「狼少女」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 狼少女とは

2020-05-31

ゲームグラフィックめっちゃ進化してるけど食事シーンはショボい

食べ物グラフィック自体は美しいけど、実際に食べるシーンは全く表現できてない。食ったものが減らないし皿が汚れない。技術的に難しいのかな。

https://www.youtube.com/watch?v=WrFrHtW6fc8

Escape from Tarkov

おいしそうだけど缶詰の中身が減らない

https://www.youtube.com/watch?v=cdEn9UseDl8

Red Dead Redemption 2

おいしそうだけど食べ物の減り方がおかし

https://www.youtube.com/watch?v=T6HKyKdSqMU

Final Fantasy XV

おいしそうだけど食ってるとこはうつされない

https://www.youtube.com/watch?v=XesCTqVdDjM

Monster Hunter World

おいしそうだけど飯の減り方がおかし

追記(ブコメで教えてもらったので見つけられたの)

2020-04-07

在宅勤務1

1日目の食事:朝トーストコーヒー/昼はご飯+昨日の残りのなめこ味噌汁納豆が好きなのに近所のスーパーでは軒並み売り切れ中)/夜はレトルトカレーレタス

めいっぱい間食していて太る予感しかない。

タンパク質野菜不足が気になって、とりあえずスーパー冷凍青汁を買ってみた。あとサボっていたプロテインも飲むの再開。

 

1Kなので起床→ふとんからガバッと出てベッド横のテーブルパソコンを起動し、朝食のパンコーヒーを準備しつつ仕事開始(この間1分かからず、ただし通勤時よりも寝坊

寒がりなのでこの時期、光熱費バカにならんなという気がする。手当は出してくれるそうだけど些少だ。

昼前だけどまだパジャマ

 

これまで習慣のなかった日報を書くのが面倒。

 

日中ご飯のことばかりを考えている。次何作ろう?ってのと(作ったというレベルではないが)、お腹減ったというのと。

ガラスの仮面」で北島マヤ狼少女の役作りのために狼として生活をしていたときの心境。獣に戻った感じ。

炊事を始め、長年サボっていた家事を多少やり始める。

食事の取り合わせが妙のは私の調理能力の賜物である

2019-07-14

anond:20190714224111

あれは遺伝的な自閉症家系物語だよ

そのまま描くと生々しいから、狼のアナロジー表現しているんだ

インド狼少女伝説もつながっているね

父親療育を受けないまま育ち、水に飛び込んで死亡

母親難関大学に受かったけど衝動的な人生設計により中退するしかなくなる

長女→クローズド人間社会の中で生きていく道を選ぶ

長男個性を生かし、野生児として山で生きていく道を選ぶ

2019-06-26

現実虚構区別はみんなついてない

表現の自由で、現実虚構区別はつくと言ってるけど、個人的には全くつかないと言わざるを得ない。

というより、現実虚構境界線あいまいからだ。

現実虚構区別がつくという理由に「物語における殺人シーンを見て殺人をする人はいない」という話が出る。

しかし、人を殺したいって、ハードルが高い。物理ハードルが高い。ヒヨコを殺すのとはわけがちがう。

人間をうっかり殺すなんてことはかなり難しい。

人を殺したいと思いながら生きている人間自体が異常だし、教育において人を殺してはいけないというのは前提条件だ。

そもそも、人を殺すには動機必要だ。よほど憎んでいるか殺人という行為に興味を持つか。

現実虚構区別が難しい、と思う理由は、創作物語における人間の反応だ。

たとえば、悪役女優を演じる方は、日本において悪役女優ばかり演じる傾向がある。

役がハマる、というのもあるだろうが、本来、いろんな役ができてこそ俳優だろう。

ある俳優ヤクザを演じれば、どの番組に出てもヤクザしか見えないなんて言う話もある。

極めつけは、悪役女優を演じると、あなたが嫌いだという苦情の手紙電話を受けるという話だった。

そう、区別がついてないとしか思えない。

漫画キャラクターファンがつくことがある。

そのキャラクター死ぬと、たくさんの人がショックを受けたり、もしくは体調を悪くしたりする。

そのキャラクターが、生きていない存在しないにもかかわらず、だ。

そして、その漫画でも、キャラクター誕生日が設定されている。

誕生日になるとケーキを買ってきて、祝ったりしている。

これが、現実虚構区別がついていると言えるのだろうか?

あと、子供向けのテレビでいえば、よくクレヨンしんちゃんが挙げられた。

あれは、真似がしやすい。

きっと、あの真似をする子供に困ったお母さんも多いだろう。

だけど、すぐに注意できるし、怒ることができる。

よほどでない限り、親のほうが影響力は上だろう。

それに、学校という場所に出れば、衆目にさらされるし、いつまでもやる行為であるとは思えない。

そして、デマ拡散という事項もある。

もっともらしい嘘は、人をだませる。現実に近い虚構だって存在するのだ。

それを現実か、虚構か、判断するのは人間である

たくさんの嘘が毎日のように拡散されている中で、それが真実か嘘か、いちいち検証しないだろう。

狼少女の話を信じている人も多いが、嘘だった、という話もあった。

そう、私たちは身近でも、たくさん騙されている。

そして、いま、やり玉に挙げられているのはアダルトビデオである

AV見て妊婦腹パンするやつはいない」「強姦するやつはいない」と、男性はこぞっていう。

だが、AVを見て、パイずりはやるのだという。だけど加害はしない、という。

実のところ、AVの影響について、判断はできないと思う。

なぜなら、AV見て腹パンする、強姦するやつで名乗りを上げるバカはまずいないからだ。

暴力をふるうことは人を殺すことよりはハードルが低く、真似しやすい。

暴力をふるう人間には、暴力をふるってはいけないという規範存在しない。

暴力が悪いことじゃない人間に、暴力ダメだというのは非常に難しい。

そう、ここで問題になるのは、暴力ダメだという規範を持っていない人間が、件のAVを見た場合である

少なくとも、妊婦は殴ってもいい、強姦を許される世界存在する、と勘違いしてもおかしくないと思う。

私たちの内心は自由だ。しかし、他者への加害は秩序を乱し、他者人権尊厳を著しく侵害する。

そして、何より、AV実在する人間が演じているのである

AV女優たちが、何を思って、どうして、その業界にいるのかわからない。

私にはひとつ気になることがある。

一度、AV女優の集まるバラエティ番組を見たことがあるのだが、ザーメンぶっかけられる女優が、ザーメンが本気で嫌いだと、言っていたことだ。

その本気で嫌がる表情がいいので、撮り続けるのだと監督は言った。

それでも、彼女は、AV女優をやめないのだ。理由はわからないし、ここでの問題ではない。

しかし、ザーメンぶっかけられた時の表情が虚構ではない。現実なのである

設定すべては嘘でも、現実がそこに横たわっている。

実のところ、ネットにはたくさんのセックス動画がある。

あれらの中には盗撮されたものも混じっている。静止画も同じだ。

アダルトビデオとは何なのだろうか。

自分たちが見るであろう表現は、本当に虚構だろうか。

それは本当に、誰かの尊厳を踏みにじられずにとられた表現なのか。

そして、彼氏彼女のような間柄でも、強姦のようなセックスをされたという女性は少なくない。

男性は、意外と他人と性の話はしないと思う。セックスするときゴムするか、なんて、たぶん聞く人のほうが少ないんじゃないか

自分は加害しないか表現は守られるべき、なんていうのは無責任なように感じる。

知らないこと、わからないこと、断定しようのないこと。

自分妄想が正しいと信じている大人も多すぎる。

自分の出した結論が正しくない可能性について、少しでも想像してほしい。

2019-03-25

痴漢被害者冤罪

被害主張して興奮するのが冤罪をやる

男性を苦しめて自分が同乗されるのがうれしい狼少女冤罪女だ

2018-03-14

anond:20180314175436

痴漢冤罪で金儲けしてたらほんとに性犯罪にあった狼少女を助けなかったのに罪悪感などないよ

痴漢被害女性などより毎朝見ホームレス自分が助けないことの方に俺はずっと罪悪感がある

2008-12-20

http://anond.hatelabo.jp/20081220173138

決め付けとか以前に、そんなもの狼少女でもない限り無理だろw

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん