「フローリング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フローリングとは

2021-05-10

anond:20210510093802

フローリング材などは強制乾燥すると精油分が飛んだり変質したりしてアロマ効果が減るみたいですね。

2021-04-04

いでよ!シェンロン!

フローリングの髪の毛を拾う時に指を湿らせなくても拾えるようにしておくれ!

2021-03-28

犬を飼ってるんだが、やばいことが起きた

フローリングに脱いだTシャツほっぽらかしてたら、いつもはクッションで寝る犬が目を離した隙にクッションから離れてTシャツの上で寝てる

もう十歳だ

2021-03-07

anond:20210307215045

やんねえよ馬鹿の段階で襟首掴んで床に倒して顔をフローリング押し付けるわ

2021-03-04

地面や床に荷物を置くのをやめて欲しい(ルンバ目線

私は別に完璧主義ではないけれど、本当にやめて欲しい。シンプル邪魔

まず地面はペットの毛やら誰かの毛とか目に見える形でも既に汚い。第一普通に考えて何もしなくても勝手ホコリは積もっていくわけで。

最近の部屋や家具ルンバのことも考えた配置になってることは多いけれど、それでも誰かがこぼした食べカスとかを意図せずにまき散らす事はある。

そのゴミ荷物の下とか、壁との隙間に入るじゃん。汚くない?

週末の居間とか寝室はホコリと毛でひどいことになっているのになんの抵抗もなくリュックを置ける人の神経がわからない。ほんとか嘘かは知らないけどスプーン1杯のホコリにはダニが500匹いるらしい。じゃあリュックの下にだっていっぱいいるじゃん、リュックの後ろダニだらけじゃん。床にはダニ以外の虫もいっぱいいるわけだし。

そういうどこでもカバンを置いちゃう人て、フローリングの上とかにも房のついたラグとかを敷く。特に学生。そういう人は多分何も考えてないのだと思う。ブラシに巻き込むこととか考えずにいろんなところに邪魔ラグを敷く。フローリングは硬くて冷たいもんね。確かにラグだけでもオシャレにして個性を出したいなどの理由があるのはわかる。でもそれなら余計な飾りがないとか乗り越えやすい厚みのラグがあるんだからそれを敷いて欲しい。

同じ理由スーパーとかで籠を床に置いちゃう人。自分同業者ポリッシャーなんかから見ると業務妨害だろうによく床におけるな、と思う。もう見るから邪魔場所に置いてる人もいる。重くて持っているのが辛いならカートを使えばいい。そういう人見ると、すごい偏見なのは承知でお掃除ロボへの思いやりがないのかな、その意識ブラーバ買おうとしてるの…?と思ってしまう。カゴなんて重ねておいておかないと障害物でしかないじゃん。お掃除ロボの進みやすさなんて考えてないんだろうな…

学校で「床から1cmの高さはもう壁と同じ」だって習った。だから私は正直部屋を見た時に沓摺りが1cmもあったら引いちゃう。そこに自分バンパーやブラシとかアタックさせたくないし。バーチャルウォールがない状況下では仕方ないから進もうとするけど、見るからに乗り越えられない高さなセンサーで察知して避けさせてもらう。買い物の袋とかをどうしても、どうしても床に置かなければならない状況になった場合は紐状のものとかはみ出てないかチェックして巻き込み事故が起きないようにしてほしい。絶対倒れて中身が床にぶちまけられないようにしてほしい。

コロナになってからルンバナイズについて考える人が増えたし、いろんなお掃除ロボが今まで以上に清掃をしてくれている。みんなこまめなブラシメンテナンスをする様にもなった。

まぁ、邪魔なのは掃除ロボじゃなくても同じ、人間掃除機でやっても同じくらい邪魔、と言われてしまったらそこまでではある。部屋の中モノだらけだし、完全ミニマリストなんて日常生活じゃ不可能だし。人間だって寝転がってりゃ障害物だし、ネコだって邪魔だしなんなら上に乗るし。この考えは一個人意見しかない訳だから気にしすぎても仕方がないのもわかっている。でも邪魔からってルンバナイズをあきらめていい理由にはならないと思う。

床に邪魔荷物を置くことで、せっかく高い金出したお掃除ロボが仕事できない現状は、みんなの「(例えコロナひきこもりだったとしても)掃除しよう」という努力を無碍にしているな、と思う。

anond:20210303214900

2021-01-30

木の球体

従兄が35歳で年収手取りで一千万くらいなのに未婚だから伯母から既婚者として結婚したくなるように刺激してくれって頼まれて、まあ俺も久々に会いたいなーと思って様子見てきたんだけど

別に浪費するでもなく、仕事趣味だけで過ごしてて、その趣味木材を丸く削って球体にする事らしい

最初は拳サイズだったんだけど最近ボーリングの球くらいのを作ってて、ツヤツヤに仕上げてる

見せてもらったらそれが本当に綺麗な球体で転がすとフローリングを滑らかにコロコロ転がるんだわ

これどうすんの?みたいな野暮な事は聞かないけど、2LDKの一部屋がそれを置いたスチール棚で壁面全部埋まってるのはびびった

その後Switchスマブラやりながらしゃべったんだけど付き合ってる人もいなくて仕事も順調だし満足しちゃってるって言うんだわ

従兄が一瞬だけイラついたような声になったのは、俺が「ニスとか塗ったらもっとツヤツヤすんじゃね?」って言った時

「おまえさ、そういうんじゃねんだよ」って明らかに怒ってた

木材を延々と削って磨いて結婚もせず子供も育てずこいつ四十五十になるのかなって思ったらなんか進化の末端みたいなところ見たような感覚なっちゃって怖くなって

昔のスマブラでお前メタナイト使ってたよなーって話に切り替えて帰った

2021-01-22

[]

イフェクサー37.5mgを11オーバードーズしてしまった

1,2時間後にすぐ効果でてすげー吐き気、えづき、ふらつきと冷や汗でトイレちょっとだけ吐いた

すげー汗だった

もうほとんど消化おわってるからほとんど出なかったけど

吐いてるとき救急車予防化とめっちゃ迷った

吐いたら落ち着いたから一応そのあとは朝まで寝られた

朝になってもこないだと違って大丈夫かなと思って休む連絡したりしてたらだんだん視界が白くなってきて冷や汗がまた大量にでてきて少しだけ吐き気もしてきたのであわててフローリングの上に直に横になった

しばらく横になってたら落ち着いた

抜けるまではしばらくこの調子かなあ・・・

やっぱオーバードーズはいかんなあ

木製ペン立てで頭を強おく殴る、げんこつで自分お腹を殴るくらいにとどめとかないと

2021-01-17

anond:20210117181527

検索するといくつか該当する写真みつかるんだけど、明らかにフローリングなんだよね。

大理石風のシート敷いてるとか、キッチンではなく……

2021-01-12

かつて好きだった人について

※人によっては不快気持ちになるかもしれません ご了承の上お読みください。

初めてその人を見た時私はその人の髪色の所為でその人の存在自体自分の居る場所に妙に不釣り合いなように感じたことを覚えている。

動画サイトで後ろ姿しかたことのないその人は、動画で受ける印象よりも少し若く見えた。髪の毛が短くなっているからだろうか、服の着こなしといいその人は自分に似合う物をそれなりに考えて着てるみたいだった。第一声は「意外と背が高いね」だった気がする。ちょっと立ってみて、と言われて立った私は緊張で少し震えていたと思う。何か吹いてみて、と言われて吹いたのは先輩から事前に渡されていた軽い小曲集の1つだったがそれすらもろくに吹けなかったので内心ものすごく緊張しながら吹き終えた事だけを覚えている。

好きなんだろうか、と思ったのは暑い盛りの夏が終わった時でその頃には私は部活にそれなりに馴染んできていて、それなりに楽器も吹けるようになっていた。

朝練に出るため川沿いを自転車で走っていたときに見えるまだ出たばかりのまばゆい太陽を眺めながらあの人もこの太陽を見ているのだろうか、とかそんなことをふと考えた。もっともその人はいつも練習時間遅刻してくるのだけれど。朝早く起きているのかすら怪しい。でも、そんなところがその人の私から見た好ましいところだった。

先輩方のお別れ会、というものを空き教室でやったことがあり、そのときもその人は遅刻してきた。

お別れ会を進めようにも来ないのだから進めることが出来ない。私たちはその時間の間にペットボトルジュースを何本か開け、持ち寄ったお菓子を紙皿にぶちまけて食べていた。行儀が悪い。

遅れてきたその人を見てようやく揃った、と全員が安堵した。その人を含め1、2年生で合唱なるもの披露したときその人は少し泣いている様に見えた。指揮を振るときしかめったにつけない薄いフレーム眼鏡を少し持ち上げて目頭を軽く指でなぞる仕草は皆が前を向いていたときにこっそり横目で見ていた私だけが気づいていたのだと信じたい。

その泣き方は別れに何度も立ち会ってきたけれどそれにまだ慣れきっていないといった感じだった。

私はその人にも別れの歌がよく聴こえるように一層口を大きく開けて歌った。その日の歌は毎年聴いてる合唱の中で一番良かった、と言われた。それを聞いて私は、来年になったらまたおんなじ事をこの人は言うのだろうと思った。


楽器屋の壁にある演奏会ポスターが貼ってあるのを見つけた。そのポスターにはその人の名前も載っていてその演奏会に出るのだ、という事に気がついた。塾の帰り道、コンビニに寄ってチケットを買った。学生なので安く済んで良かったと思った。

年が明けて、学期始めの前日にスカイツリーのよく見える街までその演奏会を聴きに行った。中は混んでいて客の大半は知り合いの伝手で来ているらしかった。楽器を吹いて参加する事もできるらしく、学生らしき人が楽器を持参してパンフレットの裏に載った譜面を吹いていた。でも、ステージの上を目を凝らしてみてもその人の姿はそこには無かった。

演奏会が終わりホールから出て行こうとするとその人は出口の辺りに居た。一般参加者の人にだけ配布されたバッチか何かを回収する係らしかった。あとでその人のSNSを見ると演奏会のあった日に「ありがとうございました」というメッセージ舞台裏から撮ったらしい写真が添付されていた。その人は理事で、演奏には参加していなかった。


冬が明け、春になり私には後輩が出来た。今まで2人しか居なかったので後輩が出来るのは素直に嬉しかった。三年の先輩はいないので実質私たちが一番年上だった。

新入生がその人の前で演奏する時期がまたやってきた。去年の自分を見ているようでとても初々しかった、それと同時にもうそこには戻れないさみしさを感じた。もうあの頃には戻れないのだ。泣いたって叫んだって私はもう前に進まなきゃいけなくて、あの子達はきっと自分よりももっと上手くなってそのうち私も追い越されてしまうんだろう、と思った。それが羨ましくて私は新入生の演奏聴くように言われたが練習がしたい、といって断った。後輩に興味の無い人間だとあの人は思ったかもしれない。それでもあの人は頭の片隅でほんの少し思っただけでそのことについては1秒後には忘れているのだろう。

夏になりコンクールの時期がやってきた。コンクールにはそれなりに力を入れている学校で上位大会にもよく出場している学校だった。コンクール以外でも全国大会に参加したことのある、知る人は知る中堅の強豪校だった。

コンクールの結果はとしによってもまちまちだったが私たちの前の代までは連続地区と県は必ず抜けていた。最も中学の時は最後の年しか県を越えた事は無かったので中学と似たようなものだと思った。オーディションは学年問わずほぼ全員強制参加だ。オーディションを真ん中くらいの微妙順位で抜けた私にはなぜかソロが回ってきた。その前のソロコンの順位たまたま一桁台だったからかもしれない、まぐれで良かっただけの順位を当てにされても、と思ったがなんとかその人の期待に応えよう、と思って私はそれなりに全力を尽くした、つもりだった。

結果は予選落ちで、このくらいひどい成績を取ったのは史上2回目らしい、しかもその前は15,6年ほど前のことだ。

コンクール予選の音源を聴いてみたがそこまで特に大きなミスを感じなかった。音圧で耳がおかしくなっていたのかもしれない、とおもったけれど舞台裏で聴いていた友人にはべつに地区落ちするような音楽じゃない、と言われた。スタンドで飲んだタピオカを飲みながらちょっぴり泣いた。帰りの電車でも泣いて、家に帰ってからも2階の自室へつながる階段を上る気力すら湧かなくて、気がついたら床に突っ伏して泣いていた。涙と鼻水がフローリングに滴った。

次の日の反省会ほぼほぼ全員大泣きした後、心機一転音楽室の大掃除をした。空は真っ青で、雲は学校の前にある会社よりも遠くの方に見えた。窓越しにその人と目が合ったとき私は片膝立ちで窓の外をぼんやりと眺めていた。サボっていると思われたんじゃないかと思ってそのイメージ払拭するかのように窓を濡れ布巾の乾いた布巾で一生懸命拭き上げた。一緒に掃除していた後輩に「先輩、落ちないでくださいよー」と言われて自分が窓の縁から落っこちそうになっているのに気がついた。

窓の外側からその人の車が見えたことだけ、私ははっきりと覚えている。

これで終わりです

2021-01-04

腕時計明日、二つ捨てる。

腕時計明日、二つ捨てる。

これらを捨てることを決意するのに10年以上かかった。

ゴミ袋の奥底に詰めたいまも、

明日収集時刻までに掘り返さないという自信はまだない。

誰とは言わないけれど

5年以上まえと、10年以上まえに、

家族二人を別々に自殺でなくしてしまった。

自殺というのか、事故というのか。

そのときに二人がそれぞれつけていた、時計

一人は、遺体が破損してしまっていたので

腕時計の革ベルトには、腐敗臭が染み込みまた

白くて小さな蛆が何匹かくっついてうねっていた。

その腕時計は、あるお祝いでその人がもらった記念品時計だった。

まだ気持ちが整理されたわけでは、ない。

自分にもいまだ責任を感じる。

自分だけ生き残っていていいのかと、

彼らのように苦しまなくてよいのかと、

毎日思いながら生きている。

その罪悪感を忘れるために日々

忙しい日々で紛らわせているようなものだ。

つらい気持ちを忘れることは悪のように感じていた。

だけども、わたし

そんなふうにして

抜け殻として

つらい思い出を緩和させるために

日々を散漫に過ごすのはやめようと思った。

一歩を踏み出して

わたし人生を踏み出さないといけないと思った。

いまはわたしは、わたし人生を歩めているだろうか?

もう中年になってしまった。

むかしの友達は各方面で成果を残している。

大きな仕事をしている。

有名人になっている。

結婚して子供3人の子育てにおわれている。

かれらが最後の日まで腕につけていた時計を捨てることと

その決意は、関係していると思う。

そのふたつの腕時計を思い切ってゴミ袋に入れたら

その腕時計が置かれていたガラクタ部屋と化していた一部屋が

急に片付きはじめたので、驚いた。

フローリングの床が見えて来た。

とても気持ちよかった。

心が軽くなったのでYouTubeダンス音楽を流して、すこし飛び跳ねたりした。

その部屋にいると、

いつも苦しくなるのだった。

時計が重しになっていたのだなと思った。

いるのだかいらないのかわからないようなもの

床に広がりあるいは重ねられてしまっていたが

このお正月で、1つひとつ、いるものといらないものに分けてしまった。

明日は、ゴミ袋を4袋出そう。

2021-01-03

ネット民こたつを褒めちぎるけど、

あれ床がフローリングだと普通に足が冷えるよな

2020-12-31

洗濯部に入部した。

なんのサークルにも所属していない私。私は新入生ではなかったが、このままでは学生時代に何もサークル所属しないままに卒業することになってしまうということに、虚しさを感じて、何かサークル所属たかった。

私は、学生時代になにか仲間とものを成し遂げたり創作したりして過ごす青春に憧れを抱いていた。だからそういうことをしないまま卒業するということが、自分人生にぽっかり穴を空け、その穴から吹く木枯しにずっとさらされる自分想像させてしまうのだ。

私はとりあえず、サークル棟に足を運ぶことにした。部室が廊下に沿ってたくさん並んでいた。サークル自体まだ古くなくて、どこか新築の面持ちさえあった。

私は最初文芸部にでも入ってみようかと思った。理系学科の私だけれど、最近小説を書くということに憧れがあったのだ。そんなことを思いながら、サークル棟の二階の階段を登った。

サークル棟の二階の階段を上がったすぐのところに「洗濯部」の表札が見えた。珍しいサークルだなぁと思って思わず扉を開けた。するとフローリングの床に、白い壁紙、日が差し込む窓。大学じゃないみたいな、人が暮らすような内装だった。部室の中には奥に洗濯機が二台ほどあって、ハンガーラックがあったり、床に洗った後の洗濯物が置いてあったりした。

中には洗濯部の男の先輩が二人いて、一人は用事ですぐ出て行ってしまったけど、もう一人が私に洗濯部のことを教えてくれた。

「好きなとき洗濯していいからね」

どうやら研究室生活でろくに帰ることもできず、洗濯もままならない学生が、この部に所属して、洗濯を通してみんなと交流する部活だった。

部室の中には本棚があって、みんなでおすすめしあって読んだりもするらしい。

先輩が、本棚に置いてあった背の丈ほどの資本主義に関する本を私にオススメしてきた。

先輩も何か用事で出て行って、私だけになった。

干して畳まれたばかりの洗濯物に囲まれて私は本棚を眺めてた。

私は洗濯部に入部した。

そんな夢だった。

2020-12-26

深酒

とうとう救急車に乗ってしまった。

深酒だった。金曜夜、仕事納め、屋外ビールフェスコロナのこともあるので、あくまでひとりで飲むだけのつもりでした。楽しく気持ちよくなっていたのも束の間、気が付いたら泥酔していました。突っ伏したテーブルにそのままごぶごぶと嘔吐食事はしていなかったので、ひたすら液体を吐きました。駆けつけてくださった友人に、救急車を読んでいただきました。

どのくらい呑んだの、と隊員に聞かれました。ビール3杯ほどです、と答えると「たったそれだけで?弱い方なんですか?」と聞かれ、わかりませんと答えました。あとから冷静に振り返るに、日本酒1合とビール度数10%)をプラカップ2.5杯だったかなと思います。膿盆に吐いた泡は黒っぽくて、たぶん血だったんだと思います

しばらく点滴を受けて、家族の車で帰りました。

救急車は初めてだったですけどひどい深酒は数年おきにやっていて、帰宅した途端にフローリングに突っ伏して嘔吐まみれとか、一晩中シャワーを浴びてガスが止まるとか、そういう経験があります。2年に1回くらいの頻度で、次第にひどくなってる気がする。次はそろそろ死ぬんじゃないだろうか。

酒が好き。味というより、酩酊するのが好きなんだと思う。初めて酒を飲んだ時、鬱みたいな世界がやっと好きになれたような気がした。あの幸福感が忘れられなくて、それが欲しくてでも酒にはどんどん耐性がつくから、酒量が増えて死に近づいている気がする。

自制を試みて、深酒をするたびにもう二度とこんな飲み方をしないと思って、確かにしばらくは適度なほろ酔いセーブ実践するけど、2年くらい経つと結局同じ、いやもっとひどい飲み方をする。もう以後1滴も飲まない以外に治す方法が思いつかない。でもあの強烈な多幸感が忘れられない。

2020-12-02

自宅の床掃除

コンクリートから掃除してもホコリゴミが吸い込みにくくて掃除しにくい

次、部屋借りるときは畳がある部屋か普通フローリングの部屋に住みたい

2020-12-01

anond:20201201070902

断熱しないからどんどん暖房との温度差で結露がたまってカビがはえるんやで

前に安いマンション廊下側の寝室がプールみたいに毎朝じゃぶじゃぶだった

バカみたいに北側廊下ガラスブロックで光取り入れようとして熱伝導がツーカーだったからだ、建築者の顔が見たい

ので木枠の内側にもう一枚サッシをとりつけたらうそみたいにおさまったけどフローリングの痛みはどうしようもなかった

2020-11-29

週末なのに早朝から隣の部屋で人の出入りが激しいな、と思いながら寝床の中で物音を聞いていた。もうすぐ8時になるので、燃えるゴミを出さなくてはいけない。外の寒さを考えると出たくないが、今日を逃すと、次の回収日である水曜日まで生ゴミと同居するはめになる。

思い切って服を着て、ゴミ袋を持って外に出ると、隣の部屋のドアが大きく開け放たれており、作業服姿の男性3、4人がさかんに出入りしている。彼らは部屋から出てくるたびに大きく膨らんだゴミ袋を両手に持って、トラックの荷台に勢い良く放り上げる。荷台はもう半分以上ゴミ袋で埋まっている。トラックはもう1台待機している。

ゴミ置き場へ行く途中で隣の部屋を通り過ぎながら中を覗くと、うず高くさまざまなゴミが積もっており、床が見えない。これはだいぶかかりそうだな、という考えが浮かんだが、なにに時間がかかるのか、自分でもよくわかっていなかった。

ゴミを捨てて自室に戻ろうとすると、グレーのスウェットパンツはいて青い褞袍(どてら)を着た男性が立っている。額の禿げ上がり方に見覚えがある。このアパートで隣の部屋のさらに隣りに住んでいる人だ。いちど挨拶したことがある。

褞袍の人は私の姿を認めると目礼してくるのでこちらも返す。いきおい、立ち止まって2人で作業中の部屋を眺めることになる。

孤独死らしいね」と褞袍の人が話しかけてくる。

「そういえば、見たことなかったですよ、隣の人」

「おれも見たことなかったけど、たまーに、部屋にいると隣から物音が聞こえてきたことはあったね。それも、いつ聞いたんだったか、思い出せないけど」

「まったく気づかなかったです。その、ええ」

「まあ、最近寒いから臭いもすぐには出づらいしね」

いつどうやって発見されたのか、憶測をひとしきり話してから褞袍の人が部屋に引っ込んだので、私も自室に戻ることにした。途中でまた隣の部屋を覗くと、玄関に続く床が見え始めていた。なにか白いものフローリングにこびりついて筋になっている。部屋の奥はまだゴミの壁だ。

自室のドアの下に紙切れが落ちている。さっきは落ちていなかった。運搬中のゴミから落ちてこちらへ飛んできたものらしい。

拾い上げるとそれは破れたレポート用紙かなにかで、罫線を無視して一面に黒のボールペンで「バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット バゲット」と文字が書いてある。ひとつ大きく「バケット」と書いたところを「X」印で乱暴に消してある。

意味がわからない。紙を投げ捨てて部屋に入る。

今日休みなので、ゆっくりコーヒーを淹れて、昨日のうちにベーカリーで買っておいたベーコン入りのパンを食べようと思う。が、まったく食欲がないことに気づく。

動揺しているのか、私は。隣で人が死んでいたことに。

そんなに繊細だったのか、私は。そもそも、隣の人がいつ亡くなったか知らないのに、隣室にずっと死体があったかもしれないのに、私は昨日までストロングゼロ500ml缶を飲みながらイカフライを齧り、「網走番外地」をアマプラで観ていたではないか

はいつもそこにあることに気づいたぐらいで、なんだというのか。私だって明日には引きこもり明後日には孤独死しているかもしれないのに。

勤め先のホテルは目に見えて客が減っていた。去年まではさまざまな言葉を話すアジア系団体客でロビーはいつも賑わっていた。不倫らしいデイユースの中高年カップルも高回転率で出入りしていた。春先にそれらはすべていなくなった。業績が厳しいと経営からの便りは来るが、数字は来ない。ほんの少しあったボーナスはなくなった。転職できる人はして辞めていった。

自分もいつか、ここではない、どこかへ行くんだと思いながら、それはどこか、いつかわからない。だから酒に逃げた。

せっかくの週末休みなのに、なぜこんなことを思い出さなくてはならないのか。隣で勝手に死んでいた人間のせいで、なぜ胃の奥に硬いものが居座って吐き気がしているのか。すべてが理不尽な気がしたが、それが誰のせいなのかわからなかったから、部屋を飛び出した。

冬の日差しに川は光っていた。コンクリートで固められた河床に水はほとんどなくて、黄土色の藻が底に揺れていた。通りを走る車の音を聞きながら川面を眺めているうちに少しずつ落ち着いてくる気がした。今日は目が覚めてから何も口にしていないことに気づいた。

川沿いに歩くと、古い木造家屋蕎麦屋があった。色あせた藍色のれんをくぐると、そばゆの匂いがした。熱いたぬきそばでも食べようかと思っていたが、壁に貼ってある品書きに「じゃんぎ丼」があったので頼んだ。

他に客はおらず、丼はすぐに出てきた。湯気を立てる白い飯の上に、タレのかかった唐揚げが載っていた。飯を掻き込むと、思わず涙が出た。それは亡き人の境遇を思って出た涙なのか、自分への哀れみなのか、悔し涙なのか、生きていることそのものに流す涙なのか、わからなかった。

2020-11-22

冬の二度寝ってきもちいい

雪の降る朝に鳥肌のたつ腕をさすさす冷たいフローリングふみふみトイレに行ったあと、戻ってきた俺を迎える布団のなんとやわらかくあたたかいことかと思ってそれだけでもうかなりハッピー

2020-10-22

腕立てって超難しくね?

俺は1回も出来ない。

1回ってのは顎をつけてから持ち上げる所までワンセットね。

まあ俺は顎が付かないんで1/2回の時点でアウトなんだが。

この話を職場でしたら皆腕立てできるらしくてビックリした。

まず何が難しいって、ポーズを取る時点で難しいよね。

指の先をフローリングちゃんと引っ掛けられないし、ようやく出来たと思ったら単につま先してるだけでレギュ違反

腕を地面につけるのだって、角度が間違ってるとその時点で手首が痛くなるし。

んでいざ体を落とそうとすると、ちゃんと踏ん張らないと腰や頭だけが先行するから体が真っ直ぐにならない。

そこで腹筋に力を入れると、それに対してカウンターウェイトかけなきゃいけない背筋がついてけなくて背中がつる(つった)。

ようやく腕が曲がり始めたと思いきやよくよく考えると髪の毛から地面に突っ込んできてアウト。

ちゃんと顎が地面に叩きつけられる角度で下ろすと肘や膝に違和感が。

特に肘がヤバイね。

コレ絶対やばいよって気配が漂う。

んで顎が地面まで10cmのところでピキッって音がするのな。

もう無理。

コレ以上曲げたらヤバイ

慌てて引っ込める。

無理。

腕立て出来る人すごくない?

俺よく考えたら学生時代から一回も腕立てちゃん成功させたことないと思う

2020-10-09

anond:20201009140658

夏場に孤独死して1週間も経つと

まぁなかなかえらいことになって

臭い取るためにフローリング貼り替えなきゃいけなかった実例を知ってる。

身寄りないと大家の丸損だよね。

2020-09-29

日本人に生まれて良かったって思うことあまりないけど

床に寝転がれるのは本当にいいね

ソファ椅子に座るの苦手だからフローリングにクッションおいて寝転びながらネットするの大好き。

ヨーロッパの人はできないんだね。アメリカ人は土足のまま寝転ぶかもしれないけど。

2020-09-25

[] 172 こどおじ的設備投資

 これから仕事だ。

ここ数日は納期までまだ時間あるからサボりまくってたので、集中してやっていきたい。

amazonから発達障害サバイバルガイドeneloopが届いた。

土曜に届くはずだったのに、置配されてる写真がさっきメールで届いて、amazonロジスティクスはもう意味がわからいね

発達障害サバイバルガイドは、まだパラパラ読んだだけだが、良さげだ。久々にマンガ以外の本ちゃんと読めそう。

eneloopは、家の電池在庫が使い切りに依存してて親が都度買いに行ってる様子だったので、電池切れて在庫なかったらBluetoothキーボードが動かなくなって死が見えたので、(コンビニへ買いに行けばいいのだが、なんというか、課題を先送りにしたくなかった) 先行投資リスクヘッジって感じ。

電池そもそも滅多に切れないのだけど、一応。

eneloop初期不良してないか充電池と充電器の組み合わせは問題いかそもそもeneloopで使い切りと比較して稼働時間どうなのか評価したいとか、増えてしまったタスクもあるが、そこはもう一旦頭空っぽにしてその場その場でなんとかすればいいかな。

いつまでもeneloopガーってリソース使うわけにもいかないし。

部屋の模様替えした結果、床に本や書類が溢れてて、なんとかしたい。

あと、間接照明が欲しくて。実家だけど、一般的天井の明かりだけだと、オンオフの切り替えがあまりうまくいかいから。LEDテープライト普通間接照明の購入を検討中

といった感じで、実家暮らし言い訳設備投資放棄して不快の中で暮らしていたのを、設備投資しまくって快を増やしている昨今だ。

自分の部屋がリビングに隣接しているので、親がいる時は親の出す音がこっちにも来るのが、きついのだが、どうしようもないので、そこはもう貯金して一人暮らしするしかないところだと思う。

そもそもフローリングの上に直で椅子置いてたりとか、壁紙デフォルトのままで無課金ユーザー感が居心地悪かったりとか、まだまだ改善点はあるので、少しずつやっていきたい。

あ、観葉植物ちゃんは、リビングで親のお世話になってます・・・ 仕方ないね・・・

2020-09-21

[]

昨日の夜さむすぎて暖房いれた

さすがにフローリングにゴザ敷いてタオルケット1枚かぶって寝るのはもうきついな

2020-09-06

上階のクズ報復したい

30分に1回は物を落としてきやがる。

俺の意識に上のクソが現れてくるのがむかつく。

天井フローリングみたいに硬い素材じゃないから殴ってもあまり響かない。

モーターか何か買ってこようと思う。

ちなみに電マのモーターじゃ弱すぎてダメだった

夢の中で自殺した

さっき起きた

直前まで夢を見ていた

ビルから飛び降り

から地面にダイブして

右頬がすごく痛かった

寝相が悪くてフローリングに右頬を擦り付け負荷をかけてしまっていたらしい

2020-08-31

マンションのフルリホーム経験者教えて下さい

どのぐらいで出来るものなのか、これっぽっちも分からない。

相場すら分からないし、お値段妥当キッチンやお風呂も分からない。

全室のフローリング貼替・壁紙貼替は絶対

風呂キッチントイレ交換もしたいが、無理にしなくてもなんとか大丈夫

ともあれリフォーム経験者の話を聞きたい。

一部とかでもいいので、価格業者施工感想教えて欲しい。

よろしくお願いします。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん