「恋愛対象」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 恋愛対象とは

2017-09-19

https://anond.hatelabo.jp/20170919015930

すぐに恋愛対象になってしまう以前に、美女は周りから大切に親切にされすぎるからワガママになりやすい。これがクソ美女誕生の真の理由

https://anond.hatelabo.jp/20170919015930

すぐに恋愛対象になってしまう以前に、美女は周りから大切な親切にされすぎるからワガママになりやすい。これがクソ美女誕生の真の理由

2017-09-15

anond:20170915203119

私は自分自身が自立するのが早かったものでそう思い込んでたけど今の彼氏実家住まい

結局その人次第だな。恋愛対象に限らず、実家住んでるくせに実家文句言ってる人とは友達づきあい仕事もイヤ。仲がいいのがわかる人は今ではむしろ好感あるかも。育ちがいいんだなと。

まだ付き合い長くないからそのうち話変わってくるのかもしれないけど、とりあえず恋愛対象としては問題ない。

金がなくて実家寄生していると思われないだけの稼ぎは必須かもね。

26で実家に住んでる正社員って

恋愛対象として見れない?

そうならすぐに引っ越す

2017-09-08

心がしんどい

どこにも書く場所がなかったから、ここに書く

自分彼女いない歴二桁年のキモオタ

最近、一目見たときから気になってた子から食事に誘われた

気になっているわけで、当然二つ返事でオッケーした

返ってきたメールには早く会いたいとか書いてあった

ちょろいので、ここ数日現在進行形でどぎまぎしている

なんのつもりで「早く会いたい」って書いたんだろう

社交辞令相手にも気がある?いやいやそんな事は無いだろう、、、とかやってたら仕事が手につかなくなってきた

きっとこれを読んだ一部の恋愛に強い人は「本人に聞いてみれば?」とか言うのだろう?わかるわかる

普通の考えを持つ方々ならば

社交辞令だろう」とバッサリ切り捨てるだろう?わかるわかる

しかし、そんなん割り切れる性格をしてるのであれば増田にこんな女々しい文書書いてない

相手から誘ってきたと言う事は、少なくとも嫌われてはいないのであろう

しか自分は人から見ても老け顔の、彼女がいた時だって彼女いることに対して驚愕されるくらいのブサメンである

恋愛対象としては確実に見られていないと思うし、友人として何か相談されるほどこれまで近い存在でもない

そもそも立ち位置的には元々自分は友人の友人である

前もご飯を食べに行ったことはあるが、その時も友人と一緒だったしそんなに喋ってない

じゃあなぜ

とかなってるわけだ

自分でも面倒臭い性格なのは百も承知であるが、中々変えられないし変わらない

女性は、友人レベルの人と食事に行く際に早く会いたいですとか言うものなのか?

わからん

まとまらなかったから投げる

2017-09-05

anond:20170905163759

恋愛対象としてみる人(アイドルプロデューサーアイドルアイドル)とアイドルを育てたい人って別って感じがするし、自分の周りのプロデューサーアイドルを育てて輝く彼女たちがみたいからやってるわけで、恋愛なんか考えてないと思うけどな

アイマスはもうアイドルものから恋愛コンテンツへ移行すべきだと思う

いくら音ゲーの皮被っても、元はしょせんギャルゲー地位に居たわけだし

Pという仮想恋愛対象を想定しておいて

アイマスから恋愛の二文字を消せ、なんて言うのはご都合主義も甚だしい

 

最近話題越境

成るべくして成ったとしか言いようがない

アイドルと女アイドルロミジュリよろしく

禁断の恋の末くっつくのは自然の摂理だろう

 

アイマス恋愛を解禁してもいいポテンシャルがあるし

キャラ差別化を図るうえでも有効

200人も居て全員処女童貞とかそんなディストピア逆に萎えるわ

2017-08-28

30過ぎて

30過ぎてから自分セクシュアリティに迷いが生じるとは思わなかった。

これまでのおよそ30年間はずっとヘテロとして生きてきた。

ただし腐っていたので男女間の恋愛にはさほど興味がなかったし、あと女子校育ちなので女性の先輩にきゃあきゃあ言ったりきれいな同級生にひそかに憧れたりもしていた。

でもずっと、「自分恋愛対象男性」だと思い込んでいた。

大学に入ってすぐに彼氏ができた。

なんやかんやあって3年後には別れてしまったし今思い返しても稚拙関係しか築けなかったなと思うけれど、それでもその人のことは本気で好きだったと思う。

社会人になって、また男性恋愛をした。

そのときは「この人とは恋愛がしたいわけじゃない、むしろ仕事で認められたい」と途中で気が付いて、それからは良いビジネスパートナーになった。

そしてそのあと今の推し女性舞台俳優)と出会った。

舞台活躍する彼女はとにかく麗しく、一目見てすぐ好きになった。

といっても別に繋がりがあるわけではないしガチ恋でもなく、ふつうにいちファンとして彼女活躍を見守っているに過ぎない。

彼女に対する感情親心にも近く、とにかく幸せでいてほしいしそのためならなんだってしたい。

見返りはむしろ不要。これはたぶん恋ではない。

でも、彼女の一挙手一投足にきゃあきゃあ言ってかわいいかわいい連呼する自分は、もしかしたら女性とも恋愛ができるのかもなあと最近思う。

その着想を得てから色んな人で脳内シミュレーションをしてみたけれども、全然イケる。

好みのタイプはもちろんあるけれども、むしろ男性との恋愛関係よりしっくりくる気がする。

ただ気になるのは、「男性とは付き合ったことがあるが女性とは付き合ったことがない」という点だ。

もともと超がつく奥手かつ自分自身恋愛にさほど興味がないから、ここ7年くらい男女問わず誰のことも新規で好きになっていないのだ(※推しを除く)。

特定男性を好きになった経験はある一方で特定女性を好きになったことが無いので、もしかたらこれは女性芸能人ファンをやっていることで自分女性もイケると錯覚しているだけなのではないかという疑念がぬぐいきれない。

まさか30を過ぎてこんな10代みたいなことで悩むとは思っていなかった。

どっちなんだ、わたし

今のところ別に恋人が欲しいわけでもないし、そもそもカテゴライズをする必要性もないのだろうけれども、なんとなくモヤモヤしたものを抱えながら今日も生きている。

2017-08-25

DQNネームを名付けられた俺の末路ver1.2

増田DQNネームについて語っているのを見てどうしても増田に書いておきたい衝動に駆られたから書く

これから子供の親になる増田子供名前を付ける時の参考にでもなれば幸いに思う

まず肝心の俺のDQNネームの詳細についてだが、俺の名前は謂わば「女みたいな名前」のDQNネーム

そこでここでは仮に俺の名前を「カミーユ(かみーゆ)」としておきたい

俺が最初自分名前について違和感を感じたのは幼稚園の時だった

当時同じ幼稚園女の子カミーユという名前の子複数在籍してて、子供心に「カミーユって名前男の子はいないのに、女の子は沢山いるんだなぁ」と思っていた

次に違和感を感じたのは小学生3年生の時

親の都合で転校した先の学校自己紹介をしたのだが、複数クラスメイトが示した最初の反応が、「女みたいな名前だな!」だった

この時に初めて自分名前羞恥心嫌悪感を抱いたし、自分名前が他の人からみたら変な名前なんだということを自覚したと思う

それからというもの自分名前にずっとコンプレックスがあり、更に周りの反応もそうしたコンプレックス助長した

「女みたいな名前だよね」というありきたりの反応もそうだったが、初見教師が必ずと言っていいほど全員「なんだ男か。カミーユから女かと思った」という反応を示すことも辛かった

女子からカミーユちゃん」と呼ばれてからかわれたり、髪をヘアピンで弄られたりしたことも辛い記憶として残っている

中学に上がってもそうした周りの反応は依然としてあり、更に今までなかった年齢相応の問題も勃発した

二次成長」だ

身長が伸び、身体はゴツゴツと骨張り筋肉質になり、喉仏は出て声も低くなった

俺の見た目は完全に少年を脱却し青年となった

しかし、俺の名前は「カミーユ」だった

これが問題になった

俺の見た目と名前ミスマッチ加減は当然周囲からネタとして消費された

教師が俺の名前を呼ぶ度に何処からクスクス笑う声が聞こえた

女子からネタにされて、思春期の俺は完全に心を病んだ

中学2年の時だった

それから俺がどうしたかというと、自分に対する周囲の扱いに抵抗するのではなく、自分自身を変革しようと試みた

それは言ってみれば、自分名前と外見の差異を減らそうという試みだった

当時の俺は、自分名前は女々しいのに外見が雄々しいことが嘲笑対象になっているのだから、外見を出来るだけ中性に寄せればいいんだと、そう思い込んでいた

兎に角名前と外見の解離がコンプレックスだったから、変えようのない名前は諦めて、せめて変えられる外見だけでもなんとかしようと考えたのだ

まず最初に口元の青髭から足の脛毛からワキ毛まで全身の体毛を剃った

母親の剃刀を無断で拝借して風呂場でこっそり剃ったのだが、何せ初めて剃刀を使ったので上手く剃れず全身傷だらけになったのを覚えている

次に髪を伸ばした

俺は前髪の毛先が眉毛より上にあり襟足が殆どない短髪だったのだが、前髪が目にかかり襟足が糞ガキ認定を受ける程度の長さまで伸ばした

イメチェン 笑 と揶揄する同級生もいたが俺は気にしなかった

もう全員敵くらいの認識だった

そして極めつけにAmazonプエラリアという女性ホルモンの様な作用をするサプリを購入して服用した

本当は女性ホルモン個人輸入たかったのだが、何せ当時は中学生自由に使える銀行口座がなかったので仕方なくプエラリアに甘んじた

一日6錠くらい寝る前に飲んで数ヵ月も経つと肌がスベスベになり、髪もサラサラになって胸も膨らみ如実に効果が出た

周囲は俺の突然の変化に対して意外にも冷静だった

何というか、「触れない方がいい奴」みたいな扱いだった

そのまま中学卒業した

中学生活の後半はこんな感じだったので殆ど同級生とも会話せず、卒業アルバムの寄せ書きは5人くらいしか書いてくれなかった……

高校に上がってから継続してサプリを服用した

もう既に「小ぶりなおっぱい」と言って差し支えないレベルに胸が膨らんでいたので、周囲から弄られることもあったが、生まれつきこうなんだ、と言って誤魔化した

そしてこの頃になると俺は船で隠れて女装をするようになった

エマさんの服を拝借して姿見の前に立ち写メを取った

大尉罰ゲームでやらされた笑」と無理な言い訳を作ってそうした写メを仲の良い友人にLINEで送ったりもした

もう完全に承認欲求暴走で歯止めがきかなくなっていた

性自認は男だし女が好きなのだが、男から可愛いと言われたいという欲求が日増しに膨らんでいった

そして高3の時、キリマンジャロ攻略で侵攻していた基地トイレ大尉チンコ舐める妄想をしながらオナニーをした

戦争ストレスで頭がおかしかったのも多少は関係しているとは思うが、正直もうこの頃は大尉チンコを舐めたいという謎の欲求が凄くて船で大尉を見る度にチンコ舐めたいとか思ってた

他にもトーレスやヘンケンさんに日常的にボディータッチする癖がついたりもした

誤解がないように再度書くが俺は性自認は男だし恋愛対象は女だ

今は地球医学生をしてる

最近女装して夜にこっそり街を散歩してる

これがドキドキして中々楽しい

あと個人輸入女性ホルモンを購入して服用してる

女性ホルモンをとると血栓が出来やすいとも聞くけど、もっと女らしくなりたくて摂取してる

きっと俺は頭がおかしいんだと思う

けど俺がこうなったのも元を辿れば俺の名前が「女みたいな名前」だったからなんだとも思う

俺が「ジャミトフ」とか「シロッコ」みたいな男らしい名前だったら今ごろこんな状態にはなってなかったと思うんだ

ここまで勢いで書いてしまってだいぶ乱文になってると思うけど、とにかく俺がここで伝えたかったのは、「DQNネームでここまで人生狂う人もいるんだよ」ってこと

ただそれだけ

2017-08-24

DQNネームを名付けられた俺の末路

増田DQNネームについて語っているのを見てどうしても増田に書いておきたい衝動に駆られたから書く

これから子供の親になる増田子供名前を付ける時の参考にでもなれば幸いに思う

まず肝心の俺のDQNネームの詳細についてだが、俺の名前は謂わば「女の子みたいな名前」のDQNネーム

そこでここでは仮に俺の名前を「薫(かおる)」としておきたい

俺が最初自分名前について違和感を感じたのは幼稚園の時だった

当時同じ幼稚園女の子で薫という名前の子複数在籍してて、子供心に「薫って名前男の子はいないのに、女の子は沢山いるんだなぁ」と思っていた

次に違和感を感じたのは小学生3年生の時

親の都合で転校した先の学校自己紹介をしたのだが、複数クラスメイトが示した最初の反応が、「女みたいな名前!」だった

この時に初めて自分名前羞恥心嫌悪感を抱いたし、自分名前が他の人からみたら変な名前なんだということを自覚したと思う

それからというもの自分名前にずっとコンプレックスがあり、更に周りの反応もそうしたコンプレックス助長した

女の子みたいな名前だよね」というありきたりの反応もそうだったが、初見教師が必ずと言っていいほど全員「なんだ男か。薫だから女かと思った」という反応を示すことも辛かった

女子から「薫ちゃん」と呼ばれてからかわれたり、髪をヘアピンで弄られたりしたことも辛い記憶として残っている

中学に上がってもそうした周りの反応は依然としてあり、更に今までなかった年齢相応の問題も勃発した

二次成長」だ

身長が伸び、身体はゴツゴツと骨張り筋肉質になり、喉仏は出て声も低くなった

俺の見た目は完全に少年を脱却し青年となった

しかし、俺の名前は「薫」だった

これが問題になった

俺の見た目と名前ミスマッチ加減は当然周囲からネタとして消費された

教師が俺の名前を呼ぶ度に何処からクスクス笑う声が聞こえた

女子からネタにされて、思春期の俺は完全に心を病んだ

中学2年の時だった

それから俺がどうしたかというと、自分に対する周囲の扱いに抵抗するのではなく、自分自身を変革しようと試みた

それは言ってみれば、自分名前と外見の差異を減らそうという試みだった

当時の俺は、自分名前は女々しいのに外見が雄々しいことが嘲笑対象になっているのだから、外見を出来るだけ中性に寄せればいいんだと、そう思い込んでいた

兎に角名前と外見の解離がコンプレックスだったから、変えようのない名前は諦めて、せめて変えられる外見だけでもなんとかしようと考えたのだ

まず最初に口元の青髭から足の脛毛からワキ毛まで全身の体毛を剃った

母親の剃刀を無断で拝借して風呂場でこっそり剃ったのだが、何せ初めて剃刀を使ったので上手く剃れず全身傷だらけになったのを覚えている

次に髪を伸ばした

俺は前髪の毛先が眉毛より上にあり襟足が殆どない短髪だったのだが、前髪が目にかかり襟足が糞ガキ認定を受ける程度の長さまで伸ばした

イメチェン 笑 と揶揄する同級生もいたが俺は気にしなかった

もう全員敵くらいの認識だった

そして極めつけにAmazonプエラリアという女性ホルモンの様な作用をするサプリを購入して服用した

本当は女性ホルモン個人輸入たかったのだが、何せ当時は中学生自由に使える銀行口座がなかったので仕方なくプエラリアに甘んじた

一日6錠くらい寝る前に飲んで数ヵ月も経つと肌がスベスベになり、髪もサラサラになって胸も膨らみ如実に効果が出た

周囲は俺の突然の変化に対して意外にも冷静だった

何というか、「触れない方がいい奴」みたいな扱いだった

そのまま中学卒業した

中学生活の後半はこんな感じだったので殆ど同級生とも会話せず、卒業アルバムの寄せ書きは5人くらいしか書いてくれなかった……

高校に上がってから継続してサプリを服用した

もう既に「小ぶりなおっぱい」と言って差し支えないレベルに胸が膨らんでいたので、周囲から弄られることもあったが、生まれつきこうなんだ、と言って誤魔化した

そしてこの頃になると俺は家で親に隠れて女装をするようになった

母親の服を拝借して姿見の前に立ち写メを取った

兄貴罰ゲームでやらされた笑」と無理な言い訳を作ってそうした写メを仲の良い友人にLINEで送ったりもした

もう完全に承認欲求暴走で歯止めがきかなくなっていた

性自認は男だし女が好きなのだが、男から可愛いと言われたいという欲求が日増しに膨らんでいった

そして高3の時、受験対策で通っていた塾の入っていたビルトイレで男のチンコ舐める妄想をしながらオナニーをした

受験ストレスで頭がおかしかったのも多少は関係しているとは思うが、正直もうこの頃は男のチンコを舐めたいという謎の欲求が凄くて学校で男友達を見る度にチンコ舐めたいとか思ってた

他にも男友達日常的にボディータッチする癖がついたりもした

誤解がないように再度書くが俺は性自認は男だし恋愛対象は女だ

今は都内大学大学生をしてる

最近女装して夜にこっそり街を散歩してる

これがドキドキして中々楽しい

あと個人輸入女性ホルモンを購入して服用してる

女性ホルモンをとると血栓が出来やすいとも聞くけど、もっと女らしくなりたくて摂取してる

きっと俺は頭がおかしいんだと思う

けど俺がこうなったのも元を辿れば俺の名前が「女みたいな名前」だったからなんだとも思う

俺が「大介」とか「剛」みたいな男らしい名前だったら今ごろこんな状態にはなってなかったと思うんだ

ここまで勢いで書いてしまってだいぶ乱文になってると思うけど、とにかく俺がここで伝えたかったのは、「DQNネームでここまで人生狂う人もいるんだよ」ってこと

ただそれだけ

https://anond.hatelabo.jp/20170824012113


不倫ダメ夫婦で話し合わないとダメ、なんてみんなわかってる。

それを超える刺激(主に性的な)があるから突っ走ってしまう。

ぼくの経験上「絶対にバレない」と思ったら、結構確率で男女ともに欲望に流れちゃう

例えば、「恋愛対象になりうる仲の良い同僚」なんて間柄の人と、たまたま業務で一泊出張行ったら一線超えてしまうことは多いと思う。

それぞれにパートナーがいたとしても、そんなタイミングのいい一回きりの情事なら絶対バレないしみんなやってる。

大抵はそんな刺激的な体験(実際すごく気持ちがいいものなのです)してしまうと、どちらからともなく「もう一回」ってなること必至。

ダメとはわかっているけど、もう一度だけ会いたい(ヤリたい)」

ってメールしてしまうんだよな。物理的に密会できる関係ならばもう止められない。

結果二回目以降の自制が効かない人は、バレてしまうんだろうね。

2017-08-08

男性ハゲを気にしすぎでは?

から意見だけど。

ハゲバカにするのって、大体男同士じゃない?なんか、首絞めあってない?って前から思ってる。

ハゲバカにする女って、例えばどこにいる?このハゲーーーーーーの豊田真由子議員

それって、言ったのは女性議員だけど。暴行容疑で被害届出されて離党したけど。

大抵の女は、目の前の男がハゲかフサフサかなんて、心底どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいいんです。

まじで、これっっっっぽっっっっっちも興味ないんです。

そんなことより、足の爪のささくれの方が1000倍気になる。

恋愛対象男性ことなら、ちょっとは知りたいかもね。だって好きだから

でも、その人がハゲでもフサフサでも、どっちにしろ「そうなんだ!」と思うだけで評価に影響はないですね。だって好感フィルターかかってるから

恋愛対象じゃない男がハゲかフサフサは、興味ないを通り越して、そんな発想はなかったレベル。「オ、オウ…?」みたいな。

大前提として、素敵な人はハゲでも素敵。キモい人はフサフサでもキモい。これは揺るぎない。

これは女目線だけど、女からの「ハゲっぽい」という形容は、必ずしもネガティヴものではなくて、「かつら慣れしてなくてかわいい」という意味もある。

どちらにしろ、面と向かってハゲがどうのこうのなんて話はまずしないけどね。

なんども言うけど、ハゲかフサフサかというステータスは、女から見た男の評価には一切関係ない。

フサフサだからカッコいいだとかヘアセット上手いだなんてまず天地がひっくり返っても思わないし、ましてドヤられたらそれこそキモいホームランですよ。

ハゲ気にするその労力が勿体無さすぎない?その力使って鼻毛でも切ろうか。

なのに、世の中にはハゲで悩んでる男子がこんなにも多いのは、男社会ハゲバカにされてるからなんじゃないの?

それってアレ、同性からかけられてる呪いなのでは?

くそんな阿呆価値観から解放されたまえよ。

敵は、ヤらせない女じゃなくて、バカにしてくるそいつだぞ!!!

https://anond.hatelabo.jp/20170807223104

2017-08-07

男性童貞を気にしすぎでは?

から意見だけど。

童貞バカにするのって、大体男同士じゃない?なんか、首絞めあってない?って前から思ってる。

童貞バカにする女って、例えばどこにいる?キャハハキモーいのキモーいガールズ?

それって、描いたのは男性作家だけど。男性向けエロ漫画コマだけど。

大抵の女は、目の前の男が童貞か非童貞かなんて、心底どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーでもいいんです。

まじで、これっっっっぽっっっっっちも興味ないんです。

そんなことより、足の爪のささくれの方が1000倍気になる。

恋愛対象男性ことなら、ちょっとは知りたいかもね。だって好きだから

でも、その人が童貞でも非童貞でも、どっちにしろ「そうなんだ!」と思うだけで評価に影響はないですね。だって好感フィルターかかってるから

恋愛対象じゃない男が童貞か非童貞は、興味ないを通り越して、そんな発想はなかったレベル。「オ、オウ…?」みたいな。

大前提として、素敵な人は童貞でも素敵。キモい人は非童貞でもキモい。これは揺るぎない。

これは女目線だけど、女からの「童貞っぽい」という形容は、必ずしもネガティヴものではなくて、「恋愛慣れしてなくてかわいい」という意味もある。

どちらにしろ、面と向かって童貞がどうのこうのなんて話はまずしないけどね。

なんども言うけど、童貞か非童貞かというステータスは、女から見た男の評価には一切関係ない。

童貞からカッコいいだとかセックス上手いだなんてまず天地がひっくり返っても思わないし、ましてドヤられたらそれこそキモいホームランですよ。

童貞気にするその労力が勿体無さすぎない?その力使って鼻毛でも切ろうか。

なのに、世の中には童貞で悩んでる男子がこんなにも多いのは、男社会童貞バカにされてるからなんじゃないの?

それってアレ、同性からかけられてる呪いなのでは?

くそんな阿呆価値観から解放されたまえよ。

敵は、ヤらせない女じゃなくて、バカにしてくるそいつだぞ!!!

リベラルであることとラディカルであること

1. リベラル自由平等

個人自由絶対なのだから恋愛対象結婚対象選択に関して、政府はもちろん、それ以外の何ものも、社会的圧力をかけるようなことは許されないという立場

・「リベラル」という原理原則を、個別問題適用するだけなので、異なる利害集団共闘可能。また、「リベラル」の立場から特定政治的主張をする人は、他のリベラル政治的立場を取る場合が多い。たとえば、「リベラルフェミニスト」であり、LGBT結婚に賛成であり、中絶に賛成であり・・・・といった具合。

常識的。ただ、常識的なので運動としては弱くなりがち。

・結果として、悪しき伝統を維持し、社会的不正義を許容することになるという批判を受ける。

2. ラディカル(平等自由

個人のパーソナルな領域絶対だと言ってしまうと、さまざまな差別是正されない。個人のパーソナルな領域に立ち入ってでも、人間平等という価値を守らないといけないという立場

・有名なところだと、「若くて従順女性を好む男性」を批判したり、「特定属性を持つ者との結婚を嫌がる人間」を批判したりする立場

・ラディカル・フェミニズムスローガンである個人的なことは政治的なこと」という言葉が良く知られている。

欠点は、あくまで「政治運動」にしかなりえず、一般化された思想運動にはなりえないということ。あくまで、特定の利害集団利益のための政治運動であることを自覚した主張であり、異なる利害集団の間での共闘原理的には不可能。「私は○○の利害を代表して主張する。お前たちは、お前たちの権利を主張するべきだ。そして敵として戦うことで社会をより良くしよう」という立場。「ラディカル」の主張に普遍性を求めてはいけない。

リベラルはラディカルを「政治的自由」の範囲擁護する。ただし、本来リベラル原理では、それぞれの政治的主張の是非には立ち入れない。

3. バランス自由平等

個人のパーソナルな領域は、絶対ではないが、個人のパーソナルな選択が、純粋にパーソナルな問題であるうちは、やはり尊重するべき。ただ、それをパブリックな場で発言するなら、それはパブリック問題として扱われるべき。「特定属性を持つ者と結婚をしないのは個人自由だが、それをパブリック場所公言するのはアウト」というような立場

・「ラディカル」な政治的主張に、「強きものは弱きを助けなければいけない」というような伝統的・保守的価値観が融合して、本来「ラディカル」な政治的主張に過ぎなかったものが、普遍的な「リベラル」の問題であるかのように扱われているケースがある。これは、本来リベラル原則と反する。(例:アファーマティブ・アクション

本来の「ラディカル」が「政治的主張に過ぎない」ことを明確にするのに対し、バランスに取り込まれた「ラディカル」では、「政治的主張に過ぎない」ことが覆い隠されてしまい、対立する利害集団からの反発を受ける。

保守リベラルから見ると、ぶっちゃけ原則なき本音と建前の使い分けに見える。ラディカルに取っては、「政治的運動成功」とも言えるが、一方で穏健的過ぎるという批判もある。

まとめ

最近ネットでの言論を見ていると、ラディカルな政治的主張リベラル混同が見られる。特にラディカル独自の考え方(たとえば、個人性的指向政治的批判対象になるという考え方)をリベラルとして批判するのは完全に誤解であり、間違いである。

ただ、今日、広く受け入れられている、「バランス」の立場は、リベラルとラディカルの両方に、保守の考え方も取り入れることで成り立っている、そもそも、内部に矛盾を抱える考え方である。これは「保守」「リベラル」「ラディカル」の全てから批判を受けているし、その批判はいずれも議論として正しい。「保守」は「バランス」や「ラディカル」を「リベラル」だと思って批判するし、「ラディカル」は「バランス」を「保守」だと思って批判する。「リベラル」は「ラディカル」や「保守」だとして批判する。

今日の「保守」「リベラル」「ラディカル」をめぐる問題は、こうした混乱を解きほぐすことから始めないといけない。

2017-08-02

その4 無職のおれが、今なら勝てると思った話

昔のことを思い出した。

「ブチぃぃぃ!!!!!」

ものすごい音とともに、ショウタはそれを引き裂いた。

とにかく僕はそれが怖かった。ショウタはGreenDayビリー・ジョー・アームストロングのような見た目の男だ。同級生とはつるまず、一匹狼を貫いている感じだった。それでいて、運動神経がよくて、普通にしていればリンマン的な存在になれたかもしれないが、しょっちゅうキレていたので近寄りがたかった。

その日も何が原因かはわからないが、ムシャクシャしていたようだ。

================================

ただ間違いなく言えるのは、今ならショウタを一撃で黙らせることができるということだ。ショウタが引き裂いたのは「輪ゴム」。輪ゴムを目一杯のばしたらブチンって切れるのは彼の行動を見て知った。

今思えば、クソださいヤツだ。

ビリー・ジョー・アームストロングのような見た目というのもひょっとすると美化されているのかもしれない。顔が濃い印象があるので、実物はきっとタケちゃんマンのような感じかもしれない。

今、もし目の前で当時のヤツがキレていたら、確実にあいつを黙らせることができる。

僕は今、36歳。

幼稚園児のショウタに負けるわけがないだろう。

というかひょっとするとショウタはキレていたのではなく、輪ゴムをただ切っていただけなのかもしれない。もしかしたらたいしたやつじゃなかったのかもしれない。あの頃の記憶ねじ曲がっている可能性がある。記憶とはねじ曲がるものだ。小学校の時に死ぬほどかわいいと思っていたあの子高校生になって見たら意外とブスだったりしたものだ。

でも当時の自分にとって、輪ゴムを目一杯のばして切るという行為はかなり衝撃的だったのだろう。30年経った今でも心に刻まれているのだから

================================

小学生の頃、父とバスに乗っていた。

父がガムを噛んでいたので、「ちょうだい」と言ったら、

「噛んでいるフリしてるだけ」と言われた。

口の中には何も入っていなかった。たしかにガムを持っている様子はまったくなかった。

よく考えたら当時の父の年齢は今の僕の年齢とほぼ同じ。

今だったら「サイコ野郎!」と言ってやりたいところだが、

残念ながら、無職自分にはそんなことを言う権利はまったくない。

自分にはなんの権利もない、そう言い聞かせながら毎日を慎ましく生きている。

朝起きて、ネットニュースを見て、ドラクエ11やって、DMMの見放題(R18)を見て、Youtube見て、ドラクエ11やって、寝る。

小津安二郎映画主人公のように慎ましすぎる生活だ。

================================

思い出は美化され、誇張され、現実世界では絶望しかない。

暇すぎて思ったことをネットに書き、またドラクエ11をやる。

こいつはたしかにすごいけど、こいつが幼稚園児で自分が今の36歳の状態対峙したらきっと負けない、そう思うことで心を落ち着かせている。

サイコ野郎はお前だろ?

そう言われても仕方がないと心の中ではわかっている。

わかっているという理性があるからサイコ野郎ではないことも知っている。

ただの無職である

================================

高校球児自分の年齢の半分もいっていないことに気づいてショックを受ける。

あの頃好きだったAV女優の年齢をとっくに超えていたことにふと気づく。

40歳はかなりババアだと思っていたのに、今は恋愛対象である

今夜はブギー・バック』が発売されてとっくに20年以上経っていたことに驚く。

父親が死んだ時の年齢に自分が近づいている。

父親スター・ウォーズの続きを知らないまま死んだということに気づく。

母親の見た目が心なしか小さくなっている。

時間は止まってくれない。

================================

ってことで、今から外で騒いでいる幼稚園児と勝負してくるわ。

声だけでしか確認していないので、ひょっとすると幼稚園児じゃないかもしれないけど。

僕が僕であるために、戦い続ける。たとえ勝てなくても。

その1

https://anond.hatelabo.jp/20170801120514

その2

https://anond.hatelabo.jp/20170801153106

その3

https://anond.hatelabo.jp/20170801225152

2017-08-01

エスカレータこそが真の美脚判定機

俺は自他共に認める脚フェチである

スレンダーな脚からムッチリとした脚まで幅広く好む。

中でも程よく筋肉がついたメリハリのある脚が大好物である

顔がちょいブスでも脚が上玉であれば恋愛対象になる。

そんな俺が発見した誰でもできる美脚判定方法

それは、いい脚だなと思った子の3段後ろのエスカレータに立つことである

この位置に立つとちょうど太ももが目の前にくる形となる。

遠目でキレイな脚だなと思っても、この判定機をだますことはできない。

明るく近い場所から見ると、大抵の脚は肌が汚かったり、セルライトブヨブヨであったりして不合格となる。

せっかく好みの脚に出会えたと思ったのもつかの間、落胆させられることばかりである

正直この試験を通過する脚には数ヶ月に1回しかお目にかかれない。

オススメなのでお試しあれ。

2017-07-31

「男らしくなくてもいいんだよ。付き合わないけど」は矛盾か?

「性のステレオタイプから解放を訴えているのに、恋人はみなステレオタイプ通りの男なのは矛盾している」

というのは、

男女平等を訴えているのに、恋人はみな男なのは矛盾している」

みたいなことを言っているように聞こえるんだけど。

恋愛対象を測るための物差しと、人間を測るための物差しは違ってはいけないのだろうか。

エマ・ワトソン演説と「個人的なことは政治的なこと」

始めに言っておくと、私はエマ・ワトソン男性側にかなり融和的な方向性取ってるな、と思ってて別にエマワトソンになんら含むところはありません。

ただ、それでもエマ・ワトソンが述べている理屈にも論理的に穴はあると思ってるし全てに賛同できるわけでもありません。

それはフェミニズムでもメンズリブでもなんでもそうだと思いますけど。


個人的なことは政治的なこと」っていうフェミニズム重要役割果たしてきた言葉があります

従来、個人的プライベートパーソナル※指摘あったので修正)なことってのは公的パブリック)な部分とは完全に分けられていて基本的関係のないことです。

という前提で議論がされていました(1920年代以降の第一フェミニズムのあたり)

例えば選挙権に関して言うと公的ことなのできちんと女性の権利を向上させよう。

といった具合に。


ところが第二波の辺りからこの点に関して疑義が呈されるようになってきました。

「実は個人的なことって政治的な事にものすごい影響与えてない?」

とか

政治的にはこうだから個人的なこともこうなっちゃうんじゃないの?」

っていうロジックが出てくるようになったんですね。

これは具体例で言うと

女性ばかりが家事の分担をするのは、女性家事をするべきという公的目線が原因じゃないの?」

とか

仕事を任されないので時間がある女性ばかりが家事をしてしまっている。公平であるなら男女の仕事時間も同じになってその結果家事労働平等化されるはずだ。」

とかね。

当然その観点で見た性愛家族に関する議論もおこなわれました。

その中に

男性若い女性ばかりを性的目線で見るから女性がそういう行動をとるようになる」

といった意見存在しました。

今でもそういった議論の影響は強くて男性はそうした観点から有形無形の批判をあびてます

この考え方って経済学マクロミクロ関係性に似ていて

例えば、不景気なので個人個人銀行お金を預けないでタンス預金していたら

市場お金が回らなくなって結果的に全体で不利益を被る人が増えた。

っていう話が経済学関連にもありますね。

まり

「個々人で見ると小さなことなんだけど、それをマクロ視点で見ると社会に非常に大きな影響を与えてしまっている」

って言う話に繋がるわけです。

この理屈で行くと

「ある女性恋愛対象が誰なのか?」

という一見して社会的構造とはあまり関連性のないように見えることが議論の上で非常に大きな論点になってくるわけです。

女性意識的無意識的に強い男性を好むほど、男性女性から承認を得ようと強くなろうとする。その結果普遍的女性一人一人の選択が家父長主義的な社会構造を維持することに大きな影響を与えてしまう」

という話に当然なってしまうんですね。

もちろん男性側の選択もそういった家父長主義助長してしまう側面は大いにあって

若い女性を好むと、相対的に知恵も経験も薄い女性が選ばれがちになってしまって無意識的に家父長主義になってしまう、という側面があります(というか、フェミニズムなんだから当然こっちが主題だけど)

こういった人達が集合すればするほど社会に家父長主義的な風潮が増加しちゃいますよってことなんですね。

強い女性に指摘される「弱い男性無意識的に排除してしまうと結果的に家父長主義蔓延ちゃうだろうが!」

ってのが

フェミニスト個人的なことは政治的なことを無視している」→「フェミニスト弱者男性無視している」

というお話に繋がるわけです。

で、それを踏まえた上で「エマ・ワトソン演説」を見ると実は従来のフェミニズムに比べて大きく弱者男性に歩み寄った姿勢だと言えます

まりようやくフェミニズム弱者男性に目を向け始めた第一であると捉えられるわけです。

※もちろん以前からこういったことを言っている人は山ほどいるし、少し大げさな言い方ですけどね。でも影響力の強い人がこういったというのは本当に重要なことですよ。


なぜエマ・ワトソンが一部の女性から強烈に叩かれるのか、というのもこれで構図がわかると思います

なので、その歩み寄ったエマに対していきなり「弱い男性と付き合えよ」ってのは話を進めすぎだし性急に過ぎると思いますね。

議論もまとまりきってないし、女性から男性への個人的政治的な介入をどうすべきなのかについてはもっと違う方法があるかもしれません(強者女性がそのまま弱者男性を養うのが政治的にただしいこととするにはまだ理屈が弱すぎます)

ただし、エマ本人ではなく「女性一人ひとりの選択社会に大きな影響を与える」っていうのに無自覚だった女性はこの点について大きな矛盾を指摘されているのも事実です。

もしあなたが「家事労働男女平等に大きな影響を与えるので男性も考えるべき」と思っているのであれば

女性が強い男性を好む事に無自覚である」という部分にも大きな注意を払わねばなりません。

エマ・ワトソン演説というのはフェミニズムにおいて、そういう意味で非常に重大な、一つのポイント・オブ・ノーリターンであったわけです。

男女が平等になるには男性に全てを任せるだけでは駄目で、女性自身もそういった社会に対するコミットメントが求められます

女性無自覚に、強い男性ばかりを好きになり結婚してしまう」

というのは

不倫しまくって精子をばら撒く獣のような男」

の対比であり、厳しいことを言うなら

強者男性に媚を売る女性動物本能のままに生きている獣のような女性

と言うことに過ぎないわけです。


もちろん実際には全ての女性がそういった振る舞いをしているわけではありません。

というか一般的には色んな立場男性に対して優しく接している人も多いですし、好みの男性じゃないからといって職場ゴミのようにあしらうなんてことしてる女性はまずいません。

若い女性が部下にいるからといってすべての男性がその女性を明らかにえこひいきしているわけではないようにです。

環境で行動は左右されがちですし、男女どちらにも例外はいものですが。


ここでは女性をメインにした話をしましたが、男性も改めて「個人的なことは政治的なこと」とはなんなのか考えてみるといいですね。

2017-07-28

https://anond.hatelabo.jp/20170728115720

森山未來みたいなさっぱりしてて知的風で意識高い風の眼鏡が「知的女性個性的女性いいですね」って言っておいて

プライベート見たらベッタベタに長い巻き髪で巨乳の女としか付き合ったことないって知ったらずっこけるだろ


自分恋愛対象としていいですねという意味発言してたらずっこけるかもしれないけど

そうでないならずっこける要素ないだろ

https://anond.hatelabo.jp/20170728110531

エマワトソンと親しく交流を持てる人は自然ハイスペ男でしょ。

それはごく自然なことだし、

そこだけを見て「非モテ底辺男性恋愛対象?としなければ普遍性が保てない」というのは極端な気がする。

エマワトソンは単純に男女に差があるのをイギリス国内で感じて、それを訴えているだけでしょう。

あの言説の中に、「男女平等!つまり底辺からハイスペまで皆差は無く全て等しいのです!だから非モテとも付き合います!」

という意味は一切含まれていない

2017-07-16

きっとこれは恋ではない

初恋相手こそ小学校同級生だったものの、彼以外に好きになった人は皆年下の男性だった。

自分でも何故こうも年下の男性ばかりに惹かれるのか分からないが、昔からずっとそうなのでそういうものだと思って生きてきた。

唯一の元彼は2歳年下だったし、今の彼氏は6歳年下だ。

年上の男性にはなんとなく憧れを抱くことはあっても、恋愛対象にはならない。

 

話が変わるが、私は今年の春から今の職場で働き始めた。

15人程度の小さな会社で、私はそこの最年少の社員になった。

まり恋愛対象者は社内にはいないのだ(仮にいたとしても社内恋愛など自分には考えられないが)。

 

入社初日に全社員に向けて挨拶メールを送ったら、一番に返信をくれたのは他社に出向しているAさんだった。

すぐに返信が来た時点で好感を持ったし、Aさんのプロフィールアイコン(?)の写真が私の好きな俳優にそこはかとなく似ていてそこでも好感を持った(ような気がする)。

 

数日後に、Aさんは私が勤務している本社にやってきた。

実際のAさんは身長がかなり高く(あとから聞いたら190cm台だそうだ)、寡黙で、威圧感があった。

挨拶をしてもぶっきらぼうに返ってくるだけで、その時は少し怖い印象を持った。

 

さらにその月末、上司が私の歓迎会を兼ねた飲み会を開いてくださり、そこでまたAさんと会った。

くだけた場だったこともあってか、Aさんの怖そうな雰囲気もなくなっていた。

 

飲み会最中、先輩が「Aさんと増田さんは趣味が合うんじゃないですか」と言ってきた。

Aさんに聞いてみると、確かに趣味が同じだった。

今までTwitterしか同好の士出会ったことがないようなマイナー趣味なので心底驚いたし、嬉しかった。

もちろん会社趣味友達を作るところではないのだが。

 

それからAさんの怖そうな雰囲気はなくなった。

本社にちょくちょく用事があって顔を出しに来るが、挨拶をすればにこやかに返ってくるし、来る途中に時々コンビニお菓子を買ってきて差し入れてくれることもある。

「初めて会ったときはなんだか緊張していて、ごめんね」とも言われた。

 

その時、左手の薬指に指輪を見つけた。

Aさんは30代後半だそうだし、結婚していても何らおかしくないのだ。

 

その後、他の社員さんの話の中でAさんが結婚7年目であることも知った。

付き合っていた期間を考慮しなくても7年も連れ添ってるのか、私には無理だな、と思った。

 

あれ、私は今何を考えた?

何が無理だっていうんだ?

年下にしか惹かれないんじゃなかったのか?

社内の人とそういう関係になるのは考えられなかったんじゃないのか?

ちょっと趣味があったり、優しくされたりしたからって勘違いしていないか

既婚者相手にどうこうあるという淡い期待でも抱いているのか?

仮にその期待通りになったとして未来はあるのか?

そもそも私は彼氏が大好きだろ?

彼氏との結婚だって考えているだろ?

 

そんな思いが一気にぶわっと広がってしまった。

 

きっとこれは恋ではない。

憧れ、あるいはただの親近感なのだ

彼氏がいながら年上の既婚者に心が動きかけるなんて決してあってはならないのだ。

 

そんな私は本社での研修(?)が終わったあと、Aさんと同じ場所に出向するかもしれないらしい。

明るい憂鬱とでも言うべき気持ちがずっと私の心を占めている。

2017-07-14

現場で恋

大手企業システム部へ出向してるSIer

今の現場好きな人がいる。

ただ私は、その人の名前も歳もどんな話し方をする人なのかも知らない。

彼は同じフロアというだけで、全く違うチームの人。なので、名前も歳もわからない。

でも座席的に、ふたつほどシマをはさんでちょうど正面に座っているため、毎日顔を合わせる。

初めはなんっっっとも思ってなかった。

まぁよく見れば顔の造りはまぁまぁ好みだったけど、これまでお付き合いしてきた人はみな友達を経て彼氏になるパターンが多かったので、人となりを全く知らない人を恋愛対象として見るなんて自分的にはありえないことだった。

あるとき、ふと気づくと見られてることがあった。しか結構な回数あった(そして目が合った瞬間にそらされてしまう)。

初めはなんで見てるんだろう、なんかわたし悪目立ちしてるかな。。?とか少し不安になったりしたけど、

それ以来、なんとなく気になるようになってしまった。

彼が休むと、もちろん休むことを事前には知らないので、あれ?今日はこないのかな?遅刻かな?

昼過ぎになっても姿を見ないとようやく)今日はお休みか。。なんかテンションさがったな。。みたいな気持ちになるまでになった。

そして、確信を持ってしまった瞬間のこと、すごく覚えてる。

彼が同僚らしき女の子と話しているときに、こちらまで聞こえるほどの声をあげて笑った時の顔を見たとき

心臓が止まるかと思った。

どういう感情かわからなかったけど、

そんな風に笑うんだ、とか

どんな話して笑ったんだろう、とか

その女の子のこと好きなのかな、とか、

いろんな感情が走った。

嫉妬だったのかもしれないし、笑顔見れた嬉しさもあったし、なんかいろいろ。

その感情経験してしまってから、もうだめだった。

私、好きなんだ。と、確信してしまった。

それ以来、彼の一挙手一投足を目で追うようになってしまった。

それに応えるように彼もこちらを見つめる。

で、辛いことに営業から、来月から違う現場へ異動してほしいとの連絡が。

今月末で離任。なんとかしたい。答え合わせしたい。

何か方法は無いものか。

勘違いとしたら目の覚める言葉が欲しい。

追記:

うわーん!!!!!いっこもブクマつかずに風化するのかと思ってたら、

いま現在で13個もブクマされてるー、うわーん!!涙 死ぬほど嬉しい。

そしてコメントしてくれてる人たちが皆優しくて本当に涙してる(ちょっと酔っぱらってるし)

gui1さん、こうなったらしょっぱん咥える覚悟します!

pseudomemeさん、何言ってるか分かんなけど、激励の言葉として受け止めました!(後にググりました)

lliさん、ホモォじゃないよ、凹凸ある同士だよ!

orangetrioneさん、どうか彼が押しに弱い人でありますよう。。!

mur2さん、ほんとにほんとにそれやりたいけど、女から誘うのどうなんだろう、とか、それやったらヤリマンと思われないかなとか、プライド邪魔するつまんない人間です。。

wacokさん、離任するとき挨拶周りでお菓子配るのってSIerあるあるですよね、同業でしょうか?しかし本当にチームがまっっったく違うので、お菓子渡すのが不自然な状況で、、wacokさぁん、背中押してください!

beataraxiaさん、言いたい。。タイミングさえあれば。。TPO間違うとコンプラ触れそうで。大人って面倒臭い。言いたくて爆発しそうなのに。

2017-07-12

お酒大好き女子に対するモヤっと感

なんだろう。俺が下戸のせいだろうか。

「私お酒大好きなんです~」って聞くとそれだけで恋愛対象外になる。

でもセックス対象内です。

2017-06-27

https://anond.hatelabo.jp/20170627124537

最初増田には自信満々要素それほどない気がするが

ブコメなども見るに恋愛対象として見るだけでアウトな感があるな

2017-06-26

人間が器用じゃない

好きな相手や気になる相手は「恋愛対象か否か」の二者択一しか見ることができない。

誰しも恋愛対象になる/ならないの判断はあるだろうが、一度恋愛対象になるとうまくいこうがいくまいが恋愛対象としてしか見ることができない。

うまくいった場合はいいが、うまくいかなかった場合ひどいことになる。

どんどん追いかけたくなり、しまいには嫌われる可能性が出てくる。

無論、そうはなりたくないという理性ははたらくが、そうなると今度は追いかけたいのに追いかけられない自分自身環境に苦しくなってくる。

相手に対してニュートラル状態で接することなどできず、自分のものにできないなら冷たくそっけなく接することでしか平静を保つことができない。

そんな態度で相手から本気で嫌われたら…と考えると、もう「無視」(つまり接触しない)するしかなくなる。

一度振られても上手く人間関係を維持して、あとでもう一度チャンスを作り出せるくらいの、器用な人間になりたい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん