「二次会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 二次会とは

2021-05-01

ちょっと真剣に聞きたいんだけどさ(長いよ)

ちょっと真剣に聞きたいんだけどさ

明らかに団体旅行客とかを乗せたりなんだりしているバスとかが団体名を隠して走ってたりさ

「どちらからいらっしゃったのアータ」みたいな質問にどこから来たのかを答えられなかったり濁したりさ

配る目的みたいなサイズ土産菓子を持ってる人間ほとんどいないとかさ

もうわかってやってるよね

右へ倣えがお得意な日本人って思ってるけど、今それ悪用して「みんなが行くなら自分も行っていい」ってやってるよね。

っていうか旅行客さあ

避けられたりしつこく消毒洗浄させられても嫌がったりムッとしたり怒ったりする権利なんか旅行に出てる時点で無いんだから

顔見知りの人間と集まっても危ない今この状況で「見ず知らずの存在すら知らなかった人間」が怒涛にやってくるって言うのを両手広げてハグして歓迎したい人間どれくらいいる?

何を勘違いしてるのかわからんけど、そう扱われるくらいの存在なんだよ今の時期この状況の「旅行客」って奴は

拒否したりする人ばかりじゃありません!」って言いたい奴らもおるかもしれんけど、娯楽目的旅行をしてるって時点でぜ~んぶ同類から

食事の場や職場にも学校にもお約束制限あるんじゃないの?

自分居住区から離れる移動、避けるべきじゃないの?

どんだけ観光地宿泊施設対策しても外から入ってくる人間は誰がどんな健康状態でどんな対策してるかってのを

数値にしたり証明したりはできない訳よ。「全員クロ」の気持ちなわけよ

地方に行く理由も何?「関東とか関西コロナが怖いから」って。

馬鹿なんか?

自分が行き先にとって脅威になるかもしれない」とかは考えなかったんか?

今年我慢すれば、今これをしなければ来年は晴れ晴れと行けるかもしれないとか思わなかった?

去年それをしなかったおかげで今年もこうなってると思って差し支えないと思うんだけど?

一回我慢すればいいことを我慢しないで何人をいくつのリスク晒してるんだよ

一日くらいコンサート、一日くらい旅行観光、一日くらい、一日くらい、一日くらい…数多の人間意識的でも無意識にでもやってきた「これくらいいいでしょ」だって

一人の「一日くらいいいでしょ」が10人なら10日、100人なら100日。それだけコロナ禍が長引くってくらいに思えよ。

感染しなかったのってただの運だからね。

大げさって思われるかもしれないけど、毎日毎日県ごとの感染者や志望者数が全国ニュースになってるじゃん。

自殺とか自動車事故みたいなさ、コロナより前からある死因でもそんなのしないじゃん。どっちも異常な事だよ。

毎日どこそこで何人が感染、何人が死亡、あの地域病院満床学生や現役でない医療関係者も動員、

そんな異常な事は自分とは関係ないって?自分普通主婦から会社員から学生からあれとは遠い世界に居るって?

失望したよ。大学行ってたり企業就職して暮らしてたりする一般的にはまっとうだと扱われるような人らが平気で遊んでんだもん。

あれ?思ってたより世間って頭よくないのかな?学校勉強だけやってたら全部OKだった感じ?ってなる。

想像力が無さ過ぎる。

どう転ぶかわからない事を考えて考えてどんな可能性があるのかとかどうしたら悪い方向に行かないかとかを想像する力が無さ過ぎる。

「(休日連休の)たった数日だから」ってあれこれ楽しくやっとる奴ってその一手で誰かや自分来年を奪うとかこれっぽっちも考えてねえんだろうな。

しかも、バカやらかした事のためにルールは厳しくなるのにさ、バカバカって自覚がねえからルール自分らのせいで締まったて思わんのやろ。

真面目にやっとる人間ならうまく避けてやれてたことまでできんくなってくが。私何かおかしい事言ってるか?

アルコール販売をやめろって?

まっとうな頭持ってる人間はどこの店で買っても持ち帰って家で飲んでるよ。

設定すべきは「酒の販売停止(~要請)」ではなくて、「路上飲酒前科罰金になる」でしょ。違うか?

これとか、飲食店映画館もいろんな煽り受けてるところも、対策ずさんにして自分の所から感染者出したい所なんかあるわけないじゃん。

飯の時に黙って食えない病、

おともだちと料理シェアしないと死んじゃう病、

パーティションがあると退かさないと気が済まない病、

店員の言う事無視しないと生きてられない病、

お酒は外で飲まないと生きていけない病、

全員頭の病気だよ、

みーんなバカ 頭の病気 いや、もう欠陥。

疲れたもう。

桜も、藤も、私は行ったことないけど毎年見事な咲っぷりらしい花の植え込みも、

人が集まる/集まったからって咲く前や盛りに頭を落とされて、これまでは使えてた遊具も「いろんな人が触るから」じゃなくて「大人が座って飲みをしたから」でロープはられてた。

子供自力遠距離観光をするか?数万か十数万出して旅行の予約をするか?子供遊具に集まって酒宴するか?

みんな大人がやってることなんだよ。我慢ってやつの、忍耐とか堪え性とか、約束事やルールを守るって奴の手本を見せないといけないんじゃないの?

人間バカさのせいで花や実を落とされた植物がかわいそうすぎる。

飲みや旅行や娯楽でアウトになった連中なんかちっとも哀れじゃない。

集まるなって言われてる中で集まってクラスター?ふざけるなよ。自分でアホの自己紹介してくれてどうもな~

自分が苦しまないために、人を苦しめないためにこうしようああしようって提案されてることを無視しといて

いざとなったら他人保護治療してもらえるんだから本当に楽しく生きられていいよな。

娯楽とか宴会の場から感染した人間もその他自業自得感染した人間も、お医者さんとか看護師さんとか医療関係の人は助けてくれるよ。

中身がどんだけカスでもそいつ人間なら治すのが仕事から

「そんな奴らほっとけよ」ってめちゃくちゃ言いたい。是非放っておいて勝手に死なせてやってほしいよ。

「バカ」っていうのは、学歴とか社会的地位で決まるんじゃないんだなってのがわかった。「愚者」とも言い換えられると思う。

PCR検査たから、抗体検査たか大丈夫だって勘違いだよその大丈夫ってのは。

採取した後に出発日まで完全に誰とも接触せずに密室隔離されていたとかならまだしも、体液を提出した後に外出したり人と接触したりしたら意味ないよ。

検査のために採取した段階では大丈夫だった」以上の結果にはならないよそれは。考えてわかんなかったの?

あと「PCRしたか旅行大丈夫だった」じゃないんだよ。「今の時期でも旅行行っていいんだ」みたいな連鎖起きるだろうが。

何が我慢国民性だよ じゃあGW連休だつって遊んどる奴らは国民じゃねえんか

もう早く終わりたい。毎日に喜びとかない。

オタクからイベントとか行きたい。舞台ライブも行きたい。ショーも行きたい。

でもイベント類はどんどんなくなって、厳しい中で厳重警戒を敷いての上でやりますと発表されたとしても自分はいけない。

モラル常識、防疫意識がある人間ほど、どんどん損をして疲弊する。

バカものせいで」としか言えん。

コロナ禍が終わらないのは特定・捕捉ができない無数の「あんたら」のせいだとしか言えん。

ももっとモラル常識もなく自分の楽しさだけを考えて生きてたら楽だったのか?

こんな記事もこの文章中における「バカ」として指してる連中は見もしないんだろうな。悔しい。悔しい。憎い。

このGW中だけに限らず、どんな場所でもどんな環境でも人種でも、推奨される事をチェックして色んな事に気を付けて

我慢とか苦労をしてきた人らが報われる日が絶対に来てほしい。

「これくらいはいいだろう」でやってきたバカどもはその人らと肩を並べて清々しい顔なんかしないでほしい。

あーあ、ビッグサイト行って、イベント終わって、オタクの大群の中を同じ流れに乗って戦利品にホクホクしながら駅に向かって、

ギュウギュウ詰めの電車に乗って都心に出て、休日の人混みの池袋とか秋葉原を歩いて買い物して、

舞台とかライブで声出したり笑ったりして、コーレスしたりとかして、

久々に顔を合わせた友人とかと美味しいごはんを近況報告とかの会話しながら食べて、カラオケ二次会やって、そのままホテルで倒れるように眠って、

両手に職場で配る用とか自分用の限定お菓子の入った紙袋提げて飛行機に乗って寝落ちして、「あれ?もう地元着いたの?」とかやりたいなあ

そんだけなんだけどなあ

2021-04-16

anond:20210416202145

二次会に出席しなかったくらいで友達じゃなくなるなら不要でしょ

結婚式二次会の出席どうしたらいい?

関西に住んでて関東二次会に誘われた。

人数は20人くらい

5人以上の飲食は控えるよう言われてるけどどうしたらいいか

自分の数少ない友人のお祝い事だから参加したいがどうしよう…

7月は感染症おちついていることを願う。

2021-04-14

夜の恵比寿で攫われかけた

人生20数年、箱入り娘として真面目に生きてきた。クラブにも行ったことないし、コリドー街に繰り出したこともない。ちょっとした不良エピソードなんて、大学時代サークルメンバーと行ったカラオケオールや、深夜までのシーシャ二次会くらいだ。

この前会社の同期と、恵比寿で深夜まで飲んだ。見事終電を逃し、同期(同性)と2人でその辺のホテルに泊まることにした。ところがどっこい、恵比寿ホテルは3つしかなく、どこも満室のそれをはしごすることになる。

そこで安全場所を見つけるまでの1時間に、私はなんと、計4回ほど攫われそうになった。

一回目は、同期がコンビニお金を降ろしている時。「二重が綺麗ですね」と声をかけてきた男性に「どうも」と返事をしたら、そのまま肩を掴まれて無理やりどこかに連れていかれそうになった。気がついた同期が電話をかけてきて、そこで相手が怯んだのを見計らってダッシュで逃げた。

2〜4回目はどれも同期と一緒だったが、何故か声をかけられたりボディタッチをされるのは私ばかりだった。腕を引っ張られたり、肩を掴まれたり、やはりどの人も半ば無理やりどこかに連れていこうとした。「一緒に飲もう」「俺の部屋おいでよ」「抜け出そう」そんな感じだ。

多分私が美人からとか、そういうんじゃない。そもそもマスクで顔は隠れてる。

・背が低くて弱そう

・どこか垢抜けてなくてチョロそう

・喋り方も気が弱そう

・でもギリギリ抱くには問題ない容姿

そんな感じだと思う。

世間知らずの箱入り娘並に、夜の街で遊ぶことに憧れがあった。他の同期みたいに深夜まで飲んでみたかった。

でも私には、そういう行為はまだまだ早かったらしい。

悲しいなぁ。

こんな感じじゃ一人暮らし一人旅不安だ。生まれ変わったら屈強な男の人になりたい。

2021-04-10

完璧女性社員がいる。男として辛い

今週、新卒の顔合わせで久しぶりの出社をして顔合わせたらいろいろ思い出してしまった。

これはうちの会社の話。書いてるのは30台なかばの男。

 

一昨年、うちに中途で入ってきた女性社員。明るくて可愛くて爽やか。いやらしさのない、清潔感のある人だなぁってのが最初の印象。1つか2つ年下だったか

 

うちの会社専門職の集うところで、男女関係なく技術力の高い人は採用するらしい。

ところがその女性社員技術以外の…センス直感?的な何かがすごく長けている、独特な才能の持ち主だった。天才ってこういう人かもしれんって本気で思った。

当然、社内では女性社員の取り合いだ。「うちのプロジェクトに入れたい」ってしつこく口説かれている様子をよく見る。そこでも彼女は持ち前のコミュ力仕事能力で、ほとんど口説かれたら断らないらしい。見るからに3人分くらいの仕事を常に手元に置いている。それなのに!残業してるの見たことないんだよ!!ただの一度も!

 

俺は何か(色仕掛けかいやらしい方向で)秘訣があるのかもしれないと思って、それとなく「女性社員さんの仕事のコツを教えてほしいですわ」と口にしたところ、翌日「こういう本がありますよ」と何冊かの本を貸してくれた。専門書の類だが、処理速度や効率化に全フリしているレア目な本だけをおすすめしてくれた。彼女は常にデスク資料として専門書を置いておいて、何かあれば惜しげもなく周囲に貸し出しているそうだ。「誰だって好きだから専門職になってるんだから技術は伝え合わないと」とか言うの。完璧かよ。眩しい。

 

その時は素直に感謝気持ちがあり、いつもお疲れ!っていう意味で、年の近いもの同士で飲み会をした(ギリコロナ前)。やはり彼女は顔が広くて、話したことがあまりない他部署の人も呼んでくれた。楽しい会だった。そんなときコロナいねって話になった。「会社来れないと仕事する部屋もないよね」みたいな話をしてたんだよ。みんなウンウン頷く中、彼女は少し違う風だった(ように見えた)。

その後二次会野郎だけで行ったらビックリ。おしゃべりな総務のオッサンがベロベロに酔って教えてくれたよ。彼女の住んでるとこはいわゆる「金持ちしかいないエリア。まあ、もれなく彼女金持ちで、俺と歳が変わらないのに、相続対策でもらった金で家を建てたらしい。だからフルリモートしても部屋はあるんだと。つーかそんな事バラすなよ総務。Twitterで見た「税金対策で毎年百万円もらう人」がこんな近くにいた。

顔が良くて、性格も良くて、実家が太くて、仕事完璧

コロナ禍でめったに会えなくなってよかった。俺の劣等感を刺激せずに済む。

もう会社行きたくねえなあ。でも借りた本は役に立ってる。役には立つけど俺は彼女みたいなコミュ力や人望はない。対等になれない、悔しい。女なら女らしくカラダ使って人気者になってるほうが、俺の心は傷つかなかっただろうな。辛いな。人間平等すぎんだろ。努力しても追いつけないって相当なキツさ。

2021-04-02

ひんやり冷たくてほよほよでたゆんたゆんのおっぱいの話

成人式で、乳を揉ませてくれた同級生地元に戻ってくるらしい。

トイレで書いてたら興奮のあまり長くなりすぎた。全部読んでも大したことは書いてない、すまない。

彼女同級生の中でも結構金持ちの家の子で、長い髪をお嬢様むすび?(アイマス橘ありすみたいな髪型)にして、授業中はメガネをかけていた。学区は近かったけど俺は野球をやってた上に、彼女はたいていデカ外車に乗ったお母さんが送り迎えをしていたからあまり学校帰りに一緒になることはなかった。

彼女とはただの同級生しかなかったから、思い出が特にたくさんあるわけではない。俺が外で遊んでいる時、彼女教室で本を読んでいた。あんまり、関わりはなかったように思う。

4,5年生の時だ。宿題が終わらないで居残りさせられていたら、見かねた彼女が手伝ってくれたことがあった。それから漢字の書き取りが多すぎると愚痴っている俺に「送り仮名が長い言葉を選べば少し楽じゃない?」と言って、例に挙げられていた「原因」ではなく「因みに」と書けばよいと教えてくれた。「ちなみに」という読み方を、この時知ったのを覚えている。

彼女はいから年賀状をくれるようになった。母ちゃんに「あんたにくれるなんて律儀な子だね〜」とからかわれるのが嫌だったけど、流行ってた丸文字じゃなくて大人っぽい字で、俺の名前と何らかのひとことを添えてくれていた年賀状は未だに捨てられない。

中学生になると、男女の溝がくっきりするようになった。彼女優等生の真面目な女子に、俺は野球部のイジラレ役になって、接点はまた少なくなった。たまに話す機会もあったけど、そのうち俺は彼女敬語を使うようになった。彼女は授業中も眼鏡をかけるようになって、髪型ポニーテールになっていた。彼女は県外の進学校に進み、俺は地元工業高校に行った。大学は知らないけど、多分有名なところだと思う。俺は、地元会社就職した。

成人式の日、着物彼女は遠目にしか見られなかった。黒っぽい高そうな着物を着ていたことだけはわかる。乳を揉ませてくれたのはその日の夜だ。俺の地元では、成人式の日の夜に中学校ごとの二次会が開かれる。

彼女ピンク色のドレスみたいなひらひらの服を着てやってきた。小さなブランドバッグを持っていて、やっぱり金持ちは違うな〜といじられていた。俺は誕生日3月から先生がいる2次会で酒は飲ませてもらえない。もう眼鏡をかけてはいない彼女ビールを美味しそうに流し込んでいて、大人になったんだなあと妙な感想を抱いたりした。

先生達が帰って、三次会居酒屋に移動したあと、彼女と話す機会が訪れた。「久しぶり、変わらないね」という彼女いかにも育ちが良さそうな喋り方は変わっていなかったし、俺は相変わらず「うっす」くらいしか言えなかった。隣に座った彼女は顔色1つ変えずお酒を飲んでは笑い、俺にお代わりをねだってコップを差し出してくる。こき使われているような状況もちょっと心地よかったのだが、彼女高校から付き合っているという恋人の話もしていて、ああ、彼女はもう俺の知っている眼鏡女の子ではないんだなと悲しくなったりした。

そうしているうち、不意に彼女がこう言った。「小学校の時、熱出した私にジャンバー貸してくれたでしょ。あれはときめいた」口ではそう言えばそっすね、なんて言ったけど、彼女が俺との思い出を残していることに驚いた。そう言えばどころではない。俺は、早退する彼女が返してくれた上着を着ずに持ち帰って、抜いた。首にあたっていたあたりからほんのり甘いような、新品の教科書のような匂いがしてしばらく置いておきたかったが、母ちゃんに洗われた。

「なあなあ、おっぱい超でかくなってね?」俺が甘酸っぱい思い出に浸っていたら、野球部のツレに耳打ちされた。

かに、昔から彼女巨乳だった。合唱部だった彼女は外で走ったりしないし、学年いちの巨乳だった陸上部女子ランニングする時ゆさゆさ揺れていたのでゆさパイと呼ばれていた)に隠れていたけど、多分学年で2,3番目にでかかったと思う。

ドレス姿の彼女の胸はだいぶ破壊的で、谷間は見えない清楚な感じのデザインにもかかわらず、その大きさは十分わかった。

「ひと揉みさせてやってよ!こいつ、こんなでっかいおっぱい触る機会なんてないと思うからさ」ツレが彼女にそんなことを言ったから、顔がボッと熱くなった。真面目な彼女から無視するか、不潔!とか言われるだろうと思った。なのに、彼女は笑って「こんなのでよかったらどうぞ?」と言って、胸を差し出してぴったりしたドレスの胸元をぺろんと開けた。

俺は取り敢えずいいっすと断ったけど、耐えきれず触ってしまった。酒に酔ってるはずなのに、彼女の胸はひんやり冷たくて、この世で一番柔らかかったと思う。三次会からは酒を飲んでたし、おっぱいの衝撃でその後の記憶ほとんどないけど、ツレの話だと他の男には揉ませていなかったという。女子は数人もんでいたらしい。

彼女は「明日普通に大学なの、辛い」なんていって、明け方まで飲んでそのまま電車に乗って帰って行った。それっきり、もう10年近く会っていない。そんな彼女が、地元に帰ってくるらしい。在宅勤務が増えたから、骨折してリハビリ中のおばあさんのために月の半分はこっちで暮らすのだとおばあさん本人が言っていた、と母ちゃんづてに聞いた。

俺は、ふうん、そうなん、と言ったけど、ほんの少し浮き足立った。別に、好きとか嫌いとかではない。連絡先も知らないんだし、どうということもない。でも、あのひんやりしてほよんと柔らかいあの乳が、俺の地元にあるということが嬉しくなってしまっただけで。反芻しすぎて食傷気味だったあの柔らかさが、また息を吹き返したみたいだ。今夜は思い出して抜こうと思う。

2021-03-19

コロナ禍で正直メリットの方が多い

飲み会 → 全員と話せない5人以上の飲み会なんてナンセンスだと思ってたし、打ち合わせのついでに飲み、みたいのも大体クソなので全部無くなってよかった。友人とはたまに飲むが、必要最低限に最適化された。やたら人数呼ぶアホや、二次会三次会までダラダラ飲み歩くアホも淘汰されて素晴らしい。

打ち合わせ → 全部リモートになって超楽。そもそも対面の打ち合わせってすぐにググったり出来ないし、場所によってはその場の空気に飲まれることもあるしでデメリットしかない。リモートでの会議セットアップは割とめんどくさいらしく、そもそも打ち合わせの頻度も減った。これでいい。

出社 → フルリモートになって毎日時間以上時間が空いたので部屋を整理したり家族サービスできるようになった。

散策 → リモートかつフレックスなので平日に出歩けるようになった。どこも空いてていい。もうコロナ前の休日繁華街とか歩けないかもしれない。

病院 → 持病があるのだが、採血以外ほとんどリモート診療可になった。できるから最初からやれよクソが。

その他 → ブランド品の先行予約とかラーメン屋行列とか、整理券を導入する所が多くなった。こいつらは元々「人が集まってる風」を演出したいからこうしなかっただけで、クソ。

こんな感じで、コロナ禍で正直メリットしかない。コロナ収束してもリモートは辞めないでくれ。オフィスで働くなんてのは二十年くらい前に終わっておくべきだった。

彼氏の圧が強い

彼氏の影響でダーツを始めた。

ほぼダーツなんて投げたことはなく、はるか昔に会社飲み会二次会で1ゲームほどしたのが最後記憶だ。

共通友達ダーツが好きだということもあり、私1人だけド下手なのがなんとも悔しく、早々にマイダーツを購入した。

ほぼ共通点がない彼氏と共有できる趣味ができたということもあったが、何よりも自分自身負けず嫌いな傾向があることが大きかった。

週末ダーツバーで投げていたが、マイダーツを買ったところでダーツ歴1ヶ月にも満たない上に相当な運動音痴で投擲スポーツ全般おそろしくセンスのない私はド下手のままだった。

DARTSLIVEレーティングは驚きの1。

これは誰に言っても「どうやったらそんなレーティング出るの」と聞かれるが、出るもんは出るんだからしゃーなし。

そもそも的に当たらないのだ。たった2.5m程度の距離ですら狙えないなんて、ある種の人間には想像もつかないだろう。

とはいえやはりボコボコにされるのは悔しい。

まぐれのブルは全く嬉しくない。

なので、ダーツボードを購入した。

ダーツ歴1ヶ月で自宅にダーツボード買うなんて我ながらアホだと思うが、週に1回のダーツでは歴6年の彼氏や、少なくとも2-3年はやってる友人らに並べるのは遠い未来のことになるだろう。

ダーツボードを購入し、投げ方を改めたところ、レーティングはなんとか3まであがった。

01は狙ってスタッツ60台も出せるようになったがいかんせんクリケがクソすぎて、やはり自分はド下手だなと感じる。

そんな折、彼氏から「1日50ブル入れてみなよ」とアドバイスを受けた。

ほほう、それはいいかもと思ったが、これがなかなかどうして難しい。

どうやら本番に強いタイプらしく、家だと店ほどの結果は出せない。投げ方を試行錯誤している最中ということもあり、50ブル入れるのに3時間以上かかることもある。

当然社会人として働いているのでそんな暇などない日もある。

が、ここの所毎日夜になると彼氏から「50ブル入れた?」と連絡が来るようになった。

最近仕事が忙しく、ヘトヘトに疲れて投げる気すら起こらない日もあるが、それでも進捗確認が来る。

こうなると少し嫌になってくるのが人間の性だと思う。

今日も客先と揉めて精神をすり減らし、自宅に戻ってから悶々と考えて、風呂で頭をリフレッシュさせたところに「50ブル入れた?」とメッセージが。

辟易した。そりゃ負ければとても悔しいが、なにも明日にでもみんなに追いつきたい訳では無い。

しろ驚きのレーティング1を数週間で3まであげたこと、なんならスタッツ20-30だったのを45-65まであげたことを褒めて欲しいぐらいだ。

少し言い訳をするなら、仕事タイピングすることが多いので腱鞘炎狭間にいるというのに、腕ぐらい休ませてくれとすら思い始めている。

更に最近要求があがり、クリケの練習として各点数の箇所に10回ずつ入れる練習もしなよと言われた。

私の目指すところは、ダーツバーで友人らにボコボコにされないレベルであって、多種ある趣味の一環なのだ

50ブル云々のメッセージ無視している。

お前、負けず嫌いだって言ったじゃんと突っ込まれそうだが、毎日圧掛けられるのは嫌だ。

2021-03-15

年齢による常識

36のおっさん

先日飲み会に参加してきた。

会費は決めてなかったが、

幹事より年齢が下なら無料

幹事より年齢が上なら5000円。

5000円出した。

二次会が実はあったらしく自分が誘われなかった理由を聞くと、年上なら5000円だけでなく増して出すのが当たり前、そこをケチる人は、礼儀がなってないので誘う価値がない。若い子たちがあってくれるだけで感謝しろ

とのことだった。

昔、みたいに年齢=高収入ならわかるけど、世の中の年齢信仰は多いのだろうか?

なんとなく生きづらい。

2021-03-14

人間力とは?

こちら、アラフォー適応障害(うつ病)もちのおっさん

とあるSNSで知り合ったメンツ東京オフ会をした。1日目の昼は、観光、夜は、飲み会をしたが、緊急事態宣言のため二次会見つから解散

2日目特に連絡もないので一人で過ごしていたが、私以外のメンツで集まって遊んだり、飲み会をしてたらしい。二次会もしてたらしい。(SNS投稿で発覚)

『私も飲み会行きたかったな』とSNSで呟いたら、メンツの一人から『そういうのがあるから呼ばないんですよ。一人でもいいじゃない。人間力を鍛えて誘われるようになりなさい。俺は人間力つけるのに10年かかったからがんばれ。』と言われた。

人間力…とは何か?

結果的に、仲間はずれにする方が人間力ないと思うのだが…私が間違ってるのだろうか?

ブラック会社でのパワハラや景気の波を受けてうつ病発症治療で良くなってきてるつまりだったが、さら人間力がないとここまで言われら社会厳しくないか

悪い考えを頭に巡らせては打ち消しを繰り返してたら時が過ぎた。

事を荒立たせてもいけないので、『アドバイスいただきありがとうございます。みなさん楽しんでください。』と返した孤独な夜。

2021-03-10

anond:20210310140644

関係ない自分語りなんだけど、

成人式二次会同級生8人(男女混合)で集まったとき

彼女連れの男2人

彼氏連れの女2人

カップルになってた2人

既婚者で家で配偶者子供の面倒見てもらってる1人

の計12人だったの今思うとなんか俺浮いてた

2021-03-04

anond:20210303203447

そういう注意出来ないぎりぎりくらいのセクハラしてくる人多いよね

うちの職場コロナ以前は飲み会参加必須で、飲み会のあとは二次会はいつもカラオケ

部長がいつもパプリカを歌うんだけど「はーれたそらに 種おまんこ!」ってにやにやしながら歌うから最悪だったわ

2021-02-28

今年、大嫌いな女に勝った(と思いたいだけだけど)

今年のバレンタインに、大嫌いな女より早く結婚した。嫌いな女とは小学校中学校が同じだった。眼鏡をかけた頭のいい女で、いつも先生に褒められていた。でも、同級生から嫌われるタイプではなかった。

その女のロッカーはいつも数冊本が入っていて、朝読書時間、読むものがない同級生に本を貸してくれた。彼女が勧める本にはハズレがなかった。私も彼女から何度か本を借りたことがある。これはどう?と言って貸してくれたさくらももこエッセイ自分でも買って、今でも読み返すことがある。

当時クラスはいくつかのグループがあったが、彼女はいつもあぶれていた。でも、何かのイベントがあると、彼女は色んなグループから声をかけられた。彼女がいると、イベントごとがスムーズに進むし、諍いがなくなって楽だったからかもしれない。

勉強ができて、先生から可愛がられていて、地味で、それなのに彼女を嫌う人はほとんどいなかった。優等生だけど、頼めば宿題を見せてくれたし、勉強を教えてくれることもあった。まだ彼女のことを嫌いでなかった頃、宿題を写されるのは嫌じゃないのと尋ねたら、みんなに嫌われないようにしてるだけだよと流された。

彼女のことを嫌いになったのは、中学3年生の冬だ。彼女は1組、私は2組だった。私は1年以上片想いしていたバスケ部男子と、やっと付き合うことができて、3ヶ月経った頃だった。まだお互いの家に行ったことはなかった。

そんなとき友達からあんたの彼氏からMさんの夢を見たって相談を受けたけど、別れたの?」と聞かれた。喧嘩すらしたことがなかったし、3ヶ月記念日を祝う手紙を贈ったばかりだったから、間違いだろうと思った。それに、彼女と私の彼氏とはあまりにも釣り合わないように思えた。確かにクラスは同じだった。でも、勉強なんか全くしないでバカなことばかりしている彼氏は、彼女と仲良くなるようなタイプではなかった。それに、彼女には生徒会長と付き合っているという噂もあった。

少し経った後、別の男子から私の彼氏が「彼女の家に遊びに行ったらしい」という話を聞いた。付き合っていることはごく一部の友達しか言っていなかったから、興味を持ってるふりをして詳しく聞くと「勉強を教えてもらうって口実で日曜に押しかけたらしいよ、勇気あるよな」と教えられた。授業中、彼に手紙を書いた。あの女の家に行ったって本当?と書きたかったけど、放課後聞きたいことがある、というような文言にした。

休み手紙を渡すと、彼氏はあー、いいよ、と珍しく険しい顔で言った。私はああ、たぶん本当なんだな、と思った。噂について尋ねると、彼は「彼女のことが好きと言い切ることはできないが、私のことを好きということもできない。別れるというならそうする」と言った。私は無責任だ、あの女が告白してきたのか、と言ったけど、「彼女は何も言ってないし、誘ってもきていない。俺が勝手に家に押しかけただけ」と言われて、耐えきれずに待っていてもらった友達のところに逃げ帰った。同じ部活女友達ほとんどみんな私の味方をしてくれたけど、最初に夢の話を教えてくれたひとりだけは「ムカつくのはわかるけど、あの子も悪くなくない?」と言っていた。

受験間際だったし、クラスの違う彼女と会うことはほとんどない。でも、先生休みとかなんとかで、1組と合同の体育の授業があった。彼女がひとりでネットの片付けをしていた。私は手伝うふりをしながら「◯◯のこと好きって本当?」と聞いた。彼女は「なんで?ただのクラスメイトだよ〜」とことも無げに答えた。彼女の手がちょっとだけ強張ったように見えたけど、ほとんど「シロ」っぽいふるまいだった。

彼氏とは、別れなかった。1年以上好きだったし、彼はあの女を好きとは言わなかったし、彼女も彼を好きじゃないという以上、私が正しい彼女だと思っていた。

卒業式の後、地元公立高校合格発表があった。私はすでに決まっていたけど、違う高校に行く彼氏の発表を一緒に見に行く約束をしていた。合格の番号を見つけた後、彼は写真を撮って、誰かにメールしていた。こっそり横目でのぞくと、相手はあの女だった。「勉強教えてくれてありがとうちゃんとお礼させてください。」という文章と、番号の写真を送っていた。私はサッと血の気が引くのを感じて、「結局あの子が好きなんでしょ」と言った。彼は一瞬うろたえて、「でも、付き合っているのは君だから」と言った。結局、別れたくないと思っているのは私だけだってことだった。

しばらくその話を巡って喧嘩したり、冷却期間を置いたりしたけれど、やっぱり彼の気持ちは戻らなかった。最後は私がキレて、「もう好きにしろよ」と怒鳴って終わった。

彼女は頼むとなんでもしてくれたけど、テストの点数や好きな人志望校とかのプライベートなことを誰かに教えることはなかった。でも、頭がいいのはわかりきってるし、県内トップ校に行くんだと思ってた。でも、彼女東京高校を受けて、さっさと地元を出て行った。

彼女最後にあったのは成人式の日だ。成人式二次会で、女子はみんなちょっとよそ行きのワンピースとかセットアップを着ている中、彼女は高そうな赤いドレスで現れた。昼間の着物の時とは違う髪形だった。私の元彼が、彼女の手を引いていた。みんながあんたら付き合ってんの!?優等生ちゃんめっちゃ綺麗になったじゃん!と騒ぐ中、元彼は「付き合ってないよ、親友っすわw」と言っていたから、結局付き合ってはいないようだった。ひどい別れ方をしてるし、当然というべきか、彼は私のところになんか一度も来なかった。東京の有名な大学に進学して、綺麗になった彼女を自慢する元彼の姿はバカップルよりひどいと思った。そして、イオンで買った黒いワンピースを着て、着物の時と同じ髪形で、彼が私のことを惜しいと思うんじゃないかなんて思ってた自分が惨めだった。

私は働き始めてから付き合った人から去年の誕生日プロポーズされて、今年のバレンタインデーに結婚式を挙げた。コロナのこともあったけど、田舎から式ができた。でも、ひとりだけ彼女の味方をして、夢の話を教えてくれた友達は、結婚式に呼ばなかった。

繋がっていないFacebookと、繋がっていないInstagram情報から察するに、彼女独身らしい。彼氏がいるとも書いていない。だから、私は少なくとも愛されてプロポーズされたという点においては、彼女に勝ったんだ。馬鹿みたいだけど、私はそれだけで、少しは自分に自信が持てる。大嫌いな女より早く結婚した。子供の頃のことを引きずって、自分に酔っているだけなんだと思う。相手にされてすらないかもしれないし、こんなの無駄だとわかってるけど、こうして書いて忘れたかった。ああ、本当に勝てたらいいのに。

2021-02-11

続々:45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

匿名自分ログを世の中に浮遊させ、そして拾って頂けるのは楽しかったです。

長く続けるとバカなので何処かで絶対にボロが出る。なのに書きたくなってしまった。

投稿です。きちんと上がらなかったように見えたので、消してしまって、もうええかと思ってしまったのだけど、

たかったというコメントを見て、少し修正して上げることにしました。こんな駄文ありがとう

45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

https://anond.hatelabo.jp/20210130001953

続:45歳多重派遣プログラマ退職エントリ

https://anond.hatelabo.jp/20210131035752

これらの続きです。

====

前回のエントリでずっと4GBのメモリとともに作業していたと書いたが4GB以下が正しい。

最初現場は128MBだった。あと、盾を鉾と書いていた。この誤字脱字と誤用の多さで私のプログラマとしての質の低さもなんとなく察して頂けるだろう。

結婚した話◯

何故か結婚の話が書かれていないという書き込みが幾つかあったので結婚の話から

30歳を越えてから趣味が充実していた事もあって周囲には煩く言われるものの、結婚を考える事はあまりなかったし、結婚分岐に入ることが必ずしも幸福につながる選択肢とは限らないと考えていた。

この考えは今も変わらないが私は運良く幸福につながるほうへ入ったようだ。すまんな。

何せ30歳を越えてからは同じ趣味おっさんの友人たちと焼き鳥屋であーだこーだいいながら企画を練り、イベントを立てたりするのが楽しくて仕方がなかった。

20代があまりにも労働をしすぎた。22歳から28歳までの6年間、年俸制なので一円残業代が出ないのに月300時間勤務を2年半はやったと思う。最初のうちはISDN接続テレホタイムでのネトゲ自分ゴールデンタイムであり、息抜き時間だった。

時代が今なら渋谷凛か風野灯織に貢いでいたことだろう。長い労働時間人生搾取だ。

嫁は異業種の人で、友人のボカロPファンだった。彼のライブに通ううちに顔なじみになり、少しだけ会話をするようになった。

ある時行ったライブが月曜夜の開催ということもあって若い人が多く、ライブハウスの中でスーツを着た客が私と嫁しか居なかったので思い切って「今日スーツ、我々だけですね」と話しかけ、そこから色々な話をしたのを覚えている。いやらしい。

ボカロPライブでの出会い、つまり私が結婚出来たのは初音ミクさんのおかげだ。

30歳になったあたりからようやくIT業界に過残業を何とかしようという機運がやってきた事、そして定時で上がる精神的な胆力がついた事で音楽を作る時間精神的な余裕が出来、人との交流が生まれライブに行く機会が出来たから私のような人間でも結婚出来たのかもしれない。しらんけど。

国勢調査によると35歳を過ぎてから結婚した男性は約3%らしい。私は一生分の運をこれで使った。(正しくは6.8%だと何処かの教授が言っていたが)

自分が居た現場の雑感だと、同じシステム開発現場でも大手SI大手SI子会社のほうが結婚している人が多かったように思う。多重派遣はやはり収入面で結婚に対してネガティブ意見を聞くことも少なくは無かった。

若い頃は親にも親戚にも「そろそろ結婚も考えないといけないだろうから派遣社員辞めないとね」と言われたことを思い出した。SES増田は一度は言われたことがあるだろう。

世間一般的には技術職というイメージよりも派遣社員というメージが強く、収入面も相まって世の中の反応厳しい。

一般派遣請負資本金

普通一般派遣請負派遣の人が混在している現場が多いと思うが、前者は1人でも派遣が出来、上位会社現場リーダーが直接指示をすることが出来るので最近はその方が多いように思う。

ところが、一般派遣会社として登録するには資本金が多くないとダメで、派遣法が改正されたあたりで資本金が少ない会社請負の道を選ぶしかない。

そうすると複数人現場に行き、自社のリーダー仕事の指示をされる形になる。ただ、コレは守られていない現場が多い。

さらに、大手大手子会社取引を直接行うのにも資本金の大きさ・設立してから何年等の条件があったりもする。

資本が少ない会社資本金の多い「別な会社を迂回して」契約する。そこに多重派遣ができる仕組みの1つがある。上位請負営業が◯◯社経由しろという場合利権癒着場合もあるのだろう。

勿論お願いしやす会社という場合もあると思うが。

新人教育を受けれなかった話◯

新人の時、パワハラ教育担当に私が毎日何度も怒鳴られているのが流石にプロジェクト内で目に余るようになったらしく、私はドキュメント整理という新たな仕事を貰う事になる。

炎上プロジェクトの為、全く作られて無かったクラス図をソースからRational Roseで自動生成し、体裁を整えて他の設計書も含め印刷をした。同じものを2部作るのだが、何故か同一性保持という理由で一部はコピー制作。分厚いバインダーに綴じた。

印刷コピーで休憩もせず毎日終電生活をしていた時、PMに「広島の二番バッターみたいだなおまえ」と言われたのを覚えている。コツコツやるけど面白みがない人間だと言われたのだ。

要領の悪い私に休憩のタイミングなんて解らなかった。ましてやパワハラマンに使えないと毎日散々どやされ続けた後なので尚更である

その経験から私は同じプロジェクトに居る若手に「そろそろ1回休んだら?」「いつまで働いているの?増田がそろそろ帰れって言ったって言ってもいいよ」となるべく声をかけるようにしていた。モテそう(モテなかった)

この時、たまたま席が空いているという理由で隣に座っていた方が、のちに難易度が高い事で有名な銀行統合現場の某SIトップになっていた。プロジェクト雰囲気は良くなかったが、いつもにこやかで私のような末端にも優しかったのを覚えている。出来る人は余裕がある。

印刷業務が終わった後、入社してからずっとテストだけをやらされていた1年上の先輩のアベさんと、とうとうプログラム修行に出してもらえる事になった。

新規開発のプロジェクトであるプログラムも一杯書けてラッキーなのではと思っていたのだが、自社の人間はアベさんと私だけで、あとは上位会社PMと、更なる下請け構成されていた。

現場リーダー下請けの人で、この人が私とアベさんの教育係という事になった。

自社の営業初日に来て「この子よろしくね」とリーダーに伝えた所、「任せてください!」と良い返事をしていたが、自社営業が居なくなった翌日から面白いくらい態度が一変することになる。

何を聞いても露骨悪態をつき教えてくれず、技術的な質問も一切受け付けない。

流石にアベさんと自社の営業に伝えたのだが、翌日朝私のところにやってきて「チクったな」「自社の人間でも無いお前らに教える余裕はない」と言われてしまうだけで特に事態改善はされなかった。パワハラ上司の次はこれだ。駅のホームドア大事なので全駅に付けて欲しい。

救われたのはインターネットが使える現場だった事だ。とはいえ、なんせソースレビューも私とアベさんで互に行うので、技術的な進歩がまるで無い。

ある時、私が書いたプログラムメモリを使いすぎてフリーズするようになり、問題になってしまった。他にも技術的に問題のあるプログラムを書いてしまった事が続いたのと、リーダーに対してハッキリとモノを言うことも災いし、PM判断半年プロジェクトを出ることになってしまった。

2つ目の現場で早速クビを経験した。

もっとうまく立ち回る事も出来たように思う。しかし、若造人生経験値が足りなかった。

多重派遣の大きな問題として、現場ガチャにより環境が大きく変わるというのがあるだろう。2~3年も我慢すれば大抵の場合次の現場に行けるのかもしれないが、短い人生の2~3年は少ない数字ではない。

請負ではなく一般派遣扱いで来る技術者の中には新人なのに1人で派遣されてくる人も多い。そんなのは新人教育とは言えないと思うのだが、どこの会社募集要項にも新人教育バッチリと書いてある。

その「新人教育」とやらの実態というのは大抵の場合、外部で行われる初心者研修と、自社の営業が「この子よろしくね」と現場に伝える程度の事でしかない。

社会人としての新生活での不安技術的な不安、誰が教えてくれるのかも解らない不安、定時になっても誰も帰らない・帰って良いとも言われない、作ったもの品質不安、数多くの不安を抱えて過ごさなければならない。ちゃん相談出来る人も現場に居ないのである

技術的な所は勿論、精神的なケア必要な時期だと思うのだが、このような体験20代前半でしないといけないのはどうも無駄な苦労をしているようにしか私には思えない。

インターネットさえあれば、プログラムは書くことが出来る。

ただ、新人が伸びる為に必要なのは経験者によるソースレビューによる指摘」が必要不可欠だと私は思う。レビューを先輩・上司が行い、新人が書いたコード信頼性担保が出来ないと、余計なバグを生み、可読性・メンテナンス性も落ちるだろう。

なによりバグを出してリーダーPM顧客に「こいつ大丈夫か?」と思われるストレスの大きさと自信喪失感は長く忘れられない。

余談だが、最初教育担当パワハラ先輩とはその後別な現場で一緒になった。しかも彼は会社倒産後、上位請の会社転職していたので私に仕事を振る立場として現れたのだ。全く知らなかったので顔を見た時は「ヤバい現場に来た」と焦ったのだが、「あの時は俺の頭がどうかしていた。申し訳ない」とまず謝られてしまった。驚くほど柔和な性格になっていて棘が全て抜け落ちていた。その後一緒のプロジェクトの間はたまに昼飯を一緒に行くまでになった。

約1年一緒に働いたが一度もドヤられる事は無かった。許せるか許せないかは別として、パワハラをするほうにも何かしらの事情や背景があるのだなと一つ学んだ。

派遣会社の自社忘年会

社会人1年目の忘年会ゲイショーパブ観劇だった。そこでアベさんはダウンタウン浜田高校(全寮制男子校)の同級生というママに唇を「むちゅーーー!!」と音が聞こえるような熱烈な口づけをされ、人生ファーストキスを奪われていた。私は隣でただ震えるしかなかった。

二次会は無く、特に他の社員との交流も無く忘年会解散

知人もなく上京してきた為、他の社員交流する帰社日をそこそこ楽しみにしていた私は怒りのあまり社内報若気の至りで”ボロクソ”に書いた所、社長の目にとまり、翌年から忘年会幹事を任されることになってしまった。なにせショーパブ観劇社長要望だったのだ。

そして、普通居酒屋特に弾まない会話をして終了をする忘年会を2年繰り返した。

自社の忘年会を面倒に思うベテラン社員は多く、各現場電話で来てくださいねと念を押して来て貰ったのに参加者全然楽しそうではないのだ。

普段それぞれが別の現場に居る人なのでそれほど同僚感も無く、特に仲も良い訳でもないので会話が弾まないためだ。良かれと思って2時間飲み放題にしたが、本当に盛り上がらない。

「なるほど、これで会話をしなくて良いイベント(且つ社長趣味)がブッキングされたのか・・・」と理解した。

その経験があり、”自社”に缶ビール等の各種アルコールノンアルコール飲料テイクアウト料理を用意し、16時開始、17から随時帰りたい人は帰る。という方式に変えた所、立食(椅子も勿論ある)で仲の良い人の所に居て彼らとだけ話すことも出来るし、色々な人と交流することも可能になった。時間が短いために会話のネタに困ら無い事も功を奏し、思った以上に盛り上がる事が出来た。

子供が出来た今ようやく思うに至ったが、子育て世代も延長保育やパートナーにお願いすることもなく早めに帰れて良かったはず。殆ど17から続々と退社していたが、以前は無かった有志の二次会組もいくつかあったようだ。参加者にも総務部長にも「毎年これで良いね」と言われ、ほっとしたのを覚えている。

何が正解かは解らないが、業務時間内で終わる自社での短い時間立ち飲み椅子席あり)は好評だったので、幹事をやらされがちなSES増田は参考になれば良いなと思う。

理不尽アイデアにブチ切れる〇

基盤まわりの仕事をしていた時、あまりにもプロジェクトメモリ初期化漏れが頻発して問題となり、プロジェクトのお偉いさんが捻り出したアイデアが「”物理メモリ全部を定期的に端から終端まで0で埋める」というものだった。

そしてそれをどう実現するか?という会議に呼ばれたのだ。

指を使い「物理メモリを”端から””端まで”全部、プログラムが動かない時間に定期的に一回ゼロで埋めればいいじゃない?」との説明があった。

これは良いアイデアだとご満悦の上役と、違和感を覚えない他のベテラン参加者達。

「まず、仮にこれが実現出来たとして、サーバーが立ち上がった時点でOSやミドルメモリを利用していますが、どうしますか?OSもミドルも当然落ちます。」

メモリですが、皆さんが普段変数宣言mallocで受け取っているメモリの番地ですが、全て仮想メモリアドレスなのはご存知ですか?」

「我々のような庶民は直接物理メモリアドレスに仕組み上アクセス出来ません」

物理メモリアクセスするにはカーネルプログラミング必要になります

メモリにはユーザープログラミングで触れる事が出来る層と、カーネル層という仕切り、さら仮想メモリ物理メモリという仕切りがある為に、堅牢性を保持している云々」

ここまで伝えても皆ピンときていない。文章にすればまだ解るが所為オタク早口説明なので当然、私の話術にも大いに問題はある。

もしかして自分が間違っているのか?このままだと私がこの対応をやらされる羽目になる。

私は交渉事でうまく立ち回れる技を持っては居なかった。なので、最後の手段に出た。

「だからこんな方法は絶っっ対 実現できないんですよ!!!」と突然のブチギレ。いや、出来るのかもしれんけど。

一同ポカーン。突然のメガンテを使った私に皆パルプンテ状態になり、

増田がココまで言うのなら出来ないんだろう」という事になった。

MPHPと色々なものを失い、平和を保つことが出来た。

正直、高い技術必要ない汎用的なシステムの開発現場のなんてこんなものだ。AWSGitHubも触ったことのない私があえていおう。

最初エントリーに業務時間内に勉強させろと書いたが、目的が無ければおそらく時間があっても、「私は完全に仕事をしています」という顔をしながらvi青空文庫アマチュア小説を読んでいた時間の方が長かったのではないかと思う。

今であればダメ理由説明しますので、別途時間を頂けますか?くらいは言えるはず。若さである40歳位の頃の話だが。

次回、起業の話で終わろうと思います

2021-02-02

anond:20210202191056

一回も行ったことない。飲み会二次会で行くもんだと思ってた

腐女子右往左往し、生涯の推し出会い悟りを開くまで

こんなことは実生活では誰にも話せないのでここで吐き出すことにする。

私はアラサー目前の社会人腐女子である

NLBLGL関係なく恋愛物の漫画小説等が大の好物であるが、実生活ではこれといった恋愛経験はなく、この年になってしまった。はっきりと言うと、耳年増の処女である

そんな私ではあるが、去年の緊急事態宣言前、社内で配るバレンタインチョコ調達しにショッピングモールへ行った際ある再会を果たした。偶然、学生時代バイト先で密かに気になっていたバイト仲間(以下Aとする)とモール内ですれ違ったのだ。向こうから声をかけられ、数年ぶりに言葉を交わすことになった。

話を聞くと、就職が決まりもうすぐこの土地を離れるという。その前に飲み会でもしようという話になり、かつてのバイト先の同僚数人を誘いささやかではあるが飲み会が開かれることになった。

飲み会は和やかに進み、二次会カラオケにも行き(昨年の緊急事態宣言前の話なのでご容赦願いたい)解散となったのは夜もふけた頃であった。

Aが車を出し、皆をそれぞれの家まで送ってくれたのだが最後に車内に残ったのは私とAだけであった。自宅の付近に着き、車から出ようとしたところAに引き留められたため車内でお互いの近況をつらつらと報告しあった。

気が付くとAと手を握りあっていた。己の手汗がすごいことをAに笑われ、仕事でも困ってるんだよね~と馬鹿みたいにへらへらしていた。

正直、実生活での恋愛経験ほぼほぼない私は昔気になっていた相手と深夜の車内で手を握り合うこの状況に頭がショート寸前だった。

まりの気恥ずかしさに俯いていると、Aに前髪をかきあげられ、唇同士が合わさっていた。そう、流れでキスをしてしまったのである

その後数回キスをし、抱きしめあい、お互い励まし合ったところでお別れをした。Aはそれなりに恋愛経験豊富だと人伝に聞いていたし、今思えばあれはAにとっては別れの挨拶のようなものだったのだと思う。

しかし、私は昔気になっていた相手と初めてのキスをしたという事実に舞い上がってしまった。すぐに彼は新天地へ行き、己のことは忘れるだろうに何かが始まるのではないかと期待してしまった。

その日からAの事が頭から離れなくなった。あわよくばAとお付き合い出来ないか、などと頭の片隅で考えるようになった。しかしながら数年ぶりに再開したAと車内でイチャついただけの現状から、どうすれば恋愛関係に発展させることが出来るのか、恋愛経験が0に等しい私に分かるはずもない。

それに加えて、Aは数週間後には就職で遠く離れた新天地へ行ってしまうのである

はっきり言うと、よほどの恋愛上級者でもない限りこの状況からどうにかなるのは無理ゲーである。そんな無理ゲーコロナ禍の中挑むことになった。

ひとまずAと気楽に連絡を取り合える関係になりたいと思った私は、思いきってトークアプリからメッセージを送ってみるのだがこれが間違いであった。

恋愛駆け引きというものにこれまで無縁であった私は初手で躓くことになる。

昨日の飲み会のお礼からまり、和やかに会話が出来れば良かったのだが、私はずっとそわそわしていた。Aから昨夜の車内での出来事についていつ話が振られるのか気が気ではなかった。

Aは昨夜の話をこれっぽっちも口に出さない。Aの中ではなかったことになっているのだろうか。でも私は貴方が何を思ってキスをしたのか知りたいのです。貴方ファーストキス相手なんです。そんなこと口が裂けても言えるわけがない。余計なことを言ってAを困惑させたくはない。

この年になってファーストキスに憧れというものはなかったが、順に段階を踏んでから至る行為だと漠然と思っていた。己とは無縁だと思っていた行為を、数年ぶりに再会したAと飲み会後の車中ですることになるとは夢にも思っていなかったのである

謎の動悸がとまらないし、ずっとそわそわした状態の私がAに送ったメッセージは、まさに酷い有り様であった。今では立派な黒歴史である。Aにも確実に引かれただろうと思う。

ついに、私から切り出した。

「あれってキスだよね」と…。

Aから来た返事は

「ごめん、嫌だったかな」

というものであった。

謝られた。謝罪が欲しいわけではなかった。むしろもっとしたいです。キスに対して謝られた際に返す最適解をポンコツの私が持ち合わせている訳がない。

悩み抜いた私が送った返事は

全然大丈夫!気にしないで!」…。

気にしないで!じゃない!!!

気にしてもらわないと何も始まらない!送った瞬間後悔したが、後の祭りである

Aとは、特に何も始まらなかった。

『気になる相手 遠距離

でググってみたりもしたがどのサイトも参考にはならなかった。恋愛アドバイス系のサイトが全くあてにならないことを知った。

今思えば再会後、Aから連絡が来たのは飲み会の日程確認の一回だけである。その時点で脈は無いに等しかった。

結局、私からAにメッセージを送ったのも今日に至るまで片手で数えられる回数だけである就職し、新生活を始めるAの邪魔になりたくはなかった。もうAは私のことなど忘れているのだろう。新天地可愛い子と出会って、早く幸せになれと時たま思う。

2020年の前半を総括すると、コロナとAであるコロナが猛威を震い始める中Aと流れでキスをし、大したアタックもせずに未練がましくAのことを想い続け、猛暑の中でのマスク生活に死にそうになりながら夏を乗り越え、10月

生涯の推しに、スクリーン出会った。

続く

2021-01-20

anond:20210119213654

俺が留学時期に彼らと深く関わった印象としては、

韓国人男性は全体的に紳士的で優しい、全員徴兵経験してるから筋肉質な人多め。団体行動を重んじてる。飲み会好きすぎ。二次会三次会当たり前。多分世界一美容に気を使ってる。恋愛関係になるとかなりグイグイくる。強引なことも。そのしつこさが嫌になって破綻した例を何度か耳にした。嫉妬とかで病むと「紳士的で優しい」がひっくり返って、ねちっこく批判的で怖い性格になる。

韓国人女性性格きつい人が多い、男よりハッキリものを言うのでそれを韓国人男性がなだめるような構図がよくある。整形で目をいじってる人多い。

もちろん傾向があるというだけで全く上記の印象に沿わない人もいる。(素朴で控えめな女性とか)

2021-01-14

anond:20210114005807

飲み会では泡盛水割りが基本。とりあえずビールのあとのハイボールみたいな感じです。

場所によっては、二次会バー古酒メインのバーもあって楽しめます

2021-01-06

anond:20210106231555

宴会なのはしてないけど、部署単位とか友人単位なら例年通りかな。

しろ強制参加的な飲み会が減ったお陰で、親しい人同士で飲む回数が増えたな。自分たちだけなら安いとこいくし、二次会もしないし。

2020-12-30

anond:20201228161729

私既婚者

相手既婚者。年齢同じ。同じ会社の人だけど海外の子会社駐在員で単身赴任中。初対面。

数ヶ月にわたる長期海外出張先で駐在員が受け入れやらホテルの手配やら手伝ってくれるのだが、独身者は有志で日帰りや週末旅行に出かけてた。その時に出会った。

何回かグループ旅行で一緒になった後、私と相手のみ希望する行先があり、2人だけで旅行することに。行き先は国境を越えるので必然的に泊まり

ただ以前も同室で泊まった事があり違和感は無かった。

個人的には、世代が同じだし生い立ちに共通点があって会話は比較的あったけど、正直好みの顔と体形じゃなかったので、異性として意識はしてなかった。

一泊目はツイン取ったはずなのにダブルだったりとトラブルもありながら何もなく、二日目の夜、二次会の店で2人でボトルを一本空けた後から雲行きが怪しくなって来た。

最初は偶然に体の一部が触れたのがきっかけだと思う。何となく身体の話になり、お互いの夫婦生活の話に。

知り合って間もない人に自分内面を話しちゃってることに興奮し、性的対象として見始めたんだと思う。おそらく相手も。

雰囲気が変わったあとは早々に切り上げた。旧市街レストランから中央駅ちかくのホテルまでの道のりはどちらからともなく手を繋いでいた。ああ、今晩この人とセックスするんだろうなと思った。家族の顔は思い浮かばなかった。

ホテルに着いたらすぐに交わった。

最初はお互い下半身だけ裸で。次にシャワー別々に浴びて全裸で。

相手は脱いでも好みの体じゃなかったけど、不思議嫌悪感はなく、かえって好感を抱いた。

今回はしっかりツインの部屋だったんだけど結局ベッドは1つしか使わなかったのと、朝起きたら部屋のドアの鍵がしっかり閉まってなかったことを発見して焦ったのが印象に残ってる。

出張間中は付き合いたての恋人みたいだった。相手アパートに転がり込んで毎日ヤってた。ホテル不足もありバラけて宿をとってたりしたので周囲に不審に思われることはなかった。

日本家族電話して、その数時間後には平気でハメてたりした。安全日には生中出しもした。

帰国後は、社内ツールweb会議のインビをおくり、自分は個室会議室を予約してイチャイチャ電話会議したこともあったが、仕事環境の変化でそれも難しくなり、時差もあり、3ヶ月ほどでほとんど連絡をしなくなった。

その後相手日本に帰任したが、所属事業所が離れているし、この状況で会うような流れにもなってない。物理的にも時間的にも、距離時間が空いてしまたことで、相手個人に対する男女としての好意は離散してしまったと正直に思う。

けれども、自分不倫してからというもの配偶者とのセックス中に想像するのは、不倫シチュエーションばかり。自分でする時も含め、不倫ネタしかエクスタシーを感じられなくなった。

コメントにぶら下がってる、不倫麻薬、という言葉にひどく共感してこんな長文になってしまった。不倫の罪悪感、背徳感、非日常感、それらがすべて快感を増幅させて脳内快楽閾値オーバーシュートさせたと思う。

アムステルダムコーヒーショップ人生で一度だけ吸った葉っぱもこれ程までまた吸いたいとは思わなかった。仮に機会があっても自制できると感じる。

一方で不倫快感は忘れられないし、また機会が目の前に現れたら快楽に負けてしまう自信がある。

天使のように可愛い息子と娘が寝静まった後、芸能人不倫話題Yahoo!ニュースで見かけると、身体が疼いてしたくなって来てしまうのを止められないのが自己嫌悪だ。

何で書き込んだかというと、自分体験を吐き出したいという衝動に抗えなかったのと、後戻りできるところにいるなら、立ち止まった方がいいと表明したかたから。

一度壊れた身体感覚は戻らない。世の中の忌とされてることは、先人たちが身をもって体験し、倫理的価値観や法に落とし込んできたものなんだなあ、と身をもって感じる。

2020-12-29

anond:20201229221915

そうなることを願いたいですね。

一度未成年アルバイト先の飲み会に参加しましたが、飲酒させないを徹底している雰囲気はありました。

ただ食事ほとんどなかったのでお金だけ取られて(しか友達と食べるご飯より高い)いったい何をしに来たんだろうと悲しい気持ちになってしまいましたが…。

飲み会という文化が廃れることが一番嬉しいことは間違いありませんがせめて会費制(≒割り勘)ではなく個別会計かつ食事メイン、飲みは二次会というような私の所属サークルスタイル飲み会が主流になってくれればいいのにと思うばかりです。

2020-12-19

anond:20201219061832

家出娘の友達はその後、ばあちゃんちに住むようになってたそうだ

親父と継母は二人で実家住まい

とにかく嫌で一緒に住みたくなかったってさ

成人してから同窓会二次会で聞いて、だから毎日あんなに疲れてたのかと納得がいった

まだ十代だったのに沢山気ぃつかってたのかと同情したは

2020-12-04

友達3人で結婚式二次会に参加する予定で、みんな県外だから一緒にホテルとか泊まる流れだったんだが

1人が急遽参加できなさそうで、もう1人があからさまに2人で行動するのだるいみたいな態度でしんどい

もう私も参加したくないよお

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん