「戒名」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 戒名とは

2017-11-21

葬式2.0へ向けてまずは戒名廃止すべきではないかと思う

次に念仏現代日本語へ訳して木魚アコースティックギターにする

坊さんは免許制にして宗教法人への課税もきちんと議論しよう

仏教以外の宗教への適用は2.1以降で決めるよう議決に盛り込むとなお良い

2017-09-10

anond:20170910112132

車、骨董品生産終えた後に

コレクター要素としての価値が高まっていくのに比べて

ソシャゲカードって数年ちょいで価値無くならね?

 

「ごめんなさい、経営傾いてきたでUR以上のレアリティしますw」

「あのURガチャまたやりますw今度はちょっとやすくなってるよ~」

とかでよくTwitter炎上してんじゃん

そんで、ソシャゲカードは車、骨董品と違ってデータの集まり

データソシャゲというプラットフォームにこだわらなければ、

YouTubeで鑑賞動画公開するなりPNGだろうがPDFだろうが、よそでの再現簡単にできてしま

そもそもソシャゲ自体、終わる時もある

 

と考えるとそんないつ吹っ飛んでもおかしくない戒名

何万もつぎ込むのはアホくさくないか?(しか部外者には価値全然からないオマケ付き)

 

あと、金をつぎ込むことで「アイドルに愛されてる」と思うなら

それは大きな勘違い

キリスト教徒は早い段階から、神は愛してくれるよりも試練を与える存在と捉えてる

 

無償の愛なんて都合のいいもの存在しないんだよ

https://anond.hatelabo.jp/20170909012949

健康にならないと健康のありがたみがわからないんだよ

死なないと生きてる価値も見出せないとか

痛みでしか自分の体の大きさを感じられないとか

脱落者をみないと自分努力評価できないとか

いつかできるかもしれないセックスにつぎ込んだ金の分だけ

自分に用意された天国はより豪華で高尚なものになるんだよ

まあそんなことはあの世でっていわれてもなんの価値もないので

欲求は満たせないだろうけどそのかわり戒名みたいなもんがもらえるじゃん

ランクがAだとかSだとか

スマホアイドルに愛されてる度合いを100万とか200万で買えるものって感じじゃない?

買い方が一括じゃなくて自立分割で一口100円のいくらでも買えみたいか形なだけでさ

フェラーリよりもデミオのほうが乗り心地はいいし役立つけどなんか意味わかんないけどフェラーリかうわけじゃん

たいしてはしりもしないのに何千万かいお金しましたステータスをだれかに洗礼名として

与えて欲しいんじゃないかなと思うよ

2017-08-28

神道ってマイナー宗教なの?

私自身がそうなのであまり意識したことがなかったし、一応伝統ある日本宗教だとも思っていたのだけれど。

最近たまたま友人とその家族とそういう話をする機会があって、自分出自としてうちは神道で~と

流れであまり深く考えずにそう話をしたのだけど、えっ、神道って何?という反応をされて戸惑った。

ちなみにそのお宅はごく普通仏教だ。

お寺が仏教神社神道ですよ、と説明したのだが、あまりピンと来ていないようだった。

そういえば周りにうちも神道だよ、なんて人に出会ったことがなかったなと思い、

もしかして神道マイナー宗教なの?と思い始めた。

サンプルが少ないのでそのおうちの教育が、ということもあるのかもしれないけど、

一般的に言って神道ってマイナーですか?

追記

反応ありがとうございます。いくつか補足と返信をさせていただきます

1. トラバもしたのですが、うちは

というわりとガッツリ神道の家なのですが、そういう人って少ないんでしょうか?ということでした。

広義の神道信者は確かに多いと思います。みんな神社行きますし、神社本庁信徒は1億人くらいいるらしいです。

2. お墓はよくわからないのですが、「~家奥津城」と書いてあったと思います

 葬儀神主さんが祝詞を読んだときも「おくつきのみや・・・」みたいなことを言ってました。

追記2

またまたありがとうございます

ブコメ言及いただいているのですが

榊という葉のついた木の枝を供える神道式のお通夜

うちはまさにこれでした。

他のコメントも全て読ませていただいてますが、やはりそういう家庭はそれほど多くないのでは、との意見が多いようです。

大変参考になりました。

歴史的な経緯があるということは盲点でした。勉強してみたいと思います

(あとで読みやすいように記事を成形しました)

2017-07-10

祖父四十九日和尚が大泣きしてドン引いた

昨日、祖父享年93)の四十九日法要があって、久々に実家に帰った。

法要が終わり、宴会場で食事をしているとき和尚眼鏡をずらして大泣きしだしてギョッとした。

そのあと、腰を上げて本家のおじさんと机越しに握手して、「もううち寺の味方は増田本家さんだけや...」

みたいなことを言って、肩を抱き合ってて、とにかく普通雰囲気ではなかった。

聞けば、最近檀家さんが減っていて、心配らしい。

跡取りも婿で地域との縁が薄いのも心配らしい。

そんな中、増田家が父に代替わりし、お布施の額が激減。すごく心細くなったという。

20年前の祖母葬儀で、祖父坊主を5人呼んでいた。

今回の祖父葬儀では、父は2人しか坊主を呼ばなかったというのが「信じられない!」そう。

増田本家のおじさんは、常日頃から増田分家集落20軒くらいある)に対して

寺にお布施をするよう呼び掛けていて、

増田一統の戒名ランクを上げたいという考えの持ち主。

和尚は酒を飲んだ勢いで、増田家のお布施の額についてや、

「うちは跡取りが婿でこのへんの人とは交流が乏しいから将来が心配だ」

本家のおじさんに愚痴をこぼし、

本家のおじさんが和尚立場に寄り添うような話をしたら、感極まって

「ああ、私より先に増田本家さんが亡くなってまったら、うちの寺はどうなるんだ」

不安になって涙が出た、と。

涙の理由がすごく俗っぽくって、ドン引いた。

食事に出席した分家のひとたちも、和尚の話を聞いてなんか笑ってるし、

和尚さま、しかたがないなあww」みたいな感じで、その発言を許してる。誰も咎めることなく。

祖父は、私たち子どものころ、朝夕お寺にお参りしてお墓掃除をする人物として集落でも有名だった。

お寺は、わたしと兄の集団登校の集合場所だったので、朝のお参りは、子供見送りのついでだった。

寺までの道中、祖父から「あの和尚さまは偉い人なんだよ。礼儀正しくするんやよ」って言われていたので、

わたしも兄も、祖父の言いつけ通り、和尚を「和尚さま」と呼び、

よくわからないけど礼儀正しくして、尊敬するようにしていた。

そんなかんじで、祖父から尊敬するように教えられていた和尚から、この仕打ちかよ。

祖父生前、この和尚から、「あなたはもう徳が十分だから戒名ランクを上げなさい」と助言されていたらしい。

だがこの祖父は、なにかの機会ごとに2-3年に1回は、

戒名ランク絶対に上げてはいけない。一度戒名ランクを上げると、

そのランクに見合ったお布施を払い続けないといけない。

子ども・孫にその経済的負担を強いることになるから絶対に上げてはいけない。

生きている間だけ世話してくれればいい」と言っていた。

残されたわたしたちはそれを遺言だと思って、守っただけだ。

祖父四十九日法要の席で、

おまえらお布施の額が少ないか不安になって泣けてしまった」みたいなこといわれないかんのだ。

いや、言いたいなら言ってもいいけど、本家ともなにしゃべってtもいいけど

四十九日法要でいう話じゃないやろ。

二重に三重にどん引いた。

あー。あの集落から出られてよかった...。

2017-01-24

​ 生まれてはじめて葬式にいってきた

この間、生まれて初めて葬式に行ってきたのだけど色々初めての新鮮な経験をしたので、思ったところをなんのとりとめもなくつらつらと書き連ねてみたいと思う。

初めての葬式は母方の祖父葬式だった。まあ葬式といってもそんな盛大なものではなくて、近い者たちだけで行う火葬式だった。祖父半年前ほどに末期ガン寿命宣告を受けていて、その死自体には何の驚きもなく、正直「やっとか……」という感じだった。というのも、祖父は数年前からいわゆるボケが始まっていて、祖母やたまに家を訪ねた母ともケンカばかりしていた。そして更にガンを患って入退院を繰り返し、同居して介護していた祖母疲弊しきっていた。素直に死を嘆き悲しむ事ができるような祖父は、はるか記憶の彼方に埋もれていた。そんな状況だったから、なんだかとても薄情に聞こえるかもしれないが、自分にとってはその死の報せで特に悲しむということもなく、「これでやっとみんな楽になるんだな」という感想が一番だった。

そんなわけで、大した感慨とある種の現実味もないまま葬儀当日を迎えた。車で数十分の距離にある市営の小奇麗な火葬場は小高い丘の上にあった。火葬場に着くと早々に祖父の棺が運ばれてきた。自分達は炉の前で「最期のお別れ」をすることとなった。母が用意した白い薔薇と今朝書いたばかりの祖父への手紙を棺に入れた。狭い棺のなかで花に囲まれ祖父はまるでただ眠っているだけで、今にも起き出しそうに見えた。いよいよ炉の扉が開かれ祖父の棺がほの暗いその中へと消えていった。炉の扉が閉ざされて火が入ると付き添っていた僧侶木魚を叩きながら経を唱え始めた。その瞬間、いきなり涙が溢れそうになり必死でこらえた。自分でも何故こうなったかからなかった。ただその場の雰囲気に飲まれたのか、何か自分の奥底に眠っていた感情とやらが溢れたのかもしれない。その後、亡骸を焼ききるには一時間ほどかかるらしく、待合室で数少ない親戚との久々のささやかな会話をしながらその終わりを待っていた。

その間に先程の経を唱えた僧侶が来て祖父戒名説明をしていた。ちなみにこの僧侶へは、式全体のパック料金には含まれないお布施を直接渡すことになっていた。そのお布施の額も決まっていて、値段によって僧侶の人数だのが明確に決められていた。旧来の檀家制度に比べてみればある意味良心的なのかもしれないが、「ビジネスだなぁ……」としみじみ感じてしまった。しか僧侶というのは大したもので、丁寧に戒名の由来を説明する姿や祖母や母の質問相談真摯に答える姿は、金銭の授受によって成立し提供されている一種の「サービスであることを一切感じさせず、その清い心の底から自分達に同情と共感を向けてくれているように思えた。自分はここで初めて本当の意味での宗教存在意義見出したのかもしれない。ミッション系の大学に通っているので、講義宗教必要性重要さ(キリスト教に関わらず)は訥々と説かれていたはずなのだが、懐疑的なところもあった。しかし、渡された戒名を眺めながら言った「これでじいちゃんもきっと向こうで喜んでるね」という祖母のありきたりのようにも思える台詞は、その疑念を実感を伴って払拭するような体験としては十分だった。

そして放送祖父名前が呼ばれ時が来たことを知らせた。その時自分は緊張していた。それはある叔父言葉きっかけだった。「じゃあお前たち、骨を拾うのも初めてってことだな」。それは自分達姉弟が葬儀に出席するのが初めてという話題に端を発し知らせられた衝撃の事実自分にとっては)だった。その時は、骨は焼かれた後は影も形もないほど粉々になり、そのまま骨壷へ収められていくものだと勝手勘違いしていていたので、まさか形が残っている骨を自らの手で拾わなくてはいけないとは夢にも思っていなかった。「あんまり形が残ってたらやだなあ……」などと考えながらいよいよ先程の炉の前に着いた。炉が開き、台車ゆっくりとこちらに向かってくる。その台車の上には軽石のような、なにか鉱石のようにも見える白い物体が載っていた。半ば逸らしていた目を向けよく見てみると、たしかに人の骨格をうっすらと思い起こさせる形をしていた。初めて人骨を目にしたが思ったより衝撃はなかった。二人一組になっていよいよ骨を拾い骨壷に入れる。自分の番になり、姉と一緒に恐る恐る遺骨を長い鉄製の箸でつかみ骨壷に入れた。一斉に骨を離した瞬間、骨壷のなかから乾いた音がした。もちろん骨はいくつもあるので、残りは火葬場の職員が手慣れた手つきで骨壷に収めていく。その時に「こちらは大腿骨です」とか骨の部位をいちいち説明してくるのだが、「そんなん言われても『へえ、これが大腿骨なんだ! 』以外どう思えっちゅうねん」と心のなかでツッコミを入れていたところ、母が「こんなに丈夫そうで、骨格は立派だったんだね」などと言い出し祖母もそれに同調し、「まさかこんな形で故人を偲ぶイベント葬式にあるとは……」と少し興味深く感じてしまった。その後も骨は骨壷に収められ着々と骨壷の中身はかさを増していくのだが、途中で「どう考えても骨が骨壷に収まりきらないぞ……」とその場に居た皆が感づき始めた頃、不意に、「このままでは収まりきらないのでお骨を少し砕きますね」という声がかかった。その刹那、その職員は箸でバリバリと骨を砕き始めた。それはもう容赦なくだった。粉になった遺骨をさらさらと骨壷に収めていくぐらいだろうと考えていた自分にとっては、かなり印象的な光景になった。一緒に骨を入れた姉と終わった後に「あんなにバリバリ砕くとはねえ~」と少し笑いあった。式を終えた帰りの車内で骨壷を抱えながら「お父さんもこんな中に収まっちゃった」という祖母の気が抜けたような言葉には、何とも言えない寂寥の念を感じさせた。

なんだかんだ書いてきたけど、結局人が身近な人の死をどう認識して受け入れていくのか、そのプロセスのために何が必要なのか、とかそういったことが伝統的な儀式の中には組み込まれてるんだな、という当たり前のことを認識させられた。戒名とかそのために何万も金払うのとか無駄だろwとか思ってなくもなかったけど、単なる損得勘定では考えられないこともあるということも分かった。そして終わってみるといろんなことを学んだ気がした。どうでもいいけど遺骨はさらさらの粉になって出てくるって勘違い、小さい子供が魚は切り身で海を泳いでると思う勘違いと似てるなって思った。ほんとにどうでもいいな。おわり。

2016-11-15

じーちゃんが死んだ

大好きなじーちゃんが死んだ。

息を引き取ったのは先週だったけど、葬儀場の予約が取れなくて、結局今週末まで自宅で安置する事になってる。

ばーちゃんが認知症ってこともあって、同居してるおじさんもずっと見てられないってことで、孫の俺が泊まり込みで世話してる。

認知症っていっても、徘徊するとかそういうレベルではなく、数分前、数時間前、数日前の記憶が全くなくなる程度のものだけど、

一般的に言う老人の"ボケ"よりは、相当深刻な状況。

葬儀に使う写真やら、毎日来る親戚への対応やら、戒名やら、墓地やら、事務的な準備でおじさんのサポートをしている。

私の母はもともとヒステリー持ち?というかADHDぎみの所があり、ここ数年は伯父と認知症祖母と3人で揉めていた。

冷静に話しをまとめられるのは私だけだということで、毎回仲裁役というか、方針決定や意思決定をしているのだけれども、

今回もその仲裁役として、孫である私が毎日世話することとなっている。

父親は長くから海外勤務で別居状態10年以上続いているため、サポートは期待できない。

母が葬式の準備や認知症祖母対処で、伯父、祖母で怒鳴りあいになるたび、仲裁してたのだが、今日、遂に私が切れてしまった。

これまでの母親への不満が限界を超えてしまった。

20代後半にもなって、泣きながら、取り乱してしまった。

もちろん母親ヒステリー拍車をかける結果になり、いい歳して母親に頭をグーパンで殴られてしまった。

伯父の仲裁もあり、落ち着いて皆で話し合ったが、相変わらずばーちゃんは意味のわからないことを言っているし、

母親は、私は何も悪くない。私は何もできない人間なのに家族であるお前が優しくしてくれないのは酷い という主張。

まぁこれは、生まれからずーっと言われてたことなんだけど。

落ち着いたあと、思ってること話せって言われたから、

母がヒステリー起こすと、私が幼い頃母が包丁を持ち出した事が思い出されて、辛いと伝えた。そしたら、

だって受験期のお前に殴られた事あるから、それでチャラにしろと言い返された。

うーん、反抗期の子供の態度と、小学校低学年生に包丁持ち出すのって、イーブンなのかなーとか思ったけど、言い返せなかった。

明日も来るのかと聞かれ、

じーちゃんの為だけにも、俺は投げ出さな

と呟いたら、

私の為ではないの?と泣く始末。

もう理解不能

仕事も行けず、俺もストレスがたまってきてしまっていて、なんか書き出さないと落ち着けいから書いてみた。

読み返してみたけど、結局は、大変だったんだねって言って欲しいかまってちゃん丸出しだし、自分クソだなってなってる。

母親母親で辛いはずなのに、それをカバーしてあげなきゃいけないんだろうなーとか思ったりするけど、

なかなか、難しい。

野菜運動瞑想解決するかな。

今日は一旦帰宅することになったけど、明日もばーちゃんの面倒で揉めるだろうし、事務仕事残ってるし、

母親に、逃げ出したと言われるのが嫌だしなー

2016-08-19

Amazonの「お坊さん便」騒動を見てマルクス主義者が思うこと

Amazonの「お坊さん便」の話(http://www.j-cast.com/2016/03/08260753.html)が面白い

寺や僧侶が自ら読経戒名を「商品」にしてしまったことで、本来自由競争原理の働かない宗教界自由競争原理が持ち込まれしまったってことだよね?これ。

気付いてないだけでこういう「商品」になってしまっているモノ・サービスってたくさんあるんだろうな。こういうのを見つけられる嗅覚資本家必要ものなんだろうな。

2016-03-31

お坊さんをお呼びした家族葬(D.I.Y.葬)が総額42,360円で完璧に出来たお話

平成283月14日特別養護老人ホームに入所していた認知症の叔母さん(父方)が亡くなりました。齢90歳。

叔母さんからみて、兄の子である私がひとりでこの叔母に関する全てを執り行ない、総額42,360円の支出のみで完璧に満足のできる葬儀が出来ました。

本日様々な手続きを含めて全てが終わったので記録として書いておきます

しかすると家族葬費用をかけずに行いたい方には参考となるかも(?)しれません。

家族構成

私の実家富山県

隣接した岐阜県に私は現在居住しています(実家には車で高速道を使って約2時間30分の距離)。

富山県実家には現在私の母親がひとり暮らし

父は数年前に他界しています祖父母も他界

老人ホームに居たのは私の父の妹で、結婚はしていましたが旦那は既に他界子供は居ませんでした。

旦那の両親も兄弟他界して、その旦那兄弟には子供が居る模様(不明)。

叔母の兄弟は3人。上から順に姉(他界)、私の父(他界)、叔母。他界した姉さんには女1人と男4人の子供がいます。叔母さんから見て、その5人は私と同じく姪とか甥にあたるわけですが、今も健在。 姪とか甥は全部で6人居てそのうち1人が私というわけです(私が最年少)。

叔母は旦那他界後に体調を崩して富山県内の老人ホームに入所しましたが、その時に保証人となっていたのが私の父でした。

父の他界後は母が時々面会に行っていましたが、母は高齢運転免許もないので、私が父の後を引き継ぐ形で叔母の保証人になっていました。

入所後は月に1回くらい母と私で施設に面会に行く程度。従兄弟や友人が面会に来たという話は施設職員の方に聞いてもほぼ皆無。

そんな叔母さんが「食事を充分に摂れなくなった」と施設から連絡を受けたのが今月の初め。

施設に行くと、「食事自分で摂れなくなったので"胃ろう"にしますか?それとも"点滴処置"を希望されますか?またはこのまま看取り介護に移行しますか?」と選択を迫られることに。

"胃ろう"なんて造っちゃったらまた数年生存してしまうかもしれません。それで元気になるのであればいいのですけど、既に認知症悪化していて先はありません。点滴したとしても数週間生存が延びるだけです。施設の順番待ちの方も沢山いますし、これ以上税金が叔母さんに使われるのはかなり躊躇われます

「看取り介護にしてください」と、迷わず伝えました。この時点で全て自分責任判断で進めることにします。

さて、ここで叔母さんの余命はあと2週間程度であろうと推測。そうなると近いうちに葬儀の準備が必要となります

以前私の父が亡くなったときには普通に葬儀を行いましたので150万円ほどかかりましたが、叔母さんは長く施設に入っていましたし、面会者も私と母以外に全くいませんでしたか家族葬で充分です。なお、叔母さんは認知症でありながらも面会毎に「私が死んでも葬式は要らないからね」といつも言っていたのですけども。

まずはネット検索してみます業者を使うと直葬(火葬のみ)で10.8万円とかのプランもありましたが、叔母さんが以前から檀家であるお寺が存在していることを聞いていましたし、せめてそちらのお坊さんにお経だけは読んでもらおうと考えました。

(激安のプランって結局「霊安室レンタル時間料金」とか、「搬送10km以内でそれ以上は激割り増し料金」だとか、「エンゼルケアは完全別料金」とかどんどん高額にならざるを得ないシステムなので要注意です)

次にネット検索で棺を購入します。直葬セット6点セット(棺(折りたたみ式)、白布団、仏衣、骨壷6寸、骨箱、顔あて布)というものが送料込み27,600円。早速注文して実家に送ってもらいました。amazonでも18,000円とかで棺が売っていましたが(笑)実家に大きな棺をそのまま何日も置いておくのも嫌でしたのでそちらの折りたたみ式のものを選択。

その後は私も普通に職場仕事をしていましたが、「叔母さんが亡くなったら自分喪主となる予定ですのでその時はすぐに休暇ください!」と職場ではアピールをしておきました。

そして、3月14日17時すぎ、施設から「亡くなられました」と電話がかかってきました。私のスイッチが入ります

すぐに実家近くのレンタカー屋さんに電話し、ハイエースバンを予約。死亡から24時間火葬することが出来ないため、その翌日17時ではすでに火葬場は時間外となります。ですので、火葬さらに次の日になるはずだと判断して48時間借りることにしました。

車で帰宅途中にレンタカー屋さんに直行実家に帰ったときはすでに21時を廻っていました。

借りたハイエースバンに届いていた棺一式を載せ、母と一緒に老人ホームに向かいます

ところで、以前父が亡くなったとき家族の前で葬儀屋さんが身体を拭いたり仏衣を着せたりするのを私は見ていたのですが、当時その行為ものすごく違和感を感じていましたので、次に自分が執り行う葬儀場合は全部自分ひとりでエンゼルケア(死後の処置・湯灌)や納棺を行おうと心に決めていました。

22時頃に施設に到着。職員の方に「私がエンゼルケアしますので部屋は私一人にしてください!」と宣言し、「葬儀屋さんは呼ばれないのですかっ?!」と職員さんに驚かれつつ、エンゼルケア中は母にも外で待機してもらいます

叔母さんはずっと食べていなかったので排泄物ほとんどないはず。身体を拭き、準備しておいた紙おむつを履かせました。あとは購入した白装束を着せて手を組み、数珠を持たせます

お化粧もしてあげました。アイラインを引き、チークを入れてリップも塗ります

叔母さん、とても可愛くなりました。お化粧なんて施設入所してからしていないもんね。

亡くなってはいますが、ちゃんとお話をしながらお世話出来たことが私にはとても満足でした。

痩せて小さな方なのでなんとかお姫様抱っこで棺に収めます。「終わりました!」施設職員の方々に手伝ってもらい、棺をハイエースバンに載せます。法的には死亡診断書があれば車に載せたままどこに移動してもOK。

荷物は後日取りに行くことを伝えて実家帰宅ホントは棺を一時家に入れてあげたいところですが、私一人の力で棺を移動させることは到底無理なので、そのまま毛布を棺に被せてハイエースバンを霊安室の代わりとさせてもらいます(汗)。

寒い時期だからよかったのですが、夏だったらドライアイスの購入が必要ですね。

翌日、朝一で市役所に行って死亡届を提出し、火葬許可証を発行してもらいます。次の日の午前10時に火葬予約が取れました。

早速、叔母さん本人が檀家だというお寺に行って、お坊さんにお経を読んで頂くためのお願いをします。

「叔母さんが昨日亡くなられました。明日10から火葬します。お骨になったら都合のいい日にこちらのお寺に持ってきますので、その時にお経を読んでいただくことは出来ますか?大変失礼かもしれませんが、お布施予算は3万円です!」

あらかじめお布施予算をお坊さんに宣言してしまう私も私だと思いますけども、どこまでやってもらえるのかが全く解りませんし、あとで揉めないためにも仕方がありません。

住職のお坊さん、その唐突なお願いと内容に大変驚き、しばらく唸って考えていましたが、「わかりました。それでは、明日直接火葬場に出向きますので、お葬式としてのお経をそこで読ませて頂きます。お骨になったら、骨壺を持ってもう一度お寺に来てください。」と提案していただきました。

これでお坊さんの手配ができました。本来、枕お経(?)と言って火葬前にお経を読むこともあるようですが、お葬式としてそこで読むのは初めてとのこと。

ここまでで、この日に行う調整は全て終了です。老人ホーム挨拶に行くと、施設長さん(高齢女性です)が応接室に通してくれました。

昨日からお話をしたところこれまた大変驚かれ、「私もそうやって家族にやってもらいたいわ!」と感動されました。何でも、今の人達は全部業者(要は他人ってことです)にお金を払ってやってもらうのが普通で、「昔はそういうことは全部家族でやったのよ・・」と全てお金で解決して他人事のように進めてしまう現状を嘆いていらっしゃったのが凄く印象的でした。

帰宅して翌日の葬儀のための喪服を母と準備。ここで叔母さんは亡くなってから2日目ですけども、ハイエースバン霊安室にはあと1晩活躍してもらうことにします(汗)。

翌日、母と一緒に棺を載せたハイエースバンで火葬場に行きます寒い時期なので、ドライアイスがなくとも車内に全く臭いしませんでした。

火葬場の玄関に車を横付けし、火葬場の職員さんを見つけて「棺を降ろすのを手伝って頂けますか?」とお願いします。職員さん、承諾はしていただいたものの、何か怪訝な表情。

葬儀業者の方?」と聞かれて「いいえ。家族です。自分で持ち込みました」と言ったところまた大層驚かれて「経験があるのですか?」「いえ、全くありません。何事も初めてですから教えてください」と答えるとさらに周囲の職員皆驚いている様子(←なぜそこまで毎回毎回皆さん驚くのか未だに全く解っていない私)。

そういうやりとりをしているうちに、お坊さんが15分前に到着。棺の前でお葬式(告別式)としてのお経を読んで頂きました。お経がめちゃ早口です(笑)。内容はわかりませんけど、それなりのお経だったのだと思います10時ピッタリに読経終了。さすがプロですね。

火葬が終了するのは11時50分とのことだったので、それまでの時間を利用して、棺を降ろして空になったハイエースバンで老人ホームに向かい、残っていた荷物を引き取りに行きました。

お礼やら挨拶をして11時30分に火葬場に戻ると、職員さんが既に玄関先で待っていて「もう終わりましたので収骨に来てください」とのこと。

収骨は別室で行なわれます通販で購入した6寸の骨壺は全骨収骨にはピッタリの大きさでした。骨箱に壺を収めてお寺に向かいます

お寺に着くと、そのまま壇上に上げてお経を読んで頂きました。15分くらいでしょうか。檀家ってことで、壺に戒名?を書いて頂き、そのままお骨は預かってもらうことになりました。もしも拒否されたら散骨でもしようかと考えていましたけども。

「これで全部終わりました」とお茶を出されて母と一緒に一安心。(お坊さんが関わったのは車での移動を含めて約1時間程度)

住職に「今までこのような葬式をされたことはありますか?」と聞いてみると、「以前1回だけ、身よりの無い人に対してお経だけというのはしたことがありますが、こういうのは初めてです」とのこと。うん、そうなのですね。よほど珍しいのですね・・、まあいっか。

お約束どおり3万円の入ったお布施の袋を渡し、お礼を言って今度は近くのリサイクルショップに先ほど施設から回収した大量の衣服キャビネット家具等の荷物を持ち込みます。「全部置いて行きますが、お金要りませんので処分もいいでしょうか?」との条件で交渉成立。

そのまま帰りにレンタカー屋さんに寄ってハイエースバンを返却。母と歩いて実家に帰ります。途中でお昼ご飯。

さて、火葬手続きで前日に市役所に行ったとき年金手帳国民健康保険証等の返却等は除籍謄本が出来る1週間後でないと事務処理は無理だと聞いていましたので、私はここで一旦仕事のために岐阜の自宅に戻ります

葬儀を執り行った連絡を先の5人の従兄弟に通知します。以下の内容でハガキを送付しました。

……………………………………………………………………………………………

叔母 ○○ ○○儀 かねてから特別養護老人ホームにて療養中でございましたが

去る平成二十八年三月十四日に永眠いたしました

ここに謹んでご通知申し上げます

葬儀におきましては 故人の生前意志により 誠に勝手ながら家族のみにて執り行いました

本来ならば早速申し上げるべき処でございましたが ご通知が遅れましたことを お赦しください

生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げ 失礼ながら 書中をもってお知らせ申しあげます

平成二十八年三月十八日

〒○○ ○○-○○

○○ ○○

喪主 ○○ ○○

……………………………………………………………………………………………

一週間後、休暇をとって実家に戻り、市役所年金事務所に行きます。この年金手続きを行うため、あらかじめ私の居住地自分住民票(家族全員)、戸籍抄本を取得しておきます(これがないと叔母との関係証明できない)。

また、生計一関係に関する申立書(遺族年金・未支給・一時金)※配偶者・子以外が請求するとき っていう書式が必要となります。直系家族ではないので、関係があったということを第3者が証明するためです。理由は「毎月面会して日用品などを援助していました」とかでいいみたい。証明には老人ホーム施設長さんの名前と印が必要だったので、FAXしてあらかじめ返送をお願いしておきました。

市役所で取得するのが叔母の住民票の除票、叔母の除籍謄本、私の父の除籍謄本返還するのが叔母の後期高齢者医療被保険者証(国民健康保険証)。これを返すと葬儀費用として3万円が支給されますので、棺とレンタカー領収証を提出します。あとは介護保険保険証障害者手帳印鑑登録証なども返却。自分預金口座を通知します。

次いで年金事務所に行き、叔母の住民票の除票、叔母の除籍謄本、父の除籍謄本、私の住民票(全員)、私の戸籍抄本と準備しておいた生計一関係に関する申立書を提出。これだけ揃わないと、叔母との関係証明できないとのこと(謄本等に祖父母の名前が書いてあることで関係確認)。ここでも自分預金口座を通知します。

叔母が亡くなるまでの1ヶ月程度の年金支給されるのですが、凍結されてしまった叔母の口座では入金できないため、私の預金口座にしないといけないのです。

ちなみに、こんなこともあるだろうと以前叔母の口座はネットから操作できるようにしておいたので、残っていたわずかな預金は凍結前に私の口座に振り替え済みなのでした(笑)

これで叔母さんの葬儀と様々な手続き全てが終了しました。実際に私が動いたのは亡くなった日の夕方から葬儀終了までの2.5日間の間と、1週間後に市役所等の手続きに使った1日間の計3.5日間のみ。

葬儀費用

直葬セット6点セット 27,600円

お坊さん葬式お布施 30.000円

レンタカー(ハイエースバン)48時間 14,500円

葬儀を行った旨の親戚への通知はがき代 52×5=260円

合計 72,360円、市から葬儀費用30.000円が支給されるので、

葬儀支出費用は 42,360円 ←後日支払われる日割りの年金支給分で完全に相殺される予定

お疲れ様、お母さん、そして自分

そして最後に 叔母さんのご冥福を心からお祈りして終了させていただきます

合掌

2016-03-26

年寄りが死にやす環境を整えよう

最近年寄りが増えすぎて若者に回る金が減っており、日本未来がどんどん塞がっていく閉塞モードになっている

ここは姨捨山で社会フレッシュさを保っていた日本のうるわしい伝統にたちかえり、年寄りが楽に死ねるように環境を整えなければならない

1 年金支給開始は人口比で決める

 年齢で開始を決めると現在のように猫も杓子も長生きするようになったら増える一方だ。しかもその対策支給開始年齢をちょっとづつわけのわからない基準でズラしたりすることになる。支給目前で先延ばしされると当の老人にも不公平感がつのってしまう。そこで国勢調査人口比で上からパーセントになるように支給開始年齢を決定する。支給する老人の数が減れば現役世代が支払う年金の額も小さくなり、年金納付もはかどる。

2 老人医療費若者の倍にする

 老人医療費無料にするから老人が病院に押し寄せ、長生きしてしまう。さすがに問題になり老人から医療費をとるようになったが、一割とかでは手ぬるい。一気に六割負担にし、病院に行きにくくすれば、老人の数も事故病気で減りやすくなる。老人医療費が減れば、現役世代が支払う国保料も安くなる。

3 安楽死解禁

 それでも医療の発達でなかなか死ねない老人もいるだろう。ピンピンして長生きならうれしいが、寝たきりで長生きしトイレ風呂も人の手を借りねばならないのは生き恥晒すようなものだ。そこで安楽死を解禁する。といっても毒薬をつかって殺す手段を整備するのはあまりよろしくない。昔は寝たきりになった老人はしばらく放置しておけば勝手に死んでいた。これをシステマティックにしよう。寝たきりになった老人が安楽死を選択すると、即身仏ホームに送られる。即身仏ホームでは段階的に食事を減らし、断食に持っていき、気持ちよく餓死できるようにする。即身仏ホームで死んだ人は、宗派によってはい戒名をもらえる。

2016-01-05

お布施馴れ合い、その果てに坊主

「好きなバンドにお金を落とそう!」という風潮が苦手 - サササササーカス・ディディディディディスコ

上記記事を読んで、そういえば…と思い出したことがあるんで書いておく。

別にお寺とお布施とか戒名高すぎィ!みたいな話は出てこない。申し訳ない)

「好きなバンドのためにお金を使おう」といって、ファンならなんでもかんでも買うような同調圧力はどうなの? という話だと理解している。

基本的に私は、その趣旨に同感の立場であり、音楽だけではなくあらゆるサブカルチャーに共通の問題だと感じている。

もちろん、その人の金の使い方は自由である

「好きなもの継続してほしいから金を出すんだ」というスタンスが間違っているとも決して思わないし、

実際そういうお金の使い方をするファンのおかげで生き延びている作り手やコンテンツはいくらもあるだろう。

しかし、そういった「お布施」的な金の使い方の先に、「作り手と消費者馴れ合い」があり、

さらにその先に待っているのは、なつかしの「男性との交際が発覚し、丸坊主になって動画をアップしたアイドル」の姿ではないかと思っている。

上記記事の裏返しにあるのは、

「そのモノ(音源、グッズ)の魅力如何にかかわらず、その人(作り手)のためにお金を支払う」という態度だ。

これは、たとえば「推しアイドル選挙で上位に上らせるため、同じCDを何枚も購入する」という、一時期盛んに喧伝されたAKBファンの姿と重なる。

同じシングルを何枚も購入するというのは当然、そのモノの価値のためではなく、その先にある人のためである

作り手が、「消費者はこのモノにお金を払うのではない。この人のためにお金を払うのだ」と思った瞬間、

そこにはモノをすっとばした「私のこと好きだったら、払ってくれるよね?」「もちろん君のことが好きだもん、払うよ」の馴れ合い関係が生まれるのではないか。

その、「作り手と消費者馴れ合い」が最悪の形で出たのが、例の「AKBの一人がスキャンダル→丸坊主謝罪」だったと思っている。

あの時は随分騒がれたが、いちばん唖然としたのは、あのあとの秋元康言葉だった。

曰く、「AKB恋愛禁止条例なんてものはない」。

文化して「恋愛をしないこと」と定めた規約はない、のだという(実際には契約書があったとかなかったとか言う話もあるが、ともかく秋元康自身はそういっている)。

しかしながら、AKBアイドルたちは恋愛が発覚すると、脱退したり、他グループに「左遷」されたり、研究生に「降格」されたりしている。

そしてそれを、消費者も、アイドルたち自身も、当然の事態として受け止めている。

消費者たちはCDという「モノ」に対してお金を支払っていない。

まったく同じたくさんのCDという「モノ」には、支払ったお金分の価値を感じていないのだから、それ以外の「対価」を求める。

その対価こそが、「俺たちのために彼女は『普通女性』ではなく『アイドル』でいてくれる」「彼女処女であり特定の男と恋愛などしない」というものだ。

私は、アイドルファンが、アイドル恋人がいてほしくないと願うことを否定しない。

「誰にでもあって当然の感情」ではないが、「そうなってもおかしくない感情であるとは思う。

からスキャンダルがあったからファンをやめる」のも、アイドル側が「商売的な戦略として恋人がいない体裁を繕う」のも否定しない。

だがしかし、金を出したからといって、消費者が「私生活においても恋愛しちゃいけませんと言える権」を買えるか、

といったら、それは、絶対に、まちがっていると思う。

そんな商取引は成立しようがないし成立してはならない。ただの責任を薄めた人身売買だ。

だが、AKBに関しては、その商売が成立しているかのような錯覚を、消費者にもアイドルたち自身にも与えていた。

その対価を提供できなくなった者=スキャンダルのあった者に、「左遷」「降格」「脱退」といった実際的処分を与えることによって。

これこそが、消費者と作り手の「馴れ合い」が行き着く、最悪の形だ。

作り手は消費者が求める「本当の対価」を知っていた。

そして、CDお金を払っている形式をとりながら、それ以外の――本来ならば差し出してはならない――対価を、暗黙裡に差し出していたのだ。

モノにお金を払ってもらうことを放棄し、人にお金を払ってもらう結果、その人の自由私生活主体性差し出すしかなくなったのだ。


そして、「お金を受け取るだけの対価」を失ったアイドルは自ら丸坊主になった。

彼女ライブをこなし、CDで歌っているだけでは、お金をもらえない。

なぜならそのお金は、モノに対しては支払われていないから

彼女が恐れたのは、ファンが減って選挙順位が下がって、という、正当な資本主義的淘汰ではない。

もっと根本的に、AKBであることとは私生活を対価として差し出すことであり、

それを怠ったことが発覚したら、AKBの一員としてやっていく資格を持たない。そう、彼女自身が考えたゆえの事件ではなかったか


「モノ」ではなく「コンテンツを生み出す人」にお金を支払うというのは一見理想的な消費行動だ。

アイドルも、消費者が先に言ったような「対価」を求めるのでなく、アイドルと言う「夢」に対してお金を支払うのなら、彼女坊主にならずにすんだだろう。

「俺たちが支えている」「俺たちの金こそが彼女のためになる」という幻想

しかし、実際には、消費者たちは「夢」だけでは満足せずに「対価」を求める。

それは、「処女であれ」という狭い願いから言い換えるならば、

「(金を出した自分の)理想どおりであれ」と求める権利である

わたしの、理想どおりの存在であってくれ。理想どおりの作品を作ってくれ。

そして、金を出して支えてきたわたしには、「それを求める正当な権利がある」……という、幻想

それが幻想ですめばいいのだが、AKBの例のように、作り手の側がその求められる「対価(=消費者にとっての理想)」を鋭敏に察知し、積極的提供しようとしたならば。

そのとき、「馴れ合い」はたちまち対価という名の鎖になって、作り手を縛るだろう。丸坊主になったアイドルのように。

そして、ファンに対して真面目で真摯な作り手ほど、その傾向は高くなる、…かも、しれない。

対価のための「消費者理想」ばかりが追い求められ、「作り手の主体性」は死んでゆくんじゃないだろうか。

勿論、すべての人が、「それ以外の対価を求める」といういわば暗黒面に落ちるとは思っていない。

いないけれど、事実として、あの事件はその道の果てにあるのではないかと私は危惧している。

2015-12-24

夫婦別姓にまつわる質問

  1. 家系」はどうなるのか

例えば勅使河原さんの末裔が全員女性で、勅使河原姓のまま嫁入りするケース、相手の姓に苗字を変えるケース、何か変わる?

  1. 「墓」はどうなる?

たぶん現代式だとそういうケースがすでに散見されてるとは思うんだけど、よくわからない。

左右に苗字を並べるとしてどちらが左になる?上下に並べるとして、どちらが上になる?そもそも仏教の習わしからしてそういうのは認められていない?苗字の違いで戒名が変わる?

2015-03-30

http://anond.hatelabo.jp/20150330104011

葬式は本当にお金かかるね・・・

因習と生きてる者のエゴや体裁なのかな・・・

うちの父が死んだときは、

都内で近所の寺の墓買って墓石と込みで500万くらい

戒名と式で寺にはさらに150万くらい(院号から200万くらいしたかも)

あと葬儀屋には100万くらい

で、900万くらいつかった

在職中で会社役員から香典が数百万くらいあったから、赤字にはならずに済んだけど、

定年退職してたらあんなにはできなかったかもしれない

2015-01-02

http://anond.hatelabo.jp/20150102224029

外国仏教には葬儀法要檀家戒名がありません。

んじゃ諸外国仏教徒はどうやって葬式すんの?

葬式無いわけじゃないだろ?

お寺と神社の違いについて100字以内で一番上手に説明できた奴が優勝

今日おみくじを買うために神社に行ってきたんですが、

おみくじを買う場所がわからずすごすご帰って来ました。明日リベンジします。

とりあえず基本情報はこの通り。

これを踏まえて、100字以内で説明してくれ。次から実際に使うわ。

お寺=仏尊像を安置し、仏教の教えを説く僧侶の住むところ

お寺には、僧侶・尼さん・住職などがいて、御本尊として仏様が安置されています

神社では参拝時に御神体を拝み見ることが出来ませんが、寺院では御本尊を拝み見てお祈りを捧げることが出来ます

本尊は、金堂に安置されており、お祈りを捧げる礼堂と同じ建物内に一体化して存在している為、神社よりもお寺の方が、御本尊(or仏様)をより近く感じることができる

ちなみですが、諸外国仏教には葬儀法要檀家戒名がありません。

神社日本神様の御魂を祀るところ

神社起源は「磐座」や神の住む場所とされる「禁足地」などで行われた祝事典で臨時に建てた「神籬」などの祭壇が起源と言われており、元々は常設された建物ではありませんでした。

神社神道に属しており、日本神様が祀られています

神道には大勢神様が居りますので、様々な名前で呼ばれます。その中でも、特に大規模な神社神宮大社と呼ばれます

神社の入口には必ず鳥居がありますが、なぜ鳥居神社だけに建てられているかをご説明しますと、神社には、神が降りてくる神域があります。神域に降りた神様と、人が住む世界とを区別し、お互いの存在を分かち合いながら住み分ける為に鳥居を建てた。

外国起源とするお寺と違い、神社起源日本ですし、仏教より歴史が長く日本だけの宗教とされている点も大きな違いの一つです


葬式仏教について

釈迦は、死の直前に弟子のアーナンダの「釈迦の死に際してわれわれはどうしたらよいか」との問いに、「お前たち(出家僧侶)は葬儀にかかずらうな。葬儀のことは在家僧侶ではない)の人たちに任せて、お前たちは修行に専念せよ」と言った。

しか釈迦は当時のインドの数多くの宗教と同じように輪廻から解脱を求めて修行し、会得した考えを人々に教えようとしましたが、釈迦の軸足はあくまでも出家者に置かれ、まだ人々を救う宗教としての内容と体裁を完備したものではありませんでした。 後に仏教宗教として人々の間に定着し、内容・体裁ともに発展してくると、人を死の恐怖から救う宗教として、葬儀にかかわることは当然の成り行きです。いわば需要供給もあって成り立った

http://www.kazokuso.net/%E5%AE%B6%E6%97%8F%E8%91%AC%E5%84%80%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E6%B7%B1%E3%81%84%E8%A9%B1/%E8%91%AC%E5%84%80-%E3%81%97%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AE%E7%94%B1%E6%9D%A5/%E8%91%AC%E5%BC%8F%E4%BB%8F%E6%95%99%E3%81%AE%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8A/

中国葬式について

中国では、昔は寺院や廟で死者の済度する法事がよく挙行されたが、いまは火葬場の脇にある「殯儀館」という斎場の中で行われる。

中国では葬式寺院依存しない。日本ほど厳密なルールもない。霊園も寺院とは独立して運営されることがよくある。その分、素直に感情を表す人が多い。

中国人からすると、日本中国などよりよほど「宗教」が強い国家である

2014-12-28

爺さんの葬儀をお手伝いした時のメモ

はてブで上がってたこのページを見て、俺も最近爺さんが亡くなった時に葬儀のお手伝いをしたので忘備録がてら書いてみる。

爺さんのスペック

通夜まで

お坊さんとの調整とお布施

  • お寺との調整は葬儀屋ではなくて喪主自身で行う
    • うちはもともとつながりがあるお坊さんにお願いしたが、いない場合葬儀屋に聞けば多分紹介してくれる
    • 四十九日法要や1周忌など、今後長いお付き合いになるので挨拶はしっかり行おう
  • お布施戒名 + お経を挙げてもらうの2点に対する費用(という言い方はちょっとアレだけどあえてこう書く)
    • 相場なんてあってないようなもんだけどお寺側と話し合って30万円になった。
    • 加えて会場までの交通費とお食事代を別に包む。確か2万円

費用

  • 見積書が出る前は多分150万円前後で収まるかとおもいきや結局180万ぐらいかかったらしい
  • 事前の見積が甘くなる箇所はお返しの費用
    • 1セット3,000円で50セット用意し、使わなかった分は返品可能
    • 30組ぐらい来ることを予想していたが結局全部捌けてしまった
    • 爺さんの生家近くの電気屋の人が来るとか予想外でしょ…
  • 見積が甘くなる箇所その2としては告別式後の精進落としでの飲み物費用
    • 会場にもよると思うがとにかく飲めや飲めやというペースで飲み物が出してくる
    • もちろん、来てくれた方への感謝のために会場側の対応は正しいとは思う。ケチるべきではない。

その他

  • お花はたくさんあったほうが華やかになる
    • そんなに提供は無いだろう…と思っていたが気がついたら結構な量の花を頂いた
    • 量が多くなるにつれその並び順をどうするかで親父がものすごい苦労していた
    • メンツだけを気にするクソ親戚がいるかどうかでここの心労度はかなり変わってくる
  • 家紋はお墓の写真を撮るなどして予め把握しておけ
    • 親も正しい形が思い出せず、通夜準備の忙しい中墓まで確認しに行ってしまった

2014-11-28

まさか郵便局年賀状の丸投げをウリにし始めるとは

郵便局マツコデラックスCM

年賀状作成郵便局に丸投げできて便利ですよって内容だけど、

これってもうコントオチとして使える位の、

いや、オチとしてもベタっていう位、現実としてはあり得ない設定だよな。

郵便局がそこを全面に出したら終わりだと思うけど。

これが成り立つ状況を無理やりにでも考えると、

「そんなことをあえて自分で言っちゃうシュールな遊び心と自虐性を

持つ位に郵便局革新的なんです。」

って感じになるけど(これはこれでかなりキモイ・・・)

そんな表現になってるとも思えない。

から、凄くモヤモヤするし、違和感が残る。

年賀状なんて、便利な代替手段がいくらでもある中で、

わざわざ紙で人の力を使って届けるという無駄さだけがウリなのに、

自ら丸投げ推奨なんて・・・

似たような違和感としては、

・お遍路代行します。

戒名のそれぞれの文字の料金を明朗会計します。

手相自分で描いてもOKです。

とかかな。

2014-06-02

http://anond.hatelabo.jp/20140602012233

親の罪悪感に付け入って戒名料を巻き上げた、この件に関わった僧侶は、

今なら「悪徳僧侶」ということになるのかも知れん。

単純に、たたるから水子供養しろ、とかいうなら「悪徳僧侶」ということだろうけど、この場合水子嬰児扱いに、というケース。

位の高い戒名貰うために

と書いたのには一応理由がある。

親御さんが嬰児として戒名貰ったというのは、もちろん人によって考え方は千差万別だが、何らかの思いがあったのではないか。

例えば、現世に生まれたら毎日子どもの世話が出来ただろうというのと同じように、墓参りなり何なりと好きなようにできるだろうとか。

水子の墓は先祖代々と分けちゃったりするので、ちゃんと先祖代々の墓にいれてやりたい)

あるいは、現世としては不遇な結末であり葬式も行えないが、来世ではそれなりに幸せになって貰えるようにと少しでも位の高い戒名を。

とにかく何らかの思いで、罪悪感や喪失感に対して行える方法の一つが嬰児扱いの戒名だったかもしれない。

年老いた母に今さらそんなことを尋ねて苦しめるつもりは毛頭ないが、

直接聞くのが嫌だけども気になるってことだろうか。

聞かないなら、上に挙げたような可能性を考えて、そうかもなというところで50%ぐらいの満足を得て欲しい。

聞くにしても、予備知識として留めおいた方がいいと思う。

ウン十年前の自分自身の考えであっても、今の自分から見て納得できない事なんて山ほどあるだろうし、

ましてや血が繋がってても他人、男と女経済状況や生活環境が違うとなると、真相を聞いて「ウンウンそのとーり」とはならんだろうから

また、苦しませるというマイナスな方向でなく、プラマイゼロなり、少しでもプラスに持って行きたいとすれば、

自分はこれこれこうで幸せだとか、少しぐらいそういう話の種は用意しておいて、

その時の思いが今に繋がっているんだという話の軸を意識しておいたらいいのではないかと思う。

3人きょうだいだが、他にも4人きょうだいがいた(追記の追記あり)

喜寿を過ぎて亡くなった父の法要準備中

ふと気になって実家仏壇過去帳をめくってみた。

母は仏壇の花が萎れてきたらスーパーの花で補充するぐらいには信心深いが、

オレは帰省中に母に頼まれたら水を変える程度、

それまで過去帳の中身には特に興味はなかった。

驚いた。

「◯◯家嬰児」と書かれた項が、年月日付きで4つもあった。

一人目は、兄と姉が生まれた間。

兄は間違いなく婚礼初夜で仕込まれ、姉の誕生日はその1年10ヶ月後。

オレは姉の二歳半下だが、オレが生まれる前に二人。

さらにオレが生まれた翌年に一人。

ウチの親、どんだけ妊娠やすいねん。

全部不慮の流産なのか、何人かは中絶なのか。

そういえば、父が医療ミスの影響で生死の境を彷徨っていた頃、

憔悴した母がポロッと口に出した。

「私が中絶なんかしたからこんなバチが当たるんや」


からは、かつて父は薄給暮らしが大変だったことを何度も聞かされたが、

きょうだい嬰児がいることは一度も聞いたことはなかった。

子供のころ一緒に初詣で「なにお祈りしたの?」と尋ねたら

家族みんなが健康でありますように」って。

戸籍に載っていない4人の子供たちにも思いを馳せていたのか。

年老いた母に今さらそんなことを尋ねて苦しめるつもりは毛頭ないが、

オレが生まれた翌年の妊娠を兄は覚えているかも知れないな。

母が亡くなって、仏壇をどうするかの話し合いになったとき

兄に何か知ってるか、聞いてしまうかもしれん。

http://anond.hatelabo.jp/20140601161827



追記

実家仏壇にある過去帳なので記憶に頼って書いてるが、

嬰児」と書いてあったように思う。

4件ともそれらしい戒名もあった。

出生届は提出されていないはず。戸籍に記載がないので。



追記の追記

嬰児」の使い方が間違ってる!とドヤ顔ブコメがやたらと目につくが、

「オレが生まれた前後に親が記したことを、オレがここに書いている」、

という文脈が読めてない輩が多いようだ。

オレも記憶に頼って書いているところはあるが、

少なくとも「水子」とは記されていなかったのは確かだし、

戸籍に記載がないのも間違いない。


戒名もちゃんとついているということは

id:gazi4 記憶違いだったらアレだけど、位の高い戒名を貰うために「嬰児」にする風習があったとかあったような気がする。

この辺りが真相ではないか。


親の罪悪感に付け入って戒名料を巻き上げた、この件に関わった僧侶は、

今なら「悪徳僧侶」ということになるのかも知れん。

2014-05-18

http://anond.hatelabo.jp/20140518114710

「お気持ちの分だけ」ってことは、払わん以上「気持ちゼロ」とみなされて当然ってことじゃねーか。

戒名、つーのは、師匠弟子に付ける名前なんだよ? 弟子になる気ゼロの奴に名前付けたら、それこそ変だと思わねーの?

2014-05-17

http://anond.hatelabo.jp/20140516223736

×戒名料を「ケチッたら」戒名を「禿にされた」

戒名料を「払わなかったら」戒名を「つけて貰えなかった」


結論:当たり前やろ

2014-05-16

じいさんの戒名料をけちったら「禿」にされた

なんど催促されても払わないでいたら、激怒した坊主がじいさんの戒名を「禿」にしやがった。

戒名なんぞありがたくもなんともないし、俺にとってはそれだけの話だったのだが。

その後俺の昔馴染みを中心に、「うちも『禿』でお願いします!」と頼むのが流行ったらしく、

結果としてその坊主は、戒名無料でお経を読んでくれる坊主として引っ張りだこになったとか。

今では前からあった3つのコースの他に、格安の「禿コース」というのがあるらしい。

2014-04-14

ネット上で有名なわりと良識的なお坊さんでさえ

葬式しないとあんさんらにとって都合の悪いことになりまっせ」

といった脅迫めいたこと語ってるのでマジで腐ってると思います

高い金を出して葬式をして戒名付けて墓に入れなきゃいけないというのが仏教の本義なんでしょうか。

「土着の風習や迷信との兼ね合いがありますから

「そういった風潮に逆らうと皆さんにとっても大変ですから

そういう言い訳はもういいので

積極的葬式だの戒名だのを廃止するよう動いたりとか

遺族とその親族トラブルになったらあいだに入るとか

そういうところで頑張るべきなんじゃないでしょうか。

2014-04-07

歴史で2つ、興味深い話を耳にした

戦国武将歴女

地元武将Sは有名俳優Tが演じていらい歴女ファンが多数付き、彼女たちは広範な資料を読んで独自のS像を展開している。

その同人誌には未発掘資料もあるが、図書館などには置かれたくないそうだ。

仲間うちの不文律らしい。

タコ部屋と封印

C半島の人がタコ部屋で働かされていた某砲台。

そこで死んだ人へ僧侶が気の毒がって戒名を付けた話、逃げ出した人をかくまい列車に乗せた話などが伝わっている。

どこにでもある戦中話だが、そこのあばら骨が浮いた労働者写真が出てきて地元歴史ファンが会報に乗せるか大議論。

昨今の隣国関係で、マスコミが押し寄せては困る、となり、封印されることになった。

歴史的事実が表に出るまでのプロセス歴史だった

後世には伝えられるのだろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん