「義足」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 義足とは

2020-07-05

anond:20200705232355

それはパラリンピックで一回議論になったよね。

自分制限無しの枠を作って欲しい。

そしたらもっと注目浴びるし、義足とかの進化にも寄与すると思う。

2020-06-04

anond:20200529212456

無自覚発達障害って割合的にはかなり少ないと思っている。

営業職だった頃に何人か職場に入ってきた発達を指導したことがあるけれど、おかしなところが目立ってきて大事になる前に腹割って話すと「実は…」って学生時代とかのエピソードを話し出して、ぼんやり自分が健常者ではないことを分かっていて見てみないフリしてるのが大半なんだよな。

あなたが健常者として入ったからには頭数に入った状態予算が組まれているし、他の人と同等に

扱わなければ同じ給料で働いているからには不公平になってしまう、このまま続けても結果的にしんどくなるのはあなただけれどどうする」って聞くと7割型は部署転換を希望するし、その場では頑張りたいって言う3割も大体1年以内に止めるか部署換えする結果になってる。

でもその結果、別部署(広報でのチラシ作りとか)で大きな成果を出したことがあったりもするので、本当に適材適所なんだよな。

発達の人らにお願いしたいのは、最初から打ち明けてくれればそれぞれにあった環境を用意出来るように全力を尽くすし、隠して頑張るっていうのは片足義足一般徒競走に参加するようなもんで、本当に極一部の人はそれでも結果を出せるかもしれないけれど、ほとんどの場合はそうではなく最終的につらくなるのはあなただよってこと。

2020-06-01

anond:20200601003340

わかる。どれだけ技術進歩するかが気になって仕方ない。

生身より高性能な義手義足が開発されて、アンドロイド化がどれだけ進むか?とか、

食料の自動生産技術がどこまで進むか?とか、

AIの精度はどこまで上がるのか?とか、

とても気になる。

2020-05-25

病気(等)による不都合を誰が負担するか

「足が動かないのは天から与えられたものであり、それを(治療)するなんてとんでもない」
健常者と同じように歩けるようになる義足当人(病人)が負担して治療する
健常者と同じように歩けるようになる義足社会負担して治療する

2020-05-19

錬金術Twitterを手放すハガレン読者への違和感

Twitterをやめて初めて鋼の錬金術師の結末が腑に落ちた同人字書きの話

しかに、ツイッターは便利で麻薬のように楽しい10ちょっと前に生まれたポッと出のサービスに過ぎない。

ハガレン作中におけるアメストリス錬金術ツイッターよりもはるかに古い歴史があるが、「お父様」の目的のために歪められた邪悪技術としての側面がある。

これらをバッサリ切り捨てても、人間が生きていくことができるかどうかで言えば、まあそれなりに生きられるだろう。錬金術存在しない世界はもちろん、ツイッター存在しない生活だって、今の我々にも想像するのはさほど難しくはない。その意味ではどちらも、単なる不用品嗜好品と言ってもいい。

しかし、じゃあ元増田はどこまでが、人間本来の分相応な力だと思っているんだろう?

ハガレン世界には、錬金術と並ぶ特殊設定、機械鎧オートメイル)も存在する。元増田は、これには特に思うことはないんだろうか。あくまで欠けた人体を補う義手義足の延長だから人間の在り方を極端に変えてしまうことはない?本当にそうか?

現実の話に戻ると、元増田はこんな希望を語っている。

Twitterを退会し、同人交流をやめてできた時間の中でやりたいことは意外と早く見つかった。小説映画など色々なものに触れてみたい。

映画誕生19世紀末。人類史全体から言えば、これだってかなり新しい技術だ。

小説にしたって、その作品形式自体は古くから存在するだろうが(どこまでを「小説」と呼ぶべきかはともかく)、現在書籍が読者の手元に届くまでには、やはり無数の新技術が関わっている。

映画を見に行くには電車か車にも乗るだろう。何よりあの文章を全世界に向けて公開するにはインターネット、そしてここ、「増田」という最先端IT企業はてなの超技術結晶たる場が必要だった。

それらは全て、現在はごく当たり前の存在だが、生まれた時には人間にとって「良くも悪くも影響力が大きくて、世界もの見方を変えてしまう」不自然ものだったはずだ。

もう一度言うが、元増田現在文明の成果のどこまでを手放せば、自分が「振り回され」ずに生きていけると信じているのだろう。

これは極論めいた揚げ足取りだろうか。俺はそうは思わない。

なんにせよ、ハガレン読者のある意味での素直さと、そして鋼の錬金術師という作品自体に対する違和感再確認させてもらった。どうもありがとう

2020-03-24

遅ればせながらバトルシップを観た

ガバガバだったけど気楽に観られて面白かった

義足おっちゃん、もっと活躍するかと思ってた

2020-03-01

知的障碍者幸せじゃない と思う

ここで言うのは、知能が3歳児くらいで止まった人の事を言う。

でもこの「知能が三歳児」という所に注目して欲しい。

まり誰しも、生まれた時は知的障碍者だったわけだ。そしてなぜ僕らが成長していくかと言えば、そっちの方が幸せからだ。

三歳児にいつまでも居るのが幸せだったなら、たぶん全人類は3歳児で終わってると思う。

他人自然からの厳しさから自己を守るため。そして生殖学習、発展と言った人生コンテンツを楽しむための知能。

障害者も僕らも、同じ人間だ。同じ人間からこそ、三歳児で止まった知能を持つ人間は、他人危害を加えないように施設に閉じ込められ、

外の世界を知らず、外の世界に出れば迷い不安になり、恐怖の目線で見つめられ、皆避けていく。

僕らや彼らの親も、心のどこかで「知的障碍者から、そんな事は気にしないだろう」と思っているだろうが、

恐らく感じてるんじゃないか。「知能という檻」に閉じ込められて生き続けるのは、果たして幸せか。

足が無ければ、足に代わる何かを見つければ、成長しても幸せに生きる事が出来る。

でも今のところ、知能に代わる何かは存在しない。足が無い人に、義足車いすが無かったら、彼らは行きたいところに行けず、トイレに行くだけでも這って行かなければならなかった。

いつも隣に人が居て自分の事を監視してもらわなければ、食事トイレも難しいだろう。彼らが幸せになれるのは、「義足車いすという、自分を補強する何か」があったからだ。

それはあまりにも惨めで、肉体的にも辛いのではないか

知能は目に見えないか無視しがちだけれど、彼らは昔からずっとその世界に生き続けている。

これはファンタジーだけれど、義足対応する『何か』が彼らには必要ではなかろうか。

2020-02-14

anond:20200214192139

パラリンピックでよくね

高性能義足つけられないから出場できないかもしれないけど

2020-02-13

月経カップリスクを知ってください」─両足切断の女性の訴え

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200204-00000006-courrier-int

トキシックショック症候群黄色ブドウ球菌が作り出す毒素によって引き起こされる疾患だ。

主な症状は下痢嘔吐発熱などで、毒素によって組織が壊疽することもある。

36歳の看護師サンドリーヌ・グラノーは、2019年月経カップによるトキシックショック症候群発症し、両足と手の指関節を18個切断した。現在、両足は義足で、手の指はそれぞれの指に関節が1つだけ残っている状態だ。

2019-12-14

anond:20191213194714

現実パラスポーツおいてもドイツマルクス・レーム選手義足を付けて健常者の国内記録を上回る記録を出した

技術の発展でそういう事例は増えるだろう

anond:20191213194714

あるよ。キャプテンハーロックは隻眼。隻眼キャラは眼帯のキャラ付けが厨二的で格好いいのかけっこう多い。

漫画じゃないけど昔の海外児童文学原作アニメ宝島」のジョン・シルバーは片足義足松葉杖だけどしびれるほどに強くて海賊の頭でワル、なのに料理も上手というハイスペックナイスガイ。19世紀の原作から強化機械義足の設定とかじゃなく普通に木製の義足無双してる。

戦後すぐから昭和中期ごろまでは戦争による傷痍軍人が巷に溢れてたから彼らを活躍させたいというアンチヒーロー視点がその頃の漫画アニメにはあったんじゃないかな。水木しげる先生もそうだし。ブコメにもあるけど「どろろ」とかも。昭和漫画には多いと思う。

昭和後期以降は傷痍軍人が減った反面、車椅子の電動化やバリアフリー傷痍軍人ではない障害者世間で見かけることが多くなって障害者への世間認識とともに漫画障害者に対する認識も変化したと思う。

昔の漫画障害者特別アンチヒーロー

現代漫画障害者未来技術障害の差を埋めてるだけの人間

ハガレン的設定は現代的だよね。漫画人物としての彼らにはあまり障害を負った人間というハンデを感じさせない。ストーリー活躍させるとなると障害を感じさせない展開にならざるを得ないか障害者認識されにくくなるんじゃないかな。安楽椅子探偵みたいな設定ならまた違うんだろうけど。

2019-12-10

anond:20191210114752

てか視力悪い人間人口の多さでスタンダード化してしまっているだけで、実は全員障害者と変わりないからね

眼鏡ないしコンタクトという補助器具がないとまともに生活できないんだから

かなり溶け込んでしまっただけで義足とかとそんな変わらない

2019-12-04

1両150人、短い10両編成で1回1500人

ベビーカー車イス障害者高齢者妊婦義足麻痺弱視難病などエレベータ必要とする人は1500人中何人いるのだろう

2019-11-08

anond:20191108212756

どうせやるなら強化義足付けて100m3秒くらいで走れるサイボーグとか出場させて欲しい

オリンピック

どうせスポーツわからんし、あんまり興味ないし、せっかくならパラリンピック見たいな

心の中の男子小学生が疼いてる

義足義手とかさ……足でアーチェリー撃つとかさ……こう……

かっこいいじゃん!!!!!!

ルール知らんけど!!

2019-08-31

かわいそうと思われたくない論

パラリンピックの「障害者でもがんばれば健常者並になれる」というお涙頂戴の筋書きが気に食わない。ハイテク義足で健常者の世界記録をなぎ倒して行くのが見たい。みたいなツイットを1か月前くらいに見かけた。

あと増田で2週間前くらいに「なんで障害者をかわいそうと思ってはいけないのですか?と大学講義質問が出たら静まり返った」ってのも見かけたんけども。

かわいそうと思われるのってそんなにイヤか?

ていうか、かわいそうと思われるおかげで補助金もらえてハンディキャップを穴埋めして健常者並に近付くことができる(合理的配慮)のであって、かわいそうと思われたほうがオトクじゃね?って思うんだが、違うのかな。

ハンディキャップがあるにも関わらず、見た目が健常者なのでかわいそうと思われないせいで穴埋めされることなく、しかも見た目のまま健常者並を求められてキツい思いをする軽度精神疾患系の障害者とか、内科系持病持ちとかなんかも、たぶんそう思うんじゃないのかなぁ。

自覚症状のない精神疾患だと「病気を疑って医者に行く」という動機付けにもならなかったりもして、治療改善されないままになり、ますます孤立する。社会的地位が高くて普段生活で注意や進言を受ける機会が無い人間とかね。

と、発達障害者の端くれから、かわいそうランキング低みの見物をする増田であった。

障害は、客観的に短時間判断が付くものばかりではないですからね。

足が無い、腕が無い、というのは分かりやすいから、すぐにかわいそうと思われやすいんですよ。

警察ですら補聴器つけて自転車に乗ってる人を「イヤホン外せ」と捕まえて、説明すると逆ギレする事件が絶えないようですが。これ何年も前から問題になってるのに全く改善しないですね。全国の都道府県警どうなってるんだ?

視覚障害で杖を持っていても全盲けが視覚障害でなく、「部分的に見えないエリアがある」「部分的エリアしか見えない」とかマチマチだそうです。杖もってて全盲イメージするのに「見えてんじゃねーか」ってキレられたりするケースがあるようです。いや、知らんがな。

「かわいそうと思われない」ならマシなほうで、むしろ「私の気分を害したお前のキモさが悪だ」と毎日disられ指さされるのがデフォというか。不随意運動チック症とか、吃音統合失調症独り言)とかは。

そら当事者疲弊して、誰かとコミュニケーションしたくなくなるし、苦手になるし、下手になる。

吃音テーマにしたマンガがありましたね。

すでにかわいそうと思われていて十分に支援を受けている人はそれが維持されて行ってほしいと思うし、かわいそうの享受が足りてない人のために、目に見えないものを知り、想定の範囲が拡大されていってほしい。


たぶんアレだよね、マズロー欲求段階そのものをなぞっているのだと思う。

補助金が出たり支援者がいる程度のかわいそうランキングの高さがある身体障害者は、埋め合わせによって健常者並の暮らしに近付くことができる。なので生存欲求の次の段階「承認欲求」を求め始めて、それが欲求不満なのかと思う。

しかし受けられる支援が少ない障害者は、承認欲求よりも根源的な生存欲求安全欲求すら満たされていない人がボリュームゾーンなのではないか

そもそも欲求の段階が違うのではないだろうか。

から「かわいそうと思われたほうがオトク」と考えるんじゃないかな。

メンタルパラリンピックって無いんですかね。

欲求段階が違うからそれどころじゃないか

障害は見た目が9割」という話なのでは

2019-08-24

パラリンピックって既にF1に近いよな

義足車椅子の性能をメーカー証明することがメインで、選手個人や国の代表として優勝するのはオマケになってきてる

2019-08-01

anond:20190801161756

女の子義足を装着すれば男の子みたいにはかどると思うり。

2019-06-23

anond:20190623020900

義手義足選手はもう逆に最先端技術盛りまくって、ロボコンみたいになってもそれはそれで楽しそうなんだがダメなのかなあ。もちろんパラリンピックでだけど。

anond:20190623020517

筋肉隆々の元男性オリンピック女子種目でメダルを総なめするし、男子男子バズーカみたいな義手義足を駆使した選手が総なめする

20世紀までのオリンピックは、麻酔なしで外科手術をしていた昔の医学のように馬鹿にされる時代が来る

2019-05-24

パラリンピックとe-スポーツ

障害者のためのスポーツというけれど、実質的に主に足に不自由がある人のオリンピックになってね?

走る系のスポーツ義足選手ばかりだし、球技系は両手使えない選手見ないし(つまり足が不自由選手ばかり)、水泳系も手が使えない選手をあまり見ない。

ルール理解できない知的障害者も多分いないし、精神障害者蚊帳の外

なんつーかe-スポーツってパラリンピックへの応用のしがいがあると思うんだよね。

様々な障害を持つ人のためにユーザインタフェースを工夫しまくってできるだけ沢山の障害者選手にできればいい。インタフェースの差が実力差になってしまうのなら、そこは技術の発展のチャンスだし、e-スポーツルール外のことはできないか知的障害者参入障壁も低い。

そう思うんだけど、みんなどう思うよ?

2019-05-17

anond:20190517142520

そうやって「種類が違う」と言われて切り捨てられてきた弱者が寛容になれると思うか?

KKO義足や人工関節の弱者」に席を譲るとしよう。で、彼らは何を得られるの?

何も得られないとしたらそれは弱者から弱者への搾取しかないのでは?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん