「恋愛弱者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛弱者とは

2017-10-17

anond:20171017024907

>征服欲は旺盛なのに実力が伴っていない恋愛弱者

まあこの通りなんだよな

征服できそうなのは2次元しかないので2次元に縋ると。

おそらく自覚もあるんだろうけど認めると死ぬから図星の奴ほど必死言い訳する。

anond:20171016201635

ロリコンにもいろいろあるけど、日本人男性場合女性、への征服欲は旺盛なのに征服する実力が伴っていない恋愛弱者特に多いと思う。

ショタには征服欲はないけど恋愛に踏み出せない人が多いと思う。

『「自立していて賢い一人前の大人の女性」が理想とされる空気』が目減りしてしまったのは、女性と接する経験値を得られない男性が増えてきているからだと思う。

経験値の高い女性征服したいと持っていても自分恋愛経験値が低いのでは制服できない。

から性的征服欲を満たす「他の何か」にすがっているんだと思う。

経験値0でホイミは使えないもんね。

それとは別に親心ベースロリコン日本はいるけど、割愛

次元とか物語恋愛世界に飛んでしまいがちの人はまず異性がよく読む雑誌をこっそりいろいろ買って読むといいよ。恋愛小説とかではなく。

女の人ってどう思ってるのか。男の人ってどう思っているのか、少しは分かるよ。

ちなみに、私の恋愛経験値は別として、異性を制服しようなんて相当な人でないと無理。頑張っても半分征服するくらい。

そもそも異性を消費しようという考え自体子供じみている。

恋愛は如何に相手に消費されないように豊かな燃料を蓄えるか、だよ。

2017-09-09

https://anond.hatelabo.jp/20170908230300

近親相姦法規制の是非について、いろいろ議論拡散しててモヤモヤするので自分なりにまとめてみたい。

<2017/9/10 12:21 ブクマ数187users 追記した。イヤマウンターへの回答になるか分からないけど…あと微細な誤字修正

 2017/9/10 23:01 ブクマ数350users 良い指摘も貰ったので再追記&読み辛い記号は省略して浄書した。>

近親相姦と近親婚の区別

まず、近親間の「性交」と「婚姻」を分けて考える必要がある。

前提の確認として、2017年現在日本には、成人(=18才)した近親間のセックスを取り締まる法律はない。

ただし、13歳未満に対しては例え同意があっても強姦罪強制性交等罪)が構成される。(刑法第177条)

18歳未満であれば、地方自治体が定める青少年保護条例に基づいて規制されうる。(淫行条例

また、3親等以内の近親間は婚姻はできない。(民法第734条)

成人した近親間の合意に基づくセーフセックスなら許容されるか?

たとえ法律的に禁じられていなくとも、現時点では、近親間でセックスすることについて、単純に不快感を感じるから反対するという意見大勢を占めると思われる。

しかし、不快感だけに戻づいて法規制を行うことは、「ゲイ不快から反対する」となんら変わらず、その他の行為にも「利害関係にない他人の心情」という不確かな要件法規制を成しうるため、不快感法律根拠にするのは避けるべきだろう。

規制根拠としては、「年長者が年少者に対して、権力的優位を利用して性交する虐待可能性がある」から禁止という論理展開をとるのが適当だろう。

そして「権力的優位を利用した強制性交」というところまで抽象化すれば、これは何も近親相姦に限らないと気付くはずだ。最近大学教授学生を言いくるめ性的関係を迫る事件が起きた。

慶応大教授女子大生を「洗脳不倫 “先生とだったら世界征服も”週刊新潮 2017年9月14日掲載

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/09061659/?all=1

年齢差、年収差、肩書、男女…あらゆる要素で権力勾配は生じうる。相手の弱い立場につけ込み強制的関係を迫るのは近親間に限らない。20歳差以上もある男女や玉の輿と呼ばれる婚姻を訝しむ人は、暗黙的に権力勾配による強制性を疑うのだろう。

かと言って、権力勾配がない平等な男女でなければ性交婚姻できないとするのは現実的ではないように思われる。

生物として長年同棲した人間は互いに性欲を感じない」という意見もある。(ウェスタマーク効果

では、年長・年少の差異(=権力勾配)がない双子が、生まれてすぐ別々に過ごし、互いに成人した後出会ったのちの近親相姦はどうか?

成人した両者が合意の上で、子どもも儲けず血も交わらない安全なセーフセックスをする分には、外部の人間がそれを規制する根拠は乏しいと思われる。

「両性の合意に基づく婚姻」の捉え方

現在日本には同性婚制度が存在しないが、近年の議論として、「同性愛者・両性愛者・性転換者(LGBT)にも同性同士の婚姻を認めるべき」という意見がある。

日本国憲法第24条では、「婚姻は、両性の合意のみ」に基いて成立すると定めている。

ここから(もちろん歴史的な経緯からも)長らく「婚姻とは、男女間の契約であることが含意されている」と認識され、現在同性婚は認められていない。

しかし、この「両性」には男同士・女同士も含まれるとして、LGBTにも婚姻を認めるべきという容認論が出てきた。

アメリカでも同様の議論がなされ、リベラル派は賛成し、宗教保守派は反対している。

保守派は、反対理由として「LGBT間の婚姻が認められるならば、近親婚、複婚(ポリガミー一夫多妻多夫多妻制)、児童性愛ペドフィリア)も認めることになるだろう。」と主張している。

http://www.hrc.org/blog/texas-legislators-argue-same-sex-marriage-leads-to-incest-polygamy-pedophil

まり、「両性」にLGBTが含まれるなら、なぜその「両性」が近親ではダメなのか?なぜ「両性」が2人の関係でなければならないのか?3人でも4人でも彼らが合意すれば外野が口を出す必要はないではないか?相手児童でもいいのではないか?(いやダメである。)という論理だ。

親子ときょうだいの区別

次に、近親の組み合わせが、親子ときょうだいの場合を分ける必要がある。

一般的に、親子ならば、父×娘、母×息子。

きょうだいなら、兄×妹、姉×弟が想定される。

しか最近LGBTを擁護する世論考慮すれば、近親相姦・近親婚においても父×息子、母×娘、兄×弟、姉×妹の組み合わせすら理論上ありえる。

そして、異父母きょうだい×異父母きょうだい、親×連れ子、親×養子、連れ子×連れ子、3親等まで広げれば叔父×姪、叔母×甥、祖父母×……さらにそれらの複婚関係……といった創作の題材になりそうな組み合わせも無限にありえる。

多様性絶対善」なのか?形を変えた優生学批判されないか?

「近親交配しないのは不利な劣性遺伝子顕在させず、生物的な多様性を保持するため」として近親交配に反対する意見がある。

ここで注意したいのは、劣性(潜性)遺伝とは、即、不利な形質を示すわけではない。

もちろんハプスブルク家ロマノフ家の例を出すまでもなく、近親交配によって虚弱体質等の潜性遺伝子顕在することもありえる。

しかし、サラブレッド育成や家畜品種改良に見られるように、近親交配(インブリード)によって、人間が有利と認める形質を顕現させる交配は日常的に行われている。

では、優れた(とされる形質を持つ)人間を顕現させるための手段として近親交配を行うことは許されるのか?

かつて優生学として批判されたのではなかったか

優生学」とは、表層的には「優れた人間人為的に作り出す」を意味するが、もっと抽象化すれば「社会に貢献する人間遺伝子操作で生み出す」ことである。「優れた子を産み、社会へ貢献せよ」という繁殖圧力が埋め込まれている。

同様に、遺伝子多様性を守るべきという立場は、(遺伝多様性を備えた「=優れた」)子どもを儲け、社会に貢献することを暗示的に求めていないか?

「多様な遺伝子(=新たな「優れた人間」の基準)を持つ子を産め」という圧力である

日本の国力を維持するために子どもを2人以上作るべき」という意見は、時代遅れの家父長制として批判されるだろう。

では、この考えを拡張した「人類繁栄遺伝子多様性のために、近親相姦子どもを儲けるべきではない。遺伝子的に遠い組み合わせを選ぶべき」という意見優生学として批判されないのだろうか?

なぜ、見ず知らずの他人社会のために、子ども遺伝子多様性を考え子作りしなければならないのだろう?また、子どもを作らなければならない社会的圧力は、不妊夫婦LGBTカップルにも襲い掛かる。

(※再追記)「遺伝子多様性」についてコメント重要な指摘があった。

要旨としては、「一個体単体での多様性存在しない。遺伝子多様性とは、社会全体で見たときに様々な遺伝子をもった個体がいて、あらゆる環境変化にも社会全体として生き残る可能性のある個体を総体として保持する状態を指す」というものだ。

まさに、そのとおりである

元増田コメント欄 http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170908230300 で、「近親交配は遺伝子多様性を狭める」「『血が濃い』子どもを産むのは多様性に反する」といった反対論がいくつか見受けられた。

似た遺伝子を持つ近親が交配することで生まれ子どもは、その遺伝子一族が持つ因子以外の多種多様な因子を持たず不都合が生じるといった主張だろう。

これを受けて、一族が持つ因子と異なる個体と交配することを「遺伝多様性」と表現した。

だが、「社会全体の遺伝多様性」と捉えなおしても、やはり結論は変わらないだろう。

社会全体の遺伝子多様性考慮せよ」ということであれば、近親交配で生まれた「血の濃い」子どもだろうが、高齢出産で生まれ障害児やダウン症児だろうが、互いに遠い因子を持つ両親からまれた「(元コメントが支持する)多様性を実現した」子どもだろうが、すべてイコールなのである

どんな組み合わせの子もも、何に役に立つかわからないから全て尊いのだ。

酷い貧血で苦しむ鎌状赤血球を持つ個体は、マラリアに耐性を持つ。

「血が濃い」ことによって何らかの潜性遺伝が顕現し生活不自由を生じるかもしれない。だが、それすらも何らかの環境で役立つかもしれないのだ。


カンブリア大爆発で生まれた珍奇な生物は、ほとんどが「失敗作」だったかもしれない。

生物ミクロにおけるあらゆる試みは、現時点で正しいかどうか判断できない。

しかしたら将来、障害児が持つ因子がを生かしておくことが正解だったと判断される時代が来るかもしれない。

ミクロレベルでは、将来どんな因子を持つのが有利なのか判断できないし、そんなことを判断して子孫を作るわけではない。

(※再追記ここまで)


互いに愛し合う両性は、人類遺伝子多様性を守るために子どもを儲けるのではないはずだ。

多様性を善とするならば、近親交配で生まれ子ども多様性一種として認められないのか?

「生まれ子ども可哀想」という意見もあるだろう。

「やーい、インブリード」「お前の母ちゃんふーたり」「淫乱家族」「本能自然の摂理に反している」「相続税が複雑になる」といった差別罵倒を受けるかもしれない。だが、これはLGBTが受けてきた偏見のものである歴史は繰り返す

富裕層節税に使う」といった意見は単なる税制の失敗であり、状況に合わせた税制改正対応すべきであって、税制設計ミスが人々の自由恋愛を拘束してよい理由にはならないだろう。

意図的遺伝子編集は許されるか?

近年、CRISPR/Cas9の登場で、生物遺伝子を直接改変する「ゲノム編集」が技術的に可能になってきた。

まるでタトゥーを彫るごとく、遺伝子編集し、発現する特質コントロールする時代がいずれ訪れる。

多様性が善」ならば、各人が好き勝手自分遺伝子編集することは許容されるのか?

自分の子希望通りに設計する「デザイナーベビー」もいずれ可能になるだろう。

果たしてデザイナーベビー子どもに対する人権侵害なのか。アメリカ宗教保守派は、受精卵にも人権は生じると主張する。だが、精子卵子状態から設計」し始めたらどうなるのだろう?

予め遺伝子由来の病気が顕現することが分かっていて、予防的にゲノム編集による遺伝子治療を施すこととの線引きはどうするのか?

また、近親交配に反対する理由として挙げられていた、生活上不利な劣性(潜性)遺伝子の発現を抑えることができるのならば、近親交配は許容されるのか?

「近親交配で生まれた『失敗した』子どもは間引かれる」という意見もある。だが、遺伝子治療によって間引く必要がなくなったらどうなるのだろう?

女性を交換財産としていた時代の名残

文化人類学観点から近親婚に反対する意見がある。

「女は、他の家に嫁がせ血族ネットワークを拡大し一族繁栄を図るための道具」という認識から、女は他の一族に対するプレゼントとして考えられていた時代があった。

まり、「身内で女を消費するな。嫁入り前の性交大事な贈答物が『キズモノ』になる」から近親相姦を禁じる論理だ。

これも現在では、前時代的家父長制と批判されないだろうか?

婚前交渉を『キズモノ』となじる貞操観念も、もはや薄れつつある。

そもそも婚姻」の意味が変容しつつある

何のために婚姻をしていたのか?

家督」を守り繋げるため?

子どもを育てるため?

相続上の利益を守るため?

家族になったという感情的な満足を得るため?

婚姻制度形骸化し、婚外子一般化しているフランス北欧では、事実上多夫多妻制度に移りつつある。

皮肉なことに、女性は一度子どもを儲けると長期間にわたって身体不自由が続くため、自由恋愛事実婚社会では一夫多妻に近い形態をとる。(奥さんが子育てをしている間に、男が他の女に会うなんてスキャンダル最近もあったね。)

一人の恋愛強者男性精子バラまき、多くの女性子どもを産ませる。恋愛弱者遺伝子は途絶える。(安心したまえ、恋愛強者の子ども達は社会全体とキミの税金でしっかり育てるから。)

まり一夫多妻制の基では、社会遺伝子プール多様性を減らす方向に働く。

これは、社会遺伝子多様性を守るために規制されるべきだろうか?

自分の頭の整理のために書き散らしたので、結論はない。

※「気持ち悪い」「素直に近親相姦したいだけって言え」⇒つまりフィクションお姉ちゃん最高!飯田ぽち。先生の「姉なるもの」好評連載中!

http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_AM09000031010000_68/

相手クトゥルフ神だったらいいよね!自然に反したおかし衝動創作物で紛らわそう!

2017-09-05

恋愛弱者一覧表

マッチングアプリ1年やって上手くいかないやつを分類した

自分は男で女を対象にしたパターンだけど男が当てはまるパターンもいくつかあると思う


1.プロフィールが長い

2.質問に対して質問を返して会話を続けられない

3.恋愛目的ではありませんとプロフィールに書いている

4.写真を盛っている

5.意識高そうなことを書いてる

6.友達とセットで写ってる

7.写真に顔が写ってない

8.顔が小さく写ってる

9.実家暮らし

10.明らかに個性的すぎる

11.年齢の割に恋愛経験が少なすぎる

12.自己中心的だけど本人に自覚が全くない


総合的に言えばコミュ障コンプレックス強すぎると視野が狭いやつと警戒心が強すぎるやつは恋愛弱者

2017-08-09

https://anond.hatelabo.jp/20170809213345

KKOってきもくて臭いおっさんだと思ってる?最近恋愛弱者論にすり替わってて本当の意味が薄れてきてるから忘れがちだけど、

きもくて「金が無い」おっさんのことだからね。金無いのに街に出て何して遊ぶっていうんだよ。

座ってるだけでも通報されかねない、通報されても文句言えないような存在だぞ。

2017-08-05

性の対象とされる比率に男女差はあるか?

性犯罪被害率などから一般的には男性より女性の方が性の対象として見られる比率が高いと思われているが実際はどうだろうか?

確かに、性犯罪被害にあったことのある女性は、性犯罪被害にあったことがある男性より遥かに多いが、

それらのケースの殆ど若い頃に被害にあったという話である

「性の対象にされる」というのを性犯罪などの「行為」を行う対象ではなく、いわゆる「性的まなざし」を向ける対象という意味で捉えると、

男性女性に向けるまなざしよりも、むしろ女性から男性に向けられるまなざしのほうが広く深い用に思える。

例えば、男性向けのアニメ漫画アイドルなどのコンテンツで出て来る女性の多くは若く、目が大きく、髪が長い。

年増キャラなどにおいても、見た目は現実女性に比べてだいぶ若くがかれている。

一方で女性向けのコンテンツに目を向けると、そこで消費される男性像は少年から壮年まで幅広く、

ハゲやちびやデブといった一般的マイナスと言われる要素もある種の清潔感がある前提ではあるが許容されている。

近年で言えば星野源のようなイケメンとは言えない男性が人気を集めていることからもそれは伺える。

これらのことを考えると、性的対象とされる比率を単純な数で表したならば、そこに有意の差はないと思われる。

しろ結婚などの社会的な状況においては、年齢や容姿などの変えられない資質努力次第で美点に変えられる男性の方が有意であり、

タイムリミット存在し厳しい、ルッキズムさらされる女性の方が不利と考えられる。

しかし、現実には実際には男性の方が未婚となる傾向が高い。

理由は少し考えれば分かることである

いくら需要となる容姿や年齢の幅が広くても、男性自身対象範囲が狭い以上、小さいパイを奪い合うことになるのは必然である

まして若い女性は同世代若い女性のみをライバルとしていればいいのに対し、男性はほぼすべての同性がライバルということになってしまう。

かくして男性の方が需要が高いにもかかわらず、恋愛弱者男性大量生産されるのである

2017-04-15

恋愛離れの原因は長時間労働だよなぁ

女性が男に対してときめきを感じるのって「清潔感」と「余裕ある態度」なんだが、

長時間労働をしつつこれらを保つのがすごく難しい

気を遣うのに割く一定時間が得られないので清潔感を無くしていくし(清潔ではあるが清潔感は無い)

普段仕事で齷齪したりして心の余裕を無くし、会社評価で心折られていって自己肯定感は低くなり、余裕ある態度を無くしていく

こういうと「お前が甘えてるだけ。長時間労働しつつ恋愛してる人なんていくらでもいる」とか

マチズモ人間がわらわら沸いてくるから恋愛弱者は生きづらい…

2017-03-31

女になりたい元増田より

http://anond.hatelabo.jp/20170327002725元増田です。

恐ろしく長い書き込みになりますすみません

コメントありがとうございました

とにかく吐き出したい一心で書き込んだものにさまざまなお言葉いただき、とても驚いています

書き込んだときは、一つ二つコメントがあれば御の字、よくて炎上事案だろうと思っておりました。自分が発信したものに、こんなにも多くの方からの方から反応をいただいた経験もなかったため、あまり現実味がなかったのも正直なところです。

しかしながら、増田の皆さんがコメントするという手間を割いてくださったこと、純粋に嬉しく思います。読み初めは恐る恐るでしたが、最後には泣きながらすべてのコメント拝読しました。

ありがとうございました。

お返事(というよりは所感)

いただいたコメントの中には、はっとしたり、感銘を受けたり、お礼申し上げたいお言葉がたくさんございました。

今後立ち止まったときに読み返したいという思いもあり、誠に勝手ながら覚え書き代わりに再び書き込んだ次第です。

こんなところまでご覧になる方はごく少数かと思いますが、以下、先の書き込みを通してわたしに投げかけられたと思しきコメントを中心に挙げさせていただきました。

わたしの頭が及ばず文脈を読み取ることのできなかったコメントコメントに対するコメントなどついては割愛させていただきます。本旨を拾うことができていない場合も見受けられるかと思いますが、ご容赦いただければ幸いです。

コメント群 I:そもそも内容が不快

自覚がなかっただけ余計に質の悪い「いけ好かなさ」があったのだろうと思いますし、言い訳以上でも以下でも無い書き込みでしたのでご指摘ごもっともです。貴重なお時間をいただいてしますみません

コメント群 II:書き込む場所問題

解決法、相談場所など考えるなり調べるなりすべきだったところ、自分勝手に思い詰めた挙げ句思考停止していました。

今後は適当と思しき場所相手を見定めていきたいと思います

コメント群 III:受け身すぎ・主体性がない
  • 単なるビビリやん、行動するのに御託を並べてる時点でビビ卒業できてないわ
  • 自分人生から逃げ続けていると、そのうち人生からしっぺ返しを食らう。
  • 傷つくことを恐れて逃げると、もっと傷つくことになる/同世代だって心を受け止めあえる優しい人がいることをまずは知って欲しい。とにかく探して話していけば、きっと人として愛しあえる。
  • 残念、悉く受動的。恋愛に限らず、してもらうことばかり考えている人に惹かれる人は少ないと思うよ。許されたい、愛されたい、と他人に望んでばかりじゃね。
  • コンプレックスのせいで受け入れてくれそうな人に甘えているだけでしょ。お洒落モテる努力をしてコンプレックスを解消してみては?30代は出会いが沢山あるので遅くないよ。今諦めると10年後にもっと後悔する本当に
  • 酷い言い方かもだけど、メソメソこんな私を愛して延々言ってたら、一生搾取おじさんの餌食から抜け出せないと思う 自分自己肯定感低いけど、なんとか脱しようと努力しているか増田さんとは相容れない

その通りですと頷くことしかできないコメント第一群でした。

コンプレックスの強い部分が性にまつわる事柄に集中していたのでああいった書き込みになりましたが、そもそも人として受動である、ということをコメントを通して実感しています

こちらも仰る通りだと思います

自分と向き合うこと。価値を見出すこと。認め、受け入れること。すべて放棄してしまったがゆえの今のわたしですね。

コメントIV自尊心・願望が高すぎ
  • この人はもうショーケースに並んでいるのだと思う。ただ、それを自分で認めたくないだけで。
  • 自信が無いのではなく、プライドが高すぎるだけでは。「ショーケースに並んでる」女性を見下してきたんじゃない? 私は違うって。
  • なんかモテない自分に酔ってるような印象を受けた。モテないと言いつつナルシストなんだろうな。理想を下げられないんだ。
  • さないと愛してもらえないぞ。先に愛したら負けだと思っているんだろ。

このあたりも刺さったコメント群の一つでした。

自主性を放棄したのも自分選択ですが、そのあたりを「放棄せざるを得なかった」と外に責任転嫁。「誰かと恋愛を共有できずとも生きていく」ということに固執し、「私は違う」と言い聞かせながら、どこかでは自分から愛するのでなく選んでもらいたいという望みを抱えていた気がします。

いや、抱えて”いた”というか。現在進行形の方が近いでしょうか。

  • プライド自尊心)の処理さえどうにかできれば、あとは“彼女たち”の真似をすれば十分追い付けるのでは?/不倫超うらやましい……。好奇心がある今のうちに、男から色々教えてもらいなさいな
  • なんか無理に小難しい言い方をして賢く見せようとしてる感じがするなあ。プライドが高いのかもしれないけど、恥かいてもいいと思ってないと他人と深い関係にはなれないよ

なので、こちらのご指摘の通り、自尊心の壁を崩して自己開示することは大きな課題だと思います

不倫は二度とごめんですが、(誰かに迷惑をかけない形で)失敗を恐れず経験を積み重ねることができたら素敵ですね。

こちらのコメントには心底はっとしました。

自分が傷つきたくない一心積極的な行動を避けるようになりましたが、はたしてそれで何を守ることができたかと問われると、得心のいく答えが見つかりません。

  • 真面目な非モテ結婚すればいい。恋愛じゃなくて結婚するんだ。そもそも日本人の大半には恋愛なんてできないんだよ。
  • そんなに恋愛幻想持たないでもいいと思うぞ。(妻帯者は避けたほうがいいとは思うが)愛し愛されたいとか、それだけならそこらの男性半年も付き合えばできるし、それをうなずけないのは、望み高いからだし。
  • じゃあ俺が恋人にしてやるよ、って言っても拒否するだろ?結局わがままなんだよ、選り好みしてるだけのただの甘え

文化的な背景であったり、そもそも現実的な部分であったり、分かっていなかった部分がたくさんありますね。

少女漫画ドラマリアリティを疑う頭はあるくせ、夢見がちな自分の頭を自覚する能は皆無だったのだとつくづく思いました。

わたしが選り好みしない人間であれば、何食わぬ顔で件の人との関係を続けていたでしょうし、きっとああいった書き込みもしていません。

コメント群 V:不倫女のテンプレ

いくら年上が好きでも不倫だなんてありえないし、人の旦那に引っかかるような女にはなりたくない。そう思っていた十年前の自分に今回の書き込みとこちらのコメント突き出してやりたいです。

正直ぐうの音も出ません。

年齢ばかりが大人の濃度を増すのに比例して、欲求も複雑かつ深くなっていくので、大人として制御の仕方も覚えねばと強く思います

同じ轍を踏まないための必須スキル自己肯定であることも忘れずにいたいです。

コメントVI:見た目ばかりが大切なのか

コメントを受けて自分文章を読み返したのですが、見てくれからして自分を好きになることができないあまり、中身はおろか包装さえ魅力がない!だから手にとってもらえない!という書き込みになっていましたね。

もちろんそう感じていたのは事実なので、コメント一つ一つから見目に執着していたことを自覚することができました。

書き方が悪かったため「可愛らしい女の子」に内面も含まれることが全く伝わらなかったことと思いますすみません

わたしが羨んだ親友たちが(自覚的にせよ無自覚にせよ)努力で構築してきた「かわいさ」には、親しみやすさであったり、思いやりであったり、内面の豊かさに表れるものもたくさんありました。わたし可愛いと感じた外見も、そうした内面から滲み出る表情・仕草が大半を占めていた気がします。

明るく振る舞っていた彼女たちと、マイナスばかり抱えて鬱屈していたわたしとでは、比べるべくもありませんね。

自分書き込みが外見ばかりに言及した内容であることに気が付かなかったあたり、内面から目を逸らしているというご指摘は的を射ていると思います

コメントVIIワード定義・考え方について
  • 女になる、というのは果たして、綺麗に着飾って声を掛けてもらえるのを待つ状態を指すのだろうか。逆説的に、声を掛ける人だけがあなたの中では男なの?
  • 「女としてショーケースに並ぶ」ことが女になるってことだと思ってるなら、それがそもそもの不幸のような気がする。
  • 増田が何を目指してもいいけど、そういうのは女じゃなく恋愛体質とか恋愛至上主義者って言ってくれ。
  • 「異性のパートナーがいない女は『ちゃんとした女』ではない」って思い込みを捨てれば楽になるのでは。

このあたりもすごくはっとしたコメントばかりです。

女として、女になりたい、女、女……と再三嘆いているわりに、わたし自身劣等感を通じて「女性」という性を蔑み、貶していたのではないか?と感じました。

自尊心にしがみつきわたしの憧れる「女性」に対して「わたしは違う」とどこかで思っていたのと同時に、女性としての価値勝手に決めつけていた気がします。これもまた思い上がりですね。

  • すごい違和感増田の中で「女性=選ばれる立場」という認識?選ばれたいという願望で自覚的にそう思ってるならまだしも、増田だって愛する権利は勿論あるし「人として」愛されるという選択も確実にあると思うけど
  • ショーケースなんかに並んでないで、自ら狩りに出れば選びたい放題だよとマジレス
  • この人は「選ばれること」「評価されること」を強調するけれど、自分自身もまた「選ぶ立場」「評価する立場であることを忘れている。その非対称性が少し気にかかる。
  • 受け身は止めてみたらどうか。あなたが主導でも恋愛は成り立つ。
  • 既婚者なのに言葉巧みにおいしいとこだけ持ってこうとするやつなんかに選ばれようとしなくていいよ。そんなショーケースに自ら入る必要ないよ。あなたを「選んで」くれる人を、自ら選べるはず。

こうしたご指摘を受けた根底には、上記のような「女性」に対する偏った価値観があったのだと思います

日常生活の中で無意識に「選択する」ことを繰り返しているはずですが、そのあたりを自覚できていなかったのも問題なような……自己肯定すること、主体性を持つことにも繋がると思いますが、前向きに選ぶことができるようになるのも課題の一つと感じました。

前述したコメントから繋がるものですが、こうしたご指摘は、偏った価値観に縛られて手段目的になっていたのだと気づかせてくださいました。

ショーケースに並ぶことは女として取り得る手段ひとつにすぎず、それ以外の選択肢があることを理解しようとはしていなかったのかもしれません。

労っていただいてありがとうございました。

上記の通り偏った価値観から好き勝手に嘆いていましたが、「女」になることで何が欲しいのか?という問いに対する明確な答えを持ち合わせていなかったことに気がつき呆然とした次第です。

好みの恋人を得るために可愛い女性になりたかった、というのが当てはまるような気はしつつも、女として生まれ自分が持ちうる一番身近な「愛される形」が「女性」だったのでは、とも思いました。

長くなりすぎたのでIIに続きます

2017-02-26

本田透はどこへ消えた?

本田透」と聞いて、「ああ、あの人ね」と一人の男を思い出す人はもはや少ないかもしれない。

から10年以上前2005年、『負け犬の遠吠え』や『電車男』のブームに反発して、『電波男』というタイトルの本で最もラディカルなオタク擁護を行った人だ。

当時、オタク恋愛弱者で「大人に成り切れない大人」として扱われていた。そんなオタクに対して『負け犬の遠吠え』ではオタク恋愛対象にならない、大人に成り切れないオタクが増えたせいでまともな恋愛ができなくなった、と批判し、『電車男』では「オタク卒業して真実恋愛を見つけよう」と煽った。

本田はそんな風潮にたいして、「いやいや、真実恋愛オタク側にある」と180度傾倒した思想を展開した人だ。

現実社会恋愛は打算が絡み合い、相手を傷つけあうような暴力的恋愛だ。それに対してオタクが行っている脳内恋愛は、誰も傷つけず、打算も絡まない純粋恋愛だと反論したのだ。

本田の主張はセンセーショナルだった。熱狂的に受け入れるものもいたし、極論だと反発するものもいた。是か非か、で論争となり、当時の主要な思想家は彼の考えに言及した。ほとんど彼を批判するためだけの本も出た。

本田オタクキャラクターを愛でるときに使っていた「萌え」という言葉は、恋愛を超克したものだと位置づけた。ネット用語だったこの言葉は一躍ホットワードとなった。

彼の主張は岡田斗司夫の「オタク情報社会に適合した最先端人種」というオタク擁護を引き継ぎ、さらに先鋭化させたものだった。本田自分の考えを深掘りし、哲学史文学史とも接続させて思想的な裏付けをも与えようとした。

このうえ、本田ライトノベルも書き始めた。それは自分思想の「実践」だった。人類が最高に萌えられるキャラクターを生み出せれば、恋愛で傷つけ合う人々もいなくなるはずだ、という考えのもとに行われた。2005年2012年にかけて、ほとんど毎月のように彼のライトノベル刊行された。異常なペースだ。

オタク生活が「思想」や「ライフスタイル」じゃなくなって、「娯楽の一部」になってしまった今じゃ、彼の本を読んでも「何この人、こんなに鼻息荒いの?」としか思われないかもしれない。当時のオタクを取り巻く状況を込みで知らなきゃ、この本の勢いはわからないだろう。

萌え」もすっかり死語になってしまった。当時纏っていた特殊意味合いは今ではなくなっている。

本田2012年に『ライトノベルの楽しい書き方シリーズの最終巻を刊行して以来、一切、本を出さなくなってしまった。

もはや自分の考えを表現することに興味がなくなってしまったのか? セールス的な要因で出せなくなってしまったのか? あるいは大著の準備をずっとしているのか?

その理由は一切わからない。更新の止まった公式サイトだけを残して、彼は長い沈黙に入ってしまったのだ。「本田透、何しているんだろう?」と言う人もいない。あれだけ論争を巻き起こした人なのに、この扱いはちょっと、いや、かなり寂しい。

村上春樹新刊を出して、小沢健二が復帰し、林原めぐみが初ライブをするって聞いて、ふとこの人のことも思い出してしまったよ。

2017-02-21

恋愛離れの原因は「男らしさ」「女らしさ」というレールが無くなったからでは

ほとんどの人間は「男らしさ」「女らしさ」というフォーマットに沿わないと恋愛ができないんだと思う。

大昔の時代は「男らしさ」「女らしさ」の価値観が強固だったんじゃないですか。

相手は男だから強さ逞しさを求めていい」「相手は女だからお淑やかさを求めていい」…的に

相手に「男女像」というもの求めてることが、まあ、許されていたんじゃないですか。(そりゃパーペキに許されたとは言わないけどさ)

「男だから~」「女だから~」と価値観押し付けることができた。

しか現代はどうだ?ジェンダーフリー男女平等、反セクシズム。

基本的相手に「男らしさ」「女らしさ」を求めるのはアウトな価値観時代です。政治的に正しくないです。ポリでコレじゃないです。

相手が男だからって強さ逞しさを求めてはいけない」「相手が女だからってお淑やかさを求めてはいけない」

…これを破る者は基本的モラハラセクシズムハラスメンターです。

要するに『相手に「男らしさ」「女らしさ」とかカンケイなく一個人として見るべし』…というのが現代における恋愛規範と言えましょう。

が、これこそがまさに、恋愛難易度を爆上げさせてしまった要因なのではないか、と思う。

簡単に言うなら「相手を読み解くまでのコード多すぎる」

上記の通り大昔は「男らしさ」「女らしさ」というごく単純なコードにより、ある程度は相手のことが『分かりやすかった』(そりゃパーペキ単純化されてたとは言わないけどさ)

だが「らしさ」というもの忌避される現代では、「相手を読み解くコード」が非常に複雑難解と化しているのだ。

相手が○○だからって××と思ってはいけない」「△△と決めつけてはいけない」「■■と扱うな」

あぁ^~コードが分かりづら杉るんじゃぁ^~…トライアンエラートライアンエラートライアンエラーブライアンエラー

…もういい、疲れた恋愛ってめんどいしいいや…

…って感じが昨今のありがちな恋愛離れ像だと思うのですよ(←すげえ単純化してんな)

結局ね、逆説的に言って大昔は「男らしさ」「女らしさ」というもの保証があったからこそ、

万人にとって恋愛はある程度単純化されていて、参入障壁が低い文化であった…と思うんですよね。

いや、上記を読んでムカムカする人がいるのは分かりますよ。おまんら「男らしさ」「女らしさ」に頼らんと恋愛もできんのかいシバくぞワレ!?

でもね、でもね…そういう「男らしさ」「女らしさ」に頼らなくても恋愛できるあなた方は「恋愛強者」なんですよ。

でもその「恋愛強者」は、正直すっげぇ少ないと思うのですよ。残念ながら。

人間というものほとんどが「恋愛弱者」で、「男らしさ」「女らしさ」に頼らないと恋愛できない。

しかし「男らしさ」「女らしさ」に頼ってはいけないとなったら、「恋愛離れ」に至るしかないのですよ。

悲しいけどこれ現代ナノヨネ(チュドーン スレッガーサーン!!!

いやいや、誤解せんでほしいんスけど、このエントリの主張は

「大昔の男差別社会に戻るべきなんじゃ~~~!」とかそんな極端な保守主義者みたいなことを言いたいわけではないデスよ。

私はむしろ男女平等な世の中を望んでおります

あと、「なんでそんな恋愛離れを嘆くのだ。恋愛しなくても別にいいじゃん」と意見する人もいるだろうが、それはとりあえず後のお話

ただ、言いたいのは、「男女平等を推し進めたか恋愛する人が減ったんじゃね?」

男女平等恋愛ができるのは少数の恋愛強者のみ。大多数の恋愛弱者は「男らしさ」「女らしさ」に縋らざるを得ない」というだけの話。

恋愛人口男女平等トレードオフ

男女平等を推し進めよう!その上でみんな恋愛しまくろう!」なんて無理無理カタツムリ

●『男女平等推進!それで恋愛する人が減ってもしゃーない!』か

●『恋愛しまくろう!男女平等とかどーでもええんじゃい!』か

どっちかしかないんじゃないか?…というだけのお話

2017-02-15

キモオタフェミニスト

オタクが一々フェミニストにつっかかってくるのって、男性特権を目に見えて享受できない立場にあるので、実際は男に生まれたと言うだけで差別的立場にいるということが理解できないということもあるんじゃないかという気がしてきた。

恋愛弱者でもあるオタクは、未だに男女差別根付いたままの恋愛市場からは男らしくデートプランを考えろとか男らしくあることを要求されて、一方フェミニストからは男であるということで(自分メリットを感じてないのに)責め立てられる。

結局のところオタク大人にならない限りは永遠にフェミニストいちゃもんつけ続けることになりそう。

2017-02-10

恋愛感情の伴わない家族共同体の夢

自分たち意思で選んで作れるほぼ唯一の家族が"配偶者"あるいは"パートナー"なんだと思ってる。

だけどこれには恋愛感情必要

でも、そうじゃないようなありかたもあっていいんじゃないかって思う。

というかあって欲しい、そしてそれが欲しい、と思う。

理想は、Aセク(無性愛者)の人が友情でもってパートナーを選ぶというやつ。

別に1体1じゃなくてもいい。

時代劇で出てくる長屋のみんなで助け合って生きていくイメージだろうか。

(あれがどのくらい現実にあったものなのかは知らないけど)

わかってるよ、恋愛弱者寝言だって

でも結婚したいとは思えないんだ。

それでも、数少ない友人がみんな家庭を持ってしまったら、完全にひとりきりで、それで何十年も生き続けていける自信がない。

かと言って自殺する覚悟も、いつ決められるかわからない。

同じ状況の人、他にもいるでしょ?

2017-01-31

恋愛弱者ネットの女/男叩きに乗せられて機会を失ったのは

フリーターがカッコイイみたいな空気に乗せられて今非正規やってる奴らと同じ構図

2017-01-15

恋愛」と「男女平等」って水と油なんじゃないか

男女平等」とか「ジェンダーフリー」とか「性差をなくす」とか「多様性」とか…ここらへん全部「恋愛」と相性が悪いんじゃないかと。

もうちょい具体的に言うと「相手が男/女性からって、男/女らしさを求めるのはアウト」みたいな、アレ。

何で相性が悪いかというと、大昔は「男らしさ」「女らしさ」のフォーマットが強かったんじゃないですか。

から異性と言う相手に対して「相手は男/女なんだから、こういうヤツだと判断していいんだな」と思うことができた。

要するに「相手を読み解くまでのコード」ってヤツが、比較的少なかった。

…だが現代はどうだ?「相手が男だからって強く逞しいと思ってはいけない」「相手が女だからってお淑やかと思ってはいけない」

「××と思ってはいけない」アレもダメ~コレもダメ~…

多すぎるんですよ、「相手を読み解くまでのコード」ってヤツが。

ああ~!コード多すぎてめんどくさいんじゃ~~~~!!!

ってなって結局は「恋愛」ってヤツが「面倒」なものと化してしまったのではないか、と思うのですよ。

要するに大昔は「男らしさ、女らしさ」という保証があるからこそ、万人が「恋愛」というゲームへの参入障壁が低かった、のではないかと思うのですよ。

…いやいや、分かりますよ。

上記で言ってることは「無能の戯言」と断じられても致し方ないってことは。

「男らしさとか女らしさとかこだわらず行うのがこれから恋愛だ!」とか言うんでしょう?ねえそうなんでしょ?

でもねえ、恐らく結局は「男女平等恋愛」というものが「恋愛強者しか不可能だと思うのですよ。

そんでその「恋愛強者」という存在は多分めちゃ少ない。

「だったら己を磨いて男女平等恋愛ができる人間にになれ!」と仰るんですか?

でもねぇ…それってマチズモだなぁ、と思っちゃいけないのでしょうか?(あんま知られてないようだが、恋愛体育会系マチズモとの親和性が非常に高い)

ココらへんになると藁人形論法入りますけど「そこまで努力したくねえよ!つうかおめえら男女平等とかポリコレ言う割に

恋愛弱者にひたすら努力を強いるてめえらの態度は非ポリコレじゃねぇのかぁ!?」…って気分になるのですよ…怠惰とか言われようが。

そんで、ここで「恋愛強者」を「男女平等恋愛可能な者」と設定するなら、

それ以外の「恋愛弱者」は以下のいずれかのメソッドを採るしかないのですよ。

男女平等とか投げ捨てて、恋愛をする

②そもそも、恋愛しない

…で、①はポリコレだとかでアウトと指摘されやすいから、②に流れてる

これが昨今の「恋愛離れ」の正体だと思うのですよ。

いやいやいや、誤解せんでいただきたいのですが、

別に私は大昔を賛美するとか「男女平等はクソ!」とか保守主義者じみたことを言う気は無いですよ。

私は男女平等な世の中になれば良いとおもってますよ。

あと「別に恋愛する人が減ろうがいいじゃんッ」とか「世の中そこまで男女平等とか気を遣ってる人おらんよ!」とか仰るかも知れんが

そういうのは後の話で…

ただ言いたいのは「男女平等恋愛というのは万人が行うの不可能ウルトラ高度技術

男女平等を推し進めよう!その上でみんな恋愛しまくろう!」な~んて無理くりな贅沢いいとこ取りなんじゃないの?ってお話

A『男女平等を推し進めよう!そのせいで恋愛する人が減っても仕方ない!』か

B『みんな恋愛しまくろう!男女平等とか気を遣わなくていい!』か

のAとBのどっちかしかないんじゃないか

あっちを立てばこっちが立たずこっちを立てば~のトレードオフなんじゃないかって話です。

2017-01-11

http://anond.hatelabo.jp/20170106022148

非モテ童貞恋愛弱者ゲイ発達障害持ちだけどポリコレのお陰でそこそこ生きてはいられるよ。

少なくとも”普通”(これも理解するのに随分時間かかったけど)にしてればゲイで発達持ちの非モテ童貞恋愛弱者でも

ヘテロ定型発達の童貞恋愛弱者と対等に見てもらえるからポリコレありがたいとしか言いようが無い。

 

でもこう言ってる自分でもある程度理解してるけどヘテロ定型発達のやつからしたらゲイで非定型自分と対等に扱われるなんて嫌なんだろうね。それが差別実態なわけだけど。

2017-01-06

結局非モテは「政治的正しさ」によって守られることはないんだよなぁ

話題になってるアレ見て思ったが、この世がどれだけ「反差別」「政治的に正しい」世の中になったとしても

非モテ」「童貞」「恋愛弱者」と言った類の存在は、護られることはない、

依然変わらず馬鹿にしても問題ないという社会的合意形成されている。

反差別」をモットーとしていても、その立場ぬくぬくと居座って安心して「非モテ」と言った存在馬鹿にすることが可能である

被害妄想だ」「恋愛できないのを馬鹿にした程度で発狂しすぎw」

人間として当たり前の成熟を問うているだけ。差別にあたるわけがない」

…斯様に「差別」と「非モテ批判」を分離できるエクスキューズが多数用意されているわけなのだ

やっぱ「非モテ」としては「政治的正しさ」なんて信用できないんだよなぁ…。

2016-12-28

セクシャルマイノリティ童貞を含めるべきだ

いやパーペキ童貞じゃなくても恋愛経験が僅少な人間、あるいは恋愛能力の低い人間全般を、だ。

現状の「政治的正しさ」において、「童貞」「非モテ」「恋愛弱者」と言った存在は守られることはない。

上記の存在に対しては何を言っても馬鹿にしても差別には当たらない、という合意形成されているので、生きづらい。

たか恋愛できないことを馬鹿にしただけで差別とかアホかw」「人として当たり前の成熟を問うているだけだ」…と言った具合に、だ。

(こう言うとお前の被害妄想だろ、と言われることも含めて、だ。)

結局「反差別」「政治的に正しい」というポジションに居るような人間ですら、童貞馬鹿にすることは何ら咎められることではないようなので、たまらない。

これを防ぐために、童貞セクシャルマイノリティとしてカテゴライズして、「差別してはならない」存在にするべきだと思う。

ネタと思うかも知らんが本気で言ってるよ。

2016-12-25

恋愛アドバイス論における「数撃ちゃ当たる」論が無理

恋愛アドバイス論で「とにかく女の子声かけまくれ!失敗しても数撃ちゃ当たる!」

というのをよく見るが、それがもう無理。

無理。無理なもんは無理。

その辛さを乗り越えろとか言うのかも知らんが無理。無理なもんは無理。無理無理無理無理無理無理無理無理無理ィッ。

ああヘタレだお前はゴミだとか言えば言えよ。無理なもんは無理なんだよ。

と、言うか、本当に世に蔓延する恋愛アドバイスってさぁ、「体育会系」「マッチョイズム」「しばき上げ主義」なんだよなぁ。

身体マッチョイズムというより、コミュ能力意味でのマッチョイズム。

努力努力しろ」「やれること全部やってから諦めろ」「要は勇気(ry」…はぁ~(ため息

普段体育会系マッチョイズム」的なものを嫌う人ですら、

こと「恋愛」の範疇となると途端に言う事が「体育会系マッチョイズム」くさくなるんだよなぁ。

まあ別に元々「差別発言しまくってる人がそう言うんだったら良いが、

反差別」「政治的正しさ」をモットーとしてる人らがそういう「恋愛マチズモ」を発露しだすんだからまらない。

政治的正しさ」の下では「恋愛弱者」は護られない。

反差別」というポジションに立ちつつ、安心して「非モテ」をこき下ろすことが可能である

結局、この世にマチズモ蔓延させているのは、他ならぬ「恋愛文化」だよなぁ…。

2016-12-10

少年漫画少女像男性の願望なのと同じ

http://anond.hatelabo.jp/20161209173308

少年漫画少女像男性の願望なのと同じで、こうだったらいいなというファンタジだとは思うけども、中学時代オタク系のグループ女子はまんま少女漫画世界男子像を引きずり、一方の男子は一部を除いて大抵が恋愛弱者少年漫画のまま青年漫画までの幼稚な女性観ってやつも少なくない気がする。特に都会は。

2016-12-02

一生かけて守りたいと思う人に出会える人は幸せだと思う

恋愛弱者で全くマッチング期待できなくて

婚活するのもドラマがまるでなくて社会歯車意識が強くなって気分悪いし

何がいいたいかというと空から金髪ロング高身長筋肉巨乳美人が降りてきて「私と結婚しろ・・・!」と高圧的な態度を取られて

美しさと突然の事態に驚き尻もちついた僕はただ同意する以外に方法は無かった・・・

みたいな感じで結婚したいなあと思う我が人生であった

2016-11-23

彼はとても良い感じの人だった

痩せていて長身で、ちょっととぼけていて、いろんなことにうるさくない

収入自分と同程度、年齢も同じ

とても良いと思っていたのだ

好きになりたいとずっと思っていた

あるいは、私のことをもっと好きになって欲しいと思っていた

けれど数カ月付き合って、どちらも叶わなかった

友人でいるにはこれ以上になく楽な関係だったと思う

何が違うのか恋愛弱者自分にはよく分からない

2016-09-23

androidエンジニアとそのコミュニティ人間性の低さは異常

付き合いでTwitterフォローしてるが、

政治的ツイートは大体ネトウヨ的だし、しか保守速報記事コメント付ける頭悪い感じのが多いし、

障害者身体精神的関わらず見下して罵倒してるし、

恋愛弱者にも遠慮なく侮蔑言葉を投げつけている

エンジニアとしては力かあるし、tips系の記事に助けられることもあるんだが

人間性は本当に最低な奴らばかりでもう嫌になる

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919065417

ま、結局「差別厳禁」な世の中であっても

童貞あるいは恋愛弱者に関してはいくらもバカにしてこき下ろしても全く問題ない

被害妄想」「人として当然の成熟を問うているだけ」と言っておけば済む

童貞が「政治的正しさ」によって守られることはないから生きづらい…

2016-08-24

の子たちにも子どもが生まれたと考えれば、もっとたくさんの命が奪われた

残念ながら貧困サラリーマン恋愛弱者の俺は命があっても子ども残せそうにないです。

2016-06-27

http://anond.hatelabo.jp/20160626235736

それ罵倒じゃないっすよ。女同士の会話聞いてたらわかるけど、女って徹底的に相手に駄目出しするのが相手に対する優しさみたいに思ってるんすよ。女の恋愛ブロガーとかすごいっしょ? 恋愛弱者女性に対するダメ出し辛辣さ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん