「アルハラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アルハラとは

2018-11-06

もう転職たから良いかなと思って少し書く

これはフィクションである

ちょうど見慣れた社名がYahooニュースで見えたので思い出したことを書こう

少し前に転職するまで某メーカーの子会社10年近く働いていた

残業時間150hを超えたりメンタルやられて辞めてった人を大量に見てきた

パワハラセクハラアルハラなんかも当たり前のように行われていて疑問視することすら思いつかないほどだった

中には心や体が元々弱い人もいたかもしれないけど友人で「まさかキミが…」という人もたくさんいた

自分はどちらかと言えば図太いほうなのでメンタル大丈夫だったが体が常に疲労していた

一番キツかったのは残業休日出勤プライベート時間が全く無い(家でも持ち帰り仕事をしていた。配布されたPCで)上に

残業を月にどれだけ働いてもある決まった時間(正確には言えないが20~30と思ってほしい)しかつけられないため

時間お金もないという状態がずっと続いていた

暗黙の了解であるその時間を超えて残業を申告すると上から指導が入る

もしくは勤務管理システム上は代休にしておいて出勤して仕事をするということが常習化していた

体育会系のごくごく一部の心身のエネルギーの上限値が異常な社員だけは生き生きと働いていた

結局そういう人たちが上にあがっていくので凡人は辞めるか病むか耐えるかしかなかった

若い子が次々に辞めていった時期があって上の人が若者体たらくを嘆いていたっけ

5年目くらいまでは若さもあってどうにかこの悪い環境改善しようと喚いたりもがいたりしていた

上司と真っ向勝負で怒鳴りあったこともあったし後輩だけはその目に遭わせまいと努力したりもした

しかし全く本当に一ミリも状況は変わらなかった

何万人という大企業の中にいる平凡なほんの一人が喚いたところで何も変わらないのだ

労働組合には毎月お金を取られているだけで特に恩恵を感じたことはなかった

一つだけ懺悔したいことがある

リクルーターをやっていたので学生さんにうちの会社の素晴らしさを語って数名ほど内定承諾に持っていってしまった

ほとんど嘘です。残業時間も働きやすさも休みの取りやすさも全て口から出まかせです

どうかあの子達が体や心を病まずに上手く切り抜けられるよう願っています

2018-10-30

今思っていることの感想

・酒

俺は大して美味しいと感じられない。飲める奴にとってはいいことだろう。

しかし酒を飲むことで暴力的になったり、社会ルールを破る輩もいるので

そういう嫌な目にあうことが多いのが嫌い。

酒のみのルールなどもあり(いわゆるアルハラ)これをされたことがある人は

飲み会が大嫌いになる。

 

煙草

まず煙が苦しい。次に臭いも苦しい。そして服に臭いが残る上に健康も害す。

喫煙者全体が他人迷惑をかけないように吸えばいいが、そうはならない。

会社などでも喫煙時間などを定めていたりするが、これが原因で喫煙者への連絡が

遅れるなど、非喫煙者にとっては迷惑だったりする。

極力迷惑にならないようアイコスなど電子タバコを吸うものも増えたが、依然として

紙巻きたばこは残っているので、害悪は残ったまま。

 

言葉遣い

40代程度になると敬語を話せなくなる者が多い。※俺個人の感想

下の人間が増えたり、自分より上の役職の人が少なくなるからだろうか。

取引先でも急にため口で話してくるものなどがいる。

また、同時に挨拶などもしなくなっていく。

入社時には社会人としてのマナーがこれまでもかというくらい叩きこむが

20年くらいたてば忘れてしまうという事だろう。

 

労働基準法

罰則がゆるく、罰金を支払ったとしても数十万円程度。

これでは企業に大したダメージにならない。法律を破っても大して問題がない。

制裁を強化しなければブラック企業は消えないのだからもっと厳しくするべき。

「○○か月営業停止処分」のようなものなどでもいい。

世の中ではブラックブラックと散々騒がれているのだからもっとなんとかして欲しい。

2018-09-18

人生イージーモードの女の話をして

自分たちは生まれ変わった方が早いなという結論に至った

顔が非常に良く、家庭は上流階級寄り 本人はスポーツ好きで性格は超気まぐれ、約束は守らない、超アルハラ

でもモテる早稲田だし大企業内定もぎ取ってる

今までの人生私達が想像できないほど愛され愛され甘やかされ自己肯定感を有り余るほど得て来たんだろうなあ

そして起因は家庭環境と顔の良さということになったので、やっぱり生まれ変わります

2018-06-06

上司に大変腹が立っている

大変腹が立っているので落ち着くためどのように腹が立っているか綴る。

当方パートのおばちゃんである

就業先はそこそこの専門職先生と呼ばれる人たちが働いている。

ムカついていているのはそのうちの1人の先生新人教育の仕方についてである

前述の通りそこそこの専門職であるがゆえに新卒入社することはほぼない。

なにかしらの社会経験もしくはスクール卒で入社してくる。

の子たちが入社しては辞め入社しては辞めていく。

ボス圧迫面接に耐えて入社してきた子たちの心が折れていく。

なぜか。

上司教育方針である

質問をするときはある程度答えを持って聞いてほしい」「まちがってもいい、まずは自分で考えろ」「なんで怒られてるかわかる?」「お前は恥ずかしい行いをしていることを自覚しろ」「仕事が終わるまで帰るな。やり方は自分で考えろ」

就業中がこれ。パワハラいただきました!

「俺の飯をかってこい」「俺の酒が飲めないのか」「彼氏はいるのか。彼女はいるのか」「子供はいつつくるんだ。週に何回やってるんだ」

就業時間外がこれ。アルハラセクハラいただきました!

たまたま1人すごく優秀な子がいて、この上司の下でうまく育ってしまったが故に増長が止まらない。

その部下が特別優秀なだけなんだよ!!お前の手柄ではない!!

しかしたらプライベートがうまくいっていなくて妻にも子供にも無視されているからせめて部下にマウンティングすることでプライドを保っているのかもね。

そう考えるといろんなことに合点がいってさらにとても腹が立っている。

私はもちろん誰に対してもバカにしたような態度をとりその上ボスの前では部下への不満を述べ部下の前ではボス悪口を言う。

そして自分だけは一生懸命仕事をしてますよみたいな顔をする。

勤続年数が長いだけだろ!




まぁ、そうですね。

当方パートのおばちゃんである以外は100パーセント創作です。

こんな上司がいる職場嫌だなぁ。

みんな助け合って仕事しようぜ!

2018-06-05

いちいち自分日大アメフット関係者になぞらえる同僚がウザい

意味わからん

パワハラアルハラセクハラ自覚があるなら辞任してくれ

2018-06-01

場所は伏す

地方就職して研修の時にハラスメント教育っていうのがあって、これはコンプラ違反になりますとかセクハラアルハラパワハラには

どこそこに相談くださいとかやってて、人権啓発センター的なとこから人がきて1時間くらいビデオで***差別について見せられて

最後に「あなたたちの命に関わりますよ!」って恐ろしい警告されたんだけど、そもそもお前がビデオ見せなきゃ済んだ話じゃねえ?

今時の若者は寝た子は起こすな理論とか知らねえっつうの研修に参加した人間のうち地元人間なんていねえんだから見せる意味がわかんねえよ

正直に差別があった方が金もうけになるって言えよ!

あんまり言うと匿名でも怖いのでもうやめよう

俺の命に関わるしね笑

2018-05-24

anond:20180524104538

先輩、それ、アルハラですよ?

日本人の5人に2人はアルデヒド水素酵素が不十分なのご存知です?

2018-05-17

また過労死事件かよ!

減らない残業、増えない賃金苦痛の満員通勤、足りない人手、迫る納期偽装派遣、未払い残業代、徹夜休日出勤、取れない有給パワハラセクハラアルハラ結婚出産でいきなり辞める女性社員介護に潰される中堅社員名ばかり管理職外国人労働者、みなし残業物価は変わらないのに地域賃金格差、ブラック企業サイコパス経営者ガイキチ研修ワンオペ営業妨害しにくるユニオン精神病社員新興宗教社員モンペ社員こじつけで増えまくるビジネスマナー、老人共の業界団体政治資金パーティー参加強要無駄会議、いらない飲み会会社行事リストラ、切れない不要社員派遣切り、とびこみ営業電話営業談合、ヤ〇ザ、過労死・・・

労働に関する問題が多すぎてもうウンザリやが。

人類全然進歩しないしやっぱ滅びるしかない。

2018-05-10

多様性を重視します!LGBT障害もつ人も働きやす会社を目指します!という宣言をしている裏で、アニオタからという理由アルハラ受けている俺。

多様性とは

2018-04-26

anond:20180426083832

いや未成年に酒を飲ませるのはアルハラどころか犯罪ですんで。。。

山口達也が許されたら完全に日本MeToo運動死ぬ

ここまで典型的セクハラパワハラアルハラは珍しいくらいなんだけど、これを「示談が済んだから」と許してたらMeTooなんか全く無意味になる。

マスコミも今後何を言っても「山口達也を許したくせに」と言われるだけになるだろう。

2018-03-11

若い社員飲み会で嫌われないための3つの方法

最近若い奴らは飲み会でイヤなことがあるとすぐネット愚痴って文句言うだろ?

そんなのに気を遣ってばっかりだとやってらんねえよな。

それでなくても最近アルハラだのパワハラだの、油断するとすぐ叩かれるから気が抜けない。

そんな悩めるオッサンたちに、俺がちょっとしたTipsを授けてやろう。

飲み会を嫌がる若者たちネットでの意見を参考にしてまとめたモノで、この3つを守れば若者からの無言の非難はぐっと減る。

事実俺はこれらを守って、若手が進んで飲み会に来てくれるようになったよ。

なに、簡単なことさ。



最初の1杯がビールじゃなくても怒らない

まあ、「乾杯ビールしか認めない!」って御仁が多いと思うんだが、ちょっと聞いてくれ。

最初の1杯はビール、これがまず若者に嫌われる大きな原因なんだ。

そもそも若い奴らは、何かを上に決められる、強制されることをけっこう嫌がる。

ましてやこれが酒の席だとなおさら嫌悪感も増すというもの

アルコールダメなやつ(これがけっこう多いんだ)なんかにとっちゃ地獄だ。

飲みたくもない酒を飲まされる飲み会になんか誰が行くかよ、ってなっちまう

から最初の1杯はビールじゃなきゃ許さん!なんて言わずに、ウーロン茶でもカシスオレンジでも、好きな飲み物を頼ませたらいい。

乾杯スムーズに行かなくなるって意見もあるだろうが、そこくらいは年長者が我慢してやろうや。

みんなが好きな飲み物を飲める飲み会が一番だと俺は思うね。



酒を注がなくても怒らない

「おい、グラスが空いてるぞ!何やってるんだ!」

上司のグラスにはすぐ酒を注ぐのがマナーだろうが!」

こんなの言語道断だ。

酒くらい飲みたきゃ自分で注げばいいのさ。

人に、しか若いやつらの飲食邪魔してまで酒を注がせるから嫌われるんだぜ。

もしもこれを無視して、酒は若い女に注がせなきゃ!なんて強情張った日にゃ、

アルハラパワハラセクハラの3コンボで、もう誰も飲み会に来てくれなくなるってもんよ。

酒は誰だろうが自分で注ぐ。こういう平等を浸透させてほしいものだ。

自分のペースで飲んでこそ楽しい飲み会になるんじゃないだろうか。



二次会に来なくても怒らない

「え、何で二次会来ないの?行こうよ行こうよ」

これもあんまり良い上司とは言えないな。

そもそも会社飲み会なんか半分以上付き合いで仕方なく来てるんだから若い連中の中には一刻も自分の部屋に帰ってスーツを脱いで寝たい奴がたくさんいると思って間違いない。

そういう奴は気持ちよく帰らせてあげて、ほんとにまだ飲み足りない奴だけ二次会に連れて行くのがスマートだ。

そもそも二次会なんて金と時間が余ってないとなかなか厳しいものだし、若い奴にはどっちも無いからな。

拘束時間をいたずらに増やすのは嫌われる元だぞ、たとえよかれと思ってやってることでもな。





以上3つ書いたが、会社飲み会そもそも完全に任意参加にして、本当に来たい奴だけ来ればいいようにするってのが、一番の解決であることは言うまでもない。何事も強制されると幸せを生まないってことよ。

2018-03-04

飲み会っていつ無くなるの?

ビジネスマナーについて熱く語りながらアルハラかましてくる人間を見ると、上辺のマナーなんていくら学んでも人として大切な事を間接的に学ぶのは無理なんだって気付かされるよ(自由律俳句

2018-02-25

男子生徒だけ柔道の授業があって毎年けが人が出るのとか

男子学生アルハラ受けたり裸芸なんかをさせられやすいとか

男性だってだけで育休が取れないとか

そういうののほうが余程深刻な男性差別な気がするけどなあ

2018-02-22

質的に酒が飲めないんだが

日本でも海外でも飲めない奴に対しての態度は変わらない

飲めないというと なんで why ってみんな聞いてくる

本意は微妙に異なるけど大体同じ

どちらにしろマジョリティーの暴力振るってくる

日本人は昨今のアルハラとかもあってそこそこの理解はある故に体質的に飲めないのは仕方ないってそこは理解してくれるけど、今度はじゃあなんでここにいるのってなる

海外の人はここで酒飲まないことに対してはなにも言わないけど、酒の飲めない体質が理解できないので、なんで飲めないのか体質的に受け付けないとのはなんで って聞いてくる

でもこっちにしてみたらそんなんしらねーしむしろ教えてもらいたいくら

例えばさ、目が生まれつき見えない人がいたとするじゃん

誰も目が見えない人に対してなんでここにいるのって聞かないじゃん

なんで見えないのって聞かないじゃん

飲み会に飲めない人がくるのは展示会に目の見えない人がくるのと同じって言うけど、でも展示会の人は別に目の見えない人が展示会に来ることにたいしては疑問には思うけど拒みはしないじゃん

目の見えない方のご入場は辞めたほうがいいです、なんて言わないじゃん

けど、こっちはやんわりと拒否されんのよ

飲めないなら来なくていいですって ダイレクトに言わないで、なんで来たの?って

それだけでなくて、実際に飲み会に飲めないからという理由で誘われなかったことたくさんあるから

まりは行く行かないの選択肢がないわけ

選択肢すら持たせてもらえないわけ

そんなんが嫌で日本飛び出してバカンスしようって思って旅行にきてみると今度はこっちはこっちでwhy

質的に飲めないのが理解できないのは文化の域だからもう諦めるしかない

だってこっちだって人の文化理解できない

例えば宗教で○○肉が食べられないとかあるがなんで食べないのか理解できない 決まり事だとしてもちょっとだったらたべることはできるのではって思ってしまう でもこれは宗教の薄い国に自分が生まれ育ったからだ

からお互い様なのはわかってはいるが、どこに行ってもwhywhyで疲れてしまった

個人的にはアルコール受け付けない人に対する無意識下における差別人種差別に近いと思ってる

アルコール、飲めなくても楽しく生きてるよ

けど、それによる生き辛さは多分マジョリティーにいる側にはわからない

こっちはただ人として扱ってほしいだけなんだ

2018-02-15

体に触れる、デュエット強要結婚はまだ?彼氏とはどう?体型についての言及、女らしくしろ、男らしくしろセクハラ

無理やり酒を飲ませる→アルハラ

妊娠退職を迫る→マタハラ

職場や家庭のいじめパワハラモラハラ

人に死ねとか死ぬなとか言う→デスハラ

2018-02-14

anond:20180214154435

それそれwだからネットアルハラ反対記事見る度にウマーて思ってる

酒を飲むなとは言わない、飲みたい奴は勝手に飲めばいい

飲んで酔っ払って騒ぎ出す奴は正直死んでほしいくら迷惑だが、百歩譲ってこれも我慢しよう

だが飲みたくない人間に無理やり飲まそうとする奴は、市中引き回しの上鞭打ちの後はりつけの刑に処すべきだ

自分ハードドラッグ他人強要しているという自覚はあるのだろうか?

「俺の酒が飲めないのか!」などと言ってジョッキを押し付けてくる行為は、注射器片手に他人の袖を無理矢理捲り上げ「俺のヘロインが打てないのか!」と言っているのと大差ない

タバコ副流煙に対しては鬼の首を取ったように非難する人たちも、酒の強要に対してはやたらと寛容だが、それもおかしな話である

タバコの煙の吸いすぎが原因で急性症状を起こして死ぬはいないが、酒の飲み過ぎが原因で死ぬ人は毎年後を絶たない

最近では社会も少しずつ変化してきて、「アルハラ」という言葉も生まれ

「体質的に飲めないなら無理して飲まなくてもいい」と言う人もいる、だがこれもおかし

質的に飲める人なら無理をしてでも飲まなくてはならないと言うことだろうか

普通に「味が嫌いだから」「美味しいと感じないから」「今日は飲みたくない気分だから」あるいは「体に毒だから」と言う理由で飲まないのは認められないのだろうか

別に好きな奴だけで飲んでればいいのに、何故他人に飲ませなければ気が済まない輩がいるのだろうか

この国からアルコールという脱法ドラッグ他人強要する文化」が一刻も早く無くなってほしいと切に願ってやまない

2018-02-13

anond:20180213231328

うーんジェンダーとは流れが違うからね。

アメリカ諸国の人たちはみんなお酒いから、アルハラ自体あんまりないのかと。

差別問題日本だけで解決するって結構難しいよね。

anond:20180213231328

つらいね

世間的には減っていく傾向にあるけど、残る所には残るんだろうなあ。

自分はもう40を過ぎたオジサンなので無茶ぶりもされなくなったが、若手の頃はキツかったな。当時はアルハラなんて概念自体が無く、酒に弱い若手なんて誰も守ってくれなかったか自分で何とかしてたよ。

開宴イチバンでイッキを申し出て、本当は後一杯飲めそうだけど、嘘ついて潰れたふりして、そのまま飲み会終了まで爆睡したりとか。

増田もなんとかやり過ごせると良いなあ。

酒に弱いゆとりなんだけど

社会アルハラが多すぎないか

とりあえず1杯目がビールなのも辛いし

ビール以外を頼むと和を乱した扱いを受けるのも辛いし

カシスなんとかなんて頼もうものなら最後最近若いのは云々〜〜」とマウント取られるのも辛いし

まだ飲み切ってもないのに勝手に酒注がれるのも辛いし

「まだ飲めるよ」だなんて相手の体質を完全に無視した無責任なこと言われるのも辛いし

こちらが辛いだなんてことは完全に想定外であるかのように酒を注いでくるのも辛いし

酒を注ぎ合うのが礼儀マナーであるみたいな空気も辛い

(あるいはそれらは礼儀ではなく日本特有陰湿嫌がらせ目的なのかもしれないがとにかく辛いものは辛い)

あと「若いから飲める」などという 猿でも20秒考えれば筋が通っていないことに気がつく謎の理屈を、違うヒトの口から何百回も聞かされるのも辛い

自分は一滴も飲めないわけではないが、パッチテストで言うと最弱の部類で、アルコールの分解が絶望的に苦手なのだと思う

ジョッキ二杯でも飲もうものなら激しい頭痛に見舞われ翌朝起きれず仕事どころではなくなる

いっそ一滴飲んだら倒れるレベルまで振り切ってしまった方が周りの理解を得られていいのではないかと思うこともある

今の環境は無理に飲まされるわけではないからマシな方なんだろうなとは思うが、

アルコール激弱人間としては辛い場面が非常に多いし生きづらい

ゆとりの甘えた泣き言に映るだけかもしれないが、

ブラック企業の働き方やジェンダー問題糾弾されまくってる今のご時世なので、アルハラ問題ももうちょい声高に叫ばれてアルコール弱者に優しい社会になってくれたらいいなと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん