「学童保育」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学童保育とは

2018-01-17

弟が好きだ(長い)

私には弟が2人いて、どちらも大好きだ。もちろん恋愛的な意味じゃなくて家族として。

上の弟は今高校三年生で、この間センター試験を受けた受験生でもある。

7歳から剣道をやっていて、小柄で痩せすぎな体格を逆に生かして先鋒としてすばしっこく活躍する姿は、姉としてのひいき目を無しにしてもかっこいいと思う。

中学でいろんな大会やらで結構いいとこまで行って、その結果を持って高校で推薦をもらったスポーツ少年(剣道スポーツと呼ぶのはどうかというのはあるが)なのである

下の弟は今小学六年生で、こちらも6歳から剣道をやっている。先鋒を務めることが多い上の弟とは対照的に、主に大将をやることが多い、体格がいい少年だ。相手の動きを見切り、堂々とした動きで相手を確実に仕留める戦い方は、もうすでに上級生をも上回る貫禄を見せていて、これからに強く期待が持てる。中学九州剣道強豪校からスカウトをもらっていて、親元から離れてそちらの寮に入ることが決まっている。

話が変わるが、私の家は、母親バツ3で、今の父親は4人目になる。

そして、私、弟1、弟2という兄弟構成なのだが、全員父親が違う。

私の実父はクソ男で、マルチをやってたらしくて豚箱に入ったりしたと親戚から聞いたが、顔も覚えていないし私が2歳の時に離婚したようだった。私はその父親認知されてることを18歳の時免許を取ろうとして戸籍謄本を取得した時初めて知った。ちなみにその次の父親とは子供を作っていないが、私に性的虐待をしていたことがバレて離婚した。

現在はマシだが上の弟がまだ乳児で、私が小学生だった頃、私と上の弟はネグレクト被害に遭っていた。

上の弟の父親借金を抱えてしまったせいで母親が心を病んでしまって、私たちの世話をしなくなった。前々から結構な量の家事をやらされていたので、少しやることが増えたなくらいにしか思っていなくて、弟の世話をしながら家事をする日々が中学卒業するまで続いた。

その頃は新しい父親もいて、下の弟も生まれていて、母親もだいぶマシになった。ネグレクトからひどい過干渉(私にだけ)になっただけだけど、私たち食事を用意するようになったからマシになったと思う。

けれど、親の代わりに授業参観避難訓練の引き取りに中学生を行かせたり、学校結構な回数休ませて弟を病院に連れて行ってあげたりするのはやっぱりおかしいと今でも思う。

もちろん下の弟の保育園の送り迎えもやっていたし、熱が出ると親ではなく私の携帯に連絡が行くようになってて(親に連絡しても出ないので)、私は仮病で早退しては弟を保育園に迎えに行っていた。

とにかく、そんな経緯もあって私は弟が好きだ。これは育児をしたことがある親御さんが聞いたら怒るかもしれないが、私が半分は育てたようなものからなのかもしれない。

ろくに友達と遊ばないで(遊ぶ時間がなかった)、毎日学校から走って保育園に向かった。

中学の時は下の弟と手を繋いで小学校学童保育に向かって上の弟を迎えに行ってから家に帰り、高校の時はママチャリで通学していたので、下の弟をチャリに乗せて学童保育向かってから帰宅した。帰り道に、2人に今日は何があったの?と聞くのが大好きだった。

19の時に私は家出をした。

私は大学でやりたいことが見つからなくて、それなら就職して家出資金貯めるか〜という気持ち高卒就職をした。

就職しても母親の過干渉はなくならず、むしろひどくなって、色々我慢できなかったことが多すぎた。さすがに自分携帯代を支払っているのに携帯GPSで居場所がわかるキッズケータイなのは我慢ができなかった。

何より、上の弟の大学進学の話で、「弟の大学進学の資金あんたも出してよ。ボーナス入るでしょ」と上の弟の前で言い放ったことが本当に我慢できなかった。

その話の後、上の弟はこっそり「姉貴は払わなくてもいいからな。ごめんな。」と言ってくれた。こんなこと高校生男子に言わせて恥ずかしくないのかと憤慨した。こんな家には居られないと、頭に血が上った結果だった。

結果的に私は家出した3ヶ月後に父親から一人暮らしをしてもいい。保証人になるから一度帰ってきてくれ」と連絡が来て、3ヶ月間働きながらネカフェ生活をしていた私はちゃんとした家に住むことになった。

それから四年経った現在実家との関係はまあ悪くはないが私は母親のことは許していない。時たま贖罪のつもりなのか母親から食料が送りつけられてくることがあるが、許せないことは許せない。

年末年始お盆には実家に帰ることにしている。もちろん弟の顔を見に帰るためだ。父親にも、まあ、元気ですかくらいは言う。母親は知らん。

会うたびに小遣いを渡そうとしても、上の弟は「姉貴も生活しんどいだろ。無理すんなよ」と言ってくれるし、下の弟は、「お金よりお姉ちゃんが家に来てくれる方が嬉しいからいらない」と言ってくれる。泣けてくる。

2人の誕生日は毎回奮発する。PS4京都友禅染の財布、ちりめん細工の飾りが付いている斜めがけバッグ、switch本体、他にも本人が欲しいと言ってくれたものたち。LINEタイムラインとかで「姉にもらった」と言ってくれたり、ふとした時に使ってくれてたりするのを見ると本当に嬉しい。

普段はツンケンしてるしラインもたまにしかくれない上の弟も、私が元彼に暴力を振るわれていたと知った時はひどく怒ってくれたし、殴り込む勢いだったのを止めたことがある。

下の弟はいつも、次はいつ来るの?と懐いてくれて、覚えたてのSMSでたまにメッセージをくれたりして(内容が、テストで100点だったとか、いい試合動画が撮れたとかでかわいい)とってもうれしい。

私は弟が大好きだ。誰かに理解されなくても、きっと、2人がいなかったらあの家で私は潰れてしまっていただろうから

2017-12-16

学童保育賞味期限間近の差し入れがよくあった話

私の通っていた学童保育ではオヤツが出てたんですけど、たまに近所の方からお菓子差し入れがあるんですね。

オヤツは毎日のことだし、予算も限られてるだろうからお菓子バリエーションが少ないんですけど、それが子供心にはすこし不満でした。

にもかかわらず差し入れお菓子はそれほど嬉しくありませんでした。なぜなら賞味期限間近のものばかりで湿気っていて美味しくなかったからです。

当時はこれを「嫌がらせ?」と解釈したのですが、hagex脳になってから嫌がらせではなかったと分かって安堵しました。

老人が息子夫婦賞味期限間近の食べ物を贈るのは、よくあることみたいです。

賞味期限間近まで放置している理由は今でもわかりませんが。

2017-12-03

[] #43-2「親の資格

それから紆余曲折あり、母は免許取得のため試験を受けるハメに。

「なるべく早く免許をとって帰ってくるから。それまでは我慢してね」

それまでの間、いつも母と一緒にいた時間は、学童保育に預けられる時間になる。

この時は寂しかたかというと、俺は思春期を迎えて親と一定距離を保つようになったため、そこまで感傷的にはなっていなかった。

この時期に出来た友達だっているし、俺にとってはそこまで苦痛だったわけでもない。

だが学校に入りたての弟にとってはかなりショックな出来事だった。

そして、その寂しさを紛らわせる行動の犠牲になるのは俺である

「皆でドッジボールやろう。マスダと弟くんは……じゃあペアで」

この頃の弟は今と違って人見知りが激しく、俺にベッタリだった。

「あ、弟くんにボール当たった。じゃあ兄ともども外野ね」

俺が何かしようとするたびに弟は付属品になり、弟が何かしようとすれば俺は付属品にさせられるという状態

弟が行動派になった今でも俺にちょくちょく頼るのは、この頃のイメージが残っているせいだろう。

「なあ兄貴。母さんは母さんじゃなくなるの?」

弟が不安を口にしたとき、それを一蹴するのは俺の役目になってしまっていた。

「んなわけねえだろ。そんなことにならないよう、母さんは母さんであるために遠くでがんばってるんだよ」

そうは言ってみたものの、このとき俺も少しだけ不安になった。

もし免許がとれなかったら、と。

それは母にとって俺たちが子供であること、俺たちにとって母が母であることが、普遍的でなくなり不変でなくなるかもしれないってことだ。

母も俺たちも何も悪くないのに、何でこんな七面倒くさいことになる。

俺たち家族全員が“親免許”に言いようのない憎悪を持ち始めていた。


…………

ところかわって母のほうでは、親免許取得のためのセミナーが始まっていた。

試験自体はまだ先で、それまではセミナーを受けて予習する必要があったのだ。

初日は市の作った講習ビデオを観ることに。

「まずはこの映像を観てください」

その内容は紋切り型で、小学校のころ観た教育ビデオレベル月並み説教臭かったらしい。

子供なら黙って聞くか茶化すなりできもしたが、大人たちはそうもいかない。

母は脳に繋がれたメモリーボードによって何とか抑制できていたものの、そこにいた誰もが真面目なフリをするのに必死だったとか。

「こんな陳腐な内容で大丈夫なのかしら。このご時世に子供生んだり育てようと思っている人は、良くも悪くも免許なんて必要のない人が多い気もするし……」

(#43-3へ続く)

2017-10-27

母は専業主婦だった

 家に帰ると母がいるのが当たり前だった。学童保育とか行く子が羨ましいと思ったこともあったが、今思うと母が専業主婦なおかけでいろいろ我儘も聞いてもらえて良い家だったと思う。

 今は家庭塾と非常勤学校講師をしている。高校生の娘の送り迎えもあいまって、母の夕方は忙しい。

 小学生の弟はどう感じているのだろうか。私が経験した小学生時代とは明らかに違う生活をしている。どちらが良いのか悪いのか。ただ私は専業主婦の母がいて幸せだったのかもしれない。

2017-10-04

保護者の望む最も有益子育て支援を書く

保育園の利用料値下げとか保護者はそこまで強く望んでないんだよ!保育園にはめちゃくちゃお世話になってる自覚あるんだから所得に応じて相応の利用料くらい払うよ。

財源を子育て支援に充てるって言うなら、まずは保育士待遇改善、次に保育園施設を増やす。この辺を本気の本気でやってくれ。

あと保育園問題に隠れて忘れられがちだけど、小学校学童保育(放課後児童クラブ)。こっちも全然足りてないから。狭い教室にぎゅうぎゅう詰めに児童がいるとか環境もかなり悪い。放課後児童クラブ環境改善にも国費を投入してくれ。

この辺りもっと整備されると親も安心して働けるから労働人口増えるし、小学校周りの治安もよくなるはずなんだよ。生産性につながる子育て支援を考えてよ。

2017-07-21

https://anond.hatelabo.jp/20170721093406

めっちゃ検索したけどない(;´Д`)笑

追記

もっと調べると

個人的にはキッズウイークは期待できた。

ただ、保育園先生学童保育の人は、わしらの休みはどうなるねんって怒ってた。

難しいね

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170718/k10011063801000.html

2017-06-24

https://anond.hatelabo.jp/20170623154241

元ネタは何だろうと思ったらこれね。

https://anond.hatelabo.jp/20170622071604

近所の保育園土曜日子供が居るところがあるのだけれど、そういう保育園ほとんどないんだろうな。

認可保育園にやるのの何倍もお金がかかるプレスクールにやっている親が、保護者面談こちらの自由時間にできるところや、そのほかのメリットがあるのでたとえやすくても他にやるつもりは無いと言っていたけれど、そういうのもあるんだろうね。

土日対応して欲しいなら、それなりに金払えということなのかもしれない。

小学校になると、授業参観日を土曜日にして、月曜は学童保育で朝から預かってもらうというパターンがあるようだけど幼稚園保育園はそういうのないね

2017-06-09

住んでいる市、なんかやばそう。

保育士幼稚園教諭が「ゲーム脳」の大変さを保護者に毎年一回は話す。

・市の研修先生向け)に「ゲーム脳になるとどれだけ危ないか」がある。

学童保育保護者会の集まりの一番偉い人、「市役所は敵」。

幼稚園保護者会の集まり会合誕生学の勉強会。(先生組合の集まり勉強会も同時開催)

誕生学ってさあ。

2017-04-06

http://anond.hatelabo.jp/20170406051531

俺は小学生の頃近所の学童保育に預けられていたんだけど、そこにレゴブロックがあったんだよ。

男の子ってやっぱあぁいうのが好きで皆夢中になって色々な物を作ってたんだけど、俺は全然面白さがわからなかった。

10年以上経過して当時ブロック遊びを楽しんでいた奴等は自分が好きで培った技術を用いた仕事をしている一方で俺は何も特技も技術も持ち合わせていない。

2017-03-09

なにげに子育て支援のあつい市に住んでいるんだけど。

私の住むA市は昔から貧しくて住民のガラが控えめに言っても悪い事で知られているらしい。(私自身は他県出身者なので伝聞で知るのみなのだけれど)

まりにもA市が不人気なので地価が周りの市よりも大分安く、お陰で家賃も安いので、助かるが。

実は地価が安い事以外にもA市には良いところがあって、それは子育て支援が手厚いことだ。

狭い市なわりに保育園は充実しているし、料金も安価。ちゃんと機能している児童館があり、学童保育もあり、子育て支援センターがあり、公共スポーツ施設では子供向けの安いスポーツ教室が多数ひらかれているなど、子育て世帯にとってはここは穴場だ。

それでも全体的に印象が悪いし、ベッドタウンとしては優秀でも仕事も無ければ遊ぶ場所もないので、あまり住みたい人は多くないらしい。

旦那さんが国家公務員をしているという知人から聞いた話では、

「こんな所に住んでると同僚達に対して格好がつかないので、地価が高くても保育園がなくても境界を一歩跨いで隣のB市に住みたい、と、旦那がゴネてて困る」

のだそうだ。

(ちなみに知人の家はB市との境界線のすぐ側にある)

子育て支援は充実しているが市は不人気で段々過疎りつつあるので、私の育児ライフ最初の数年はかえってとても快適だった。

運動公園子育て支援センター児童館、市立幼稚園、市運営する習い事etc.どこに行っても空いているので、のびのびと子供を遊ばせる事が出来た。各所にいる指導員さんや先生達も気持ちに余裕があって、おおらかに子供達と接してくれる。その為か土地の子供達もまっすぐで穏やかな子へと成長していっている様に見える。

ところがここ二年ばかりで状況が急激に変わりつつある。

というのも、子育て支援センター児童館や市の習い事がやたら混む様になった。

その原因はというと、各種子育て支援事業フリーペーパーインターネットなどを通じで広く宣伝されるようになったからではないか?と私は見ている。

あるいは、保護者情報収集能力が上がっている。

今、施設利用者の多くが周辺の市から来た人々である

運営習い事に通う子供達のほとんどが他市の子供達で、A市の子供達が応募に受からないという事態になった。

元々A市は貧しく情弱の多い地域である。実は市内の幼い子を持つ親達はA市の子育て支援事業が充実している事を意外と知らない。

何もしらずに昭和みたいな密室育児祖父母頼みの育児で頑張っている人が多い様だ。

A市の保護者は他市の保護者情報戦で負けて各種サービスを受ける機会を逸している、ということ。

多くの子育て支援事業納税者ではない人達が好きに使っている、というのがどうやらついに問題として行政から認識されたらしく、次年度からは多くのサービスで市外出身者の利用を制限する事が決まった。

子育て支援センター等で無料で開かれていたイベント講習会などが一部取り止められたり有料化され、市民と市外民とで応募枠と料金が差別化された。

運営習い事にも市外民の利用には大きな制限がかけられる事になった。

そういう訳で、来月からはまたA 市の子供達とその保護者ガラガラ施設のんびり遊んだり学んだり出来るという訳だが、今度は人が来なさすぎてせっかくのサービス予算が着かなくなったり廃止心配が出てしまう……。

A市の保護者乳幼児を0歳から保育園に入れて朝から夜遅くまで働かなくて済む人は多くはなく、よって市営のベビーマッサージだの親子水泳教室だのは間違いなく閑古鳥が声高に啼いてしまうだろう。

そんな状況にもモヤモヤを感じずにはいられないのだけれども、それ以外にもとても気になるのが、市外から子育て支援センター児童館を利用しに来る人々の事だ。

そういう人は殆どが職を持ち一年前後の育休中である子供は小さい子は生後一ヶ月に満たず、大きい子は一歳くらい。

そういう保護者の話を聞いてみると、大体の人が沢山の施設ハシゴしてまわっている。

ある人は周辺数市の支援センターを全部周り尽くして、ここが最後の一軒だと言っていた。

一年程度の限られた期間そうしてベスト支援施設を探して放浪の旅をすることに費やしている。

ハイハイもままならない赤ちゃんをたった一、二時間遊ばせる為だけに、車で往復一時間以上かけて、育児道具フルセットを詰めた荷物を背負ってやって来る。

どこもかしこも気に入らないと言う。

曰く、子供がグズってしま施設に馴染んでくれない。

曰く、施設職員があまりフレンドリーではない。

曰く、どこも数人のママ友グループが出来ており、誰も話し掛けてくれない。

要は、一見でパーフェクトに快適な施設でなければ二度目はないという事らしい。

なんだか、受験戦争就活的な逼迫感があり、育児の楽しさが無さそうだ。

一体何がそんなに彼らを追い立てるのだろう?

2017-02-06

幼児教育に関して、これが当たり前のことなのか知りたい

30代2児の父です。

自分母親学童保育先生をやっていて、奥さんの母親保育士をやっていて、そのおばあちゃんたち二人から子どもが生まれとき絶対に奥さんを専業主婦にして幼稚園に入れた方が良いというようなことを言われました。

で結局、奥さんを専業主婦にして子どもを二人幼稚園出したんですが、たまたまほかの家の子どもたちと大体10人ぐらいで2~3時間遊ぶ機会があって、その二人のおばあちゃんからから言われた通りになっていてびっくりしました。

ほかの専業主婦幼稚園育ちの子たちに比べて、保育園育ちで共働きだったり、片親のお子さんたちは、

  • キレやす
  • へこみやす
  • 思いやりがない
  • 集中力が続かない
  • 大人びていて甘え方が下手
  • 自信が突然なくなる

という印象をすごく強く受けました。

10人ぐらいしか見てないのでたまたまかもしれませんが、おばあちゃんたち二人に言われいたことが、ここまで顕著に出てくるのかなぁとビックリしました。

これって結構当たり前のことなのでしょうか?

数値化されない要素ではあるのですが、子どもメンタルにここまで強い影響を与えるのであれば、この事実はよく知られた方が良いんじゃないかと思っています

2016-12-26

学童保育仕事をしている母が

発達障害の子を見るのは大変。あんたらがどれだけやりやすかったか…」と言っていた。

どんだけひどいんだ、発達障害

2016-10-27

http://anond.hatelabo.jp/20161027130036

受けたサービスにだけ対価を払いたいと思うのは別増田学童保育の例を見ても自然だと思う。

彼らの思考問題なのは、どこでサービス(常に公共サービスを受けられる状態にする、という維持も含まれる)を受けているか認識できてないところ。

サービスは受けているのにサービスを受けていないと錯覚しているから「なんで?」と来る。

http://anond.hatelabo.jp/20161019233721

新宿も、数年前に子どもを区立保育園に預けてたころはそうだった気がする。月の半分くらいは使うんで、結局出したはず。

民営だと、日割りで計算してくれるんじゃないかな。今、子どもが通っている学童保育がそう。

2時間延長1回400円、最大4000円という制度、できなくはないと思うけど、みなさんがいうほど導入は大変だろうか。

月数回のニーズって、あると思うんだけれどなぁ。

2016-08-10

子供を産んだ育児経験のある女を会社から排除するのは勿体ない

保育園不足で子供を預けるのも難しい、保育園が預かってくれる朝から夕方までしか働けない、子供発熱したら保育園が預かってくれないので会社を休む、小学校に上がれば学童保育をやっていない所もある等々、会社としては扱い難い社員だと思う。

しか子供を産んで育ててないと実感として解りにくい事はとても多い。

私の経験だが、結婚前に三歳の子供のための幼稚園絵本を頼まれて描いた事があったが、依頼人が入れて欲しい要素を詰め込み昔読んだ絵本イメージで書かれた文章は長く三歳には難しい内容になってしまった。

今ならそれぞれの年頃の子供がどれ程の能力があり何に喜ぶのか実感としてよく解るのでああは書かない。

抱っこ紐など育児グッズ市場国内ですら日本企業海外企業惨敗している。

子供が産まれた時におさがりの紐を何種類か貰い試してみたが、海外製品が装着が楽、体に負担が軽い、デザイン可愛い、小さい赤ちゃんにも使えるなど使う人の事を考えているのに対して日本製品は装着が面倒で同じ赤ちゃんを抱っこしている筈なのにものすごく重くて肩や腰が痛くなった、これで価格帯が同じなら選ばれるわけがない。

今は海外製品を真似てましになってるらしいが、当時は酷い格差があった。

日本に楽な紐を作る技術力が無かったなら仕方ないが、育児は苦労すべきと思い込んで楽で可愛い紐を作る発想が無かったなら勿体ない話だ。

少子化の今でも育児している人は多く、子供のために安全な良いものをと沢山の金を落とす。

育児が終わった女性も消費の中心にいる。

これらの客のニーズを一番解っている社員を切り捨てていって海外と戦えるのだろうか。

2016-08-01

待機児童対策の陰で、子どもが泣いてる世の中ってどうですか?

「これからデジタル世界で遊ぶしかありませんね」

高学年の女の子は、あきらめたようにつぶやくと、それきり口を閉ざしました。


杉並区の掲げる待機児童緊急対策で、

今日私たちの大切な公園が失われました。


近所の人しか使っていない、街のちっぽけな公園

でも、都市に住む人間には、なくてはならない存在です。



あの小さな公園がなくなったら、


密室育児に追いつめられた母親たちは、一体、どこで疲れをいやしたらいいのでしょう?

親が不在の時間を、たくさんの友達公園で過ごしていた、親が働くのに学童保育に入れない小学生は、一体どこで過ごしたらいいのでしょう?





想像してみてください。公園がなくなった世界を。

けがえのない我が子に、手をあげてしま母親

場所を求め、街をさまよう子どもたち。

サッカー選手を夢見ていた少年は、バーチャル世界に引きこもるかもしれません。





児童虐待

孤独子ども犠牲になる事件犯罪

ネット依存

引きこもり



今、日本にある社会問題待機児童だけではないはずです。

都市公園がなくなるということは、そんな危険ととなり合わせ。



待機児童は国の緊急課題

誰もが反論できないその言葉の陰で、子どもが泣いてる世の中ってどうですか?



泣きつかれた子どもたちの瞳から希望の光が消えかけています

2016-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20160324102423

・家主が帰宅するまで家宅で子供を預かってくれるサービス学童保育がそれか?)

学童保育の内容も知らん奴が口出すな。

んでどちらも世間一般ではシッターと言う。

http://anond.hatelabo.jp/20160324101539

会社? 家ではなく? 「その時間に家に誰もいない」から送迎サービスが利用できないというのであれば、もしかしたら

比較的遠方の会社であっても子供を送(迎)してくれるサービス

・家主が帰宅するまで家宅で子供を預かってくれるサービス学童保育がそれか?)

需要があって、実際サービスされてたりするんじゃねえの。お値段いくらかかるか知らんが。

そういうの無いのかね。

2016-03-15

沖縄保育園事情はちょい特殊なんですよ

http://anond.hatelabo.jp/20160314222811

http://b.hatena.ne.jp/zions/20160315#bookmark-282046890

子持ちや待機児童東京金持ち問題だと勘違いしてる人が多いが、平均年収全国最低の沖縄出生率全国最高で、待機児童数は全国2位。人口比を考慮すると、東京より酷い。

ってブコメがあるけど、沖縄特殊から米軍統治時代の名残が残ってるんだよ。

沖縄幼稚園公立デフォ私立は数も少なく教育熱心な金持ちが行く所という認識で、親のないちゃー(県外出身者)率が高い)。

公立幼稚園公立小学校敷地内にあり、学校行事等は小学校と合同でやる事も多い。

んで公立一年保育が長年デフォだった(今は二年保育する所も増えてるけど)。

そしてこの公立幼稚園一年保育ってのは大多数(8割以上)の子供が通う。幼稚園側も二年保育は抽選だが、一年保育は希望者全員受け入れという所が多い。

まりアメリカのKindergardenと同じ。

親が共働き保育園児ですら、大多数が5歳の春(所謂年長)になると保育園辞めて公立幼稚園に行く。

その為年中までしか無かったり、年長は公立幼稚園が終わった後の学童保育学童じゃねーだろと思うがそう呼ばれている)のみ、と言う保育園も多い。

そうなると昔は保育園に入れないと子供一年保育しか受けられないし、今でも二年保育の抽選落ちたらそうなるわけで。

でも5歳までずっと自宅保育は流石に親もキツいし子供教育考えてもどこかに預けたい、となる。

なのでそれ以前に保育園に入れたがる家庭が大多数。

沖縄では保育園=働いている親が入れる所、ではなく幼稚園に入れる前に通わせる所、と言う認識なんだよね。

母親専業主婦でもどこから就労証明調達して(自営の親戚の所で働いている事にするなど)認可保育園に入れる人も多いし、認可外保育園に入れる人もいる。

認可外と言うと、一般的には「ビルの一室使ってやってる狭くて設備悪い少人数制の保育園」なイメージだろうけど

沖縄には傍から見たら幼稚園や認可保育園区別がつかないような広い園舎園庭を持つ、大規模で立派な認可外保育園も多い。

でも認可外入れてても認可の方が安いから、認可に移りたがる人が多いので待機児童が多い。

ちなみに沖縄保育園の充足率(保育園の定員/子供の数)も日本一

でも上記の理由保育園に入れたがる人が他地域よりはるかに多いからそれでも足りないだけ。

恐らく3年制の公立幼稚園を十分に充実させれば保育園需要は多少は下がるだろうけど

長年そういう制度ではなかったので今更そこを変えるのも難しいんだろう。

追記

なんかホッテントリに入っていて驚いた。

よく分かんないと書かれてるけど自分で読み返しても分かりにくい。すまん。朝に勢いで書いたんで。

言いたかったのは「沖縄保育園待機児童がやたら多いのは、米軍統治時代の名残で幼稚園=5歳児の一年だけという風潮があり

幼稚園の3,4歳児の定員が少ない為に、本来幼稚園で十分なはずの家庭の子も4歳以下で保育園に入る事が多いから」で、

巷で予想されるような「貧しい家庭が多く共働きしたがる親が多いから」というだけではない、って話。

つか沖縄共働き率はそう高くなかったはず。仕事が無いのもあるけど。

あと誤解されたかもしれないけど、沖縄にも勿論「認可外は高くて入れないから認可に入りたいけど入れない」待機児童ってのも多いよ。

東京激戦区なんかでよく聞く「裕福な共働き家庭が安い認可に入れられて、貧しい共働き家庭が高い認可外しか選択肢がない問題」だけではなく

「裕福な専業主婦家庭が安い認可に不正入所していて、貧しい共働き家庭が以下同文」と言う構図もある分、ある意味もっと酷いかも。

2016-03-09

http://anond.hatelabo.jp/20160309065117

オランダに住んでいたけれど、日本にそれを当てはめるのは無理があるとまでは言わないけれど、地域や状況が限定される。

まず第一にものすごく職住近接。首都アムステルダムでさえ、人口80万人程度。世田谷区より小さい。

から自転車でサーッ行ける範囲でなんでもある。

自分場合子供保育園まで400m、学童保育とか延長保育できる施設もその敷地のすぐとなりにあって、小学校終わるころになると賑やかになる。

スーパーが300m、図書館はその向かい旦那会社は遠かったけれど、それはすごく例外的で、その会社で20分以上かけて通勤する人は経営幹部クラスだけ。

「片方が〜」という極端な状況でなくても、朝は夫、帰りは妻が子供を迎えるとか、ごく普通だって、すぐそこに会社があるんだもの

そういう状況が普通から夜遅くまで仕事すると一帯何やってんだ、ということになる。

また、週◯時間の間で自由に働いていいよ、となる。で、それの延長で、週3日勤務みたいなのもありだね、となる。

同じ欧州地域でもロンドンとかパリとか、人がゴミゴミしているところはやっぱり子供を世話するのが大変になる。ロンドンなんて東京より大変。

地理的制約というか住んでいる実感で、日本だと無理じゃないかなと思う。

2016-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20160104190943

そりゃ女性活躍社会とか何とか故だろう。

今はとにかく仕事育児も両方と言う女性優遇しろという方針から

仕事はあまりやる気ないけど子育てが好きな女性優遇」と言うのはそれとは真逆の方向だから出来ない。

でも子供一人に何十万何百万も出して都心部保育園を増やすより、

子ども手当を一人数万程度出す方がよっぽど子供が増えると思う。

金のかかる0歳児保育を増やすより、金がかからない3歳児以上の保育(幼稚園含む)の低額化出来れば無償化とか

学童保育の充実の方が費用対効果も高いんじゃないかな。

待機児童なんて無い地方も沢山あるし、そもそも子供が幼いうちは専業主婦がいいという女性も多いわけだし。

都心部の0歳児保育の定員を増やす政策はごく限られた地域に住むごく限られた女性の役にしか立ってない。

それに保活に勝って都心部の0歳児保育使えるのは仕事やる気ありまくりタイプで、そういう人はどうせ二人目三人目なんて産まない。仕事出来なくなるから

まり少子化改善という意味ではそれは大して役に立たない。

なのにそれに多大なる税金がつぎ込まれているのが現状で、どう考えても費用対効果が悪すぎるのに

女性活躍なんたらのせいでやめられないんだよね。

http://anond.hatelabo.jp/20160104162249

そもそも保育園は良いとしても学童保育が「子育て」に含められるかどうかはかなり怪しいけどな…

教育されておらんだろ…

アイデンティティ観点から見たハーフの利点、



ハーフの人は自分アイデンティティが分からなくて可愛そうだとか

そのような話をインターネットで見るのだが、



日本に生まれ日本で育ったのにも関わらず

一方的他者から外国人と言われ、見た目で外国人判断される毎日が続くとどうだろうか。


これは単に「可愛そう」だけで片づけられる話ではない。


混血児として生まれることがデメリットと捉えられる反面に、メリットになる部分も実はあるのだ。



第一に、自ら考えて行動する力がつく。



ミス日本に選ばれた宮本エリアナさんが言うようにハーフ外国人顔の人間

日本で幼少期に差別にあっていた過去を持っていることが多い。



日本国内で生まれ育った幼児小学生の大多数は、

日本国外社会観に関する知見が乏しい。



なぜならば髪形や目の色に違い、皮膚の色の違う人に出会う機会が少なく、

そのような人間が生まれた成り立ちなどを知る機会がない。

また、正しい知識がなく間違った認識を持つことが考えられるからだ。



例として小学校学童保育などの施設

マジョリティである日本人が混血である人物に対して

見た目を揶揄したような言葉を放った事例がある



筆者は数年程前に小豆島にある学童保育施設を訪れた。

そこでは3歳児と見られる日本人男性が偶然施設訪問していたアフリカ黒人を指さして

「アイツ絶対に身体洗ってないだろ。」と発言する場面があった。



当の本人特に言い返すこともせず

その場は何事もなかったような光景であった。



言われた本人はどう思っていただろうか

もし自分自身がそのように言われたら

嬉しいか、悲しいか・・








予想がつく人もいるだろう。


良くも悪くもこのような事態がなぜ起こるのか

考えなければならない。



日本に生まれハーフと呼ばれる人物は

このような差別的かつ本人の人格否定するような

発言を耳にすることが多くその都度自らのことを考える。



まり自分自分のことを考える機会が多いのである



このような出身地故郷に居ること自体が日々アウェーである経験を積み重ねることで

まれながらにして周りに沢山いる日本人から距離を置いて物事を見る力がつく。

国際的な、広い視野を生まれながらにして持つことができるのである



昨今の日本では国内のあらゆることに対して

世界基準に合わせようとする動きが沢山見られる



そんな、日本人とは一風違った視点を持つ

ハーフ」の活躍が期待される。

2015-09-16

http://anond.hatelabo.jp/20150916190432

大丈夫だよ!産むが易しだよ!!って回答を期待していると思ったので、

ひねくれている私は最悪パターンを考えてみる。

と言っても出産時に増田死亡とか子が障害児とかまで考え出したらきりがないので、一応母子ともに健康、と言う前提で。

まず保育園に入れない、増田専業主婦になるしかない、と仮定。

となると旦那収入450万のみで生活する事となる。

家賃だけで年間180万とか払ってられんのでもっと不便で汚い所へ引っ越し旦那通勤大変になる。それでもぎりぎり生活

増田幼稚園入れるまでの3年間なら辛抱できる、と思うかもしれないけど、

地域によっては幼稚園ですら激戦で入れる保証などないよ。

少子化女性社会進出で幼稚園は定員割れ」ってのは田舎の話だから保育園が激戦な地域幼稚園も足りてないと思った方がいい。

特に保育園代わりとして使える(親の負担が少ない・延長保育が充実してるなどの)幼稚園はかなり人気だから

単に受付順で入れる幼稚園なら徹夜で並べば済むけど、入試を行って選抜する場合は落ちたら当然入れない。

結局専業じゃないと無理な幼稚園しか入れずろくに働けなかったとする。

増田小学校に入りさえすれば…!と思うだろう。

でもここでも学童保育に入れる保証なんてない。当然保育園上がりのフルタイム正社員の子が優先だからね。

入れなければ子が学校行ってる間だけの短時間パート、それも子の病気だの長期休み中だのは休めるような所を何とか探して働くしかない。

学童入れなかったら、まともに長時間働けるようになるのは子が一人で家で留守番出来る歳になってから

でもそれまで10年くらい専業か短時間パートだった40代の女にろくな仕事なんてあるわけないよね。

以上が、別にそう極端でもなくありがちな範囲における最悪パターン

それでも産めるかどうかは、旦那が今後どれだけ収入が増える見込みがあるか&実家に金銭援助を頼めるか、によるだろうね。

2015-09-04

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASH937KW8H93PPTB00P.html

教育現場小学生向けにやるな」「教師が云々」が多いが

小学校と言っても学童保育の部屋で、教育現場じゃないし、恐らく親向けアピールだろうし

教師じゃなくて「事業受託した外郭団体の50代の非常勤職員」だし(勿論公務員でもないだろう)

記事まともに読んでない奴多すぎじゃね?

それとも単に学童保育が何なのか分かってないだけか?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん