「陣痛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 陣痛とは

2017-11-21

私の息子が産まれときの話

10:00

この日段階で予定日を10日過ぎていた。これ以上は延ばせないということでクリニックに入院開始。診察中に破水先生方慌てるものの嫁は平常心。

診察の途中から私も参加、促進剤についての同意書にサイン入院部屋に行く。

部屋はワンルームをやや狭くしたくらいの場所

3人部屋だがカーテンで仕切られており、なにより今は私ら夫婦しかいない。

窮屈さはないし清潔感あって居心地悪くない。

入って早々地元訛りの助産師さんから説明、促進剤の点滴開始。まずは20mlから

 

11:00

10mlずつ増加させるものの変化なし。

自体は当面は動きそうにないので、ここで一人散歩に出かける。薬局マスク買ってファミレスカツ煮定食を食す。アラサーカツ煮定食コスパに感動。

途中で胎児心拍低下による促進剤停止という事態があり飛んで戻る。

 

12:00

ランチ野菜カレーカレイの揚げ浸し、スープサラダパイナッポー。目を閉じ多幸感に包まれながら食事を楽しむ嫁。

まりに美味し過ぎたためか完食した嫁、お腹いっぱいになりすぎその後やや後悔したようだ。

 

13:00

Toco値(なんの値かよくわからなかったが出産までの進行度合いと解釈した)を注視してみたが高い値になっても「生理痛よりはマシ」とのこと。

やはり痛覚は個人差あるのかな。

入院開始時は前駆陣痛が5〜7分間隔だったものがこの時点で3分間隔に。まだまだ笑顔。この時点で促進剤60ml。

 

14:00

2度目の外出。動けない嫁に雑誌を買おうと近くのコンビニを探す。

地元で有名な産科が近いからか出産関係雑誌が1角を占める。澤穂希表紙が目立つ。

めぼしい雑誌はなくクリニックに戻ると駐車場から車が消えていた。どうやらこの日は通院する人が少ないようだ。

 

15:00

促進剤追加。現在100ml。

痛みが生理痛をやや超えるレベルになってきたとのこと。

Toco値がMAX127なのは何か意味があるのだろうか。

本日中の出産可能性低そうだと看護師さんと会話する。

 

16:00

本日3度目の散歩。最寄り駅まで歩いてみる。

その間嫁は昼寝しながらラジオリラックスできている。

 

18:00

嫁と食べ物縛りしりとりをしたりアキネイターごっこをしたりして穏やかに過ごす。

 

20:00

面会時間が終わったためお義母さんに送ってもらい一時帰宅明日再度促進剤投与をする方針になった。

 

21:32

から電話胎児への負担考慮して急遽緊急帝王切開を取ることになったと嫁。

一時的心拍がかなり下がったこともあり無理はできないという医師判断だった。

急行

ハンカチある?ないなら貸すね。何用かって?出産後に感動した時用よ」とお義母さん。ハンカチを受け取る。

 

22:00

オペの説明を受けて嫁は早速手術場へ。

元々立会い出産希望ビデオカメラを持参していたが、使うこともなさそうだ。

廊下オロオロしながら歩き回る昔ドラマでよく見た典型的なパパっぽい感じになる。

 

22:17

手術開始。手術室前のロビーにてお義母さんと二人。時間永遠に感じる。

 

23:20

手術が終わったらしく先生から説明を受ける。

手術は成功。嫁の出血も少なく終わった。

しか胎児への負荷が大きかったようで、胎児に呼吸器をつけてなんとか酸素補給をしている状態とのこと。

状況によっては緊急搬送もあると説明される。

 

23:50

赤ちゃんに会いますか」と看護師さん。

手術後の胎児に対面する。

顔が青ざめており、ひゃっくりのような小さな呼吸をかろうじてしている状態

我が子への最初の声掛けは「頑張れ」だった。

 

24:10

産後の嫁に付き添う。労いの言葉胎児の容態が気になりトーンダウン。もうここは祈るしかない。

しばらくして先生から緊急搬送を取ることにしたと説明救急車で隣町の大型病院へ。

 

25:30

大型病院到着、胎児の無事を待つ。

義母さんの運転が優秀だったのか、救急車より早く着きすぎる。書類記載して提出。

緊急病院の待合室は独特のピリピリ感があって苦手だ。

この日はなぜかオカマさん(顔以外は限りなく女性に近い)がいて視線を奪われる。

 

26:23

係りの方に呼ばれる、NICUがあるエリアへ。

胎児の容態についてネガティヴ思考が強まっていった時間帯。

 

26:33

カンファレンスルームへ。ここからどれくらい待っただろう……時間永遠のように感じられた。

部屋には山ほどの赤ちゃん関係の本が。その中には「赤ちゃんの死を乗り越える」というタイトルのものもあり思考ネガティヴループが加速する。

気づいたら私もお義母さんも文字通り祈るポーズをとる。ただただ生きていてくれ。ネガティヴモードを振り切ろうと廊下散歩する。

 

27:30

病院看護師さんに呼ばれて私一人でNICUへ。熱を計り徹底的に手を洗い清潔な状態で入室。

 

胎児は全身を管に繋がれながらもさっきより顔色のいい状態スヤスヤ寝ていた。なんと可愛い寝顔だろう。

全体的にむっちりしていて丸顔で。天使ってほんとうにいるのだなと確信した。

「触ってあげてください」と看護師さんに促され頭を撫でる。剛毛で真っ黒でややパーマ。これはお母さん似かな。

よく頑張ったねと声が自然と口から漏れた。看護師さんも笑顔だ。

 

息子は「胎便吸引症候群」により体に強く負荷がかかり、更に肺炎を併発させて窒息ぎりぎり手前状態だったという。

クリニックの先生の緊急搬送判断(別のお母さんがその時間に手術予定だったが、我が家を繰り上げで対応して下さったよう。感謝しかない)、

大型病院のベッド空き状況/立地……などなど様々な幸運が重なったことによって生きることができた息子。

まだ頑張るところだがまずは人生スタートラインに立てたぞ。本当によかった。

 

27:50

NICU責任者先生から契約書類説明を受けサイン。息子の名前を初めて書面に記す。出生届よりも先に書くことになるとは。

「**(名前、産前にもう決めていた)っていい名前ですね!私の親友が同じ名前なのですよ。いいやつでね……」と先生。この人は信頼できるとなんとなく感じた。

具体的な検査結果は翌AM11時に説明させてくださいと先生先生寝る時間ほとんどないじゃないですか……おつかれさまです。

看護師さんから書類を受け取ったのち「忘れてた!」と息子の写真を渡してくれた。

処置中は目を開けてて「ここはどこなんだろー」って周りをキョロキョロしていたんですけどねー」と目をつむった胎児写真説明する看護師さん。

ここにいる人はみんな味方だ。

 

28:30

一通り手続きが終わり、お義母さんと一緒に里帰り先に帰る。

気持ちハイになっているのか眠気は全くない。

安心感からか涙が滴り落ちる。自身がめちゃくちゃ強張っていたことにやっと気づく。

iPhoneを起動、嫁と使っていた妊娠/出産情報管理アプリを開くと表紙が親子3人になっていてまた涙。

ハンカチ、ここで使うべきなんですかね」と涙を拭いた。

 

 

 


上記は息子が産まれときメモとして残していた日記

その後息子2ヶ月弱の入院を経て帰宅、順調に成長し、障害もなく元気に育ってる。

先日1歳の誕生日を無事迎えた際に懐かしくなったのと、コウノドリで近い例のお話があったので……増田投稿してみた。

出産にはこんな例もありますよってのを知ってもらえれば。

2017-11-01

里帰り中だけど気疲れして辛い

私:30代前半、初産のため実家に里帰り中、9ヶ月に入るまでフルタイム正社員で働いていて現在産休

母:60代前半、昨年超初期のがんが見つかり手術入院半年ほど自宅療養、今は通常生活を送れている、自宅で一日3〜4時間程度仕事をしている

妊娠を伝えた時、母はとても喜んでくれたし、里帰り出産したいと言ったら二つ返事でOKしてくれた。

から孫の世話をする気満々ではりきっていて、とてもありがたくて嬉しいのだけど、昨年手術入院した影響か、私が想像していたよりも体力が落ちていて、わりと頻繁にしんどい、身体のどこどこが痛い、食欲がわかない、などと言う。

しんどいと言う割には毎日とても几帳面家事をやっているし、スーパーに一日3回くらい買い物に行ってるし(最寄りのスーパーは品揃えが悪いだの肉がまずいだの言ってわざわざ遠いスーパーまで行っている)まるで手抜きという言葉を知らないようだ。

実家を離れてかれこれ10年近く経つ娘が久しぶりに帰省しているので、余計にがんばってしまうのかもしれないが、私はそんな母を見ていてとても気疲れしてしまう。

赤ちゃんが既に3000gを超えていてかなりおなかが大きいため、私自身は皿洗いか掃除機をかけるくらいしかできないのも歯がゆい

母は100%善意でやっているし、どちらが悪いという問題ではないけど、本当に疲れる。

孫が生まれる前からそんなにしんどいと言っているようでは、生まれからもっと規則で大変な生活になるのに大丈夫なんだろうか…と心配になる(※産後1ヶ月検診までは実家にいる予定)

自分ならこうするけどな…とか、しんどいなら仕事休みの日にちゃんと休養をとればいいのに、とか、例えばネットスーパーを利用してまとめ買いする等何かしら工夫して家事簡素化するとか、やれることはあるだろうに…と、見ていてそんなことばかり考えてしまう。

母はそこそこ柔軟な性格なので提案したら聞いてはくれるだろうけど、長年主婦としてやってきた母なりのやり方があるだろうし、口出しするのは何だか違うような気がしている。

そんなもやもやした気持ちでいたらおなかの赤ちゃんにも良くないと思うけど、なかなかうまく気分転換できない。最近は晴れた日に散歩に出かけるのが楽しくて仕方ない。

そしてこの問題は今だけではなく、これから両親が老いていく上でずっと続くということもわかっている(つもり)

予定日まであと約2週間。今すぐにでも陣痛が来てくれないかな、早く産まれてほしいな、と毎日思っている。

自分だけの都合でそんなことを考えてしまうのも嫌だ)

今はただ、元気な子を産んで、早く自分の家に帰りたい。

2017-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20170806141948

中絶手術のイメージってそれだったんだけど、コウノドリっていう産婦人科医が主人公漫画で、ある程度胎児が育った状態での中絶だと、陣痛促進剤を使って通常のお産と同じように下から産むって描かれてて衝撃だったわ

2017-07-23

陣痛体験をオス小学校中学生徒で義務化すべき

そうすれば妊婦への理解が進み、本当のバリアフリー社会が到来する

https://anond.hatelabo.jp/20170723001625

陣痛と強い便意が区別できずに出産前にトイレに行きたがって

止められる妊婦が多いというのは聞いたことあるよ。

なんで止められるかというと間違ってそのままトイレに生み落としちゃうから

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706205917

生理によって1週間具合が悪くなり腹痛と経血処理をせねばならずなんなら生理開始1週間前からPMSで苦しみ生理用品でお金がかかり

妊娠10ヶ月腹で育てなければならなくて妊娠によってつわり体調不良で苦しみ臨月には胎児によって圧迫された臓器で息苦しく行動が困難になり

頻尿などに苦しめられ陣痛出産で激しい痛みに耐えなければならなく産後は3ヶ月は安静にしていなければならないくら身体ダメージを負わなくていい男はめっちゃずるいな!って思った

2017-06-14

ロリコンとか痴漢強姦願望が全くなくなった

小学生の頃から世代の異性に興奮して、対象はそのままに自分けが歳を取っていった。中高生になって回りが恋愛を始める頃でも、同世代以上の女性には興味もわかなかった。自分が人とは違うかもしれないと感じ始めた頃から、周囲が女優アイドルの話で盛り上がる中、怪しまれないように好きでもない誰もが好きそうなアイドル名前を出してはその場をしのいでいた。社会に出てからも、表向きはどこにでもいるような流行りの女性が好みだと吹聴しては、周囲には絶対に気づかれないように振る舞い続けた。

自分理想とする相手とはまともな恋愛セックスまでのプロセス通用するわけがない。だから行為に至るためには痴漢強姦という選択肢しかなかった。もちろん実際にそんなことをしてしまったことなんかない。そうならないために、漫画やそれ風のAVなどで処理をしてきた。

そんな自分にも、子供がほしいという願望はあった。それは間違っても性処理のためというわけではなく、純粋自分の子孫を残したいという願望だ。適齢期を過ぎかけたころ、見かねたから提案された見合いに乗っかってすんなりと結婚し、さらに何事もなく子供まで授かることが出来た。見合い相手のことは好きでも嫌いでもなかった。ただ、子供を生んで育ててくれそうだという理由だけで結婚した。性的にも全く興味は沸かなかったのだが、お互い未経験同士だったこともあり気持ちが一向に高まろうとしないことを緊張という言葉で置き換えることができたのは幸いだった。

妊娠後、数回目の通院で生まれてくるのが女の子であろうことがわかった。このときは正直不安になった。この子が程よい年齢に至った時、自分からの愛が親からのものであり続けられるのだろうか。自分の子自分の子として見続けることができるのだろうか。出産が近づくにつれてその不安は強くなる一方だった。そうしていよいよ出産の日。陣痛より前に破水してしまったことで慌ただしいままに病院に行き、そのまま大騒ぎのうちに産声を聞くことになった。あまりの忙しさと、陣痛促進剤によってあれよあれよと野生を露わにし始める妻を前に、つまらない不安を思い返す余裕などなくなってしまっていた。

看護師の大げさに芝居がかった「おめでとうございます。」という言葉とともに、赤黒い顔に拭いきれない鮮血が着いたまま精一杯に泣き叫ぶ赤子が手渡される。両の手でその重さを実感した途端に、全く意図していなかったにも関わらず目から涙が溢れた。自分の命をかけてでもこの小さな命を守らなければならない。そして、自らの命を危険晒してまでこの生命を産み落としてくれた妻に対して、いままで持ち得たことのないような気持ちが沸き上がってきたことがわかった。

その日を境に、自分を苦しめ続けてきた児童性愛願望はさっぱりとなくなってしまった。むしろ自らの娘がそうなってしまうことを想像しようものなら胃袋ごと口から嘔吐してしまいそうな焦燥感に駆られるようになってしまった。自らの子供を愛するという気持ちは自らの娘を性の対象として見てしまうかもしれない不安をいとも簡単に一蹴してしまものだということがわかった。それから数年経ち、娘は小学校に通うようになった。娘の周りには、かつて自分欲求を刺激してやまなかった年頃の女子たちで溢れている。しかしそれを目の当たりにしても、かつてのような邪な衝動は一切湧いてくることはなかった。むしろ自らの娘を見るのと同様に、彼女らが安全に、健全に育つことを願うようになってしまった。

自らの性的嗜好を棚に上げるつもりはない。しかし、自分性的対象は気付いたときにはすでに決まっていたものコントロールできるものではなかったのだ。今だに過去自分を憎む気持ちとどうしようもなかったと同情する気持ちとが葛藤を続ける日々を送っている。世の中の同じような境遇人間自分と同じことが当てはまるかはわからないが、少なくとも児童性愛に対して嫌悪感が芽生え始めていることは確かだ。かと言って自分普通に女性を愛せるようになったかと言われるとそうではない。いうなれば、児童性愛がなくなると同時に性の対象のものがなくなってしまったのだ。自らの遺伝子を受け入れ命をかけてまで産み落としてくれた妻には今でも変わらぬ感謝と、一緒に生活をしてくれる家族としての深い愛情がある。しかしそれ以外の感情が一切湧き上がってこない。そのことを妻はこれからも受け入れ続けてくれるのだろうか。

2017-05-24

http://anond.hatelabo.jp/20170524060607

妊婦だって書いてあるじゃん産休制度を知らない無職か?

もしくは陣痛が来るその瞬間まで働いて、腹から子供が出てきたらまたすぐ仕事に戻れ、

そうじゃない限り寄生虫と叩き続ける!という信念をお持ち?

2017-04-30

育児には参加しないけど子供は欲しいと言われた

婚活で会った男性に、

子供は2人くらいは欲しい。でも俺は育児には参加できない。仕事で帰りが遅いから」

と言われた。

因みに彼は、子無しなら結婚意味を見出さなタイプで、共働き希望

共働き希望子供が欲しいのは私も同じだし、仕事が忙しいのは理解できるんだけど、なんだかなあ。

だって、本当なら、悪阻陣痛で苦しみたくなんてないよ。24時間授乳乳児のお守りなんてしたくないよ。

本当は思う存分、仕事残業して稼いで自己実現したいよ…。

2017-03-27

会陰切開

出産体験記を読んでいて一番怖い。

怖いけど知りたくてついつい調べてしまうんだけど、麻酔なしで切ったり縫ったり抜糸したりするらしい。

ないはずのタマがヒュンとして思わず股間を抑えるのであった……

それでも陣痛の方が痛くて気にならなかったという人も多くて、出産はかくも大変なものなのだなあ。

子供はいつか欲しいけど出産は怖いなあ。

2017-03-17

子供が欲しくない

私は20代前半。

人生で一度も、子供が欲しいと思ったことがない。

理由を色々考え、出た結論は「面倒なことが増えるから」だった。

妊娠出産育児エッセイを何冊か読んだ程度の知識なのでザックリとしているが、

つわり地獄のような苦しみや、大きなお腹を抱えて生活することの大変さを知った。

食生活に気を使い、妊婦に優しいアイテムを買い、定期的に病院検査し、マタニティスクールに通い、

役所病院費用補助金申請し、生まれてくる子供のためのグッズも揃えないといけない。

この時点で「めんどくせぇ~」と心の底から思った。

出産もめちゃくちゃ痛い。無痛分娩もあるが、「産むときだけ痛くなくても、いてえのは陣痛だよ陣痛」と

母親によく言われるので、まったく痛みのない出産はまず無理なんだろう。怖い。

まあとにかく生まれました。おめでとうございます。あー終わった終わった、というわけにはいかない。

この世の右も左も分からない赤ん坊を、同じく育児の右も左も分からない母親が育てるって超難易度高い。

でも面倒だからお世話やめた、なんてことはできない。もう生まれてるんだから

もしも子供が生まれつきの持病を持っていたら。不便なアレルギーがあったら。アトピーがあったら。

とんでもなくブサイクだったら。発達障害だったら。学校いじめられたら。逆にいじめっ子になったら。

夫が育児に非協力的で理解がなかったら。偏食だったら。

同じクラスメイト母親が変な人だったら。担任先生が変な人だったら。

PTAが面倒臭かったら。受験に失敗したら。就活に失敗したら。悪い友達とつるんだら。

学生のうちに妊娠したりさせたりしたら。「産んでくれって頼んでない」と言われたら。

様々な不安が尽きない。そのくらい我慢しろよと言われるものも沢山ある。

でも嫌なのだ可能性として起こり得ることを考えると、子供はいらない。

子供に何かあったとき自分人生経験知識が乏しすぎてフォローできず、母親失格になってしまう。

子供もきっと苦しむ。

これまでの人生出会ってきた多くの選択出来事は、「ミスしたら自分に返ってくる」ものだった。

志望校に落ちようと希望の会社に不採用になろうと、嫌な思いをするのは自分だった。

勉強しなかったツケ、就活対策をちゃんとしなかったツケは自分に返ってくるだけ。

しか妊娠中の生活に気を使わなかったり育児を面倒臭がって放棄したら、苦しむのは自分ではなく子供である

親が徹底的に子供の見本となり、子供を守り、道に迷ったときに手を差し伸べなくてはいけない。

自分がそんな立派な人間になっていないのに子供を作っては子供がかわいそうだと本気で思っている。

デキ婚する人はどうしてすぐ産もうと決断できるのかわからない。その度胸はどこからくるんだ。

たまにネット出産が「3000万ガチャ」と揶揄されるが、本当にそのとおりだと思う。莫大な金がかかる。

そんなガチャをうちの親は私の前にも何度も回してきた。尊敬する。

今まで何人か彼氏がいたし、今もいる。

「この人と結婚したい」とは思っても、「この人との子供が欲しい」と思ったことは一度もない。

ずっと2人きりでいたい。夫との時間を独占したい…とよく思っていたけど、

まあずっと同じ屋根の下で2人でいたら、恋人時代気持ちなんてすぐ消えて

だんだん生活マンネリ化してきてうまくいかなくなったりもするんだろうな。

から子供がいたほうがいいのかもしれないけど、そんな緩和剤代わりに子供をポンとつくっていいのか。

妊婦子連れベビーカーバッシングネットでよく目にする。

保育園も落ちれば国に死ねと言いたくなる。

育児中にあった嫌なことや肩身の狭い思いをした体験談も沢山見る。

(家庭板のまとめを読むのはやめたほうがいいかもしれない)

自分がその当事者になることを恐れている。

私が万が一妊娠してしまったら、周りは「おめでたいこと」と捉えるから、きっと産むんだろう。

人間ひとりつくって育てるというとんでもない行為は「やっぱりやめた」ができないから、恐ろしい。

今付き合っている彼氏とうまくいって結婚の話が出たとして、「子供が欲しい」と言われたら本気で悩む。

「夫が子供を欲しがっている」とか「(義)両親が孫の顔を見たがっている」という理由

私が折れて妊娠出産していいものなんだろうか。母体は望んでいないのに。

周りが希望してるから命をつくるなんて無責任ではないだろうか。

「産んでくれって頼んでないのに!」って子供に言われてしまったら、

「私だって産みたくなかったわ!」って思っちゃうんだろうか。

私は自分に面倒事を沢山もたらした原因である子供を愛せないんじゃないか

どんな理由であれ、私のように子供が欲しくない人はきっといるんだろうけど(多分)、

子供は欲しいもの、望むもの、みたいな風潮が世間にある。

少子化という言葉があるということは、子供とは「産んで増やさないといけないもの」なんだろう。

私か相手子供をつくれない体なら仕方ない。それよりも「つくらない」ほうが周囲から疑問視されそう。

育児がしにくい世の中になってるのも問題だけど、そういう社会的な面よりも私の心理的な面が大きい。

こんな私が、子供が欲しいと素直に思える日はくるのだろうか。

それとも、たいしてよく考えないまま流れに身を任せていたら、案外大丈夫なものなんだろうか。

一応言っておくと、親に虐待されていたわけではない。むしろ末っ子なので甘やかされて育った。

子供はあまり好きではなかったけど、最近は仲の良さそうな親子を外で見かけると微笑ましいと感じる。

ただそれは楽しそうなほんの一部分を見たからで、

その場面を自分が得るまでにどれほど苦労しないといけないのかと考えると子供を欲しいとは思わない。

甥・姪をめちゃくちゃ可愛がってしまうのと同じだ。

あと、反出生主義という主義があるけど、そこまで過激な考えではない。出産尊いものだと思っている。

私は出産したくないというだけ。

今ふと思ったけど、学生時代全然楽しくなかったことと、この考えには関係はあるだろうか。

まらない地獄のような学生時代子供に味わわせたくないとか無意識に思ってるんだろうか。

そこはよくわからない。

とにかく、子供をつくることによってありとあらゆる責任が降り掛かってくるのが面倒で耐えられない。

面倒事は回避したい。だから子供はいらない。

2017-02-21

まれた!

昨日無事に男児出産

自分の記録用を兼ねて、初産を控えたママのためになればとメモ

2/18 土曜日 (39w1d)

アマゾンtvで、[結婚できない男]を夫と深夜12時まで視聴中、弱い生理痛のようなものを感じる。

前駆陣痛か?!と思いつつも念のため間隔を図ってみる。6-10分おきとバラバラ。痛みは強くなる一方なので、入院準備を開始。玄関付近カバンを用意したり、夫にやって欲しいことリスト作成するなど。夫はすでに熟睡。

2/19 日曜日

土曜深夜から寝ようとウトウトするも完全には眠れず徹夜で朝を迎える。今までは前駆陣痛らしきものがあってもとりあえず寝てみたら朝まで爆睡というパターンだったため、痛さで起きてしまうこの時点で前駆陣痛じゃないかも!との思いが強くなる。陣痛間隔は7-11分とまだバラバラ。(これは今思うと、測り方がよくわかっていなかったのも一つの原因。子宮がきゅーと収縮開始した時だけアプリ陣痛を開始する。収縮の合間にあるちょっとした痛みとかまで入れてしまうと間隔が変になる)

14時頃病院電話。様子を見てくださいとのことで、間隔が五分おき、持続時間が1分なるのが目安ですと教えてもらう。

夕方あたりから、痛みが更に増してくる。陣痛の間は歩くことすら出来なくなる。立ってる時に陣痛が来るとうずくまってしまうほど。そのため基本ベットで横になって休む。家事食事は何もできない。寝れるなら寝ようとしてみる。一方で陣痛間欠時は比較的平常モード。話もできるしテレビも見れる。

夫はこの日あまり事態を把握していないようでのほほんとテレビを見ている。夕食の買い出しと作成、茶碗洗いをお願いするがなかなかやってくれない。陣痛が来ている時にソファに寝ている私にピタリとひっついてちょっと寝るとかいってきたため、痛さとイライラでキレてしまう。泣いて寝室で寝ていると買い出しと買い物をした夫がよびにくる。夫、ごめんね。夫が買ってきてくれたイチゴを少し食べる。

この日もウトウトするも痛くて眠れず。徹夜2日目。

このままじゃ体がもたん。このまま出産になっても体力がもたない。日付が変わった瞬間に病院にもう一回電話しようと強く思う。

2/20 月曜日

上述の理由、および12時を超えれば入院費用が一日分かからないというせこい理由でとりあえず日付が変わるまで様子見していたが、am一時に早速病院電話

声の感じ的にまだ大丈夫ですよーと言われる。え?結構痛いときマジで痛いんだけどな...とちょっとイライラ。言われた通りの陣痛時間なんですけど...と弱めに主張してみると、「若いし、体重増加も大きくない。28週の検診内容から見てもまださほど進んでなかった。声の感じからもまだ大丈夫だと思うよ。」と丁寧に教えてもらう。とこうなれば朝9:30の診療開始まで待つか、と腹を据える。その方が安いし。(せこい)

ただ、これから病院に行くまでは結構きつい時間だった。今思うと大した痛さじゃないけど、痛み逃しの呼吸をしないとぷちパニックに収まりそうな程度には痛かった。バリ人形を見ながら呼吸法を続ける。ちなみに増田普段から瞑想をしているので呼吸法は得意。間隔も5分間隔を切っており、持続時間も1分になっていたためこれ以上痛さが強くなったり間隔が短くなれば移動自体が困難になるなと判断。9:00になったら病院にテル。まだ来なくていいよー!という感じだったが、どうしても今から行きますと強く主張してそんなに言うなら...という形でオッケーが出る。今思うと、この判断を下した私グッジョブ

入院後に続きます....

2016-12-29

http://anond.hatelabo.jp/20161229172137

就職してすぐに我が子って言えるほどディープに関わらせてもらえるもんなのかな?

入るまでにも自分で作ったキャラを誰かが描いてくれたけどこれ違うってなったことは無いの?

あと公式陣痛イイッ!ってなった場合

2016-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20161223162101

たいていは出産前に浣腸をして排せつしておくんです。

でも、稀にそれをする間もなく陣痛が始まってしまって出産の途中で漏らしてしま妊婦さんもいらっしゃいます

http://papimami.jp/8450

2016-12-13

菊の名は。

あの日、腰がくねった日。

それは、まるで。

まるで、悪夢景色のように、

鬱苦しい眺めだった。

チャラリーチャラリー、トゥルリッルルル ッザッザッザッザッザ

パラピラパララ、ピララピラピラ、プラピラペラパラ、ズンッ、ザッ、ッザー

♪(禁則事項です。)♪

放課後? 悪ぃ、オレ、バイト

こんな田舎、嫌だよー。こんな人生嫌だぁ。

来世は東京イケメン男子にしてくださぁ~い!(さぁ~ぃ、さぁ~ぃ、さぁ~ぃ)

あんっ…………どこ?

そういえば、ずっと変な夢を見てた気がするんだけど。

別の人の陣痛の夢?

はっ!

なっ!

これって!?

なっ!

これって、もしかして

俺たちは腰の中が

入れ替わってるー!

♪(禁則事項です。)♪

はっ!

はっ!

確かなことが、一つだけある。

私たちは、出せば絶対、すぐに分かる!

言おうと思ったんだ。お前が世界のどこにいても必ず出してしまうって!

あなたは…たれ?

お前は、ダルダ!?

菊の名は。

2016-11-14

初めて妊娠して初めて流産経験しそう

妊娠した。

まあずっと妊娠たかったっていうか、妊娠でもしなけりゃ今の相手とは結婚できないだろうし、このままならダラダラ付き合い続けてもろもろの適齢期を逃し、お互い実家に戻るときに別れるか自然消滅かなって思ってた。付き合いはじめは彼のほうが結婚結婚言ってたものの、気持ち落ち着けさらりと躱されるようになってしまった。こんなもんだよね。

こちらはさっさと結婚して欲しかったけどね。めっちゃタイプだしさ。あとアラサー

そんなこんなで同棲一年半。

いわゆる着床を感じた。まあはじめて危険日?に事故が発生したから、身体が敏感になってたのもあるけど、明らかに体調がおかしかった。着床してそうな日から風邪と疲れのダブルパンチを食らったような状態生理前なので体温の上昇は当然。PMSでもともと眠気吐き気腰痛頭痛はおこるものの全症状がやたら重い。とにかくだるい。もちろんすぐにピンときたので余計な薬は飲まず、黙って葉酸を摂り始めた。

薬局に売ってる妊娠検査薬生理予定日の一週間後から使えるやつが一般的。まだはやい。が、ドキドキが抑えられずフライング検査をしてみた。

陰性。

今までにも何度か生理が遅れていたときに使っていた検査薬。陰性がでてああ、なんだ、と思えば3日以内に生理がきてた。

だけど今回は身体からサインがはっきりしていたから、陰性の表示をみても、そんなはずはない早すぎた、と断言できた。

ゴミ箱に投げ込んでその日は就寝。彼氏には黙っていた。

翌日、ゴミ回収日のためゴミ箱をガサガサ分別していたら、昨日のあいつがポロと転がってきた。

あれ、陽性になってる….。

こんな時間差アリかよ?!って思いつつもまあでもストンと納得した。っていうかですよね!って感じ。

そっからじわじわとツワリがはじまった。身近で出産した方がほぼ無症状で出産までいってたから、なんとなく私もいけるやろ!!って思ってた。甘かった…。

吐くまではいかずも常に吐き気が伴う。お腹すいても気持ちわるい、食べ終われば気持ち悪い。食べてる時間が一番楽だった。これを食べづわりと言うらしい。ニオイにはそこまで敏感ではないけど、日常のあらゆるニオイが気になるようになった。あと眠い

産婦人科にいって、胎嚢を確認心拍はまだわからずまた二週間後に、とのこと。彼氏覚悟決めた、と笑いながら肩を抱いてくれた。そして照れ屋の彼は幸せにするよ、と棒読みで。プロポーズはいつがいい?と冗談みたいに本気で聞いてきたりゼクシィ買ったり引っ越しのはなしをしたりソコソコ幸せだった。女になったなあと思ったよ。

そして、昨日の夜中ことだ。

トイレはいって小さく悲鳴をあげた。血だ…。

そういえば今日基礎体温低めだった。お腹も痛かった気がする。ちょっとくらいの出血なら妊娠初期にはよくあること?鮮血腹痛は危険?ぐるぐるいろんな情報が頭を巡った。服も半端なままトイレを飛び出し病院電話。その時点で出血もあまりなくなって、痛みもさほど感じない。病院へは朝向かうことにした。彼には悪いことをした。明日は朝から仕事だというのに大丈夫だよ、と何度も抱きしめてくれた。私はわんわん泣いた。もう赤ちゃんはいなくなるんだろうと思った。

先生は優しく教えてくれた。どうやら、恐らく妊娠継続は難しいだろうとのこと。出血も多く、成長が止まっているようだと。そして一週間の安静。来週また来てくださいね、と。

付き添ってくれた母は色々話しかけてくれ、私の気を紛らわそうとしているようだった。母の方がよっぽど辛そうだったが、私は家族の前では泣けないのだ。病院から静かにしろと、私は母に何度も注意した。

その時はまだ希望があるからこその一週間安静、と言われたんだと思った。恐らく違うんだろう。

そのうち、お腹の中で育たなくなった赤ちゃんと、赤ちゃんのための組織は流れ出てくることがある。自然流産というやつだろうか?それが出てこず子宮内に残るなら手術が必要になるのではないかと。それを確かめるための一週間。そういうことじゃないか、と思った。

調べれば調べるほど納得と不安とで吐きそうになっている。

妊娠初期の流産ほとんどが遺伝子になんらかのエラーが起きているせいで、母体のせいではないだとか、不安をやわらげてくれる内容の記事とともに出てくる、流産経験した方々の体験談

人によっては陣痛のような痛みと生理以上の多量の出血があるのだとか。

赤ちゃんの入った袋が出て来るのを確認できる人もいるのだとか。

そんなのこわくてお風呂に入れないじゃないか

まだ出血は続いている。痛みは断続的にじわじわと。着床後にあった痛みとは多分ちがう。希望はもうば捨てたいけど、もしかしてもしかしてと、脳は思ってる。決して少なくはないはずの流産まさか私に、とどこかでまだ思ってる。

実感なんてつわりくらいしかほぼなかったけど。ただ今は不安で悲しくてしょうがないよ。迷惑かもしれないけど、彼には今すぐ仕事から帰ってきて欲しいよ。

それと、決まりかけた、大好きなあなたとの将来はいったんリセットで、もしかしたら…と思うともうどうしようもない。画面も滲んでよく見えない。

2016-07-13

http://enjosokuhou.blog.jp/archives/4662960.html

テリー伊藤炎上出産前の陣痛の痛みに女性大袈裟? : 炎上ニュース速報

出産は男には耐えられない痛み(女は違う)」とかいうけど、

本当に耐えられたならそこまで痛みを感じていないはずだよね?

2016-06-15

生理痛やばいとき

生理痛って本格的になってから鎮痛剤飲んでもなかなか効かなくて、ただひたすら痛みに耐えるしかない時間があるんですけど、

最初はもちろん神に祈る。懺悔する。これはきっと罰なんだ、と思って「神様ごめんなさい、調子に乗っていました、ちゃんと学校行くし真面目に生きます、生かしてくれてありがとうございます」と延々と唱える。

次に自分の体に謝る。「ごめんね、毎日夜更かししてごめんね、ろくなもの食べてなくてごめんね、体冷やしてごめんね、いつもありがとう、」とお腹に手を置いて温める。

それでももちろん痛みがやばいので、ついに卵子が怒ってるのかも!とか考え始めて語りかける。「ごめんね、せっかく準備してくれたのに妊娠してやれなくてごめんなさい、いつかきっとするから、ごめんね許して、」

そうやって色々なもの懺悔をし、生まれてきたことに対する感謝必死に唱えているうちに気を失う。目が覚めたときには鎮痛剤が効いてましになっている。

今は低用量ピルを飲むようになって生理痛ほとんどなくなったけど、鎮痛剤もろくに飲めなかった高校生の頃はずっとこんな感じでした。保健室のベッドで汗をかいてのたうちまわりながら、痛みのあまり頭がおかしくなってた。

将来もし出産することになっても絶対無痛分娩をしようと決めてるけど、陣痛はあの時の生理痛よりも痛いのかな。その時私は、また何かに懺悔をするのかな。

2016-05-01

二度と産まない

予定日より2週間早くおしるし出血があり、陣痛が始まり、夜中に入院

破水があり、分娩室で頑張ったものの、赤ちゃんは出てこない。

医師が吸引を試みるも、やっぱり出てこない。

赤ちゃん心拍が弱くなり「帝王切開に切り替えます」という医師の声。

スタッフが慌ただしく手術の準備をする中、看護師からあなたは十分頑張ったわ、あとはこちらに任せてね」と言われた。

夜中の入院から7時間以上経過しており、眠っていない私の意識朦朧としていた。

麻酔科から質問にもうまく答えられず、付き添いの母が代わりに答えてサインしていたようだ。

とにかく、陣痛の痛みを何とかしてほしいのと、赤ちゃんを助けてほしいだけ。

手術室に移動して、腰に痛み止めの注射麻酔を打った。

しばらく待って麻酔の効き具合を確認され、感覚が残っている箇所があったけれど、赤ちゃんが危ないので切開することに。

メスを入れられたのは分かった。

でも、陣痛の痛みを経験したせいか、痛いとは思わなかった。

下に降りていた赤ちゃんをグイッと取り出すのも分かった。

赤ちゃんは無事に誕生して、早速新生児室へ移動。

私は後処理と縫合。

少し痛みを感じて、麻酔を追加で吸入した。

麻酔科医がずーっと話しかけて、眠くて仕方なかったので「眠っていいですか?」と聞いたら「ダメです」と言われた。

手術が終わり、医師からあなたは今後も普通分娩では産めないから、次は2年ぐらい空けるように」と言われた。

頭骨盤不適合とのこと。

やっと病室に戻れたものの、しばらくは麻酔チューブが付いたまま、体を起こすこともできない。

医師新生児室で赤ちゃん写真撮って持って来てくれたので、それをずっと眺めていた。

夜、夫から電話がかかってきた。

「おまえ、頑張りが足りなかったね」

第一声にわが耳を疑った。

お疲れ様でも、ありがとうでもなく、頑張りが足りなかったと。

頑張りが足りなかったか普通に産めなかったんだと。

電話を切ったあと、涙が止まらなかった。

この人の子どもは二度と産まないと心に誓った。

入院中、姑は仕事の昼休み毎日やって来た。

私のいた病院では、帝王切開だと点滴が外れるまでの間、赤ちゃん新生児室で過ごし、母乳時間だけ看護師さんが連れて来るというスタイルだった。

ある日、たまたま病室に来ていた看護師さんに姑が聞いた。

「この部屋にはどうして赤ちゃんがいないの?」

看護師さんが病院方針説明すると

「ふーん、部屋に赤ちゃんがいないから産んだ気がしないでしょう?」と私を向いて言った。

看護師さんの表情は固まり、私はこの人の孫は二度と産まないと心に誓った。

子ども誕生日が来ると毎年思い出す、悲しい記憶

2016-04-25

子どもつのむずすぎ

育休中のリーマンだけど、子どもつのむずすぎてオススメできない。

まず、相手見つかるかどうかなんて"縁"の話なんで運ゲーだろ。

相手見つかっても、子ども出来るかどうかはコウノトリのさじ加減。そもそも自分異性愛者(もしくは同性愛者でも子どもを作るための肉体関係である必要があるし、自分相手生殖可能じゃなきゃダメだし。

んで、妊娠しても初期流産の多いのなんのって。勿論、初期流産場合は親に原因があるってことは少なくて自分達の責任とは言えないんだけど。俺なんて胎動確認できるようになってからは、毎晩嫁さんの腹に手を当てないと不安で寝られなかった。あと栄養面(鉄とカルシウム葉酸)も気を付けないとアカンし。

あ、覚えていてほしいことがあって、妊娠中のつわりって初期ほど辛いから電車内でお腹大きくないけどマタニティマークつけてる人いたら出来るだけ一言かけてあげてほしい。

出産は大変。初産が大変って言われるけど、うちの場合10から5分間隔の陣痛が一日半続いて促進剤使ったよ。陣痛って結構いたいらしくて、一日半の間は嫁さん寝られなかった。そっから促進剤で8時間、どんどん痛みが強くなってく。見ててこっちが「妊娠させてごめんなさい」って謝りたくなるレベル。勿論、さすってあげるし、ゴルフボールで押したりするんやけど痛みを引き受けることはできんのよね。出産始まったら、何も出来ることなからね。

とりあえず、俺には出産無理、怖い。嫁さんに感謝しかない。人類がこんな営み続けてるってホント驚き。

2016-03-13

はてブPR出産記事がキツい

絶え間ない痛みと恐怖で号泣…。30時間の壮絶な陣痛、そして娘誕生! by たら実

http://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/03/09/special0204

自分妊婦なので単に気が立っているだけかもしれないんだが、このPR記事が「暮らしカテゴリ最近ずっと表示されててしんどい

はてブ数もそんなに無いのに、PRからかずっと表示されている。

見ないようにしているんだが、どうしても目にはいってしまう。

何がキツいって、まずサムネがキツい。怖い。

出産時の恐怖を素晴らしく表現していて、これから経験するであろう後輩妊婦の私はガッツリ引いている。

出産時の壮絶なストーリー漫画にしたブログ記事自体は、問題ない。むしろ自分から読みに行っている。

自分から見に行く際は問題ないのだが(心の準備ができている&興味がある)、向こうから押し付けられるようにガツガツ表示されるとなぜかドン引きすることに気づいた。

非表示にできないんだろうか。

2016-03-04

来るもの拒まず

子供出来たらどうしよ〜って聞いたら俺は来るもの拒まずやから

なんて、偉そうなちょっとドヤ顔で言ってるんじゃないよ

そりゃあ貴方は来るもの拒まずでしょうよ

毎日遅く帰って来て子供とはほぼ接しない たまに早く帰って来てもゲームばっかり 休みの日もゲームばっかり。子供が遊んで〜と誘っても「パパ今ゲームしてるからムリ」って言ったらおしまいだもんね

やっぱりせっかく来てくれてんから産んでほしいよ

とかそりゃあ貴方は言えるよね。

十月十日自分お腹の中に子供入れて、つわりにも耐えて普段通りには動けなくてなにをするにも恐々だけど、家事育児はしなくちゃいけないのは私だもん

貴方は痛くも痒くもないもんね

テニスボールでお尻押さえてイキみ逃しして、それはそれは信じられない陣痛に耐えて股から子供を産むのは私だもんね

その間頑張れ〜って言ってるだけで数時間待てば貴方子供が産まれてるんだもんね、そりゃあ来るもの拒まずだわ

まれた後も髪の毛はボッサボサ 寝てる間も乳放り出して寝て3時間おきに起きて授乳オムツ替えするのは私だもんね 母乳育児ならまだしも人工だったらどんだけ眠かろうが暑かろうが寒かろうが赤ちゃんが泣いたらキッチンに行ってミルク作ってその間泣き続ける赤ちゃんと寝静まってる周りに気を使うのは私だもんね

貴方は高いびきで寝てるだけだもんね ちょっと話聞いてほしくても、「明日仕事はやいんだから」「もう寝かせて。明日仕事大変やねん」そう言って布団に潜って寝れば終わりだもんね

お腹空いたわ〜って帰って来たらごはんがあって、自分の好きなようにゲームもして、自分が気の向いた時にだけ子供相手をしてればいいと思ってるんだもんね

そりゃあそんな生活なら私でも来るもの拒まずだわ

そんな偉そうな事言うなら十月十日腹に異物入れてみろよ 寝ても覚めても気持ち悪い感覚味わってみろよ 37度台の熱出しただけでフーフー言う奴が信じられない陣痛に耐えてみろよ 3時間おきの授乳、3時間より短い睡眠時間赤ちゃんが熱出したら布団で寝ないからつって一晩一睡もせずに抱っこし続けてみろよ

そういうのをやってから、来るもの拒まずだって言ってくれ頼むから

あと補足しておくと、避妊をしていない訳じゃないし、なんなら子供出来て欲しくなさ過ぎて効果があるのかはしらないが殺精子剤が含まれているゴムを使ってる事も記しておく ただ今回はズレたとかそういう類のアレだ

そしてまだ確定した訳じゃないけれど、相変わらずそんな事を宣う旦那に腹が立ち書いてしまっただけだ

2016-02-16

もう子供ほしくないかも

現在一児の母。4ヶ月の子供。

子供は二人はほしいね~と旦那と話してたけど、一人でいいかもしれないと思い始めた。


妊娠大変。

私は生理がこない(排卵しない)理由不妊だった。

排卵誘発の注射毎日打って、体外受精妊娠だった。

幸いにも一回で妊娠できたが、通院の辛さ、治療しても妊娠しないかもしれない不安で、心が大変だった。

もともとは生理がきてたし、生理がこない理由ホルモンバランスの乱れ=冷えとストレスだったので、

体質変わって生理普通にくるようになれば治療必要ないかもだけど、

また、毎日注射打ちにいくのむりー。

子供が一人いるのでなおさらむりーーー。


妊婦生活大変。

つわりは重くなかったが、体は重いし、足は二日に1回攣るし、だるいし、眠れなくなるし。

体がつらい。早く生んで元気になりたかった。

精神面も辛い。

安定期入るまでは、流産したらどうしよう、という不安でいっぱいだった。

安定期入っても、もし階段を踏み外したら、流産の可能性も0じゃないししたらどうしよう、という不安でいっぱいだった。

臨月入っても、臨月死産という例もあるし、生まれ子供が重度の障害があったらどうしよう、という不安でいっぱいだった。


出産大変。

陣痛地獄のようだった。

子供生んだときに、呼吸の異常でNICUに行って、出産の喜びより不安で仕方なかった。

まれて10時間もたたないうちに子供は戻ってきたので、大丈夫だったが。

あと痔になった。またもクソ痛いし、血がダラダラ出てくるし。


育児大変。

痔なので据わってると痛いし、またはヒリヒリするし、母乳なので乳首が擦り切れて痛いし、3時間おきには授乳しなきゃいけないからぜんぜん寝れない。

授乳になれて、まとまって寝てくれるようになるまで辛かった。

今も腰が痛い、手首痛い。

精神面も辛い。

子供と二人っきりの生活

テレビブルーライト子供にはよくないと育児書に書いてあるので、それらを付けずに無音の生活

旦那帰宅が遅いので、ほぼ一人で育児


人付き合いが大変。

内祝いを返したり、お互いの両親に孫を見せにいったり、お宮参りや百日食いなどのイベントもこなしたり。

めちゃ大変じゃないけど、いろいろ角を立てずに付き合うのが煩わしく思うときもある。


将来が大変。

保育園は入れるの?幼稚園は入れるの?

子供をちゃんと育てられるの?

わたし仕事ってどうなるの?

ずっと育児のことばかり?

子供優先なのは分かってるけど、子供が手がかからなくなったとき仕事復帰できるの?



一人でもいっぱいいっぱいなのに、もう一人か…。

もう一回妊娠出産しか子供一人の面倒を見ながら)か…。

そう思うと、安易にもう一人ほしいとは思えなくなった。

自分自身兄弟がいてよかったとは思うけど、不安

旦那にもこの気持ちは伝えてないが、二人目はもういいかなと思い始めている。

2015-12-28

出産の思い出

うんこ漏らした

陣痛とは子宮が収縮する痛みである子宮の収縮とともに胎児が出てくるための子宮口が徐々に開いてゆく。10センチ開くと全開大。初産の人は全開するまでに大体10時間以上かかるみたい。私は約11時間で全開した。

子宮口が全開すると分娩台に乗っていよいよ出産する。陣痛に合わせていきんで赤ちゃんを押し出さないといけないんだけど、いきみ方が分からなくて、でもいきんで産んでしまわない限りずっと痛いわけで、とりあえず踏ん張ってみたらうんこが出た。

と言っても自分では見えないし痛みでそれどころでなくてちゃんと確認してないんだけど、私の足元にいた助産師さん達が「ちょっ待って!待って!あ〜あ〜…消毒しまーす」と言っていたので出てしまったようだ。

過呼吸になった

漏らした後は普通に陣痛に合わせていきむことが出来ていたが、だんだん手足と顔面が痺れてきた。助産師さんに「なんか手足と顔が痺れてるんですけど私大丈夫ですか?」と聞いたところ、「それはね、あなたが息を吸い過ぎて過呼吸になってるの。もっと息を吐くようにして」とのこと。私が見たことのある過呼吸状態の人みたいにゼーゼーヒューヒューは言わなかったけど過呼吸になってしまったらしい。この痺れは出産後も1時間くらい続いた。

③産褥パッドを便器に落とした

無事出産しすぐに赤ちゃんを見せてもらえたのだが、正直あまり可愛いとは思わなかった。なんかヌルヌルしていて変な臭いがした。(今は超絶可愛いと思ってます

赤ちゃんのことよりも自分がしんど過ぎてもう分娩台で寝ていることしか出来ない。疲労困憊で起き上がることも出来ない。胎盤を出す後産も終わって会陰切開した部分を縫って(これも痛かった)、下半身が血やら何やらで汚れまくっているので助産師さんが二人掛かりで拭いてくれて下着からパジャマまで服を全部着せてくれた。着せてもらってる間も天井を見上げて横たわるのみ。自分赤ちゃんみたいだった。

その後1時間くらい分娩台でそのまま休んでから入院する大部屋に車椅子で移動した(分娩後1時間母体が急変することがあるので様子をみる必要があるため)。

そんでしばらくしてトイレに行きたくなって便器の前でパンツを下ろしたら産褥パッドが便器に墜落した。

されるがままで自分下半身の状況を分かっておらず、まだ体を上手く動かせないままいい加減にパンツを下ろしたらそうなった。産後はしばらく胎盤の欠片(悪露)が排出されるから生理ナプキンの巨大版みたいな産褥パッドというもの必要なんだけどそれの特大サイズが1枚、更にその上に普通サイズが1枚、知らぬまに装着されていたのだった。これが2枚とも便器に落ちたので、頑張ってなんとか拾い上げました。

以上です。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん