「呪縛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 呪縛とは

2018-10-23

男らしさ女らしさの呪縛

くそうというのはわかる

でもなくすことで人間らしさに置き換えて一人の人間に男らしさ女らしさ同時に高いレベルで求めてくるのはやめろ

2018-10-20

anond:20181020141349

国の役目として、国民に対して政府しかできないデカサービス提供することと、国全体の金の量、金の回転を整え、景気を整える役割がある。

国がどんどん紙幣を作れば、紙幣価値がどんどん下がっていく。ものに対して紙幣の値段が下がるということは物の値段が上がる。これがインフレ

今日本はデフレ。それが故にインフレ気味にしたほうがいい。というので、金の量の増加をいう人間もいる、その一環で、政府紙幣を多く刷るとか、借金して景気を支えろという話になる。

けど、デフレインフレは加減問題なので、過度のインフレは良くない。よって、税金で回収しながらでないとならない。

国全体で、資金需要資金不足、借金)と供給資金余剰、貯蓄)は一致する。

端的に言うと、日本全体の貯蓄と、日本全体の借金は同額なんよ。

国が貨幣を作るということは、それはなにか国の財産を買ったり、公共事業をしたりして市中に出ていく。

なので、政府貨幣を作って何かを買うのと、国中から借金して何かを買うのはあまり変わらない。貨幣政府借金と言える。ただ、強引に金の量を増やせるかぐらいで。

物の値段が上がるのは、物の生産者に対して物の需要が大きい時に起きる。わかりやすい例を言えばレアチケットに対するヤフオクでの争奪戦

生産者に対して需要が大きいということは、生産者側としてもさら生産を増やせば売れるということ、儲かるということ。この状態では少しずつ物の値段が上がっていく状態

なので、軽いインフレ状態が良いと言われてる。

経済の規模は金の量×金の回転数でも表される。

金の回転数というのは、金を受け取って消費するか、金を借りてきて消費、設備投資住宅投資をするか。何らかの金を回す行為

金の回転数の指標となる貨幣流通速度は数十年間ひたすら低下していってる。

金の量×金の回転数なもので、金の量を紙幣を作って経済規模を伸ばすのも一つ。また、政府支出も金の回転数の一つではある。

一方何かの拍子で金の回転数が増加すれば、急激なインフレになる火種ともなってる。

一番問題なのは溜め込んで金の回転数を落とす富裕層企業。だけど、今経済政策として新自由主義ベースでやってる。

なお、1950−1980年台は、高累進課税や高い法人税で強引に税金でとっていた。ケインズ主義という。新自由主義は、それを批判して生まれた。

新自由主義国民生活に深入りせず自由にすれば良くなるという思想

だけど、金の回転数をあげるには彼らの行動を変えないとならない。この矛盾が故に、金の量を増やしたが金の回転数については自己矛盾を起こして身動きができなくなってる。

それから新自由主義財政均衡にしないとならないという呪縛にとらわれている。

けど、資金需要供給は一致するから企業借金しないのなら、家計の貯蓄分政府借金しないと不景気に落ち込む。

よって、バランス問題なので、景気を上げないとならないのは事実。鍵となるのは金の量と金の回転数。

だが、金の量をバカバカやすのは不安。かと言って金の回転数をどうやってあげたらいいか新自由主義の基では)わからん

から貨幣を新たに作るのは、とどのつまり政府借金するのとあんまり変わらないんだけど、金の量が増えるという副作用がある。突然急激なインフレになるのが怖いから金の量増やす一辺倒は嫌という感じでしょうか。

まあ、金の回転数にメスいれんとどうしようもない領域ではあるとは思う。

2018-10-18

「これって変じゃない?」にツッコミを!“女らしさ・男らしさ”の呪縛から子ども解放するために親ができること

https://woman-type.jp/wt/feature/13170

以前、息子が見つけてきて「これ、変だよね」と言った消防少年団ポスターには、男の子ホースを持って前面に立ち、女の子が後ろで救急箱を持って控えていました。男性はメインの業務や力仕事を担い、女性は補助的な仕事ケアワークを担うという思い込みは、いまだに根強く残っています

ものには適材適所っつーものがある。

消防という人の命がかかった場面で「単に外形的な数的平等のために」大きな水圧で暴れる重いホース女性にも持たせてさしあげる配慮をすべきかというと、私には疑問に思える。そういうときってホースは男が持ったほうがいいんじゃあるまいか体重や筋力が平均的に男女同等ならいくらでもホースを持ってもらえばよいが、そうではないだろう。

というか、消火作業ホース)も被災者の救護(救急箱)も、業務重要度はイーブンだろうと思う。ホースがメインで救急箱がサブというのは序列恣意的で、息子さんをよく調教されているようだけれど、男女平等にこだわりすぎて職業平等を教えることをどこかに置き忘れてしまっているのではないか

大学学園祭を訪れたとき男子学生がおそろいのピンクTシャツを着ている様子を見て、しみじみと時代は変わっているなと感じました。娘が一時期、ピンクなどのパステルカラーばかりを欲しがるので、親として複雑な気持ちになったものですが、今の大学生は「ピンク女の子の色」という意識さえ持っていない。偏見固定観念に縛られることなく、男性ピンクを着ることが当たり前と感じる世代が生まれているのです。

とにかくピンク女性の結びつきを断ち切りたくてしょうがないようす。

男子学生が揃いのピンクTシャツを着ていたからといって「男性ピンクを着ることが当たり前と感じる世代が生まれている」と判断するのはそそっかしすぎるだろう。学祭ということはサークルユニフォームだろうから、その色を個人個人が好きで着ているとは限らず、女子もいるサークル女子が決めたものをいやいや着させられているかもしれないのでは。

娘さんがパステルカラーを着たがることに「複雑な気持ちにな」るのは本当に親としてどうかと思う。娘さんが自由意志パステルカラーを好んでいるのかもしれないのに、それを「社会蔓延するステレオタイプに毒された結果」としか見られないのは、ひどい視野狭窄に思える。

子供選択の自由を奪い、感性自分の都合のいいように方向づけしようとしているという意味では「女の子からピンクを着なさい」と押し付ける親も「パステルカラーなんか好んじゃいけません」と教える親も大差ないだろう。

例えばドラマを観ていると、なぜか悪役は男性さらわれたり、狙われたりするのは女性ばかりです。我が家では、そんなステレオタイプドラマを見ると、息子が「また女の人が逃げてる!」と突っ込みます

現実犯罪者数は男性女性10であるのだから、人をさらったり狙ったりする役は男性のほうが自然だし、粗暴犯が力の弱い女性を狙うのも自然選択だし、そして、ここだいじだと思うんですけど、強者弱者を狙うからこそ「卑劣卑怯な手口」というプロットが成立するのであって、女が力づくで男をさらドラマなんかがあったらそれこそ「何かおかしい」どころではなく、噴飯ものでしょう!

そしてですね、いわゆる2時間ドラマでは犯人が女であることもとても多くて(断崖で泣きながら犯行動機を語る中山忍が好きだ)、現実との比較としてはむしろこっちほうこそ不自然で不平等に思えるのだけれど、それはOKということなのかしら。

例えばアメリカドラマでは、大統領CIAエージェントのような仕事女性が就いていることもめずらしくありません。最近ハリウッド映画では、コンピュータが得意な女の子が大活躍したり、男性の後ろに隠れずに、真っ向から敵と戦う女性ヒロインが登場したりしています

もー、そもそもドラマの配役をもってジェンダーステレオタイプうんぬんを語ることじたいがスカタンしか言いようがない。

エンタメに登場する女性は、その役柄がどれだけ威勢のいいものであろうと「画面の彩りやバランス」のために配置されていて、フェミニストであるならば本来そこにこそ疑問を感じるべきだと思うんだがそこは無視っていうね。フェミニスト旗手のように崇められているエマ・ワトソンにしたって、今の地位を築いたのはハーマイオニーグレンジャーという「冷静な優等生というジェンダーステレオタイプな役」がウケたからなのですよ。

男性の後ろに隠れずに、真っ向から敵と戦う女性ヒロインが登場したりしてい」ることをまるで近年のフェミニズムの手柄のように語っているけれど、ワンダーウーマンの例を引くまでもなく戦う女性を描いたエンタメはむかぁぁぁぁぁぁぁしからあるし、それは必ずしも実社会での女性地位の向上や男女平等意識の浸透を意味しているわけではない。女性でも「暴力」で敵と戦うのはスカッとするよねというだけの話で、現実ワンダーウーマンプリキュアのような立場を担わされたら大半の女性は「迷惑」と感じるのではあるまいか

これ以上くどくど書いてもしょうがいからまとめるけど、この治部れんげとかいう浅い浅いフェミニストは、言ってることのすべてが「表面的な数合わせだけの悪平等」の域を一歩も出ておらず、耳を傾けるに足る主張はない。それだけならまだいいのだけれど、この人、明らかに浅薄でズレた平等意識のもとでお子様の洗脳をなさっておいでで、まあこの人の子供がどんな人間に育とうと知ったこっちゃないのですが、ちょっと気の毒に思いましたまる

2018-10-08

早稲田呪縛

必死勉強してなんとか合格した憧れの早稲田大学

だが友達が出来ずサークルに馴染めず授業に出ないで引きこもり留年した。

それでも何とか中退は避けて卒業したが、結局友達は一人もできなかった。

先日用事があって母校に立ち寄ったが、輝いている(ように見える)現役生を前に心が暗くなった。

うっかり合格してしまったがために早稲田呪縛に囚われている。

2018-10-03

全ては手に入れられなかったけれど

僕はQUEENファンなのだが、I WANT IT ALLという曲が好きだった。この曲の、特にブライアンメイのソロの部分~Not a man for compromise and where’s and why’s and living lies~「妥協したり、場所理由のために生きたり、偽りの人生を生きるような男じゃない。だからこそ全てを賭けて何もかも手に入れてやる」・・・そういう歌に、当時15歳の僕はひどく感銘を受けた。何度もこの歌を繰り返し聞き、辞書の側面にこの歌詞を書き込んだ。そして人生に夢も希望目的意識も無い偏差値45の私立高校生だった僕は、人生目標として独学による早稲田大学合格を打ち立て、何を思ったか高校中退してしまった。校風が合わないこともあったが、自分を追い込み、それこそ全てを賭けるに相応しいと思ったのだ。しかし高い意識目標とは裏腹に自堕落受験生活。元々要領が悪く遅々として進まない独学に焦りを感じ、代ゼミ社会科目の単科でリズムをなんとか維持するも、現役は全落ちし、一浪の果てに偏差値50の私大法学部しか引っ掛かからなかった。しかし、(方法方向が間違っていても)それなりに努力していた僕の姿を見ていた父の言葉は優しかった。「もう1年やってみるか?」泣きながら自宅の窓から外を眺めていた僕はその優しい言葉にとても惹かれたが、自分学歴面のハンデや就職時年齢を考慮して、今後受験を続けては人生へのリスクが高すぎると判断し、コンプロマイズ(妥協)の道を選ぶことになる。偏差値50の私大へ進むよ、と答えた時、僕のI WANT IT ALLは終わり、僕の心は死んでしまった。

早稲田だろうと滑り止めだろうと、どの大学に入ったとしても、大学へ入った時点で偏差値呪縛やしがらみから解き放たれて大学生活を充実させるべきなのは間違いない。今では心からそう思うし、妥協して腐っている新入生には、偏差値呪縛から解放されて人生を楽しんで欲しい。しかし僕にはそれが出来なかった。話しかけてくれる数少ない人達好意を踏みにじり、常に孤独を選んだ。そして心が1度死んでしまうと、頭が何かを理解しようとすることを拒否してしまうのだ。高い教科書を何冊も買い読もうとしても、講義いくら受けても、言葉言葉の間に繋がりが見いだせず、混乱しか引き起こされなかった。次第に大学へは通わなくなり、1日のほとんどを自室から出ずに過ごすようになる。1度も大学へ行かないまま2年前期が終わったとき、僕は「ヨシ、もう死のう。友人もいない、勉強もできない、頭も死んでいるし、どうせ妥協した人生だ。僕の負けだ。もう死のう。」と思い立ち、同じ旨の遺書を書き置きし、身辺整理してから実家を出た。家族迷惑がかからないどこか遠くで自殺しようと、ひたすら電車を乗り継いだ。電車が止まれ路地公園で凍えながらうずくまり、朝になるとまたひたすら電車であてもなく遠くへと揺られた。九州へたどり着き死に場所を探していたときの事だ。ある駅のマクドナルドで座っていると、隣に明らかに知的障害のある若い男とその父が座った。その父は、食事をしている我が息子に愛しそうにカメラを向け、楽しそうに、笑顔写真を撮り出したのだ。その親子の姿に私は衝撃を受けてしまった。なんという父親の愛だろう。もし僕に障害のある息子が産まれたら、この父親の様に心の底から息子を愛せるだろうか。そこにあるのはただひたすらな無条件の愛だった。自分の両親顔が浮かび、次の瞬間僕の目からは涙が止めどなく流れ、いてもたってもいられずすぐに席を離れた。泣きながら公衆電話を探し、実家架電した。「今から帰るよ。ごめん。」と。自宅へ帰ると泥のように眠った後、今後のことについて話した時も父は優しく「もう大学は辞めるのか」と尋ねてきた。僕はもう迷わずこのまま通う事を選んだ。大成功けが人生では無い。あの親子のおかげでそれを本当の意味理解し、心の再生は近づいていた。大学では相変わらず孤独だったが、それからは全ての講義に欠席せず、聴講したのを録音して更に講義録を作り、試験対策も死に物狂いでやった結果、本当にスレスレで4年で卒業できた。留年が無く卒論必須ではない法学部からこそだったと思う。しか就職活動は完全に捨ててバイトサークル等もせず、卒業だけを目指していたので、卒業して無職になってからは、今後の人生方向性は定まらず、これにも困りきってしまった。なにしろ受験大学勉強だけしか知らず、その他は中学生時間が止まっているのでやりたいこと、人生目標なんてものは無い。呂律は回らない、言葉は詰まる、人生経験は何一つ無い。そのため就職活動は困難を極めた。臆病で説明会面接で行った会社インターホンを押せずに帰ったりもした。結局数社説明会を受けたりボロボロ面接をしただけでやめてしまい、困った事になったなと思いつつも1年ほどダイソーの釣具で海釣りばかりしていた。けれど何か人生軌道修正をする糸口が欲しいと思い、就職活動の練習のために一般教養科目だけで受験できる公務員試験受験した。これがトントン拍子に進んでしま採用されることになり、現在はもう5年が経とうとしている。面接相手が、実際の職場で会うことはまず無い公務員試験だと、堂々と話すことができたのだ。それに法学部出身故の法律素養が意外と仕事や昇進で役に立ち、年齢的には結構早く昇進もさせてもらっている。何がどこで繋がり役に立つかは、なかなかわからない。確かに僕の人生妥協の先にある人生だが、これは妥協や敗北ではなく、小規模な成功と換言できるのではなだろうか。大大大勝利だけに囚われて孤独で苦しい人生から抜け出せなくなるより、戦略的人生スライドさせていくことも、ひとつ人生としてはありなのではないかと思った。

2018-09-29

馬鹿に教えるよ 「自分責任があること」と「自分に原因があること」は別なんだよ?

原因と責任は別なんだよ?

例えば今の親元に生まれたことは増田にとってそれは責任ではなく原因

その親元の呪縛を逃れるのが増田責任

2018-09-24

変わってもいいと思うところから

変わることが恥ずかしいと無意識に思っている人が多い。

変わると周りの人はどう思うだろうと考えているのだろう。

今までの染み付いた考えに呪縛されているのだろう。

本当に自分が変わっていいのだろうかと考えているのだろう。

あなたは変わってもいいんだよ。

変わってもいいんだよ。

2018-08-19

ずっと自分の異性イメージには父親があった

マッチョ体育会系よりは知性派

外交的でウェーイなタイプよりは落ち着いた思慮深いタイプ

けど 自分が望んでいるタイプであるはずなのに

父に似たタイプの人に会うと 無い と感じた

煽てる方法は熟知している、馴染みのあるタイプ

けど、不思議直感は 無い だった

タイプというよりは呪縛だったんだなと今 解けて思う

2018-08-10

anond:20180809200613

こういう呪縛というか自己暗示にかかってるやつとはメシ食いたくない。うざい

2018-08-07

anond:20180807112955

世界中の女の中でもとりわけ「男らしさ」の呪縛否定したエマワトソンですらあの体たらくだぞ?

2018-08-01

anond:20180801082004

北川アンチ執拗に叩いてるけど、半分、青い。朝ドラオタに向けた10年代朝ドラオマージュであり、創作者のブルースだよ。

エンタメ界の下積みを描くという点で共通する、ゲゲゲの女房やらあまちゃんを熱心に見ていた人は見たほうがいい。半分、青い。ゲゲゲあまちゃんと同じくクリエイターの歓びを主題に置いている。しか主人公が中盤でがっつり挫折するという独自性もある。

朝ドラ全史の中でも稀有な、挫折するヒロインをこのドラマが抱えたことは、なぜ創作者は物語を紡ぐのかということを脚本家真摯に答えようとしているかであるように見える。

そして鈴愛が真正から挫折したことは、挫折を認めないことがヒロイン呪縛になっていた「純と愛」や「まれ」のアンチテーゼでもある。

思い返せばゲゲゲあまちゃんも昔から朝ドラ見てきた年配者にはあまり評判が良くなかったんだよね。朝ドラテンプレートから導き出されるカタルシスは今作にはないかもしれないけど、ドラマ好きは結構楽しめる作品だと思うんだけどな。

2018-07-21

クラブ・サイベリアによってlainにかけられた呪縛が解けた

そうだよな。lainってのはクラブ舞台になるような作品なんだよな。俺は一体いつこの作品ネットの片隅でダンゴムシのように蹲っている非リア達の為の物だと勘違いしたのだろうか。今ようやくわかったよ。lainイケてる時代最先端をワカってるイケてる奴らの為の作品だったんだ。俺たちのような部屋の片隅でビクビク怯えてながら死にたがりつつネット愚痴を書き散らして1ファボや1ブクマがついたつかないに一喜一憂するような吹けば飛ぶような雑魚どもには縁のないはずの作品だったんだよ。

2018-07-17

拭えない虚ろなる闇

神の意志に忠実な光と闇の結合ができない背負いきれぬ業を持つ罪深き種族は劣っているとか

いい万年を生きる存在して闇の契約できないなんて人格的に問題があるなどと云う

そのようなコンテンツないって知覚しているのに

そういった属性から抜け切れずに

自分ファンタズムもできない劣ったやつだ」という虚ろなる闇がぬぐえず………そして不可視世界混沌カオス〉へと還元される

虚ろなる闇、つまり記憶再生の眠り』から逃げ出そうと許されざる邯鄲の夢しようとしているし

その虚ろなる闇があるからいつまでもまともな光と闇の結合ができない気がする

このままこの呪縛の鎖に足を縛られたまま

いかなる世界にもチョコボを使えず

なににも進化したまえずに

終わってしまいそうで辛えわ

2018-07-02

anond:20180702134426

その高低のグラデーション偏差値によって推移している。

厳密に言うと偏差値ではなくもっと根源的な生育差に還元すべきなのだろうが、偏差値の代わりになるようなツールもそうそうない。

偏差値より手軽、かつ合理合目的指標が開発されればいずれ時代がそれを置き換えるだろうが、いつになるかもわかった話ではない。

まり偏差値のもの信頼性疑念があろうとも、日本社会偏差値序列社会構成し、それを肯定しているし、その今の社会に生きるあなたや私は偏差値序列呪縛からは逃れることはできないということだ。

2018-06-28

性欲がなくなったらおしまいだと思ってた

ついにその時がきた

そしたら何かの呪縛から解放されたような気分になっている

2018-06-26

anond:20180626203026

誰に馬鹿にされようがされまいが、あんたは自分の足で自由にどこでも行けるだろう?

低能先生の考え方の呪縛から逃れろよ。

2018-06-18

安倍には威圧感が致命的に足りない

愛国心なんてこれっぽっちも持ち合わせてはいないが、国家という呪縛から逃れて生き延びられる場所存在しない以上、日本には強くなって欲しい。

トランプに「北の非核化費用日本負担するだろう」なんて言われてヘラヘラしてんじゃねぇよ。

人間も、国家も、舐められていいことなんて一つもない。

首相を続けたければ安倍筋トレしろ

2018-06-11

まれて始めて8000円のコースを頼んだ

カップラーメン牛丼で生きてきた。

社会人になって給料をもらうようになっても変わらなかった。

料理8000円も払えるかボケ!と思っていた。

先日両親が誕生日で、妹からこの店に連れて行ってあげなと言われ、渋々その料理店を予約した。

美味かった。

いや、脳内中華一番のようなリアクションを取る位美味かった。

こんなに美味けりゃそりゃ8000円払うわと素直に思った。

一番悔しかった?のが、夏野菜フルーツが混ざったオシャレで自分にとってはゲテモノしか見えないサラダが最高においしかたことだ。

なんでだよ!なんで野菜フルーツあんなに合うんだよ!超美味い!

という価値観崩壊がありまして、これからカップラーメン牛丼を愛でますが、美味しい料理も食べたいので色々探してみようかな。

ちなみに高めの料理店に1人で行ってコース料理頼むのってアリなの?

追記

見たらホッテントリにのっててびっくり。

ブコメトラバありがとう

ブコメ安食呪縛から逃げられないとあったけど、もし外の店だったらそう思っていたのかもしれない……。

ただ先日食べた店は感動的だった!

まるでライブに来ているようだった!

次は?次は何が来るんだ?!という楽しみに溢れていて楽しかった。

こんなにもしあわせな気分になるんだなって。

2018-06-10

anond:20180609214605

朝:食べない

昼:コンビニで良いと割り切る

夜:週末の作り置きメイン

毎日自炊って呪縛から解放されよう

スーパーのお惣菜だって良いじゃない(美味しいところが近くにあれば

2018-06-09

anond:20180609110730

日本語の「愛国心概念は、明治政府郷土愛自決意識を汲み上げるための公定ナショナリズムとして作ったものなので、「国体肯定」がイメージとして混ざり込んでいて、実際にそのような使い方を長い間された。

国際社会環境の中で郷土愛自決意識を失わないためには国体にそれを強く結びつける必要は確かにあったのだろうし、現代でもその前提がなくなったわけじゃ無いけど、以前都合良く使われすぎたね。

愛国心を「国体への従属につながる」って警戒する人はその時代念頭にあるんだろうし、逆に愛国心を強くしなきゃっていう人は80~90年代愛国者差別全盛期に感じた危機感があるのだと思う。

どっちの意見も今現在じゃない時代イメージ呪縛されていて、愛国心議論ってどちらの時代経験していない世代にはすごくわかりにくくなっているよね。

違う時代の違う中身の概念を同じ単語を使って噛み合わない議論してるんだと思うと分かり易くなるかもしれない。

2018-05-14

顔がデカいという呪縛

ある程度、顔が整っていても顔がデカいと一気に点数下がるよな…

小室圭さんが顔デカって嘲笑されてるの胸が痛いっす

2018-05-10

[]

ようやくツルハの「クーポンを使ったらクーポンが渡される」呪縛から解放された。

今日は1,000円以上使っても新たにクーポンを渡されることがなかった。

嬉しい。

コーヒー粉とかもうちょっと食料品があれば使い道があろうもの

下戸の私がDSで毎週毎週10%OFFクーポンを消化できるわけがない。

何か買わないとと小一時間近く店内を彷徨うのは疲れた

さてまだウエルシアスギドラッグ10%OFFクーポンがある。

今週末も大変だ。

2018-05-09

パンティーが見たいっていうのは何もどんなパンティならいいってわけじゃねーんだ

ええか。

お前らはまだ若いからどんなパンティーにも興奮してしまうだろうがな。

例えば洗濯物のパンティーだ。

これはな、本来見てはいけないんだ。

マンションに1階に住むOLは下着だけは室内に干す。ベランダにデーンとほしてあるのは大抵の場合、おばさんだ。

そうなると目を向けるべきは2階なんだ。

2階なら下から見にくいだろうとOLベランダに干すケースがある。

でも、目隠しの柵の隙間から見えたものならそれはもうカナンと言っても差し支えない。そういう物に興奮を覚えるべきなんだ。

 

俺がお前らと同じぐらいの頃な、やっすいワンルーム7階建ての最上階に住んでた。

隣にはまるでワンルーム馬鹿にするかのようなでっかいマンションが立っててな、俺はなんというか、ベランダに出て左手から差す日光浴びながら歯磨きをするのが好きだったから朝はぼけーっと外を眺めながら歯磨きをしていたわけだ。

そこでな、気づいたんだ。真向かいってほどでもないんだけど、確かにでっかいマンションの少し下の方の階、多分5階だ。

パンティーがあるって。しかも俺好みのライトグリーン

眠気がぶっ飛んだ。

それまでは見えてなかったというより、探そうとすらしなかった。むしろかいマンションを見ずに左手にある大きな道路を行き交う車を眺めて朝の活気を楽しんでた。

びっくりしすぎて即部屋に引っ込んだ。

間違いない、あそこには俺好みのライトグリーン色の下着をつける若いOLがいる。ライトグリーン色って時点で若いOL意外ありえない。しかも、ワンルームに住む俺何かと違って結構エリートだ。これは、凄まじいぞ。

なぜライトグリーンが好きなのか?ど田舎から都会に出てきた俺にとって「緑」とは周りにあって当然のものって認識があった。社会人になって緑が恋しくなったんだと思う。だからライトグリーンが好きなのだ

そこからかいマンションの5階住みのOLに恋をするわけだ。

でな、もしかしたら早起きしてればOLの姿を拝めるかもしれない。幸い俺の職場10時始業だったので、多分、5時ぐらいから9時まで張ってれば早朝洗濯物を干す人がわかるだろうと。

それからいつも2時に寝て8時に起きていたのを11時に寝て5時に起きた。

流石に4時間も張るわけにもいかないし、逆に4時間ベランダにいたら向かいマンションから「変な男がこちらのマンションをずっと見ている」と通報されかねない。なのでベランダにいてもおかしくない趣味を始める。それがガーデニングだった。

早速ホームセンターまで自転車飛ばして小さいプランターや、防虫剤やプランターに被せるビニールや、花の苗を買う。選んだ花はパンジーだ。パンジーなら難しくない、小学校中学校園芸おっちゃんと仲良くなっては手伝いをしていた自分にはカンタンものだ。乾燥した土でもすくすく育つから水やりを忘れても問題ない。

そこで朝5時に起きて、いそいそとガーデニングを始める。まぁ、小さいプランターなので2時間もかからないうちに終わるが、そこから土をいじってるふりをして待つが、現れない。

その日はもしかしたら選択の日じゃないのかもしれないと思い、出社する。

 

翌日だ。

朝5時に起きてパッと確認すると、なんともうその部屋に洗濯物がほしてあった。

戦慄した。5時でもだめなのか?

そんなことを思いながら水をやり、二度寝をして遅刻をする。

 

なんどかそんなことを繰り返し、3時に起きたこともあったが、結局暗すぎてわからず。

自分推理が正しければ、夜干しタイプなのかもしれない。

もしそうであるならばこれ以上残酷なことがあるか。夜にガーデニングをして張るやつは明らかに変質者だ。せっかくパンティーの主を見るためにガーデニングを始めたのに無意味だっていうのかい

そうやって、心の中にあのライトグリーンパンティーをしまい込んで、ガーデニングは続けてるうちにきれいなパンジーが咲いた。

今思ったけど、パンジーパンティーって音が似てるな。

 

そして月日が経った。

俺がいつものようにお花の世話をしていると、例の部屋から女性がでてきた。

慌ててこちらのマンションの目隠しと柵の間から覗き込む。

スラッとした長身女性だ。多分自分より少し年上。きれいな人だった。

自分心臓バクバクした。あのライトグリーンパンティーをあんなにきれいな人が穿いている。

奇跡と思った。

奇跡すぎて、勃起はしていなかった。興奮すらしてなかった。びっくりするぐらい。

ただ感じたのは「触れてはいけない何かを見た」ことだ。

 

それから自分はその隣のマンションの5階の例の部屋の呪縛に縛られることになる。見てはいけないのだ。

自分は黙々とガーデニングをするだけなのだ

意識的に目をそむけ、そのこころライトグリーンパンティーなんてもはや存在しなかった。

心の中から消してしまった。

知らなければよかった。

知らなければ俺の心にはライトグリーンパンティーがあったのに。

 

しばらくして、転職をすることになり、くそったれなワンルームから少しはマシな1LDKの1階に引っ越した。

今でもガーデニングは続けている。それどころかベランダがかなり広い部屋を選んだ。今年は自分が育てたカーネションを母親プレゼントできそうだ。

こうやって毎日緑色の葉を見ていると思い出すんだ。

ライトグリーンパンティーを。

2018-05-06

越前リョーマという呪縛との和解

ミュージカルテニスの王子様という舞台をご存知だろうか。

通称テニミュ、今年で15周年を迎えた、2.5次元舞台火付け役とも言われる舞台である

そのテニミュでは、大体2年ほどの周期で、主役校の青学キャスト代替わりをする。

いわゆる卒業というやつだ。

その中の、とある代の座長越前リョーマくんに、私は心を奪われた。

力強いダンスぶっきらぼうセリフの端々に丁寧に織り込まれ感情目線仕草表現するキャラクター気持ちの揺れ動き…例を挙げていけばきりがないが、大好きだった。

でも、どれだけ大好きでも、いずれ終わりがやってくる。

"卒業公演"

まれば、終わる。

世の常である

バイバイ、と言って消えていった彼。

わかっていたことだったが、子どものように、みっともないほど泣いた。


それから数ヶ月後。

舞台の上に新しいリョーマくんが立った。

顔も見えないような距離の席だったが、一目見て、違うと分かった。

同じ白キャップを被り、同じジャージを着て、同じラケットを持っていても、私がずっとずっと背中を追いかけてきた、彼とは違う。

頭ではわかっていたつもりだったのだが、実際に見て、唐突理解した。

もうリョーマくんは、彼ではないのだ。

そして、わかっていても、現リョーマくんにどこか彼の姿を重ね、面影を探してしま自分が嫌で、大好きだったテニミュから少しずつ足が遠のいた。


そして、時は流れ、その現リョーマくんの代も、卒業が発表された。

もう卒業なのか、早いな、距離ができるとそんなものなのかな、というのが率直な感想だった。

そして、その卒業ライブが近くで行われるとのことで、友達に誘われたこともあり、じゃあ行ってみるか、とチケットを取った。


久しぶりに触れるドリライは、あの頃と変わっていることも、変わっていないこともあって、懐かしかった。

現役の子オタクがワクワクした面持ちで、名前入りのキンブレを用意したり、推し名前を背負ったお手製Tシャツに袖を通したり。

自分必死で追いかけていた頃を懐かしく思い出した。


そして、複雑な気持ちを抱えたまま開演を迎えた。

もちろん選曲等で懐古して涙してしまうこともあったのだが、しかし、以前よりなんだか素直な気持ちで、現青学、現リョーマくんを見れている自分がいた。

自分もびっくりしたのだが、現リョーマくんの曲で、自然ペンライトを青にして、現リョーマくんを見て振っていたのだ。

成仏、とはまだ言えないが、少し、ほんの少しだけ、現リョーマくんと歩み寄れたような、和解できたような、そんな気持ちになれた。

私にしては、これは大きな一歩だった。

しかった。

あの時のような熱い気持ちはなくても、青学がまるっと大好きだった自分が浮かばれたような、そんな気がした。

それがちょっぴり嬉しくて、この気持ちを大切にしたいなと思った、そんなオタク独り言

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん