「羽根」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 羽根とは

2020-05-28

風の中の

羽根のように

いつも変わる

女心

そんな重たいものじゃなくて、

羽根のように軽いものよ。

2020-05-17

意識が高いイキリリベラル

他人を幼稚とか未熟とか上から目線俺様はすばらしくてリベラルで少数派にも弱者にも優しい成熟した人間だと他人を見下す未熟な人間ばかりじゃないか

マイノリティ弱者オスクジャクを飾る羽根じゃないんだぞ

2020-04-22

anond:20200422065616

支出関係あるっていってんだろ

PC検査だって病院だって別に完全にただになるわけじゃないんだぞ

わかったら10万円で温かいお粥でも買って食って寝てろ

羽根布団でもいいぞ

2020-04-16

anond:20190611211600

羽根突きで勝って年頃の女の子の顔に墨で好きなだけ落書きできるの、フェティシズムの塊だと思うんだよなぁ

2020-04-08

レミング左手法則を手で表現できる人間

もし我々の手が猫の手か鳥の羽根だったらこれができなかった

2020-03-02

[]

いっぱい洗濯した

羽根布団のカバーとかも。

乾いたけど、他のカバーにしたよ

3月だもんね。

近所の公園からめっちゃお子さんたちの声スゲー

のびのびとしてて良いね

自己責任しまぁ戸外だから大丈夫でしょう

ひょっとしてあしたひな祭りじゃん。

バナナ豆腐ドーナツ作ったよ。

超美味しい。

麒麟がくるオンデマンドで見逃し配信で。

よきよき。

ごはんをまとめて炊く。

毛玉が出ていた、あったかい部屋着を処分

2020-02-18

じゃあ普段スニーカー履きの革靴エアプ勢は何を買えばよいかという話

anond:20200203232919

革靴エアプ勢のおっちゃんは、普段スニーカーを履いていて、革靴なんて冠婚葬祭しか履かないのだけど、不惑を越えてようやく安くて自分の足に合った革靴を見つけたのよ。

なので、ちょっとその辺の話を書いておくよ。

まあ安かったと言っても、KenfordのK641 Lって言う1万円ちょっとする高い靴なんだけどね。おっちゃんが靴を買う時の予算は3,000~6,000円で(これでも奮発してる)、それ超えたら自動的に高い靴扱いしてる。

まず、大概の革靴って、基本買った時は革が硬いのよ。そこは仕方ない、ある程度履いて馴染ませるしかない。諦めましょ。

でも、革の硬さ以外については知恵と工夫(≒知識と「試し履き」)で回避できる余地がある。あるのだけど、普段スニーカーしか履いていないと、意外とそのポイントに気づかないものなのね。

  1. 冠婚葬祭ぐらいでしか履かない、という前提で:とりあえず「黒の外羽根ラウンドトゥプレーントゥ」1足と安めの木製のシューキーパーを買っとけ。
  2. スニーカーと「国内メーカーの革靴」とでサイズ表記が違うので注意すること。
  3. 自分の足にたいして、大きすぎず、小さすぎず、履いた時に指先以外の部分の遊びが少ない靴を選べ。
    • 靴の中に遊びがあると、歩いた時に足の位置がずれて「小指の外側の側面」とかが硬い革に当たって痛い。この辺、スニーカーよりもシビア
    • 指先は捨て寸を設けるとして、それ以外の部分は遊びが少ない方が安パイ。でも遊びが少なすぎると、今度は逆にサイズキツイ感じになる。塩梅が難しい。
  4. 遊びが少ない靴を選ぶためにも自分の足の正確なサイズを把握しておくと吉。
  5. 履いた時の遊びを少なくするためにも、革靴は「履いた後に靴紐を結んで、脱ぐ前に革靴を解く」という運用をするものと心得よ。
    • 靴紐を結んだままで運用しようとすると、往々にして本来サイズよりも大きな靴を買うことになり、履いた時の遊びが大きくなって以下略
  6. 履き口の形状に注意しろ
    • 例えば、くるぶしの下側とか、踵のすぐ上の辺りとか、履いた時や歩いた時に履き口に当たらないか
    • この辺、スニーカーなら多少当たっていても大丈夫だけど、革靴だと革が柔らかくなるまで傷が絶えない生活になる。
  7. 以上のポイントを踏まえて、ひたすら試着して自分の足に合った「安い革靴」を探せ!

おっちゃんの話に戻ると、KenfordのK641 Lを買ったのだけど、別段この靴を万人に進めようとは思わない。単に、自分の足に合っていただけなの。

から、小指の先から側面が圧迫されることが多くて、靴選びで悩んでいたのよ。EEEの靴を選んでも痛い。1段大きなサイズを選ぶと、今度は足全体がブカブカで、インソールで調整しようとすると小指が圧迫される状態に戻ってしまう。

不惑を越えたころに足のサイズを調べたら、全体的にはギリシャ型で、足幅Eの足囲Bで(つまり足先が平べったい)、足幅と「小指の指先あたりの横幅」が割と近い値だった。だから足の形状からすると、靴先が細めのスマートデザインだと、幅が足りなくて小指が圧迫される。甲高ではなく平べったいから、1段大きなサイズにすると甲とアッパーの間の隙間が大きくてブカブカになる――ということに気づいた訳だ。

そこで「靴先が細くなくてあまり甲高ではない」という条件で探して、合っていたのがK641 L。同じKenfordのK422 Lや、似たようなデザインで「『お高めの革靴』の入門版」扱いされているリーガルの2504 NAは、残念ながら足に合ってなかった。

そんな訳で、足に合った1足を見つけられて満足しているのだけど……でもスニーカー履きなのね、今日明日明後日も。楽ちんだから仕方ない。

2020-01-28

anond:20200128225247

発酵しなかったら悲しいもんね。

回転羽根入れ忘れた時並に。

2020-01-06

冷凍食品ってうまいね!

この前ちょっと魔がさして冷凍ギョーザを買ってみたら、メチャクチャうまかった

皮買ってきて具材刻んで破けないように気を遣って焼いて…っていう七面倒くさいプロセスを経ず、ただ取り出して置いて焼いて待つってだけなのに、なんなら手作り餃子よりうまかった

なんとなく馬鹿にしてたんだけど完全に負けたなあ!羽根までついちゃうし…

汁なし麺とかはもともとかなりうまいと思ってたんだけど、餃子があそこまできてるとは ヘタな店よりうまい

もしかして料理スキルって今で言う裁縫スキルくらいの位置まで地位を落とすことになるんじゃなかろうか そんなことを思う年明けでした

2020-01-01

anond:20200101000858

野田さんといっしょに羽根のついた帽子デュエットしたり

ピカチュウの中に入って踊ってたり

2019-12-28

20年くらい前にバイトしてた店の話

フリー雀荘

24時間営業で時給は昼間深夜も800円。

社員の勤務時間は9時〜21時と21時〜9時の二交代。

バイトだったか最初は勤務時間は夜の9時から時間かだけだったと思うが、いつしか社員と同じような時間12時間働いてたと思う。

働くといっても仕事は来客者やお客さんの要望に応じてアツシボ(温かいおしぼり)やツメシボ(略)を出したり、お客さんにドリンクを運んだり(ソフトドリンク無料だった)、客の代わりに出前を注文したり、卓や牌を掃除したり。

あとは、お客さんがトイレの時などに代わりに打ったり、お客さんの人数が足りない時に混じって打ったり(本走)した。

本走は自腹でもちろんゲーム代も取られるが、半分は給料時にバックされた。

しかし、本走は毎回財布からお金を出すのではなくて店のお金で打って給料で精算だった為、実質ほとんどの社員バイト給料から本走代を引かれていて、本走のマイナスゲームバックを上回る金額が多かったと思う。

従業員メンバーと呼ばれていたが、メンバーのみに特別ルールがあって、もろ引っ掛けリーチ禁止、のみ上がりの禁止、着順の変わらないあがりの禁止、あがりに向かわないアンカン禁止、などがあった。

2年くらい働いたと思うがトータルで毎月プラスだったのはひとりだけだった。

あとは手取り35万の新聞広告などにつられて、得体の知れない中年初老人達が、入っては飛び、入っては飛び、といった感じだった。

本走から少しずつ抜いて(店に戻す時に少なく戻してお金ポケットに入れたりして)給料日前に飛ぶ人、ある日突然いなくなる人など。

みな、寮(と言われていたが、実際は大きめの一軒家)に住み込みで、全国各地からの流れ者のような人達で、変わり者が多くて楽しかった。

そこで働いてたバイトの先輩に設定1でも勝てるクランキーコンドル、やら羽根モノのぱちんこの勝ち方を教えてもらった(しかし、実際は負けまくってた)

その雀荘ルール

赤ウーピン2枚入りでどちらもイーハン扱いプラス500円。

アンカン500円オール

一発、裏ドラ500円。

あと細かいのは忘れた。

ピンのワンスリー

赤ウーピンの価値が凄くて赤ウーピン2枚とドラ2枚あれば手役なくても鳴きまくってツモれば赤赤ドラドラ千円オールかいう変なあがりが普通にできた。

赤のみでもツモれば500円オールなので、泣きまくって三本5本の赤だけ、とかいう大ひんしゅくなあがりも普通にあった。

あと、先ヅモがひどくて下家の捨て牌をポンしたら上家まで盲牌済んでいたりとか普通だった。

そこではお客さんもまた面白くて今でも当時の客の名前とか特徴、麻雀の打ち筋を覚えてたりする。

立地も入りにくい場所だったのもあって、常連さんばかりで一見さんは滅多に見ない店で、一見さんが来ても社長オーナー)の紹介で来た人でなければこのめちゃくちゃなルールプラス三味線の嵐で毟られていなくなってしまうという事が多かった。

社長は見るから悪人面で、得体の知れない迫力があり、ヤクザの人たちから金を借りていたりした(後にこれが引き金で夜逃げする羽目になったんだと思う)

そんな社長も客の一人として打っていたし、お客さんの中には小指がない人とか、見るから成金みたいな人とか、美女はべらしたホストみたいな人とか、深夜までやってる飯屋のおばちゃんとか、タクシー運転手とか、まあいろいろでとてもスリリングだった。

僕はまだ学生で若かったので、社長からママ社長の女)からも可愛がってもらえたし、ほとんどのお客さんからもいろんな意味で可愛がってもらえたと思う(小指のない人にはずっと嫌われていたが)

本当にこの時が一番楽しかった。

気が向いたら、その時の客の事とかメンバーの事とか続き書こうと思う。

2019-11-15

チーズトーストが、柔らかいだと?

一体全体どうしちまったっていうんだ。

チーズトーストだぞ。

自動モードの ”トースト” でふつうに焼いただと。

ピッ で選択するだけだからいちばんカンタンから

食パンスライスチーズをのせて、ピッ ってすればスグできるから

オーブンレンジ操作パネルに ”トースト” って書いてあるから。だからそれを押せばいいんじゃん。

俺が大学に行くために独り立ちして以来、十年以上は離れてた。そういえば正月や盆休みに顔を合わせることはあっても、こうして平日に一緒に生活するのは久々だったよな。

受験勉強ときには、よく夜食を作ってくれたな。いよいよ切羽詰まってた夜、寒い冬。夜中に届けてくれた月見うどんはうまかったぜ。

「おにいちゃんうどんあるんだけど」。ありがたかった。ちょっと出汁が強かった気がしたけどな。

あのころお前は、なんだか唐突料理に凝りだして。俺は不甲斐なくも、いいなあ中学生は暇でなあ、なんて思ってたぜ。のほほんと。

妹よ。

そんなお前は学生時代に唾つけといたイケメンのケツをつついて某メガバンク就職させて、炊事・洗濯その他家事対応させフルカスタムにし、いつのまにか一児の母になって、母親葬式だって兄貴を振り切って手を回してくれて、あらゆるシーンでテキパキと如才なくて、地頭クロック数が高いっつーか、先読みが効くっつーか、PDCAサイクルタイトなのか、人生を回していくスピードのものが俺なんかとは段違いで。何が二人を分けた? 生まれつきの差か? それとも強い目的意識の下のある努力の成果だったのか? いや身につけたスタイルなんだっけか。いつぞやの飲みのときドヤ顔で”注意の節約がコツっすよ”とか言ったっけな? いつもなんか考えてんだよな。やっぱりスゲーよ、さすがは自慢の妹。

そう思ってた矢先。

「娘ちゃんは夫さんに割り当てました」。実家羽根を伸ばして、きょうだい水入らずの平日。世界のどこにでもありそうな、でも欠けていた穏やかな日の、昼食が。

ツナサラダツナ缶のオイルを切っただと? ツナサラダだぞ? そして現れる、柔らかいチーズトースト

母親のお前には釈迦に説法だろう。

糖分多めの食パン

伸びないスライスチーズ

それはいい。我々の生活には現実的な制約があるから。だからこそいまこの瞬間を大事にする。ここにあるものを味わう。妥協ではない。これが生きるということ。日々をやっていくということ。チーズトーストを焼くということ。

”強” ボタンを押して、からな。

カリカリパンに、パリパリチーズチーズトーストイデア

2019-11-05

anond:20191105192039

絹も綿も、ふわふわのまま(家で洗ってますけど)

だけどなぁ。どうしたら虫とかつくんでしょう?ほぼ半年ごとにだして使うじゃないですか

洗って完璧に乾かして、乾燥剤入れて掃除機でぺったんこにする袋で保存すれば大丈夫だけど。

お布団は基本、羽根かな。勝手に調湿してくれるので。

2019-10-11

anond:20191011113545

遺伝子操作くらいせえへんと難しいんとちゃうか。

「平爪で羽根がなく二足歩行」というのは人間の特徴を簡潔に表わしていてさすがプラトンという感じやね。

2019-09-28

anond:20190927041735

一応「黄金羽根の拾い方」という本だと伝えておくよ

若い人が金銭的に逃げ道をつくっておくための本

2019-09-24

anond:20190924093609

4枚羽根ドローンバッテリー問題もあるし人間が触るには危険すぎる問題もあるから人間と同じ空間に同居は出来ん。

クアッドコプタードローン増田デスクコーヒー持ってこさせることができるか?

増田の頭にコーヒーをだばぁして終わりってのが目に見えてるじゃん。

それよっか二足歩行とかの方が良さそうやろ。

2019-09-17

anond:20190917112559

可哀想に。親とか友達とか、誰かに相談できるといい。

自分のために羽根を伸ばすのは大切なこと。きっと力になってくれるよ。

2019-08-15

anond:20190815181313

クジャク羽根が綺麗で大きいオスの方がメスに好かれる

2019-08-04

anond:20190804064541

孔雀羽根みたいなもので、栄養状態の良さを表しているかもね

ケア能力を持った個体ちゃんと形も良くなるよう努力するともいえる

2019-08-02

いかにして紙の売り上げを上げるか

考えてるなぁ

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

2019-07-25

anond:20190725211108

一緒に食べている人間が一緒に食べたくなくなるような不快感を与えないなら、どう食べようと良いと俺は思う。何が高偏差値かなんてのは飽くまでそこにいる人間の選好基準によるので。

古代ローマ貴族美食を思う存分食べんがために、満腹になるとクジャク羽根を喉に突っ込んで胃の中の食物を吐き戻し、再び食事したという。彼らにとって、それはアリだったのだ。

2019-07-24

生命デザイン・・・からちょっとそれて、代替食材としてのイナゴ

東京大学大学院講義「問いを立てるデザイン」で細胞培養による人工肉に関する様々な課題を取り上げる講義を受けた。講義テーマは、人工肉を培養する際の技術的な側面と、その倫理的観点(たとえば、培養した生命を頂くことはありなのか?など)であった。個人的にも、「試験管で培養したお肉はなんか嫌だな〜」といったところであるとはいえ講義内でも説明があったが、今後も我々が安定してお肉にありつけるとは限らない。世界人口は増えていくし、その一方で、畜産従事者は減る一方。そこで、お肉を我々が安定的摂取するための代替手段ひとつが、人工肉というわけである

 一方で、栄養バランス観点から見れば、タンパク質摂取できれば良いのであるから、必ずしもお肉に頼る必要はないのかもしれない。

 タンパク質を得る一つの例として、個人的昆虫食に注目している。子どもの頃、祖母に作ってもらったイナゴの炒め物は大変美味しかった記憶がある。何故日本人イナゴもっと食べないのか。実は、そこを私は非常に残念に思っている。世界的に見ても、昆虫を食する国はアジアアフリカに多く存在する。数年前に中国新疆ウイグル自治区旅行した際は、サソリの揚げ物を提供された記憶がある(見た目の都合上その時はとても食べられなかった)。

 そこで、講義の主要テーマからは(大きく)はずれることになるが、人工肉と同じように将来の我々のタンパク源を担うであろう昆虫食を本文では取り上げる。その中から日本で昔から食べられてきた我々(私だけ?)に馴染みの深いイナゴ料理について、3種類ほど紹介することとした。

その1:イナゴ佃煮

(参考 https://cookpad.com/recipe/4246461

イナゴの食べ方の定番。少し甘みを感じるもの一般的な様であるネット上の感想を調べると、サクサクして美味しい、エビ尻尾の様だ、と高評価が並ぶ。Amazonでも購入可能な様である。私も食べたことはない。

その2:イナゴの炒め物

(参考: https://www.muji.net/camp/contents/tech/activity/being/d/d103.html

 

イナゴを茹でた後にさっと油でカリカリに炒めたもの。私が子どもの頃食べたのはこれである。「これは天然のかっぱえびせんだ!」と思った記憶がある。目を瞑って食べると、とても美味しい小エビ唐揚げと間違えるはずだ、と自信をもって言える。後ろ足と羽根が固くて美味しくなかったので、予め取り除いてから調理することを勧める。

その3:イナゴパスタ

(参考:https://www.narinari.com/Nd/20130521693.html

6年ほど前に一部で話題となった昆虫食パスタ。なお、提供していたお店はすでに閉店している。閉店の理由として昆虫食が影響しているか不明である

人工肉と同様に未来食材の一つとして期待される昆虫食のうち、個人的に思い出深いイナゴ料理についてここでは紹介した。周りの友人に「イナゴを食べたことがある」「イナゴ結構美味しい」という話をすると、殆ど場合ドン引きされる。だが、ほんの70年前は普通に我々の祖父祖母が食べていた食材であるし、日本の伝統料理の一つと言っても過言ではないと考えている。また、世界的に見ても多くの人々が食していることからイナゴ食材としてポピュラー存在とも言える。個人的感覚では、我々が昆虫を食べていることを気持ち悪く思う感覚は、日本人が魚や生卵を生で食べていることを「うげっ」と思う欧米人と似たようなものではないかと思っている。要するに、我々も海外の人からすると気持ち悪いと思う食材普段から食べているわけである。結局これは、先入観固定観念がすべてではないかと思う。欧米人が生魚ののった寿司を喜んで食べ始めたのはほんの10数年前と思うし、きっと10年もすると、我々も喜んでイナゴを食べているようになるのではないだろうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん