「圧迫面接」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 圧迫面接とは

2018-11-15

外出予定

明日はね、某社を訪問予定なのです。ガチ氷河期俺。

その会社ってのは自分10年位まえに転職活動してて、二次面接くらいで落ちた会社

メーカー大手の子会社なんだけど、業績はぱっとしてないようだ。

いま自分は幸いにしてIT大手に潜り込んで10年、それなりの役職決裁権を持っている。

あぁ、いまでも憶えてるし、忘れられない。

圧迫ってやつだよな。圧迫面接中途採用なのにね。

さあて、明日はどんな話を聞いてこようか。

2018-10-10

内定した企業従業員数推移を調べてみた

圧迫面接だったけどその業界に興味があったので入社を決めた会社中小)は、

マイナビに離職者数が載ってなかった。

少し気になって、Internet Archiveで今更ながら調べてみると

       男/女

2012→2013:-1/±0

2013→2014:±0/+3

2014→2015:データなし

2015→2016:±0/±0

2016年中: +4/+14

2016→2017:-6/-24

2017→現在:+4/+5

となっていた。

ちなみにどの年も新卒募集してる。

毎年10-20人くらい。

まり詳しくないんだけど、プラマイゼロというのは募集したけどいい人材がなかったということ?

それとも、出入りの合計が0というだけ?

あと、大量に離職してる年があるのも気になる。定年かなんかだといいんだけど...

何か不安になってきた。

そこらへん詳しい人教えてくれませんか。

2018-10-02

圧迫面接

狭い部屋にお相撲さんがいっぱい。

とてもじゃないが耐えられないね

2018-09-12

正しい人であるのに疲れた

今の世の中では怒るのは専ら悪だ。

店員に怒鳴る老人、部下を詰める上司、キレる若者ヒステリック母親圧迫面接体罰教師

上記では立場が上の人から下の人にという例ばかり挙げてしまったが、本筋はそこではない)

そのような態度を取ってしまった者はすぐさま炎上し、みんなの笑いの種として消費される。

そのような人にはならないぞと肝に命じ人生を数十年生きてきたが、もう疲れてきた。

怒る人がいくら炎上して笑い者になろうとも、怒る人は怒る人のまま、周囲の人に迷惑を撒き散らすことをやめず、その性格のまま生きていくだろう。

怒る人は自分を省みて改善することなく、怒るまいとしていつも感情を抑えて我慢をしている人は損をするばかり。

そんなの不公平じゃないか

我慢している人は怒る人より生涯損をし続けるだけで、何か得があるというのか?

怒ることでコミュニティ破壊して追い出されたとしても、また新たなコミュニティを探してそこで同じ事を繰り返していれば、死ぬまでにはなんとか生きていけるというのが真実だろう。

巷ではアンガコントロールという技術の本も出ており、怒りをコントロールするということが世の中にかなり支持されているということがわかる。

しかし私はもう疲れたんだ。

怒らないことが善だと思い込み、怒られを受けても不愉快なことがあっても飲み込んで笑顔を作って平常心のように振舞ってきたがもう限界だ。

理不尽な目に遭い続けても全く怒らないでいられるなんていう聖人君子は世の中に存在しない。

もう頭がおかしくなって仕事は手につかないし窓から飛び降りそうなんだ。

2018-08-13

先日グラスワインとデザート目当てにサイゼいったら隣の席で初デートサイゼ圧迫面接デート実施してた

ただし初デートサイゼ圧迫面接デート企画したらしい冴えない男は連れの着飾った女(ちょっとしゃくれてるけど可愛い)に

サラミに青豆にペコリーノだのスペアリブグリルだの例のサイゼ裏技みたいなのをやられ放題されていた

女は楽しそうにエスカルゴのっけたブルスケッタを男に押し付けているし男は終始あ…えっ…あ…ぅん…しか言わない

コミュ力ない陰キャ非モテ初デートサイゼで圧迫しようと思っても通用しない女相手じゃそうなるやろなと思った

2018-07-15

たぶん圧迫面接

今思えば、というかそう思いたい。マジで悔しい。

まさかプロジェクター内定先をでかでかと映されて、目の前で悪いところを言われるなんて思わなかった。

自分も気にしてた点なので言い返せずにただ笑うしかできなかった。)

こんなことってあるんだ。

終わった直後は、ああいう戦法なのかもしれないと耐えられたけど、今になって悔しくなった。

他にも嫌味なことを言われたりして、そんな失礼なことされたらどうせこれ以上進めても断るんだから、帰ってもいいですか?って聞いてさっさと帰ればよかった。

いくら受験者とはいえ、年下とはいえ、最低限の人権はあるよ。気を遣ってた自分バカみたい。

2018-07-09

就職氷河期就職活動した者から、つらいと感じたこ

(1)企業の業績悪化を受け、就職活動が厳しかった。

 採用数0とか2年に1回しか新卒採用しない企業とかあった。

 当時は圧迫面接ふつうにあった。

 (以前は面接に行くと交通費が出たと聞き、それは神話か何かの話でしょうか。と思った)

(2)受かってからもその流れで研修も削減。

 じっくり育てるというよりは、とにかく「即戦力」と言われる。

 (即戦力になるための経験はどこで得ればいいんでしょうか。)

(3)5年~10企業には、働き盛りの30代が減少し、企業内で問題化

 (採用していないのだからそうですよね。)

(4)ただし、補填は、30代の中途採用もあるが、高齢層の再雇用新卒の増加で対処

 (結局、採用しないのね)

(5)氷河期採用経験からか、その後は業績が悪くても、

 ある程度の採用数を維持するようになった。

 研修も別の形で徐々に再度拡充してきた。

 (いいなぁ)

(6)今も、当時も、自己責任論を押し付けられる。(つらい)

就職氷河期就職からすると、こういう流れじゃないかと思っているけど、

違和感ある?

2018-06-06

上司に大変腹が立っている

大変腹が立っているので落ち着くためどのように腹が立っているか綴る。

当方パートのおばちゃんである

就業先はそこそこの専門職先生と呼ばれる人たちが働いている。

ムカついていているのはそのうちの1人の先生新人教育の仕方についてである

前述の通りそこそこの専門職であるがゆえに新卒入社することはほぼない。

なにかしらの社会経験もしくはスクール卒で入社してくる。

の子たちが入社しては辞め入社しては辞めていく。

ボス圧迫面接に耐えて入社してきた子たちの心が折れていく。

なぜか。

上司教育方針である

質問をするときはある程度答えを持って聞いてほしい」「まちがってもいい、まずは自分で考えろ」「なんで怒られてるかわかる?」「お前は恥ずかしい行いをしていることを自覚しろ」「仕事が終わるまで帰るな。やり方は自分で考えろ」

就業中がこれ。パワハラいただきました!

「俺の飯をかってこい」「俺の酒が飲めないのか」「彼氏はいるのか。彼女はいるのか」「子供はいつつくるんだ。週に何回やってるんだ」

就業時間外がこれ。アルハラセクハラいただきました!

たまたま1人すごく優秀な子がいて、この上司の下でうまく育ってしまったが故に増長が止まらない。

その部下が特別優秀なだけなんだよ!!お前の手柄ではない!!

しかしたらプライベートがうまくいっていなくて妻にも子供にも無視されているからせめて部下にマウンティングすることでプライドを保っているのかもね。

そう考えるといろんなことに合点がいってさらにとても腹が立っている。

私はもちろん誰に対してもバカにしたような態度をとりその上ボスの前では部下への不満を述べ部下の前ではボス悪口を言う。

そして自分だけは一生懸命仕事をしてますよみたいな顔をする。

勤続年数が長いだけだろ!




まぁ、そうですね。

当方パートのおばちゃんである以外は100パーセント創作です。

こんな上司がいる職場嫌だなぁ。

みんな助け合って仕事しようぜ!

2018-06-04

https://anond.hatelabo.jp/20180604230330

私服来て来たら圧迫面接ネタにしてやろうなんて考えてるクソ企業詭弁だな。

指定もされてないのに企業面接礼服着ていく奴なんていねーし、

いたならいたで好きに減点すれば済む話だろ。

2018-05-23

日本就活のどこがおかしいのか、細かく指摘していく

日本就職活動無意味さに非常に呆れかえっている。

想像以上の非効率さを目の当たりにして、漠然と抱いていた「社会人への憧れ」が粉砕されてしまった。

特に大手企業対応には眼に余るものがあり、入社するつもりだった会社にも幻滅してしまった。

この様子だと入社後の扱いや会社の行く末も知れている。今は真剣に辞退を検討している。

僕が具体的にどういう所に就活の非合理・非効率を感じたのか、記憶が新しいうちに記録しておこうと思う。

マイページ

一社一社個別マイページ登録させられる。

個人情報一切合切を書き込む手間が毎回あり、それだけで一社あたり1020分ほど使わされる。

エントリーシートの締め切りもマイページに書いてある場合が多いので、まだ募集しているかどうかわからないのに登録するハメになる。

そのため登録してみたら実は募集が終わっていました、なんてこともしばしば。

それでいて選考通過のお知らせは電話でよこすのだから意味がない。マイページメールボックス使えよ。


エントリーシート

多くの場合面接ネタにするだけのものである

志望動機学生時代に力を入れたこと、などが鉄板

これの厄介なのは合計1000文字など平気で要求してくるところだ。

もちろん使いまわせるところは使い回すが、同じ「学生時代に力を入れたこと」でも400文字と800文字ならいちいち直さなければならない。

それを20社、30社と出すのだから学生負担は計り知れないものとなる。

無駄に力を入れてユニークな設問を入れてくる会社もある。その場合、また改めてゼロから400文字ひねり出さなくてはならない。

しっかり読み込まれているならまだしも、面接ときの「話のネタ」程度で終わるのがオチである

そのうえ、面接エントリーシートの内容について口頭で説明させることも多い。

御社を志望した理由は何ですか?」と抜かしてくる。

エントリーシートで400文字もの志望動機を書かせたのにも関わらず。

失礼としか言いようがない。

説明

地方学生であってもわざわざ東京説明会に参加しないとその後の選考を受けられない、という場合が多くある。

最近ネット説明会を導入する会社も増えているが、やはり基本的には説明会への参加を強要される。

このインターネット時代に何をやっているのか、開催する方もそれなりの負担があると思うのだが……。

webテスト

対策したもん勝ちである

学力を見たいのなら学歴判断すれば良いのである。もしテスト学力を見たいのであれば、対策のしようがない、自社製のテストを作るべきなのだ

その労力を企業が怠るために、学生はわざわざ本を買ってwebテストに備えるハメになる。

学力テストならまだましで、「精神疾患へのかかりにくさを測るテスト」というもの存在し、実際に大手企業が使っていた。

これがたとえば「がんになる可能テスト」だったらどうだったであろうか。疾患リスク採用候補者を絞るのは完全な差別である

社員仕事うつになった時、自己責任にするような会社なのだろう。

面接

一回あたり30分〜1時間面接複数回行う。

このような面接学生能力人格がわかるとは到底思えないのだが、ご丁寧に日程を分けて3度も4度も行うので交通費時間もかかる。

話す内容は学生時代アルバイトサークルなどでの仕事についてだ。

これは嘘をついたもん勝ちで、一部の本当の努力家か、その人たちの成果を横取りして話した人間突破することができる。

しか企業側もうまく嘘をつける人材が欲しいのかもしれない。そうであれば妥当選考か。

GD

グループディスカッション

協調性論理性など、チームで仕事をする際の能力を見ていると思われる。

これは会社タイプに合わせて対策を変えねばならない。

新卒採用HPの「求める人材」の欄に「協調性」とあれば余計な自己主張はしないのが吉。

たとえ納得できない論理が展開されていても、遠回しに否定するか反論を諦めるかしないといけません。それが会社で求められる能力です。

ちなみに僕はほぼ発言しなかったGDに通過しました。そんな選考やめちまえ。

内定

怒涛のオワハラの開始だ。

オワハラとは「就活終われハラスメント」、つまり内定を出した学生を囲い込むために就活を終わらせようとすること)

そもそも最終面接において、学生第一志望と宣言するかどうかで内定の有無を決めることからしてオワハラだと思うのだが、内定後はさらに酷いオワハラが繰り広げられる。

「他社選考の集中する日程に研修を入れる」「他社は辞退します!と言わせる」など、立場の差を利用してありったけの圧力をかけてくる。

僕はこれがトドメとなって第一志望の志望度がダダ下がりし、内定辞退を検討している。


その他

つらつら書き連ねてきたが、他にも書きたい「企業学生に対する失礼な行動」がたくさんある。

サイレントお祈り勝手に送りつけられるパンフレット圧迫面接などなど……。

大学学業について、「社会では役に立たない」から、とバカにしてくる企業もあったそうだ。

また、周りからプレッシャーにもすさまじいものがあった。

学校コネ入社できるんでしょ」「学歴がいいんだから、いい企業から内定がもらえて当然」「何のためにいい大学に入ったの」

このような心無い言葉に何度傷つけられたかからない。

親がバブル世代であり、就活に苦労しなかったこともあって、無理解や誤解には非常に苦しめられた。

加えて、卒研担当教官からの「早く就活おわらせて学業に専念してね」というプレッシャーも非常に苦しい。

就活が長引けば研究が終わらず、卒業できないリスクが待ち構えている。そうなれば入社がどうこうという話ではなくなってくるのだ。


結局、何が悪いのか

このような事態学生一方的我慢せざるを得ないのは、全て新卒一括採用のせいである。

周りの学生比較して内定が取れていないと焦り、追い詰められてとりあえず適当会社を受けて内定をとる。

入社後、その仕事がちっともやりたくなかったということに気がつく。

やりたくない仕事毎日残業までこなし、転職の余裕もなく、会社で消耗して精神を病んでしまう。

あるいは、自分に合わない業界就職活動をし、内定をもらえないまま夏を迎える。

間違いに気づいた時にはすでに遅く、新卒カードを失った就職浪人生ができあがっている。

翌年あらためて就職活動を行うも、就活に失敗した「劣等生」を採用する会社は少なく、学生の時には無かった苦労を強いられる。

これらは学生自己責任などではない。

新卒一括採用を行い、そこでレールを外れた人間は一生「レールの上」に戻れない。

そのような採用方法がなければ、自分のペースで就職活動を行い、じっくり会社吟味することができるはずなのだ


就職活動を通じて、僕は日本企業に本当に幻滅してしまった。

御社」の内定は辞退し、海外にでも行って働くのがいいのかもしれない。

しかし踏ん切りがつかないでいる。それは僕自身も、この就活を通じてすっかり価値観を染められてしまたからなんだと思う。

まさか就活うつ」を超えた先に「内定うつ」が待ち受けているとは思わなかった。このまま入社すれば「社畜うつ」が待ち受けているのだろう……。

いくつもの圧迫面接を受けてるって凄いな

これまでいくつもの圧迫面接を受けてきた身からすれば

あの甘っちょろい会見で無慈悲とか言っちゃう

恥ずかしいレベル

2018-05-22

母と売り手市場

私は就職活動中の大学四年生です。

お祈りの連続内定は一つも持っておらず、選考中の会社もほぼないため、まだまだ会社説明会に通う日々が続いております

この文章地元から東京へ行く高速バスの中で打っていたものです。

私には持病があります

持病と言っても大したものではなく、激しい運動ができないだけで日常生活問題なく送れるものです。

私の持病にもっとも不理解だったのは母でした。

体育の授業や、運動会やマラソン大会を休むことは決して許してはくれませんでした。

思えば、これまでの人生で母が私の要望を聞き入れてくれたことは一度もありませんでした。

高校受験で、私は工業高校へ進もうとしていました。

それは自分の家は母子家庭で裕福ではなく、兄の学費貯金もないから、高校卒業後はすぐに働きたいと考えていたからです。

しか母親三者面談で大泣きをし始めました。

どうやら母は私に家から自転車で通える場所にある公立進学校に行って欲しかったようです。

結局、教師母親から言葉によって私はそこへ通うことになりました。

元々勉強は苦手ではありませんでした。

苦手な数学を除けば、高校勉強で苦労をすることはなかったですし、楽しいと思える分野もありました。

から大学東京私立大学(MARCHのうちの一つ)に通いたいと思えるようにまでなりました。

しかしそれは許されませんでした。

「うちは母子家庭で、お兄ちゃん学費でもうお金がないから。大学は家から通える場所にある国公立大学じゃないと絶対にだめ」

母の言う条件に当てはまり、私に選択できる大学は一つしかなかったです。

滑り止めを受けることは許されませんでした。

浪人なんてもってのほかでした。

落ちてしまったらどうするの?と聞くと、やはり母は激怒して「落ちるんじゃない受かるの!」と叫びました。

多分落ちたら殺されるんだと思いました。

同時期に、兄が通っていた学校中退して実家に帰ってきていました。

高校三年生の一年間は、うんざりする日々でした。

兄に邪魔をされて、家は勉強できるような環境ではなかったので、勉強は全て学校で終わらせて家では休んでいましたが、それすら母親は許してはくれず、「どうして勉強をしないの!?どうしてそれで大学へ行けると思ってるの!?」と毎日毎日ヒステリックに叫んでいました。

母が私を大学へ通わせたいのは、世間体や、周りの友人や親戚などを見返すためだけでした。

兄の中退によって、母親プライドはズタズタだったのです。

大学には結局合格をして、母親に他の子と同じように遊ぶことを禁止され、監視されながら大学へ通い、今に至ります

就職活動の状況はとても悪いです。

学歴フィルターは仕方ないとしても、持病のことが不採用理由になってしまったときはとても落ち込みました。

一番悲しくなるのは企業の人から「今は売り手市場から」と言われることです。

初めて会社説明会へ行った企業で、そこの社長から言われた言葉は今でも忘れられません。

あなたたちは売り手市場で、苦労をせずに就職先を見つけられるはずです。そして学生気分のまま社会人になる」

その後、延々と今の学生いかに甘えているか聞かされた後、適性検査を受けさせられ(これは事前に知らされていなかった)、後日お祈りのメールを送られました。

CMを流すことのできるそこそこ有名な企業でした。

「今は売り手市場 あなたたちは恵まれている」

どこへ行っても、この言葉を聞かされました。

そして圧迫面接や、選考の場でセクハラなどを受けました。

ひどい否定言葉を投げられたこともあります

遅刻をしてきた面接官が謝ってくれなかったりましました。

サイレントお祈りしょっちゅうでした。

「売り手市場から〜」というのは企業勝手に言ってるだけではないのでしょうか。

売り手市場だったとしても、学生に失礼な言動をしてもいい理由になるのでしょうか。

その言葉免罪符にはなりません。

私たちには立派な社会人になることを求める人たちは、そもそも私たち人間として見てくれていないように感じています

最低限の礼儀すら、そこにはないのだから

こんなことなら、大学なんて通わなければよかったと強く感じています

私に大学へ通わないという選択を許してくれなかった母親すら、今は憎いです。

以上です。

まだまだ言いたいことは山ほどあります

言い足りないです。

でもキリがなさすぎて、書き切れません。

2018-05-13

就活やめたい

就職活動をやめたいけれど、誰にも相談できないし、どうすればいいのか分からない。

私なんかが就職できるわけない。

ブスで人見知りで。

友達もいない。

一緒にいて何話そうか困らず自然体でいれる相手なんて、家族彼氏親友1人だけ。

小中高大、集団に馴染めなかった。

馴染もうって頑張ったサークルも、4年生になって辞めてしまった。

アルバイトだけは上手くいってるけど、そういう距離感しか馴染めないんだと思う。

こんなだから面接でも緊張しすぎて上手く喋れなくて。

幸い圧迫面接とかじゃなくて、優しい面接官の方ばかりだったのに、口下手なせいで上手くいかない。

もし内定貰えたとしても、私なんかがちゃんと働けるだろうか。

責任なんて負えないし、プレッシャーがすごい。

まわりはもうほとんど内定もらって就活終わってるのに、わたしは全く進んでない。

就活やめたところで、卒業したらフリーターかな。

働きたい気持ちはとてもあるけれど、私にとってはそのスタートラインに立つまでのハードルが高すぎる。

不安で押しつぶされそう。

でもこんなこと親に言えない。

奨学金なしで大学まで通わせてもらって、何不自由ない生活させてもらって、

親不孝すぎる。

就活できないやめたいなんて言えない。

どうすればいいのかな。

2018-04-03

うつ病になって10年が経った

正確には「うつ病と診断されて」10年。

自分でも(多分思い出したくなくて)記憶曖昧なんですが、親の借金の返済と就活での圧迫面接の頃から大分おかしかった気がする。その頃から数えると13年くらいかな。

他の人はどうしてるのか知りたくて闘病記のたぐいもけっこう読んだけど、2~5年くらいで治ったり寛解したりして終わるのが多い。

自分はというと、表面上はかなり回復したようには見える。

まだサインバルタなどの抗うつ薬は飲んでいるものの、働けてるし、ゲーム読書などの趣味はある程度楽しめるようになった。前ほど集中力は続かないけど。

でもなー。

人を信じられないんですよ。

なんか、この世界は全部舞台ベニヤ板のセットの裏では機械人間の形をしたものを動かしている、みたいな妄想から離れられない。

もちろん自分もその人間もどきで、自分意志とは無関係に動いている感覚というか。

今かかっているクリニックは割と人気があるみたいで、いつも忙しそうにしてるからこういう相談ができない。

こんなだからか、ちょっと仲良くできる人が現れても、いつの間にか自分から離れていってしまう。

友達が欲しくて精一杯メンヘラを隠して接しているつもりなんだけど、そういうのって伝わってしまものなのかな。

死にたい積極的に思うことはなくなったけど、毎日寝る前にこのまま目が覚めなかったらいいのになーとは思う。

2018-03-18

鉄道雑誌滅ぶべし

昨日、春のダイヤ改正があった。

今年も色んな車両列車が消えていった。189系特急電車キハ183系特急気動車高崎地区115系近郊型電車阪和線103系通勤電車特急あさぎり」、E351系特急電車スーパーあずさ」などなど…。

これまでの活躍感謝をしたい。

ところで、近年の車両引退時の様子がおかしい。主にファンおかしい。

車両接着剤をつける、線路内に進入して列車を緊急停止させる、一般利用者迷惑のかけるような乗り方をしている等々。

このような行為自体は昔からあった。一説によると、1960年代鉄道雑誌読者投稿で既に問題視されていたともされる。

ではなぜ近年おかしいのか。

なんといっても、インターネット拡散されるため、それらが目につきやすくなったことだ。特にTwitter鉄道趣味は相性が良いらしく、悪質な行為を見かけたら撮影拡散炎上までが高い頻度で起きる。目につきやすくなったため、急激に増加したように感じられる。

駅員や他の良識あるファンが注意をしても偽善者扱いで逆ギレされる始末である。本当に居心地が悪い。

列車は誰のために走っているのかをもう一度考えて行動してほしい。

====

ここまでは、それこそTwitterでよく展開される鉄道オタクの悪行だ。

しかし、事の本質はここではないと感じる。

近年の異様なまでの過熱特に引退する車両に対してのフィーバー元凶は、鉄道雑誌と断言する。

論拠として二点を挙げてみる。

買わないが読まれている

出版不況が叫ばれて久しいが、鉄道雑誌に関しては事情が違う。

かに、売り上げ部数はかなり落ちている。インターネットで拾える情報が多いため、雑誌価値は落ちているだろう。

しかし、雑誌立ち読みするファンがかなり多いのだ。他の専門誌などでは見られない現象だ。

私は都内書店(グランデとかではなく、ごくごく普通書店)に行くと、鉄道雑誌の他にも音楽雑誌カルチャー誌の書棚を覗くが、鉄道雑誌のコーナーは常に誰かが立ち読みをし、時には本にたどり着けないくらい人が密集していることもある。

旧型車両万々歳の特集

以下に、とある鉄道雑誌2017年発刊分の表紙写真記載してみる。

1月号:DD51

2月号:EF66

3月号:C62(特集:JR発足30周年)

4月号:583系(特集:寝台電車)

5月号:EF210(特集:JR機関車)

6月号:ED75

7月号:EF66

8月号:DD51(特集:関西本線)

9月号:183系特急電車(特集:私鉄三セク)

10月号:飯田線旧国

11月号:EF63

12月号:EF55

JR化後に落成された車両の表紙が一つしかない。なんてことだ。ちなみに、特集記事は注釈を加えていないものは表紙車両とだいたい合致している。

続いて、他の雑誌特集記載する。

1月号:国鉄時代北海道特急

2月号:JR間の乗り入れ列車

3月号:東京圏鉄道

4月号:ブルートレイン

5月号:JR30周年

6月号:JR30周年

7月号:車両特集

8月号:車両特集

9月号:JR前後民鉄

10月号:2階建て新幹線

11月号:特急気動車

12月号:クルーズトレイン

一つ目と比べると新しいものが多いように感じる。が、既に走っていないブルートレイン特集がある。

鉄道雑誌は、かなり昔を向いて書かれた雑誌であることを感じてもらえるだろうか。他のカルチャー誌が今現在トレンドを追及するスタイルとは非常に対照的だ。

以上二点を合わせると、鉄道雑誌に目を通す多くの人間が旧型車両写真に触れるということが見えてこないだろうか。

雑誌なので、渾身の作品掲載されている。乗車ルポも出ている。そして、文末には必ず「後先わずか」と記されている。

整理された情報で、よい作品と魅力を伝えられてしまえば、行きたくなるだろう。それがまだマナールールがよく分かっていない中高生であっても、昔の感覚で久しぶりに撮影へ行こうと考える中高年であっても。

購買層と読者層の不一致

もし仮に、鉄道雑誌がここまで古いのを追いかけなければ、近年の現象は多少マシだったのかもしれない。

予想される鉄道雑誌の購買層は40代以上と推測され、その層を狙えば特集が古い車両に偏るのは一応理解できる。しかし、立ち読みをするのは全年齢層だ。そうなると必然的に全ての年齢層が魅力に気付き、残り数本となった車両殺到してしまうだろう。

そもそも、若年層に買ってもらえないのは編集部の怠慢だ。他の業界雑誌必死になって読者の確保をしようとしているのに、安定したファンがついているのをいいことに誌面の刷新全然行われていない。それどころか一昔前のデザインに戻したりする始末だ。

マナーの話になると押し黙るよね?

もう一つ、気になって仕方ないのが、ここまでマナー問題視されているのに、雑誌では全くといっていいほど触れられないことである。毎年のことだから…と深く考えていないのかもしれないが、もはやそんな悠長な問題ではない。現場にまで迷惑をかけるほどの大混乱ぶりである

これは本意ではないが、鉄道会社が鉄道雑誌マナー向上を呼び掛ける全面広告を出してもいいかもしれない。

インターネットでは「マナー問題炎上しても、破るやつには届かない」という意見もあり、私もそれには同意する。けれど、鉄道雑誌であれば読者層がとても広い。インターネットでやるより、よほど広範囲に現状を認知させることが出来るだろう。まぁ、認知させることができても、行為がなくなるとは思えないが…やらないよりよっぽどましだ。

「本意ではない」というのは、広告ということである本来なら鉄道会社が「この文章を載せない限り、二度と取材はさせない」というくらいの強気で出たって構わないくらいである。

とある鉄道雑誌編集長面接したことがある。非常に印象が悪かった。新しいことを取り入れる気概を全く感じられず、ただプライドが高かった。ついでに典型的圧迫面接だった。かれこれ数年は採用募集しているが、あれでは仕方ないな、とも思った。

鉄道雑誌各社は、「インターネットのせいで雑誌が売れない!!」とただ嘆いてるだけで、実はとてもひどい状態引き起こしていることにどうやら気付いていないようだ。もしこの調子であれば、このまま滅んでくれたほうが、鉄道趣味にはプラスになる。

2018-03-12

anond:20180304120914

ところがだな

ゲレンデマジックという言葉があるように

就活にも説明会マジックとか集団面接マジックという言葉があってだな

あの意識高そうな独特な雰囲気に飲まれたり、極度の緊張状態におかれたりしたために吊り橋効果のような錯覚が起こり

その場にいる異性がなんだか魅力的に見えてしまう事がごく稀に発生するんだ

忘れもしないあの圧迫面接の帰り道

面接時に隣にいた武井咲似の女の子に意を決して僕は声をかけた

しかし振り向いたのはハクション大魔王によく似た女子大生だった

2018-03-07

anond:20180307050819

正社員でも今時やらんのにバイト圧迫面接とか頭おかしいやつもいるもんだな

バイト面接の合否待ちなう

そのバイトをやりたいというよりも「また求人に応募して、面接を受けて、合否待ちをする」のがめんどくさいから、受かっててほしい。

今日までに連絡があれば合格なんだけど、期限ぎりぎりに合格電話が来る望みなんて薄い。

けれど、給料振込みに使う銀行口座を持ってるかの確認や、制服サイズ、「採用電話をしたいので電話番号教えてください」の質問に期待してしまっている。

全員一律に聞いてる可能性の方が高いし、他にも応募者いるらしいから比べられたんだろうな。圧迫面接気味だったから、案の定質問の受け答えボロボロだったし。落とされる要素なんていくらでもある……。

またバイト求人さないと。バイト面接でこれだったら、就活もなおさら不安になってきた……。

2018-02-26

詭弁っつーか圧迫面接っつーか

相手言い負かすには質問攻めにすればいいだけだよな

質問より回答する方が明らかに大変だし

無視されたら勝利宣言すればいい

2018-01-27

anond:20180127100138

馬鹿発見

圧迫面接をするような馬鹿会社に入ってはいけない事を就職活動してる人間に周知すればいいだけ。

入ってはいけない会社かどうか就活してる側が選ぶための判断材料無意味に減らす必要はない。

圧迫面接が有るかもと学生に身構えさせるより

圧迫面接の根絶を目指して行きたいよな

2017-12-23

転職エージェント圧迫面接を予告された

面接の案内メールに以下の様な一文があった。

厳しい態度をとる面接官がいます。あえて厳しい質問をしてストレス耐性や、その受け応えを確認しています

圧迫面接やるようなクソ企業は、内定もらっても受諾しないし、面接するだけ無駄から辞退したいと伝えたところ、色々ゴネられた。

何なのかね。

2017-12-17

電○の新卒面接は異常だよ

現役電○社員から聞いた話。

新卒面接の時、

女子大生面接官にこう言ったらしい

今日は私は自分の殻を破りに来ました!」

そう言って女子大生は着ているリクルートスーツを脱いだ。

そして見えたのは、Tシャツ姿の女子大生

Tシャツには電○の企業理念であるgo○d innovation」が書かれていた。

そして、そこから普通面接だったらしいが

インパクトがすごかったので、その女子大生はぶっちぎりで内定をもらっていたそうだ。

また、インパクトのない人には圧迫面接をかけるとも言っていた。

どういう人かが見えてこないため、それを見るために。

異常でしょ?

2017-12-01

圧迫面接の指摘

圧迫面接を受けた(と思った)とき面接者に対してそれを指摘するのはよくある話なのだろうか?

なんとなく、家族や友人などの第三者には話しても、当事者に対しては面と向かって言わないと思っていた。

なぜこんなことを思ったかというと、バイト面接を受けにきた方が、後日電話で伝えてきた。

私ともう一人の社員とで面接を行い、その彼が圧迫的な質問をしたのだという。

しかし、客観的に見て、面接時の質問として一般的ものであって、決して圧迫と呼ばれるような内容ではなかった。

(なんでウチを受けたの?レベルだと思ってほしい)

それだけでも驚いたのに、更に、ぜひ採用してほしいという。

え、いいの?仮に採用されたら彼の指示で働くんだけど?めちゃくちゃ気まずくない?

と頭の中ではてなマークが飛び交った。

難関大学大学生で、受け答えも普通だったので、この件がなければ採用していた。人手も足りないし。

でも、こんな目に見える地雷は踏みたくないよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん