「ハンドルネーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハンドルネームとは

2018-07-15

自分幼児の頃の呼び名

大人になってから親が口にしようものなら、わーわー大声出しながら走り回りたくなるくらい恥ずかしいのに、SNSハンドルネームにするなんて、正気の沙汰じゃないぜ。

2018-07-10

俺だけのアイコンだと信じていたもの有名人に先を越されていた

ハンドルネームに由来があった。

その由来こそが自分だけのアイコンだと信じていた。

でも俺がその名前を名乗るよりも前に、既にそのネタ有名人が使っていたことをある日知った。

俺だけが持つ俺だけの物だと思っていたものにはベッタリと手垢がついていた。

ショックだった。

もしも俺がこのさき有名になって、ハンドルネームの由来を語っても「有名人のAさんのファンなのね」という扱いにしかならないだろう。

俺を意味する記号だと信じていたものが失われた。

平凡な本名などとは違う、正真正銘IDだと信じていたものが無くなった。

名も知られぬ誰かでありながらも、唯一無二たる己を意味できる名を持っていることだけが誇りだったのにそれは最初から存在しなかったんだ。

俺は……誰だ……。

2018-07-05

私は映画が好きだ

フィルマークスというアプリがある。見た映画を記録したり、レビュー投稿したりできるサービスだ。映画好きの友達にすすめられて、私も最近ダウンロードした。気になる映画情報を得られるのはもちろん、中には結構アツいレビュワーもいたりして、気が付けば数十分アプリに没頭していた。

ふと、最近観たある映画を思い出して検索してみた。評価は5点満点中3.9と、まずまず。レビューを順番に見ていると、あるレビュワーハンドルネームを見て手が止まった。

真冬だったと思う。平日の18時過ぎ、待ち合わせた喫茶店はそれなりに混んでいた。彼の第一印象は、やぼったい人。厚手のコートと黒のマフラーが、その印象を強めていた。食べログで5点満点中3.6と、まずまずの店だったが、残念ながら私はコーヒーの味を峻別する技能を持ち合わせていなかった。もしかしたら、そのせいかもしれない。

「君の服、あったかそうだね」

彼は、私のことをときどき「君」と呼んだ。なんだか古風な話し方で、それもまた彼のやぼったさを加速させている。だけど、彼はユーモアに富んでいて話が面白く、政治思想リベラルだった。好きになるのに時間がかかるはずがない。

彼の性格が好きだった、とはっきり言えると思う。彼と話しているときにふと感じる、この人と私は人間図鑑の同じページに載っている種類だな、という直観が好きだった。彼と話しているときにふと感じる、昔から知っていたかのようななつかしさが好きだった。彼と話しているときにふと感じる、似た者どうしのさびしさが好きだった。彼と話しているときにふと感じる、私たちは結局わかりあえないのだ、という絶望にも似たあきらめが好きだった。彼のやぼったいルックスも、モクモク煙るセブンスターも、大きすぎるいびきも、全然好きになれなかった。だけど、私は確かに彼が好きだったのだ。

彼はときどきうちにやってきた。彼は私をぞんざいに抱いたあと、「君とは身体の相性がいいような気がするな」などと抜かした。私は適当に相槌を打ったのだが、その日は酔っていたので正直なところよくわからなかった。口づけの煙草臭さだけを覚えている。うちのアパート禁煙から、というのにどうしても煙草を吸いたがるので、ベランダに出して吸わせた。真冬だったと思うので、相当寒かっただろう。もしかしたら、そのせいかもしれない。

映画に行こう、と切り出したのは私からだった。観たい映画があったのだ。彼はふたつ返事でOKし、映画の前にお茶しに行こう、という約束を取り付けた。お世辞にもデート向きとは言えず、とうていヒットするとは思えない作品だった。ストーリーが暗いことが目に見えて明らかだったし、主演の俳優も有名ではなかった。今思えば、私がその映画を観たくなったのは、彼と会う口実が欲しかたからに過ぎない気さえする。

待ち合わせはスカラ座だった。真冬だったと思うが私は紙をアップにし、首をすくめながら日比谷線に乗り込んだ。スカラ座の近くにどんな喫茶店があるか調べようと思ったが、私の携帯電話通信速度制限の真っ最中で、調査は難航した。彼に午前中送ったLINE既読がまだ付かないことが心配だったが、それも通信速度制限のせいかもしれなかった。

スカラ座に着いてしばらく待ったが、彼は現れなかった。電話を入れたが、18コール目でもついに取らなかった。先にチケットを買っておこうとしたが、彼の座席の好みが分からなかったからかけたのだ。仕方がないから、とりあえず真ん中のほうの席を2つ押さえた。もしかしたら、そのせいかもしれない。

 真冬だったと思う。土曜の19時すぎ、待ち合わせから1時間経ったが彼は現れなかった。LINE既読は未だに付かなかったし、電話が取られることもなかったが、これはおそらく通信速度制限のせいだろう。友達にこのことを報告すると、それってLINEブロックされてるんじゃない?と返された。友達からLINEが返ってくるということは、通信速度制限LINEの送受信に影響がなかったということだ。ふと思い立ってFacebookメッセンジャーを開いてみたが、彼の名前友達一覧になかった。私はひじょうに混乱したが、昨日したLINEのやりとりは確かに今日約束していた。

プロフィール画像変えたの?かわいいじゃん」

ありがとう、うれしい」

明日スカラ座でいい?」

「うん。14:45からのやつにしよう」

「そうしよっか」

「もし時間あったら、映画の前にコーヒー飲みに行こうよ」

「もちろん!!」

 映画チケットは2枚あったが、1枚はナチュラルローソンゴミ箱に捨てた。わんわん泣けたらよかったのだが、なんとなく泣けなかった。そのままナチュラルローソンに寄って、いつもは買わないちょっと高いコーヒーと、いつもは買わないちょっと高いお菓子を買って、その足でスカラ座に向かった。驚くほど落ち着いた素振りで上映室に入り、買ったばかりのお菓子予告編あいだに食べ切った。映画ストーリーは暗かったし、出演者俳優もあまりよく知らない人ばかりだった。正直、つまらない映画だったと思うが、はっきり覚えているわけではない。驚くほど落ち着いた素振りで家まで帰ろうと思った。乗り込んだ地下鉄が自宅と逆方向だと気がついたときには、すでに15分以上電車に乗ったあとだった。日比谷線アナウンスを聞きながら、ああ自分は捨てられたのだ、という自覚がようやく出てきて、ちょっと笑ってしまった。捨てられたくらいで傷ついたわけじゃない。ただどうせなら、思い切り引っぱたいてから捨ててほしかったのだ。

 

フィルマークスのレビューの中には、彼のLINE IDと同一のハンドルネームがあった。一度見たら忘れられないような、風変りなIDだ。そのユーザーは、私がチケットを捨てた映画に4.0点をつけていた。コメント文章は彼が話している言葉そっくりで、皮肉っぽい言い回しが懐かしかった。

映画なんて全然きじゃないような気分になって、フィルマークスのアプリはすぐ消した。彼はもう一度、私の世界からいなくなった。

2018-07-04

https://mainichi.jp/articles/20180704/k00/00m/040/135000c

福岡県警によると、岡本さんが「Hagex(ハゲックス)」のハンドルネーム投稿する自身ブログなどでは、「ネットリンチ」に相当するような発言確認されていない。

2018-07-01

低能先生複数いる」と西日本新聞が誤解した理由

西日本新聞記事で、「低能先生とはネット誹謗中傷する荒らしの『総称』」との記述があり、otuneが間違いを指摘している。低能先生とははてな荒らしをする特定個人を指す蔑称のことである西日本新聞記事はひどい誤解である

 

批判者の象徴”狙う? IT講師刺殺1週間 容疑者ネット複数と衝突|【西日本新聞

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/429024/

低能先生とはネット上で他人への誹謗(ひぼう)中傷を繰り返す人の総称。「ほんとお前は低能だよな」などと頻繁に書き込むことから名付けられたという。松本容疑者もそんな「低能先生」の一人だったとみられる。

 

ただ、確かに西日本新聞がそう間違えるのも分からなくはない。

低能先生」が「総称」だと誤解する理由も分かるのだ。

そもそもはてな匿名ダイアリー投稿は、有名匿名掲示板のようにハンドルネームの設定もできず、投稿IDも表示されないので、外部から投稿者を特定して識別する確実な方法は全くない。

その状況で、匿名ダイアリーユーザーの一部は、投稿文体文脈から「この投稿低能先生のもの」だと特定して、トラックバックを送ったり、まとめ記事を作ったり馬鹿にしたりしている。

しかし、その投稿が「特定個人である低能先生のものだとする保証は全くない。何となく流れで認められているだけだ。

場合によっては、「低能先生による自作自演のやり取り」だったり「低能先生を装った自作自演のやり取り」だったりするかもしれない。

しかし、そうした疑問を、匿名ダイアリー上で誰も出すことないし、答える者もいない。

そうした「低能先生」を巡る匿名ダイアリー上での狂ったやり取りを見た外部の者が、「低能先生総称で、匿名ダイアリーの中には低能先生として投稿する者が複数いるのではないか」と思っても不思議ではない。実際にそうだったかもしれない。

匿名ダイアリーから飛び出た低能先生が大量IDコールをしてアカウント停止になって匿名ダイアリーに戻ってくる、というやり取りも何となくこれは低能先生だと判断して行われているだけで、匿名ダイアリー上では個別人間だと特定することはできない。

「これは低能先生投稿だ」と鑑定している匿名ダイアリーユーザーにとっては「低能先生」は特定の一個人を指す言葉なのかもしれないが、判断される方からすれば「低能先生」は「総称」になったりもする。

匿名ダイアリー上でちょっと乱暴はてなユーザー批判する投稿を書いたりしたらトラックバックで「低能先生」と呼ばれてしまたこともあったとかなかったとか…。その頃は低能先生が何かは知らなかったから非常に不気味だったとか。

まり、今回の犯人は確かに低能先生」ではあったが、低能先生をめぐる匿名ダイアリー投稿の中で、低能先生認定されてた者は複数いたことは否定できないし、総称として受け取られていたことも否定できない。当時の低能先生をめぐるやり取りを外から見て、低能先生とは総称ではないかと誤解してもおかしくはない。

2018-06-28

自分ハンドルネームを二つに分解するとしたらどこで分ける?

もしもの話ね。

2018-06-26

前にあるSNSでいきなり脈絡もなく絡まれたことがある。

そのハンドルネームは見たことがなく本当に唐突でびっくりした。

自分としてはごく穏便な日記コメントをしてきたつもりだった。

でもその人は罵詈雑言ではなくこいつ日本語勉強中か?的な異国系でもなく強いて言えば自動翻訳機的な。

少しやり取りしたあと運営通報したら退会したらしくその後は音沙汰がなくなったのだが別の意味ですごく怖かった覚えがある。

あの言語はなんだったんだろう。

アレならもう著作権とかないだろうから一部公開しても良いんだけど。

2018-06-25

やっぱり被害者実名報道は悪

Hagexさ、ハンドルネーム本名リンクは親しい人にだけ教えてたみたいなのに本名バーンと公開されてるの気の毒だよ。Hagexの方だけを知っている身としては「なるほど」くらいだけど、本名だけを知ってる中学高校の知人とかにHagexという、ちょっと物議をかもしそうなもう一つの顔許可なく知られてしまうわけじゃん。やっぱ被害者実名報道には反対だわ

2018-06-08

anond:20180608100659

ハンドルネームを駆使するかぎり医者を騙るやつとしか思いませんけどね。香山リカより悪質だと思ってます

anond:20180608092236

2018-05-31

妥協して付き合うということ

恥ずかしながら彼女がいる。

今まであんまりそういう経験はなかった。

違う部署だったがたまたまきっかけがあってよく話をし、お互いオタクだということで話も弾みアニメを見てたら手を出してしまった。俺が先輩で向こうが後輩。年も入社も二つ下だ。

後輩に互いの外見を説明すると、まず自分は取り立てて特徴のない顔をしてる。たまにお笑い芸人キャラの薄い人に例えられたりもする。

向こうは有り体に言って痩せてるオタク女。顔は主観的評価で全くもって可愛くはない。電気消せばノーコンテスト。エラは出てるし、一重だしたまに化粧が下手。

じゃあなぜ付き合ったと言えばメンヘラビッチに捨てられて訳のわから状態であったことや、手を出した責任感やらタダでセックスできなくなる損失感とか正直に申して褒められたものじゃない。

そういう妥協と勿体無さで今に至るんだけど最近思うのは妥協すると相手欠点が心の中でカバーできない。

わがままに振り回されてご飯連れていったり、電車で3時間かかる所に連れていかされたり、挙げ句の果てに理不尽な怒りぶつけられたり愚痴の掃き溜めにされたり、せっかく買ったプレゼント壊されて直せよと言われたり。主観的に話してるので嫌でも恣意的だし、誇張表現は出ちゃうんですけど。

妥協という前提があるとどうしても「妥協してこれかよ」って思っちゃうんですよね。ブスは性格美人みたいな都市伝説ほんとうに伝説なんですね。まだ天狗の方がリアリティあるなと思います。今なら河童に尻子玉取られます

ツイッターにでも書いとけって話なんですけど、ソシャゲのフレンドにさせられてハンドルネームからツイッターアカウントバレてるみたいで書けないんです。馬鹿みたいでしょう?笑えますよね。許してください。

結論から言うと顔とかじゃなく妥協はやめて理想に生きるのが一番メンタル的に気持ちいいということです。理想が高すぎとか言われても気にしないで生きてってください。

2018-05-24

anond:20180524210432

とりあえずブラウザAmazonドライブ開いた。

ドキュメントビデオ写真というフォルダのほかは何もない。

フォルダを作ろうとしてみるが、特にサジェストみたいのはない。

よくわからん。もう少し詳しくお願いします。

 

21時15分

[フォルダー名を入力する]という欄をクリックしたら、自分メールアドレスとか、大昔に一回だけ使ったハンドルネームとかが6個出てきた。

クッキーってやつ?

2018-05-09

ゲーム実況をするのが人間からキャラになっただけじゃん?

そこがどう画期的なのかを説明できる人~~

\(^o^)/ハイハイハイハイ僕はできま~~~す

じゃあ一呼吸おいてテレビの前のキモみ答を考えてみよう

やべっwwキミもと言おうとしてキモみと言っちゃったwww

あいいやお前らキモみ溢れているしな

キモあじはちげーよ「み」だから

じゃあそろそろ答言うか

(´・ω・`)せーの

チヤホヤされてる対象キャラになった事で妬みの感情が薄まったから」

おっ、同じ答か。

(^_-)-☆分かってるじゃなーい

そうなんだよ今までの実況者とかはどんなに正体を隠していても

「Aというハンドルネームを名乗る本名太郎くん」がチヤホヤされているみたいな感じだったんだよ

からどうやっても「A(本名太郎)ばっか人気あってずり~~妬ましい~~~」と感じてしまうわけだ

でもそれがキャラになると中の人チヤホヤされる対象の間に十二分な段差が産まれて結果としてそれが妬ましさを薄くするんだよ。

実際、本人が面白がられているんじゃなくてキャラ面白がられているだけな所はかなりあるしな

ピコ太郎本名知らね)が受けているんじゃなくてPPAPが受けているだけみたいな感じよ

ネット人間嫉妬心が強い奴らが多いからそういう差が結構大きく響いてくるんだよなぁ

のじゃおじも本人が画面に映りながら「こういうキャラのこういうアニメを作っているんですよ。面白いでしょ~~~僕面白いでしょ~~~」とやっていたら絶対ここまで受けなかっただろうね

あくまで「正体不明の謎のおっさんが演じる謎のキャラ」というキャラ最後まで守った結果なのよ

中身が評価されているように見えて実際は、「謎のキャラを演じる謎のおっさん」というキャラとして受けているだけっていうわけ

(T_T)泣けるでーちょっと悲しいでー

そういう哀れさも受けてる秘訣でしょうなあ

2018-05-05

anond:20180505223949

そうですね。ブログツイッター記事は読んでもらうためには他のユーザーとの交流があることが前提のような気がします。

ハンドルネーム制で意見を言いたいなら、どこか社会系の掲示板を探してみてはどうでしょうか。ヤフー等。

ちなみに、かつてgooにあったニュース畑は結構良いサービスだと思っていたのですが、既に終了しています

2018-04-25

anond:20180421193144

私もルッキズム反対だけどこの理屈おかしいわ。

オタクではないにもかかわらず、「絵に描いたオタクっぽい見た目」という理由で「お前オタクだろw」とバカにされる人もいるのだ。これはオタク差別ではなく、容姿差別である

顔の濃いキリスト教徒イタリア人アメリカで「お前ムスリムだろw」って言われたらムスリム差別だろ。

台湾人なり香港人なり中国人なりが日本で「おい韓国人w」とか言われたらコリアン差別だろ。

ネット上で女性っぽいハンドルネーム使ってる男性が「お前女だろw」って馬鹿にされたら女性差別だろ。

見た目が悪いやつが「お前オタクだろw」って馬鹿にされてんならどう考えてもオタク差別じゃねえか。ルッキズムと複合してる、ってだけで。

2018-04-22

はてなブログうつ病の人が書いてたブログが消えていた

最近更新がないなと思って、グーグルブログ名を検索してみたが、ヒットしない。

過去記事リンクを踏んでみると、ブログは閉鎖されていたことが分かった。

Twitterアカウントも消えていた。

ブログ名とハンドルネーム検索すると2chヲチスレがあって、詐病だとか言われていて、

バッシングされていた。

うつ病への理解はまだまだ遠いなと思った。あと、うつ病自称したりすると

変な人に絡まれリスクがあるんだなと理解した。

2018-04-16

嫌ってるフォロワーに呼ばれ続けた結果、自分ハンドルネームが嫌いになってきた

2018-04-09

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

もう一度だけでいいから読みたい二次創作小説がある

本気で好きだった二次創作文字書きさんがいた。この人を仮にAさんとしよう。

初めてAさんの小説を読んだ時に「これが天才か」と本気で思った。素晴らしい世界観伏線の数、圧倒的文才が紡ぐ文章に私は心奪われた。すぐに他の小説も片っ端から読んでいった。読まずにはいられなかった。全てクオリティが高く、読んだ後の私はある種の達成感に浸り放心状態だった。

でも私とAさんのジャンルが被ったのは一作品だけだった。更に言うなら被ったそのジャンルでAさんが書いていたCP小説は私の守備範囲外のCPで、ぶっちゃけCPの方が本命、まであった。それでもAさんの小説が好きだった。逆CPなのが気にならない程に素晴らしい作品だった。

Aさんが別ジャンルに移った時、Aさんの小説を読みたいがためにわざわざアニメを、少し視聴した。二次創作を読みたいか元ネタを見るなんて本末転倒にも程があるのは分かっていたが、そんなもの関係ないと言わんばかりに、今まで1mmも興味の湧かなかったアニメを見ていた。



ある日気づいたらAさんの作品は全て削除されていた。

Aさんの更新頻度はどちらかというと低いほうだった。しかも当時の私の本命ジャンルとはかけ離れたジャンル小説をAさんは書いていたので、私は更新チェックを怠っていたのだった。

なぜ削除されたのか、理由が知りたくて私は私が知りえるあらゆる方法検索をかけまくった。

調べて分かったことは、Aさんの活動の休止に伴って今までの作品Twitterアカウントを削除した、ということだけだった。

その時私はあの、Aさんの作品で初めて読んだあの、この人は天才だと思わずにいられなかったあの作品が読みたくてAさんのページにアクセスしたのに、全て削除されていたこ喪失感。正直耐え難かった。

それから私はどうにかあの小説が読めないだろうかと模索し始めた。魚拓でもなんでもいいからとっておけばよかったと本気で思った。むしろ誰かがとった履歴が無いか3つくらいの魚拓サイト確認した。そんなこと考えるのは私だけみたいだったけど。

結論から言えば私はあの小説を再度読むことは出来なかった。

ネットにあげたものは一生消えることはないと言われる現代で、私はあれほど好きだった小説を見つけることが出来なかった。

だが、収穫がなかったわけではない。

Aさんの小説が読みたくて私がアニメをわざわざ見たあのジャンル小説なら、私のPCに何故かtextファイルで残っていた。私は嬉々として小説を読んだ。

素晴らしかった。保存しておいて本当に良かったと思った。

でも、素晴らしかたからこそ、私はあの初めて読んだ小説がまた読みたくて仕方がなかった。

わがままだ。

Aさんが作品を削除してから1年半の時間が過ぎた。もう見つけられない。

しかしたら、あれだけの小説を書くAさんなら、また別名義で小説を書いているかもしれない。でも、見つけられない。

イラストなら、ハンドルネームを変えても絵柄や色塗りの特徴で気づくことはあるが、小説ハンドルネームを変えた人を見つけられるとは思えない。

少なくとも私には無理だ。

それでも、読みたい。

タイトルに「もう一度だけでいい」と書いたが、こんなの嘘っぱちだ。

しまたあの小説を読めるようになったなら、魚拓でもコピペでもスクショでもなんでもいいから保存して、何度も何度も読み返すのだろう。私はそういう奴だ。

いまだに私はAさんの小説特にあの初めて読んだ小説のことを思い出す。

あの小説が読みたくて読みたくて堪らない。

はいつまでたってもあの小説に魅せられ、囚われ続けるのだろう。

もうお目にかかるとこは一生ないのだろうけれど。

2018-03-12

兎にも角にも、俺には「王の耳はロバである」と叫ぶ為の芦が必要

ネット上で「イイ人」や「フツーの人」で居続けるには心の中のヘドロを吐き出さなければならない
そういう意味で、(IDが紐付いているとはいえ)匿名が一応保証されているこういうサービスは本当に嬉しい

だって、無理だよ俺にゃ
鬱憤愚痴ゲスパー
差別見下しレッテル張り八つ当たり
それをどこにも吐き出さずに生きるのは

からこの場で名前を隠して楽しく日記
日記という名の人格疑うようなゲスゲス暴言キモキモ愚痴をだな

例えニックネームハンドルネームであっても、何かしらキャラクターと結び付けられてたらそれだけで注目されてしま
モブ自意識過剰だと思ったなお前
バカ炎上させたいやつや人に絡みたいやつはモブとか関係なく絡んでくるわ

挙げ句特定好きな人たちが「オッ、こいつ香ばしいぞォ!特定してやるッ!」ってモザイクアプローチを始めちゃう
俺はやだよ一生ネット晒しモンなんざよ

アァ、でも原典じゃ芦は言葉反響するんだっけな
いずれこの叫びも芦から芦へ響いてバレちまうんだろうナ
俺は逃げられないのか

ハンドルネームとしてリアルでよく会っているような人って、「あれ、自分今どっちとして過ごしているっけ」と混乱しないのだろうか。

こないだ訳あって本名を隠している人に「友人に「山田さんってよくラーメン食べますね」って言われて~」とうっかり回想を話して本名バレしてしまったのだが、このようなことが起こった人他にいませんかね。

言いたいことはわかるけど、自分にとって都合のいいファンに囲まれたらどうでもよくなった。

https://anond.hatelabo.jp/20180312105852

この人の言いたいこと若干わかる。

先にいっておくよ。

 

しまったアイドル増田ーだ!みんな逃げろ!

自分も、モバマスをやってた頃、まさにこんな気持だった。

自分島村卯月担当なんだけど、まさに「君らとはプロデューサーとしての質が違うんだよ(メガネクイッ)」ってするようなやつだった。

具体的に言うと、島村卯月カードが出る度に、3枚自引きすることを課してたね。

CDも当然のように近場のCDショップを巡って一店舗につき10枚求める。10枚無ければあるだけ。総計242枚(これは同僚とオフをする度「増田さん!島村さんのあるよ!」と言われては買うっていう事を1年ほどしての数)を買った。

独占欲だったんだと思う。島村卯月について、俺が一番なんだと思っていた。

島村卯月担当と名乗るなら自分ぐらいしろ」って心のなかで思ってたし、アニメが始まって「”自分”が金をかけてきてよかった」と思った。

 

当然馬鹿な話だ。もうわかっている。廃課金からは脚は洗った。

しかったんだよ。

島村卯月を愛する度に、自分クレカ明細書を見るのと、減っていく貯金残高を見るたびに苦しかった。

自分モバマスに誘ってくれた友人はそんな俺を見るたびに「お前がすごいのはわかった」「だからほどほどにしておけ」と釘を差した。多分、誘った手前、どんどん課金が派手になっていく俺を思ってだろう。

課金をすれば課金をし、Twitterいくら使ったか、その結果を載せる度、自分課金を求める声がおおきくなった。

例えば自分が「前川さん、かわいいやん」っていうと「引きます!?w」みたいなクソリプもよく飛んできた。

貯金残高が0になり、レ○クに借金をしにいった。

それを誘ってくれた友人に「借金までしちゃったよ~」と軽く言ったらものすごく怒られたんだ。

「お前の精神状態おかしい」「お前がお金を払った事だけがモバマスを大きくしたんじゃないことはちゃんとわかってるのか」「お前にとって島村卯月とは貢ぐ相手なのか」

2時間ぐらいSkype説教された。はじめてだったよ、自分より年下のやつに正論を吐かれてぐぅの音も出ないほど説教されたのは。

はいつの間にか泣きながら「もう苦しい」と言った。

友人は「だったら今のTwitterはもうやめろ。新しくアカウント取って、自分が本当に関わる人だけフォローして。」と言われた。

から自分は、ハンドルネームを変えて、モバマスアカウントも変えて、元のアカウントは全ての島村さんを時間をかけスタエネに変えて、新しいアカウントに引き継いだ。

友人は根気よく自分に付き合ってくれた。

自分ガチャを引いた気配(例えば、新キャラをゲットしたSSを「単発!」とか「10連!」って言う もちろんそんなものは嘘 たまに本当)を見せると「またやっちゃったね」と必ず言ってくる。

最初は「いやこれは10連だから」というと「経験上、そんなに毎回単発で引けないよ」と言われて俺も閉口する。

とにかく根気よく付き合ってくれた。

気がつくと、島村卯月のいいところ語れるフォロワーも少しづつ増えていき、ライブときも一緒に盛り上がってる。

その中で気づいた。自分島村卯月の一番であると思っておきながら、島村卯月のことは見ず、自分がどれだけがんばったかばかりを語っていたんだって

 

今思うと、なんであんなに金を使うことに執着してたのかわからないぐらい課金をしなくなった。

今は、友人とその仲間と一緒にMHWで狩りをしたりPUBGを楽しんだりしている。

 

金をかけなきゃファンじゃない。

それはわかる。痛いぐらいに。

でも、それって結局、ゴールのないマラソンなんだって事。

金額マウント。そりゃ気持ちいいよ。俺もクソリプ飛ばしてくるやつに「で、お前島村さんの進化前も含めて全部持ってんの?」っていって味方してくれる多くの阿呆共にRT拡散されてクソリプ野郎ブロックさせたのは爽快感しかなかった。

金を使うことが力だった。完全に。

でも、その金を使わせる力も周りからもらってた。

 

今は綺麗事だと思っていい。

けど、きっと真に一緒に楽しめる人に囲まれた時、綺麗事じゃなく、金じゃないんだなって思う時期が来る。

そういう思考をしている限り、そういう人しか周りに来ない。そしてそういう人から影響をうけて更に極まっていく。

自分が行きたい方向に自分コントロールしていくしかない。

元増田がいまのままでいいっていうのなら、それは誰にも止められないよ。

いい方向に向かうも、悪い方向に向かうも、それは元増田次第。

でも、少しでも良いか自分の中に固まってる物を手放して、他の人に耳を傾けるのもいいんじゃないかな。

2018-03-09

H.Nが決められない

あだ名エントリが上がってたので便乗。

ゲームとか、ログインIDかいわゆるハンドルネームが決められない。

本名モジッたやつだとちょっと嫌だし、

その場の思いつきでも良いんだけど

ちゃんと決めたやつ使った方が没入できる

ような気がするし。

みんなどうやって決めるんだろ?

時々すごいセンスが良い名前の人がいると

激しく羨ましくなってパクりたくなるよ。

2018-03-06

ネットで触れちゃいけないことかもしれんが

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のこと。

俗にいうヲチスレについて、非常に気持ちが悪いと思っている。なんなんだあれは。

5ちゃんには『ヲチスレ』という、対象人物を決めて、その人物をひたすら観察して笑うスレッドが存在する。あだ名などを付けて、「あの〇〇の××って発言痛い」などとスクショをアップしたりして笑い合うのだ。クソみたいな世界である。こんな世界存在していると知ったときは、それはそれは驚いた。ゴミクズもの集合体のようなスレである。非常に非生産的だと思うが、ヲチスレがないと生きていけないような人もいるのかもしれない。女の陰口みたいなものだと思っている。自分場合自分活動しているオタクジャンルヲチスレしかたことがなく、男女比に差があるのかは知らないが、噂を聞く限りでは他のジャンルにもヲチスレがあるのではないだろうか。

ヲチとは、どうやらWatchからまれ言葉らしい。ヲチスレは主に、その界隈で痛い活動をしている人の話題で盛り上がる。ヲチされる対象人物は『弗(ドル)』と呼ばれる。アイドルからまれ言葉らしい。弗が痛い行動をしていたり、香ばしい発言をしていたりする状態を『踊る』と言うらしい。「もっと踊ってほしい」とか、そういった発言が見受けられる。ヲチスレは「弗を見て笑う」が目的スレなので、弗に直接「お前痛いぞ」とか「むかつくからやめろ」と言ったことを伝えてはいけないというルールがあるらしい。これは『凸(トツ)』と呼ばれる行為で、突撃からまれ言葉なのだろう。「凸してはいけない」というルールである。何故なら凸してしまうと弗を見続けることができなくなってしまうからである。凸してしまうと、弗は「自分が痛い奴だ」「誰かに観察されている」と気づいてしまい、発言自粛したり、最悪アカウントを削除する場合があるからだ。ヲチスレというスレ特性を考えると、そのルールも「なるほどな」って感じなのだが、弗本人からしてみたら全く迷惑な話である文句があるなら直接言えや。と思う自分精神比較健全なのだろう。それができない人間集合体ヲチスレなのだから

暇なとき、ついついこのヲチスレを見てしまう。もはや癖である別に自分だってそんなゴミクズ集合体みたいなスレを見たくはなかった。しか自分ヲチ対象となっていれば話は別である

とあるトラブルきっかけに自分ツイッターアカウントヲチ対象になっていると知り、それからスレを見るようになってしまった。ヲチスレ自体存在はその前から知っていたが、まさか自分が弗になるとは思わなかった。いわゆる凸があり、自分ヲチされていると知ってしまったのだった。凸してくんなや、ルール違反やろ、と思った。知りたくなかったわ。黙っとけよ。

凸された後、即そのヲチスレ発見した。自分ハンドルネーム検索除けのために違う漢字変換をされていたが、スクショが上がっていたのですぐ発見できた。スレをチェックするようになってから自分発言にかなり気を遣うようになった。ちなみにツイッターはやめていない。そしてヲチスレ住人が喜ぶような発言は避けるようになった。たまにわざと話題にされそうな態度をとっているのだが、気持ちとしてはヲチスレ住人をおちょくっている状態である。そして実際に釣れるので笑える。ところでヲチスレヲチとかってあるのだろうか。調べたことはない。と、こうやって書いていて精神衛生上良くないよなと思っているが、もうヲチスレを気にすることをやめられないのだ。結局はヲチスレを見ている自分ゴミクズの仲間だと思う。

タイトルに書いた「触れちゃいけないことかも」というのは、この「ヲチスレについて」である自分ツイッターをやっているし、昔ならfacebookmixiといったようなその時々で流行しているSNSもやってきた。しかし、このヲチスレについて表立って文句を言う人を見たことがない。単純に不思議なのだが、言ってはいけないことなんだろうか。ネット上での禁句みたいなものなのか?ネットに禁句もクソもない気もするのだが。自分は、ヲチスレ存在活動状況、ヲチという言葉意味なども、全て知人から教えてもらった。自分ヲチ対象になる少し前、たまたま話題になった。長年生きてきたが、ヲチスレというものを教えてもらうまで分からなかった。SNSなどで話題になっているのを見たことがないからだ。

ヲチスレを見るようになり、「自分が知らなかっただけで、世間ネット利用者ヲチスレのことをみんな知っていて、その上で発言などに気をつかっているのだろうか」と思うようになった。みんな知ってんの?なんで今まで教えてくれなかったん?ていうかなんで話題に出ないん?それかみんなも自分と同じように知らないのか?謎は深まるばかりである

ヲチ対象となった今、誰が自分ヲチしてるか分からないというのが非常に気持ちが悪い。相互フォロワーだったとしたら?と思うとゾッとする。発見のしようがない。余談だが、裏切り者のことを『ユダ』と呼び、鍵付きアカウントなどに潜り込んでヲチする人のことを『スネーク』と呼ぶらしい。命名センスあるよな。この人がスネークだろうか、こいつがユダか?などと変に勘ぐってしまうのがすごく嫌である

ヲチスレなんか見ないで楽しくSNSやればいいじゃん、と思う人もいるだろう。自分もそう思っていた。だがいざ自分ヲチ対象となってみると、気にしないなんて無理だった。顔も分からない人から浴びせられる暴言なんて、大したダメージにならないと思っていたが、スレに書き込まれているのを見ると「みんなそう思ってるんじゃないか」と感じてしまうのだ。匿名って怖いっすね。もしかしたらたった一人の人間が、複数人間に成りすまして自分文句を書き込んでいるのかもしれないのに、すごく大勢から責められている気がしてくる。今日自分話題になってんじゃねーかと思うと見ずにはいられない。

ヲチ対象になったのは自業自得だと思っている。結局は自分発言や態度が理由だ。が、だからと言ってヲチされて平気な訳ではない。あることないこと言われたり、単純に悪口やんけって内容を書き込まれるのはかなり頭にくる。好き勝手言いやがってと思う。面と向かって言ってくれれば反論のしようがあるが、ヲチとは基本ヲチ対象にバレないところでぬるぬる見守るものであるので、面と向かって言ってくる訳がないのだ。クソである

またも余談だが、ヲチスレでは個人的怨恨書き込みを『私怨(しえん)』と呼ぶ。これ今変換したら出てきたので一般的言葉なんすかね。5ちゃん用語だと思ってた。

ヲチスレは基本、私怨によるヲチはナシらしい。例えば、大して痛い発言をしたわけでもない人に対して「この人は私に冷たくしたかヲチ対象にしてやろうぜ」などと書き込んだとしても、「それはお前の私怨だろ」「ヲチするにはぬるい」などとなるのだ。が、ヲチスレなんてほぼ私怨だ。自分が嫌だと思ったか晒す複数同意を得られたらヲチ決定、となるのだから私怨を募らせている人間が集まれば結局ヲチされるのだ。

色んなルールを書いてきたが、あの不思議空気感はなんなんだろうと日頃から思っている。あそこで生息している人々の謎のルールは一体なんなんだろう。私怨NGもクソもねーだろ。みんな私怨だっつーの。誰が判断してんだろ。しかし何事もルールというかマナーというのは暗黙の了解としてどこにでもあるわけなので、5ちゃんに限った話ではないのかもしれないが。

2018-03-03

anond:20180303060816

なるほど

合点がいった

ハンドルネーム方式の中規模掲示板が廃れて寂しい

増田はてブ一方通行よりも合理的だと思うのだが

IDコールとやらが使われないのも、需要が無いということなのか

2018-02-22

プロゲーマー本名を名乗った方がいいと思う

RTA動画見て思ったこ

挑戦者ハンドルネーム使っててキモい

・実況者、解説者がオタクっぽくボソボソ喋ったり変な笑い方しててキモい

挑戦者プロじゃないのかな?

よく分からないけど本名使った方が親しみ持てる。

プロスポーツ選手になるなら本名で出て欲しい。

あと実況、解説はちゃんとしたプロにしてほしい。

やつらの存在のせいでオタクっぽさが倍増してる気がする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん