「ぶりっこ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ぶりっことは

2019-06-15

よくある「顔を覚えられたら行きたくなくなる」とは違うけど

ちょっと前に「喫茶店マスターにいつもありがとうございますと言われたら、もうその店に行きたくない」って話あったけど、アレに近いのを美容室でやられた。

私は美容室で話しかけられるの嫌いだから指名できなくて人の入れ替わりの激しそうなプラージュで2ヶ月に一度切ってもらってるんだけど、2回連続で同じ人が担当になった。

覚えてたのはシャンプーがヘタだったのと、前に切ってもらった時に「わかりますぅ」「ブローきになりませんかぁ」とか、今時いねえよってくらいぶりっこ口調だったから。

で、「前に切ったのいつですかぁ」ときかれて「2ヶ月前」と答えたら、「わかりますぅ」だってさ。

単なる相槌なのかはわからないけど、なにが「わかりますぅ」なのか、こっちはわからないですぅ。

会計して帰り際に、「次は2ヶ月後にお待ちしてますぅ」だってさ。明日行ってやろうか、そして「二ヶ月後じゃなくてごめんなさい(^^)」言ってやろうかと思った。

プラージュで「あなたのこと覚えてますよ」みたいなムーブいらんでしょ。安くて顔覚えられなくて一度きりみたいなのが楽で行ってるんだから

2019-05-13

anond:20190513081733

今日も女はくっっっっっっっっっっっっっっそどうでもいい幼少の記憶を掘り出して被害者ぶりっこ

2019-05-07

着地させたい憧れのこと


特定防止にところどころ嘘だよ

今、一線で活躍している声優さんと、昔同じ学校に通っていた。

単に高校が一緒だっただけの話だが、彼女高校ときからめちゃめちゃかわいくてしかもいい人だったので、当時私は彼女のことが好きだった。この「好き」はアイドルファン的なニュアンスだと思う。

彼女委員会仕事などで壇上に上がるのを見るとわくわくしたし、部活動でやっていた校外ライブにも行ったことがある。そのころは彼女声優さんだなんて知らなくて、ただなんだかそういう養成所みたいなどこかでなにかがあったらしいことを小耳に挟んだことはあり、すごいな〜えらいな〜、とは思っていた。

すごく勝手な話をすると、一方的に親近感を覚えていた、というのもある。

私は中学時代、いわゆるアニメ声だね〜ということで少しいじめ……というか許容範囲外のからかいというか、そんなかんじの扱いを受けていた。主に異性からだったので異性とはあんまり友達にならず、女の子は一度「気にしているのでからかわないでくれると助かる」と伝えれば少なくとも表面上みんなあんまり触れないでいてくれたので、別に全方位からそういう扱いだったわけではない。

ないのだが、普通の声のつもりで小学生時代を過ごしていた(たぶん周りも、「ぶりっこ」とかい概念がない小学一年生のころからほぼ同じ声だとわかっているので気にしないでいてくれた)のに、中学になってそこで初めて会った人達から突然「お前の声は変だ」と扱われたのが地味にショックだったようで、今でも初対面の人と喋るときに少し怯える。

そういうわけで、いわゆる「アニメ声」の人を見かけると、あっこの人も周りから揶揄されて苦労したんだろうな、ちょっとつらかったこともあったろうな……という気持ちになってしまう。今は大人なので、声が変わっている人みんながみんなからかわれて育つわけではないと理解はしているけれど。

件の彼女のことを好きになったのも、彼女の声が、こういうのもすごく癪ではあるのだがいわゆる「アニメ声」で、それでも彼女はいつ見てもニコニコしていて、てらいなく喋っているように見えたからだ。

すごいなあ、と思った。えらいなあ、とも思った。

その頃私は自分の声が、というか自分の声が周りに抱かせるであろう印象が本当にいやで、叶うなら将来筆談で生きたいとも思っていた。

から、いわゆるアニメ声でもキラキラしている彼女尊敬したし、きっといろんな嫌な反応をはねのけたり受け入れたりして生きてるんだろうな、それはきっと大変で、でも彼女は笑っているのですごくてえらいな、と、同病相憐れむじゃないけど、似たような境遇でも萎縮せず生きていることに憧れみたいな感情を抱いていた。

今はもちろん大人なので、それが私の勝手想像で、私と彼女他人だし、私は彼女のことを全くぜんぜん知らないのだとわかっている。私の事情は私の事情だし、彼女にはもっと違う事情があっただろう。

声優さんという職業に対して、ずっとすこし複雑な気持ちがあった。

一定の時期から、周りの人に「声優を目指してるの?」「目指さないの?」「やってるの?」と言われることが多くなった。親戚にだったり、職場の人にだったり、お客様だったり、お祭り焼きそばを買おうと立ち寄った屋台のおじさんにだったり、なんか道端で会った初対面の人にだったり、いろんな人に。

それは、自分の声は変でダメからかい対象なんだと思っていた私への追い打ちだったり、身内がそういう特殊仕事に就くことを期待するみたいな親戚の無責任かつ無邪気な夢物語だったり、単なる話のネタ的なお世辞だったり、なんかこんなに言われるんなら目指したほうがいいんだろうかと思えてくるような好意的な反応だったり、いろんな意味を持って私の人生のまわりをぐるぐるしていた。

声優という職業を初めて意識したのは、「友達の夢」としてだった。中学生のとき。はじめからそれは「他人の夢」だったから、興味があったとしても半端な気持ちで目指したりすると本気で目標にしている人に失礼だな、と思っていた。だからちょっとはなってみたいと思っていたのか、それともぜんぜん思っていなかったのかわからない。自分の夢になる前の段階で、手を出してはいけないもの、にカテゴライズされていたから。

そもそもアニメ声」という形容も本職の人に失礼な気がするし、アニメ声って何? アニメ女の子はみんなこんなかんじの声だろって雑にまとめて個々の演技とか努力とかそういうの無視した言い方なのでは? みたいな気持ちもある。

っていうか声優仕事って「演技」だし、演技をしている人がたまたま魅力的な声をしていることもあるだけで、実は声質自体二の次ものなのでは? とも思ったりしている。要するに、興味があるどころではなく声とか関係なしにめちゃくちゃ演技がしたいのではない限り、私には無関係だということだ。誰がなんと言おうとも。

たいそう魅力的な仕事だし、そりゃ興味さえ持ってしまえば誰でも少しは惹かれるだろうが、意識しないようにして普通に生きていればなんの関わりもない。私の「普通に生きる」には、誰かの演技をしたいという欲求はぜんぜんないからだ。

そう気付くことができたので、今はおおよそ大丈夫である。あるはずなんだけどなあ。

コピーペーストがめちゃくちゃ好きだ。2つのウインドウを行き来して、タブキーやタブとシフトダブル押しでテキストボックスを移動するのは楽しいし、ひたすらお客様の氏名や住所を入力したり電話番号の打ち間違いがないか確認したりするのも楽しい。大量の紙を五十音順だの数値順だのに並び替えたりするのも好きだし、エクセル関数勉強をしてテンション上がったりもするし、書類を三つ折りするのも好きだし、枠線にそって紙を切るのも好きだし、事務仕事が好きなのだと思う。

今の人生が輝いてないとかダサいとか、そういう気持ちもない。のんびりするの大好きだし、仕事もまあ楽しいときが多いし、どんな仕事だって仕事として成立している以上誰かの役に立てている。だろう。たぶん。

でも、夢を見ることがある。彼女と同じ空間にいて、カフェとか駅のホームとかで会話をする夢を。マイドリームイズ的な願望の話ではなく寝て見る夢の話だ。

そういうとき、起きてからたいてい落ち込む。実は彼女と同じ舞台に行きたいのか? とか、勝手に夢の中で友達みたいなことになっていて、彼女ちょっと失礼じゃないのか? とか。

友達になりたかったのかもしれない、と最近は思っている。ミーハーみたいで嫌なやつだけど。

いつか、ちゃんとただのファンになれたらいいなと思う。とりあえずコンサート? ライブ? のチケットをいまさら初めて買いました。超楽しみです。

2019-04-06

可愛い彼女お花見行って

お酒飲んで浮かれてるくせに

仕事になったらー

仕事になったらー

メンタル弱め強調の可愛い増田さん

ぶりぶりぶりっこちゃん

2019-03-25

anond:20190325223307

女の武器ぶりっこする女は、フェミ抜きに嫌われるらしいが…自覚がなくとも男ウケの言動だと一部の女性から受け止められているのかしらん。

2019-03-10

ファッションの主役は自分から

服のテイストミックスしたり、外しを加えたりするのが好き。

キメキメは今の時代フィットしない気がするし。

そうやって工夫すること自体面白い

骨格診断、パーソナルカラー、顏タイプ診断。すべて受けて自分に似合う服は総じて

クール

だった。

(ウィンター/ストレート/クール

他の人は知らないけど、3つの診断の傾向がすべて同じなのには笑ってしまった。

まり、一番似合うのは、上質なスーツなどのカチッとしたデザイン、色はモノトーン寒色系、赤などのハッキリした色、と言った次第。

私がかつて好きだったのは、フリルとかレースとかほっこりフェミニンで淡い色なんだけど、診断を受けて潔くあきらめた。

実際、診断にあわせた服を着ると周りの反応がすごい良かったし、自分も確かによく見えるもの

よく考えると昔は人に嫌わないように、優しい人ぶるところがあった。服もそれに合わせたぶりっこ風。

でも実際は我の強い、ハッキリした性格目力の強さは定評あり。優しくなくはないと思うけど、どうしてもクールに見られがちだったっけ。

自分個性を受け入れる方がおしゃれになる。似合わない服を無理して似合わせる工夫をする方が大変だしね。

ただし、毎日スーツなんてもちろんあり得ないし、仕事柄まず着ない。

フリーランス服装自由なのに、かっちりした服着る筋合いもなく。

ここで冒頭のミックスやはずしテクを使うのだ。

基本的にはきれいカジュアル

ニットタイトスカートシャツなどのプレーンな服をメインに、スニーカーやカゴバック、ロック柄(ロック好き♪)など自分らしさを一匙混ぜるのだ。

元々好きなガーリーな服も、革ジャンとゴツイブーツでハードに振れば程良くクールに締まる。

ポイントは各アイテムの甘さ辛さ度合いを数値化しておくこと。

もちろんざっくりでいい。

組み合わせながら、自分に似合う甘辛バランスの数値に納めていく。

簡単なのは、まず100%甘い(辛い)コーデをして、そこから逆のテイストのものと1アイテムずつ交換していって、ちょうどいいところを鏡の前で見つけること。

たとえば革ジャンと黒スキニー女の子をこないだ見かけたけど、ハードすぎて近寄れない印象。

最近、ちらほら見かけるんだけど、こういう子。はやってる?)

私だったらバッグをファーバックにしたり、インナーレースを合わせたりするかな。

黒革ジャンに黒スキニー自体合わせることはないけど。。

同じはずしアイテムでGジャンをガーリーワンピに合わせるのもあるけど、私にはまだ甘みが強すぎる。。

かわいい系の女子にはすごく似合うんだけどな。

ちなみに、甘辛の見分け方は、男が着てもおかしくないアイテム=辛い、女だけ=甘です。

そんなわけで私の家は、モノトーンブルー系が多く、一瞬男のクロゼット?に見えそうな中、急にピンクのプリースカートや赤のカーで、大きい花柄ワンピが並んでおります(笑)

かっちり、ハッキリしたものが似合うストレートインターには、このくらいの振り幅が必要なよう。

逆に中途半端が一番ぼやけるんだよなぁ。

2019-03-09

私、お母さんのこと嫌いだったんだ

37歳にしてやっと気づいた。

弟は男だから母親は甘い、レベルじゃない

尋常でない嫌がらせもあった。

差別もひどいしね。

38度5分の高熱出して寝込んでた私が

犬の散歩いけないと言っただけで

さいってーーーっ!!!

って叫んで出て行った母のことは忘れない。

虐待されたわけじゃない。

しろすごく親子関係は良かった。

一緒に旅行したり、何でも相談したり。

一番の理解者だと思ってた、

私が家を出に数ヶ月口を利いてくれず保証人になるのも散々渋り、不動産屋にまで嘘ついて困らせたけど、最後に餞別くれたのが愛だと思ってた。

車の保険について分からないことを聞いただけで「あんおかしいんじゃない?」ってあんまりじゃね?

まぁ、その言葉に対し「どんだけ不細工なんだよおまえは」つって怒鳴った私も相当だけど(苦笑)

ちなみに、私が思うブスは、顏の美醜でなく性格マナー品性です。どんな美女言葉遣いが汚いとブスだと思う。

わけあって実家暮らしだけど、完全に私は座敷童子かじばく霊。

存在のもの無視

弟がたまたま犬の散歩いっただけで

ありがとうを8回も言われてた。

もう失笑

母も私が嫌いだったんだよね。

私がくずみたいな男を父親と認めなかった以前から

だってからだったもん。

それでも認められたくて死ぬほど勉強したし、夢も叶えようと人生削って頑張った。

でもどんなにやっても、認められなかったし、あきらめたとき私はやっと心が楽になった。

そして気づいた。

母は昔から私が嫌いだった。

私も母が嫌いだった。

すごくシンプル事実

なのに何で、私が家でようとすると妨害するのか。

無駄な執着がうざい。

一度や二度じゃない。

ものすごい妨害を何度もうけた。

私はあんたが嫌いだ。

不細工なくせに(これはルックスが)、

男にこびうる姿は見苦しい。ぶりっこももうありえないわ、その肥満体で。

何でそんなに片づけができないの?

なのにバカみたいにものを買いまくる、柔軟剤ストックだけで20個。ぜんぶ香りも違うというね、、、臭いよ。

頭が悪いしか思えない。

そりゃ若いシングルマザーで苦労したろうけど、自分で選んだ道じゃん?

世の中にはおなじ苦労をしてる人たくさん居るのに自慢げに。

無駄パソコンやら刺繍やら機織りやら、カルチャーセンター程度に納めればまだいいものを、わざわざ新幹線でその道のプロみたいな人に習いにいって、なんの上達もない。金の無駄バカでしょ。

料理一つ静かに作れない?すぐテンパってキーキーヒステリーあげるけど、何年主婦やってんの?

人の時間は平気で潰すくせに、自分は人を散々せかしてまたヒステリー痴呆

あぁ、私こんな奴のために必死で認められようと頑張ってきたのか。

母親に認められなくても良い。

家族と仲良くしなくても良い。

それに気づいたとき、初めて母を一人の他人としてみた。

身内だったときからバカにしてたけど、

今はもう関わる価値もない。

ただただ、虚しい。

好きだった母。

嫌いな女。

バカにしている他人

何より、母親無償の愛なんて幻想だったというね(苦笑)

もっと早く気づけよ、ってかんじだけど。

私は私を理解してくれる人とこれからつきあっていく。

血のつながり、家族という絆、なんて嘘だわ。

私、お母さんのこと嫌いだったんだ。

2019-03-03

anond:20190303225336

生物学はずいぶん人口が多い。

数学物理学化学人間を全部足したくらいの人間がいるように思う。

だって理学部生物系の教室にいる人間農学部人間それから医歯薬獣医人間、あと看護とかがエッセンシャルを持ってる。

エッセンシャルというのは有名な教科書名前だ。

科研費やら学振採用者一覧を見ても広義の生物学に分類される(できる?)ようなテーマは4割くらいを占めている。

何が言いたいかというと、人口が多いので教科書古本がたくさん流通しているので教科書が安く手に入る。

それから研究が盛んでどんどんアップデートされるので、すぐ版が重なる。前の版は安くなる。

エッセンシャルでいうとアマゾンで1円から手に入る。まあそれは第一版なんだけども。

インターネッツでも、英語検索しさえすればかなり有用学習サイトがある。

ケンブリクラス大学の、講義の内容をまるまるアップロードしてる先生もいる。それこそようつべで15回分見れたりする。15回は半年分の授業の回数だ。

あとTwitterで暇な日本人バイオ先生方が文科省悪口を言うためのアカウントを拵えてるので、ぶりっこして質問すれば丁寧に教えてくれる(場合もある)(最近面白い漫画を教えてあげると喜ばれる(場合もある))。

最近論文もタダで読めるところがとても多いので、最新の情報も手に入れようと思えば手に入る。そうでなくとも論文海賊サイトを使えばほぼあらゆる論文が入手できる。論文雑誌の総説という、まあまとめコンテンツみたいなやつをめいっぱい読んでればめちゃめちゃ賢くなれる。まあまあな大学院生と同じくらい強くなれる。

学術分野の英語はそんなに難しくない。小説よりは簡単だ。なにが簡単かというと、Google翻訳入力するのが簡単だ。コピペできるのでね。まあそれは冗談ですが

そんなこんなで根気があれば相当勉強できる。何年か前に、アメリカ高校生が根気よく勉強して研究したところ、すい臓がんの早期発見できる方法発見したので界隈ではニュースになったりもしている。PLoS ONEというタダで読める結構雑誌の、次世代シーケンサーの膨大なデータを目で見て発見したらしい。極端な話、パソとフレッツで論文が書けるという時代である実験を一切しない論文というのもあるくらいだ。

というわけで生物学教科書は高くない。高いのは生物学の敷居なのだ。一歩またいだら無限にも思える未開の地が広がっているのが生物学ということでガッテンしていただけましたでしょうか。

2019-02-06

vtuberぶりっこ感が嫌い

anond:20190206034619

なりきり感がきらいってのはよく分からないけど、まぁ自分ぶりっ子しているvtuberちょっと苦手かなぁ。

ちなみに好きなvtuber鈴鹿詩子です。

2019-01-11

🐈あーねこちょうしわるい。

ねこも大げさな事書いて、ヒロイズムにひたり、身内にわざとらしくアピったり

したいとはおもわないけど。

ぶりっこ苦手ニャ。

2019-01-07

anond:20190107153718

いるよー。向かいから歩いてきてたお姉さんにガン見されて、

すれ違いざまに「チビじゃん!」て言われたこともあるよ。

もちろんそのひとのほうが大きかった。私日本人女性の平均身長。でもヒールは7㎝はく。

自分以外の女性はみんな自分(の美貌より)下とかゴリラだって思っている女子は時々いるよ。

彼氏の前ではぶりっこな、綺麗さん(※自称)って多いよ。

誰よりも自分可愛いってひとなんだろうな。

2019-01-03

anond:20190103152415

若いほうがいいと思っているのは男女問わず世界共通でしょう。

日本は、

カッコイ大人を目指す人がすくなく、

いつまでも可愛いぶりっこ

なのがしんどいような。

2018-12-20

「ちくせう」がぶりっ子に見える

ちくしょう」だと思うんだけど

ぶりっこしか見えなくてイラつく。

脳内再生される音声がぶりっ子だ。やめてほしい。

からダンディーな声で「ちくせう」ってやってみたけど

無理だ。何言ってんだコイツってなった。

2018-11-30

はんぺん帽子=俺と僕とか言ってる

口の悪い増田

だろうなー。必死だもんね。いつも。

ぶりっこはんぺん帽子彼女

いか

本気で推しイラネってなってる。

結局 大きくて、ぶりっこファッションで 茶髪の人なんだね。

2018-11-24

無視されがち

うちのクラス無視されがち

オタクだって無視されないクラス無視される奴はどうかしている

皆が騒いでる時に一人だけ冷静を気取るような奴

図書館ばっか行く奴

ぶりっこ

だいたい寝てる奴

消しゴムを借りたら角を使う奴

自分の心掛けでなんとかできるのだから努力すべき

2018-11-22

同性愛は良いのに、「人外さんの嫁」が気持ち悪い

なぜなのか、やっと分かった。

・男が自分自分のことを「嫁」と呼ぶ

・「うちの夫に触らないで!」とも言う

自分で「嫁ですから」「一人の嫁として!」と言う

思考回路乙女過ぎる(女々しい)

 ※キャラが男である意味が分からない

タイトルにあるからか、「嫁」を連呼する

・夫がわ(人外さんたち)は殆ど喋らないキャラ

自分自分のなまえを呼ぶ、ぶりっこみたいで気持ち悪いんだろうな。

あーぁ。

2018-11-21

anond:20181121045335

🐶の性格が悪いのはもうみんな演技だって知ってるからぶりっこー。

から「*」が「鰤」なんでしょ。

2018-11-10

anond:20181110233632

超・積極的ヤンキー女子ではないですか。

そぶりはぶりっこだけど、中身はビッチでしょ。

anond:20181110233632

ほんとに男の人が怖いような女性

しかけられても愛想の一つも言えないし、

自分から話したいなんて言わない

昭和ぶりっこ系ですねー。ヲタキラー

2018-11-04

anond:20181104210605

この人、責任取りたくないだけ、

他人の物奪うのが好きなだけの

ぶりっこ

怖すぎる。

2018-10-26

男に媚びる女は同性から嫌われているというけれど

媚びない女がみんな優秀かというとそうでもない

媚びる女と媚びない女で能力分布に大きな差があるかというと大して変わらないだろう

ぶりっこは頭悪そうに見えるが本当に悪いかというとそうでもないのと同様だろう

じゃあなんで嫌うのかというと嫉妬だろう

男にかまってもらえるかどうかが思考の中心を占めているんだろう

女性の自立は遠い

2018-09-17

anond:20180917022934

告白されて、自分が一番で、真面目に好きであってくれると確認できる人でないと

エロス的な反応はできないにゃー。

すぐに男に媚を売るぶりっこ(色気過剰)女を、男は歓迎するが、心の奥底で「そういう軽い女を馬鹿にしている」のだと

父が言ってた。毅然とした態度で跳ねのけないと、ゴミに泣かされるからって教わってるよ。

学生時代から流し目してる」「色っぽい」勝手に言われたけど

視線キャッチ―らしい。眼力についてはすっごい小さいころから言われてたけど)

あんまりいわれるんで(もちろんすっぴんだったし)学生時代女性意外となるべく目を合わせないように、俯いて歩いてた。

anond:20180917000559

りゅうのすけ、性格悪いな。

流石、ご主人様の前だけぶりっこ

バンドの追っかけ美人みたいな性格

2018-08-30

anond:20180829162352

本当にみんな中身はおっさんなのかどうかは知らんが、「中年男性でも美少女になれるVtuber男性から解放」みたいな言説大杉ウザい、超ウザい

いや、中年男が中年男やめたいと思うのは自由ヴァーチャル女装するのも自由、ただそれを性意識の変革とか理屈っぽく美化するインテリキモい

かに俺も中年男の自分が美しいとは思わん、鏡を見ても楽しくはない

しかしだ、中年男性美少女ぶりっこするのを皆が皆ほめるのもどうかと思う

言うてみれば、アメリカ黒人白塗りメイクして「やった白人になれた!」つってるようなもん、そんな奴がいたらお前に黒人の誇りはないんかい! と思い切り突っ込むぞ

俺は美しいマイケルジャクソンであるより、ぶさいくなジェームズブラウンであることを誇る男でありたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん