「寛解」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 寛解とは

2021-06-16

anond:20210616214120

自分の妻は適応障害で3年前に休職して2年前に復職した。復職してから今も服薬はしているが仕事普通にこなせている状態。完治かそうでないかというより、少しずつ寛解していってできることが増えていく感じにみえるよ。

2021-06-03

anond:20210603184327

イワマンみたいに憑き物が落ちたように寛解した例もある(ただしごく稀)

2021-05-23

自分の愛し方が分からない

愛し方っていうか大事にする方法というか。

セルフネグレクト気味。

一人暮らししてた時は、色々な忙しさと精神的なもので家はゴミだらけだったし、家でペットボトルおしっこしてた。トイレふつうにあるのにな。

体重もめちゃくちゃ増えた。

仕事終わってコンビニ飯どか食いして寝る。

 

今は仕事ホワイトだし一人暮らしでもないから、家が汚いってこともない。

でも、それは誰かがやってくれてるだけであって、

自分本質は変わってないと思う。 

客観的セルフネグレクト状態から抜け出せたが、

そこから先の、未来のための建設的な努力ができない。

暴飲暴食気味なところは抜けてないし、

資格試験勉強しようにも疲れて眠ってしまう。

どうしたらセルフネグレクト寛解気味のそこからもう一段階良くなる方法が分からない。

 

 

 

2021-05-22

うつ病になったら友達がいなくなった

うつ病になった時、友達がみんな離れていった。

うつ病の症状自体しんどいのに、私の周りには「自分友達だと思っていただけの人」しかいなかったのだと気づかされたのがしんどかった。

一緒にいろいろな場所へ行っていろいろな話をして、楽しく過ごした日々は何だったんだと思った。

うつ病になったら友達がいなくなった」原因としては、「うつの症状が酷くて連絡を返せなくなったから」というのが一般的なのかもしれない。ちょっとググったらそんな感じだった。

私はそれ以前の問題だった。全く連絡が来なかった。

うつ病の本当に初期、たまにしか学校を休まなかった時期は2回くらい連絡が来た。明日の授業はこれが必要って言ってたよ、みたいな内容だったと思う。まだ元気だったし丁寧に返信した。

それ以降は本当に何もなかった。

一番仲が良かった友達とのことを少し書く。

学校に行けなくなった頃、友達と縁が切れるのが嫌だったから定期的に連絡はしていた。

病気の話はしなかった。元気だった頃と同じように、ただ他愛のない話をしていた。

症状が重かったので頻度としては2〜3ヶ月に1回しかできなかった。それもかなり頑張って頑張ってやっと連絡できる感じで、精神的な負担が重かった。

そんな感じで1年ほど経ったある日、当時一番仲がよかった友達が数ヶ月前からメンクリに通っていることを知った。

病名までは聞いていないが、メンタルがしんどくてしばらく何もしなかったと言っていた。

そこで初めて気づいた。普通しんどい時は何もせずに休むらしい。頑張って友達に連絡していたのが馬鹿らしくなった。

から連絡するのをやめた。そしてだらだらと休んだ。そのまま1年経った。

その友達にとって私は「頑張ってまで縁をつなぎたい友達」ではなかったことを知った。

誰も連絡してこないから、もし私が自殺しても誰も気づかない。あんなに親しくしていたのに、学校を通して全く親しくない人たちと同じタイミング自殺のことを知るのだという事実が当時は本当に嫌だった。

からといって「今から死ぬ」と送りつけるような、捨て身の行為もきっとできなかった。最後に恥を増やしたくないし。

今は学校を辞めているしSNS放置しているので、私の死を友達だった人たちが知る術は一つもない。私が生きていても死んでいてもどうでもいいのだ。友達ではないのだから

今は寛解して普通に楽しく過ごしているけど、ふとした時にこういったことを思い出して気持ちが落ち込む。

うつが再発したら離れていく人間関係なんか初めから無い方がいいのかもしれない。友達はいないけど、世間話をできる人たちはいるしそれで十分という思いもある。

もも友達ができたら、私が自殺したときに少しは心当たりがあってほしいなと思った。

2021-05-20

去年まで統合失調症だったけど

去年まで統失だったけど

寛解して一番ショックだったのは

同居していた犬と彼女

どっちも幻覚だったらしい事。

もうどうしていいかからない。

終わりだよこの国

2021-05-14

もしかして解離性同一性障害か?

自分の中に五人他の自分がいて、その人たちは全員性格が違う。

私が他人と話す時、私の中の別の私が出てきて話したりする。

から当然、テンション価値観も違っていて、躁鬱病を疑われたことが何回かある。

でもこれって普通じゃないふつう誰しもペルソナがあるんじゃない?

私が学生の頃は、ずっと頭の中でその五人が喧嘩してて煩くて仕方がなかった。

一度狂って閉鎖病棟に入れられてからは、喧嘩は止まった。五人同士の会話もほとんどなくなった。

でもまた、最近ぶりかえしてきてる。

精神病院では、発達障害の診断が降りてる。検査済。手帳は3級。

いまさら解離性同一性障害かも知れないと思ってて」と医者に言えるか?

言ったとして、なんになるんだ?治療ってどこが寛解なんだ?

なにもわからねぇし、今これ書きながらまた入れ替わった。俺はこんなしょっちゅう入れ替わってて、大丈夫なのか。

精神病院に行くタイミングがわからない

周囲からワーカホリックうつっぽい症状を疑われ、この度めでたく複数人より精神科を勧められた

具体的には仕事で一番ストレスを感じているのに仕事をしていると落ち着き、また仕事から遠ざかると不安になってしま

自宅が見えなくなるくらいまで離れたり、車で出かけたりすると一気に不安が襲ってくる

(庭先までの5〜10分の散歩なら「気分転換のための外出」として認識できる)

精神科受診するタイミングがわからない

どういった程度で受診レベルなのかもわからない

つらいと思ったら?

でも自分よりつらい思いをしながら頑張っている人はごまんといるので

こんなことでギブアップする自分根性なしだと思ってしま

(これは父親たちからはよく根性なし、大袈裟だと言われて育ったせいかもしれない

自己肯定感は低いがやたら完璧主義気味で、無駄に高い理想と残念な現実ギャップ毎日苦しんで鬱っぽくなっている)

ちなみに関係あるかはわからないが

母親自分が小2の頃に父からモラハラや周囲に馴染めないなどの理由統合失調症になり、

現在寛解しつつあるもの障害者手帳持ちだ

自分もその性質を受け継いでいるのか、はたまた似た環境で生まれ育ったからか

妙に感受性が豊かで傷つきやすく、小学生の時は母親が異常者だとしていじめられた

自分がまだ正気を保っている(と思っている)ので、それも受診をためらう理由ひとつ

死にたい消えたいとは毎日時間思うが、それでも自分可愛いのでリストカットなんてできないし、自殺未遂だってしたことはない

母親は夜中に泣きながら発狂し、聖書を持って、放心した顔のままなにか意味のわからないことをぶつぶつと言いながら

家族たちが「いっせーの」で車に押し込み総合病院へ連れていかれていた

長年母親の近くにいた父親も相当疲弊していて、おそらく何かを患っているのだろうと思うのだが

強靭精神力によりギリギリを保っている

なので、精神科について何か知っていることがあればと聞いてみたが

『お前まで精神科の世話になるなんて許さない』と言わんばかりに

精神科受診したいと思うレベルならまだ正常だ。あれ(母親)のようになってからおしまいなんだよ」と返された

しか母親に比べたら自分なんてまだまだ正常だと思うのだが

狂った母親と同じくらいひどい状態になってやっと精神科に行くのも手遅れな気がする

彼女現在障害者手帳持ち、社会復帰するも体力が持たず軽めの工場勤務しか選択肢がなく、いまだに半年に1〜2度わけのわからないことを言う

父親の言うことはあてにならない

だが自分精神状態も信用できない

ますます受診タイミングがわからなくなった

2021-04-22

とある精神障害経験して

とある精神障害経験した

現在寛解している

自分他人理解できない辛さを味わった

そして色々なものを失った

今後、家族や友人や同僚が同じような苦しみを味わったらと考えた

能動的にできることはそう多くないだろう(しない方が良い場合もある)

その人の苦しみを正確に理解することはできないであろう

ただ、「その人が苦しんでいる」ということの理解だけは欠かさぬ生きようと思った

支えてくれた家族や友人や同僚にさらなる感謝を込めて

2021-04-19

身体障害者(左足大腿下無し。義足。3級)

骨肉腫で左足大腿下を切断したが現在自分について語っていく。

現在寛解。5年以上生存している。5年生存率60%を超えた!

  

耳鳴り

抗がん剤治療により耳鳴りが発生した。これが「一生直らない」

常にキーンという音が鳴っている為、当時は不眠症に陥ったが今は克服。

ただし難聴ぎみなところ(高い音が聞こえない)ので電話対応対話で聞き漏らすのが辛い。

  

幻肢痛

無くなった足が刃物で切り付けられるような痛みがある。

痛み止めが効かない事があるが、我慢すればなんとかなるレベルでもある。

ひたすら筋トレして誤魔化してきた結果筋肉は付いたが痛い物は痛い。

  

髪の毛

薄い。抗がん剤治療時にハゲたことがあるが今は本当に薄い。前髪が伸びにくいが

全体的に薄いので短髪にしている。

  

抗がん剤治療時の副作用で全身が猛烈にかゆくなり掻きむしった結果黒ずんでいるところがある。

手術痕のケロイドや鎖骨下の点滴の管の傷跡が残っている。

  

義足

住民税課税がない場合無料だがそれ以外は負担がある。

前回は38000円程度かかった。大体5年に1回作り直す。

ちなみに基本的義足では走れない。競技用の義足などは保険が効かないので高価。

役所申請医師による作成の判定→型取り→作成まち→役所から引換券→作成完了後引き取り

なお古い義足については業者に引き取ってもらえる。

装着方法は布(自分サテン生地が好き)で足を覆い、義足の穴を通して圧着する。

  

歩行など

歩行速度はあまり早くない。

びっこを引いているように見える。気を付けるもかなり神経を使う。

階段は手すりがないと怖い。手すりがある側を譲ってもらえない時は死の恐怖がある。

雪はかなり辛い。アイスバーンで起き上がれずに横断歩道でもがくときがある。

風で義足の動きが鈍るので強風時は歩きたくない。

汗をかくと外れそうになるので障碍者トイレなどで再装着する。夏場はきつい。

坂道登山靴をはけばそこそこ歩ける。だけど下りは怖い。

登山などは足場が悪いのでかなりきつい。

義足じゃない方の足の筋肉が滅茶苦茶ついている。

  

お金に関する事

障害基礎年金を貰っている。2か月に一回振り込まれる。

映画館は1000円。公共施設無料か半額が多い。遊園地なども割引が多い。

交通費も半額が多い。自動車税の免税などもある。JR新幹線が半額。飛行機なども半額。

医療費は毎月の病院でそこそこかかるが助成費がでるのでそこまでじゃない。

  

役所に関する事

昔、40代くらいの役所の人は態度があまりに悪いのでブチ切れたことあり。

障害年金の申請時に「国のお金ですからね。貰わない人もいるんですよ」と言われた上に

自分努力して生活を支えるのが大事なんですよ」とか言われた。

「こっちが大変な思いをしているのによくそんなこと言えますね。上の人間呼んできてください(怒)」

と、黙らせたことがある。これがもう大分昔。これが今までで一番バトったこと。

  

役所医師診断書を持って来いと言われたので持って行ったら必要ないと言われた事がある。

先日のあの人がそう言ったと指摘したら言った・言わないと水掛け論になった。

診断書は数千円したが無駄に終わったのでこれも苦情を言った。

  

上記以外は特に問題がない。若い人ほど役所はまとも。年寄りほど障害者への態度が悪い。

電話でも年配の人が出ると態度が悪いことが多かった。たらいまわしにもされた。

  

最近障害者の報道

あれはやりすぎ。ちなみに自分のような義足障害者と車いす障碍者は仲が悪い。

車いす障碍者はとても綺麗なツルツルした床を好む。車いすがガタガタ言わないから。

一方自分はツルツルしたところは転びそうになるので苦手。

雨天時に建物内に客の靴で水びだしになりそこで転んで頭を打ち付けたことが何度もある。

義足で歩くのを諦めると自分車いすになるが、他の人の事も考えて作って欲しいとだけ思う。

  

障害者の癖にという人と障害者を叩くなという人同士で争う事がある。

当事者そっちのけでやられたこともある。

バスに乗り込んだ時、ふらついていたというか歩き方で障害者と分かった人が

あんた席を譲ったらどうなんだ」「はぁ?なんだお前偉そうに」

とか言い争いをはじ苦しかった。やめてくれと思った。

  

政府にお願いしたいこと

出来れば義足を予備の2個まで持てるようにしていただけると助かる。

新しい義足と古い義足の2個はあるんだけれど、新しい義足が壊れたら古い義足をつけないといけない。

すぐには治せないので古い義足をつけなきゃいけないんだけど合わなくなってるので痛い。

予備を使う事は滅多にないけれど、壊れた時は数か月苦しんだので出来ればお願いしたい。

壊れた部分はソケットといって義足を圧着する部分。つるつる滑る床に倒れてバキッって壊れてしまった。

そこから地獄だったのでお願いしたい。

  

質問などあればトラバでどうぞ。

可能な限り答えたい。

死にてー

鬱病歴4年目

最近寛解期と呼ばれるような薬の量

昔はやる気もなくネガティブになり欠勤早退遅刻連発するくらいだったのに

最近ネガティブになりこそはするけど無遅刻無欠勤無早退

仕事だけはちゃんとできるしなんなら時計1周するほど残業もできてる

なんかカジュアル死にたい気持ち

童貞彼氏友達たくさんで結局童貞なだけのリア充くせえし

私はただの喪で友達もすくねえし

あーしにたいなあ

寛解期は、元気はあるのに死にたくなるからこえーな

2021-04-15

糖質が治った後の方がキツイって話

去年まで統失だったけど

寛解して一番ショックだったのは

同居していた犬とメイド服姿の女子高生彼女とその妹が

どっちも幻覚だったらしい事。

もうどうしていいかからない。

こんなことな糖質のままでよかった

健常者にはわかんねえんだろうな、俺ら社会に生きづらさを感じてる増田の苦しみは

2021-04-09

解離性障害とかの話

普段文章を書きも読みもしない人間が、備忘録がてら書こうと思ったこと。その昔、10年ほど前のことを思い出したという話。

 

タイトル解離性障害については興味があれば調べてほしい。

解離性健忘、解離性遁走、離人症、…多分一番取り上げられるのは、解離性同一性障害(DID)についてだろう。

今回は、そのどれでもなく、あまり語られないその他の解離性障害について、当時の経験を書こうと思う。

かなりの主観で書いているので、親サイドで見るととんでもない傲慢独りよがり子供の話であることだけは、免罪符として先に言っておこう。

 

 

少し自身のことを掻い摘んで記しておく。一つずつ語るとまぁ長いので、ざっくりと箇条書きで。

・少し裕福な家庭で育った

きょうだいの一番上

なんやかんやあって中学不登校高校不登校再発→退学

・その後、高卒認定を取り、浪人生活を経て大学進学

大学在学中に体調を崩して就活を諦める

・数年フリーター生活ののち、現在会社員

 

冒頭の10年前の時期は、この中の浪人生活辺りの話である

なお、家族名誉の為に表記しておくが、「家族から愛情を持って育てられていた」のは間違いなかろう。

家庭環境については、外から見れば良くも悪くも普通の家庭だった。自分にとっては、休まることのない家だったというだけである

ここについては語るとキリがないので割愛

 

中学高校と相次いで不登校になり、高校で出席が足りずに退学した。

学校に馴染めなかったのが理由だと思っていた当時だったが、家庭環境が合わなかった、性自認やそれ関連のトラウマという理由も含んだものであることを、年が経つと共に察することになる。

朝起きられない、一日中寝ていて起きたら次の日の朝だったという日もあれば、朝まで眠れない日もあり、食事を受け付けないかと思えば、いくら食べてもお腹が満たされないこともしばしば、身体がひたすらだるい…と不健康まりない毎日を過ごしていた。

出席が足りずに退学したとはいったものの、部活だけは好きだったので、時折顔を出していた。全然学校にも来てない、部活にも不定期にしか来ないのに受け入れてくれた。

あの時、不満を言わないでいてくれたばかりか、こちらの安否を心配してくれていた顧問先生と友人には本当に感謝している。

同級生引退する時期に、一緒に"引退"し、その年の冬に高校を辞めた。

この時期、何度か心療内科カウンセリングに通っていた。親がドクターカウンセラーと話をし、その後自分ひとりで話をする……はずだったのだが、毎回何を言って、何を伝えたらいいのか分からず、そのまま診察の時間は終わった。

心療内科ドクターからは「なんでもいいんですけど、自律神経失調症診断書出しときますね」とダルそうに告げられ、カウンセラーからは「あなたが悪いわね」と言われたのは、よく覚えている。

 

当時、既に無気力ではあったといえ、大学進学という目標があった。高校部活顧問先生がとても良い先生だったので、教師になりたいと思った。

教育学部に進学したいという、高校を辞めた身としてはなんともな目標ではあった。

高卒資格がないと大学には進学できない。在学中に通信制や夜間への転入も考えたが、同級生と一緒に大学進学を果たしたかったので、高卒認定を受けることに決めたのが、18歳の夏。

その年の秋に高卒認定を取得し、センター試験を受け、二次試験合格する……といった算段だったのだが、志望校センター試験できわどいライン

二次試験はかなり難しい学科なのでほぼ無理ゲー。諦めて浪人することになった。

予備校に通うことになった。有名予備校でなく、個人事業主がやっているところ。何でそこを選んだかは覚えていないが、教える内容は"勉強"というより"思考"そのものだった。事務所には漫画が置いてあって、マスターキートンをハマって読んでいた。何故か13巻だけ無かった。

予備校には色々な人がいた。いわゆる陽キャな子、5浪ほどしている人、社会人から出戻りして大学進学を志望する人、モデルをやるといって辞めていった子、いつの間にか来なくなって近場のパチ屋で見かけたと噂が立っていた子。

人付き合いが苦手な自分は、ここでも浮いた。孤立も慣れたもんだと思いながら入校してひと月ほど経った頃に、それは起きた。

 

 

最初の症状は、予備校休みで、家に居た時のことである

中学生の頃から身体の不調も相まって、朝起きられないというのが常態化していた。

朝起きても、身体がだるくて昼過ぎまで布団に入って寝ている。夜は眠れないし、一度寝たら起きられないというのが中学高校の頃の不登校事情だった。だが、その日は違った。

意識ははっきりしている。右手携帯を探す。ここまでは良い。左足が動かない。痛い。神経が締め付けられているような痛み。じわじわと熱くなるような感覚が、上半身に上がってくる。

痛みと眠気でぼーっとする中、徐々に左腕が痺れる感覚に陥る。左半身が動かない。

起きないと、いつものように親に怒られる。そう思いながらも身体が動かない。案の定、怒られた。辛うじて、身体が動かないことを伝える。

呆れた顔をされたが、微妙理解を得られたのは覚えている。この症状は、土日の間続いて、徐々に消えていった。

 

それから一週間ほど後、今度は予備校自習をしていたところに同様の症状が出た。流石にヤバいと察されたのか、親が迎えに来て、大きい病院の緊急外来直行した。

身体症状が出ていたので、最初外科検査、その後脳の検査(案の定だがここが一番検査時間がかかった)、最終的に精神科となった。

どこの診療科に行ってもハンマーみたいなものでコンッとされて、「痺れてるのに動くやん…」となったのは覚えている。あのハンマー、なんかの授業の時に見たなぁとぼんやり

入院して数日くらいで左半身の痛みや痺れは緩和され、日常生活に支障がないくらいに落ち着いた。

退院して帰ってもいいと言われたが、家に帰りたくないとわがままを言って、後一泊だけさせてもらった。後日、親にお金のことを口酸っぱく言われた。

入院中に、精神科先生からさいころの話を尋ねられた。心療内科カウンセリングで言われた時と違って、妙に詳しく話せたことは覚えている。

それをふまえて、「一度別の病院心理テストを受けてみませんか」と打診された。この時点で詳しい人は分かるだろうが、これは解離性障害テストじゃない。

精神科先生曰く、「まだ脳の病気可能性があるので、身体症状については断言できない」ということで、とりあえず心理テストを受けに行くことになる。

ここで診察をしてもらった精神科先生が、その後7,8年の間お世話になる人である

 

 

心理テストを受けに行くまでに数ヶ月も間が空いた。単に初診の予約の問題だ。それほど、受診する人が多いということである。大変な職業だ。

この数ヶ月の間にも、再度MRIを受けに行ったり、なんかよく分からん検査を別の病院に受けに行ったり(これは本当に何だったのか思い出せない)したものの、結局何も異常がなかった。

結局何も異常なかったじゃんと言わんばかりに、この頃からからの風当たりが更に強くなった気がする。

 

心理テスト小学校の時にやったものの延長といった感じで、楽しかった。

空間認識か図形かなんかのテストで高い数値を出したらしく、先生に「学会で発表していいですか!」と興奮気味に言われた。

結論を言うと、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)だったのだが、なんか褒められたのが嬉しくて、グラフギザギザな診断結果の紙はお守り代わりに取っている。(追記:嘘。今確認したら所在が分からなくなっていた)

 

色々と話が逸れた。

アスペルガー症候群

うつ病

解離性障害

脳の検査心理テストカウンセリングやら色々やって、こういう診断となった。身体が動かなくなってからこの間、半年ほど。

発達障害については「ほーん」という感じで深く考えていなかった。人間関係だけでなく勉強の面でも思い当たる節があったので、どこか腑に落ちたのだろう。

解離性障害についても、この頃には既に左半身の症状も落ち着いていた。うつについては、中学生の頃からだろうという見解だった。

とりあえず受験第一だったので、何か困ったことがあればまた来てくださいね~という感じで通院終了。

 

 

それから数年、志望校とは違うが大学生活を送っている頃。

無理が祟ってうつ悪化し、更にストレスで声が出なくなり(これも解離だったそうで)、それによって教員への道も就活も諦めたり、再度病院のお世話になったりしたのはまた別の話。

教育実習を控えた直前のことだったので、担当教授にめちゃくちゃ頭を下げに行ったらすごく慰められたのはある意味救いだった。

余談だが、身体が動かなくなったということで運転免許を取る時に適性検査がすごく面倒だった。大事ことなんだけどね。

いかんせんマイナーな例なので、免許センター警察の人にも「?」という顔をされたし説明も難しい。これについては、今も忘れた頃に診断書提出に関しての連絡が来る。

 

解離性障害には、解離性健忘、解離性遁走、離人症解離性同一性障害などあるが、一度解離の症状が出ると他の解離の症状も出やすくなるそうだ。

高校生の頃に友人に「たまに別人みたいになるよね」と言われたのも、予兆というか症状だったのかもしれない。

よく多重人格だとか言われる解離性同一性障害についても、自覚しているくらいにはある。ここでは「自覚症状がある」という程度でしか判断が出来ないので割愛する。

結局、診察中に先生の前で出たことはなかったのだ。

診察の直前まで「今日こそ言う」「今日こそ文章で書いて渡す」という意識はあるのだが、いざ診察室に入ると封印されるかの如く、忘れてしまう。そんな感じだった。

遁走・健忘については、覚えているだけで一度だけ「来るまでの記憶がない」といったことがあった。

過去の期間において記憶がすっぽり抜けているというのはちょいちょいとあるようだ。(10年前の脳の検査の話も最近思い出したところ)

過去についてはトラウマは鮮明かつ歪んで覚えているのに、全体としてみると「あの時しんどかったなぁ」とぼんやりしてしまものだろうか。そこら辺は、ごくごくありふれたこなのだろうなぁ。

 

 

うつ寛解して数年。解離については麻痺したり、声が出なくなったりなどといったものはあれから出ていない。あれからどうやってこう生き延びているのか、不思議ではある。

ここまで書くのに余計な事をいちいち思い出さないで済むようになったという点では、丸くなったものだ。

また覚えていたら、今度は死生観について書こうと思う所存。

では、これにて。

2021-03-26

うつ病寛解させていきたい

社会人1年目、上司からかなりキツいいじめに遭った。

社会人とは辛いものだと思い込んでいたので、全部自分が悪いからこうなるんだと考えて耐えた。

その結果、会社に行けなくなってしまった。

うつ病という診断名がついた。

休職したのちに転職した。

それから2年、うつ病があまり治らず未だにちょっとしたことで傷つくようになってしまった。

職場で泣いてしまうこともあり、周りの人に申し訳ないと思う。

ちなみに理解のある彼くんはいません。

今の職場には特に不満はないし、これからもっと頑張って色々なことができるようになりたい。

からこの傷つきやすくなってしまった心を治したい。

思考のクセを見直したり、体力をつけたり、生理前のイライラ対策を立てよう。

頑張る!

2021-03-14

子供の頃に離婚した父親に連絡取りたいけど拒絶されるのが怖い

俺が9歳の頃に離婚した

原因は親父の虐待DV

母と逃げる様にして別居になり、そこから裁判所を経て離婚が成立した

離婚にいたる運びが穏やかなものではなかった為に、これまで親父と話し合う機会もなく、現在では俺も20代立派な大人になった

親父は既に還暦を迎えているのでこの先二度と生きて再会することのないまま死別する可能性も高まってきた

当然母は良い顔をしないだろうが、息子としては例え自分虐待した親父だろうと父親には変わりないわけで、やはり死ぬまでに一度、お互いに成熟した大人として向き合ってみたい気持ちがある

親父は個人事業主ホームページを開設しているからそこから連絡を取ろうとすれば取れる

しかし、親父から拒絶される可能性を考えると尻込みしてしま自分がいる

拒絶されたらそのストレスでようやく寛解に向かってきている持病の鬱が再燃するのではないかという不安もある

生来優柔不断もあって中々思い切りがつかない

2021-03-13

禁煙はじめて1年半

一昨年の秋頃、咳と痰がとまらなくなった。

はじめのうちは、2~3日もすれば治るだろうと気にもしなかったが

日を追うごとにひどくなり、市販の咳止めや痰切りなどを服用したが

2週間たってもひとつもよくならないのでいよいよ病院へ行かねばならないと覚悟を決めた。

時を同じくして職場の先輩が同じような咳と痰の症状に苦しめられており

もしや職場特有の要因が・・・?とも考えては見たが考えてもわからないので

受診することにした。

先輩は内科にかかったようだが寛解していなかったので耳鼻科受診することにした。

結果としては、単なるアレルギー性の咳と痰だったようで処方薬を3週間ほど続けたら

症状はおさまった。

しか発症から寛解まで1ヶ月半以上の月日がかかり、その間喫煙者だったにもかかわらず

タバコほとんど吸えなかった。

それというのもタバコを吸うと咳が止まらないのだ。

まらない咳に腹筋が痛み、肋が折れるのではと心配になるほど咳は続く。

火をつけて一口吸い込み煙を吐き出す前に咳き込んでしまい、結果として火をつけたその1本は

ほとんど自然燃焼しているだけなのだ

咳き込んでいる間になけなしのお金燃えてゆく。

仕方ないのでしばらくタバコは諦め、アルコールに身を浸す。

アルコールが進むとタバコが欲しくなるけれど吸ってもしんどいだけなので我慢する。

そうこうしているうちに1年ちょっとが経過した。

どれくらい経ったら禁煙成功なのかは知らないけれどちょっとタバコやめると

他人タバコのニオイが気になって困る。

わがままだなあと思うけど申し訳ない。もう臭いが受け付けないんだ。

今はお酒飲んでもタバコほしくならないよ!といいたいけど

時々、ふとしたときにムラムラっとすることがあるんだよね。

ただタバコが家にないし、タスポももってないし、最寄りのコンビニは徒歩10分だから

面倒で買いにいかない。

タバコへの欲求<往復徒歩20分のめんどさ なんだよね。

怠惰申し訳ない。

2021-02-24

反出生主義者がラスボス国民アニメ進撃の巨人日和ったが

反出生を実現し得るファンタジー能力を持つラスボスの反出生主義者ジークは、同じファンタジー能力により傾倒した原因の死んだ父親と死後の対話を果たし寛解した故に

現実の反出生主義者は救われない

2021-02-17

障害者雇用正社員になった話 (と就労移行支援のはなし)

30代前半 男性 地方政令市

昨年から大手障害枠で正社員で働いている。

n=1なので参考程度に…

支援施設通い 1年 ⇒ 契約社員 3年 ⇒ 正社員登用

支援施設の紹介

学生時代うつ社交不安障害で休学のち退学、そのままズルズルとニートをやっていた。

薬が合ったのか症状は大分寛解していたものの、たまに日雇いバイトをやるくらいで気づけば20代半ばに。

親も定年が近づき仕送りも厳しいと言われたので実家に帰ってきた。

引っ越しに伴って主治医が変わり、WAIS-III(ウェクスラー人知検査)とかカウンセリングとかしてめでたく?発達障害の診断をもらった。

ADHD+ASD混合型だとのことで、お察しの通り 言語IQ>>>>>>>動作IQ

病院先生から障害雇用というものがあってうまく合えば長く安定して働けると聞いて、就労移行支援事業所を紹介してもらった。

就労移行支援事業所

一般企業への就労を目指す障害者が通う学校みたいなとこで、民間運営しているが財源は行政から補助金

一生涯のうち2年(一部特例で3年)しか利用できない。(1度就職してから再利用する場合は、最初の利用期間を除いた期間した使えない)

就労移行で何をするか

入所したからといって、すぐに就職活動が始まるわけではない。

そもそも日常生活が徒歩10圏内電車に乗って通院するのが2か月に1度の大仕事ニートが週に40時間も働けるはずがない。。。

まずは毎日朝起きて、決められた時間に通所してプログラムを受け、帰るという生活リズムくりからだ。

これが人によって異なるが1~3ヶ月くらいかかる。

毎日安定して来られるようになると、半日から1週間程度の職場実習がある。

この実習はすぐ就職に繋がるものではなくて、事業所懇意にしている一般企業仕事をやってみてフィードバックをもらい

本人の特性理解希望する業種・職種・働き方を決めるためのもの

基礎体力がつき特性理解が進み、ビジネスマナーが身についてから本格的な就職活動が始まる。

就活

大きく分けて3種類の方法がある。

1つめは事業所から紹介される長期の職場実習を通じて就職する方法自分もこれで就職した。

2週間から長ければ2か月くらい、企業の中でインターンを行って評価が良ければ最終面接就職

学生インターンに比べれば期間が長いが、発達や精神障害を持っている人は心身の調子に波があることが多いので安定して働けるか確認するため仕方ない。

(2か月インターンやって不採用だった知人はかなり落ち込んでいた…)

2つめは自治体民間企業主催する合同面接会に参加する方法

コンベンションセンターに色んな企業ブースがあって、気に入ったブース面接する。学生の合説とあまり変わらない。

面接マッチしたら、2次面接⇒最終面接という形が多い。

最終面接までの間に、短期インターンをする企業もある。

3つめはハローワークを使う方法 (あまりお勧めしない)

支援員と相談しながら求人票を印刷して自分で応募する。

ただ、見た限りではハローワーク求人はいい条件のものが少ない。(一般就労も同じか)

大手企業としては自分特性理解がしっかりできていて、フルタイム長期間働ける人が欲しいので

ハロワには求人を出さず、実績のある就労移行支援事業所から取ることが多いと思う。

就職

自分場合は2年間は人事部の人がメンターとしてついて、定期面談したり自部署相談しにくい話を聞いてもらったりしていた。

また、元いた就労移行のスタッフ相談も可。

初めのうちは、障害者枠ということで腫物扱いされないか心配していたが、きちんと仕事も振ってもらえて

それを真面目にこなしていれば一般雇用社員と同じように頼られるようになってきたので職場環境が良かったのは幸いだった。

知人には企業補助金目当てで雇用して、半ば放置状態に置かれている人もいたので

大手企業障害雇用実績が多く定着率の高いところにインターンを通して採用された方がミスマッチがないだろう。

給料

正社員になってから

基本給23賞与2.5か月×2 残業ほぼなしで400万弱

大体弊社の新卒2年目と同程度だが、これは障害雇用から安いというわけではなく

新卒2年目のグレードとして登用されたからそれと同じ額。

昇進試験も受けられると聞いている。

最後

障害雇用支援機関企業ともにピンからキリまであるので

絶対自分に合ったところを探してほしい。



追記

投稿する前に、この記事を見てモヤモヤしたり嫌な思いをする人がいると考えなかったわけではないが

自分自身こういった支援施設があることをお医者さんに教わるまで全く知らず、

しかしたら誰かのヒントになればと思って投稿してしまった。

今読むととても傲慢で、バイアスのかかった文章に思える。

たまたま実家都市部にあり(医療支援施設就職先が多い)、親との関係も悪くはない

障害を診断できる医師に掛かれた

自分に合う薬があり、二次障害寛解していた

フルタイム勤務ができる体力があった

・良い支援施設出会えた

・ちょうど会社新卒キャリア採用を増やしている時期だった(法定雇用率を下回ることを回避する必要があった)

職場の人が穏やかで、暖かく接してくれた

たまたま新型コロナがそこまで大きな問題になっていない時期に登用の話があった

これだけの時の運、人の縁に恵まれていながらまるでこれが当たり前であるかのように書いている。

心を傷つけてしまった方、不快に思われた方には大変申し訳ない。

2021-02-16

anond:20210216171259

・こないだ流行った鬱の男性女性からの助言でよくなった漫画はなんで存在ごと無視されてるの?エッセイじゃないから?

鬱病男性の実際についていうと支えてるのは奥さん母親父親だろうし一部には実際彼女もいるんだろうけど 

「妻や親がアドバイスしたとこで自分で軽いうちにメンタル病院いきました、寛解してでもはたらけなくてゆるゆる暮らします」なんて昔からよくある話すぎて別にだれも読みたくないだけでは。

文豪だってからメンヘルの話書いてるけど治ったことを奥さんや支えてくれた人のおかげでとはなぜか書かない。

そんなのあったとしてもうつ病サナカにいる本人は

治った人による感謝圧強めの話はうざくてよみたくない。

参考のため介護しながら読むくらいの人は女性が多い。

マニュアルにもなりそうだからかって読もうと思うのも女性が多く、

結果として市場による淘汰圧がかかって最近医療事情に詳しい女性筆者のものばっかりになるだけ。

結局他人無償ケア提供し、提供されたほうも心を込めてお礼をいう、そういう精神主体のやりとりについて

「女々しい」「めんどう」と全く興味がない存在男性なんだろうね。

(というかちょっと主語おおきくなった。ちゃんとそれができてる女性より細やかな男性創作者をオレはしってるけど

まあこのガチギレ増田の目には入らないよなぁ当然。探す気ないだろうし教える気もねえわ、鬱もちの相手に余計な凸するだけだろ)

ケア無償提供できたらできたで、性欲や名誉欲(感謝されたい欲)をついでに解消しようとしたりして

実際は面倒な面もあるけど女性筆者だと毒抜きが上手いからかかれてないだけとおもうよ

(もちろん夫婦彼氏ならお礼セックス提供したところで合法セックスからね、親子だと性虐待とか別のジャンルになるね)

最近よくあるんだけど、年老いて弱りはじめたおじいさんが、自分も体力ない病気持ちで介護もできないはずのおばあさんに

めちゃくちゃ甘えてしがみついて放さない!!って全力で執着するのみてると

ほんとに男性の愛って自分勝手で自分本位で察し力が全くないんだなと思う

おばあさん泣いてたよホントに 自分が先に施設に入りたいくらいだしなんなら入院だってしたいけど

付添もしない金もさないって言い張る経済介護?DVだって

シンドバッドの冒険にでてくる酒をのみたがる子泣きじじい普遍だね

2021-02-12

鬱が再発したかもしれん

大学2年の頃から3年ほど、鬱と摂食障害統合失調症を患った。摂食障害は6年ほど。

地元から逃げるように上京し、日々忙しくしている間に摂食障害寛解し、一般人と同じ食生活が送れるようになった。

それから数年、大手企業転職し、金融職の会社員結婚順風満帆生活を送っていたかと思ったが、ほどなく離婚の憂き目に遭った。

詳細は割愛するが、離婚する時にはもう精神的にボロボロで、摂食障害が再発していた。

食べては吐き、を繰り返す。当然金は湯水のように消えていった。

離婚からしばらく経つが、今も摂食障害寛解せずに月の食費はおそろしいことになっている。

そしてこのコロナ禍で給与手取り12-3万程減り、今月ついに家計赤字になった。

数ヶ月前から仕事がまったくうまくいっていない。前職で派遣にやってもらっていた仕事を延々としている。

現在上司に誘われて入社したが、転職時に頼まれていた仕事は何も回ってこない。

転職時に頼まれていた仕事(仮にAとする)は、本当にやりたくてたまらない事だった。工数が超過しているアラートをあげた時に、「じゃあAは外すしかいね」と当たり前のように言われた。

ちなみに現在タスクは、上司自己満により膨れ上がっているだけで、本来はこんなに手をかけるものではない。

何度も上申したが聞き入れては貰えなかった。その割にひどく信頼と期待を寄せられており、自己満タスクけが無限に積まれていった。

そんな折に、まったく門外漢といえる仕事が新たに降ってきた。上司やほかのメンバーはまぁ知見があるが、私は全くない。というか、私がやってもやらなくても正直どうでもいい。

勤め人なので勿論やるが、反吐が出るほどつまらないし、こんなことに時間を取られてAができないのかと思うとしんどい

たまにAの進捗を耳にするが、最近はそれすら聞きたくない。段々と仕事に集中ができなくなり、タスクを漏らすことが多くなってきた。

あくま会社員なので仕事はこなす。だが、気持ちと頭がついていかない。ぶっちゃけた話、かなりコンテンツ寄りのクリエイターので、馬鹿みたいな話だが「情熱」とか「愛」が多少なりともないと結構きつい。

この1年で、それが底を尽きているのをひしひしと感じている。

近頃、仕事中に頭がまわらなくなってきた。

ボーッとする時間が長く、文章が頭に入ってこない。夜も眠れずに、3-4時まで壁や天井を眺めたり、食べたり吐いたり。記憶が飛ぶまで酒に溺れたり。

思い出したいことが思い出せない。大好きだった風呂に入るのがしんどい趣味だった散歩に出かける気も起きず、とにかく何に対しても意欲がわかない。

これは身に覚えがある。鬱病になる前、まさに同じ兆候があった。

妙な焦燥感がずっと付きまとう。

このまま放置したら、おそらく同じ地獄をみるのだろうなと、どこか他人事のように感じている自分がいる。

2021-02-08

とある女がプログラミングに救われた話

駄文なので最初にまとめておくと、知識ゼロ異業種から転職して何とかエンジニアとしての人生を始めました、という話。経歴がショボすぎて誰かの道標にすらならないだろうけど書き残しておく。実名で書く勇気はないので増田にて失礼。

・芽生え

PCを初めて触ったのは4歳の頃。

父が仕事で使うと言って、ThinkPadを買ってきた。

黒くてごついボディが幼心にぐっときたのを覚えている。この記憶があったためか、初めて自分で購入したPCThinkPadだった。


・小〜中学生

我が家インターネット開通。深夜に親が寝てからこっそり2chニコニコ動画を見ていた。PS2ドラクエ8をやってグラフィックに感動する。まだプログラミングという言葉は知らない。母親ヒステリー父親の拳骨に耐える日々だった。

高校生

地元高校に進学。友人とホムペ(死語)を作成html/CSS文字の色か変えられたりアニメーションをつけられることに気付く。この頃もまだプログラミングに目覚めない。プログラム理系の人がやるお仕事なんでしょ?という雑な認識であった。

大学

もちろん文系学部に進学。人の視線が怖かったので前を向いて歩けず会話もままならなかったが、制服可愛いという理由だけでお洒落カフェバイトを始める。私は阿呆だが、この阿呆さないしは無鉄砲さでエンジニアになったと言っても過言ではない。

・そして無職

新卒入社した会社を3ヶ月で退職。支えてくれる彼くんとかもいなかったので実家でお通夜してた。鬱も発症して薬漬けになった。対面で人と話すことが難しいため、テキストベース仕事ができる職を探し始める。ここでやっとプログラミング出会う。

・独学期間

何にせよ無職から時間は腐るほどある。ヨドバシでカモ丸出しの顔をしてThinkPadを買い、Java簡単アルゴリズム実装することから始めた。フィボナッチ数列を生成するとかクイックソート実装するとか。あと5日ぐらいかけてServlet/JSPMySQLTODOリストを作った。

ポートフォリオ作成期間

2ヶ月ほどJavaをやった頃、無謀にも機械学習に手を出し始める。本を一冊買って隅々まで読み込んだ。この頃から鬱が寛解し始める。プログラミングに夢中になって、1日12時間以上はPCの前に座ってひたすらコードを書いていた。不思議と疲れはなかった。ゲーム用に買ったデスクトップPCにそこそこ良いGPUがついていることが判明したので、Tensorflowモデルもどきを作り、AI(笑)を組み込んだポートフォリオwebアプリを3ヶ月かけて作成した。サンプルコードを超える範囲ドキュメントを読む、適宜技術書知識を補うなどしてなんとかオリジナルと言えるコードをひねり出すこともこの頃覚えたと思う。なお肝心のモデルチューニングは一切していないわ当然精度も悪いわでその筋の人が見たら鼻で笑うレベルであるが、一人でアプリケーションを作り切ることができたのは大いに自信に繋がった。

求職活動

ポートフォリオを持って5社ほど受け、うち1社の小さな受託企業内定を貰い、無事職にありつくことができた。文系経験第二新卒を雇う勇気を出してくれた会社には感謝しかない。

それから現在

会社規模が小さいからか、個人裁量が大きく、設計から実装テストまで何でも任せてもらえた。良き上司に恵まれ、主にUnityスマホアプリの開発を担当し、技術の奥深さ面白さに触れさせてもらった。自身実装担当したアプリが世に出ていくことの喜びみたいなものも味わえた。この会社は昨年度退職し、現在は500人規模の自社開発系企業iOSアプリエンジニアをやっている。スキルは未熟だし対人恐怖的なものも治ってはいないけど、私はプログラミングが好きで、エンジニアとして骨を埋めたいとか身の程知らずにも思っている。

ご覧の通り、私は幼い頃からプログラミングに触れたりモノづくりをしていたわけではない。むしろ目覚めは遅い方である。そういう人でも興味があるなら、ITエンジニア目指してもいいんじゃないか、そうであってくれ、という気持ちで書いた。読んでくれてありがとうプログラミングはいいぞ。

2021-02-02

追記:ワイが貧乏家庭から旧帝大博士号取得(予定)までして思ったこ

追記

研究室依存しきった生活してたからか、離れることになって情緒不安定なんだろう。ボロボロ泣きながらブコメやらなんやら読んだよ、ありがとう。目についたコメントに答えだけ書く。ほんとつまんねー追記から読まなくていいです。

文字デカくできるって他の増田知ったから使いたかった。

博士号は誰でも取れるよ。うちの学科だと査読付き論文2編と査読付き国際会議発表1報あれば博論着手できる。性別や年齢や国籍差別されないから誰でも取れる。英語圏のほうが有利だけど。

念仏じゃなくて題目にしとけばよかった。せっかく創価学会の話出したのにね。

実際私が博士号取れたのって私の努力が9割なんだけど、研究室教授や先輩後輩同輩に恵まれてたってのがあるんだよなぁ。海外志向も弱いので、家庭がもっと良くてもちょっと楽できたくらいで変わらなかったんじゃないかな。あと高校時代の友人が5人博士課程進学してて、それにもかなり勇気づけられた。感謝

DC2から。(D1分の奨学金は全額返済対象でつらい)

民間研究職。

肌はまだ汚いけどアトピー寛解してる。

一度自分が頑張って勝ち取ったもの勝手100%関係のない他のもののおかげにされた、ってのが嫌で嫌でしかたないから「環境感謝しろ」に同じ匂いを感じて腹が立つんだろうな。で、未だに恨みを忘れずに勉強研究自分が胸張って私の力だと納得行くまでやっていった結果って思いたい。ある程度納得するところまでたどり着いたけどゴールじゃねえなこれ。本当に足の裏のご飯粒、名刺Ph.Dって書けることだけ楽しみ。ただ、多分メインは目の前にある自分の有能さを発揮できるもの勉強研究だったから、得意分野で勝負する手っ取り早い方法がそれだった、ってことだと思う。

自己否定感はあんまりない。肯定感もないけど。効力感はある。

公聴会セレモニー。やばそうなやつは予備審査で落とされる。

私はうっせえわと思わず一度は全部聞く性分ですが、皆様が思ってるより健康です。頭の出来が違うので。育ちは悪いが思考が高級品。

newoihv253 俺はお前がブスで性格悪いのも環境のせいでお前のせいじゃないと思うぞ

救いがねぇ~~~っぇええぇ~~~~~~

ブスで性格が終わってるのは環境のせいだろうが私のせいだろうが関係がない結果なんだよなぁーはぁーうんこうんこ

結論なんて最初から出てるんだよ。いちいち「環境感謝しろ」とか言う奴がとにかく嫌い。同じ口で「努力不足」とか言ってねえだろうなァァアァン????って嫌味を言いたかっただけ。

私は凄いし、勉強研究もできた。大変だったけど論文もいっぱい書いたし博論も内容も濃い良いものが出来たと自負してる。めちゃくちゃ向いていた。ブスで性格が終わってて、恋愛ごとに全く向いてないのは自覚してる。望むものと出来ることが違うのって辛いよね。幸せではないけど、不幸でもないよ。願わくば誰かと一緒にもっと幸せになりたい。

・以下本文

博論公聴会クリア公聴会自体セレモニーなので、まあ博士号取ったと仮定していいだろ。ワイくんは凄いのだ!浪も留もせずに査読付き英語論文2編日本語1編通したのだ!

ワイくんは貧乏家庭で学部ときからずっと奨学金バイトで全て賄ってきた、今どき珍しいそこそこの苦学生なのだ修士とき奨学金が全額免除になって本当に助かってるのだ。

それでも君らは、ワイくんの努力や苦悩のごくごく一部の欠片は認めても、「(努力できる)環境がよかった」「博士号まで取れるような家がすごい」とか言うんだろうな。違うよ。大学以降は全部私が頑張って稼いだ金。県内トップ公立高校に受かったときに「創価学会と私の祈りのおかげ」って言った口を出すのに金を出さない親がマトモな環境、マトモな家庭だと言いたいならどうぞいつでも変わってさしあげましたのに。

で、この「博士号」っていう結果に対していちいち「環境のおかげ」とか「家族感謝しろ」みたいな嫌味言ってくるのはいいよもう。

じゃあなんで私の恋愛関係がクソまみれなのを環境、家庭、貧乏、顔、アトピーのせいにしちゃいけねえんだよクソが。何が顔じゃなくて性格が悪いだ。99%私の努力のもの環境のおかげにしなきゃいけなくて、環境ほか諸々で少なくとも50%は歪んだ性格や、100%から歪んでる顔や皮膚のせい、じゃなくて私のせいなんだよ。

というわけで皆様のお望み通り、最悪の性格披露してあげますよ。よかったね、これで「やっぱり性格が悪い!お前のせい!」っていう逃げ道ができるよ。逃げ道作ってあげるとかホント優しくて気遣いができる人間だね私って。

「マトモに動いてないカス脳味噌しかもってないのに、「高学歴環境のおかげ!」「恋愛がクソなのはお前のせい!」っていう覚えた念仏唱えてるだけのしょーもない死んでないだけの脳無し人間さんよ。早めに死ねな?脳味噌がついてる人間全員に迷惑から。」

はい。全人類苦しめ。クソ

2021-02-01

anond:20210131215518

hiromi163 バーカ。イチャモンレベルが低い。文字数制限があるからエビデンスが出せないだけで、医学的根拠があるものもあるよ。例えば、加齢による希死念慮寛解複数精神科医に聞いてみ。君、認知が歪んでるよ。

論文漁れじゃなくて精神科医に聞いてみろなんだw

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん