「相対評価」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 相対評価とは

2019-09-21

夫婦格差

嫁はたぶんかなりできる人間なんだよね。俺はそうでもなくてしょっちゅう怒られてる。

でもさ、嫁だって完璧じゃないと思うけどさ、俺は全てを受け入れるつもりはあるんだけどね。


俺のことは受け入れてくれないのかな。お前もっと頑張れよって態度なんだよね、いつも。すんごい怒られる。

期待の裏返しなのはわかるんだけどね、つらいときもあるよ。なさけなくてごめんな。


どうしたって相対評価なのかな。そこ絶対評価で良いよって言ってくれないのかな。たまにはね。

最近なんのために生活送ってんのかわっかんねえんだよ。

子供も生まれるってのにあんまり明るい気持ちになれないのよ。嫁のあたりが強いとさ。


体調変化するって言うからイライラするのはわかるけど、人格否定するような態度はもはやそれ気分の変化のレベルじゃねえんだわ。そんなもんなのか?

受け入れるしかないんだけどさ、こっちもしんどいときあるぜ?

これ以上ストレスかけるわけにはいかないから、こんなこと本人には言えるはずもないし。

2019-09-14

[] #78-8「夏になればアイスが売れる」

≪ 前

「知ってるのか、ドッペル」

ドッペルは確認するように、一口、二口とまた食べていく。

「うん……や、やっぱり“カラメルコーンアイス”だ」

なんやそれ。カラメルコーンは知っとるけど」

カラメルコーンは俺も知っている。

確かパフ状の甘いスナックで、口直しのアーモンドが入っているのが特徴の商品だ。

だが、あの菓子アイス版なんてあっただろうか。

カラメルコーン牛乳で作れるんだよ。て、ててテレビで観たことある

ドッペルが言うには、そのスナックと適量の牛乳を混ぜ合わせてペースト状にし、後は冷やして固めれば出来るんだとか。

「へえー、本当にそれだけで作れるのか」

「じ、実際に作ったことある……兄ちゃん、覚えてない?」

「……あー、あれかっ!」

そういえば以前、ドッペルの家を訪ねたときアイスが出てきたな。

あの時に食べたのが、そうだったのか。

先ほど感じたデジャブは、どうやら気のせいじゃなかったようだ。

「このふりかけられたアーモンドも、その菓子についているものを利用したのか」

それにカラメルコーンには色んなフレーバーがあるから必然バリエーションも容易く増やせるって寸法だろう。

なるほど考えられている。

これでこのアイス疑念は氷解した。

問題は、それが分かったところでこちらの不利は変わらないという点だ。

「やっぱりカラクリがあったんか。パっと見分からないところで手を抜いて、それを誤魔化しとるわけや」

カン先輩がそんなこと言う筋合いはないと思います

仮にこれを誤魔化しだとか言うにしても、それをより工夫している方が評価される。

手間を惜しんだ方が劣るのは自明だ。

キトーにやっても売れるだろうと、手を抜きすぎたツケがここにきて回ってきたのである

大抵の人間はこのカラメルコーンアイスのほうを買うだろう。

「くっそー、こんなことなら、もっと色んなジュース買っとくんやった」

「それで解決する問題じゃないですよ」

というより、カン先輩の考えたアイスキャンデーが、そこまで美味くないのが問題というべきか。

夏の暑い日、他の店が近くにない場所から買う人がいるってだけで、出来がいいから売れてるわけではない。

絶対評価だと悪くないものが、相対評価だと悪いと思われる。

まあ、よくある話だ。

「ボロい商売やと思っとったのに~」

カン先輩はもちろん、日雇い立場である俺も穏やかではいられなかった。

なにせ、このバイト給与は完全歩合制。

なので閑古鳥が鳴けば、カン先輩も泣くし、俺も泣くことになる。

「何か対策を考えませんとね」

だが、このまま泣き寝入りするわけにもいかない。

やれることはやった方がいいし、それが見つからないなら探すしかないんだ。

次 ≫

2019-09-06

anond:20190906150915

けど、それがすべてじゃないよね

成果の絶対評価相対評価あるとしたらどのくらいの配分になるの?

2019-08-23

anond:20190823115554

良いものを作りたい、みたいな感じで、自分の中の絶対値いいんじゃないかなあ。

そもそも、人と比べた相対評価を軸にしてると疲れるし。

2019-08-17

anond:20190804010657

よくわからないなら、黙ってろ。とはいわないけど、

言葉が足りなかったですね。一つの例で国民全体の話にしてしまう、主語を大きくする知性のなさが、理解できない、ってこと。

黙ってろ、といわなくても思うのは、自分表現するけど、気に入らない表現は許さないって気持ちが抑えられなくて書いちゃう、でもいわないって書いたからそんなことないって予防策を打ってるってことですね。素敵!

相対評価というより、絶対評価かな。比較できるほど他の国のことは知らないし。

低いっていうのは相対評価表現です。言葉を知らないんですね。あなた文章理解できないのも仕方ない。

あえて言うなら、成長する兆しが見えないから、アメリカフランスより低いんじゃない?

表現の自由と成長する兆しって無関係。何言ってるの?

この国、議論が成り立たないからね。他の国でもそうなのかな?よくわからいからこの点は黙っとこう。

議論が成り立たないのは、無関係なことをいう、あなた問題だと思うよ。自分問題なのに、国に責任押し付けて、自分は悪くないと思ってる。うわあ。

2019-08-04

anond:20190804004410

よくわからないなら、黙ってろ。とはいわないけど、

相対評価というより、絶対評価かな。比較できるほど他の国のことは知らないし。

あえて言うなら、成長する兆しが見えないから、アメリカフランスより低いんじゃない?

この国、議論が成り立たないからね。他の国でもそうなのかな?よくわからいからこの点は黙っとこう。

2019-08-02

anond:20190802101003

女の場合絶対評価じゃなくて相対評価で見てるんじゃね?

着飾ったり化粧うまかったりプチ整形やってるのなんてゴロゴロいるから、

おのずと普通の顔でもランクは下の方だと思いこんじゃう。

2019-07-25

anond:20190725233756

そりゃそうだろ。何でも相対評価。他のアニメ会社に比べれば待遇が良いのは間違いない。

何で他の職業と比べるんだ…

2019-07-13

アーティスティックスイミング名前が変わっても

採点方法は各ジャッジ10点満点で相対評価するのは変わってないのな。

競技規則

https://www.swim.or.jp/about/download/rule/r_as_20180401.pdf

フィギュアスケート体操競技が技の難度+出来栄えを基礎とする加点方式に変わってから10年以上経つというのに…

新体操スノーボードハーフパイプもそうだけど演技全体を通して一括で評価する方法競技者にとっても観客にとってもわかりづらくて納得感に乏しい。

採点競技は演技を構成する個々の技に対する評価を後で振り返ることができるような採点方式へ移行すべきだと思う。

2019-06-19

令和時代財政の在り方に関する建議の文教科学技術に対するコメント

気になったので読んでコメントしてみた。(個人の感想です)

令和時代財政の在り方に関する建議

令和元年6月19日

財政制度等審議会

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia20190619/index.html

更にはその成果は使った「量」に見合うものであったのかといった議論に焦点があてられることはほとんどなかった。

しかしながら、本来、「量」は教育政策科学技術政策目的を達成するための手段であることから、これでは本質的議論とはならない。

えっ。あるけど都合が悪いか無視しているだけじゃね。

政策に生かされなかったが正しい文面じゃね?

話ずれるけど消費税とか年金とかで

政策目的を達成するための手段であることから、これでは本質的議論とはならない。

とか言うべきだよね。増税する前に。

教育は一人ひとりに対するものであるという観点から、在学者一人当たりで見れば、OECD 諸国と比べて、教育支出は高い水準にあり、公財支出に限っても遜色ない水準にある。


教育は一人ひとりに対するものであるという観点」がズレている気がする。

よくわからないけど、塾とかの費用は含んでいるのか?正しいのか?

教職員数については、少子化の進展に伴う自然減や平成 29 年度の法改

正に基づく基礎定数化を勘案した見通しによれば、定数改善を行わなく

とも、児童生徒当たりでは増加することとなる。また、主要先進国と比

べても教員一人当たりの児童生徒数は遜色がない。〔資料Ⅱ-3-4参

照〕

したがって、更なる定数改善必要か否かは、定量的かつ客観的なエ

ビデンスや PDCA サイクルの確立大前提として考えるべきである

主要先進国と比べても」あるけど仕事の内容が同一じゃないから比較するのは明らかにおかしい。

PDCA サイクルの確立学校とかじゃなくて政策のだよね。

加えて、教育上のデメリットが指摘されている小規模校(1学校当たり 11 学級以下の学校)が半数を占めている実態もある。

あいまいに書くことでなんか言いたいような文章だけど。具体的なデメリットの内容がわからない。よくわからないけど金銭的なデメリットというだけじゃないの。

近所にあるとか。そのようなメリット無視した文章だと思った。

(5)国立大学法人等への公的支出

公的支出の総額について

まず、国立大学への公的支出の総額については、このうち国立大学

営費交付金だけを取り出して、平成 16 年度の国立大学法人化以降、約

1,400 億円減少したとする指摘がある。しかしながら、この指摘は、教職

員の退職に応じてその都度別枠で補助してきた退職金相当額が退職者の

減により減少したことなど教育研究に直接影響しない減少を含んでしま

っている一方で、教育研究向けの補助金の増額を含んでいない表面的・

一面的ものである

これらを勘案した実質的教育研究向けの公的支出の総額を見れば、

法人化以降、約 600 億円増加している。

競争資金割合が増えたせいで安定した運営となる基盤の財源の割合が少なくなっていることとか書かれていない気がした。

払わなければならない学費の増加と関係しているのに。

昨秋の建議において、こうした現状を温存することなく、社会ニーズに応じた教育水準やグローバルレベル通用する研究水準を確保するための全学的なマネジメントが行われるよう、

教育研究にかかる共通定量的な成果指標による相対評価50に基づく配分を徹底し、

評価に基づく配分額をまずは国立大学運営交付金10%程度、1,000 億円程度にまで拡大

する必要があると指摘したところである

1つ目はいいと思うけど。大学場合、小中高の共通ないようによるテストはないので手法として難しい気がする。またこ評価実行の金銭時間コスト政策側が負担すべきものだろう。

2つ目は危ういと思う。新分野の教育について最初評価は低くなりがちで革新を抑えるため、さら教育が硬直する危険性がある。

一人ひとりの学生研究者でみれば教育研究の成果が現れるには一定時間がかかるという主張もあるが、全学としてみれば、教育をした卒業生を毎年度送り出し、また、日々グローバルにしのぎを削っている多くの研究者を抱えている。

こうした過去から努力の積み重ねとして毎年度現れてくる成果を適時適切に評価することなくして、評価やそれに基づく配分といった既得権長期間固定してしまえば、新陳代謝切磋琢磨を阻害し、ひいては国際競争の後れにもつながりかねない。

しろ過去から努力の成果を毎年度適切に評価することによって、教育研究の質の向上を促すべきである

悪意を持って研究評価教育評価と混在させた議論をしているように感じた。

時間スケールの異なることを議論して都合のよい部分だけをつまみ上げた文章である

当たり前だけど教育研究は別々に評価すべき。

日本主要先進国並みの研究開発の生産性を確保できれば、日本トップ 10%論文数のシェア主要先進国を上回ることができる。科学技術関係予算

の「伸び」が課題とされることが多いが、こうしたことを考えると、真の課題研究開発の「生産性の低さ」であると言える。〔資料Ⅱ-3-31~34 参照〕

研究開発の生産性の低さの要因について

大学における研究環境の硬直性・閉鎖性が研究開発の生産性が低い要因であるということは、大学内外から指摘され続けてきた。実際、

・ 分野ごとの論文数のシェア学部学科の定員のシェアが長期にわたり硬直的であることや、

日本研究人材の国際流動性や国際共著論文数が主要先進国の中で劣っていること、

は明らかである

雑務が多いと言われているので「勤務時間」を分母とした場合では生産性は明らかに低いことは同意する。

研究にかける時間に対しての評価」に対しての生産性議論をせず、単に研究生産性(研究者が悪いと決めつけた議論)へすり替わっているのが気になった。

このため、まず、科学技術分野における戦略プロジェクトを設定・

実施する際に、

研究予算多寡などの研究に使う「量」(インプット)を目標とするのではなく、これにより得るべき研究成果を相対的定量的評価可能指標として目標化するとともに、

・ そのうえで、重点化する分野、いわゆる「ハリ」の分野のみを提示するのではなく、過去総合科学技術会議科学技術予算についてSABC の4段階評価55を行っていたように、温存しない分野、いわゆる「メリ」の分野も提示し、厳しい優先順位付けを明確にするべきである

2つ目は悪名高い「選択と集中」。しかも、ここで評価をしたからといって全体の予算が増えるかどうかとの関係性は述べられていない。

全体の予算が増えない状況でこのようなこと時間をかけて行うモチベーションが湧くのか?非現実的方法と思った。

加えて、官民の適切な役割分担・連携重要である日本企業部門研究開発投資主要先進国の中でトップクラスの水準にあり、また企業部門流動資産過去高水準にある。

[要出典]

ほんとなの?特許数とか論文数とかでも???

2019-06-10

anond:20190610170306

めいろまが、女は好きな服着て稼げる層と、服も靴も選べず稼げない層に二分化してるって言ってた。

でも、日本においてはその中間層として、本当はいくらでも選べるのに世間で浮きたくないとか嫌われたくないとかい理由から勝手不自由になってる女たちが膨大な数いて、そういう人たちが、世間空気を都合のいい方向になんとなく誘導したくてハッシュタグつけて社会運動やってると思う。不毛

あと、誰だったかライターの人が、ハイヒールを履いて得する人はそのまま得してたらいいけど、ハイヒールを履かないことで損することがないようにしたいだけだから黙っててくれみたいなこと言ってた。

でも、複数の女がいてハイヒールを履いてるほうが得する場所があるなら、そこにいるハイヒールを履いてない女は相対評価において普通に損するよね。それ両立するの無理じゃね?横ならびでハイヒール禁止にしないと結局履かない人が損する構図は変わらない。結局は国に規制させての横並びを望んでるようにしか見えないんだけど。

2019-05-25

らくがき

なるべく多くの人間に影響力を持ち、実際には存在しないインターネット世論誘導した上でどこまで現実に影響を及ぼせるのか?

まえがき

 増田やSyamuなどインターネット汚物国会にまで持ち込まれるようになり、アラブの春の後始末すらまだ終わっていない現代社会において、SNS上での衆愚扇動安全保障上のリスクになることは自明であり、かつてアカサボタージュまり働かない労働者によって生産性を下げる攻撃という概念を持っていたように、インターネット上にフェイクないしある方向に誘導する情報を撒き散らすことによってインターネット利便性を下げる攻撃世論誘導する攻撃という概念が生まれている。

 白人至上主義を煽るアメリカ大統領戦や嫌韓感情を煽る自民党への囲い込みなどに実際に実用されているがここではご家庭で簡単に始める衆愚扇動のやり方と大規模な攻撃への発展アイデアを紹介したりしなかったりする

ネット扇動の現状と課題

 従来の方法としては専門の業者に依頼することやインターネット有象無象に依頼することなどが挙げられる(例 クラウドワークス文字流れる動画を作るように依頼する、自民党ネットサポーターズクラブ、火消し業者ネットに強い弁護士)これらはいずれも金銭がかかり、また効果に疑問点がある。これらを発展させたものが前述の大統領選や囲い込みであり、方法としてはカルトの手口を併用したものである(この手口は非常に洗練されており、インターネットサロンプログラミング塾など様々な場面で活用されている)。これらには社会的弱者を狙い、参加への誘因として憎悪を使い集団への帰属感を与えた上で孤立させるという倫理的に悪影響がある手法を用いるうえ参加者一人ひとりの質に問題があるため二次拡散に期待できず(せいぜい彼らの狭い交友範囲内で、それもこの手法過程で消える)頭数のみが重要場合しか価値がない→集金、選挙など 金を絞れればいい=生存していればいい ひらがな候補者名がかければいい=初等教育を受けていればいい ために汎用性に欠けてしまう。

有効解決策と方針

 これらの従来の扇動方法の弱点を解決するためには、ターゲットとして

 ・一般ユーザー 友人とのやり取りや好きな話題を話すアカウントを持つ(複数場合もある) /実際の世論形成を担う

 ・パワーユーザー ツイ廃など依存症的な人々 POSTの大半を占める /扇動内容の二次拡散を担う

 ・文盲 三語文が読めない感情的な人らまたはお気持ちの人 (神が絶対でそれとの距離は個々人で差はないという論理が起点となっている平等主義相対主義しか働かない近代的理性は相性が悪くて、平等の完全な実現に伴って相対評価の理性から絶対評価のお気持ち時代になるためお気持ち勢は増える) /社会多数派 頭数や実弾はここから湧く

 ・インフルエンサー ダークウェブで買った人は含まない /ネットおもちゃ

 ・扇動者 /同業者 単純に人手が増える

を含める必要がある。

 またゴール地点として「予め設定した枠の中でしか議論をしなくなる」ということを設定する。

  成功例:中国政府言論統制自国への批判は許すが自国への行動は許さない。体制の揺るがない範囲での体制批判許可している。また人民海外メディアアクセスする必要があるという発想をそもそも持っていない。

 では何をするべきか?前提としてダークウェブウェブよりウェブウェブのほうが断絶していることに注意する必要がある。通常のおおよそ全ユーザーに到達するウェブコンテンツとしてはネットニュースがある(これは各サイトサービス配信またはキュレーション//死ね//という形で再配布するため)この分野ではオールドメディアが依然強く、また権威つけあるいは盲従するためのハードルを下げる手段として有力である。 これに載るためには犯罪者自然風物になるという方法もあるが扇動コントロールが難しく、再現性が低い。また扇動者が現実露出する必要があり、リスキーである。それでは有名人になった上で何かをする芸能人枠かネット意見なるもの枠を取ることが現実的であろう。虚像芸能人成功例としてゆるキャラやVirtualBeing、初音ミク等などがあるがこれらは地域PR手段とかロール、インターネット集合知のためのキャンバスといった色合いが強く(VBはよくわかんない、ごめんね)自分からアクの強い意見を発信したり誘導を仕込むことには向いていない。これは各政党ゆるキャラ名前を私が知らないことからもわかる。

 SNSインターネット世論などという汚泥のレンガみたいな概念焼成してオールドメディアに取り上げてもらいそれがネットニュースで配信されることで(インターネット蝗が多ければi.e.よく燃えていればPVPRが上がる、この点でももともとの火力は大事)各層に浸透、一定割合が仕込みの終わったSNSでよくわからんことをよくわからんままに自分意見として話し合ってくれれば成功というのが筋が良さそうだ。

 これのモデルケースが「幼稚園落ちた日本死ね」ではないか扇動者がいたかどうか知らないがこれは可燃性の高い話題が溜まった憎悪を焼き固めてこれを拾ったオールドメディア国会まで打ち出したという構図に見える。 (三次元物体視点の違いで違う形に見えるのでここに対する批判は致命的なもの以外許して)

実践SNS

 一般的なアカウントの肥大化のさせ方どうりにやればいい

 ポイントとしては

   弱小、個人アカウントにはDMを多用し優しくする,マシュマロ等利用する

   可燃性は最終的に的にする場合以外下げる

   話題にはのる

   TLがサーカスであることを理解する

 ここで文章自動生成とかを使うと戦略兵器になる 普段ネット定形構文のおもしろネタトレンドへの言及をしつつ誘導イベント祭りの発生時に扇動 数で勝負できる

実践フェイサイト

 しらない 詳しい人かい

思考囲い

 周りのすべてが一定の枠組みの中の視点しか持っていなければ一般人は前提を疑わないために容易に思考を囲い込むことができる。現実での多数派を囲えれば十分世論は枠にはめられるので一般ユーザアクセスしうる範囲だけ誘導できればいい。実践としては検索結果一ページ目とSNSトレンドSNS上の各知的社会階層からそれぞれ賢そうに見える人らで十分だ。あとは勝手拡散していく。

 検索結果一ページ目はフェイサイトやらまとめサイトやらで埋めればいいのではないですかね ある健康食品だったたかサプリメントだったかWikipediaから解説サイト体験談などなど全部フェイクのサイトたくさん用意しててすごいと思ったみんなも真似しよう わかりやすいのはヨーグルト関係、腸内細菌とかまともに調べられなくて困っちゃうわー

 SNSトレンドにはわかりやす正義とわかりやす攻撃手段を作って喧嘩させれば良い まずツッコミどころのわかりやすい的を作ってそいつに暴れさせて、その後適度にわかやす武器を配れば勝手に燃やしてくれる 異常者が全面に出るように小さなコミュニティを的にするのが合理的(異常者を演じる、あるいは操作する際に少ない人数で大きな割合を占めることができる また支援者絶対数が少ないため横槍が入りにくい)この過程視野を狭め議論の枠組みを狭めることができる

 SNSの賢そうな人らには「売出し中でフォロワーを増やしたいと思っているアカウント」に見えるアカウントを用意する(このアカウントは誘導したい方向と逆かあるいはジャンル違いのアカウントにする。一般的なフォロワーを増やす過程で前者なら過激な方向へ誘導しつつ意図的意見に穴を開けておき、後者なら誘導したい方向へ偏らせるか誘導方向と逆の方へ過激発言をそれぞれ不利益の無い程度に行っておく)

 過激アカウントかつ誘導方向と逆向きであれば失礼な発言から無理筋議論へと持って行き自分フォロワーないしファンネルを焼いてもらい、その後改心宣言か狂犬として噛み付いて回る 

 温和なアカウントかつ誘導方向であれば話しかけてフォロバしてもらうそれ以降は穏健な交流を行い人の流動性を高める 最終的にはこのジャンルならこの人というポジション確立する(彼らの思考の外部委託先となる)

 以上3つが達成できればあとは何もしなくても世論形成される。

 これらの行為普段からインターネット上で盛んに行なわれているためそれぞれが少しずつ意図する方向に向かうよう仕込むのが一番楽だろう。具体的にはその誘導に囚われることで何かしらの利益他人に与える仕組みを考える。例えばある特定意見偏向したサイトを作ると儲かると特定意見SNS上で発信すると気持ちいいといった誘因を作ればいい。うまくいっているのが婚活とか恒心とか

まとめ

 飽きた 

みんなやってることだな! 文章にするとおもしろいな!

2019-05-19

anond:20190519220236

こういうので毎度のことよく思うのだが、お前らがまともな人生謳歌できてるのはお前らの代わりに、この元増田とか俺みたいな世の中で底辺「の役を担当する人間」がいるからなんだよ。

この競争社会幸せ指標ほとんどが順位付けで決まってしまうし、掴める枠もあらかじめ決まっていて絶対評価よりも相対評価で決まることが圧倒的に多い。

から幸せになるためには競争に勝たなければならないが、競争に勝ったやつは、負けたやつがいたから勝ったんだよ。底辺のやつが全員死んだら、そのすぐ上のやつが底辺になるし、そいつらがまた死んだら、またすぐその上のやつが底辺なんだよ。

2019-04-22

anond:20190422094944

(才能ある人と比べて)才能ない

(面白い作品と比べて)つまらない


この2つの言葉絶対評価っぽい言葉だけど、発した人間はだいたい相対評価をしていると思う。

それ以外の言葉については知らない。

2019-04-21

評価面談自己評価を書く文化をやめてほしい

うちの会社では、半年に一回評価面談がある。

そこで直近半年の成果が評価されて、給料とかボーナスとかが決まるんだけど、そこに自己評価欄がある。

これがとても嫌いだ。

お遊びの面談じゃなくて、自分のお給料に直結するから、当たり前だけどみんなモリモリに盛って書く。

自分は〇〇の仕事を完遂しました」とか「なんとかの業務効率化してどれだけ成果を上げました。」とか文章で書くのはまだいい。

ごまかしようがあるからだ。でもマルバツ表は違う。

学校の成績表みたいに、「コミュニケーション能力 ○」「専門性: ◎」とか書かされるんだけど、表の中には当然自分の苦手な項目もあるわけだ。

僕の場合で言えば「コミュニケーション能力」とかだし、平社員なのに「リーダーシップはありますか?」とか聞かれても、

「人の上に立ったことがないのでわからないです」としか言いようがない。

でも、わからいからとか、自信がないからといって△とか×とかつけようものなら、それをいいことに、「〇〇くんは、確かにコミュニケーション能力は低いかもしれないね。でもこれから伸ばしていけばいいよ。」

と言われ給料を下げられるし、背伸びして◎とか書くと、「僕の目から見ると君にはまだまだコミュニケーション能力が足りないと思うな」

とか言われて説教が始まる。で、結局給料は下げられるわけだ。

念の為言っておくと、この評価社員同士の相対評価なので、当たり前だけど、全員を100点にする訳にはいかない。

からみんな自己アピール必死になるし、上司上司で、だれの評価を下げるか決めなきゃいけなくなる

端的に言って、評価面談地獄だ。「私はこれだけできました!!私は完璧人間です」

アピールする部下(もちろん本人はそんなこと思っていない)を、

「いやいや君にはこういうところが足りないよ」と説教する上司

まじできつい。

というか自己評価なんてしなくても評価できるやろ。わざわざ部下に就活面接マネごとみたいなことやらせんなや

自分でもだめだと思ってるところをネチネチ言われるのきついんだよほんと




というわけでIT系自己評価しなくても良い会社転職したいです。誰か教えてください

2019-04-16

anond:20190416214554

そういえば、大学の成績も絶対評価から相対評価にするように

政策的に誘導されつつあるという意見を知人から聞いた。

アメリカ大学のように毎年、全体の数パーセントに相当する

成績が最も悪い学生来年から始まる政府から学費補助

対象から外されるようになる可能性があるらしい。

2019-03-28

私は一人で客先に行く仕事がこれまでけっこう多かったが

一人で行った現場での評価はどんなに頑張っても並の評価までで

下手をすると普通より下がる評価になった

大勢が在籍するチームでの仕事普通評価から下がることはなかった

昨年、一人で行った現場は大変状況の厳しいプロジェクトだった

当初は短期テスターで入ったが延長に延長が続き、仕事テスターから設計だったり調査だったりと広がっていった

増員の話も出た、一気に3人欲しいとか景気のいい話だったが、人が見つからずに流れてしまった

どう見ても作業品質評価されてるのに、その時の私の評価は平均以下だった

低い評価理由顧客要望に前向きに応えようとしない姿勢と、他の社員との相対評価に押し負けた、とのことだった

顧客に対して積極的でない、とは 下流工程を知らない顧客担当者の無理な作業指示に対して上司相談したことからそう判断されたようだ

この評価を受けた時にもう何を言っても無駄だと思った

その後現場を離れ、次の仕事アサインされたが

当時の顧客プロジェクトから自分呼び戻したいとの要請があったという

自分作業指示を受けていた顧客担当者顧客組織のかなり上位の人だった

このことがあってようやく自分肯定的評価をもらえるようになった

結局そこなんだな、と思った

一人で、誰とも比較できない仕事の良し悪しなんて分からないのだから、よっぽどのことがなければ低い評価でいい

顧客の偉い人が評価してきたのに低い評価をつけるのは難しい、偉い人が褒めたなら高評価

中小底辺人貸しSIなんかそんなもんだ

2019-03-16

無能が居て、勝手に心が苦しくなってきた

会社無能が居て、よくイジられている

彼は無能だ。周りの彼に対する人物評という相対的評価、生み出した数字という絶対的評価、どちらの評価軸で考えても無能言って差し支えないだろう。

おまけに外見もあまりいい方とはいい難い。清潔感を損なっているわけではないが、なんとなく自分が異性だったら避けて通るような雰囲気だと思う(もっと具体的に説明できるが、この場にはふさわしくないだろう)。

で、ホントによくイジられている。職場の会話は多い方だと思うが、仕事の話を除いた彼の会話は、ほぼ彼をイジる話題が発端だ。

毎日同じようなネタで、僕を含めた周りはゲラゲラ笑う。

彼はというと、時に場の空気を読んでたどたどしくも三枚目に徹し、時に聞こえなかったフリのような生返事を返し、時に無視していた。

彼が居ないとき、盛り上がる話題があった。彼がいかダメかという話題である

「○○君、成長どころか退化しているくさくな~い?」

「○○、そんなことも知らないの? 子供じゃないんだからさ……」

書類を読んで一発でわかるって、○○には別の才能があるんじゃないか?」

そして締めの言葉が、

「まぁ、○○だからな……」

はいつも、この会話へ普通に参加しつつ、でもなにかモヤモヤしたものを感じる。

できるだけポジティブに考えるなら、「まぁ、○○だからな……」で終わらせず、会社として、無能を有能へ教育するために「じゃあどうするか」と続けるべきではないのか。

そんな事を考えて、僕は頭を振る。

「思いついたプランを何個か列挙して、良かったものを試してみよう。もちろん仕掛けるのは君だ」

そんなことを言われたならたまったものではない。

いや、本当にたまったものではないのは、一番地位の低い人間を失うことだ。そして、順位が変動した結果、自分がその地位へ落ちてしまうことだ。

分かっている、周りの非情な連中と僕、根本で考えていることは同じだって

でも反面、周りの「私は○○よりは優れた人間だ」とふんぞり返っている人間より僕は優れている、という自負もある。

無能積極的攻撃する人間より、僕のほうが断然マシな人間である

そんな自負によって、結局僕も彼をダシに心の安定をはかる。

なんて醜いのだろう。

ドッペルゲンガーのように、自分たちを見て思う。

僕が欲しいのは弱者からの信頼よりも会社業界からの信頼だってはっきりしているが、彼がイジりに対して言葉に詰まっているとき、彼だけミスを許されず当然のように残業しているとき、彼に話しかけられた時だけ変わる態度を見たとき、もし僕が彼だったら、と考えると泣いてしまいたくなるような罪悪感を感じる。

彼は何事についても、努めて考えないようにしているふうに見える。多分、考えすぎると鬱になってしまうのが分かっているのだろう。だから、僕が代わりに彼について考える。まるでダメ人間から這い上がっていく漫画主人公みたいに。どうすれば彼をバカにしている彼女を黙らせられるか。どうすれば彼を荷物と考える上司計算間違えを認めさせられるか。

でも、いくら考えても現実的ビジョンは描けない。彼は単純に、全く成長しない無能だった。

「思いついたプランを何個か列挙して、良かったものを試してみよう。でも、彼はきっとどのプラン半笑いごまかして、手を付けないだろうね……」

有能に見える有能にお願いがある。あなた支配しているコミュニティパワーバランスを揃える努力をして欲しい。力に差があるのはお互いに辛い。

有能に見える無能にお願いがある。無能を使って自分相対評価を上げないで欲しい。その場では笑っていても、誰かはきっとあなたから離れる事を考えている。

無能に見える有能にお願いがある。謙虚に振舞うのは美徳だし、静かに暮らしたいのも理解ができる。ただ、あなたが有能を示すだけで救われる存在がきっといる。

無能に見える無能にお願いがある。自分の力で、周りとの力量差を埋めて欲しい。できないならば、自分に合った環境へ静かに去って欲しい。

なーに変なことを考えてるんだろう。それで片付けられない日々が、また来週から始まる。

偽善者結構勝手にそうなっているという感想もっとも。だが、僕は少し苦しい。

2019-03-03

anond:20190303102612

仕事自分アイデンティティになってる歪んだババアだな

しかも性根が腐ってるから自分を高めるんじゃなくて周りを落とすことでしか自我を保てない。


増田頭が悪いから気づかないだろうが、真実はこうだ

ババアは有能ではなく、ババア以外の奴らがより無能

ババア新人をいびるのは自己保身(自分より有能な奴が現れないようにする)ため

鳥が初めか卵が初めか知らんが、有能な奴は出ていって能無しばかりが残るという構図だ。


そして人間基本的相対評価しか出来ないから、その結果ババアが良く見える。

外部から見ても他の課のことなんて詳細な事は分からないしな

2019-03-02

[] #70-2「パンジャム事変」

≪ 前

「それで、二人はもう主題を決めたのか?」

俺は探りを入れてみた。

この期末レポートで最も避けたい事は、テーマや内容が似てしまうことだからだ。

相対評価なんてされたら困るし、コピーを疑われて減点なんてのは最悪である

「僕はオオザワの『不可逆性の時代』についてレポートを書こうかな~と」

タイナイの持っていた本に目を向けると、表紙に『不可逆性の時代』と書かれているのが分かった。

こいつのことだから雰囲気だけでテキトーに選んだのだろう。

主題だけは決まったものの、何から取り組めばいいかなんて見当もついていないとみえる。

以前もそんなノリでレポートを書いて、シマウマ先生に「意識高い系読書感想文」だと揶揄されたばかりだろうに。

「ウサクの主題は?」

「我は『未だ残り続ける、前世代の負債』だ。ここ50年の間に起こった大きな出来事をまとめ、現代にどのような負債を残しているか調べる。そして、その是非や責任考察し、次世代に残さないためにはどうすべきか等を書くつもりだ」

翻ってウサクはさすがといった感じだ。

シマウマ先生が喜びそうなテーマに狙いを定め、更には方針まで既に固めてきている。

あの馬面教師から本気でA評価をもぎ取りにいくようだ。

ウサクがそうしてやっと掴めるレベルから、俺には逆立ちしても無理だろう。

そもそも逆立ちなんて出来ないし、出来たところで頭に血が上るだけに違いない。

二足歩行でBあたりをせいぜい目指そう。


何はともあれレポート主題を決めることからだ。

俺は図書室内をのそのそと歩きながら、並ばれた本を眺めていく。

タイナイみたいに漠然と選ぼうかとも思ったが、それが複雑で面倒なテーマだったりすれば後が厄介だ。

何より最終的な成績を決めるのは、あのシマウマ先生である

変なところで油断をしたせいで春休みの予定が台無し……という事態などあってはならない。

「んー、これとこれを合わせて、ちょっとヒネってみるか」

そうして気になった本をいくつかチョイスし、うんうん唸ること十数分。

俺はようやっと期末レポートテーマを決めた。

題して、『晩期の資本主義国における生活体系の変遷』。

……まあ、自分で言うのもなんだが、センセーショナルさには欠けるな。

しかし、身の丈には合っている。

焦点を絞ったので、調べる範囲も狭くて楽だ。

後は目ぼしい資料を見つけ、あの馬面の欲求を満たす事実を抜き出していけばいい。

その事実から分析できるものを並べ、大まかな見解としてまとめれば完成である

仕上げにブラッシュアップすればBのマイナスは手堅いだろう。

「はー、やれやれ

ようやっとテーマと大まかな方針が決まり、俺は安堵のため息を漏らした。

グギュルルルル―――

だが、その吐息の音は、腹の唸りによってかき消される。

そういえば、俺は空腹だった。

課題のため後回しにしていたが、こいつに喚かれちゃ仕方ない。

図書室を後にして、俺は食堂へと向かった。

次 ≫

2019-02-27

anond:20190227105240

キモいも金がないも相対評価なんだから個人死ぬことがあってもそういう層が無くなることはないでしょ。

俺は「キモい」は社会的政治的な救済は不可能だと思っているが、それを置けばまあ正論だな。

2019-02-21

可哀想奴隷死ぬまで優しいご主人に愛されて幸せでした

奴隷ちゃんの自立や反抗、武装蜂起は一切認めない!

ご主人様に対して感謝しか抱いてはいけない!

他人よりマシってだけでとんでもないブラックなのに感謝

まあ、あくまでもより大きな幸せとの相対評価なので、上記のような生き方が必ずしもダメというわけではない。

生物にとっては些細な問題プライドとか美学問題から

何よりも最優先させるべきは各個人が対面している眼の前の問題と向き合うこと。つまり生きることだ。

より良く生きることはその次のステップだ。

そこに注力しないといけないほど、この世は生きていくのが難しい場合がある。

この世はけして豊かではない(社畜我慢を強いる際の常套句

誰もが金持ちになれるわけでもない(社畜我慢を強いる

俺たちには夢がある(社畜我慢

俺のためにがんばってくれ(社畜

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん