「原著」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原著とは

2018-08-14

anond:20180814000208

知的生き方を支える技術みたいな本ないっすか

以前に同じようなこと考えて色々探してリストアップしたものの、買ってすらいない本の一覧。

迷ったら古典とか長いこと売られてるのを選べと偉い人が言っていたような気がする。

すべて読んで感想をここにアップしろやコラ

2018-08-02

MMD界隈とVRChat界隈の対立について

MMD界隈とVRChat界隈が穏やかでない。

MMD界隈の人がMMD用に配布している3Dモデルデータ(通常人型をしている)やモーションデータ(通常、3Dモデルダンスさせるためのデータ)がVRChatのアバターVRChat内でのプレイヤーの外見)へ流用される問題が起きている。

ググってもらうのが一番早いのだが、MMDというのはMikuMikuDanceの略で動画作成用のフリーソフト名称である名前の通り、要は初音ミクが歌って踊る動画をだれでも作れるという代物だ。この「初音ミク」は好きなキャラに置き換えることができる。いわゆる二次創作3DキャラMMDではモデルという)が歌い踊るところがみられるわけだ。どうせ伝わらないけど、これをVRで観るとほんとすごい。

最近音楽動画が「作曲者」「演奏者」「歌い手」の分業でなされるように、MMDも「モデル」「モーション」などと分業されている。モデルを作った人は自分が作ったモデルが踊っているところが見たいのでそれを(しばしば条件つきで)公開する。

この「公開されている」データVRChatに無許可転用される問題が相次いでいる。VRChatでは「アバターワールド」というものがあり、誰かがそれをアップロードすればすべてのユーザーがそのアバター使用することができる。つまり「誰か」が無許可アバターを含むアバターワールドアップロードすれば、無許可アバターはあっという間に大人数のアバターとして使用される。VRChatでは「記念撮影」のようなことが可能で、それをSNSアップロードしてはだれかがモデル製作者に通報するというイタチごっこが続いている。

なお、この騒動で「二次創作」と「二次的著作物」を混同している向きが非常に多いが全くの別物である。以下でも区別して論じるので留意されたい。

ここで、MMD界隈では多種多様モデルが公開されている点が肝要であるMMDモデルほとんどは二次創作だと思っているが、念のためここで

という風にモデルを分類してみる。

①については議論余地なく濫用する側が悪いだろう(ただし二次的著作物権利著作者も有する点は注意が必要である)。おそらく問題になってくるのは②と③の場合

著作権法は親告罪なので「権利は与えないけど訴えることもしないよ」と表明することができる。②の場合がそれで、モデラー二次創作であるところのモデル頒布することができるが、その権利を主張することはできない※。だからといって私は「二次創作者は文句を言うな」と言いたいわけではない。法的な権利こそなくとも、自分が汗水垂らして拵えたモノ(3Dモデル)を他人が我が物で勝手に使うことが面白いけがない。私もモノづくり屋の端くれとして心中察するに余る。

特にMMD側の人は「自分の作ったモデルを知らないオッサンが着て女子会をしている」状況に生理的嫌悪感を抱いているようにも見える。想い入れがあるからこそ二次創作をするのだろうからからなくもない。

なお、二次創作物に対しても著作者は当然に権利を持っているので、モデル製作者の権利を問わず二次創作物の使用原著作者の権利を冒している可能性が高いことはVRChat界隈においてもっと周知されるべきだろう。逆に「原作者権利が!」と言いすぎるとMMD界隈は自らの首を絞めることになる。MMDでの著作物の取り扱いにおいて、今までかなりグレーな運用がなされてきたのはもはや公然事実であろう。

ここで残念なことに一定数のVRChat界隈の人が「法的権利もないのに吠えるな」と開き直ってヘイトを買っているのを見かける。逆に、存在しない法的権利を主張してヘイトを撒き散らしているMMD側の人もあるようで、おそらくこの辺りがこの問題本質だろう。互いに法的拘束力がないということは、つまりモラル問題である。お互いに尊重あいたいところである

③が非常に微妙である。ひょっとすると「MMDの中だけだから」ということで特別お目こぼしをいただいているパターンもあるだろう。だがVRChatではセクハラまがいや疑似性交などもできてしまう。原作者がこのことに気づきMMD界隈もろとも焼き尽くす可能性がある。②にしても同じである。「いやーそれはちょっとマズいんでやっぱモデル公開とかやめてもらえますかね?」となりかねない。

そしてもう和解の時は逸してしまたかもしれない。詳細は伏せるがMMDモデルデータ達はすでに世界中にばら撒かれてしまった。日本人オタク同士ですら分かり合えないのに、どこかの知らない外国人日本同人文化機微を察しろという方が無理筋である。大変残念なことにMMD界隈の人がひっそりと営んでいたパーティーは終わりの刻を迎えつつあるかもしれないのだ。

非常に厳しい状況になってはしまったが、諸問題円満解決を祈るばかりである

二次創作原作著作権法上の「複製、翻案、変形、脚色(以下、翻案等とする)」であり、それらの権利原作者が「占有」すると著作権法に明記されている。つまり翻案等には原作者の許諾が必要であり「原作者文句言ってこないから、これは俺の著作物」とはならない。

2018-07-24

英語勉強のために洋書を読むことにした。日本語翻訳出版されているもののほうがいざというとき確認できて良いと思い、ネットでの評価が明るい小説を数冊原著と訳書ともに購入した。

とりあえず、日本語のほうを読んでみる。数ページ後。原著に手を出す前に訳書が進まない。つまらないというのではなく、これを読んで何になるんだという気持ちに覆われる。いや、英語勉強にはなるんだが、これで良いのかという思い。

ということで、なにか他にないか検討した結果、少し前に勉強した確率論洋書で読みながら復習することにしてみた。内容が分からないところは少ないし、仕事に役に立つし、もちろん英語勉強にもなるから洋々と読める。

2018-07-19

訳書を読んでいる時に引っかかる部分があり、原著を購入し該当部分の英語を読み、誤訳であると判明したとき。もう訳書のほうは此処から先も誤訳が有るかもしれないし、もしかしたら今までの部分でも盛大に誤訳をしているけど誤魔化していただけかもしれない、そういう理由で読む気が起きない。かといって、原著英語は読むのに時間がかかるしで読む気が起きない。

解決方法英語を速く読めるようになることだけだが、頑張れない。

2018-07-16

日本語言語感覚が乏しい人は翻訳家にならないでほしい。せっかくの名著、原著がそういう評価である、が受験英語和訳のごとく訳されていて読めたもんじゃない。

この駄訳文が後世に残っていくと考えて恐ろしくならないのだろうか。そんな考えにもならないから平気な顔して酷い和訳をしてしまうのだろう。

一昔前には翻訳に関する雑誌があり、そこで別宮や堀口が誤訳、悪訳をケチョンケチョンにしていたと聞くが、今でもそういう翻訳論評を行うことは意味があるかもしれない。

2018-07-15

anond:20180715201101

翻訳ゴミが多いから、訳書は翻訳者で買うか買わないか決めるようになった。

文章日本語として意味をなしていないときは、原著をわざわざ買って意味を把握する必要があり、英語で読むのが面倒だから訳書を買ったのに意味がない。

2018-07-06

anond:20180706120821

洋書を読んで英語勉強したことがある俺が答えよう。

洋書を通して最後まで読めるような人材MIT博士号をとるような奴だ。そんな奴は人口の0.1%ぐらいなので無視していい。

殆んどの奴は500ページある洋書の数頁ぐらいを読んで洋書を読むといっていることが多い。

そして一杯買った洋書を見せつけてこう言うのだ。

「私は勉強にこれだけの洋書を読みました。」

彼らは一般的には普通の人以上の努力をしているだから結果が出てるのだろう。だけど嫌らしい行為だとは思う。

努力10倍以上水増ししている。だから気にすることはない。

他のエントリにもあったけど原著読んでる本は大体日本語訳で読むことない。

2018-06-22

anond:20180622194007

はてな古典話題になると、なんかありゃすぐ「青空文庫で読め」とか言ってくるやついるけど、あれも一種原著読めマウンティングだと思ってる。

夏目漱石とか、青空文庫で確かにタダで読めるんだが、新潮とかで文庫本になってるやつを買うと、用語解説やら巻末の解説(役に立たんこともあるが)がついてたりして400円程度だったりする。

青空文庫で読めだの簡単に言ってくれるが、明治の既に廃れた語とか時代背景とか一切解説されずにわかるやつおるんかい、って毎度思う。

2018-06-17

anond:20180617100313

攻撃的になるのも心に余裕がないからだよ。

納得いかないなら、「毒になる親」の原著を読んでみるといい。

あれは一度でもいいから読んでおくべき本だと思う。

読みたいのに翻訳が駄目な小説

いくつかあるんだけど原著買うか新しくなるまで待つしかないのかな。

英語読めねーし。

2018-06-09

[][] 価値観観念)の形成過程を振り返り、軌道修正する

性欲って

  1. 物事の表面しか見ていない(観察が不十分)
  2. 価値基準に「永続性」が欠落してる

という欠点がある。

 

性欲の対象が同性でも異性でもパターン多様化に過ぎず、本質は一緒だろう。

改善策を示す。

 

解剖学

書店に行き、コ・メディカル学者向けの解剖学の本を探し、分かりやすい本を買おう。

基本的な骨(200個)、筋肉(200個)を覚える。内臓神経系も知っておきたい。

顔や体形だけを見て、相手の魅力を判定する習慣は、解剖学知識が欠如していることに起因している。

体表だけでなく内部の構造も把握した上で、相手を見れば、一部の情報(顔や体形)だけで相手の良し悪しを判定する誤謬から解放されるだろう。

 

永続性

スレレスは錆びないと言われているけど、鉄をくっつけたり、長時間経過したら、やはり錆びる。

「半永久」というのは「永久」ではないので、インチキだ。

物事には「永続性」がある。どの程度長持ちするかで、価値が変わる。

射精快感は、わすか数秒しか持続しない。女性オーガズムも数分から数十分しか持続しない。つまり永久ではない。

恋愛は平均3年とも言われている。結婚しても3組に1組は離婚している。つまり永久ではない。

性欲に基づいた快感の持続性は、大して長くないことが分かる。

人生において、価値あるものを決めるとき、その持続性にも着目してみよう。

 

男が嫌いなら、男女の区別以外の価値基準を設定して、人間を観察してみれば、見える風景も違ってくるだろう。

チンポだけが男の存在価値ではない。

 

anond:20180609194512

2018-05-27

anond:20180527195928

トンちゃもんの最終回もだけど原作に変な先入観がもたれるよね

コナン同人誌も蘭のとーちゃんは娘で変なこと考えてない人だろうに

純愛ものならいいけど変な思想アブノーマルなのを書かれると悪影響しかないし

性的もの政治がなくてもハルヒの微笑みたいに作者が書いてない解釈勝手作品に加えるのは原著改ざんする罪に等しい

2018-05-14

翻訳自由度

原著では第三者による地の文なのに、所々主人公地の文として訳されていた。原著を読む限りは主人公がそう思ったとは読めないのに、思ったことにされている。

こんな感じで翻訳されている。

原文「彼の母は秘密バラされて、怒っていた」

翻訳ママ秘密バラされて、怒っていた」

翻訳では、主人公母親がなぜ怒っているのかが分かっている訳だが、原文では主人公母親がなぜ怒っているのか分かっているとは読めない。

日本語としてはスラスラ読める翻訳だが、これはありなんだろうか。

2018-04-07

翻訳のなのに勝手原著にない話を書くのやめてほしいわ。何勝手にお前の物語にしてんだよ、訳し落ちと訳し増し?のオンパレードで意訳と擁護もできない。

さらにひどいのが、この訳を持ち上げる人の多さ。確かに、この本が日本語訳ではなくて、オリジナルだったとしたら良い作品だとは思う。読み易いし、文章に端麗さもある。アマゾンで星を5つ付けたくなるような小説であると言える、原著なんて気にしない人からすれば。そんな人のを多さに悲しくなる。

2018-03-21

物事ありのままに見つめる方法

例えばエロ画像を見た場合、それは女の体表しか見ていないことになります

人間は風船ではないので、中身もあります

 

解剖学を学び、体内には骨・筋肉内臓・神経、ウンコやオシッコなどがあることも理解しましょう。

本屋に行けば医学コーナーに解剖学の本やDVDがあるので、分かりやすものを選んでみてください。

可能であれば、五感を使い、実物で確認させてもらったら良いと思います

 

肉体の全部の構成トータルで見ることができるようになれば、レオナルド・ダ・ヴィンチのように、肉体を正確に観察することができるようになるでしょう。

 

https://anond.hatelabo.jp/20180321115614

2018-03-18

anond:20180318021427

少人数にしても正しいことができなければ効果はないよな。

その研究、人数以外の手法に着目してるの?

よかったら原著論文教えてよ。

2018-02-05

ポプテピピックには本当にがっかりしている

前置き:自分ディズニーファン

ポプテピピック第五話の絵コンテの一部?が作画監督Twitterで公開されて、「ついにこのネタをやる日がきたのか」と思った。

ポプテピ原作では、今回の「蒸気船ウィリー」のパロディの回はポプテピピックリプライ画像用以外で名実ともに有名になってきた時期の回だったと記憶している。

その当時も、「やべえwww」「D社に消される!」みたいな感想をよく見かけた。

結論から言うと、蒸気船ウィリー自体はすでにパブリックドメインとなっているためミッキーマウスのもの商標を除けば(基本的に)問題はない。

で、今回の蒸気船ウィリーパロディアニメ

プニキを含めて差し替えを食らった、という演出ありきの構成だった。

とてもがっかりしている。

nice boatネタと引っ掛けたかったのか、蒸気船ウィリーパロディは「圧力でなかったことにされた」となっていた。

正直、ポプテピピック製作サイドの意図は読みきれないのもあってどこまでネタだったかはわからない。

ただ、結果的に「著作権ヤクザネタ」で終わってしまったのがたいへん残念だ。

いや、ポプテピピックに残念もクソもねーだろ、といわれてしまえば本当にそのとおりだとは思うんだけれど、

自分の中ではうっすらと

PPTPなら山寺宏一ドナルド、その他)をディズニー回にぶつけてきて、相棒島香裕グーフィー声優)」くらいのことはしてくれるかな、と暴走を期待していたのだ。

なので勝手に期待して勝手失望してしまった。

消される!ネタをやるなら本気で消されるような面子をそろえてくれるかと勝手に期待していた。

ディズニーファンをやっていて、著作権ヤクザネタでなんとなくいつもいやな気持ちになっているファンは少なくない、と感じている。

何かあると「消される!」「ハハッ」と言われ、ツイートするだけなのに面白おかし伏字にされたりして自分の大好きなキャラクターたちがまるでヴォルデモートのような扱いを受けている。

子供が好きなディズニーダークサイド、というのは確かに面白いのかもしれない。

ただ、ディズニーというと一辺倒にそんな扱いを受けがちで心のそこから残念に思っている。世間に。

ディズニー日本著作権ヤクザ認識を得たのは学校プール消去命令事件なのは有名な話だが、それも1987年の話で、もう31年も経っている。

あの事件簡単に言うと、ディズニー著作権意識と当時の日本著作権意識の低さから起きた事件である

線引きは何事にも必要で、それの犠牲になってしまったのがあの小学校ではないか自分は思っている。

別のアプローチから話すと、ミッキーマウス商標現在もまだ続いているので、1987年当時、あの小学校きっかけにミッキーマウスを無断であちこち商品に使われては(訴訟とかも含めて面倒になるので)たまったものじゃない、という判断でもあったのだと思う。

商品に無断でミッキーを使うな、何かを貶める目的ミッキーを使ったらさすがに怒るよ、程度の扱いだ。(極論を言ってしまえば)

から、もう別に異常におびえた扱いをしないでほしい。

ていうか、普通につまんねーぞそういうの。

あとは個人的意見を羅列。

PPTP #5のおかげでまた圧力著作権ヤクザネタで話を振られると思うとうんざりする。

ミッキーの「アルバイト危機一髪ドナルドの「総統の顔」程度を見せてこっちががっかりすると思ってる人が居て本当に嫌だ。ピクルスピーナッツを見てから言え

ファイアボール ドロッセルはいいぞ

・ちなみにプニキことプーさん著作権についてはディズニー版は切れてません。ミルンの原著は切れたっぽい

2018-01-28

anond:20180128171421

ドラッカー原著とか読めばわかるけど、イノベーションてのは最新技術のことじゃない

社会的な仕組みを変化させて価値を人に提供するもののことだ

そこからし勘違いしてるのが日本なんでもうどうしようもない

もっといえばイノベーションが景気を良くするとも限らないし、産業革命時みたいに多くの人間生活悪化させることもある

2018-01-24

大学卒業できなくなった

卒業論文を提出したら「これでは単位を認められない」と指導教官教授)に言われた。

認められないと必須単位がもらえず、留年または中退となる。

わたし哲学を専攻していたが、学ぶうちに「おもしろいけど意味あるんかなー」みたいな疑問が湧いてきた。

そのうち2年になり3年からゼミ研究テーマも決める必要がでてきた。

わたしは少し考えて一番世の中に役立っていないと思われる研究をしている先生指導教官に選んだ。

特定されそうだが、その先生中世イタリアオペラ美学みたいな、

「それ日本人研究する必要ある?」みたいな誰もが疑問に思うテーマ研究していた。

3年生の間は原著論文にもあたり、まじめにやっていた。

4年生になり、自分卒論テーマを「日本にやってきたオペラ大衆芸能との関連性」とし、

相互に与えた影響などを調べて、そこそこの評価を得た。

あとは推敲校正して出すだけでよい段になり、ふとこんな無意味なことをやってていいのかな

という当初の疑問をもっていたことを思い出した。

そこで、いままでやっていたことは無視をし、

年末年始の間に、「いか日本人イタリア文化研究することに無駄が多いか

というテーマリライトした。

そこで1行目にもどることになる。

話し合っても、認めない教授には、

「ここでわたし卒論を認めないと、2年間のあなた指導が役に立たなかった証明になりますよ」

と言ってやった。無言だった。

2017-09-24

anond:20170924050745

はい

何が言いたいのかよく分からないけど和訳本がいやなら原著読めば?

(ただし専門用語を十分に理解できていないとひどい誤読をする可能性が高いと思うよ)

医者向けの本でも、あくまで臨床実践向きの本と基礎的な本とがある。

さっき書いたストール本は基礎的な本で、姉妹本として臨床実践向きの本も出てる。

第4版は英語版でも最新の版だったと思うけど、それでも原著で読みたいと思うなら読めばいいんじゃないかな。

2017-08-30

真木よう子問題

もう取り下げちゃったからどーでもいいことなのかもしれないが。

CF自体ほとんど誰も批判してないし、おそらく前払いする印刷代を用意する方法として有効利用できそうな気はする。ただし、コミケ1週間前に極道入稿するようなサークルでは無理だろうけど。

問題商業との切り分け・コミケ理念への理解度

商業問題については色々出てきている情報によると、同人誌出版自体CAMPFIREが絡んでいる可能性がかなり高い。

コミケ自体商業ベース漫画大会に対する批判から始まったこともあって、そこで頒布される同人誌アマチュア色の強い創作物だ。二次創作についても商業誌ではないからこそ原著作権者からお目こぼしを受けている部分も多い。過去にはポケモン同人誌事件ときメモビデオ事件しまじろう事件などがあったが、今でも二次創作は危うい立場にある。オリジナルであってもその理念に沿ってサークルスペースで法人発行物の頒布はできない。

一応CAMPFIRE側はコメントを出しているが、目標金額に口を出していないとは言いつつ、出版のものに関わっていないとは言っていない。

そもそも真木氏も同人誌ではなく「雑誌」と書いている。もしかしたら同人誌がどういうもので、一般書籍との違いを分かっていないのかもしれない。同人誌を知らない者がコミケでなにか売ろうとしている、それもオタクカンに障る部分かもしれない。

事務所所属する芸能人写真集を出すとなれば肖像権問題が出てくる。果たして個人による自費出版可能なのだろうか。事務所側の内容チェック(もしくは口出し)や版権使用料の支払いなどがあればアマチュアベース同人誌とは言いづらい。

ちなみにこれまでコミケサークル参加したプロの方々は、肖像権であればコミケ限定特別許諾をとったり、その他の権利侵害しない様配慮しながら本などをつくっている。最近声優さん絵描きさんが所属する会社側で参加ルールを設けていたりして趣味としてサークル参加するハードルが低くなってきたようだ。先日の夏コミでも有名な声優さんが島中サークル普通に売り子していたが、一般参加者も特別扱いせず普通に人が流れていたのが印象深かった。真木氏は権利関係クリアにできているのだろうか。

プロプロルールで作ったものサークルに持ち込む、これもオタクカンに障る部分だ。

コミケサークルスタッフ一般参加者が一緒になって作り上げている表現の自由を最大限尊重する「場」であるしかしその「場」を維持するために「自由」と引き換えに参加者には「義務」(ルールといってもいい)が課されている。これを「ムラ」といって批判する者もいるが、そもそもマーケット」という閉鎖空間なので批判する意味がない。

今後また芸能人サークル参加があるだろうが、「一般で始発乗って3年通ってました」みたいなガチなのを期待する。

2017-08-20

https://anond.hatelabo.jp/20170819035847

この人、自分三人称で呼ぶと統合失調症になるってデタラメ書いてたけど、その根拠を尋ねられてのアンサーが統合失調症じゃなくて解離性症群になる根拠ワロタ

いい加減シッタカやめればいいのに

精神医学言及したいなら医学生向け教科書からはじめてカプラン原著くらい読まないと

シッタカは恥ずかしい恥ずかしい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん