「非対称性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非対称性とは

2022-05-17

anond:20220517234850

長文に1行レス返ってきて釣れたってのは非対称性過ぎるんじゃw

2022-05-16

anond:20220516165700

人数の話?

国立社会保障・人口問題研究所統計によると、30代半ばまでの童貞率は4割を超えているし、交際経験がない男は女より多いという、男女の非対称性があります

2022-05-12

anond:20220512222553

頭悪すぎw

鉄やアルミや樹脂の輸入原材料費でせいぜい20万円の素材が200万円の車に化ける

10倍もの非対称性を得られる高付加価値品を作れる国が最強で

付加価値の低い1次資源しか産物がない国は悲惨

ベネゼエラとかロシアとかな

あと円高がーって馬鹿いるけど

ドル100円→120円で

車の原料費20万→24万

車の販売代金200万→240万

36万も儲かります

2022-05-10

もしもとうふが男なら

セックスボランティア自称する20代前半フツメン男性が、抱かれ志望の40代喪女アポを取って待ち合わせするも

散々塩対応された挙げ句約束をすっぽかされる…


これ、絶対フェミ激怒フツメン男性ボコボコにされる案件だよね?

女性気持ちを弄びやがって!!キー!!!!」ってさ

非対称性がきついですわ~

2022-05-09

anond:20220509160433

全くですよね。2016年まで男性強姦罪(今の強制性行罪)被害者ゼロだったという非対称性がある中で平等議論できないです。

たわわに怒るのはキモオタが嫌いだから園子温に怒らないのは強者男性から、なんてことはない

園子温が「100%有罪」ってどこの異世界

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20220508104059

 

の本文やブコメ示唆されてる話ね。

「たわわだけに騒ぐのは、たわわを好むキモい非モテ男性に対する嫌悪感作品にも感じて叩いてるんだろう、園子温地位財産と才能をもつ強者男性クリエーターキモくないかスルーするんだろう」なんて穿った見方をしてる人たちがいるけど、

 

そんなことはない

 

そこまで考えてない。

たわわの広告生活してて自分の目に入る(可能性が)あって、現実離れした男に都合のいい妄想女を見ると不快から無くすことは大事で、園子温(をはじめとした映像業界人)は自分生活していく中で今後一生関わることはないだろうから関心が持てない、という単純な話なの。

仮に園子温と関わることがあったとしても、彼の性的要求対象になるのは美しく容姿の優れた女優女優志願者だけで、私のような頭でかくて足短くて等身低くて寸胴で胸もない十人並みな容姿の女なんて手を出す対象にならないだろうしね。

から自分被害が及ぶ可能性がないから、どうでもいいの。

日本人口1億人の半分の5千万人の女性のうち、映像業界人から被害にあう可能性のある女って、せいぜい数百人単位でしょ。しか無作為抽出でなく、女優になれるほど(目指せるほど)優れた容姿をもってる人だけで、世の大多数の女性にとっては全く関係ない話。

からみんな騒がないんだよ。

心の暗い部分の話をすれば、被害にあった女優達は、これまで優れた容姿でさんざんいい目に合って容姿メリット享受してきたんだから女優を目指せる、ていうのもメリットの一つだよね。私は子供のころから鏡を見て自分女優になれるかもしれない、女優を目指そうなんて気は全く起こらないもの)それくらい受け入れたら?嫌なら最初から私みたいに冴えない男と妥協して結婚して時給千円でスーパーレジ打ちパートを一生すればいいじゃん、て思ってしまう。

私がどんなに努力しても生まれ持った顔と体型で女優になれる可能性は0%だけど、女優たちはレジ打ちパート明日からでもなれる。そういう非対称性がある。私は持たざるもの彼女らは大きな魅力を持って生まれ強者女性で、それだけで同情心が消え失せてしまう。

ざまみろまでは思わないよ。そこまでひどくはない。ただ世の中ってやっぱりバランスとれてるんだな、くらいの感覚

こういう感覚、表には出せないけど、多かれ少なかれ多くの女性は持ってると思うよ。

から女性相手商売してるハフポストが、ふだんは性的搾取かにうるさいスタンスを取ってるのに、この問題には触れないんでしょう。主要な顧客にとってはどうでもいいニュースから

2022-05-05

「1800万円騙された」30歳被害女性が明かす 急増中「パパ活詐欺の手口

https://news.yahoo.co.jp/articles/50e27ddfd87f612e35ed379e682c97226bbd2f63

肉体関係を持つことを対価を受けて行うのであればそれは売春だろ。

ではこの売春違法なのかどうかだが、日本では不思議なことに買春防止法によって買うのは違法だが売るのは保護対象となっている。

売る分にはいいですが買った人は違法になりますというわけのわからなさだ。

売る人は立場が弱い人とみなされるから保護されるなら、そんな保護対象になる人を買う側も合法にしないとダメだろ。

そしてこの非対称性パパ活における変な状況を生み出す。

ようは「買うやつ=違法行為を平気でやる程度の倫理観の持ち主」ということなわけで別にだましたって平気なんだろうなって思うわけだよ。

パパ活をやっている女性にいたいのは、あなた相手しているそのパパとやらは法律なんか普通に無視できるような奴らだぞ、ということだよ。

でもさ、パパ活やるような人の中で社会的立場が余りにも弱くて売らざるを得ない人っていうのがどのくらいいるんだろうというのは疑問だ。

きちんと売買春についての制度を作れよって思うんだよな。

これはたぶんだけど、「もし合法なら買ってみたい」っていう男性はそれなりにいるだろう。こういう人たちは「違法から」とか「法的にどうなのかの確信がないから」買わない決断をするし、そういうきちんとルールを守れる男性マーケット顧客として進出してくれたほうが業界としても健全になるだろ。

こういった業界健全化ではない、その業界ルールに従って運営され、顧客ルールを守ってきてくれるという意味での健全さだからな?

早くこの変な状況を解消してほしいって俺は思うわ。

2022-05-02

マイノリティの反撃にだけ厳しい人たち

先日、「美術館が「差別主義お断り」という張り紙を出していた」というツイートがバズっていた。以下のリンクがそれである

https://twitter.com/tamago_sukidesu/status/1520608613127008256

このツイートリプライ引用を見ていると、以下のような「冷やかし」のようなツイートが実に多い。

大別すると

ミサンドリー男性嫌悪)が入っていない。男性差別には賛成するのか?

②今まで排除される側だったマイノリティ他人を「排除」して楽しいのか?

といったものだ。


もういつもいつもこの手のカスみたいな意見を見て、しかもどうやら本人たちは上手いこと言ったつもりらしくてウンザリなので、改めて反論しておきたい。


ミサンドリー男性嫌悪)が入っていない。男性差別には賛成するのか?

→それで言えばイスラム恐怖症とか学歴差別とかここに書かれていない偏見差別は山ほどあるけど。あなたはこの看板を見て

 「なるほど、同性愛差別ダメだけどイスラム教徒の差別はオッケーなんだな」とか思います

 普通は思わないだろ。そこで敏感にミサンドリーの不在だけ読み取ってしまうのはなぜなんでしょうか。

 男女関係でいえば歴史的女性被差別層だったわけで、反差別文脈ミサンドリー反対よりまずミソジニー反対が出てくるの、そんなにおかしいか

 こういう人たちがBLMに対して「アジア人人権擁護しろ」とかイチャモンつけてたんだろうと考えると勝手な納得感はあるよ


②今まで排除される側だったマイノリティ他人を「排除」して楽しいのか?

→一端冷静に考え直して欲しいんだけど、「感情的理由に基づく差別」と「「全ての人間平等権利を持つ」という理念ベースにした反差別」が、本当に同じものに見えるのか?

 自分が極めて差別主義者に優しく、差別する人の肩を持っている自覚がある?


 こういうことを言う人たちって、学校イジメで例えるなら

普段イジメは完全に無視するくせに、いじめられっ子が反撃するやいなや高速で駆け寄ってきて「君は今暴力を振るったよね。暴力を振るった自覚はある?」「今君はいじめっ子と全く同じことをしたわけだよね」とか言い立てる人」

なんだよね。そのくせ自分中立立場で冷静にものを言ってるという自認なわけ

でも実際には「差別に対する抗議」を差別に仕立てることで、「たしかイジメは良くないけど、イジメ被害者がそれに反撃するのは「イジメっ子イジメ」だから平等に悪だよ」みたいなことを言ってるんだよ。

頼むからその行動力最初差別した人に向けてくれませんかね。


追記

いくつか頂いた反応・意見について自分意見記載しておく


ミサンドリーミソジニー対義語なんだから無いと不自然と感じるのは当然では?

別に対義語からというのは理由になってないでしょ。じゃあホモフォビアがあるのにヘテロフォビアは無いのはいいんですか?

 この手の話をする際に重要なのはマジョリティマイノリティ非対称性で、人種差別トランス差別ホモフォビアミソジニーも、ぜんぶマジョリティからマイノリティへの差別なわけですよ

で、マイノリティがその差別に対抗するためにこういう言説を持ち出すわけでしょ。だからマイノリティ目線の主張の方が優先度が高いのは何もおかしくない。

 こういう話の時に「マイノリティマジョリティ差別するのは許されるんだよなw」みたいなことを言う人がたくさん出てくるわけだけど、もちろん許されないですよ。明言しておくと当然ミサンドリーだって許されない。

 でもそれって「当然マイノリティ差別は許されない」という大前提があってのものでしょ。「差別に反対するくせにミサンドリーに反対してない、はいアウト。やり直し」みたいな態度は何様なんだよ。

 「どっちもどっち」的な構図に引きずり込もうとする意図が見え透いているんだよな。


・「症状」という表現不適切では

→これはその通りと思う。それにこういった意見は多かったので最初から取り上げるべきだった。

 改めて記載しておくと、差別偏見といった人間思考をあえて病状に例える必要は無いと思う。

 根拠がないし、そういった思想が何らかの精神疾患とセットになっているケースはあるのかも知れないが、それは個別のケースに過ぎないので。

 それをあえて病状のように記載すべきではない。


女性男性より数が多いのでマイノリティじゃないのでは

→じゃあ世界で一番人口が多いのはアジア人からあらゆる白人マイノリティ弱者になりますね。


追記2

深夜に書いたせいか重要なことから抜けている。コレを最後追記にしたい。


内心の自由侵害するのはどうなのか?

→これは重要ことなんですが、あなたがもし「内心ではめっちゃ差別してるけど、言動には移さない人」であれば、あなた差別主義者ではありません。

 

anond:20220502183637

本能的にしょうがないんじゃないの

女性側は自分が望まない妊娠はしたくない。

男性側は女性女性が望まない妊娠をさせたい。

この非対称性根本的な利害の不一致がある限り「闘争」にしかならん。

2022-04-29

BLと腐フェミと反フェミと表自戦士 の自分脳内整理メモ

ここの文化知らんけど便利そうだったのでメモ帳替わりに認識できた範囲で書いてみる 多分結構間違ってる フェミ嫌いの男性引きニート視点

事の発端

たわわ騒動で色々騒がれる所にBL作家作品が不健全図書指定を喰らってツイで愚痴っていた。

ただその作品内容が男性向け作品視点だとどうみてもアウトなうえ、作家男性向けの規制肯定する立場だった。

フェミニストの人がBL男性向け作品規制の差は性差別だと主張。

たわわの広告程度が騒がれてた一方、白抜きとはいえ性器や性行為類似行為が描かれる作品が「一般向け」に出されていた。

行政指定を受けるのは当然だし、なんでBLはこんな緩いの?となる。

んで、BL書籍にも男性向けと同等のゾーニング必要なんじゃないか

ただゾーニングとなると自主規制とはいえ規制の強化となる。表現の自由を守りたい人(表自戦士なんて言われてもいる)的には規制には反対。

BLは表自戦士理念的には守る対象なのだが逆に腐女子萌え絵作品を守ってきたのか、となるとかなり微妙

ここ十年の萌え絵叩きに加担する腐女子結構認識されており、萌え絵を叩いてたフェミニストがBL好きを公言しているのも確認

萌え絵性差別助長だなんだ言ってる一方BL問題ないとするフェミニストの意見を「BL無罪なのだ認識する反フェミ

フェミ論調BL助けないなら萌え絵だって助けない、とする腐女子もいるが、反フェミ的には萌え絵はずっと殴られてるねん何を今更、といった感じ。

BL規制するより逆にそもそもの成人規制をなくそうよ、という腐女子や表自戦士もいるが、そんなこと主張したらもっと世間に叩かれ大打撃を受けるだけだというのも人もいた。

界隈認識

フェミニストと表現の自由戦士はかなり混じっている。表自戦士萌え絵を叩くフェミニストに怒り心頭だし

同様に腐女子フェミニストと女性の表自戦士結構混じってると思われる。ただ、腐女子萌え絵叩きに反対する、ってのが公言しにくい環境にあるっぽい。

女性蔑視をするオタク普通にいるように、男性の趣向を拒絶する腐女子も相当数いるっぽいし、なんなら男性趣向に共感する女子迫害する流れもあるらしい。

まぁ腐女子界隈がカプの隠語での区分同担拒否解釈違いでの争いなんかを聞く限り、集合と離反が多くあるし争いの種を極力なくそうとする感じがあるんだろう。

また二次創作界隈と一次の商業BLでの隔離もある。同人BLだと逆にゾーニングは厳しい。商業BLのことを他人事だと思ってる二次創作腐女子も多いだろう。

自分現実認識

まず東京都青少年健全育成条例?の改正での大騒ぎは10年以上前の話であるロボット少女の表紙が問題になったやつより前なはず。

当時の条例改正反対の動きの時、たしかBL視点での反対を言っている腐女子の人がいたのを少し覚えている。が10年以上前のことである

当時共産党含め野党系が反対の立場にいたが、今となっては共産社民表現規制を叫ぶ立場になった。

健全図書指定基準特に変わったという話は聞いていない。BLが一番やばかったのは昔から同じだ。

条例文言には不満があったが、委員会議事録が残ってるはずだし、議事録内容がやばいみたいな話は聞いていない。結構委員会みんなちゃんと読んではいた。

健全図書指定BLが多いのは、男性けがとことん自主規制区分けをした後だから、ってのが理由だと思っている。エロ雑誌くっそ分厚くなってるらしいし。

思ったこ

商業BLゾーニングするかは出版社次第である

性的な内容を自主規制ゾーニングすれば不健全図書指定回避できる、が一般流通は無くなり販売は厳しいものになるだろう。

ゾーニングしなければ一般流通に流せるが、内容がそのままなら定期的に不健全図書の生贄がでる。そもそも行政的には一般向けで内容がアウトなら出版社の都合など関係ないのだ。

ゾーニングするのが正しい正しくないとは別問題で、出版社の力量と覚悟ゾーニングするかが決まる。

ただ不健全図書指定以外でゾーニングする社会的利益的な理由がなかった。今まで「BL書籍は不健全」みたいな社会的圧力が無かったのが男性向け書籍との違いである。

ただコンビニのレディコミがコンビニエロ撤退の際同時に消えた、みたいに男性向けの規制女性側にもかかるのは普通にある。

腐女子フェミニストについて

腐女子という人達内向的性質上、政治的意見を主張する人は出てきにくいだろう。逆にフェミニストは政治参加をすんごくする人達ばかりだ。声がでかい

なのでBL趣味だと公言するフェミニストが政治的腐女子代表みたいなことになっている。彼女らは声がでかい上に地位も持ってるから主張が通りやすい。

実際問題そのフェミニストがディープ腐女子なのかというと違うのだろう。ただ愛好家なだけ。ディープ腐女子だったらそもそも本名での発言とかできなさそうだし。

ただ多くの腐女子がそのフェミニストを否定してたかというと、否定はしてないというか興味ないというか気が合う部分だけは乗っかるとか、かなり曖昧

(ただでさえジャンル・カプ間の争いがあるのに)争い事の種なんて出したくなかったのだろう。

んで一緒になって萌え絵批判している腐女子アカ、という形で反フェミ批判対象に入っている。

自分考えまとめ

正直腐女子フェミと同一視はしたくないし敵視したくもない。明確な区分すらほしい。だが腐女子さん達は無責任だとも思っている。

もし仮に腐女子さんたちが助けを求めてきても、萌え絵叩きの時声一緒に攻めて来なかったか?とか思うし

ゾーニングに関しては、男性向けは都条例対応してきたよ、BL側も頑張ってね、としか言えない。それ以上の対応そもそも知らないのだ。

規制は不合理な部分があるけど、規制をなくすみたいな方向性議論は今そんなこと言える社会的状況じゃないし(こちとら一般向けのラブコメすら叩かれているのに)

そもそも男性向けの規制には賛成してた腐女子いたのに、BL規制は助けてみたいな非対称的論調には賛成できない。

男性向けの規制BL規制非対称性について、えーこれ許されていいのー、と思わないわけでもない。

ただ確かに10年前、都条例に反対する腐女子の声を見たことがあるのだ。そういう人が少なからずいることを信じたい。

ポリコレフェミニストによる表現否定に対抗できる意見を出してくれる腐女子がいればいいなー、と思う。

理想論山田太郎的な旗印がいれば最高なのだが、それが腐女子代表として扱われるか微妙しかなり難しそう。署名活動とか意見書でもいいのかな。

あと個人としてぶっちゃけBLゾーニング適当にしててもいいと思っている。定期的生贄は出すだろうがBL読まない人にとっては無理にゾーニングする必要を感じていない。見なきゃいいだけ。

定期的な生贄が嫌だとなったらそりゃゾーニング頑張ろうねってなるけど。男性向けはすでにゾーニングでの撤退戦をしまくった後なのだそもそも戦い方を自分は知らない。


慣れない長文書からめっちゃ疲れた

2022-04-28

anond:20220428133146

そこがツイッター非対称性というやつで、

呟いた人は独り言のつもり。

読んだ人は、人通りの多い交差点で、街宣車スピーカーから大音量で絶叫しているように思ってしまう。

口に出す のニュアンスが全く異なるという。

2022-04-24

anond:20220424224344

質が違うよねって意味

横だけど、質が違うのは男女の性欲ってことだぞ。

女の性欲はOKで男の性欲はNGというのはそれはそれで一つの考え方だけど、それを採用するならそういう棚上げと男女の非対称性肯定したということにはなる。

2022-04-22

anond:20220422182011

から性交経験の男女の非対称性はとんでもないことになるだろうね。

そして、それを認識するのは女が息子を産んだときだけ。

anond:20220422131221

そういう非対称性を目にした時に自分で声を上げるんだよ

バカにされたりスルーされても

2022-04-20

恋人のいる未婚女性が5割 、恋人のいる未婚男性が4割

統計では年々、その差が開いてく傾向にあります

さてそれはなぜでしょう?

自由恋愛における男女の非対称性問題難易度レベル1の問題です。

女向けの漫画の男だってお互い様だとか言うけれど、男向けが未成年少女の肉体「のみ」に異常な執着を見せるのと違って

女向けの漫画の女における都合の良い男っていうのは同世代かそれ以上の「イケメン」であって、さらに見た目だけじゃなくて内面的な魅力も重視されてるでしょ

都合の良さの種類が全然違うんだわ

たまーーに社会人女性未成年少年恋愛ものがあってもそれはあくま精神的な交流が中心であって

若い肉体ゲヘヘ」に終始するようなものはまずないんだという非対称性

2022-04-18

anond:20220418173939

狭い部屋のクローズド議論なら「あいつの発言は低レベルすぎる。同類だと思われるのは恥ずかしい」というコンセンサスを場全体で作ってしまえば済むんだけどねえ

ネットはそういう力学が働かないんだよなあ

ボトムズ無限にいるし、正確で誠実な検証よりも歪曲された事実のほうが無数のオーディエンスにはよく響く

そのせいでSNS流れるめちゃくちゃなデマの訂正にその道の専門家の労力が奪われるという事態が頻発している

この非対称性ってどうしたらいいんだろうねえ

あるテーマではトップでも別のテーマではどう見てもボトムズじゃね?って人もいくらでもいるもんなあ

自分の培ってきた専門性だの常識だの価値観だので正しく解釈できるような物事なんてごくわずかなんだよなあ

だって自分では気をつけてるつもりだけど、やっぱりボトムズなんだろうなあ

2022-04-16

性の話、男女の非対称性がでか過ぎるんだよね

体格と、腕力と、性的に求められることのリスクと、射精生理妊娠と、性的加害/被害実体験の数とで差があり過ぎて、議論が難しい

2022-04-14

男性学」が広まらないたった一つの理由

自責志向から

フェミニズム流行った理由はその逆。

他責志向から

男性学フェミニズム男性への移植手術による産物で、

フェミニズムの「他責=男のせい」は、

男性学だと当然ながら自責になる。

片方の性の思想をそのまま移植したため、当然ながら全く非対称の思想になる。

男性学を指して、フェミニズム信奉者はたびたび「フェミニズム/女性がやっているような」と言うが、

その人は他者に対する想像力の欠落した人間か、

男女の非対称性他責自責世界観を完全に受け入れている人間なのだろうな、と思う。

2022-04-12

anond:20220412172834

恋愛市場における男女の非対称性はいろんな統計で明らかになってるよ。

統計上、女は平均して3股されてる一方、男は一生恋愛しないことも珍しくない。

2022-04-08

anond:20220407221739

今回の件をはじめとした「不適切表現だ」とクレームがつくケースでは

掲載側は加害の意図はないのに対し、クレーマー側は掲示物のターゲットとなるような人たちに対して明確に悪意を持って発言をしているという非対称性がある

2022-04-03

anond:20220403031136

見出しと改行を知らぬ哀れな子羊よ反省しなさい

■いい人はなぜ女に選ばれないのか

はじめに

優しくていい奴はモテない、とことんモテない。

これはいったい何故なのだろうか。

いや、そもそも優しくていい奴こそがモテるに決まっているだろうと思う人もいるだろう。

女の子に好みのタイプを聞けば当然のように「優しい男」がまず挙がる。

実際、女の子からは「暴力を振るう男は絶対無理」、「チャラい男は苦手」、「浮気をする男なんてサイテー」という言葉もよく聞くだろう。

やはり優しい男こそモテるのではないだろうか。

これはとんだ誤謬である

女は決まって優しい男が好きだと言い、優しくない男を侮辱した言葉を使う。

だが現実彼女たちは普段どんな男を選んでいるだろうか。

あえて直接的な表現を使うならば、彼女らはどんな男とヤってしまっているだろうか。

そもそも暴力を振るう男が最低と言われるのは、男に暴力を振るわれたか、そういう男の存在が身近にいたからだろう。

まり、わざわざ最低であると言われる程度には女と深い関わりを持っているのである

これは浮気をする男やチャラい男についても同様で、女側が浮気をされたり、チャラい男に遊ばれたり、もしくはそれに準ずる体験をしたからこそ、そういった男たちが悪く言われるのだ。

まるでそういった所謂悪い男」たちの肩を持っているように思われるかもしれないが、伝えたいことの本質はそこではない。

女に暴力を振るってしまうような悪い男でも、女性から男性として認められ、身体関係交際関係を許されている時点で、男性としての魅力やモテ力という意味においては、優しくていい人だけど恋人とは違うかもなんて戯言を言われ続け、交際セックスへとたどり着くことのできない「いい奴」よりも数段格上であるという事実なのだ

ここまで言ってもおそらく、ほとんどの人間はこの事実を認めようとはしないだろう。

特に女性と、女性に媚びてしまっているタイプ去勢された非モテ男は絶対に認めることはない。

もしくは仮に認めたとしても、「正しいかもしれないけどそんなことを言って何になるの?」と決まりの悪い顔をするだろう。

実際は人間の幸不幸を決めかねない、とてつもなく重要問題であるのにも関わらずだ。

しかしこれは本能に裏打ちされた感覚であるため、それは仕方のないことである

理屈によって議論を進めることもできるが、ここではまず、あえて例を挙げつつ「優しくていい奴はモテない」という現実直視するところから始めていこうと思う。

優しい男の悲惨

男女の集まりでよく見かける光景の一つとして、男の彼女いないアピールとそれに対する女性側の慰めがある。

「○○くんは優しいし、いい人だから絶対すぐ彼女できるよ」、こんな言葉を聞いたことがある人や、言われたことのある人もいるだろう。

ここでまず疑問に思われるのが、じゃあそれを言っている女の子はなぜその男彼女に今すぐ立候補しないのだろうかということだ。

そして、優しくていい人であるはずのその男には今現在なぜ彼女がいないのかということである

この疑問に対する答えとして、「いい人だと思うかどうかと恋人にしたいかどうかは違う」だとか、「その女の子別に恋人を欲しいと思っていない」だとかが考えられるが、これらは建前でしかない。

「単なる社交辞令」というのも正解のようで説明がしきれていない。

この疑問に対する解答として的確なのは、「そもそもその男男性としての魅力や雄としての力が一ミリもない」だろう。

男性としての魅力がないか女の子から彼氏にしたいとは思われないし、雄としての力がないか彼女を獲得するだけの行動をすることができないとすると、完全に説明がつく。

そもそもの話をすると、女性の前で彼女ができないアピールをするのは恋愛的な面では百害あって一利なし言語道断な悪手である

自分には男性としての魅力がない」ということをわざわざ表明しているようなものなのだ。だからこそモテない奴は、その言動によってよりモテなくなる。

モテないスパイラルに陥ってしまうのである

一度女性の言うことや、一般的常識から抜け出した視点現実を見てみよう。

大学課題に困っている女の子課題を教えてあげている優しい男はその子と付き合えているだろうか。

デート代を毎回払って三回目のデートで誠実な告白をした男が振られているのを見たことはないだろうか。

「優しい人なんだけどね」と女に陰で言われている男を見たことはないだろうか。

筆者は女の子死にたいライン一年間ほど精神をすり減らしながら優しく慰め続けた経験があるが、ついぞ男として見られることはなかった。

一方で、一見不誠実な男たちを見てみよう。

チャラついた男の経験人数が何桁もあったり、サイコパスな男でも彼女が出来ているのを見たことはないだろうか。

女性に対して舐めた態度をとっているのに、なぜか自分よりモテる男を見たことはないだろうか。

自分の方が真面目でいい奴なはずなのに、何人もの女性から選ばれ浮気をしている男を見たことはないだろうか。

学生中にデキ婚する男を馬鹿だと見下しつつ、そんなことができる相手がいることを疑問に思ったことはないだろうか。

仲のいい女の子が明らかなクズ男の沼にハマっているのを見たことはないだろうか。

こういった、一般的常識女性意見現実との乖離はなぜ起こるのか。

これを説明する答えは単純明快だ。女性本能的に優しくていい奴には男性としての魅力を感じないようにできているのである

しかしこういった疑問を持つ人もいるはずだ。

「ではなぜ口では優しい人が好きだと言うのか」、「女性本能的に優しい人に魅力を感じないのであれば、その形質が現代まで保存されているのはおかしいのではないか」と。

これについてはgood genesとgood dadの概念や、男と女での形質の非対称性によって説明できる。

ヒトも遺伝子乗り物である

まず第一に、人間だって動物なのである

どれだけ文明が発達しようが、理性を持っていようが、ヒトは動物であり種を保存しようという性質があることは事実だ。

ずっと遡って、言葉ができ始めたぐらいのちょっと賢いサル時代のことを考えてみよう。

ヒトは通年繁殖可能であり、今で言えばナンパのように見知らぬ個体に声をかけて性行為交渉していたのだろう。

そんな環境では自分から声をかけられなかったり、雌に対してグイグイ押していけない優しい個体はきっと性行為にありつけなかったはずだ。

逆にレイプまがいのことをするような個体の方が遺伝子を残せていたのではないだろうか。

しかし、群れの繁栄という意味で見た場合は、優しい個体にも有用性がある。

群れが存続するためには新しい世代を育てなければならない。

産むだけであればなりふり構わず行為を行う形質のみが有利に働くだろうが、子育てとなると母性や優しさや、育て続ける誠実性も重要になる。

セックスのことしか考えないような個体ばかりの群れは近親相姦によっても崩壊するだろう。

なぜ雄が雌に求愛するという仕組みができたかはわからないが、そういった仕組みである以上、優しさや誠実性といった形質は、雄に受け継がれた場合遺伝子を残すのに不利に働き、雌に受け継がれた場合には子を育てやすいという意味遺伝子を残すのに有利に働く。

この雄と雌での形質の非対称性によって、強い雄の性質であるオラオラ形質と、弱い雄や良い母の性質である優しさ・誠実性形質が絶妙バランスを保って保存され続けてきたのだとすると説明がつく。

弱い雄が遺伝子を残せなくても、良い母が遺伝子を残すことによって優しさや誠実性といった形質も保存され続けるのだ。

運が良いのか悪いのか、弱い雄に生まれてきた個体は、おそらく本人は子を残さずに群れの子もの世話役をしていたのではないだろうか。

これが所謂、good genesとgood dadの関係である

良い遺伝子であることと良い親であることは異なるのだ。

そして雌は雄の性質本能的に嗅ぎ分けており、遺伝子を残す(=性行為)に値する個体かどうかを見極めているのである

この仕組みは現代でも変わらない。実際、托卵(遺伝的な子ではない子をそうだと知らずに育てている)の割合日本では20人に1人程度らしい。

これを聞いてそんな酷い世界があるかと思う人もいるかもしれないが、むしろ現代社会は弱い雄に優しく、弱くても子を残せるようになっているぐらいなのだ

皆婚制度や一夫一妻制なんかは、強い雄が女性を独占できないようにする、まさに弱者男性を守るための制度である

文明の発達によって誠実さのある人の方が仕事で成果を出して収入を得ることができ、結果として結婚などに結びつくようになっている。

だがしかし収入肩書き、優しさや誠実性が評価されるのは女性結婚を焦るようになる30代前後での話であり、しかもそれは肩書きを抜きにした男性的な魅力を評価しているわけではないのである

少なくとも大学生や社会人になりたてぐらいの時期では強い男の方がモテるし、優しくていい奴がモテることはないのだ。

そして雄としての力が弱い状態結婚をしても、十分に女性を魅了することができずに不倫や托卵をされるという事態につながることもある。現実残酷だ。

そして現実は優しい男なんて選ばないのにも関わらず、優しくていい人を褒め称えるような行動を女性はとってしまう。

これも群れの繁殖に都合がよいかなのだ。強い雄はその強さ故に群れの和や秩序を乱してしまうし、そんな暴力が完全にまかり通ってしまっては群れが崩壊してしまう。

一部の強い雄の遺伝子を残して弱い雄に育ててもらうという戦略女性本能で取り続けているのだ。

実際に言葉説明できる女性ほとんどいないだろうが、それを感覚理解しているからこそ、男を優しい非モテに仕立て上げようとしつつも、それを破ってくる男の遺伝子を残そうとするのである

おわりに

優しくていい奴、つまり結婚するにはいいけど彼氏にはしたくない(=遺伝子を残したくない)と思われる人は基本的男性としてモテることはない。

これはヒトという動物が採択した生存戦略に基づくものであり、社会制度女性側に期待をしてどうにかなるものではないのである

男が恋愛結婚といった男女の関係において充実し、人生幸せにするためには、まずこのことを理解しなければならない。

そして強い雄へと成長するしか道はないのである。このことを理解するためにも、男として成長するためにも、行動や実践に挑むことは必要不可欠だ。

最後に、何もクズ男になれとか、ただグイグイいけるようになればいいとか、そんな次元の話をしているわけではない。

優しくていい奴に甘んじて、若いうちに沢山遊んできたけどそろそろ結婚を考えてドキドキを妥協してでもいい人を選ぼうなんて女性の魂胆に乗せられるしか救済のない人生を送るか、good genes性とgood dad性を使いわけて真に好きな女性幸福を分かち合う人生を送るか、その選択の話なのである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん