決定は駆け引きというか…当初は3万部という話が、出版社内の営業編集で争った結果5000部になりました…。

とかよくありますよね。

編集さんがプレゼンしなきゃいけないのは、買い手である読者に買ってね、書店さんへ良い場所へ置いてねこの本よろしくね、以外にも多く、

営業や社内へ向けて「出版するか」「何部刷るか」のプレゼンが大変そうです。

それには確かに数字としての実績や人気を示さないといけなくて…「Twitter話題で人気の原作(作家漫画など)です!RT数、フォロワー数はこれくらいです」もひとつ指標ですよね。

「売るための下地」がなければ「部数を刷れない」のは、たしか現実として正しいことです。

以前、芸能人の方の出版物を担当しました。

これは事務所代理店の関わる「売ろう」と決められた本なので、あらゆる媒体宣伝され、広告がうたれ、「売るための下地」をお金をかけて作りました

初版1刷は2万部です。

しかし、実際に最初に刷ったのは10万部です。

公表につき再刷!増刷重版(厳密にはちがいますが)!○万部突破

宣伝するために出荷前にはもう3刷まで刷ることもあります

これもまた実売数を売るための下地であり、刷り部数を増やすテクニックです。

元増田さんは文芸でしょうか?なかなか下地の難しい分野ですよね。

部数を多く、という以前に発行に漕ぎつけるまでが。

コミックスであれば、現在は3000できれば5000部というロットで刷れるようになったため、とりあえず出してみよう、が以前より多く感じます

POD(オンデマンド)本を勧めてらっしゃる方もいますね、弊社も承っておりますよ、書店サイトから注文が入り即日C1000プリント、手作業PP貼りし、手作業製本して手作業断裁、そして発送。

正直こちらは一般流通する書籍などと同等とは言えませんし、刷り部数が確保できないほどの小ロットしか向きません。

印税(率、または単価が高いことによる額)が良くても総合的には部数が稼げる商業印刷には収入としてはかなり劣ります

宣伝して売るための予算を取る、初版部数を増やす、これらは買い手への宣伝ではなくて社内へのプレゼンです。このためには、事前の評価必要なのは事実です。

どんなに編集さんが熱心でも、その予算が取れず部数も減らされてがっかりされていることは日常で、私たち印刷会社も以前より部数が絞られる傾向を感じています

刊行タイトルは増えている気がするのですが。

刊行タイトルが増えて、抱える作家さんが多くなったせいか宣伝できるタイトルが絞られている印象です。

タイトル数が増えて、個々の実売数が減っている…そうすると人件費率も経費率も爆上がりですからね…。

(印刷会社から見て、印税10%は妥当かなと思うのですよ、物価が高くなったとは言え製品原価自体は微々たるものですが、あまりに一冊をつくるのに人手と時間がかかるので…。)

(売れる本だけ大量に刷れるなら別ですが、大半の利益の出ない売れない本の経費や赤を、売れる一部のベストセラー本が補っている現状です。)

作家さんが増えて「経費」も絞られていますよね、校正校閲を省くという荒業から作家さんへの接待なども。

我々業者は、作家さんの花見の席取りや、作家さんの趣味観劇チケット取り、打ち合わせで行きたいとリクエストのあった予約制飲食店の予約…などによく駆り出されたものですが、新人の方への接待で呼ばれることは少なくなったように感じます(大御所さんはいまだにありますが)。

作家一人一人、タイトルひとつひとつ時間人員も割くことができなくなっているのだなと感じていますから

ネットで話題超人作品がついに刊行!」でもなければ、宣伝予算も刷り部数も、そして人もつけられないのかな、と。

2020-07-14

anond:20200714100027

それはお疲れ様です…

営業ならともかくなぜ…という気分になるな

でも私の職場に来る印刷会社技術職の人はたいてい無愛想だから増田には素敵な笑顔でいてほしい

anond:20200714094522

印刷会社制作職……デザイナーみたいな……

新人研修の時、マナー研修で鏡見て笑顔チェック。

最近制作職も客先に出向いたりしてお客さんと話したりするから…って理由

女も男もプログラマー電気工事系の人とかもまとめてやらされた

技術系の人でも専門的なことがわからない客先で説明したりとかするかららしい。まあ実際その通りだったからいいんだけど…

2020-07-09

完成品にしかケチがつけられない糞上司

いや俺もね、そもそも高い志があったとかでは全くない。口を出すこと自体全然構わんわけよ。

あーせいこーせい言われたらハイハイ従うよ。でもひっくり返すのは勘弁して欲しいわけさ。

パンフレット作る話があった。毎年の事だ。

そんとき広報部長方針は「関係者の顔をともかく入れる」だったんだよ。

伝えたい事を整理して載せたら、あとは施設よりも関係者の顔顔顔でいこうとなった。

渡すのも置いてくのも簡単だし、載ってる本人とその家族は読むじゃんな。

そんときの副院長(広報より偉い)が、何を思ったかストップかけた。

モデルを使え」と、美男美女パンフレット固めたいらしい。

いやその方針自体は良いんだよ。読む人数でバント狙うかホームラン狙うかだからね。俺が金出す訳じゃないし。ぶっちゃけパンフなんてどうでも良い。

できてから言うなよ

それがやりたきゃ企画段階から言えよ。完成してからひっくり返すな。

どうにかなだめて次の年からねってなった。

んで次の年。印刷会社も替えようと言い出した。まぁ良いよ。替えるのは大変結構、好きにして。

個人的には地元印刷会社のが便利だったけど、都会の会社が良いなら良いんじゃないですかね。

んで入札で決めたいらしい。オッケーオッケー大変結構

何社か集めてプレゼンしてもらって、良い感じに絞ってたら、新しく参加したいとこが来た。

もう締め切っててごめんねって追い返した。

そこで件の副院長様が、何を思ったかそこのプレゼン聴くようにと。

あんたの差し金かぁ、さよかぁ。

いやあのね、うちは別に公共機関でも何でもないわけ。入れたいなら最初に言えば一瞬だからさ。

終わってから言うな

他にもすーーーーーっごくたくさんあるが、総じて言えるのは、完成品にケチをつけるんだわ。決裁の段階で、下手すると済んでから白紙にする。

最初から想定があって、そこに齟齬が生まれたりして修正を促すのはわかる。言葉足らずだったとしても。

多分だけど、どうしたいという想定が特に無くて、完成品を見ると「むむ!これはいけません!」ってなるんだろうね。

三大糞上司

「毎回基準が変わる」

「良く考えたら実現不可能

「初めて知ったからとりあえず白紙

あとひとつは?

2020-06-11

実務未経験からフリーランス動画制作を始めて1年経った

スペックアラサー男私文卒。

結論から言うと大成功はしてないし、運が良かった。

最近会社を辞めて動画を始める人が多いと聞くので、

あくまでこんな人間もいるんだと思ってもらえば良いと思う。

フリーになるまで

文系大学卒業して、大手印刷会社営業職についた。

4年ほど働いたが、人間関係的な理由と、会社ふんどしを履いて仕事するのが

怖くなってきて辞めた。

あとお客さん怖がっちゃうので営業向いてないと思った。

フリーになってから

動画学生時代に、趣味で少しだけソフトを触っていた程度で、実務経験はなかった。

一番最初仕事は知り合いづてで、企業セミナー動画撮影編集10万くらいで引き受けた。

勢いで請けたものの、当初はカメラの設定も編集ほとんどわかっていなく、

手探りで制作した。今見返すと未熟すぎて直視できない。

当然ツテもないので、フリーになってすぐは動画仕事が来ない。

友人が代表をやっているスタートアップ雑用としてバイトさせてもらうことになった。

実績のない人間仕事をもらうには、とにかく人づてしかない。

運の良さを痛感したし、もっと色々な人と仲良くなっておけばよかった…と後悔。

その後は、SNSやbosyu、Wantedly動画制作者の募集を日々探しては

連絡する→実績を作る→応募するの繰り返し。

現在は3〜4社とやりとりしていて、週1日A社、週3日B社…みたいな感じで働いている。

このスタイルはなかなか飽きが来ないので良いと思った。

デザインセンスが皆無なので、そこはすごい苦労した。

勉強すればある程度きれいに見えるものは作れるけど、飛び抜けてスゴイ!みたいなものはなかなか作れない。

デザイナーってほんとすごい。

振り返って

そんなこんなで1年頑張って、売上的には前職とほぼ同じくらい(500万ちょっと)で着地した。

実務未経験で始めたにしてはまあまあなのかな。

もっと稼げたほうが良いんだろうなと思う。

最近動画編集者を名乗って活動してる人も多く見るけど、YouTuber動画編集代行はあんまりおすすめしない。

自分もやっていたけど、単価が数千円〜と激安で、差別化できるスキルも身につかないから単価が上がりにくい。

あと人によるけど飽きる。

身近に太いYouTuberがいて、広告収入の3割もらえるとかだったら良いかも知れないけど。

2020-04-28

anond:20200428215257

同人印刷会社は、同人誌に特化している会社だよ

普通印刷をしながら、同人関連もやっているところは確かに生き残る

だけど世の中には同人誌専門でやってる印刷所はたくさんあるんだよ

印刷所、という規模で言えば弱小だろうね。その辺が持たないだろうってこと

anond:20200428214556

同人誌印刷会社の年間の売上の何割をコミケ新刊が占めると思っているのだ

そしてコミケ以外のイベントコロナが落ち着いたら開催されるだろうけど、ビッグサイトの東を使えない、大阪かになるとある程度の規模までにしかならない

そうなると、参加者が減る、つまり本も出ない

同人オタはコミケだけは本を出す、コミケだけは行く奴らが本当に多いんだよ

からコミケ関係の売上げが吹っ飛ぶと、0じゃないけど、かなりの大ダメージになる

実際すでに大手印刷所が倉庫を解約したり、毎日50万は売上げがあったのが、5万もない、とか呟いたりしている

これはコロナが落ち着いたとして、そう簡単に戻らない

なんといっても同人やってる人たちの気力と金がないんだよ、今Twitter見てても、今まで萌え萌えキャッキャしてた人たちがかなりの確率で、コロナのこととか呟いたりしていて全体的に元気がない

ビッグサイトが使えない期間が1年以上延ばされるって言うのは死活問題だよ

2020-04-18

不要不急」の仕事で本を作っている。

印刷会社で本を作っている。

このご時世で、わたしは今のところ「普通に」勤務している。

コロナ流行する前と、何ひとつ変わらず、である

50分間電車に乗ってオフィスに行き、働いている。

なぜか?

仕事があるからである

仕事があり「不要不急の外出ではない」と考えられるからである


印刷会社というのはむろん、字や絵が印刷された紙を見ながら作業する。

紙が手元にないと仕事にならない。

からネットを駆使したテレワークは、当社のお呼びでないわけだ。

また、印刷会社というのは「下請けである

発注である出版社が本を作り続けるかぎり、

そこから発注があるかぎり、

印刷会社は稼働し続けなければならない。

取引先に迷惑をかけるわけにはいかないからだ。

から弊社の社屋へ行き、普通に働いている。


そんな中で、次のようなことが起きるのである

・・・・・・・・・

弊社の社員の出向先で、発熱した人が出た。

出向していた社員は、様子見のため休みをとっている。

出向先の企業も多くの社員出勤停止となり、今はほとんど機能していないようだ。

コロナ足音は、弊社のすぐ隣まで迫っている。

そしてどうなったか

結果的に、出向先が作業できなくなっため、その会社がやる予定だった仕事がうちに回ってきた。

わたしももちろん協力 さ せ ら れ て いる。

当然だが、普段でも定時ギリギリなのだから、他社の仕事が上乗せされれば残業が発生する。

……は?

テレビで見た偉い人たちは、たしか時短勤務」を推奨していたね??

時短勤務どころか、むしろ通常より勤務時間が延びてるのですが。

・・・・・・・・・

それでも、少しでも早く終わらせて帰りたいので黙々と仕事をしていると、後ろからこんな会話が聞こえてくる。

「◯階(出向していた社員がいる階)が汚染されたらうちの階で作業するらしいよ」

「えっそうなんすか。ハハハハ」

ハハハハ」。

あと「汚染」。

階が違ったからなんだという。

同じビルにいる時点でお前もわたしもみんな感染危険性があるんだぞ。

そんな状況で、なんで、まだ笑っていられる?

・・・・・・・・・

この期に及んで、取引先の人が弊社に来る。

弊社の営業取引先に行く。

コロナ交換ごっこでもしたいのだろうか。

マジで理解できない。

・・・・・・・・・

わたしの2つ隣の島の社員が、しばしば咳き込んでいる。

今週ずっとだ。

その咳が、離れた席のわたしのところまで聞こえてくる。

(一応)当社でもなけなしの対策はとっていて、(一応)全社員は毎朝体温を測ってから出社することになっている。

でもコロナ発熱しない人もいるじゃん。

咳き込んでいる人だって、熱はなくても感染しているかもしれないわけじゃん。

なぜ?

なぜ来る?

「咳があって心配なので休みます

なぜ、それができぬ

「熱はないか大丈夫

そう思っているのか。

甘い。

新型コロナウイルスは無症状でも他人うつる

それが、過去流行したどのウイルとも異なる、このウイルスの最も厄介な点だろう。

・・・・・・・・・

一応、営業などは交代で在宅勤務しているようだ。

しか今日、在宅勤務のはずの社員が出社してきた。

「いや~書類ミスがあってさ。今日やらないと。取引先には『遅れます』ってやっぱり言えなくてさ~」

……は??

それだけ?

それだけのために来たの?

在宅勤務の約束を破って?

呆れた……

意味がないじゃん。

会社来たら意味ないじゃん、ねえ、在宅にしている意味が。

周りにコロナばらまくのと、取引先に一瞬謝るのと、どっちがいいんだ?

そのない頭でも、さすがにわかるだろ?

それか他の社員に引き継げよ。

・・・・・・・・・

こういうことが、毎日ある。

しょうじき、怖くて怖くて怖くて怖くて仕方ない。

コロナが、ももちろんそうだが、

命よりも身体よりも仕事を優先する、この社会の「甘さ」が。

コロナ足音など聞こえぬふりをして、社員危険さらし続ける、意識の甘さが。

ちなみに、クラスター対策のために、わたしや他の誰かが開けた窓・ドアを勝手に閉めるようなオジサンたちである

……は????(n回目)

何してくれてんの?

まだ若いわたしたちはいいんだよ。

あんたらの命を守るために開けてたんだよ。


現在のところ、この国における新型コロナウイルスの致死率は2~3%。

50人以上がいるこの会社でもしクラスターが起きたら、亡くなる人が出る可能性はおおいにある。

わたしはさっきから「オジサン」と呼んでいるが、50~60代、つまり重症化しやす年代社員も多いのである


もう一度いうが、わたし印刷会社に勤務している。

印刷会社は本をつくるところだ。

だが今の時代、なにも本は紙でしか読めないものでもない。

わたしの、そしてあなたの手元にあるであろう、スマートフォンタブレットパソコン。その画面上でも本は読める。

電子書籍である

紙の本は「不要不急」だろう。

わたしはそう考える。

印刷会社印刷を依頼している出版社へ。

どうかどうか、今は電子書籍だけに注力してくれませんか。

あなたたち発注元が英断を下してくれなければ、わたしたち下請けは休むことができないのです。

わたしはいくらか若いのでいいとしても)や、

家族の命の危険を侵しながら、

不要不急の仕事をしに家の外へ出なければならないんです。

なうことならばわたしも、週7日 Stay Home したいのです。

そして、下請け会社仕事発注している、すべての企業へ。

あなた会社ではテレワークができても、下請けはそうはいかないかもしれません。

発注先に負担がかかっていないか

感染リスクを高めてしまっていないか

自社だけでなく、発注先の社員のことも考えて、仕事をしてくれませんか。

どうかよろしくお願いします。

2020-03-30

anond:20200330011214

ドイツ国債のほかに州債もある

だとすればギーゼッケ・アンド・デブリエントみたいな証券印刷会社

コロナ債発行を持ちかけるかもしれない

ところがドイツは6日前、経済相がEUコロナ債発行に反対

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-germany-eurobonds-idUSL8N2BG8RK

特殊印刷会社は、新原版の制作で儲けられる

ギーゼッケはユーロ紙幣印刷してるし

昔、超ハイパーインフレが起きたジンバブエドル印刷していた

明治維新のあとの明治通宝も原版はドイツ製だった

印刷利権の闇ってあるのかな

2020-03-25

コミケ中止で何が問題なの?

この問題語ると「社会を知らない」とかすぐ大きいくくりにするけどさ、展示会業界とかはコミケには厳密には絡まないでしょ?

もちろんコミケに多くの会社が絡むのは分かるけど、正直1~2回中止にして何の問題があるか分からない。K-1ほどの自転車操業さも感じない

タイムラインに流れてくる情報も訳知り顔の情報レベルで納得のしようもないし、自分カタログ売った金でキャンセル料払って今回は中止で良いんじゃない?って考え

印刷会社が~とか言うけど、そんなのコミケに全振りしているのが問題で、助けたいなら同人作家発注すれば良いだろ。売る機会が失われるだけだし、むしろ保管で倉庫業界が潤う

ネット販売できないのはそもそも著作権グレーなもの活動しているんだから諦めるかオリジナル書けばいい。フリーライド宿命だろ

ぶっちゃけフリーライドの極みみたいなコミケに全振りしている方が異常であって、あくまでも一つの営業先・趣味の場レベルで済ませていれば中止になっても騒がないんだよ。その辺は見込みの甘さだし、それで潰れるのは自然の摂理じゃないの?

2020-03-19

anond:20200319224353

そういえば出版関係者とか印刷会社バイトとかガチネタバレを知ってるんだよな

この増田冗談ではなく本当に知ってる可能性あるわ

2020-03-15

今年のコミケが中止になった後の影響

無影響

コミケ宣伝するまでもない程に有名な企業サークルは、予定していた本やグッズ等をネット販売するだけで大した影響はない。

悪影響

コミケに参加する事がマーケティング重要レベル企業サークルは、ネット販売に切り替えても知名度が低いため売り上げが減る。

趣味でやってるだけの個人は本を作らなくなるので、印刷会社仕事が極端に減る。

コミケ知名度を稼いでいるコスプレイヤー宣伝の機会が減る。

好影響

ネット通販のインフラ提供している会社

ネット広告

運輸業

2020-02-12

編集者10年やってるけどもうそろそろ限界かもしれない

すっごいありふれている話なんだが書かせてくれ。


おれは編集者10年やっている。

っていっても、これから書くことは

編集者ならではネタでもないんだけど、

とりあえず本を10年間作っている。


編集者としてのおれは、書いてて吐きそうだけど、めちゃくちゃ無能だ。

無能にもいろいろ種類はあるけど、

おれがもっと無能さを発揮するのは

商才がないという意味での能力だ。


いま編集者は、商人でなければいけない。

商売の芽をいち早く見つけ、育て、ブランディングを行い、

著者の「株価」がもっとも高まったところで、打つ。

おれはとにかくそれができない。

見よう見まねでやってみようとするが

おれが心から素晴らしいと思う書き手は、

言葉を選ばなければ、「売れない」人ばかりだ。

複雑で、わかりにくく、答えのない、この世の過酷さを照射する言葉

いま、それに金を払うほどみんな余裕がないのは、頭ではわかっている。


から、正直「良さがわからない」が

「良いと言われている」コンテンツを、

あるいは他人が良いと言っているコンテンツ

上記のやりかたで世に出してみるんだけど

やっぱり、おれみたいに商才がない奴が

よくわかっていないままやると、だめだな。

爆死はしないが、爆発もしない。


ここで不幸なのは書き手だよ。

おれに、おれと仕事しなければ、おれ以外と仕事をしていたら

もっと高い場所を飛べたかもしれないのに。

おれが、会社員として組織に留まりたいばかりに

おれが、編集者として爪痕を残したいばかりに

けがけのないリソースを、いちばん良い形で発揮できなかったとしたら。


書き手だけじゃない。

営業も、デザイナーも、印刷会社も、

本が売れなかったらもうみんな徒労になってしまうんだよ。



数えてみて、おれは10年間で80冊の本をつくっていた。

80冊、重版かかったのも流石にあるけれど、でも

このなかに確実に、うまいことやれていたら、

20〜30万部はいけていた書き手はいただろう。




もう降りさせてくれないか

もう本をつくらない部署に異動させてほしいと部長に伝えたもの

まだまだ大丈夫、これまでどおり誠実にやんなさいと係留される。

ありがたい。実にありがたい。いっそ死ぬといいのかな。いっそ死ねばもう本つくらなくていいかなって最近新宿駅に降りて思うんだよ。みんなゴシップに飢えてるし、そういうの、いいじゃん。なんかさ、アガるじゃん。出版社なんざ、そのくらいのストーリー持ってたほうがさ。でもおれみたいなのって、結局そんなの出来なくて、また明日もさ、企画会議に出るんだよ。これは目標部数5万部ですなんていってさ。それで通過しちゃうんだよな。止めてくれよ。わかるだろ。そしてさ、報告するんだよ著者に。おめでとうございますあなたにとってこの本が、作家としての、門出になると思っています。いい本にしましょう。救われる人がいる本にしましょう。微力ながら全力を尽くします。



うそじゃない、心からそう思うよ。

おれみたいのと仕事したいって言ってくれた書き手のために、なんだってするよ。

でも、おれが教育担当やってた新卒がさ、初めてつくった本がさ、15万部いったって聞いてさ。

天才かもなって上司、うれしそうで、

本当にごめんなさい。

もう限界かもしんない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん