「日本的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本的とは

2018-07-11

スポーツ人種

昨日のフランスベルギーを見て思ったこと。

まず、人種ってのは差別対象ではないとは思うけど、明らかに違いはあるんだよな。

こう言うことを言うといつも「まだ民族人種に囚われているのか」みたいなことを言われるんだけど、

そうは言っても、

別に完全に同じじゃなくても、

ゲルマン人アングロサクソン人みたいに連続的で似てるならともかく、

フランスベルギー白人アフリカ系の黒人じゃ見た目も運動能力も完全に”違う”からね。


日本においても、大坂なおみケンブリッジ飛鳥みたいなのは駅伝助っ人外国人感、または単に外国人に見えてしまう。

別に、道を歩く黒人黒人容姿ハーフ日本国籍を持っていて、日本人として接してきても違和感ほとんどないと思う。

でも、これはスポーツからこそ、自分スポーツを長くやっていたからこそ生じる違和感のような気がしている。

要は、運動能力などに自分や周りの人との連続性を感じないために生じるものだと思う。無意識に、”日本的な運動能力”と照らし合せてしまう、というのもあるだろう。


また、フランスベルギーのような受け入れ方を見るとスポーツ黒人だらけになる危機感がある。

危機感といっても黒人に乗っ取られる!ヤバイ!とかではなく、

スポーツを見る行為がこれまでと大きく変わってしまうんじゃないかという危機感

日本代表が黒人だらけになったらもはや日本代表の試合を見る必要性を感じなくなり、

スポーツに対する応援感情も薄まり

プロスポーツ自分からより遠く遠くへと行ってしまうのではないか

そういう危機感だ。

そういうことを感じるところまで含めて、自分は前時代的な考え方なのかもしれないが。

2018-07-08

日本音楽ナショナリズム anond:20180707150628




伝統というもの自体共同幻想だというのはそのとおりで、だからこそ、演歌だけを叩いても無意味だよね、というのが前回増田ね。

伝統というもの共同幻想だとして批判するなら、演歌だけを叩くのは無意味だし、

伝統という共同幻想肯定するのであれば、演歌日本の伝統でいい、という話にしかならない。


はいっても正直なところ、西洋音楽を基にした音楽を、日本的ものとして認めたくないという気持ちもある。

日本の長い歴史から見れば、西洋音楽が入ってきたのはつい最近のことだし、つい最近入ってきただけの音楽価値観社会的支配的になってしまうのは、なんかおかしい。

西洋音楽を取り入れた日本音楽」であれば、それは過去からの発展とみなすことができるけど、

日本音楽を取り入れた西洋音楽」は、過去からの断絶のように感じられてします。

和声進行を基にした音楽」というのはやっぱり西洋音楽である、というふうになってしまうわけです。

でも、そういうのも共同幻想だということになってしまうわけで、

そういう状況の中でできることというのは、共同幻想同士でなぐり合わない、ということくらいしかないと思う。

2018-07-07

オウムのことでちょっと思い出したこと

朝、死刑執行ニュースが速報で流れた。しかも一人じゃない。こんなことが起こるのかと驚愕した。同時に平成の終わりなんだなとも思った。

なんとなく、1995年は何かのターニングポイントだった気がしていて、その流れが終わるなら平成も終わるよなと納得した。

平成って何だったのかなと考えたら、テロ時代だったのかなと思う。日本的テロ時代国際的テロ組織なんかじゃなくて、日本特有テロが多く起こった数年だったと思う。日本テロは俗に世界的な“テロ”とは形式が違う。日本テロが起こってないならそれは世界的に認識されている「テロ行為」であって、テロは起きていると思っている。(オウムサリン事件世界的に認識されている“テロ”と言っていいと思うのだけれど、それでも日本特有テロっぽさがある気がする)

なんというか昨今日本で起こる無差別殺人とか猟奇的事件と報されるいくつかはテロにくくれると思っている。社会適応できていない人(詳細はわからないけれど、彼等には共通した社会への閉塞感があるように感じる)が起こす猟奇的事件すべからくテロだという認識を私は持っている。

なんでこんなこと書いているかというと、自分加害者側になる可能はいくらでもあるからだ。同じことを、14歳の時にレポートにした記憶がある。ふとそれを思い出して増田を書いている。当時通っていた中学自学自習みたいなのがあって、時事問題とかそういうのを自分ひとつ選んで調べて発表するという変な授業があった。キレる17才流行っていたから、酒鬼薔薇聖斗事件を中心にネオ麦茶事件とか少年犯罪についてまとめて発表した。その時一番思ったことは、私も彼らになっていた可能性があるということだった。偶々、犯罪をする境遇にいなかっただけで、同じような環境だったら私も猟奇的殺人犯になっていたのかもしれないなと。だからすごく怖かったし、レポートデータをまとめたグラフを載せつつ結論環境因子としか書けなかったのが悔しかった。

当時は、彼等がその行為を逃れられなかったことに心を痛めたけれど、今はそういう行為をさせた環境をうんでいる社会への疑念の方が多い。殺さなくてよかったんじゃないか私怨殺人とかは動機があるからかろうじて理解できるけれど、誰でもいいからという理由での行為は、最低だし許すべきものじゃないと思うと同時に、その思想に至ったことへの悲しさが強い。

なんとなくだけど、平成はそういうテロ行為が多い気がするんだよな。昭和も妙な事件が多かったけれど、もっと根強い思想みたいなものがあった気がする。オウムの件は彼等的には思想があるだろうけれど、何かが、ひとつボタンが掛け違っていたら回避されてたのではと思ってしまう。そういう、何かひとつきっかけがあったらこんな事件は起こらなかったのではと感じる事件平成には多い気がする。

梅雨あけして夏になった。もし、猟奇的殺人犯となった彼らの日常が、青い空に浮かぶ綺麗な入道雲を見ながら「今年も暑いねー」なんて言いながら友人とアイスを食べる日々だったら、人を殺すことがなかったんじゃないだろうか。「誰でもよかった」という事件が起こる度に悲しくなる。行為は最低だと思うし、ちゃんと償えと震えるけれど、でも、そうさせたのは何だったのかと、それが生きづらさの類なら自分だって加害者側の可能だって充分にあるといつも思う。たまたまそういう境遇じゃなかっただけだ。そんなことで事件を起こして、被害者はどれだけいたたまれないだろう。被害者も、被害者家族も、関係者もみんな。誰も救われない、それが今起きているテロなんだと思う。

平成最後の夏。今夜は七夕。願うのは、みんな被害者にも加害者にもなりませんように。

2018-07-04

オタク向け子供向けのシンクロン合身

https://anond.hatelabo.jp/20180625184652

この延長上にあるお話

本来子供向けだったアニメが長い年月を経てオタク向けに変容してしまったものを、

さらにもう一度子供向けにシフトしていくっていうトレンドが今後の主流になっていくのかもしれない。

ベイマックスは天下のディズニーが送り出したおかげでその日本的オタクテイスト大衆向けアニメ映画の健康テイストが程よくミックスされて大ヒットしたのは記憶に新しい。

そこからもう一歩オタク寄りの立ち位置ライバルであるドリームワークスがヴォルトロンなんていうものを送り出した。

よくtogetter辺りでは日本海外アニメ表現に関して「完璧だが不自由健全主義」vs「自由だが混乱を生むエログロ主義」みたいな文脈勝手対立煽りネタにされちゃったりするわけですが、

そんなアフィの下らない思惑なんか簡単に消し飛ばしちゃうのがヴォルトロン凄さだ。歴代日本アニメの総復習みたいなことをやり遂げちゃってるのだ。戦闘シーンはSWやスタトレというより

艦隊の真っただ中に飛び込んで姫を助け出せ!ワープで逃げても追ってくる敵を危険星域に入ってやり過ごせ!スペースランナウェイ!なイデオンヤマトだったり、

敵艦に潜入しての等身大での戦いは群がるロボット兵をキックアタック!電光パンチビーム剣で大切断!と血湧き肉躍るアクション満載!そしてわざとらしい露出ピッチリスーツは無いのに何故かエロい

主人公サイドだとシロとキース、この二人がホンマにエロい!ふとした瞬間に魅せる表情がハートに直撃する。ノンケの男アニオタも堕ちる。実際堕ちた。

地の子供向けレーティング基準は完全に満たしてて、ここまでオタッキーに攻めたことが出来るのかって驚愕したよ。

そして公式自分達の作品子供だけでなくオタクに観られていることを意識して、主役五人の設定上の誕生日には必ず特集声優さんコメント動画ハッシュタグ付きでtwitterにアップしたり、

スタッフプロデューサーインタビュー記事を定期的にオタク向けニュースサイトで組んだりと、広報関係も万全の体制で挑んでいる。

こういう流れ見ていると、二次創作があーだとか手下の民度がどーので荒れてる場合じゃねーぞ日本ディズニー!って叫びたくなるわ。

ヴォルトロンもその手のゴタゴタは日常茶飯事ではあるけれど、こっちは英語圏全般を巻き込みますからね。地球丸ごと超決戦ですよ、ハイ

それでもその手のアピールドリームワークスが続けているのは、オタク文化と大衆文化の更なる融合、垣根そのものを無くして新次元表現を産み出せる環境作りを目指しているのかもしれない。

今までもこれからオタクオタクであり続けるし、世の中に揉め事は尽きない。でもせめてアニメを見ている時間だけは仲良くしようぜ?

2018-06-29

ひとくくりに「スポーツ」と呼ばれるが、別個の概念に思える

運動競技紳士競技、ショースポーツ

適当に名づけるとしたらこんな感じかな

最初はただ身体を動かしていただけ

木製の籠にボールを放り込むこともあれば、

さらに遡れば、処刑された罪人の頭部を蹴飛ばしてたとか

もっと原始的もの、これが運動じゃないかなと

んで、それだと余りにも弊害が多いと

ルール無用運動だと怪我人が出るだろ

何より見ていて胸糞悪いしな

そこでルールを決めてジャッジすることにした

これが競技

競技として大分マシにはなったが

まだ、名士がそれをプレイするのは憚られる

そこで紳士的、という概念が取り入れられる

サッカーラグビー経験ある人はこの概念を聞いたことがあるはず

これで、名だたる名士が名誉を賭けて戦うようなものになったわけ

紳士的なスポーツ紳士競技って呼んでおこうか

んで、最後がショースポーツ

プロレスなんか分かりやすいし、メジャーリーグもそうだね

野球競技臭いのは、日本人スポーツ歴史を知らんからだろう

真剣さと楽しさの両立を良しと出来ない、日本の文化的土壌もあるけどな

勝ててもショーとして成り立たなきゃ興業としては失敗ってことだな

負けて楽しくはなりづらいので、勝ちながら楽しませなきゃならない

んで、日本アメフトだかラグビー運動なんだわ

スポーツとも競技とも呼ぶのもおこがましい野蛮な遊び

から人が死ぬだって原始時代の遊びだもの

今回のW杯はどうだろうな

少なくともショースポーツではない

競技ではあるが、紳士競技かは分からない

面白くない場面ではあったけれど、それが悪かと言われると難しい

ただ、毎度思うけどW杯ってレギュレーション微妙だよな

あとサッカーのもの勝敗の不確実性がやばすぎる

順当に勝ち上がるか大番狂わせか、つまらない展開か分からない

これを正当にあるべき姿にするなんてこと出来るのかね

紳士的かつ日本的な誠実さを重視したプレー

これは10年、20年前の日本サッカーならあったと思う

決勝トーナメントどころか緒戦敗退を繰り返していたね

その時代日本サッカーに戻したいってなら、良いけどさ

そんなことないんだろ?

正しく楽しく勝利しろ戦犯は徹底的に断罪する

なんだ?日本戦時中か何かなのか?どうした?

って感じ

2018-06-26

anond:20180626142659

建設的な考えをするなら「痴漢を無くすにはどうするんだ?」って考えだろう。

それは無実の男性の考えることじゃない。

鉄道会社警察仕事押し付けんな。

日本的には、痴漢トラウマを抱えた女が居ることで少子化進むし

強姦されたり色々あれば少子化が進む。とにかくすべては女が握っている。

女が居なきゃ子供産めないから、そりゃー女は大切にするだろ。

この理屈が正しいなら、現状出生率2を切ってる日本では女性を大切にする理由はない。

そんなわけないが。

男女ともに大切にすべき。

anond:20180626142404

毎回毎回見てるけど、面倒な野朗だな。

ここで言ったところで何も変わらないだろうが。

建設的な考えをするなら「痴漢を無くすにはどうするんだ?」って考えだろう。

日本的には、痴漢トラウマを抱えた女が居ることで少子化進むし

強姦されたり色々あれば少子化が進む。とにかくすべては女が握っている。

女が居なきゃ子供産めないから、そりゃー女は大切にするだろ。

2018-06-25

その他大勢からの足抜け

今回の件は匿名とか顕名とかじゃないとおもうんだよね。そういう意味では被害者加害者ハンドルはもってたわけで。

Hagex氏が「その他大勢有象無象から足抜けしようとしたこと」がきっかけの気がしてしょうがない。加害者はその足抜けが許せなかった、というか、結果論として許さなかったというか。

そういう意味で非常に日本的香りを感じる。俺もうんこだがお前もうんこだ。手を洗うなんて許せん、みたいな。

anond:20180625103705

無言でいるわけでもなく、ちゃん言葉にして「すみませんちょっとキツいんで譲ってもらえますか」って頼むわけでもなく、

マークっていう中途半端いかにも日本的折衷案が無駄コンフリクト起こしていると思う。

ちゃん言葉で「お願いします」って伝えれば必ず譲ってくれる。

別に他の優先席に座るべき理由もないのに譲らない・文句言うやつがいれば初めてそいつ批判すべき。

マーク自体そもそも制度設計として間違いの元凶

2018-06-24

anond:20180624101941

欧米に比べて遅れてる日本は恥ずかしい!

とても日本的な感性ですね

2018-06-20

anond:20180620173710

いっかに日本的な、製作委員会の誰かがたつき気に食わね?みたいなところから始まって、製作委員会内でヘイトが溜まって、「製作委員会合意で降ろされた」だと思うよ。

ま、言い出したやつと、同調したやつはいる。

角川も言い出したか同調たかのどちらかの立場にいる。

anond:20180620141436

製作委員会意向」と言っても、誰か「たつきを降ろせ」といったやつがいるんだよね。

製作委員会」の誰かが言って、結果として総意としてたつきを下ろす決断を下したんだ。

製作委員会の誰もたつきを降ろせと言ってない」というのは絶対にありえないわけなので。

いやはや日本的ですなぁ。

誰が言ったのか知らんが、調子が良いとき外野でボソボソと自分の取り分増やそうとしたり、足引っ張ろうとするのに、

いざ大問題、超高価値IP価値がだめになったらその降ろせと言ったやつ含めてみんなだんまり

2018-06-18

anond:20180618095257

権力が言えば嘘も誠になる、と信じてるから

日本的権力社会がもう崩壊し始めているのに気がついていない。さら発言者自身権力である勘違いしている。

2018-06-15

国立大学の潰し方 (7つの行程)

日本国立大学は次のようにして潰すことができる。

1. 国の庇護から追い出す

国の手厚い保護があっては潰すことができない。

まずは、国から切り離す必要がある。

これは2004年独立行政法人化で実現した。

これが、国立大学を潰すための第一である

2. 継続的予算を減らす

大学が、潤沢な予算を持ち続けるようでは潰すことができない。

継続的予算を減らし、弱体化させる必要がある。

これは、運営費交付金を年率1%継続的に減らすことで実現する。

現在も順調に進行中であり、独立行政法人化後、10%近くの減額を達成している。

運営費交付金は、人件費施設維持費を含む大学運営の基盤となる予算であるため、10%の影響は甚大である

大学の弱体化は着実に実現できている。

3. 争わせて疲弊させる

国立大学間で互いに争わせることで、各大学疲弊させ、弱体化を加速させる。

取り上げた運営費交付金競争資金に振り分け、各大学間で申請作成評価報告書作成のためのリソースを浪費させる。

競争資金の増枠は、大学関連予算全体は減っていないという口実にも使える。

これは現在実施中であり、次項に述べる「研究以外のことにリソースを使わせる」ことによって効果を最大化できる。

4. 研究以外のことにリソースを使わせる

国立大学は、もはや競争資金によって限定される用途を選別する余地も無いほどに追い詰められている。

この事実を利用し、競争資金用途大学改革受験制度改革組織改革グローバル化などの名目で、研究以外の用途限定する。

日本から論文数が減少し、この成果は着実に上がっている。

5. 研究者の発想による自由研究を行わせない

学術の発展に不可欠な、幅広い研究実施を防止するために、「選択と集中」によって特定研究のみに取り組ませることを行う。

特定の分野のみに大型予算措置し、それ以外の研究を極力排除する。

6. 大学間の連携を絶つ

国立大学は、国立大学協会によって連携を保とうとしている。

国立大学の団結を阻止するために、これを早めに絶つ必要がある。

国立大学と言っても、都心地方では大きく事情が異なることを利用し、大学を「地域・特色・世界」に3分類し、互いの目指す方向を分散化させる。

国の補助も分類ごとに分け、さら指定国立大学など特定大学のみ扱いを別にするなどして、大学間の協調積極的に乱す施策実施する。

7. 民間企業から教員理事を送り込む

民間企業の実務者および経営者層を、積極的国立大学に送り込み、大学意思決定を混乱させ、最終的には傀儡とすることを目指す。

バブル崩壊経済停滞を実現した主体である日本経営思想を埋め込むことで、国立大学においても崩壊を実現する。

最終工程

上記方策により国立大学の弱体化を実現した際には、すべての責任国立大学自身に負わせ、

高らかに国立大学を減らすべきである」と宣言する。

(「国立大の数を適正に」経団連提言 - 産経ニュース https://www.sankei.com/economy/news/180613/ecn1806130036-n1.html )

2018-06-14

他人事ではなかった

新幹線事件で「もう家族ではない」というコメントが出たとか祖母に預けられていたとかい記事が出ていたり、大言壮語して何もしないアラサーニートを殴りたいという増田があったりして、他人事に思えなかった。当方アラサーニート

社会は優しくて、問題を起こしても「お前は底抜けに知能が欠けているが、悪気はないから仕方がない。何か困ったことがあれば助けてやる」という態度でいてくれた。小学生の頃にはDQN(他に語彙がない、申し訳ない)がいきなり凄んできて囲んでゲーセンに連れていかれ、遊ばされたこともあった。彼らは勝手に危ない所へ連れて行き、家の金を使ったと罪まで被ってくれたりもした。つまりそれほど目に見えて社会から隔絶され、おかしな考え方をしていて危険状態にあるということが小学生 ── 低学年だったと思う ── から見ても明らかで、彼らは同じ人間として救わなければいけないと考えたわけだ。それは一回きりで、おそらく決定的に何かを変える効果はなかった。

家では、成功も失敗も、軽重に関わらず何がしかの交換材料として扱われた。ほとんどすべては定性的で、失敗の原因はすべて単なる怠惰であって努力を人並みに戻せばよいもので、成功は何らかの権威の成果ということになっていた。お前の努力の結果ではなくカネが注ぎ込まれたか成功したのだとか、だから喜ぶ前に感謝しろとか、あるいはこの前の成功面白かったのだから次はもっと面白成功しろとか、この前の関係のない成功がこれに繋がったのだからよく考えて喜べとか、記憶に残ることは常にねちねちと引き合いに出された。成功と失敗と言っておいてほとんど成功した時の反応の話だが、不都合なことを告げた時に何が起こったのかは、覚えていないのかもしれない。新幹線犯人/容疑者祖母に言われていたという、社会は厳しいんだとかお前は穀潰しだとかいうようなことと似たようなことを言われていたのかもしれない。常にお前は天才でありかつ社会は厳しいのだからだめな人間だと言われ続けていたような気はする。

結果が出る前でも、何か行動をしたり計画を立てたりすると厳しい批判に晒され、監視され、常に望ましい形に修正させられた。最終的な成果よりも、行っている方法一見して正しいこと、過程でも承認欲求への分け前があることを求められた。学生のうちはお前の仕事勉強することだと言われ続けたが、この勉強することというのは明快に勉強道具を扱っている姿を見せることであって何らの定量的結果を出すことではなかった。だから道具を開いて時間が過ぎるのを待つとか、これは暇潰しであって計画遂行ではないと言い訳しておくとか、成功のように見えるが小規模な失敗であって取り上げるに値しないと報告するとか、これは多少の戦略的転進であってやはり取り上げるに値しないと上げるか、これは見て分かる通りこういう結果だが結果を正しく判定するには更に時間と手間がかかり説明は困難だと返すとか、あるいは説明放棄して起きたことはすべて握りつぶすとか、とにかく餌を与えず介入する余地も見せない工夫が必要だった。

中学の時には級友から「なぜお前は何をするにも次々予防線を張るんだ」と言われたこともある。既に直す動機もなかったし、何を予防線と言っているのかもほとんど理解できなかった。

大言壮語しておくのは、本当に結果を求めるよりも安全だった。実感の薄い遠大な目標と、ふわっとして中身のない成果、手頃感のある予算規模は、例えその先に崖しかないとしても、もっとも輝ける道だった。

日本的大企業製品の欠陥だとか、業績不振ニュースとも被って見える。身の丈を外れたハイエンド志向、複雑で意味不明設計一見して分かる製造品質ハイエンド志向しておけば言い訳が立ちやすい。成果が難解なほど叱責を免れやすい。見た目を磨いておけば体裁が整いやすい。そういう製品を使おうとは思わないが、その舞台裏に書いてきたような苦しみがあるとすれば、共感できる。

社会は手を差し伸べ続けてくれたが、握り返すことはできなかった。今でもできない。彼らは同じ人間として助けようとしているから、「困ったことがあれば」という留保があり、自我確立しない緩やかな自殺志願者は助けられないのだ。人類進歩調和のために今必要だとか欲求を充足することに理屈は付けられるが、そこに主語を与え、理屈実践する主体自分であることを必要とするのはエゴなんだ。強い動機を育てられなかった人間は、一体どうすればいい? 社会はこの使い道のない人間個体をどう加工し、使役し、どんな成果を取り出してくれる?

何か希望することが許されるなら、それを教えて欲しい。

2018-06-09

[] コモンズ世間

ははーん、なるほどね。

海外では「コモンズ」という概念があるのか。日本でいうところの「世間様」に近いね

 

コモンズCommons)とは、日本語でいう入会(いりあい)の英訳

ドイツ語では Allmende。

ただし、日本の入会地は、ほとんどが入会団体などの特定集団によって所有・管理されているため、誰の所有にも属さない放牧地(草原を広範囲に移動する遊牧民でも自由に利用できる放牧地)などを意味する「コモンズ」とはニュアンスが異なる。

日本国の法制度における入会の取り扱いは入会権を参照。

前近代の遺制であるが、法制度上も実際にも存続している。

 

ヨーロッパ人がその文化をもとに作った「自由民主主義」は、日本人には向かない仕組みなのではないだろうか?

内心の多様性を前提として人々の行動を「ルール」でコントロールする「自由民主主義」と、みんなが同じ「モラル」を共有していることを前提とする「日本モラリズム」(世間さま主義)の間には致命的な矛盾がある。

このミスマッチがもたらした社会的混乱の事例を豊富に挙げながら、民主制に代わる「世間さま制」(日本コモンロー)の可能性をも思考実験する。

 

日本人は他国に比べ宗教に入っている人は少ないが

実は、とてつもなく巨大な宗教組織に属している。

 

世間」だ。

 

世間とは多数派思想である

なので、日本人の行動は、時代によってまるで大きく変わる。

 

anond:20180609162629

コモンズ問題

anond:20180609114041

それはコモンズ問題社会を維持するためには様々な物が必要で、そのひとつコモンズ社会参加者の行動規範もあたえるし、法や制度にまで落とし込まれていない福祉とか地域社会の維持とかもコモンズに寄りかかっている。「みんなが当然だと思ってるから機能している無形のインフラ」はおおよそコモンズ

もちろん町内会PTAのように徐々に時代とそぐわなくなる慣習やコモンズもあるんだけど、公園きれいなのも、人気のラーメン屋行列ができるのも、コモンズのおかげ。

これがあるからみんなが快適に暮らせているわけなんだけど、これって参加者がそれぞれに行動自制や労力を持ち寄ってるから維持されてるわけ。コモンズによって生きていられるのだから、その維持には全員参加で貢献しなければならない。

日本比較的恵まれてて豊かな先進国なのだけど、その居心地の良さはコモンズが強力であることが背景にある。悪い方面で評すれば同調圧力だけど、良い方向に評すれば謙虚几帳面生活文化があるから。金払ったんだから俺らはお客様だぞー! なんてサッカースタジアムうんこゲロ撒き散らかしたりはしない。

んでまあ、コモンズは前出したように「みんなが心地よく過ごせるという利益を得ているんだから、みんなも維持に貢献しましょうね」って理屈で動いてるんだけど、それを、子どもに言い含めるように理屈抜きで感情駆動にした表現が「日本は良い国、愛そうぜ」ってものだ。

から本質的には愛情必要ない。愛情なくただコモンズの維持に貢献すればいい。でもそれって普通人間精神には難しい。参加コミュへ「参加している意識」が必要で、必要ならば愛着心とか向上心とかあったほうがずっと楽で、多くの場合まっとうだ。愛国心はそこまで必要じゃないけれど、社会貢献は必要だ。

「法に反しない範囲であるのならば暗黙の前提や協定であるコモンズなんて破ってもOKだ」という人間がいるけれど、じゃあ、彼らはコモンズから利益を得ていないかというと、得ている。秩序ある社会利益万民にとって有益から。なので、そういうことを言う人は「社会維持観点でのフリーライダー」だとみなされる。

近年、経済的に厳しさを増す中で、ベンチャー企業オーナー発言などが合理主義に偏りすぎて、この種の「コモンズに対する搾取」方向になったりして炎上する(法的には無罪なんだから何言っても/何やっても良いだろう系)。また移民が増えれば、彼らは日本旧来のコモンズ維持の習慣なんかは学習していないわけだから、当然日本コモンズへ貢献しない(でも清潔や安全や信頼ベースの商習慣などの利益は得る)。そういう光景日常化して、世間でも、コモンズの維持に敏感になってきているように思える。日本的に言うと「これだから他所者は信用できない」だ。

愛国心を求めるような言説はその文脈に従って理解されるべきだと思う。要するに大事なのは地域社会の心地よさなんだから、そこに参加して貢献すればそれでいいだけだ。

2018/06/10 13:44 追記

なんかブコメいっぱいつけてもらったんで、補足を追記。上記生地は裏返しても成立する。つまり「国を愛する精神を声高に叫んでも、地域社会の維持に貢献しなければコモンズ的にはタダ乗り」。素人Web論壇みたいなのが花盛りで、そういう「愛国心だけをさけぶひと」が可視化されちゃったのも不幸なことだと思う。公共の場所はきれいに使う、列の割り込みはしない、軽挙妄動せず災害に備えて準備する、子どもがかけだしたら安全に注意する。別に大した話じゃないのに愛国なんとかで締め付けるのは窮屈。良い文化は捨てる必要ないよ。

2018-06-08

失われた20年なんてのは嘘だよね

それ以前の好景気自体が偶然と暴走産物であって、それは必ずしもこの国の実力というわけではなかった。

その陰で誰も真剣に考えてこなかった戦後教育や変わらない戦後体質の悪影響は、この国の人間達に服従することだけを教育し、主体的な変革の意思を奪い、未だに日本的大企業失策日大のアレをはじめとして、日常生活のさまざまな場面で散発的に大きな問題を起こしている。

これまで誰も指摘する人がいなかったし、先人の手前できなかったと思うけど、ハッキリ言って、この国は戦後70年舵取りを誤り続けたんだよ。

単発で就職氷河期やら失われた20年やらがあったわけではない。

1発当たって消えるベンチャーお笑い芸人よろしく、実力を過大評価して直視せず、決して本当の意味で良くなることをしなかったんだよ。70年ずうっと。

そんな体たらくの国で若者自動車買わないだのゴルフしないだの子供産まないだの、バカ言ってんじゃないよ。

衰退するべくして、滅ぶべくして今まさに滅んでいるんだよこの国は。

2018-06-07

4コマ漫画の作者もネトウヨらしいという噂を見た。たしかにあの漫画を読んだとき古き日本的保守的思想でなんか嫌だなとは感じた。とくに会社上下関係などが気持ち悪かった。キャラクターかわいいけど、どうにも滲み出る思想気持ち悪くて1巻で挫折。まあ作品思想は滲み出てくるものだよな。

ネトウヨ作品共通してあるのは現状肯定自己肯定と思われる。批判的な視点存在しない。これは多くの日本人習性でもある。戦争責任と向き合わず日本スゲー、俺スゲーを言い続けてきた。だが日本はそうやって大きくなってきたのも事実で、だからこそ日本戦後とは一種カルトだったと思われる。

そしてもうそんな気の狂った夢も終わりの時期が来ているのかもしれないということ。目を覚まして現実と向き合うんだ。

日本芸術が育たなかったのもこうしたカルトの影響もあるかもしれない。エンタメ作品はそのほとんどがネトウヨ的要素すなわち現状肯定自己肯定を持っている。エンタメ作品に触れる客はそれを見て気持ち良くなるわけだ。自分肯定してくれて元気がもらえる、感動できるというわけだ。これは甘っちょろい幻想にすぎない。しかし客はそういったものを欲していた。だから制作者はどんどん飴を与え続けて愛撫しつづけた。甘えてくる客に優しく親切にできるだけ彼らが気持ち良くなれるようなものを作ってきた。

甘ったるいエンタメで育った人間自分肯定してくれないものを受け入れられない。幼稚なまま大人になってしまう。自己批判せず、現実を受け入れず、ただ「俺らは間違っていない。正しい。正義だ。批判するやつは差別主義者だ」と唱えていればよいということになる。現状肯定がすべてで、これ以上の改善など必要ない。すべては完璧で、穏やかで整っていて、甘く心地よい世界から、それを批判することなど許せないというわけだ。自分の完全な世界が少しでも動揺することを恐れている。だから批判は受け入れられない。現在ある完全な世界に浸かりきっていたいから。不完全な現実を指摘されるのは彼らには苦痛すぎるのだ。

たかラノベ批判されたくらいで40代おっさんたちが顔を真っ赤にしてぎゃーぎゃー喚く。これは一体なんなんだ? あまりにもグロテスクじゃないか。きみらはラノベ依存しすぎている。依存しすぎていてラノベ=俺になっているからこんなに必死なんだろう。自分アイデンティティなんだろう。いい年したおっさん中高生向けのエンタメ小説が少し批判されたくらいでブチ切れてしまう。完全にどうかしている。

はてなには目立つラノベオタクが30人程度はいるらしく、いつも固定メンバーが集まってブクマしている。彼らの中で批判精神を持つ者は存在しないから、いつもの固定メンバーが集まって、自己肯定しあっている。またやってるのかと呆れて観察させてもらっているが、ほとんどカルトのようだ。全員同じことを言っていて、自分意思なんかないようだ。ネット受け売りしか語れず、自分言葉を持たない人たち。

彼らを救うことなんてもう誰にもできない。40代にもなって中高生向けの陳腐エンタメ作品擁護でブチ切れしちゃう連中なんてどうやったって話が通じるわけないだろう。ネットde真実の層ともかぶるだろう。何が彼らをそうさせるのか。彼らの中でラノベとは一体なんなのか。「ラノベ定義できない」と言いつつ、ラノベ批判されるとキレるのはよくわからないことだ。結局自分の中でも「ラノベ」という単語の指示範囲がなんとなくあって、それが否定されたと思うからブチ切れてるわけだろう? そしてラノベ否定されるということは、自分自身が否定されたということとほとんど同じようなことなのだろう、彼らの中では。なんでそこまで依存してるんだ? そんなのラノベ依存症だろう。ラノベはきみらを救わない。きみらが50代60代になってもラノベを読み続けることは自由だ。しかしそのときにはラノベ否定されたくらいでブチ切れたりしないような精神的な成熟がほしい。まあむしろ60代になったらさらに厄介な人間になってそうなのがあれだが。

頑張ってほしい。

anond:20180606170440

組織構成員が優しくて甘い人ばかりの場合

良心が欠落して、かつ演技が上手いと優位に立てる。

なんでって、相手が優しい前提ででみんな動いちゃうから

優しくない人からすれば、搾取し放題。

まあだから日本的な優しさ強要組織では、

どーしてもこういう良心欠落系クズのし上がるんだよね。

搾取しようが何だろうが、とにかく数字は残ってるからな。

これを理解してから、俺は優しい人をやめた。

こういう輩ばかり、のし上がらせたくないからな。

他の優しい人が脱落すんのも切なすぎる。

2018-06-05

増田にいる人って地味に想像力に優れているよね

根拠はないけど

たぶん現実世界で平均未満の人とか

アイデンティティすら自分で保てない人がほとんどで

そいつらがいい気持ちになるって言ったら

わかりやすく褒めると猜疑心に阻まれから

こんな感じでほめてみた

俺はわかりやすくこう解説してやってるけど

お前らの現実世界にいる人は自然にこれをやっている

これが「空気を読む」という日本的なことであり、

これすらなくせばお前らは死んでる

anond:20180605142938

そうなん?いい女優から以前みたいに活躍できればいいけど。

本人関係ない親族不祥事一族郎党類が及ぶのって日本的ホントやだ。

2018-06-01

混浴に憧れて

混浴に行ってみたい。

温泉サウナが好きなので、絶滅寸前のこの文化を亡くなる前に一度でいいか経験してみたいのだ。

家族連れとか爺ちゃんちゃんなど、老若男女でひとつ温泉に浸かり、まったりと過ごす…

なんて日本的だろうか。こんなの温厚で平和日本しか成立しないんじゃないか

あ、海外にはヌーディストビーチがあるな。

ヌーディストビーチ紳士的な空間だっていうし、混浴牧歌的のんびり空間なんだろうなー

いいなー行ってみたいなー

でも男一人って行きにくいじゃん?

から彼女誘って今度行こうってことになったの。

彼女温泉好きだし、一度入ってみたいってさ。

どうしても混浴っていうと、どうせエロ目的だろって言う奴がいるんだけど

俺は混浴で他の女性を見ても絶対勃起しない自信があって、

まず女性がいたら普通の男なら目逸らすでしょ。それが礼儀でしょ。

勃起するほど凝視しないでしょ。

しろ混浴女性がいて当たり前なんだから、なんとも思わんでしょ。

あと、俺は彼女が好きすぎて、彼女以外の女性は眼中なし。

デート中はずっと彼女のことしか見てなくて、他の女性は目に入らない。

あと、仕事帰り背中がが痛くて痛くて、「男性女性も気軽にお立ち寄りください」っていう看板見つけて少しでも楽になるならとセブンイレブンの二階にあるマッサージ屋にフラッっと立ち寄ったら(女性もお立ち寄りくださいの看板セブンイレブンの二階っていう日常的な風景で完全に油断した)、

全裸でベッドに寝かされて一番やってほしかった背中マッサージは光の速さで終わって、そこそこ美人若い女性チンコとケツの穴まわりをくすぐられ続けたんだけど、

もう完全に無心で勃起どころかちんちんが萎みゆく一方で、

ちんこ彼女にいじってもらわないと何も興奮しねえなー」と思ってたら

マッサージ女性に「抜いてほしかったら追加で6000円」とか言われて、1ミリ勃起してないちんこ見てよくそんな台詞吐けたな、と思ってそのまま店出て普通整体行った経験もつ俺が

混浴勃起する訳などないのだ。

彼女別に露出狂という訳でもない。純粋温泉が好きなだけだ。

消えゆく文化はあるうちに体験しとかなきゃ損でしょ。

で、一緒に混浴行くことになってネット情報収集した。

「ワニ」の存在は元々雑誌で読んで知ってて、

ワニのいる混浴いない混浴とがあるので純粋にワニのいない混浴行けばいいだけじゃん、とタカをくくってた。

ワニがいる混浴経営者がやる気なくてボロボロで不衛生な傾向がある、と聞いていたので、ちゃんとした混浴なら大丈夫だろうと。家族連れがよく来るので安心なところもあると聞くし。

(ワニとは、混浴に覗き目的で入るオッサンのことで、ワニの如く温泉の隅っこで獲物に狙いをさだめてジッと動かないことから、こう呼ばれる)

が、混浴でググれば混浴ブログがいくつか出てくるんだけど、これがどれも異様。

女性が一人で混浴に行くまでの道中の写真から始まって、

風呂についたら普通に女が混浴に入浴してる写真載ってるの。

身体タオル巻いてはいるが、いや、風呂写真撮んなよ。

顔にモザイクこそかかってるが、普通に他のお客さん映りこんでるし。ふざけんな。

で、ブログ最後に「メルマガの会員になってくれた読者さんにはブログで公開できなかった特別写真を公開…」とか書いてあるの。

なんか嫌な予感がして別のブログ見たら、

今度は別の女がこれまた混浴に行くまでの道中の写真はっつけてて、もちろん風呂に着いたら入浴シーン

で、おったまげたね。コイツ全裸ブログの下にいけば女の全裸の入浴写真で溢れてるの。

で、ここも顔にモザイクかけてるけど他のお客さん映りこんでるし。

で、ブログ最後に「ここで公開できなかった写真販売します」とか書いてあるの。

ああーん!?販売!?

ブログコメントも「○○さんの身体は素敵だぞえ、特に腰のクビレうなじに良さみがある。小生も一緒に○○さんと入浴したいでござる。この日入浴した男性客が羨ましい限りぞなもし」的な気持ち悪いオッサンコメントで73件くらい埋まっとる。

で、決まってブログ文句は「決してエロ目的ではなくて、混浴若い女性でも楽しめる素敵な文化だと広く認識してもらうために私が女性代表として…」とか偉そうな言い訳垂れてるんだけど、

ただの露出狂カップル変態ブログだろ!これ!

女一人で運営してるみたいな空気出してるけど、写真は女一人がポーズ決めてる写真ばっかりで、つーことは絶対カメラマンいるだろ。カメラマン絶対おっさんだろ。

この時点でもう嫌~な気持ちになって、怒りが沸々と沸いてきた。

露出狂カップルのくせに「ワニのせいで混浴という素晴らしい文化が失われようと…」とか絶対書いてあるのも腹立つ。

いや、混浴カメラ勝手に持ち込んで露出撮影会やってるテメーらが一番迷惑だわ、ボケ

もし俺が入浴中にカメラ持ってきたカップル入ってきたら絶対帰るわ。

俺ですら不快なんだから女性は数倍不快だろう。

以前ホテルの大浴場で寛いでたら、カメラ持った親子が入ってきて、子供入浴シーンを俺の真横で撮影しだして、ほんと不快だったの思い出したよ。速攻あがってフロント文句言いに行った。

実際、ゆっくり混浴入ってたのに、こいつら変態撮影カップルのせいで不快になって帰った一般客がどれだけいるか

他にもこのようなブログは何個かあって、大体「健全混浴を…」と言い訳しながら女の全裸入浴写真が貼ってあって、会員限定メルマガ限定、などブログによって方法は様々だが「特別写真を公開」する手段最後に紹介して終わる記事が多い。

メルマガ会員限定記事は、結局「特別写真」とやらの販売について案内されるだけっぽい。

まり健全温泉ブログという建前で変態カップル露出狂写真商売してるだけなのだ

しかも丁寧に入浴した旅館の具体名や住所まで記載しちゃって、

混浴イメージを悪くするどころか旅館毀損しちゃってるよ。これじゃあ。

晒された旅館は、訴えてもいいと思う。

なんか若い女が温泉オッサン数名に囲まれてる写真なんか最高にきしょい。

「ワニ男にジロジロ見られて怖かったんだけど、紳士的なおじさま達に守っていただきました。そんな紳士的なおじさま達と感謝意味をこめて記念写真!ワニ男がこちらを恨めしそうに睨んでました」みたいなこと書いてあって、

変態ブーメラン全力で投げんなと。

いやー、こいつらのせいで一気に混浴行きたくなくなっちゃったわ!

風呂撮影とか絶対だめでしょ!

混浴イメージ上げたいとかいって、女の全裸入浴写真出しちゃ逆効果でしょ!

風呂に浸から全裸ポーズとってるだけの写真とか、もはや混浴関係ないでしょ!風呂メインのブログやってて何でお前がメインなんだよ!いい加減にしろ

混浴絶滅危機晒してるのはお前だよ!

ちゃん健全混浴紹介してる真面目なブログもあるのに、こいつらせいでバカみたいじゃないか

なんかオッサン団体若い女2、3人で混浴巡りするサークルとかも出てくる始末で、

ああ、こんなとこ彼女つれてけないわと思った。

俺の憧れは儚い幻想に過ぎなかったみたいだ。

もちろんワニ男も最低最悪だけど、こんな文化、早く廃れてしまえ。

2018-05-30

日大選手まで叩いてるのがよくわからない

日大アメフト部声明文、けっこう厳しめのコメントがついててびっくりした。

たまたまそこに居合わせしまっただけの他の選手までこんな厳しいこと言われるんだなぁと。

中身がないとか、ふわっとしてるとか、そんなんだから奴隷のままだとか。

なんでそこまで言うのかよくわからないので、ちょっと理由を考えてみた。

1.「日大=叩いていい」というムード

これはいものやつ。ひとつ非があると、どれだけ叩いてもいいっていう、いつものネットリンチ的なやつ。

そのムードに飲まれてやっているという説。

2.義憤レジャー

これは上とほとんど同じだと思うけど、まあ、何か叩けるものを見つけてただストレス発散してるだけって感じ。

(よく考えると、これ自体自分関係ないことへの義憤だな、まあいいか

3学生(=目下)だから

新入社員には妙に偉そうになる人、どこの会社でも見かけると思うけど、それに近い心理

ただ歳が上、経験があるってだけで自分が上だと思うタイプ

この3つかなぁと思うのだけど、さっきも書いた通り、他の選手は何か具体的に悪いことをしたわけではない。

たまたま問題を起こした会社に勤めてた会社員とか、いじめのあったクラスにいた子供と同じ立場ではなかろうか。

お前らが隷従するからそんな事件が起きたんや、そんなんならいつまでも変わらないぞみたいなコメントもあるけど、

そういう体育会系のやり方とか、日本年功序列で閉鎖的な組織ムードってずっと昔からあるものから、私ら大人も同じじゃないんやろか。

そんな日本組織空気と、監督コーチ固有の問題日大固有の問題が不幸にもひとつ場所に歪みとして重なってしまって、あんなことになったんじゃないだろうか。

だけど時代的には、起こるべくして起こったような事件という気もする(高橋まつりさんの自殺で、広告業界が変わる必要性に気づいた、的な)。

そんなインターネットのいやなとこを目にすることも多いけど、一方で検証的な増田もあったりする。

https://anond.hatelabo.jp/20180525221000

この検証がどこまで合ってるかはわからないけど、検証的に見ようとする人がいるのはいいなぁと思う。

ネット集合知検証が深まっていく的な。

(この記事も良かった。

https://m.huffingtonpost.jp/2018/05/28/american-football-coach_a_23444448/

声明文がふわっとして見えるのは、第三者委員会検証待ちだから具体的なこと言えないせいもあるかも。

まあ結局何が言いたいかって言うと、私らだってホットエントリに入ってきた記事斜め読みして、ムードに乗ってふわっとコメントしてるだけだし、

この会社ブラックだ、おかしいって言いながら、隷従してるだけの社会人だって多い。ブラック所属してるだけで反省を求められることはないし。

それに、もし3つ目の「学生、目下だから」って理由でやってるとしたら、それこそ体育会系部活の偉そうな監督や先輩と同じやん!ってことかな。

とりあえず、私ら社会人(←主語大きいのはごめん)、そんなに偉そうなこと言えんよなって思った。

もやっとしてたので吐き出した。すっきり。

追記:

トラバ見て、就職が有利な日大アメフト部選手への妬みというか、ルサンチマンもあるんだなと知った。

全く気付いてなかったけど、これもよくある理由だよなぁ。

ということで、叩く理由は4つはありそう。

インターネット集合知すばらしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん