「自覚的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自覚的とは

2018-07-16

anond:20180716071948

共感してもらえるって嬉しい。ありがとう

規格品への強すぎる信頼ってのあるあるだね。俺自身もその傾向が無いわけではない。むしろ、ある。だけどその信頼よりも大事にしたいものは確実にあって、それには自覚的でありたいという話。たぶん。何だかからなくなってきた。伝われー。

2018-07-15

anond:20180715204626

恋愛も性行為も、一人でやるオナニーではなく、無機物オナホに突っ込むのではなく、人格を持った相手があってやる行為は、理想としては立場が対等であるきじゃないかなあ、ということです

から腕力、金の力、口車による言いくるめなどで相手を従わせるのは恥ずべきだと述べているわけです

実際には、腕力財力その他にすぐれた男性と、若い女性がその手の要素関係なしに純粋相思相愛ラブラブというのもあるのでしょうけれど、そんなドラマみたいな話、当事者になったことも見たことないから俺は知らないw

ただ、世の成人男性はとかく、腕力、金の力、口車などで優位にいることを、自分自身男性的魅力と錯覚やす

立場が上の上司かによるパワハラセクハラ問題とか、まさにそんな感じ

自分はそういうのが、まさに同じ成人男性として醜くて許し難いから、そういうのには自覚的にありたいと述べているわけで、女の側の感情は知らん、というかよくわからん

anond:20180715203059

本来、双方同意があれば恋愛も性行為自由であるべきですよ

ただ、一方が年長者だと、都合良く自分では双方同意と思い込んでるだけで、実際には腕力、財力、悪知恵(口車)で相手が逆らえない場合だってある、ということへの自覚的自戒と、一方的関係で異性を支配することへの恥の意識は持つべきだろうと思います

そういうのにまったく無自覚未成年監禁犯、本当にいるか

2018-07-14

ふみこさんみたいに勝ってるわけじゃないのにどっちかというと

勝ってるつもりの人って多いよね。そんでもって本人自覚的には勝ってるのに損してるから、上手く負けたいと。

まぁ負けてるとは言わないが、勝ってもないんだよね、それ。

大抵の人はそこでもがいてる。

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/07/13/183000

2018-06-30

選択夫婦別姓にはどちらかというと賛成の立場なんだけども、「同姓にしたい人はそうすればいいだけなのに」っつーのは嘘つきすぎですよね。

夫婦別姓が導入された時点で選択的だろうが姓というもの機能意味自体が従来から変わってしまうから、「選びたい方を選べるようになるだけ」ではなくて、

社会全体に対して「姓に関する意味・意義の変化」という改革要求していることに自覚的でなければならない。

 

相手にも確実に影響のあることなのに「あなたには影響ない、私達が別姓を選べるようになるだけ」なんてホラ吹きがいる限りなかなか守旧派賛同は得られないでしょう。

あなたには影響ない」というのがホラであることは誰が見ても明白なのだから

 

その上で私は選択夫婦別姓には賛成です。

っていうか姓自体要らなくね? すでに血縁指標としても家族単位指標としても個人識別としてもどうせ大して機能してないし。

2018-06-26

当事者』って誰ですか?

とある呉服屋さんが作ったアイヌ文様浴衣が抗議を受けて販売中止になったそうだ。

知らないうちに起こって知らないうちに鎮火していた。

まぁそれはいい。販売中止は呉服屋の判断でありそこに異議を唱えるつもりはない。

気になったのは販売中止を求める人の多くが自身は『和人であると自認しており、

これは我々『和人』がアイヌ文化の盗用しているケースにあたり『アイヌ』に失礼だ、という理屈で抗議していた事である

なかでも「当事者であるアイヌ許可を取るべき」とか、

アイヌが着るならいいけれど…」というようなツイートを見かけて驚いた。

ここで言われる当事者アイヌとは一体どういう人を指すのだろう。

このツイートをした人達の頭の中にいる許可を取るべき窓口としてのアイヌアイヌ文様の入った服を着てもいい当事者アイヌとは一体誰なのか。

ひとりひとりに聞いて回るわけ?誰が?

と考えはじめたらなんかイライラしてきて今これを打っている。

ツイート検索する中で

「私もアイヌの血が流れているがこれの何が悪いのかわからない。

 このような状態では譲られたアイヌ文様浴衣が着づらい」

と言っているツイートを見かけた。

そう。これこれ。

私も同じ気持ちだ。

私にはアイヌの血が流れている。と自認している。

今は北海道には住んでいないが親戚はほぼ道内の一ヶ所に固まっている。

でもそれは田舎はどこもそうだろってレベルの話であり、

アイヌといってもアイヌ村とかアイヌ町とかに固まってるわけじゃない。

みなさんご存じの通り、残念ながら現在は今流行りの漫画の中に描かれているような暮らしをしているアイヌ存在しない。

単純にアイヌと呼ばれていた人達の血の連なりの中にいる人は、数の上ではそれなりに存在する。

でも今いる『アイヌ』とは想いの強さの個人差はあれ

「その血が流れている」という事を認識している“自称アイヌ”達が散り散りにいるだけだ。

と私は思っている。

私はこの年代にしてはアイヌの血について家族から比較的詳しく教わった方だと思うが、

そんなアイヌとしてのアイデンティティがある家族でもこれについては大体同じ感覚だと思う。

もちろん様々な歴史の流れの上でそうなったのだが、そういうのはwikiでも読んでくれ。

その散り散りに暮らす自称アイヌの中には文化研究や普及に熱心な方や殊更民族としての誇りが高いアイヌが居るのも事実だが、

他のアイヌが彼らこそが真のアイヌだ!と思っているかというとそんな事はないし、

逆に彼らのようなアイヌになかなか複雑な気持ちを抱いているアイヌも居るし、

私もそういう道を選んだ少し特殊アイヌ、という認識だ。

活動家みたいな人もいるね、みたいな印象だった。

でも自称和人の皆さんだって正しい日本文化精通研究や普及に熱心な方を見て

これこそが真の日本人だ!とは思わないだろう。

そんな感じ。みんな色んな人が居る中のひとり。

アイヌだって一枚板ではない。

このとおり我々はバラバラ個人なんですけど、

少なくとも血が流れている私はそう思っているんですけど、

抗議した自称和人さんが言うところの当事者アイヌって結局どこにいる誰の事なんですかね?

当事者に聞け当事者アイヌが見たらどう思うかって言いますけど、

血が流れている私でよければいくらでも答えますよ。

じゃんじゃんやれどんどんやれ、誰がどう着てもいいです!!

個人の感想ですけどね。

指摘されてる方もいるけど実はアイヌ文様和服歌舞伎舞台衣装などではなく、現行品としてすでにある。

なので今更感もある。某漫画が売れてるから便乗商売だろって言いたいわけか?だとしても別によくない?

あとTシャツとかスカートとかもあるからね。私も持ってますが。

ちなみに文様意味アイヌですが知りません。

でも私自身はアイヌ文様を見かけ親しみを感じデザインも気にいったので購入した。

それだけ。

でも今後着づらくなってくるよこんな流れになったら。

アイヌは見た目でわからない。

そもそも抗議した人からすれば意味もわからず身に付けてる時点で

私も不勉強文化を踏みつけにする人間という事になるんだろうから

Tシャツスカートの件は置いておくとして、

もし私のような「アイヌの血が流れているだけ」の人間が自前のアイヌ文様のものを身にまとっている時に

赤の他人リアルで「お前本当にアイヌか?そうじゃなかったら文化の盗用だぞ!」と迫られるという事態に遭遇したら、

一体どう証明しろというのだろう?

一体誰がアイヌお墨付きを与えてくれるのだろう?

逆にアイヌの血が流れていな人がそのように迫られた時は謝らなくてはいけないのか?

またどこから正義の人が現れて「当事者アイヌ気持ちを聞いてみよう」と

言い出すのだろうか?

正義の人に引っ張り出されるアイヌって何なのだろう?

アイヌにも色々いるのですが、なぜ「当事者アイヌ」なんて言葉が出てくるのだろう。

今回抗議した自称和人が想定している“呉服屋と直にやりとりすべきアイヌ”って一体誰なんですか。

もしや私が知らないだけでアイヌ協会が正しいアイヌ認定証でも発行してんだろうか?

もうはっきり言って今現在普通に暮らしているアイヌの血が流れてるものにしてみれば

当事者アイヌ』なんて言葉自称和人から出た事の方が浴衣より拒絶感があった。

そもそも私はあの浴衣別に謝罪する事もない派ですけど。

誰がお前はアイヌだと決めるのか。

結局自称和人が決めるのか。

自称和人アイヌのためと言ってアイヌを引っ張りだす。

その時にだけ出てくる正しいアイヌ

こっちはあなた方一人一人が本当の和人かどうか確かめようなんて思ったことすら無かったのに。

突然「当事者アイヌに聞いてみよう」なんて正義面して言われる。

正直なんか裏切られたような気持ちになった。いい事してると思って何の疑いも無いんですもん。

アイヌと協力して作ればいいものが作れると思います

アイヌ職人さんが自覚的に帯として作って収入を得るということならまだ良い」

協力するアイヌ、正しい知識アイヌ、作って収入を得ていいアイヌ

そんなアイヌを守る私たち

これ正しい事言ってるつもりでめちゃくちゃグロいですよ。

かにアイヌ差別を受けてきた。

それを私が昔話として聞いて「クッソー!ムカつくな!」と思う事と

現在タイムライン正義面して我々がアイヌを守ろうという話をされる事や、

謎の反省をされる事や、

そのツイートをいい事言ってる!正しい文化を守ってあげるからね!といわんばかりに

自信満々にRTされる事に「うるせー!!」と思う事は両立する。

というかこれは表裏一体なのだ体感として理解できた。

ムカついて一気に打ったので正直めちゃくちゃだが最後にもう一度。

今回呉服屋に抗議したような、自分達は政治的に正しいと思っている方々。

一体あなた達が守ろうとしてくれたアイヌって今現在どこにいるのでしょう?

私はその中に入ってますか?

2018-06-25

ハゲックス氏

https://atnd.org/events/97225

参加対象

炎上ネットトラブル好きな人

(略)

ネット世論工作を行っている・考えている国内外諜報機関政治団体 ネット世論工作を行っている・考えている国内外諜報機関政治団体

知らないうちに虎の尾を踏んでいた?それとも自覚的に踏んだ?

2018-06-24

理解力のないわたしみたいな人間には本を読むとか、何かを理解するっていう行為は、本を読んでいるあいだだけの短い時間で出来ることではないらしい。

沢山のことをやりたい、っていう焦る気持ちがあるけれど、それを抑えて一日を掛けてひとつの本・ひとつ概念理解しようとするように心掛けないと、下地がないままの積み木みたいになってしまう気が、やっと最近自覚的にでてきた。

2018-06-21

自分が才能をうまく扱えないからってヘイトをまき散らすのやめてほしいわ。

そういう自覚的マウント行為他人へのハラスメントだと思わないのか。

巨乳はいことないとか高身長はいことないとか、マジでうんざり

しまいにゃ、顔が良くてもいいことない、とか言い出す始末。

お前に問題があるのは顔でも身長でも巨乳でもなくて性格だっつーことをご理解いただけますかしら?

2018-06-15

何が本人に聞けだバカタレ

あのね、誰にも教えてもらえなかったんだろうけど他人の内心なんて誰にもわからないのは当たり前なの

それどころか、言葉にしていてさえ(自覚的でも無意識でも)本心とは違うことを口走ってることがあるわけ


それでも人はいろんな人と付き合っていかなきゃいけない

「たぶんこうだろう」「きっとこうだろう」という推測と実践を繰り返して傷つき傷つけられ

喜びを分かち合ったり悲しみを乗り越えたりしてんの

結局は経験の積み重ねでしかないし「正解」なんてどこにもない

正解に限りなく近い「経験則」はあるかもしれないけどな


「本人にしかからない」で思考停止してるお前と違ってみんな色々考えてんだよ

クソみたいなコメントつける前にもうちょっと考えらんないの?



と、言ってわかる人間ばかりならきっと増田なんていらないんだろうけどな

2018-06-02

anond:20180602180952

自覚的差別主義者に話す事はない。俺は無自覚差別主義者の差別心を露わにするのが好きなだけだから

2018-05-27

anond:20180527170451

あなたがこのツリーで悪いことであるといいながら自覚的キモいおっさん中傷していることと

私がアスペルガー症候群であることになんの関係があるんですか?

anond:20180527165325

ではこのツリーで行われているような中傷自覚的に悪いことをしているということでいいのですか?

2018-05-04

国際卓球連盟ITTF)と「スポーツ政治利用

世界卓球南北合同チームの件でいろいろと言われているけど、

国際卓球連盟ITTF)は昔っから自らの競技の「政治利用」にわりと積極的組織だ。

国際問題調停を、競技を通して、かなり踏み込んだ立場でやろうとするとこがある。

ITTF第一次大戦後、国際的融和ムード支配的だった1920年代半ばに創設された。

初代会長コスモポリタン人物で、「スポーツを通して国の垣根を無くしたい」と公言

40年以上にわたって在職し、組織の基底的な思想を決定づけた。

たとえば創設以来、世界選手権においては長年にわたって、表彰台での国旗掲揚国歌演奏は行わないものとされていた

(※のちに五輪参加を機にルール改定)。

紳士淑女の友好的遊戯」という競技ルーツへの自負もまた、融和を尊ぶ姿勢を醸成した。

対日感情の極めて悪かった第二次大戦直後の1949年、いまだ占領下にあった日本の再加盟を、

国際競技団体としていち早く認めている。

スポーツを通して垣根をなくしたい」という理想を、

スポーツを通じて世界をつなぐ」積極的行動モデルとして結実させようとしたのが3代目会長の荻村伊智朗。

有名な米中の「ピンポン外交」を主導した人物のひとり。

会長在任中は、91年世界大会最初統一コリアチームを実現させた他、

地球ユース選手権にてイスラエルパレスチナ両国ジュニア選手に共同で宣誓させる等々、

デリケート国際問題に対して突っ込んだコミットを続けた。

アジア大会中台ボイコット騒ぎが起きた際も、

末期がんによる死の一週間前にあってなお、病身を起こして会場に駆けつけた。

そういった先人の理念と行動規範継承されていて、

その後も国際的緊張の当事者同士を共に組ませて国際親善大会をしたりと言ったことを継続的にやっている。

またたとえ、国際的承認を十分に得られていない地域協会であっても、

(極力)加盟の希望排除せず、積極的承認する。

火中の栗を拾うことをあんま恐れない。

たとえばWikipediaの『コソボ国際競技連盟への加盟』の項を見れば、

加盟の承認時期がダントツに早いことがわかるだろう。

なにせ独立宣言をする5年も前に承認している。

早いとか言うレベルではなくフライングの域だ。

2011年に当時の会長も「ピンポン外交は次の時代へ入った」とコメントしたように、

競技政治利用」すなわち「外交的融和を目指して自らの競技積極的活用してく」ことは、

ITTFにとっては継承されたレガシー自覚的ミッションのおもむきすらある。



そこら辺を踏まえた上で、例の件について言うと、

まず先だって出された板門店宣言スポーツの合同チームの結成が盛り込まれていた、という背景があり、

南北だけでなくIOCも強く後押ししていたらしい。

あとはITTF側の問題となる。

競技団体として、こういった特例を認めた場合の今後への弊害を考えることになるんだろうけど、

現実問題、ここまでの歴史的条件が揃って、大会開催期間とタイムリーに重なるということはそうそうあることではない。

前例化したとしてもそれを以ってなし崩しにはなりにくいと思われる。

そしてコソボ承認の件もそうだが、国際問題に先陣切ってコミットすることを恐れない連盟の体質。

しろ今後に続くであろう統一チームの流れに先鞭をつける機会を、

わざわざこのような特例措置を用いてまで自分たちが最速で提供することに、

使命感とか陶酔とか覚えててもおかしくない。いやまあ偏見だけど。




選手たち当事者には、やっぱりアンフェアじゃないの、という権利は正当にあると思う。

しかし現時点で報じられる限りでは女子日本代表に動揺はないという。

伊藤美誠なんか「おもしろそう」とか言ってる。

日本卓球協会側も「スポーツを通した世界平和を目指している」「歓迎したい」とか受容的コメント

本音は、とか言い出したらキリはないが、卓球界に長年育まれてきた感覚ではこんなものかもしれない。

スポーツを通した世界平和、うーん仕方ないか、みたいな。

卓球界では過去複数回統一コリアチームが結成された前例があり、心理的に受容の土壌もある。

それに実際、日本女子の実力から言えばことさら動揺する必要もない。

んなこと言ってると91年大会中国みたいに足元すくわれるけどな!

今回の合同劇が卓球界の受け継いできた流れのひとつの結実だとするなら、

荻村の母国である日本が真向からそれを受けて立つのも、ある種の本望、度量の見せどころ--なんて言うのは

ちょっと勝手が過ぎるというものだが、サポーターとしてはそういう気持ちで見届けるつもり。

ともあれ、彼女らの戦いを応援するぞっと。

2018-04-29

anond:20180429105902

盛り上げ方が無理矢理盛り上げてるように見えるっていうとわかりやすいのかな

情報提供する側は、「楽しもうと構えている人を、いかに乗せるか」ってやっているんだろうな、って私も思う。

でも、それを言うと白けてしまう(祭りに乗せられている、ってことに過度に自覚的になると、乗れない)から、そこはあまりみんな触れないんだろうなって。

2018-04-27

anond:20180427082920

差別的かもしれないけどこれは生理的ものを言っている。

元増田自覚的だし。

それを差別主義者という人間の方が差別主義者だと思う。

2018-04-26

メンバー呼び

理由をぐだぐだ言い訳をしなきゃいけないと思うぐらいには、メンバー呼びの不自然さを隠せないことに自覚的にはなったということかね

2018-04-25

オタク差別批判することを、やめることにします。

 趣旨は上の通り。

 自分オタクだと自認するようになってからこっち、10年以上にわたって、オタク差別けしからんと言い続けてきた。

 ここ数年、なんとなくそれに違和感を感じることが多くなってきたけれど、それでもやっぱり言い続けてきた。でも今回はっきりわかった。

 オタク差別批判とか、ただの害悪しかない。もうやめたほうがいい。

やはりオタク差別なんて(言うほど)なかったんじゃないのか。

 

 差別というのは、権力構造に根差すものであるという話をだいぶ前にツイッターで見た。

 つまらない約束事のように映ったけれど、まじめに考えるとこれを踏まえないから、差別を相対化して見せては矮小化言葉遊びにふけるような態度が出てくるのである日本人ヘイトだの専用車両男性差別だの在日韓国人による逆差別だの、差別者以外にとってはおもしろくもおかしくもない大喜利パズルでここ何年かでいったいどれだけ無駄な足止めにいそしんでいたというのか。ちゃんベースを踏まえてこそ、くだらない袋小路にはまらないで済む。これはちゃん物理を学んでいない人がブルーバックスくらいだけに目を通しただけで「矛盾」を発見し、相間さんと化すときに似ている。

 今まで自分存在していると思っていたオタク差別は、多分差別ではない。それは、いじめであり、パワハラであり、DVである

 そう視点を変えた方が、いろんなもの整合性をもって見える。中学校時代よくいじめにあっていた同級生は、オタクじゃなかった。正確に言うとオタク「も」いた。

 でもそれは、そいつと俺が割と仲が良いから知っていた話で、きっかけは別のところにあった。運動音痴から足手まといだという扱いだったり、成績がよくて生意気だという扱いだったり、DQN憧れの男の子彼女からだったりした。

 もちろんきっかけがオタクから」というケースもあるんだろう。でも、それはこういったきっかけのワンオブゼムでしかない。それを、民族差別女性差別と並べるのは、視野が広い人間ではなくただの雑な人間だ。

 「差別じゃない」というのは、多分そういうことなのだ。そして、差別じゃないか批判対象にする必要はないという話では、たぶんない。別の枠組で批判すればいい。

 なのにもかかわらず、熱心にじゃああれは差別じゃないんだーという大喜利ばかりをしているツイートばかりが「オタクから流れてくる。いや、どうしてもそこのところをわかりたくないのかもしれない。

 わかりたくないのか、わかろうとしないのか、本当にわからないのか、どれなんだ。

 いろいろ、「オタク差別の事例」というのが流れてきた。前なら、そうだそうだと怒りをぶちあげたであろうものがたくさんある。でもそれはどれもこれも、オタク差別の事例ではない。

 

 そういうものを引いて行って、ある程度確実にあったんじゃないかと思えるのは、「マスコミを通じたもの」だと思う。特にバラエティニュースを通したもの

オタへの偏見を植え付けたのは誰?

 それで思い出すのだけど、俺の中高時代あんまりオタクがいいとか悪いとかい意識を持つことじたいあまりなかった。今思えば自分の机でいつも小説を読んでいて、たまたまホームページの話になったとき「私も持ってる」と言ったのでURLは?と何の気なしに尋ねたらそれはちょっと……みたいに返してきた女の子なんかはオタクだったんだろう。自分だって漫画は好きだったしオタクだったはずだ、今にして思えば。

 じゃあ、そこにどうやってオタクキモイみたいな「偏見」の存在を知らされたかっつーと、漫画だったりインターネットだったり、そして「オタク自身の言説」からなんだよね。

 だってバラエティ番組なんて中二病まっさかり(高校になっても中二だったので)でほとんど見てなかったし。ニュースといってもこの手の話ってだいたいワイドショーである。やってる時間学校にいるんだから見るわけがない。

 金田一少年の事件簿には、小太りですぐキレ気味になる、「オタク」が登場した事件があった。こち亀で、美少女フィギュアを専門とする「色白でアニメ好き」なオタクが登場して、硬派フィギュアマニアのつもりな両津が逃げ出すという展開が「オチ」として機能していた回があった。名探偵コナンホームズフリークの回は……さすがにこの文脈で語るものではないか(でも動機の酷さは「オタクなんてそんなもんだろう」という共通認識が背後にあるような気がする。知らんけど)。

 テキストサイト一世を風靡していたころ、オタクオタクに向けられたコンテンツは叩かれる「べき」もの扱いだった。非オタク向けの、スポーツとかファッションを語るページに迷い込んだら叩かれたという話ではない。漫画感想サイトや、漫画ゲームをメインで扱う日記サイトでの話である

 何を言っているかからない人もいるかもしれない。例えば、ラブひないちご100%やBLACK CATは、軟弱な頭の弱いオタクのためのコンテンツであり、あんものにゲヘゲヘゆってるオタクマジキモイホイッスルミスフルテニスの王子様は腐狙いコンテンツであり、あんもの(ry そういう話である。この範囲結構広くて、らんま1/2H2ぐらいでもオタク向け扱いされることがあった(もちろん、当時これらが連載されてたわけではない。あれってオタ向けの駄作だったよね―みたいな扱い)。

 もちろん彼らが持ち上げるコンテンツというのもあったのだが、この文脈実例を挙げるの風評被害しかないので避ける。俺の好きな作家作品も混じるし。

 テキストサイトだけではなく、2ch(当時)もそんな感じだった。少年漫画板とかそのへんをよく覗いていたのだが、まあ当該作品スレは愛読者が集まるのでそうでもないこともあるのだが(そうであることもある)、総合スレでのオタクコンテンツ叩きはかなり強固だったし、漫画とか関係ないジャンルの板だとなおさらだった。

 そういうものにどっぷりつか……もとい接しているうちにオタクというのは叩かれるべき存在であるのだなというぼんやりとしたイメージ自分のなかで出来てきた。これにもう一つ後押しするように影響したのが、自分オタクだと称する人が、迷惑行為や触法行為のようなものを自慢しながら、「ホラ俺たちオタクからさ」みたいに語っている文章に接する機会があったのも、ああそういう人がオタクなんだなと認識させられた。

 ちょっと話はずれるけれど、当時は、オタクマニアの違いなんていう言い方があって、オタクはそういう迷惑ものを抱えた側の人間やハマりすぎて社会に順応できなくなっている人間、というような線の引き方もあった。

 これは、あくまで俺の話である。だから、他の人がどう偏見を植え付けられたかは、また別の話があるかもしれない。でも、オタク差別を煽ったものとして、「漫画」「インターネット」「オタク自身」という声を、この話でオタク差別に怒っている人の口から出てくるのを見ないのだ。

 ここで挙げたのは、知る人ぞ知るみたいなのじゃなく、だれもが知る有名漫画リドミで上位常連大手サイトオタク文化人として今でも名前を出せば通じる、みたいなのばかりを念頭においている(まあ当時のインターネット文化そもそも、知る人ぞ知るなものでしたけど)。みんな、俺とは違う漫画インターネットを見ていたんだろうか。ワイドショーバラエティばかりを見ていた「オタク」がそんなにたくさんいたんだろうか。

 本当に不思議なのだ。あそこでこんなオタクへの偏見に満ちた報道があったんですよっ!というようなツイートは大量に流れてくるのに。

加害者としてのオタク行方不明すぎる

 これが本当に、ここ数年で疑念として大きくなった末に、今回愛想がつきた一番のポイントなんだけど。

 オタク差別を受ける構造が、あったとする。それは、ネットで語られているほどは大きくないかもしれないけれど。

 それで、今、オタクってなんなんですか、と。特にネット上では、強者、抑圧する側、差別行使する側の「集団」として機能してませんか、と。

 腐女子叩きは昔からあったけれど、女叩き、中韓叩き、などは当たり前のように横行している。時々流れてくる、弱者権利をなんとかして奪ってやろう、人権思想じたいを矮小化してやろう、という意気に満ち満ちたツイッター漫画は誰によって大量RTされているのだろう。俺のところにはだいたいオタクさん経由で回ってくるんだけど。

 趣味、という切り口でみても、オタク文化を愛好する人が自分たちと関係のない趣味なら平気でdisる光景というのはそんなにたぐいまれだっただろうか。インスタ蠅なるイラストが回ってきたことがある。そもそもインスタに投稿するのが趣味になっているような女性を叩くようなツイートが回ってきたことがある。鉄オタは「池沼」「ガイジ」であるなんて言い方もある(「」内は原文の表記尊重)。ゴルフ車など老害趣味だとバカにしていたりもする。そうそう、スイーツ(笑)なる言い回しはいったいどこのどういう人によって流行したんだろうか。「リア充爆発しろ」というフレーズに何げなく込められた、自分関係ない集団への軽視に、どれだけの人が気づいてたんだろか(だって爆発しろ」だよ。あの連中、有明に15万人集まったタイミングで奴等爆発四散しねえかなーって非オタな人が言ってそれがそっちの界隈で大好評を博したら、インターネットな皆さんの間でどういう反応が起こるか考えてみたらいい)。

 そんなオタクばかりじゃないというのは分かる。というか俺がこういう文章を書いてる時点で分かれ。でも、個の話じゃないのだ。集団としての性質の話である。あれだけ、全共闘学生運動について冷笑ぶって叩く人が追いのに、そこに気づかないってどうかと思う。あとリア充爆発しろは使ってましたすいません。

 それに、そういったところで、こんなふうにちゃんと抵抗して、こんなふうに批判して、中から自浄する動きを作りました、このコンテンツからは離れましたと胸を張って言える事例、どれだけあるんですかね?俺が、ノットオールオタクと言い続けたところで、結局「自分批判対象から外してくださいあいつらは関係ない」と逃亡する以外に何の役回りも果たせなかったから、言っているのだ。この記事は違うよなあ~こういう作風は好きじゃないなあ~こういう物言いはよくないよなあ~と個別案件に不満ごちてみせ、自分は違うと思う、もっというなら思ってみただけで、肝心なところからは目をそらしていたんじゃないか? そう思うんである

 逆に、そこに自覚的になったんだろうな、と思える人も何人か知っている。そういう人は、結局C.R.A.C.やツイフェミのようなところに接近し、そのやり方すべてに同意はしないまでも、見解思想共感するようになっていく人がほとんどだ。おそらく今回「オタク差別」に怒っている人は、この人たちを敵であり、オタク仲間と認識していないと思う。

 つまりオタク文化加害者としての側面を見ないふりするか、オタク勘定してもらえなくなるか、二つに一つということだ。

 C.R.A.C.野間氏は個人的には大嫌いだし、たぶん単にオタクが嫌いなんだとは思う。でも今回ツイート応酬を見ていて、残念ながら主張にそれなりに同意せざるを得なかったのは、こういう背景について理解できてしまたからだ。そこで突然くっちゃべられる「オタク差別」。真面目に反差別を考えている人にとっては(多分そこは真面目なんだと思う。この人)、筆算の横棒がミニ定規で引かれていないから×、レベルの見当違い感があったんではないか野間氏の真意など知らないけれど。

 

 そういえばその昔、本田透の「電波男」に感銘を受けながら読み進めていて、後半のほうで腐女子フェミニストについてはずいぶん切り捨てたような言及の仕方なのに疑問を持ったことがあった。いや、フェミニストがオタク差別している、という文脈批判してるなら理解できるんだけど、そうじゃなかったから。権利意識を持つ女性自体が許せなさそうだった。その後「電波大戦」で喪女についての話題が出たとき、対談相手竹熊氏がわりと真面目に実態について話したりしているのに、「困ったモンですね」で終えているのを見て、クジャクママユを盗み出した同級生を見る眼つきになったのを覚えている。だってそこで語られてる喪女本田氏が救済しようとしてやまない喪男と違わないのに。

 そのあとしばらくは新刊も買って真面目に読んでたの、それもどうよって話だけど。

 10年くらい前に、俺たちの麻生なるムーブメントがあった。別に政治家を持ち上げること自体は好きにすればいいんだけど、そこでは当人が積み上げた迷言失言差別発言すべからく許容し、批判したマスコミへの叩きが横行していた。正直、あの政治家のどこがいいのかさっぱり分からなかった。

 当時はオタク個人ニュースが全盛期。そういったサイト管理人は、麻生氏を擁護するまとめブログエントリを紹介しては、叩かれていて困ったものですねぇ、正論なのに、というようなコメントをこぞってつけていた。オタク気質の知り合いなども、熱心に自ブログ擁護していた。

 あれから10年たった今も、麻生氏は差別発言侮蔑発言を繰り返している。あれを見ていて思うのは、この人は息を吸うようにハラスメントをする人なんだな、ということだ。それは、昔も同じだった。だから、どこがいいのかさっぱり分からなかったのだな、と腑に落ちたのだが、同時に当時持ち上げていた人たちにとっては、「だから良かった」んだろうかしら、とぼんやり邪推してしまう。

 今回オタク差別について怒っているツイッター主の中に、表現規制反対などをめぐっての発言をしばしばしているアカウントがいくつかいる。いずれもその界隈ではそれなりに大物だと思う。そして、俺のチェックしている反対派がぼんくら揃いなのかもしれないけれど、ヘイトスピーチの言論の自由を唱え、ポリコレで何も言えなくなることを憂い、自分関係ないところでの言論の自由に興味がないかしろ規制されることを望み、性差別についての提起が出てくるとそれについて考えるより先に提起者の揚げ足を取って袋叩きにするような人たちが勢ぞろいである。さすがに全部きれいに当てはまる人は少数だけれど。そんな反差別運動別にあの界隈に限らず、そういう発想自体)が大嫌いな人たちが、当然のように主張しだすオタク差別批判、いったいなんなのか。ただ、差別社会の中で特権階級になりたいだけじゃないのか。

 そういえば、これはある程度年配のオタクということになるけれど、昔(主に90年代くらい)のバラエティはこんなにおおらかだったのに、今はポリコレがうるさいせいでつまらなくなった、というような声が時々ある。なぜか、そういうつぶやきをしている人が「昔はオタクバカにする表現に寛容でよかったなあ」と語っている声を聴かない。今回オタク差別話題になって、バラエティなどでのオタクの扱われ方という話はけっこう出てきているのに、いない。どこへ行ったんだろう。

 オタク差別、という組み合わせでオタク文化っぽいものを思い返してみると、そんな案件ばかりが、思い出されてくるのだ。

 反差別のために立ち上がったオタク、というのはそれなりの数知っている。そういう人はオタクかそうじゃないかを越えたところのつながりで、反差別をやっている。でも、オタク差別けしからん以外の「反差別」がオタク文化の中心的な動きとしてあったところを、見たことがない。差別煽り偏見煽り強者に諂い(自分たち以外の)弱者嘲笑する、そんな動きならいくつも思い浮かぶのだけど。

 あ、一つ思い出した。(反差別とは少し離れるかもだけど)フリーチベットフリー東トルキスタン

 残念ながら、反中のダシ以上のものであった記憶はないけど。ああいうの、真面目なチベット東トルキスタンにおける人権運動家に失礼だったんじゃないか


 こんな「オタク差別批判」に大真面目に同意したところで、反差別には一ミリもつながらなさそう、むしろ後退させる役割しか果たせなさそうであるメディアを通した差別はもうかなり減ってるといわれるし、それ以外のものオタク差別というくくりより別のくくりで論じた方が有意義でより広い被害を論ずることができるようだ。となるとオタク差別なるものに拘る理由はない。

 もしかしたら、こんなことは本田透の2冊目の著書におかしさを感じた時点で、たどり着かなければならなかったのかもしれないけれど。

 そういう意味でも、失敗した責任を感じる。

2018-04-24

みんな一生懸命そういう虚偽を自覚的無自覚的問わず演じてるわけよ

その虚飾を真っ向から否定するような話すると反発を食らう社会ってこった

カミュ異邦人主人公母親葬式で悲しそうな素振りをしなかったということが殺人以上の罪として死刑にされるわけだけど

構造的には似たモノを感じるね

2018-04-23

anond:20180423122625

そこに差異があることに気づけないか、下手したら自覚的無視しているような、単に自分好き嫌いだけで他人を不当に扱って良しとしている人たちが「反差別」という言葉を振り回しているのは

少なくともちょっと冷静な人が横から蹴りを入れるくらいには値すると思うな

何発蹴り入れてもどうせ同じようなことが散発的に繰り返されるんだろうから人類はアホという超巨大主語観点に立てば確かにどうにかならないのかもしれないけど…

主語デカくしたってそれこそどうにもならないし…

2018-04-21

セクハラ罪と罰バランスに疑問がある

【前提】

セクハラは悪い

セクハラをした元次官は悪い

【疑問】

次官の受けている罰は、女性記者が受けた被害と比べて過大なのではないかと思っている。

したことは当然悪いことだが、世界中実名で晒され叩かれ、家族が後ろ指さされたりというのは、働いた罪の大きさにバランスしてるのか疑問がある。

もっと言うと、女性記者テレ朝上司報道することを訴えた、というのはペン暴力じゃないかと思える。

会社を通じて内々に抗議してくれ、ではなく、記事にして報じたいというのは、報じ方によっては人死にが出てもおかしくない。

いや、もちろんセクハラを受けて女性記者人格自尊心が傷ついたのは分かる。だから相応の罰を受けるべきだと思う。この相応というのが難しい。

罰は、罪を働いた元次官、それを許し続けた財務省と、放置したテレ朝が受けるべきだ。

ところが実際のところ、元次官家族まで罪人の妻みたいな十字架を背負わされ、痛めつけられる。今回は元次官子供がいないようなので、そこだけはよかった。

家族には罪がないのに元次官家族だと後ろ指を指して石をぶつけるのは醜悪だ。

報道の仕方として、相手実名割れにつながるような情報を避けて、セクハラをなくすための啓蒙を図るよう報じることはできるわけで、週刊新潮のように実名あげて「売らんかな」でセンセーショナルに報じる必要はあったのか。

女性記者がここまで相手やその周辺を痛めつけるために報じることを望んでいたのか、それはわからないが、新潮に持って行ったことで、そういう意図が一つもなかったとは言えなくなったと思う。元次官や彼の家族がめちゃくちゃに叩かれるのを見越した上で、ペン暴力自覚的に振るったんじゃないか

逆にそんな意図がなかったというなら、こんな風になることを意図してなかったというなら、想像力がなさすぎる。

一番悪いのは当然元次官。でも、だからといって、国民の敵のように報じ、この人相手ならどこまで叩いてもいいんだみたいに扇動するやり方はおかしい。

公的機関匿名セクハラ通報を受け付けて、行為者の名前世間には出さずに解決できるような仕組みは作れないのかな。

2018-04-17

anond:20180417202919

いや、知能の話はしてない。

おまえが自覚的に加害し続けているというなら、立派な異常者だと言っているだけだ。

100近いアカウントをとりつづけて、継続的に加害し続けてるんだぞ。

それが異常者でなくてなんなんだ。

自分が信頼できる知り合いに聞いてみろよ。

ここに書いてある内容を行っている人間が異常者じゃないと答えてくれるなら、お前と長く付き合っていけるんだろうよ。

anond:20180417202607

ああつまり、おまえは自覚的加害者なのか。

じゃあいいよ。好きなだけBANされてろ。俺から言うことはもうない。

anond:20180417202232

じゃあお前の発言だけで話そう。お前にはたとえ話はまだ難しすぎた。

コールが嫌なら非表示にすればいいのにw

加害者が加害することをやめれば問題は起こらないが、被害者に行動を求めている。

被害というのは言われた側が嫌がるか否かで決まる。

お前の行動が嫌がられていないとするならそれこそ異常者の考え方だ。

おまえは自覚的加害者か、異常者かどちらだと聞いている。

低能先生アカBANを言い訳に逃げている件について

BANされたら都合の悪い会話だけスルーして、話したいところにまた絡みにいくの自覚的な悪だよな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん