「ゲーム理論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゲーム理論とは

2017-08-31

人を殺しちゃダメなわけないだろ

侵略してきた相手をウェルカムってか?んなアホな

相手が殺しに来てるんだから、殺していいんだよ

じゃなきゃ殺すと決めたやつの1人勝ちがその時点で確定するだろ

ゲーム理論的に考えても、その選択肢ははじめっからないんだよ

どこまで殺してどこまで殺さないかルールで決めときゃいい

正当防衛も一緒

何があっても殺しちゃダメなんだというのは、シンプル頭が悪い人だろ

自分が殺される立場にならないと真実に気付けないバカ

https://anond.hatelabo.jp/20170831102018

ゲーム理論でも、しっぺ返し戦略有効となっているので、

やられたらやり返すのは普通に有りでしょう。

自分自身がやられそうになったら、正当防衛になりますし、

犯罪者死刑にするのもやり返しの代替手段ですからね。

2017-07-27

人の思想の醸成の話

ことインターネットでは、思想や支持する政治スタンスによって左から右のカラーリングを分け、しばしば自分と違うカラーリングの人をバッシングする様が観測できます

しかし、至極当然ながら、カラーリングでの敵味方のカテゴライズは非常に危険です。集団効果は、異を唱える人間がいないことから自体悪化させるため、お互いがお互いのイエスマンである関係は非常に不健全と言えるでしょう。

そして、バッシングする際に、相手バックグラウンド浅薄だと断定し、それ故の容赦のない罵倒をしている姿も散見されます

ネトウヨパヨクバカにするさまがまさにそれに当たるでしょう。

実際、ネトウヨ罵倒されても仕方ない、パヨクと罵られても仕方ない、そんなふうに思ってしまえる無茶苦茶な人もいますが、それはそれらの言葉が実際使われる頻度よりは遥かに希少なものです。

何故なら、呼称される側が、"その考えに至っても仕方がない"というシチュエーションが大半だからです。

例えば、私はここ六年ほどの韓国政府には一定猜疑心を抱いていますので、韓国政府おかしいと思うことは多々あります

原発に関する強い否定をする方々にも少々距離を置きたくて、放射能を過度に怖がる事がかえって福島の方々を苦しめている様は正視に耐えないものがあります

一方、組織犯罪処罰法の改正案の際は常に政府への不信感があり、ろくに修正されずに可決したことは心の底から落胆しました。急すぎだろあれ。

また、辻元清美と埋め立て作業員関係に関しては、私は完全にデマ判断しています

しかし、人によっては私の韓国原発への言及ネトウヨ認定するかもしれませんし、組織犯罪処罰法改正案の話や辻元清美言及ではパヨク認定するかもしれません。

しかし、それって結局、自分が信じるスタンスと違うからってラベリングして叩いてるだけじゃないですか。それこそ浅はかじゃないですか。

人がその発言をするまでには、前提として知っている情報があって、それは見たテレビチャンネル、読んだ新聞等によって変わってきますよね。

また、どんな知識を今まで培ってきたかによって、情報の受け止め方、咀嚼の仕方は違います

それらの一人一人の違いは、たった一つのイシューの違いでネトウヨだのパヨクだので判断できるものでは到底無く、物凄い幅のあるグラデーションなのです。

さっき韓国政府の話をしましたが、日本から見ると無茶苦茶に見える政府対応も、国の文化制度理解すると、なるほどと合点のいく場合も少なくありません。

ゲーム理論に基づけば、条件さえ揃えば多くの人は同じ行動を選択します。だから、何も不思議なことではないのです。自分の殻に入ったまま批判をしても仕方がないのです。

であれば、自分スタンスの違う人間が何故そんな発言をするのか、考えに至るのか、そこに至るまでの流れを、相手浅薄さと断定せず、何か理由があるのでは、と考えてみて欲しいのです。

原発放射能問題は、シーベルトベクレルと言った単位が、どの値からどれくらいの健康被害が出るのか未だにはっきり断言できず、かつ政府への不信感も合わさることでとにかく怖がっている様子が見て取れ、自民党エネルギーベストミックスと位置づけ原発廃止をする様子がないことから、恐怖感を持っている人はとても強いアレルギーを抱く様子が想像できます

それらの人の人生に、原爆スリーマイル島、福竜丸、チェルノブイリと言った深刻な事故記憶が深く刻まれているなら、尚の事です。

テロ等準備罪と言われる組織犯罪処罰法改正案も、政府立法事実にしてることが全部薄弱な根拠であることに目はつぶるとして、完璧事件を未然に防ぐには、NSAのような事前の操作能力プライバシーを侵しかねないほどの大きさで必要なのも、理解はできます

辻元清美一見も、生コン会社との献金の話は本当でしたし、籠池夫人メール修正求められてそれにメディアが応じたのも、メディア不信の人間からすると、極めて辻元清美に有利に動いたよう映るのもよく分かります。また、訂正報道をしたのも、TBSラジオであり、TBS過去石原慎太郎発言事実と違う形にテロップをつけて放送したことがあるため、信用に値しない、と判断する人もいたことでしょう。

考えはわかる、理解はできてる。

それでも、違うものは違うときもあるのですよ。でもそれは、発言者ネトウヨからでもパヨクからでもない。前提にする知識がまちがっていたり、あるいは不足しているから、事実に即していない発言になるのです。

韓国政府は、バックグラウンド法制度、政治ルールを把握すれば、行動は理解できますが、それが国際法外交の態度として適切かどうかの指摘や非難は、妥当範囲でされて然るべきです。

原発を過度に恐れるのと福島への偏見もつのは、感情論が先行している側面は否定できないでしょう。地域の測定データは常に掲載されており、農産物問題がないと断定できます健康被害は今後も観測必要はいえ、今のところ現れていません。

恐らくリスクがあるだろうと推定できるので怖がるのと、リスクゼロじゃないから怖がるのとでは、随分違うじゃないですか。この場合後者の怖がり方をしているように見えるわけで、その場合、この世に絶対がない以上、安心は得られないって事になります。それは極論だとしても、大丈夫であろうってデータが出ているのですから、それを無視して原発を恐れるあまり福島を過度に恐れるのは、差別につながるってリスクを知って頂くことで、大丈夫であろうってデータ真摯に受け止めて欲しいです。

組織犯罪処罰法改正案も、政府説明する立法事実根拠薄弱である以上、仮に荒れる議題だとしても、プライバシー犯罪抑止議論はしっかりとするべきだったはずで、その点政府は本当に不誠実であったと言わざるを得ません。

辻元清美の一件も、何故籠池夫人がその話を知っていたかという視点に当てると、メールを送ったタイミングのほぼ直前に、そう言った無根拠デマ松山昭彦氏らのブログに載る形でネットに出回っていた事を確認できる以上、それを見た夫人メールを送って、そのメールマスメディア掲載されていたであろうと言う流れを把握して、真偽を推し量ることが必要です。

もちろん、この四つの話題、私のこの書き口に批判があることでしょう。

しかし、批判されても全然いいんです。私は私の知り得る限りの情報から、これらの話の結論を持ってきました。違う結果が出たのなら、それは違う前提知識によるものです。その知識をもとに私を批判することは、私に新たな知識と知見を提示することであり、それは私にとってもとても望ましいことです。

真実の探求やより良い形を求める際、ディベートという討論方式が用いられます

これは、いわゆる言論喧嘩ではなく、それぞれの立場になって、立場をロールし、それぞれの立場知識を用いることで、より良い決断や探求を行うための会議話法なのです。

その観点から言えば、適切な言論批判は大歓迎なのです。

自分と違う意見人間がいたら、すぐに「あなたは間違っている」と言うのではなく、「何故そう思うのですか」と聞き、自分との違いを浮き彫りにしながら、相手立場なら自分はどう考えただろうと想像する。それだけで、随分言論平和になりませんか。

私の両親は共に政治思想リベラルですが、父の場合洋楽にハマってアメリカ文化に興味を持ち、その一環で公民権運動に感銘を受けた背景があります

母の場合、フォトジャーナル誌を出先の銀行で読んで衝撃を受け、以後反戦の思いが強まるとともに、中東問題に強い関心があるためであります

二人とも、共謀罪反対、自民党を快く思ってないって点では一致していますが、根っこに同じものが根ざしているわけでは、全然ないのです。それも、同じ時代を生き、長らく生活を共にしてきた夫婦であってさえ、です。

それだけ、一人一人、考えに至るまでの前提って違うと思うのです。

からネット上で自身と違う意見があっても、想像翼を広げて見てください。向こうにいるのは同じ人間です。必ずしもその人はあなたより劣っているのではなく、あなたと違う人生を送ってきただけなのです。

2017-07-05

別に金とやりがいって択一概念でもないし、

金稼げることがやりがいにも繋がると思うんやけどね

収入スコアとするゲーム理論みたいに

2017-07-04

【続】小池代表辞任ニュースブコメが酷い

マジでなんでこんなに馬鹿みたいなブコメばっかなの。

小池知事、「都民ファーストの会代表を辞任へ:朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK733SDSK73UTIL018.html

http://www.asahi.com/articles/ASK733SDSK73UTIL018.html

小池批判する奴もほめる奴も馬鹿ばかり

適当に流していくよ


dussel 意味が分からない。じゃあなんで自民党出て代表になったのか。なんで「選挙終わったら辞める」とあらかじめ言えないのか。

なんで自民出たのか? 離反者だからさ。

なんで代表になったのか?自分が立ち上げて自分名前で人集めて自分の威光で戦わせる政党からさ。

なんで選挙終わったら辞めるといえないのか?おまえみたいな情弱バカ以外は辞めるのわかってるからさ。

nekonuma 退き際が上手いよね。ゲーム理論をよく心得ていそう。

今後は、こういう政治家が上手いこと票を集めたりするんだろうな。

自民党看板掲げていれば選挙に勝てる時代は、そろそろおしまいかな。良い悪いは別として。

ゲーム理論関係ないだろw

意味もわかってないのにかしこぶらなくていいよ。

speeeeeeeed 民進野田野党勝利」や共産志位「政権にノー」のコメントに対して

野田数復帰という形で回答って斜め上行く非言語コミュニケーション

議院内閣制と二院代表制ごっちゃにしてアベモヤメローって言ってる人は…

その辺の野党コミュニケーションする気は元からないだろ。

野党側もコミュニケーション能力が無いし。

まああいつらが自民を叩いて削ってくれたらそれは無言で小池が食べるんだけど。ごっつぁんです。

公明もおいしいおいしいってさ。

namellow い、育児放棄だ… 8 clicks

から育児していかないわけないだろアホ!

私兵団の訓練しない親分がどこに居るんだバーカ。

mikiz 都民都民ファーストの会議員さえも裏切っているような、てか小池知事の人気ぶりがよくわからん

お前ぐらい頭が鈍けりゃそりゃわからん

gendou 本当は自民ファーストなんでしょ?

・これだけ自民に打撃与える自民別働隊がいるのかよ

・ある面自民より立場が上になってるのがわからないのかな

ちょっとこの2点について考えてみてよ。まあ馬鹿にはあんま期待しないけど。

kurukurukururi 一部で予想通りの辞任に予想した人達すごいなーと思いました。

結局小池求心力増大に都民が使われただけな気も。自民党は離党させにくいし、

結局小池一定以上の勢力作って女性宰相へ大きく近づいたといえるのか?

何もすごくない。wikipediaレベル知識でもあればただの規定路線だとわかる。

逸れもわからないお前等がマジで愚民だということ。

はてなってここまで情弱バカだったっけ?驚いている。

vabo-space 大阪で橋下氏がやったこととそっくり。都議会も(恐らく都知事も)単に自分の野望への足場作りでしかないんだろう。

しかし、本当に投票してくれた都民に対してよくまああっさり裏切れるわ・・

これはひどい 小池百合子 都民ファーストの会 無責任政治 東京都議会選挙

小池ファン投票した都民は何も裏切られてないだろ。

都議会小池派、都知事小池独裁波に小池尽くしだから小池を堪能して下さいだよ。

頭悪い奴に限っておどろおどろしいタグ使うのが好きだよな。

shimokiyo 東京大阪維新とまったく同じ道を辿ってるのに大多数の都民はまったく気づいてないからね。

これがダメだと言うなら小池勉強会作った時点でもっと批判しとけよ。

知事議会自分に近い政党で固めて何が悪いのか俺にはわからんけどね。

それが問題なら都議選都民ファに入れなさんなという話だよ。

都民ファに入れるな」と声を上げておきなさいという話だよ。

お前等はてな民ほとんど自民VS民進アングルの話しかしてなかったじゃん。

しかし、これまでずっと自民党支配する都議会自民党都知事だったんですがそれはスルーしてたよねお前等

騒ぎ方の辻褄すら合ってない。

ushibito153 新代表野田だと!?勘弁してくれ…。

野田はもともと代表だ。お前みたいな情弱バカこそ勘弁してくれ。

shields-pikes こいつ徹頭徹尾、単なる選挙屋からな。豊洲移転も都政も何もかも、選挙のための道具。今回の都議選、本当に茶番しかない選挙と思ったし投票したい政党もないから久々に棄権したが、予想通りの展開になったな。

あいいでしょう。

この流れぐらい予想出来てるのが普通の知能の持ち主。

今頃騒いでる奴等はバカ丸出しすぎる。

ただ豊洲移転選挙の道具になってるか?w

窃盗秘書含めて結構失点になるところだったのをとよまゆが吹っ飛ばしてくれただけじゃん。

あれは知略というより強運だと思う。とよまゆ爆弾かましたのが小池の糸引きとかでない限り。

hdance これは驚いた。こんなの予想してた人はいるだろうか?凡人には理解できなくて怒りより困惑が先に来る。

予想もクソも無い規定路線だっつーの。

それがわからないお前等は凡人未満だよ。



別に俺が特殊なこと言ってるんじゃ無くて

まともな人はこの流れは規定路線しか思わないし、

その中で小池についての批判もあります。お前等のトンチンカン批判とは別次元ですが。

http://www.sankei.com/politics/news/170703/plt1707030091-n1.html

識者はこれをどう見るのだろうか。

 元都副知事明治大公政策大学院青山●(やすし)教授選挙直前代表就任し、終わったら退くというのは筋書き通りという印象を受ける」と話す。

 公平性中立性が求められる執行機関の長の立場ローカルパーティーの代表を続けるとは思えず、辞任は必然知事は9割が行政官で1割が政治家。裏切られたという声は理解できるが、選挙期間中は政治家としての顔が前に出たのだと思う」と分析した。

 中央大佐々木信夫教授行政学)は「知事主導で政党を作り、代表となって議会勢力を変えるという行為はやり過ぎで、二元代表制のルールから逸脱していたと思う。形式上辞任したことは、けじめとして評価する」とする。しかし、「腹心の特別秘書新代表としたことは実質上、小池氏の影響力を維持することにみえる。有権者としては複雑な気持ちかもしれないが、影響力は変わらないと思う」と今後を予測してみせた。





前編はこちら↓

https://anond.hatelabo.jp/20170703231515

2017-06-28

https://anond.hatelabo.jp/20170628195645

国債自身責任を及ばなくさせる方法はいくらでもある(借りた金で返すを繰り返せばいい)けど、インフレ政策を支持したらダイレクト自分資産預金税をかけることになってるわけだが?

それを「資産をたくさん持ってる政治家」が私利私欲のために選択するのか? ゲーム理論的にはありえなくね?

とすれば、政治家さんとやらは<円と同等以上に価値を持ち、相対的に円よりも資産価値が増大する何か>をすでに確保してるってことじゃね。

円のインフラを認めたってなら。

さて、増田はその<円の代わりになる資産>をなんだと捉えてるね?

2017-03-31

童貞がなぜ非童貞ではなくフェミ文句をつけるのか

あれは発破かけてるんや。

フェミさん、非童貞が嫌いなら俺を救ってくれ。

でも救ってくれないなら非童貞につくわ。得だから。」

ってだけの話。

ここに気づかない限り男社会構造は変わらん。

例えばフェミニストじゃない女性がなぜ積極的マッチョを持ち上げるのかと言えば、自分を救ってくれるからなんだよね。

いわゆる甲斐性ってやつ。

ところがフェミニスト女性にはこの甲斐性が一切ない。

大雑把に人間を分類すると

マッチョ男性マッチョじゃない男性フェミニスト女性フェミニストじゃない女性

になるんだけど、フェミニスト女性は味方がフェミニスト女性しかいない。

マッチョは他2グループを全て味方につけてる。

なぜなら支配する代わりに恩賞を与えるから

男性にはそれなりのポストを与えるし、女性結婚して生活保障を与える。

ところがフェミニスト女性は持っていても溜め込んで一切他者に与えようとしない(これが新自由主義フェミニスト親和性があるとしばしば言われる由縁。自力で這い上がって来いと再分配を否定する

それどころかマッチョ男性から普通女性と一緒になって甲斐性なる物を貰おうとしてる(←正直これが一番まずいと思う。それどころかマッチョじゃない男性叩いとるやんけw

これ以上先に進むなら女性自身が与える側にならなければならない。


ほとんどゲーム理論様相を呈してるけどまぁざっくり言うとこういうことだよね。

マッチョじゃない男性フェミニストじゃない女性

フェミニスト女性は何かメリットを与えてくれるのか?」

と値踏みしてる状況。

でも最近フェミニスト女性根本的にネオリベ的で自助努力を促すばっかりなのでついていけない。

このままついていけば最終的に切り捨てられて自殺するのが明らかだから

集団自殺は誰もしたくないわな。


どうも男性と違って女性には無能男性恋愛関係に持っていくのは女性動物本能から難しいようだ。

これは北欧女性の傾向から見てもほぼほぼまりつつある。

男性女性に比べてブサイク死ねといいながら金を払う動物的特徴がある。

なのでフェミニスト女性はせめて金を吐き出しまくるとか、非童貞組織の長として引っ張っていく気概必要だと思う(女性リーダーになるだけじゃ駄目よ。フェミニストじゃない女性マッチョ男性フェミニスト女性比較してマッチョ男性につくから

宮崎駿がドーラとかに憧れる気持ちわかるわぁ~

2017-03-16

数学原理

1・空間を前提とした→の体系


空間を前提とした→(動き)を線で表すと数直線になる。点や円で表すと「リンゴが2個、ミカンが3個」のような例のような感じになる。

「+」は数直線での右への移動。「-」は左への移動。「×」はその存在の個数。「÷」は中に存在がいくつあるか。「累乗」は次元

このような数の体系の問題は、フローチャートのような形で書き記すことができる。

問題では前提か答えのどちらかに条件、というか限定がある事が多い。



2・空間を前提とした○の体系


・○の外側の体系

点、線、面、立体、円や球など。

点や線など、それぞれの越境問題になる事が多い。答えは○という事で、面以上である事が多い。


・○の内側の体系

集合論。表の問題も同じく。



3・空間を前提とした○→の体系


ゲーム理論



4・ネットを前提とした体系


空間でなくネットワークを前提とした体系がある。



0・答えの性質


答えの性質にはディープラーニング結節点のようなものと、フローチャートとその中の集合のようなものがある。

数学原理論」


1・空間を前提とした→の体系


空間を前提とした→(動き)を線で表すと数直線になる。点や円で表すと「リンゴが2個、ミカンが3個」のような例のような感じになる。

「+」は数直線での右への移動。「-」は左への移動。「×」はその存在の個数。「÷」は中に存在がいくつあるか。「累乗」は次元

このような数の体系の問題は、フローチャートのような形で書き記すことができる。

問題では前提か答えのどちらかに条件、というか限定がある事が多い。



2・空間を前提とした○の体系


・○の外側の体系

点、線、面、立体、円や球など。

点や線など、それぞれの越境問題になる事が多い。答えは○という事で、面以上である事が多い。


・○の内側の体系

集合論。表の問題も同じく。



3・空間を前提とした○→の体系


ゲーム理論



4・ネットを前提とした体系


空間でなくネットワークを前提とした体系がある。


リストはこのように表す。

(A)→(B)→(C)→(D)

← ← ←


手続きプログラミング言語(C言語など)はこのように表す。

(A)→・(B)→・(C)→・(D)



0・答えの性質


答えの性質にはディープラーニング結節点のようなものと、フローチャートとその中の集合のようなものがある。

2016-10-22

裏切られたら、裏切り返す。

それが、ゲーム理論の最適解だと証明されている。

その線から外れた行動を取れば、むしろその行動こそが「非合理な行動」となる。

しかも、こちらは最初に「協調行動」を取っていたという、理論の前提も満たしている。

2016-10-15

行動対行動ですよ。裏切られたら裏切り返す。

これがゲーム理論の最適解だって科学的にも証明された事実なんですけど。

2016-07-29

http://anond.hatelabo.jp/20160729110425

その辺については、まあ世の中はゲーム理論じゃないからさ、というかお互い膝をつき合わせて納得行くまで話せればいいんだけど、どうしても言葉足らずになっちゃうよね。

2016-07-17

http://anond.hatelabo.jp/20160717211213

じゃあ、ポーカーなんかのガチ数学説明してゲーム理論に興味モテるのかよ?

相手が降りれば+80ドル。お互いのハンドレンジは勝ち負け半々同士。この場合適切なベット額とブラフ頻度は?」

こんなの誰も興味湧かないだろ。

俺は囚人のジレンマはナカナカいいたとえだと思うぞ。

2016-05-15

都知事はいくら私的流用して良いのか

1円でも血税から許せんと言う人もいるだろうけど、辞職させると選挙に50億円かかるということを考えると1円なら良いじゃないかと思うだろう。

とするといくらまで私的に使って良いのかゲーム理論だかなんとか経済学だかで算出できるはず。

てゆーか知事場合リコールできるんだし必ずしも辞職する必要ないよな。

2016-03-26

エンジニア希望者が、大学生のうちにやっておいて損はない6つの

自分は30代後半のエンジニアだ。年収は1800万円、貯金だけで1億円を超えている。そんな自分が、大学生の頃にやっておいてよかった、もしくはやっておけばよかった、と思ったことを書いておく。現役の大学生の皆さんの参考になれば嬉しい。

1.毎日コードを書く

自分中高生の頃にほぼ毎日コードを書いていて、大学生でも頻度は下がったがコードを書いていた。大量のコードを書くのは自分にとって消えない財産になる。筋トレに例えられることが多いが、むしろ感覚を研ぎ澄ます瞑想のようなものに似ていると思う。飽きてきたら別の言語や別の環境に手をだせばいい。Mac上でWebサービススマホアプリの開発ばかりではなく、Windowsアプリも作るしLinuxデーモンも作る、色々と試してみるのが良い。

毎日コードを書くことで得られるのは経験であるエンジニアにとって、経験絶対的必要だ。将棋の本をいくら読んでも指さずに強くなれないのと同様、コードを書かずしてプログラミングセンスは培われない。

2.大学の授業はまじめに聞く

自分はこれをせず後悔している。今後どのような技術流行るかわからないが、例えば集合知、例えば3Dマシンラーニング、そういった有用技術の裏側には、線形代数ゲーム理論のしっかりした数学の裏打ちがある。出来ればComputer Science系の学科に行き、興味がなくとも真面目に勉強をすることをおすすめする。

学術的な背景があれば、何かに興味を持った時にどこまでも深いところまで潜っていける。なければ、公開されたライブラリに沿って使うことしか出来ない。ライブラリを使って何か作ったよというブログを書く側より、ライブラリを作って広く使ってもらう側になろう。

3.行動力だけでなく実行力を養う

例えば「海外留学に行きました」とか「大手企業インターンに行きました」とか、素晴らしい経験である意識高い系馬鹿にされるが、行動しないよりは断然いい。しかし、行動力のある人間にとっては海外留学インターンも、ただ行けばいいだけで簡単な話だ。その一歩先を行って、自分の実績を作ろう。例えば「在学中に技評から本を出版しました」であるとか「未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエイターになりました」であるとか。

実績は名刺になる。実績があって初めて自分名前を覚えてもらえる。私も色々な学生に合うけれど、覚えているのは何かを成し遂げた人たちだけだ。

4.本をたくさん読む

本をたくさん読もう。技術書は言うまでもない。ネットを調べれば書いてあることでも、本にまとまっているだけで十分に価値がある。ネット評価の高い本は片っ端から読むといいだろう。お金がなければ図書館で読んでもいい。またビジネス本も是非読むべきだ。世の中がどのように動いているのかを知るのは、大きな武器になる。他のジャンルも、興味がある本はどんどん読んでいこう。学ぶ意識を持って読もう。

広い視点を持つの重要だ。社会必要とされているのは、他に替えのない人だ。他の人と同じことしか出来ないのであれば、他の人と同じ評価になるのは当然である

5.英語勉強する

英語勉強スタートは、早ければ早いほど良い。英語が出来るだけで、世界は一気に広がる。英語が出来ないと、日本という言語の壁で守られた小さな世界しか活躍出来ない(それでも世界的に見たら十分に大きいが)。英語の読み書きはもちろん、複数人会議で会話が成立出来るレベルが求められる。TOEFLTOEICではない)で100点越えを目標にするといいかもしれない。

2年間海外大学院留学するのもいいが、英語手段であり目的ではないことを忘れてはいけない。英語だけのために2年間を費やすのはあまりに勿体無いが、その2年で英語に加えてさらに何かを学べるなら大きな収穫であろう。

6.アウトプットを増やす

自分がやっていることを積極的に発信しよう。仲間内だけではなく、世界に向けて広く発信しよう。仲間内で慣れ合うのは安心だが、安心は停滞を生む。広く発信すると、時には辛い反応がかえってくることもあるが、それは必ず将来の糧となる。失敗を恐れず、自分の知っていること、調べたこと、学んだこと、創りだしたことをどんどんと発信しよう。

面白いことに、アウトプットを増やすと、インプットが増える。自分から人に会いに行くよりも、会いたい人からコンタクトを取ってもらえるようにアウトプットしていこう。

最後

ここに挙げたものは、これをやれば良い、というものではない。こういうもの成功した人に限っても十人十色だろう。気に入ったものを無理のない範囲でやるだけでも十分だし、気に入ったものがなかったからといってがっかりすることはない。所詮老害匿名で書きなぐったものだ。毎日生活楽しいならそれでいいし、そうでないならまずそれを改善すればいい。そして毎日生活が楽しければ、将来にわたって楽しい生活が出来るようにちょっと考えてみるといい。その時に、この記事が何かの刺激になれば嬉しい。

2016-01-15

[]1月15日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり三つ

○夕食:汁有り担々麺水餃子、ご飯、杏仁豆腐

調子

お仕事は頑張った。

残業して来週以降の作業を少し前倒しで終わらせた。

でも来週も大変そうです。

今日ちょっとお仕事で良いことがあったから忘れないように書く。

「むきゅー、ジャバスクリプトさんとシーシャープさんを書くのは大変でち、特にシーシャープさんは設計書さんに書いてないことがたくさん書いてあるからそれが必要かどうかを考えるのが大変でち。わけがからないでち」

『忙しいの?』

「むきゅー! 忙しいでち!」

『手伝ってあげようか?』

「むきゅー?」

『いやだから、手伝ってあげようか?』

「むきゅー、でも……」

『いいからいいからJSC#やってるのね、画面は出来てる?』

「シーエスエスさんとエイチティエムエルさんとの紐付けがまだでち」

『じゃあそれやってあげる』

「む、む、む、む、むきゅーーーー! ありがとうございますでち!」

という感じで、同僚の深堀さん似の人に手伝ってもらいました。

(深堀さんについては『咲 saki 深堀』でググってください)

ぶっちゃけ、手伝ってもらった所は30分ぐらいで終わる作業なんだけど、手伝ってくれたという事実がただただ嬉しかったです。

深堀さんが終わってからチェックしたら所々抜けてて結局全部見直したけど、それでも手伝ってくれたということが本当に嬉しいのです。

っていうか、ちょっと好きになりかけた。

来週の月曜日にいっつも食べてる飴かチョコプレゼントしようと思いました。

土日はお休みなので、月曜日向けてゆっくり体を休めるぞいや。

ゲームニュース

「スケ雀刑事」,フルボイスで展開する美少女刑事とのデートイベント「親密度ストーリー」の情報と,キャラ相関図が公開

http://www.4gamer.net/games/328/G032814/20160115017/

相関図でプレイヤーに対して線が繋がってるのがオッサンだけなのが面白かった。

百合とまではいかなくても、キャラ同士の繋がりを重視してるのかな?

何気に楽しみだなあ。

ノルウェー高校で「e-Sportsの授業」今夏始動―『Dota 2』『LoL』など採用予定

http://www.gamespark.jp/article/2016/01/15/63075.html

これ自体は非常に面白い試みだと思うんだけど、面白そうなだけに

ここ最近の「PayToWin」なゲームバランスゲームは、教育にはさすがに向いてないよなあ、とも思った。

ハッピーウォーズで勝つためにまずは5万円ぐらいガチャぶっ込みましょう、そのためにはまずは仕事です、さあ働きましょう!」

あれ? 教育という意味ではある種正しいのか? なんかよくわからなくなってきたぞ。

和ゲーだとやっぱ格ゲーになるのかなあ、案外ポケモンとか良い線行ってる気がするけどね、暗記力とゲーム理論は鍛えられそう。

Mojangの最新作『Cobalt』のリリース2月2日に決定

http://www.choke-point.com/?p=19649

Mojangってのはマインクラフト会社ね。

MS傘下になったこともあって、WinXbox系列のみの提供みたいだ。

こういう小粒なDLソフト

そもそも日本ストアから買える?

買えるけどローカライズはされてる?

ローカライズはされてるけどあまりにもメチャクチャじゃない?

心配事が尽きないが、まあローカライズがされてなくても遊べそうだから海外ストアから買ってもいいんだけどね。


人類文明崩壊した世界を「列車」で進む2Dサバイバルアクション『The Final Station』が2016年夏発売

http://jp.automaton.am/articles/iotw/indie-pick-217-the-final-station/

とても面白そうな雰囲気だ。

どっかがローカライズしてコンシュマー移植されるのを待つかなあ。

こうしてゲーム情報を集めてると、英語が読めないのが凄いもったいなく思えてくるなあ。

ゲームを楽しめる程度の英語力を身につけるのもありかなあ。

2015-11-16

部長説明するナッシュ均衡ワルラス均衡

よう、昼休み仕事してるとハゲるぞ。

さて、ナッシュ均衡ワルラス均衡が話題だ。

戦略決定とか価格決定とか言うと、部課長級に説明を求められたりする。

本来ggrksとか言いたいところだろうが、言えないのが宮仕えの辛いところだ。

理解してこいよとも言えない。理解できない方は大抵立場が上で、説明できない方のボーナスが減らされる。

ナッシュ均衡ワルラス均衡の説明

「均衡」は、基本的には、ガッチリハマっている状態を示している。

ナッシュ均衡(Nash equilibrium)

参加者選択肢を変更すると今より悪くなるので、変更する理由がない状態

参加者全員が自分目線ベストチョイスの状態

パレート効率的(Pareto efficient)

参加者の誰かを犠牲にしないと、誰かが良くならない状態

誰も損せずに誰かを改善できるなら、パレート改善できる状態

最適な資源配分とは違う点に注意。全体100万円を、老人80万円、子供20万円で分けた「後」の状態パレート効率的。

社会資源配分問題でよく使うので「パレート最適」という単語を嫌う人もいる。最適配分を示さなから。これ豆な)

ワルラス均衡

需要供給が大きく動かないでハマっている状態。「需要供給価格が決まる」だな。

ある1つに注目すると、部分均衡。市場全体の全部コミコミだと、一般均衡

フランス人レオンワルラスさんが1874~1877に書いた本に載ってる、一般均衡(general equilibrium)理論のこと。

具体例での説明

いやー、ナッシュ均衡は、戦略的意思決定学問であるゲーム理論(Game theory)の非協力ゲームを解いた時に出てくる「答え(解)」の状態を示す単語ッス。

協力しちゃダメッスよ?んで、他の「選択肢」を取るメリットがなくなった状態を言うッス。

パレート効率的とかも聞くッスけど、誰も損せずにもっと良い改善方法が無い時の事ッス。

ワルラス均衡は、経済学の話ッスね。需要供給価格が決まるって話ッス。

ワルラス均衡は、ナッシュ均衡だと聞いたんだが?」

同じ「均衡」って単語で僕なんかは間違えそうになるッスけど、全然違う話なんで同じ式の中に入れちゃダメッス。

  1. 価格10万円、需要が5千台、供給が1万台とすると、5千台余るッス。
  2. こう言う時、価格は下げるッス。10万が8万に、5万に、と。
  3. どんどん下げていって「5万なら買い!」の需要が、供給釣り合うと、価格が安定するッス。これがワルラス安定ッス。

経済学価格調整モデルの話で、フツーは戦略的意思決定選択肢をどうするみたいな話は出てこないッス。

ヤマダ安ヤマダ高
ビック安ビック売れる,ヤマダ売れるビック売れる,ヤマダ売れない
ビック高ビック売れない,ヤマダ売れるビック売れない,ヤマダ売れない

ヤマダとビックで、売れたほうが儲かる(利得が大きい)時は、当然ヤマダもビックも値下げするッス。

まあ、ナッシュ均衡と言えなくも無いッスけど……あんま言わないッスね。

「じゃあ、目からウロコ!囚人のジレンマって経済にも繋がる話だったのか! - 嗚呼、学習の日々ナッシュ均衡というのは?」

ナッシュ均衡でも、価格の均衡でも、どっちでも無いッス。

  • ある店が10万円のテレビを値下げして5万で売りに出す(前提が無いッス)
  • A:需要が十分に高く、10万で価格形成されてるなら、他の店は値下げしないッス。売れるんで。値下げ店が馬鹿ッス。
  • B:需要が低くて、供給の方が大きい状態だったとすると、他の店は値下げするッス。売れてないんで。ワルラスさんの言う調整過程の話ッス。

ワルラスの均衡は、需要が多くて供給が少ないなら価格は上がる、需要が少なくて供給が多いなら価格が下がる、結果需給が吊り合って価格が安定した状態のことッス。

「店が意味もなく価格を下げたら、他の店も下げざるを得ない」とか無いッス。

先の例だと、TVを普段から100円でヤマダが売り出したら他の店も100円で売るとか無いッス。

ナッシュ均衡は、選択肢がどんづまって他の選択肢を取ると損する状態を言うので、さっきの例とは関係無いッスね。

(ヤマダが100円で利益が出るならヤマダが市場を寡占するというのは、違うモデルの話でワルラス的調整過程の話では無いッスね)

少なくとも、囚人のジレンマから出す話じゃないッス。超時空の飛躍ッスね。リン・ミンメイッス。

良く話に出てくる囚人のジレンマの話

囚人A協調囚人A裏切り
囚人B協調2,20, 10
囚人B裏切り10, 05, 5

数字懲役でA,Bの順番ッス。懲役は少ない方が利得が大きいッスね。

囚人Aは、囚人Bがどちらの選択肢をとっても、常に裏切るのが利得が大きくなるッス。

他の選択肢を取ると損をする、これが全部のプレイヤー囚人A,B)で決定できると、ナッシュ均衡ッス。

囚人Aと囚人Bが、両方とも協調したら2年づつじゃないか」

そこがミソッス。

ご指摘の通り、両方協調なら、両方裏切りより「どちらも損せずに、改善できる」状態ッスね。

まり、両方裏切りナッシュ均衡は、パレート改善できる状態にあるので、パレート効率的ではないッス。

こういう、自分利益だけを考えて最適な選択をする状態(他の選択は損する状態)が、全体としては効率的では無いのが、ジレンマって呼ばれる理由ッス。

それだけの話ッス。

でも、ワリとこういう、利得の表を作ると両方が得する選択肢の組み合わせはあるのに、その選択肢は選べない状態ナッシュ均衡で、パレート効率的では無い)は存在するッスよ。

蛇足的な用語解説

うーん。あんワルラス均衡って言わない気がするんだけども。((※1))

あ、用語定義と、その用語が良く使われる場面と、ある場面を説明するモデルとで、全部違うから混ぜないように注意したい。

  1. ナッシュ均衡」は、誰もが動くと損する「状態」を指す。(それを何に使う・何を分析するとかは別)
  2. 参加者が利得を最大化する場合に、それ以上動かない状態になる経緯・戦略を見つけるために使う。
  3. ナタデココ生産量は、クルーノー競争モデルナッシュ均衡を見つけることで、良く説明できる。

3番のモデル適用は即一般化はできないし、2番のよく使われる場面を定義に入れてはいかん。

勝手に話を補完したり飛躍したりするのもダメなんだけど、まあアレだ。はてなだし。

神の見えざる手

需要供給価格が決まるよね、というアダム・スミスさんの仮説。

個人の利益追求で、市場が適切な状態に落ち着くよね、というわりと哲学的な話。

ワルラス的調整過程

需要供給に合わせて価格が変動して、結果需要供給は落ち着くよね、というヤツ。

(需給が均衡することをワルラス安定、均衡しないことをワルラス不安定と呼ぶぞ)

マーシャル的調整過程

需要(欲しい/欲しくない)は即反応できるけど、供給(作る/作らない)は対応時間かかるじゃん?というヤツ。

なので、需要の変更と価格の変更は即座に動くけど、価格を見て供給が動くのは遅れる。

異なるモデル間の行き来

異なるモデルを、一緒くたに適用することは、フツーは出来ない。もちろんできるものもあるけど。

例えば、Cournot competition(クールノー競争)の均衡点は、「供給を絞れば価格が上がる」→「価格が高いから生産すれば儲かる」→「いっぱい生産たか価格が下る」を延々と繰り返せば「生産量と価格が均衡する」って話で、ワルラス的調整過程の「一部分」の説明であって、違う話。

で、全く同じ生産量と価格との関係モデルで「価格を変える」とBertrand competition(ベルトラン競争)というモデルになって、こっちは「一番低い価格をつけた企業が全ての需要をゲットするので、価格限界費用に一致する(最安値市場を占めるから、一番安くなる)」というモデル

経済学におけるモデルは、現状をどちらが上手く説明できるかのモデルであって、別にどっちが正しいとかそういう話では無い。所詮単純化したモデルだし。

全部違うものっしょ?どれがどれに含まれるとか、ナンセンス

ナタデココ生産量決定におけるベストチョイスは決定できる「だからナタデココ価格市場参加者全員のベストチョイス、とかは言えないかな。(結果的に合っていても、証明過程に飛躍があれば説明したとは言えない)

除草剤耐性穀物種子におけるクルーノー競争ナッシュ均衡との乖離から見る不完全競争推定」とかそういう使い方するかな。

ミクロ経済学オススメ本は……結局思想の話になって荒れるんだよね……ブコメでどうぞ)

http://anond.hatelabo.jp/20151116001112

((※1:この増田では、ワルラス均衡を一つしか財が存在しない仮定で説明している。ミクロ経済学でやる時は、一般均衡になるので、全ての財が均衡するときの話として聞いとかないと単位は貰えない。ワルラス均衡という場合は、全ての市場価格と、全ての需要とペアで示す事が一般的。とは言え、大抵2人と2つの財で説明するんだけどね))

http://anond.hatelabo.jp/20151116001112

>実は、ここでいう2名とは、「自己」と「他者」のことである。「他者」は複数でもいいが、一貫して「1名」と同じふるまいをすることが必要となる。


なんだこの後だしジャンケンは。それはさておき、


>たとえば、カルテルは、「他者」が1名として同じ行動を取ることが要請される。仮に、「他者」が分裂して、複数の行動を取るなら、カルテルは成立しなくなる。「カルテル破り」が出て、カルテル崩壊するからだ。

>この意味で、通常2名という単純化モデル化)が、ゲーム理論では必要となる。一種の前提のようなものだ。


完全に間違っている。いや、間違えるのは勝手だか知ったかぶりをしないでほしい。

まさかカルテル破りがゲーム論で説明できないとでも思っているのだろうか?

カルテル破りこそ囚人のジレンマの典型例じゃないか。

http://anond.hatelabo.jp/20151116010400

http://anond.hatelabo.jp/20151116001112 みたいなあからさまのデタラメなんて

釣りに決まってるでしょ。ノイマン経済学書を見てこんなんクソだ俺ならこれを使う、と言って

経済学者のモルゲンシュテルンがやってたことを出してきた(後に共著を出す)のがゲーム理論

っていう歴史すら知らなそう。もちろん説明も間違いだらけ。

ナッシュ均衡ワルラス的均衡

  ※ 最後に「訂正」あり。

 

この二つが話題になっていた。

 

元ページ

 http://hatena.aaafrog.com/entry/2015/11/14/104818

 http://hatena.aaafrog.com/entry/2015/11/15/142831

 

はてブ

 http://b.hatena.ne.jp/entry/hatena.aaafrog.com/entry/2015/11/14/104818

 http://b.hatena.ne.jp/entry/hatena.aaafrog.com/entry/2015/11/15/142831

 

勘違いしている初心者が多いようなので、解説しておこう。

 


 

ナッシュ均衡は、理系概念なので、理解している人が多いようだ。ここでは特に解説しないが、次の点を理解しよう。

 

  1. これはゲーム理論概念である
  2. 通常、2名のゲームである
  3. 変数は、戦略である。(戦略選択肢となる。)
  4. 均衡点は、特異点である。(連続的にそこへ移行できない。)

 

一方、ワルラス均衡は、文系概念なので、理解してない人が多いようだ。次のページでちゃんと勉強してほしい。(簡単だ。中学で習ったはずだ。)

 http://chu.benesse.co.jp/qat/3519_s.html

 http://homepage1.nifty.com/gujyo-economic-res/micro.files/w-antei.htm

 

ここでは、次の点を理解しよう。

 

  1. これは経済学概念である特に市場原理概念である
  2. 通常、供給者と需要者は多数存在する。(無限と見なしてもよい。)
  3. 変数は、(商品の)価格と数量である
  4. 均衡点は、なだらかに到達できる点である。(特異点ではない。)


 

ここで、元のページに戻ろう。

お互いが自分利益のために値下げして、それ以上下げられないところで止まる

これは、明らかにワルラス均衡だ。どこでも普通に見られる現象である。「それ以上下げられないところ」とは、「それ以上下げられない価格」のことだ。こうして価格一定の水準に安定するのは、前述のワルラス均衡そのものだ。(ワルラス的調整過程という。)

  ※ このことを理解できなければ、上の中学生向けのページを読んでほしい。

    それでもまだわからなければ、近所の中学生に教わるといい。

 

具体的な例で示そう。

たとえば、イオンは徹底的に価格を下げるので、利益率が1%ぐらいになる。これよる高くしてもいいのだが、そうすると、客が逃げるので、価格を下げざるを得ない。「これ以上下げたら利益ゼロ同然になって困るから、これ以上は下げようがない」という水準が「利益率 1%」という水準であるわけだ。

一方、セブンイレブンは、価格をあまり下げなくても、客が来る。利益率が 10%ぐらいになる。「これ以上下げたら儲けが減って悔しいから、下げてたまるか」という水準が「利益10%」という水準であるわけだ。

どっちにしても、ある程度まで、価格が下がる。これはワルラス的調整過程だ。

 

一方、全員でカルテルまたは談合をすれば、大幅に高値に設定することができる。普通市場でのカルテルは困難だが、官庁の入札では、参加者が少数だから談合によって大幅に高値を設定できる。

このような高値設定は、連続的に到達できる点ではなく、懸け離れた特異点である。したがって、談合による価格は、「ナッシュ均衡」と見なせる。ここでは、戦略によって、特異点に移行するわけだ。

 


 

以上によって、説明ができたことになる。

経済学理論と、ゲーム理論とは、まったく別のことなので、きちんと区別しよう。

特に中学で習ったはずの「需給曲線」については、きちんと理解しよう。これは決してナッシュ均衡と対比されるようなものではなく、ナッシュ均衡とは全然無関係で別の話だ。

 

 

 

p.s.

ブコメで、「ゲーム理論経済学区別する必要性は感じない」というのがあったが、それは、「戦略と、価格・数量を区別する必要はない」というのと同じで、狂人の発想だ。

 

例。

社員 「この新製品価格と数量は、どのくらいが見込めますか? 10万円で 1000台ぐらいでしょうか? もっと安くして、数量を多くしましょうか?」

社長 「ナッシュ均衡になるように、カルテルを結ぼう。それが正しい戦略だ」

 

これじゃ、会話にならないし、論理にもならない。気違い錯乱論理だ。

 

 ────────

 根本的に勘違いしている例も見られる。

ワルラス均衡は企業消費者プレイヤー生産計画と消費計画を戦略集合、利潤と効用を利得とするゲームナッシュ均衡に過ぎない

そんな発想では、プレイヤーの数が無限になり、選択肢の数も無限となり、意味不明になる、という矛盾はさておき。

ナッシュ均衡で得られるのは「戦略の均衡」であり、ワルラス均衡で得られるのは「価格と数量の均衡である」という点を理解できてないね中学校教科書を学び直すといい。

なお、「価格と数量は、戦略一種だ」と思う人もいるかもしれないが、違う。戦略は、個々のプレイヤーレベルで決まるのであり、いくらでも個別戦略の変更は可能だ。一方、市場価格と数量は、市場の全体によって決まるのであって、個別プレイヤーレベルでは決定できない。たとえば、どこかの誰かが、特別に高い価格戦略的に決定しても、その価格は、市場価格には影響せず、市場価格となるだけだ。

どうも、上記見解の人は、ゲーム理論ばかりを見て、経済学の知識が中学生ほどもないようだ。まずは、中学校教科書理解するべき。「市場原理とは何か」「需給曲線とは何か」を理解するべき。それがわかっていないから、すべてを個別プレイヤー理論解釈しようとする。

 

トラバにも、同じ誤解が見られる。

市場価格というのは、個別企業問題ではなく、市場全体によって決まる、ということを理解できていない。市場価格というのは、経済学問題であって、ゲーム理論問題ではない、ということを理解できていない。比喩的に言えば、「個人がどうするべきか」ということだけを考えていて、「国レベルでどうなるか」ということを理解できていない。マクロ的な認識ができていない。

  

 ・・・・・・・・・・・

 

しかしまあ、はてなーというのは、ゲーム理論の知識だけたっぷりとあるということは、よくわかったよ。あと、文系の知識は、中学生レベルほどの知識もない、ということも、よくわかったよ。

 

 ────────

 

なお、ゲーム理論理解できていない例も見られる。

通常2名というのはただの思い込み

 

実は、ここでいう2名とは、「自己」と「他者」のことである。「他者」は複数でもいいが、一貫して「1名」と同じふるまいをすることが必要となる。

たとえば、カルテルは、「他者」が1名として同じ行動を取ることが要請される。仮に、「他者」が分裂して、複数の行動を取るなら、カルテルは成立しなくなる。「カルテル破り」が出て、カルテル崩壊するからだ。

この意味で、通常2名という単純化モデル化)が、ゲーム理論では必要となる。一種の前提のようなものだ。

  

 ──────

 

 これだけ説明しても、まだ理解できない人の例も見られる。

選択肢の数が無限であるようなゲームなんかいくらでもあるじゃないか。

 

市場価格決定は、市場によって決まる。個別企業選択肢は、市場価格決定には影響しない。

たとえば、市場価格100円であるときに、120円という価格販売しても、それは、市場には影響しない。その企業がそういう戦略を取ることは可能だが、それは市場価格には影響しない。市場価格は、ワルラス均衡によって決まるのであって、個別企業戦略によっては決まらない。120円という価格で出した企業は、取引が成立しないので、市場外となるだけだ。

ここで論じているのは、市場価格であって、企業戦略ではないのだ。

話題となっているのは、プレイヤー戦略ではなくて、(市場における)価格決定の過程だ、という点を理解するべきだ。(企業における)価格決定の戦略無関係だ。企業価格決定は、決して均衡しない。どのような価格決定もできる。100円でも 120円でも、好き勝手に値付けできる。しかし、市場における価格は、決定される。それが均衡点だ。

価格の均衡点と、戦略の均衡点を、きちんと区別するべきだ。

 

訂正

ごめん。「ナッシュ均衡」という用語意味をよく理解してなかった。

この用語は、私が理解していたよりももっと広くて、一般的な「均衡」のことを意味していた。

私は「パレート最適」でない場合のことだけだと思っていたが、「パレート最適である場合を含んでいた。この点は用語勘違いしていたので、お詫びして訂正します。

 

ただし、「パレート最適である例を「ナッシュ均衡」という用語説明することは、ほとんどない。「パレート最適である均衡は、昔からずっと知られていたし、ナッシュ発見したり解明したりしたわけではない。市場における価格均衡も、ナッシュ以前からずっと知られていたし、ワルラスが解明していた。

したがって、市場における価格均衡を「ナッシュ均衡」と呼ぶことは、間違いではないにせよ、適切ではない。また、ナッシュ均衡の例を示すために、市場における価格均衡を持ち出すことも、適切でない。

市場における価格均衡を説明するには、「ナッシュ均衡」ではなく「ワルラス均衡」または「マーシャル均衡」という概念を出すのが適切だ。

また、ナッシュ均衡の例を示すのならば、市場における価格均衡を持ち出すのは、間違いではなくとも不適切であり、囚人のジレンマのような例を持ち出すのが適切だ。

 

私がこれまで「間違い」と指摘してきたことは、「間違い」と言うより「不適切」と呼ぶべきだった。この点は、お詫びして修正します。

 

参考:

「じゃ、どうすりゃいいのよ」

という質問には、こう答える。

市場における価格均衡を説明するには、中学生教科書のような図で説明するのが最適であり、ナッシュ均衡を持ち出すのは過剰であるナッシュ均衡を持ち出すのはは、紙を切るのに日本刀を持ち出すようなもので、中学生が基本概念理解するには重武装過ぎて、不適切。元の話の例では、ナッシュ均衡という概念は、一切必要ない。(間違いとは言わないが。)」

 

 

 

 

 

2015-11-07

男叩き、女叩きって、囚人のジレンマじゃねーのか?

囚人のジレンマって言うのは。犯罪者が2人いたとき

「お互いが犯罪について口をわらなければ、お互い+100円。でも、片方だけ喋れば、そいつは+300円、相手は-100円。両方が喋ったら、二人とも-200円」

みたいな感じなときに。最適戦略は?みたいな奴。

話すほうが得か?話さないほうがとくか?をお互い考えた結果、お互い喋っちゃって、二人とも-200円みたいなパターンが多い(ゲーム理論最初のほうに出てくる例)

  

で、今の恋愛至上主義からの男叩き、女叩きもコレじゃないかと思う。

  

①女は貞操を守り、男は結婚する場合

 これは、男も女も利益になる。

 男は自分の子供を残せる確信や、女が貞淑である確信を持てる。女は確実な庇護をもらえる。

  

②女は若いイケメン恋愛したがり、歳とったら清楚系ぶってマジメで地味な男と結婚しようとする

 イケメンとの恋愛も得られ、結婚して庇護もいただける。

 裏切ることで、利益を得られるが、マジメな男は一方的不利益をこうむる。

  

③男はヤリチンになりたがり、結婚を渋る

 婚前交渉をする立場になることが有利で、結婚という束縛を受けずに体だけゲットできる。

 また、マジメ男は不利益ばかりこうむるのはいやなので、結婚しないことで財産を守ることができる。一方、女は結婚できなくなる。

  

④お互いの裏切りが発覚するための罵り合い

 現状。

  

  

なんつーか。これ見ただけだと、どーも女の我侭のせいだなって思えてくる。

女は自分わがまま通したいってので囚人のジレンマスタートさせて。それに対して男が対策ねったら女に不利益が広がった。

お互い損しているんだけど。そもそもの原因はやっぱ女のわがままだなって思う。

  

一番利益が得られたはずの、①の状況って、それつまりお見合いでの結婚率100%近い時代じゃねーかって思う。

やっぱ先人の作ったシステムは偉大だなーと思う。

2015-09-14

三橋貴明氏の意見にいちいち注釈を入れたうえで、最後に自説を述べる

走り書きだけど

引用元

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12072474832.html

現状認識の部分から

我が国国債金利世界最低の水準で(世界最低はスイス)、日銀国債を買い取っている以上、財政破綻政府債務不履行)は起きえない

日銀国債買い取っているけど、これ自社株買いみたいな感じ。以前の記事で「パックマンの口が開いている」(それだけ国債日銀に買い上げられて、国債不足になっている!)という、別種の問題が発生している。

日本国家の対外純資産は360兆円規模で、世界最大。日本統計的に「世界一お金持ち国家

→円安による対外資産増加の影響もあるけど。日本国に属するありとあらゆる主体を合算するとそうなる

日本財政赤字政府負債(国の借金でも、日本借金でもありません)が増えているのは、デフレ名目GDPが十分に成長せず、税収が減っているため

名目GDP=物価変動を除いた部分。ここ最近は、消費税増税分だけ多少物価が上がった→GDPが増えた(棒 程度

日本社会保障支出の増加1.2兆円/年は、税収弾性値を無視しても、名目(実質ではありません)GDPが3%成長すれば、普通に賄える(税収増による)

→ 昨年度1年間の名目GDPは490.8兆円。ということは、ざっと14〜15兆円程度の成長が必要

名目GDPを引き上げるには、デフレ脱却必要

デフレは「総需要の不足」であり、貨幣現象定義不明)ではない。デフレから脱却するためには、総需要拡大策が必要

名目GDPは「物価変動を除く」だからより多くのものが売れる必要がある。

 ただし、貨幣が十分あっても欲しいものがなければ、買おうと思っても手元のお金が減ることに抵抗があれば需要なんて起きない。

消費税は、税制性質上、消費性向が高い低所得者層の税率が高くなる(いわゆる逆累進課税

→これが深刻。低所得者層生活できなくなる。というのもあるけど、団塊世代労働者人口高齢者への移行にともないストック(現預金などの純資産)を大量に持っているが、フロー収入)が少なくなりがちな人が増えているという点でも深刻。

●4-6月期の経済成長率(実質GDPの対前期比%)はマイナスさらに7-9月期もマイナスになる可能性が高い。すなわち、現在日本リセッション突入している可能性が高く、理由は昨年の消費税増税

→すくなくとも、消費税増税が水をぶっかけた可能性が高い。

デフレギャップGDPの1.7%ほどある)というわけで、日本が、

リセッション突入している可能性が高い

→ただし、現役世代の大量引退などで労働力不足気味ではある。

 介護施設倒産なども発生しているけど。

●10兆円規模のデフレギャップを抱えている

というわけで、代替案ならぬ「解」は、

●10兆円規模の補正予算を組み、直近のデフレギャップを埋める

整備新幹線リニア新幹線、ILCといった、将来の生産性向上をもたらす長期投資実施することで、土木建築産業雇用拡大、投資増強を促進し、土木建築サービス供給能力を高める

→財源はどこよ?といったら、国債ものすごい勢いで日銀が買い取ってて、民間金融機関国債欠乏症になっているんで、逆にありがたがられるかもしれない?!。赤字国債がだめなら建設国債とか。

また、ここまで大規模な土木工事発注は、行政府でもないと困難。

消費税については再増税は凍結。可能であれば、5%に戻す。消費減税が難しければ、消費性向が高い低所得者層所得減税を実施する

→これ、消費税自体が、最近現実ってMMOゲームゲームバランスをかえって悪化させているような気が済んだけどね・・・

ここまで注釈

ここから自説。

今の日本国における経済情勢は、ゲームバランスの調整を間違えて、延々とクソ修正やアホイベントを繰り返しているクソゲーと化しています

市場内に存在するお金が余っているものの、多くのプレーヤーがあまり使いたがりません。

結局は、一個人や一企業(ないし企業集団)では解決できないほどゲームバランス崩壊しており、かつその中で、各プレイヤー

合理的な行動をすればするほど合成の誤謬とか、ゲーム理論の基本例みたいな事態が起こっている。

具体的に言えば、個人や企業支出を減らせば減らすほど各自の手元現金が多く残るが、それをみんなが一斉にやると

各自の勤め先や取引先の売り上げが減るので、巡り巡って自分収入を減らす。ってことになる。

だったらゲームバランスを調整。と。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん